2007年09月29日

漫画 『三者三葉』 (5) 独断評価とか、中学生姉妹が陸橋から転落後(?)、次々轢き逃げ、姉死亡妹重傷…とか、雑記とか4

三者三葉 (5)  荒井チェリーさん

 最近流行ってる(?)高校生の日常を描くタイプの4コマ漫画ですが、個人的にお気に入りです。
 以前に4巻までをまとめて紹介したりもしているのですが、5巻も相変わらずのマイペースな(?)面白さでした。

 その記事は 『続きを読む』 のすぐ後に書きます。



 大阪四条畷(しじょうなわて)の国道163号で、中学生姉妹が陸橋から転落した(?)後に、トラックを含む数台に次々に轢かれ、しかもその全てがそのまま走り去った事故+事件がありました。
 姉は死亡し、妹は重傷だそうです。

 その記事にはここから跳べます。



 雑記もいろいろと。

マウスカーソル最高速でも満足できない!

朝青龍:  「完全に治った」 担当医に話す
集団暴行致死事件: 時津風親方、弟子らに口止め

お値段も手頃だけど…。 ウソ発見リング
RPG みたいな防具、しかもペット用

 ここからショートカットできます。


 

三者三葉 (5)  独断評価

 日常モノ4コマ漫画は巻を重ねるとつまらなくなる場合もあるのですが、このシリーズの場合はまだまだ大丈夫そうです。
三者三葉 (5)  荒井チェリーさん

 前回記事はこちらです(♯該当部分に跳びます)
漫画 『三者三葉』 (1)〜(4)

 表紙にいきなり新キャラが見えてますが、それ以上に葉子の胸に目が(笑)。
 ……裏表紙の照とかと好対照をなしてます。
 と言うか照、山Gと大差ないラインのようにしか……。

 ちなみに、表紙カバー下にも4コマがあります。
 本編ネタバレとかではないので、買ってすぐカバーをめくっても問題ありません。



 やはりキャラクターの魅力―― と言うか、黒さ?(笑)―― が面白い作品です。
 ピュアな人格のキャラクターもいるのですが、傍迷惑なことでは黒い人たちに劣っていません。

 以前の記事でもキャラクター紹介はしていますが、多少追加もありますし、改めて書いておきます。

●西川葉子(にしかわ・ようこ)
 元お嬢さま。今は赤貧生活を送っています。
 母は逃げ、父はでかいことをしに行くとか言ってふらふらいなくなったのですが、いざ帰ってきてみると……。
 お嬢さま時代に我が儘放題にしてきたせいで、お金がなくなると 『友達』 もいなくなりました。今は反省して、必死に普通の人の感覚を身につけようとしているのですが、周りからは相手にされてません。
 そんな自分に話しかけてくれた双葉や照をとても大切にしています。

 一応クラスには、辻小芽(つじ・ささめ)という葉子に憧れ(百合っぽい?)を抱く子もいますが、葉子は一芽の妹としか認識してません。

 葉子ははの作品では数少ない、傍迷惑じゃないピュアハート
 ある回のタイトル絵に幼少時の葉子(と山路)の絵があるのですが、かなり可愛いです。
 
●小田切双葉(おだぎり・ふたば)
 大食い。料理も得意なのですが、とにかくたくさん食べたいっぽいです。
 この作品内ではかなり常識人な方。でもずけずけ物を言う側面も―― 、と言うか、それくらいでないと照とつきあえないのかもしれませんし、転校直後に葉子に話しかけることもなかったかもしれません。
 大食いでライバル視している辻一芽(つじ・はじめ)という男子がいるのですが、双葉には無視され気味。

●葉山照(はやま・てる)
 双葉のクラスの委員長。外見的にも眼鏡三つ編みで優等生っぽい感じなのですが、中身はやたら黒く、しかも計算高かったりします。
 委員長をしているのも委員長をした方が何かと有利だからという理由ですし、嫌味を言ったりした人は強烈な毒舌を言われる羽目に。……双葉からは悪魔と呼ばれることも。
 紹介には書きませんが、西山芹奈(にしやま・せりな)という、何かとライバル視してくる相手もいます。……が、照には黒さで勝てそうもありません。……合掌。

・山路充嗣(やまじ・みつぐ/山G)
 西川家元使用人。葉子が大好きらしく、未だにどうにかして葉子の役に立とうと付きまとっていて、ほとんどストーカー。葉子が呼ぶとすぐ現れます(笑)。
 葉子の ストーキング いつも傍にいるために定職にも就くことができず、アルバイトで食いつなぎながら、赤貧生活の葉子にいろいろ食べ物を渡したりしています。
 優とは敵対関係。

・竹園優(たけぞの・ゆう)
 お金持ちの小学生。昔に 「葉子お姉ちゃんと結婚するー」 と言っていたその気持ちを持ち続けています。
 ……が、葉子にはその気は全く無し。邪険にもされてませんが、優のゴールは遠いままです。
 山Gとは敵対。桜に付きまとわれています。

・臼田桜(うすだ・さくら)
 双葉の従兄弟の小学生。優に、もしくは優の財布に(ぉぃ)ラブ。
 優にはつれなくされ続けていますが、 悪魔 照が入れ知恵する(笑)上、優が邪魔な山Gが味方することも。

・西川孝清(にしかわ・こうせい)
 葉子の父。ピュアハート。と言うかピュア過ぎ。
 彼が帰ってきて、葉子の生活はますます苦しくなってたりします。夢見がち、無計画無鉄砲で、そのくせ超・楽天家。

・葉山光(はやま・こう)
 照の姉。ふわふわの髪の毛と、ふわふわの人格。
 創作料理や創作菓子を作るのが好きなのですが、健康食材を無闇やたらに詰めこんだその味は……。光以外で食べた人はことごとく……。
 一見おとなしそうで物腰柔らかなのですが、猛烈に押しが強く、黒くないのに傍迷惑度は照以上という話も。

・園部篠(そのべ・しの)
 表紙にいる新キャラ(左端)。
 小柄なメイド……と見えますが、見た目でわからないのがこの漫画のキャラ。いい感じに期待を裏切ってくれます。



 基本的にまったりと―― ときどきいろんなキャラが黒い面を見せながら―― 進む4コマですが、作者さんが意識しているのかいないのか、この巻も後ろに行くほど面白くなっていきます
 葉子パパの孝清も、新キャラの篠も実にいい感じでした。

 独断評価  星4つ。

 割と安定。
 最初から最後まで物凄く面白いとは行かないものの、相変わらず安定した面白さを維持しています。

 ……黒くて尻尾(ぉぃ)を隠しているのと、白くてひたすら傍迷惑なのと、どちらがマシなのでしょうか(笑)。
 そんなことをふと思ったりします。

 とりあえず、一所懸命友達に合わせようとしている葉子が可愛いです。
 そんな葉子を愛でる漫画だと思ってます(笑)。
 ……と言うかこの作品の男キャラ、凄いのしかいないのですが(笑)。優一択?…みたいな。

 全般に絵柄自体も可愛い―― デフォルメキャラがまた可愛いのです―― ので、リアルより可愛い系の絵が好きな人に、より向いているかもしれません。

 とにかく大きな変事とかが起きない漫画なので、まったりした漫画を読みたい人向け。
 第1巻を買ってみてある程度気に入った人なら、続刊は買って損はないと思います。
 方向性はそのまま、似たような感じですが、面白さの平均がじわじわ上がっていく感じです。



救護義務違反に正しく罰を

 まずは亡くなった子の冥福を祈りたいと思います――。



 29日午前0時8分ごろ、大阪府四條畷市清滝の国道163号の車道上に、若い女性2人が倒れていると、通行人から110番があった。四條畷署の調べで、2人は同市立中に通う15歳の姉と13歳の妹で、いずれも全身を強く打っており、姉が間もなく死亡、妹も重傷を負った。2人が近くの陸橋から落ちたとの目撃情報があり、橋の上には姉妹のものとみられるかばんが残されていた。同署は2人が橋から転落した後、車にひかれた可能性があるとみて、道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で捜査を始めた。

 調べでは、姉妹の体には車にひかれたような跡が複数あった。陸橋の高さは約13メートルで、車道には姉妹のものとみられる2人分のサンダルが落ちていたという。

 姉妹は28日夜、自宅で姉妹で口論となり、父親からしかられた。2人は同日午後10時ごろ、自転車で自宅を出た後、行方が分からなくなっていた。同署は家族から事情を聴き、姉妹が家を出た経緯と、橋から転落した関係などについて詳しく調べている。

 事件直前の29日午前0時7分ごろ、現場の国道163号をマウンテンバイクで通行中だった会社員の男性が「ドン」という音を聞いて振り返ると、車道に2人が倒れていた。男性は「危ない」と思い、110番したが、その間にトラックを含む複数の車にはねられた可能性があるという。

 橋の上にあった姉のかばんの中には教科書や参考書、レンタルビデオ店の会員証などが入っていた。また、姉妹の自転車は、現場から西約1キロの資材置き場で29日朝にみつかった。

 現場は四條畷市の中心部から東約2キロの「清滝第1トンネル」から西約200メートル付近。普段は人通りが少ない山間部で、消防によれば、到着時、姉は心肺停止に近い状態で、妹は両足を骨折する重傷だったが、意識はあったという。

(♯ asahi.com 記事より)



 妹だけでも命があって良かったです。

 ちなみに 『はねられた可能性』 とありますが、身体にタイヤ痕などがあり、実際に轢かれたのは確定的なようです。
 現場の道路の状態から見ても、倒れている人がいるとは全く予測できず、撥ねてしまうのも仕方ない道だとは思うのですが、撥ねた車が次々そのまま走り去ったのが大問題だと思います。

 ―― 轢き逃げ、より厳密に言えば救護義務違反ですが、先日の厳罰化でも、まだまだ足りないかもしれません。

 通行人に車道に降りて助けに行けというのは無理な話ですが、自分が誰かを轢いたのなら、全くの不可抗力であったとしても知らんぷりしてゴーという発想ではダメだと思うのですよ。

 非常停止灯を付けて停車、それだけでもさらに轢かれることはいくらかでも避けられた可能性はあった気がします。
 とりあえず、 『知らんぷり』 以外の選択を何かするべきだったと思います。



 で、この姉妹は自殺を図った……ようにも見えるのでしょうが、どうなんでしょうね?

 有り得ないこととは言えません。
 子どもの時分は、親に拒絶されることは世界の崩壊を意味する場合があるからです。

 親からすればあの程度叱っただけで!? …という場合でも、有り得ることです。
 叱るのは少しも悪くありませんが、フォローが足りないと……。

 姉妹喧嘩のあと、家を出て、結局は姉妹行動を共にしていたのですから、そんなに厳しく叱るべきではなかったのかもしれません。

 もちろん姉妹としても、絶望するにはまだまだ早すぎた気がします。あるいは親相手に自分なりの “戦い” (♯喧嘩という意味ではなく)を仕掛けた方が良かったかもしれません。
 二人とも生きていたなら、親子全員この間違いから学んでやり直すこともできたでしょうに……。



 本当に残念な事故・事件でした。



雑記

聖地日本 〜Sacred place Japan〜 「School Days」最終話 海外での反響

 お話の大筋は余所様の感想とかでわかったのですが、やはり凄まじい最終話だったようで、ある意味では、事件との関連云々ではなく問題だという見方もある気がしますね。
 ……と言うか、誠、本当に死ぬまでダメ人間……。
 そうして巡った余所様でも、だーれも誠の死を悲しんでいないのが印象的でした。

 で、海外での反響↑も似たようなものだったようで、 Nice boat. (笑)と誠の死への喝采が多いようです。



 最初はどうでもいい記事。(ぉぃ
 マウスカーソル最高速でも満足できない!

 ちなみに Windows XP でしか検証できないので、他の OS などで同じことができるかはわかりません。



 私もずっと前に人に教えてもらったことなのですが、コントロールパネルでマウスカーソル移動速度を最高にしても遅すぎるとしか感じない人、私以外にもおられると思うんですよね。
 そう難しくないので、一度書いておきます。

 私同様のスピード狂(違)な人は一度、試してみては如何でしょう。



1. [スタート] → [ファイル名を指定して実行] → [Regedit]と入力して OK

2. [HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Mouse] を表示

 左に表示されている [HKEY_CURRENT_USER] フォルダから順に辿ってください。

3. [MouseSpeed] をクリック、表示窓で数値を変更。
 デフォルトは1なので、2以上の整数に。

4. [MouseThreshold1] と [MouseThreshold2] の数値変更。
 デフォルトは6と10、これらを両方0に。



 ちなみに私、理屈があまりわかってません。(マテ
 なので、これをするときは自己責任でということでお願いします。

 私が知っているのは、これをするとちょっと手首をひねっただけで隅から隅に対角を横切れるくらいまでカーソルの動きを速くできるということだけです。
 速ければ速いほどいい、何度も継ぎ足すようにマウスを動かすのが嫌だ―― 、そんな人は一度試してみてもいいかもしれません。



 お次は朝青龍。
  「完全に治った」 担当医に話す



 2場所出場停止などの処分を受け、精神的に不安定になったとされる大相撲の横綱朝青龍が、モンゴルの精神科の担当医に「完全に治ったと思う」などと話していることが28日、分かった。関係者によると、10月中旬にも日本へ戻る見通しという。

 朝青龍は先月29日に療養のためモンゴルに帰国。その翌日からウランバートルから約360キロ離れたハラホリンの保養施設で治療を開始した。治療に当たったオリヨル医師によると、病状は精神疾患の中でも最も軽いものだったという。

 同医師によると、横綱はすぐに快方に向かい、今月10日すぎには横綱本人が「精神的にも身体的にもよくなった。完全に治ったと思う」と話したという。同医師が「(出場停止が解ける来年1月の)初場所で全勝優勝を」と話し掛けると「そのために頑張ります」と力強く答えた。オリヨル医師は約3週間治療しウランバートルに戻ったが、近々様子を見にいく予定。

 朝青龍は現在、ハラホリンから約50キロのホジルトの温泉施設に通うなどし、腰などの治療を受けている。関係者は「日本に戻る日は決まっていないが、10月中旬になるだろう」と話した。

 朝青龍は27日に27歳の誕生日を迎え、エンフバヤル大統領らから直接電話で祝福を受けた。(共同)

(♯ IZA! 記事より)



 うーん、ブーイングとは行かずとも、歓迎はあまりされない予感……(汗)。

 まして今の相撲界は、時津風部屋傷害致死事件という最悪の事態の渦中にあるわけで……。
 マイナスイメージが付いてしまった朝青龍関を、以前よりさらに持て余す可能性ができてしまった気がします。

 横綱には降格がないことも、事態を悪化させているかもしれません。
 このルールにケチを付けるわけではありませんが、例外的ケースに例外的措置を取れる余地があった方が、結局は関取と相撲界のためになる気がします。



 お次はその集団暴行致死事件。
 時津風親方、弟子らに口止め

 前回記事はこちらです(♯該当部分に跳びます)
時津風部屋傷害致死事件



 新潟市出身で大相撲の序ノ口力士、斉藤俊さん(当時17)=しこ名・時太山、時津風部屋=が名古屋場所前の6月26日、愛知県犬山市でけいこ中に急死した問題で、時津風親方(57)=本名山本順一、元小結双津竜=が、前日の25日に斉藤さんの額をビール瓶で殴ったことを同県警に話さないよう、弟子らに指示していたことが、関係者の話でわかった。県警も口止めの事実を把握している。

 親方はその後、県警の任意の調べに対し、殴打の事実を認めた。県警は親方らの傷害容疑などでの立件へ向け、供述を変遷させた経緯の解明を進めている。

 調べや部屋関係者の話では、親方は25日の夕食で斉藤さんを正座させ、その日午前に部屋を逃げ出したことなど、生活態度を説教していた。ところが、斉藤さんが足を崩したため激高してビール瓶を振り、額に切り傷を負わせたという。

 親方のこうした行為を見た兄弟子らは、斉藤さんをけいこ場の裏手に連れ出して暴行。翌26日、斉藤さんは親方立ち会いの下、兄弟子との約30分にわたる激しいぶつかりげいこ中に倒れ、そのまま死亡した

 時津風親方は当初、斉藤さんには通常のけいこしかしていないと県警に説明していた。その後、行政解剖で死因に多発外傷性ショックの可能性があると判明。県警が弟子らへの事情聴取を始めると、親方は「ビール瓶の件は話すな」と指示したという。

 ところが、親方はその後一転、調べに対して斉藤さんを殴ったことを認め、斉藤さんの両親にも謝罪したという。県警は、親方が当初、責任逃れのために事実を隠そうとしていた可能性があるとみて調べている。

(♯ asahi.com より)



 調べや部屋関係者の話では、親方は25日の夕食で斉藤さんを正座させ、その日午前に部屋を逃げ出したことなど、生活態度を説教していた。ところが、斉藤さんが足を崩したため激高してビール瓶を振り、額に切り傷を負わせたという。

 こういうことがある度に思うのですが、腹が立ったからといってビール瓶で殴るような人には、そもそも人に説教する資格があるかどうか自体が怪しい気がします。
 正道を説くには、自分が正道を歩む必要があるのですよ。
 間違った方法を使うような人の説教になんて、何の重みもありません。



 今回また隠蔽工作の疑いが出たわけですが、前回記事で扱ったように暴行痕の残る遺体を火葬しようとしたこともありますし、山本順一氏が、一連の暴行を口裏合わせで隠蔽しようとした可能性は極めて高いことでしょう。
 恐らく山本順一氏も弟子たちも罪に問われることになるかと思いますが、そのとき、どこまで事実を事実として明らかにできるか、見守りたいです。警察の頑張りに期待したいですね。



 相撲協会は過去10年似た事例がなかったか調べるといったことを言っていますが、過去よりまずは今現在を念入りに調べるべきだと思います。
 もし仮に同様のケースがあったなら、それによって誰かの人権が救われるかもしれないのですから。

 現在に何も見付からなければ過去の調査。
 ……優先順位を間違えてはいけないと思います。



 お次は……、これをプレゼントするのは危険な気が……。
 ウソ発見リング



 女のカンは鋭いと昔からよく言われる。うまくウソをついたつもりが、どういうわけか彼女にバレてしまい、ドキリとした経験を持つ人も少なくないはず。そんな男性の方々、たまにはさりげな〜く彼女の気持ちを探ってみたくありません?

 それであれば、彼女に「トゥルー・リング」をプレゼントしてみるのが一番。
 これは感情の起伏によって、リングの色が七色に変化する不思議な指輪。平常時はライトグリーンであるこの指輪は、動揺や悲しみを感じるとオレンジに、ウソをついたり緊張を感じたりすると茶色に変化する。つまり彼女に指輪をはめてもらい、質問などをしながらリングの色の変化を見れば、ウソをついている可能性があるかわかってしまうのだ。

 ちょっと怖い気もするこの指輪。どうやら人の体温と汗腺から出てくる微妙なエネルギーを感知することで色を変化させるらしい。ちなみにさらなる興奮や怒りを覚えるとリングは黒色になる。もちろん負の感情だけではなく、満足や充実を得られれば濃い緑に変化し、さらに深い幸福や愛を感じれば紫やピンクに変わる

 2004年から本商品を発売しているおもしろ雑貨屋デジモバの方に話を聞いてみた。
「自分の感情の状態を“見える化”するグッズなので、使い方は多彩です」
 上記のように恋人に贈ってウソ発見器がわりに使うこともできるし、なかには、
「心理学を教えている先生がご自分の感情をチェックするために、指輪としてはめていらっしゃるようで、その生徒の方からのご注文がありました。また精神科の看護婦さんたちがグループでご購入されたりもしました」
と感情やストレスのコントロールを目的に購入する人も多いよう。確かに、自分では猛烈に怒っていると思っていても実はそれほどでもなかったり、逆に平常心のつもりが意外と落ち込んでいたり……と自分が思う感情とのギャップを発見するのもおもしろそうだ。

 いろいろな楽しみ方ができるトゥルー・リング。ただし使い過ぎると厄介ごとを招くのは女のカンと同じかも?! くれぐれも使い方にはご注意を!
(古屋江美子)

 <写真
 感情の変化が色に表れる「トゥルー・リング」(税込3,990円)

おもしろ雑貨屋デジモバHP
「トゥルー・リング」商品紹介ページ

(♯エキサイトニュース記事より)



 いきなり記事と逆のことを書きますが(笑)、相手の嘘を見破ろうとこんなものに頼るのは危険だと思います。
 嫌われるどころでは済まない可能性もありそうです。

 説明が難しいので、少し遠回りな話を。



 いろいろなフィクションに登場する台詞で、私が密かに嫌っているものがあります。
 それは、 『信じたい/信じてるから証拠を見せて欲しい』 という台詞。

 これに類する台詞は例えば 『ウェルベールの物語』 なんかにも出てきましたが(リタがティナに発言)、その途端に嫌〜な気持ちになったりもしたわけで……。
 これ、その人が相手を信じていない証拠なのですよ。

 証拠がなければ信じないというのは、究極の不信であって、それを 『信じたい』 気持ちだというのは一種偽善。
 何となく綺麗に響く、しかし汚い言葉だと思っています。
 これを言うくらいなら、 『どうやって信じろって言うんだ!』 くらいの方がまだ正直なのですよ。



 で。

 彼氏から色が変わる指輪をもらった、とします。
 いろいろ質問されて、答えた。
 しばらくして、それが嘘発見器だったと知ったら?



 ……。



 あーあ。



 ……というわけで。(ぉぃ
 相手が自分の言葉を、嘘発見器越しでなければ信じようとしていないと知って嬉しい人なんてまずいないことでしょう。

 『信用』 というのは、証拠無しにすることにだけ価値があるのです。
 証拠を必要とする時点で相手に対する拒絶であり、拒絶が発覚すれば破局に至ったとしても当然のこと。

 これを使う場合、相手にもこれが 『ウソ発見リング』 だと教えた上で、はめるかどうかは常に相手の選択とした方がいいかと思います。



 最後はこちら。
 RPG みたいな防具、しかもペット用



 <写真1

 装備すれば防御力は確実に上がるペット用の兜や鎧です。いかにもRPGに出てきそうな外見になっていますが、この状態でどれぐらい身動きできるのでしょうか。

 詳細は以下から。
 Organic Armor Products

 散歩用のリードもつなげられる。
 なかなかサマになっています。
 顔つきも決まってる。

 ペット用だけでなく、大人用の防具もあります。この兜は150ドル(約1万7000円)。
 他に子供用のものも。


 上記の防具を作ったPaul Hersey氏による武器や鎧が以下のリンクからも見られます。
 The work of Paul Hersey

(♯ GIGAZINE 記事より)



 私はペットに服を着せたくない人なので、個人的には、もし簡単に買えるとしても手を出さない品々です。

 ……ただ、 『なかなかサマになっています。』 の写真が本当に似合っていたもので(笑)。
 似合ってても私はやっぱり着せないでしょうが、……と言うか、本当に矢が飛んでくるような環境でもない限り、彼らは天然の鎧のみの方が強いでしょうしね。

 自然のままで強いものは美しいのです。



 ……それはそれとして、ホントに様になってますね。(ぉぃ 

 まあ犬自身には迷惑かもしれませんが。


natsu_ki00 at 23:59│Comments(9)TrackBack(2)clip!漫画 | 雑記

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 時津風親方、斉藤さんを見殺し  [ MEPHIST ]   2007年09月30日 20:48
関係者が証言、斉藤さんを介抱せず見殺しか 「 警察に話すな 」兄弟子に口止め 大相撲時津風部屋の時太山(ときたいざん)=当時(17)、本名・斉藤俊(たかし)さん=がけいこ後に急死した問題で、死亡の直前、時津風親方(57
5 ☆アリーナ! (1)  ミキマキさん  久々に、(ある意味)表紙買いした漫画でした。  女子制服のスカートをたくし上げているのですが、その向こうに見えるのは―― 、というか何か膨らんでますがッッ!?  独断評価を書いておきます。  その記事は 『続きを読む』...

この記事へのコメント

1. Posted by Mr.T   2007年09月30日 00:34
4 こんばんは。

>RPG みたいな防具、しかもペット用
 ラーの鏡をかざして呪いを解きたくなりました(笑)。ビーグルかわいい!お持ち帰りぃーしたいくらいです。夏は熱中症になりそうだから勘弁してあげてほしいかな。
2. Posted by なっきー   2007年09月30日 00:52
4  Mr.Tさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>>RPG みたいな防具、しかもペット用
>ラーの鏡をかざして呪いを解きたくなりました(笑)。
 (笑)。
 それはいいですね!

>ビーグルかわいい!お持ち帰りぃーしたいくらいです。
 激しく同意します!
 可愛い子ですし、何か異様に似合ってる気がしますね。

>夏は熱中症になりそうだから勘弁してあげてほしいかな。
 ただでさえ、犬は排熱機能が十分ではないみたいですしね(汗)。
3. Posted by كاتو   2007年09月30日 12:36
4 こんにちは。

> 救護義務違反

概ね同意です。実際問題、不可抗力のケースは間違いなく存在し、それ自体を罰する事には疑問があります(現行法ではケースにもよりますが、大抵は不注意と見なされます)。ただ、それと放置する事とはまた別。

> School Days
> 事件との関連云々ではなく問題

まぁ、しかし、それならば、そういう位置付けで中止した、という態度を取るべきです。何にしても好感は到底持てません。個人的には『もえたん』の総集編には大いに好感を持っているので(差替えであれだけ完成度のあるものを作られたら減点出来無い)、それと比較してしまうのですよ。
4. Posted by كاتو   2007年09月30日 12:37
> マウスカーソル最高速

あーあー、Regedit(レジストリエディタ)はPCに自信の無い人、Windowsのシステム的な知識の無い人は「絶対に」使わないで下さい。あえて喩えるならば、それは脳神経外科手術みたいなものです。Windowsをシステム面から色々操作出来るので、通常には存在しないカスタマイズが出来る反面、二度と起動しなくさせる事も出来ます(私は弄りまくっていますが…笑)。

> 今の相撲界は、時津風部屋傷害致死事件という最悪の事態

ただ、致死事件と朝青龍とは何の関係も無く、相撲界にしろ相撲ファンにしろ、それは区別して臨むべきです。第一、朝青龍の件に付いては侃侃諤諤論じた癖に致死事件はトントンと終らせようという空気が気に入りません。相撲界もファンもプレスも、事の大きさの比較を穿き違えているとしか思えないのです。
5. Posted by كاتو   2007年09月30日 12:38
> 過去よりまずは今現在を念入りに調べるべき

これは失礼ながら、目から鱗でした。まさにその通りです。ともあれ、先の朝青龍の出場停止云々を考えたら、こちらは部屋の取り潰し、永久追放くらい考えないと釣合いが取れません。

> ウソ発見リング

なっきーさんも仰る通り、ファンタジーやTRPG、或いは『ドラえもん』に出て来るようなアイテムですね。童話『ぼくは王さま』(寺村 輝夫)でも似たようなアイテムが登場し、ほのぼのとしつつもエスプリの効いた展開が印象的でした。

> RPG みたいなペット用防具
> 私はペットに服を着せたくない人なので

自分もそうですが、インテリアとしてもイケそうです。犬の置物は安価なものもありますから、ちょっとした贅沢な演出にはアリかな、とも思います。
by ムーンブルクの王女用に鎧以外も作って下さい
6. Posted by なっきー   2007年09月30日 15:30
4  كاتوさん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。


>〜実際問題、不可抗力のケースは間違いなく存在し、それ自体
>を罰する事には疑問があります
>〜ただ、それと放置する事とはまた別。
 同感です。
『どうしようもなかった! 俺は何も悪くない!』
…と思ったとしても、そしてその通りだとしても、そのまま立ち去ることについては 『罰されるべき罪』 と言わざるを得ないと思います。

>>事件との関連云々ではなく問題
>それならば、そういう位置付けで中止した、という態度を
>取るべきです。
 全く仰る通りです。
 事件に関連付けた上で 『視聴者が不快に思うから』 などと 『嘘』 を吐くこと自体が、問題だと思います。

>個人的には『もえたん』の総集編には大いに好感を持っている
 同じ視聴地域外でもそちらはノーチェックでした(汗)。↓

(続きます)
7. Posted by なっきー   2007年09月30日 15:32
 綺麗事の 『嘘』 を理由に放送中止だけはいただけないですし、どこがどう問題なのか明確にした上で制作側に修正を求めるのが正当なやり方という気がします。

>マウスカーソル最高速
>〜Regedit(レジストリエディタ)はPCに自信の無い人、
>Windowsのシステム的な知識の無い人は「絶対に」使わないで〜
 私のこれは教わったものですし、他を弄る気は全くないですね。
 ただ思ったのは、コントロールパネルのマウスカーソル最高速がどうしてあんなに遅いのか、ということ…。一瞬で端から端へでも移動できる便利さを得てからは、ますますそう思っています。

>致死事件と朝青龍とは何の関係も無く、〜それは区別して
>臨むべきです。
 その通りですね。↓

>〜致死事件はトントンと終らせようという空気が気に入りません
 凄くわかります。↓

(続きます)
8. Posted by なっきー   2007年09月30日 15:33
 こちらはもっと相撲協会自身が必死になって問題を暴き、あるいは他に同様の犯罪はないかと、むしろほじくり返して調べるべきなのです。

>>過去よりまずは今現在を念入りに調べるべき
>まさにその通りです。
 どうにも相撲協会が現実の問題としてまともに考えていないように見えてしまって…(汗)。

>先の朝青龍の出場停止云々を考えたら、こちらは部屋の取り
>潰し、永久追放くらい考えないと釣合いが取れません。
 これも全く同感です。

>ウソ発見リング
>ファンタジーやTRPG、或いは『ドラえもん』に出て来る
>ようなアイテムですね。
 ドラえもん的展開によって(違)、安易にこういう力に頼ると手痛いしっぺ返しをくらうと思ってます(笑)。

(続きます)
9. Posted by なっきー   2007年09月30日 15:34
>>RPG みたいなペット用防具
>インテリアとしてもイケそうです。
 凄くわかります。
 四つ足用鎧となると、置物に付けてもいっそ単品で飾っておいても、ちょっと他と違うオシャレ感を演出できそうです。

>by ムーンブルクの王女用に鎧以外も作って下さい
 王女用とは思えないものしか出来上がらない予感がします(笑)。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Archives
Blog 内検索
Google
www を検索
このブログ内を検索
Recent TrackBacks
Recent Comments