2008年03月29日

機動戦士ガンダム00 #25 「刹那」4

 ついに黒幕が自ら動き、ソレスタルビーイング残存戦力の殲滅へと乗り出した。
 その圧倒的な火力と防御力の前に多くを失い、ソレスタルビーイングは壊滅状態となった。

 それでもまだ、終わっていない。
 黒幕が、残っているガンダムマイスターが、残っている国連軍のパイロットが……。

 最後の戦いへと臨む。
 その先にある未来のために――。



機動戦士ガンダム00 [ダブルオー] (公式)
 いろいろ更新されています。

♯最終更新: 2008/03/30 ご指摘いただいた点を修正その2



 

凸ルヤ

 離脱したエクシアは金ぴかの腕に捕まったままのコンテナを狙って射撃、爆発を起こしますが、損傷を与えられません。

「ふっふっふっふ……、その程度でアルバトーレに対抗しようなど、片腹痛いわ!
 ……というわけで、あのモビルアーマーの名前はこれで確定。



「ナドレは大破……、ティエリアからの応答無し。
 キュリオス、損傷大、敵モビルスーツ2機と交戦中」


 フェルト、キーボードを操作する速度がかなり遅くなってます(汗)。
 精神的にかなりきつい状況……、ヘルメットのバイザーには涙の跡が点々と残ってます。



 キュリオスは右半身が消し飛んでいて、岩塊の陰に隠れて一時休息。
 コクピットのモニタ左右に映った鏡像(=今はアレルヤ)がハレルヤに話しかけます。ハレルヤは引っ込んでろと一蹴。

「俺は生きる! 他人の生き血を啜ってでもなァ!」
『僕も生きる』
「何?」
『僕はまだ、世界の答えを聞いていない。この戦いの意味さえ。
 それを知るまで、僕は死ねない……!』
「…………ハッ、ようやくその気になりやがったか。
 ならあの女に見せつけてやろうぜ。……本物の、超兵ってやつをな!


 ヘルメットを外すと、常にどちらかの目を隠していた前髪を上げてしまいました。
 金の右目=ハレルヤ、銀の左目=アレルヤ。
 両目で凸ルヤ(でこるや)。(ぉぃ

 ……今まで2つの人格で、脳を半分ずつ使っていたとか?

「直撃コース」「避けてみせろよッ!」
「軸線を合わせて、」「足と、同時攻撃を!」


 冷静なアレルヤ+狂戦士ハレルヤという感じで、しかもアレルヤも出ているのにカニバサミシールドを躊躇無く使ってます。
 機体が半分ほど消し飛んでいるのに巧みに回避する “ハネツキ” に、セルゲイ+ソーマも動揺しているようです。

「今までのようには行かねえ! そうだろ、アレルヤ!」(※)

 ……うん、でもヘルメットは被ろうよ、凸ルヤ。
 危ないよ?



※ ワンセグの字幕では後半はアレルヤの台詞で、呼びかけも 「ハレルヤ!」 だったそうなのですが、何度聴き直してもアレルヤにしか聞こえず……(汗)。
 ここの修正は保留としておきます。




エクシア

 チート王陛下は相変わらず機体性能頼り。5連(?)砲台から細いビームを連射しますが、エクシアは直撃だけは回避しつつ射撃。
 ……が、やはり金ぴかフィールドに阻まれて届かず。

 さらに金ぴかファングが飛んできます。
 でもやっぱりアレハンドロではアリーはもちろんミハエルよりも下というか、刹那にさえ(ぉぃ)このファングは大した脅威を与えていません。
 次々射撃で壊しつつ、ラッセのGNアームズとドッキングを果たします。

「GNアーマーなど……、ファング!

 やっぱりここでは、アリーも守ったお約束、 『行けよ、ファングッ!』 と言わないとダメということなのでは。(違
 だから、↓

「狙い撃つ!」

 刹那にまで狙い撃たれてしまうわけで。
 アルバトーレは触手状の砲台を出してきて、大出力のビームを撃ちます。これが副砲でしょうか。
 これを避け、さらに5連砲台からの連射も避けて突っ込んでくるエクシアを、アルバトーレはコンテナを捕まえた腕で捕まえようとしますが……。



 エクシアの右腕の剣が、金ぴかの左腕をあっさり切断。
 さらにラッセのビームを防御した右腕も吹っ飛びます。

 ラッセは頭から出血していて、そろそろヤバそう……と思ったら、次のビーム斉射の損傷が、GNアームズのコクピットまで行ってしまい……(汗)。

「刹那……、俺たちの存在を……!」

 ……それがラッセの最期の言葉に。
 個人的に、この手の自己鍛錬型の人は好きなので、またもしょんぼり……。

 (´・ω・`)



 刹那は怒りの突進、アレハンドロはGNフィールドを張ってます。
 ……と言うより、両腕が無くなったから物理攻撃を防げない、という方が正確でしょうか。

 エクシア+GNアームズ(壊れかけ)の質量を乗せた物理攻撃(突き)はやはり止められず、ついにアルバトーレは中破。
 エクシアは剣が付いた右腕を高々と掲げ、雄叫びを上げながら突進。

「 な に ぃ ッ ! 」

 ああ、チート王陛下、その表情はとても素敵でございます。(ぉぃ
 陛下、ご機嫌麗しゅう。

 エクシアは武装が機能しなくなったアルバトーレに深々と剣を突き立て、そのまま移動。
 2ヶ所これをやられて、アルバトーレのコクピットでは警告音が鳴りっぱなしになります。

「ば、馬鹿な……、ガンダム1機に私のアルバトーレがあッ!」
 ああ、チート王陛下、その表情は(以下略)。



キュリオス

 GN−X2機からのハンドガンを巧みに避け続けるキュリオス。
 ……と言うか、やっぱりGN−Xは所詮汎用機と言うか、普通の武器しか付いていないだけに、戦い方を工夫するにも幅が狭い感じですよね。

 キュリオスが隠れた岩塊が3連射で消滅しますが、その陰にキュリオスは見えず。
 ……え……!? とソーマが思う一瞬の間にすぐ横まで来ていて、鍔迫り合いになります。
 そして、脳量子波での(?)会話。

「……なぜだ……、私は完璧な超兵のはずだッ!
「わァかってねえなあ、女ァ」
「何ィッ!?」
「おめえは完璧な超兵なんかじゃねえ。
 脳量子波で得た超反射能力―― 、だがてめえはその速度域に思考が追い付いてねェんだァッ!!
 動物みてえに、本能で動いてるだけだ!」


 ああ、これはわかる気がします。
 そういう時に出るのは、繰り返し練習した動きそのもの。

「だから動きも読まれる。
 反射と思考の融合……、それこそが……超兵の在るべき姿だッ!


 ちょっとちょっと。
 あなたたちは超兵そのものに反対じゃなかったっけ!?
 超兵が 『在るべきでない』 なら、 『在るべき姿』 という言葉には矛盾を感じてしまうわけで。
 ……もっとも、それを言い出すと凸ルヤにとっても自己否定になるわけで、だから超兵は 『新たに作られるべきではない』 とだけなっているのかも。



 そしてとうとうキュリオスがトランザム発動。
 失った右腕右足のところから盛大に粒子が漏れている気もしますが、元々トランザムでは力尽きるまでに敵を倒さなければならないだけに、どうでもいいことかもしれません。

 ソーマが突っ込みながら連射しますが、トランザム発動前から当たらなかったのですから……。
 あっという間に接近されてGN−Xの腕ごと切断。
 唖然として動きが止まったソーマ機へのとどめの斬撃―― は、セルゲイ機が間に入ってカバー。
 これでセルゲイ機も中破。

「中佐!」
「今だ、ピーリスッ!」


 斬りつけていたキュリオスはソーマ機の連射を避けられず、コクピットの右側が爆発。
 ヘルメットを被っていなかった凸ルヤは、顔の右半分に破片でも刺さったようです(汗)。
 右目辺りが血で真っ赤に……。

 さすがに戦闘不能になり、キュリオスはゆっくりと漂流していきます。



父娘

 ソーマ機がセルゲイ機にくっつき、コクピット―― 腰の辺りでしょうか? もう少し上の、おなか辺りに見えますね―― を開いてセルゲイの救助へと向かいます。

 ……いや、コクピットの位置は重要なのですよ。
 コーラサワーの生死にも関係しますしね(後述)。

 ともあれソーマは外部操作でハッチを開け、歪んでしまったのか開ききらない分は力任せにこじ開けます。

「……何をしている! 私に構うな! 戦え、少尉!」
「できません!」
「……!?」
「中佐がいなくなったら、私は独りになってしまう……」
「少尉……」


 うちを始め、以前から親子扱いしていたブログも多かったですが、ソーマは元からそういった認識があったようです。
 そして、これでセルゲイ自身もそれに近い認識に変わっていきそうですね。



 一方、キュリオスのコクピットでは、血塗れの右目辺りを押さえたアレルヤが、残った銀の右目でこの救出劇を見てハッとなります。
 拡大してみて、確信。

「……マ、マリー……、なぜ、なぜ、君が……」

 知り合いだったとは……。
 アレルヤが超兵機関に捨てられる前にソーマがそこにいたなら、この反応は少し変な気がします。
 アレルヤが機関に入る前、つまりかなりマリーが小さかった頃の知り合いなのかも……?



アレハンドロ

 刹那の呼びかけに、ラッセからの応答はありません。
 そこに、赤ビームが来て、咄嗟に避けるエクシア。

 中破したアルバトーレの上に、やっぱり金ぴかのモビルスーツが立っていました。
 避けられたのを見て、右手の銃を捨ててビームサーベルを抜き、突っ込んできます。

「さすがはオリジナルの太陽炉を持つ機体だ!
 未熟なパイロットでここまで私を苦しめるとは!」

 ……いや、チート王陛下ご自身はそんな大したお力はお持ちとは言えないのでは?

「貴様か! イオリアの計画を歪めたのは!」
「 計 画 通 り さ 」
「くっ」
「ただ主役が私になっただけのこと。
 そうだ、主役はこの、アレハンドロ・コーナーだッ!


 何てセコい主役。(ぉぃ

「……何が、望みだ!?」
「破壊と再生だ」
「何!?」
「ソレスタルビーイングの武力介入により世界は滅び、統一という再生が始まった。
 そして私はその世界を、私色に染め上げるッ!!

 金ぴかの世界って嫌だなあ……。

「支配しようと言うのか!」
「正しく導くと言った!

 だが、その新しい世界に、君の居場所はない!
 塵芥(ちりあくた)と成り果てろ、エクシア!


 ここで撃ったビーム、ヴァーチェのGNキャノン並の威力がありそうですが、こういう時のための……。



刹那

「ふっふっふっふっふ、はっはっはっはっは……!
 残念だったな、イオリア・シュヘンベルグ!
 世界を統合し、人類を新たな時代へと誘う(いざなう)のは、この私、今を生きる人間だ!
 ……!? 何!?」


 エクシアはトランザムで脱出していました。
 すぐに反撃できなかったのは、ひょっとして咄嗟に発動したために、遠くへ一気に移動してしまったからでしょうか。

「見つけた……」
「何ッ!?」
「見つけたぞ、世界の歪みを! そうだ、お前がその元凶だ!
「再生は既に始まっている! まだ破壊を続けるか!」
「無論だ!」


 チート王陛下相手なら刹那の射撃も当たりますが、この金ぴか機にもGNフィールドが備えてありました。
 思い出すのは、ロックオンの言葉。

『刹那、なぜエクシアに実体剣が装備されているか、わかるか?
 ……GNフィールドに対抗するためだ。
 計画の中には、対ガンダム戦も入っている。もしもの時はお前が切り札になる。
 ……任せたぜ、刹那』


 つまりヴァーチェ(ナドレ)以外が離反するあるいは鹵獲されたらトライアルシステムで、ヴァーチェが敵に回ったらエクシアで片を付ける、ということですね。

(……わかっている、ロックオン。俺は戦うことしかできない破壊者だ。
 だから戦う! 争いを生む者を倒すために!
 この歪みを破壊するッ!


 ……ま、アレハンドロじゃ、ね。(ぉぃ
 まだアリーならそのうち慣れて、トランザム中のエクシアにさえも当ててしまうかもしれませんが、チート王陛下では当たりません。

 頼みの綱のGNフィールドがエクシアの剣に負けるのは、アルバトーレで証明済み。
 剣は左肩に突き立ち、銃を持っていた左腕が動かなくなったのでしょうね。これで勝負有り。

「武力による戦争根絶! それこそが、ソレスタルビーイング!」
「フィールドがッ!?」
ガンダムがそれを為す! 俺と、共に!
 そうだ、俺が! 俺たちが、ガンダムだ!


 斬撃はコクピットまで届き、チート王陛下の考証極まるご趣味が窺える金ぴかパイロットスーツの左胸が血で汚れています。
 陛下ご自身も吐血。
 ……あーあ、小者なのに調子乗って出てくるから。(ぉぃ



 そのとき、金ぴか機に通信が入ります。

「リ、リボンズ……」
「アレハンドロ・コーナー、あなたはいい道化でしたよ」
「何ぃ…?」
「これはイオリア・シュヘンベルグの計画ではなく、僕の計画になっていたのさ」
「リボンズ、貴様ァッ!」
「統一された世界の行く末は、僕に任せてもらうよ」
「貴様ァ、コーナー一族の悲願を、」
「そういう物言いだから、器量が小さいのさ」
「リぃボンズぅッ!!」


 通信画像のリボンズを殴り付けますが、リボンズはそれを見て鼻で笑ったことでしょう。
 そして趣味が悪い金ぴか機は、名前がわからないままに爆発。

 私は、アレハンドロは辛うじてこの戦いを逃げ出した上で、 「立て直すぞ!」 とか言った途端にリボンズにさっくりいかれる(笑)と予想していたのですが、モビルスーツ戦までやってしまうようでは、自分を過信するにも程があると言うか、もうダメですよね。

 リボンズがどういったビジョンを持って計画を乗っ取り、世界の(裏の?)支配者となったのかはまだわかりません。
 ただ、(こういった勘繰りは良くありませんが)第2期がある以上は、それはあまり歓迎できる思想ではないのかもしれない、とは思います。



間に合ってしまった……

 ようやく計画を、世界を歪めていた黒幕を倒したエクシアに、急接近する機影が。

「フラッグ……、疑似太陽炉……!?」
「会いたかった……。
 会いたかったぞ! ガンダム!


 グラハム、この戦いにギリギリ間に合ってしまいました。
 正直、彼のためには間に合わない方が……(汗)。

 左手にはビームサーベル。
 これは彼が、カスタムフラッグでスローネアインから奪い取ったものですよね、きっと。

「ハワードとダリルの仇、討たせてもらうぞ、このGNフラッグで!
「通信を!?」


 通信できる理由はいまいちわかりません。
 が、この通信でお互い、アザディスタンで会った相手だと気付きます。

「やはり私と君は、運命の赤い糸で結ばれていたようだ。
 そう、戦う運命にあった!
 ようやく理解した!

 君の圧倒的な性能に、私は心を奪われた。
 この気持ち、まさしく愛だッ!


 絶対違うと思う。(ぉぃ
 刹那も唖然。

「愛!?」
「だが愛も超越すれば、それは憎しみとなる!
 行きすぎた信仰が、内紛を誘発するように!」
「……ぅ……、それがわかっていながら、なぜ戦う!」
「軍人に戦いの意味を説くは、ナンセンスだッ!!
「貴様は歪んでいる!」
「そうしたのは君だ! ガンダムという存在だッ!


 至極ごもっとも。
 グラハムの怒りはソレスタルビーイングの計画余波で生まれたものなのですから。
 その計画がアレハンドロによって歪められていたのだとしても、そのアレハンドロの計画もまた、ガンダムという存在によって生まれてきたと解釈することは可能でしょう。

 エクシアは頭をビームで吹き飛ばされ、お返しの斬撃でGNフラッグの頭も切り落とされます。
 ……これって、両方とも位置関係や状況が把握できないまま戦うことになるんじゃ……。

 そしてダメージのせいか、相変わらずG対策が不完全なのか、グラハムは吐血……(汗)。

「だから私は君を倒す!
 世界などどうでもいい……、己の意志で!」
「……貴様だって、世界の一部だろうに!」
「ならばそれは、世界の声だ!」
「違う! 貴様は自分のエゴを押し通しているだけだ!
 貴様のその歪み、この俺が断ち切る!」
「よく言った、ガンダムッ!!」


 いや、言ったのはガンダムじゃないよ?
 ……もっとも、刹那的には 『俺たちがガンダム』 なのですから、乙女座語と刹那語、この2人の会話自体は噛み合っているわけですけど(笑)。

 お互い剣を前に構えての突進、避けようとしなかったのが災いして、どちらも大破……。
 復讐に来たグラハムはともかく、刹那まで避けないのは、悪の根源と目したアレハンドロ機を倒したことで、生き残るための意志が薄くなっていたのかもしれません。

「ハワード……、ダリル……、仇は……」
「……ぅ……、ガンダム……」


 閃光に包まれるGNフラッグ。
 とうとうグラハムまでが……。
 私的な復讐を目的にこんな修羅場に来た時点で危ういとは思いましたが……。

 (´・ω・`)



 一方、意識を失いそうな刹那が口にするのは、やはりガンダム。

 ……ところで、この時のエクシアはトランザム終了後の性能ダウン状態のはず。
 それが画面からはわかりづらかったのが、少し残念です。



終焉

 警告音が鳴りっぱなしのコクピットでティエリアが意識を取り戻しますが、右脇を押さえ、苦痛に耐えている様子(汗)。

「う……、ここで、終わりではない……、まだ……計画は、継続している……。
 せめて、太陽炉を……」


 ナドレから太陽炉が切り離されたことは、スメラギたちが乗る強襲用コンテナからも観測されました。
 スメラギはティエリアを心配しますが……。

「これで……やっと逝ける……、あなたの元へ……、ロックオン……」
 こんな言葉まで出るようでは、さすがにお亡くなりという気が……。

 (´・ω・`)



 一方、右半身を失ったまま漂流するキュリオス。
 煙に包まれているコクピットでは、傷付いた右目、残った左目、両方を押さえてアレルヤが嘆いています。

「ああ、そんな……、ソーマ・ピーリスが、マリーだったなんて……。
 知っていたのか、ハレルヤ!」
『知ったら、お前はもう戦えねえ。死ぬだけよ。
 ……まあいいさ、どっちみち同じだ。はは、先に行ってるぞ』
「まさか……そんな……、ハレルヤ……」


 漂流するキュリオスの右目にも、もう光は灯っていません。
 宇宙漂流から始まった彼の戦いは、やはり漂流で終わるのでしょうか。



刹那からの手紙

 マリナ・イスマイール、あなたがこれを読んでいる時、俺はもうこの世には……。
 武力による戦争の根絶。ソレスタルビーイングが、戦うことしかできない俺に、戦うことの意味を教えてくれた。
 ……あの時の、ガンダムのように。

 俺は知りたかった。
 なぜ、世界はこうも歪んでいるのか。
 その歪みは、どこから来ているのか。
 なぜ、人には無意識の悪意というものがあるのか。
 なぜ、この悪意に気付こうとしないのか。
 なぜ、人生すら狂わせる存在があるのか。
 なぜ、人は支配し、支配されるのか。
 なぜ傷付け合うのか。
 なのになぜ、人はこうも、生きようとするのか。

 俺は、求めていた。貴女に会えば、答えてくれると考えた。
 俺と違う道で、同じものを求める貴女なら、人と人が分かり合える道を、その答えを……。

 俺は、求め続けていたんだ。
 ガンダムと共に。
 ガンダムと……共に。


 涙ながらに読むマリナ。
 『受け継ぐ思い』 ということで第1クールオープニングのあの画像に繋がるのでしょうが、主人公のお相手のヒロインとしては、何とも寂しい出番です。



 一方、うちでも予想したように、ネーナは王留美を頼ることに。
 画面では判然としませんが、手を前に拘束された状態で留美の前に出されたようで、不機嫌そうに見えます。

 リボンズは完全にヴェーダを掌握?

 カティ・マネキンは落ち込んでいる様子。
 と言うか、だから12機に減ってなお、再攻撃なんてトチ狂った作戦を言ってくる国連軍司令部がどうかしているわけで……。

 ベッドの上に寂しそうに座っているルイス・ハレヴィと、真剣な眼差しで勉強中の沙慈・クロスロード。
 沙慈、あの死んだ目からは回復したようで、良かったです。

 負傷したセルゲイ。ソーマが搬送されるベッドについていっています。

 エクシアの中の刹那。
 もう意識がないようです……。

 (´・ω・`)



A.D.2312 4年後

 ルイス、久しぶりにメールを出します。
 君から返事が来なくなって、もう、2年が経ちました。でも、どうしても伝えたいことがあったから。
 僕、今年から宇宙で働くことになったんだ。
 悲しいことがたくさんあったけど、でも、小さな夢を、一つだけ叶えたよ。だから、もう一つの夢を叶えさせて欲しい。

 待ってるよ、ルイス。
 空で待ってるから。


 沙慈、ちゃんと立ち直った! おめでとう、沙慈。
 そしてちゃんとルイスを迎えに行く―― 意味のメール―― を出したことも、評価したいと思います。

 ……でも、ルイスが返事を出していないことに何か裏事情がありそうに思えて、そこが心配です。単に落ち込んで抜け出せないでいる……ということではない気がしてなりません。
 沙慈、ルイスが今どこにいて、何をしていて、無事なのかどうか確認してる?(後述)



 そんな沙慈が地球の方向を見たとき、同僚と一緒に、GN粒子を撒きながら飛んでいく何かを見ます。

「あれは、連邦のものじゃない。粒子の色が違うよ」
(あの光、そう、あの光は……、ガンダム……!)


 流れ出す DAYBREAK'S BELL ……、懐かしいかもです。



 『国連』 の演説に立つ黒人の……、何だろう、肩書きがわかりませんが、そういう人。

「国際連邦が誕生して1年。我々は、連邦参加国全328ヶ国の賛同を得て、各国の軍隊を解体、一元化し、地球連邦平和維持軍として発足することを、ここに、宣言します。
 全ての国の軍はなくなり、我が平和維持軍が世界唯一の軍隊となった時、世界は、真の統一を果たすことになるでしょう。
 その道標となるべく、我々は、邁進していく所存です」


 新たに発足した平和維持軍の中に、カティ・マネキンも混じってましたね。
 ……って!?

 カティの後ろに炭酸が!!!!www

 うん、もう君はそれでいいよ(笑)。

 しょんぼりしっぱなしだったこの最終2話で、それでも思わず吹き出した私としては、そう思わざるを得ません。

 まさに不死鳥。
 ……やけに弱っちい不死鳥ですが(笑)、軍人にとって、死なないことの価値はとても大きいとも思います。



 で、連邦と平和維持軍の発足。

 少なくとも、ソレスタルビーイングの戦いは無駄ではなかったわけです。
 その軍が誰かの利権のために動くことも有り得るかもしれませんが、少なくとも国の利益のためとして国民を動かす戦争の時代は終わったのだ……ということでしょう。

 このテレビ放送をマリナも見ていました。
 シーリンが……、あれ……? 荷物をまとめてる? 何か言って一礼してる? 去っていく?

 (´・ω・`)

 貴重な知恵袋が、再びの活躍無しにサヨウナラですか!?
 世界がずっと安全になって、多分アザディスタンの内戦も終わったのでしょうけど、だからこそ、政治が得意な人の活躍の舞台はまだまだあるじゃないですか!
 マリナも俯いてる場合じゃありませんって!

掲示板|シーリンとマリナの活躍を期待するスレ|teacup.掲示板

 こんなの↑までこっそり作っていたのですが……、しかもシーリンの名前を先にして(笑)。



「これで世界は変わったのですか? お嬢さま」
「さあ」
「今の世界はお気に召しませんか?」
「期待はしているわ。世界が変わってゆくことを」


 これはネーナと留美の会話ですね。



「始まるよ、イノベイター。人類の未来が……」

 そう言うリボンズはヴェーダの中でこの放送を見ているのですが、後ろに5人立って並んでいます。
 innovator =革新者。
 彼らがこの新世界を、さらに(リボンズの意志に沿って)変えていく働きかけをするのでしょうね。



 黒い仮面を付けた……、

 ああ、グラハム、お帰り!(笑)
 ……何て意味のない仮面でしょう!

 と言うより、顔をかなり破損して、しかも再生医療ができず、機械化して生き延びたのかもしれません。



 腹立たしげにウィスキーグラスをテーブルに叩き付ける……、

 顔の下半分しか見えないですが、アリーですね、明らかに
 やっぱり生き残ってしまいましたか(汗)。
 そりゃあこんなに戦争が起きにくい世界になってしまったら、腹が立って仕方ないことでしょう(苦笑)。



 次が今回の目玉?

 前にいるのはティエリア2号?(ぉぃ
 何かそんな感じの青年(♯EDではリジェネ・レジェッタ)。
 彼は人造人間っぽかったので予備があっても驚きませんが、ティエリアっぽい色の髪がロックオン風の髪質になっていることに、思わず笑ってしまうのですが(笑)。

 後ろにいるのは髪を切ったルイス・ハレヴィ
 何だか気が進まないというか、気もそぞろな感じ。

 前の彼が、横目で後ろを窺って、 「ふっ」 と笑います。



 ルイス、何か裏事情を知った可能性がある気がします。
 ……彼女が知ったそれが 『よくできた嘘』 である可能性も、含めて。

 そして 『家族を全て失った人』 は有資格者。
 縁がある人が残っていても、ロックオンやクリスティナのようにそれを断ち切ればOK。

 沙慈にメールを出さなかったのは、ソレスタルビーイングに参加しようというルイスには、ソレスタルビーイングを恨んでいる沙慈に対する、強い後ろめたさがあったからではないでしょうか?



始動

 漂う小惑星……と思いきや、ソレスタルビーイングの新しい基地でした。
 訪れた王留美に、イアン・ヴァスティが 「1機目はロールアウトした」 と告げています。他も順次ロールアウトする予定とのこと。

 留美は第一世代の機体を見たいと言い出します。
 イアンも快諾して……。

「これが、O(オー)ガンダム……、初めて太陽炉を積んで、稼働した機体……」
太陽炉は取り外して、既に機体に装着してある。
 だがこいつを使ってもマッチしなかった。エクシアの太陽炉でも、うまく行くかどうか……」


 コクピットで映像を見ているネーナ、目がオレンジ色に……と言いたいところですが、周りの表示が全て赤という部屋にいるので、それを瞳が反射しているだけとも取れます。
 そう言って見る先には、GN00の文字が。

「世界を変える機体……00(ダブルオー)…ガンダム……」



 Mission Incomplete =作戦失敗。

 そして提供画面では、地球を衛星軌道で周回しているっぽい、左腕を失ったエクシアが……。



第1期 総括

 前話時点で、あまりに大量の重要キャラが死んでしまったことで、これでは第2期は無いのではという声も出ていましたが、第2期がないと困る終わり方をしていた、と思います。
 ともあれ、予想通りに(?)ソレスタルビーイングのメンバーにとっては破滅的な終わりを迎え、しかし、その行いは無駄ではなかったという顛末を迎えました。



 武力介入による紛争根絶という、かなり無理めなテーマで始まったこの作品、戦争屋や黒幕を用意することで、そこを着地点としました。

 まあこれは仕方ないところでしょう。
 現実の紛争の中にはこうした “犯人” が見当たらないものも少なくなく、だからこそ、いつ果てるともない争いが続いてしまっているのですから。

 宗教の○○派というのも、単に信仰の違いなどではなく、政治的に主流になった側が、ならなかった側の権利を浸食するため、立場が逆転すればたちまち同じことが逆方向に起こります。
 これは、やっている人にとっては 『奪われた権利を取り戻している』 感覚、しかもそれは間違いとは言えないので、着地点が見当たりません。

 そういう話になってしまえば、たった4クールのアニメで解決を目指すこと自体が無理というもの。
 肝腎の黒幕、アレハンドロに小者臭が出てしまったのは良いのか悪いのか難しいところですが、こういう展開は有りだとは思います。



 そういった政治方向の話を煙たがる人も多かったですが、私は嫌いじゃありませんでした。
 (上に書いたような理由で)現実世界に対する一つの答え―― とはならなかったのは残念ですが、それはそれで妥当な結末でもあります。

 むしろ、シーリンが好きな私としては(笑)アザディスタンの内戦がいつの間にか終わってしまったように見えることがショッキング。

 ……と言うか、 『マリナとマスード・ラフマディによる内戦終結の努力』 を見たかったのですよ。
 この、対立する両派のトップが穏健派で、なおかつ裏で停戦に合意というのは、かなり現実的な解決への道筋だと思うからです。
 そういった過程が見られることなく、アザディスタン編が再び来ることもなく、エピローグでシーリンはマリナからサヨウナラ、これはちょっと残念なところでした。

 ……できれば、アザディスタンでも女性の政治参加が認められて、一線で活躍していたりとか、そういうところを見たかっただけに……。



 さて。

 #01 を見て中枠で記事にし、 #02 を見て大枠にした私ですが、これは大正解でした。
 何もかもを語り尽くさないこの作品ははっきりと私向けであり、いつも楽しんで記事を書くことができたからです。

 これは、逆に 『説明不足だ!』 という人ももちろんおられることでしょう。
 その評価ももちろん、正しいものです。
 同時に私の評価も、間違ってはいないと思います。
 その辺は人それぞれ、ということでしょう。

 そして、それ以上に嬉しいことに、そうした私の記事に多くのコメントやトラックバックをいただき、特にコメント数は私のレスも合わせてかなり凄いことになっていました。
 コメントを読むのも、レスをするのも楽しくて仕方ない私としては、そういう意味でもこの番組は毎週とても楽しみでした。

 また、感想記事を読むのも大好きな私は、余所様の記事を読ませていただくことも大きな楽しみの一つでした。

 この半年間、コメントやトラックバックをいただいた方々、ありがとうございました。
 またいつか、近い内に縁があることを期待しています。



 スタッフの皆さま、楽しい時間をありがとうございました。
 お疲れさまでした。
 全話、とても楽しませていただきました。

 意味が普通に理解できるようになっても、それでも電波がかって聞こえる刹那語(笑)を聞くのも楽しみだったです。
 彼がこれで退場かどうかは微妙なところですが、どちらにしても、彼を主人公に据えた勇気(?)にもありがとうと言わせていただきます。

 第2期が半年後(?)に始まるようですが、そちらにも大いに期待しています。
 ひとまず今は、ゆっくりと充電期間となさってください。
 そしてまた第2期も、大いに楽しめる作品となることを楽しみに待たせていただきます。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 機動戦士ガンダム00  [ まるとんとんの部屋 ]   2008年03月30日 00:09
第25話 「刹那」  「沙慈」よりの手紙より・・・  前略「ルイス」  大規模戦争から4年がたったねっ。 ボクは、小さな夢を一つかなえ??.
2. 機動戦士ガンダム00 第25話  [ ぱんたれい別館 ]   2008年03月30日 00:10
今回は前回までの流れを受け、ほぼ全編戦闘シーンに終始しました。 そしてラストは第2シーズンの前振り。 状況からしても死んでいなければお...
3. 機動戦士ガンダム00 第25話 「刹那」  [ 紅蓮の煌き  ]   2008年03月30日 00:22
機動戦士ガンダム00 第25話感想です。 俺が、俺たちが、ガンダムだ――――――
4. 機動戦士ガンダム00 第25話 刹那 最終回です  [ Sarrys*Diary ]   2008年03月30日 00:33
 最 終 回 でした!!! へっ?!リジェネ?!誰それ?!ティエリアじゃないの?! 17時頃からかなりそわそわして待ってました…。今もの..
5. 機動戦士ガンダムOO #25「刹那」【第1期最終回】  [ ma-kun.com ]   2008年03月30日 00:37
激動怒涛の最終回でした   機動戦士ガンダム00 6   なんともめまぐるしい第1期ラストにふさわしい回だったね♪ 一分一秒見逃せない、ドキドキハラハラ感で手に汗にぎりましたよ。 そして、第2期を存分に期待させる含みを持たせた最後の展開。 あのお方に....
6. ガンダム00 第25話  [ GUNDAM-STYLE ]   2008年03月30日 00:44
彼女との約束をすっかり忘れ、「今日は何もないぜ!」などと歓喜の思いで気持ちが溢れかえった状態でガンダム00を見ました。彼女にはその後全...
7. ガンダムOO #25 目的達成!?  [ 物語を食べて生きてます ]   2008年03月30日 00:56
ええ、道化のラスボス アレさん 強かったのですが  所詮道化 ラッセさん犠牲がありましたか  一瞬 ビグザム戦のスレッガーさんと被ったけど 滅多滅多に切り刻まれ撃沈  そしてお約束 やられた来たから出てくる  最終兵器 その名は ジム!?  なっなんとガンダムの敵...
8. アニメ「機動戦士ガンダム00」第25話。  [ 渡り鳥ロディのミラーブログ ]   2008年03月30日 01:02
第25話「刹那」 ※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。 TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。 本家記事はこちらから。 刹那、死んでいないと信じたいのだけど……。 世界の歪み、それを断ち切るためにエクシアは舞う。 「機動戦...
9. 今日のガンダム00 MISSION-25  [ 地下室で手記 ]   2008年03月30日 01:32
「刹那」今回で1stシーズン最終回という事で。どこに、落としどころを持ってくるかということよりも、誰が生き残るのかという事が一番気になっていたりしたのですが。アレルヤはハレルヤと一体化?してセルゲイさんと、ソーマの人革コンビと半分が壊れたキュリオスで戦っ...
10. 機動戦士ガンダム00 第25話 「刹那」  [ アバトーンの理想郷 ]   2008年03月30日 01:36
俺がっ! 俺達がガンダムだ!! Σ(・ω・)そうか私もガンダム、モニターの前のみんなもガンダム!       ,.ィ , - 、._??..
11. ガンダム00第25話 刹那  [ 姫君ノ食卓 ]   2008年03月30日 01:53
やはりラスボスはリボンズ! ラスボスにしてはコーナーはいつも小者臭がして変だと思ってたんですよぉ〜 やっとスッキリしました(笑 >コ...
12. 機動戦士ガンダム00 #25「刹那」  [ 特撮警備隊3バるカんベース??GOLD LUSH?? ]   2008年03月30日 02:19
最初に言っておく!! ちょwコーラおまwww あの状況下で生きてる生命の神秘に乾杯するぜこのヤロー!! とりあえず最期の刹那語録! 「武力による戦争根絶!  それこそが、ソレスタルビーイング! ガンダムがそれを為す!俺と共に! そうだッ!俺がッ!...
13. 機動戦士ガンダム00 第24話 『刹那』  [ soraの奇妙な冒険 ]   2008年03月30日 02:54
取り合えず、こう言っても、差し支えないであろう。 いい、ガンダムだった!!。
14. 第25話 刹那  [ 機動戦士ガンダムOO TBC[トラックバックセンター] ]   2008年03月30日 03:13
機動戦士ガンダムOO第25話「刹那」に関する トラックバックを受け付けています。 みなさんの感想お待ちしています。 俺たちがガンダムだ!
15. 機動戦士ガンダム00 第25話「刹那」  [ ミナモノカガミ ]   2008年03月30日 03:32
答えを探した、ガンダムと共に・・・
16. ガンダム00 第25話  [ Kyan's BLOG III ]   2008年03月30日 04:30
機動戦士ガンダム00 第25話 「刹那」 世界統一軍ができて世界はソレスタルビーイングに代わるものをとりあえずは得たということらしい。
17. 機動戦士ガンダム00 #25「刹那」(最終回)  [ * Happy Music * ]   2008年03月30日 04:35
いよいよ始まった最終回ですが――アレハンドロってば、思いっきり小物臭がプンプンしますよ(笑) んで、なんとかプトレマイオスから避難で...
18. 「刹那」 機動戦士ガンダム00 第25話(最終話)  [ Welcome to our adolescence. ]   2008年03月30日 06:14
機動戦士ガンダム00 第25話(最終話)「刹那」 エクシア、目標を駆逐する! 刹那はアレハンドロが操縦するモビルアーマーへと攻撃を仕掛の..
19. ガンダム00 25話 刹那  [ 日常のぼやき ]   2008年03月30日 06:30
5時半になってバッチリ準備万端でテレビの前にいたら、母がバタバタと慌てて来ました。 「ちょ、ガンダム始まってるよ!」 「・・・。知ってる・・・」 何かいろいろイタイスタートでした・・・。 というわけでやってきました00最終話!何かいろんなエピソードと伏線...
20. 「機動戦士ガンダム00」第25話(最終話)  [ 日々“是”精進! ]   2008年03月30日 06:51
  ♯25「刹那」漆黒の宇宙に次々と散る命。壊れ沈む艦、爆砕し消えるMS。刹那は自分の信念を誇示するように、相対する歪んだ存在を否定するように、最後の戦いに身を投じる・・・。「この歪みを破壊する!」破壊と再生。エクシアvsアルバトーレ攻撃が効かず苦戦するエ...
21. 機動戦士ガンダム00 第25話  [ ETERNAL ]   2008年03月30日 07:20
金ぴかMSダセェw
22. 機動戦士ガンダム00第25話刹那  [ 翔太FACTORY+Face.Chat.Union ]   2008年03月30日 07:51
「黄金のモビルアーマー、アルバトーレを破壊する為に刹那がエクシアで最後の戦いに挑む…」「機動戦士ガンダム00第1期最終話刹那」「…アレハンドロ」「この空気を読まないモビルアーマーを粉砕!玉砕!大喝采!!してもらわないとな」「アレルヤも髪の毛をオールバック...
23. 機動戦士ガンダム00 第25話 MISSION-25 刹那  [ なななな駄文 ]   2008年03月30日 09:25
思いっきり含みを残して終わってしまったです。 これで2期が無ければ伝説級ですけどね。 ギアスの後にあると分かっているから見る方は安心。 最後は面白くなってきたし、この勢いで行ってくれるのが一番なんですけど。 案外皆さん生き残ってしまった感じが強いですね。...
24. 機動戦士ガンダム00「#25:刹那」  [ TOWARD THE New World ]   2008年03月30日 10:14
第一期が先ほど、幕を下ろしたわけですが… ギアスより酷いよこれ 生存した人革連コンビ…ソーマはマリーという名だった頃、アレルヤの恋...
25. ♯25 刹那  [ つれづれ ]   2008年03月30日 11:02
 最終回です。皆殺しフラグな予告を覆す展開を期待したいですね。でもそうはいかないのがなんとも・・・。もの凄く引っ張るし、次が気になる終わり方でした。  刹那とアレハンドロの最終決戦です。アルヴァトーレの堅さがなんとも・・・。反則ですね、こんなの。    ス....
26. ガンダム00 #25 刹那 (最終回)  [ ビヨビヨ日記帳 ]   2008年03月30日 11:11
テレビ版の 『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』 を見ました。(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)第一期が終了してしまいました。(3...
27. ガンダム00第25話「刹那」  [ とりあえずがんばってみるよ ]   2008年03月30日 11:22
第25話「せっちゃんのリアルゲーム:ラスボス戦」
28. ガンダム00 最終話「刹那」  [ 見ていて悪いか! ]   2008年03月30日 12:49
なんだかんだで見続けてきた00の一期も今回で最終回。あちこちに二期に対する伏線が見え隠れしていました。明日にでも、全体的な感想をUPしますが、まずは最終回のみを。 きっと皆様、内容に関しては堪能なさっている事を思います。ので、ストーリーを追う形では無く、自...
29. ガンダム00第1期最終25話「仮面の男」  [ 空想野郎の孤独語り ]   2008年03月30日 14:14
「やあ、テレビの前のみんな! 俺達は半年間ずっと、グラハム上級大尉にゾッコンなんだ!」 「ねえ、でもGNドライブ無しで宇宙(ソラ)に行くなんて 絶対無理!」 「ガンダム00は長い目で 観るべきなんだ。分かるだろ?」 ガンダム00第1期最終25話「仮面の男」感想。 ...
30. 機動戦士ガンダムOO 最終話 「刹那」  [ 李羅の咲く庭で・・・ (旧・怜奈の自己主張) ]   2008年03月30日 14:26
「機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)」 の第24話。 「そうだ、俺が・・・俺たちがガンダムだ!!」 終わってみれば、予想以上に激しくこ...
31. 最終の機動戦士ガンダム00「MISSION-25 刹那」  [ さすがブログだ、なんともないぜ! ]   2008年03月30日 15:13
いよいよ1期最終話。なんかもう、えらい事になっています。
32. 機動戦士ガンダム00 第25話 「刹那」  [ 紙の切れ端 ]   2008年03月30日 15:21
「俺たちが、ガンダムだ」 いや〜、おもしろかった。なんたって一期でひとまず決着つけたってのがいいですね。ラストに二期を期待させるギ..
33. 機動戦士ガンダム00 第25話  [ ラブアニメ。 ]   2008年03月30日 15:31
「刹那」 伏線はり過ぎだろうっ!? 終盤の過酷な展開は凄かったですが、最終回である今回も凄かった。 小物臭がプンプンするくせにウザ??.
34. 機動戦士ガンダム00#25わき役が主役に昇格祭り?!(最終回)  [ 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ ]   2008年03月30日 15:48
破壊と再生・・世界の器になれなかった男は散っていく生き残ったのはいらない子ばかり半端な子ばかりで次の物語が始まっていく・・・「惜しい人をなくしましたね」という言葉はこういう時に使うものだと、あらためて思い知る瞬間・・やっぱり最強はアムロって事でwwww...
35. 機動戦士ガンダム00 第25話「刹那」  [ マニア研究所EX ]   2008年03月30日 15:50
「その程度でアルバトーレに対抗しようなど、片腹痛いわ!」 ああ、やっぱりこの小っちぇえ男がラスボスなんですね。軍人でもモビルス??.
36. ガンダム00#25 刹那  [ 手探り。 ]   2008年03月30日 15:54
えー、…っと。正直、どうリアクションしていいのか真剣に困ってます。誰か助けて下さい。 あ、そうそう。今日の晩に親戚の家に行ってきたの...
37. 機動戦士ガンダムOO 第25話(最終話)  [ 刹那的虹色世界 ]   2008年03月30日 16:56
機動戦士ガンダムOO 第25話(最終話)「刹那」 遂に見つけ出した世界の歪み。 その歪みを前に、闘うことしか出来ない刹那はエクシアと共??.
38. [終]機動戦士ガンダム00 #25「刹那」感想  [ サブカルなんて言わせない! ]   2008年03月30日 16:58
おおおおおお 最終回に限って30分早くなってるとかorz ちょっと見逃したぜw 録画したのを見てまた感想を追記していきますね アレハンドロがチートすぎるww グラハムいろいろと早すぎるえww 刹那の最後の言葉が泣ける(ノ∀`) 結果世界は見事一つになりま...
39. 機動戦士ガンダムOO 25話「刹那」  [ 脇街道 ]   2008年03月30日 17:07
国連軍ガンダム掃討作戦、終結! 2312年、地球連邦平和維持軍が創設される! 【感想概略】 今回は「ガンダムOO」第1シーズンの最終回である??..
40. 機動戦士ガンダム00 #25 刹那  [ Ηаpу☆Μаtё ]   2008年03月30日 17:23
中佐がいなくなったら 私は独りになってしまう
41. 機動戦士ガンダム00 第25話(最終話)「刹那」 感想  [ コツコツ一直線 ]   2008年03月30日 18:36
 今回は1期の締めくくりというわけで始めから刹那対アレハンドロの戦いが繰り広げられます。刹那がどうアレハンドロに対抗していくのか注目です。  でも今回の見所はそんなところではなく、今回真価は後半にあります。まさかグラハムが1期のラスボスになるとは・・・想...
42. 機動戦士ガンダム00 第25話「刹那」感想  [ Lounge "Himajin" Killer ]   2008年03月30日 21:07
引越しのためワンセグで最終回を視聴し、感想を書きたいが疲れて就寝。 起床後、書き上げるがFC2が混雑していて更新できず・・・ そして外凮..
43. 機動戦士ガンダム00 第25話「刹那」  [ ミルクレモンティー ]   2008年03月30日 21:18
リボンズさんの計画通り〜♪ って黒幕お前か━━━Σ(゚Д゚;━━━!!!  まぁ・・・リボンズがアレハンドロの下僕ならアルバトーレに乗って  前線に出てくるのはリボンズだろうしね・・・さもありなんですな。  GNアーマーと合体したエクシアでアルバトーレに立....
44. 機動戦士ガンダム00 MISSION-25 刹那  [ White wing ]   2008年03月30日 21:44
最終話の題名が「刹那」と来たか。殆どが戦闘シーンで堪らんかったな。
45. 機動戦士ガンダムOO #25「刹那」  [ 根無草の徒然草 ]   2008年03月30日 21:59
 Misson Incomplete  第一部・完というところです。   機動戦士ガンダム00 (1)(2008/01/25)宮野真守商品詳細を見る
46. 機動戦士ガンダム00 第25話「刹那」の簡易感想  [ 朽葉流シ ]   2008年03月30日 22:02
釈然としない最終回! そんな25話・最終回の感想ですが……。 vs. 自称・新世界の神 まあ、本人は新世界の神とは言ってなかったとは思いの..
47. 機動戦士ガンダム00 ♯25『刹那』【最終回】  [ アニメホカン庫〜風庫〜 ]   2008年03月30日 22:16
終わったよガンダム00。 番組的にも第1期が終了したけど、私の中でも何かが終わったよ。 ・・・予定調和的でしたなぁ〜。2期開始っていつ??
48. 機動戦士ガンダム00 第25話「刹那」  [ WONDER TIME ]   2008年03月30日 22:20
「見つけたぞ! 世界の歪みをっ!!」 1期ラストですが、何だか凄い終わり方ですよ(汗) マイスター達が結局どうなったのか気になるんですけどの..
49. 機動宗教ガンダムΟΟ 第25話 ─1st Season Final─  [ うたかたの雪 ]   2008年03月30日 22:26
続きは半年後とか死ねばいい
50. 機動戦士ガンダムOO「刹那」感想  [ ここには全てがあり、おそらく何もない ]   2008年03月30日 22:30
5 HG 1/144 GNアームズ+ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~発売日:2008-03-16価格真・21世紀のGアーマー大型アイテムゆえに大型GNソードやクロー部などの肉抜き部分が気になりますが、その他にはこれといって気になるところもなく、サイズゆえのインパクトもあ...
51. 機動戦士ガンダム00 第25話(最終話)「刹那」  [ ある休日のティータイム ]   2008年03月30日 22:36
あまりの怒涛の展開すぎて、今まで繰り返し見ていました、1期最終話。とりあえず言えることは、最高のアニメでした!!最終回までリアルタイムで見たアニメはこれが初めてです。なんであんな引きなんですか!?10月まで生殺しじゃあないですか!??! (|||ノ`□´)ノオオオォォォ...
52. 機動戦士ガンダム00[ダブルオー] 第25話(最終回)戦いの果て  [ レベル999のマニアな講義 ]   2008年03月30日 22:42
内容アレハンドロのアルヴァトーレとの戦いに苦戦する刹那。ラッセのGNアーマーと一体化し、挑んでいく!!そのころ、アレルヤもハレルヤと一体化し、ソーマ・ピーリスへと!4年後???リジェネ???(ティエリア風)いったい、どれだけ生き残ってるんだ!!!!!!...
53. “機動戦士ガンダム00”最終回  [ annyの日記 ]   2008年03月30日 22:45
終わりましたね?? ガンダム00ダブルオー! 放送期間は確か1年の予定だったはず! それが半年で終わりとは 低視聴率?で打ち切り? なんて思った方も多いはず! ところが そうでなく 第2部が10月に始まるみたいですね。(そんなの知ってるよと聞こえてきそうで...
54. 機動戦士ガンダム00 25話 『刹那』  [ 欲望の赴くままに…。 ]   2008年03月30日 22:51
2期への壮大な予告編('A`)  最終回にて伏線出るわ、メインキャラ死亡のオンパレードだわで感動も何もありませんでした(;^ω^) 正直、涙はヮ..
55. ガンダム00 #25「殺那」  [ サイネリア??わたしのひとりごと?? ]   2008年03月30日 23:11
【批評・感想】 失っていく命…予想はしていましたが、世界の闇はリボンズに受け継がれましたね。 4年後(A.D.2316)の世界、エンディングと共に流れるエピソードの急展開ぶりは伏線だらけでまいりました。第24話にて、手紙を出す相手にマリナの存在を忘れている殺那を...
56. 機動戦士ガンダム00 最終話「刹那」  [ 時空階段 ]   2008年03月30日 23:13
'''ついに最終決戦''' どでかい金ピカMAに対しデンドビウムもどきで対抗するセツナwww {{{おい前回ロックオンが使ってた時より断然カッコいいじゃないか}}} これも最終回仕様作画の賜物って奴か? 一方、こちらも大破し苦戦中のアレ...
57. 機動戦士ガンダム00・第25話  [ 新・たこの感想文 ]   2008年03月30日 23:26
「刹那」 国連軍の切り札として投入されたアレハンドロのモビルアーマー・アルバトーレ。太陽炉7機という圧倒的破壊力を持つそれに、刹那??.
58. 機動戦士ガンダム00 第25話「俺達が、ガンダムだ!!!」  [ ぱいんぽな日々 ]   2008年03月30日 23:56
いよいよ00最終回です ぶつぶつ文句を垂れ流しながらも、実は1作品全ての感想を書き続けれたのは初めてです; そういう意味では、ガンダム00は自分自身、記念碑的な作品になりました 気力さえあれば、第2期が開始される前にもう1度見直して考察してみたいとも思...
59. 機動戦士ガンダム00 ♯25 刹那の感想  [ スポーツ&ネットウォッチングブログ ]   2008年03月31日 00:22
機動戦士ガンダム00 ♯25 刹那の感想 一期終了。
60. 機動戦士ガンダム00 第25話「刹那」  [ またのに。 ]   2008年03月31日 00:31
半年待てない。 最終回でしたが続きが気になる終わり方でした。 これは第二期が楽しみです。 ガンダム00最終回感想は続きからどうぞ。
61. ガンダム00 25話「刹那」  [ 大吉。 ]   2008年03月31日 00:32
<土曜日> ちょっとボーゼン。 まあ・・はっきりと死亡が確認されたのは多分、アレハンドロとハレルヤ、ラッセくらいかな?リボンズはやはり裏切ってましたね〜!2部のラスボスになる?一気に敵の平均年齢下がってますが・・なんだろう、あのアイドルグループのような一団...
62. 機動戦士ガンダム00/第25話 『刹那』/感想  [ たなぽんの泣けるストーリー ]   2008年03月31日 02:21
『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』第25話(最終回)の感想です。■歪み「武力による戦争の根絶。ソレスタルビーイングは、戦う事しか 出来ない俺に、戦う意味を教えてくれた。あの時のガンダムの 様に……。俺は知りたかった。何故、世界はこうも歪んでいる のか。その歪....
63. 機動戦士ガンダムOO第25話『刹那』  [ アニメ好きのケロポ ]   2008年03月31日 05:43
何でしょうね?このポカァ??ン(゜д ゜)とした気持ちは・・・。
64. 機動戦士ガンダム00『刹那』  [ 鳥飛兎走 ]   2008年03月31日 07:18
 「やった・・これでみんなガンダムだw」 「そうなの・・??こんなんでいいの???いろいろいちよう・・最終回でショ」 「お前は相方もいなくなったことだし、宇宙をそのまま泳いでろ」 「あいかわらずひどっ;;キミは今回何もしてないじゃないか!!僕はまだ、 ...
65. 「機動戦士ガンダム00」第25話 「刹那」  [ Curse priest ]   2008年03月31日 08:04
終りました。 これ以上ない程、2期を意識した終り方でしたね(笑) 爆発しなかった人は生きてる。 爆発しても、丈夫な人は丈夫です、元気ですの爽やかガンダム最終回
66. 機動戦士ガンダム00(ダブルオー)  [ Akira's VOICE ]   2008年03月31日 09:13
25話,最終回の感想
67. 機動戦士ガンダム00 第25話(最終回) 「刹那」  [ GUNDAMBLOG ]   2008年03月31日 10:38
機動戦士ガンダム00 第25話(最終回) 「刹那」の感想です。 これほど急な展開のガンダムは見ませんね。 突っ込み所満載です。 中破したキュリオスの中でアレルヤとハレルヤは互いに「生きる」と誓い、 前髪を上げて谷口モードにw ソーマとセルゲイのジ...
68. 『機動戦士ガンダムOO』#25(最終回)「刹那」  [ ジャスタウェイの日記☆ ]   2008年03月31日 11:39
とうとうダブルオーも第一シリーズが終わってしまいましたね〜。 コードギアスまではないとしても、ちょっと尻切れトンボだったかも…。 予殮.
69. [ガンダム00] #25 刹那  [ ガラクタに囲まれて(ログ版) ]   2008年03月31日 12:08
刹那はマリナに想いを伝えていた...  <= 意外にヤルゥよね? 刹那クン!!
70. 機動戦士ガンダム00 第25話『清浦刹那』  [ 書きたいことを書いてみた(涙) ]   2008年03月31日 12:14
これって外伝でも読まないと設定わからないとか そんなオチ?
71. 『ガンダムOO』最終話、感想  [ 青天の世の暦 ]   2008年03月31日 12:37
 ついに最終話を迎えたOO。世界から戦争を根絶する戦いに終止符を打つことは出来たのだろうか。刹那の、ソレスタルビーイングの最後の戦いが始まる。 (以下かなりネタバレ)
72. 機動戦士ガンダム00 第25話『刹那』  [ ゲーム&アニメ感想館 ]   2008年03月31日 13:08
ガンダムダブルオー
73. 機動戦士ガンダム00#25(一期最終回)「刹那」感想  [ おぼろ二次元日記 ]   2008年03月31日 13:17
イオリアに取って代わるべき存在を目指すアレハンドロを止めるのは刹那のエクシア!!!倒れていく仲間たちに世界を変える光は見えたのだろうか?「刹那」アレハンドロのMA「アルバトーレ」に攻撃を仕掛けるエクシアだが強固なフィールドと強烈な砲撃に苦戦する!ラッセ...
74. 機動戦士ガンダム00 第25話 刹那  [ 自称隠れオタの徒然なる日記 ]   2008年03月31日 14:27
アレハンドロ駆るモビルアーマー、アルバトーレ。 エクシアとGNアーマーはそれに立ち向かう…。 最終回です。いやーもういろいろ有りすぎで...
75. 機動戦士ガンダム00 MISSION-25「刹那」  [ あにめ日次記★( ・∀・)アヒャ ]   2008年03月31日 14:40
= コーラ生存オメ = 普通に大佐の後ろにいやがるwwwwwwwwwww さすがコーラ!なんともないぜ!!!www 大佐のすぐ後ろ・・・しかもお偉いさんっぽいな服(・∀・) 種でいう黒服みたいな?(ディアッカを思い出すなw) コーラ昇進www少佐辺りかな? ...
76. 機動戦士ガンダムOO#25・最終回「刹那」 感想  [ よろず屋の猫 ]   2008年03月31日 14:46
どうしてこうなっちゃうかな・・・、と。ナドレは大破、ティエリアからの応答なし。アレルヤ vsソーマと中佐。「僕はまだ死なない。」とアレルヤ。そうであるなら、ここは“アレルヤ”に戦って欲しかったんだなぁ。例えソーマの正体が分かったとしても、その思いは変わら...
77. 今日のガンダム00 25話  [ 玩具やプラモのガラクタ倉庫 ]   2008年03月31日 15:36
どうも、江虎です今日のガンダム00は最終回って事で、いろいろありましたねぇ・・・ってか何故に始まったと同時にお前の笑い声を聞かなくちゃいけないんだ、このノリスケ小物が!!それは置いといて、最終回だからと張り切っていたハレルヤに負けじとアレルヤも参戦ヘル...
78. 機動戦士ガンダム00 第25話 最終回 感想  [ 荒野の出来事 ]   2008年03月31日 18:18
 機動戦士ガンダム00  第25話 『刹那』    刹那・F・セイエイ :  宮野 真守  ロックオン・ストラトス : 三木 眞一...
79. 機動戦士ガンダム00 第25話「刹那」その1  [ 翠蛇の沼 ]   2008年03月31日 18:29
その2はこちらその3はこちらその4はこちら素晴らしい最終回でした。最初から最後までボルテージ上がりまくりです・・・もはやこれは神を超えた奇跡だ!!機動戦士ガンダム00 第一シーズン 最終回その程度でアルバトーレに対抗しようなどと・・・片腹痛いわ!!我ら...
80. 機動戦士ガンダム00 25話 感想  [ 四季の色 ]   2008年03月31日 19:15
とうとう、第一期最終話 リアルで視聴できなかったのが残念;; アルヴァトーレ片腹痛いわw ハレルヤXアレルヤ本気モードw やっぱり両??.
81. 機動戦士ガンダムOO/感想/第25話(最終回)「刹那」  [ ランゲージダイアリー ]   2008年03月31日 19:23
 Mission Incomplete  『機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)』の視聴ネタバレ感想、第25話(最終回)「刹那」の感想です。
82. 機動戦士ガンダムOO 第25話  [ SUTEKIなSOMETHING ]   2008年03月31日 20:56
刹那はアレハンドロ・コーナーのMAに苦戦を強いられますが トランザム・システムのおかげで撃退。敗れたコーナーに 代わってリボンズが黒幕となったようです。 コーナーに勝利した刹那でしたが、その直後にグラハム登場。 グラハムはガンダムにものすごく執着している....
83. ガンダム00 第25話 「刹那」  [ ++泡沫++ ]   2008年03月31日 21:13
感想が・・書けそうにないぞ^^: なんだあの最後の情報量の多さは・・・・ 機動戦士ガンダム00 第26話 「刹那」 なんかよくまとまらな...
84. #25「刹那」/アニメ「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」感想  [ Wings of Freedom ]   2008年03月31日 21:59
世界を変える機体……ダブルオー・ガンダム(留美) 第一シーズンの締めとなる三つの戦いと、四年後の世界が描かれた第二十五話でした。地球連邦の発足と共に舞台が宇宙へ移る展開は、ガンダムらしくて痺れた。
85. 機動戦士ガンダム00 第1クール最終回 #25 刹那あらすじと感想  [ ココロ×カラダ。 ]   2008年03月31日 22:23
とうとうこの日がやってきてしまいましたね!! これでガンダム00も前半が終わりです・・・ 次は半年後!! 今から相当につらい道のりですが・・・ まずは今日の感想を全力で! ===========================================================================...
86. 機動戦士ガンダムOO 第25話「刹那」  [ たらればブログ ]   2008年03月31日 22:37
 第一期が終了しました。予想通りといいますか、アレハンドロ・コーナーはリボンズに踊らされていた道化に過ぎませんでした。残ったのはオリジナルの太陽炉と…。  GNアームズは種の時のミーティアと同じで、思った程活躍出来ずに大破してしまいました。でもラッセの安...
87. 機動戦士ガンダムOO 第25話 『刹那』  [ ナ ナ イ ロ ☆ ]   2008年03月31日 22:49
機動戦士ガンダムOO 第25話 『刹那』 まず何処から突っ込めばいい? というか2期にめちゃくちゃ期待wwww
88. 機動戦士ガンダムOO #25「刹那」  [ 気まぐれ電波 ]   2008年04月01日 18:48
こんなところで半年待ちですか!? 機動戦士ガンダム00 4(2008/04/25)宮野真守、三木眞一郎 他商品詳細を見る 激しい戦いの中、次々と散ってい??.
89. ガンダム00「刹那」  [ ルーツ オブ ザ まったり! ]   2008年04月01日 21:06
刹那・F・セイエイ、ガンダムいきます!        l    l l    /  /   /:::::::::::::::::::::::::::::::\\\     ll ??.
90. 機動戦士ガンダムOO 第25話 刹那 感想 &全話総括+2期予想&整理  [ 腐麗蝶の柩〜コードギアス反逆のルルーシュ&ティエリア・アーデファンサイト ]   2008年04月01日 21:09
ガンダム00 第25話 刹那 感想とティエリア、ロックオン、アレルヤ、刹那,featラルク絵書きかけ ↑2期構成ものとしては妥当な最絮..
91. 機動戦士ガンダム00 #25 刹那  [ 焼きプリン定食(2個目 ]   2008年04月02日 00:54
いよいよ「ガンダム00」の第一期最終回!かーなり面白かったんじゃないでしょうか?(≧∇≦)b 機動戦士ガンダム00 5神谷浩史 宮野真守 古谷 徹 バンダイビジュアル 2008-05-23売り上げランキング : 73おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 盛り上がらな....
92. ガンダム00 最終話  [ 日常な日記 ]   2008年04月02日 01:17
最後まで衝撃的だった・・・・。
93. 機動戦士ガンダムOO#25・最終回「刹那」 感想  [ よろず屋の猫 ]   2008年04月02日 07:59
どうしてこうなっちゃうかな・・・、と。ナドレは大破、ティエリアからの応答なし。アレルヤ vsソーマと中佐。「僕はまだ死なない。」とアレルヤ。そうであるなら、ここは“アレルヤ”に戦って欲しかったんだなぁ。例えソーマの正体が分かったとしても、その思いは変わら...
94. 機動戦士ガンダムOO(ダブルオー) #25  [ ワタクシノウラガワR ]   2008年04月02日 09:06
遅くなりましたが、ようやく感想が書き終わりました。 なんだかスゴく長くなってしまった気が… 長文でよろしければお付き合い下さい。
95. 機動戦士ガンダム00 第25話  [ 雲の上からHello! ]   2008年04月02日 11:11
やけにもったいぶったラストでしたねぇ。 機動戦士ガンダム00 第25(最終)話 『刹那』 ついに最終回です!刹那はアレハンドロと、アレルヤ(ハレルヤ?)はセルゲイ&ソーマとの対決です。 アルバトーレっていうMAと交戦する刹那はGNアームズとド...
96. ■機動戦士ガンダム00【#25】刹那  [ 此方彼方其方-コナタカナタソナタ- ]   2008年04月02日 17:01
起動戦士ガンダム00#25第1期最終回の視聴感想です。 対決。 決着。 変革。 世界。 俺達がガンダムだ!! ↑さぁポチッとな
 いよいよ今週で第1期ファイナル!!!  第1期のストーリーも含めてカオスな展開にした者・アレハンドロの機体と戦う刹那のエクシア。  コン...
98. 機動戦士ガンダム00 第25話感想  [ RUNNER'S HIGH ]   2008年04月03日 14:33
・機動戦士ガンダム00 第25話『刹那』 お待たせしました、ガンダム00最終話の感想です。いやー、なんと キャプの総数が八十(いつもは三十程度)ととんでもないことに なっております。キャプを撮って、編集して、アップロードするだけで 二時間くらいかかった気…
99. 機動戦士ガンダム00 第25話「刹那」の感想(終)  [ “モンド of the World” ]   2008年04月03日 21:34
【あらすじ】   命が宇宙に次々と散っていく。船は沈み、MSは爆発する。激しい戦
100. (終) 世界の歪み 破壊と再生 --アニメ 機動戦士ガンダム00 #25  [ 王様の耳はロバの耳? ]   2008年04月03日 21:36
第2期へ続く。 そういう形としてはなかなか面白い終わり方だったと思います。 元々はっきりと結論を出せるような題材でもありませんし、続??.
101. ガンダム00#25感想  [ キラ・ヤマコのファッションチェック ]   2008年04月15日 09:15
ガンダムダブルオー#25『刹那』 Mission Incomplete See You 2nd Season こちらこそ日曜5時にお会いできる日をたのしみに、「コードギアスR2」を見ながら00の制作も応援しています。動揺止まらない作品をありがとうございました。ガンダムの感想記事をリアルタイ...

この記事へのコメント

1. Posted by エルモア   2008年03月29日 23:46
こんばんは。
とうとう終わってしまいましたね、00。
個人的にはちっとも終わった気のしない最終回でした(笑)
というか、ああいう期待を持たせるラストは困りますよね。
続きが気になってしょうがありません(笑)

>「……マ、マリー……、なぜ、なぜ、君が……」

これ、今日発売された小説版に答えらしきものが出ているそうです。
自分も午前中買ってきたので、これから読みます(明日は遅寝確実です・苦笑)
2. Posted by オタコン   2008年03月30日 00:01
こんばんは、なっきーさん。

今回はいろいろ衝撃的でした。特にラストが。

>凸ルヤ
なかなかいい名前です(笑)。アレルヤ、というかマイスター達は全員生死不明ということでいいんでしょうか?エピローグにもでてきませんでしたが…

>セルゲイ&ソーマ
第一期はなんとか生き残りましたね。セルゲイがソーマを庇って……とかありえそうだったので一安心です。

>アレハンドロ
まあ、見事に小物感丸出しでしたね。まあ、こういう悪役も嫌いではないですが、第二期の敵役っぽいリボンズはもうちょっと大物であることを願います。
(続く)
3. Posted by ピンク色の午後   2008年03月30日 00:15
5 いつもこっそり見させてもらってます。
ティエリアのそっくりさんについて、ワンセグでは字幕によってリジェネという名前が確認できました。
リアルタイムで見ていたときは、ひょっとしてティエリアは生還していて、ロックオンの代わりに生きようと髪を切ったのかと思いましたが、どうやらもっと複雑なようで。
エンドロールを見る限り声優さんも変わるみたいで、そうするとロックオン風の髪型の意味がわかりませんね。偶然でやっちゃっていいんでしょうか?アレ。
謎キャラです。
あと、彼の着ている服って連邦の制服じゃないですか?ひょっとして。
4. Posted by ピンク色の午後   2008年03月30日 00:16
それと、CB保有のGNドライブについてですが・・・
1.ロールアウトした新型に乗っけてある(デュナメスのもの)
2.エクシアのもの
3.オーガンダムのもの
というわけで、ナドレのものが見当たらないんですよね。
一部ではOOガンダムはデュアルエンジンで常時トランザムだって説も出てますが・・・
早く続きが見たいと思いつつもコードギアスも楽しみって、もうどうしようもないですねw
5. Posted by クロ助   2008年03月30日 00:16
機動戦士ガンダム00最終回。
いや、本当に楽しませて貰いました。特に、ラッセが戦死し、怒りの刹那がGNソードを振りかざした辺りから心が高鳴りっ放しで、今まで見て来た中で最高に物語に引き込まれてしまいました。

>「綺麗事だ!」(?)
見直してみた所、フィールド発生器の翼をやられた事に対して「フィールドが!?」と叫んでたっぽいです。

>コーラサワー
コーラサワー復活!コーラサワー復活!コーラサワー復活!
…いや、死んでないから正しくは生存なのですが、何となくこのネタを使ってみたかったので。(ォィ
もう、こんなに嬉しい事は無いです。
2期でも変わらぬ活躍を見せて下さいスペシャル様。

>GN-Xのコクピット
確認しましたが、股間から股下に向かって伸びているフロントアーマーの上部がハッチの様なので、多分股関節の中央がコクピットブロックっぽいです。(続きます
6. Posted by オタコン   2008年03月30日 00:21
>ティエリア
出生の謎とか明かされていないので、まだ生きていると思うんですが、今回の描写を見る限り、可能性は低いですかね……

>刹那
アレハンドロを倒してめでたしめでたしと思ったら、その直後にグラハムとの死闘。そして、相撃ちとは。完全に予想外でした。エクシアの太陽炉が回収されている、ということは刹那も生きている可能性が高いですね。グラハムが生きていたんですから刹那も生きてるでしょう!

>グラハム
久々の出番だったせいか、いつにも増して迷言を連発しています(笑)。運命の赤い糸って、愛って……エピローグでは仮面姿を披露していましたが、なんか性格が(悪いほうに)変わってそうで、不安です。
(続く)
7. Posted by クロ助   2008年03月30日 00:30
また、前回ナドレと相打ちになって上半身が吹き飛んだGN-Xの映像で確認してみた所、やはり腰部フロントアーマーの上部にパーティングラインがあり、ラインの形が今回で確認出来るコクピットハッチと同様の形状をしている事から、ほぼ間違ないかと思われます。

>GNフラッグ
良く見ると、ビームサーベルが左腕から伸びているチューブに繋がっている事から、本来パーツの規格が合わない所を、機体とサーベルを無理矢理チューブで繋ぐ事でサーベル側にGN粒子を供給してるみたいですね。
細かい所ですが、こういうメカニック描写は結構好きです。
…とは言え、アレハ組が月に到着して以降の話は恐らく連続しており、作中時間で3日も経過していないと思うのですが、この機体をカスタムするのって、どれ程の突貫作業だったのか。(汗

続きます
8. Posted by オタコン   2008年03月30日 00:36
>マリナ
えっ、出番あれだけ!?一応この物語のヒロインなのに……まあ、第二期で活躍してくれるのなら良いですが。ただ、シーリンがいなくなって、先行きが不安です。いや、四年後ならマリナも精神的に成長しているでしょうし、一人でがんばれるかも??

>コーラ
生きてました(嬉)。すっかり戦死したものと思っていたら、普通に大佐の後ろで敬礼してるし(笑)。彼の不死身伝説はまだまだ終わりそうにありません。

>エピローグ
OOガンダムとか、ティエリア似の人物とか、彼?と一緒にいるルイスとかいろいろ気になることがありますが、とりあえず沙慈が立ち直ったようでよかったです。第二期での彼の活躍に期待したいです。

それから、スタッフの皆さん半年間お疲れ様でした。第二期楽しみにしてます。
9. Posted by クロ助   2008年03月30日 00:44
>グラハム
顔面に消えない傷を負ったっぽいですが、もしかして、あの仮面って阿修羅をイメージした物?
だとしたら、以前コメントで言われてた「グラハム日本通説」が現実味を持ってしっくりくるのですが。(笑

>アレルヤ
あのオールバックの髪型が何気に決まってましたが、もう見られないかも知れませんね…。(´?ω?`)

>アレハ
あぁ、やっぱりな結末でした。
それなりに機体を動かせていた所から、全くの素人では無い様ですが、それでも性能任せなのは見え見え。
黒幕が意地を張って前に出て来るからこうなるという感じでした。

>刹那
彼はどうなったのか。
あの遺書は「この戦いで自分は死ぬ」と思ったから送った物でしょうし、アレが読まれたからと言って死んだとも言い切れませんが、果たして。


何はともあれ、半年間楽しませて貰いました。
第2期も見るのは確定してますし、放送されるのが待遠しいです。
10. Posted by 航   2008年03月30日 00:51
5 なっきーさんこんばんは。

1クール目では展開が遅いだのワンパターンだのと色々批判されていて冷や冷やしてましたが、2クール目途中からはためていた複線を一気に爆発させた怒濤の展開でかなり面白かった00でした。評判も良くなったみたいですし。
1クール目の批判については物語途中でいちいち批判しても意味ないだろ、という思いはありましたが・・・。

刹那VSハム>天上人・地上人として互いの主張をぶつけ合いながらの戦いは熱かったです。最後もどっちが正しいとかじゃなく相打ちだったのも良かった。
ただハムの言い回しにはどうしても笑わずには居られませんでしたけど(苦笑

コーラ>本編を2回見たのに2回ともコーラ生存に気づきませんでした。なっきーさんの感想を見てようやく気づいたという。なんにしてもよかった!

(続きます)
11. Posted by 航   2008年03月30日 00:56
マリナさん>2期では限りなく三十路に近い年齢でご登場ですね。・・・ヒロイン?

これで1期が終わってしまい、刹那は?アレルヤは?などと疑問は尽きませんが、世界が統一された後の2期はどんな展開をするのか今から楽しみです。とりあえず暑苦しそうな仮面グラハムに期待していたいと思いますが(笑

最後に、半年間の感想・考察お疲れさまでした。そしてギアスの考察も楽しみにしています。
では。
12. Posted by なっきー   2008年03月30日 01:38
4  エルモアさん、オタコンさん、ピンク色の午後さん、クロ助さん、航さん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>エルモアさん

>個人的にはちっとも終わった気のしない最終回でした(笑)
 何しろ Mission Incomplete ですしね(笑)。
 主人公たちにとってどう、というのもそうですし、火種はまだ、見えないところで燻っているわけですし。

>続きが気になってしょうがありません(笑)
 すっごくわかります(笑)。
 謎がいろいろと残ってますし。

>>「……マ、マリー……、なぜ、なぜ、君が……」
>これ、今日発売された小説版に答えらしきものが出ている
 おぉ!? ありがとうございます!
 これは読まねば…。



(続きます)
13. Posted by なっきー   2008年03月30日 01:39
>オタコンさん

>凸ルヤ
>なかなかいい名前です(笑)。
 ありがとうございます(笑)。

>アレルヤ、というかマイスター達は全員生死不明〜
 そう捉えていいと思います。
 ハレルヤはさすがにアウトっぽいですが、アレルヤだけは助かる可能性はありますし、ティエリアや刹那も同様です。

>セルゲイ&ソーマ
>第一期はなんとか生き残りましたね。
 仰る通り、セルゲイが庇って死ぬ…というのは有りそうでしたからね(汗)。
 搬送シーンでも意識はありそうでしたし、これからはソーマを残して死ねないとは考えてくれそうですし、良かったです。

>アレハンドロ
>〜まあ、こういう悪役も嫌いではないですが、第二期の敵役っぽ
>いリボンズはもうちょっと大物であることを願います。
 両方とも同感です。↓

(続きます)
14. Posted by なっきー   2008年03月30日 01:41
 リボンズは腹心を5人既に揃えている辺り、リボンズしか信用できなかった―― しかも裏切られていた(笑)―― アレハンドロとは違うのではと期待を抱かせます。

>ティエリア
>出生の謎とか明かされていないので、まだ生きていると思うん
>ですが、今回の描写を見る限り、可能性は低いですかね……
 はい、そう思います。
 描写そのものからは、生存の可能性は低そうに…(汗)。

>刹那
>アレハンドロを倒してめでたしめでたしと思ったら、その直後に
>グラハムとの死闘。そして、相撃ちとは。
 私も予想外でした。
 それに記事にも書きましたが、グラハムは間に合わない方が安全と思っていたので…。

>エクシアの太陽炉が回収されている、ということは刹那も生き
>ている可能性が高いですね。
 そこまではわからない、と思っています。
 …とは言え、↓

(続きます)
15. Posted by なっきー   2008年03月30日 01:43
>グラハムが生きていたんですから刹那も生きてるでしょう!
 これは確かに、激しく同意したいところです。

>グラハム
>〜運命の赤い糸って、愛って
 あの刹那が唖然として 「愛!?」 と言うのが面白すぎです(笑)。

>……エピローグでは仮面姿を披露していましたが、なんか性格
>が(悪いほうに)変わってそうで、不安です。
 最後に復讐鬼になってしまいましたからね(汗)。
 しかも彼、スローネと刹那たちとは違うことに以前、気付いていたというのに…。

>マリナ
>えっ、出番あれだけ!?一応この物語のヒロインなのに……
 一応、事前の予想としてはソレスタルビーイング壊滅を知り、刹那の安否を心配して…という形だったのですが、まさか遺書を読む役割が回ってくるとは…(汗)。

(続きます)
16. Posted by なっきー   2008年03月30日 01:44
>まあ、第二期で活躍してくれるのなら良いですが。ただ、シー
>リンがいなくなって、先行きが不安です。
 そうなんですよ!
 と言うか、私がシーリンを見たいというか。(ぉぃ

>〜四年後ならマリナも精神的に成長しているでしょうし、一人
>でがんばれるかも??
 恐らくマスードと2人で内戦停止に漕ぎつけたのでしょうし、そうした彼女自身も、周りからの評価も、大きくレベルアップしていると思います。

>コーラ
>生きてました(嬉)。すっかり戦死したものと思っていたら、普通
>に大佐の後ろで敬礼してるし(笑)。
 私もさすがに、アレでは生存を期待する方が厳しいかと思っていたのですが…、さすがはスペシャルさま(笑)。
 伊達に模擬戦不敗を誇ってはいません(笑)。

(続きます)
17. Posted by なっきー   2008年03月30日 01:46
>エピローグ
>OOガンダムとか、ティエリア似の人物とか、彼?と一緒にいる
>ルイスとか〜
 ルイスは特に気になりますね。私はソレスタルビーイング入りを予想しましたが、これは全然違う可能性もあります。

>とりあえず沙慈が立ち直ったようでよかったです。
 激しく同感です。
 あの死んだような目の沙慈は、正視に耐えませんでした(汗)。

 第2期でも、彼には出番を期待したいですね。
 …と言うか、ルイスに重要な役割が回ってくるはずですし、沙慈も彼女と関わる重要な立ち位置になるかも?



(続きます)
18. Posted by なっきー   2008年03月30日 01:47
>ピンク色の午後さん

>いつもこっそり見させてもらってます。
 ありがとうございます!

>ティエリアのそっくりさんについて、ワンセグでは字幕に
>よってリジェネという名前が確認できました。
 おおう! これまたありがとうございます。
 キャストにもリジェネ・レジェッタという名前がありますね。
 リジェネとはまた意味深です。

 regenerate =蘇生、再生

 間違いなく、これでしょう。
 破壊と再生の再生であり、ソレスタルビーイングやティエリアの再生という意味合いでもあるのかもしれません。

>〜ひょっとしてティエリアは生還していて、ロックオンの代わ
>りに生きようと髪を切ったのかと思いましたが、〜
 なるほど、そういった見立てもありましたね。↓

(続きます)
19. Posted by なっきー   2008年03月30日 01:50
 ロックオンみたいな癖っ毛の私(笑)はそこまで考えずに、サラサラストレートなティエリアがあんな癖っ毛のはずがないと、だから別人に違いないと思っていました(笑)。

>エンドロールを見る限り声優さんも変わるみたいで、そうす
>るとロックオン風の髪型の意味がわかりませんね。
 完全な別人なのか、ティエリアの関係者なのかで意味が変わる気はします。
 とりあえず名前が上の通り意味深なので、偶然ではないかもしれません。

>あと、彼の着ている服って連邦の制服じゃないですか?
 肩までしか見えないのはわざとでしょうか(笑)。
 これでは何とも言い切れないですよね。

>それと、CB保有のGNドライブについてですが・・・〜
>というわけで、ナドレのものが見当たらないんですよね。
 確かにそうですね(汗)。

(続きます)
20. Posted by なっきー   2008年03月30日 01:53
>一部ではOOガンダムはデュアルエンジンで常時トランザムだ
>って説も出てますが・・・
 イアンの説明では、まだエンジンが適合しないという感じで、今のところデュアルエンジンという感じは乏しいかもしれません。
 …が、それはありそうな発想ですよね。

 あるいは、それにはナドレは関係なく、00には既に1基入っていて、バランスが取れるもう1基が必要ということなのかも…。

>早く続きが見たいと思いつつもコードギアスも楽しみって、
>もうどうしようもないですねw
 策略にうまく引っかかった気分です(笑)。



(続きます)
21. Posted by なっきー   2008年03月30日 01:54
>クロ助さん

>〜特に、ラッセが戦死し、怒りの刹那がGNソードを振りかざ
>した辺りから心が高鳴りっ放しで、〜
 あの時のチート王陛下の顔をキャプってパソコンの壁紙にしようか、とか検討していたりします(笑)。
 それはともかく、各人の頑張りがはっきり感じられる、いい戦闘だったと思います。

>>「綺麗事だ!」(?)
>〜「フィールドが!?」と叫んでたっぽいです。
 ありがとうございます!
 そう思って聴き直すと、完璧にそう言ってますね。記事も修正させていただきます。

>コーラサワー復活!コーラサワー復活!コーラサワー復活!
 私も一緒に叫ばせていただきます(笑)。

>2期でも変わらぬ活躍を見せて下さいスペシャル様。
 今回のアレでさえ死なないなら、もう滅多なことでは(笑)。

(続きます)
22. Posted by なっきー   2008年03月30日 01:56
>GN-Xのコクピット
>〜股間から股下に向かって伸びているフロントアーマーの上部
>がハッチの様なので、多分股関節の中央がコクピットブロック
 おおう! ありがとうございます!
 つまり上半身が吹っ飛んだコーラ機、そういう意味でもギリギリだったんですね(汗)。

 …でもまさか、股間のチャック(違)の中とは…。

>また、前回ナドレと相打ちになって上半身が吹き飛んだGN-Xの
>映像で確認してみた所、〜
 わざわざ、本当にありがとうございます!
 何て感謝すればいいか…。

>腰部フロントアーマーの上部にパーティングラインがあり、ライ
>ンの形が今回で確認出来るコクピットハッチと同様の形状を〜
 なるほど、これはもう確定と言っていい感じですね。

(続きます)
23. Posted by なっきー   2008年03月30日 01:58
>GNフラッグ
>〜本来パーツの規格が合わない所を、機体とサーベルを無理矢理
>チューブで繋ぐ事でサーベル側にGN粒子を供給してるみたい
 確かにそうですね。
 想像するに、規格を合わせること自体は可能だと思うのですよ。…時間さえあれば(笑)。
 我慢弱いグラハムがどうしてもとゴネて(笑)、ビリーも仕方なく裏技を使ったのでしょうね。↓

>〜作中時間で3日も経過していないと思うのですが、この機体
>をカスタムするのって、どれ程の突貫作業だったのか。(汗
 きっとビリーは、グラハム出撃直後から死んだように爆睡モードでしょう(笑)。

>グラハム
>〜もしかして、あの仮面って阿修羅をイメージした物?
 な、なるほど…! それは本気でありそうな気がします。↓

>〜「グラハム日本通説」が現実味を持ってしっくりくる
 案外、グラハム自身はあの仮面を と て も 気に入ってたりして…(笑)。

(続きます)
24. Posted by なっきー   2008年03月30日 02:00
>アレルヤ
>あのオールバックの髪型が何気に決まってましたが、もう見られ
>ないかも知れませんね…。
 ハレルヤが、もう限界っぽかったですからね(汗)。
 アレルヤはまだ保ちそうでしたけど…。

>アレハ
>〜全くの素人では無い様ですが、それでも性能任せなのは〜
 確かに刹那は未熟ですが、仮にもエースパイロットたち相手に生き残っているわけですからね。
 金ぴかモビルスーツにしても、それで退却すればいいものを、まだ向かってくるようではもうダメです。↓

>黒幕が意地を張って前に出て来るからこうなるという感じ
 敵がアジトに踏み込んできたのならいざ知らず、自分からのこのこ出てくるのなら、情勢が変わったら即撤退、これは絶対必要な意識ですよね。

>刹那
>〜あの遺書は「この戦いで自分は死ぬ」と思ったから送った物
>でしょうし、〜
 仰る通りでしょう。↓

(続きます)
25. Posted by なっきー   2008年03月30日 02:02
 刹那の覚悟の程はわかりますが、死んだとは限りません。

 …とりあえず、次にマリナに会うときにも夜這い希望。(ぉぃ

>第2期も見るのは確定してますし、放送されるのが待遠しい
 私もです! もちろん、感想記事も書くかと思います。



(続きます)
26. Posted by なっきー   2008年03月30日 02:04
>航さん

>1クール目では展開が遅いだのワンパターンだのと色々批判され
>ていて冷や冷やしてましたが、〜
 世界の逆襲が始まってからは、特に面白くなった気がします。

>〜評判も良くなったみたいですし。
 そうでしょうね。

>1クール目の批判については物語途中でいちいち批判しても
>意味ないだろ、という思いはありましたが・・・。
 それも正しいですし、序盤でもっと惹きつけるべきだ、という主張も誤りではないと思います。

>刹那VSハム>天上人・地上人として互いの主張をぶつけ合いなが
>らの戦いは熱かったです。
 議論でも戦闘でも互角でしたね。凄く熱かったです!

>〜相打ちだったのも良かった。
 両方、意地を張り通した故の必然だったのかもしれませんね。

(続きます)
27. Posted by なっきー   2008年03月30日 02:06
>ただハムの言い回しにはどうしても笑わずには居られません〜
 刹那を言葉で唖然とさせられる、貴重な人材です(笑)。

>コーラ>本編を2回見たのに2回ともコーラ生存に気づきません
>でした。
 何て奥ゆかしい不死鳥(笑)。
 実際、 『気付く人だけ気付いてください』 という描き方だと思います。

>マリナさん>2期では限りなく三十路に近い年齢でご登場
 元から刹那の姉とか母とか、そういう立ち位置でしたからね。
 普通、ヒロインというと主人公の同年代なのですが、立ち位置の時点で年上限定な辺りがマリナの特徴でしょう。

>〜刹那は?アレルヤは?などと疑問は尽きませんが、〜
 しかも判断材料が全くないので、あまり楽観してはいけないと思いつつも、生きていて欲しいなあという思いを捨てられません。

>〜とりあえず暑苦しそうな仮面グラハムに期待していたい
 私もです!

(続きます)
28. Posted by なっきー   2008年03月30日 02:07
>最後に、半年間の感想・考察お疲れさまでした。そしてギアスの
>考察も楽しみにしています。
 ありがとうございます!
 もちろんギアス2期も当然感想を書きますので、もしよろしければ、また覗いてみてくださいまし。
29. Posted by エリス   2008年03月30日 02:31
初めまして、なっきーさん。
いつもなっきーさんの考察を楽しく読ませて頂いてます!

最終回で色々思うところはありますが、色々あり過ぎて文章に出来そうにありません…(汗)
なので、今回曖昧なアレルヤとハレルヤの台詞を補完させて頂こうかと…。

字幕では、
「アレルヤ:直撃コース」
「ハレルヤ:よけてみせろよ!」
「アレルヤ:軸線を合わせて!」
「ハレルヤ:足と!」
「アレルヤ:同時攻撃を!」
こうなっているらしいです。
…左手(カニバサミ)をアレルヤが、足をハレルヤ担当?だったんでしょうかね?


続きます。
30. Posted by エリス   2008年03月30日 02:31
そして、
「ハレルヤ:今までのようにはいかねぇ」
「アレルヤ:そうだろ、ハレルヤ!」
と、続きます。
私はどうしても”アレルヤ!”と聞こえますが、違うようです。

二人が同時に表に出ているというのは、
声優さんとしても、私達視聴者にとっても頭がこんがらがって困りますね(笑)


出来れば、二期で○○のソックリさん、とか、そういうネタが沢山出てこない事を祈ります…。
ライルだとかティエリア似の人だとか、どうしてこうも視聴者を惑わし困らせるのか…監督さんは酷い人です(そういうところも好きですが/笑)


何はともあれ、25話分の感想と考察本当にお疲れさまでした!
これから再開するギアスの考察も楽しみにしております。

色々長くなってしまい乱文もすみません;…今回はこれで失礼いたします。
それでは!
31. Posted by りぐ   2008年03月30日 03:19
こんばんは

>チート王
「邪魔だー」と後ろからグラハムに斬られれば面白かったのに…

>グラハム
まさかの登場も続きが四年後では出て来ざるを得ませんか。

>グラハム仮面
なんだかネプチューンマン(フル)
32. Posted by りぐ   2008年03月30日 03:40
>リボンズと
あの絵を見るとなんとなくアゲハ隊(エウレカ)を思い出してしまいました。

>平和維持軍
炭酸氏に気付かなかった!なのでションボリ大佐が出た時に退場確定かと思った。

>王留美
地上から戦況把握してる?どのコンピュータシステムでしょうか?
33. Posted by ゆとり   2008年03月30日 07:55
4
四年後の描写にいろいろともっていかれた感がありますが、最終話として闘いも、思想のぶつけ合いも多くあり、とても熱いものがありました。


ガンダムマイスター達の生死は微妙ですが、生きていて欲しいと思います。

コーラサワー復活には思わず笑ってしました。
34. Posted by ゆとり   2008年03月30日 08:04
(続き)

思えば、この作品はまさにジェットコースターだったのだとおもいます。

1クール目は最初に一番高いところまで登らせる準備段階で、2クールはただジェットコースターを走り抜けたと言った印象です。

どこが頂上かわからないためにスローテンポな展開に不満がでてしまった時もありましたが、走り始めてからの展開は怒涛そのものでした。


取り敢えず、最後まで見てみようという私のような人間には丁度いい展開でしたが、序盤で視聴を取り止めた方には残念な展開であったような気がします。

(続きます)
35. Posted by ゆとり   2008年03月30日 08:10

最後に、なっきーさんこの半年間の感想、お疲れ様でした。


この作品でこのブログを知り、なっきーさんの考察には毎回感心しています。なっきーさんの記事によってもっとこの作品が好きになりました。ありがとうございます。


これからも、記事を楽しませていただきます(^-^)
36. Posted by 長谷川   2008年03月30日 09:41
なっきーさん、こんにちは。
ガンダムOO第一期の最終話はそれまでの時代の終わりを告げるとともに新たな時代の始まりを告げるものでした。

アレハンドロのアルヴァトーレに対し、GNアームズとドッキングして対抗する刹那。
「狙い撃つ」という言葉通り、GNファングを次々に撃ち落としていくのはロックオンを思わせますね。
アルヴァトーレの猛攻の前にGNアーマーは大破、ラッセも帰らぬ人となります。
それでもなお、刹那はアルヴァトーレに肉薄、GNソードでマグロの解体ショーならぬ、MAの解体ショーを決行し、勝利したかに見えましたが、実際にはここからが本番だったんですよね。

続きます↓
37. Posted by 長谷川   2008年03月30日 09:48
アレルヤとハレルヤのタッグはまさに神懸り的な強さでしたが、今回はセルゲイとソーマの連携にしてやられましたね。
そして、明らかになる新事実、どうもアレルヤはソーマと面識があったようですね。
真実を知り、動揺するアレルヤですが、さらに半身であるハレルヤまでご臨終(?)に。
アレルヤは第二期まで生き残るでしょうけど、果たして、ソーマと向き合えるかどうかが問題です。

撃破したアルヴァトーレから金色のMSが出現し、刹那のエクシアに襲い掛かりますが、相変わらず避ける気のないアレハンドロはGNフィールドで防御しつつ攻撃を加える戦法で結局、アレハンドロはトランザムを発動させたエクシアのセブンソードで倒され、死に際にはリボンズによって道化呼ばわりの上に器量の小ささを指摘されるという有様。
とりあえず、世界を「私色」とやらに染められずに済んだのはよかったです。

続きます↓
38. Posted by 長谷川   2008年03月30日 09:52
アレハンドロを倒した刹那の前に立ち塞がったのはGNフラッグを駆るグラハムでした。
忘れた頃にやってくるとはまさにこの事ですが、少なくとも回を追うごとに小物化していったアレハンドロよりはグラハムの方がよほど最後の敵に相応しいと思います。
いつにも増して妙な言動で刹那を退かせながらも最後の死闘を繰り広げるグラハムは刹那と相討ちになりましたが、エンディングでグラハムらしき人物が登場している事から、死んだわけではないようですね。

大破したナドレとともに漂流していたティエリアはGNドライブをナドレから分離し、力尽きますが、生死については微妙ですね。
エンディングに登場していたティエリア似の人物はどうやら、リジェネ・レジェッタなる別人のようですが、正体不明のティエリアなだけに同一人物の可能性がないとも言い切れません。

続きます↓
39. Posted by 長谷川   2008年03月30日 09:55
刹那の遺したマリナ宛てのメッセージが流れ、一つの時代は終わりを告げます。
それは同時に新たな時代の始まりでもあったわけで。

4年後、ルイスとの約束通りに沙慈は夢を叶え、宇宙で働いていましたが、そこでガンダムのものと思わしきGN粒子の軌跡を目撃、これは沙慈がまたガンダム絡みの事件に巻き込まれる事を暗示しているように思えます。

国連は地球連邦となり各国の軍隊を解体、戦力を一元化した地球連邦平和維持軍を発足、CBによって一度は破壊された世界は統合という再生の道を歩んでいましたが、それは世界から歪みがなくなったという事ではなく、むしろ、世界が統合される事で新たな歪みが生まれないとも限りません。
第二期では再生によって生まれた歪みとの戦いがメインに描かれるのではないかと思います。

続きます↓
40. Posted by 長谷川   2008年03月30日 10:01
世界が変革を迎え、とりあえず目的を達成した留美、しかし、変革した世界が気に入らなければ、また破壊してでも変えようとするかもしれませんね。
未だに健在のリボンズの動向にも注意が必要です。

ルイスと思わしき人物がリジェネと一緒にいましたが、ルイスだとするなら少なくともCBに入るという展開はどうにも解せません。
なにしろ、両親や親戚を皆殺しにしたのが、他ならぬCB(厳密にはチームトリニティ)のガンダムであり、CBは言ってしまえば仇なわけですから。
もし、ルイスがCBに入るとしたら、やむを得ない事情があるのか、彼女なりの考えがあるのだと思います。
ルイスが2年間、沙慈と連絡を取っていないのはCBと関わっているからだというのは考察されている通りだと思いますが。

続きます↓
41. Posted by 長谷川   2008年03月30日 10:07
CBは消滅したわけではなく、再起に備えて新たなガンダムの開発しているようですね。
搭載される太陽炉は以前のガンダムから使い回しているようですが、新型のOOガンダムは太陽炉の適合に問題があるらしく、開発が難航している模様。
エクシアの太陽炉について触れていた事から、エクシアはあの後、CBに回収されたようですが、刹那の生死については明かされず、多くの謎を残したまま物語は第二期へと続いていきます。

区切りのいい所で終わったといえば終わりましたが、新たな謎も増えましたね。
半年後に始まるという第二期では伏線を回収し切れるのか心配になって来ましたが、ともかく、期待して待つことにします。
そして、なっきーさん、毎回、感想・考察を楽しませていただき、ありがとうございました。
42. Posted by 空想野郎   2008年03月30日 13:57
初めまして、なっきーさん。コメは初ですが
いつもレビュー拝見していました♪
私はグラハムが好きでずっと00を観て来た者です。

このガンダムは確かにぬるい所が多々あり、
「ああ残念だなぁ」と感じられる箇所もありましたが、
私はグラハムチーム・セルゲイ父娘・コーラサワー
と、素晴らしい魅力溢れるキャラに
支えられて、充分に楽しませてもらった感じです。
元々富野作品で育ったのですが、その私からしても
平成ガンダムとしてはなかなかに脇役人物が輝いて
良いガンダムだったと感じます。
マイスターズも後半、一気にですが成長もしましたしね♪
あ、シーリンはまた絶対活躍するはずですよ!
ただ彼女がどの場所を選ぶかが見物ですよね。
また2期のレビューも楽しみにしていますね!
43. Posted by なっきー   2008年03月30日 16:29
4  エリスさん、りぐさん、ゆとりさん、長谷川さん、空想野郎さん、こんにちは!
 コメントありがとうございます!



>エリスさん

 初めまして!

>いつもなっきーさんの考察を楽しく読ませて頂いてます!
 楽しんでいただければ私も嬉しいです!

>〜色々あり過ぎて文章に出来そうにありません…(汗)
 主人公たちの思いだけは報われた、でも悲惨な末路を辿った…という形ですしね…。

>今回曖昧なアレルヤとハレルヤの台詞を補完
 これ、物凄く助かりました!
 記事も早速修正させていただきました。

(続きます)
44. Posted by なっきー   2008年03月30日 16:31
>〜…左手(カニバサミ)をアレルヤが、足をハレルヤ担当?だった
>んでしょうかね?
 回避を冷静なアレルヤが、攻撃のメインはハレルヤにというのは全く仰る通りな気がします。

>「アレルヤ:そうだろ、ハレルヤ!」と、続きます。
>私はどうしても”アレルヤ!”と聞こえますが、違うようです。
 …私にも、何度聴いてもアレルヤにしか聞こえません(汗)。
 字幕でそうだったということは脚本はそうなっていたということなのでしょうが、中の人が間違えたとか?(ぉぃ

 ここは本文を修正せず、注釈を加える形にしておきますね。

>二人が同時に表に出ているというのは、
声優さんとしても、
>私達視聴者にとっても頭がこんがらがって困りますね(笑)
 激しく同感です(笑)。↓

(続きます)
45. Posted by なっきー   2008年03月30日 16:34
 ひぐらしの双子、魅音&詩音の雪野五月さんもシーンによってはやっぱりこんがらがったそうで、そういった箇所は別録りになったそうです。

 このシーン、アレハレが交互にしゃべっているので、相当難しかったのではという気が…。

>出来れば、二期で○○のソックリさん、とか、〜
 リジェネに関しては、ティエリアと同類ということなのだと思います。
 で、リボンズも多分その手の “何か” だと思うので、そっくりさんが出る可能性は無いとは言えないですよね。
 それとライルだかのロックオンの弟(?)。

 ここにさらに加わるのがダメとは思いませんが、そっくりさんであることに必然性があって欲しいとは思います。

>〜25話分の感想と考察本当にお疲れさまでした!
 私としても、読んでいただいた方に感謝感謝です!↓

(続きます)
46. Posted by なっきー   2008年03月30日 16:36
 私は記事を書かない作品でもあれこれ考えながら見ているのですが、こうして読んでいただいたり、コメントいただいたりは本当に楽しくて楽しくて…。

>これから再開するギアスの考察も楽しみにしております。
 私も今からもう楽しみです!

>色々長くなってしまい乱文もすみません;
 長いのは一向に構いませんし、と言うか、私の記事自体が長いというわけで(笑)。
 そして、乱文なんてまたご謙遜を…。

 よろしければ、またいらしていただけると嬉しいです!



(続きます)
47. Posted by なっきー   2008年03月30日 16:38
>りぐさん

>チート王
>「邪魔だー」と後ろからグラハムに斬られれば面白かったのに…
 中ボスから堅いザコに格下げですか(笑)。

>グラハム
>まさかの登場も続きが四年後では出て来ざるを得ませんか。
 連邦的には国連軍の切り札を倒したソレスタルビーイング最後の残党…を倒した英雄、ということになっていそうですね。

>グラハム仮面
>なんだかネプチューンマン(フル)
 リアルにお紅茶吹きそうに…(笑)。

>リボンズと
>あの絵を見るとなんとなくアゲハ隊(エウレカ)を思い出して〜
 あー! これはわかります!
 絵面的にモロにそんな感じですよね。

>炭酸氏に気付かなかった!なのでションボリ大佐が出た時に
>退場確定かと思った。
 上半身が吹き飛んだ以上は疑似太陽炉も消えたわけで、自力で帰れなかったのでしょうね。で、↓

(続きます)
48. Posted by なっきー   2008年03月30日 16:40
「生存者を発見しました!」
「大佐ぁ、すみません、またやられちゃいましたぁ!」
「……。
 本当にお前という男は…、今度という今度はだめかと思ったぞ…」

 こんな感じでしょうか。
 この時のカティの表情を想像すると、何だか和みます(笑)。

>王留美
>地上から戦況把握してる?どのコンピュータシステムでしょうか?
 彼女はあちこちに協力者またはスパイを持っていて、そこから各国軍部が得た情報がだだ漏れになっているのでは、と思っています。



(続きます)
49. Posted by なっきー   2008年03月30日 16:41
>ゆとりさん

>四年後の描写にいろいろともっていかれた感がありますが、最終
>話として闘いも、思想のぶつけ合いも多くあり、〜
 どちらも良かったですよね!
 そして、エピローグ部分がつまらないと余韻が微妙になってしまうので、バランス的にもこれでいいような気がします。

>ガンダムマイスター達の生死は微妙ですが、生きていて欲しい
 ティエリアがかなり厳しい気がします(汗)。
 太陽炉を取り外せば生命維持装置が止まるのも時間の問題でしょうし…。

>コーラサワー復活には思わず笑ってしました。
 しかもぴんぴんしてるわけですよ(笑)。
 表情も相変わらずで、ある意味(笑)感動してしまいます。

>思えば、この作品はまさにジェットコースターだった〜
 なるほど…、これは仰る通りなのかもしれません。↓

(続きます)
50. Posted by なっきー   2008年03月30日 16:43
 そしてこの第1期自体も、低い位置に帰ってきて終着したというよりは、また高い位置に登り直した、という感じですしね。↓

>どこが頂上かわからないためにスローテンポな展開に不満が
>でてしまった時もありましたが、走り始めてからの展開は〜
 ぴったり当てはまるというか、これは何ともお見事な喩えという気がします。

>取り敢えず、最後まで見てみようという私のような人間には
>丁度いい展開でしたが、序盤で視聴を取り止めた方には〜
 わかる気がします。
 私自身は序盤にいろいろ伏線を撒いている様子があったり、何だか小難しい話をしそうなことにわくわくした(笑)のですが、これは多分少数派でしょうしね。

>最後に、なっきーさんこの半年間の感想、お疲れ様でした。
 ありがとうございます!
 私からも、見ていただいた方、さらにはコメントまでいただいた方々に、深く感謝です!

(続きます)
51. Posted by なっきー   2008年03月30日 16:45
>〜なっきーさんの記事によってもっとこの作品が好きになり
>ました。ありがとうございます。
 お役に立てれば幸いです!
 もしよろしければ、またいらしていただけると嬉しいです。



(続きます)
52. Posted by なっきー   2008年03月30日 16:47
>長谷川さん

>ガンダムOO第一期の最終話はそれまでの時代の終わりを告げる
>とともに新たな時代の始まりを告げるものでした。
 『作戦失敗』 ではあっても何かを 『成し遂げた』 のも確か、そんな感じでした。

>〜「狙い撃つ」という言葉通り、GNファングを次々に撃ち落
>としていくのはロックオンを思わせますね。
 やはり、ロックオンの分まで…という意識が強いのでしょうね。

>アルヴァトーレの猛攻の前にGNアーマーは大破、ラッセも
>帰らぬ人となります。
 さすがにあの大きさですから、刹那もアーマーごと避けきるのは無理だったのでしょうね…(汗)。

>〜GNソードでマグロの解体ショーならぬ、MAの解体ショー
>〜実際にはここからが本番だったんですよね。
 密度が濃い25分だったと思います。
 緩んでいる箇所がありません。

(続きます)
53. Posted by なっきー   2008年03月30日 16:49
>アレルヤとハレルヤのタッグはまさに神懸り的な強さ
 超兵機関としては失敗作だったのでしょうが、特にハレルヤ的には、 『俺たちこそが完全』 という意識があったみたいですね。

>〜どうもアレルヤはソーマと面識があったようですね。
 どういった関連なのか、気になります。
 小説版に何か関連事項が出るという情報もいただいたので、読んでみるつもりです。

>アレルヤは第二期まで生き残るでしょうけど、果たして、ソー
>マと向き合えるかどうかが問題です。
 …敢えて、それを自分の中で決着できないと、過去を乗り越えたことにはならないということなのでしょう。
 大変そうですが…(汗)。

>〜相変わらず避ける気のないアレハンドロはGNフィールドで
>防御しつつ攻撃を加える戦法で〜
 恐らく操縦はできるものの、自身が思うほどには腕は良くないのでしょう。↓

(続きます)
54. Posted by なっきー   2008年03月30日 16:51
 性能頼りだったとしてもエースパイロット相手に生き残ってきた刹那と、性能頼りで、本当にそれだけしかないアレハンドロの差が出た…とも言えそうです。

>とりあえず、世界を「私色」とやらに染められずに済んだのは
>よかったです。
 か な り 悪趣味になりそうですしね(笑)。

>〜少なくとも回を追うごとに小物化していったアレハンドロ
>よりはグラハムの方がよほど最後の敵に相応しいと思います。
 戦いはもちろん議論も、噛み合わないアレハンドロ相手よりもグラハム相手の方が熱かったですしね。↓

>いつにも増して妙な言動で刹那を退かせながらも〜
 刹那をドン引きさせられるのは彼だけでしょう(笑)。

>エンディングでグラハムらしき人物が登場している事から、
>死んだわけではないようですね。
 これは確定でいいと考えています。

(続きます)
55. Posted by なっきー   2008年03月30日 16:53
>大破したナドレとともに漂流していたティエリアは〜生死に
>ついては微妙ですね。
 こちらは厳しいと思っています。
 リジェネが 『出てしまった』 のもマイナス要因で、ソレスタルビーイングはティエリアの代役の投入を必要とした、と見えてしまいます(汗)。

>〜正体不明のティエリアなだけに同一人物の可能性がないとも
>言い切れません。
 うーん、確かに可能性ゼロではないのですが…。

>〜一つの時代は終わりを告げます。
>それは同時に新たな時代の始まりでもあったわけで。
 最後に出たように 『作戦失敗』 とは言え、道半ばまで届いたこともまた確かな気がします。

>〜GN粒子の軌跡を目撃、これは沙慈がまたガンダム絡みの
>事件に巻き込まれる事を暗示しているように思えます。
 う…、めちゃくちゃ有り得ますね(汗)。
 それでまた、憎悪を蘇らせたりしなければいいのですが…。

(続きます)
56. Posted by なっきー   2008年03月30日 16:55
>〜それは世界から歪みがなくなったという事ではなく、むしろ、
>世界が統合される事で新たな歪みが生まれないとも限りません。
 仰る通りでしょう。
 単純な世界支配を望むアレハンドロこそ消えましたが、リボンズもまた、 『神』 たろうとする者に思えます。

>第二期では再生によって生まれた歪みとの戦いがメインに描か
>れるのではないかと思います。
 reborn も再生ですしね。
 リボンズという名前自体が、 『その目的のために作られたモノ』 を思わせます。

>〜とりあえず目的を達成した留美、しかし、変革した世界が
>気に入らなければ、また破壊してでも変えようとするかも〜
 全くその通りだと思います。
 そしてそれは恐らく、 『神』 の存在とは相容れない状態を目標としているようにも感じます。↓

(続きます)
57. Posted by なっきー   2008年03月30日 16:58
>未だに健在のリボンズの動向にも注意が必要です。
 やはり(第1期と似ていますが)連邦、留美、リボンズの3勢力の争いになっていくのだと思います。
 …もっとも、連邦サイドはなかなかリボンズを敵と認識できない気がしますが…。

>〜もし、ルイスがCBに入るとしたら、やむを得ない事情が
>あるのか、彼女なりの考えがあるのだと思います。
 一つは、 『あれはガンダムではあってもソレスタルビーイングではない』 と知った、これは確定的だと思います。
 そして 『命の恩人はソレスタルビーイングのメンバーだった』 ことも知り、 『両親一族全ての仇とソレスタルビーイングが戦っていた』 ことまで知ったかもしれません。

 つまり、新生ソレスタルビーイングによってルイスが 『選ばれた』 のだと思うのですよ。
 それで、裏事情を教えられたのではないかと…。

(続きます)
58. Posted by なっきー   2008年03月30日 17:01
>CBは消滅したわけではなく、再起に備えて新たなガンダムの
>開発しているようですね。
 これはイオリアの計画のゴールではなかったのでしょうね。
 そして、まだ利己的な戦いは起きると考え、準備を始めているのだと思います。

>〜新型のOOガンダムは太陽炉の適合に問題があるらしく、
>開発が難航している模様。
 ここをクリアできるかが、最初の難関になりそうです。

>〜エクシアはあの後、CBに回収されたようですが、刹那の生死
>については明かされず、多くの謎を残したまま物語は第二期〜
 これはとても気になります。
 状況から見て、死んでいても少しもおかしくありませんが…。

 でも生き延びていて、またマリナに夜這いをかけて(違)欲しい気がします。

(続きます)
59. Posted by なっきー   2008年03月30日 17:02
>〜半年後に始まるという第二期では伏線を回収し切れるのか心配
>になって来ましたが、ともかく、期待して待つことにします。
 私は、そこには割と楽観しています。
 全てを語り尽くさない作品だけに、ある意味では 『伏線が増える=破綻確定』 となりにくい面もありますしね。

>そして、なっきーさん、毎回、感想・考察を楽しませていただ
>き、ありがとうございました。
 こちらこそ、読んでいただき、さらにこうしてコメントまでいただきまして、本当にありがとうございました。
 よろしければ、また遊びに来てくださいまし。



(続きます)
60. Posted by なっきー   2008年03月30日 17:04
>空想野郎さん

 初めまして!

>いつもレビュー拝見していました♪
 ありがとうございます!
 少しでも楽しんでいただければ嬉しいです!

>私はグラハムが好きでずっと00を観て来た者です。
 彼が出るとそれだけで、(乙女座語発言も含めて)何かしてくれるのではないかという期待が膨らみますよね。

>このガンダムは確かにぬるい所が多々あり、「ああ残念だなぁ」
>と感じられる箇所もありましたが、〜
 やりたいことが多すぎる、と見ることもできるでしょうね。
 どれかに絞り込めば、その面では卓越した作品にもなり得たとは思います。

>〜素晴らしい魅力溢れるキャラに支えられて、充分に楽しませ
>てもらった感じです。
 同感です!
 それぞれの行動原理が一貫しているのが透けて見える、そういった点はこの作品の長所だと思います。↓

(続きます)
61. Posted by なっきー   2008年03月30日 17:05
>〜平成ガンダムとしてはなかなかに脇役人物が輝いて良いガン
>ダムだったと感じます。
 私は以前の作品はあまり知りませんし、(ジャンル的に)ロボットアニメに対する特別な思い入れもありません。
 ですが心を描く上で、特にお話の都合で行動原理が変わったりしないこと、そういうことにはかなりこだわっているとは、自分でも思います。

 各人の思いが強く伝わってくる、こういった作品は好きです。
 そして、↓

>マイスターズも後半、一気にですが成長もしましたしね♪
 その思い、期待が叶えられたと感じました。

>あ、シーリンはまた絶対活躍するはずですよ!
 それは楽しみです! 新天地での活躍に期待します。

>また2期のレビューも楽しみにしていますね!
 私も今から楽しみです!
 またよろしければ遊びに来てくださいませ。
62. Posted by 鉛筆   2008年03月30日 17:58
こんばんは。
まず、なっきーさんお疲れ様でした。途中からコメントを書かせていただきました。
考察も参考になり素晴らしかったのですが、何より丁寧に各話を解説した記事に色々見逃した部分に気づかされることも多くおかげでさらに楽しんでアニメを見る事ができました。
最初に感謝を申し上げます。

前半後半ともに不満点があり、完璧とはいえない作品でしたが、スタッフの勢いと面白い作品を作ろうという意思を感じる良い作品だと思います。
2ndには更に期待を持って半年を楽しみに待ちたいと思います。

>グラハム
もし、こいつが持ってきたのがビームサーベルじゃなく花束だったら色んな意味で伝説に残る作品になったんだろうなぁ…(笑)


(続きます)
63. Posted by 鉛筆   2008年03月30日 17:59
フラッグの魔改造から徐々に憎しみにとらわれ始めていたんでしょうね。あの局面での参戦は私的な参戦みたいですし
次の登場は更にぶっ飛んでそうで怖いです。
しかし、刹那すら引かせるのはグラハムだけ(笑)

>コーラ
コーラ!コーラ!コーラ!コー…
祝・復活!
ではなく、こいつを含めて敵キャラ生き延びすぎでしょう(笑)
CB側の方が顔つきキャラクターの損害が多くなってしまったんじゃないですかね…

>アレハ様
戦いは数だよ兄貴!(byビグザムの中の人)
64. Posted by 鉛筆   2008年03月30日 17:59
と冗談はさておき、MA一機投入なんてするからこんな事になる。という見本のような例でした。
アレハ様的にはGN粒子搭載機だけで勝ちたかったんだろうけど、数は大切ですよ。
旧式を100機も投入すればCBがトランザムしても勝ち目はなかっただろうに…

>サジ
彼がGN粒子を知っていたという事は、4年後にはGN粒子はある程度世間に浸透しているという事なんでしょうね。
ポストエイフマンorビリーポジションを目指して頑張れ!

>国連軍
どうやって出来たのか、その過程やその間の政治の駆け引きも見たいんですがそれをやってしまうと何クールやっても終わらなそうなので仕方ないですよね。
正直2ndである程度成立の仮定を書いてほしいと思います。
65. Posted by 藍依   2008年03月30日 19:28
とりあえずの一区切りですね
毎回の感想お疲れ様でした

正直戦争根絶という大義をかかげて政治方面の話を最初に頑張っていたのに終盤結局そっちほうめんの描写じゃないほうにいってしまって少々残念な感じはありました
(まぁ展開的には盛り上がったので良い部分もありますが)
おかげで政治的な部分で出ていたマリナが空気ヒロインになっちゃってましたしね
アザディスタンのことはもうちょっと詳しくやってほしかったかなぁと

66. Posted by 藍依   2008年03月30日 19:28
あと終盤になってもCB側のキャラ立ちがイマイチだったのが残念な気がします

あと気になったのは国連が一つの軍隊になったこと
正直拍子ぬけしてしまいました
00は世界を一つにまとめることが目的で一番重要なことなのに
過程なしで4年後にいきなり出来てるって描写なのは正直いただけないなぁと
(まぁ延々と政治劇描くのは無理なんでしょうけれども・・・・)

色々厳しいこと書いてしまいましたがどうまとめるのか2期期待しています
67. Posted by なっきー   2008年03月30日 20:53
4  鉛筆さん、藍依さん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>鉛筆さん

>まず、なっきーさんお疲れ様でした。
>途中からコメントを書かせていただきました。
 ありがとうございます!
 この半年間、このアニメの記事を書くに当たって、鉛筆さんや皆さまのコメントで本当に多くの力をいただけました。

>〜何より丁寧に各話を解説した記事に色々見逃した部分に
>気づかされることも多く〜
 基本的には考察する前提として、重要な要素を見落としているとまずいという意味でやっていたりします。
 こうした記事を書いているせいもあるでしょうが、私が見落としたことをご指摘いただけることも多く、いつもとても助かっていました。

>おかげでさらに楽しんでアニメを見る事ができました。
 いくらかでもお役に立てれば幸いです!

(続きます)
68. Posted by なっきー   2008年03月30日 21:01
>前半後半ともに不満点があり、完璧とはいえない作品でしたが、
>スタッフの勢いと面白い作品を作ろうという意思を感じる良い
>作品だと思います。
 新しいモノを作ろうという感じでしたよね。
 そのために、経験値不足で思っていたようにはいかなかった点も結構ありそうです。↓

>2ndには更に期待を持って半年を楽しみに待ちたいと思います。
 そういう意味でも第2期は、より良い仕事が期待できるのではと期待しています。

>グラハム
>もし、こいつが持ってきたのがビームサーベルじゃなく花束〜
 …刹那、さらにドン引き(笑)。
 変な方面の疑惑が、さらにパワーアップしそうです。

>フラッグの魔改造から徐々に憎しみにとらわれ始めていた
 フラッグにこだわること自体が、対ガンダムの復讐の一部ですしね(汗)。

(続きます)
69. Posted by なっきー   2008年03月30日 21:18
>あの局面での参戦は私的な参戦みたいですし
 多分、仰る通りでしょう。

>しかし、刹那すら引かせるのはグラハムだけ(笑)
 でもアレハンドロと違って会話が噛み合ってる(笑)せいか、刹那が活き活きして議論していた気がしました。

>コーラ!コーラ!コーラ!コー…
>祝・復活!
 普通にあそこに混じってるのが、彼らしい復活劇ですよね。

>CB側の方が顔つきキャラクターの損害が多くなってしまった
 やはり、疑似太陽炉がばらまかれたせいで、劣勢を通り越して敗勢になってしまったからでしょう。
 あるいは逆に、よくここまで国連軍に壊滅的損害を与えた、とさえ言えるかもしれません。

>アレハ様
>戦いは数だよ兄貴!(byビグザムの中の人)
 御意にございます(笑)。↓

(続きます)
70. Posted by なっきー   2008年03月30日 21:20
 真に良い策とは、確実に勝てるだけの戦力を用意してから戦いに望むこと。

 …まあ実際トランザムさえなければ、アルバトーレすら必要なく、圧勝だったでしょうし。

>〜アレハ様的にはGN粒子搭載機だけで勝ちたかったんだろう
>けど、数は大切ですよ。
 これも仰る通りです。1対1で弱かろうと、 『だったら数で圧倒せよ』 というのが戦いの基本原則ですし(本当)。

>サジ
>彼がGN粒子を知っていたという事は、4年後にはGN粒子はある
>程度世間に浸透しているという事なんでしょうね。
 疑似太陽炉も量産できるようになっているのでしょうね。

>ポストエイフマンorビリーポジションを目指して頑張れ!
 何となく、軌道エレベータまたは低軌道ステーションなどの、整備関連の仕事をしているような気がします。

(続きます)
71. Posted by なっきー   2008年03月30日 21:22
>国連軍
>どうやって出来たのか、その過程やその間の政治の駆け引きも
>見たいんですが〜
 仰る通り、アニメという枠ではちょっと困難でしょうね。
 小説とかでなら、十分行ける気がしますけど。

 一応、こうではないかと思っている道筋はあります。

(続きます)
72. Posted by なっきー   2008年03月30日 21:23
 ―― 多分、3大国の軍事力がかつてないほどに低下したために、分離・独立運動が活発化するのですよ。
 対抗上、3大国は手を結ばざるを得なくなります。

 ところが、一つ一つの反乱は鎮圧できたとしても、駐留軍を置いて威圧する力もありません。

 そして、そういった時に 『反乱するな鎮圧するな』 とばかりにやってくる “天上人” はもういないわけです。
 軌道エレベータという富の源泉=アキレス腱を持つ3大国としては、反乱を鎮圧さえできればそれで良しとは言えず、危機感を強めていったのではないでしょうか。

 故に3大国首脳は、その枠を維持し続けるより、所属する小国少数民族などを含めて、彼らが納得する構造を作った方が得策と判断したのだと思います。



(続きます)
73. Posted by なっきー   2008年03月30日 21:25
>藍依さん

>毎回の感想お疲れ様でした
 ありがとうございます!

>正直戦争根絶という大義をかかげて政治方面の話を最初に〜
>終盤結局そっちほうめんの描写じゃないほうにいってしまって〜
 政治重視の間は戦闘が一方的すぎで、戦闘が面白くなってくると政治のお話はお終い、という感はありましたね。

>おかげで政治的な部分で出ていたマリナが空気ヒロインに〜
 マスードと2人での停戦への努力、これは見たかったです。

>あと終盤になってもCB側のキャラ立ちがイマイチだった
 過去の詳細が語られたキャラ自体が限られていますからね。
 ラッセとか、結局どういう過去なのかさっぱり…(汗)。

>あと気になったのは国連が一つの軍隊になったこと
 この過程は、個人的には想像できる気がしますので、少し上(コメント72)にそれを書いています。

(続きます)
74. Posted by なっきー   2008年03月30日 21:27
>(まぁ延々と政治劇描くのは無理なんでしょうけれども・・・・)
 藍依さんとか私とかには面白く感じても、一般的にはちょっと受けが悪そうですしね(汗)。
 しかもきっと、とても長いわけで…。

>色々厳しいこと書いてしまいましたがどうまとめるのか2期
>期待しています
 制作側としても結構新しいことにも挑戦した作品だと思うので、この第1期の経験はきっと第2期に活かされる気がします。
 そこに期待したいです。
75. Posted by コー   2008年03月31日 00:27
なっきーさんこんばんは
またお邪魔いたしします^^



<アレハンドロ
国連大使と言う黒幕ポジションにもかかわらず、わざわざ前線にしゃしゃり出たあげく野望が「世界に金メッキを施す事」。彼の小者っぷり及びKYっぷりには頭が下がりますw
おそらくはチート時に誤って小者とKYのステータスまでも最高値にしてしまったのでしょうw
やはり個人的にはこんな(ある意味)高貴なお方よりも

<グラハム
国連の援軍にはアレハ様より彼が来てほしかった所。あのタイミングであらわれたと言う事は、もう少し戦闘開始が遅ければ開戦に間に合ったでしょうし。
そうすれば刹那とグラハムのラブラブ(違)会話ももっと長く聞いていられただろうにと思うと残念でなりません。
刹那すら呆けさせた彼の「対ガンダム用石化魔法」があればいかにトランザムといえども一方的にはならないと思いますしw

(続きます)
76. Posted by コー   2008年03月31日 00:28
この回で00一期が終了したわけですが、私個人は初期の世界が変わり始めていくあのゆっくりとしたテンポがかなりお気に入りだったという少数派なので、後半の怒涛の展開に酔ってしまった感もあります。
ですが、それでも後半も十分面白かったですし見ていてよかったと思えるものでした^^

最後になりましたが、なっきーさん半年間お疲れ様でした。
私がなっきーさんの考察を見つけたのはちょうど話が加速し始めた頃ですが、鋭い考察ばかりでとても参考になりました。正直、なっきーさんの考察がなければ怒涛の展開から取り残されていたかもしれません^^;
理解の一助になって頂き、ありがとうございました。
そして、出来ることならば2期もよろしくおねがいします^^
77. Posted by なっきー   2008年03月31日 06:21
4  コーさん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。


>アレハンドロ
>国連大使と言う黒幕ポジションにもかかわらず、わざわざ前線に
>しゃしゃり出たあげく野望が「世界に金メッキを施す事」。
 金ぴかの場所がどんどん増えそうです(笑)。
 まあリボンズ以外にも手駒を増やして、自分は一切表に出ずに陰謀だけ巡らせていたなら、こうもあっさり破綻しなかった気がしますね。

>おそらくはチート時に誤って小者とKYのステータスまでも最高
>値にしてしまったのでしょうw
 なるほど!(笑)

>グラハム
>国連の援軍にはアレハ様より彼が来てほしかった所。
 グラハムも、単騎でさえなかったなら、そしてダリルが特攻する前に間に合えば、もう少し安全な戦いも有り得た気がします。

(続きます)
78. Posted by なっきー   2008年03月31日 06:23
>もう少し戦闘開始が遅ければ開戦に間に合ったでしょうし。
 仰る通りでしょうね。ただ、↓

>そうすれば刹那とグラハムのラブラブ(違)会話ももっと長く
>聞いていられただろうにと思うと残念でなりません。
 ダリルたちが生きていれば、グラハムは彼らのリーダーとしての役割を優先させそうな気がします。

>刹那すら呆けさせた彼の「対ガンダム用石化魔法」があれば〜
 刹那だから麻痺で済んだ気がしますね(笑)。
 かなり強力です。

>〜私個人は初期の世界が変わり始めていくあのゆっくりとした
>テンポがかなりお気に入りだったという少数派なので、〜
 『もしアレハンドロたちの計画介入がなかったなら』 。
 これはこれで面白そうなんですよね。
 …ただ、2クール程度の枠ではほとんどお話が進まないでしょうけど…。

(続きます)
79. Posted by なっきー   2008年03月31日 06:24
>後半も十分面白かったですし見ていてよかったと思える〜
 楽しまれることができたようで、何よりです。
 この作品はそれぞれの人格というか、思考パターンがしっかりできていたので、状況が急変しても、感情移入自体はしやすかった気がします。

>最後になりましたが、なっきーさん半年間お疲れ様でした。
 ありがとうございます。
 そして、ここに来ていただいたことにもお礼申し上げます♪

>正直、なっきーさんの考察がなければ怒涛の展開から取り残され
>ていたかもしれません^^;
 そう言っていただけると励みになります! \(≧▽≦)/

>そして、出来ることならば2期もよろしくおねがいします^^
 それこそ余程のことがない限り、書くかと思います。
 もしよろしければ、また遊びにいらしてくださいませ。
80. Posted by エルモア   2008年03月31日 12:54
こんにちはです、なっきーさん。

>小説版に何か関連事項が出るという情報

ゴメンナサイ!
昨日小説読み終えましたが、名前だけしか出ていませんでした<(__)>
今後はもう少し確かめてから、こういう事書きます。
すみませんでした・・・。

あと今期の小説版を読んでみて、なっきーさんが以前書かれていらっしゃった、刹那がマリナ姫に母親の面影を見ている、というのは大正解だったみたいです。
アニメ本編でもこの辺り深く描写されていれば、唐突だとか言われずに済んだと思うのですが・・・。
81. Posted by くろみや   2008年03月31日 19:37
こんばんは。

半年間がとても早く感じました。

始めは「勢いがないなー」なんて思っていたのですが、回を重ねるごとにキャラが愛しくなっていきました。


こちらを見つけたのは5話の感想からなのですが、毎週とても興味深い考察が沢山書かれていて、なっきーさんのブログを拝見するのがガンダムを見た後の楽しみでした。

半年間お疲れ様でした。ギアスの感想や、他の記事もこれからもまた拝見させていただきたいです。
ありがとうございました!
82. Posted by なっきー   2008年04月01日 00:26
4  エルモアさん、くろみやさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>エルモアさん

>昨日小説読み終えましたが、名前だけしか出て〜
 まあそういうこともありますよ。
 そうなると多分、続刊でいつか詳細が描かれるような気がしますね。

>今後はもう少し確かめてから、こういう事書きます。
 あんまりお気になさらずにー。

>〜刹那がマリナ姫に母親の面影を見ている、というのは大正解
>だったみたいです。
 これはやっぱり、という感じです。
 ただ、↓

>アニメ本編でもこの辺り深く描写されていれば、唐突だとか
>言われずに済んだと思うのですが・・・。
 その通りでしょうね。
 全般にそうした裏事情がわかる描写は、ギリギリまで削られている感じです。



(続きます)
83. Posted by なっきー   2008年04月01日 00:28
>くろみやさん

>半年間がとても早く感じました。
 同感です。前半は溜めて溜めて、後半で爆発した感じです。

>始めは「勢いがないなー」なんて思っていたのですが、回を
>重ねるごとにキャラが愛しくなっていきました。
 最初の頃は、キャラの内面も物凄くわかりづらかったですしね。

>〜毎週とても興味深い考察が沢山書かれていて、なっきーさんの
>ブログを拝見するのがガンダムを見た後の楽しみでした。
 そう言っていただけると嬉しいです! ヽ(⌒ヮ⌒)ノ
 私自身も、こうしていろいろな方にコメントをいただけるのがとても楽しみでした。

>ギアスの感想や、他の記事もこれからもまた拝見させていただ
>きたいです。
 はい、もしよろしければまた遊びにいらしてくださいませ♪
84. Posted by クロ助   2008年04月01日 12:38
某所で言及されてたので確認してみたら、ラスト、CB残党のアジトである岩塊衛星のシーンで、衛星にトリニティの運用していた母艦がドッキングしてました。

トレミーが撃沈され、新たに母艦を調達するのは相当骨だろうなあと思ってたら、使える物は何でも使う的な発想でトリニティ艦を利用していたので、思わずニヤリとさせられました。(笑
85. Posted by さく   2008年04月01日 15:30
4 なっきーさん、こんにちは。
大分出遅れてしまいましたが、今朝方やっと録画した00最終話を視聴できたので、また寄らせていただきました。

終っちゃいましたね、第1期。
私の中では23話あたりが一番盛り上がっていたんですが(笑)、そこに至るまでにアクセルを全快に踏み続け、その後も出したスピードをあまり落とさず、最後まで突っ切ってくれました。
終盤は、それまで抑えてきたスタッフの皆さんの熱意が、そのままTV画面から溢れて出てくるようで、とても楽しく視聴出来ました。
スタッフの方々には、心からのお疲れ様と、第2期には今期での経験(良い意味でも悪い意味でも)を活かして、更に面白い作品を見せて欲しいと思います。
86. Posted by さく   2008年04月01日 15:34
>凸ルヤ
>超兵のあるべき姿
ちょっと思ったんですが、『あるべき姿』というのは『存在』という意味ではなく、『開発された能力』とか、そういう感じのニュアンスなんじゃないでしょうか。
アレルヤだけでは超兵としては失敗作でしたが、そこに秘められた能力を引き出せるハレルヤが加わることで、はからずも超兵として完成してしまったんじゃないかと。
ようは、超兵としてはソーマがベターならば、凸ルヤはベスト、って感じに私は受け止めました。

生きること、戦うことに消極的だったアレルヤが、それでも極限下で生き残ることを諦められずに作り出されたのがハレルヤですよね。
ならば、アレルヤが本心から生きたいと強く思い、その為に戦うことを決意した時点で凸ルヤの融合ははじまっていたんじゃないでしょうか。
87. Posted by さく   2008年04月01日 15:36
ソーマとの戦闘、途中からはテンションも上りまくって、自分達のどちらがアレルヤで、どちらがハレルヤなのか、本人にもわからなくなっていそうな感じです。

>ティエリア
今回、大方の予想を裏切り(?)、CBの中で一番生死が分からない終り方ですが、私は完全に死んで(消えて)しまうことはないと思っています。
ただ、良くも悪くも謎の人なので、最悪残ったのが、最終決戦の直前時点でのバックアップデータだけとかだったらどうしよう(汗)

>仮面グラハム
顔以外にも、身体の中身は大丈夫なのでしょうか。
もう大分無理をしてきていたので、外見はともかく、中はけっこうボロボロだったんじゃないかと思うんですよね。
出撃前にちゃんと治療を受けていれば良いんですけど、内臓が弱った人間が近距離でGN粒子を大量に浴びたら・・・とか、どうしても考えてしまいます。
88. Posted by さく   2008年04月01日 15:38
>ラッセ
大丈夫、生きてる。絶対死なない。
ほら、炭酸だって元気そうだし、大丈夫大丈夫。
(と、ずっと自分に言い聞かせる)


最後になっきーさん、半年間お疲れ様でした。
私は余程何か知りたいことがない限り、放映中の作品のレビューは(ネタバレとかしそうで)リアルタイムで見ることはないのですが、こちらだけは特別です。
ひぐらしの頃からお世話になっているますが、この半年間は特に楽しく拝見させていただきました。
ありがとうございました。
また4月はじまりの記事も楽しみにしています。
あ、でもくれぐれも無理のないよう、お体ご自愛くださいね。
89. Posted by なっきー   2008年04月01日 23:32
4  クロ助さん、さくさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>クロ助さん

>〜ラスト、CB残党のアジトである岩塊衛星のシーンで、衛星に
>トリニティの運用していた母艦がドッキングしてました。
 気付いてませんでした。…これは面白いですね。↓

>〜新たに母艦を調達するのは相当骨だろうなあと思ってたら、使える物は何でも使う的な発想で〜
 リサイクルですね(笑)。
 こういうのは好きです。

 あれはヴェーダの支配下になかったのでしょうね。
 だからアレハンドロたちは位置を把握しておらず、残ったままになっていたのでしょう。



(続きます)
90. Posted by なっきー   2008年04月01日 23:36
>さくさん

>〜今朝方やっと録画した00最終話を視聴できたので、また寄ら
>せていただきました。
 はい、いらっしゃいませー♪

>私の中では23話あたりが一番盛り上がっていた〜
 盛り上がってきていて、しかも先が読み切れない、ちょうどそんな辺りですよね。

>〜終盤は、それまで抑えてきたスタッフの皆さんの熱意が、その
>ままTV画面から溢れて出てくるようで、とても楽しく視聴〜
 観ていてスタッフの人たちの情熱が感じられた気がします。

>スタッフの方々には、〜第2期には今期での経験(良い意味でも
>悪い意味でも)を活かして、更に面白い作品を〜
 この辺、全く同感です。
 スタッフさんたち的にもうまくいったところもあれば、作りたかったイメージを描ききれなかったところも、必ずあったと思います。その経験をうまく活かせば、第2期でさらなるグレードアップもできそうな気がします。

(続きます)
91. Posted by なっきー   2008年04月01日 23:39
>>超兵のあるべき姿
>〜『あるべき姿』というのは『存在』という意味ではなく、
>『開発された能力』とか、そういう感じのニュアンス〜
 その通りでしょう。
 ただ、アレルヤは超兵(自分含む)自体を、 『こんなモノがいてはいけない』 と考えていると思っていたのですよ。…と言うか、今でも思っています。
 だから超兵機関のビルは、超兵候補ごと破壊されたのですから。

 それを思うと、存在自体を否定しながら 『超兵はこうあるべき』 と語ることに、やはり微妙に違和感を感じてしまうのです。

>〜秘められた能力を引き出せるハレルヤが加わることで、はか
>らずも超兵として完成してしまったんじゃないかと。
 実は結果オーライだった(笑)、という形ですよね。

(続きます)
92. Posted by なっきー   2008年04月01日 23:41
>〜ならば、アレルヤが本心から生きたいと強く思い、その為に
>戦うことを決意した時点で凸ルヤの融合ははじまっていた
 なるほど…、これは仰る通りかもしれません。
 『生きるために殺す』 ことができないからハレルヤが分離したわけですからね。

>〜自分達のどちらがアレルヤで、どちらがハレルヤなのか、本人
>にもわからなくなっていそうな感じです。
 なるほど、それもありそうですね。

>ティエリア
>〜私は完全に死んで(消えて)しまうことはないと思って〜
 こればっかりは、第2期まで確定しないでしょう。
 …ただロックオンの元へ逝きたいと願ったティエリアの方が、強く生きる意志を抱いたアレルヤより危ういようには思います。

(続きます)
93. Posted by なっきー   2008年04月01日 23:44
>〜最悪残ったのが、最終決戦の直前時点でのバックアップデータ
>だけとかだったらどうしよう(汗)
 またそれが有り得るから困りますよね。

>仮面グラハム
>顔以外にも、身体の中身は大丈夫なのでしょうか。
 無茶する人ですからね(汗)。
 …ただ、復讐が終わったということで、彼にもゆっくり身体を治す(その間戦わない)選択ができるようになったのでは、とも思えます。

>〜内臓が弱った人間が近距離でGN粒子を大量に浴びたら・・・〜
 顔の再生ができなかったのとか、本当にそれが理由かもしれません。
 でも私は、あのシーンで仮面さんは普通に歩いていたので、案外元気なのではないかと楽観的に考えています。

>ラッセ
>大丈夫、生きてる。絶対死なない。
>ほら、炭酸だって元気そうだし、大丈夫大丈夫。
 明確に死んだ描写がなかったのは確かです。↓

(続きます)
94. Posted by なっきー   2008年04月01日 23:46
 ただ、さすがに(ある意味)超人の炭酸とは、比べられない気が…。

>最後になっきーさん、半年間お疲れ様でした。
 ありがとうございます! \(≧▽≦)/

>私は余程何か知りたいことがない限り、放映中の作品のレビュー
>は(ネタバレとかしそうで)リアルタイムで見ることはない〜
 私もネタバレ徹底回避の人なので、そのお気持ちは凄くわかる気がします。
 これ、真逆のネタバレ大歓迎の人だと、さらっと 『知っていること』 を書いちゃうみたいなんですよね。

>〜こちらだけは特別です。
 凄く嬉しくて、何だか胸がいっぱいに…。

>ひぐらしの頃からお世話になっているますが、この半年間は特に
>楽しく拝見させていただきました。
 ひぐらしの時にも、とても楽しんで書いてました。
 わかりやすく、それでいてネタバレ絶対NGという難しさはありましたけど。

(続きます)
95. Posted by なっきー   2008年04月01日 23:48
>また4月はじまりの記事も楽しみにしています。
>あ、でもくれぐれも無理のないよう、お体ご自愛くださいね。
 ありがとうございます!
 体調はまだ復調していませんが(汗)、無理しない範囲で書けるものを、という形で頑張ろうと思います。

 もしよろしければ、また遊びに来てくださいませ。
96. Posted by りぐ   2008年04月03日 20:55
こんばんは

そろそろレスも落ち着いてきたようなので、

>ラグランジュ1
なんとなく謎に感じていたのですが、この補給ポイントははたしてどこからの物資を集積していたのかということですね。地球から軌道エレベーターであげた物資もあるかもしれませんがちょっと不経済的ですよね。後方から(コロニーまたはL2.4.5)とかからと考えるほうが妥当でしょうね。後方から前線へという兵站の基本的な形ですから。クリスの過去話でもコロニーは出てきましたし、CBの組織力は当然そちら側へも働いていることになります。

>地球連邦
あくまで個人的にはその結成の真意は外に対してだと思います。CBが示した通り地球上の旧勢力を抑えるのに(擬似)太陽炉搭載機が数機あれば足りるような気もします。
97. Posted by りぐ   2008年04月03日 21:03
量産化して軍事力をひけらかすというのも当然ありなのですけどね。ジンクス30機蟹工船1機の進呈を不振に思った3大国が警戒の目を外に向けた結果、宇宙にて危険な存在を発見したとかいうのもありえそうなのです。・・・というか最初にでてたAEUの情報部の長官とかそれくらいのスキルあってもおかしくないのですけど・・・。

>王留美
>地球から戦況把握
ふとね、一人ポイントが外れてそうな刹那をネーナに救出にいかせたのかと思ったのですよね。貸し借りなしになりますが(笑
98. Posted by 東西南北   2008年04月03日 21:47
なっきーさん、遅ればせながらこんばんわ。
23話で受けたダメージに私生活の諸々が相まって、最終2話の録画視聴がこんなにも遅くなってしまいました(汗
では、さくっと感想をば・・・

>「狙い撃つ!」
・・・ここでいきなり撃沈(爆
元々こういう受け継ぎって大好きなモチーフなんですが、この台詞でやられると私には回避不能ですw
キャラ固有の決め台詞ってのは、こういう時便利。

>超兵の在るべき姿だッ!
>あなたたちは超兵そのものに反対じゃなかったっけ!?
ちょっとうろ覚えなんですが、ハレルヤも反対してましたっけ?
99. Posted by 東西南北   2008年04月03日 21:48
アレルヤは「在るべきでない」と思ってそうですが、ハレルヤは単に「自分の敵となる」という点以外で否定してなかったように思います。
だから、ハレルヤとしてはいつでも「在るべき姿」になりたかったのに、「在るべきでない」と考えるアレルヤが嫌がっていたのではないかと。
で、ここにきてアレルヤが「ようやくその気に」なったと。

>親子
特にセルゲイ中佐、絶対死ぬだろうと思ってたんですが、幸いにも外れました。
中佐、何気にエピローグの平和維持軍の敬礼シーンにもいましたしね。マリーなる名前が明かされた娘共々、2期での活躍に期待です。
そして、敬礼シーンと言えば↓

>炭酸
生きてやがったwww
はい、私も爆笑させていただきましたともw
流石は炭酸。こいつの不死身度はまさにスペシャルだ!・・・と言いたかったのですが(後述)
100. Posted by 東西南北   2008年04月03日 21:49
>チート王陛下
何と言うか、こうまで小者だと最早かける言葉が見つかりません(汗
リボンズの離反も、自明だったとはいえあっさりと済まされてしまいましたし。第1期のラスボスとしてはイマイチだなーと思っていたら・・・↓

>グラハム
何か来ちゃったよorz
これは特に個人的な感想なのですが、この時点でテンション急効果しました(何
もう画面に向かって「ええええ〜〜〜〜?」って言っちゃいましたよ。そりゃ今期中に出とかないといかんでしょうが、こんなタイミングで出てこられても
(汗
おまけにすっかり復讐鬼ですしね。私、この数分のせいでグラハム株が急落してしまいました(´・ω・`)

で、来たと思ったらすぐ死んだ、と思いきやしっかり生きてました。仮面付けててもすぐ分かるのは流石ハムw
生きてたのは嬉しいのですが、見た目にあまりいい印象を受けなかったのが不安(´・ω・`)私の好きだったグラハムは健在だろうか・・・。
101. Posted by 東西南北   2008年04月03日 21:50
それと、地上人側のメインキャラ、実は炭酸以外も結局ほとんど生き残ってますよね。
アリーも生きてましたし。もちろん死んだとは全く思って無かったですし、彼には刹那と決着付けてもらわないとイカンですし。こやつらが生きてたのは、悪い事ではないはずなのですが・・・何か釈然としないのは何故だろう(´・ω・`)

・・・ん?でもそう考えると、刹那も生き残ってないとイカンわけですね。少し希望が見えた。

>刹那
序盤から考えれば信じられないくらい主人公してた(笑)と思うのですが、相手の二人が上記の通りなので、個人的にはどーにも不完全燃焼でして・・・。
せっかく主人公らしくなったんだから、ここで死なれちゃ困ります。是非とも2期でも頑張っていただかないと!
102. Posted by 東西南北   2008年04月03日 21:51
>ティエリア
太陽炉外してあの台詞では・・・(滝汗
せっかく成長してきた所だったのに。でも、ここで死んだらあまりに哀れ過ぎますよ。何とか生きてて欲しいです。
んで、あの2号さん(違)を熱血鉄拳制裁してみたり。そうなったら私のストライクど真ん中ですが、さてw


総じて見て、後半の勢いある展開はとても良かったですが、最後に勢い余って着地し損ねたかなーと。
2期ありきで作るなら、いっそ走ったまま終わらすというのもアリだったと思うのですが。一応でも止まろうとしてみて、すっ転んだように感じてます。
103. Posted by 東西南北   2008年04月03日 21:52
とはいえ、初めに思ってた以上に楽しませていただきました。スタッフの皆様にありがとうと、2期もよろしくと言いたいですw

そしてなっきーさん。実は私、なっきーさんの感想を読んでOOの視聴を決めました。
6話からの途中参加ながら、なっきーさんの精緻なレビューのおかげで問題無く見始める事が出来ました。どうもありがとうございました。
そして、その精緻さでの全話レビュー、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました。
またコードギアスやOOの2期その他でもお邪魔したいと思いますので、その時はどうぞよろしくお願いします。

最後に、お体には充分お気をつけ下さい。
長文失礼しました。ではm(_ _)m
104. Posted by なっきー   2008年04月04日 01:25
4  りぐさん、東西南北さん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>りぐさん

>そろそろレスも落ち着いてきたようなので、〜
 お気遣いいただいてありがとうございます。

>ラグランジュ1
>〜この補給ポイントははたしてどこからの物資を集積して〜
 私は、↓

>〜地球から軌道エレベーターであげた物資もあるかもしれません
>がちょっと不経済的ですよね。
 これだと思っています。
 プトレマイオス製造とかも同様に行った気がしますし、実は軌道エレベータのチェックをすり抜けるコツを、既に掴んでいたのかもしれません。
 もちろん、↓

>後方から(コロニーまたはL2.4.5)とかからと考える
>ほうが妥当でしょうね。
 それも有り得ますね。↓

(続きます)
105. Posted by なっきー   2008年04月04日 01:27
 …が、虎の子のガンダムすらもエレベータに乗せていた図々しさからして(笑)、補給物資も武器弾薬も全部、エレベータではないかと疑っています。

>地球連邦
>あくまで個人的にはその結成の真意は外に対してだと思います。
 それは少し違うように思っています。↓

>CBが示した通り地球上の旧勢力を抑えるのに(擬似)太陽炉搭載
>機が数機あれば足りるような気もします。
 それを完全な形でできていたのは、あくまでプトレマイオスが知られていない間だけでした。
 太陽炉によって攻撃力は保証されますが、守るためには、本来は 『数』 が必要だと思います。

 常駐しないにしても、変事があれば数で守る、これができないことには、 『絶対に失ってはならないアキレス腱』 である3本の軌道エレベータを守りきれません。
 つまり、↓

>量産化して軍事力をひけらかすというのも〜
 威圧だけではないと思います。↓

(続きます)
106. Posted by なっきー   2008年04月04日 01:28
 絶対死守という拠点がある以上は、とにかく数が必要なのだと思うのですよ。

>〜宇宙にて危険な存在を発見したとかいうのもありえそう〜
 もちろん、それも有り得ます。
 と言うか、イオリアの計画も、外からの脅威に対抗するためという可能性が残ったままですしね。

>王留美
>〜一人ポイントが外れてそうな刹那をネーナに救出にいかせた〜
 有りそうですね(笑)。
 留美としてはやはり手駒が欲しいでしょうし、そういう意味では窮地に陥ったトリニティは、ちょうどいい相手と言えますよね。



(続きます)
107. Posted by なっきー   2008年04月04日 01:31
>東西南北さん

>23話で受けたダメージに私生活の諸々が相まって、最終2話
>の録画視聴がこんなにも遅くなってしまいました(汗
 この手の飛ばし見が利きにくい作品では、一度遅れ出すとすぐには取り返せないですしね。

>「狙い撃つ!」
>・・・ここでいきなり撃沈(爆
 思いの継承ですよね。
 今まではハンドガンより投げショートソードの方が撃墜率が高い(笑)刹那でしたが、ここではよく当てていました。

>キャラ固有の決め台詞ってのは、こういう時便利。
 なるほど、確かにそうですね。

>>超兵の在るべき姿だッ!
>〜アレルヤは「在るべきでない」と思ってそうですが、ハレルヤ
>は単に「自分の敵となる」という点以外で否定してなかった〜
 これは盲点でした。
 確かに仰る通りかもしれません。↓

(続きます)
108. Posted by なっきー   2008年04月04日 01:33
 ただ、超兵機関殲滅作戦には、ハレルヤも賛成しています。
(♯スメラギとの会話でそれを思わせる発言があります)
 なのでてっきり、ハレルヤもアンチ超兵かと思っていたのですが、そうとは限らない気もしてきました。

>〜ハレルヤとしてはいつでも「在るべき姿」になりたかった〜
>で、ここにきてアレルヤが「ようやくその気に」なったと。
 そう考えると、辻褄が合いますね。
 ハレルヤを否定するアレルヤが右目を隠し、同じようにハレルヤは左目を隠し、それは相互否定の象徴でしょうし、そこに超兵への賛否も含まれるのかもしれません。

>親子
>特にセルゲイ中佐、絶対死ぬだろうと思ってたんですが、幸い
>にも外れました。
 彼もかなり危うい立ち位置だったのは確かですよね(汗)。

(続きます)
109. Posted by なっきー   2008年04月04日 01:36
>〜マリーなる名前が明かされた娘共々、2期での活躍に期待
 マリーとアレルヤの物語は重要な軸の一つでしょうし、何気にアレルヤと何かと絡んでいるセルゲイ、これもその伏線だったと言えそうです。

>炭酸
>生きてやがったwww
>はい、私も爆笑させていただきましたともw
 これは吹きますよね!(笑)
 い る し !!!! …みたいな(笑)

>チート王陛下
>〜リボンズの離反も、自明だったとはいえあっさりと済まされて
>しまいましたし。
 一人しか腹心がいない、という時点で裏切りフラグと言えたかもしれません(笑)。

>グラハム
>〜この時点でテンション急効果しました(何
 私はグラハム好きですが、記事にもあるように、ここで来ると危ういとは思っていました(汗)。↓

(続きます)
110. Posted by なっきー   2008年04月04日 01:38
 これは私怨による私闘です。
 物語のお約束とかではなく、私的復讐というものは、勝とうと負けようと何らかの代償を支払うことになるのは必然だと思うのですよ。

>おまけにすっかり復讐鬼ですしね。私、この数分のせいでグラ
>ハム株が急落してしまいました(´・ω・`)
 それもわかる気がします。

>〜仮面付けててもすぐ分かるのは流石ハムw
 一言しゃべったら、(例えそれが合成音声でも)彼と確定しそうです(笑)。

>〜私の好きだったグラハムは健在だろうか・・・。
 復讐を終えて、憑き物も落ちていてくれるといいのですが…。

>地上人側のメインキャラ、実は炭酸以外も結局ほとんど生き残
>ってますよね。
 元の戦力が圧倒的すぎましたからね。
 だから逆に、ソレスタルビーイング側はティエリアが生き延びることを諦めたとわかってさえも、回収に行けないわけで…。

(続きます)
111. Posted by なっきー   2008年04月04日 01:42
>アリーも生きてましたし。〜
>・・何か釈然としないのは何故だろう(´・ω・`)
 どうやって生き延びたのかが(想像はできますが)わかりませんしね。

>〜そう考えると、刹那も生き残ってないとイカンわけですね。
 …なるほど! 確かにアリーがいるなら刹那も生き延びてないとダメですよね!
 そして、戦う場を得られて有頂天(予想)のアリーに、今度こそ制裁を下すのです。

>刹那
>序盤から考えれば信じられないくらい主人公してた(笑)〜
>相手の二人が上記の通りなので、個人的にはどーにも不完全燃焼
 一方はチート王陛下(笑)、もう一方は私的復讐ですからね。
 そういう意味では、格・舞台ともに揃った本当のボス対決は第2期に持ち越しというわけですか。

>ティエリア
>太陽炉外してあの台詞では・・・(滝汗
 私も、彼に関しては相当に悲観的です(汗)。↓

(続きます)
112. Posted by なっきー   2008年04月04日 01:45
 正直、助かるとは思えません…、本人が生きることを諦め、死を望んでいるわけですしね…。↓

>何とか生きてて欲しいです。
>んで、あの2号さん(違)を熱血鉄拳制裁してみたり。
 それは面白そうですね(笑)。
 可能性はゼロではないので、一応そういう期待も持っておこうと思います。

>〜後半の勢いある展開はとても良かったですが、最後に勢い余っ
>て着地し損ねたかなーと。
 加速しすぎでしたか(笑)。
 確かにそうかもしれません。↓

>〜一応でも止まろうとしてみて、すっ転んだように感じてます。
 面白い、しかも見事な喩えな気がします。

>とはいえ、初めに思ってた以上に楽しませていただきました。
 ぶっちゃけると、私みたいなのしか楽しめない作品になる可能性もありそうに思えていたのですよ(笑)。↓

(続きます)
113. Posted by なっきー   2008年04月04日 01:48
 ところが主人公サイドも含めて魅力的なキャラがどんどん出てきて、物語も少しわかりやすくなって…、という感じでした。

>〜実は私、なっきーさんの感想を読んでOOの視聴を決めました。
 ありがとうございます! ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ
 感想に限りませんが、お役に立てた時ほど嬉しい時はありません。

>そして、その精緻さでの全話レビュー、本当にお疲れ様でした&
>ありがとうございました。
 どうしたしまして♪
 ちなみにこれは考察のためにいちいち録画を見直さなくていいように、という意味もあったりします。

>またコードギアスやOOの2期その他でもお邪魔したいと思い
>ますので、その時はどうぞよろしくお願いします。
 はい、お待ちしてますー♪

>最後に、お体には充分お気をつけ下さい。
 面目ありません(汗)。
 今は無理しないようにと、とにかくそれを優先させていただいてます。
114. Posted by りぐ   2008年04月04日 09:43
こんにちは

>アキレス腱
そういえば前期2クールでデュナメスの高高度狙撃能力の装備されてる意味なんてものは結局描かれませんでしたよね?

>真意は外に対して
これは私がCBの基盤組織が地球上ではなくコロニー側とかにあると考えているからかもしれません。まあこの辺りは後期を楽しみにしときましょう。

ともあれ、半年間レビューご苦労様でした。引き続きR2でもよろしくお願いします。
115. Posted by なっきー   2008年04月04日 21:58
4  りぐさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>アキレス腱
>前期2クールでデュナメスの高高度狙撃能力の装備されてる
>意味なんてものは結局描かれませんでしたよね?
 固有の目的があったわけではなくて、 『使うべき局面』 が来たら使う、奇襲効果抜群…というつもりだったのだと思います。

>真意は外に対して
>これは私がCBの基盤組織が地球上ではなくコロニー側とかに
>あると考えているからかもしれません。
 確かに、それも十分有り得るでしょうね。

>ともあれ、半年間レビューご苦労様でした。引き続きR2でも
>よろしくお願いします。
 いよいよ明後日ですね。楽しみです。
 その時には、またよろしくお願いしますね。
116. Posted by 五色銭   2008年04月05日 15:50
狙ったわけではないですが恐らくは最後のコメント?

>国連
僭越ながら私は相当長年アニメを見て来ましたが、こんなに撃墜された人間が生きている作品は初めてです!!
整列した連邦軍の懲りない…じゃなくて見慣れた面々を見てつい、「お前ら、ゾンビスト部隊か!」と突っ込みかけました(笑)。
現実の戦争を思うにさすがにいいのか?とも…まあ死期が4年ほど延びただけさ、という見方もできますが。(←鬼)
117. Posted by 五色銭   2008年04月05日 15:53
あの演説シーンは「ギガンティック・フォーミュラ」の最終回を思い出しました(笑)。向こうは“神様”というラスボス倒してメデタシメデタシでしたが、こっちは人類という身内同士の戦いで明確な善悪の区別も無いのでそうはいかない、より悲惨です。
それはそうと、平和維持軍のMSが全機擬似太陽炉搭載型だとすると国連がその技術または生産プラントを独占した、と言う事でしょうか。ただ、生産・取得コストは膨大になりそうですね。

>炭酸
…は、もうはっきり言ってどうでもいいです(笑)。
もうここまで来ると、意外に最後まで生き残ってあこがれの大佐殿をGETする可能性も・・でもやっぱり活躍はしないんだろうな(笑)。
118. Posted by 五色銭   2008年04月05日 15:54
>グラハム
私は皆さんほど設定に明るくないので主にストーリー展開から見ているのですが、最後のグラハムの登場は明らかに“蛇足”と感じます。
もちろん、展開として最後に刹那を生死不明に持ってゆかねばならず、それにはアレハでは軽すぎる。
一方でグラハムにも今期中に何らかの決着をつけねばならない、とはわかるんです。
でも一般視聴者にとっては唐突かつ冗長に感じました。
せめて数話前でも単機での発進シーンとか、アレハを倒した後少しでも何らかの「間」を入れるとかだと良かったと思うんですが。
しかし、サイボーグで復活!は彼になりそうですね。ルイスの腕のように、GN粒子を浴びたとすれば生体再生は困難。「仮面の好敵手」はガンダムの伝統ですね。
119. Posted by 五色銭   2008年04月05日 15:58
>アレハ
ガンダムシリーズでMAの中にMSを入れる、というのは初めてじゃないでしょうか(ドッキングは別)
スパロボ系じゃよくあるネタですが、っていうかどう見ても単なるデッドウェイトですよねぇ。
一体、何のメリットがあるのやら(汗)。
ただMSとMAの操縦系は結構違うのではないでしょうか、それをすぐに切り換えられる彼はそれなりに器用なのかもしれません。
…でも金ピカと言うか金メッキの世界はやっぱりイヤ(笑)。

>沙慈
彼は事件に巻き込まれる事は有っても、何らかの組織に正式に入る事は無いんじゃないかと思っています。
もちろん、ルイスを絶対取り戻そうと必死にはなるでしょう。(逆にルイスは彼に迷惑をかけたくなかったのでしょうね…。)ただ、あくまで地に足をつけた我々普通の一般市民としての視点でこの世界を見ていく存在なのではないでしょうか。
120. Posted by 五色銭   2008年04月05日 16:01
最後のカットの「See you 2nd Season」の文字に安心した人多かったろうなぁ。しかし2期はティエリアといいロックオンといいソックリさんパーティになるんでしょうか?うーん…。

さて何はともあれ、なっきーさんの文章のおかげでより楽しめる作品になりました。ここまで大変にお疲れ様でした。
休む間もありませんが、引き続き「ギアスR2」の感想も心から楽しみにお待ちしております。(←激鬼)

思いがけず長文になった事をお詫びします。
121. Posted by なっきー   2008年04月06日 00:27
4  五色銭さん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>狙ったわけではないですが恐らくは最後のコメント?
 かもしれませんね。
 まあうちは古い記事へのコメントも遮断していないので、どうなるかはわかりませんけど…。

>〜こんなに撃墜された人間が生きている作品は初めてです!!
 脱出装置の作動シーンとか、あるいはコクピットが無事であることを示す描写とか―― 一応炭酸はこれが該当するかも―― が入っていればいいんですけどね。
 そういう意味では、セルゲイもセーフ。

 問題はアリーとグラハムですか。
 両方ともでサプライズをやってしまったから気になりやすいなのかもしれません。片方(一人だけ)なら有りかもしれない気もするんですよね。

(続きます)
122. Posted by なっきー   2008年04月06日 00:29
>〜まあ死期が4年ほど延びただけさ、という見方も〜
 まあソレスタルビーイング対連邦、という図式になると決まったものでもないので、まだわからないとも思います。

>〜向こうは“神様”というラスボス倒してメデタシメデタシ
>でしたが、〜
 確かに、相手が人外なら話は簡単なんですよね。別に人外=悪とは限りませんが、どちらも悪と言えないなら同種族を守る、というのは自然な発想です。
 ところが人間同士の争いだと…(汗)。

>〜平和維持軍のMSが全機擬似太陽炉搭載型だとすると国連が
>その技術または生産プラントを独占した、〜
 前半も後半も、仰る通りだと思います。

>炭酸
>〜意外に最後まで生き残ってあこがれの大佐殿をGETする可能性
 何だかそういう気がしてきました。
 それに無理に武功なんて立てなくても(ぉぃ)、今回のような激戦でも生き残れるのなら、それはそれで貴重なことですしね。

(続きます)
123. Posted by なっきー   2008年04月06日 00:31
>グラハム
>〜最後のグラハムの登場は明らかに“蛇足”と感じます。
 確かにそうかもしれません。
 無くてもお話が成立しているだけに、尚更ですよね。↓

>一方でグラハムにも今期中に何らかの決着をつけねばならない
 もしラストバトルに間に合わなくとも、出番は確実にあったことでしょう。
 その場合は部外者として戦いを振り返るような役しかなく、要は今回のマリナと同列…、それを避けたかったのかもしれない、とは思います。

>「仮面の好敵手」はガンダムの伝統ですね。
 粒子を浴びると再生困難、という伏線があったのが上手かったと思います。

>アレハ
>ガンダムシリーズでMAの中にMSを入れる、というのは初めて
>じゃないでしょうか
 その辺は私にはよくわからないのですが、外側も内側もアレハンドロの趣味丸出し(笑)、というのがかなり笑えました。

(続きます)
124. Posted by なっきー   2008年04月06日 00:33
>一体、何のメリットがあるのやら(汗)。
 あんまり無いと思います。
 そういうのも含めて、アレハンドロは軍事に疎く、兵法やらの知識とかも持っていない気がするんですよね。

>ただMSとMAの操縦系は結構違うのではないでしょうか、〜
 それはどうでしょう。外側はぶっちゃけ移動砲台です。
 回避の必要すらなく、本来なら操作が忙しそうなファングも刹那に全部撃ち落とされているわけで、ほとんど自動化されている気がするのですよ。

>…でも金ピカと言うか金メッキの世界はやっぱりイヤ(笑)。
 激しく同意します(笑)。

>沙慈
>彼は事件に巻き込まれる事は有っても、何らかの組織に正式に
>入る事は無いんじゃないかと思っています。
 一部では彼がガンダムに…なんて予想も見掛けましたが、私も正直、沙慈は精神面が普通すぎて、そういった特別な立場にそぐわない気がしてなりません。↓

(続きます)
125. Posted by なっきー   2008年04月06日 00:37
 ヒーローというものは、なりたくてなれるものでも、なりそうな立場になったからなるものでもないと思います。
 沙慈はあまりに “普通” で、だから特殊な立場になることがあるとしたら、間もなく命を落とすかもしれないとさえ思います。

>もちろん、ルイスを絶対取り戻そうと必死にはなるでしょう。
 そうですよね。
 こちら寄りの反応しか、彼には合わない気がするのです。

>あくまで地に足をつけた我々普通の一般市民としての視点で
>この世界を見ていく存在なのではないでしょうか。
 そして、その立場に相応しい心を持っているように思います。

>最後のカットの「See you 2nd Season」の文字に安心した人
>多かったろうなぁ。
 これで第2期無しだと 『事件発生』 ってやつですよ。

(続きます)
126. Posted by なっきー   2008年04月06日 00:39
>しかし2期はティエリアといいロックオンといいソックリさん
>パーティになるんでしょうか?うーん…。
 この二人はそっくりさんがいる理由に察しが付きますから、私個人は特に問題ないと思っています。
 何の伏線もなくそっくりさんが増えたら問題な気はしますけど…。

>〜なっきーさんの文章のおかげでより楽しめる作品になりました
 そう言っていただけると嬉しいです! \(≧▽≦)/

>〜休む間もありませんが、引き続き「ギアスR2」の感想も心から
>楽しみにお待ちしております。(←激鬼)
 いや、これは初めから書くつもり満々なので…。
 もしよろしければ、また遊びにいらしてくださいまし。

>思いがけず長文になった事をお詫びします。
 うちの場合は、それは一向に構いませんです。
127. Posted by 奏   2008年04月06日 17:40
もっと早くコメントするつもりでしたが頭の整理が追い付かなかったので(苦笑)

>オールバック

結構似合ってましたし、アレルヤとハレルヤの心身の融合が燃えました

>マリー

マリーがアレルヤを知っているのかも気になるところです。今回わかった事はアレルヤとハレルヤは彼女のことを知っていたのみですし

>ラッセかっこいいけど

その分、死亡フラグが立って冷や冷やしてました(汗)
(続きます)
128. Posted by 奏   2008年04月06日 17:42
>仏像MS

何となく後ろの羽みたいなのが光背に見えなくもないかなと思ったのと神々しい金色だったので(笑)

プラモデルになっても売れなさそうですよね。部屋に飾ってもそこだけ変なオーラ纏いそうで

>自らを見下ろす者を倒した後に

自らが見下ろした者が現れるというのが良い感じです。久々の再会にグラハムがぶっ飛んで刹那がドン引きなのが爆笑でしたが唐突感も否めないのが残念でした

(続きます)
129. Posted by 奏   2008年04月06日 17:44
>あなたのもとへ

なんか死んだ恋人の所へいく台詞に聞こえるんですが(笑)←既に百万回繰り返されてそう

ティエリアはロックオンに対して親子愛とか人間愛とかそういうものを抱いていた感じがします

もし人外代表として人類との共存を模索するキャラならティエリアは生きていると思いますが、生き残らない可能性もありえますよね(汗)

(続きます)
130. Posted by 奏   2008年04月06日 17:47
>もう1人の自分との別れ

ハレルヤは「死にたがる」アレルヤを「死なせない」ために生まれたので、アレルヤが「生きたい」と思った時点で存在の意味が無くなってしまったんだろうと思います

ハレルヤが復活するのを望みたいですがそれはアレルヤが生きることを放棄した時なので無理そうなのが残念です

(続きます)
131. Posted by 奏   2008年04月06日 17:49
>マリナへのメール

到達点は同じでも異なる方法で模索し続ける刹那とマリナの対比構造は面白いものでした(改めて思いましたが00はその名の通り対比構造が多いですよね)

>それは自然消滅フラグ(おい)

沙慈はもう少し疑うことを覚えるべきかと。2年前から全くメールを返さないのは何か事件とか事故に巻き込まれたのかもしれないのに……

(続きます)
132. Posted by 奏   2008年04月06日 17:50
>シーリン

多分、シーリンはアザディスタン(マリナ)のために動くには国内では無理なので国外に行ったと思います。本当はもっと早く国外で活躍も可能だったでしょうが、それではマリナが周りに潰されてしまうから側にいたと思います。だからシーリンが一時的にでも離れても大丈夫だと判断出来るくらいマリナは成長したということで、2期では2人が共に(たとえ場所が違っても)頑張る姿を見られると期待してます(続きます)
133. Posted by 奏   2008年04月06日 18:00
>2期まで

コードギアスを見たり公式小説を読んだり再放送を見たりして待ちたいと思います

なっきーさんの記事に助けられて00への理解も深まりました。またコードギアスでもお世話になります
134. Posted by なっきー   2008年04月07日 00:56
4  奏さん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>もっと早くコメントするつもりでしたが頭の整理が追い付か
>なかったので(苦笑)
 いつも書いてますけど、うちはいつの記事でもコメントOKですので、大歓迎です!

>オールバック
>結構似合ってましたし、アレルヤとハレルヤの心身の融合が燃え
>ました
 似合ってるけどヘルメットかぶろう、と思ったものです(笑)。
 お互いを否定していたのが、認め合ってパワーアップというのは、とてもいい感じですよね。

>マリーがアレルヤを知っているのかも気になるところです。
 確かにそちらは未確定ですが、かなり親しい関係だったのではと思っています。

(続きます)
135. Posted by なっきー   2008年04月07日 00:59
>ラッセかっこいいけど
>その分、死亡フラグが立って冷や冷やしてました(汗)
 彼も刹那と同レベルに、(文字通り) 『死ぬまで頑張る』 人でした…(汗)。

>仏像MS
>何となく後ろの羽みたいなのが光背に見えなくもないかなと
>思ったのと神々しい金色だったので(笑)
 なるほど…(笑)。

>プラモデルになっても売れなさそうですよね。部屋に飾っても
>そこだけ変なオーラ纏いそうで
 GN−Xも売れなさそうと思ったものでしたが、こっちの方が遙か格上(?)ですよね。

>自らを見下ろす者を倒した後に
>自らが見下ろした者が現れるというのが良い感じです。
 確かにそうですね。ここでも対比ですか。

>グラハムがぶっ飛んで刹那がドン引きなのが爆笑でしたが唐突感
>も否めないのが残念でした
 刹那をあそこまで引かせられるのはグラハムだけ…(笑)。↓

(続きます)
136. Posted by なっきー   2008年04月07日 01:04
 後半も同感です。間に合うという伏線は無かったですしね。

>あなたのもとへ
>なんか死んだ恋人の所へいく台詞に聞こえるんですが(笑)
 ロクティエという単語を結構見掛けましたね(笑)。

>ティエリアはロックオンに対して親子愛とか人間愛とか〜
 親子に近い気がします。
 理解者がいるという事実に、強い安心感を得られたのは間違いないと思います。

>もし人外代表として人類との共存を模索するキャラなら〜
 リジェネが出てきた以上は、ティエリアの役割が終わってしまったという気もします。

>ハレルヤは「死にたがる」アレルヤを「死なせない」ために
>生まれたので、アレルヤが「生きたい」と思った時点で存在の
>意味が無くなってしまったんだろうと思います
 これまた鋭いですね…。なるほど、仰る通りです。↓

(続きます)
137. Posted by なっきー   2008年04月07日 01:07
 そのために、ハレルヤが在り続けるための力が失われたのかも。

>マリナへのメール
>到達点は同じでも異なる方法で模索し続ける刹那とマリナの
>対比構造は面白いものでした
 刹那が答え聞きたさに夜這い(違)したり、その期待にマリナが一所懸命応えようとしたり、これはこれでいい関係だった気がします。

>沙慈〜
>2年前から全くメールを返さないのは何か事件とか事故に巻き
>込まれたのかもしれないのに……
 単に頻度が落ちたとかではなくて、何か(多分精神的な)理由を付けて 『もうメールできません会えません』 と、ルイスが打ち切ったのだと思います。
 私は、それでも会ってみるべきだったと思うのですが、素直な沙慈は 『彼女がそう言うのならそっとしておこう』 と考えたのではないかと…。

(続きます)
138. Posted by なっきー   2008年04月07日 01:10
>多分、シーリンはアザディスタン(マリナ)のために動くには
>国内では無理なので国外に行ったと思います。
 これも、如何にもありそうなことですね。なるほど。
 確かに、外から何かをしてくれる人も貴重なものですし、あくまでアザディスタンでは政治に関わらせてくれないというのなら尚更かもしれません。

>〜2期では2人が共に(たとえ場所が違っても)頑張る姿を〜
 私も何だか、シーリンの勇姿も引き続き、見られそうな気がしてきました。

>コードギアスを見たり公式小説を読んだり再放送を見たりして
>待ちたいと思います
 テーマが風変わりで、消化しきれてない面もあるかとは思いますが、注ぎ込まれた情熱が強く感じられる作品だったと思います。

(続きます)
139. Posted by なっきー   2008年04月07日 01:13
>なっきーさんの記事に助けられて00への理解も深まりました。
>またコードギアスでもお世話になります
 \(≧▽≦)/ ありがとうございます!

 ギアスR2の記事は、初回から執筆中にPCダウンという災害に見舞われましたが、書き直してアップしました。
 もしよろしければ、またいらしてくださいませ♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Archives
Blog 内検索
Google
www を検索
このブログ内を検索
Recent TrackBacks
Recent Comments