2008年07月13日

コードギアス 反逆のルルーシュR2 #14 『ギアス 狩り』2

 あの日、目指すべき未来と定めた、誰もが分け隔てなく、それが当たり前のように共にいる幸せな世界――。
 ルルーシュの未来、その中核を占めていた大切な人は永遠に喪われた。

 ギアス。
 強力無比な王の力は、しかし、しばしば災いと共にある。

 災厄を生み続けているのはギアス嚮団、そして嚮主V.V.
 大きな犠牲と引き替えに新たな忠臣、新たな情報を得たゼロは、彼らを滅ぼすべく動き始める――。



コードギアス 反逆のルルーシュR2 公式サイト

コードギアス 反逆のルルーシュ - アニメ : BIGLOBEストリーム 無料動画サイト
 見たいけれど地元では……という人はこちらで視聴できます。
 各話、無料は期間限定なので、観たい人はお見逃しなきようお気を付けください。

最終更新: 2008/07/13
 日本語が変なところなど修正



 
 冒頭のナレーションは前回と同じ

 今回のお話は何とも痛々しいというか、結局、またもルルーシュが道を間違えてしまうといった内容だったと思います。
 ギアス嚮団はそのままにはしておけないし、科学者たちや、生み出されたギアス能力者も放置はできません。
 ですが、方法を間違えた、と――。





 a.t.b.1997、ということは、マリアンヌ暗殺事件が起きる少し前ですか。
 乗馬服を着たマリアンヌ、後ろに控えるC.C.。
 立ち位置だけ見るとC.C.はお付きの侍女のような感じですね。

 彼女たちを離れた位置から見ているシャルルとV.V.。

「みんな嘘吐きばかりですよ、兄さん。
 相変わらずです、ブリタニアという国は
「それを言うなら、人間というのは、だろう?」
「そうかもしれませんねえ」
「シャルル、忘れてないよね、僕らの契約を」
「わかっていますよ、 『神を殺し、世界の嘘を壊そう』 」


 V.V.はとうに人間に絶望し、シャルルはブリタニアにだけ失望しているようにも見えます。
 以前にシャルルをV.V.が甘いと言ったように、2人は微妙に違う道を進んでいるようですよね。
 その2人ともが拒んでいるのが世界。

 彼らの言う神とは、 『世界の嘘』 の創り手。
 この現実世界と比べて数百年前くらいから違う歴史を歩み始めているらしい、その元凶を神と呼んでいるのかもしれません。



ロロ・ランペルージ

「危なかったね、兄さん。
 拳銃を手に、兄さんを追いかけていたから」
「……そうか、お前がシャーリーを……」
「うん、兄さんの敵は、僕が排除しなきゃ」


 むしろ嬉々としてルルーシュに報告してしまうロロ。
 これはおよそ考えられる中で最悪の選択で(汗)、まだ自分の犯行を隠そうとする方がマシでした。

 ルルーシュがどれだけ友人たちを、還るべき当たり前の日常を大切にしているか、これではロロがそこを少しも見ていないことがルルーシュにも伝わってしまいます。
 つまりルルーシュにとって、ナナリーの敵

(こいつはもう使えんな)
 ルルーシュはそう思ったに違いありません。

「ロロ……」
「何? 兄さん」
「よくやってくれた」


 ボロ雑巾計画再始動の瞬間でしょう。



 ルルーシュはギアス嚮団をぶっ壊しに行くと宣言し、ロロはこれには動揺します。
 つまりロロにも仲間・家族意識がないわけではないということでしょう。
 V.V.はロロを 『拾ってくれた人』 とのことですが、記憶が改竄されているか、さもなければ物心付く前に親から引き離している可能性も否定できないと思います。

 そもそも後に出てくる嚮団にはたくさんの子どもたちがいたわけで、あの全員が捨て子なり孤児なりだったと考える方に無理があります。
 何しろ嚮団には、人体実験の被験者が必要不可欠だったのですから。

「当たり前だろう? たった2人の兄弟じゃないか」

 もう手遅れかもしれませんが。
 ロロ、世界に背を向けてルルーシュだけを選ぼうとしてもルルーシュの世界からも弾き出されるだけなのです。世界とルルーシュ、両方に手を伸ばさないと、待っているのは――。



 一方、コーネリアは結局捕まってしまったようです。

「妹の無実を晴らすために位を捨て、軍を捨て、素敵だよね。
 僕は思うんだ、兄弟って、この世界で最も美しい関係なんじゃないかって」


 なーんか、ロロと重なる面があるような感じですよね。
 シャルルがルルーシュと重なる 『甘さ』 を持っているのなら、関係の変遷も、(今回だけではなく)似た経緯を辿る可能性があります。



 いろいろな映像が出てきますが、OPでルルーシュに重なっているのは、右目部分だけが開いた石仮面でした。
 これに本来何の意味があるにせよ、ギアスを抑える手段の一つなのは確かですよね。

 シャルルの記憶改竄でも一時抑えられていて、C.C.の特製コンタクト、そしてこの片目しか開いていない仮面。
 さらには可能性として、ナイトオブワンの縫いつけられた左目や、精神的な理由で閉ざされたままだというナナリーの両目も、ギアスの封印の一種なのかもしれません。



楽園の喪失

「銃創と、出血による多臓器不全です」
スザク「シャーリーが……自分で自分を撃ったと……?」


 既に思考にバイアスが……。
 (ルルーシュの)ギアスのせいだと真っ先に考える癖が付いてしまっているようです(汗)。

 弾丸の旋条痕が持っていた銃に一致したとしても、 『自分で』 撃ったと考えるのは相当に特殊なこと。
 そしてそのとき建物内にいた可能性がある人物にルルーシュが含まれていたとしても、だから関与したと考えるのは何とも早計です。



 ……V.V.に与えられた疑念が、まるで呪いのようにスザクに取り憑いています。
 これは兄弟関係だけが尊く見えるV.V.には、親友関係を壊すことは 『嘘を壊す』 ことに等しいということなのでしょうか?



 墓石の前で泣き崩れるシャーリーの母。
 列席した学友の中にルルーシュの姿がありません。
 作戦行動中だったのでしょうが、さすがにこれはまずかったですよね。

 単に葬儀の重要さ云々だけではなく、それは還るべき世界を守ることにも繋がるからです。
 スザクも来ているだけに、咲世子が影武者をするのは具合が悪いでしょうが、作戦開始を遅らせてでも、シャーリーの葬儀にはルルーシュがいなければならなかったとしか言いようがありません。

 ……シャーリーがいなくなって、思い描いた 『幸せな世界』 に致命的な欠損が生じたことで、一時的に還るべき世界があることの大切さを忘れている気がします。
 そして結果的に、葬儀にも出てこないことがスザクの思い込みを補強してしまったとも思います。

ミレイ「ねえ、ルルーシュは?」

 ただ泣きながら首を振るリヴァル。
 連絡が付かない状態なのでしょう。



 ダラス研究所。
 そこにいたニーナも呆然としています。
 明るい子で苦手だった、と言い、カノンに羨ましかったんじゃない?…と訊かれると声を詰まらせながら肯定します。

「だって……涙が出るなんて思わなかった……!」
「ニーナ……、涙が流せる内は、大丈夫」


 そっと抱きしめてあげるカノン、いい人だなあ……。



忘れた初心 突っ込みどころ満載

 C.C.はピザを食べながら愚痴り中。
 今回の相手もマリアンヌっぽいですね。

「全く、ルルーシュのやつ、この私を何だと思っている……。
 伝言係としてほったらかしにしたままだ。

 え? まさか。
 約束を忘れていないか心配なだけだよ。
 それより、お前こそどうするつもりだ? いつまで、


 相手にはC.C.がルルーシュに寄せる恋心が筒抜けで、事あるごとにそこを突いて反応を楽しんでいるみたいなんですよね。



 最後の 『いつまで』 の続きが気になります。
 いろいろ考えられますが、↓

 いつまでそうやって隠れているつもりだ?

…こんな風に、このC.C.と通信するだけで直接関わろうとしない状態に文句を言おうとしたようにも思います。
 私は相変わらず、 『マリアンヌも不死者』 という可能性を高く見ていますしね。



 そして待ち人来る。
 ルルーシュからの通信を聞くC.C.、微妙に嬉しそうな顔にも見えます。
 ロロとジェレミアの情報で嚮団の場所がわかったようで、ルルーシュはゼロ番隊を投入して嚮団を殲滅すると言ってきます。

「殲滅? 利用するんじゃなかったのか?
 あれは武装組織ではなく、ギアスを研究するだけの、」
「殲滅だッ!」
「……何があった?」


 それはC.C.も疑問に思おうというもの。
 これはルルーシュのかなり根本に関わる部分の変節だからです。



 全ての、武器を持たない者の味方。
 撃っていいのは、撃たれる覚悟があるやつだけ。
 参加する資格があるのは、正義を行おうという者。

 強者は弱者を自由にしていいのか。
 それではナナリーはどうなる!



 ……ここが原点。
 全ての始まり。
 そこを忘れては正義の基準がぶれ、仮に戦いに勝ち続けたとしても、いずれゼロが部下に殺されて終わることでしょう。

 黒の騎士団員は、日本人の心を持つことのみを資格として100万もの数を集めているのですから。
 心を裏切る者は敵。
 例えそれが指導者ゼロであってもです。



 乱れたチェス盤、倒れた駒。
 これがまさに今の、ルルーシュの内面。

「シャーリーは最後までギアスに翻弄された!
 シャーリーはギアスに殺されたんだ!」
「だから嚮団を消すのか? 同じ悲劇を繰り返さない贖罪として?」
「これが王の力だと言うのなら、力あるものは1人で十分だ。
 俺はもちろん、ギアスという力、つまり、存在する者をこの世界から消してやる!」


 力あるものは1人でいい。
 そう言えば、誰かがこう応えることでしょう。

 ―― いや、1人すらもいらない。

 世界を否定する者は、世界から否定されるのです。
 自身に都合の悪いモノが消え去った世界こそを好ましいと考えたとき、その人物は世界にとって都合の悪いモノへと成り下がる―― 、それが摂理。

 ノーブル・オブリゲーション。
 高貴なる者の義務。

 これは力を持っている者にも転用できる理屈ではないでしょうか?
 ルルーシュは自分のギアスに関しても否定的になっているようですが、黒の騎士団を動かすのも 『力』 の行使だということを忘れてはいけません。

 ついでに。
 力ある者の居場所がない世界というものは、力のない者が虐げられる世界と同列だと思います。



「では、私も消すか?」
「消したくとも消せないだろう、不老不死の魔女め」
「不老不死という点では、V.V.も同じだが?」
「活動できなくすればいい。かつてクロヴィスが採った方法だってある。
 それに、お前が俺に協力するのかしないのか確認したい。一応、嚮団のトップだったんだろう」
「昔のことだ。
 それに私はただのお飾り、V.V.とは違う。
 ……しかし、お前と私は共犯者だったな」
「情けは邪魔になる作戦だが?」
「最期を看取る覚悟はある」


 案の定、C.C.はこうしたルルーシュの言葉に失望した様子。

 そんな彼女はお飾りの当主だったといいますが、勝手に選ばれて崇拝対象にされるとか、そんな感じだったのかもしれませんね。
 一方のV.V.はそんなC.C.を放逐し、嚮団を乗っ取ったのだと思います。

 情けは邪魔になる。
 ルルーシュ、作戦遂行するゼロ番隊も情けを持っていることを忘れてるよね?
 人を駒扱いすると失敗することも忘れてるよね?



「ではもう1つ確認しておく。お前の願いは何だ」
「作戦には関係ないだろう」


 願いが叶うことが決定的になるまでは、決して口にすることができないとするなら、C.C.の願いにナナリーが関係している可能性もあります。
 何にせよ、ルルーシュが決して認めることがないだろう種類のことに思えます。



全ての、武器を持たざる者の……

 部下にコーネリアやバトレーの処遇を聞かれ、シャルルがコーネリアのことを知っていたのか考えるV.V.。
 シャルルが許容している行動をV.V.が許さないとか、そういった状況を避けたいのでしょうね。

 ジェレミアからの定時連絡に出ますが、相手はルルーシュでした。
 場所はアッシュフォード学園。…に偽装。

「東京決戦のとき、ナナリーをさらったのはお前か? 神根島に俺やスザクたちを集め、観察者を気取っていたのか」

 V.V.はあっさり肯定します。
 ルルーシュも記憶が戻っていることを認めます。

「C.C.をちょうだい。そうすれば君は自由に、」
もう遅い! これは俺とお前の戦争となった」
「ふーん、でも君たちがここに来る頃には僕たちは次の場所に、」


 発信元を偽装していたのが効いて、油断して悠長に会話している間にルルーシュはV.V.の場所を特定してしまいました。
 天井を破って侵攻するナイトメア、そして通信画面にも異変が。
 室内に見えたのは書き割り、それをナイトメアが支えていたという仕組みでした。

 ロロもヴィンセントで出撃。
 多分ロロは出撃させてもらえることを喜んだだろうけど、 「お前はもうそういうことに関わらせないと言ったろう」 からの激変に気付くべき気がします。



「脱出の時間を稼がなきゃ。
 それに躾が必要だよ? マリアンヌの子どもには」


 V.V.は、マリアンヌ暗殺事件の指示を出した可能性も高い感じですよね。
 マリアンヌ+C.C.の目的と、シャルル+V.V.の目的が対立したのかもしれません。



 そのナナリーは、ガラス越し、しかも離れてではあるものの、カレンと会話。

「まさかねえ、ナナリーがお姫さまだったなんてねえ」
 もしこれを今知ったのなら、ルルーシュが皇子だというのも同じとなります。
 この台詞だけでは何とも言えませんけど。

 カレンはガラスの筒に閉じこめられてこそいるものの、拘束衣ではなく普通にドレスを着ていて、椅子も与えられています。
 これらはナナリーの希望と、周囲の危ぶむ声との折衷案なのでしょう。

 ナナリーにはミレイとの会話も許されず、今、学園関係者で話せる相手はスザクしかいません。
 何しろ記憶を改竄されてますしね。

「お兄さまも、行方知れずということですし」

 学園にいたルルーシュからは話を合わせるようにとだけ言われていましたが、その後も同じ認識なのでしょうか。
 カレンも兄ナオトの話を始めようとし、ナナリーは喜びますが……。



 スザクがやって来て、捕虜107号をお借りしたいと言い出します。
 ナナリーは不安そうな顔……、この呼び方から、何か良くない予感を持った気がします。



 一方、黒の騎士団ゼロ番隊も、まるで反撃がないことに疑問を感じ始めます。
 そもそも彼らは武装すらしていません。

疑わしきは罰せよ!
 ブリタニアは、中華連邦の内通者と結託し、この場所で死なない兵士を研究、実験している!
 そのような生命の冒涜を許してはならない!』


 一言目がそれでは誰も納得できません。
 しかもこれは殲滅作戦。

『実験体と思しき者を発見し次第、高圧力ケースに全て封印せよ!
 私が直々に検証する』


 要は、V.V.が無力に見える誰かに扮して逃げる可能性を封じたのでしょう。
 ですが、これでは親衛隊のゼロ番隊の士気と忠誠心がとんでもないことに……。



 コーネリアを部下に探させていたバトレーも撃たれ、倒れます。
 それを見つけたC.C.に、研究員たちの声が……

「C.C.さま! 戻ってこられたのですね!?
 お助けください、C.C.さま!」


 彼らも爆死……。
 でも、やっぱりと言うか、V.V.が乗っ取ったと言っても嚮団内部にもそれを認めていない者は大勢いたわけです。
 まして、助けを求めている者を殺すようでは……。



 ではどうすれば良かったか考えるに、まずはジェレミアに嚮団に戻らせ、内通する可能性のある者をリストアップするのが良かった気がします。
 V.V.に心服し、彼と心中しようという者まで助けることはできないかもしれませんが、この事態を見るに、大勢の内通者を確保可能だったように思います。

 事前に準備を重ねれば 『研究資料を持って脱出』 を含めた多くの抵抗を阻止できたでしょうし、黒の騎士団側にも(殲滅作戦ではなくなるのですから)降伏する者を受け入れる余裕も生まれたことでしょう。
 準備や作戦が完全なら、あるいは侵攻作戦をするまでもなくV.V.を捕獲することすら、不可能ではなかったかもしれません。

 そもそも 『ルルの弟』 すら、味方ならと受け入れたシャーリーがこの惨状を見たなら、どう思うでしょうか?
 いつも書いていますが、仇討ちは生者の怒りや悲しみを晴らすための、つまりは復讐者自身のためのもの。
 それを死者のためと偽ることこそ、その死者への冒涜だと思います。



 バトレーは、クロヴィスがこっそり研究しようとしていた魔女を、皇帝が既に知っていたようだと遅まきながら気付きます。

「関わらねば良かった……、あんな、女に……」
 第1期と重なる台詞ですが、彼なりに(直属上司に)忠実だったバトレーは、ここで退場となってしまった様子……。



火種

千葉「また極秘行動か」
藤堂「サウジの平定も済んだ今、合衆国憲章の批准を急がねばならんのだが……」
ディートハルト「確かに、ブリタニアの脅しに屈する勢力は増えつつありますからね……」
星刻「しかし、イタリアとポーランドはこっちの味方となった。
 ゼロが戻り次第連絡をくれ」


 ゼロはブリタニアの研究施設を叩くとだけ言い残したと伝えますが、通信してきた彼らは不満そうです。
 こんな作戦は、この3人には特に受け入れ難いはずで、バレると離反されかねない行動を、しかも単独ではなく行ってしまったのは痛恨のミスと言えそうです。

 こうした非戦闘員の殲滅作戦をどうしてもやりたければ、ゼロ1人で行わなければならなかったのではないでしょうか。
 可能か不可能かではありません。
 それしか選択肢がないはずだった、ということです。



 ゼロは咲世子にこうして作戦を隠匿するよう指示していたようですが、今度はディートハルトから指令。

「では君には扇副指令を追ってもらおう」
「……え!?」
「先日の会議から、扇副指令の様子がおかしい。
 それ以前から彼は何かを隠している」


 チグサのことが頭から離れない、と。
 ……まあ何も知らなければ、不審にも見えるかもしれません。



 そのヴィレッタは空港で、機密情報局員であることを明かし、外交ルートを使って便を確保しようとしています。
(ジェレミアまでルルーシュに取り込まれた以上……、扇、要を……。)

 あれ? まだ、ブリタニアに帰るつもりなのですね。
 黒の騎士団との繋がりをリークされると警告されているわけですが、その繋がっていたという相手を殺すか、生け捕りにして手土産に帰る分には、その問題はクリアされてしまうわけです。
 ……もっとも、疑いが残って、ヴィレッタの願う出世の道は拓けない、とも思いますが。

 でもそこに咲世子が、内通の疑いとはいえ派遣されているのは結果オーライとなるかもしれませんね。
 扇だけだとヴィレッタに何の疑いも持たないままあっさりやられるのは、確定的だと思いますし。



あの人のために

 ゼロは実験体を発見したら封印しろと命じてはいても、それが子どもである可能性が高いことは言っていなかった、それが災いします。
 何で子どもが、と考えた騎士団員の1人がギアスに掛かり、手を勝手に操作されてしまう状態に。

 味方を攻撃し始めます。
 そこに、主観的には瞬間移動する金色ヴィンセント登場。

「この力、」「ロロお兄ちゃん?」
「ああ、元気にしてましたか?」


 ロロはギアスを使って子どもたち全員を止め―― 、次にその場所が映ったときには、誰もおらず、ただ血塗れの……。



「新入り、ロロとか言ったか? お前もここの、」
「もう関係はありません。僕は、兄さんについて行きさえすれば!」


 ロロは、余計な知識を得そうになった味方も殺してしまいます。
 ……まあこんな有様では、シャーリーが言おうとしていた 『ルルの味方』 というのも、意味を理解できていなかったに違いありません(汗)。

 僕と兄さんに邪魔か、邪魔でないか。
 しかも基準はロロ視点。



((ふははははは……。
 V.V.を追い詰めた以上、あとはロロの機体に仕掛けた爆弾を作動させるだけ……。
 シャーリーへの弔いとして、ロロの命を捧げる! 償わせてやる!))


 ロロ以外の命もたくさん巻き添えになっていますが?
 ロロを赦さないと決めたとしても、だったらロロだけを犠牲にするべきです。



 しかしそこにあの丸っこい機体―― 、ジークフリートが登場。
 かつての乗り手、ジェレミアによれば神経電位接続で、つまり常人には動かせない機体ということ。

 乗っていたのはV.V.。
 自分の身体も改造しているのでしょうか?

「少しは好きだったんだけどね、ルルーシュ。
 君はシャルルに似ているから」


 ルルーシュ視点ではともかく、V.V.視点ではシャルルは身内に相当甘いのでしょう。
 似ているのはその辺のことだと思います。



 C.C.機はルルーシュの指示で離れますが、ジークフリートはジェレミア機からも攻撃を受け、ロロからは降伏勧告。

『攻撃開始!』
「イエス、ユアマジェスティ!」


 ジェレミアは 『心を重んじるゼロ』 に付いてきた人ではないので、多分今回の作戦でも何ら忠誠を曲げることはないでしょう。
 ロロも必死さは変わらず、C.C.はルルーシュどれだけ心変わりしようと、ルルーシュと共犯者であるべき理由があると思えるため、離反はないことでしょう。

 ……でも、それだけ。
 こんな、自分独りの思いをそのまま表に出した作戦を実行していれば、黒の騎士団は空中分解するか、あるいは指導者が変わって存続することになると思います。

「マリアンヌの子どもが調子に乗っても、」

 よくよくマリアンヌが嫌いなようです。
 ……いや、冗談抜きに。



 包囲されている状態ですが、攻撃を弾き続けるジークフリート。

「それは、我が忠義のためにあるべき機体だッ!!」
「ジェレミア、君はゼロを怨んでいたよね?」
「然り。これで皇族への忠義も果たせなくなったと考えたからな。
 されど仕えるべき主がゼロであったなら、マリアンヌさまのためにも、
「お前まで……、その名を口にするか!


 よくよくマリアンヌが嫌いn(ry



 ナナリーが下がり、スザクはカレンにシャーリーの 『自殺』 を教えます。……鑑識はそう言っているのだと。

 何という無能な鑑識。
 あの状況あの死体で、 『自殺以外に有り得ない』 なんて結論が出るだけの情報が揃うとは到底思えません。
 つまりただの決め付けですが、そこにスザクの思い込みがプラスされ、結論となってしまっているようです(汗)。

「……そう、ルルーシュだ」

 まあこれは、 『あのユフィにギアスを掛け、用済みになると殺してしまう』 というイメージがあっての思考なのでしょう。
 時々コメントで書いていましたが、ルルーシュも、記憶改竄が解けたことを隠す云々という事態が終わったら、あの時に何があったかをちゃんと話した方がいいと思っています。

 スザクは信じないでしょうが、 『信じてもらえるだろうから真実を話す』 のではありませんしね。
 真実を話すことそのものに、それだけの価値があるのです。



『ロロ、何とかジークフリートに取り付けないか!?』
「でも、V.V.相手じゃギアスが効かないし……」
『取り付くだけでいいんだ! 後の策はある!』


 こんな説明で特攻するロロ、マジ忠犬。
 いろいろ欠点が多いですが、これだけ忠実な相手を使いこなせないなら王として問題とは言えそうです。

 ロロは必死、V.V.はまだ余裕。
 資料や忠実な部下を乗せた列車が、地下で出発準備を終えたようです。後は上をV.V.が片付けて合流するだけ。

「ここさえ抜ければ、僕とシャルルの勝ちだね」



 V.V.は相変わらず人を嫌な気分にさせる天才。

「君はね、失敗作だったんだよ? ギアスを使っている間、自分の心臓も止まってしまうんだって。
 いつ死んでもおかしくない欠陥品さ!」


 それが時間制限や、止めた後の苦しさに繋がっているのでしょう。
 確かにこれだと、あまり無理をするとそのまま心臓が止まってしまって、とかも起きそうです(汗)。



 動揺するロロのヴィンセントの両足が吹き飛ばされ、パネルではエラーメッセージが出っぱなしに。
 両足をパージしてついに正面からジークフリートにしがみつきますが、ジークフリートにも捕まった格好になり、電撃を受けます。

『よくやってくれたロロ! では、ここでお前とは、』

 ところがジークフリートの弱点を衝くような射撃が地上から来て、腕が壊れ、ヴィンセントも地上へと落下。
 何とか意識を回復したロロは、真っ先に兄さんに謝ります。



忘れた初心 2

 装甲が剥げ落ちたジークフリート。
 主砲の準備に入る蜃気楼。そちらに対応しようにも、地上には第二射の準備をしているコーネリア。
 V.V.の顔に初めて焦りの色が浮かび――。

コーネリア「そこで滅せよ!」
『ギアスの、』
「『源!』」


 今のゼロはかなり黒いので何ですが(汗)、コーネリアと思いが重なるのはなかなか燃えます。



「ルルーシュ! この呪われた皇子め!」

 この言葉、ちゃんと意味がある気がします。
 マリアンヌへの憎悪と根は一緒で、つまりはマリアンヌやC.C.は、彼ら言うところの 『神』 に連なる者なのではないかと思います。

 神と来れば普通は 『祝福』 なのでしょうが、V.V.の言う神は殺すべきモノ。
 故にその血を引くことを 『呪い』 と呼んでもおかしくないかもしれません。

 コントロールを失ったジークフリートは墜落して爆発。
 コーネリアのいる場所への直撃コースですが、素早く飛び離れていましたし、爆風を遮るものさえがあれば無事で済むかもとも思います。



 地下の列車に乗っているのはV.V.に忠実な者たちなので、ジークフリート敗北に動揺します。
 しかし彼は不死。
 ならばと研究員たちは、自分たちだけでも研究データと共に脱出しようとトンネルの隔壁を開きます。

 そこにもナイトメアが待っていて――。

「ま、まさか!」
「C.C.さま!」
「……済まぬ。これはお前たちを放置した私の罪だ。
 だから、ギアスの系譜はここで終わらせる。
 それが、恐らく私とルルーシュの、


 撃ったのは貫通しつつ、中に爆弾をばらまくような砲弾?
 列車全体が後ろから爆発します。



スザク「全ての証拠が、ルルーシュはシロだと言っている。
 でも、僕の心はずっと、ルルーシュが犯人だと、ゼロであると」


 それを思い込みと言います。
 なまじその思い込みの中に真実が含まれていることが、全てが真実ではないかと考えるのに一役買っているのでしょう。

 カレンはもちろんゼロの正体は知らないと言っていて、それは決して変わらないことでしょう。
 しかし……。

もういいんだ!
 これ以上悲劇を繰り返さないためにも、手段にこだわってはいられない
 だから、このリフレインで――。」




 間違った手段で得られた結果に意味はないと思うから。

 絶対にこれを忘れたとは言わせない。
 あの頃のスザクは、今よりは明らかに 『好き』 寄りでした。
 自分の正義を自分の内に持ち、矛盾を抱えながらも真っ直ぐであろうとする姿勢そのものは立派だと思ったからです。

 それが憎しみに囚われ、報復の妄執に取り憑かれる内に、信念を正反対に曲げ、思い込みで人を断罪しようとするまでに堕ちてしまったのが……、言いようもないほどに残念です。



 2

 V.V.は重傷。
 頭にナイフが刺さったのとは違い、全身あちこちで不具合が起きていて、にわかには修理が追い付かない状態なのでしょう。

 遺跡の深奥、両開きの扉に向かって這って逃げるV.V.。
 あちらこちらにあるらしいこの手の遺跡の奥は全部異空間で繋がっている気がします。

 顔を上げてV.V.が見ると、向かっているそこは既に開いていました。

「よく来てくれたね、シャルル。
 やっぱり最後に頼りになるのは兄弟だね」
「兄さん、ルルーシュに刺客を送ったというのは本当ですか?」
「お陰で仕返しされちゃった。
 でも、ルルーシュがゼロだってわかったよ。ナナリーも騙していたんだ、あいつは」
「兄さんはまた、嘘をついた」




 シャルルは、新ゼロが誰なのかをV.V.相手にはわかっていない 『ことにしていた』 気がします。
 そもそもルルーシュを例えば死罪とかにするつもりは、全くないように思うんですよね。
 むしろ、どうにか助けてやりたい、と。

 そのためにこそ、C.C.捕獲を重んじるV.V.の考えを利用して、釣り餌として生かしておくという作戦を考えたのではないかと思います。



 兄さんの嘘、というのは、ルルーシュに対しては攻撃の意志がないとか何とか、そんな風にシャルルに言っていたのではと思います。
 V.V.は二言目にはシャルルと、まるでロロのように兄弟関係だけを重んじていますが、シャルルにとって重んじる対象はもっと広いようにも思います。



 ずらずら並ぶ遺体袋を見て動揺するゼロ番隊の隊員。
 これではブリタニアと変わらない。
 ……全く以て、正しい感想だと思います。

 どれほどそれが近道に思えたとしても、ブリタニアと同じやり方をしていては、ブリタニアに反発する人たちのリーダーは務まりません。
 務まらないリーダーを務めているとどうなるか?

 ……良くて放逐、悪くて死。



 そのルルーシュは、最初にいたV.V.がいた場所を捜索しようとして彼を発見。
 ですが稲光のような光が伸びてきて……。

「し、しまった! これは、神根島のッ!」



 蜃気楼が佇むのはアカシャの剣の階段下。
 ルルーシュがその前に立ち竦んでいます。

 周りを囲む、黄金に染まる雲。

「いつの間に蜃気楼から……、それにこれは、ホログラムとかじゃない……?」
「その通り!
 そしてナイトメアなど無粋な乗り物、アカシャの剣、このシステムの前には、」
「……貴ッ様ァッ!!」
「我が息子よ、ルルーシュよ!
 時は来た!! 贖いの時が」




 ……愉悦?

 あまり表情を変えないシャルルの顔が大きく歪んでます。
 いよいよアカシャの剣が稼働するのでしょうか?

 特に根拠はありませんが何かここ、魂だけで来ているとかそういう場所のような気がしています。
 物理法則にあまり意味がない場所で、だから蜃気楼もその境界たる階段下で勝手に降ろされてしまったのでしょう。

 あの階段下の場所は、ブリタニアの宮殿地下を含む全部の扉に繋がっているのかもしれません。
 V.V.の他者転移の能力で、そこへと飛ばした……のかも?



次回予告

 なぜ皇帝が目の前に……。
 最善の策は、俺のギアスであいつを僕とすること。
 だが、あいつのギアス、そしてこの場所が障害だ!

 何か手はないのか。
 乾坤一擲、この千載一遇のチャンスを――。




 横や上に画像が浮いているかのような、アーケード風の場所。
 絵がこれしかないのは、制作が間に合っていないからではないですよね? ないと思いたいです。

 次回タイトル通り、これがCの世界(の一部)なのかもしれません。
 そうだとするなら、どこかにマオがいることになりますが……。

 次回、 TURN 15 、 『C の 世界』 にも期待しています。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

 コードギアス    反逆のルルーシュ R2  TURN14 『ギアス 狩り』      コードギアス 反逆のルルーシュ R2 DVD volume01(2008/08/22)福山...
黒の騎士団・零番隊、ギアス嚮団本拠地へ殴り込み! 【感想概略】 今回は、ルルーシュが黒の騎士団・零番隊を率いてギアス嚮団本拠地への奮..
3. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第十四話  [ ぶろーくん・こんぱす ]   2008年07月14日 07:30
 シャーリーの死を嘆くルルーシュ。そこに現れたロロは自分がシャーリーを殺したのだ
4. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第14話「ギアス 狩り」  [ 日記・・・かも ]   2008年07月14日 10:02
ルル、ギアス嚮団の壊滅を決意するって話でした。
5. 「コードギアス反逆のルルーシュR2」第14話  [ 日々“是”精進! ]   2008年07月14日 11:49
TURN14「ギアス狩り」
6. ■コードギアス 反逆のルルーシュR2【TURN 14】ギアス 狩り  [ 此方彼方其方-コナタカナタソナタ- ]   2008年07月14日 13:27
コードギアス 反逆のルルーシュR2 #14の視聴感想です。 偽りの笑顔。 嚮団への総攻撃。 勝手なルール。 皇帝の出現。 静かに歪み響き始める不協和音。 ↑さぁポチッとな
てか普通にロロが犯人だったのか…。 殺した現場をやらないからこの作品のこと裏があるのかと思ったけどなにもないのか。というよりそうやっ...
 コードギアス 反逆のルルーシュ R2  TURN14 『ギアス 狩り』  のお色気・伏線記事です  こちらは本編記事だけでは重くなるので部刮..
9. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第14話  [ 刹那的虹色世界 ]   2008年07月14日 15:50
コードギアス 反逆のルルーシュR2 第14話 「ギアス狩り」 全ての元凶はギアス。 ルルーシュは、シャーリーの死の怒りからゼロの根幹さえ...
10. コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 14 「ギアス 狩り」 感想  [ コツコツ一直線 ]   2008年07月14日 16:35
 今回はギアスを絶つためにルルーシュがギアス嚮団に乗り込む話。いよいよ話も本筋に入ってきました。果たしてこのギアス嚮団殲滅が上手く行くのか気になるところです。仲間になったジェレミアも良い感じで満足でした。  今回も色々ありましたが、結局皇帝に最後持って行...
11. コードギアス反逆のルルーシュR2 第14話「ギアス 狩り」  [ のらりんクロッキー ]   2008年07月14日 17:02
まさか自白するとは。 前回のシャーリーの死でかなり気持ちが萎えてしまっている管理人であります。 感想記事続くかなあ… で、シャーリーを殺した犯人についていろいろな意見が各ブロガーさんで展開されていましたが、 まさかこうもあっさりと決着がついてしまうとは...
12. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第14話 「ギアス 狩り」  [ Shooting Stars☆ ]   2008年07月14日 17:47
嘘…マリアンヌを殺したのはV.V?
13. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第14話  [ ラブアニメ。 ]   2008年07月14日 17:58
「ギアス狩り」 先が読めない!! 若かりし頃のマリアンヌ、美人で可愛いなぁ〜と思っていたのも束の間、あっという間にシャーリー殺害犯...
14. コードギアスR2第14話「ギアス狩り」  [ 自堕落学生日記 ]   2008年07月14日 21:30
5 やっぱりOP的にみると黒の騎士団とブリタニアの対立っていうのが描かれてないよなぁ やはり最後は敵味方入り乱れてのカオス展開か?
15. コードギアス反逆のルルーシュR2 第14話「ギアス狩り」  [ またのに。 ]   2008年07月14日 22:13
ここまで悪い方にいくとは思ってなかったよ! それだけシャーリーの存在は大きかったんだなぁ。
16. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN14 「ギアス 狩り」  [ Mare Foecunditatis ]   2008年07月14日 22:22
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN14 「ギアス 狩り」 シャーリーの死を悲しむ暇もなく物語りは急展開! いろんなことがありすぎて・・...
17. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第14話 「ギアス 狩り」  [ 紅蓮の煌き  ]   2008年07月14日 22:58
コードギアスR2 第14話感想です。 ルルーシュの怒りの矛先は――――――
18. 「ギアス 狩り」 -- アニメ - TV コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN14  [ 王様の耳はロバの耳? ]   2008年07月14日 23:41
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01 コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01 (Blu-ray Disc) 怒りと嘘。 魔神と魔女と、人を捨てる騎士。...
19. コードギアスR2 #14 ギアス狩り  [ ビヨビヨ日記帳2 ]   2008年07月15日 01:55
テレビ版の 『コードギアス 反逆のルルーシュR2』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下??.
20. コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 14 「ギアス 狩り」  [ 中濃甘口 Second Dining ]   2008年07月15日 04:43
もう、木下って誰さぁぁぁっ!! コードギアス 反逆のルルーシュR2、第14話の感想です。 シャーリーを撃ったのは、やっぱりロロでした。 そ??.
21. コードギアスR2 第14話  [ 雲の上からHello! ]   2008年07月15日 13:29
最終回直前のような展開でした(汗)。 コードギアス 反逆のルルーシュR2 第14話 「ギアス 狩り」 シャーリーを殺したのは実はロロじゃなかったって展開を予想してるブログさんが結構あったので、そうなのかもって思ってたら、いきなり自分からバラし...
22. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第14話「ギアス狩り」  [ Todasoft Blog ]   2008年07月15日 14:09
「兄さんの敵は僕が排除しなきゃ」 ルルのためシャーリーを殺害をしたロロ…。待ち受ける運命は「ボロ雑巾」…?! シャーリーのことがあ...
23. コードギアスR2 第14話『ギアス狩り』感想    [ 全力日記 ]   2008年07月15日 15:07
ギアスについて多くのことが見えてきた。 例えば皇暦1997年の様子からは マリアンヌとシャルルは、お互いCCやVVの存在を知り合い 時には平和な空間をも共有していたことが分かる。 とりあえずマリアンヌ、素敵{/cat_4/}素敵過ぎる…!!{/m_0139/} 長い間、諸悪の根源だ...
24. コードギアス反逆のルルーシュR2#14「ギアス 狩り」感想  [ おぼろ二次元日記 ]   2008年07月15日 17:09
ギアスによってシャーリーは死んだ!C.Cはそれを「王の力」と言った!ならば他のギアスは滅びるべき!!!「ギアス 狩り」あらすじは公式からです。シャーリーが死んだ。ギアスによって運命を翻弄され続けた彼女は、ギアスの為に命を落とした。ルルーシュはその仇を討...
25. ■コードギアス 反逆のルルーシュR2【TURN 14】ギアス 狩り  [ 此方彼方其方-コナタカナタソナタ- ]   2008年07月15日 21:28
コードギアス 反逆のルルーシュR2 #14の視聴感想です。 偽りの笑顔。 嚮団への総攻撃。 勝手なルール。 皇帝の出現。 静かに歪み響き始める不協和音。 ↑さぁポチッとな
26. 唐象注 「コードギアス 反逆のルルーシュ」  [ 許都賦 Volebam scire quid adepturus esses ex bello. ]   2008年07月15日 21:58
第14話「ギアス狩り」こそ雪讐報恨第一回。 帰ってきたら追記。現在本部で感想起稿中。  ※ちなみに左の方も復讐
27. コードギアス〜反逆のルルーシュR2〜第14話「ギアス狩り」  [ ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ ]   2008年07月15日 23:49
ギアスの源を絶つ!!今回も内容がつまり過ぎて、1回では消費できなかったわ(><)メモすら出来ない速さで、私では無理〜!!ってことで、二度見しながら内容消化していこうかと(^^;)でもこの伏線貼りまくり内容とスピードがコードギアスだからね。今回もまたどう...
28. コードギアス反逆のルルーシュR2第14話  [ アメダマ ]   2008年07月16日 00:18
初回視聴時では、ネリ様とロロ君の身を案じすぎて口の中がカラッカラになっていましたホントはい。 なんかもう冒頭から生きた心地がしない1話でした…ふおわああああああ 思いのほか早くにロロたんがカミングアウトしてしまいました。 「危ない所だったね」 と、一見白々...
29. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN 14 ギアス 狩り  [ 焼きプリン定食(2個目 ]   2008年07月16日 11:32
あ…新規でなく改訂すると、ブログ更新にはならないから誰にも知られないというオチもありえますね?(ノ∀`)アチャー コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01 (Blu-ray Disc)福山 潤, 水島大宙, 櫻井孝宏, ゆかな, 谷口悟朗おすすめ平均 あえてここは。うーん…つ...
30. コードギアス【2期】第14話  [ 真・萌え声依存症候群 ]   2008年07月16日 12:33
V.V.「ねェ、シャルル。 あの2人って百合属性があると思う?」 シャルル「そんな下世話な詮索は、 兄さんには似合いませんよ」 V.V.「そう...
{/heartss_pink/}a.t.b.1997{/heratss_blue/} 皇帝になったばかりのシャルルはマリアンヌとC.C.を見ながらV.V.と話をする。 皇帝は人間は嘘つきばっかりと感じていたようです{/down/} そしてここで明かされた皇帝とV.V.の契約{/kaminari/} 「神を殺し世界の嘘を壊す」 ルルー...
  ホントにボロ雑巾――!!(悲鳴) 嬉々として報告するロロに、「良くやった」と返すルルーシュ……(泣) うぁぁぁん…ルルーシュが…ルルーシ...
なんかヤバイんじゃないですか?色々と。 先が不安になってきたよ、ルル。{/face_ase1/} OP明け、a.t.b.1997。 おぉっ在りし日のマリアンヌ〜っ{/face_warai/}と思ったら、 誰?このちょっとカッコイイ兄さん。{/face_sup/} 皇帝になって見てどう?とV.V.に聞かれて、 ...
34. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第14話 「ギアス 狩り」  [ 空色☆きゃんでぃ ]   2008年07月17日 01:09
みんなウソつきばかりです!
35. コードギアスR2 TURN14  ギアス 狩り 感想  [ 蒼い月と宵待草 ]   2008年07月18日 05:15
やややややっとかけました感想!! 内容に落ち込んで、中々感想をかけませんでした(泣) 今回の感想はとても長いです。 そして、管理人??.
36. コードギアス 反逆のルルーシュR2 12??17話  [ 超特撮艦隊3バるカんX??GOLD LUSH?? ]   2008年08月05日 03:08
えーと、日曜日更新が難しいな??とか思ってる間にもう5話も溜めてたw 書いてない間に、いろいろあったなぁ… 仕方ないから簡易短縮で、5話分まとめて一気に行きます。   TURN-12「ラブ アタック!」 「…思い出した…  私のお父さんを殺したゼロは…ルルーシュ…」

この記事へのコメント

1. Posted by 鳳龍   2008年07月14日 00:09
こんばんは。
私の身の回りがゴタゴタしている間に、展開の早いギアスはどんどん…w

よもや、この話数でもう嚮団壊滅・シャルルと対峙の展開が来ようとは。
スザク。やはり、彼こそが真ラスボスなのでしょうか。V.V.は彼を担いでもう一波乱起こしそうです。

新OPの紅蓮弐式の演出から予感はしてましたが、カレンも洗脳か何かでスザク側に取り込まれそうな空気が。
この前の話で、アッシュフォード学園区画以外でギアスキャンセラーが発動してたので、「生きろ」ギアスも解除されているのでは。つまり己の命も捨てかねない復讐鬼が…。(続く
2. Posted by owain   2008年07月14日 00:13
 我ながら自分の感性をどうかと思いますけど、「ゴルゴ13」アニメ版の「落日の死影」での、ゴルゴや共闘するエージェントAX-3、依頼人などの、全く躊躇のない皆殺し作業を観てると、感情でやるルルーシュも、躊躇する隊員も「まだまだ甘い」と思えてしまえたのが何とも。
 まあ、黒の騎士団は義勇兵集団なので、それが冷徹な合理性で必要とすれば汚い殺戮も割り切ってこなすゴルゴや、あるいは狂信者手段のようには行かないでしょうが。

「落日の死影」紹介
http://golgo.blog.ocn.ne.jp/blog13/2006/12/313_e9a3.html
3. Posted by ディープメガネ   2008年07月14日 00:14
こんばんはディープメガネです。

今回完全に選択肢を間違えてしまったルルーシュですが、ただカレンや自称嫁がいたのなら張り倒してでも止めたと思います・・・。C.C.は諦めぐせが付いてしまっているのではないかと、あの時ルルを叱っていればきっとこんな悲劇は起こりませんでしたよ?

ルル母を殺したのはもしかしたらV.V.かもしれませんね、理由はロロと同じか、またはマリアンヌへの嫉妬。
4. Posted by 夏祭   2008年07月14日 00:14
こんばんわ〜
訂正をひとつ。次回予告の中のやつ、あれは下僕ですねw
>ロロ
む。みんなとは違う意見だったけど私が#13で言った、明るく言うのは正解でしたね。あとロロ、兄さんのことを本当に大切に思っているのなら、その人自身だけのことを大切に思っても意味はありませんよ?
>ルル
ルル、シャーリーのためという言葉の元に自分の恨みや怒りを解消してしまっては、結局は自分の為です。王は一人で十分、王の力とギアスの力を一人の下に集めてしまっては、力の暴走で全てを手に入れようとしてしまいます。その人が人である限り、三権分立って習わなかったかな?(違
>嚮団
これは、覆面被ってる人をジェレミア(オレンジとは呼ばない)が殺してV.V.を生け捕りにとらえて、(ギアスキャンセラーつかって)ギアス使える子供を取り込めばよかったのでは?
(続く)
5. Posted by まもん   2008年07月14日 00:14
予想通りの流れとはいえ予想以上に落としてきたなぁ汗

>ルルーシュ

撃っていい奴は撃たれる覚悟のある奴だけだ!
この言葉がすべてだと思います
予想通りに自暴自棄になって最悪の失敗を起こしましたね・・・
悲しいとは思うんだけど耐えてほしい
黒の騎士団が分裂してもおかしくないと思います

>ロロ
そうか!!シャーリーがルルーシュを許した事はルルーシュは知らなかったんでしたね
事情を知らないルルーシュは自分を殺そうとしてもおかしくないですね
まぁ許される事ではないと思いますけど

>スザク

こっちはある意味もっと最悪外道です
疑うとは思ったのに勝手に決め付けてカレンにリフレインを使用しようとする始末・・・もうこれだめだな・・
ジノも案外このスザクにキレて騎士団いり?とか思いましたけど・・・・
カレン涙 皇帝ギアス、母親人質より酷い事されそう・・・・
6. Posted by owain   2008年07月14日 00:16
昨夜放送されたアニメ版でも全く変更の無かった、冷徹な皆殺しぶり。

 まず冒頭にゴルゴに依頼する謎の要人は「全員消せば証言もできなくなる」と平然と言い放つ。
 問題の工場に潜入したゴルゴとAX-3は、主要関係者だけでなく、ただ単に働いていただけの科学者、工員や兵隊などを、射的の的のように次々射殺爆殺して皆殺しにする。殺し尽くした後も、仕事が終わっただけという割り切った態度。
 その後二人は、やや気を許してお互いの殺し屋としての信条について会話をしながら、引き上げようとするが、AX-3にゴルゴ抹殺の司令が追加される。
 AX-3は「嫌なことに新しいビジネスが入ってしまった」とだけいって、ゴルゴと決闘をする。
7. Posted by まもん   2008年07月14日 00:19
>C.C

やっぱり失望してましたね
共犯者以上の感情も持ってたでしょうけど共犯者に戻ったってことでしょうね・・・・
2人の夫婦漫才が好きな自分はまたルルーシュが改心して元に戻ってほしいんですけど^^;

>扇、ヴィレッタ

先週の通信は何かおかしかったんでヴィレッタが何を言ったかでしょうね
黒の騎士団の存続は扇が握ってるでしょう扇がもしゼロを見限れば黒の騎士団は崩壊するでしょうね・・・・その前にディートハルトに何かされそうだけど・・・

>ジェレミア

つええええ!!ww
あの中で圧倒的低スペックのサザーランドでかなり活躍してましたね!!
さすが元エリートです!
もうオレンジとは呼べない・・・ww
8. Posted by 夏祭   2008年07月14日 00:23
(続かれます)
子供だから簡単に味方に付けれそうですし、ロロもいますし、いつものルルらしくない作戦が仇になりましたね。
>マリアンヌとV.V.
この嫌ってる関係はV.V.だけにあるようなので、皇帝がマリアンヌを本気で愛していて、間違った道を進みそうだったからか、皇帝も嫌いだったか、V.V.しか知らないことがあったかですね。おそらくV.V.の行動は皇帝もほぼ知らなくて、(刺客を向けたときのように)マリアンヌを殺したのもV.V.で、OPの前の絵的にはマリアンヌはギアス使いという可能性も出てきますね、(Cの世界から通話可能で)それならば、閃光という名もロロ的なギアスならば可能ですし
>黒の騎士団
ルルが黒の騎士団から脱線した模様で、混乱が大きくなってきますね。1期の25話になりそうです。(作戦放棄)それと扇の死亡フラグが立ってきました^^;
(続く)
9. Posted by マリ   2008年07月14日 00:23
せっかくシャーリーが最後の最後に伝えたのにスザクの心には何も感じなかったんだなぁ。カレン薬のせいで洗脳される気がする…
10. Posted by 鳳龍   2008年07月14日 00:24
>C.C.、微妙に嬉しそうな顔
なっきーさんもそう思われましたかw
何と言う不貞腐れた妻の画ww

>―― いや、1人もいらない。
やはり、ルルーシュは最後――な展開が来ても、私は驚かないですね。

>C.C.の願いにナナリーが〜ルルーシュが決して〜
2期が1期をなぞる展開を多用してますが、そうなると終幕でC.C.は、今度はルルーシュと心中を?

最後に私事ですが、ブログを始めました。「夢の欠片、その在処は」といいます(ちょっと、恩師なっきーさんのブログと似た響きにしたのはここだけの話です)
ではまた。
11. Posted by まもん   2008年07月14日 00:31
>皇帝 V.V

2人の考えにやっぱりズレがありますね
「また」嘘をついたって皇帝の台詞がかなり気になります
マリアンヌを殺したのもV.Vで皇帝は反対だったのかな?とも思ったりしました
あとルルーシュに刺客を送ったのは反対だったって事ですね・・・ルルーシュに似てるなぁ・・・
来週の2人の会話が楽しみです

>アカシャの剣

ちょ・・超展開・・・汗
とにかくまったくわからないんでコメントの仕様が無いww汗
来週わかるんでしょうね・・・?ww

まぁ今週は落とすだけ落としましたね・・・・最後に上げるために落としたのかそれとも・・・・って所ですね・・
ルルーシュには立ち直ってほしいなぁ・・・1期と同じくバットエンドとしか思えない・・・どんな形であれきれいに終わってほしいです!
12. Posted by 夏祭   2008年07月14日 00:33
>スザク
心の状態が急転直下です。心理状態はルルと同じである意味、親友ですね(違
というか、スザクが前ルルに言ったことをやるとは、感情に流されすぎです。リフレイン。確か、過去に戻る麻薬だったはずですが、ルルに使うのかな?現場検証みたいなのでw
>黄昏の扉?の向こう
なっきーさんの推測通り、魂しかこられない場所ならば、世界中の人をあつめアカシャの剣で魂の中の嘘を切り捨てるつもりなのでは?(精神崩壊も起こるならば史上最悪の犯罪者も頷けます)
>Cの世界
ルルが危険状態ですね、ナイトメアはなくても敵陣のど真ん中ですし、
(ちょっと続く)
13. Posted by 夏祭   2008年07月14日 00:37
>言うの忘れてた事w
コーネリアも今回のV.V.の件でギアスキャンセラーでルル=ゼロと分からせて仲間か(厳しいかも)一時的な同盟を組みそうです。
あとロロに記憶改ざんを行ったとありますが、ギアスキャンセラーをジェレミアにやられたので思い出しているはずです。(ギアスで改ざんされたならば)
>ジェレミアとロロ
この二人のルルへの忠誠心はジェレミアの忠誠の方が気持ちいいです。ロロは一人で突っ込んで(いいかどうかは別に)いるのにジェレミアは命令に忠実なので。
14. Posted by Mr.T   2008年07月14日 00:49
4 こんばんは。

>彼女たちを離れた位置から見ているシャルルとV.V.。
 若シャルルかっこいい!

>千葉「また極秘行動か」
 藤堂と同室で一緒にリンゴを食べてるのって・・・。千葉が切ったリンゴでしょうか、藤堂が切ったのだったりして(笑)。

>ジークフリートは墜落して爆発
 前回は冷凍ミカン、今回は焼ミカンってところでしょか。

>間違った手段で得られた結果に意味はないと思うから。
 同感です。しかし、今回のルルーシュといいスザクといい良くない方向に進んでますよね。今後を憂いてしまいます。

15. Posted by ボボン   2008年07月14日 00:51
こんばんわ
本当にこの監督は主人公を突き落とすのが好きだなーww

>>ルル&スザク
2人そろって道を間違え始めてるのが何とも…このまま進めばBADENDは免れないでしょうね…
でも神楽耶様なら、神楽耶様ならなんとかしてくれる!(それは無い)

>>V.V.
いまだに彼の声に慣れない自分。まあ、彼も退場ですかねOPにもいないしww
しかし何で彼は研究員たちと一緒にあの門から逃げなかったんだろう?

続きます

16. Posted by クロ助   2008年07月14日 00:59
うーん。
ルルーシュとスザクが間違った道へと転がり落ちて行くのを見て、流石に見てられなくなりました。

>ルルーシュ
やはり、「大切な誰かが失われる」という状況が発生すると、ルルーシュの精神のメーターがあっさり振り切れてしまい、やってはならない失敗を引き起こしてしまう。

ユフィの時もしかり、今回のシャーリーの件でもしかり。

彼が今後持ち直せるかは未知数ですが、今のままでは望む未来など何一つ手繰り寄せる事は出来ないでしょう。

>スザク
先週のロロに引き続き、駄目だこりゃその2。

自分の行動の結果、生まれる犠牲から目を逸さなくなったのは良いんです。誰かを犠牲にする事を承知した上で行動を起こす事も。
その罪を背負う覚悟とその犠牲の末に描いた未来を掴みとる覚悟があるのなら。

続きます
17. Posted by 航   2008年07月14日 01:02
なっきーさんこんばんはー。

ロロ>世界は兄さんと僕、という明らかなセカイ系なお話ですね。最近はもうそんなお話はないよ?とロロに言ってあげたい。V.V.にも通じるようなところがある気もしますが。

忘れた初心>ルルの場合、これではブリタニアと同じというセリフ通り、ですね。1期だとそういう矛盾点を抱えながら行動していたから結局破滅したと結論付けて、2期になって今話まではその矛盾点を看破しつつ行動していたという印象があったんですが・・・また逆戻りですか。もう一度引っくり返せるところまで行くんでしょうか・・・。

(続きます)
18. Posted by 航   2008年07月14日 01:02
スザクもスザクで、おいおいといった感じで・・・。強制意思と秘匿がこの作品のタブーであるのに、リフレインを使ってその両方に触れようかという・・・。しかも仰る通り自らの信念まで曲げたわけですし。あぁこれ、もし共闘になったとしても1期の20話程のカタルシスを感じられるのか微妙になってきた気が・・・あまりにもスザクに目があてられなくなってきた・・・。

ま、今回ある意味ひどい話だったなと言う印象です。いや、面白いんですけどね?
19. Posted by ボボン   2008年07月14日 01:11
>>蜃気楼
案外頑張ってましたね。キーボードでどうやったらあんな機動ができるのか。ブラインドタッチが出来ない自分はそれだけでルルを尊敬するww

>>皇帝
く、だめだ相変わらず勝てる気がしない
若本さんがノリノリすぎるww
もう今回の件で皇帝はもうV.V.を見放した感じですね。やっぱり前の嘘はマリアンヌ関係か。どんだけマリアンヌが嫌い(ry

今日はこの辺で。スザクよ、お前はどんだけコミケの戦士達にネタを提供すれば気が済むのか(しかも陵辱系ばっか)ww
20. Posted by クロ助   2008年07月14日 01:12
…しかし、今回のスザクの行動は只の悪意。
それも、本来出る筈の無かった要らぬ犠牲を生み出す行為。
スザクの「この国を変える」という願いの進展とは何の関係も無い犠牲。

正直、これには失望させられたと言わざるを得ない。

>V.V.
彼の傲慢さが最大限に発揮されてましたね。

あの「扉」からすぐに逃げる事も出来たのに、ルルーシュに敗北を与えようとしたが故に返り討ちとは。

マリアンヌに関してもどうも大局的な面よりも個人的な嫉妬から来る憎悪の様に見えますし、シャルルにも見限られそうなのが何とも。

>黒の騎士団
このままだと様々な要因が重なって空中分解は免れられそうにありませんが、今後の展開が余りに読み難い。
何にしろ、ルルーシュの今後の在り方次第、ですね。
21. Posted by りぐ   2008年07月14日 01:26
こんばんは

>ロロ
あっさりでした(笑

>シャーリーの葬儀
これは「シャーリーの死に対するショックが大き過ぎて葬儀にでれる状況ではない」という感じの演出のようにも感じたのですがどうでしょうかね。12話の流れを受けるならそれも有りかと思いました。

>ギアス嚮団殲滅
大量破壊兵器がないことは演出上良いのか悪いのか未だになんとも言えないですね(あくまで演出上)。逃げてない分だけまだ良いとするべきなのかな。
今回のルルーシュの選択は確かに間違っているのかもしれません。ただもうギアスに関連するもの全てを残す気はなくなったのでしょう。
22. Posted by 東西南北   2008年07月14日 01:28
痛い。いたい痛いいたいいたいイタイいたいいたいイタイ。

・・・こんだけ痛い話見るのは久しぶりですわぁ。分かってた事だけど、ホント落とす時は徹底的に落としてくるなこの作品は。
今話はラスト以外は特に予想外な事はなく、「やられた」「すごい」と唸らされる事もなく、ただひらすら淡々と痛いモノを見せられたわけで。テンションが地の底まで真っ逆さまですよ。なんて事しやがる。

あと、この作品にしては随分と分かり易く布石を打ってきたなという感じ。多分来週で速攻回収されるか、実はミスリードかのどっちかでしょうけど。
読み通りなら、次回ルルは最大の目的(理由)を失う事になるわけだが・・・さてどうなる事やら。
23. Posted by トール   2008年07月14日 01:37
5 初めて書き込ませていただきます。



今回のルルーシュやスザクの行動の矛盾を見て、
一期の24&25話における極端な急展開を思い出しました。

つまり、残り話数が少なくなってきていて
一気に話を進めなければならないがために
脚本が滅茶苦茶になってきている…といった具合の。

CM含めて30分のアニメ作品にはありがちな現象ですが、
あらかじめ定められた尺の中で話をまとめるというのは
大変なものですね…。
24. Posted by ソマソマ   2008年07月14日 01:45
半ば放心状態です。まさか、まさかこんな事態になるとは…!

21年前>マリアンヌ16才ですね。C.C.とV.V.も共にいたとは…。皇帝若っ!渋くてカッコイイです。国や人は嘘つきというのはわかりますが、世界そのものが嘘というのは何なのでしょうか?

ロロの行動>結局犯人はロロでした…。本人は全く悪い事をしたとは思ってません(汗)でも、これロロが一概に悪いとは言えません。ルルーシュがただえさえ自分の世界や視野が狭いロロに対して、ルルーシュは自分しか見ない様に仕向けたのですから。
25. Posted by りぐ   2008年07月14日 01:50
今回の作戦は確かに黒の騎士団内部の不協和音を招く要因でしょう。もっと冷静に嚮団内部を分裂させ自らの戦力に組み込むこともできたでしょう。しかしそれは未来に対して悲劇の種を残すことには成り得ないでしょうか。もちろん未来の悲劇を否定するために今の悲劇を肯定するというのもどうかとは思いますがね。個人的には主観的立場にならない限りどちらかを選ぶのは難しいように思います。
>コーネリア
嚮団に侵入してから関係者を生かそうという意思もあまり見えませんでした。軍を率いていればルルーシュと同じように殲滅戦を選択したかもしれません。それだけにゼロが騎士団員から「ブリタニアと同じ」と言われる事を避けられないわけですが、逆に最後にジークフリートを撃つ時に重なったのかとも…深読みかな?

26. Posted by 東西南北   2008年07月14日 01:59
って、予想内容を書いて無いし。どんなミスだ(汗

簡単に言えば、マリアンヌを殺したのはV.V.。そして実はシャルルはマリアンヌを本気で愛し、その死を悲しんでいた。
故にシャルルはマリアンヌの仇を取る。「神殺し」アカシャの剣の最初の犠牲者はV.V.となる。そしてシャルルの真実の想いを知ったルルは、シャルルに対する反逆の理由を失う。

「ルル―ロロ―シャーリー」と「シャルル―V.V.―マリアンヌ」を相似形に見たら結構自然に導き出された仮説ですが、どうでしょうね。

追記:アーニャブログの方もいつの間にか「Anya Alstreim」に訂正されてました。
27. Posted by りぐ   2008年07月14日 02:13
>シャルル
21年前のシーンに関する考察は後日に。ただ縦ロールがない。

>シャルル2
黄昏の扉から現われていきなりV.V.を裏切るのかと思いドキドキしちゃった。

>スザク
まあ最後まで生暖かい目で見守っておきますって選択肢しか個人的にはないですね。

さてさてやっと物語の核心の部分に来ましたでしょうか。考察(妄想)も後少ししかできないってのは淋しくなりましたね。
28. Posted by りぐ   2008年07月14日 02:21
追記

>コーネリア
そういえばバトレーは充分に関係者足り得るか。やはり私の推量違いかな。
29. Posted by てる   2008年07月14日 03:09
こんばんわ。いつも感想を読ませてもらってます。そこで、気になったんですが
>スザク
彼は13話でシャーリーの「許す」発言でシャーリーの記憶が戻った=ルルーシュがゼロ。に気づいたのかも。「シャーリー・・君は」と発言していますし、じゃないと2期の段階でシャーリーがルルに対し何を許すと言ったのかが理解できない。そこから、スザクはルルは自分の妹でもあるユフィを利用し殺した人間だと思っているので、記憶が戻ったらまずい。と口封じのために、他人であるシャーリーを自殺というギアスで殺した。と考えたのかもしれません。ルルはテロ現場にいましたし。ルルにとってシャーリーの存在の大きさはスザクには分かりませんしね。
しかし今回よくでてきた「嘘」という言葉、「真実」を言わないがために捩れていってますね。ルルとスザク2人の転落っぷりがすごい;;本当、どっちもどっちです。
30. Posted by なっきー   2008年07月14日 04:57
4  鳳龍さん、owainさん、ディープメガネさん、夏祭さん、まもんさん、マリさん、Mr.Tさん、ボボンさん、クロ助さん、航さん、りぐさん、東西南北さん、ソマソマさん、てるさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>鳳龍さん

>〜ゴタゴタしている間に、展開の早いギアスはどんどん…w
 1週で全然違う状況になりますし、1〜2週見損ねたらわけわからなくなりそうです。

>この話数でもう嚮団壊滅・シャルルと対峙の展開が来ようとは
 まだ折り返しを過ぎたばかりですよね。
 何か話数の方を錯覚しそうになります。

(続きます)
31. Posted by なっきー   2008年07月14日 05:03
>スザク。やはり、彼こそが真ラスボスなのでしょうか。
 力を持っていて権力も得て、自分が正しく、相手が間違っていると思っているという、条件は揃っている気がします(汗)。

>V.V.は彼を担いでもう一波乱起こしそうです。
 スザクは完全に術中に陥ってますよね。

>新OPの紅蓮弐式の演出から予感はしてましたが、カレンも
>洗脳か何かでスザク側に取り込まれそうな空気が。
 薬で心が弱ったところにルルーシュ犯人説を吹き込まれそうな気がします(汗)。

>〜アッシュフォード学園区画以外でギアスキャンセラーが発動
>してたので、「生きろ」ギアスも解除されているのでは。
 有り得るとは思うのですが、伏線にしているとするには弱いとも思います。

(続きます)
32. Posted by なっきー   2008年07月14日 05:09
>>C.C.、微妙に嬉しそうな顔
>なっきーさんもそう思われましたかw
 もちろんです(笑)。

>やはり、ルルーシュは最後――な展開が来ても、私は驚かない
 黒の騎士団が弱い内は 『ゼロの力が必要』 という理由で殺されにくいですが、ブリタニアとの力関係が逆転したりすると…。

>2期が1期をなぞる展開を多用してますが、そうなると終幕で
>C.C.は、今度はルルーシュと心中を?
 滅茶苦茶ありそうですね(汗)。
 C.C.が目的を隠していること、その目的が(恐らく)ルルーシュの望まないものであること、それでも達成を諦めないでしょうが、深い罪の意識から…。

>最後に私事ですが、ブログを始めました。「夢の欠片、
>その在処は」といいます
 \(≧▽≦)/ ブロガーの世界へようこそー♪
 早速訪問させていただきますね。



(続きます)
33. Posted by なっきー   2008年07月14日 05:12
>owainさん

>〜「ゴルゴ13」アニメ版の〜
全く躊躇のない皆殺し
>〜感情でやるルルーシュも、躊躇する隊員
 書くまでもなくおわかりのようですけど、比較することそのものが不当だと思います。

 そもそも黒の騎士団はプロの軍人ですらないアマチュア集団。
 軍人は 『命令に従う』 ことが前提にありますが、黒の騎士団は 『ゼロを選んでいる』 に過ぎないのです。

 ならばゼロは、彼らに選ばれるに相応しい指導者になる努力をし、あるいは最低でも演じなければなりません。



(続きます)
34. Posted by なっきー   2008年07月14日 05:15
>ディープメガネさん

>〜ルルーシュですが、ただカレンや自称嫁がいたのなら張り
>倒してでも止めたと思います・・・。
 全くです(汗)。
 そういう意味では、特に押しが強い神楽耶を傍に置いておくべきなのかもしれません。

>C.C.は諦めぐせが付いてしまっているのではないかと
 うわあ…、それは凄くありそうです(汗)。
 思えば今までの彼女も、そういう面が多分にあったような…。

>ルルを叱っていればきっとこんな悲劇は起こりませんでした
 間違いないと思います。

>ルル母を殺したのはもしかしたらV.V.かもしれませんね
 私も、その可能性がとても高くなったと思っています。

>理由はロロと同じか、またはマリアンヌへの嫉妬。
 それと何か、マリアンヌが彼らの言う 『神』 に関係しているようにも思っています。



(続きます)
35. Posted by なっきー   2008年07月14日 05:18
>夏祭さん

>訂正をひとつ。次回予告の中のやつ、あれは下僕ですねw
 あ、下僕でしたか(笑)。

>ロロ
>私が#13で言った、明るく言うのは正解でしたね。
 お見事です!

>あとロロ、兄さんのことを本当に大切に思っているのなら、その
>人自身だけのことを大切に思っても意味はありませんよ?
 そうなんですよね(汗)。
 特に、特異な立場にいるルルーシュは、現実問題として兄弟で孤立しては生きていけないようにも思いますし…。

>ルル、シャーリーのためという言葉の元に自分の恨みや怒りを
>解消してしまっては、結局は自分の為です。
 全く同感です!
 ギアス嚮団を何とかしようということだけは正しくとも、結果的に憂さ晴らしに近くなっているような…。

(続きます)
36. Posted by なっきー   2008年07月14日 05:23
>〜王の力とギアスの力を一人の下に集めてしまっては、力の暴走
>で全てを手に入れようとしてしまいます。
 ある意味、指導者本人には力がない方がうまくいくかもしれません。
 即位時には仁君、いつの間にやら暴君…なんて人も現実にいますしね。

>覆面被ってる人をジェレミア〜が殺してV.V.を生け捕りに
>とらえて、(ギアスキャンセラーつかって)ギアス使える子供〜
 襲撃前にはジェレミアの寝返りは知られていなかった上に、嚮団の切り札の能力者はキャンセラーで封じることが可能なのですから、いくらでも作戦の立てようはありますよね。
 最も性急で愚かな方法を選んだことが直接原因で、V.V.に逃げられることになった気がしてなりません。

>子供だから簡単に味方に付けれそうですし、ロロもいますし、〜
 これも仰る通りだと思います。↓

(続きます)
37. Posted by なっきー   2008年07月14日 05:26
 その上で彼らも戦力というより仲間として受け入れたなら、全く違う未来が有り得たのでは…、と。

>〜皇帝がマリアンヌを本気で愛していて、間違った道を進み
>そうだったからか、皇帝も嫌いだったか、V.V.しか知ら
>ないことがあったかですね。
 私も皇帝はマリアンヌを愛していた気がしますし、その遺児も、シャルルなりに守ろうとは思っていたと感じます。↓

>おそらくV.V.の行動は皇帝もほぼ知らなくて、〜
>マリアンヌを殺したのもV.V.で、〜
 私もそんな気がします。

>OPの前の絵的にはマリアンヌはギアス使いという可能性も〜
 大いに有り得ると思います。
 今回C.C.ととても親しかった、とわかったことで、さらに可能性が上がったかもしれません。↓

>閃光という名もロロ的なギアスならば可能ですし
 ですよね。

(続きます)
38. Posted by なっきー   2008年07月14日 05:28
>ルルが黒の騎士団から脱線した模様で、混乱が大きくなって〜
 いつも思うのですが、ルルーシュは1人で悩んでいると全くダメなタイプですよね。
(C.C.は反対しないので、この場合人数に入りません。)

>〜それと扇の死亡フラグが立ってきました^^;
 もし咲世子とヴィレッタの激突にならないとしたら、本当に殺されかねません(汗)。

>スザク
>〜心理状態はルルと同じである意味、親友ですね(違
 初心を忘れて結果だけを求めている辺り、そっくりです。

>リフレイン。確か、過去に戻る麻薬だったはずですが、ルルに
>使うのかな?現場検証みたいなのでw
 幸せな過去の幻覚を繰り返し見られる、といったものでした。
 私は、カレンに使った上でゼロの正体に関する何かを口にしないか観察するような気がしています。

(続きます)
39. Posted by なっきー   2008年07月14日 05:31
>黄昏の扉?の向こう
>〜魂しかこられない場所ならば、世界中の人をあつめアカシャ
>の剣で魂の中の嘘を切り捨てるつもりなのでは?
 それが神殺しに繋がるなら、やりそうな気がします(汗)。

>ルルが危険状態ですね、ナイトメアはなくても敵陣のど真ん中
 どうにもシャルル側は準備万端整っている感もありますし、ギアスさえ掛ければ…的な発想では勝てない予感がします。

>コーネリアも今回のV.V.の件でギアスキャンセラーで
>ルル=ゼロと分からせて仲間か〜一時的な同盟を組みそうです。
 V.V.を敵と見定め、ゼロが交戦中でもジークフリートを撃った彼女のこと、共闘は可能な気がします。

>ロロに記憶改ざんを行ったとありますが、ギアスキャンセラー
>をジェレミアにやられたので思い出しているはずです。
 そうかもしれません。↓

(続きます)
40. Posted by なっきー   2008年07月14日 05:34
 その場合、もし何かロロの血筋などに裏があるなら、物心付く前の話ということですか。

>ジェレミアとロロ
>この二人のルルへの忠誠心はジェレミアの忠誠の方が気持ち
>いいです。
 同感です。
 ジェレミアはあくまでルルーシュにとって良い結果を願うはずで、自分視点での二人の世界を願うロロとはかなり形が違いますよね。



(続きます)
41. Posted by なっきー   2008年07月14日 05:35
>まもんさん

>予想通りの流れとはいえ予想以上に落としてきたなぁ汗
 ちょっと暴走しすぎでした(汗)。
 ボロ雑巾計画はともかく、志がどこかへ行ってしまったかのようです。しかもスザクも…。

>撃っていい奴は撃たれる覚悟のある奴だけだ!
>この言葉がすべてだと思います
 ですよねえ。
 安全な蜃気楼の中で、抵抗できない相手の殲滅命令を出すのではまるっきり逆です。

>黒の騎士団が分裂してもおかしくないと思います
 こういったことが続けば、秘密作戦は必ず団員に漏洩し、ゼロを排除しようと言う動きに繋がると思います。

>シャーリーがルルーシュを許した事はルルーシュは知らなか
>ったんでしたね
 伝える暇がなかったですからね(汗)。

(続きます)
42. Posted by なっきー   2008年07月14日 05:38
>スザク
>こっちはある意味もっと最悪外道です
 矛盾していても、しかも自覚していても自分を曲げなかった頃の彼は、ある意味輝いていた気がします。
 今は内から滲み出る黒い憎悪に、ペンキで白色を塗っているような居心地の悪さが…。

>ジノも案外このスザクにキレて騎士団いり?〜
 もしジノに寝返りがあるなら、それはスザクとは無関係の、固有の事情ではないかという気がしています。

>カレン涙 皇帝ギアス、母親人質より酷い事されそう・・・・
 スザクはその辺躊躇がなさそうですしね…。

>C.C
>〜共犯者以上の感情も持ってたでしょうけど共犯者に戻った
 そう思います…。

>2人の夫婦漫才が好きな自分
 ( ´∀`)人(´∀` )ナカーマ
 早く改心して欲しいものです。

(続きます)
43. Posted by なっきー   2008年07月14日 05:42
>扇、ヴィレッタ
>先週の通信は何かおかしかったんでヴィレッタが何を言ったか
>でしょうね
 何か、二人ともあんまり気の利いたことは言えない感じです。
 結果的にだんまりと事務的に要件を伝えるのと、それが混じった形になるかも…?

>ジェレミア
>あの中で圧倒的低スペックのサザーランドでかなり活躍
 これは専用機を与えてあげたい実力ですよね。
 ジークフリートは壊れてしまいましたが…。

>皇帝 V.V
>〜「また」嘘をついたって皇帝の台詞がかなり気になります
 V.V.は、(勝手に)善かれと思ってする行動ではシャルルに嘘をついてもいいと思ってそうですよね。
 でもシャルルはそれを快く思っていない、と。↓

(続きます)
44. Posted by なっきー   2008年07月14日 05:44
>マリアンヌを殺したのもV.Vで皇帝は反対だったのかな?〜
 これも(勝手に)善かれと思ってやった気がしています。
 シャルルはそれを知って、このままだと子どもたちまでが犠牲に、と外交の道具にかこつけて海外脱出させたのかも…。↓

>あとルルーシュに刺客を送ったのは反対だったって事ですね
>・・・ルルーシュに似てるなぁ・・・
 何だかんだでかなり似てる感じです。

>アカシャの剣
>〜とにかくまったくわからないんでコメントの仕様が無いww
 とりあえず、アレが何でどこで、どうやって使うのか、まるでわかってないですからね。
 情報が増えないことには、当てずっぽうしかできなさそうです。

>まぁ今週は落とすだけ落としましたね・・・・
 ラストでターンとかもなく、本当に堕ちっぱなしでした(汗)。

(続きます)
45. Posted by なっきー   2008年07月14日 05:47
>1期と同じくバットエンドとしか思えない・・・
 同感で、ルルーシュは今の形を変えられないとバッドエンドしか有り得ない気がします(汗)。
 どうか初心を思い出して…。



(続きます)
46. Posted by なっきー   2008年07月14日 05:50
>マリさん

>せっかくシャーリーが最後の最後に伝えたのにスザクの心には
>何も感じなかったんだなぁ。
 シャーリーの言葉の上から 『ルルーシュへの疑い』 がかぶさってしまって、言葉の真意を考えなくなってしまったのでしょうね(汗)。

>カレン薬のせいで洗脳される気がする…
 スザクは望む情報が得られるまで続けるつもりでしょうし、いかに今カレンの精神が強くとも、次第に弱っていきそうな気がします…。



(続きます)
47. Posted by なっきー   2008年07月14日 05:53
>Mr.Tさん

>若シャルルかっこいい!
 今は髪型にばかり目が行ってしまいます(笑)。

>千葉「また極秘行動か」
>藤堂と同室で一緒にリンゴを食べてるのって・・・。
 千葉が切ったのだと思います。
 少しずつでも家庭的な面をアピール、みたいな感じで。

>>ジークフリートは墜落して爆発
>前回は冷凍ミカン、今回は焼ミカンってところでしょか。
 皮がマーマレードになってしまったようです。(違

>>間違った手段で得られた結果に意味はないと思うから。
>〜しかし、今回のルルーシュといいスザクといい良くない方向
>に進んでますよね。
 しかもどちらもひどい形で犠牲者を出すやり方ですしね…。



(続きます)
48. Posted by なっきー   2008年07月14日 05:55
>ボボンさん

>本当にこの監督は主人公を突き落とすのが好きだなーww
 とりあえず、悪魔笑い→すぐにどん底へというコンボは確立されている感じです。

>ルル&スザク
>2人そろって道を間違え始めてるのが何とも…
 スザクももっとナナリーの意見を訊けば、彼女が必ず彼をいい方向へと導いてくれると思うのですが…。

>でも神楽耶様なら、神楽耶様ならなんとかしてくれる!
 現状、ルルーシュをちゃんと叱ってくれそうなのは神楽耶だけかもしれません。

>V.V.
>いまだに彼の声に慣れない自分。
 わかる気がします。

>彼も退場ですかねOPにもいないしww
 退場になってもおかしくないですよね。

(続きます)
49. Posted by 通りすがり   2008年07月14日 05:55
教団の非戦闘員に同情的のようですが

まぁ、それはたしかにわかりますが
ギアスという能力があまりに危険な存在であるがゆえ、殲滅戦以外の選択肢はないんじゃないですか?

女子供だからと捕虜を取ったりしてるとあっという間に同士討ちの阿鼻叫喚の地獄になりますよ。

ルルーシュの激情にかられた動機には疑問が残りますが
ギアス教団を叩くという作戦において、正直殲滅戦以外考えられませんが。
50. Posted by なっきー   2008年07月14日 05:57
>何で彼は研究員たちと一緒にあの門から逃げなかったんだろう?
 ナイトオブラウンズでもアカシャの剣とギアスの両方を知るのはスザクだけ。
 いくらV.V.でも、そんな場所へ勝手に研究員如きを入れるわけにはいかない気がします。

>>蜃気楼
>〜キーボードでどうやったらあんな機動ができるのか。
 キーボードで操縦桿の真似は劣化でしかできないでしょうから、相対座標の予約入力+最適な機体制御を自動計算、といった仕組みではないかと思っています。

>ブラインドタッチが出来ない自分はそれだけでルルを尊敬するww
 これは多分、キーの配置を紙などに書いておいて、後は練習方法を間違えなければマスター可能だと思います。

(続きます)
51. Posted by なっきー   2008年07月14日 06:00
>>皇帝
>く、だめだ相変わらず勝てる気がしない
>若本さんがノリノリすぎるww
 また実にいい顔を…、そこにいい声が足されるわけで、もう無敵っぽいです(笑)。

>もう今回の件で皇帝はもうV.V.を見放した感じですね。
 放ってはおけないと、自分の管理下に置こうとするかもしれませんね。

>やっぱり前の嘘はマリアンヌ関係か。
 かなり確率が高そうな気がします。

>スザクよ、お前はどんだけコミケの戦士達にネタを提供すれば
>気が済むのか(しかも陵辱系ばっか)ww
 しかも相手が(そういう面でも)人気のカレンですし…。



(続きます)
52. Posted by なっきー   2008年07月14日 06:03
>クロ助さん

>ルルーシュとスザクが間違った道へと転がり落ちて行くのを
>見て、流石に見てられなくなりました。
 しかもどちらの間違いもちょっとどころではないですしね…。

>やはり、「大切な誰かが失われる」という状況が発生すると、
>ルルーシュの精神のメーターがあっさり振り切れてしまい、
>やってはならない失敗を引き起こしてしまう。
 今はずっとナナリーとの時間がないため、以前よりさらにストレスで壊れやすい状況が続いているように思います。

>今のままでは望む未来など何一つ手繰り寄せる事は出来ない
 同感です。
 こんなやり方が一見近道に見えたとしても、その先は底無し沼だと思います。

(続きます)
53. Posted by なっきー   2008年07月14日 06:05
>スザク
>〜自分の行動の結果、生まれる犠牲から目を逸さなくなった
>のは良いんです。〜
 今の彼は、覚悟ではなく、立場と力を利用して弱者を踏み潰しているだけですからね。

>それも、本来出る筈の無かった要らぬ犠牲を生み出す行為。
 しかもその根拠は良く言えば勘、悪く言えば思い込み。
 どちらにしても、どの法治国家の下では最悪の蛮行、と判断されることでしょう。

>スザクの「この国を変える」という願いの進展とは何の関係も
>無い犠牲。
 そうしてカレンが廃人になってしまったとしたら、 『ユフィを死なせてしまったゼロ』 とどう違うのでしょうね?
 ゼロがスザクの思い込み通りに悪意に満ちていたとしても、勝るとも劣らない悪行だと思います。

(続きます)
54. Posted by なっきー   2008年07月14日 06:08
>V.V.
>〜あの「扉」からすぐに逃げる事も出来たのに、ルルーシュに
>敗北を与えようとしたが故に返り討ちとは。
 仰る通り、ジークフリート+自分なら必勝と思い上がっていた気がします。
 一応資料+職員が逃げる時間を稼ぐため、という名目もあるにせよ、楽天的すぎる選択でしたよね。

>マリアンヌに関してもどうも大局的な面よりも個人的な嫉妬
>から来る憎悪の様に見えますし、シャルルにも見限られそう〜
 そこから考えても、マリアンヌはよくよくシャルルに愛されていたのでしょうね。

>黒の騎士団
>このままだと様々な要因が重なって空中分解は免れられそうに
>ありませんが、今後の展開が余りに読み難い。
 ルルーシュが今回の過ちに、どんなに遅くとも次の作戦行動までに気付く必要がありそうです(汗)。
 さもないと、変節を大勢の団員に気取られることになりかねません。



(続きます)
55. Posted by なっきー   2008年07月14日 06:11
>航さん

>ロロ>世界は兄さんと僕、という明らかなセカイ系なお話
 他に無関心ならまだいいのですが、攻撃的なのが困りものです。

>V.V.にも通じるようなところがある気もしますが。
 何だか、その辺ロロの同類という感が強まるばかりです。

>忘れた初心>ルルの場合、これではブリタニアと同じという
>セリフ通り、ですね。
 1年前の失敗から反省を踏まえての進行…だったはずが、シャーリー死亡のショックで逆戻り…。

>もう一度引っくり返せるところまで行くんでしょうか・・・。
 どうにか立ち直って欲しいですが…。

>スザクもスザクで、〜強制意思と秘匿がこの作品のタブーで
>あるのに、リフレインを使ってその両方に触れようかという
 確かに…。↓

(続きます)
56. Posted by なっきー   2008年07月14日 06:15
 これでは仮に一時うまく行ったように見えても、彼自身の価値を下げ、当面の目標のナイトオブワンだって遠のいてしまう気がします。

>もし共闘になったとしても1期の20話程のカタルシスを感じら
>れるのか微妙になってきた気が・・・
 わかる気がします…(汗)。
 もっと、(方向が変でも)真っ直ぐな彼でいて欲しいです。

>今回ある意味ひどい話だったなと言う印象です。
 しかも本来の志から逆に行く話ですからね。
 なので、星2つになってたりします。



(続きます)
57. Posted by なっきー   2008年07月14日 06:17
>りぐさん

>シャーリーの葬儀
>これは「シャーリーの死に対するショックが大き過ぎて葬儀に
>でれる状況ではない」という感じの演出
 どう言い繕ってもいい印象は残りませんし、やはりまずい選択だったと思えてなりません。
 そして、それだけの犠牲を払ってまで、 『今』 作戦開始しなければいけなかったか怪しく思います。

>ギアス嚮団殲滅
>大量破壊兵器がないことは演出上良いのか悪いのか未だに
>なんとも言えないですね
 ニーナが作ってしまいそうだったりも…(OPにかつての失敗作と似たモノが)。

>逃げてない分だけまだ良いとするべきなのかな。
 他者に犠牲が出る分、リフレインを手に取ったときより(ある意味)ひどい暴走に思えます。

(続きます)
58. Posted by なっきー   2008年07月14日 06:20
>ただもうギアスに関連するもの全てを残す気はなくなった
 最初の頃は 『力は使いよう』 と思っていたようですが、 『強すぎる力は有害』 と、認識が完全に変わった気がします。

>もっと冷静に嚮団内部を分裂させ自らの戦力に組み込む〜
>しかしそれは未来に対して悲劇の種を残すことには成り得ない
>でしょうか。
 研究を続行させなければ良く、次世代の研究者を一切育てなければいいだけのことです。
 今いるギアス能力者や科学者を皆殺しにする必然性は、全くないように思います。

>もちろん未来の悲劇を否定するために今の悲劇を肯定すると
>いうのもどうかとは思いますがね。
 現在の悲劇と未来の悲劇、それらは決して二者択一ではないと思います。↓

(続きます)
59. Posted by なっきー   2008年07月14日 06:23
 それに黒の騎士団が空中分解すれば、100万の日本人が不幸になるとも言えます。
 それと、ギアスによって起きるだろう不幸とどちらが重いか、それを誰も客観的には決められないとも思います。

>個人的には主観的立場にならない限りどちらかを選ぶのは
>難しいように思います。
 故に、選ばないことこそが正解でしょう。
 どちらがより不幸かなどと決めることはできず、どちらがより死んで不幸でないかなどを決めるのは恐ろしく傲慢なことです。

>コーネリア
>嚮団に侵入してから関係者を生かそうという意思もあまり見え
>ませんでした。
 理由はシンプルに、生身だからでしょう。ギアスを使われたならその時点で終わります。
 しかも単身での侵攻ですから、自分が終わればそこで望みは絶たれる―― 、なら先手必勝でということでしょう。

(続きます)
60. Posted by なっきー   2008年07月14日 06:26
>〜逆に最後にジークフリートを撃つ時に重なったのかとも…
>深読みかな?
 コーネリアは実際殲滅戦を選択したケースもあり、非常にブリタニア的なのは間違いない気がします。
 …仰る通り、だからこそ声が重なったのかもしれませんね。

>シャルル
>21年前のシーンに関する考察は後日に。
 はい、お待ちしてますー。

>シャルル2
>黄昏の扉から現われていきなりV.V.を裏切るのかと思い
>ドキドキしちゃった。
 困っているようにも見えました。
 V.V.には言ってもわからないと思っていそうですし…。

>スザク
>最後まで生暖かい目で見守っておきますって選択肢しか〜
 ここまで行ってしまうと、それが賢明かもしれません…。

(続きます)
61. Posted by なっきー   2008年07月14日 06:28
>考察(妄想)も後少ししかできないってのは淋しく〜
 同感です。

>コーネリア
>そういえばバトレーは充分に関係者足り得るか。
 読み違えとも言えないでしょう。
 彼は上司に忠実ですし、真面目な人柄からまさかギアス能力者ではあるまいと考えてもおかしくはないと思います。



(続きます)
62. Posted by なっきー   2008年07月14日 06:31
>東西南北さん

>痛い。いたい痛いいたいいたいイタイいたいいたいイタイ。
 凄くわかります…。

>〜ただひらすら淡々と痛いモノを見せられたわけで。
 前話と違う意味で凹みっぱなしです。
 ルルーシュの暴走にがっかり、スザクの変容ぶりにがっかりと…。

>読み通りなら、次回ルルは最大の目的(理由)を失う事に〜
 ナナリーですか?
 私は彼女がギアス能力者だとまだ思っているので、こんな段階での脱落はなさそうに思っているのですが…、もちろん何の根拠もありません。

>って、予想内容を書いて無いし。どんなミスだ(汗
 私も予想の予想を外してますね。

>〜故にシャルルはマリアンヌの仇を取る。「神殺し」アカシャ
>の剣の最初の犠牲者はV.V.となる。
 なるほど、これはありそうです。

(続きます)
63. Posted by なっきー   2008年07月14日 06:34
>〜ルルは、シャルルに対する反逆の理由を失う。
 私は、終着点がそこではないかと思っているのですが、根拠は全くありません。

>「ルル―ロロ―シャーリー」と「シャルル―V.V.―マリアン
>ヌ」を相似形に見たら結構自然に導き出された仮説
 その形になっている可能性は低くないと思いますし、なるほど、だからシャルルがV.V.を犠牲に、ですか。
 いろいろな面で面白い、いい感じの予想だと思います。

>アーニャブログの方もいつの間にか「Anya Alstreim」に訂正
>されてました。
 『姓が変わりました♪』 とか葉書が来るわけですね。(違。



(続きます)
64. Posted by なっきー   2008年07月14日 06:37
>トールさん

 初めまして!

>今回のルルーシュやスザクの行動の矛盾を見て、〜
>つまり、残り話数が少なくなってきていて〜
 それも有り得ますが、私は少し違うようにも思うのです。

 こうした落胆と変節は、構成上どこかに入ることが決まっていたとして、それを全2話構成にするわけにはいかない、となるのではないかと。
 これだけ普段の展開が早い作品で、同じネタで2話も凹みっぱなしにさせるわけには行かないでしょうし。

>〜あらかじめ定められた尺の中で話をまとめるというのは
>大変なものですね…。
 中には、本当に収まらなかったのかどう見ても脚本が破綻しているケースもありますしね。



(続きます)
65. Posted by なっきー   2008年07月14日 06:40
>ソマソマさん

>半ば放心状態です。まさか、まさかこんな事態になるとは…!
 間違った方向へ行くにも程がありますよね(汗)。

>21年前>マリアンヌ16才ですね。C.C.とV.V.も共にいたとは…。
 特にC.C.が普通にいたのにはびっくりしました。

>〜世界そのものが嘘というのは何なのでしょうか?
 それこそが神を殺す理由に思えますし、人を戦わせる神といった台詞もあったことから、 『神』 が好きなように歴史をねじ曲げているのかもしれません。

>ロロの行動>結局犯人はロロでした…。本人は全く悪い事をしたとは
>思ってません(汗)
 褒めて褒めて!…状態でしたね(汗)。

(続きます)
66. Posted by なっきー   2008年07月14日 06:42
>〜ルルーシュがただえさえ自分の世界や視野が狭いロロに対して、ルル
>ーシュは自分しか見ない様に仕向けたのですから。
 それでも罪は罪であり、自覚が有ろうと無かろうと罰されるべきとは思います。
 …が、それはこんなやり方であってはならないのは間違いありません。



(続きます)
67. Posted by なっきー   2008年07月14日 06:44
>てるさん

>いつも感想を読ませてもらってます。
 ありがとうございます! ヽ(⌒ヮ⌒)ノ

>彼は13話でシャーリーの「許す」発言でシャーリーの記憶が
>戻った=ルルーシュがゼロ。に気づいたのかも。
 可能性は大いにある気がします。↓

>「シャーリー・・君は」と発言していますし、〜
 「〜君は覚えているのか?」 と続きそうですよね。

>スザクはルルは自分の妹でもあるユフィを利用し殺した人間
>だと思っているので、〜
 これが第一の誤解の核心でしょうね。
 しかも一時、そうした解釈だと 『生きろ』 ギアスと矛盾することに気付いていたのに、また忘れ去ってしまったようです。↓

(続きます)
68. Posted by なっきー   2008年07月14日 06:47
>口封じのために、他人であるシャーリーを自殺というギアス
>で殺した。
 それが正解だと考えることで、ユフィの死に対する自らの認識が補強されることになります。

>〜ルルにとってシャーリーの存在の大きさはスザクには〜
 これを含めた辺りが第二の誤解の核心でしょう。
 ルルーシュは日常も友人もとても重んじているのですが、スザクの認識では覇王として世界転覆を目指すゼロ、というところで完結している気がします。

>ルルとスザク2人の転落っぷりがすごい;;
 かなり根本的な部分で、自分の思想に反する行動をしてしまっていますしね(汗)。
69. Posted by バニーのくびれ   2008年07月14日 06:57
今回は前半の一クールが叩き落すための布石であったかのようなネガティブ展開でした。この大事な時にルルーシュのそばにCCもカレンも居ない…。CCは言葉攻めで、カレンはビンタで間違えそうなルルーシュを一喝することの出来るいわゆる特権的なキャラだというのに。

スザクは…これはもうだめかも判らんねという感じです。他人にはルールを強い、自身のルールは恣意。
…?今ちょっとうまいこと言った!
それはともかくルルーシュはまだしもスザクに説教たれて改心させられそうな生者が居ないんですよね。父親、ルルーシュ、ユーフェミア、ナナリーの他の人間には表層意識でのみで対応してそう。唯一の希望はナナリーになるのか?

いっそ覚醒ナナリーが
「この馬っ鹿野郎ォが!!」ボグゥッ!!
見たいな感じに二人まとめてぼこぼこにしてやればグッドエンドになるのに。
70. Posted by なっきー   2008年07月14日 06:59
4  通りすがりさん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。


>教団の非戦闘員に同情的のようですが
 正直、意味がわからないです(汗)。
 同情も何も、私はルルーシュの思想の変節を批判しているのみなのですから。

>女子供だからと捕虜を取ったりしてると〜
 同じように、これも私の記事にないモノを批判しているように見えます。

>ギアス教団を叩くという作戦において、正直殲滅戦以外考え
>られませんが。
 それは叩く=力押しという思考になっているからでしょう。
 ジェレミアの寝返りを利用し、内通者を増やして、内部から切り崩すのです。

 最後は侵攻するにせよ、内通者がいればガスを使うなど、より効率的な方法を導入することもできます。
 スザクならいざ知らず、知謀が売りのゼロが力押しの殲滅戦を選択するのは、あまりに愚かではないでしょうか。
71. Posted by なっきー   2008年07月14日 07:49
4  バニーのくびれさん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。


>今回は前半の一クールが叩き落すための布石であったかのよう
>なネガティブ展開でした。
 そんな感じでしたね(汗)。

>〜CCは言葉攻めで、カレンはビンタで間違えそうなルルー
>シュを一喝することの出来るいわゆる特権的なキャラ
 あと、神楽耶も 『夫』 を説教してくれる気がします。

>スザクは…これはもうだめかも判らんねという感じです。他人
>にはルールを強い、自身のルールは恣意。
 自分のルールを自分だけが曲げてOK、それでいて迷いがないのが、たちが悪いです。

>ルルーシュはまだしもスザクに説教たれて改心させられそうな
>生者が居ない
 確かに…。

(続きます)
72. Posted by なっきー   2008年07月14日 07:51
>唯一の希望はナナリーになるのか?
 人格的には十分、きっとスザクの成長にも繋がると思います。

 …なのですが、スザクはナナリーを(悪い意味で)お姫さま扱いで相手にしていないように見えます…。
73. Posted by ソマソマ   2008年07月14日 08:09
おはようございます♪

なっきーさん>すみません!わかりづらかったですよね(汗)どんな理由があってもロロのした事は絶対許されない事だし、償わなくてはいけないのを前提で書いてました。ただ、彼があそこまで暴走したのは先のコメントに載せたロロの内面を見通し切れず、ルルーシュがああいう風に仕向けちゃった為にロロの独占欲と居場所を失くしたくないという不安感を増大させてしまったのも原因の一つ(あくまでも一つですが)ではと思ったのです。

マリアンヌ>美少女です。黒髪眼は藍でどこか和風の顔立ちです。実は日本人だったとか、先祖に日本の血が混じってるとか推測してみました。マリアンヌ16才の時シャルル42才ですから、シャルルロリコンですね〜(笑)
74. Posted by 林檎豆腐   2008年07月14日 08:34
初めまして。林檎豆腐と言います。

なっきーさんの丁寧な感想を、いつも楽しく読ませて頂いています。

今回初コメントさせて頂きました。不束者ですが、どうかよしなに。

以下、今週のギアスについて。

・V.V.。

今回私が彼から感じたのは、読み/詰めの甘さや私怨で行動する人間臭さ。純朴だけど何処か歪んでいる子供と言う印象です。

・シャルル。

優しい人のようですね…一応、身内に対しては。

しかし、今回はそれ以上に若き日の姿に驚きました。きっと、クロヴィスも大きくなったらあんな感じになったと思いま――いや、やっぱりそれは無理か…。

(続きます)
75. Posted by 林檎豆腐   2008年07月14日 08:40
・スザク。

負の覚醒。私見ですが、前回のシャーリーの「許す」的な話もあり、彼の心ではルルーシュを許すか否かで激しく揺れていた気がします。スザクの無意識の中ではルルーシュに対する友情が残っていると、私はそう思います。

でも、シャーリーの件で「やはりルルーシュは…」的な感じになったのかと。激しく揺れていた分、劇的に心情か変化(?)したのかな…と。

「もういいんだ!」と言うのは、ない交ぜになった心の重圧や矛盾から来る軋轢に耐え切れず、逃げ場を求めての発言の気がします。

この作品はキャラの心理を整合性を持って描いていると思うので、そんな感じです。

対カレンはリアル問題だと珍しい事ではないので何とも。ただ、スザクの大事な部分が(表象では)欠けたのは確かでしょうね。

(続きます)
76. Posted by 林檎豆腐   2008年07月14日 08:42
・続スザク

畜生道に堕ちたようにも見えますが、新ルルの願う優しき世界を知っている(筈の)カレンがゼロについて語れば、スザクは今のルルーシュと向き合わざるをえないと思われます。カレンも、過去を追体験して自分を見つめ直す良い時期なのではないかと。

まぁ、いつも無茶を痛快な演出で押し通すこの作品にしては、そこら辺が甘かった気がしますが。自白剤なんて後遺症の残らないものが幾らでも……敢えて? まぁ、そういう演出なのでしょうけど。

・ルルーシュ。

「疑わしきは罰せよ!」…正に魔女狩り。

立派にブリタニア人をしていた今回でしたが、やはり騎士団内部からの不信感や不満は避けられないでしょうね。アニメなのに考え過ぎ?

ただ、あと10話前後ある事を考えると、終盤までにもう一度心の変化があると思います。その時こそ最終的な陣容が分かる……ような気がします。

……長々と失礼いたしました。
77. Posted by まもん   2008年07月14日 12:28
えぇ〜とりあえず黒の騎士団が分裂しそうな感じなんでそれを妄想してみます!

まず崩壊はないと思います・・・今や中華連邦、イタリア、ポーランドなど勢力を拡大してますし・・・おそらくゼロ派、藤堂、扇(扇は微妙・・)派に別れると思います・・まぁそうなったら大半が藤堂、扇に行きそうですけど・・・・ただ、もし黒の騎士団にゼロがいなくなったらもう黒の騎士団はお終いなんですよね・・・ゼロのカリスマ性と能力で成り立ってたと思うんで・・・・・
藤堂、扇じゃあ足りない能力が多すぎるんで・・・まぁ妄想なんで心配しすぎか?w

続きます

78. Posted by まもん   2008年07月14日 12:33
ゼロ側に着く人でジェレミア、咲世子、ロロは鉄板でしょう・・ディートハルトもおそらくついていくと思います・・今のゼロはかつてディートハルトが信望していたカオスの権化に戻りつつあると思うんで・・・
CCは言うまでもなく着いて行くでしょう
ルルーシュがどれだけ落ちてもCCだけはそばに居続けると思うんで、まぁ救いはしないんでしょうけど

まぁここまで妄想したんですけど黒野氏騎士団の分裂、消滅は勘弁してほしい・・・汗
やっぱり物語のBADENDは嫌なんで・・・何とかルルーシュには道を思い直して立ち直ってHAPPYENDに向かっていってほしいです!!
79. Posted by とも   2008年07月14日 12:37
はじめまして。
いつも楽しく読ませていただいてます。

カレンの件ですが案外、ナナリーが助けに入るかもしれません。(そう信じたいw)
直前までカレンと話していたのを半ば中断されたのと、スザクの態度に対してうっすら疑念を抱いてますし。

ナナリーがカレンを保護。後に騎士に任命、カレン仕方なく・・・・なんて希望的観測があったり^^;

リフレイン打たれてまた、紅蓮にのれるとはさすがに思えませんので。
80. Posted by まもん   2008年07月14日 12:53
追記
ラクシャータと神楽耶と玉城wwを忘れてたww
でもってこの3人がまったく読めないwww

う〜ん玉城は扇の昔からの仲間なんでそういう所は素直な奴なんで結局は扇についていくのかなぁ〜・・・黒の騎士団的にはどっち行っても痛くないんですけど(ぉぃ)

ラクシャータは読めないwww
どうなるんだ?人数多いほうですかね?自分の研究最優先っぽいんで研究できるほうでしょうかね?

神楽耶はゼロ側に行ってほしい〜><
自称奥さんなんで・・・でもゼロがいなくなった黒の騎士団のリーダーに一番向いてるのは神楽耶なんですよね・・・・
でも離婚反対!!ww
81. Posted by 通りすがり   2008年07月14日 15:29
> それは叩く=力押しという思考になっているからでしょう。
 ジェレミアの寝返りを利用し、内通者を増やして、内部から切り崩すのです。

それはあまりにもリスクが高すぎるのでは?

V.Vが不死身であり、しかもギアス能力者を保持している以上
奇襲が一番確実な手でしょう
暗殺もできないんだしw

一つでも内通者を取り逃して情報が漏れたら即ゲームオーバーですよ
はっきり言って奇襲→殲滅&確保が一番安全です
82. Posted by ゆうこ   2008年07月14日 17:39
なっきーさん、こんにちは!

>若本皇帝
>「兄さんはまた、嘘をついた」

何かの条件をクリアすれば、「ルルーシュには手を出さない」とか約束してたのかもしれませんね。・・・ずいぶん昔にとかに。
私は機密情報局そのものが「ルルーシュを生かす(再チャレンジ?)ための舞台装置」ではないかとずっと疑っています。
C.C.を本気で捕らえたいなら、「発見次第、死体にして完全確保」でなければならず、またどんな状況であれゼロが復活した場合には、「餌(ルルーシュ)は学園から撤収し完全監禁の後検証」でなければならないからです。
83. Posted by ゆうこ   2008年07月14日 17:41
それがこんなに(若本皇帝にしては)ぬるいやり方をとっているということは・・・単に他人任せにしたわけでなく、それと判りにくいやり方で「脱走可能なシステム」にしておいたのではないかと・・・。

ことによると9年前(?)のマリアンヌ暗殺事件のときのやり取りも
「父上はこの国で一番偉いんでしょう!?」
「お前はなにもわかっておらぁぁんっっっ!!!!」(←偉いというのは見せかけ、V.V.からルルナナを守るためには他国へ追放せねばならない・・・)
とかいう考察も可能です。その後日本で酷い扱いうけても放置とか、人質のままか開戦とか、フツーなら死んでること色々あるんで安易にイイ人設定にされても困りますが。(続く)
84. Posted by ゆうこ   2008年07月14日 17:42
アッシュフォードがルルーシュを支援し、助けたことまでが皇帝の差し金、アッシュフォードは真に皇帝の腹心だった!・・・とかなら辻褄はあいますが、ここまできて大ボスがイイ人設定だと萎えるんで、若本皇帝にはせめてルル以上の悪役に徹してほしいです(タノム)。

マリアンヌ様は、おそらくCの世界にいるのだろうと思います。以前から不死者で変わらない状態で存在している、という可能性は私はあまり考えたくないのです。
暗殺事件までは確かな情を持った「生きた母親」だったと思うからです。ナナリーを庇って死んだように、子供の安全を何よりも優先するのが「生きた母親」。それは生物としての本能でもあります。(続く)
85. Posted by ゆうこ   2008年07月14日 17:44
しかしC.C.と会話する「マリアンヌ」はルルーシュの心配はするのですが、「何が何でも、どんな危険からも守らねばならない」という生物としての本能をまったく感じないのです。
暗殺事件を機に、不死者となって生者の感覚を失ったのなら感じとして合いますが、むしろ死者としてCの世界にいて欲しいかなー?
あとマオも、死んだときのあの姿でCの世界にいたら鬱陶しいですが(C.C.的に)、死者ならばギアスからも開放され、一番いいとき(多分子供時代)の姿で存在してるのでは、と妄想してます。
ついでに、Cの世界で、ちびマオがギアスのないきらきらした瞳で一瞬通りかかって消えるシーンを妄想して、萌えてみた。(続く)
86. Posted by ゆうこ   2008年07月14日 17:45
ところでコーネリア様、ギアスを掛ける直前にルルーシュとして少し会話しているので、ヴィレッタがルルーシュの顔を思いだしていたところからすると、コーネリア様も思い出していてもおかしくないです。というかあの会話は、ルルーシュとしてもそのつもりだったのだろうと思っています。ギアス直後には思い出せない。しかし時間がたてば思い出す。くらいの・・・。

あとロロ雑巾使い捨てが寸前で回避されたことに心からほっとしましたが、何のフラグかと考えるとガクブル・・・。(続く)
87. Posted by ゆうこ   2008年07月14日 17:48
>スザク
正直、ルルーシュを有無を言わせず確保して、自白剤使ったほうがはやくね?と思ったんですが、それは彼の権限を越えているのでしょう。
やはりC.C.の餌という立場そのものがルルーシュを守る仕掛けでは??とも思いますが、2期1話であっさりルル殺されるところだったしな・・・。
そう考えると若本皇帝のルルーシュの取り扱いって、要所要所でフツーは死ぬようにできてますよね。(キタエタイノカ)真意はどこに!!??
88. Posted by 宰領   2008年07月14日 19:08
初めて書き込まさせていただきます。

なっきーさんは、
〜コーネリアのいる場所への直撃コースですが、素早く飛び離れていましたし〜
とおっしゃられていますが、このシーンジェルミアが、「皇女殿下」と言いながら助けてますよね?彼は皇帝を主と認めていないようですが、ほかの皇族のことはどう思っているのでそうかね。単に自分の目の前で皇族が死んで欲しくないという考えで助けたのか、コーネリアだから助けたのか、いまいちジェルミアの忠節を尽くす範囲がわかるません。

89. Posted by りぐ   2008年07月14日 20:52
こんばんは

>研究をさせなく
それでも進むのが「人の業」だという気もします。

>内通者
逆に嚮団により埋伏を受ける可能性もあります。まあそれは置いておくとして、黒の騎士団=合衆国日本がこれらの研究者を捕虜とした後合衆国連合内部において微妙な位置に立たされるような気がします。公表しない間に漏洩された場合公表後に独占を疑われた場合(勢力の弱い地区はその力を欲するかもしれませんし)どちらに転んでもよろしくないでしょう。
ルルーシュの取った選択は異質な物を排除しようという行為。あるいはこれも「人の業」と言えるでしょうか。ただ今回のルルーシュはもう一段上の視点だったかもしれません。「王たる我が身に必要のないものを排除する」
ルルーシュの選択としては間違った選択という事になるのでしょうが……
90. Posted by なっきー   2008年07月14日 21:22
4  ソマソマさん、林檎豆腐さん、まもんさん、ともさん、通りすがりさん、ゆうこさん、宰領さん、りぐさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>ソマソマさん

>どんな理由があってもロロのした事は絶対許されない事だし、償わ
>なくてはいけないのを前提で書いてました。
 やっぱりそうだったんですね。
 やってしまったその責任が自分に返ってくることは、生きていく以上は受け入れなければなりませんしね。

>〜ロロの内面を見通し切れず、ルルーシュがああいう風に仕向けちゃっ
>た為にロロの独占欲と居場所を失くしたくないという不安感を〜
 何かルルーシュも、ロロを扱いかねている感はあります。↓

(続きます)
91. Posted by りぐ   2008年07月14日 21:26
>マリアンヌ
不死性はともかく不老性は持ちえてないみたいですね。そもそも表だった地位にいる者に不老性は邪魔とも言えますか。対で考えるならマリアンヌもなんらかのギアス能力者であったというのが妥当な線なのでしょうか。

>贖いの時
次回が「Cの世界」ですからルルーシュの意識がその世界に飛ばされるのですかね。これまでの所業の中から誰かに何かを贖うという事でしょう。けれど贖いとは交換の意味を持ちます。ルルーシュが相手に渡せるものは果たして何なのでしょうかね。

>宰領さん
>皇女殿下
横から失礼します。コーネリア自身がマリアンヌの護衛の責任者であったので初任務のジェレミアは職務上はコーネリアの下にいた。その辺の事情があるのでしょうか。
92. Posted by なっきー   2008年07月14日 21:36
 ゆるゆると受け入れる方向に向かっていたとは思うのですが、まだ一歩距離を置いている段階=ロロの心に踏み込まない内に事件が起きてしまったのかもしれません。

>マリアンヌ>〜実は日本人だったとか、先祖に日本の血が混じってる
>とか推測してみました。
 有り得ると思います。

>マリアンヌ16才の時シャルル42才ですから、シャルルロリコンですね〜(笑)
 長男坊が13歳と結婚寸前まで行っていたことを連想します。(ぉぃ



(続きます)
93. Posted by なっきー   2008年07月14日 21:39
>林檎豆腐さん

 初めまして。

>なっきーさんの丁寧な感想を、いつも楽しく読ませて頂いてい
>ます。
 楽しんでいただければ私も嬉しいです! ヽ(⌒ヮ⌒)ノ

>・V.V.。
>〜読み/詰めの甘さや私怨で行動する人間臭さ。
 仰る通り外見だけではなく、子どもっぽさが残っている感はありますよね。
 何か 『誰にも叱ってもらえなかった人』 な感じです。

>・シャルル。
>優しい人のようですね…一応、身内に対しては。
 身内とそれ以外の扱いに相当差がある辺り、確かにルルーシュに似ている気がします。

(続きます)
94. Posted by なっきー   2008年07月14日 21:42
>若き日の姿に〜
>きっと、クロヴィスも大きくなったらあんな感じになったと〜
 あの皇帝風まきまきの髪で薔薇小指しているところを想像して、盛大に吹きましたw

>・スザク。
>〜前回のシャーリーの「許す」的な話もあり、彼の心ではルル
>ーシュを許すか否かで激しく揺れていた気がします。〜
 なるほど…、今回特に厳しい方向に出たのは、内の迷いの反動というわけですね。

>スザクの無意識の中ではルルーシュに対する友情が残っている〜
 そうかもしれません。
 『赦せない』 と言っていたのも、 『友達だからこそ赦してはいけない』 とか、そんな感じなのかも。

>〜激しく揺れていた分、劇的に心情か変化(?)したのかな…と
 なるほど、自然な心の動きな気がします。

(続きます)
95. Posted by なっきー   2008年07月14日 21:45
>「もういいんだ!」〜
>重圧や矛盾から来る軋轢に耐え切れず、逃げ場を求めての発言
 だから性急に答えそのものが必要になったわけですね。

>この作品はキャラの心理を整合性を持って描いていると思う〜
 これ、全く同感です。

>対カレン〜
>スザクの大事な部分が(表象では)欠けたのは確か
 迷っているのと、実際やってしまうのとでは大きな大きな差がありますからね。

>・続スザク
>〜優しき世界を知っている(筈の)カレンがゼロについて語れ
>ば、スザクは今のルルーシュと向き合わざるをえない
 これなんですが、 「君も騙されているんだ」 という発想になりそうな気がしています(汗)。

(続きます)
96. Posted by なっきー   2008年07月14日 21:48
>カレンも、過去を追体験して自分を見つめ直す良い時期〜
 薬が見せる幻影は所詮幻影。しかもこれは、楽しい幻影しか見せない悪魔の薬です。
 その幻影に浸った人には、現実は否定するべき悲しくつらい世界と化してしまうのです。

 廃人にならずとも、今の健康極まる心が歪んでしまう可能性は高いのではないでしょうか。

>〜自白剤なんて後遺症の残らないものが幾らでも……
 この作品でそれが存在するかはまだわからないとも思います。

>・ルルーシュ。
>「疑わしきは罰せよ!」…正に魔女狩り。
 これは、 『罪のない者を殺した罪は、罪のある者を殺した功で相殺される』 という腐った論理。
 命令する側はそれで良くとも、実行する側は…。↓

(続きます)
97. Posted by なっきー   2008年07月14日 21:52
>〜やはり騎士団内部からの不信感や不満は避けられない
 そう思います。

>あと10話前後ある事を考えると、終盤までにもう一度心の変化
>があると思います。
 私は、ほんの数話先で反転しそうな気がしています。
 …今回の状態は、ルルーシュやスザク本人的にも極端すぎる感じですしね。



(続きます)
98. Posted by なっきー   2008年07月14日 21:55
>まもんさん

>とりあえず黒の騎士団が分裂しそうな感じなんで〜
 もし仮にルルーシュがこの路線を進むことをやめないなら、ゼロが殺されるか騎士団が分裂するかは確かな気がします。

>まず崩壊はないと思います・・・今や中華連邦、イタリア、
>ポーランドなど勢力を拡大してますし・・・
 消えるには大きくなりすぎている感はありますよね。

>おそらくゼロ派、藤堂、扇(扇は微妙・・)派に別れる
 ありそうです。
 ゼロ派は最もシビアに物事を見る現実派、藤堂派にはその魂に惹かれた人たちが、扇派には激しい道はごめんだという人が集まりそうです。

>〜ただ、もし黒の騎士団にゼロがいなくなったらもう黒の騎士
>団はお終いなんですよね・・・
 同感です。↓

(続きます)
99. Posted by なっきー   2008年07月14日 21:58
 そもそもインドからナイトメアの提供を受けられたのも、ゼロの知謀が世界情勢を変える可能性に彼らが期待したからに他なりませんし。

>ゼロ側に着く人でジェレミア、咲世子、ロロは鉄板
 あとC.C.、そして仰る通りディートハルトですね。

>〜CCだけはそばに居続けると思うんで、まぁ救いはしない〜
 今回もそうだと思いますが、 『ルルーシュはそちらへ行くのか。残念だ』 と内心でだけ思って、正してはくれない気がします。

>〜騎士団の分裂、消滅は勘弁してほしい・・・汗
>やっぱり物語のBADENDは嫌なんで・・・
 それに騎士団の分裂などは、最早ルルーシュにとってのバッドエンドに収まらないですからね(汗)。
 それは彼らが託した夢の破綻…。

>ラクシャータと神楽耶と玉城wwを忘れてたww
 この辺、私の読みを書いてみます。↓

(続きます)
100. Posted by なっきー   2008年07月14日 22:04
 神楽耶は自らの地位を理解し、ゼロを王たる器と見て伴侶に相応しいと惚れ込んでいます。
 故に、ゼロが小人物に成り下がれば見限られる可能性は低くないと思います。

>う〜ん玉城は扇の昔からの仲間なんで〜
 たまきwの場合は 『ゼロすげーよ!』 の思いと官僚になる夢(笑)が混じり合って、ゼロに付いてきています。
 故に見限り組でしょう。

>ラクシャータは読めないwww
 ラクシャータは大物とか小物とかより、ゼロは面白いと考えていそうです。
 ただ、ロイドへの対抗心が強くありそうなので、ゼロ派がブリタニアに対抗し得る力を失えば見限りそうな気がします。

>でもゼロがいなくなった黒の騎士団のリーダーに一番向いてる
>のは神楽耶なんですよね・・・・
 京都六家の生き残りなので、日本再興を謳う旗印としても重要人物ですよね。
 騎士団分裂となれば、その全ての派閥から熱烈に勧誘されそうです。



(続きます)
101. Posted by なっきー   2008年07月14日 22:07
>ともさん

 初めまして!

>カレンの件ですが案外、ナナリーが助けに入るかもしれません
 地位的にも、今止めることが可能なのはナナリーだけでしょう。
 でも今のスザクのままだと、頑強に抗弁してやり通そうとしそうな気も…(汗)。

>〜スザクの態度に対してうっすら疑念を抱いてますし。
 その辺、勘も頭もいい感じですしね。

>ナナリーがカレンを保護。後に騎士に任命、カレン仕方なく〜
 騎士に任命、というのは、上で書いたようなスザクの強硬姿勢に対抗する最強の手段かもしれませんね。
 捕虜ではなく降将、反乱者ではなく皇族直属の騎士となれば、最早礼を失した扱いはできませんし。



(続きます)
102. Posted by なっきー   2008年07月14日 22:11
>通りすがりさん

 もし議論をなさりたいのであれば、捨てハンドルではなく、固定ハンドルを名乗ってください。
 そうでなければ私は議論をするつもりはありません。

 また、あなたの主張は私の意見の根拠なき否定に見えます。
 最も安直な道を選んだルルーシュをそれこそが正解だと思われるのは自由ですが、それによって私の意見を否定することは無理があると思います。


 ルルーシュは 『考えなかった』 のですよ。
 だから下策を選んでしまったのであって、何の努力もしていない人が何もできないのと同列の事態に過ぎません。

 ギアスキャンセラーにしてV.V.直属の部下。
 実験体の 『お兄ちゃん』 。
 …このように使える材料はあり、それを活かせる知謀を持っているのですから。



(続きます)
103. Posted by ソマソマ   2008年07月14日 22:11
<投稿者さんのご希望により、削除しました>
104. Posted by なっきー   2008年07月14日 22:14
>ゆうこさん

>「兄さんはまた、嘘をついた」
>何かの条件をクリアすれば、「ルルーシュには手を出さない」
>とか約束してたのかもしれませんね。
 ルルーシュたちの日本送りや、釣り餌作戦。
 それらは何かと言えば彼らを殺そうとするV.V.に抵抗するためのものにも思えるんですよね。

>機密情報局そのものが「ルルーシュを生かす(再チャレンジ?)
>ための舞台装置」ではないかとずっと疑っています。
 可能性が高い気がします。

>〜ゼロが復活した場合には、「餌(ルルーシュ)は学園から撤収
>し完全監禁の後検証」でなければならないからです。
 V.V.は必ず新ゼロはルルーシュだと疑って、シャルルに(またも)殺そうと言い出したことでしょう。
 でも餌はまだ籠の中で、殺したら作戦が台無しだと、シャルルはそう返していたのだと思います。↓

(続きます)
105. Posted by なっきー   2008年07月14日 22:16
 だからこそ今回、やっぱりゼロはルルーシュだった、なんて台詞が出てくるのではないかと。

>〜それと判りにくいやり方で「脱走可能なシステム」に〜
 何かそんな感じですよね。

>(←偉いというのは見せかけ、V.V.からルルナナを守るため
>には他国へ追放せねばならない・・・)
 どうもそういう感じですよね。
 遺児たちを冷たく扱う策を見せることで、しきりに殺そうと主張するV.V.を納得させたのだと思います。

>〜フツーなら死んでること色々あるんで安易にイイ人設定に
>されても困りますが。
 少なくとも善人ではないでしょうね。そもそも甘いと言っても対身内だけですし。

>〜若本皇帝にはせめてルル以上の悪役に徹してほしいです
 私の予想ではアカシャの剣は犠牲を必要とするような黒い武器ですし、↓

(続きます)
106. Posted by なっきー   2008年07月14日 22:21
…その目的が何であれ、やってきた諸々のことは善意で済まされるものでは有り得ないことでしょう。
 そしてその目的、神殺し自体も、理解はできても同意はできないといった種類のものではないかと思っています。

>マリアンヌ様は、おそらくCの世界にいるのだろうと〜
 そうかもしれません。
 と言うか、ずっと不老不死だったなら以前の姿が最新の違っていることと矛盾しますしね。

 ただCの世界にいる者で、何か条件を満たしている者は再び現実世界に受肉することが可能、という可能性も結構高いと思っています。

>暗殺事件を機に、不死者となって生者の感覚を失ったのなら
>感じとして合いますが、〜
 私はこっちで考えてました。

(続きます)
107. Posted by なっきー   2008年07月14日 22:25
>あとマオも、死んだときのあの姿でCの世界にいたら鬱陶しい〜
>一番いいとき(多分子供時代)の姿で存在してるのでは
 最も幸せだった時代の姿を選べる、という可能性はかなりありそうですよね。

>Cの世界で、ちびマオがギアスのないきらきらした瞳で一瞬
>通りかかって消えるシーン
 うは…、凄くいいかも…。
 と言うか確かに育ったマオだと激しくウザい気がするので(ぉぃ)、私もそちらを支持します。

>〜ヴィレッタがルルーシュの顔を思いだしていたところから
>すると、コーネリア様も思い出していてもおかしくないです。
 これも可能性は低くないと思います。

 『ギアスを掛けられた前後の記憶に混濁が見られる』 と、第1期のルルーシュは確かそんな風に表現した気がします。
 ヴィレッタが思い出し始める辺りのことを思い返してみても、決して思い出せるはずがない、なんてレベルじゃない感じですよね。

(続きます)
108. Posted by まもん   2008年07月14日 22:27
コメントを見てなるほどな〜と思いました^^
神楽耶は本当にそうでしょうね^^
たまきwの場合は自分はなっきーさんの意見は鉄板な感じがしちゃうんですよww
とりあえず黒の騎士団の妄想は終わったんで、ブリタニア側の今後を妄想したいです

>V.V

これはもう退場かな?いろいろ謎の多いキャラでしたけど、もう大分人物像もつかめましたし・・シャルルに見限られて終わりそうですね

>コーネリア

もうこっち側じゃないですけど一応・・
ジェレミアに助けられたんでこの後どうするかでしょうね・・
ユフィの件をどう解釈してるかでしょうね・・・ほとんどありえないと思うんですけど、もしからしたらルルーシュに説教するのってコーネリア?とも思ったりしますww(同じシスコンとしてw)
あとジェレミアが助けたのはマリアンヌを憧れたコーネリアだから?
それとも皇族関係には全員忠誠を誓ってるのか?まぁ皇族関係に全員忠誠を誓ってるわけ無いか(汗

続きます
109. Posted by なっきー   2008年07月14日 22:29
>ロロ雑巾使い捨てが寸前で回避された〜
>何のフラグかと考えるとガクブル・・・。
 代わりに 『頑張りすぎて心停止』 フラグが…(汗)。

>スザク
>正直、ルルーシュを有無を言わせず確保して、〜
 有罪の証拠がない者を逮捕はできないことでしょう。
 捕虜に適用する国際法を軽んじるのはともかく、ブリタニアの法に反する行動は、スザクには採れないと思います。

 汚い手を使うのと、無法はまた別ですしね。

>やはりC.C.の餌という立場そのものがルルーシュを守る仕掛け〜
>2期1話であっさりルル殺されるところだったしな・・・。
 「殺されるようならそれは運命だったと諦めるとしよう」 。
 日本送り+開戦でもそうですが、シャルルが護衛を付けることが不可能な以上は、 『死ぬかもしれない』 ことまでは避けられないと思います。



(続きます)
110. Posted by なっきー   2008年07月14日 22:32
>宰領さん

 初めまして!

>このシーンジェルミアが、「皇女殿下」と言いながら助けて
>ますよね?
 確かにそうですね。
 ますます格好いいなあ…。

>彼は皇帝を主と認めていないようですが、ほかの皇族のこと
>はどう思っているのでそうかね。
 皇帝を忠誠の対象から外したのは、マリアンヌ殺害事件の前後に彼なりに納得できないところがあったからではないかと思います。
 他の皇族に対しては、今も昔と変わらない忠誠心を持っている気がします。

>〜コーネリアだから助けたのか、〜
 恐らくは 『ルルーシュさまに(現状)敵対していない皇族』 でさえあれば、救助を躊躇わない気がします。
 敵対している皇族だと助けた上で、礼を失わない形で捕虜にするのではと思います。



(続きます)
111. Posted by なっきー   2008年07月14日 22:36
>りぐさん

>>研究をさせなく
>それでも進むのが「人の業」だという気もします。
 先端科学の研究には、必ず莫大なお金が掛かります。
 つまり科学者たちを確保した上で、自分たち以外からの資金流入を止めれば意に添わない研究も止まるのですよ。

 ましてギアスのような、実験体までが必要な研究であれば、止めることが不可能とは思えません。

>内通者
>逆に嚮団により埋伏を受ける可能性もあります。
 埋伏毒を利用する策もあります。
 故に、埋伏を仕掛けられるのは致命的なことではないと思います。

>〜黒の騎士団=合衆国日本がこれらの研究者を捕虜とした後
>合衆国連合内部において微妙な位置に立たされるような気が〜
 むしろ逆でしょう。↓

(続きます)
112. Posted by まもん   2008年07月14日 22:37
>ジノ、アーニャ

この2人がギアスで今一番気になります!
アーニャは今までいろんな伏線があったんで、どう転んでも受け入れられるんですけどね
でもジノはどうなるんでしょう・・・・
前のスザクの行為(リフレインを使用した前提)で黒の騎士団入りは強引過ぎましたね(汗)でもジノはかなり不快に感じると思います、アーニャも
後は他のナイトオブラウンズも気になるんで楽しみです^^

>スザク

う〜ん・・さすがに夕方5時で麻薬を打つ外道な行為を放映できるとは思えないんですけど・・・(今週も虐殺もあるんで自信満々にいえないw)
ナナリーが止めるんでしょうね・・・ってか止めてナナちゃん!(シャーリーも願ってる!!)
あぁ〜もうシャーリ天から降りてきてルルーシュとスザクにビンタお見舞いしてくれw(ナナリーでも可)
このまま新型ランスロットに乗ったらとんでもなくうっとおしくなりそうだなぁ〜汗
ルルーシュと同じく立ち直れ!!
113. Posted by なっきー   2008年07月14日 22:39
 今回の殺戮が漏れて、一体どこの誰が 『公的に』 よくやったと言ってくれるでしょうか?
 そんな野蛮な連中に合衆国連合の指導的立場を与えることはできない、と、合衆国日本の発言権がそれだけ失われるのは確実だと思います。

 逆に 『なぜ殺さなかった』 と一体誰が批判できるでしょうか?
 人道に従う行動というのは、安直な殺戮と違い、ある意味無敵なのです。

>ただ今回のルルーシュはもう一段上の視点だったかも〜
>「王たる我が身に必要のないものを排除する」
 ですから、それでは世界から弾き出されると記事で書いたわけです。
 結局は王たる資格の方を失うことになるわけですね。

>マリアンヌ
>不死性はともかく不老性は持ちえてないみたいですね。
 もし仮に不老性とか持ったとしても、事件間近で、ということになりそうです。

(続きます)
114. Posted by オタコン   2008年07月14日 22:42
こんばんは、なっきーさん。

前話のラストから一気に落としてきましたね。正直つらかったです。シャーリーの母のシーンとか特に…。

>ロロ
屋上花火大会に参加できる可能性は低くなってきましたね。そもそも、花火大会が実現できるかどうかすら怪しくなって来ましたが…。彼にはせめて死ぬ前に自分の間違いに気づいて欲しいです。

>ジェレミア
なんか大活躍してます。それもサザーランドで!!最後のコーネリアを助けるシーンとかも格好よかった。でも、一人だけサザーランドってのもアレなので、早くラクシャータにジークフリート直して欲しいですね。
(続く)
115. Posted by なっきー   2008年07月14日 22:44
>対で考えるならマリアンヌもなんらかのギアス能力者であった
 C.C.との親しさから見ても、可能性は決して低くない気がします。

>贖いの時
>次回が「Cの世界」ですからルルーシュの意識がその世界に飛
>ばされるのですかね。
 有り得ると思います。

>けれど贖いとは交換の意味を持ちます。ルルーシュが相手に
>渡せるものは果たして何なのでしょうかね。
 第一感、 『誓い』 でしょう。

>コーネリア自身がマリアンヌの護衛の責任者であったので初
>任務のジェレミアは職務上はコーネリアの下にいた。
 関係はあるかもしれません。
 ただ、後にオレンジと化してからコーネリア麾下に置かれたとき、純血派が戦場の端も端に置かれてたことも思い出します。
116. Posted by ソマソマ   2008年07月14日 22:44
<投稿者さんのご希望により、削除しました>
117. Posted by まもん   2008年07月14日 22:50
>シュナイゼル

現時点で一切ギアスと関わってないんですよね・・・・本当に不気味な存在です・・ある意味一番主人公なんじゃww一度も人格が破綻してないww
ギアスにも恐らく関わってくると思うんでシュナイゼル軍の活躍に期待!!
シュナイゼルまで人格破綻とかやめて><

>ニーナ

今回の涙で戻ってきてくれると信じます!!
核兵器開発での大量虐殺の責任感じて自殺とかやめてね・・・(ありえそう・・・)
カノンちゃんと教育して><

>ロイド、セシル

もう早くくっついちゃえwwOPでも夫婦だったしww
まぁ真面目な話この2人はくっつかないと思うんですけどね・・・良くも悪くも一生上司と部下って感じだと思います

続きます
118. Posted by まもん   2008年07月14日 22:54
>ナイトオブワン

この人はどんな性格なんだろう・・・
戦争は下策と言ったり、かなりの人物でしょうね、まぁ帝国最強の騎士なんで・・・スザクはこの人を超えたいんですよね・・・まぁ今週見たら一生無理そうですけどww
スザクに格の違いを感じさせるくらいの渋いキャラ希望(だとしたら絶対好きになるww)

>皇帝

正直今週出てきたのは完全に予想外・・・もしかしたらラスボスは別の何か神と称する物なのかも・・・
似たもの親子の共闘あるのか!?あるとしたら興奮する!!
来週ですけどエコーのかかった若本にwルルーシュが敵うとはまったく思えないww
一体どうなるのか・・・

とにかくブリタニア側にはまだ登場人物が多いんでいろいろ妄想しがいがありそう!
後割り込みコメすいません・・
以後気をつけます(土下座)
119. Posted by オタコン   2008年07月14日 23:02
>ルルーシュ
やってしまったなあ、というのが正直な感想です。事情はどうあれ、武器を持たない者を一方的に虐殺したのだから、ブリタニアと同じと言われても仕方ありません。今回の作戦に納得していない隊員は結構いそうですし、このことが藤堂や星刻にばれたら厄介なことになりそうです。これは内部分裂フラグか?

>スザク
>「間違った手段で手に入れた結果に意味は無いと思うから」
ルルーシュもそうですが、つくづく初心を忘れちゃいけないなあと思いました。彼にはあの台詞を最後まで貫いて欲しかったんですが…。あのシーンはリフレインを見せてカレンを脅しただけ、だと思いたい。
(続く)
120. Posted by 地護津 由利   2008年07月14日 23:10
こんばんは、たった一日でレス数が100越えとは・・改めてこのサイトの人気を実感しました

>ロロ
暴走=死とは、最後まで生き残ってるかな、ヴィンセントは完膚なきまでにボロボロにあのカラーリングは一機だけだったので残念です

>ジェレミア
いっそのことサザーランドで紅蓮にリベンジしてほしいです

>ルルーシュ、スザク
この手のアニメでは視聴者の支持を失った人物は遠からず死ぬんですけどね・・スザクはギアスのおかげで生き延びてますが
121. Posted by オタコン   2008年07月14日 23:29
>V.V
ラストで皇帝に見限られるのかとも思いましたが、なんだかんだ言って身内に甘い皇帝のことなのでそれは無いかなあ、と。しかし、何故あそこまでマリアンヌのことを嫌っているのか?神殺しについて対立したのでしょうが、それ以外にも性格面とかでも合わなかったのかもしれません。

>皇帝
こんなに早く対決するとは予想外です。本当に展開が速いアニメですね。まさか、次回で退場とか無いよな…(本当にありえそうな気がして怖い)。

>バトレー
なんとなく最後の方まで生き残りそうな気がしてたんですが、彼も逝ってしまいました。結構好きなキャラだったんですが…。

>次回「Cの世界」
公式HPの次回予告には誰かがルルーシュを助けに来るようなことが書いてありましたが、一体だれが?C.C?マオ?マリアンヌ?誰でも面白い展開になりそうです。
122. Posted by ソマソマ   2008年07月15日 00:27
<投稿者さんのご希望により、削除しました>
123. Posted by なっきー   2008年07月15日 00:29
4  ソマソマさん、まもんさん、オタコンさん、地護津 由利さん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>ソマソマさん

>〜ある掲示板で、やっぱり犯人はロロじゃなくて別の奴ではない
>のか?というのを見つけました。
 可能性という意味では消えてないですし、矛盾がなくて根拠がある考察なら、支持するしないとは無関係に価値があると思います。↓

>いかにもな状況証拠描写があろうが本人がどう言おうが、〜
 ただ一方で、今回のような劇中で事実として出た情報に対抗しようと考えるなら、そこには強力な根拠=必然性が必要です。↓

(続きます)
124. Posted by なっきー   2008年07月15日 00:36
 具体的にはロロが嘘を吐く必然性、犯人についてシャーリーが何も言わなかった必然性、あの状況に第三の犯人候補が入り込み、それが露見しなかった必然性、最後にそこまでしてシャーリーを殺害しなければならない必然性です。

 …まあ最後のは動機の話なので、 『現時点では不明』 でも通る話だとは思いますけど。

>またしても割り込みコメントになってしまいました…。
 これはただ運の問題なので、お気になさらないでくださいね。

>〜こういう発想もありなんだなー的なネタ
 私自身そういう発想も多いのですが、作中で出た情報を否定するには、上で書いたような強力な根拠が必要だと思っています。
 根拠無しだと、ぶっちゃけそれはただの二次創作でしょう。↓

(続きます)
125. Posted by なっきー   2008年07月15日 00:41
>〜直接の事実描写は見ていません(規制と言えばそれまで
>ですが、それなら他に見せ方があったはず)
 見せ方があるから見せなければならないわけではないと思います。
 仮説で 『犯人自供』 を覆すためのモノとしては、あまりに根拠として弱い気がします。



(続きます)
126. Posted by なっきー   2008年07月15日 00:44
>まもんさん

>コメントを見てなるほどな〜と思いました^^
 お役に立てれば幸いです♪

>たまきwの場合は自分はなっきーさんの意見は鉄板な感じが
>しちゃうんですよww
 たまきwウォッチャーなもので(笑)。

>V.V
>これはもう退場かな?〜
>シャルルに見限られて終わりそうですね
 これ↑ですよね。
 シャルルもかなり我慢してきた感じですし、殺さないとしても、以後は自分の監視下に置こうとするかもしれません。

>コーネリア
>〜ジェレミアに助けられたんでこの後どうするかでしょうね
 コーネリア自身はルルーシュと話をしたいとは考えそうですよね。彼女もマリアンヌ信奉者だったのですし…。

(続きます)
127. Posted by なっきー   2008年07月15日 00:50
>〜もしからしたらルルーシュに説教するのってコーネリア?〜
 それは何気にかなりありそうな可能性かも…。
 コーネリアは無力な相手の殲滅戦もする人ですが、それとは別に今のルルーシュが病んでいることに気付くかもしれません。

>ジェレミアが助けたのはマリアンヌを憧れたコーネリアだから?
 コーネリアもマリアンヌ警護の任を負っていたはずです。↓

>それとも皇族関係には全員忠誠を誓ってるのか?
 優先順位はあるでしょうが、近いものはある気がしています。
 ただし、(ルルーシュと似た理由で)シャルルは敬意の対象から除外されてそうです。

>アーニャは今までいろんな伏線があったんで、どう転んでも〜
 わかる気がします。
 やっぱり、こうやっていろいろ伏線を張って欲しいですよね。

(続きます)
128. Posted by なっきー   2008年07月15日 00:53
>でもジノはどうなるんでしょう・・・・
 現状、あの陽気で享楽主義的な顔が表面的かどうかすら判断しようがない状態ですからね。

>(リフレインを使用した前提)〜
>でもジノはかなり不快に感じると思います、アーニャも
 同感です。
 あからさまに 『汚い』 行為ですから、騎士の誇りを持っている人から一斉に軽蔑される可能性も…。

>さすがに夕方5時で麻薬を打つ外道な行為を放映できるとは
>思えないんですけど・・・(今週も虐殺もあるんで〜
 明らかにいい子ちゃんは対象外ですからね。
 基準はあくまでクレーム対策に回避するかどうかでしかないので、読みづらいです。

>もうシャーリ天から降りてきてルルーシュとスザクにビンタ
>お見舞いしてくれw(ナナリーでも可)
 ちゃんと2人の心に声が届く人自体が限られてますからね…。

(続きます)
129. Posted by ソマソマ   2008年07月15日 00:54
>なっきーさん
いやいやいや、本当に2、3行の文から突発的に思いついた文字通りのネタに過ぎませんので(汗)なっきーさんの言う通り考察でも何でもない、正に二次創作の妄想の産物です。もしそういう物を不快に感じるのでしたら、中止にしますのでこの事に関する私の記事は削除して下さい。すみませんでした(>_<)
130. Posted by なっきー   2008年07月15日 00:59
>ルルーシュと同じく立ち直れ!!
 私も強く希望したいです。

>シュナイゼル
>現時点で一切ギアスと関わってないんですよね・・・・
 でも何か知っているかも、とはいつも思います。
 彼は(今回のルルーシュとかとは逆に)決して性急にならず、結論を急がないので、何か知ってもなかなか表面化しない気がします。

>〜ある意味一番主人公なんじゃww一度も人格が破綻してない
 もうちょっとで13歳の義姉ができそうになりましたが(笑)。

>シュナイゼルまで人格破綻とかやめて><
 『実は黒い人』 でも構わないのですが、破綻というのは私も嫌です(汗)。

>ニーナ
>〜核兵器開発での大量虐殺の責任感じて自殺とかやめてね
 OPに、前の失敗作と似た何かが映ってるわけで(汗)。↓

(続きます)
131. Posted by なっきー   2008年07月15日 01:05
 まあ上司がシュナイゼルなのが幸いして、実際にニーナが望むような使い方はされないでしょうが…。

>ロイド、セシル
>〜真面目な話この2人はくっつかないと思うんですけどね
 ロイド的に、伴侶というイメージを持てない気がしますね。

>ナイトオブワン
>この人はどんな性格なんだろう・・・
 とりあえず、かなり思慮深そうですよね。

>スザクはこの人を超えたいんですよね・・・まぁ今週見たら
>一生無理そうですけどww
 下手すると、今の地位すら危うくなるかも…。

>スザクに格の違いを感じさせるくらいの渋いキャラ希望
 私もー。

(続きます)
132. Posted by なっきー   2008年07月15日 01:08
>皇帝
>正直今週出てきたのは完全に予想外・・・もしかしたら
>ラスボスは別の何か神と称する物なのかも・・・
 なるほど…、滅茶苦茶ありそうな気がしてきました。

>似たもの親子の共闘あるのか!?
 うわあ、憎まれ口が飛び交いそうな会話が楽しみです!

>来週ですけどエコーのかかった若本にwルルーシュが敵うとは
>まったく思えないww
 そのためのゼロ仮面ですよ。(違

>とにかくブリタニア側にはまだ登場人物が多いんでいろいろ
>妄想しがいがありそう!
 しかもそれぞれにいろいろ思惑がありそうですしね。

>割り込みコメ
 これは単に運なので、お気になさらないでくださいませ。
 現実問題、私も割り込んだ形になってしまうことが…。



(続きます)
133. Posted by なっきー   2008年07月15日 01:14
>オタコンさん

>〜一気に落としてきましたね。正直つらかったです。
 ずっとテンション下がりっぱなしです(汗)。

>ロロ
>屋上花火大会に参加できる可能性は低くなってきましたね。
 何より彼自身が、その世界の意味に気付いていないですからね…。

>〜彼にはせめて死ぬ前に自分の間違いに気づいて欲しいです。
 気付いて反省し、ルルーシュには間違いを泣いて詫びる…なんてなれば、ルルーシュもボロ雑巾計画を必ず考え直す気がします。

>ジェレミア
>〜でも、一人だけサザーランドってのもアレなので、早くラク
>シャータにジークフリート直して欲しいですね。
 ジークフリート修理という発想は持ってませんでした!
 確かにアレ、直せるものなら是非直して欲しいですね。

(続きます)
134. Posted by なっきー   2008年07月15日 01:17
>ルルーシュ
>〜事情はどうあれ、武器を持たない者を一方的に虐殺したのだ
>から、ブリタニアと同じと言われても仕方ありません。
 ゼロは反ブリタニアというより、ブリタニアと違うやり方で行くとして支持を集めたのですからね。

>〜このことが藤堂や星刻にばれたら厄介なことになりそうです
 この2人は特に高潔であることを重視する人ですしね(汗)。

>スザク
>「間違った手段で手に入れた結果に意味は無いと思うから」
>〜つくづく初心を忘れちゃいけないなあと思いました。
 変わって行くにしても、逆とか否定ではなく、発展的に変わろうと願わないとダメなのかもしれません。

(続きます)
135. Posted by なっきー   2008年07月15日 01:23
>あのシーンはリフレインを見せてカレンを脅しただけ、だと思い
>たい。
 その場合、それでもカレンが折れないようだと脅しだったことがバレるか、あくまで強硬手段で行くかを選ぶ羽目になります(汗)。
 どちらにしても具合が悪い感じ…。

>V.V
>〜なんだかんだ言って身内に甘い皇帝のことなのでそれは無い
>かなあ、と。
 少なくとも、命を奪おうとはしない気がしますね。
 放置してさようなら、も報復(多分ルルーシュに)を考えると避けた方が良さそうです。

 …なら弱っている内に確保、軟禁状態に…というのが妥当かもしれません。

>しかし、何故あそこまでマリアンヌのことを嫌っているのか?
 嫉妬と考えるのが簡単ですが、もっと深い理由がいろいろ絡んでいる可能性もありそうですよね。

(続きます)
136. Posted by なっきー   2008年07月15日 01:26
>皇帝
>〜まさか、次回で退場とか無いよな…
 …それは全く考えてませんでしたが、この作品だと有り得る気がします(汗)。

>バトレー
>〜結構好きなキャラだったんですが…。
 私も嫌いじゃない感じでした。
 一所懸命上司に尽くしていたのですが、彼もまたギアスに振り回された生だったと言えるかもしれません…。

>次回「Cの世界」
>〜誰かがルルーシュを助けに来るようなことが書いて〜
 単純に考えればC.C.でしょうが、マリアンヌというのも大いにありそうです。
 とことん意外に、ということなら、クロヴィスとかが出てきて、後から理由がわかるなんてのも有りかもしれません。



(続きます)
137. Posted by なっきー   2008年07月15日 01:30
>地護津 由利さん

>たった一日でレス数が100越えとは・・
 読んでいただいた上にコメントまでしてくださった皆さまのお陰、もう嬉しい限りです!

>ロロ
>暴走=死とは、最後まで生き残ってるかな
 生存すら、かなり危うくなった感じですよね(汗)。

>ヴィンセントは完膚なきまでにボロボロにあのカラーリングは
>一機だけだったので残念です
 あそこまで壊れたら、次は新品支給もありそうですよね。

>ジェレミア
>いっそのことサザーランドで紅蓮にリベンジしてほしいです
 そんな無茶な(笑)。
 確かに前チンされたのはサザーランドでしたけど…。

(続きます)
138. Posted by なっきー   2008年07月15日 01:37
>ルルーシュ、スザク
>この手のアニメでは視聴者の支持を失った人物は遠からず死ぬ
>んですけどね・・
 間違えた道の先は奈落、というわけですか(汗)。
 早く引き返さないと…。
139. Posted by 東西南北   2008年07月15日 01:52
なっきーさん、再びこんばんわ。
コメント見てて思った事をいくつか。

>ジェレミア
>忠誠の範囲
皇族全体に今も変わらず敬意を持っていると思います。そして数いる皇族の中でも最もマリアンヌに近く、マリアンヌの雪辱を誓うルルに特に忠誠を誓ったと。決して「皇帝を主と認めていない」のではなく。他に仕えるべき主がいたというだけでしょう。
140. Posted by 東西南北   2008年07月15日 01:53
>神楽耶
>ゼロが小人物に成り下がれば見限られる
いやいや。そんな事をすれば騎士団の分裂・崩壊を大いに助長する事うけあいです。自らの立場と全体の情勢を見極められる神楽耶だからこそ、今の状況でそんな軽率な行動はしないと考えます。
それに何より、一度夫と定めた相手を「その程度の事」で見限る程神楽耶の器は小さく無いでしょう。もちろんゼロの非道を責め正しつつ、おそらくゼロの隣に立ちゼロの代わりに求心力を発揮する形を取ると思います。

夫が大変な時に隣で支えてこそ妻。「これも内助の功ですわ」とか笑って言ってくれそうな予感w
141. Posted by 藍依   2008年07月15日 01:54
なっきーさんこんばんは
今回はまためまぐるしく展開してついていくのにいっぱいいっぱいな感じでした
面白かったですが、やはりルルーシュ、ロロ、スザクとあまりいい方向にいっていないので
見ていてツライ部分はありますよね
まぁまだあと残り話数もありますしこのまま落として終わりということはないと思いますが
ロロのルルーシュ中心ぶりがなんだか見てて痛々しくてたまらなかったです
ただ今回ボロ雑巾にならなかったことで結構生き残れるのでは!?とも思いますが
次回はある程度ルルーシュが皇帝の思いを知ることでまた一気に色々と前提としていたものが崩れるのでは?と思っているのですがどうなんでしょうねぇ
ちょっと今後が全然予想がつきません
まぁだからこそ見てて楽しいんですけどね!!
142. Posted by 東西南北   2008年07月15日 01:55
>殲滅戦
もっとも安直で、もっとも簡単で、もっとも確実で、もっとも愚かな選択、というのが正しいかと。
局所的な視点で、合理性だけを追求すれば確かに奇襲殲滅戦が正解です。「内部から切り崩す」は時間と労力が掛かる上、確実性もそう高くなくおまけにハイリスクですからね。その代わり成功時のリターンがとてつもないですが。

しかし、こんなやり方が受け入れられるのはそれこそブリタニアのような高圧的な国民性を持つ国だけでしょうね。それ以外、とりわけブリタニアの反対を行っていたはずの黒の騎士団で受け入れられるはずなど・・・。だからこその極秘任務なんでしょうけど。
143. Posted by こけもも   2008年07月15日 02:00
毎回楽しく拝見させていただいています。
ギアス嚮団に対してなんですけど、策が下の下、かつ団員への説明不足であるのは当然ですが、非武装組織だったということにたいして問題は無いと思います。
本来の目的はともかく、現時点でわかっている、実際にやっていることは十中八九、違法な手段で実験体を集め、改造して暗殺者(例:ロロ)に仕立て上げているだけですから。
ルルーシュ的には「刃を向けてきた(暗殺者を送ってきた)相手が何も持っていなかった(非武装だった)からどうした?」というところでしょうか。当然そんなことは微塵も考えていないでしょうけど。
スザク共々、そばに手綱を握ってくれる女がいないとホントにダメですね。(苦笑)
ルルーシュの説明に比べれば「自分も襲われた、超能力を持った暗殺者を育成している」とでも言ったほうがまだマシだったんじゃないでしょうか。
次回、Cの世界は死後の世界っぽいので、ユフィとクロヴィスが登場してくれると嬉しいですね。
では失礼します。
144. Posted by りぐ   2008年07月15日 02:16
こんばんは
朝早くそして夜遅くまでレスご苦労様です。
>殺戮の漏洩
蛇足かもしれませんが補足させて頂くと、事件そのものより確保した研究者や情報のことです。騎士団の不満分子または研究の打ち切りに納得のいかない研究者(そういう人がいればですが)とかは自らの利益の為に情報の漏洩を行うかもしれません。

>独占を疑う
例えば一億の宝くじが当たった人が「全部使いきりました」と言ってるのに金を借りようとしている人のような感じですね。「そんな事は信じない(信じたくない)」
いくら騎士団または合衆国日本がそれらを利用しないと公言したとしても信じてくれる組織は少ないでしょう。あるいはそういった組織が一部研究者と結託することで資金の流れなどはできるようにも思います。
もっともこれは劇中にない流れですね、これ以上は控えます。
(少し続く)
145. Posted by りぐ   2008年07月15日 02:35
>ジェレミア
例えばあれがコーネリアではなくこないだの皇族会議の面々(第一皇子は別としても)ならジェレミアは救っただろうかと考えるといささか微妙なんですよね。特に主持ちの現在。

>第一感 「誓い」
ユフィなどならそうだと私も思いました。しかしクロウ゛ィスとかだとそういうわけにもいかないでしょうから単純に「向き合う」という事なのかとも思って見ました。
っかスザクも行ってきなさいとなりますね。Cの世界が故人と会える場なら実際行く事になる気がしますね。
146. Posted by なっきー   2008年07月15日 06:25
4  ソマソマさん、東西南北さん、藍依さん、こけももさん、りぐさん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。



>ソマソマさん

>状況証拠と思い込みによるそれぞれの事実と歪められた真実
>今回の話でスザクはシャーリーを殺したのはルルーシュだと完全に思い込
>んでます。
 スザク視点では事実らしく見えるのは間違いないでしょうね。
 それを事実と思い込むかどうかは人それぞれで、今のスザクは決め付けてしまう癖ができているということでしょう。

>その為、ルルーシュを怨んでおり目的の為ならどんな残酷な事でもする
>外道な人間だと思っている。
 スザクが勘違いする1番の原因が、これを(推測ではなく)事実だと考えていることでしょう。

>〜正に二次創作の妄想の産物です。
 私もよく全くのゼロから仮説を構築しています。↓

(続きます)
147. Posted by なっきー   2008年07月15日 06:30
 ただ、劇中で事実として出てしまったものは、それなりに重んじなければならないとも思います。
 それでもなおその 『事実』 の裏に本当の真実があると主張するには、その主張をするだけの強力な理由が必要だと思うのですよ。

>もしそういう物を不快に感じるのでしたら、中止にしますので
>この事に関する私の記事は削除して下さい。
 あ、いえ、不快とかそういうのとは全然違いますので…。
 もちろん削除なども全く考えてないです。

 ちょっと長くなりますが、ちゃんと説明しますね。↓

(続きます)
148. Posted by なっきー   2008年07月15日 06:35

 劇中で事実とされてしまったものをも否定すると、本当に何でもありになってしまうのですよ。
 そこまでノールール、何でもありの世界であれば、

『考証することに意味はあるのか』

…とそんな話になってしまうのではないかと。
 考証者の仁義…みたいな?
 そうなると私は守らないといけないかな、と。

 うまく説明できませんけど(汗)、そんな風に思っています。



(続きます)
149. Posted by なっきー   2008年07月15日 06:40
>東西南北さん

>ジェレミア
>皇族全体に今も変わらず敬意を持っていると思います。
 そう思います。↓

>〜マリアンヌの雪辱を誓うルルに特に忠誠を誓ったと。
 これですよね。
 真意を確かめに来たジェレミアを、ルルーシュは失望させなかったわけです。

>決して「皇帝を主と認めていない」のではなく。
 これはやっぱり認めてないように考えてます。
 これは予想に範疇になりますが、イエスユアマジェスティを皇帝以外に使うのは、皇帝に対する不敬罪に相当すると思うのですよ。

 『我が主』 に使うのは有り、とは、ちょっと思えません。

(続きます)
150. Posted by なっきー   2008年07月15日 06:48
>神楽耶
>〜自らの立場と全体の情勢を見極められる神楽耶だからこそ、
>今の状況でそんな軽率な行動はしないと考えます。
 ゼロが本当に小者になれば、神楽耶が大物でも支えるにも限度があります。
 自分1人がついていくことは良くても、日本人(騎士団員)大勢と心中するわけにはいきません。↓

>それに何より、一度夫と定めた相手を「その程度の事」で
>見限る程神楽耶の器は小さく無いでしょう。
 神楽耶はきっとゼロを叱り、導き、正しいゼロで在り続けるべく支えてくれることでしょう。
 しかし、それでもダメなら最早ゼロに日本人を任せられないと考えると思うのですよ。

 ゼロから実権を奪い、自らが先頭に立とうとするのではないでしょうか?
(※他の夫を選ぶとか、そういう話ではありません)

(続きます)
151. Posted by なっきー   2008年07月15日 06:52
>〜「これも内助の功ですわ」とか笑って〜
 私の考える神楽耶は内助の域を踏み越えることも有り得ます。
 ゼロを立てるのは 『ゼロが立てるに相応しい器』 だからで、そうでなくなければ無理に彼を押し立てようとはしないと思います。

 一武将の妻ではなく、一国の姫として。
 神楽耶はそれだけの大器だと思うのですよ。

>殲滅戦
>もっとも安直で、もっとも簡単で、もっとも確実で、もっとも
>愚かな選択、というのが正しいかと。
 今回も勝利したように、目先だけを問うなら(ある意味)正しいんですよね。
 だから、これこそが正解だと思う人が出るのも不思議なことではありません。

 でも目先しか見えないようでは、大事を成し遂げるのは不可能…。

(続きます)
152. Posted by なっきー   2008年07月15日 06:57
>「内部から切り崩す」は時間と労力が掛かる上、確実性もそう
>高くなくおまけにハイリスクですからね。
 確実性は知謀次第でしょう。駒は揃っているのですから。
 つまりルルーシュの得意分野です。

>とりわけブリタニアの反対を行っていたはずの黒の騎士団で
>受け入れられるはずなど・・・。
 特に今いる100万人は、名誉ブリタニア人として生きる道を否定した人たちですからね。
 なのにゼロがブリタニア流に染まるとなると…。



(続きます)
153. Posted by なっきー   2008年07月15日 07:01
>藍依さん

>やはりルルーシュ、ロロ、スザクとあまりいい方向にいって
>いないので見ていてツライ部分はありますよね
 そうですよね。
 しかも同時に揃って道を間違えてしまったので、見ている方の気分的にもひどいことに…。

>ロロのルルーシュ中心ぶりがなんだか見てて痛々しくて〜
 しかもルルーシュ自身のことは見えてなくて(汗)、あくまで 『僕と兄さん』 ですからね。

>今回ボロ雑巾にならなかったことで結構生き残れるのでは!?
 代わりに心停止フラグが立った感もあり、まだまだ危険水域の真っ直中に思えます(汗)。

>次回はある程度ルルーシュが皇帝の思いを知ることでまた一気
>に色々と前提としていたものが崩れるのでは?〜
 ありそうですよね。↓

(続きます)
154. Posted by なっきー   2008年07月15日 07:05
 今回シャルルがどの程度V.V.を見限ったかによって、シャルルからルルーシュに話される真相の範囲が変わってきそうな気がしています。

>ちょっと今後が全然予想がつきません
>まぁだからこそ見てて楽しいんですけどね!!
 両方同感です!
 …でも2週連続で(違う形に)凹んだので、次は盛り上がる話だといいなあと期待してます。



(続きます)
155. Posted by なっきー   2008年07月15日 07:10
>こけももさん

>毎回楽しく拝見させていただいています。
 \(≧▽≦)/ ありがとうございます!

>ギアス嚮団〜
>違法な手段で実験体を集め、改造して暗殺者(例:ロロ)に仕立て上げているだけですから。
 ただ、C.C.に助けを求めた科学者がいたように、強制されて仕方なく、といった者もいたことでしょう。
 ゼロのように上に立つ者がその人たちを 『殺さざるを得ない』 とするのでは、思考の放棄と言われても仕方ないと思います。

>「自分も襲われた、超能力を持った暗殺者を育成している」〜
 ユフィに何が起きたかでもそうですが、信じてもらえるから真実を話す、ではないですよね。
 この作戦を行うとしても、実行部隊全員にギアスの危険性を話すべきだったのは間違いないと思います。これは彼らの安全にも関わることですし。↓

(続きます)
156. Posted by なっきー   2008年07月15日 07:13
 今回のゼロは敵に対して厳しいというだけではなく、 『味方に不誠実』 でもあったと思います。

>Cの世界は死後の世界っぽいので、ユフィとクロヴィスが〜
 その2人はかなり見たいですね。まあ死後の世界そのものとは限りませんけど。
 C.C.の発言 「先にCの世界で待ってろ」 から、マオだけは間違いなくいるのでしょうが……。



(続きます)
157. Posted by なっきー   2008年07月15日 07:16
>りぐさん

>殺戮の漏洩
>〜事件そのものより確保した研究者や情報のことです。
 もし仮にギアスキャンセラーに人体が必要ないなら、この情報を広く公開してギアスの価値を下げる、という対抗手段もありそうですね。
 それに、(自分の意見への反論みたいになりますが)私の主張するやり方が有効なのは今の体制を保てればの話で、極端な話、ゼロが死んだりするとたちまちギアスの研究が再開されたりするかもしれません。

>独占を疑う
>いくら騎士団または合衆国日本がそれらを利用しないと公言した
>としても〜
 信じたとしても、政治的理由で 『隠れて研究している』 と主張する可能性もありますね。

 結局、どんな手段も完璧では有り得ません。
 ですが、満点解答がどこにも存在しないなればこそ、支持を集める発想というのは大きな価値を持つとも思います。

(続きます)
158. Posted by なっきー   2008年07月15日 07:22
>ジェレミア
>例えばあれがコーネリアではなくこないだの皇族会議の面々(第一皇子は別としても)ならジェレミアは救っただろうか〜
 私はそれでも助けて、その上で捕虜にするようには思っています。
 …が、コーネリアを助ける時ほどの熱意はないかも…。

>第一感 「誓い」
>〜しかしクロウ゛ィスとかだとそういうわけにもいかないでしょうから単純に「向き合う」という事なのか〜
 なるほど、それもありそうですね。

>スザクも行ってきなさいとなりますね。
 気になるのが、Cの世界に入るのに資格がいるのかですね。
 いると半確定しているのはマオのみ。C.C.と交信しているマリアンヌも可能性が高そうですが、彼女も含めてギアス能力者のみが死後に入れる、という形もありそうです。
159. Posted by まもん   2008年07月15日 08:39
前のコメントでシャーリ天から降りてきて〜ってコメントしたんですけど、あながち可能性がなくはない!!って事で妄想してみます!!

>アカシャの剣

シャルルは1期からいつもあそこにいますよね・・・・
なのにいつも最新の情報を得てる・・・
しかも1期の3話でクロヴィスが死んだ後に「今クロヴィスと話しておった」って言いましたよね後「計画を急がなければ」とも言いました(これは神殺しですね)
シャルルも死者と対話が出来るって事でしょうけど、あの場所にいるからじゃないかなぁ?とも思ってます
とするとシャルルが今週言った購いの時っていうのは、ルルーシュが殺してきた、死者との対話じゃないのかなぁ?と思います
クロヴィス、マオ、ユフィ・・・・・・シャーリーも!もしかしたら会話できるのかも!!もしシャーリーと会話できるとしたらルルーシュは立ち直れると思います!!(ルルーシュ叱ってやって!!) 
後ユフィとも会話が出来るのか?と期待もしています・・・
クロヴィスもピクチャードラマ見たらかなりルルーシュの死を悲しんでいたいい人だったんで期待してます
マオは・・・・・うざそうなんでいいです(ぉぃ
後スザクもアカシャの剣に来たじゃないですか でもそういう描写が無かった・・対話できるのは何でギアスを持つものだけ?と思ってます・・・
そうじゃないとしたらスザクはユフィと会話して目覚ませ!!

まぁこれはハッピーエンドに行ってほしいと思う自分の都合のいい妄想なんですけど(汗
まぁ死者と対話で立ち直るってかなり反則なんでありえねぇよとか言われたら反論できないんですけど(汗
まぁ妄想なんで当たってほしいとは思いません!!(いや当たってほしいけどw)
160. Posted by ソマソマ   2008年07月15日 09:21
なっきーさん>おはようございます。…えーと、今回の妄想には考証とか主張とか理由なんて全くないんです。私はそういう事を考えるのは苦手でして意味を求めたり↑の事より自分の感想や考察にも満たない妄想を書いたり、他の方々の自分とは違ういろんな感想や考察を読んだりして楽しむのが好きだったりします。今回のも掲示板で見たちょっとした記事をきっかけに「表された事実をどこまで覆せるかやってみよう、コードギアスなんだから大ドンデン返しも有りなんじゃね?」みたいな(笑)何の主張も下心もない本当にただのお遊びですから、堅苦しく真面目に受け取らなくていいです(汗)私自身の犯人に関する考えは最初にコメントした通りですし普通の感想も書きますのでそこの所をよろしくお願いします。


(しばらく空けます)
161. Posted by りぐ   2008年07月15日 10:30
こんにちは

>資格
上でまもんさんがおっしゃっているように1期6話の冒頭でシャルルがクロヴィスと交信していると思われるシーンもあります。
もともと私は1期の段階では誰とでも契約を結べるのではなく、なんらかの遺伝要素が必要なのではないかと思っていました。1期1話のC.C.の「見つけた、私の」というセリフからですけどね。マリアンヌの子どもを見つけたという事なら「見つけた、マリアンヌの」となるはずなので、契約するべき相手を見つける事が出来たというようにも受け取れるわけです。逆にそういった下地のない者と契約を結ぶというところに研究の割り込む余地があるとも言えます。そうした場合旧家たるスザクの家系(皇家も)は下地を持っていたかもしれません。マオの場合は大宦官に追われた帝室の傍流とでもしときます。
162. Posted by りぐ   2008年07月15日 10:48
マオを絡めると極端に確率は下がってきます。いくら髪の毛の色が天子と同系統とはいえそれだけでは根拠としては希薄だとも感じています。まあそういうこじつけでもすればスザクに資格は与える事ができるのでしょう。あるいは駒を亡くなしたV.V.がスザクと契約を結ぶというウルトラCがあるかも!まさしくラスボス化路線ですね。

どちらにしても未だに根拠としては弱いかな。C.C.の「見つけた、私の」はV.V.の「呪われた皇子が」と相対するものでルルーシュだけに適用されるという事かもしれません。
163. Posted by なっきー   2008年07月15日 20:56
4  まもんさん、ソマソマさん、りぐさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>まもんさん

>前のコメントでシャーリ天から降りてきて〜ってコメントした
>んですけど、あながち可能性がなくはない!!〜
 例えばCの世界の正体や性質次第で、その辺の可能性が現実味を増すかもしれませんよね。

>アカシャの剣
>シャルルは1期からいつもあそこにいますよね・・・・
 第一感思うのは、あそこにいると↓

>なのにいつも最新の情報を得てる・・・
 情報を得られる、という形ですよね。

>「今クロヴィスと話しておった」〜
 ありましたね…。
 クロヴィスもCの世界にいて、↓

(続きます)
164. Posted by なっきー   2008年07月15日 21:02
>シャルルも死者と対話が出来るって事でしょうけど、あの場所
>にいるからじゃないかなぁ?とも思ってます
 あの場所であれば、交信できるのかもしれませんね。
 …その予想は、凄く当たってそうな気がします。

>〜購いの時っていうのは、ルルーシュが殺してきた、死者との
>対話じゃないのかなぁ?と思います
 なるほど…、そうやって自分の罪を正しく見つめることで、今の状態のダメさ加減にも気付き、出直すことになるのかも…。

>クロヴィス、マオ、ユフィ・・・・・・シャーリーも!
 ユフィとシャーリーは、特にルルーシュにとって意味が大きい対話となりそうです。
 価値云々だけじゃなくて、ルルーシュはちゃんと謝りたかったと思うんですよね。

(続きます)
165. Posted by なっきー   2008年07月15日 21:06
>クロヴィスもピクチャードラマ見たらかなりルルーシュの死を
>悲しんでいたいい人だったんで期待してます
 いい人というか、 『普通』 だったんでしょうね。

 普通だから、親しかった兄弟が異国に流され、失意のままに死んだと知らされたら悲しいわけで…。
 シンジュクゲットー殲滅戦も、普通にブリタニア皇族だったから選択を間違えたのかもしれません。

>マオは・・・・・うざそうなんでいいです(ぉぃ
 猛烈にウザそうな(笑)マオですが、意外とルルーシュの軌道修正に一役買う可能性もありそうな気もします。
 自分のことしか考えなくなったギアス使いのなれの果て、ですしね。

>後スザクもアカシャの剣に来たじゃないですか〜
>対話できるのは何でギアスを持つものだけ?
 ギアスというモノの正体に関わることなのかもしれませんね。

(続きます)
166. Posted by なっきー   2008年07月15日 21:10
>そうじゃないとしたらスザクはユフィと会話して目覚ませ!!
 ユフィなら、一発でスザクの暴走を止められそうな気がします。

>これはハッピーエンドに行ってほしいと思う自分の都合のいい
>妄想なんですけど(汗
 どうにもバッドエンドが普通に有り得る雰囲気も出てきましたしね…(汗)。

>死者と対話で立ち直るってかなり反則なんでありえねぇよとか
>言われたら反論できないんですけど(汗
 クロヴィスと対話していたシャルルとか、できておかしくない伏線は張られていましたから問題ないと思います。



(続きます)
167. Posted by なっきー   2008年07月15日 21:16
>ソマソマさん

>〜今回の妄想には考証とか主張とか理由なんて全くないんです。
 こちらこそ、水を差してしまってごめんなさいです(汗)。

 要は私の都合に過ぎないわけでして…。
 ああいったコメントをいただく分には問題は全くありません。ただ私が、劇中事実の否定を前提とした考証にうまく踏み込めないのです(汗)。
 済みません。

>〜他の方々の自分とは違ういろんな感想や考察を読んだりして
>楽しむのが好きだったりします。
 私もです。

>「表された事実をどこまで覆せるかやってみよう、コードギアスなん
>だから大ドンデン返しも有りなんじゃね?」
 少し詳しく書きますね。

(続きます)
168. Posted by なっきー   2008年07月15日 21:23

 極論すれば、見えていた映像も 『見せられていた』 ことにすれば逆転可能です。
 (これはギアスでは有りになってますが)回想シーンも記憶を変えられたことにすれば覆せます。
 どんなシーンも、実は幻覚でした、あるいはヴァーチャル世界でしたとすればひっくり返せます。
 その辺をフル活用すれば、

「自分がルルーシュだと思っていた少年は、実は枢木スザクだったんだよ!!!」
( ;`ω´) (`ω´;(`ω´; )ナ、ナンダッテー!

…だって可能です。
 つまりそこに何か 『これは事実と認めよう』 とするルールがないと、作品に確定事実そのものが存在しなくなるのです。

 二次創作に喩えましたが、私は二次創作も大好きです。↓

(続きます)
169. Posted by なっきー   2008年07月15日 21:32
 つまりはその手のお話も実は、決して嫌いじゃありません。
 問題はただ一点、 『考察系記事のコメント欄では私がうまくお返事できない』 点に尽きます。

 …私も掲示板(右カラムにリンクがあります)を持っていますので、この手のはそちらに投下していただくといいかもしれません。

>(しばらく空けます)
 お待ちしてます。
 上に書いたように、今回のことは全部私の都合で、問題は私にだけあります。
 どうか、お気になさらないでくださいね。



(続きます)
170. Posted by なっきー   2008年07月15日 21:54
>りぐさん

>資格
>〜1期6話の冒頭でシャルルがクロヴィスと交信している〜
 確かにそうですね。
 そうなるとクロヴィスもCの世界にいる公算が高まった気がします。

>〜誰とでも契約を結べるのではなく、なんらかの遺伝要素が
>必要なのではないか〜
>1期1話のC.C.の「見つけた、私の」というセリフから〜
 凄くありそうですね…。わざわざ異国に流されたルルーシュを追ってきたのには、強力な動機がある可能性が高いですし。

>〜契約するべき相手を見つける事が出来たというようにも受け
>取れるわけです。
 なるほど、そんな感じですね。

>〜マオの場合は大宦官に追われた帝室の傍流
 これもありそうな気がします。↓

(続きます)
171. Posted by なっきー   2008年07月15日 22:00
>いくら髪の毛の色が天子と同系統とはいえそれだけでは根拠
>としては希薄だとも感じています。
 それだけに、これが正解だとしても恐らく本編では語られないままの 『裏設定』 となるのではないかという気もします。

>あるいは駒を亡くなしたV.V.がスザクと契約を結ぶという
>ウルトラCがあるかも!まさしくラスボス化路線ですね。
 もし今回シャルルに見限られたなら、V.V.は今まで以上の暴挙を何かしでかしそうですしね。

>C.C.の「見つけた、私の」はV.V.の「呪われた皇子が」と相対
>するものでルルーシュだけに適用されるという事かもしれません
 この辺はもうちょっと何か情報が出てこないと、判断が難しそうですね(汗)。
172. Posted by Avz   2008年07月15日 22:03
月曜日で150overとは!

>疑わしきは罰せよ(黒いヤツ)
>オレの心は犯人だと(白いヤツ)
今回仲良く魔女裁判じみたことをやっています。
流石、親友。息がぴったりです(皮肉)

ただ次回はCの世界が出てきますから
ユフィの再登場の可能性があるんですよね。
できればシャーリーも出てほしいところ。
そこで、ルルが改心するシーン入れる
ための今回の非情展開とも思えます。

>シャーリー(ギアスに翻弄?)
ギアスに翻弄されてというより、
ボーイフレンドの愛人の元カレ(気取り)と
BFの何を考えてるかわからない父親と
BFの、(母親と仲が悪い双子の伯父が送りつけてきた)偽弟との
人間関係に翻弄されたとゆーべきではないかと。

その観点だと、ギアス云々はともかく
またワケのワカラン奴を送りつけてくる
可能性が高い嚮団をぶっ壊す
というのは理にかなってるんですよね(汗

(続きます)
173. Posted by Avz   2008年07月15日 22:18
>嚮団
個人的には、ギアスを残しておけないという観点なので殲滅は賛成ですが、
始末するのに一般隊員を使うのと、情報も集めず完全殲滅したのは問題ありですね。
その点では、なっきーさんに賛成です

ただ時間をかけると、
モンゴルに展開中のシュナイゼルが
連絡のないコーネリアを回収、または教団の位置を特定して
いろいろ横取りされそうです(汗

あと、あの時点で嚮団から得られるものとして、
バトレー、コーネリアの身柄。
現在活動中の、ギアス使いの情報。
過去の活動記録があるんですよね。

特に活動記録は
VVがマリアンヌ事件の実行、およびその隠ぺい工作に加担した可能性を考えると、消すには惜しい情報だったと
思います。

(続きます)
174. Posted by Avz   2008年07月15日 22:47
>ちょっと襲撃法を考えてみました

以上の点を考えると
作戦は少人数、速攻で決めたいですから

参加メンバー
 ルル ジェレミア ロロ 
 CC サヨコ 0番隊

手順
・CCの偽者(サヨコ)を拘束した棺をもってジェレミアがVVに近づく
 理由は、
 「CC捕まえたので先に届けにきました」で問題ないかと 
 VV的には CC>>ルル みたいですし
・棺から飛び出した偽CCがVVの首を落として首だけバッグに詰め込む
・タイミングを合わせて蜃気楼、暁直参が突入、CC復帰宣言
・0番隊は包囲のみ ただし脱出するものは全て破壊


VVも首が体から話されたら、
一定時間動けなくなるでしょうから
あとは、幹部を制圧して、
掌握可能じゃないかと思います。

情報を集めた後、殲滅したければ
脱出口を潰した後で
この手の施設につき物の自爆装置
をギアスで操った幹部に作動させて
まとめて吹き飛ばせばOKでしょう。
(黄昏の扉や脱出列車の痕跡、
 研究施設の設備を残さない
 ため仕掛けてある可能性は高いと
 思います。)

ただ、ほかのギアス使いたちは
「兄さん、アイツラ逃げようとしたからまとめて殺してきたよ♪」
と言いそうなヤツがいるのであきらめたほうがいいかも(汗


ではまた明日にでもお邪魔します。
175. Posted by 夏祭   2008年07月15日 23:42
こんばんわ〜
前のコメントでちょっとヘヴィーなことを書いたので今日は、適当に突っ込みを入れながらコメントしますw
>ロロ
「危なかったね兄さん」危ないのはロロの頭の方ですg(
なんでもかんでも殺すものでは^^;せめてシャーリーと一緒に行動して銃を構えた瞬間でルルをギアス範囲外に置いて発動すれば。
>ルル
よく(も)やってくれた(な)ロロ^^と頭の中で言っていることでしょうwでも感情が強いルルにしてはよく持ちこたえたと思います。
>コーネリア
一度シャルルにあって、ギアスを知って、ユフィにギアスをかけたのはゼロでない、嚮団でギアスの研究をしていると記憶を書き換えられたのでは?もしそうならば、ルルを守る+V.V.へのバレないようでの形での反逆(ジェレミアが出たからギアスで替えたらならばれるかも)となるのでは?
それと、C.C.が契約した人は(多分)左目にギアス、V.V.は右目にギアス、長く使うと両目とかでは?
176. Posted by なっきー   2008年07月16日 00:03
4  Avzさん、夏祭さん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>Avzさん

>月曜日で150overとは!
 皆さまに感謝するばかりです!

>疑わしきは罰せよ(黒いヤツ)
>オレの心は犯人だと(白いヤツ)
>〜流石、親友。息がぴったりです(皮肉)
 全くですね(苦笑)。
 ある意味似た者同士なままなのかも。

>次回はCの世界が出てきますからユフィの再登場の可能性
 コメントでもいただいたように、ルルーシュと犠牲者たちとの対話が 『贖いの時』 というのが当たってそうな気がします。↓

>できればシャーリーも出てほしいところ。
 ならばシャーリーも出てきておかしくないですよね。

(続きます)
177. Posted by なっきー   2008年07月16日 00:06
>ルルが改心するシーン入れるための今回の非情展開
 そうなると、もしかしたら今回のことでも、たちまち深い後悔をするようになるのかも…。

>シャーリー
>ギアスに翻弄されてというより、ボーイフレンドの愛人の
>元カレ(気取り)とBFの何を考えてるかわからない父親と〜
 元々 『傍迷惑な親子喧嘩』 なんて言われてましたが、叔父やら “弟” やらが追加されましたからね。
 迷惑度もその分アップ(苦笑)。

>〜またワケのワカラン奴を送りつけてくる可能性が高い嚮団を
>ぶっ壊す
 少なくとも放置はできませんし、ゼロが支配してもいずれ問題は起きると思います。

(続きます)
178. Posted by なっきー   2008年07月16日 00:09
>嚮団
>個人的には、ギアスを残しておけないという観点なので〜
 これは同感です。
 “過ぎた力” は、碌な結末を招きません。

>始末するのに一般隊員を使うのと、情報も集めず完全殲滅した
>のは問題ありですね。
 ゼロは頭脳を使ってナンボ、だと思うわけですよ。
 強攻でも勝てる、じゃあ行こう…では(問題が無いならともかく)何ともお粗末です。

>モンゴルに展開中のシュナイゼルが連絡のないコーネリアを
>回収、または教団の位置を特定して〜
 ここが中華連邦内であることから、連邦からの要請がなければシュナイゼルは動かないように思います。
 そして先に、神楽耶を通じて天子に要請しておけば、仮にシュナイゼル側から作戦行動の許可を求められたとしても、黒の騎士団の作戦行動が終わるまで許可を出さないようにできることでしょう。

(続きます)
179. Posted by なっきー   2008年07月16日 00:12
>バトレー、コーネリアの身柄。
 これは知らなかったので予定には入れられないにせよ、↓

>現在活動中の、ギアス使いの情報。
 こちらは欲しい気がします。
 今回のやり方だと、どこかに残党がいてもわからないですからね(汗)。嚮団全員があの施設にいた保証もないのですから…。

>〜VVがマリアンヌ事件の実行、およびその隠ぺい工作に加担
>した可能性を考えると、〜
 襲撃者がV.V.本人というのはちょっと考えにくいので、当然配下(恐らくギアス能力者)を動かしているはずですからね。

>ちょっと襲撃法を考えてみました
 行けそうな策だと思います。

>・CCの偽者(サヨコ)を拘束した棺をもってジェレミアが
>VVに近づく
 V.V.をまず潰せば、残りは統制のとれた行動ができなくなるでしょうしね。

(続きます)
180. Posted by なっきー   2008年07月16日 00:14
>・0番隊は包囲のみ ただし脱出するものは全て破壊
 これも妥当だと思います。

>自爆装置
>(黄昏の扉や脱出列車の痕跡、研究施設の設備を残さない〜
 あると思いますし、無くともバベルタワー倒壊の時のように、ルルーシュなら構造を把握すれば完全に埋めてしまうのは難しくないと思います。

>ただ、ほかのギアス使いたちは〜
 これが一番の問題ですよね。
 ロロにだけは彼らを懐柔可能だと思います。

 ところがルルーシュはロロを殺すつもりでいるので、その手は使えません。
 ロロを生かしておいてギアス軍団が余計なことをしないように管理させるとなると、ロロの 『二人の世界以外どうでもいい』 価値観が害になってきます。

 …科学者は何とか管理できそうにも思うのですが、こっちは困難を極めそうです(汗)。

>ではまた明日にでもお邪魔します。
 お待ちしてますね。



(続きます)
181. Posted by なっきー   2008年07月16日 00:16
>夏祭さん

>〜適当に突っ込みを入れながらコメントしますw
 はい、そういうのも大歓迎です!(笑)

>「危なかったね兄さん」危ないのはロロの頭の方ですg(
 ボケたのに突っ込んでもらえないロロ、これはコンビ解消の危機です。(違

>〜せめてシャーリーと一緒に行動して銃を構えた瞬間でルルを
>ギアス範囲外に置いて発動すれば。
 なるほど、確かにロロにだけは、一緒にいさえすれば凶行阻止は簡単なはずですよね。

>よく(も)やってくれた(な)ロロ^^〜
>でも感情が強いルルにしてはよく持ちこたえたと思います。
 確かに…。
 怒りが頂点を越えて、真顔の段階も通り過ぎて、結果的に笑い顔になったのかも…。

(続きます)
182. Posted by なっきー   2008年07月16日 00:19
>コーネリア
>一度シャルルにあって、ギアスを知って、ユフィにギアスを
>かけたのはゼロでない、嚮団でギアスの研究をしていると〜
 なるほど…、それは有り得そうですが…。
 ただ、それだと兄さんが殺される展開にもなりかねず、 『刺客送ったよ♪』 を聞く以前にはシャルルはそれを望まなかったのではないかとも思います。

>〜C.C.が契約した人は(多分)左目にギアス、V.V.は右目にギア
>ス、長く使うと両目とかでは?
 何か法則があってもおかしくないですよね。

 ただ、まだサンプルが少なすぎて、何とも言えない気がします。
 対岸の、 『なぜルルーシュのギアスは左目に宿ったか』 といった理由がわかれば、溝が狭まりそうな気がしますけど…。
183. Posted by りぐ   2008年07月16日 20:46
こんばんは

>Avzさん
>C.C.の偽者
問題となるかもしれないのが1期25話「ナナリーが、お前の妹が神根島に」それと2期5話「ルルーシュ、お前のそばに」というやつでしょうか。前者は誰かとの交信で得た情報で後者が2期4話の戦闘を見て気付いたという可能性もありますが、ギアスに関する「印」なり「波動」なり感じとれたりできるのかもしれません。そうであれば偽者を使用するのは危険な気もします。もともと13話のようにジェレミアと二人きりになるくらいですので、.献Д譽潺△東京祖界に呼び寄せる
隙をみて(13話は隙だらけ)行動を抑え容器に封印する。
その映像を嚮団に流しC.C.に降伏を勧告させる。(包囲後)
C.C.に嚮団を掌握させる。
この場合V.V.と嚮団の指揮系統は既に切れているし(瞬間移動でもできないかぎり)、比較的楽な感じです。
184. Posted by りぐ   2008年07月16日 21:10
訂正

上のコメントの13話というのは12話が正しいです。失礼しました。
上の案の問題点は
V.V.を呼び寄せる理由。ルルーシュのジェレミアに対する信頼度。C.C.が受け入れられるかどうか。未知のギアス能力者の存在。他にもあるでしょうがそんなところでしょうか。V.V.さえ先に抑えればどうにでもなりそうです。
185. Posted by なっきー   2008年07月16日 21:12
4  りぐさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>C.C.の偽者
>〜「ナナリーが、お前の妹が神根島に」
>〜「ルルーシュ、お前のそばに」
>〜ギアスに関する「印」なり「波動」なり感じとれたりできる
 なるほど…、かなり有りそうな可能性ですね(汗)。
 となるとC.C.をダシに使うにしても、偽物を連れて行く(=露見した時点で破綻)というやり方ではなく、↓

>.献Д譽潺△東京祖界に呼び寄せる
 誘き寄せる(=露見する時点で必勝の態勢)という考え方の方が良さそうです。

>その映像を嚮団に流しC.C.に降伏を勧告させる。(包囲後)
 先にV.V.さえ孤立させて倒せば、ギアス能力者をロロが抑え、包囲で資料流出を防ぎ、V.V.に心服している者を一掃―― 、そういった完全勝利もそう難しくない気がします。↓

(続きます)
186. Posted by なっきー   2008年07月16日 21:19
>C.C.に嚮団を掌握させる。
 C.C.を未だ崇拝している者も少なくないようでしたし、V.V.派さえ全滅すれば、あとは何とでもなるかもしれませんね。
 なるほど、この作戦なら初手さえ首尾良く成功すれば、あとはすんなり行けそうです。↓

>V.V.を呼び寄せる理由。
 その初手、仰る中でこれがとりわけ不安要素かもしれません。

>ルルーシュのジェレミアに対する信頼度。
 これは多分大丈夫だと思います。
 忠義を重んじる人とそうでない人は明らかに違っていて、忠義を重んじる人に対して同類の 『ふりをする』 のは、極めて難しいものですから。

 …この辺の感覚自体も、同類の人にしかわからないことかもしれません。
(※故に前話で、ジェレミアが騙し討ちすると思ったという感想が多く見られたのも、不思議なことではないと思います。)
187. Posted by Avz   2008年07月16日 22:47
>りぐさん
ご指摘ありがとうございます。
VVもルルのように勝ちが見えた時点で
ツメが甘くなるタイプに見えたので
騙しとおせるかと思ったのですが
やはり、苦しいですね。

おびき出す方がこちらが主導権を
握れますから確実ですね。

>今回の脚本
こうしてみると、今回の0番隊を使った
虐殺は脚本側がルルに『やらせた』
感触が強いですね。
なっきーさんの評価がいつもの
半分なのも納得です。(笑)

>スザク
先週、
「ちょっとキツク批判しすぎたかな
 よし来週は謝罪記事を載せよう」
とおもってました。14話見るまでは(汗

一番困るのは、ルルの場合、脚本の
やらせ感が少々漂うのにこちらは
違和感がまったくないということです。

>スザクの優先順位
命令を守る>ナイトオブワンになる>ユフィのあだを討つ>
(超えられない壁)>>カレンにリフレインを使っても自白させる

大体こんな感じなんでしょうね。
果たして
「シャ−リーの安否を気遣う」はどこら辺なのか、そして、「ナナリーを護る」
はどこなんでしょう?(汗

(続きます)
188. Posted by Avz   2008年07月16日 22:56
>嚮団
今回本当なら人体実験を描いてイメージを悪くする方法もとれたはずですが、
それがないということは脚本的にルルを非情にえがこうとしているようにもみえます。

>シュナイゼル侵攻
確かにあの兄上は筋を通したがりますから、無断侵攻はしないですよね。

>ジェレミア
しかし皇室への尊崇の念が厚いジェレミアがシャルルを見限ったということは
シャルルの存在自体が皇族に危機をもたらすと考えたのかも知れませんね。
VVなら、マリアンヌへの敵愾心を口にしたりしてそうですし、過去の映像を蜜限り皇族も排除対象とみなしてそうですし。

>ユフィとCの世界
DS版のゲームの話ですがユフィがギアスを使えるようになるケースがあるので
、あの世界にいる可能性は高いと思います。
なおコーネリアも素養はあるとのこと。

>実験体
欠陥品のロロを実戦使用しているということは
ロロクラスの完成度にもならないまま廃棄され実験体は相当ありそうですね。


(続きます)
189. Posted by Avz   2008年07月16日 22:59
>血染めの真相?
コーネリアが「ギアスをかけて操るのか?ユフィのように」
という問いに対してVVが「素敵だね、妹のために…」
とその姉妹愛をたたえるかのようなセリフをかえしているのですが、
これ、ウソをつきたくないので関係のない話題を持ち出した様にも見えるんですよね。
VVなら、「残念だけどむだな努力だったね、まるっきり見当違いだ」
ぐらいいいそうなんですが。

>公式HP
ラウンズのナイトメアが登場
1ビスマルク :ギャラハッド
10ルキアーノ :パーシヴァル

でもOPにも出ないKMFなんて死亡フラグとしか思えないっ(哀)

腹心に『裏切りの騎士(父)』を開発させた『シュナイゼル(子)』と
腹心に『純潔の騎士(子)』を与えた『シャルル(父)』

この二人の関係も複雑ですよね

>バトレー
「関わらねばよかった」
ちなみにこのセリフ1期5話で
本国に送還される時も言ってます。

では今週はこれまで
190. Posted by なっきー   2008年07月16日 23:58
4  Avzさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>VVもルルのように勝ちが見えた時点でツメが甘くなるタイプ
 ありそうなんですよね、それ。
 ただ確かに、(思考でなく)感覚で気付くものだとするなら、油断させても安全とは言えなくなってしまう気がします。

>おびき出す方がこちらが主導権を握れますから確実ですね。
 そう思います。

>〜今回の0番隊を使った虐殺は脚本側がルルに『やらせた』
>感触が強いですね。
 そんな風にも見えてしまいますよね。
 何もここまで堕ちなくても、という感じでした。

>なっきーさんの評価がいつもの半分なのも納得です。(笑)
 私がこの作品に一番期待しているのも、巧みな脚本ですしね。

(続きます)
191. Posted by なっきー   2008年07月17日 00:00
>スザク
>先週、
>「ちょっとキツク批判しすぎたかな
> よし来週は謝罪記事を載せよう」〜
 これじゃ擁護しようにもできないですよね(汗)。

>ルルの場合、脚本のやらせ感が少々漂うのにこちらは違和感が
>まったくないということです。
 ルルーシュの変化の方は結構唐突なんですよね。
 でもスザクのは(一瞬戻ったことがあったものの)、回を追うごとに歪みが大きくなっているので、 『とうとうここまで来てしまった…』 と見えてしまう気がします。

>スザクの優先順位
>命令を守る>ナイトオブワンになる>ユフィのあだを討つ>
>(超えられない壁)>>カレンにリフレインを使っても自白させる
 確かに、優先順位で物事を決めてしまっている感じです。
 最初は 『自分のルールは絶対曲げない』 が何より優先だったのに…。

>〜そして、「ナナリーを護る」はどこなんでしょう?(汗
 これ、忘れかけている気さえしています(汗)。

(続きます)
192. Posted by なっきー   2008年07月17日 00:01
 もちろん目の前でナナリーがピンチになれば思い出すでしょうが、優先順位的に、普段はどこかへ行ってしまっているような…。

>嚮団
>今回本当なら人体実験を描いてイメージを悪くする方法も〜
>脚本的にルルを非情にえがこうとしているようにもみえます。
 仰る通りかもしれません。
 ただ個人的には、善サイド悪サイドなんて分けるのはコードギアスには似合わないと思うので、虐殺をするにしても 『どっちも悪』 (笑)で良かったんじゃないかとも思います。

>シュナイゼル侵攻
>確かにあの兄上は筋を通したがりますから、無断侵攻はしない
 その辺、政治というものを深く理解している人な気がします。
 本当に非難されるような隙を見せないですよね。

(続きます)
193. Posted by なっきー   2008年07月17日 00:04
>しかし皇室への尊崇の念が厚いジェレミアがシャルルを見限った
>ということはシャルルの存在自体が皇族に危機をもたらすと〜
 ギアス嚮団にいたことで、シャルルに対する忠誠を失う決定的な何かを知った可能性もあるかもしれません。↓

>VVなら、マリアンヌへの敵愾心を口にしたりしてそうです
>し、過去の映像を蜜限り皇族も排除対象とみなしてそうですし。
 本気でありそうです。

>ユフィとCの世界
>DS版のゲームの話ですがユフィがギアスを使えるようになる
>ケースがある〜
 ということは血統が意味を持っていそうな…。
 そしてギアスの資格とCの世界入りの資格が同じ、という可能性も低くなさそうですしね。

(続きます)
194. Posted by なっきー   2008年07月17日 00:05
>欠陥品のロロを実戦使用しているということはロロクラスの完成
>度にもならないまま廃棄され実験体は相当ありそうですね。
 使い道を考えるのも難しい能力を得たり、いっそ何の能力も発現しない実験体も出てきそうに思います。
 …でもそうなるとその子の運命は…(汗)。

>血染めの真相?
>〜VVが「素敵だね、妹のために…」〜
>これ、ウソをつきたくないので関係のない話題を持ち出した〜
 確かにとぼけているともとれますね。
 でもこれが不自然な答えだとまでは、私は思わないです。

>公式HP
>〜でもOPにも出ないKMFなんて死亡フラグとしか思えない
 単に黒の騎士団(またはブリタニア軍と)戦わないまま終わる、ということかもしれませんね。
 …どっちにしても大した活躍はなさそう…?

(続きます)
195. Posted by なっきー   2008年07月17日 00:06
>腹心に『裏切りの騎士(父)』を開発させた『シュナイゼル(子)』
>と腹心に『純潔の騎士(子)』を与えた『シャルル(父)』
 なるほど! 何とも面白いことになってますね。

>バトレー
>「関わらねばよかった」〜
 言ってますよね。
 前は本人や同盟者に仕返しされても仕方ない形でしたが、今回は向こうからやってきた形、しかも運悪く敵が殲滅作戦を選んでいたので死んでしまうことに…。
196. Posted by kinoko   2008年07月17日 01:43
何やってんだスザァァァァァァク!!?
とりあえず今回まず思ったのはこんなことでした。
シャーリー殺害は直球でロロだったけど今度こそはミスリードであって欲しいですね。
でなきゃ奴はもうスザクでもウザクでもなくゲスザクですよ。
前回の「引っ張り上げるのはいつもスザク」な台詞やシャーリーの言葉から先に覚醒したスザクが道を踏み外したルルの手を引き、「二人が揃ってできないことなんかない」的な展開になるかとも思いましたがこのままじゃあそれも夢のまた夢。監督お願いしますよ。

間違った方法云々はその思想の原点である父ゲンヤの懐中時計をユフィの元に置いていった時点でスザクの中から消えかかっているんじゃなでしょうか。ナナリーを利用してルルを揺さぶろうとしてましたし、今まで抑え込んでいた反動で悪い方向に進んでもブレーキが利かなくなっているとか。
今回の展開を見るとどんなに歪でもこの枷はスザクにはまだ必要だったのではないかとも思いました。

他の人の意見にもありましたがV.V.の台詞を聞いてると奴と皇帝とマリアンヌの関係がロロ、ルル、シャリにダブって見えます。
V.V.曰くルルは皇帝に似ているようですし。
このままだとルル達が皇帝達と似た将来に進みそうでガクブルです。ロロ(V.V.)がまたなんかルル(皇帝)の思惑にないことやらかすとか。
197. Posted by kinoko   2008年07月17日 01:44
(続きです)

R2になってからすっかり若返って美人になってもうババアなんて言えないネリ姫様ですが、前回V.V.が彼女がギアスを知っているのを皇帝はわかっているのかみたいなこといっていましたが、彼女にギアスについて教えたのは皇帝ってことはありえないですかね。
ギアスについて調べてるコーネリアを利用して、いろいろやってるV.V.に対する警告的な目的で。

最後に、ルルにほっとかれていじけてるC.C.を素直に可愛いとか思ってしまった。
部屋を散らかしてるのもそれを知って怒るルルにかまってもらいたくてわざと散らかしているのでは思うと余計に。
出会って間もない頃は面倒臭がっていただけだったが次第にルルにかまってもらうためにと理由が変化したのか、C.C.も変わったなあなんて妄想まで浮かんだし。
まあ、14話で全て海上の泥舟のごとき妄想になってしまいましたが。
なんかC.C.はマオと途中で別れてしまったが故のあの結末の経験から、何があっても最後までルルと共に地獄だろうとついていきそうだから怖いんですよね。……ルル、マジで頑張ってくれよ。

以上です。
198. Posted by 尚志   2008年07月17日 04:58
なっきーさん、こんばんは。

>皇帝
やはり彼はブリタニアに愛着を感じていなかったようですね。何か皇帝の言動を見ていると、世界もろともブリタニアという国家を破滅させようとしている気がしていたのでこれは納得です。

>暫定首都蓬莱島
今話で蓬莱島は合衆国日本暫定首都と表示されていましたが、あの島は中華連邦から貸し与えられた島であって合衆国日本の領土ではなかったはず。大宦官を倒した後、正式に中華連邦から領土割譲されたのでしょうか。
私は合衆国日本は亡命政府のような存在だと思っていたのですが、既に国家としての態を整えつつあるのですかね。12話でもインド人ぽい人と通商条約を締結していましたし。

>力ある者は一人で十分
ギアスが元凶だとルルーシュは言っていますが、シャーリーにギアスをかけたのはルルーシュもなのに、ルルーシュ自身はギアスを捨てようとしない矛盾。
(続きます)
199. Posted by 尚志   2008年07月17日 04:59

前話のコメントでロロには何らかの落とし前が必要、と述べましたが、ロロよりルルーシュ自身が今までギアスを使ってきたことに対する落とし前をつけなければいけませんね。

>ゼロ
ブラックリベリオンの時と同じ過ちを繰り返していますね。
合衆国日本とは「寛容と矜持を持った国家」、黒の騎士団とは「武器を持たない全ての者の味方」、そして日本人とは民族とは「文化の根底たる『心』を持つ者」。
ゼロ自身が唱えた弱者救済の理念をゼロ自身が否定しては、所詮ゼロも『日本人』ではなくブリタニア人に過ぎなかったということになる。
今回の殲滅作戦を支持するのは、ブリタニア的思考を持つディートハルトだけでしょうね。

>黒の騎士団&中華連邦
彼らいつの間にか中東やヨーロッパまで勢力圏を拡げていたんですね。恐るべき成長の早さ。
(続きます)
200. Posted by 尚志   2008年07月17日 05:01

>ディートハルト
扇に疑いの目を向けていましたが、最悪の場合扇はディートハルトに粛清されるかもしれません。私は裏切りフラグよりもこっちの可能性を心配していました。ディートハルトは「ゼロのため」と称して幹部の粛清をやりかねないと思うのですよね。
(だから私は騎士団分裂はないと思います。分裂の前に幹部の粛清(戦死、暗殺に見立てて)を彼がやると思うので。)

>コーネリア
相変わらず彼女がゼロ及び黒の騎士団を敵視していないのが気になります。彼女は一貫してギアスを討つべき敵と定めていますね。
(続きます)
201. Posted by 尚志   2008年07月17日 05:03

>ウザク
つくづく彼って思い込みが強い人ですね。知性に欠けている。
「ブリタニアを内側から変える」というのが彼の当初の目的であり、「間違った手段で結果を得ない」というのが信念だったはずなのに、今の彼は「ユフィの仇討ち」が目的化して当初の目的を忘れており、今話で自分の信念をも裏切っていますね。
彼のやろうとしている行為は法治国家では確かに蛮行ですが、ブリタニアは法治の皮を被る人治国家。
ブリタニアではウザクの行為は非難されないでしょうが、それは彼が微かに残っていた『日本人の心』を失い完全にブリタニア人になった証。
今の彼に正義はなく祖国を裏切り同胞を傷つける売国奴以外の何者でもない。倒すべき敵です。
もしこれで改心もせずカレンが廃人or仲間と戦い戦死、なんてことになったらスザクはロロ以上の外道になりますね。
202. Posted by ソマソマ   2008年07月17日 06:00
おはようございます。何とか整理がつきましたので…

なっきーさん>正直言って困惑しています。何度も何度も「これは考証ではなく、ただの意味の無いお遊びのネタです」と説明してるのに、どうしても『考証』とこじつけられてしまって…違う違うと何度も言ってるのに、それを全て否定されてしまいちゃんと読解されてる以前に肝心な所を読まれてらっしゃるのかどうか不安になってしまいました(涙)

元凶は、あんなのを書いた私で悪いのはわかってます。当初は今の私みたいになっきーさんを困惑させたかと思います。そこはお詫びします。でもあれは本当に『お遊び』でその様に説明もしたし、どうしても『考証』として結び付ける事しか出来ないなら削除して欲しかったです。そうすれば踏ん切りも付いたので…(泣)
あれは中止して(混乱を防ぐためにも削除して下さい)今後は普通の感想にします。いろいろ迷惑を掛けてしまい本当にすみませんでした。
203. Posted by 地護津 由利   2008年07月17日 19:33
こんばんは、ふとおもいついたことを二つほど

>ゼロの好感度
生き残った零番隊の全員にギアスをかけ、口封じor記憶の捏造をすれば一応丸く収まるのではないでしょうか、普段のならともかく今のルルーシュなら実行しそうで

>マリアンヌ
冒頭がatb1997ということはあの時すでにルルーシュが7歳くらいですよね、マリアンヌが若すぎるような気が
204. Posted by なっきー   2008年07月17日 21:09
4  kinokoさん、尚志さん、ソマソマさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>kinokoさん

>何やってんだスザァァァァァァク!!?〜
 本当にそうですよね。↓

>シャーリー殺害は直球でロロだったけど今度こそはミスリード
>であって欲しいですね。
 ナナリーでも止められるか怪しい(汗)気がしますが、シュナイゼルとか、その辺から何か捕虜について要請が来れば止められそうな気もしてきました。

>「引っ張り上げるのはいつもスザク」な台詞やシャーリーの言葉
>から先に覚醒したスザクが道を踏み外したルルの手を引き、
>「二人が揃ってできないことなんかない」的な展開〜
 それ、かなり見たい気がします。↓

(続きます)
205. Posted by なっきー   2008年07月17日 21:11
 やっぱり私は、こうなってさえも共闘展開を諦めきれないです。

>間違った方法云々はその思想の原点である父ゲンヤの懐中時計
>をユフィの元に置いていった時点でスザクの中から〜
 一応。ゲンブですね。
 …で、これは仰る通りかもしれません。
 あれを見つめては 『道を間違えてはダメだ』 と自分に言い聞かせ、苦しいときも自分を曲げなかったのだとすれば…。

>ナナリーを利用してルルを揺さぶろうとしてましたし、〜
 なるほど、あれも予兆でしたか(汗)。

>今回の展開を見るとどんなに歪でもこの枷はスザクにはまだ必要
>だったのではないか
 同感です。それにスザクには 『自分に課したルール故に行き詰まる』 ことこそが、正道を進んでいる証なのだとわかって欲しいとも思います。
 進むためにルールを曲げてしまうのでは、外道と言われても仕方ありません。

(続きます)
206. Posted by なっきー   2008年07月17日 21:12
>〜V.V.の台詞を聞いてると奴と皇帝とマリアンヌの関係がロロ、
>ルル、シャリにダブって見えます。
 そう思えば、(マリアンヌのときは抑えた)シャルルの怒りが、今度は何らかの形で出るかもしれませんね。

>〜ロロ(V.V.)がまたなんかルル(皇帝)の思惑にないこと
>やらかすとか。
 それを表向き叱ったりせず、でも内心では怒りや怨みを抱えて…という形ですか(汗)。

>R2になってからすっかり若返って美人になってもうババア
>なんて言えないネリ姫様
 本当に綺麗になりました。
 これは外見だけじゃなくて、内面にも何かかなり変化が起きているのかも。

>〜彼女にギアスについて教えたのは皇帝ってことは〜
>いろいろやってるV.V.に対する警告的な目的で。
 それもありそうですよね。
 この辺もロロ的というか、V.V.も目的と私怨とかをごっちゃにして行動する感じですし…。

(続きます)
207. Posted by なっきー   2008年07月17日 21:14
>最後に、ルルにほっとかれていじけてるC.C.を素直に可愛いとか
>思ってしまった。
 3日も経てば用もないのに連絡が、とかだったらこんなに部屋も荒れなかったでしょうね。

>〜ルルにかまってもらいたくてわざと散らかしているのでは
>思うと余計に。
 何となくこれは理屈じゃなくて、いらいらして整理整頓まで気が回らなくなった、っていう方だと思ってます。
 …まあルルーシュが部屋にいれば、彼が整理してくれるでしょうけど。

>C.C.はマオと途中で別れてしまったが故のあの結末の経験から、
>何があっても最後までルルと共に地獄だろうとついていきそう
 本気で止めようとしないのも、それが理由にあるのかも。
 絶対ダメだと言えば、C.C.が作戦の中心から外されるだけ、という結果もありそうですしね。



(続きます)
208. Posted by なっきー   2008年07月17日 21:15
>尚志さん

>皇帝
>やはり彼はブリタニアに愛着を感じていなかったようですね。
 侵略戦争も愚行とわかりつつ、神殺しの手段だから行っている感じですし…。

>〜世界もろともブリタニアという国家を破滅させようとしている
>気がしていたのでこれは納得です。
 バベルタワーもそうですが、ひょっとしたら租界が必ず高々とした足場の上にあるのも、何かオカルト的な意味があることなのかもしれません。
 生贄の祭壇なんじゃ…。

>暫定首都蓬莱島
>〜あの島は中華連邦から貸し与えられた島であって合衆国日本の
>領土ではなかったはず。
 仰るように割譲されたか、あるいは本当の領土を得るまでレンタル、という形も有り得そうです。

(続きます)
209. Posted by なっきー   2008年07月17日 21:16
>私は合衆国日本は亡命政府のような存在だと思っていたのです
>が、既に国家としての態を整えつつあるのですかね。
 恐らくブリタニアは国家として認めないでしょうが、他全部が認めたなら、ここでもブリタニアが世界から孤立することになります。
 それは合衆国連合構想には都合が良さそうですよね。

>力ある者は一人で十分
>〜シャーリーにギアスをかけたのはルルーシュもなのに、ルル
>ーシュ自身はギアスを捨てようとしない矛盾。
 あれば使ってしまうのが力ですしね。
 捨てないというのも、それと似た形なのだと思います。

>〜ロロよりルルーシュ自身が今までギアスを使ってきたことに
>対する落とし前をつけなければいけませんね。
 それ故の 『贖いの時』 、なのでしょうね。
 …いつもあそこにいるシャルル自身は、そうやって贖いをしながら突き進んでいるのかもしれません。

(続きます)
210. Posted by なっきー   2008年07月17日 21:18
>合衆国日本とは「寛容と矜持を持った国家」、黒の騎士団とは
>「武器を持たない全ての者の味方」、そして日本人とは民族
>とは「文化の根底たる『心』を持つ者」。
 そういった理念を尊いと考える人の集まりなのですから、リーダーが自分の都合でそれを変えることは許されないですよね。
 理念を守れなくなったならリーダーを退け、ということになりそうです。

>今回の殲滅作戦を支持するのは、ブリタニア的思考を持つディ
>ートハルトだけでしょうね。
 確かに彼なら支持しそうですし、それがますます他の幹部の神経を逆撫でしそうです(汗)。

>黒の騎士団&中華連邦
>彼らいつの間にか中東やヨーロッパまで勢力圏を拡げていた
 やはり藤堂や星刻のような人材を取り込んでいる効果が大きい気がします。
 こういった人が前面に立つことで、この相手に賭けてみようという思いを引き出しやすい面はありそうですしね。

(続きます)
211. Posted by なっきー   2008年07月17日 21:20
>ディートハルト
>〜最悪の場合扇はディートハルトに粛清されるかもしれません。
 い、言われてみますと、確かにヤバいかも…(汗)。
 ゼロが(ディート的)理想の道を歩むための障害、という認識を持つ可能性はありそうですし…。

>(だから私は騎士団分裂はないと思います。分裂の前に幹部の
>粛清(戦死、暗殺に見立てて)を彼がやると思うので。)
 なるほど、そうかもしれません(汗)。

>コーネリア
>相変わらず彼女がゼロ及び黒の騎士団を敵視していないのが〜
 完全に割り切れているのかどうか、そこも気になります。

>ウザク
>つくづく彼って思い込みが強い人ですね。知性に欠けている。
 論理より感覚の人なのでしょうね。
 だからこそ彼には、絶対に曲げない信念がどうしても必要なのだと思います。

(続きます)
212. Posted by なっきー   2008年07月17日 21:21
>〜今の彼は「ユフィの仇討ち」が目的化して当初の目的を忘れて
>おり、今話で自分の信念をも裏切っていますね。
 新ゼロをルルーシュと思いたい、それも仇討ちへの執念が直接原因でしょうしね(汗)。
 一方でユフィの遺志を継ぐといった方はいつの間にやら…。

>彼のやろうとしている行為は法治国家では確かに蛮行ですが、
>ブリタニアは法治の皮を被る人治国家。
 確かにそうかも…。
 顔をしかめるのは一部だけ、となるかもしれませんね(汗)。

>もしこれで改心もせずカレンが廃人or仲間と戦い戦死、なんて
>ことになったらスザクはロロ以上の外道になりますね。
 これをやってしまえば、あとで反省しようと罪は決して消えないと思います(汗)。
 だからどうしても、決定的な行動の前に止めるか止められるかして欲しいです。



(続きます)
213. Posted by なっきー   2008年07月17日 21:23
>ソマソマさん

>正直言って困惑しています。何度も何度も「これは考証ではなく、
>ただの意味の無いお遊びのネタです」と説明〜
 これは書きましたように私の方の問題……、いえ、そもそも問題という言い方そのものが悪かったのかもしれません。
 『どこまで改変が可能か』 と問われると 『根底から全て改変可能』 と答えてしまうのです。…このコメント欄では。

 このコメント欄では基本的に全てのネタに対してスルーとか脱線を一切しない、そういう形です。
 だから先に 『掲示板に投稿していただければ〜』 的なことを書いたのは、掲示板ではその辺の方針が全く違うからだったりもします。


 当初掲示板でヒントを得られたそうで、実際(いいとか悪いとかの意味ではなく)掲示板向けの題材だとも思います。↓

(続きます)
214. Posted by なっきー   2008年07月17日 21:25
 ところがこうしたコメント欄だと 『元の記事が存在する』 ために、管理者返信も元記事と同じ属性を持ってしまう面があるのです。

 例えば正反対に全編ネタ記事という人のところに本格考察をコメントしたとして、まるっきりのネタレスが返ってくるという形もあることでしょう。
 でも私はそのレスを不当とは思いませんし、真面目な投稿をされた投稿者の方が悪いとも思いません。
 …ただ必然の結果だと、そう思うのです。


>〜当初は今の私みたいになっきーさんを困惑させたかと〜
 困惑…なのか自分でもよくわかりません。
 ただ、居心地が悪い?みたいな感覚でした。

>〜どうしても『考証』として結び付ける事しか出来ないなら
>削除して欲しかったです。
 迷惑ではありませんでした。これは明らかに。↓

(続きます)
215. Posted by なっきー   2008年07月17日 21:28
 私は、間違っても迷惑投稿に優しい人ではありません。
 迷惑投稿だと一度警告二度目は無警告で削除、それを躊躇わないのですが、今回のは削除というのは正直思いつきもしませんでした。

>(混乱を防ぐためにも削除して下さい)
 ではコメント本文のみ 『投稿者さんのご希望により削除しました』 辺りに置き換えさせていただきます。
 レスが付いているコメントを丸ママ削除すると、後から見た人には訳わからなくなりますので…。

>いろいろ迷惑を掛けてしまい本当にすみませんでした。
 これははっきり書きますが、迷惑というのとは違います。
 上でも書きましたが、私は迷惑投稿なら本当に削除しますしね。

 ただ、コメント欄向けの題材ではなかったようには思います。
 掲示板(両方私の管理です)を挙げたのも純粋にそういう理由からで、間違っても迷惑とかそういう話ではないですので…。



(続きます)
216. Posted by なっきー   2008年07月17日 21:32
>地護津 由利さん

>ゼロの好感度
>生き残った零番隊の全員にギアスをかけ、口封じor記憶の
>捏造をすれば一応丸く収まるのではないでしょうか
 確かに今のルルーシュならやりかねないですね(汗)。
 心の否定・自由意思の否定というマイナスも有りますが、あと、ギアスキャンセラーの範囲内にゼロ番隊の隊員が入らないようにする必要も出てきそうです。

>マリアンヌ
>冒頭がatb1997ということはあの時すでにルルーシュが
>7歳くらいですよね
 いえ、劇中の現在って確か2018とかから始まっていたと思います。
 なので、あの回想シーンの時点ではまだルルーシュたちは生まれていないことになりそうです。
217. Posted by ゆうこ   2008年07月17日 21:54
なっきーさん、こんばんは。

ルルーシュの嚮団殲滅ですが、前回、「心を棄てて、何もかもを犠牲にして闘っても得るものはなかった。」とか書いたのに、早速心棄てちゃったー!!!
23〜25話でも思いましたが、こんなときルルーシュは、「闘いが終わり、C.C.の願いも叶えたあとは、自分自身も許さない」と考えているような気がします。(それでC.C.に願いの内容を聞いたのではないかと)
つまり黒の騎士団もゼロも、あと少しだけ持てばいい。
(それは大失敗フラグだってば!!!!)
しかし私はひとつの予想として
「現状では虐殺として描かれているが、描かれていない条件を考慮すると後にはこれが最善だった、という評価になるかもしれない」
と思っています。
以下に理由を述べさせていただきます。(続く)
218. Posted by ゆうこ   2008年07月17日 21:55
>「殲滅? 利用するんじゃなかったのか?
> あれは武装組織ではなく、ギアスを研究するだけの、」
>「殲滅だッ!」
シャーリーが死ぬまでは、ルルーシュもなっきーさんの仰るとおり、知略による切り崩し、ギアス能力者も研究者も手駒(多分ギアス使うつもりだったのでしょうが)が上策だと考えていそうです。
ギアス能力者/研究者を抹殺すべきだったか、利用すべきだったかには皆さんご意見あるようですが、「核は利用可能か」に通じるものがある気がします。別キャラの顔が浮かぶのは置いといて、
・人間に制御可能か
・暴走したときの被害は
・暴走する確率は
について、それぞれの評価があると思うので。(続く)
219. Posted by ゆうこ   2008年07月17日 21:58
ロロが嬉々としてシャーリー殺害を報告したところで、ルルーシュの認識する「ギアスのリスク」が膨れ上がったはずで、作中では復讐的な側面しかかれていませんが、ユフィの事も合わせて「人間が制御できると考えるのは、傲慢で危険すぎる」という判断があると思います。あくまで、まだ作中で描かれてない以上、妄想ですが。
1人を利用/救う間に何人もあるいは何万人も死ぬ。それがギアス。って感じじゃないかと。
「よくやった!ロロ」
では、見切り早っ!!!とガクブルしました。

今回の作戦は、現段階の描かれ方ではあくまで虐殺だと感じます。
「危険な兵器/計画を持っている」といいつつ、その根拠が曖昧、示されず、実は間違いだった、というのが虐殺。(つづく)
220. Posted by ゆうこ   2008年07月17日 22:03
しかし、人道的な法治国家でも、投降を許さぬ殲滅作戦が唯一の回答として推奨されるケースがあります。
それは、武装テロ組織。黒の騎士団自体がテロリスト扱いなので語弊がありますが。蛇足ながらこういうことかと思います(多分)。
‥蟾澆覆匹離襦璽襪鮗蕕蕕(その可能性があり)、子供、非武装に見えても自爆などの攻撃方法で甚大な被害をもたらす。
∋彖曚攻撃的で、矯正が極めて困難。
そして、嚮団はこの条件に当てはまるかどうかが「殲滅か否か」の見解をを分けている気がします。(続く)
221. Posted by ゆうこ   2008年07月17日 22:04
V.V.、ギアスの子供たち、研究者たちについて、前2者は色々コメントあるので割愛させていただくとして、研究者たちは
〇匐,燭舛貿北任靴持たない(多分)危険な力を植え付け、研究
△舛咼蹈蹐魄纏者にし(←天誅!!)、長期間にわたって数える気にもならないほどの人を殺させた。また人並みの倫理観(研究者たちも持たない可能性大)を教えず育てた。
B召了匐,砲睥犹のヨゴレ仕事をさせている可能性、使い物にならない能力者は・・・?(汗)
V.V.を完全監禁状態にするとして、殺せない以上、V.V.の能力と利用価値の情報が漏洩すると奪還される可能性があり、極めて危険
「神殺し」がそこらのテロとは比べ物にならない大惨事を引き起こす可能性(←ルルーシュは知らない)
とか考察できます。´↓イV.V.が主犯でしょうが、研究者が無罪とか、撃たれる理由がないとは思いません。(続く)
222. Posted by ゆうこ   2008年07月17日 22:06
ちなみに2期4話でルルが機状に侵入して見てたロロの暗殺レポートによると(高画質で英文読んで全訳した方がいたようで(尊敬)、当時某スレに流れてた)、暗殺は政治、財界、公共事業など多岐に渡っており地域も様々、請負仕事(→金?)だった可能性が高いです。

というわけで理由と条件(ナイトメアから降りるなとか)を説明し、少数精鋭で・・・とか前の方のコメントの方のように思っていたのですが、それだと、「爽快感のある作戦」になっちゃいそうです。
皆殺し作戦で「困難な任務だったが、我々は危険な団体を廃除した!!」的な展開、この作品としてありえないな・・・。
やはり殺す以上、覚悟と痛みを伴い、「これは虐殺では」と疑問を投げかけるキャラあり、後で内から外からブーメラン、というのがこの作品的に正しいありかたかという気もしてきました。(続く)
223. Posted by ゆうこ   2008年07月17日 22:09
論点を整理できたか自身ありませんが、事情を知る者は「現状でこれが最善だった」と判断できる描写がありながら、0番隊には事情を説明することができないために虐殺の罪を問われるってのもアリだなと思います。

では、長々と失礼しました。短くまとめられず、書き直したりしたので文章的におかしいとこあったらスミマセン。
224. Posted by なっきー   2008年07月17日 22:47
4  ゆうこさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>〜前回、「心を棄てて、何もかもを犠牲にして闘っても得る
>ものはなかった。」とか書いたのに、早速心棄てちゃったー!!!
 全くですよね(汗)。

>〜こんなときルルーシュは、「闘いが終わり、C.C.の願いも
>叶えたあとは、自分自身も許さない」と考えている〜
 同感です。だからこそ、屋上花火大会―― そこにはルルーシュもいる―― の夢は彼にとって画期的な進歩だったと思うのです。
 …なのに…。

>〜つまり黒の騎士団もゼロも、あと少しだけ持てばいい。
>(それは大失敗フラグだってば!!!!)
 ぐらついていても時間まで倒れなければいい、なんて言っていると、予定外の何かにもたついている間に倒れるのが常…。

(続きます)
225. Posted by なっきー   2008年07月17日 22:49
>〜「現状では虐殺として描かれているが、描かれていない
>条件を考慮すると後にはこれが最善だった、という評価に〜
 それは常に有り得ますよね。
 嚮団だけではなく、シャルルたちの目的次第ではその辺大きく変わりそうです。

>シャーリーが死ぬまでは、〜知略による切り崩し、ギアス能力者
>も研究者も手駒〜が上策だと考えていそうです。
 壊滅より吸収がベター、それはルルーシュも(本来は)考えていることだと思います。

>ギアス能力者/研究者を抹殺すべきだったか、利用すべき〜
>「核は利用可能か」に通じるものがある気がします。
 これは仰る通りかもしれません。
 ルルーシュが抹殺方向へ行ったのは、自身が 『悪意がないのに惨事』 を何度も経験してしまったからでしょうね(汗)。

(続きます)
226. Posted by なっきー   2008年07月17日 22:51
>〜ユフィの事も合わせて「人間が制御できると考えるのは、
>傲慢で危険すぎる」という判断がある
 可能性が高い気がします。
 ちなみに私も 『人を超える力は人の世界には必要ない』 という発想なので、そちら寄りと言えそうです。

>1人を利用/救う間に何人もあるいは何万人も死ぬ。それが
>ギアス。って感じじゃないかと。
 ある意味ミスではなくて 『代償』 という形ですね(汗)。
 偶然惨事が起きたように見えて、神視点では必然という…。

>「よくやった!ロロ」
 あの笑顔の裏にどれほどの怒りが渦巻いているかと思うと、背筋が凍るものがあります。

>「危険な兵器/計画を持っている」といいつつ、その根拠が
>曖昧、示されず、実は間違いだった、というのが虐殺。
 何か現実世界で、つい最近どこかの大国がやってしまった戦争を連想してしまいます。

(続きます)
227. Posted by なっきー   2008年07月17日 22:53
>‥蟾澆覆匹離襦璽襪鮗蕕蕕(その可能性があり)、子供、非
>武装に見えても自爆などの攻撃方法で甚大な被害をもたらす。
>∋彖曚攻撃的で、矯正が極めて困難。
 困ったことに、現実のテロ組織でも嫌々従っている構成員が実在しているんですよね。
 でもそこに救いの手を入れることには、あまりに大きなリスクが付きまといます。

>△舛咼蹈蹐魄纏者にし(←天誅!!)、長期間にわたって数える
>気にもならないほどの人を殺させた。〜
 これはシャーリーの死の間接原因、その最大のものとも言えそうです。
 ルルーシュが彼らを 『赦せない』 直接原因なのでしょうね。

>〜使い物にならない能力者は・・・?(汗)
 間違いなく殺されていると思います(汗)。
 外へ逃げられでもすれば嚮団にとって害が大きすぎるため、お金を費やしてまで育てようと考えるとは思えません…。

(続きます)
228. Posted by なっきー   2008年07月17日 22:55
>〜研究者が無罪とか、撃たれる理由がないとは思いません。
 確かにそうなんですよね。だからこそややこしいと言うか…。

>〜暗殺は政治、財界、公共事業など多岐に渡っており地域も
>様々、請負仕事(→金?)だった可能性が高いです。
 そこで研究資金を稼いでいたのでしょうね。

>やはり殺す以上、覚悟と痛みを伴い、「これは虐殺では」と
>疑問を投げかけるキャラあり、後で内から外からブーメラン、
>というのがこの作品的に正しいありかた
 間違うならとことんまで間違うという方向ですね。

>〜0番隊には事情を説明することができないために虐殺の罪を
>問われるってのもアリだなと思います。
 ゼロがなぜ殲滅を選択したかが、ゼロ番隊にはさっぱりわかりませんからね…。
 それでは支持は得られませんし、上意下達で動く駒、と考えていては黒の騎士団はいずれ機能不全に陥ります。

(続きます)
229. Posted by なっきー   2008年07月17日 23:00
 嚮団が壊滅したこと自体はプラスでも、そのプラスを黒の騎士団内で理解しているのはゼロとC.C.のみです。
 ちゃんと説明をしないで殲滅戦をする、こんなやり方はゼロたちが孤立する原因を作るだけと思えます。

>〜書き直したりしたので文章的におかしいとこあったら〜
 特にないように思いました。
230. Posted by ソマソマ   2008年07月18日 06:32
なっきーさん、おはようございます。

>居心地の悪い?みたいな感覚でした。
もう、本当に何と謝罪していいのか…こういう場でのネチケットは気をつけてるつもりだったのですが、「何やってるんだ私は!!」です。掲示板の事は携帯からのアクセスだったので存在すら知らなかったんです。サポートブラウザ使用の投稿だと文字化けする恐れもあったので今まで直接携帯からアクセスしてました。先日サポートブラウザからのアクセスで星の掲示板というのを見つけました。迷惑ではないと言って下さってありがとうございます。でも私が思うのはあれはネチケット違反の迷惑以外の何物でもないです…(泣)今後はこの様な事を起こさない様に気をつけます。もしまた私のコメントで困った部分があったら、指摘して下さい。到らない所もありますが、これからもよろしくお願いしますm(._.)m
231. Posted by なっきー   2008年07月18日 07:08
5  ソマソマさん、おはようございます。
 コメントありがとうございます。


>もう、本当に何と謝罪していいのか…
 そのお気持ちだけで十分です。
 私も何かと配慮がありませんで、本当に申し訳ありませんでした。
 しかも、↓

>掲示板の事は携帯からのアクセスだったので存在すら知らなかった
 そ、そうでした…(汗)。携帯からは右カラムなんて見えないわけで、それを忘れてました(汗)。
 もう見つけられているようですけど、一応書いておきます。

+星の歌掲示板+ (上がPC、下が携帯用URLです)
http://www3.rocketbbs.com/321/natsuki.html
http://www3.rocketbbs.com/321/m.cgi?id=natsuki

萌えネタ掲示板
http://8810.teacup.com/natsuki/bbs

(続きます)
232. Posted by なっきー   2008年07月18日 07:09
 板タイトルはこうなっていますが、特に話題を制限とかしてはいません。
 『星の歌』 の方はスレッド形式なので、一つの話題を深く追求という時にはこちらの方が向いているかもしれません。

>〜でも私が思うのはあれはネチケット違反の迷惑以外の何物でも〜
 この辺、唯一の正解とかない領域ですよね。
 それを思えばソマソマさんのように、ご自身の基準を明確に持っておられることこそが最も正しい姿だと感じます。

>もしまた私のコメントで困った部分があったら、指摘して下さい。
 私もやっぱり、 『それはダメです』 みたいにお返事して、その場で掲示板のURLを書くくらいの方が良かったのかもしれません。私的には迷惑投稿でないからと、素でお返事したのは間違いのだったのかも…。
 本当にごめんなさい。

>到らない所もありますが、これからもよろしくお願いします
 こちらこそ、こんな私でよろしければ是非またいらしてください。
233. Posted by 奏   2008年07月19日 11:57
こんにちは

>ロロ

もしルルーシュが怒っても「褒められると思ったのに」とむくれそうです(汗)

ロロは真っ黒でも真っ白でもなく透明なんでしょうね。だから殺したことは何とも思わないのでしょう

>お葬式

シャーリー母‥‥‥夫を失い娘も失いもう立ち直れるか心配になります。しかも2人の死は間接的とはいえルルーシュ(ゼロ)が関わっているという‥‥‥

>ニーナ

(続きます)
234. Posted by 奏   2008年07月19日 12:17
カノンがちょっとくっつきすぎな気もしますが全く恋愛フラグが立ってないのが面白いです(笑)

>賛同者なき作戦

内部にはC.C.派もいましたし子ども達もロロに懐いているようなので念のために瞳は塞げさえすればギアスも使えないので方法はいくらでもあった筈。というか回りすぎる頭を持っていながらのあの作戦は残念としか。

>何だかんだ言って生き延びると思ってたのに

(続きます)
235. Posted by 奏   2008年07月19日 12:59
バトレー将軍がお亡くなりなのは寂しいです。それにしても騎士団が今回はブリタニアと思い切り被ります(汗)

>確証はないですが
子ども達を殺す必要があり仲間意識が残っているならばロロのギアスで体感時間を止めて殺した方が子どもに苦痛を与えないで殺せるのでロロはパイロットになることを自分から申し出たのではと思ってます。逆に頼まれたとしても喜んで受け入れそうですが

>中間管理職の悲哀

(続
236. Posted by 奏   2008年07月19日 12:59
木下副隊長は裏切るか心労で倒れるかどっちかな気がします(汗)藤堂や星刻、或いは扇にも話すこともできないでしょうし今後も黒の騎士団の汚い仕事をずっとやっていくかもしれないと思うと「ゼロはもう駄目だ」とか考えてもおかしくないと思います
237. Posted by dice   2008年07月19日 22:15
はじめまして、こんばんわ。
初めてコメントさせて頂きます。

ギアス一期の頃からなっきーさんの感想、考察を楽しく拝見させて頂き作品を楽しむ助けにさせて貰っています。
コメントされている皆様の意見も参考になる物ばかりで楽しく見させていただいています。

スザクを止めるのはジノかアーニャ、或いは二人でではないかと個人的に予想しています。
根拠は全くないんですが、スザクを正すために鉄拳制裁でもして貰いたいという妄想です。

では今回はこれで失礼します。
238. Posted by なっきー   2008年07月19日 22:32
4  奏さん、diceさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>奏さん

>ロロ
>もしルルーシュが怒っても「褒められると思ったのに」と〜
 恐らく仰る通りでしょうね(汗)。
 そもそも本人説明の理由と違って嫉妬心とかもロロの内にはあったと思えるのですが、初めて他人とまともに関わるロロには、それを自分で理解できていないのかもしれません。

>ロロは真っ黒でも真っ白でもなく透明なんでしょうね。
 この喩えには大いに納得です。

>お葬式
>シャーリー母‥‥‥夫を失い娘も失いもう立ち直れるか心配に
>なります。
 さすがに3人家族が立て続けに1人ずつ減っては、生きる希望を失ってもおかしくないような…(汗)。
 
(続きます)
239. Posted by なっきー   2008年07月19日 22:34
>ニーナ
>カノンがちょっとくっつきすぎな気もしますが全く恋愛フラグが
>立ってないのが面白いです(笑)
 百合と薔薇っぽいですしね(笑)。
 ある意味、そうでない人における同性のスキンシップみたいな、そんな感覚なのかも。

>賛同者なき作戦
>内部にはC.C.派もいましたし子ども達もロロに懐いている
>ようなので念のために瞳は塞げさえすればギアスも使えない
>ので方法はいくらでもあった筈。
 私もそう思うのですよ。
 さらに最初いきなりギアスで犠牲者が、を防げるギアスキャンセラーもいるわけで、策を練るための材料は揃っているのです。↓

>回りすぎる頭を持っていながらのあの作戦は残念としか。
 ですよね。
 この作戦が良い悪い以前に、ルルーシュが一番の取り柄を活かさなかったことは間違いないと思います。

(続きます)
240. Posted by なっきー   2008年07月19日 22:36
>バトレー将軍がお亡くなりなのは寂しいです。
 それにしても運がない人です(汗)。
 他のお偉いさんたちほど傍若無人とも思えず、ただ上司に一所懸命尽くしていたようにしか見えないだけに…。

>〜ロロのギアスで体感時間を止めて殺した方が子どもに苦痛を
>与えないで殺せるのでロロはパイロットになることを自分から〜
 そうかもしれません。
 でも以前のルルーシュなら 「お前はそういうことに〜」 とまたも繰り返して、却下していたと思うのです。

>木下副隊長は裏切るか心労で倒れるかどっちかな気がします
 性質によってはアルコールに逃げたりとかもありそう…。↓

>藤堂や星刻、或いは扇にも話すこともできないでしょうし〜
 ストレスが限界まで行ってから、 『信頼できる人に相談』 ということは有り得る気もします(汗)。↓

>〜「ゼロはもう駄目だ」とか考えてもおかしくない
 これですね。
 どちらにしても、副隊長にとっては等分つらい日々となりそうな…。



(続きます)
241. Posted by なっきー   2008年07月19日 22:37
>diceさん

 初めまして!

>ギアス一期の頃からなっきーさんの感想、考察を楽しく拝見
>させて頂き作品を楽しむ助けにさせて貰っています。
 \(≧▽≦)/ そう言っていただけると凄く嬉しいです!
 お役に立てれば幸いです♪

>コメントされている皆様の意見も参考になる物ばかりで楽しく
>見させていただいています。
 私もいつも、違う見方を知ったり鋭い意見に唸らされたりと楽しみです。

>スザクを止めるのはジノかアーニャ、或いは二人で〜
 なるほど、これはあるかもしれません。

 あまり描写は多くないですが、きっとジノもアーニャもちゃんとスザクの親友になってくれていると思うんですよね。
 今回のことを知れば、それぞれ違う方向からスザクを心配してくれそうな気もします。

(続きます)
242. Posted by なっきー   2008年07月19日 22:40
>〜スザクを正すために鉄拳制裁でもして貰いたいという妄想
 いつも飄々としているジノですが、案外根は真面目で、だからスザクを気に入ったのだとすれば…。
 「そんなのお前らしくないだろ!?」 と怒ってくれるかも…!

 アーニャにしてもスザクの突然の変節に疑問を感じて、直球で質問とかするようなら何気に効果的かもしれません。
243. Posted by りぐ   2008年07月20日 13:11
>こんにちわ
14話でそのほかにちょいと気になっていた点

>ルルーシュの左目UP
6話でアーニャの右目(左だったかな?)も同様に潤んだような感じ

>斑鳩
改造中?OPに宇宙空間のやつは斑鳩っぽくないですから(つまるところ対抗措置とは別の理由で改造の理由がいる)。弾道飛行して一気に敵目的地まで行きますか?

>ただのお飾り
可能性としては設立当初からお飾り程度の存在がトップとして存在しているとは思いづらくC.C.の前にもトップたる存在がいたかどうか悩めるところです。私としてはもともと「風の大陸」のケントウリ族のような感じ(受け継ぐ)をイメージしていたのでC.C.以前がいたとしても不思議とは思えないです。
244. Posted by りぐ   2008年07月20日 13:12
訂正

ルルーシュの右目
アーニャの左目でした。
245. Posted by なっきー   2008年07月20日 15:09
4  りぐさん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。


>ルルーシュの左目UP
 伏線の可能性もありますけど、何か予想するにはさすがに他に材料がいる感じです。

>斑鳩
>改造中?OPに宇宙空間のやつは斑鳩っぽくないですから〜
>弾道飛行して一気に敵目的地まで行きますか?
 敵が宇宙にいるなら、そういう形になるでしょうね。
 ただこれも、今まで劇中で宇宙の 『う』 も出ていないだけに、現状では材料が足りない感じです。

>可能性としては設立当初からお飾り程度の存在がトップとして
>存在しているとは思いづらくC.C.の前にもトップたる存在が〜
 最も単純に同種の 『普通には死なない超越者』 が他にもいたと考えた場合、↓

(続きます)
246. Posted by なっきー   2008年07月20日 15:10
 先代が今もどこかに存在しているか、何らかの方法で存在をやめたかとなって、少し本筋から外れた余計な方向に話が膨らんでしまうような気もします。

 超越者でない当主がいたという可能性もありますが、嚮団が明らかに普通でない研究をしている以上は、その発端として 『普通でないモノが設立当初からあった』 と考える方がシンプルなのも確かです。

 他の形として、C.C.が設立者ではあるものの研究を主導していたのは当初だけ、後には責任者を決めて自分は許可を出すのみのお飾りになった…というのもありそうです。
247. Posted by ソマソマ   2008年07月21日 21:33
以前の感想の続きを書きます。本当に遠回りをしてしまいました。

シャーリーの葬式>ルルーシュ、あまりに辛過ぎるのと嚮団殲滅作戦の為とはいえ、ここは無理してでも出なきゃダメでしょ〜、と思いました。案の定スザクがまた変な疑いを…。逆にニーナがシャーリーの死を悼んで泣いてくれたのには安心しました。

C.C.の通信>ルルーシュにまんざらでもない感情があるみたいでした。それだけにルルーシュから嚮団殲滅を聞いた時は自分の願いを叶えるのに近づいたと感じた反面、運命はやはり変えられないのだと悲しんだと思います。いつもC.C.が会話してる誰かはどこにいるのでしょうか?そもそも生者なのか死者なのかもわかりません。
248. Posted by なっきー   2008年07月21日 22:51
4  ソマソマさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>本当に遠回りをしてしまいました。
 その節は済みませんでした。

>シャーリーの葬式>ルルーシュ、あまりに辛過ぎるのと嚮団殲滅作戦の為
>とはいえ、ここは無理してでも出なきゃダメでしょ〜
 感情的にも打算の上でも実にまずい選択だったと思います。

>案の定スザクがまた変な疑いを…。
 スザクの読みとは少し違うとは言え、シャーリーの死と直結しての欠席なので当たってもいるんですよね。

>逆にニーナがシャーリーの死を悼んで泣いてくれたのには安心しました。
 あるいはニーナにとってもあの生徒会は、大切な思い出の一場面だったのかもしれません。

(続きます)
249. Posted by なっきー   2008年07月21日 22:53
>C.C.の通信>ルルーシュにまんざらでもない感情があるみたいでした。
 連絡係とは言え、 「その後どうなっている?」 みたいな 『不要の連絡』 に期待していたのだと思います。
 そしたらきっと内心うきうき外面ツンツンで受け答えしたと思うのですが…。

>〜運命はやはり変えられないのだと悲しんだと思います。
 目的に近付くかどうかと同時に、この流れを望まない自分もいたのでしょうね。

>いつもC.C.が会話してる誰かはどこにいるのでしょうか?
>そもそも生者なのか死者なのかもわかりません。
 不死かはともかく、(死んでも存在が消えない)不滅の存在となっているとは言えそうです。
 ただどこにいるかは、もう少し情報が出ないと当てずっぽうの予想しかできないかも…。
250. Posted by りぐ   2008年07月22日 16:04
訂正

>12話のようにジェレミアと二人きり

V.V.とジェレミアの会話は通信でしたね。まあそれでもV.V.を本拠から離すほうが有効なのにはかわりはありませんが。
251. Posted by なっきー   2008年07月22日 21:31
4  りぐさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。
 

>V.V.とジェレミアの会話は通信でしたね。
 そうでしたね。
 ただ直接報告できる、多分直属の部下なのは確かに思えますし、これは策に使える要素だったと思います。

>それでもV.V.を本拠から離すほうが有効なのにはかわりはあり
>ませんが。
 結局、 『ロロ予備軍を全滅させる』 ことの方にかなりな比重があったせいで、こういった強硬手段になった気もしますね。
 そのためにルルーシュが思考をやめてしまった感じです。

252. Posted by ソマソマ   2008年07月24日 15:05
こんにちは。夏バテで感想が不規則になります…。

V.V.対ルルーシュ1…V.V.と部下の会話で嚮団とブリタニア(というか皇帝)は繋がってるのが証明されました。『兄弟はこの世界で最も美しい関係』ってV.V.が言っても全く説得力がないです(笑)そもそもコードギアスには血縁にしろ義理にしろ、まともな兄弟関係がいないような…一番まともなのはネリ姉様とユフィの姉妹ですね(ユフィはもう故人ですが…)それにしても僅かな時間稼ぎとはいえ、あの部屋の偽装はコント以外の何物でもないです(汗)せめてCGも併用しようよルルーシュ。そんな時間も予算もなかったのかもしれませんが。よくバレなかったなー。

嚮団内部…武装組織ではなくギアスの研究機関に過ぎないとはいえ、全く抵抗の術を持ってないのは少し疑問でした。ならロロが暗殺やKMF技術は一体どこから教わったのかと。

(続きます)
253. Posted by ソマソマ   2008年07月24日 15:47
ナナリーとカレンとスザク…カレンがドレスなのは総督と捕虜としてでなく、兄の友達として話をしたかったナナリーのお願いですね。カレンも同じ妹として嬉しそうでした。ああそれなのに空気の読めない男スザクが…カレンを捕虜107号と呼ぶのはともかく、『捕虜』の意味をわかってるんだか…今のカレンはあくまで捕虜扱いでテロリストの囚人や奴隷ではありません。本来、捕虜は捕虜として尊重しなきゃいけないんですが…

C.C.と嚮団員とダールトン…ただのお飾りだと言ってましたが団員はC.C.を慕ってたみたいだし(嚮団の始まりがアレなだけに)、C.C.も殺されていく団員を見てやるせなさを感じてたようです。ダールトンは最後クロヴィスに自分達のやってた事は無駄だったと言ってました。皇帝はクロヴィス達の好きにさせた上で頃合を見計らってC.C.(のコード)を手に入れるつもりだったんですね。「関わらなければ良かった」…長く生きてる間で多くの人達にそう思われたC.C.の心境はどんな物なのでしょうか…
254. Posted by なっきー   2008年07月24日 22:36
4  ソマソマさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>こんにちは。夏バテで感想が不規則になります…。
 連日凄い暑さですね(汗)。
 お身体には皆さまくれぐれもお気を付けを…。

>…V.V.と部下の会話で嚮団とブリタニア(というか皇帝)は繋がって
>るのが証明されました。
 嚮団はブリタニアの勢力拡大にも、影で大いに貢献してそうですよね。

>『兄弟はこの世界で最も美しい関係』ってV.V.が言っても全く
>説得力がないです(笑)
 肝腎の弟に見限られる始末ですから(笑)。

>〜一番まともなのはネリ姉様とユフィの姉妹ですね
 確かにそんな感じです。

(続きます)
255. Posted by なっきー   2008年07月24日 22:38
>〜あの部屋の偽装はコント以外の何物でもないです(汗)
 わざわざ種明かししてますから、V.V.を小馬鹿にする目的も込みなのは確かでしょう(笑)。
 だからこその、(精緻なセットとまで行かない)書き割りなのかもしれません。

 損得だけで言えば、種明かししないまま奇襲した方が有効ですし。

>〜ならロロが暗殺やKMF技術は一体どこから教わったのかと。
 皇帝から、そういった戦闘技術の指導者を借りたのでしょうね。
 やはり嚮団は、ギアス関連以外は素人集団に過ぎないのだと思います。

>カレンがドレスなのは総督と捕虜としてでなく、兄の友達として話
>をしたかったナナリーのお願いですね。
 私もそう考えています。
 …で、空気が読めないというか、そういう上司の気持ちを無視するスザク(苦笑)。

(続きます)
256. Posted by なっきー   2008年07月24日 22:40
>〜カレンを捕虜107号と呼ぶのはともかく、『捕虜』の意味をわか
>ってるんだか…
 捕虜と呼ぶからには、国際法(劇中でもこの言葉は出ています)に則った扱いをしないと 『ブリタニアの』 恥になるんですよね。スザク個人の、ではなく。
 麻薬投与で口を割らせようという作戦は、スザクの自己責任で選択できる範囲を大きく逸脱しているのは確かだと思います。

>C.C.と嚮団員とダールトン…ただのお飾りだと言ってましたが団員
>はC.C.を慕ってたみたいだし〜
>C.C.も殺されていく団員を見てやるせなさを感じてたようです。
 C.C.はクールに振る舞ってはいても、暖かい心を持っていますから。
 ずっと近くにいればそれがわからないはずがなく、かなり慕われたであろうことは想像に難くありません。

(続きます)
257. Posted by なっきー   2008年07月24日 22:44
>ダールトンは最後クロヴィスに自分達のやってた事は無駄だったと〜
>皇帝はクロヴィス達の好きにさせた上で頃合を見計らって〜
 クロヴィスの思惑とは裏腹に、全部皇帝に筒抜けだったのは間違いない気がします。
 仰るように、ストップをかけるのも成果を取り上げるのもいつでもできるから放置していたのでしょうね。

>「関わらなければ良かった」…長く生きてる間で多くの人達に
>そう思われたC.C.の心境はどんな物なのでしょうか…
 だからこそ1期で、洞窟の中でルルーシュが感謝を口にしたとき、思わず涙したのでしょうね。
 それまでは、仮に善意で関わった相手であっても、碌な反応がなかったのでしょう。
258. Posted by ソマソマ   2008年07月26日 17:48
なっきーさん、こんばんは。コメントが週回遅れになってしまってます。すみません。

扇とヴィレッタ>前回、ヴィレッタは言動からてっきりルルーシュ側に付いたかと思ったらそうじゃなかったんですね。扇に連絡取ったのも助けを求めたのではなく殺す為だったとは…己の野心を捨て切るのは難しいという事なんでしょうか…

ロロと嚮団の子供達…さすが暗殺者であるロロを輩出してるだけあって、自分達の身を守る為とはいえ実験体の子供達も容赦なくギアスで殺しに掛かるとは…。ロロは以前自分には家族も兄弟もいないと言ってましたが、ロロにとって子供達は本来『家族』であり『兄弟』であるはず。なのにロロは子供達を躊躇なく殺してしまいました。お兄ちゃんと呼ばれてはいもロロと子供達はギアスとかの繋がりしか無かったのかもしれません。例えば、すごいギアスを持ってるとか、たくさん人をやっつけて(殺して)すごいとか、そんな殺伐として冷たい関係(本人達はそう思ってない)だったのかもしれないです…。


(続きます)
259. Posted by ソマソマ   2008年07月26日 18:23
誤字です。
×呼ばれてはいも
○呼ばれてはいても
夏バテでボケてますね…。

ルルーシュ対V.V.2>償わせてやるって、ルルーシュ…シャーリーの件は半分以上はあなたのせいですよ〜。第一そんな事したってシャーリーは絶対喜びません。今回のルルーシュは思考(責任転嫁)もやり方もスザクと同じなので見てて辛いです。それにしてもジェレミアはカッコ良すぎです。サザーランドであの回避やゼロ(ルルーシュ)のせいで散々酷い目にあったのに、あの器量の大きさといい、もうオレンジとは呼べません(笑)

ロロ対V.V.>よく、あのジークフリートにあそこまで食らいつくとは…もうヴィンセントの性能とか技量とかの問題ではなく、ただ兄の思いに応えたいという執念によるものですね。それなのに肝心のルルーシュには機体に爆弾仕掛けられてるは、V.V.には『欠陥品』よばわりされるはで全く報われないロロが哀れです…。


(続きます)
260. Posted by ソマソマ   2008年07月26日 19:28
ロロのギアスの弱点である『ギアスを使ってる間は心臓が止まってしまう』ですが完全に心臓が止まったら、動く所か呼吸も出来ずにあっという間に倒れてしまうのでは…それとも完全に心停止せずに微弱ながら血流は流れるのでしょうか?どっちにしても血の巡りは悪そうですが。弱点の伏線(時間制限、使用中左胸を押さえていた)は前からありましたが、今回判明した弱点と12話のギアス使用シーンに矛盾を感じました。12話のロロの「さすがに、キツイな…これだけの人を止めるのは」(←人数や範囲が大きいと負担がかかるというニュアンス)というセリフと判明した弱点が噛み合わない気がします。

ルルーシュ対V.V.3>いつ爆弾のスイッチ押せるか待ち遠しそうなルルーシュがワルです(笑)ネリ姉様、壊れかけたKMFを改造した即席の砲台を造ってしまうとは、メカニックとしてもやっていけそう?V.V.がルルーシュに呪われた皇子と言ってましたがただの嫌味によるだけとは思えないです。呪われた=何かに選ばれた(おそらく良い物ではないでしょうが…)とも取れますので…
261. Posted by ソマソマ   2008年07月26日 21:53
堕ちたスザク>自分の心がシャーリーを殺したのはルルーシュって、10話で「シャーリーがいるのに何やってるんだ」と、あなたルルーシュとシャーリーの関係を知ってる風じゃなかったですか?それともそんなにルルーシュは自分の目的の為なら恋人でも平気で殺す腐れ外道と思いたいんでしょうか。しかも自白の為にリフレインを使うなんて軍が許可を出してたとしても倫理の範疇を超えてますし、仮にブリタニアの考えで捕虜=奴隷だったとしてもスザク自身の良心は痛まないのでしょうか…

崩壊の前兆>騎士団の中に不穏な空気が…やっぱり何も教えずに殲滅作戦はまずかったですねー。誰がギアス使いかわからず徹底虐殺するしかなかったのだとしても。かといって本当の事を話したとしても、傍から見れば突拍子もない話で信じてもらえないだろうしゼロもギアス使いだとバレる可能性もありますから。騎士団を使うんだとしたら抵抗する者以外は捕獲系の装備で拘束にとどめ、ギアス使い達の対処はロロとC.C.にまかせて(説得&ギアスが効かない)事態が一段落したら、嚮団員達はC.C.がそのアイドル性を活かして説得するというのが良かったと思います。


(続きます)
262. Posted by ソマソマ   2008年07月26日 22:25
そもそも殲滅作戦はシャーリーの弔い&償いとギアスによる悲劇をこれ以上起こさせないのを建前にした(それもルルーシュの本心でしょうが)有り余った憎しみによるルルーシュの憂さ晴らしですから。どうしても殲滅作戦による虐殺がしたかったなら、どんなに現実離れで成功確率が低かったとしてもルルーシュ、C.C.、ロロ、ジェレミアの四人だけでやらなければいけなかったと思います。

V.V.と皇帝、そして…>皇帝がV.V.に刺客を送ったのは本当かと聞いた時、V.V.はそれを肯定してます。V.V.にとって話さないでおく=嘘にはならないと考えてるみたいです。皇帝は「兄さんはまた嘘をついた」と言ったのはルルーシュのナナリーに対する物だけでなくV.V.にも言ってたのだと後で気付きました。ルルーシュがアーカーシャの剣に引き込まれる時、この時点でコードを取られていたであろうV.V.が笑っていた意味とは…。それにしてもルルーシュと再会した皇帝はノリノリの表情ですね(笑)
263. Posted by なっきー   2008年07月27日 06:28
4  ソマソマさん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。


>コメントが週回遅れになってしまってます。
 それは特に問題ないです。

>〜前回、ヴィレッタは言動からてっきりルルーシュ側に付いたかと思ったら
>そうじゃなかった
 私も騙されました(笑)。
 …まあ多分、迷ってはいて、その迷いが表に出ないようにしていたのでしょうね。↓

>扇に連絡取ったのも助けを求めたのではなく殺す為だったとは
 こういったことは、さほどチャンスが多くあるわけではありません。
 なので、ルルーシュもロロも咲世子もいないという絶好の機会、 『迷っている場合じゃない! 今しかない!』 という気持ちになったのではないかと思います。↓

>…己の野心を捨て切るのは難しいという事なんでしょうか…
 私は、原動力はそこだと思っています。↓

(続きます)
264. Posted by なっきー   2008年07月27日 06:30
 ヴィレッタは没落貴族か、正反対に成り上がり者と見なされ、要は実力と無関係に下に見られてしまうような出自なのではないかと…。

>〜ロロにとって子供達は本来『家族』であり『兄弟』であるはず
 今でもそうした面は残っていたと思います。
 ルルーシュがギアス嚮団をぶっ壊しに行くと言い出したとき、明らかに狼狽していましたしね。↓

>〜ロロと子供達はギアスとかの繋がりしか無かったのかもしれません
 なので私は、仲間意識はあったかもしれないと思っています。
 要は、本来序列も何もあるはずがないものにまで優先順位を付けてしまうという類の問題ではないかと思います。

 『恋人が困っていたから、助けてあげたくて私は自分の親を殺しました』 的な、病んだ思考の結果ではないかと…。

(続きます)
265. Posted by なっきー   2008年07月27日 06:32
↑どちらを重視するか、なんて考える問題じゃないですよね。

>〜償わせてやるって、ルルーシュ…シャーリーの件は半分以上はあなたの
>せいですよ〜。
 こういう理屈で制裁を下すのなら、ルルーシュも一緒に償わなきゃダメですよね(笑)。

>今回のルルーシュは思考(責任転嫁)もやり方もスザクと同じなので
>見てて辛いです。
 これでは支持は得られないし、だから秘密作戦にするというのも穴がありすぎる発想だと思います。

>サザーランドであの回避やゼロ(ルルーシュ)のせいで散々酷い目にあった
>のに、あの器量の大きさといい、もうオレンジとは呼べません(笑)
 あれだけの怨み、普通は、水に流すことを決めたとしても、あちこち引っかかって、澱のように奥底に残ってしまうものだと思います。↓

(続きます)
266. Posted by なっきー   2008年07月27日 06:34
 それをあっさり流せるジェレミア、まさに志の人。

 …それにしても、能力が高いだけにサザーランド可翔式はさすがにあんまりだと思います(笑)。
 それとも何か、これはこれで凄いというような切り札が足されていたりするのでしょうか。

>ロロ対V.V.>よく、あのジークフリートにあそこまで食らいつくとは…
>〜ただ兄の思いに応えたいという執念によるものですね。
 私もそう思います。
 相手が相手だけに、むしろ技量や性能だけでは無理かもしれませんね。

>〜ルルーシュには機体に爆弾仕掛けられてるは、V.V.には『欠陥品』
>よばわりされるはで全く報われないロロ
 自分で蒔いた種という面はあるにせよ、悪意のない悪を悪意ある悪で返すルルーシュにも問題ありすぎですよね。
 V.V.にはシャルルに見限られて死ぬという報いが下されましたが、ルルーシュにもいずれ何か、自分で蒔いた種が祟ってきそうです。

(続きます)
267. Posted by なっきー   2008年07月27日 06:36
>〜完全に心臓が止まったら、動く所か呼吸も出来ずにあっと
>いう間に倒れてしまうのでは…
 それでも即死ではないので、矛盾とまでは言えないとは思います。↓

>完全に心停止せずに微弱ながら血流は流れるのでしょうか?
 厳密には、全ての筋肉がポンプの役割を多少ながら持っているため、実はこの一文自体は全く仰る通りだったりします。
 とはいえもちろん心臓が止まっても大丈夫なんてレベルではないので、昏倒するまでの時間を多少伸ばす程度の効果しかないでしょうけど。

>〜(←人数や範囲が大きいと負担がかかるというニュアンス)という
>セリフと判明した弱点が噛み合わない気がします。
 人数や範囲についての負担は、心臓が止まる時間の長さとは別のことなのかもしれませんね。

(続きます)
268. Posted by なっきー   2008年07月27日 06:38
>ルルーシュ対V.V.3>いつ爆弾のスイッチ押せるか待ち遠しそうなルルーシュ
>がワルです(笑)
 『いつでも殺せる』 といった状況が、ルルーシュの心理に与える悪影響が心配です。
 変な方向に歪む原動力になりかねない気が…(汗)。

>ネリ姉様、壊れかけたKMFを改造した即席の砲台を造って〜
 指揮官職を離れたことで、何というかますますたくましくなりましたよね。
 ブリタニアだと物量に勝っているのが当然だけに、尚更。

>呪われた皇子〜
>呪われた=何かに選ばれた(おそらく良い物ではないでしょうが…)とも取れますので…
 そうかもしれませんね。
 呪いという表現自体にはV.V.の主観が入っているかもしれませんが、その元になる要素は確かにありそうに思えますし。

>〜10話で「シャーリーがいるのに何やってるんだ」
>〜ルルーシュは自分の目的の為なら恋人でも平気で殺す腐れ外道と
>思いたいんでしょうか。
 例え好意を抱いていた相手でも、それが必要となるとあっさり殺してしまう―― 、そう思っていそうですよね。

(続きます)
269. Posted by なっきー   2008年07月27日 06:40
>自白の為にリフレインを使う〜
>仮にブリタニアの考えで捕虜=奴隷だったとしてもスザク自身の良心
>は痛まないのでしょうか…
 それこそ 『スザクが考えるルルーシュ像』 と何ら変わらないですし、スザクは権力持ちだけに、同じどころかもっと下かもしれません。

>誰がギアス使いかわからず徹底虐殺するしかなかった〜
>騎士団を使うんだとしたら抵抗する者以外は捕獲系の装備で拘束
>にとどめ、〜
 実現性との妥協という意味で、これが妥当だった気がします。
 説得に関しては、↓

>ギアス使い達の対処はロロとC.C.にまかせて〜
>嚮団員達はC.C.がそのアイドル性を活かして説得する〜
 非常に有利な要素が揃っているんですよね。さらにいざという場合のギアスキャンセラーまでいます。
 善悪と別にしても、策を考えるに当たってこれらの利点を全く活かさないというのは、あまりにルルーシュとしての本道を逸れているとも思います。

(続きます)
270. Posted by なっきー   2008年07月27日 06:41
>〜どんなに現実離れで成功確率が低かったとしてもルルーシュ、C.C.、
>ロロ、ジェレミアの四人だけでやらなければいけなかった
 仰る通りでしょう。
 虐殺でも忠誠を揺るがせないだろう人員はあと咲世子とディートハルトがいますが、彼らは何か激しく勘違いしそうで(汗)、別の意味で危なくて使えないと思いますし。

>〜V.V.にとって話さないでおく=嘘にはならないと考えてる
 『釣り餌作戦に使うから、兄さんもルルーシュには手を出さないでください』 といった念押し、 “約束” があったのだと思います。
 ちゃんとV.V.もシャルルに約束して、でも行動が違っていたのではないかと…。

>〜ルルーシュがアーカーシャの剣に引き込まれる時、この時点でコードを取ら
>れていたであろうV.V.が笑っていた意味とは…。
 既にV.V.としての記憶を失い、過去の幸せな時代に還っていたのかもしれません。

>それにしてもルルーシュと再会した皇帝はノリノリの表情ですね(笑)
 しかも死んだふりして見せるお茶目っぷりです(笑)。
271. Posted by cheap christian louboutin sandals For Sale Online   2013年05月10日 13:12
月の静寂、星の歌:コードギアス 反逆のルルーシュR2 #14 『ギアス 狩り』 - livedoor Blog(ブログ) cheap christian louboutin pumps For Sale Online http://www.7clshop.com/christian-louboutin-pumps-c-7.html
272. Posted by nike heels for women - nike heels for women   2013年05月12日 12:36
月の静寂、星の歌:コードギアス 反逆のルルーシュR2 #14 『ギアス 狩り』 - livedoor Blog(ブログ) Arian Foster Jersey http://houstontexansjerseys2014.webs.com%2
273. Posted by air jordan heels for cheap   2013年05月12日 12:36
月の静寂、星の歌:コードギアス 反逆のルルーシュR2 #14 『ギアス 狩り』 - livedoor Blog(ブログ) http://www.justjordanheels.com/sitemap.xml http://www.justjordanheels.com/sitemap.xml
274. Posted by cheap nfl jerseys from china free shipping   2013年05月13日 10:56
月の静寂、星の歌:コードギアス 反逆のルルーシュR2 #14 『ギアス 狩り』 - livedoor Blog(ブログ) christian louboutin sale men http://www.clwomens.com/christian-louboutin-men-shoes-c-11.htm

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Archives
Blog 内検索
Google
www を検索
このブログ内を検索
Recent TrackBacks
Recent Comments