2007年11月13日

ひぐらしのなく頃に解 #19 祭囃し編 其の六 「幕開け」4

 昭和58年6月。
 またこの季節がやってきた。

 前の世界で学んだのは、運命は打ち破れるということ。
 ただそのためには、
 みんなの気持ちが一つにならなければならない。

 だから、僕は――。




記事内リンク:
ストーリー  ※梨花視点重視で書いてます。
感想
ネタバレ領域  ※詳細は以下をご覧ください。
次回予告

♯私は原作をプレイ済みなので、先へのネタバレに繋がると思える感想は別枠に分けています。
 『ここがヒントです』 的なものは、少なくとも意図的には一切書きません。代わりに、考察する人に必要な情報は極力 『ストーリー』 に残すようにしています。

♯ネタバレ領域の基準は 『祭囃し編』 + 『賽殺し編』 で、 『澪尽し編』 のみの方にとって、知らない情報を含む可能性があります。
 ここの内容にコメントで触れるときには、記号を引用の代わりとしてください。
 その際にも適当に伏せ字などを使って、先の展開や真相がわからなくなるようにお願いします。

掲示板にも同内容を投稿していますので、そちらに白文字(詳細は掲示板注意書きにて)でレスしていただいても構いませんが、掲示板では管理者権限での一部修正が効かないため、問題投稿は削除させていただくことを予めご了承ください。

携帯電話でご覧の方へ: ネタバレ領域は掲示板で
 以下が携帯電話用の掲示板アドレスです。
http://www3.rocketbbs.com/321/m.cgi?id=natsuki
 ただし、パソコンでの閲覧では白字投稿となっていますが、携帯電話だと問答無用で見えてしまうのでご注意ください。



 

ストーリー

 6月10日、金曜日。
 もう、次の次の日曜日が綿流し祭という日にしか私は戻れなかった。

古手羽入なのです。どうかよろしにゅ…よろ…よろしきゅおねぎゃししみゃすなのですー!
 学校に羽入が転入してきていた。古手を名乗っているので、私からも遠縁の女の子だと説明した。
 羽入はガチガチに緊張して自己紹介から早速トチっていたけど、これがかえってクラスのみんなには可愛く映ったようだった。
 レナは早速お持ち帰りしようとして、知恵に止められていた。

 休み時間になると、魅音がきっかけを作り、みんなに質問をさせていた。
「あぅ…、甘いお菓子はみんな大好きなのです。一番好きなのはシュークリームなのです」
 魅音はおじさんモードに入って、質問が無いなら下着の色とか訊いちゃうよ、などと言い出して、沙都子にボディブローをもらっている。
 その隙にレナが羽入をお持ち帰りしようとして、魅音に止められている。

 ―― 暴走しないよう、レナは椅子に、なぜか亀甲縛りで縛られてしまった。
 お持ち帰りできなくなって滂沱の涙を流していたレナは、近くに立っている圭一に振り返って、何だか嬉しいと言い出した。
 圭一が、お持ち帰りメニューが増えたからかと混ぜっ返すと、レナは笑った。

「それもあるけど、あの子、たまーに見掛けてた気がするの」
「え?」
羽入ちゃんはすぐそばで、私たちが遊んでいるのを、ずっと見てた気がするの。
 ……でも見てるだけで、なかなか仲間に入れなくて……、だからね、今は仲間になれて良かったね―― 、ってそんな風に思ったの」


 勘が良くて、そして、とても優しいレナ。
 だから私は近くへ行って、どうか羽入と仲良くしてあげて欲しいとお願いした。


 圭一もレナも笑って同意してくれた。
 途端にレナは気合い一発でロープを引きちぎり、羽入をお持ち帰りしようとして、今度は圭一に止められていた。



 放課後、部活を始めようとすると、一度は教室の外へ出た羽入が戻ってきた。うまく切り出せずに赤くなってあぅあぅ言っている。
 私の方を見て助けを求めてくるけれど、でも、そうしたいなら自分の口で言うといい、と突き放した。

「ぼ、ぼ、ぼ、僕も部活に混ぜてもらいたいのですッ!
 私はよく頑張った羽入を拍手で褒めた。
 魅音はとんだ命知らずがいたもんだと、意地悪そうな笑みを浮かべている。

覚悟の上なのです!
 これまでの僕は、負けるのが嫌で、全ての勝負から、逃げ出していたのです。逃げるのは、負けることにすら劣ること。負ける痛みに挫けず、戦い続けなければ、勝つことはできないと―― 、」

 真剣な表情で話し出した羽入の言葉を、みんな真剣な表情になって聞いている。羽入は今更ながらに赤くなって、言葉を続けた。
「―― 僕の好きな人たちが、教えてくれたのです」
「羽入……」

 羽入のこの言葉の本当の意味は、今は私にしかわからない。
 その彼女の参加が何より心強くて、私は微笑んでいた。



 魅音が入部試験だと言って、傷がたくさんある使い古しのトランプを出してきた。
 圭一も洗礼を浴びた、ジジ抜きだった。緊張しながらもやる気満々の羽入だったが、やっぱりあぅあぅ言う羽目になっている。

「思い知ったか羽入! これが入部試験の洗礼だ!」
「羽入、圭ちゃんの右端のカードであがれるよ」

 圭一が調子に乗りすぎたせいか、魅音が裏切った。羽入は、あがって大喜びしている。

「お前初日から首輪と尻尾付きブルマのはいはいで下校してえのかー!」
 圭一は羽入にそう言うが、これも藪蛇だった。沙都子がそれは圭一に似合うと言うと、レナが興奮し始め、魅音も涎(よだれ)を拭いている。
 いつの間にか、圭一包囲網へと変わっていた。



「結論を言おう。本件の捜査は以後、我々の手を離れることになる。
 みんな思うところはあるだろうが、これは既に決定事項だ。資料の整理に、取りかかってくれ」

 東京、警視庁公安部。また一つ、捜査中だった事件が闇へと消えた。

「くそォ、永田町と霞ヶ関上層部が絡んだ公金横領、不正支出の絡繰り、もう少しで全貌を暴けるところだったのに!」
だから潰されたのさ。汚職政治家の誰かが、圧力を掛けてきたんだ。
 警察と政治権力の戦いは、永遠に続くんだ。これくらいで一々へこたれるな。大事なのは、今の悔しさを忘れないことだ」


 赤坂衛は、いきり立つ後輩をそう諭した。赤坂とて悔しくないわけではないが、今、資料に向かって毒突いても意味はない。五年の経験が、赤坂を成長させていた。
 その目が、何気なく目線を向けていた資料から、見覚えある文字列を拾っていた。
「 “東京” ……、入江診療所……、雛見沢……」



 結局、罰ゲームは圭一になった。
 ピンクのエプロンドレス(猫耳付き)で下校している。羽入までが囃し立てると、圭一が怒ってみせ、みんな散り散りに逃げていった。
 圭一の傍には私だけが残っている。

「羽入も、すっかり仲間に溶け込みましたのです」
「そうだなあ、今日転校してきたばかりなのに、ずっと前から一緒にいたような気がするよ
「そうなのです。ずっとボクたちのそばにいましたですよ。
 川⌒ヮ⌒| にぱ〜☆」

「はぅはぅはぅ〜〜」
「大丈夫ー?」

 羽入の悲鳴と魅音の声が聞こえてそちらを見ると、道の少し先で、みんな道端に寄って斜面下の方を見ている。どうやら羽入が転げ落ちてしまったようだ。
 道を回って下に降りると、富竹と鷹野がいて、羽入の様子を見てくれていた。羽入はどうやら、転げ落ちて目を回してしまっただけらしい。

 目を覚まして上半身を起こした羽入は、目線を巡らせて鷹野を見て―― 、怖い顔になって俯いてしまった



「……信じられないわ。鷹野が全ての黒幕だったなんて」
「僕も、鷹野の顔を見るまで、何もかも忘れていたのです」

 夜、沙都子が眠ってしまってから、家の外へ出て羽入と話をした。今回の世界ではお祭りまでたったの1週余りしかない上、なぜか私は、前の世界のことをまるで思い出せなかった

「この前の世界の梨花は、敵の姿を目に焼き付けようと、殺されながら、死の直前まで鷹野の姿を見つめていたのです。
 ……それなのに、記憶がないなんて……」


 羽入が思い出してくれたのだから、その私の努力も、決して無駄ではなかったということか――。
 けれど、犯人がわかっても動機がさっぱりわからない。


「ただ、前の世界では、みんなのお陰で、あと少しのところで、運命を打ち破れるところだったのです!」
「みんな……? まさか、沙都子や圭一たちのこと!?」
「そうなのです。僕らが前の世界で学んだのは、みんなで力を合わせること
 そして今度は、初めから敵の正体がわかっている。今度という今度こそ、必ず鷹野を倒せるはずなのです!」
「圭一たちと一緒に……、くっ、もどかしい! どうして私だけ覚えていないのかしら!
「……もしかしたら、生まれ変わりを繰り返す力が、衰えているためかもしれないのです。
 多分、これは最後の世界―― 、もしまた鷹野に負けたら、もう、次はないと考えた方がいいです」

「……ふぅ、あんたの姿がみんなに見えて、転校してくるなんておかしいとは思っていたけど、どうやらここは、とびきりおかしな世界みたいね?」
「おかしくなんかないのです。僕は、傍観者をやめたのです。
 これは、昭和58年6月を賭けた、ゲームの世界。
 鷹野たちは、山狗という強力な駒を持っている。
 だから梨花も、あらゆる人の助けを求め、駒を揃えなければ勝てないのです!」
「……驚いたわ。あなた、本当に傍観者をやめたのね。
 あなたが何者なのか、どこから来た一族なのか、何度説明されても、私には理解できなかった。
 でももしかしたら、今のあなたが本当の姿なのかしら」
「……僕は、この地に祀られた神。ずっと昔、人と鬼を結びつけるための人柱として、この地の罪をあがない、流された者
 人は誰かに穢れを押し付け、人の世を平らかにしようとする。綿流しも、本来は罪と穢れを禊ぐというお祭り。
 でも僕はもう、無力な神でいることはやめたのです! 綿流しまで、梨花と一緒に戦うのです!」



「古手梨花が殺される!?」

 夜、料亭の一室で、熊谷刑事が訊き返していた。
 熊谷、大石の両刑事と興宮署の鑑識のじいさんを集め、赤坂が話している。
 赤坂は、昭和53年に古手梨花から、連続怪死事件の予言を聞いていた。

 資料の 『入江診療所』 『雛見沢』 の文字が目に留まるまで、ずっと忘れていた。思い出した予言が気になって調べて―― 、今まで全ての予言が的中していたことに気付いた

「そして、その予言とやらによれば、今年は、古手梨花自身が殺されると……」
 鑑識のじいさんの言葉に赤坂は頷いた。
 定年を控えた大石は、それが予言といった、どんな怪しげな情報だろうと調べようと考えてはいたが、梨花が殺されるような理由がわからなかった。

 赤坂はあのとき、子どもの言葉だと、真面目に聞いていない面があった。信じていなかったから、予言された連続怪死事件を防げなかった。
「せめて、彼女のことは救いたい。こうして休暇を取って雛見沢に来たのも、そのためです」

 鑑識のじいさんは、予言された梨花の死と、捜査が中断した事件との関連を訊いてくるが、それは赤坂にもわからなかった。
 これから調べなければならない。そのためにこそ、大石たちの助力が必要だった。
大石「……わかりました。もっと詳しい話を聞かせてください」



 朝、登校すると、入江に会った。月に一度の健康相談の日だ。
 早速沙都子に話しかけている。

「ん? いけませんねえ、この間プレゼントしたメイドさんのカチューシャはどうしちゃったんですか? 校則違反はお仕置きしちゃいますよ?」
「……そんな校則は聞いたことありませんわ」

「入江先生、学校でそんな発言は控えていただけますか?」
「あっはははは、冗談のつもりだったんですが……。

 ―― と言いつつ本気なんですが」

 知恵に怒られても、それでもふざけている入江に、相談があると持ちかけてみた。
 保健室に移動して、入江と二人きりで話をする。

「緊急マニュアル、第34号?」
 私が死ねばどうなるかを訊いてみると、そんなモノがあることを知らされた。物騒な話なので、入江からは言い出せなかったようだった。
 女王感染者の死による村人の集団錯乱の前に、雛見沢は封鎖され、毒ガスか何かで皆殺しにされるのだという。

 ―― そんな重要なことを、少しも知らなかった。
 けれど今、もっと重要なのは、それが起きたときに鷹野が何か得をする可能性の方だった。
 訊いてみると入江は虚を突かれたような表情をした。


「……か、考えられません! 雛見沢症候群の研究は、3年後に打ち切られる予定です! 鷹野さんとしては、それまでに何としても、病気の秘密を解き明かしたいと思っているはずで、そのためにも、」
「でも、どうせ打ち切られる研究なら、盛大にテーブルをひっくり返してしまおう、という考え方は有り得ないかしら」
「……ぅ……、鷹野さんなら確かに……、いや、しかし、いくら何でも……」


 入江も否定はしきれないようだった。
 私が保健室を出ると、みんなが廊下で待っていてくれた。どんな相談だったのか、心配してくれているようだった。
 ふと思い付いて、私は漫画の相談をしていたことにした。
 ―― そうやって、みんなにも訊いてみよう。


 女王感染者が死ぬと滅亡する村の話。
 裏には “東京” という秘密結社がある。

「困っているのは悪役の設定、つまり、女王感染者を殺して、その悪役がどんな得をするのか、それが決まらないと、お話の筋が通らないのです」
「そんなの全然楽勝じゃん! 村が壊滅することで、得をする奴がいればいいんだよ」
「どういうことですの?」
「いい? 村人を皆殺しにするような事態が発生したら、必ず、責任を取らされる者が出てくる。例えニュースにならなくてもね?
 それを狙ってる、対抗勢力があることにすればいいのさ」


 派閥争いだと言う。黒板に簡単な図を描きながら説明を続けてくれた。
 秘密結社にAの派閥、Bの派閥があって争っていて、村が壊滅したとき、Aの派閥が責任を取らされて勢力を失うとすると――。

「それを狙ってBの派閥がその悪役に、女王感染者を殺すよう、密かに働きかける
 どうだい? これで綺麗に筋が通るだろ?」

 圭一は、そんな秘密結社なら中での裏切りや足の引っ張り合いも凄いだろうと予想している。

 魅音がたちまち陰謀の構造を暴いてしまったことに驚きながらも、同時に不安も強まっていた。
 では “その女の子” は、陰謀に一体どう立ち向かえばいいのだろう?


「そうだねえ、土地勘のある友達と、武器を扱えるベテラン、それに、沙都子みたいにトラップが作れる仲間がいれば、どうにかなるかな?」

 魅音の言う必要な仲間は全て、周りに揃っていた
 ……勇気と希望が湧いてくるのを感じる。
 戦える……、独りなら絶対に勝てなくても、みんなと一緒ならきっと勝つ方法がある!


「……魅ぃ、それにみんな、もっともっとアイデアが欲しいのです! どうやったらこの陰謀に勝てるか、もっともっと、僕に教えて欲しいのです!」



「鷹野さん、 “野村” です。
 ……ええ、厚生省のお歴々も、あなたの資料のお陰で、雛見沢症候群の恐ろしさを理解してくださいました。
 終末作戦が終わったら、新たな研究所が設置され、その責任者はもちろんあなた。そのためにも、この病気の恐ろしさを総理にしっかり認識してもらわなくてはなりません。
 ……成功をお祈りしておりますわ。あなたのお祖父さまのためにも


 夜、どこかの街で、路肩に車を停めて車載電話を使っていた女は、そう言って電話を切った。
 すぐに、もう一度、他のところへとかけている。繋がると、先ほどとはまるで違う声音で話し始めた。

「 “高木” です。
 ……はい。作戦はつつがなく成功中ですわ。
 ……これが成功すれば、旧小泉派の地位は失墜、官房長官も更迭されることになるでしょう。
 ……ええ、また追ってご連絡します。それでは」




感想

 相変わらず作画や声優さんの演技は最高です。
 羽入はもちろん、レナや沙都子の崩し絵などもセンスがいい絵だと思います。

 ただ、脚本的にちょっと痛いミスも出てしまいました(汗)。その辺は減点せざるを得ません。
 整合性が怪しくなるので、放送してしまった分はしょうがないですが、 DVD では直しておいて欲しいところです。

 以下は個別に。



 シュークリーム魔神降臨。

 オープニングでも出ていたので、初見の人も皆さん予想通りでしょうね。
 まずはこうして文字通り部活メンバーの仲間になる、要は運命共同体になることが羽入の本気の2歩目なわけです。

 恐らくはこうした実体化も神通力を消費する行動で、次の “巻き戻し” を考えて力を温存とか考えていたらできない行動ではないかと、私は考えています。つまりは、 『勝てないかもしれない』 と考えるのをやめること、それが1歩目。

 ちなみに角は髪飾りだと誤魔化しています。
 もちろん取り外しできないのですけれど。



 羽入に気付いていたレナ。

 L4以上から還ってきたという点では沙都子も同じですが、レナの場合、より霊感が強そうというか、還ってきてからも何となく感じることができていそうです。
 と言うか、その辺の感性が鋭敏なほど、雛見沢症候群を発症しやすい面があるような気もしています。

 ……で、ずっと何となく感じていたのなら、レナはもしかして、ずっとお持ち帰りできるようになるのを待っていたのでしょうか?
 触れるようになった途端、たがが外れてます。



 記憶継承失敗。

 前回の感想ラスト付近で、ちょっと書いたことですが、 『あのとき覚えていたことをここで忘れている』 ようにも見えてしまいます。……だから改変するならよく考えて行わないと後が面倒だと……。

 まあとりあえず、 『あの梨花とこの梨花は違う』 くらいに考えておいてください。

 もう少し複雑でもいい人には、こう続けておきます。
 100年を生きた魔女は、人間性を失い、人間の世界に興味を失い、希望も絶望もせず、高みから見下ろす超越者になりつつあります。
 一方で人間としての梨花、必死に生きようと足掻く梨花も残っているために、その2つがほとんど分離しかけているのです。
 “魔女” は覚えていた、けれど梨花は……、というわけです。



 赤坂衛。

 彼は、昭和53年の雛見沢で死ぬ世界も多々あったようです。
 生き残った世界でも 『暇潰し編』 のように、梨花の “予言” を思い出すのはたった1回を除いて、いつも全てが手遅れになってからでした。
 たった1回帰ってきた 『皆殺し編』 では、温泉に行ったまま、梨花の死までに帰りませんでした。

 彼はそれらの、自分が生き残った世界の全てで、 『暇潰し編』 のような強い自責の念に苛まれることになります。
 彼もまた、他の世界の記憶が戻るとまでは行かずとも、影響くらいは受けるとしたら――。



 入江京介。
 先にこっちに触れておきましょうか。

「……か、考えられません! 雛見沢症候群の研究は、3年後に打ち切られる予定です! 鷹野さんとしては、それまでに何としても、病気の秘密を解き明かしたいと思っているはずで、そのためにも、」

 入江、違う違う。
 ……と言うか、これは残念ながら、脚本さんのミスでしょうね。

 3年目の祟り → 小泉死去 → 計画変更、この流れがあったのが昭和56年6月なのですから、その時点で提示された3年後とは昭和59年6月
 今回のお話は昭和58年6月なのですから、研究が打ち切られるのは 『来年』 です。

 もしこの台詞が矛盾でない可能性があるとしたら、入江機関閉鎖までの治療法完成と研究縮小のプロセス、その3ヶ年計画を提出するのに2年も掛かっていることになってしまいます。
 ……それはさすがに、有り得ないくらいに不自然。

 で、この台詞がミスだとすると、に戻りますが。

 『3年後』 どころか、もう足元に火が点いている状態。
 『テーブルをひっくり返す』 かどうかはともかくとして、鷹野が何かをしたいなら実質上のラストチャンスと言えるでしょう。



 で、変態ちっくな入江を見ると、やっぱりこうでなくてはと思ってしまうのはどうしてなのでしょうか(笑)。
 まあきっと、入江がこういう顔でいられる世界こそが平和な世界。……と言うことにしておきます。

 9歳?(原作から推定)の沙都子に 『メイドさんのカチューシャ』 をプレゼントするのも凄いですが、それを付けてくるのを楽しみにしていたらしいのがまた凄いです。

 それと同時に、直後に梨花の―― 入江的には突拍子もない―― 相談に真面目な顔で考え、答えられるのもまた入江。
 実にいいキャラです。



 頼もしすぎる仲間たち。

 『皆殺し編』 を忘れてしまったために、梨花は、部活メンバーがどれほど強力かをわかっていません。だから相談も、漫画の話に置き換えてしまったわけですね。
 ところが、梨花にも羽入にもさっぱりわからなかった 『動機』 について、話を聞いた直後に魅音が有り得る可能性を示したわけで……。

 しかも、陰謀にどう立ち向かえばいいかわからないと言うと、これまた現実的な回答がたちまち返ってくるという頼もしさ。
 そして沙都子の名前が出てきたように、部活メンバーはそれぞれ一芸に秀でている上に、何でもありの過酷なゲームで普段から鍛えられています。

 これは梨花も真剣な眼差しになろうというものです。
 ……まあ、まだ 『漫画の話』 のままではあるのですが。



  水銀燈 “野村” 。

 名前どころか声音まで変えているのに感動(笑)。
 あまりに露骨で素敵です。

 まあ、手を組むときに鷹野が予想したように、 “野村” には野村の思惑があって鷹野を利用しようとしていたわけですね。
 何となく、大きなお金が裏で動いていそうです。

 そして、例え鷹野が何か失敗したとしても単に仕掛けが外れた程度の話で、 “野村” 自身は痛くも痒くもないことでしょう。



 梨花は 『皆殺し編』 の記憶そのままに戦うことはできませんでしたが、羽入が思い出したお陰で、少なくとも、今までで最も有利な位置から始めることに成功しています

 そして、どこか必ず諦観や絶望があった今までと違って、とても前向きに努力しています。
 後ろ向き発言ばかりだった羽入も、これが最後の世界かもしれないと明かした上で、一所懸命になっています。

 梨花が、自分の仲間がどれほど強力かを忘れていたのが痛いですが、今回、 『漫画の話』 という設定にせよ相談したことで、早くもそれを理解しつつあります。
 さらには、イレギュラー的要素としては、予言された梨花の死を真面目に捉え、動こうとしている赤坂たちもいます。

 “巻き戻し” の力が尽きつつあるせいか、今回は綿流し祭までは1週余りしかありません。
 ですが、駒は揃いつつあり、何より梨花や羽入が闘志に満ちています。

 残るは如何にして戦うか、ということになりますが……、以下次回へ――。



ネタバレ領域

 例によって、☆と☆の間に白字で書きます。
 読みたい方は範囲内をトリプルクリック(推奨)、ドラッグなどでご覧ください。

☆ここから下にネタバレあります↓





(A) 6月10日。

 1週間のみだった原作よりは余裕が出てます。
 この変更には、もしかしたら何か意味があるのかもしれないとも思います。……原作と変更する箇所があって、それの影響かも、と。
 10日スタートの割には、結構お話が進みましたしね。



(B) 鷹野 「化け物」 発言削除

 別に入れても良かったような……?
 鷹野が強力にプッシュされている感もありますので、その影響でしょうか。
 あるいは、差別発言っぽい言葉なのでやめたのかもしれませんね。



(C) 圭一転入時の梨花 ≠ 古手羽入転入時の梨花

 前回ネタバレ領域で3つの予想をしましたが、そのうちの(E)が一番近かったようです。
 これも典型だと思いますが、私には第1期は原作未読者向けに作られていて、第2期は原作既読者向けに作られているというイメージが強いです。読んでいなければ理解不能とまでは行かないものの、随所に不親切な箇所が混ざっているというか……。



(D) 入江、3年後発言

 私も前の記事で、アニメ版の変更で1年ずれていることに、指摘を受けて気付いた有様でした(笑)。ちゃんとタイムテーブルを想定して考えないと、簡単に見落としが出てしまう、とも言えそうです。
 なのであまり大きなことは言えませんが、これは作品の欠陥となりかねない、かなり痛い矛盾なので、 DVD では直しておいて欲しいものです。



(E) 凄くわかりやすい “野村” (笑)

 これはこれでとてもいい感じかも。
 原作では真の目的を始め、相当に謎が残った気がしますが、アニメ版野村はどこかの勢力下か雇われたプロかはわかりませんが、旧小泉派への追い打ちが大きな目的なのは明白となっています。

 これはいい改変と言える気がします。
 アニメ版最終編なのですから、勢力関係に謎が残るような作りにしても仕方ないですしね。



(F) 次回

 おやっさんの墓参りで大石と茜たちが鉢合わせ、赤坂との再会や富竹への警告。この辺までは堅いでしょうね。

 『48時間作戦』 の立案まで行く……でしょうか。
 トラップと言えば、これこそが最大のトラップとも言えますしね。



♯ここからは追記です:
(G) 評価

 正直迷いました。いくつか星3つでトラックバックを送信していますが、それも間違いではありません。今回は3.5くらいの感じです。
 別に私は改変してはいけない派ではないのですが、今回はちょっと失敗が目立っていた気がします。





☆ここから上にネタバレあります↑





次回予告

 今回はネタバレ的にはギリギリ大丈夫かも?
 勘の鋭い人はそれでも流れがわかるかもしれませんけど。

 週遅れ地域の方も、こちら↓で過去分の予告を見ることができます。
animateTV
BANDAICHANNEL

『教えて! 黒梨花コーナー!
 相談者は、雛見沢村の、北条鉄平さんなのです!』
「いい加減他のやついないの?」
『以前から疑問に思っていたことですが、羽入の頭に付いてるのは、何ですか!』
「ふ、<ぴー!>じゃないかしら?」
『はぅ、そうです! <ぴー!>なのです!』

「次回、祭囃し編 其の七、 『トラップ』
 ……<ぴー!>以外何に見えるというのかしら」




 伏せ字ということで、ちょっと危険な単語も思い付いてしまうわけで(笑)。
 そんなものを、しかも2つも装備している女の子って一体……。

 なお、放送禁止用語などのコメント欄投稿はご遠慮願います(笑)。

 次回、 『トラップ』 にも期待しています。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ひぐらしのなく頃に解 第19話感想  [ AAA??悠久の風?? ]   2007年11月13日 20:42
ひぐらしのなく頃に解 第19話 祭囃し編 其の六 感想いきます。
2. ひぐらしのなく頃に解 第十九話 祭囃し編 其の六 「幕開け」  [ アニメすく〜る ]   2007年11月13日 20:53
第十九話 祭囃し編 其の六 「幕開け」の感想です
3. ひぐらしのなく頃に解 第19話 祭囃し編 其の六 「幕開け」  [ アニメって本当に面白いですね。 ]   2007年11月13日 20:55
4 ひぐらしのなく頃に解   お勧め度:お勧め   []   チバテレビ : 月曜(07/09) 26:10〜   サンテレビ : 月曜(07/09) 26:10〜   AT-X : 水曜(07/11) 09:30〜   KBS京都 : 金曜(07/06) 26:30〜   テレビ神奈川 : 土曜(07/14) 25:30〜   東海テレビ :木...
4. ひぐらしのなく頃に解 第19話 「祭囃し編 其の六 幕開け」  [ 万聞は一見に足るやも ]   2007年11月13日 21:00
100年にも続く遙かなる闘い、その最終章がここに開幕!          `i、:                          : 、"           \: :                      :
5. ひぐらしのなく頃に解 19話  [ 自己満足 ]   2007年11月13日 21:03
祭囃し編 其の六 「幕開け」 皆の気持ちが一つになるために転校してくる羽入。 早くもクラスの人気者になります。レナは早速お持ち帰りまくりです。そして同時にすぐ傍に居たような気がすると。相変わらず鋭いですね。 そして部活にも加わる羽入。...
6. ひぐらしのなく頃に解 第19話  [ べっ子さんの日頃 ]   2007年11月13日 21:04
ひぐらしのなく頃に解 第19話 祭囃し編 其の六「幕開け」 さて「かけら紡」も先週で終わり 今週からサブタイ通り本編の幕開けです。 今週の話は、なんと!羽生が転入生としてやってきたわけですが とりあえず言いたい「羽生がカワイイ」と。...
昭和58年6月。 羽入と梨花が運命を打ち破るためついに行動を再開する。 圭一たちとの気持ちをひとつにし鷹野との全面対決だ。
8. ひぐらしのなく頃に解 第19話 「祭囃し編 其の六 幕開け」  [ リリカルマジカルS ]   2007年11月13日 21:24
転入生の古手羽入・・・ 自己紹介で噛みまくりの羽入が可愛いのですよ(*´▽`*) 当然、こんな可愛い羽入をレナが黙ってみてるわけもなくw
9. ひぐらしのなく頃に解 第19話「祭囃し編 其の六 幕開け」  [ SERA@らくblog ]   2007年11月13日 21:30
運命は打ち破れる、皆の気持ちを一つに――。 雛見沢にまた6月がやってくる…。 前の世界での言葉を胸に、羽入は傍観者を辞めてゲーム盤の上に立つ。 真の敵が誰かも思い出せない梨花。 転生の力も弱まり、これが最後
10. ひぐらしのなく頃に解 第19話 祭囃し編 其の六 「幕開け」  [ ムメイサの隠れ家 ]   2007年11月13日 21:49
死の運命に抗うために傍観者を止めた羽入は実体化して梨花達の学校に転校してきた。そして鷹野と出会った羽入は一つ前の世界でみんなを殺したのは鷹野だということを思い出し梨花に...
11. (アニメ感想) ひぐらしのなく頃に解 第19話 「祭囃し編 其の六 幕開け」  [ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2007年11月13日 21:56
ひぐらしのなく頃に解 捜査録 -紡- file.02〈初回限定版〉 またこの季節がやってきた・・・。前の世界で学んだのは、運命は打ち破れるということ。ただ、そのためには皆の気持ちが一つにならなければならない。だからボクは・・・。
12. ひぐらしのなく頃に解 第19話「祭囃し編 其の六 幕開け」  [ おもちやさん ]   2007年11月13日 21:59
なんだこのノリは(笑) 解シーズンに入ってからはシリアス展開がずっと続いてたからなぁ。 こういった展開は第1期シーズンを彷彿とさせるものがあって実に懐かしい。 ってかみんなの前で赤面しまくりの羽入が可愛す
13. ひぐらしのなく頃に解 第19話  [ パズライズ日記 ]   2007年11月13日 22:09
祭囃し編其の六の今回は、羽入が小学生として転校してくる話でした。 まさか実体となって転校までしてくるとは驚きの展開。 でも生まれ変わりの力も弱くなっていよいよ最後の世界かも知れないとのこと、最後にして最高の戦いが見られそうですね。 いきなりの羽入の実体....
14. ひぐらしのなく頃に解 第19話 「祭囃し編 其の六 幕開け」  [ サボテンロボット ]   2007年11月13日 22:09
★★★★★★★☆☆☆(7.5) はにゅーーーん!! という事で、傍観者を止めた羽入が転校生として登場。 自己紹介の可愛さは反則だろう。あれはレナじゃなくてもお持ち帰りした??.
15. ひぐらしのなく頃に解 第19話 祭囃し編 其の六 感想  [ デジタルジャンキーな大学生の日記 ]   2007年11月13日 22:19
今回のひぐらしは再び部活メンバーの話です。 本格的に羽入も参戦ということになります。 羽入が一際目立つように活躍していたので、羽入活躍回といっても過言ではありません。 昭和58年6月。雛見沢にある転校生がやってきました。 それがあの羽入でした。羽入は小学...
16. ひぐらしのなく頃に解 第19話 「祭囃し編 其の六 幕開け」  [ 七子の気ままな日々 〜since 2006.12.23〜 ]   2007年11月13日 22:37
ひぐらしのなく頃に解: そろそろ役者も揃い、永遠の6月ですね。いつもと違うのは鍵である羽入の存在。 誰もツノに疑問持つなよ!そういう作品なんだよ! 早速レナをはじめ、クラスの皆に大人気。 羽入は勇気を出し、部怩
17. ひぐらしのなく頃に解第19話  [ にき☆ろぐ ]   2007年11月13日 22:45
さ〜て今回はやっと時間軸が現在になり本編になりますっていきなり羽入が転校生!?まぁ予感はしてましたがあまりにもあっさりだったのでちょっと驚いた今回は全体的になごやかムードで見やすかったですね転校生として来た羽入ですけどアッサリみんなに馴染んでましたしみ...
18. ひぐらしのなく頃に解 第19話 祭囃し編 其の六  「幕開け」  [ 根無草の徒然草 ]   2007年11月13日 22:55
 いよいよ本当の意味での最終章がスタート。   ひぐらしのなく頃に解 捜査録 -紡- file.01〈初回限定版〉坂井久太; 川瀬敏文; 保志総一朗; 中原麻衣; 雪野五月; かないみか; 田村ゆかり (2007/09/21)Frontier Works Inc.(
19. ひぐらし解感想  [ ひなぎくのなく頂に葱 ]   2007年11月13日 22:58
羽入が転校してきたw 可愛いw 神様おもちかえりされたw 下着履いてるのか? レナが、どMに見えるw 魅音の顔が「ぱにぽに」ぽい オレ包囲網w かっこいい赤坂 ア??.
20. ひぐらしのなく頃に解祭囃し編其の六幕開け  [ 翔太FACTORY+Face.Chat.Union ]   2007年11月13日 22:59
「あなたに託した問いへの、最後の答え合わせになります。鷹野を打ち倒すには?そして最高の結末とは?最後くらい幸せな夢を…祭囃し編」「ひぐらしのなく頃に解祭囃し編其の六幕開け」「あぅあぅ羽入の参戦ですよっ」「…最後だからできる奇跡の始まりだからな」「そう、...
21. ひぐらしのなく頃に解  [ まるとんとんの部屋 ]   2007年11月13日 23:11
第19話 「祭囃し編 其の六 幕開け」    「梨花ちゃん」は俺の嫁!!    「梨花ちゃん」は俺の嫁!!    「梨花ちゃん」は俺の嫁!!  いゃぁぁぁ〜、最近「おぢさん」の兄貴が、 「○○は、俺の嫁」って??
22. ひぐらしのなく頃に解 第19話 「祭囃し編 其の六 幕開け」  [ 垂れっ流しジャーマン ]   2007年11月13日 23:12
私の出番はまだですか〜?! ブーーーーーーッ!!!! すいません…牛乳を全部吹き出してしまいました。 超転校生の古手羽入さんキタワァァァァァァァァァァァ!!! 梨花の遠縁ということにされていますが
23. ひぐらしのなく頃に解 第19話 祭囃し編 其の六 「幕開け」  [ 何というヲタブログ ]   2007年11月13日 23:14
ひぐらし解第19話レビューです。
24. ひぐらしのなく頃に解 19話  [ 暁の空 ]   2007年11月13日 23:17
祭囃し編 其の六 「幕開け」
25. ひぐらしのなく頃に解 第19話 「祭囃し編 其の六 幕開け」  [ angel notes. ]   2007年11月13日 23:17
ついに本筋へと突入。 序盤はいつも通り軽い展開。 原作でも毎回最初が軽くて微妙だった覚えが。 まあ面白いと思う人も多いわけなので別に決めつけはしません。 個人的には飛ばしまくりだった。 その中に伏線もあるわけなの〉!
26. ひぐらしのなく頃に解 19話  [ さすらい旅日記 ]   2007年11月13日 23:25
「祭囃し編」其の六「幕開け」。 長いカケラ紡ぎの旅を終え、遂に昭和58年6月の舞台に戻ってきました。 今回は羽入が実体化していて、雛見沢分校に転校してくるという異例中の異例 ...
27. ひぐらしのなく頃に解第19話祭囃し編其の六「幕開け」感想  [ 物書きチャリダー日記 ]   2007年11月13日 23:34
ひぐらしのなく頃に。長かったこの話もやることはやって、バラバラだった謎もまとまり、駒はそろい、後は配置かな?【DVD】ハイパーセレクション07年9月21日発売!ひぐらしのなく頃に解DVD捜査録-紡-file.1【初回...早速感想。羽入が学校に転校。とうとう羽入が学校にって...
28. ひぐらしのなく頃に解 #19「祭囃し編 其の六 幕開け」  [ ラピスラズリに願いを ]   2007年11月13日 23:35
駒は揃えた! あとは戦略を練らねば・・・ とりあえずレナのお持ち帰り癖を失くさないといけないのです(*´▽`)ニパー ではひぐらし解感想です。 ひぐらしのなく頃に祭 カケヮ..
 ひぐらしのなく頃に・解  第19話 『祭囃し編 其の六 幕開け』  ついに最後の駒である羽入が学校に転校してきた!  羽入は相変わらず人と接するときにギクシャクしていまの..
30. ひぐらしのなく頃に解 第19話「幕開け」  [ ミナモノカガミ ]   2007年11月14日 00:03
祭囃し編 其の六「幕開け」感想。
31. ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 其の六 「幕開け」感想  [ ここには全てがあり、おそらく何もない ]   2007年11月14日 00:03
5 ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び・アペンド版発売日:2007-12-20価格正直、原作未プレイの人は原作やってからでないと死ぬほど後悔しますよ私がそうでした。最初に原作1話をやって原作独特の素晴らしい恐怖を楽しんだのですが、そのあとPS2の方で残り全部やったときはそんな...
32. ひぐらしのなく頃に解 第19話 祭囃し編 其の六「幕開け」の感想  [ さくら日記 ]   2007年11月14日 00:07
羽入マジでヤバイ。羽入かわいすぎ。羽入祭りの第19話の感想です。
33. アニメ感想 〜ひぐらしのなく頃に解 第19話〜  [ 紅日記〜ベニッキ〜弐号館 ]   2007年11月14日 00:11
幕開け 圭一包囲網
34. ★ひぐらしのなく頃に解 第19話『祭囃し編 其の六 幕開け』  [ 二次色ノート ]   2007年11月14日 00:21
ついに内容が本筋へと突入した『祭囃し編』! 前回までは「カケラ紡ぎ」の過去話が描かれてきましたが、 今後は最終章として梨花と共に多くの仲間たちが動いていきそう^^ アニ??.
35. ひぐらしのなく頃に解 第19話 祭囃し編 其の六 「幕開け」  [ * Happy Music * ]   2007年11月14日 00:39
過去編も前回で終わり、時代が現在に戻ったわね。 そして羽入が実体化して、転校生として、雛見沢分校にやって来た!? 実体化した羽入は、古手羽入という名で――梨花ちゃんの遠縮..
36. ひぐらしのなく頃に解 第19話 祭囃し編 其の六 幕開け  [ なななな駄文 ]   2007年11月14日 00:40
羽入が転校してきたのです。 しかしちょっと記憶がきちんと繋がっていないのです。 鷹野との遭遇は仕込んだことかと思いきや、ただの事故だったなんて。 そこでやっとこさ記憶が戻ってくると。 梨花の能力もダメダメになってくるとか、今回で終わらせなきゃならんわけで....
37. ひぐらしのなく頃に解 第19話「祭囃し編 其の六 幕開け」  [ かて日記 ]   2007年11月14日 00:48
ひぐらしのなく頃に解 第19話「はにゅーん」 6月上旬。ようやく舞台に上がってきた者。
38. ひぐらしのなく頃に解 第19話「祭囃し編 其の六 幕開け」  [ かて日記 ]   2007年11月14日 01:00
ひぐらしのなく頃に解 第19話「はにゅーん」 6月上旬。ようやく舞台に上がってきた者。
39. ひぐらしのなく頃に解 : (第19話)祭囃し編 其の六 幕開け  [ 話し処StrikerS ]   2007年11月14日 01:27
はにゅう!はにゅう! (*´д`)ハァハァ 羽入かわいいよ羽入(笑) ※記事内にはネタバレが含まれます。ご注意ください。
40. ひぐらしのなく頃に解 第19話 「祭囃し編 其の六 幕開け」  [ 空色☆きゃんでぃ ]   2007年11月14日 02:34
レナをSM調教中。
41. ひぐらしのなく頃に解 第19話 幕開け  [ 現実への反逆 ]   2007年11月14日 03:04
あさって総合テストです。マジでやめれ・・・ 塚今週のひぐらしはぶっとんでたwwww 醤油じゃないキッコーwwwwww
42. ひぐらしのなく頃に解 第19話 祭囃し編 其の六「幕開け」  [ Todasoft Blog ]   2007年11月14日 03:32
「転校生の古手羽入さんです」 「ふ、古手羽入なのです。どうかよろしにょ、よろ、よ...
43. ひぐらしのなく頃に解 第19話  [ ETERNAL ]   2007年11月14日 07:36
ひぐらしも書くことにしました。
44. ひぐらしのなく頃に解 第19話「祭囃し編 其の六 幕開け」  [ 日記・・・かも ]   2007年11月14日 08:47
古手羽入、登場!って話でした
45. ひぐらしのなく頃に解祭囃し編其の六「幕開け」  [ 自堕落学生日記 ]   2007年11月14日 13:02
4 運命を変える、そのためにオヤシロ様こと羽入が取った行動は 同じ生徒として惨劇の舞台に出演することだった こんどこそ変える・・・運命にあがらう・・・そう決断し一生懸命戦った次の舞台 いよいよ「幕開け」
46. ひぐらしのなく頃に解 第19話「祭囃し編 其の六 幕開け」  [ テトレト空想我学 ]   2007年11月14日 15:34
★感想・第19話  5年目、集う力
47. ひぐらしのなく頃に解 第19話 祭囃し編 其の六「幕開け」  [ ハッピー・ブログ!? カリカリモフモフなのであります。 ]   2007年11月14日 18:21
羽入登場!!あうあうあう はにゅかわいぃ〜!おっもちかえりぃ〜! ついに運命に抗う決意をした羽入が動き出しました。 羽入かわいいいぃいいいい! はぁ、はぁっすいません。...
48. ひぐらしのなく頃に解 第19話「祭囃し編 其の六幕開け」  [ kasumidokiの日記 ]   2007年11月14日 18:21
発言者:どちらもゲーム未プレイ、アニメ「ひぐらしのなく頃に」26話まで視聴済み。 発言者:<img src=\"{_img_}runamaria01.gif\">→宵里、<img src=\"{_img_}marin02.gif\">→春女。 サンテレビに
49. ひぐらしのなく頃に解 19話「祭囃し編 其の六 幕開け」  [ マリンカリン倶楽部 ]   2007年11月14日 18:22
 「ふ、古手羽入なのです」 全国の羽入ファンのみなさま、お待たせしました。 実体化羽入ですw いやっほ〜い―+。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚―!! すいません、それだけですw
50. ひぐらしのなく頃に 19話  [ 白狼PunkRockerS ]   2007年11月14日 18:33
「にぱ〜☆今日のラスト更新はひぐらし感想なのです」 「うわ〜、なのはさん、梨花ちゃんのモノマネうま〜い…って今までひぐらしの感想なんて書いてなかったじゃん!」 「今週は視聴した全てのアニメ??A
51. ひぐらしのなく頃に解 #19「祭囃し編 其の六 幕開け」感想  [ サブカルなんて言わせない! ]   2007年11月14日 18:45
羽入転校きなすったーーーーー こりゃたまらんな あうあう〜 圭一の罰ゲームバロスww 赤坂側も過去に梨花に出会った記憶を頼りに 雛見沢に近づいてきました たとえ話っていうかこれはバレるな しかしやはりここでも仲間の力が役に立ち 鷹野さんに対抗する知...
52. ひぐらしのなく頃に解 第19話  [ 刹那的虹色世界 ]   2007年11月14日 20:15
アニメ感想 ひぐらしのなく頃に解  第19話「祭囃し編 其の六『幕開け』」 駒は揃った。羽入は、傍観者を止め、自らの意思で盤上へ上がる。弱まっている、時間遡行と記憶継承??.
羽入もすっかり仲間にとけこみましたです(梨花) じじ抜きキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 赤坂さんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! ようやく「祭囃し編」の本本編突入ですが、部活がある分基本コメディテイストでエピソードが展開されつつも、しっかりテーマ的な部....
54. ひぐらしのなく頃に解第19話「祭囃し編其の六幕開け」  [ 渚の空-アニメの道 ]   2007年11月14日 21:09
レナパワー発動亀甲縛りwww圭一も引っ越してきて、ついに羽入までも学校へ転校してくることとなる新しい仲間も加わり、クラスの皆のテンションは上々特にレナのお持ち帰りモードはいつも以上の勢いであるレナ 『ねぇ圭一君・・・なんだかうれしいね。』圭一 『お持ち...
55. ひぐらしのなく頃に解 第19話 祭囃し編 其の六「幕開け」 感想  [ dequal日記 ]   2007年11月14日 21:43
19話。
56. ひぐらしのなく頃に解 第19話  [ アミューズエイド ]   2007年11月14日 21:54
 転校生の古手はぬーキタ━ヽ(´∇`*)人(´∇`*)人(´∇`*)人(´∇`*)人(´∇`*)人(´∇`*)人(´∇`*)ノ━!!!!!!!  K1の後ろの席のレナキラ━━━━━━(☆∀☆)━━━━━━ン!!!!!  あうあう、はぬー逃げるのですぅ(>Д<)ノ  第19話 祭囃...
57. ひぐらしのなく頃に解 #19「祭囃し編 其の六 『幕開け』」  [ メガロでポン! ]   2007年11月14日 22:05
鷹野の幼少時代まで遡った時は、ついに昭和58年の6月までやってきました。ということで、最後の駒である羽入がなんと今回「実体化」して「転校」してきました。実体化できたんかいな? でも、レナは羽入の姿を見たような気??@
58. ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 其の六 幕開け  [ Ηаpу☆Μаtё ]   2007年11月14日 22:14
お持ちかえりぃ!!!!!!!!!!!!!
59. 『ひぐらしのなく頃に解』第19話  [ うかばれないもの ]   2007年11月14日 22:19
JUGEMテーマ:漫画/アニメ 想像してみてください……テレビの前で羽入の姿を眺めながらニヤニヤしている、二十代も半ばを過ぎた男の姿を。うおぉぉぉっ!キモっ!でも、でも、仕方がないんです、だって、羽入が、羽入があまりにも可愛いんですもの!実体化して転校してくる...
60. ひぐらしのなく頃に解 第19話  [ まぐ風呂 ]   2007年11月14日 22:46
[関連リンク]http://www.oyashirosama.com/第19話 祭囃し編其の六 幕開け羽入の決意。前回の世界でみんなの力を合わせないとこの運命を打ち破れないと教えられた羽入は今度は見ているだけ...
61. ひぐらしのなく頃に解 第19話  [ 本を読みながら日記をつけるBlog ]   2007年11月14日 22:59
「祭囃し編 其の六 幕開け」 ひぐらしのなく頃に解 捜査録 -紡- file.02〈初回限定版〉保志総一朗 中原麻衣 雪野五月 フロンティアワークス 2007-10-24売り上げランキング : 555おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 学校に転入生がやってきた。 その転入生とは...
62. ひぐらしのなく頃に解 第19話 祭囃し編 其の六 「幕開け」レビュー。  [ (*´0`*)おはよーブログ ]   2007年11月14日 23:26
多分…これは最後の世界―。 ひぐらしとの本当のお別れが近づく― もう思う存分楽しみました。残る思いは『解決してくれこの世界を―』。(切実な願い… ただ今まで全ての編でBAD END、今回は銀様という未開封のキャラを放 
63. 第19話 祭囃し編 其の六 「幕開け」:ひぐらしのなく頃に解  [ Calm日記。 ]   2007年11月14日 23:46
ひぐらしのなく頃に解  第19話  祭囃し編 其の六  「幕開け」
 OPで羽入が圭一たちと一緒にいたシーンはイメージではなかったのか……。  転入してきた羽入をクラスメイトたちが可愛いと言っていた。姓が梨花と同じ古手だと言っている圭一の後ろで、獲物を狙う目つきのレナに笑えた。早速お持ち帰りか(笑) 知恵にまでお持ち帰り...
65. ひぐらしのなく頃に解 #19 祭囃し編 其の六 「幕開け」 感想  [ たまにもゆる ]   2007年11月15日 00:36
転校により質問攻めの羽入。 その横では亀甲縛りのレナ姿がw 『なんというカオス空間・・・。縛られたレナが何かに目覚めたりしないのだろうか・・・』  『まぁ、そこは知らないけど、縛ったのは沙都子
66. ひぐらしのなく頃に 解 第19話 祭囃し編 其の六  [ ルナティック・ムーン ]   2007年11月15日 07:26
[昭和58年6月、村の分校に一人の少女が転校してくる。古手羽入。梨花の遠縁という少女は、さっそく圭一たちの部活へと参加を希望してきた。その後、羽入は梨花に、ループする惨劇について語る。その頃東京ではある政治スキャンダ
67. ひぐらしのなく頃に解 #19  [ RAY=OUT ]   2007年11月15日 14:05
いや〜、コメントいただいてましたが みてますよ、ひぐらし第19話 でも、今週忙しくて絵が・・・ ホント描いてみたいとこ沢山あったのに・・・ 亀甲縛りとか亀甲縛りとか亀甲縮..
68. ひぐらしのなく頃に解 第19話  [ LUNE BLOG ]   2007年11月15日 19:41
 最後の幕開けに登場した転校生。
69. ひぐらしのなく頃に解 第19話 「祭囃し編 其の六 幕開け」  [ 今日もやられやく ]   2007年11月15日 21:05
古手羽入・・・なんという変な名前すごい違和感たっぷりなのにだれもそこに突っ込まず、皆見た目の可愛さに興味津々ですな なんか頭に輪っかついてて天使です♪って言ってもみんな??.
70. レビュー・評価:ひぐらしのなく頃に 解/第19話 祭囃し編 其の六 「幕開け」  [ ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン ]   2007年11月15日 23:08
品質評価 22 / 萌え評価 48 / 燃え評価 6 / ギャグ評価 13 / シリアス評価 31 / お色気評価 19 / 総合評価 24<br>レビュー数 122 件 <br> <br> 第19話 祭囃し編 其の六 「幕開け」のレビューです。
71. ひぐらしのなく頃に解 第19話「祭囃し編 其の六 幕開け」感想  [ 徒然日記〜TS紀行〜 ]   2007年11月16日 00:06
4 TVアニメーション「ひぐらしのなく頃に解」DVD 捜査録−紡−file.01(初  ようやく昭和58年の雛見沢の物語がスタート……なわけですが、何かやたらとハイスピードで進んでいったような気がします。やはり残りの尺ではじっくりと描き切るには足りないのか、...
72. ひぐらしのなく頃に解 第19話 祭囃し編 其の六「幕開け」  [ ごった煮なアニメ感想とかのブログ ]   2007年11月16日 08:27
長かった祭囃し編も過去編が終わり、ようやく本編に!! やったー!長かった! とりあえず対鷹野の第一手として羽入が転校してきました。 え?どうやって実体化したかとかそういうのはなしですか?? しかも角も生えっぱなし。魅音さん、パンツの色....
73. ひぐらしのなく頃に解 第19話 祭囃し編 其の六 「幕開け」  [ 日頃CALAMITY ]   2007年11月16日 21:11
第19話 祭囃し編 其の六 「幕開け」 本当の意味で本編。今までは前振り(ぁ ■ひぐらしのなく頃に解 第18話 祭囃し編 其の五 「最後の駒」 ▼fc2ランキング
74. ひぐらしのなく頃に解 第19話 「祭囃し編  其の六  幕開け」  [ 独り言の日記 ]   2007年11月17日 18:26
JUGEMテーマ:漫画/アニメ  “僕は傍観者を辞めたのです。これは昭和58年6月を賭けたゲームの世界。鷹野たちは山狗という強力な駒を持っている。だから梨花もあらゆる人に助けを求め駒を揃えなければ勝てないのです。”  過去編も終わり、また新たな6月の雛見沢...
あら?誰も角は突っ込まないのねw まぁうち的にもどうでもいいですけどねぇ〜。 クライマックスに向けて加速しておりまぁ〜す。 早く次が見たいかもw(ぇ ひぐらしのなく頃に解 捜査録 -紡- file.02〈初回限定版
76. ひぐらしのなく頃に解 第19話「祭囃し編 其の六 幕開け」  [ ボーダーライン ]   2007年11月17日 21:14
羽入が転校してきました。 実体を伴って。 そして眠っていた前の世界の記憶がふとしたきっかけで蘇り、羽入は今回こそが本当のラストチャンス、もう次の世界は無いかも知れないと梨花に警告したわけです。このループも無限回廊ではなかったのですかね。 今までのメン....
77. ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 其の六 幕開け  [ うつわの器 ]   2007年11月17日 23:23
原作のネタバレ感想回避、兼未プレイ者のネタバレ感想です。 魅音はいつからオジサンに?(笑) 魅音がオジサンになるのも、入江が変態になるのも、レナが亀甲縛りでまじめ話するのも平和な証拠なんですよねー。 レナは本当に優しい娘さんです。人はいい環境に置かれると、...
78. ひぐらしのなく頃に解 第十九話  [ ぶろーくん・こんぱす ]   2007年11月18日 02:06
 何かを信じると言うことは希望という名のコインを賭けるということ。負ければそのコ
79. ひぐらしのなく頃に解・第19話  [ たこの感想文 ]   2007年11月18日 15:57
「祭囃し編 其の六 幕開け」 昭和58年6月。雛見沢の分校へと一人の生徒が転校し
80. ひぐらしのなく頃に解 第19話 祭囃し編 其の六「幕開け」  [ ●○PEKO LIFE●○ ]   2007年11月18日 21:21
あぅあぅ〜☆
時はまた、昭和58年6月に戻った。しかし、今回は羽入が転校してきて戦力アップ!竜宮レナ、すかさず羽入を奪取!梨花よりも可愛いと思っているのね。
82. 「ひぐらしのなく頃に解」第19話「祭囃し編 其の六 幕開け」 感想  [ 時じくの香の木の実を嗜みながら ]   2007年11月19日 23:09
秋がますます深まる様子を暢気に見ていたら、いつの間にか暦の上では冬になっておりましたね。では今日も何とか頑張って、「ひぐらしのなく解」第19話の感想を。今回は、出来るだけ簡潔に纏めるつもりでおります。 【注:私は原作プレイ済なので、ネタはれは極力白抜きで...
83. ひぐらしのなく頃に解 第19話「祭囃し編 其の六 幕開け」  [ R−30のオタクな部屋 ]   2007年11月20日 00:07
すべての駒は「雛見沢」という盤上に出揃い、 今最後の戦いの幕が開く。 というわけでいよいよ「ひぐらしのなく頃に」最終章 「祭囃し編」本編の開幕です。
84. ひぐらしのなく頃に解(11.17)  [ まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) ]   2007年11月20日 00:07
祭囃し編其の六 羽入が実体化&転校してきて、部活メンバーに加わるの巻。 なるほど、だから、祭囃し編から、OPに羽入の画像が加わったんですな。 もともと実体化できたんだけど、消極的な性格のため、 これまで運命と戦ってこなかった・・・ということでいいのかなか....
85. アニメ:ひぐらしのなく頃に解 第19話(祭囃し編 其の六)『幕開け』  [ 世捨て人の備忘録 ]   2007年11月20日 01:23
羽入の頭のアレは何だろう・・・。
第19話 祭囃し編 其の六「幕開け」 ■ひぐらしのなく頃に 公式サイト評価:★★★★☆
87. アニメ「ひぐらしのなく頃に解」19話感想。  [ 灰色つれづれ草子 ]   2007年11月20日 06:33
 アニメひぐらし解19話見ましたよ!  では感想感想。
88. ひぐらしのなく頃に解第19話 感想  [ 泡影羅記 ]   2007年11月20日 21:33
ひぐらし解第19話、「祭囃し編 其の六」の感想です。
89. (アニ感)「ひぐらしのなく頃に解」:祭囃し編 其の六(第19話)  [ Daydreamer ]   2007年11月20日 22:49
「ひぐらしのなく頃に解」:祭囃し編 其の六(第19話)「幕開け」
90. ひぐらしのなく頃に解 第19話感想  [ ★沖風さんのアホ日記★ ]   2007年11月21日 12:07
ひぐらしのなく頃に解 『祭囃し編 其の六 幕開け』 以下感想。ネタバレ注意!!
91. ひぐらしのなく頃に解 19話 幕開け   [ あんこバスター ]   2007年11月26日 10:56
この土日に携帯の電波の届かないような山奥へ行ってきました黒豆です。おかげでもう11月なのになぜか日焼けをしてしまったみたいで顔がひりひりします!! 以下感想です。
92. ひぐらしのなく頃に??解?? 祭囃し編 其の六「幕開け」  [ 月の満ち欠け ]   2007年11月29日 10:46
運命が打ち破れるかどうか、今回もまた同じ輪廻を繰り返してしまうのか。 羽入も参戦です!
93. ひぐらしのなく頃に解 第19話  [ うたかたの雪 ]   2007年12月06日 17:48
古手羽入
94. ひぐらしのなく頃に解 第19話「祭囃し編 其の六 幕開け」  [ Gene leads a Road 〜好き勝手に進む〜 ]   2007年12月08日 17:56
多くの人が待ち焦がれた制服羽入ついに登場! 何人もの羽入ファンを呻らせた制服羽入がついに声付きで登場! その愛らしい姿もあいまって、セリフ噛んじゃったりするところなんか レナでなくてもお持ち帰りしてしまうでしょう!! そして、私のレナもそんな羽入に....

この記事へのコメント

1. Posted by こうてい   2007年11月13日 21:20
どうもこんにちは。
今回ははしょり感が多かった感じですね。でもまぁ残り話数を考えると仕方ないのか。

>B
アニメでは皆殺し編の最後でもツノがどうこうという話は一切出ていませんでした。羽入についての話はあまりしない傾向にみえますね。
>C
どの辺まで覚えているのか判りにくいですね。他所のブログを回ったところ初視聴者にはやはり不自然に見えたようです。でも梨花のやる気が削げている訳ではないんならやっぱり覚えててもよかった気も・・・。
>D
確かにミスですが気づく人しか気づかない事ではあります。この辺は人それぞれですかね。
>E
これに関しては判りやすいですね。魅音の解説があった後だし。

矛盾点や不自然な点が多いのがやはり気になりますね。でも原作からして最終章はやや不自然に感じられる部分が多い気がするのでなんともいえませんが。
2. Posted by なっきー   2007年11月13日 21:41
4  こうていさん、こんばんはー♪
 コメントありがとうございます。


>はしょり感〜
>でもまぁ残り話数を考えると仕方ないのか。
 端折らないと間に合わない感じですしね。お話として欠けているという感覚まではないので、まあOKという線かもしれません。

>B
>アニメでは皆殺し編の最後でもツノがどうこうという話は〜
 雛見沢は、細かいことはキニシナーイな大物揃いということで…(笑)。

>C
>〜初視聴者にはやはり不自然に見えたようです。
 当然といえば当然でしょうね(汗)。

>〜やっぱり覚えててもよかった気も・・・。
 前回記事のネタバレ領域でちょっと書いたのですが、覚えていたら覚えていたで、饅頭買ってた誰かさんは放置のままひたすら圭一に期待しないと不自然になってしまうのです。↓

(続きます)
3. Posted by なっきー   2007年11月13日 21:42
 圭梨好きな私としてはそれは大歓迎なのですが(笑)、 『祭囃し編』 をやる上では不都合になってしまうんですよね。

>D
>確かにミスですが気づく人しか気づかない事ではあります。〜
 今、余所様を巡回中ですが、今のトコ、これを書いてるのはうちだけでした(笑)。

>E
>これに関しては判りやすいですね。魅音の解説があった後だし。
 ここについては脚本だったと思います。わかりづらくする必要もありませんし。

>矛盾点や不自然な点が多いのがやはり気になりますね。
 全般に改変がちょっと悪い方向に響いているケースが、やや目立ってきている気がします。

>でも原作からして最終章はやや不自然に感じられる部分が多い
>気がするのでなんともいえませんが。
 やっぱり最後まで圭梨で進めていれば良かっt(ry
4. Posted by なっちゃん   2007年11月13日 22:04
2 こんばんわ。

先週の予想に反して原作どうりで来ましたね。(汗)
確かに原作プレイヤーにとっては矛盾とまではいかないですけど、原作未プレイの人には優しくないですね。
後、入江の三年後発言も個人的にかなり痛かったです。

やっぱり期待しすぎたのかなぁ………。
何か皆殺し編の鉄平が帰って来た直後の梨花の心境を味わってます………。

という訳で☆1個にしよう思ったのですがそこ以外は良かったので☆2個で。
5. Posted by なっちゃん   2007年11月13日 22:05
話は変わりますが、なっきーさんが初めて「ひぐらし」に触れたのは何偏が出た頃ですか?
それからどういうきっかけで「ひぐらし」に出会いましたか?
過去の記事を見る限りでは目明し編が出た頃にはプレイされているようですが、ちょっと気になりまして…。(汗)

答えられる範囲で構いませんので教えて下さると嬉しいです。
6. Posted by なっきー   2007年11月13日 22:24
4  なっちゃんさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>先週の予想に反して原作どうりで来ましたね。(汗)
 記憶に関してフォローがあれば良かったのですが、↓

>〜原作未プレイの人には優しくないですね。
 やっぱり疑問に思った人もおられますね(汗)。

>後、入江の三年後発言も個人的にかなり痛かったです。
 これはせめてDVDでは直しておいて欲しいですね。矛盾にならない答えは記事に書いたのくらいしかなさそうなので、あまりに不自然すぎます。

>何か皆殺し編の鉄平が帰って来た直後の梨花の心境
 前回まで取捨選択自体はそう間違えていなかったことを思えば、ちゃんとタイムテーブルを書いて確かめておけば…、そう思います。↓

(続きます)
7. Posted by なっきー   2007年11月13日 22:24
 記憶にしても、先週の梨花を半透明にでもしていればそれでかなり違和感が減ったでしょうし惜しく感じます。

>そこ以外は良かったので☆2個で。
 原作既読者的にはその辺の評価になるのも仕方ない気がします。

>なっきーさんが初めて「ひぐらし」に触れたのは何偏が〜
 『暇潰し編』 直後です。最初は人に勧められて買いました。
 一気には読まずに、少しずつ考察しながら読んでました。

 ちなみに、ミステリでないことには 『綿流し編』 でほぼ確信。掲示板とかに行って、暇編後にもまだ強硬に 『ミステリに違いない』 と主張している人がいることに正直驚いたりもしました。

 鷹野は 『祟殺し編』 のアレの頃には既に疑っていたので、アレでほぼ確信。不可視の存在の可能性は、(元からオカルト好きですから)最初から考えてはいましたが、強く考えたのは 『目明し編』 から。

 主なポイントはこれくらいでしょうか。
8. Posted by Mr.T   2007年11月13日 23:21
4 こんばんはー。

>亀甲縛りで
 けしからん縛り方をしてますね。
 こんな手練は園崎家にしかいないのでは。ロープも朱いし。変態ランキング上位ならできて当然かも・・・。

>夜、〜家の外へ出て羽入と話をした。
 監視されてないかハラハラしました。

>羽入に気付いていたレナ。
 雛見沢症候群と長く付き合ってるのも一因かな・・・と。

>〜魅ぃ、〜教えて欲しいのです!」
 このシーンの梨花の真剣な表情のアップがとてもいい!感じです。

(続く!byレントン)
9. Posted by Mr.T   2007年11月13日 23:22
>「鷹野さん、 “野村” です。〜
 以前登場した際も思ったのですが、メルセデス某がけっこう丁寧に車内まで描かれているように思います。この型が好きなのでうれしかったりします。入江の車も良かった気がするので、スタッフの拘りかも。
 
>盛大にテーブルをひっくり返して〜
 うみねこで霧江がチェス盤をひっくり返すと言ってたような。完全犯罪の説明で意外な接点があって、戦人なかなかです。
10. Posted by なっちゃん   2007年11月13日 23:29
お返事ありがとうございます。(^_^)

暇潰し編が出た頃からですかぁ〜。
ある意味ではこの時期に始めるのが一番ひぐらしを楽しめるかもしれませんね。
問題編が揃っているので、自分のペースで進められますし、その後に解答編がリリースされていく訳ですから。

(続きます)
11. Posted by なっちゃん   2007年11月13日 23:30
ちなみに自分が初めてひぐらしに触れたのは皆殺し編発売の少し前でした。
きっかけはとあるエロゲー情報誌で、その情報誌の付録CD―ROMの同人コーナーに「ひぐらし」の体験版が入ってました。(鬼隠し編まるまる入っているやつです)

そして当然の如くハマった自分は体験版プレイ後の次の日に問題編を買いに行き、皆殺し編を予約しました。(笑)

(続きます)
12. Posted by なっちゃん   2007年11月13日 23:30
こんな訳でちょっと恥ずかしい出会いのきっかけなのですが、今ではその情報誌を買っていて良かったと思っています。
この情報誌を買っていなければ、今現在「ひぐらし」の事は小耳に挟む程度だったでしょうし、このブログの存在を知る事もなかったでしょうから。(このブログを見るようになったのはひぐらしがきっかけです)
13. Posted by なっきー   2007年11月13日 23:44
4  Mr.Tさん、なっちゃんさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>Mr.Tさん

>>亀甲縛りで
>〜こんな手練は園崎家にしかいないのでは。
 確かにおじさんなら余裕で知ってそうです(笑)。意外とピュアな圭一はこういうのをしない気もしますし…。

>>〜家の外へ出て羽入と話をした。
>監視されてないかハラハラしました。
 そういう意味では家から離れすぎないのは正解かもです。

>>羽入に気付いていたレナ。
>雛見沢症候群と長く付き合ってるのも一因かな・・・と。
 それもあるかもしれません。訪ねてきたオヤシロさまとは気付いてないでしょうが、似た雰囲気を感じているとかは有り得る気がします。

(続きます)
14. Posted by なっきー   2007年11月13日 23:44
>>〜魅ぃ、〜教えて欲しいのです!」
>このシーンの梨花の真剣な表情のアップがとてもいい!〜
 いいですよね! そして多分、レナ辺りはこの真剣さから何か勘付いたかもとも思います。

>(続く!byレントン)
 何て懐かしい…(笑)。ぼそっと言ったり、本編の内容に応じてパターンを変えていたのが面白かったです。

>>「鷹野さん、 “野村” です。〜
>〜メルセデス某がけっこう丁寧に車内まで描かれている〜
 その辺は、私はわからないです(汗)。
 でもそうなると、これもちゃんと資料を参考に書いてるのでしょうか?↓

>入江の車も良かった気がするので、スタッフの拘りかも。
 あと、 『厄醒し編』 で走っていた赤坂の車も実際にある車で、非常にリアルらしいですね。

(続きます)
15. Posted by ぷよ   2007年11月13日 23:45
今回の話はギャグ部分についてはよかったですけど、残念な部分が多かったので次回以降に期待です。。
鷹野の化け物発言は是非いれて欲しかったので残念でした。
梨花の矛盾が発生してる部分は、皆殺しのところでベルンカステルをだしておけば・・・と思いました。
16. Posted by なっきー   2007年11月13日 23:45
>>盛大にテーブルをひっくり返して〜
>うみねこで霧江がチェス盤をひっくり返すと言ってたような。
 相手側(犯人側)の思考をシミュレートする考え方ですね。
 チェス盤をひっくり返すのは、魅音や、あと沙都子も結構得意そうです。



(続きます)
17. Posted by なっきー   2007年11月13日 23:46
>なっちゃんさん

>暇潰し編が出た頃からですかぁ〜。
>ある意味ではこの時期に始めるのが一番ひぐらしを楽しめる〜
 全く仰る通りかもしれません。また、考察する上でも有利だったかもしれない―― 変に考えが固まる前に次のお話へ移れます―― とさえ思います。
 何にせよ、勧めてくださった某氏に感謝です。

>皆殺し編発売の少し前でした。〜
>付録CD―ROMの同人コーナーに「ひぐらし」の体験版
 ひぐらしに入るのに、そんなルートもあったんですね。
 と言うか、CDに入れることを決めた人グッジョブです!

>そして当然の如くハマった自分は体験版プレイ後の〜
 あれは結構適性チェックに役立つ気がしますね。

(続きます)
18. Posted by なっきー   2007年11月13日 23:47
>〜ちょっと恥ずかしい出会いのきっかけなのですが、〜
 人によっては変な風に評価するかもしれませんが、別に恥ずかしい話じゃないと思いますよ。

>〜今現在「ひぐらし」の事は小耳に挟む程度だった〜
 私も勧められていなければ、触れないままに終わったかもしれません。
 その前に同人ゲームが意外と(その頃はこんな認識)面白いと教えてくれた、月姫も勧められて買ってるんですよね。

>(このブログを見るようになったのはひぐらしがきっかけです)
 前原伊知郎が引っ越して来てくれたときの梨花の気持ちがわかる気がしました。
 \(≧▽≦)/
 今後ともよろしくお願いしますね♪
19. Posted by なっきー   2007年11月13日 23:51
4  ぷよさん、こんばんは♪
 コメントありがとうございます。


>今回の話はギャグ部分についてはよかったですけど、残念な
>部分が多かったので次回以降に期待です。。
 原作既読の人の評価 << 未読の人の評価
 …そんな感じの出来だったと思います。

>鷹野の化け物発言は是非いれて欲しかったので残念でした。
 秒単位で済む話なので、入れられなかったのではなくて入れなかったのでしょうけど…、残念な気がします。

>梨花の矛盾が発生してる部分は、皆殺しのところでベルン
>カステルをだしておけば・・・と思いました。
 どこかで出しておけば、ああアレか…、とわかりますものね。
 もしくは、記事で書きましたが半透明で描写しておくとか…。
20. Posted by Mr.T   2007年11月14日 01:08
4 返コメントありがとうございます。

>これもちゃんと資料を参考に書いてるのでしょうか?
 パンフレットのような資料的なものは手元になく記憶が頼りなのですが、外観ではバンパーとホイールとが特徴をよく捉えてて、内装はシートのヘッドレスト、シートベルト、後部座席のルームランプが印象的だったので資料を参考にしている可能性ありますね。

>『厄醒し編』 で走っていた赤坂の車
 気になるのでちょっと2〜5話観直してみます。
21. Posted by 鳳龍   2007年11月14日 01:52
こんばんは。
過日はチャットにて不適切な発言を多々してしまい、謹んでお詫び申し上げます。
>シュークリーム魔神
遂に来ましたね。まぁ原作では主に絵的に問題が(笑)大有りだったのですが、アニメだと様になってはいますね。ツノの件とか、もう「ツッこんではいけない、考えるな、感じるんだ」なノリ。まぁ祭囃し本編パートは概ねそんな感じなんですが。
>記憶継承失敗
まぁぶっちゃけ赤坂(のファン)のためだと。ハイ消化試合キタ〜(泣)
それはさて置き、前回の脚本執筆がシリーズ構成担当の人だったことを考えると、1期から感じてましたが、この人かなり怪しいですね。何を考えてるんだと。
>赤坂
騎士・姫ルート確定な以上、もう多くは言いません。
22. Posted by 鳳龍   2007年11月14日 02:07
>A
まぁ一ヶ月戻ったかと思ったらアッサリ浪費した澪編の例もあるので、そんな大きな意味は無いんじゃないかと。
>B
以前見た雑誌によると規制らしいですね。皆編の終盤演出も改変されてましたし、この発言もなしとなると、やはり祭編終盤のアレも改変されるのかもしれません。
>C
某所では概ね「あれは梨花じゃなくて魔女」と結論付けられてました。それはそれで良いのですが、それはあくまで原作の知識から導かれる推論なのが…。
ひぐらしミステリ論争でもそうなのですが、アニメ版の中にその結論を導き出せるパーツが無いんですよね。○○○○○の名は現状アニメ劇中では一切出てません。原作知らないとアニメを百遍見返しても、その結論は導き出せないのは問題ですね。
23. Posted by 鳳龍   2007年11月14日 02:23
>D
読んだ時ポカーンとなってしまいました。バッチリ抜け落ちてました(汗)。
拙作小説で「59年度一杯までに治療薬を完成させる」と先日書いたんですが、ギリギリセーフですかね?(大汗)
>E
ハッキリとビジュアルを出してきた辺り、彼女の末路もアニメ的演出を狙って原作と変わってくるかもしれませんね。もしかしたら、日数に余裕があるのは「彼」に○○弾だけでなく公安の仕事もさせる為だったりして。
>レナ
ちょっとアレな縛られ方をされてもなんのその(笑)。
>部活
厄醒し・猫殺しもそうですが、2期作画の部活シーンは良くできてますね。
ジジ抜きを出したという事は…上ではああ書きましたが、やっぱりアレやるんですかね?
24. Posted by 鳳龍   2007年11月14日 02:51
>梨花
個人的に原作の記憶継承失敗判明シーンは二度と読み返せない黒歴史(苦笑)でしたが、アニメ版は羽入との会話の流れが修正されてましたね。その後も梨花が積極的に行動する改変演出だったので、それほど失望はしなかったです。その分羽入の存在感がイマイチになってましたが。まぁ原作羽入の張り切り過ぎもあまり評判が芳しくなかったので、それを配慮しての軌道修正なのかも。
>次回
圭梨好き的にはいよいよ死刑判決の時が。執行は22話らしいですけど。
展開もキャラも、圭一方面を潰して赤坂方面に過剰優遇する露骨な誘導は八百長試合っぽくてどうも好きになれません。
もうここは諦めて、12月のアペンド澪編で発散するしかw
でも部活メンバーのシーンは今回も面白かったからこの辺りは期待したいですね。皆編のような改変演出があると信じて。
25. Posted by なっきー   2007年11月14日 06:36
4  Mr.Tさん、鳳龍さん、こんにちはー♪
 コメントありがとうございます。



>Mr.Tさん

>〜記憶が頼りなのですが、外観ではバンパーとホイールとが
>特徴をよく捉えてて、〜
 私はこの辺全くわからないのですが、そういったところで安易な手抜きがないとしたら、結構嬉しい気がします。

>>『厄醒し編』 で走っていた赤坂の車
>気になるのでちょっと2〜5話観直してみます。
 当時、写真とかと並べた画像なんかも、どこかで見掛けた記憶があります。
 …保存しておけば良かったかも…(汗)。



(続きます)
26. Posted by なっきー   2007年11月14日 06:37
>鳳龍さん

>過日はチャットにて不適切な発言を多々してしまい、〜
 ありました? …と思いました(本当)。なので、特には問題なかったと思いますよ?
 それより、来ていただいてありがとうございました。

>>シュークリーム魔神
>〜原作では主に絵的に問題が(笑)大有りだったのですが、〜
 アニメの羽入は普通に可愛いですからね(笑)。何だかんだ言っても、やっぱりこの差は大きい気がします。

>ツノの件とか、もう「ツッこんではいけない、考えるな、感じる
>んだ」なノリ。
 まあ一応、カメラが映していないところで実はこんな会話が…くらいで収まる範囲のことなら、さほど問題は大きくないとは思います。

>>記憶継承失敗
>ぶっちゃけ赤坂(のファン)のためだと。ハイ消化試合キタ〜(泣)
 圭梨ファン的には、しょんぼりする瞬間…。↓

(続きます)
27. Posted by なっきー   2007年11月14日 06:37
 皆編圭一の、あの大活躍を忘れてしまうこと自体、寂しすぎますしね…。

>〜前回の脚本執筆がシリーズ構成担当の人だった〜
 そうだったんですか!? …ここでもあまりスタッフさんの名前を確かめない私の弱点が…(汗)。

>〜この人かなり怪しいですね。何を考えてるんだと。
 そうなると、整合性に気を遣うのが苦手な人なのかもしれませんね(汗)。…ひぐらし的には、それはちょっと痛いかも…。

>>赤坂
>騎士・姫ルート確定な以上、もう多くは言いません。
 私は、一部の人が空気になるのを阻止してくれたら…、と、次の希望を変更しておきます。

>A
>一ヶ月戻ったかと思ったらアッサリ浪費した澪編の例もある〜
 確かに仰る通りです。
 長いか短いかではなく、どれだけ密度があるかが重要ですね。

(続きます)
28. Posted by なっきー   2007年11月14日 06:38
>B
>以前見た雑誌によると規制らしいですね。
 あ、やはりそちらでしたか。
 これが規制というのは理解できますし、それならそれでとやかく言うつもりはありません。↓

>〜やはり祭編終盤のアレも改変されるのかもしれません。
 そうかもしれませんね。

>C
>〜「あれは梨花じゃなくて魔女」と結論付けられてました。
 それが一番無理がないとは思うのですが、↓

>〜それはあくまで原作の知識から導かれる推論なのが…。
 激しく同感です。
 アニメ単体で理解できずに矛盾に見える部分は、私の理屈では 『欠陥』 ということになってしまうわけで…(汗)。

>ひぐらしミステリ論争〜
 少し付け加えますと、少なくとも、私の考えるミステリの定義にはある主の 『完全さ』 が不可欠です。
 つまりかなりな狭義。だから綿編時点で 『これはどうやらミステリではない』 となるわけです。↓

(続きます)
29. Posted by なっきー   2007年11月14日 06:40
 裏を返せば 『ミステリだ』 と主張し続けた人は、本当はミステリの定義が広義なはずなのです。
 …広義なのになぜ、後からあんなに非難が出るのか…、正直よくわかりません。

>アニメ版の中にその結論を導き出せるパーツが無い〜
 重要なピースが欠けたジグソー。そうなってしまってますよね。

>D
>〜拙作小説で「59年度一杯までに治療薬を完成させる」と〜
 最長で60年秋辺りでしょうから、59年度末(=60年3月)なら十分有り得るラインだと思います。
 その場合3ヶ年計画の残りの期間は、研究や治療ではなく、残務整理しか残さない予定になっていることにすればセーフではないでしょうか。
(※後ろ(33)に追記してます)

>E
>ハッキリとビジュアルを出してきた辺り、彼女の末路も
>アニメ的演出を狙って原作と変わってくるかもしれませんね。
 なーるほど…。実際それも観てみたいですし、いいかもしれませんね。

(続きます)
30. Posted by なっきー   2007年11月14日 06:41
>〜「彼」に〜公安の仕事もさせる為だったりして。
 なるほど、それも大いに有り得そうです。

>レナ
>ちょっとアレな縛られ方をされてもなんのその(笑)。
 余所様でも、早くも誰が縛ったのかで…紛きゅ…あれ? 99%以上が魅音説……(笑)。

>部活
>〜2期作画の部活シーンは良くできてますね。
 あんなに過酷なのに、同時に本気で楽しそうですからね。

>ジジ抜きを出したという事は…〜やっぱりアレやるんですかね?
 前提条件が一つ満たされたのは確かだと思いますけど…、予想しづらいです(汗)。

>梨花
>個人的に原作の記憶継承失敗判明シーンは二度と読み返せない
>黒歴史(苦笑)でしたが、〜
 こんな感じで。  ||| _| ̄|○|||||

(続きます)
31. Posted by なっきー   2007年11月14日 06:42
>〜その後も梨花が積極的に行動する改変演出だったので、〜
 これは嬉しかったです。忘れた挙げ句、消極的な梨花に戻るのではあんまりだと思いますから。

>〜原作羽入の張り切り過ぎもあまり評判が芳しくなかったので、
>それを配慮しての軌道修正なのかも。
 有り得る気がしますし、あった方が原作ファンとしてもむしろ嬉しいとも思います。

>次回
>圭梨好き的にはいよいよ死刑判決の時が。
 せめて終盤の展開が修正されていればいいのですが。…まあ残り話数から言っても原作そのまま、というのはない気がしますので、改変っぷりに期待したいところです。

>〜過剰優遇する露骨な誘導は八百長試合っぽくてどうも好きに
>なれません。
 露骨な誘導も、部活メンバーが主役、という方向ならいいのですが…。

(続きます)
32. Posted by なっきー   2007年11月14日 06:43
>もうここは諦めて、12月のアペンド澪編で発散するしかw
 私はまだ諦めてません(笑)。
 私は諦めが悪いのです(笑)。

>でも部活メンバーのシーンは今回も面白かったからこの辺りは
>期待したいですね。
 その辺全く同感です。
33. Posted by なっきー   2007年11月14日 07:23
※追記: 入江機関閉鎖3ヶ年計画(原作編)

 原作だと3ヶ年の開始時期は4年目の祟り後なので昭和57年6月、つまり終了時期は昭和60年6月ということになります。
 この手の予定表の提出期限は普通、1ヶ月以上ということは考えにくいので、どんなに遅くても60年8月まででしょう。

 一方で、上でも少し書きましたが、その直前まで研究や治療ができるかというとまず無理で、そういった大モノから終わらせていき、最後は残務整理しか残さないのが普通です。
 実質的なタイムリミットは60年春くらいまでが限界ではないかと、私は思っています(もちろんもっと早いことも有り得ます)。
34. Posted by 月詠   2007年11月14日 20:32
5 こんばんは、なっきーさん!

梨花の記憶継承失敗は、原作を全く知らない者としてそれなりな解釈で消化しましたw コメント欄では長すぎるので書けませんが、「記憶継承は『力』によるもので、羽入は自分と梨花の『力』の両方を消耗して実体化した」と。

なので、実体化前には記憶があって実体化すると極度の力の消失(羽入の場合は『消耗』の方が言葉として適切)で記憶を失ったって感じです。

羽入は鷹野の御賽銭弾きもやってますし、それってその時は記憶があったけど実体化してなくなったのでは?と考えての考察ですが…どうでしょう?
(続きます)
35. Posted by 月詠   2007年11月14日 20:34
(続き)
まぁ、原作を知らない私の考察なので原作からは大きく逸脱した取りとめもない考察だとは思いますが、気になったらTBも送らせて頂いたので、ご覧になってみて下さい。

>ずっとお持ち帰りできるようになるのを待っていたのでしょうか?
レナは本能でかぁいいモノを見抜く力があると言うことですねw 妙に納得してしまうのですがwww

>入江京介。
入江機関閉鎖にそんなミスがあるとは(汗 そこはスルーしてましたね。良く考えればおかしな話です…。

それはさて置き、やっぱり入江はメイド好きの変態じゃないといけないと思うのですが(マテ
36. Posted by なっきー   2007年11月15日 19:25
4  月詠さん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>梨花の記憶継承失敗は、原作を全く知らない者としてそれなり
>な解釈で消化しましたw
 はい、こちらからトラックバックさせていただいたときに、読ませていただいていました。

>「記憶継承は『力』によるもので、羽入は自分と梨花の『力』
>の両方を消耗して実体化した」と。
 十分有り得る真相だと思います。

>〜実体化すると極度の力の消失〜で記憶を失ったって感じ
 何にしても、この実体化が大きな代償を伴っていることは、ほぼ確かだと思います。

>〜それってその時は記憶があったけど実体化してなくなった
>のでは?〜
 有り得ることです。↓

(続きます)
37. Posted by なっきー   2007年11月15日 19:29
 また、ヒトの形に受肉した上で持つことができる記憶は限られていて、カケラ紡ぎをしているときのような超越者としての記憶を全て引き継ぐことはできない―― 、という単純な可能性もあると思います。

>原作を知らない私の考察なので原作からは大きく逸脱した取り
>とめもない考察だとは思いますが、〜
 元からの持論なのですが、考察には、必ずしも原作情報に沿う必要はないと思っています。
 実のところアニメ版では設定などが簡略化されている可能性は常にあることを思えば、私のはあくまで原作情報とも齟齬を来さないようにという考察なので、こちらこそが空回りというか的外れかもしれません。

>レナは本能でかぁいいモノを見抜く力がある〜
 そう思えてなりません(笑)。↓

(続きます)
38. Posted by なっきー   2007年11月15日 19:29
 同時にそれと逆方向の、捨てられていたケンタくんに愛情を感じるように、独り輪に加われないでいる “誰か” だからこそ、より強く愛しく思うということもありそうに思っています。

>入江京介
>〜そこはスルーしてましたね。良く考えればおかしな話
 実際、巡回した範囲でも、指摘されているブログさんはかなり少数でした。
 タイムテーブルを想定していないと気付きにくいことだけに、スタッフさんたちも気付かなかったのだとは思います。

>やっぱり入江はメイド好きの変態じゃないといけないと思う〜
 激しく同感です。(コラ
39. Posted by ウィズ   2007年11月17日 00:24
なっきーさん、こんばんわ♪

http://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-191.html
うわぁ・・・真性の人だー
すごく長文です。

http://www.animate.tv/pv/detail.php?id=pcd071108a&page=0&m=&c=&sea=&tid=&rid=
羽入のキャラソンです。
若干、らきすたっぽい???
中毒になりそうです。
FULLで聞きたい

http://oyashirosama.com/web/kai/news/index.htm#071115
島みやさんとは豪華すぎる。
なっきーさんは実写映画、見に行くんですか?
40. Posted by なっきー   2007年11月17日 06:51
4  ウィズさん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。


>放課後のジョーカー
>うわぁ・・・真性の人だー
 本気で真性さんですね…。
 根本的な問題として、素性を隠したままで 『いつも見ている』 的なことを言われても相手は反応に困るしかないわけで…(苦笑)。

>羽入のキャラソンです。
 電波ソング気味ですが、これは買ってしまいそうです(笑)。
 ちなみに amazon のページ。
http://www.amazon.co.jp/dp/B000XZT70Q/

 第2弾は鷹野→富竹↓。個人的には逆順の方が(笑)。
http://www.amazon.co.jp/dp/B000XZT710/

(続きます)
41. Posted by なっきー   2007年11月17日 06:53
 どちらにせよ、前のキャラソンもミニドラマが秀逸だったので、そちらにも大いに期待できそうです。

>なっきーさんは実写映画、見に行くんですか?
 私的には様子見一択という感じです。
 実写自体が地雷気味だというのもあります。それ以上に…、↓

 時々書いてますが、頭痛持ちの私はなぜかそれが起きてしまうために、映画館がとても苦手なのです(汗)。
 なので、余程どうしてもすぐに観たい作品以外は、DVD待ちということに…。
42. Posted by كاتو   2007年11月19日 01:59
4 こんばんは。

> 「古手羽入なのです。どうかよろしにゅ…よろ…よろしきゅおねぎゃししみゃすなのですー!」

彼女の様にネットゲー初心者さんを思いました。実際、そこで何が行われているのかをそれなりに知っていて、それでありながら初めて接する、という意味では通ずるものがある気がします。

> 下着の色

古来からの神様ってくらいだから、はいてない、何て事も…ッぐふっ!(沙都子の攻撃!)

> 亀甲縛り

パンツだの緊縛だの、ヤバげなネタが続きますね。(^^;;
by 隊長! テレ玉がほっとしています!
43. Posted by كاتو   2007年11月19日 02:00
> 〜でも見てるだけで、なかなか仲間に入れなくて〜
> 今は仲間になれて良かったね

レナに記憶があったなら、そうでなくとも、その意味を知っている観ている者には、幾つもの意味を持った台詞でしょう。即ち、「もう足音を聞く事は無い」という隠喩。

> そうしたいなら自分の口で言うといい、と突き放した

喩えるならば、羽入は攻略本を頭に叩き込んだレベル1勇者。梨花は試練のダンジョンの門番。

> とんだ命知らずがいたもんだ

これは「とんだ名探偵」との踏韻ですね。

> 傷がたくさんある使い古しのトランプ

またしても、奇しくも同週放映(関東地区)『カイジ』が同じフレーズ。

話題ついでに。『カイジ』、あの絵柄なので何となく見過ごしてしまいますが、微妙な動きが意外と秀逸。よく観るとTVアニメにしておくには勿体無いくらいのアニメーションをしています、わざわざ。(謎逆)
44. Posted by كاتو   2007年11月19日 02:00
> 富竹と鷹野

相変わらず、富竹登場の台詞は彼のキャラクターを作っていますね。どの編の台詞も「富竹」していて、いい感じです。

> 料亭の一室で〜

いわば、暇編に於ける、大災害後の話が“この時”に起きている、という事ですね。その意味で、同じ赤坂の雛見沢来訪であっても皆編とは違う。

> 魅音がたちまち陰謀の構造を暴いてしまった
> 陰謀に一体どう立ち向かえばいい

流石は組を率いる次代首領、と思いましたが、実はこれって宵越し編そのものなんですよね。なので、祭噺し編の流れを採ると矛盾する事を承知で、この魅音の台詞があって宵編に続くと考えると、宵編ラストの回想シーンは深い意味を持ってきますね。即ち、この抗争の終わらせ方、そのヒントを語り合った、亡き友達への想い。
45. Posted by كاتو   2007年11月19日 02:01
> だから改変するならよく考えて行わないと後が面倒だと

これは原作未プレイでも、…というか、そうであれば尚の事、キツいですね。飽く迄も個人的に、原作はどうあれ、アニメ版では圭一の転入や、梨花の羽入に対する呼び掛けまでと、それから先の物語とは、別の編として呼称した方が良かったように思っています。その方が流れがすっきりします。ただ、更に言ってしまうと━━

> 赤坂衛

━━これがご都合主義に感じてしまうのです。なっきーさんの良しとする悪しとするを別に、自分ならば前述の場面で物語を全て終わりにしてしまうと書いたのは、そういう理由もあるのです。

> 角は髪飾りだと誤魔化し

世を忍ぶ仮の学生時代。
by 「僕は悪魔じゃないです!」
46. Posted by كاتو   2007年11月19日 02:02
> ずっと何となく感じていたのなら、レナはもしかして、ずっとお持ち帰りできるようになるのを待っていたのでしょうか?

何だか、レナが『耳なし芳一』の幽霊に思えてきましたよ。(笑)
by やっぱり鉈で斬り落としますか

> そんなものを、しかも2つも装備している女の子って一体

“あれ”って、もともとツノの加工品だから、まぁ間違いでは無いと言えば間違いでは無い訳でして。(笑) むしろメスにツノが生えるのか、という事に突っ込むのが正解なのかとも。(笑)
47. Posted by なっきー   2007年11月19日 06:59
4  كاتوさん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。


>>どうかよろしにゅ…よろ…よろしきゅおねぎゃししみゃす〜
>彼女の様にネットゲー初心者さんを思いました。
 なるほど、確かに通じる部分はあるかもです。

>>下着の色
>古来からの神様ってくらいだから、はいてない、何て事も…ッ
>ぐふっ!(沙都子の攻撃!)
 最終的に和装を選んでいればそれもありそうですけど、洋装なので大丈夫そうな気がします。

>>亀甲縛り
>パンツだの緊縛だの、ヤバげなネタが続きますね。(^^;;
 うーん、この辺はそれこそ少年漫画的な、普通にあるエロネタの域を脱していないと思うので、↓

(続きます)
48. Posted by なっきー   2007年11月19日 07:00
>by 隊長! テレ玉がほっとしています!
 前にも書きましたが、この作品ですらアウトならもう、少しでも変わった場所がある作品を放送しない方針を先に出しておくべきだと思います。

>即ち、「もう足音を聞く事は無い」という隠喩。
 あれも 『ごめんなさい』 と謝っているわけで、見方を変えれば、もう謝らなくていいという話でもありそうです。

>喩えるならば、羽入は攻略本を頭に叩き込んだレベル1勇者。
 あらゆる行動がドキドキわくわくモノです。
 はしゃぎすぎて道で足を踏み外すくらいに(笑)。

>>とんだ命知らずがいたもんだ
>これは「とんだ名探偵」との踏韻ですね。
 『名探偵』 を言ったのは実は詩音なので、ここでもその2つの状態の落差を感じます。

(続きます)
49. Posted by なっきー   2007年11月19日 07:02
>>傷がたくさんある使い古しのトランプ
>〜『カイジ』が同じフレーズ。
 圭一が新たな傷を付けて魅音に一矢報いたように、そういった相手の策が潜む箇所にこそ付け入る隙も生まれています。
 …もっとも、根が素直な羽入にはそれを逆手に、というのは無理っぽいですが。

>>富竹と鷹野
>〜どの編の台詞も「富竹」していて、いい感じです。
 確かにそうですね。初対面の言葉からして不器用で人が良い、富竹らしいものが目立ちます。

>>料亭の一室で〜
>いわば、暇編に於ける、大災害後の話が“この時”に起きて
>いる、という事ですね。
 はい、皆編より前だと、赤坂が存命していても、何もかも終わってから気付くわけです。
 皆編と祭編では、終わる前に気付けています。

(続きます)
50. Posted by なっきー   2007年11月19日 07:03
>>魅音
>流石は組を率いる次代首領、と思いましたが、〜
 魅音は立場上鍛えられているのか、それともゲームで勝とうと努力したせいか、戦術眼に非常に優れているように思います。

>〜なので、祭噺し編の流れを採ると矛盾する事を承知で、この
>魅音の台詞があって宵編に続くと考えると、〜
 さすがにその設定はちょっと考えにくいと思います。
 ただ、全編通して最も軸がぶれていないのが魅音、というのは確かなので、その流れそのものが無いとしても、意味がない考察とは思いません。

>>だから改変するならよく考えて行わないと後が面倒だと〜
>これは原作未プレイでも、…というか、そうであれば尚の事、
>キツいですね。
 仰る通りです。↓

(続きます)
51. Posted by なっきー   2007年11月19日 07:04
 巡回した範囲でも、原作既読者ならこれは十分に 『ああそういうことか』 と処理可能なものですが、未読だと混乱する―― しかも答えを見付けるのは困難―― 場合がある感じでした。

>〜アニメ版では圭一の転入や、梨花の羽入に対する呼び掛け
>までと、それから先の物語とは、別の編として呼称した方が
>良かったように思っています。
 原作でも厳密には、祭囃し編が始まるのは古手羽入登場からです。それ以前の過去編は 『カケラ紡ぎ』 ―― 、少し別扱いになっているのです。

>>赤坂衛
>━━これがご都合主義に感じてしまうのです。
 それ自体は同感で、はっきり言えば、彼がいなくてもお話は成立すると今でも思っています。
 一応原作のカケラ紡ぎには、赤坂登場へと繋がるパーツもあります。↓

(続きます)
52. Posted by なっきー   2007年11月19日 07:05
 しかしそれ自体がかなりファンタジックな内容なので、アニメ版に 『赤坂登場を自然にするためにそれが必要だった』 という考えにも私は否定的です。

 しかし皆編で初めて 『事前に思い出した』 彼が、立て続けに祭編でも思い出したというのは偶然ではないと考えた方が自然だとも思います。
 それが 『自然』 であるならば、ファンタジックな説明を付けるカケラよりもその 『必然』 を思わせるカケラが必要だったというのが、私的なストーリー構築の考え方で、正直原作もこの辺は失敗している気がします。

 そして、繰り返しになりますが、ストーリーは完全であって初めて評価に値する、という私の考え方は変わりません。
 それ以前で話を切ってしまったままでは、 『評価不能』 になってしまうと思っています。

(続きます)
53. Posted by なっきー   2007年11月19日 07:07
>>角は髪飾りだと誤魔化し
>by 「僕は悪魔じゃないです!」
 仮に悪魔だと仮定しても、無害にしか見えない気が(笑)。
 むしろシュークリームで買収できそうな…。

>>ずっとお持ち帰りできるようになるのを待っていた〜
>何だか、レナが『耳なし芳一』の幽霊に思えてきましたよ。
 退散させるのは大変です。

>“あれ”って、もともとツノの加工品だから、まぁ間違いでは〜
 “あれ” の内容が完璧に伝わってしまっていることに感動しつつ(笑)、↓

>〜むしろメスにツノが生えるのか、という事に突っ込むのが
>正解なのかとも。(笑)
 むぅ…、これは確かに仰る通りですね。
 つまり羽入は実はオs(ry

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Archives
Blog 内検索
Google
www を検索
このブログ内を検索
Recent TrackBacks
Recent Comments