2007年12月08日

機動戦士ガンダム00 #10 「ガンダム鹵獲作戦」4

 西暦2307年、永続的なエネルギーを手に入れた今でも、人類は争いをやめることができなかった。

 そんな世界に対して、戦争根絶を目的とする私設武装組織・ソレスタルビーイングが行動を開始する。
 だが、それに反発する世界は、人類革新連盟特務部隊・超武による特秘作戦を敢行、司令官・セルゲイ・スミルノフの戦術に、4機のガンダムは翻弄され、反撃の糸口を掴めずにいた。

 その戦火の中、アレルヤ・ハプティズムの前に、ティエレンタオツーを操る超兵1号、ソーマ・ピーリスが現れる。
 二人の出会いは、宇宙(そら)に、何をもたらすのか――。




最終更新:
 2007/12/08 リンクミス修正



 

 前回の戦闘は、せっかくソレスタルビーイングがピンチになったのに、それがセルゲイが優秀だったと言うよりスメラギの自滅っぽかった(詳細は前回記事にて)ために、私の中で盛り上がりきれない部分がありました。
 ただ、逆に、悪いところは前回で出てしまったとも言えそうです。

 今回のあれやこれやはなかなか面白かったです。



沙慈&ルイス

 沙慈がどうにも煮え切らないですね。
 付き合っているなら付き合っている、まだ(ルイスの言うような)恋人とまでは思わないのならそう言えばいいのです。
 嫌なら嫌で、はっきり言えばOK。

ルイス「私が招待したの」
沙慈「僕は断ったんですけど……」
ルイス母「意志が弱いのね」


 差し障りがありそうだから黙っているとかは、悪い方に解釈されるのを受け入れること。
 言わなくてもわかってくれるなんて、ただの幻想。

 沙慈は本当にダメな子(苦笑)。
 でも意志力と決断力がないだけで、善人には違いありません。その彼をそこまでルイスが好きなら、ちょっと応援したくなりました。



「なら、はっきり言ってさしあげます。
 お帰りなさい!


 ここは 「ただいま帰りました、お母さま!」 (または 「ただいま!」 )とボケるところでは、とか思った私。
 ……ルイス、ちゃんとツッコミできるかな……。



刹那&ロックオン

 存在感薄ッ!!
 ロックオンは前回いろいろ目立ってましたけど、刹那は影が薄れっぱなしのような気もします。

 足止めされる側に回ってしまった上、相手は回避に専念、おまけに刹那は射撃下手、ってことでいいんですよね?
 コンテナに足を固定されていて、敵からも死角がわかるデュナメスはともかく、エクシアの方は……。

 ライフルが当たらないだけならともかく、投げナイフなら当たるのが、射撃下手疑惑を一層濃くしています(笑)。



「くそっ、アレルヤは無事なのか!? ティエリアは!?」

 みんなの心配をする辺りが、ロックオンならでは。
 と言うか、そういう人材が、ソレスタルビーイングには彼しかいないような……気も……(汗)。



アレルヤ・ハプティズム

アレルヤ「知っている……、知っているぞ!
 僕はあの機体を知っているぞ!」


 『知っている』 という前回の引きの言葉、ソーマとの精神感応や超兵の話かと思いきや、機体の方でした。
 例によって、以前の考察をベースに重ねていきます。

アレルヤ・ハプティズム考察  2007/11/04
♯内容にグロテスクな表現を含みます。

 つまりは、超兵として生み出されたハレルヤ向けに改造されたティエレンがあり、ピーリス専用機はそれに色を塗ったものということでしょうか。
 もちろん、他にも小さな改良はあるかもしれませんが。



 あと、ここでキュリオスがセルゲイに 『羽根付き』 と呼ばれてましたね。
 ヴァーチェは 『デガブツ』

 エクシアとデュナメス、そしてナドレの呼び方も知りたいものです。
 次回予告を見るに、もう少し人革連とやりあいそうですから、次にでも出てくるかもしれませんが。



 人革連と違って精神共鳴対策をしていないアレルヤが、キュリオスの中で苦しむ声を聞いたセルゲイが、 『限界離脱領域』 の声と同じだと気付いていましたね。
 ふと思ったのですが、(録音するなどして)超兵担当の技官たちにこの声を聞かせれば、アレルヤ/ハレルヤのことを思い出すのでは?

 アレルヤが人革連によって改造されていたのなら、誰かしら覚えている者が残っている気がします。

 さらに、技官の言葉を思い出して、 『羽根付き』 の中にいるのがソーマの同類、グリア細胞を強化された者である可能性に気付いていました。
 ロシアの荒熊とか異名があるそうですが、セルゲイはむしろこうした頭の冴えの方が目立っている気がします。



 あと、今回はアレルヤを確保し損ねたわけですが、もし捕らえていた場合、という仮定の話として――。

 セルゲイは、 『限界離脱領域』 のときの恩をまだ返しきっていないと考える気がします。
 軍務に反しない範囲で、それを返そうとしそうに思うんですよね。

 具体的には、アレルヤが情報提供した場合に助命するよう嘆願する、といった形で。



 ―― にしてもアレルヤ、こんなときに通信機のスイッチを入れないように。
 苦しむ内に、間違って入れてしまったのでしょうか。



ティエリア・アーデ

 最初の接近前のGNバズーカ、セルゲイたちは避けているのに、3機ほど当たりに来ている―― 内2機は本当に命中―― ようにしか見えないのが気になりました。

 普通に、反応が速い機体だけ避けて、残った機体に命中という形の演出で良かったんじゃないでしょうか。
 わざわざ不自然に見える絵にするのは損な気がします。



 そして以前から、無敵に見えるヴァーチェも 『接近されると具合悪い』 のでは? …という予想でモノを書いてきましたが、今回で立証された気がします。
 もっと端的に言えば、貫通力のある砲撃と射撃には強いバリアの組み合わせも、囲まれると活かしきれないということでしょう。

「……何!? 敵輸送艦からキュリオスの反応……。
 敵に鹵獲された!? 何という失態だ!
 万死に値する!


 これも予想通り。

 ガンダムマイスターで最大の失態は鹵獲されるもしくは敵に降伏すること。
 ソレスタルビーイングは、少人数かつ特別英雄レベルでもないメンバーで構成されているのですから、技術的優位が失われたが最後、勝ち目はありません。

 太陽炉を、絶対にソレスタルビーイングの外に持ち出さないことでしか、その優位は保てませんからね。
 ソレスタルビーイングの役割を果たすことに誰よりも忠実なティエリアなら、これは必然の選択と言ってもいいと思います。

 ただ、他の敵がいる真ん中で、敵の駆逐よりキュリオスの破壊を優先したことは間違いだとは思いますが。

「味方がいるとわかっていて……、それでも撃つというのか!!」

 軍務に忠実でありながら強い正義感を持つセルゲイらしい、地味な名台詞という気がします。



「アレルヤ・ハプティズム、君も、ガンダムマイスターに相応しい存在ではなかった」

 絶望した!
 鹵獲されるガンダムマイスターに絶望した!


 ……いや、ここは言わなければいけない場面かと思いまして。

 ティエレンタオツーが妨害に行って 「二度もよけた!?」 (ティエリア)となるわけですが、この辺、超兵ならではの無茶な機動という感じですよね。



ソーマ「至近距離なら……、弾を弾かれても!
 GNフィールドも、当然ながら遠距離用、と。

「よくも……、私のタオツーをッ!!
 この後にもミン中尉の戦死に顔を歪める場面もありますし、ソーマは実はかなり激しい性格という気がします。



「聞こえる、声が……、そうだ、この声は……、ああッ!
 ……ああ、そうだ、あのときの、女の声だ!


 カーボンネットに絡め取られていたのを、無理矢理引きちぎって変形してましたね。
 予想より、案外パワフル
 どうもアレルヤがソーマとの感応やティエレンタオツーの記憶で混乱・気絶していなかったとしたなら、キュリオスは、カーボンネット程度では捕らえられていない感じです。



ティエリア「あの機体から特別なものを感じる……。
 ヴェーダ、これは……」

 この辺は後述します。



ガンダム鹵獲作戦

 キュリオスは作戦とか言う前に 『勝手に捕まった』 (笑)感じでした。
 ですが、こちらではセルゲイが考えてきた作戦を見ることができましたね。

「発射までのタイムラグは承知している!」
 GNバズーカの弱点も見抜かれてしまいました。
 前々回の予告でも 『万能など有り得ない』 と言っていましたが、ヴァーチェの武装はいちいち小回りが利かない性能になっていますよね。

 そして四肢を絡め取られるヴァーチェ。

 ……どうもこの作品、演出で損をしてるというか、ここも順番に絡め取っているように見えない演出をした方が良かった気がします。
 同時っぽくしないと、抵抗せずに捕まってしまっているように見えてしまう面がありますからね。

 さらに強酸(?)を、四肢を固定したヴァーチェの、関節部を狙って浴びせています
 これはなかなか面白い戦法。ヴァーチェがいつまでも脱出できずにいれば、本当にバラバラにされたかもしれません。



 ティエリア、普段偉そうなことを言っているだけあって、頑張ります。
 クールに振る舞っているけど根性があるというか、中身はかなり熱いかも。

「これしきのことで!」
 右腕を捕らえている敵をGNバズーカで撃とうとしてます。
 うわ、ヤベッみたいに身じろぎする―― でも持ち場を離れたら作戦が台無しなので逃げられない―― 敵がリアルです。
 ……こういう敵の反応とかの演出はいい感じ。

 ただ、かっ飛んできたティエレンタオツーにバズーカを蹴り飛ばされてこれは失敗。

「くっ……、それでもッ!
 GNキャノン2門で、これまた拘束しているティエレンを狙おうとするも、待機していたティエレン2機にそれぞれのキャノンを押さえられて失敗。

「だとしてもッ!!」
 拘束を解く方法が無くなると、GNドライブ全開で無理矢理前進
 四肢にそれぞれ1機ずつ+キャノン2門に1機ずつ、ティエレン計6機を引きずってます。……それは敵も驚きますよね。
 ことにティエレンは、他の大国の機体と違ってパワー重視っぽい感じですし。
 この高出力はヴァーチェならでは?

セルゲイ「このデカブツは、ティエレン6機の推進力を上回ると言うのか!
 少尉、首でも腕でも構わん、もぎ取れッ!!」
「了解!」
「GNフィールド、展開ッ!!」


 GNフィールドの機構は手足にあるので、絡め取っているワイヤーの強度と扉が開く力との、力比べになっていました。
 ……さすがのヴァーチェでもこれは勝てず。
 その間にタオツーは目の前に。

「来る……、やられる……!」
 ティエリアの目が金色に光って――。



脂肪を燃やせ

 ティエリアの目が金色になり、真っ赤に染まったモニタに 『NADLEEH』 の文字が――。

 また、金色の目はソーマの目、ハレルヤの目
 ただし、ソーマとの接近で精神感応を起こしたりしていないので、少なくとも超兵ではない可能性が高そうですが。

 あのメタボリックなボディの内側にスリムな機体がある、という予想は多かったですが、それが大当たりでした。
 追加装甲をパージ。
 キャノンもパージ。

 これが(さっきGNフィールドの動作を阻止した)ワイヤーを一瞬で引きちぎった点にも注目かもしれません。
 やはり非常時に使うことを意識して、この変形は、高出力でできるようにしてある模様。

 ……そういえば、先程キュリオスも、カーボンネットに絡め取られたままで無理矢理変形していました。
 そういう意味では、2機とも同じやり方で脱出したとも言えそうです。

 顔にまで増加装甲があったのは驚き。
 これもパージして、中からはなぜか、真っ赤な髪が出てきました。

「ガンダムナドレ……、目標を消滅させるッ!!
 先程パージしたキャノンを拾うと、それで周りのティエレンを砲撃。



「作戦中止! 全宙域より離脱!」
「中佐!」
「撤退だ!」


 味方がやられて怒りを露わにするソーマ。
 ソーマ、いいキャラかも。こういう、熱いものを内に秘めているキャラは好きです。

 そして情勢が悪化すると即座に退却を決めるセルゲイ
 やっぱりこの人は一流という気がします。
 こういうところでプライドやら敵討ちやらを持ち出すようでは、指揮官としては二流以下ですからね。

 そして問題の台詞。



ああああッ、何という失態だ!
 こんな早期に、ナドレの機体をさらしてしまうなんて!

 計画を歪めてしまった!
 ……ああ、ヴェーダ……、くっ……!
 俺は……、僕は……、くっ!! 私は……


 絶望した!
 計画を歪めてしまった俺僕私に絶望した!


 ……いや、一応言っておかn(ry

 やっぱり、切り札は戦況悪化してから少しずつ小出しにする、というのが既定路線にあったようです。
 嘆きに際して、ヴェーダ(AI)を呼ぶ理由がまた謎。
 一人称がころころ変わるのも謎。
 ちなみにここでは目は元の色に戻っているようでした。

 ヴェーダはガンダムマイスター選びにも関わっているわけで、やはりティエリアは一パイロットではない気がしてなりません。
 歪めてしまった計画もまたヴェーダが弾き出したモノであり、それに従うことは即ち、イオリア・シュヘンベルグの遺志に沿うこと。

 ……やっぱり、直系の末裔とかに思えるんですよね。
 ティエリアが、イオリアの。

 一人称の変化は、ティエリアが普段、自分を “作っている” 証明なのではないかと思います。
 歪んでしまった計画に涙する弱い “私” が本来の彼で、イオリアの遺志を継ぐと決めた “僕” がいて、そのためにクールに目的へ邁進する “俺” を作った、というところかもしれません。



ハレルヤ

「見付けたぜ、ティエレンの高機動超兵仕様!」
 この高機動ティエレンを運用するために超兵が必要になった、ハレルヤはその計画の犠牲になった―― 、という風に繋がっている気がします。

「ああ、間違いねえ、さんざんっぱら俺の脳量子波に干渉してきやがって!
 てめえは俺と同類なんだろう! そうさ、身体をあちこち強化されて、脳をいじくり回されてできた化け物なんだよォッ!!


 これでハレルヤがプロトタイプ超兵だったのは、ほぼ確定と見ていいでしょうね。
 重要なのは、ソーマが超兵1号であるということ。
 その間研究が中断していたはずもなし、つまりはその間に作られた超兵は全部失敗しているということです。

 さらにソーマがデザインベイビーであることを考え合わせると、ハレルヤは普通に生まれてきた人間であり、そして人間を改造しても超兵としては必ず失敗するとも言えそうです。
 ……これではハレルヤの性格が歪んだのも、仕方ないかもしれません。



 そしてソーマが逃げる先を予測して狙い撃ち。
 同類だから逃げそうなところがわかるということのようです。

「中佐、少尉と共に脱出してください!
 中佐と少尉の能力は、超武に必要なものです! 敵討ち、願います!」

 ミン中尉が殉職前提の殿(しんがり)を買って出たことで、ソーマは何とか撤退できますが……。

「離脱するぞ!」
「しかし、」
「男の覚悟に……水を差すな!」


 と言うか、ソーマが勝てない相手と戦うとなると、最悪全滅もしかねませんからね。
 ……ところで、きゅぴーんは接近時に最初になるだけで、後は平気なのでしょうか?

「何だァ? 仲間見捨てて行っちまうのか?
 やることが変わらねえよなァ、人革さんはよォ!」
ミン「……いつか、いつかお前たちは報いを受けるときが来る! 我々が築き上げてきた国を、秩序を乱した罰を!」
「そんな大層なモンじゃねえだろう? 人を改造して兵士にするような社会にどんな秩序があるってんだ?


 ミン中尉には悪いけど、彼の言葉は無知故の綺麗事にしか聞こえない気がします。
 ハレルヤは逆に、汚い方をさんざん見てきたが故の歪み

「どうよ! 一方的な暴力に為す術もなく命をすり減らしてゆく気分は!」
 これも多分、ハレルヤ自身が経験した気分だったのでしょう。

 それにしても、前から思っていたのですが、この世界のモビルスーツには脱出機構が付いていないか、あるいはすぐに作動しなくなるように思えます。
 そもそも乗降は前面胸部からという形になっているため、こうして前を押えられたらアウトという構造なのかもしれません。

 ……その辺は、後ろから乗降・後ろに脱出、というコードギアスのナイトメアの方が、兵士を守る仕組みになっている気がしますね。



 コクピットを串刺しにしようとして、これにはさすがに恐怖に怯えるミン中尉。
 やめてくれという命乞いに、むしろ喜ぶハレルヤ。
 ……これは単にサディストというより、人革連への積もり積もった怨みの現れという気がします。

『やめろ、ハレルヤ……』
「あ? 待てよアレルヤ、今いいところなんだから」
『 や め て く れ ! 』
「何言ってんだよ、お前ができないから俺がやってやってんだよ


 もう一度。
アレルヤ・ハプティズム考察  2007/11/04
♯内容にグロテスクな表現を含みます。

 多分双子、そうであってもなくてもハレルヤがお兄さんで、いつでもアレルヤを庇っていたのではないかと思います。
 上の考察にもありますが、超兵に改造されたのはハレルヤのみで、アレルヤはそのあと、宇宙漂流の際にナノマシンを取り込んだのではないかと。

 そんなハレルヤ的には、優しいアレルヤには捕まえた敵を殺せるかも怪しい、できたとしても精神的ダメージが大きい―― 、と思っているのでしょう。
 もっとも、↓

「わかったよ、全く……、お前には叶わねえよ。



…なんてなァ!
 楽しいな、アレルヤ!!


 ミン中尉機のロストに表情を変えるソーマ。
 でも何も言うなと制するセルゲイ。
 少なくとも、人間としての教育という意味ではソーマはセルゲイに預けられて大正解ですよね。

「……なぜだ……、なぜなんだハレルヤ……。
 どうしてそんなに人を殺したがる……。
 それが僕の、本質だとでも言うのか……。
 もしそうなら、僕は……、人でなしだッ!


 私の考察では漂流の際にハレルヤは死んでおり、その際にアレルヤがハレルヤの中のナノマシンを取り込んで超兵の能力を得たことになっています。
 それと同時にアレルヤの中に 『第二人格ハレルヤ』 が生まれたのだとしてもハレルヤ(オリジナル)は既にいないこと、そして、ハレルヤがアレルヤの中から生まれた(と解釈できる)ことになります。

 アレルヤにとってハレルヤ否定は、自己否定と同じ。
 そういうことなのでしょう。

 プトレマイオス帰還時にも泣いていたアレルヤ。
 次回予告を見るに、それが次回の任務に直結しているようです。



ナドレ

スメラギ「そう……、ナドレを使ってしまったのね……、ティエリア……」
 多分自覚もあると思いますが、それはヴァーチェに陽動役を割り振ったスメラギの責任です。キュリオスは陽動向きだと思いますが。
 あの作戦は性能と役目が噛み合ってません。詳しくは前回記事にて。

 パージしたパーツも回収しないとまずいでしょうに、呆然としたままのティエリア。



 ……ところで、風がない軌道上でどうしてナドレの “髪” はなびいているんでしょうね?

 別に音が聞こえたりは演出の都合でいいと思うのですが、涙の飛び方とかでは無重力状態ならではの動きにこだわっているだけに、ちょっと気になりました。
 あるいは、ナドレの髪がなびくことには機構上の理由があるのかもしれません。

 つまり、風とかの外的要因ではなく、ナドレの内的要因で動いているということですね。



アレハ様がみてる

 自分でも言っているように、スメラギの作戦ミスから起きた問題ですが、これは彼女だけを責めることではないかもしれません。
 これも前回記事で書いたことですが、戦術予報士は、本来は策士ではないという気がするのです。
 これは能動的か受動的かの差、ですね。

 ―― ではその戦術予報士がなぜ策士の真似事をしているか?

 人材がいないから、ではないかと。
 少人数で、しかも、明らかに適任かつ有能な者ばかりではない状態のソレスタルビーイング。

 スメラギが作戦指揮をせざるを得ないという形であって、責任はあるにせよ、スメラギが自分を責めても解決しない問題なのは確かなのではないかとも思います。

Q.
王留美「何という失態……、イオリア・シュヘンベルグが求めた理想を、ガンダムは体現している――。
 なのに……、どうしてマイスターたちは、こうも不完全なの?」


A.
 寄せ集めだからです。
 ……いや、組織の性質上、前提条件がいろいろありすぎて、能力第一主義で集められないとなると、必然の結果ではないかと。

 それともう一つ。
 少なくとも現状、ガンダムは 『イオリアの理想を体現』 してはいないのでは? 微妙に気になりました。
 あくまで将来理想へ至るための、今はその前段階だと思うのです。
 ……いや、これもあくまで予想ですけれども。



リボンズ・アルマーク「良いのですか? このままにしておいて」
アレハンドロ・コーナー「……私は監視者であって実行者ではないよ。私にできることは、彼らを見つめ続けるのみ。
 例えそれが、滅びの道だとしても


 ユニオン所属の国連大使。
 思うに、国連としては3大国が利権を独占し、残りの国はその首脳に媚びへつらってエネルギーを分けてもらうような状態は、全く望ましくないのでしょうね。
 その三極集中を破壊するという目的に於いて、ソレスタルビーイングと国連は協力関係にあるのではないかという気がします。

 協力し、この目的のために密かに集めた資金や情報を国連が提供する代わりに、国連の期待する目的外に暴走しないよう、監視を付けた。
 それがアレハンドロなのかな、と今は思っています。

 ……と言うか、現状では情報が少なすぎてまともな予想ができないのですが(汗)。



次回予告

 ソーマ・ピーリスの存在が、アレルヤにあるミッションを決断させた。
 それは、過去への贖罪か。

 次回、 『アレルヤ』
 血の洗礼、それは、神に背きし者への祝福――。




 人革連の超兵生産拠点を叩く―― 、ようですね。
 確かにこれは、ハレルヤでなくても腹が立つ光景です。

 ベッドに寝転んだアレルヤが、真剣な顔で何か考えていたのも印象的。
 自分を見つめ直しているのかもしれません。

 絹江・クロスロード、何かしゃべっています。
 単に沙慈と話している? それとも、調査中だったイオリアの情報、いくらかでもまとまってきたのでしょうか?

 次回、 『アレルヤ』 にも期待しています。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 第10話 ガンダム鹵獲作戦  [ 機動戦士ガンダムOO TBC[トラックバックセンター] ]   2007年12月08日 22:43
機動戦士ガンダムOO第10話「ガンダム鹵獲作戦」に関する トラックバックを受け付けています。 みなさんの感想お待ちしています。 ガンダムマイスターの皆さんは問題があるなぁの..
2. 機動戦士ガンダムOO第10話「ガンダム鹵獲作戦」  [ ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ ]   2007年12月08日 22:55
ぎゃはは!!未だかつてこんなMSがあっただろうか!?いやはや、今回ほどコーヒーとか飲んでなくてよかったと思ったことがないですわ。絶対吹き出した!!ええ、間違いなく!!ヴァーチェが変身するっていうから、どんなのを見せてくれるのかと思えば・・・なんですの、...
3. TVアニメ機動戦士ガンダム00【第10話】ヴァーチェが脱皮  [ +子育ちパパの航生日誌Q2.1 ]   2007年12月08日 22:56
 機動戦士ガンダム00(ダブルオー)第10話「ガンダム鹵獲作戦」は、マイスター2名が壊れかけ・・・。 沙慈とルイスのバカップルからスタートしたけど、この二人になんの意味があるのか意味不明!? −◆−  人革連のガンダム鹵獲作戦が続く宙では、「ティエレン・タ...
4. 【Anime】機動戦士ガンダム00 10話を見た!【感想】  [ Soul of Silver FoX ]   2007年12月08日 23:19
機動戦士ガンダムOO #10 「ガンダム鹵獲作戦」 ア レ ル ヤ は じ ま っ た な ! w w w 
5. 機動戦士ガンダムOO【#10】「ガンダム鹵獲作戦」  [ フカヒレ家 ]   2007年12月08日 23:31
ソーマが近づくと苦しみだし意識を失うアレルヤ、そのままキュウリオスは捕まってしまう 捕まったキュリオスごと戦艦を破壊しようとしたティエリアだが人類革新連盟の機体に拘束される しかしキュリオスからパーツを切り離しナドレとなり脱出する 意識を取り戻しアレルヤは無...
6. 機動戦士ガンダム00 #10 ガンダム鹵獲作戦  [ アンタイムリーにアニメを見るブログ ]   2007年12月08日 23:32
ミン中尉に敬礼!(´・ω・`)> この話の主役は君だったよ(´;ω;`)ブワッ 機動戦士ガンダム00 (1)(2008/01/25)宮野真守.三木眞一郎.吉野裕行.神谷浩史.本名陽子.真堂圭.中村悠一.うえだ??.
7. 機動戦士ガンダムOO第10話「ガンダム鹵獲作戦」  [ アニメのストーリーと感想 ]   2007年12月08日 23:36
 東京でルイス親子が沙慈を巡る喧嘩をしていた頃、人革連のキュリオスとヴァーチェの鹵獲 作戦が実行されていた。セルゲイは特殊部隊「超武」を2つに分け、先行して出撃したガンダムに狙いを定める作戦を考案、罠に嵌ったスメラギは、自分の作戦ミスを悔いた。「これは時...
8. ♯10 ガンダム鹵獲作戦  [ つれづれ ]   2007年12月08日 23:43
 始めてのソレスタルビーイングのピンチらしいピンチということで面白そうではありますが、フェルトとロックオンの動向ばかり気になってしまうのはどうしてでしょうか。結局ハレルヤとナドレに全部持っていかれましたけど・・・。  いきなりルイスの着物姿、後からついて....
9. 機動戦士ガンダム00 第10話感想  [ AAA??悠久の風?? ]   2007年12月08日 23:50
機動戦士ガンダム00 第10話感想いきます。
10. 機動戦士ガンダム00 第10話  [ ラブアニメ。 ]   2007年12月08日 23:59
「ガンダム鹵獲作戦」 ちょっ、ティエリアが泣いちゃったよ(汗)!! 今回はいろいろ衝撃的でした。 セルゲイの策略にまんまとハマり、ソーマの意識干渉も相俟ってあっさり鹵獲されたアレルヤ。 パニくった時の悲退
11. MISSON10 ガンダム鹵獲作戦  [ 機動戦士ガンダム00 トラックバックセンター ]   2007年12月09日 00:05
機動戦士ガンダム00の第10話「ガンダム鹵獲作戦」に関する記事を書いたらトラックバックしてください。 初回放映日:2007/12/10
12. 起動戦士ガンダム00 第10話『ガンダム鹵獲作戦』  [ ゲーム&アニメ感想館 ]   2007年12月09日 00:13
ガンダム ダブルオー
13. 機動戦士ガンダムOO 10話「ガンダム鹵獲作戦」  [ 脇街道 ]   2007年12月09日 00:27
セルゲイ中佐の特務部隊、プトレマイオスとガンダムを追い詰める! 足止めされるプトレマイオスとエクシア、デュナメス! アレルヤとティエリア、反撃の行方は?! 【感想概略】 ...
14. 機動戦士ガンダム00 第10話 感想  [ 荒野の出来事 ]   2007年12月09日 00:30
 機動戦士ガンダム00  第10話 『ガンダム鹵獲作戦』    刹那・F・セイエイ : 宮野 真守  ロックオン・ストラトス : 三木 眞一郎  アレルヤ・ハプテ??.
15. 機動戦士ガンダム00 第10話「ガンダム鹵獲作戦」  [ ミルクレモンティー ]   2007年12月09日 00:40
     ウホォォ━━━(;´Д`);´Д`);´Д`)━━━!!!  ソレスタルビーイングとガンダムどもピンチだぜー!  ソーマの存在に動揺して、敵に捕獲されたキュリオス。 「万死に値する!」  捕獲されたことを知り激怒するティエリア。キュリオスごと敵艦 ...
16. 機動戦士ガンダムOO「ガンダム鹵獲作戦」感想  [ ここには全てがあり、おそらく何もない ]   2007年12月09日 00:41
5 機動戦士ガンダム00 (1)宮野真守.三木眞一郎.吉野裕行.神谷浩史.本名陽子.真堂圭.中村悠一.うえだゆうじ.浜田賢二.恒松あゆみ発売日:2008-01-25価格悪を持って悪を制するかガンダム水島精二監督/サンライズ製作のTVアニメ「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」第1,2話を収録し...
17. ガンダム00『ガンダム鹵獲作戦』  [ 鳥飛兎走 ]   2007年12月09日 00:41
 「なんだ?お前のガンダム・・・・髪の毛生えてきてんぞ、あれ?髭か?」 「しかも、赤く染めてるなんて・・ 不良だっっ!不良だよっ!?ティエリアっ!」 「・・・おもっきしデカブツって言われてるし。やっぱみんなそう思ってたんだな・・」 「大丈夫?くっつくの...
18. 機動戦士ガンダム00 ♯10 「ガンダム鹵獲作戦」  [ トラバリオ ]   2007年12月09日 00:59
ガンダム鹵獲を目的とした人革連の作戦によりキュリオス(羽根つき)とヴァーチェ(デカブツ)がピンチに陥る。 キュリオスは脳量子波の干渉を受けたアレルヤが意識を失い敵に鹵獮..
19. ガンダム00第10話 ガンダム鹵獲作戦  [ 姫君ノ食卓 ]   2007年12月09日 01:02
いきなりルイスから始まって拍子抜け。 ・・・何故それからやるのですか!? ルイス母に「帰りなさい」とか・・・ホント、帰るといいよ、沙慈 >アレルヤinキュリオス タオ2のソ...
20. 機動戦士ガンダム00 第10話「ガンダム鹵獲作戦」  [ SeRa@らくblog ]   2007年12月09日 01:13
セルゲイによって分断されたアレルヤとティエリア。 ソーマとの干渉で喪心したアレルヤは機体を捕獲されるが、別人格「ハレルヤ」が出現…。 ティエリアはヴァーチェの装甲をパージ。 中から現れたのは赤い髪のあるガンダ
21. 機動戦士ガンダム00 感想 第10話「ガンダム鹵獲作戦」 ダブルオー感想  [ モリーゾ愛地球ガンダム1/60ガンプラ博 ]   2007年12月09日 01:27
機動戦士ガンダム00 感想 第10話「ガンダム鹵獲作戦(ろかくさくせん)」 ダブルオー感想
22. ガンダム鹵獲作戦  [ オザワstyle ]   2007年12月09日 01:56
俺は... 僕は... 私は
23. ガンダム00 #10 ガンダム鹵獲作戦  [ ビヨビヨ日記帳 ]   2007年12月09日 02:07
テレビ版の 『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』 を見ました。(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)あのティエリアが泣きました。(12/8...
24. 機動戦士ガンダム00 第10話「ガンダム鹵獲作戦」  [ ぷらすまいなす研究所 〜in the azure〜 ]   2007年12月09日 02:28
やべ・・・ティエリアもアレルヤも性格がクソ面白ぇ(笑) もしかしたら彼らはグラハム以上の変態キャラになりうるのかもしれませんね。 本編自体は今回も前回に引き続きすっげー面白かったと思います。この調子で今後も見応えのある話を期待したいと思います。 1/144 HG ...
25. (アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 第10話 「ガンダム鹵獲作戦」  [ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2007年12月09日 02:32
機動戦士ガンダム00 (1) プトレマイオスのクルーで、作戦の立案や指揮を担当する“戦術予報士”のスメラギは、執拗な人革連の追撃に苦悩する。そして、それは起きた・・・。
26. 機動戦士ガンダム00 #10「ガンダム鹵獲作戦」  [ 特撮警備隊3バるカんベース??自転車泥棒?? ]   2007年12月09日 02:33
今週の中佐語録 「漢の決意に水を差すなッ!!」 今週は名台詞多すぎw ティエリアとかソーマとかアレルヤとかハレルヤとかww でも中佐には敵わない!! 「知っている、知っているぞ…俺はあの機体を知っているぞ!!」 ソレスタルビーイングが大変なことに...
27. 機動戦士ガンダム00 ♯10『ガンダム鹵獲作戦』  [ 風庫~カゼクラ~ ]   2007年12月09日 03:17
『知っている…僕はあの機体を知っているぞ!』 ガンダム4機中、なんでキュリオスが狙われたのかね? 変形型だから?それともアレルヤが二重人格だから(笑)??
28. 機動戦士ガンダム00第10話「ガンダム鹵獲作戦」 感想  [ 腐麗蝶の柩〜ガンダムOOのティエリア脳内祭中なコードギアスファンサイト ]   2007年12月09日 03:52
これが私の望んだティエリア祭です。 ↑クリックで画質良・オリジナルサイズがご覧になれます 絶望した!!! せっかくのティエリア回なのに ティエリアの絵を...
29. 機動戦士ガンダム00 第10話「ガンダム鹵獲作戦」  [ 恋華(れんか) ]   2007年12月09日 04:18
機動戦士ガンダム00 第10話「ガンダム鹵獲作戦」
30. 機動戦士ガンダム00・第10話  [ たこの感想文 ]   2007年12月09日 05:49
「ガンダム鹵獲作戦」 セルゲイの巧みな戦術によって追い詰められていくソレスタルビ
31. 今回の話は『CERO-BまたはC』にひっかかるかも?? ガンダムOO第10話『ガンダム鹵獲作戦』  [ シュージローのマイルーム2号店 ]   2007年12月09日 06:31
 今回見てて、ちょっとばかし意外でした!!!  機能の差は言わずと知れているものの、それを補うどころか余りある戦略性に、まるで現在連載中の『キン肉マン?世〜究極の超人タッグト...
32. 機動戦士ガンダムOO 第10話「ガンダム鹵獲作戦」  [ MAGI☆の日記 ]   2007年12月09日 07:08
機動戦士ガンダム00の第10話を見ました。機動戦士ガンダム00 DVDvol.1第10話 ガンダム鹵獲作戦経済特区 東京沙慈はルイスと一緒にルイスの母に会おうとするが、帰るように言われる。刹那は人革連が時間稼ぎをしていると感じる。《知っている、知っているぞ、僕はあの機...
33. 機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)/感想/第10話「ガンダム鹵獲作戦」  [ ランゲージダイアリー ]   2007年12月09日 07:34
 「俺は、僕は、私は」(ティエリア・アーデ)  『機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)』の、第10話「ガンダム鹵獲作戦」の感想です。
34. 機動戦士ガンダム00「#10:ガンダム鹵獲作戦」  [ TOWARD THE New World ]   2007年12月09日 08:58
当初、ティエリアは後々「実は女だった!」って展開もアリかと思ってたんですけど 最近ではそんな事微塵も思えなくなってきました(←)だってあの冷徹さ…汗↑は前回の感想で書いた文??.
35. 機動戦士ガンダム00 第10話「僕は・・・人でなしだぁー!!」  [ ぱいんぽな日々 ]   2007年12月09日 09:31
セラムンガンダムの悪夢再び!www いや、あまりに印象強すぎでしょ、あれ。いつからギャグ路線になったんだw 初めての苦戦に涙を流している方々もいたみたいですけど、あのGとかハレルヤとかなんか感情移入できない要素が多すぎてチグハグな回でした では、第1...
36. 機動戦士ガンダム00 第10話 「ガンダム鹵獲作戦」  [ Curse priest ]   2007年12月09日 09:37
「…泣きたいのはこっちだよ」 スメラギさんの涙に対して、セルゲイさんより一言(笑) ガンダム00第10話
37. 機動戦士ガンダムOO ♯10『大国の威信』 感想  [ 如月のオータールゥーステーション ]   2007年12月09日 10:50
もうなんか・・・いまさらだけど ガンダムとしてみる気なんてなくなってきた・・・・ つうか、ハナッからないけど
38. ガンダム00 #10「ガンダム鹵獲作戦」  [ 見ていて悪いか! ]   2007年12月09日 11:05
「鹵獲(ろかく)」:敵の軍用品・兵器などをぶんどること(goo辞書より) 「ぶんどる」って(苦笑)辞書でもそういう言葉使うのか。
39. 機動戦士ガンダムOO 第10話「ガンダム鹵獲作戦」 感想  [ ミーハー日記 ]   2007年12月09日 12:13
もう10話ですぜ。あと146回で1hydeだ!!!
40. 機動戦士ガンダム00 第10話「ガンダム鹵獲作戦」  [ LIV-徒然なるままに ]   2007年12月09日 12:28
「この待遇で何故俺が主人公じゃないんだ!?絶望したっ!」
41. 機動戦士ガンダム00 ダブルオー 第10話「ガンダム鹵獲作戦」  [ おもちやさん ]   2007年12月09日 12:31
セルゲイ中佐の策略により追いつめられるCB。 人革連がCBを追い詰める展開の方が燃えるってのも問題あるよなぁ。 主人公達CBサイドの戦力があまりにも厨性能だからそうなっちゃうのも当然かもしれないけど。 戦??
42. 機動戦士ガンダム00 第10話「ガンダム鹵獲作戦」  [ パプリカさん家のアニメ亭 ]   2007年12月09日 12:46
機動戦士ガンダム00(サンライズ) 何と今回、Aパートラストでガンダムがガサラキに…。 しかも、後一歩で、「絶望したっ!」と叫びそうな勢いの神谷浩史さん。 できれば、叫ばせて欲しかったっ! アレルヤを「万死に値する」と断言、直後、自らのふがいなさに怒りすら....
43. 機動戦士ガンダム00 第10話「ガンダム鹵獲作戦」  [ チラシの裏 ]   2007年12月09日 12:47
ソレスタルビーイングがダメダメ過ぎて少し見る気が失せました。 それでも見ますけどね…。 刹那は極秘事項を漏らしちゃうようなやつだし、アレルヤは戦闘中におかしくなったり気絶したりするし、ティエリアは作戦ミスった位で取り乱してたり泣いたりもしてるし、ロックオン....
44. 機動戦士ガンダムOO  第10話  [ しゃくれた日々 ]   2007年12月09日 12:48
髪の毛ふさふさのロンゲガンダムが出てきました
45. 機動戦士ガンダムOO #10「ガンダム鹵獲作戦」  [ 根無草の徒然草 ]   2007年12月09日 12:48
 ヴァーチェの隠された武装…。   1/144 HG ガンダムヴァーチェ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~ (2007/12/09)バンダイ この商品の詳細を見る
46. 機動戦士ガンダムOO第10話「ガンダム鹵獲作戦」感想  [ 奥様はマダオ《修行中》 ]   2007年12月09日 13:05
うわっ出だしからこの親子っ!? ……縁起悪い(ぼそっ) そう、それどころじゃなかったのよ。マイスター達の 危機だったのよ!
47. 第10話「ガンダム鹵獲作戦」  [ 機動戦士ガンダムOO トラックバックセンター ]   2007年12月09日 13:07
プトレマイオスのクルーで、作戦の立案や指揮を担当する“戦術予報士”のスメラギは、執拗な人革連の追撃に苦悩する。 機動戦士ガンダム00 (1) HCM-Pro44 ガンダムエクシア 1/100 ガンダムデュナメス HCM-Pro48
48. 機動戦士ガンダムOO #10 「ガンダム鹵獲作戦」  [ ソラダマ ]   2007年12月09日 13:13
スメラギさんが泣く! アレルヤが泣く!! そして、ティエリアも泣く!!! そんなガンダムOO 第10話「ガンダム鹵獲作戦」
49. 機動戦士ガンダム00 第10話 「ガンダム鹵獲作戦」  [ angel notes. ]   2007年12月09日 13:15
鹵獲なんて言葉あんまり使いませんよね、考えてみれば。 さっくりとアレルヤが捕まりかける。 おいおい……ダメじゃん。 まあ突発的な要素だし仕方ないと言えば仕方ない。 それの..
50. 機動戦士ガンダム00 第10話 「ガンダム鹵獲作戦」  [ アニメって本当に面白いですね。 ]   2007年12月09日 13:15
3 機動戦士ガンダムOO   お勧め度:ややお勧め   [MBS系]   TBS・MBS : 10/06 18:00〜   監督 : 水島精二   シリーズ構成・脚本 : 黒田洋介   メカデザ : 大河原邦男・海老川兼武・柳瀬敬之   メカニックコンセプトデザイン : 福地仁・寺岡賢司   ....
51. 起動戦士ガンダム00 第10話「ガンダム鹵獲作戦」  [ ごたまぜ雑記分館 ]   2007年12月09日 13:37
セルゲイ中佐の作戦により、窮地に立たされたマイスターたち。 ガンダム鹵獲のための作戦は着実に進んでいた。
52. 機動戦士ガンダムOO #10「ガンダム鹵獲作戦」  [ ma-kun.com ]   2007年12月09日 13:39
司令官セルゲイ率いる人革連の特殊部隊:超部によって、プトレマイオスは発見される。ソレスタルビーイングはセルゲイの戦術に翻弄され、キュリオスとヴァーチェは陽動作戦によって分断される。プトレマイオス側は時間稼ぎであり、セルゲイの目的はガンダムの鹵獲だった! ....
53. 『機動戦士ガンダムOO』第十話  [ 時間の無駄と言わないで ]   2007年12月09日 13:39
もう10話。 早いもんですねぇ。 人物の背景が全然解んないのにもう10話だよ。 ティエリアもオカシくなっちゃったし。 バリアにMAP兵器にフルアーマーに、もうヴァーチェが主役機でイイじゃん。 でもあのデザインは∀並に物議を醸しそうな感じ。 っていうか、直後のス...
54. 00が丸裸になった時「機動戦士ガンダム00」  [ Anime in my life 1号店 ]   2007年12月09日 13:47
この時代のKIMONOはどういう位置づけなのか。普段着がこれで洋装が晴れ着だとでいうなら納得できるのですが。 なぜならルイズちゃんに着付けが必要ないとしたら箸を使うのと同じレ...
55. 機動戦士ガンダム00 第10話「ガンダム鹵獲作戦」感想  [ ゲームの戯言+α ]   2007年12月09日 14:18
 早い話、セルゲイ中佐にはCBの面々は敵いっこないということですね? ・・・という機動戦士ガンダム00の第10話「ガンダム鹵獲作戦」の感想です。
56. アニメ感想 〜機動戦士ガンダム00 第10話〜  [ 紅日記〜ベニッキ〜弐号館 ]   2007年12月09日 14:52
ガンダム鹵獲作戦 俺は・・・、僕は・・・、私はッ・・・
57. 機動戦士ガンダム00 第10話「ガンダム鹵獲作戦」 感想  [ コツコツ一直線 ]   2007年12月09日 15:17
 今回は主にアレルヤ・ティエリアが危機に陥る話。崖っぷちに立たされ、各々の本性が出てきます。やっぱりヴァーチェはただのピザ体系ではなかった!  でも今回一番印象に残ったのはソーマを逃がそうと自分から犠牲になることを選ぶ、人革の兵士達の姿でした。思わず感動...
58. 機動戦士ガンダム00第10話 「ガンダム鹵獲作戦」  [ アニメの襲撃者 ]   2007年12月09日 15:52
ガンダムがあやうく?人革連に捕らわれそうになる話だな。今回はアレルヤが拒絶反応起こしただけで、ソーマは終始素面だったな。それに、強化人間とは言えなかなか強いな。MSの脚をやられたらあっさり切り離すあたりクールでカッコイイ。しかしハレルヤが出てきたら圧倒さ...
59. 起動戦士ガンダムOO 第10話 「ガンダム鹵獲作戦」  [ ムメイサの隠れ家 ]   2007年12月09日 15:57
セルゲイの策略にはまってしまい単体行動のキュリオスとヴァーチェが狙われる。捕らえられてしまうキュリオスだがアレルヤの中の二重人格ハレルヤが覚醒し敵艦を脱出する。一方ヴァ...
60. 機動戦士ガンダム00 #10「ガンダム鹵獲作戦」  [ * Happy Music * ]   2007年12月09日 16:28
アバンは、なぜかルイス母娘と、沙慈のやりとり。 着物姿のルイスは、可愛いですな・・・何気に似合ってたりするし。 しかし意志の弱いヘタレ沙慈くんは、ルイス母に帰れと言われの..
61. 機動戦士ガンダム00 ♯10「ガンダム鹵獲作戦」  [ はざまの欠片 ]   2007年12月09日 16:29
盛り上がりましたねぇ〜、身包みはがされたヴァーチェ♪ 見るたびにアイスホッケーのキーパーを思い出さずにはおれませんでしたが(笑)、あんなにスタイリッシュなガンダムが隠されていたなんてっ!! どうやらあれはナドレーというらしいです。 絶対性能には関係ないと....
62. 機動戦士ガンダム00 第10話 「ガンダム鹵獲作戦」  [ 紙の切れ端 ]   2007年12月09日 16:33
うお、ヴァーチェの隠された能力ってキャストオフだったのか!!でもガンダムに毛が生えているのはどうかと・・・w
63. 機動戦士ガンダムOO 第10話  [ 刹那的虹色世界 ]   2007年12月09日 16:36
アニメ感想  機動戦士ガンダムOO 第10話「ガンダム鹵獲作戦」 ―――超武によるガンダム鹵獲作戦が発動した。追い詰められるキュリオスとヴァーチェ。そんな中、アレルヤはハレ...
64. 機動戦士ガンダム00  第10話 「ガンダム鹵獲作戦」  [ ゼロから ]   2007年12月09日 16:51
鹵獲されてしまったキュリオス。なんであっさり捕まるの。ソ\ーマと一線交えて捕まるならまだしも。
65. 機動戦士ガンダム00 第10話「ガンダム鹵獲作戦」  [ Luft ]   2007年12月09日 16:57
ぶーちゃんガンダムが剥けた!!! あのロン毛(?)に意味はあるのか? そしてパージしたパーツは一個一個回収しないといけないのか(^^; 剥けたぶーちゃん見て、獣神ライガーを思い出したのは気のせいです。 「俺は・・・僕は・・・わたしは・・・」 失態を...
66. 機動戦士ガンダムOO 10話感想 『ガンダム鹵獲作戦』  [ とことん青春!〜OOに魅せられて・・・☆ ]   2007年12月09日 17:30
相手を知る前に自分を知れ! という事ですか。 確かにその通りですな。 10話感想。 ◆◆ティエリアの素顔◆◆ あぁ ヴェーダ… 俺は… 僕は… 私は… 敵にナドレを晒すと共に素の人格も暴露してしまったティエリア。 刹那が「俺=エクシア」と考えているようにティエリアも...
67. ガンダム00第10話「ガンダム鹵獲作戦」万死に値するERP  [ シバウマランド ]   2007年12月09日 17:35
機動戦士ガンダム00【ダブルオー】第10話ですあらすじっぽいもの----------めんどいので書くのやめました・・・----------冒頭いきなりバカップルが・・・緊迫した展開が台無しだ・・・あっさりと網にかかりキュリオスは捕獲される完璧に拘束され輸送艦にいる状態からア...
68. 俺は…僕は…私は―"ガンダム鹵獲作戦"  [ Welcome to our adolescence. ]   2007年12月09日 18:11
機動戦士ガンダム00 第10話「ガンダム鹵獲作戦」 アレルヤ発狂→気絶 ええええええええええええええええ あっさり捕まってしまった… そしてアレルヤ覚醒 ちょwwww 内部か??.
69. 機動戦士ガンダム00 #10  ガンダム鹵獲作戦  [ Ηаpу☆Μаtё ]   2007年12月09日 19:17
ルイスが可愛かったw
70. 機動戦士ガンダム00 第10話「ガンダム鹵獲作戦」  [ 紅鏡の鑑 ]   2007年12月09日 19:57
アバンから先週の緊張した空気をぶち壊すルイスファミリー別に今回の話に無理矢理入れなくても…と思うのは自分だけでしょうか。 OP後からはシリアスモード。の筈。ソーマと同調したハレルヤは気絶し、あっけなく捕獲されます。なんか笑えたwアホかお前は。そんな不甲斐な....
71. 機動戦士ガンダム00 第10話  [ 本を読みながら日記をつけるBlog ]   2007年12月09日 20:22
「ルイス鹵獲作戦」 1/144 HG ガンダムキュリオス ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~バンダイ 2007-11-25売り上げランキング : 27おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools プトレマイオスを包囲したセルゲイ率いる人革連のMS。 しかしすぐに攻撃してくるでもなく、....
72. 機動戦士ガンダム00 (10)  [ 王様の耳はロバの耳 [delta] ]   2007年12月09日 21:03
[アニメ 機動戦士ガンダム00 #10「ガンダム鹵獲作戦」] 見事な手際。 セルゲイ凄い。 アレルヤが気を失ったとはいえ、鹵獲から収容までここまであっさりやってしまうとは思いギ..
73. 機動戦士ガンダム00 第10話「ガンダム鹵獲作戦」  [ 明善的な見方 ]   2007年12月09日 21:23
まさか、デブガンダムに そんな秘密があったとは!
74. 機動戦士ガンダムOO 第10話 「ガンダム鹵獲作戦」  [ 日頃CALAMITY ]   2007年12月09日 22:40
第10話 「ガンダム鹵獲作戦」 この作品はひぐらしで言うL5だらけ(笑 機動戦士ガンダムOO 第09話 「大国の威信」 【fc2ランキング】
75. 機動戦士ガンダム00  第10話  [ にき☆ろぐ ]   2007年12月09日 23:00
すまん、ガンダムナドレに爆笑したいや・・・あれがヒゲガンダムって言うんですかね?シリアスで盛り上がってたのにここでちょっとわらってしまって・・・・まぁやっと盛り上がってきたんでよかったんではないんでしょうか?前回からの続きでガンダム鹵獲作戦を続行するセ...
76. 『機動戦士ガンダムOO』#10「ガンダム鹵獲作戦」  [ ジャスタウェイの日記☆ ]   2007年12月09日 23:01
「なんという失態だ!万死に値する!」 プトレマイオスが人革連に持久戦を挑まれる中、アレルヤのもとにやソーマがやってきちゃいました! さっそくソーマと感応しすぎて失神しち...
77. 機動戦士ガンダム00 第10話「ガンダム鹵獲作戦」  [ WONDER TIME ]   2007年12月09日 23:04
ヴァーチェが!! ヴァーチェがナドレに!!(驚) そして、久しぶりにハレルヤ登場っ!! 機動戦士ガンダム00 (1)宮野真守 水島精二 バンダイビジュアル 2008-01-25by G-Tools …とりあえず冒頭のルイスとルイスママと沙慈のむ??0
78. 機動戦士ガンダムOO第10話  [ 日々のたわごと ]   2007年12月09日 23:25
 土曜に仕事が入るとどうもいけません。……サイトを作る前は毎日仕事でも大丈夫だったのですが(一年365日のうち確実に345日は仕事してたよ、私)、最近は辛い。……とはいえ、昔も土日は午後から出勤だったのは確かですけれど。  日曜夜になってから見ました。身体の...
79. 機動戦士ガンダム00 #10  [ RAY=OUT ]   2007年12月09日 23:42
機動戦士ガンダム00 (1)(2008/01/25)宮野真守商品詳細を見る 『ナドレ』 ナボハ族における男女両性にまたがる 両性具有的なイメージの性における中間者の呼称 ティエリアの性別につ??.
80. ガンダムOO第十話「ガンダム鹵獲作戦」  [ くるみわーるど ]   2007年12月09日 23:45
はい、第十話です??☆
81. ガンダム00-#10??僕はひとでなしだぁ!。。なんてナ。  [ 夢見る不惑☆星 ]   2007年12月09日 23:51
<都合のいい解釈> (あのモーホー親父が来るのか? 親父はイヤだ) 来るな。。来るな。。来ないでくれぇぇぇっ!! あの時と同じ若いパイロットの声(ゴクリ)。 くぅわあぁぁぁっ!! だが、何故、悶える?
82. 起動戦士ガンダム00 第10話 「ガンダム鹵獲作戦」  [ AREHUの凡骨日記 ]   2007年12月10日 00:02
今日は時間が無いので簡単に…(まぁ毎度そんな深い感想記事書いてないですけどねw) 今回はアレルヤ暴走とヴァーチェの真の姿「ガンダムナドレ」お披露目の回でしたね。 それにしても冒頭のルイス達は登場させる意味あったのか?w アレルヤの暴走はなんとなく想...
83. 機動戦士ガンダム00第10話「ガンダム鹵獲作戦」  [ またのに。 ]   2007年12月10日 01:29
普段とは違った一面、感情面をさらけだしたキャラの多い回でした。 ガンダム00第10話感想は続きからどうぞ。
84. アニメ:機動戦士ガンダム00 第10話『ガンダム鹵獲作戦』  [ 世捨て人の備忘録 ]   2007年12月10日 02:52
痛み分けってところでしょうか。
85. 機動戦士ガンダム00 第10話「ガンダム鹵獲作戦」  [ のほほんホビー ]   2007年12月10日 03:23
今回、リアルタイムで視聴出来んかったのは、この作品始まって以降初めての事かもしれん・・・。 ってか、ヴァーチェが、ドエラい事にぃぃっっΣ( ̄□ ̄;)!!! カーボンネヮ..
86. 機動戦士ガンダムOO 第10話 「ガンダム鹵獲作戦」  [ アニメが好きなのよ ]   2007年12月10日 07:19
人革連の奇襲を受け防戦一方のソレスタルビーイング。 反撃の糸口がつかめないまま持久戦に持ち込まれる… 前線には適さない母艦が苦戦するのは仕方ないんだけど、それに足を引??.
87. TBS「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」第10話:ガンダム鹵獲作戦  [ 伊達でございます! ]   2007年12月10日 07:51
キュリオス(アレルヤ)とヴァーチェ(ティエリア)の絶体絶命。「すべては自分の判断ミス」と自身を詰る、実戦のセルゲイと理論のスメラギ。そして、異形な「ナドレ」……。
88. ガンダムOO 「ガンダム鹵獲作戦」  [ 自由で気ままに ]   2007年12月10日 14:16
急展開と同時に謎も深まりすぎ
89. 機動戦士ガンダム00 ♯10「ガンダム鹵獲作戦」  [ 月の満ち欠け ]   2007年12月10日 17:44
セルゲイの思惑通り、ガンダムを鹵獲することができたのか。 CBはこの危機を乗り越えられるか。
90. 機動戦士ガンダム00(ダブルオー) 第10話「ガンダム鹵獲作戦」の感想。  [ いーじすの前途洋洋。 ]   2007年12月10日 18:03
機動戦士ガンダム00(ダブルオー) 第09話 MISSION-10 「ガンダム鹵獲作戦」」 評価: ―― 何?遊んでるの!? 脚本 黒田洋介 絵コンテ 榎本明宮.
91. 機動戦士ガンダム00(ダブルオー) 第10話「ガンダム鹵獲作戦」  [ テトレト空想我学 ]   2007年12月10日 19:45
★感想・第10話 セルゲイの本来の目的はガンダムの鹵獲だった。捕まるアレルヤ、窮地に陥るティエリア、だがその時…。 アバンで着物ルイス。「だめったらだめー」平和だなー(;∀;)ソーマに捕まるアレルヤのキュ??
92. 機動戦士ガンダム00#10それでも!だとしても!  [ 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ ]   2007年12月10日 20:57
着物を着てはしゃぐルイス。サジはすっかりお母さんに嫌われてます(笑)ウザイ親子に情けない少年ですね・・( ゚д゚)宇宙ではガンダム鹵獲作戦が”ロシアの荒熊”の指揮下で展開中・・カミュ。スメラギさんの苦悩が深まる中、マイスター達は?!「ガンダム鹵獲計画」「...
93. 機動戦士ガンダム00 第10話 「ガンダム鹵獲作戦」  [ 瞳にアル世界 ]   2007年12月10日 21:04
ナドレ…
94. 機動戦士ガンダムOO 第10話『ガンダム鹵獲作戦』  [ PRINCESS-Noteξ青空だいあり〜ξ ]   2007年12月10日 21:43
■機動戦士ガンダムOO ジャケットアーマーパージΣ( ̄□ ̄;)!!?(アラド風 セルゲイによって分断されたアレルヤとティエリア。 アレルヤはソーマとの干渉により、別人格の『ハレル??.
95. 機動戦士ガンダム00 10話「ガンダム鹵獲作戦」  [ 王 × 冠 ]   2007年12月10日 22:24
                                          俺は… → 僕は… → 私は…!? 「機動戦士ガンダム00」 第10話 「ガンダム鹵獲作戦」 をみの..
96. 機動戦士ガンダム00 第10話 「ガンダム鹵獲作戦」  [ PAWA-TYPE 〜Zの鼓動〜 ]   2007年12月10日 22:31
「主人公だ・・・俺が主人公だ。」 刹那、空気化も個人的には今までで一番おもしろかった回でした。
男の覚悟に水を注すな(セルゲイ) 人革連の物量作戦を、辛くも凌ぎきったCBでした。という訳で、地上サイドの逆襲第一弾は失敗に終わった訳ですけれども、ガンダム敗北は地上サイドの一つのカタルシスになると言っても過言ではありませんので、起承転結にあたる承パート....
98. 機動戦士ガンダム00 第10話  [ Kyan's BLOG III ]   2007年12月10日 22:53
機動戦士ガンダム00 第10話「ガンダム鹵獲作戦」 意表をつかれたアバンタイトル冒頭(笑) ルイス嬢の口は宇宙だった(爆)
99. ガンダム00「ガンダム鹵獲作戦」  [ ルーツ オブ ザ まったり! ]   2007年12月10日 23:15
今でも、アレルヤって名前嫌い?       ィ 、.._  ,      、 、_   、..j i      /:L..,、.‐f'´ ̄ `ヽ、 \ `ヽ  _ ,j 、     /:::;r'´ ´ ,.__ ,..ィ':::::\.??..
100. ガンダムOO 第10話 『ガンダム鹵獲(ろかく)作戦』感想  [ またつまらぬものを書いてしまった ]   2007年12月10日 23:33
イキナリルイスママとーじょー! …前回で退場したんじゃなかったのかYO!
101. 機動戦士ガンダムOO #10「ガンダム鹵獲作戦」  [ 気まぐれ電波 ]   2007年12月10日 23:54
ハレルヤやばすぎだろ(((゜д゜;))) CL−163_2008年カレンダー機動戦士ガンダムOO 4961524359967()不明商品詳細を見る 人革連のセルゲイの策略にはまり、窮地に陥るCB。し??.
102. 機動戦士ガンダム00 第10話 MISSION-10 ガンダム鹵獲作戦  [ なななな駄文 ]   2007年12月11日 00:45
中華の出番が少なくなったらコス担当はルイスに交代か。 どう見てもフルアーマーなヴァーチェが装甲をパージ。 そうしたら毛が生えてくるしさぁ。 毛だよ、毛。とんだ長いもみあげだよこれ。 そしてどう見てもジュノーンだよ、ジュノーン。 今までに羽根が生えてたの....
103. 機動戦士ガンダム00 第10話感想  [ RUNNER'S HIGH ]   2007年12月11日 03:44
・機動戦士ガンダム00 第10話『ガンダム鹵獲作戦』 え、ちょ、冗談で言ったらホントに装甲パージしやがっ・・・ ええええ何あのフサフサは!?と一人で動揺してた侍改です、 こんにちは。どうしてもヴァーチェ→ナドレの話に目が行ってしまい ますが、他にも色…
104. 機動戦士ガンダム00 #10  [ お萌えば遠くに来たもんだ! ]   2007年12月11日 10:23
「ガンダム鹵獲作戦」脚本:黒田洋介キャラクター作画監督:森下博光メカニック作画監督:松田寛絵コンテ・演出:榎本明広「私に出来ることは、彼らを見つめ続けるのみ。例えそれが、滅びの道だとしても」
105. 「機動戦士ガンダム00」第10話。  [ salty blog ]   2007年12月11日 11:50
機動戦士ガンダム00(ダブルオー) 第10話「ガンダム鹵獲作戦」 アバンのルイスたちは置いといて、早く続き見せろやぁ!!…な今回。 活動を停止したキュリオス。 アレルヤの苦し??.
106. ガンダム00第10話「ガンダム鹵獲作戦」  [ 雑家荘 (出張版) ]   2007年12月11日 17:07
以下ネタバレを含みますので未視聴の方は回避してください。
107. 機動戦士ガンダムOO #10「ガンダム鹵獲作戦」  [ ++ Oasis ++ ]   2007年12月11日 17:41
ナドレー!?(* □ )~~~~~~~~ ゜ ゜ すっごいビックリした!!  ガンダムやのに髪の毛ふぁっさー!!って何!!!(落ち着け) …という訳で。 アレルヤ(ってかハレルヤ)メインの回だと思って??.
108. 機動戦士ガンダムOO 第10話 「ガンダム鹵獲作戦」  [ ふろむ かーねぎー ]   2007年12月11日 21:22
 「おかえりなさい!!」
109. 機動戦士ガンダム00 #10。  [ 私的甘味処。 ]   2007年12月12日 02:28
「ガンダム鹵獲作戦」 今回はアレルヤ(ハレルヤ)&ティエリアが大暴走・・・感情大
110. #10 ガンダム鹵獲作戦  [ 姫鷲の戯言 日記館 〜Die-Arry〜 ]   2007年12月12日 03:21
『機動戦士ガンダム00』 第10話 「ガンダム鹵獲作戦」。アーマーをパージして敵にぶつける・・・去年散々見た記憶が(苦笑)「おばあちゃんは言っていた。ガンダムは流行に後れて乗っかる、と。」GN粒子って
111. 機動戦士ガンダムOO 第10話 「ガンダム鹵獲作戦」  [ 中濃甘口 Second Dining ]   2007年12月12日 13:27
もうこの番組、セルゲイが主役でいいんじゃね? プトレマイオス大ピンチ!な状態から始まった今回、微妙にナサケナサスなトレミークルーやマイスター達を差し置いて、光っていたの..
112. クラブWカップ&エース黒木が引退&ガンダムOO  [ 別館ヒガシ日記 ]   2007年12月12日 19:47
ガンダムOOは前回の続きで人革蓮セルゲイの作戦通り動かされピンチで アレルヤは捕まるも自力で脱出し人格が変わりガンダムナドレには驚いたし セルゲイはアレルヤの異変に気づき次はアレルヤの過去が分かりそうだし のエースであるジョニー黒木が引退を表明し解説者に...
113. 【アニメ感想】機動戦士ガンダム00 [ダブルオー] 第10話  [ ACGギリギリ雑記 ]   2007年12月13日 02:50
MISSION-10「ガンダム鹵獲作戦」 ピーリスの奮闘も虚しく、人革連のガンダム鹵獲作戦は失敗。 CBはかろうじて生き残ったものの、その代償として、ヴァーチェの装甲の下に隠された、も...
114. その名はナドレ  [ Ondul Blog ver.2.07 ]   2007年12月13日 11:13
機動戦士ガンダム00 #10 『ガンダム鹵獲作戦』感想 画像間違いアッーー!!!!!!……失礼。 ※以下、ネタバレ感想ろかく【鹵獲】敵の軍用品・兵器などを奪い取ること。ナドレ【NADLEEH】ネイティブアメリカン最大の部族ナバホ族に存在する「性の中間者」。転じて「両性具....
115. 機動戦士ガンダム00 第10話 「ガンダム鹵獲作戦」  [ アンテの日常 ]   2007年12月13日 21:29
アレルヤ・・・・なんという失態(;・∀・) まさかこうも簡単にガンダムを鹵獲させられるとは思ってもいなかったですよw ソーマと接触してアレルヤが弱っていたってものあるんだけど、 だからといって網で捕獲????
116. 機動戦士ガンダムOO 第10話『ガンダム鹵獲作戦』  [ アニメ好きのケロポ ]   2007年12月16日 00:18
涙目な人がたくさんです(;д;)

この記事へのコメント

1. Posted by owain   2007年12月08日 23:39
>そしてナドレの呼び方も知りたいものです
本命:髪の毛付き
大穴:ダイエット後
明後日の方向:オタキング岡田ダイエット後


> ―― にしてもアレルヤ、こんなときに通信機のスイッチを入れないように。
> 苦しむ内に、間違って入れてしまったのでしょうか。
2. Posted by owain   2007年12月08日 23:40
 あれは、MS同士を接触させた際の振動伝播で音声が伝わったのでしょう。
 歴代ガンダム、特に「Vガンダム」では「ミノフスキー粒子が濃くて無線通信が使えない、接触通信だ」とか「無線と外に漏れる、接触通信にしろ」とかいって、MS同士を直接接触させたり、宇宙服のヘルメット同士を接触させたり、振動伝播用のワイヤーをマグネットでくっつけたりするシーンがしばしばありました。
 しかしその予備知識が無いと、説明が一切無いあのシーンでは、そう誤解するでしょう。

> さらに強酸(?)を、四肢を固定したヴァーチェの、関節部を狙って浴びせています。
 アレは多分、動きを封じる接着剤ですね。

>★脂肪を燃やせ
いつまでもデブと思うなよ (著: 岡田斗司夫)
3. Posted by なっきー   2007年12月08日 23:53
4  owainさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>>ナドレの呼び方
>本命:髪の毛付き
>大穴:ダイエット後
>明後日の方向:オタキング岡田ダイエット後
 じゃあ私はモミアゲで(笑)。
 モミダム。

>あれは、MS同士を接触させた際の振動伝播で音声が伝わった
 うーん、宇宙服のヘルメット同士なら当然ですが、理屈の上ではコクピットの振動が接触したモビルスーツのコクピット内に伝わるとは、ちょっと考えにくいように思っています。
 もっとも、この辺は(例え説明不足だとしても)私は不満に思ったりはしないのですけれども。

(続きます)
4. Posted by クロ助   2007年12月08日 23:54
>―― にしてもアレルヤ、こんなときに通信機のスイッチを入れないように。
これは、機体同士の接触により、機体内部の空気の振動で音を伝える接触通信に当たります。
なので、捕まったという最大の失敗を除けば、アレルヤに過失は無いです。

>ガンダムナドレ
装甲パージは予測していましたが、あの中身は予想外。
後、ティエリアの目の演出に関してですが、一話にてティエリアが初めて画面に映った時、球状の空間に浮かんで周囲に文字の様な光が走っていた場面がどうも伏線っぽいですね。

後、今回の戦いで、ちゃんとヴァーチェの砲を含めたあらゆる部位を押さえ込み、『構造物』としての弱点を衝いてくれたのは非常に好印象でした。

>ティエリア
これで彼も大きな失敗をした事になり、マイスターとしての矜持を砕かれた事になりますが、予告では割とピンシャンしていた辺り、意外と打たれ強い?
根性家なのは好みなので構いませんが。(笑
5. Posted by なっきー   2007年12月08日 23:55
>>強酸(?)
>アレは多分、動きを封じる接着剤ですね。
 それは思い付きませんでした。
 確かに、四肢が動かなくなっても、取れたのと大差ないですね。

>>★脂肪を燃やせ
>いつまでもデブと思うなよ (著: 岡田斗司夫)
 あれも凄いタイトルですよね(笑)。
6. Posted by クロ助   2007年12月09日 00:05
>ハレルヤ
歪み方と怒りが物凄いですね。
ソーマとぶつかる時は果たしてどうなるのか。

>スメラギ
過去の事からか、失敗を過度に背負い込み過ぎる模様。
策士がテンパったり気負い過ぎると碌な結果にならないので心配です。

まとめとして、前回と今回合わせて突っ込み所は幾つかありますが、ドラマ面に於いて非常に面白かったです。
今後もこの調子で。


後、最近出番の少ない乙女座センチメンタルなあの男にもっと活躍の場を。(マテ
7. Posted by Mr.T   2007年12月09日 00:08
4 こんばんは。

>ここは 「ただいま帰りました、お母さま!」
 先を越された!ボケたかった・・・(笑)

>みんなの心配をする辺りが、ロックオンならでは。
 今のところ、ロックオンが一番ダンディー。このままイイ漢道を突き進んで欲しいです。

>「二度もよけた!?」 (ティエリア)
 これって、「二度も殴った!親父にもぶたれたことないのにぃ!」(アムロ)のオマージュですか。

>脂肪を燃やせ
 エクシアの場合は逆にセルライトを付けろ!だったりして。

>〜俺は……、僕は……、くっ!! 私は……」

 あなた自身にも・・・「万死に値する!」
 意外と自分には甘いのね(笑)。

なっきーさん、冴え過ぎです(笑)。小ネタしか残ってなくてキツかったす(笑)。
 
8. Posted by 月詠   2007年12月09日 00:25
5 こんばんは、なっきーさん! 書きたいことはありますが、今回は割と得意な方のメカ関係でw

>相手は回避に専念、おまけに刹那は射撃下手、ってことでいいんですよね?
射撃が下手…まぁ、どのレベルで上手い・下手を分類すればいいのか判りませんが、マイスターの中では最下位でしょう。

ただ、それは機体の特性上でもあるかと。接近戦用のエクシアだとFCSも接近戦用に調整されているでしょうし、ビームを使用しているとはいえ、所詮エクシアのライフルはショートバレル…いわば拳銃みたいなものに過ぎないわけです。

おそらく回避されたシーンは普通に射程外な気がします。セルゲイのことですから、鹵獲作戦用にエクシアのライフルの射程くらい調べているはずですし。

(続きます)
9. Posted by 月詠   2007年12月09日 00:26
(続き)

>これもパージして、中からはなぜか、真っ赤な髪が出てきました。
>ところで、風がない軌道上でどうしてナドレの “髪” は〜
各所で言われていますが、おそらく増加装甲に接続するケーブル類だと思います。宇宙空間を漂っていたのは内部に増加装甲供給用エネルギーとしてGN粒子が通うからかもしれません。

まぁ、それならケーブルは腕や足にもあれよ、と私は突っ込むのですがwww

ナドレに関してはヴァーチェの非常用と言うより、ナドレにヴァーチェと言う鎧を施したと言う印象です。

もしかしたらヴァーチェとは増加装甲の名称で、他にも別の増加装甲があったりすると面白いかも(それなら素体であるナドレを観られたことのマズさも納得しますし)。
(続きます)
10. Posted by 月詠   2007年12月09日 00:27
(続き)
>少なくとも現状、ガンダムは 『イオリアの理想を体現』 してはいない
同感です。

まぁ、イオリアの理想が見えないので断言出来ませんが、ガンダムはあくまで理想を体現するための“道具”に過ぎないのでは? と言うのが率直な感想。

あくまでガンダムは道具であり、理想を体現しているのはマイスターであり、クルーであり、留美のようなエージェント他CBの構成員ではないかと。

>>なのに……、どうしてマイスターたちは、こうも不完全なの?」
私から見ると刹那の一件(テロリストをわざわざマイスターに追わせた)から留美も十分不完全だと思ってしまう。

まぁ、完全な人間などいませんし、その辺もあってラストの留美のセリフはどうも自分の中でしっくりきてません(汗
11. Posted by なっきー   2007年12月09日 00:42
4  クロ助さん、Mr.Tさん、月詠さん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>クロ助さん

>機体同士の接触により、機体内部の空気の振動で音を伝える
>接触通信に当たります。
 うーん、コメント3でも書きましたが、宇宙服同士ならともかく、モビルスーツ同士ではやや無理がある気がしています。
 …とは言え、そういう形で描かれたシーンであるならば、別に文句とか不満とかそういうのはないです。

>>ガンダムナドレ
>装甲パージは予測していましたが、あの中身は予想外。
 私も、どう考えても太い手足はともかく、顔にまで増加装甲があるとは全く思いませんでした。

(続きます)
12. Posted by なっきー   2007年12月09日 00:44
>〜一話にてティエリアが初めて画面に映った時、球状の空間に
>浮かんで周囲に文字の様な光が走っていた場面がどうも伏線〜
 何と! それは是非確認しないと…。

 …で、確認してきました。CM抜きで6分くらいのトコですね。
 確かに伏線っぽい感じでした。

>今回の戦いで、ちゃんとヴァーチェの砲を含めたあらゆる部位
>を押さえ込み、『構造物』としての弱点を衝いてくれた〜
 同感です! 作戦がいちいち理に適っていて良かったです。

>ティエリア
>〜マイスターとしての矜持を砕かれた事になりますが、〜
 彼の認識では、ちゃんと自覚を持って行動しているのは自分+せいぜいロックオンで以上!…なので、義務感で自分を鼓舞せざるを得ないのだと思います。

>根性家なのは好みなので構いませんが。(笑
 私的にも、今回の彼には好感度アップしました。
 熱いティエリアの方が好みかもです。

(続きます)
13. Posted by なっきー   2007年12月09日 00:44
>〜ソーマとぶつかる時は果たしてどうなるのか。
 ソーマも本来なら 『被害者』 側のはずですが、 『戦うために作られた存在』 というもの自体が憎しみの対象になっているかもしれません。

>スメラギ
>過去の事からか、失敗を過度に背負い込み過ぎる模様。
 そんな感じですね(汗)。
 犠牲を出すことができない少数精鋭だということが、その傾向に拍車を掛けています。

>〜前回と今回合わせて突っ込み所は幾つかありますが、ドラマ面
>に於いて非常に面白かったです。
 そんな感じですね。
 私も、突っ込みは入れるにせよ、今回はかなり楽しめました。

>後、最近出番の少ない乙女座センチメンタルなあの男にもっ
>と活躍の場を。(マテ
 次回はまだ人革連相手みたいなので厳しそうですね。
 …まあその内、大きな出番が回ってくるでしょうけど。



(続きます)
14. Posted by なっきー   2007年12月09日 00:45
>Mr.Tさん

>先を越された!ボケたかった・・・(笑)
 新ネタはいつでも募集しております。(違

>今のところ、ロックオンが一番ダンディー。
 他の人たちが自分しか見てなかったり、何か一杯一杯だったりですから、尚更思いやりがある彼が際立ってます。

>>「二度もよけた!?」
>〜「二度も殴った!親父にもぶたれたことないのにぃ!」(アムロ)
>のオマージュですか。
 なるほど、それは有るかもしれませんね。

>>脂肪を燃やせ
>エクシアの場合は逆にセルライトを付けろ!だったりして。
 (笑)。
 苦戦続きなので、ベンチプレスとか必要かも…。

(続きます)
15. Posted by なっきー   2007年12月09日 00:56
>あなた自身にも・・・「万死に値する!」
>意外と自分には甘いのね(笑)。
 多分、アレルヤには代わりがいるけどティエリアの代わりはいない、という認識なのではないかと(笑)。
 主に覚悟や思想的な意味で。

>なっきーさん、冴え過ぎです(笑)。
 ありがとうございます♪ ヽ(´∇`)ノ



(続きます)
16. Posted by なっきー   2007年12月09日 00:57
>月詠さん

>〜今回は割と得意な方のメカ関係でw
 はい、私はそちらが弱いので助かります。

>>おまけに刹那は射撃下手
>〜マイスターの中では最下位でしょう。
 確かにその枠だとドベにしかならない気がしますね。

>〜接近戦用のエクシアだとFCSも接近戦用に調整されている〜
 これは仰る通りかもしれませんね。
 やっぱりエクシアは突撃してナンボ、射撃戦をしなければならないようでは戦果は期待できないのかも…。

>〜回避されたシーンは普通に射程外な気がします。セルゲイの
>ことですから、鹵獲作戦用にエクシアのライフルの射程くらい〜
 なるほど…、これも激しく納得です。

>各所で言われていますが、おそらく増加装甲に接続するケー
>ブル類だと思います。
 確かに、ナドレの手足にはその手のケーブルとかが見当たりませんね。

(続きます)
17. Posted by なっきー   2007年12月09日 00:58
>宇宙空間を漂っていたのは内部に増加装甲供給用エネルギー
>としてGN粒子が通うからかもしれません。
 私も、内的要因ならGN粒子の可能性が高いと思っています。

>ナドレにヴァーチェと言う鎧を施したと言う印象です。
 なるほど、そうかもしれませんね。

>もしかしたらヴァーチェとは増加装甲の名称で、〜
 それは全く思いつきませんでした(汗)。

>他にも別の増加装甲があったりすると面白いかも
 別パーツというわけですね。有り得る気がします。
 あるいはナドレの中からさらにちっちゃいのが…。(それはない

>ガンダムはあくまで理想を体現するための“道具”に過ぎない
 私もそう思います。そして、↓

(続きます)
18. Posted by なっきー   2007年12月09日 00:59
>理想を体現しているのはマイスターであり、クルーであり、
>留美のようなエージェント他CBの構成員ではないかと。
 まさに仰る通りではないかと思っています。

>私から見ると刹那の一件〜から留美も十分不完全
 私は、最大の出資者くらいにしか見えません。(ぉぃ
 交渉能力はあるようですが、少なくとも 『完全』 ではないですよね。↓

>まぁ、完全な人間などいませんし、〜
 全く同感です。
 あるいは、 “天上人” は完全であるべき、という思いだけが先行しているのかもしれません。
19. Posted by フランカー   2007年12月09日 20:13
 こんばんわ。

 CB側の劣勢をチート的な展開で回避したのが、少し残念です。できればスメラギやガンダムマイスター達が咄嗟の戦術判断によって窮状を切り抜けて欲しかったですね。それでこそ、少数精鋭を証明できるものと思います。その点、セルゲイが戦術をもって敵を追い詰めたのはガンダム的でなくて面白かったです。セルゲイが指揮しグラハム隊(仮称)が戦えば、かなり強いかも・・・。

−戦術予報士は…人材がいないから−
 おっしゃる通りだと思います。軍令部の参謀が連合艦隊の参謀をやっている様なものでしょう。そもそもプトレマイオスは戦うことを想定していないのでしょうね。
20. Posted by Mr.T   2007年12月09日 22:15
4 こんばんは。

>追加装甲をパージ。
>キャノンもパージ。
 現在放送中の文化放送のOO番組でパーソナリティーがこれを「ポロリっ」と表現・・・(笑)。
21. Posted by なっきー   2007年12月09日 22:44
4  フランカーさん、Mr.Tさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>フランカーさん

>CB側の劣勢をチート的な展開で回避したのが、少し残念です。
 いずれはこういう展開になるとしても、知恵比べとかをもう少し見たかった気はしますね。

>〜咄嗟の戦術判断によって窮状を切り抜けて欲しかったですね。
 恐らくは、セルゲイ相手にそれができるほどには有能ではないのではないか、と思います。

>その点、セルゲイが戦術をもって敵を追い詰めたのはガンダム
>的でなくて面白かったです。
 人は学習する。
 それを地で行くような地道かつ効果的なやり方ですよね。

(続きます)
22. Posted by なっきー   2007年12月09日 22:45
>セルゲイが指揮しグラハム隊(仮称)が戦えば、かなり強いかも
 それだと逆にガンダムを圧倒してしまうかもしれませんね。

>>−戦術予報士は…人材がいないから−
>〜軍令部の参謀が連合艦隊の参謀をやっている様なもの
 私もそういう風に感じています。
 本当は、作戦立案能力に優れた者が他にいて、司令官が両者の意見を聞いて戦術を選択するという形が理想なのだと思います。

>そもそもプトレマイオスは戦うことを想定していない
 そういう意味では今回、トレミーを見られてしまったこと自体が非常にまずいと言えるかも…。



(続きます)
23. Posted by なっきー   2007年12月09日 22:45
>Mr.Tさん

>>追加装甲をパージ。
>>キャノンもパージ。
>現在放送中の文化放送のOO番組でパーソナリティーがこれを
>「ポロリっ」と表現・・・(笑)。
 ガンダムだらけの鹵獲大会! ポロリもあるよ!?

…みたいな感じで行きましょうか(笑)。
 今回は咄嗟のことでCMに行くのが遅れたようです(笑)。
24. Posted by りぐ   2007年12月10日 08:42
こんにちは

>スメラギが作戦指揮を
なんだろうね、完璧主義者というわけでもないのでしょうけどトラウマが深すぎるのでしょうか。たしかに作戦は失敗ですが死者がでている(相手には余計な死者がでてますが)わけでもなく、ガンダムを鹵獲されたわけでもありません。ナドレーとして秘密をさらせてしまったのは事実ですがスペック2というか原始的な状態があらかじめあるのなら遅かれ早かれあかるみにでることは仕方ないことなのですから修正をするほうが先な気もしたりするのですけど・・・。

>戦術予報士は
「天才は計算に負けた」ナポレオンがウェリントン公に敗れた時のことですが、今回の場合「読み間違えた」ではなく「読みきれていない」というほうが正しい感じですね。
25. Posted by りぐ   2007年12月10日 08:50
>ソーマ・ピーリス
若々しくていいのかもしれませんが、ちょっと声が浮いていたように感じたのは私だけでしょうか。

>セルゲイ
最後の「ガンダム」というセリフ。彼はミン中尉の死に様をみているわけではありません。鹵獲作戦を遂行する上で相手の性能を考えれば犠牲がでるのは当たり前で敵の陽動作戦に生じて敵を分散させたのは結果でしかないわけですから怒りを感じるセリフはどうかと、スメラギよりは泣きたい気持ちになるのはたしかでしょうけど。

いろいろ楽しめましたが、戦術に対してはやはり戦術で切り抜けて欲しかった。またプトレマイオスが移動してましたが、通信不可能域にあったあとそこから離脱するような行動が演出されなかったのは少々残念です。
26. Posted by りぐ   2007年12月10日 08:52
追記
>セルゲイ
ガンダムの推進力に驚いたことといい。むしろ「読み間違えた」はこちらのほうが正しいかもしれません。
27. Posted by なっきー   2007年12月10日 18:11
4  りぐさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>スメラギ
>完璧主義者というわけでもないのでしょうけどトラウマが
>深すぎるのでしょうか。
 私は、かつての失敗で恋人を死なせているのではと思っています。その悲しみを思い出しているのではないかと…。

>ナドレーとして秘密をさらせてしまった〜
 これは月詠さんの読みが正しい予感がします。
 即ち、太陽炉は本当は4基しかないにもかかわらず、しばらくするとヴァーチェの代わりに(ナドレでもない)別機体が登場するわけです。
 各国首脳に頭痛を起こさせるそれは、実は中身ナドレで増加装甲を取り替えただけの機体―― 、そうやってさらに世界を混乱させる予定だったのだと思います。↓

(続きます)
28. Posted by なっきー   2007年12月10日 18:13
 ところが、デカブツの中にモミアゲ(笑)がいたと知られてしまったわけで、その計画は通用しない可能性が激増してしまいました。
 この予測が正しい場合確かに、 『切り札1枚見せちゃいました』 では済まされない大幅な軌道修正が必要になります。

>〜「読みきれていない」というほうが正しい感じですね。
 奇策を採ろうとして正攻法に負けたわけですしね。
 この顛末も要は、勝ち目がないのならいざ知らず、そうでないときには常に正攻法をベースにして敵の変化とこちらの対応を考えるべきだということでしょう。

>ソーマ・ピーリス
>〜ちょっと声が浮いていたように感じたのは私だけでしょうか。
 それは私はあまり感じませんでした。
 能力だけ高くても、戦士としてはまだまだ未成熟というイメージなので、そこからあまりずれていないからかもしれません。

(続きます)
29. Posted by なっきー   2007年12月10日 18:14
>ソーマ・ピーリス
>〜ちょっと声が浮いていたように感じたのは私だけでしょうか。
 それは私はあまり感じませんでした。
 能力だけ高くても、戦士としてはまだまだ未成熟というイメージなので、そこからあまりずれていないからかもしれません。

>セルゲイ
>最後の「ガンダム」というセリフ。彼はミン中尉の死に様を
>みているわけではありません。〜
 ミン中尉より、いろいろ総合しての思いだと思ってます。
 例えば 『羽根付き』 を収容したラオホゥを撃とうとした 『デカブツ』 にも、彼は相当に思うところがあったはずですしね。

 ソレスタルビーイングは(表面上)戦争根絶という大義を掲げ、しかしやっていることはコレという落差に、正義感が強いセルゲイとしては積もり積もったものがあるのだと思います。

(続きます)
30. Posted by なっきー   2007年12月10日 18:16
>〜またプトレマイオスが移動してましたが、通信不可能域に
>あったあとそこから離脱するような行動が演出されなかった〜
 そこまで描写しなくてもわかる人はわかるし、わからない人はわからなくても問題なし、ということではないかと思います。

>セルゲイ
>ガンダムの推進力に驚いたことといい。むしろ「読み間違えた」
>はこちらのほうが正しいかもしれません。
 GNバズーカ対策など、セルゲイの戦術はこれまでの戦闘データ分析に基づいているように思います。
 だからこそ逆説的に、戦闘データから予測不能なことに関しては、予想を外すのも仕方ないのかもしれません。
31. Posted by りぐ   2007年12月10日 18:55
こんばんは

>別機体が登場するわけです
その可能性は否定できませんね。ただ前回のナレーションより「60回を越す介入」みたいなものがあったように思いますが、今まで晒していなかったことがその回数を鑑みれば少々疑問です。まあこれはその機会がなかったということになるのかもしれませんが、逆説的にどこが投入するのに相応しいかと言えばあまりはっきりした物がないように思うのですよね(説明がないかぎり)。4機という展開力そのものは変わりませんしね。別の見方としてCBを離れて他の組織下のガンダムである、というような投入のされ方が着せ替えではありえそうです。これだとCBの作戦展開とは違い、機数の枠に囚われることはないですからね。
32. Posted by りぐ   2007年12月10日 19:09
政治的には面白そうな展開ですけど、まあ現実味は薄そうです。後はもっと異質な原因になりそうですね。「トンデモ」の範疇に入りそうなことですが、例えばヴェータが4機のガンダムの行動の結果として一つの未来を予測するということ。行動の結果がヴェーダをより異質なものへと変えてしまうとかですか。危ない妄想はこの辺でひかえますか(オイ

33. Posted by なっきー   2007年12月10日 19:25
4  りぐさん、再びこんばんは!


>「60回を越す介入」
 これは必ずしも全機出撃ではないかもしれません。
 そう思えば、どう捉えるべき数字か、やや微妙な気がします。

>〜今まで晒していなかったことが〜
>逆説的にどこが投入するのに相応しいかと言えばあまりはっ
>きりした物がないように思うのですよね
 あの予想が合っているとしても、少なくとも 『時が来ていない』 のは確実ですね。↓

>〜CBを離れて他の組織下のガンダムである、というような投入
 なるほど、それは確かに着せ替えなくして成立しない作戦ですね。

>「トンデモ」の範疇に入りそうなことですが、〜
 この辺は正直まだよくわかりません。
 ただ、ソレスタルビーイングに隠された 『裏』 はそのまま、ヴェーダやイオリアの秘密に直結しているような気がします。
34. Posted by 奏   2007年12月15日 12:28
いつも見てない(というか見れない)のですが、前回と今回は見ることができ、コメントを書きたくなったので来ちゃいました

>ティエリア

中の人が中の人なだけ(あの時はびっくりして滅茶苦茶心配でした)にティエリアも簡単にはやられないかんじでしょうか。窮地に陥っても諦めない姿が共感を覚えます

ティエリアはなんとなく一応人間だけど何かを超越してそうな感じがしますよね

>ウ゛ァーチェ

(続きます)
35. Posted by 奏   2007年12月15日 12:30
個人的にこの無駄にゴツい機体が好きなので今回の大活躍は嬉しかったです

>ナドレ

個人的に変形シーンが好きです

髪の毛(?)のせいか女性的な感じがしました。(検索したら「ナドレ」は「女装」の意味を持つそうです)

ところで

歌舞伎のあの曲が脳内再生されたのは私だけでしょうか………
(続きます)
36. Posted by 奏   2007年12月15日 12:31
>俺僕私

初めて雑誌で見た時に容姿的には一人称は「私」かなぁと何となく思っていた事を思い出しました

>女説

やはりというか某所ではティエリアは女説(或いは両性具有説)で盛り上がって(再燃して)いるようです。やや早計な気もしますが個人的にはそういう話大歓迎だったり(おい)←男装ネタとか女装ネタとか好きなので

(続きます)
37. Posted by 奏   2007年12月15日 12:35
>涙

ティエリアの涙に萌えた女子の気持ちが何となくわかってしまった気がします。

絶望した!!普通に「受けやな」とか「女の子みたい」とか心の中で呟いた自分に絶望した!!

>アレルヤ

兄さん、あっさり捕まりすぎだよ………。流れ的にはおかしくはありませんがね

>ハレルヤ

鬼畜というよりかは病んでいる感じですね。アレルヤは守るために盾を使いますが彼はそれを使って殺してしまう………。(続きます)
38. Posted by 奏   2007年12月15日 12:37
>ソーマ

仲間意識が芽生えているのは彼女にとっては良いことかもしれませんね。この娘の戦闘シーンも良い感じ。どピンクなので吹きそうになりますが(爆)

>セルゲイ

ソーマの上司がこの方であるからソーマも仲間意識が芽生えたのかも………

何気にこの方好きです

>ミン中尉

黙祷

>機体と演出

キャラの心情を機体で演出していたみたいですね

(続きます)
39. Posted by 奏   2007年12月15日 12:38
>もう1人の自分

アレルヤ→ハレルヤ

ロックオン→双子の弟(兄?)

ティエリア→ティエ子(違)

刹那→?

ティエリエは「僕」としての人格もあるので1人ではありませんが

このもう1人の自分を向き合うとか打ち破るとか受け入れるとかそういう事があれば嬉しいかも↓

(続きます)
40. Posted by 奏   2007年12月15日 12:41
刹那は敢えて分かりやすい「鏡の中の自分」がないだろうと思ってます。それもまた対比(裏の自分を持たない刹那と持つその他の仲間達)という感じで

>今週の主人公

地味に活躍

絶望した!!本家・絶望先生(違)に見せ場を取られた俺に絶b…(ry

Don't mindせっつん(´・ω・`)

「この世に神はいない」
41. Posted by 奏   2007年12月15日 12:43
【追記】

1つ目のコメントで(続きます)を(続く)と打ち間違え(汗)たので可能でしたら直していただけるとありがたいです

では長文投稿失礼しました
42. Posted by 奏   2007年12月15日 12:48
【さらに追記】

投稿してない文があったので………すみません

>ハレルヤ

鬼畜というよりかは病んでいる感じですね。アレルヤは守るために盾を使いますが彼はそれを使って殺してしまう………。うーんこれが「矛盾」という事なのでしょうか

というか神谷さんもそうですが吉野さんの演技も良い感じだったと思います
43. Posted by なっきー   2007年12月15日 17:54
4  奏さん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>いつも見てない〜のですが、前回と今回は見ることができ、
>コメントを書きたくなったので来ちゃいました
 はい、大歓迎です!

>ティエリア
>窮地に陥っても諦めない姿が共感を覚えます
 同感です。…まあ結果は伴いませんでしたが、それ自体はスメラギの作戦ミスのせいなので(笑)仕方ない、ということで。

>ティエリアはなんとなく一応人間だけど何かを超越してそうな
>感じがしますよね
 少なくとも、人間らしい感情がソレスタルビーイングの任務の障害になるということを、誰よりも理解している気がします。

(続きます)
44. Posted by なっきー   2007年12月15日 17:55
>ウ゛ァーチェ
>個人的にこの無駄にゴツい機体が好きなので〜
 私はどんな方向にせよ極端に偏った性能が好きです(笑)。
 なので、ヴァーチェも好きですね。

>ナドレ
>〜(検索したら「ナドレ」は「女装」の意味を持つそうです)
 ネイティブアメリカンのシャーマンで、女装(というより中性のイメージ?)が特徴なのは確かだった気がします。

>歌舞伎のあの曲が脳内再生されたのは私だけでしょうか………
 その発想はありませんでした。
 でも言われてみますとイメージが重なる気はしますね。

>俺僕私
>初めて雑誌で見た時に容姿的には一人称は「私」かなぁと〜
 私は予備知識無しに見始めたので、しゃべるまでは女性だと思ってました。

(続きます)
45. Posted by なっきー   2007年12月15日 17:56
>女説
>やはりというか某所ではティエリアは女説〜で盛り上がって
>(再燃して)いるようです。
 私もその手の性倒錯系は好きですが、女性の場合には中の人が絶望先生(違)ではないと思うんですよね。
 一方で、ピンクのカーディガンを好んで着るなど、女性的でいることを少しも避けていないとも感じます。

>涙
>ティエリアの涙に萌えた女子の気持ちが何となくわかって
>しまった気がします。
 ティエリアは、本来の弱さを論理武装の鎧で覆っている気がします。…中身も鎧と同じよりは、この方がより人気が出そうですよね。

>絶望した!!普通に「受けやな」とか「女の子みたい」とか
>心の中で呟いた自分に絶望した!!
 守備範囲が広がったということで、いいんじゃないでしょうか。

(続きます)
46. Posted by なっきー   2007年12月15日 17:57
>アレルヤ
>兄さん、あっさり捕まりすぎだよ………。〜
 これもアレルヤ本人のせいと言うよりは、ソレスタルビーイングの科学力ではソーマとの相互干渉に気付かなかったことが大きい気がします。

>ハレルヤ
>鬼畜というよりかは病んでいる感じですね。
 恐らく、超兵として改造されている間に、心が壊れてしまったのでしょうね。
 ただ、彼が人革連以外にこうまで殺人狂のように振る舞えるかは、まだわかりません。

>ソーマ
>仲間意識が芽生えているのは彼女にとっては良いことかも
>しれませんね。〜
 少なくとも、この状態であればハレルヤのようにはならない気がしますしね。

>セルゲイ
>ソーマの上司がこの方であるからソーマも仲間意識が芽生えた
 同感です。

(続きます)
47. Posted by なっきー   2007年12月15日 17:58
>もう1人の自分
>アレルヤ→ハレルヤ
>ロックオン→双子の弟(兄?)
>ティエリア→ティエ子(違)
>刹那→?
 そういった二面性がガンダムマイスターの必要条件という可能性もありますよね。

>刹那は敢えて分かりやすい「鏡の中の自分」がないだろうと
>思ってます。
 刹那の場合は 『俺=ガンダム』 の刹那と、それに覆い隠された本来の刹那があるような気がします。

>今週の主人公
>地味に活躍
 かーなーり、影が薄いです(汗)。
 当分、人革連相手だと活躍しづらいかも…。

>1つ目のコメントで〜可能でしたら直していただけると〜
 はい、直しておきました。

(続きます)
48. Posted by なっきー   2007年12月15日 17:58
>ハレルヤ
>〜うーんこれが「矛盾」という事なのでしょうか
 ハレルヤには、アレルヤを守りたいという思いが根源にある気がします。

>〜吉野さんの演技も良い感じだったと思います
 むしろ鬼畜モードでこそ活き活きとしているような気も…(笑)。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Archives
Blog 内検索
Google
www を検索
このブログ内を検索
Recent TrackBacks
Recent Comments