2008年07月20日

コードギアス 反逆のルルーシュR2 #15 『C の 世界』4

 度重なる悲劇にギアスを危険と考え、ギアス嚮団を滅ぼすべき敵と見定めたゼロは少数で嚮団を急襲し、壊滅に追い込んだ。
 しかしV.V.を追い詰めていたはずのルルーシュは、いつしか黄昏の扉の彼方、アカシャの剣にいた。

 父シャルルは、贖いの時が来たのだと言う。
 今、Cの世界の扉が開く――。



コードギアス 反逆のルルーシュR2 公式サイト

コードギアス 反逆のルルーシュ - アニメ : BIGLOBEストリーム 無料動画サイト
 見たいけれど地元では……という人はこちらで視聴できます。
 各話、無料は期間限定なので、観たい人はお見逃しなきようお気を付けください。

最終更新: 2008/07/21
 C.C.台詞修正
 コメントでのご指摘ありがとうございます。

 表現などいくらか微修正
 C.C.の記憶について修正



 
 ブリタニアの少年ルルーシュは、かつて誓った。
 8年前に殺された母の仇を討ち、妹ナナリーが幸せに過ごせる世界を創ること――。

 そのために彼は、謎の少女C.C.から力を手に入れた。
 いかなる相手にでも命令を下せる絶対遵守の力、ギアスを。

 ルルーシュはギアスを使い、父が統べる神聖ブリタニア帝国を破壊するべく行動を起こす。
 しかしその道の果てに、彼は何を手に入れ、何を失うのか。

 明確なる定めはただ一つ。
 ギアスという名の王の力を手にした者は、孤独の道へと誘われていく――。




シャルル・ジ・ブリタニア

 両者とも光学情報のギアスであることからシャルルと視線を合わせることを避け、ルルーシュは蜃気楼の陰に隠れました。
 シャルルギアスが掛け直し可能とは限らないにせよ、慎重に立ち回るのはルルーシュ的には正解でしょうね。

「8年前の質問に答えてもらう!
 なぜ母さんを守らなかった! 他の皇族たちが、母さんを疎んじていることを知りながら!」
「人は平等ではない。
 お前は人のものにはない力、ギアスを持っている。その力で聞き出せばよかろう」


 ……ただこの質問、ルルーシュには悪いけれど、ギアスが存在する前提に於いては、例え世界最大の国家の皇帝であっても、ただ1人を守りきることさえも難しいと思うんですよね。



 ……守ろうとはしていたならそう言えばいい?

 私は似たことを、ユフィの件でルルーシュにも言いたいわけですよ。
 1年前スザクに説明するべきだった―― 信じてもらえるかはまた別の話―― し、今も機会が出来次第に話すべきだと思っています。

 V.V.が言うようにシャルルとルルーシュが似ているとすれば、 『責任を感じているからこそ何も言わないで背負い込む』 のも同じなのかもしれません。



木下「……これは…虐殺……」
 ゼロ番隊副隊長の忠誠心がデッドラインを下回っている気がします(汗)。

ジェレミア「バトレー……、私をこのような身体に改造した憎むべき男! 君の皇族に対する忠義は本物であった。
 ならばこそ、私は決意しよう。……君を尊敬すると!


 いつも上司の命令に従おうと一所懸命でしたが、何とも運が悪い人でした。
 今回にしても、ちょうど皇帝に命じられてここに派遣されていたわけで……。



 目線を合わせることを危ぶむルルーシュは、リモコンを押して蜃気楼から小さなカプセルを打ち上げ、上で反射板をばらまきます。
「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる! 貴様は……死ねッ!!
「……よかろう……」


 無駄にポーズを付けながら反射板の向こうのシャルルに命じます。
 ……が、これ、本当に掛かったのでしょうか?(後述)

 シャルルは右手の銃で心臓を撃ち、ゆっくりと後ろに倒れます。
「勝った……、勝った……、ナナリー……、母さん……。
 うぉああああぁぁぁぁーーーーッッ!!


 四白眼で勝利の雄叫びを上げられると、ひぐらしの園崎詩音を連想して微妙な気分になる私(笑)。



外道一歩手前

 リフレインを撃ってまでゼロ=ルルーシュという確証を得ようとするスザクに、カレンはビンタ。

「ルルーシュのことは知らない! 何回言ったらわかるのよ!」
シャーリーの亡骸に誓って、そう言えるのか?
 話してもらう! 全て!」

「怖がらなくていい。君はすぐに自分の意思を失い、僕の質問に答える」


 ……で、スザク、廃人になったカレンの前で言えますか?
 そしてユフィに報告できますか?
 これこそが正義だったと。僕は正義を行ったのだと。



 しかしそういった視点ではなく、他のところからスザクは自らの過ちに気付きました。
「従ってもらう。命令に」

 スザクは自分の言葉で、その行動が絶対遵守の力と何ら変わらないことに思い至ります。
 つまり正義に立ち返ったのではなく、ゼロへの憎悪故に、 『命令に強制的に従わせる』 手法をも憎んだわけですね。

 外道に堕ちる前に止まったとは言え、理由がこれでは正直微妙……(汗)。



兄弟

「直接会うのは何年ぶりだったかな、V.V.?
 私は結局、私の定めからは逃げられなかったわ」
「定めは…僕が、引き受けるよ……。不死の定めを……」


 瀕死のV.V.の服、その背中が大きく開いていて、そこに斜めの傷が走っています。
 そしてV.V.の語りかける名前はシャルル。C.C.と話しているのではなくて、過去に帰っているんですね。
 恐らくV.V.の背中にギアスの紋章が刻まれていたのでしょうね。

 C.C.には左胸の下に刻まれています。
 適格者に傷を刻んで不死性が引き継がれるとき、前任者の傷は消えてしまうとすると、このC.C.の反応も自然な言葉となるように思います。



「これは誓いだよ?」
「うん、この嘘だらけの世界、僕たちだけは嘘はつかない」


 シャルルは律儀にその誓いを守り、V.V.は何回もシャルルに嘘をついて、ついに見限られたのでしょうね。
 見捨てるには不死性が邪魔になりますから、必然的にシャルルがそれを引き継がなくてはならないことになります。
 不死になりたいなりたくないは別にして、というのがミソ。

「だって……僕は…お兄さんだから……」

 V.V.の嘘もまた、これが理由なのでしょう。
 たった1人大事なシャルルのために、より汚いことを引き受けているつもりになっていたのだと思います。それをいちいちシャルルに知らせる必要はないと、そう考えていたのでしょう。



 ルルーシュは自殺させてようやく、何も聞き出さないまま終わってしまったことに気付きます。
 ……ですが。

「策略奸計奇襲……、そのような小手先でわしを倒そうとは……。
 王道で来るがよい! 王の力を継ぎたいのであれば!」


 今度は正面からギアス。
 ルルーシュ的王道。(違。

 ……そもそも死んで生き返ったら 『複数回は掛からない』 制限に引っかからないかどうか、それすら知らない状態ではこれは、ただの博打に過ぎません。
 ともあれギアスは掛からず。

 ルルーシュ、今更何を狼狽えることが?
 不死者が皆C.C.と同様の性質を持つ存在であるとするなら、そもそもさっきのギアス自体が掛かっていないのですよ?

 “魔女” にはギアスが掛からない。
 それを、相手を変えてまた立証したに過ぎません。
 この程度の論理がルルーシュにわからないはずがなく、今に始まったわけではないですが、動揺している時のルルーシュは本当にダメだなあと。

 そう思うわけでして。



 今度はさっきシャルルが使った銃を拾って、シャルルに向けて連射するルルーシュ。
 ……これも同上。
 心臓を撃ってもダメなら、頭を撃ってみるくらいしか試すことがありませんが、ルルーシュはそれすらしていません。

「わからんのか、ルルーシュ!
 最早わしには剣でも銃でも、何を以てしても、無ゥ駄ァッ!


 シャルルの 『傷』 は、右手に刻まれていました。
 それを見せられてようやく、C.C.の額の紋章を思い出すルルーシュですが……、左胸の下の傷の方が正解じゃないのかなあ、と。



「シャルル、なぜ今になってV.V.のコードを奪った。
 なぜあれだけ慕っていた兄を殺した?
 ……V.V.、お前さ、マリアンヌのこと、好きだったんだろう?


 前2行の答えは、上で予想したのが正解だと思っています。
 シャルルには、シャルルのためと(勝手に)思って人殺しをするV.V.が、あまりにも重荷になってしまったのでしょう。

 最後のは……、ハァ!?、という感じ。
 嫉妬を嫉妬と自分で理解できず、だから自分なりに理屈を付けて、シャルルのためということにして殺した―― のかもしれません。
 ちょうど、シャーリーを殺したことを嬉々としてルルーシュに報告したロロのように



真の世界

(あの男が不老不死……、勝てない、勝てるはずがない!)
「わしはギアスの代わりに新たなる力も手に入れた。
 故にルルーシュ、教えてやってもよい。この世界の真(まこと)の姿を!」


 だからルルーシュ、狼狽えすぎだってば!
 体力ゼロのルルーシュ相手で、しかも不死。シャルルが殺すつもりならとっくに終わってます。

 ここはまずはシャルルが何を目的としてルルーシュと対峙しているのか、それを見極めようとするべきじゃないのかなあ、と。それもできないなら、どうすればここから撤退できるかを考えるべき。



 シャルルが迫り上がってきたコントロールパネルを操作すると、へたり込んだままのルルーシュが下からの光に包まれます。
 その光の中、OPにも出てくる左目だけが開いた石仮面が次々に周囲に現れ、光が薄れた向こうには、大きな歯車が回っています。

 こういった、何らかの機械―― それも恐ろしいほどに原始的な―― で世界が動いているというイメージはある意味、神話的なのは確かです。



「ギアスとは何だ! 貴様は何を企んでいる!」
「おかしなことを……、嘘にまみれた子どもが人には真実を望むか」


 シャルルはよくよく嘘が嫌いなようです。
 なら、口にしたことは、少なくともシャルル視点では真実と考えていいのかもしれません。



扇要

 ヴィレッタに呼び出されたのか、人気のない広場で待っていた扇。
 チグサという名前で呼ぶ扇ですが、もちろん今は本当の名前も知っています。

「でも俺にとっては、」
「私はブリタニアの男爵。例えどんな理由があろうと、イレヴンとの汚点は消し去らなければ、この世界で生きてはいけない」
「……そうだな。どうせなら、日本で死にたかった」


 会って即発砲、とできなかった時点で、これは未練を断ち切るためですらなく、未だ迷いながらここにいるのは確定的です。
 ある意味では 『扇もこちらに銃を向けてくる』 そして 『私は騙されていた』 形であって欲しかったとさえ思っているかもしれません。それなら単純な話ですからね。



 そして、最初はゼロの情報が欲しかったとか、監視していたとか、全部真っ正直にペラペラしゃべる扇。……まあ、どこまで行ってもそういう人ですしね。

「私は敵だぞ!」
「でも好きなんだ!」
「馬鹿か貴様は!」

 その通りだと思うよ、ヴィレッタ!

「馬鹿だけど……馬鹿みたいだけど……、でも君を好きになってしまったんだ!
「…………出会わなければ良かったんだ!」


 ……でも馬鹿にはさらに、良い馬鹿と悪い馬鹿がいるのです。
 扇の直球馬鹿っぷりに激しく動揺するヴィレッタ。

 そこににわかに気配を現す無敵メイド、咲世子。



真の世界 2

 嘘の姿で何を手に入れたか訊かれ、学生では到底持ち得ない軍隊や領土を挙げるルルーシュ。
 ……でも多分ルルーシュは、シャルルの質問の意味を取り違えている気がします。それはきっと、まさにこういう意味。↓

「ユーフェミアを失った」「スザクやナナリーにも姿を晒せなくなった」
「黙れ! 人は誰でも嘘をついて生きている。
 俺もそうしただけだ!」
「なぜ嘘をつく。本当の自分をわかって欲しいと思ってる癖に。
 そう望みながら自分をさらけ出せない、仮面を被っている」
「本当の自分を知られるのが怖いか」


 嘘の姿で得た何かの代わりに、常に本当に必要だった何かを失い続けている。
 それでは得たモノを誇れるかは微妙です。

 石仮面の下にルルーシュの幻影が現れてなじり、全部消えると代わりにシャルルが現れます。

「嘘などつく必要はない。
 なぜならお前はわしで、わしはお前なのだ」
「……!?」
「そう、人はこの世界に1人しかいない。
 過去も未来も人類の歴史上たった1人……」

「……何を言っている!?」


 この世界は誰かが見ている夢、という流れは個人的には勘弁して欲しい気がします。



 歯車を緞帳のように開いて現れたC.C.に、シャルルは願いを叶えてやると言います。

「今こそ契約条件を明かそう。
 ……我が願いは死ぬこと。私の存在が永遠に終わることだ


 噛み合う歯車(演出?)。
 この願いは、私も何回か予想してますし、当たった人は多そうな気がします。



「ギアスの果てに、能力者は力を授けた者の地位を継ぐ。
 そのとき、私を殺せる力を得る」
「C.C.を……殺す?」
「数多の契約者は、誰1人としてそこまで辿り着けなかった。
 しかし、ここに達成人(たっせいびと)、シャルルがいる」


 両目ギアスになるのが必要条件の1つと思えます。
 ……この言葉だとマオも辿り着いていないことになりますが、情が移りすぎて、既に発狂しているマオに永遠を与える残酷さを思い、だからマオを捨てて他の候補を探そうとしたのかもしれません。

 さらにC.C.が第1期 #01 で、日本流しにされたルルーシュをわざわざ捜し当てたようにも見えることから、資格者が限定されるだろうことも確定的です。
 やはり可能性が高いのは血統。
 マリアンヌ(あるいはシャルル)の血を引く者である必要があって、それはもしかしたらギアスは誰にでも授けられるわけではないことを意味するのかもしれません。



 死ぬために契約したのか。
 C.C.はそれも肯定します。
 ルルーシュはこの “自殺” を思い止まらせようと、必死に説得しますが……。

「死ぬために、生きてきたと……!」
「この世の摂理はそこにある。限りあるもの、それを命と呼ぶ」
「違う! 生きているから命のはず!」
「同じことだ。死があるから人は、生を自覚できる」
「言葉遊びだろう、そんなもの!」
「しかし、 “人” は死ぬ」
「だとしても、この世に生まれた理由が、意味が、」
「知っている癖に。そんなものはただの幻想だと」
「死ぬだけの人生なんて悲しすぎる!」
「死なない積み重ねを “人生” とは言わない。
 それは、ただの “経験” だ」
「……ッ!」


 説得失敗。
 私にはC.C.が言っている意味がとてもよくわかりますし、 “生の意味” を恐らくさんざん追い求めてきて、結局見つけられなかったのだとも思います。

 あるいはマオを可愛がり、育てていた間はそれを喜びと感じたのかもしれません。
 けれどそれは破綻。

 ただの経験にも新鮮な内は価値があり、それは人生とイコールで結べるでしょう。
 けれど、似たようなことをいつまでも繰り返すだけとなれば、それを人生とは表現できなくなっていくのでしょう。



 ……でも、このC.C.の説明は理解はできるものの、どこかに嘘があるような……?
 半分本心、残り半分はシャルルの前だからこう言っておこうみたいな、何かそういう言葉ではないかと―― 、まあ何の根拠もないただの勘ですけど。



「お前に生きる理由があるのなら私を殺せ。
 そうすれば、シャルルと同等の、戦う力を得る」
「……………………」
「さようならルルーシュ。お前は優しすぎる」
「待て! お前は、」


 私を殺せないなら用はない、という感じ。
 これも上の言葉からすれば自然な結論のはずなのですが、何かが私の心に引っかかってます。



 ルルーシュはどこかに落ちていきます。
 背景はギアスの演出の時に見えるような光の糸の群れ。

「シャルル、なぜV.V.のコードを奪った?」
「質問に意味はあるのか? これから死にゆくというのに」
「……そうだったな」


 どうもC.C.の言葉・行動に、嘘か、何か隠していることがある気がします。



ナナリーの戦い

 相変わらずガチの純血派、ミスローマイヤが実質エリア11の施策の最終決定権を握っているに等しいようです。サイタマゲットーの再開発計画も、そうやって決定されようとしていました。
 これではナナリーはただ皇族というだけのお飾り……なのですが、そう侮ったのがミスローマイヤの誤り。

 手を差し出すよう求め、その手を取ったナナリーは質問します。

「この計画、イレヴンの皆さんに不利益はないのですか?」
「無論です。これは双方にとってベストな選択です」
「それは……嘘ですね」
「……ッ!?」


 慌てて手を引っ込めますが、時既に遅し。
 以前に手を触っただけでスザクの手とわかったこともあったナナリー、余程感覚が鋭敏なのでしょう。

 今までのナナリーは、対ルルーシュも含めて嘘を見破っても特に追求することなく来たのでしょうし、むしろ信じたいと考え、こうして積極的に嘘を見破ろうと行動することもなかったのではと思います。

「もう一度、この計画を見直してください。イレヴンの人たちにも、不利益がないように」
「……ナナリーさま、実務は私たち専門家にお任せくださ」
「ミスローマイヤ、そ、総督は、わたくしです!」




 ……ナナリーは権力を振りかざすの、苦手そうですね。
 でもここでは、それをしないと一歩も進めないまま、お飾りの傀儡に逆戻りです。
 きっとこれがナナリーの戦い

 思いの強さだけなら多分、ナナリーはとても強いはず。
 どれほどの妨害、抵抗、嫌がらせがあっても、少しも曲がらないと思いますし、それを期待しています。



 憎悪によって、ではあったものの、最悪の外道に堕ちる寸前に踏みとどまれたスザク。
(こうなったら、直接ルルーシュに会って確かめるしかない!)

 そういう直球勝負の方が君らしくていいと思うよ?
 ……皮肉とかじゃなくて、本気で。



 学園にやってきたスザクですが、リヴァルはルルーシュはずっと帰ってきていないと証言します。
 慌てて地下司令部へ行って機密情報局員にルルーシュの居場所を訊きますが、 「特に異常はありません」 とトンチンカンな答えが返ってきます。
 しかも、どこにもヴィレッタもロロも見えません。
 それを問い質しても――。

「ですから、報告すべき異常はありませんが……」
「いつも通りですよ」
「……くっ……、そうか、機密情報局全員……」


 あーあ、完璧にバレちゃいました。
 まあそうは言ってもスザク本人が来てしまえば、咲世子が影武者をしていても無意味でしょうし……。



 一方、ダラス研究所にはシュナイゼル一派がいました。
 シュナイゼルはナナリーと話していたと、遅れて登場。

「例のアレさ、ロイドくんのキャメロットとスザクくんの、」
「いえ、トロモ機関(?)の件です」
「それは、今日の結果次第かな」


 キャメロットごと、ナナリー直属になるとかでしょうか?
 ……何か、スザクのためにはその方が良さそうな気もします。
 スザクはまだ、ナナリーを悪い意味でお姫さま扱いしていますが、そこが改まれば……。



「ええ、本国のシュナイゼル兄さまから連絡が……、エリア11が衛星エリアに昇格できそうだって。
 治安の安定と生産率の向上が認められたんですって」
「それは良い知らせですね」
(やはりルルーシュはゼロだった!
 だが皇帝陛下に報告したら、ナナリーはどうなる……。)


 ルルーシュと似た理由で隠そうとするスザク。
 邪悪で卑劣な男に違いない、という思い込みを一時でも忘れたなら、何よりも妹大事なルルーシュを思い出して、この構図に気付けるかもしれません。



シャルル「もしルルーシュの記憶が戻ることがあれば、ナナリーはわしが使う」

 『使う』 って?
 生贄的な何かも想起して、ちょっと不吉な言葉に思えます。
 私はナナリーもギアスを得ている可能性―― 自ら(?)記憶ごと閉じた目蓋の下に封じている―― をずっと考えていますし……。(続く)

「……スザクさん、何か隠し事でも?」
「はは、まさか。ナナリーにだけは嘘はつかないよ」

 ルルーシュと同じ言葉で誤魔化すスザク。

「では、いつぞやの電話のお相手を教えていただけますか?」
「……!!」
「兄さまだったのではないのですか?」




 以前のナナリーなら、こんな質問自体をしなかったと思います。
 だからスザクもこうして、(無意識に)蔑ろにしてこれたのでしょう。 “お姫さま” に過ぎないと、神棚に飾っておけばそれでいいと、そう考えていたのでしょう。

 ……でもナナリーは、もう “お姫さま” でいることはやめたのです。
 そして彼女の必殺技とも言えるでしょう、人間嘘発見器を使おうと、手を取ろうとして―― 、スザクは慌てて手を引っ込めます。

「……スザクさん、あなたも同じなんですね? お兄さまと……」

 確かに、さっきから似たことばっかりやってるような気が……。
 スザクでさえも嘘をついていたと知った悲しそうな顔、そして握り損ねた手――。



Cの世界

 ゼロさまを発見できなかったという報告がもたらされて、動揺するロロ。

 黄昏の扉が捜索隊に見つけられなかったはずがないと思います。
 そうなると、例えば開いても奥には壁しかなく、ダミーの扉と判断されたとかなのかもしれません。
 つまりは、何か条件を満たした時にしか、黄昏の扉を通ることはできないのではないかと。



 落ちたはずのルルーシュは、いつしか霧に包まれた丘陵の小道に立っています。
 前からよたよたと歩いてきた幼い女の子がぐらりと傾ぎ、ルルーシュは抱きとめようと慌てて駆け寄りますが、幻のようにすり抜けて彼女は倒れてしまいました。

「……無駄よ。これは私の記憶、干渉はできない」
(C.C.……? 違う……?)
「あなたは、誰?」


 ぼんやりと現れたC.C.の幻影。
 しかしルルーシュを見分けられなかった彼女は、ずっと昔にここに送られた、C.C.の人格の一部なのかもしれません。

 僅かな間に場面が何回も切り替わり、いつしか古びた教会の中になります。
 倒れている先程の女の子と、生きるための理由はあるのと、座って問いかけているシスター。
 女の子はわからない、けど死にたくないとだけ答えました。

「では契約をしましょう。生き延びる力をあなたに授けます。
 その代わり、いつの日か私の願いを、一つだけ叶えていただけますか?」


 この少女がC.C.でした。
 このシスターと契約して力を―― 、ギアスを得たのです。



 その頃、地上ではヴィレッタと咲世子が戦闘中でした。
 扇の、必死の制止の声も届きません。

 崖っぷちに追い詰めたヴィレッタに咲世子は苦無を投げ、ヴィレッタ自身は避けますが、庇おうとした扇に突き立ち―― 、そのまま崖から海へ転落します。

「扇!」

 追って飛び、空中で扇を抱きとめたヴィレッタですが、下は海とは言え、岩が突き出ているような場所……。



「私に発現したギアスは愛されること
「愛?」
「心の奥底で、私を……」


 小C.C.のギアスは左目。
 ルルーシュと同じ側なのも、何か意味があるのかもしれません。

「私は誰かに愛されたかった。
 願いは叶った。ギアスのお陰で、私はあらゆる者に愛された。
 でも、愛されすぎて、そのうち本当の愛がわからなくなった。
 私が信じたのは彼女だけ。ギアスが掛からない彼女は、遊んでいた私を叱ってくれたから。
 なのに……」


 王の力で強制したところに “本当の愛” なんてあるはずがない。……そう思います。



「はいはい、貰い物は全て手放しました。
 でも仕方ないでしょう? ギアスのせいなんだから。
 シスターには感謝してるけど、正直私も困ってるの。
 プレゼントやプロポーズにはもう飽き飽き。
 嚮主さまって人まで出てきちゃって……」


 大C.C.は両目ギアス。
 恐らくは、この言葉からしても既にオンオフができなくなっているのでしょう。

「私の永遠を終わらせるためには、誰かを身代わりにしなければならないの。一定以上のギアスを持つ誰かを。
 どれだけ苦しかったか……、生き続けるという地獄が……!」
「ねえ、何の話?」
「ざーんねんでした! あなた騙されちゃったの!」


 一定以上、即ち両目にまでパワーアップしているのは最低条件、と思えます。
 両目ギアスと言えばマオとシャルル。

 ここで気になるのが、シャルルが 『ナナリーを使う』 と言ったこと。
 上の方からの続きで、私の予想通りならナナリーは両目ギアスの可能性が高く、シャルルもまた、不死者としての生を望んでいないとしたら、この引き継ぎのための犠牲にするという意味なのかもしれません。
 恐らくこれは有資格者となれる者自体が少なく、娘だから使わないといった贅沢を言えない面があるのではないかと……。



破滅の予兆

 そして随分懐かしい映像―― 、第1期のエンディングに使われた、ステンドグラスの前、祭壇にもたれた血塗れのC.C.が出てきます。

「私の存在は、彼女にとって、自分自身にピリオドを打つための道具。……ただそれだけだった。
 ……あなたはまだここにいない。
 私にとってあなたは過去ではなく、現実の人なのか」
「さあ、どうなのだろうな」
「よっぽど大事な人なのかしら」
「有り得ない」
「そう……、ここに送り込んできたということは、ひとときでもあなたを何かから守ろうとしたのだと思うけど」


 見ていたのは、アーケードのような場所に飾られた動く絵に映し出された映像。
 きっと、C.C.の記憶が時々こうして、 『絵』 になって送られてくるのでしょうね。

 死者の世界(のようなもの)という予想が外れた上、先に行ってろなマオもいないとは予想外(笑)。
 ……と言うことは、いつも交信しているマリアンヌの居場所もここじゃないのかもしれません。



 そのC.C.はシャルルと良さげな雰囲気……なのですが。
 上で言うルルーシュを守ろうとした相手がシャルルなのは明白ですし、つまりはこれも全部演技の可能性が高そうです。

 ……関係ありませんが、アカシャの剣の、上に突き出た6本の柱のうち、向かって右の真ん中が折れているのが気になって仕方ありません(笑)。



「これで終わる……、私の長い旅も」
「C.C.!」
「……っ!」
「開いたのかルルーシュ、思考エレベータを」
「……なるほど、この空間そのものが、思考に干渉するシステムか!」


 よくわかりませんが、ここにまともな物理法則は働いていない―― 多分模倣はしている―― 気がします。
 ルルーシュが帰ってきた場所は蜃気楼のコクピット内。……この辺も、そういうことを思わせますしね。

 人工的な立方体がいくつか飛んできて蜃気楼の動きを抑え、その間にダンスでもするようにC.C.を抱き寄せるシャルル。
 するとなぜか奥から陽光のような光が。



 ……ちなみに、話の流れからしてやはり漢字は 『思考エレベータ』 で正解のようですね。



やめろ! そいつは俺の……俺の……、」

 その先を言えるかは重要ですよ、ルルーシュ。

「答えろC.C.! なぜ俺と代替わりして死のうとしなかった!
 俺に永遠の命という、地獄を押し付けることだってできたはずだ! 俺を哀れんだのか、C.C.!」


 涙を溢れさせるC.C.。

「そんな顔で死ぬな! 最期くらい笑って死ね!
 必ず俺が笑わせてやる! だから!


 もっとつまらない、ダメな相手なら犠牲にしていたでしょう。
 そしてマオにもルルーシュにも、情が移りすぎました。

 シスターは(ある意味)笑って死にました。
 ですがC.C.はどれだけ地獄を味わっても、あんな歪んだ笑いを浮かべられるようにはならなかったわけです。



 シャルルを突き放したC.C.がコントロールパネルを操作すると、立方体が蜃気楼から離れます。

「これ以上奪われてたまるか!」
 蜃気楼が発砲しますが、狙いはシャルルではなくアカシャの剣

「ぬゎんたる愚かしさかッ!」

 以前に見たショックイメージが……。
 ランスロットにC.C.が触れたときの、ですね。
 これ、ひどく不吉です。



 壊れた柱時計。
 猫背で力無く歩く人たち。
 髑髏が集まっているかのような、広がる黒雲。

 高い高い木を幹に張り付いて見上げたかのような……、でもその先には目映い光。


 C.C.の記憶とするには、何か不自然な気がします。



 ……もしかして、現実世界で核戦争があった?
 ある時点から、何者かの意思によって歴史をやり直しているのなら、そのやり直し世界の住人にとってはその意思はある意味 『神の意志』 。

 しかしどれほど大それた力を持っていたとしても、やることがその程度(視点が小さい)なら、それが何者であれ全知全能でなど有り得ないとも思います。
 ……だからこその、シャルルたちの 『神殺し』 かもしれませんが。



 バラバラに壊れて落ちる瓦礫と一緒に真っ逆さまのC.C.。
 蜃気楼が助けに来ますが、コクピットが開いていて、肉声でルルーシュが叫びます。

「俺は知っているぞC.C.! お前のギアスを、本当の願いを!
 おい、こっちを向いてくれ!」


 ぼんやりしたまま落ちていくC.C.に、ルルーシュは必死に手を伸ばします。
 蜃気楼の手で捕まえればいいじゃん、とかいう話ではなくて、自分の手で掴むことに意味があるんですよね、これ。



オペ子「フレイヤの作動を確認」

 ニーナはどうやら核実験に成功……(汗)。
 シュナイゼルは、誇りに思うべきとニーナやスタッフを絶賛します。

「光栄です、シュナイゼル殿下。
 ここから先、人類は、戦争は変わります!」
「……うん、これで、ダモクレスも……」


 シュナイゼル、珍しくちょっと興奮してる……?
 うわあ、本当に使ってしまいそうですよ、これ……。



 ダモクレスは 『ダモクレスの剣』 で有名な人。
ダモクレス - Wikipedia

「これでダモクレスも王の偉大さに気付くだろう」
 王に成り代わろうとは思うまい、という意味でしょうね。



リセット

「おい、戻ってきたんだ、C.C.! しっかりしろ!」
「…………はっ」
「ロロには連絡を入れた。あいつを使ってすぐにでも、」

「……どなたでしょうか」
「何言ってるんだ! それより、皇帝とあのシステムに、」


 後ずさるように居住まいを正すC.C.。
 そして震えながら――。

「新しいご主人様ですか!?」
「!?」
「できるのは、料理の下ごしらえと、そ、掃除、水くみと、牛と羊の世話、裁縫、文字は少しなら読めます。
 数は20まで、あ、死体の片付けもやっていましたから、」




 ……中世以前の奴隷階級ですか(汗)。
 それも、碌な主に当たらなかったのでしょう。
 『死体の片付け』 というのは、その条件でさえもかなり特殊な単語に思えます。

 記憶の退行。
 これはあるいは精神的ショック云々のレベルではなく、不死性を失うと、不死性を得る以前に戻ってしまうのかもしれません。
(※修正しました)



 ……。



 …………。



 とりあえず、ピザを食べさせてみることをお勧めしましょう。
 チーズくんもプレゼント。

 まあ、ああしたピザ好きも実は奴隷時代の貧しい食生活の裏返しで、カロリーの高さがそのまま食べたときの喜びに繋がっているような気がします。
 C.C.としての生が綺麗さっぱり消え失せたのでなければ、あれだけ好きだったモノたちから何か、記憶のカケラを拾い出せるかもしれません。



次回予告

 ナナリー救出の策はある。
 問題はタイミングだけだ!
 万全を期すならば超合衆国が必要となるが、それは、皇帝があの空間に置き去りになっていることが絶対条件!

 しかし――。




 カレンが映ってましたけど、どういう状況なのか気になります。
 今回、一番危ういところを助かったわけですが、まだまだ予断を許しません。

 記者会見っぽい?
 ただしテーブルが2つ。
 超合国構想をぶちあげるのでしょうね。
 ……でも予告ラストまで、普通に 『合衆国』 かと思ってましたよ(笑)。

 着替えようとするC.C.。
 慌てて止めるルルーシュ。
 人前で着替えるなとか、そういう話をしそうです。

 またもドレス姿のカレン。
 関連するかはわかりませんが、スザクにも嘘をつかれ、本当の味方がいないナナリーは、カレンとまたお話をしてみたいと必ず思うはずです。



 次回、 TURN 16 、 『超合国決議第壱號』 にも期待しています。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第十五話  [ ぶろーくん・こんぱす ]   2008年07月21日 00:28
 皇帝と対峙したルルーシュ。しかし、同じ視線を媒介とするギアス相手では相打ちにな
2. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第15話 「C の 世界」  [ SERAらくblog_Goo ]   2008年07月21日 01:04
お前に生きる理由があるなら、私を殺せ――。 アーカーシャの剣の前で、皇帝と対峙するルル。 ルルが打倒すべき母の仇――。 ギアスで皇帝と対決するルル。 そして明かされるC.C.の願いとは…。 余計にギアス世界が、わからなくなってきました(^^; んー、やっぱりプッ...
3. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第15話「C の 世界」  [ パプリカさん家のアニメ亭 ]   2008年07月21日 01:16
コードギアス 反逆のルルーシュR2 公式サイト 今回、いろいろありましたが、一番気になるのは、ヴィレッタと扇の生死っ! 咲世子さん、空気読めなさ過ぎっ! あと、ほんの一分でも黙ってみていれば二人は抱き合って丸く収まる可能性があったものの、何で現れるかな〜っ....
  嘘でしょC.C.―――――!!!(悲鳴) コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01(2008/08/22)福山 潤水島大宙商品詳細を見る ●C.C.の喪失 ……...
5. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第15話  [ ラブアニメ。 ]   2008年07月21日 02:56
「Cの世界」 情報量が凄過ぎる!! マリアンヌ殺害の真相を聞き出したいルルーシュ。 しかし、シャルルも相手の目を見て命令するタイプ??.
6. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第15話「Cの世界」  [ 脇街道 ]   2008年07月21日 03:11
【感想概略】 今回は、ルルーシュが謎の領域「Cの世界」に飛ばされ、皇帝シャルルと対決、さらにC.C.も登場し、C.C.の願いが明かされ、土壇場で...
7. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第15話。  [ どっかの天魔日記 ]   2008年07月21日 03:15
『コードギアス 反逆のルルーシュ R2』 今週のお話は、第15話 『C の 世界』。 ストーリーは…。 V.V.との戦いの最中に踏み込んでしまった謎...
8. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第15話「C の 世界」  [ パプリカさん家のアニメ亭 ]   2008年07月21日 05:57
コードギアス 反逆のルルーシュR2 公式サイト 今回、いろいろありましたが、一番気になるのは、ヴィレッタと扇の生死っ! 咲世子さん、空気読めなさ過ぎっ! あと、ほんの一分でも黙ってみていれば二人は抱き合って丸く収まる可能性があったものの、何で現れるかな〜っ....
9. コードギアス 反逆のルルーシュ#15 『C の 世界』  [ 手探り。 ]   2008年07月21日 07:46
んで結局『Cの世界』って何だったんだ…?
10. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN 15 C の 世界  [ 焼きプリン定食(2個目 ]   2008年07月21日 09:56
暑中お見舞い、申し上げます。白スク水のC.C.ですヾ(´▽`;)ゝ コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01福山 潤, 水島大宙, 櫻井孝宏, ゆかな, 谷口悟朗おすすめ平均 やはりコードギアスは最高…でした。惨い息もつかせぬ展開。まだわからないAmazonで詳しく見る ...
11. コードギアス反逆のルルーシュR2 15話『Cの世界』  [ Girlish Flower ]   2008年07月21日 09:57
皇帝の前に飛ばされたルルーシュ。相変わらず皇帝の存在感は 圧倒的です…!怖い…。
12. さあ、限りなき冒険の新天地(フロンティア)へ!そしてこれがそな...  [ シュージローのマイルーム2号店ミラー版 ]   2008年07月21日 10:13
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!! このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!! できれば、ブログしたに...
 コードギアス 反逆のルルーシュ R2  TURN15 『C の 世界』  のお色気・伏線記事です  前回ラウンズのナイトメア情報が公式で出の..
14. コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 15「C の 世界」  [ 電撃JAP ]   2008年07月21日 10:22
博士「♪Cから 始まる」 助手「オメガ古っ!!」
15. コードギアス反逆のルルーシュ R2 第15話「C の 世界」  [ サイネリア??わたしのひとりごと?? ]   2008年07月21日 10:27
C.C.の過去とギアスの秘密が明らかに。 皇帝vsルルーシュ…皇帝を殺してもルルーシュの願いが成就したことにはならない。彼がブリタニアを倒そうとすることも、行き着く先は皇帝の死であり、彼が望んだ母の仇ではないはず。 スザクとカレン…思いとどまったスザクであるが...
16. コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 15 「C の 世界」 感想  [ コツコツ一直線 ]   2008年07月21日 10:51
 今回は皇帝が不死身状態であること、C.C.の願い・過去が分かったりと、物語の重要な部分が分かる回でした。1回目見た時はあまりの急展開さに驚くばかりでした。2回見て何となく色々分かったような気がします。そんなわけで今回は特に後半に注目です!ルルーシュのC.C.へ...
17. 『コードギアス反逆のルルーシュR2』#15「C の 世界」  [ ジャスタウェイの日記☆ ]   2008年07月21日 11:16
「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる。貴様は死ね!」 謎の空間「Cの世界」に来たルルーシュは、シェルルと二人っきり。 挑発に乗って??.
18. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第15話 「Cの世界」  [ アバトーンの理想郷 ]   2008年07月21日 11:29
C「どなたでしょうか? あっ、新しいご主人様ですか?」 ル「違うな、間違っているぞ!俺がガンダムだ!!」 まさかの2週連続同じネタN..
19. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第15話「C の 世界」の感想。  [ いーじすの前途洋洋。 ]   2008年07月21日 12:09
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第15話 「C の 世界」 評価: ── 無ぅぅ駄ぅるどぅぁぁぁああ!!! 脚本 ...
20. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN15「C の 世界」  [ SUGO FACTORY別館 ]   2008年07月21日 12:16
V.V.との戦いの最中に踏み込んでしまった謎の空間「Cの世界」。ルルーシュはそこ
21. 「コードギアス反逆のルルーシュR2」第15話  [ 日々“是”精進! ]   2008年07月21日 12:24
TURN15「Cの世界」
22. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN15 「C の 世界」  [ 天国と地獄と雑文ver2.00 ]   2008年07月21日 12:48
うぅ、流石に今回は理解が追い付かない…! もう一回見直さないとわからない部分が多すぎです><; とりあえずスザクが一線を越えなの..
23. コードギアス反逆のルルーシュR2「Cの世界」  [ kasumidokiの日記 ]   2008年07月21日 13:00
コードギアス反逆のルルーシュR2「Cの世界」 アニメコードギアス反逆のルルーシュ。 あらすじの、ルルーシュ(声・福山潤)は戦いの最中に踏み込んでしまった謎の空間”Cの世界”って何だろう。 シャルルの空間の略がCの空間なのだろうか(暑くてルルーシュ
24. 『コードギアス 反逆のルルーシュR2』の感想/TURN15 『C の 世界』  [ 空夢ノート ]   2008年07月21日 15:29
『コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume04』バンダイビジュアル発売日:2008-11-21谷口悟朗(監督)/大河内一楼(脚本)福山潤/ゆかな/櫻井孝宏/水島大宙amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy)●TURN15 『C の 世界』ナイトメアに搭乗したまま飛ばされてしまった謎の...
25. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第15話 「C の 世界」  [ のらりんクロッキー ]   2008年07月21日 16:07
最後はみんな孤独? 前回ラストで、別世界に引き込まれてしまったルル。 ルルと皇帝との戦いは意外な結末に… 不老不死の苦しみと仮の姿を演じ続ける苦しみ。 ルルは皇帝のギアスを封じるために鏡を使ってギアスをかける作戦に。 こうすれば皇帝の目を見ずに済み、...
26. ■コードギアス 反逆のルルーシュR2【TURN 15】C の 世界  [ 此方彼方其方-コナタカナタソナタ- ]   2008年07月21日 18:07
コードギアス 反逆のルルーシュR2 #15の視聴感想です。 ギアス。 不老不死。 記憶。 コード。 生と死。 生きることの意味とは… ↑さぁポチッとな
27. TURN15「C の 世界」 -- アニメ - コードギアス反逆のルルーシュR2  [ 王様の耳はロバの耳? ]   2008年07月21日 20:35
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01 (Blu-ray Disc) 何を書いて良いのか正直見終わっても決めかねていました。 C.C.過去編はそれだけ衝撃的...
28. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第15話 『Cの世界』 感想  [ 腐麗蝶の柩-ティエリア愛〜コードギアスR2&ガンダム00ファンサイト ]   2008年07月21日 21:06
感想 イラスト コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第15話 TURN 15 Cの世界 ↑ルルーシュ『てめぇ、108人も嫁が居るのに数百歳のババ??.
29. コードギアスR2 第15話「C の 世界」  [ 明善的な見方 ]   2008年07月21日 21:56
初見では、まったくのちんぷんかんぷん 何回か見直して、ようやく理解するぐらい今回は難しい内容でした。
30. コードギアスR2 15話「Cの世界」  [ 大吉! ]   2008年07月21日 23:00
<日曜日> 今回はまあ、色々盛りだくさんでした。 CCの本当の願いが明らかになりましたし、ね。 CCのギアスが「愛される事」だったとは、驚きました。それじゃ却って愛を得られなくなるんでは?そのせいで人生が余計味気なくなってしまったんだろうなあ。 食事の支度を...
31.  コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 15 C の 世界  [ Ηаpу☆Μаtё ]   2008年07月22日 00:00
やっぱり願いは死ぬことだったか・・・
32. コードギアス 反逆のルルーシュR2/TURN 15 『C の 世界』 [感想]  [ さとぴーの選択範囲 ]   2008年07月22日 00:03
TURN 14 『ギアス 狩り』でギアス嚮団の存在が明らかになり、ロロもそこに所属していた事が秋からにされました。ルルーシュは父シャルルとの??.
33. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第15話 「C の 世界」  [ 紅蓮の煌き  ]   2008年07月22日 00:03
コードギアスR2 第15話感想です。 もう何が何だか分からない;
34. コードギアスR2 TURN15 C の 世界 感想  [ 蒼い月と宵待草 ]   2008年07月22日 01:26
ということで、TURN15の感想に参ります!! 今回は情報量が多く、また、コードギアスってなんなんんだー!!! と思った部分が多かったので??..
35. コードギアス反逆のルルーシュR2 第15話「Cの世界」  [ またのに。 ]   2008年07月22日 02:11
C.C.の願いとルルーシュの想い。 この2人には最後まで一緒に生きてほしいです。
36. 「コードギアス反逆のルルーシュR2」レビュー3  [ アニメレビュー トラックバックセンター ]   2008年07月22日 04:55
アニメ「コードギアス 反逆のルルーシュR2」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):ルルーシュ・ランペルージ(福山潤)、ロロ・ランペルージ(水島大宙)、枢木スザク(櫻井孝宏)、C.C./シーツー(ゆかな)、ジノ・ヴァインベ...
37. まとめてアニメ感想・・・『西洋骨董洋菓子店』#3、『マクロスF』...  [ よろず屋の猫 ]   2008年07月22日 08:07
ひとつひとつの記事を書く時間が取れないので、まとめて簡単に感想です。西洋骨董洋菓子店 #3「レシピ3」あらすじは公式HPから。グランドオープン当日は生憎の雨。そんな中でも自信たっぷりで余裕の橘。順調な売り上げを見せる。そんな店にサングラスで全身黒ずくめの長...
38. コードギアス 反逆のルルーシュR2・第15話  [ 新・たこの感想文 ]   2008年07月22日 09:26
「C の 世界」 「我が息子よ」 ルルーシュの前に現れた皇帝。8年前の出来事を問いただすルルーシュに対し、皇帝は… 「死ね!」 「??.
39. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第15話  [ 刹那的虹色世界 ]   2008年07月22日 16:51
コードギアス 反逆のルルーシュR2 第15話 「Cの世界」 V.V.のコードを奪い、不死者となった皇帝。代償としてギアス能力を失ったとはいえ、朮..
40. コードギアス〜反逆のルルーシュR2〜第15話「Cの世界」  [ ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ ]   2008年07月22日 17:22
C・Cの願い--------それは『死』次々と明かされる事実。本当目が離せない展開が続きますねぇ。やはりという思いと、死ぬための共犯者を求めていたという事実が悲しいですでも永遠に生き続けなければならないという宿命は、あまりに過酷すぎる。代用を探して探して・・・よ...
41. コードギアスR2第15話『Cの世界』の感想レビュー  [ gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) ]   2008年07月22日 18:00
・パパと対峙したルルーシュですが、いつもの冷静沈着な態度(というかキャラ設定)と全く違う慌てっぷりを見せたのが少し腑に落ちませんでした。 え?ギアス能力って1人の相手には1回しか使えないんじゃなかったの?ルルーシュはパパによって1回記憶を改ざんされていたか...
 『コードギアスR2』第15話「Cの世界」の感想&トラックバックセンター記事です。  前回第14話「ギアス狩り」の感想&トラックバックセンター記事では、6600PV/WEEK超えのご好評を頂いてありがとうございました。前シリーズでの運営経験を生かして、TBセンター記事は...
43. コードギアスR2 TURN15 『Cの世界』  [ ふろむ かーねぎー ]   2008年07月22日 23:16
柩木スザク 10番勝負!!
44. コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN15「Cの世界」  [ * Happy Music * ]   2008年07月23日 00:18
謎の世界で、ブリタニア皇帝と対峙したルルーシュだが、皇帝にギアスを使うよう仕向けられピンチに! 皇帝の持っている記憶操作のギアスは、...
45. コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 15 「C の 世界」 Riv1.2  [ 中濃甘口 Second Dining ]   2008年07月23日 02:17
な に や ら か し て ん だ、谷 口!! コードギアス 反逆のルルーシュR2、第15話の感想です。 あーもー、えらい事になっちゃってますw ??.
46. コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 15  [ アニメ好記 Deux ]   2008年07月23日 11:50
命のバトン コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 15 C の 世界 前シリーズから隠し通されてきたギアスの秘密がついに解明される。 親子再会。ギアス対決へ。
47. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第15話「C の 世界」  [ 時空階段 ]   2008年07月23日 12:38
=== まさかの超電波展開w === '''''*キャプは面倒だったのでエロ一枚でw''''' '''流石にこの作品も終ったかな〜と…(マテ''' それぐらいにどうしようもない展開な気がするw {...
48. 15話 『新しい御主人様ですか…?』  [ 睡魔と戦うのって大変だ ]   2008年07月23日 17:59
4 15話 『C の 世界』 その感想です
49. コードギアスR2感想 第15話『Cの世界』  [ 全力日記 ]   2008年07月23日 21:06
●ルルーシュ● ルルったら…せっかくシャルルがマリアンヌについて 「ギアスの力を使って聞いたらよかろう」みたいなこと言ってくれてるのに 「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる!貴様は死ねぃ!!!」とか言っちゃってるよ。        ルルは何か蜃気楼から出し...
50. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN.15「C の 世界」感想  [ 徒然日記〜TS紀行〜 ]   2008年07月23日 21:56
4 コードギアス 反逆のルルーシュR2 Sound Episode1  今回はタイトルどおりCの世界絡みが中心の話だったためか、その異質な世界にいつもよりずっと凄まじいスピードで物語が進んでいたように感じてしまいました。CMに入った瞬間、「あ、今まだAパートだったっけ?」とか思っ....
51. コードギアス反逆のルルーシュR2 STAGE15「C の 世界」。  [ ◎こころんてんとち◎ ]   2008年07月23日 22:23
提出したい絵の練習で、 リアル寄りの絵の描き方を練習するうちに C.C.を描いてたのでらくがきですが更新と、15話の感想です。 追記:お久??.
52. 第15話で見定めた?コードギアスR2の人物政治学  [ Aut viam inveniam aut faciam! ]   2008年07月23日 23:03
#「Cの世界」 いきなり結論から喚く。。。
53. コードギアス反逆のルルーシュR2 第15話「C の 世界」  [ たらればブログ ]   2008年07月24日 00:51
「黄昏の扉」の向こう、アーカーシャの剣でルルーシュを待っていたのは父であるブリタニア皇帝シャルル。ルルーシュはシャルルのギアスを避けるために鏡で自分のギアスを反射させ「死ね!」とギアスをかけた。「分かった」と言ってシャルルは銃で自分を撃ったのだった。  ...
54. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第15話「Cの世界」  [ LIV-徒然なるままに ]   2008年07月25日 00:00
「ルルーシュよ、今こそ契約条件を… 我が願いを明かそう」
55. コードギアス反逆のルルーシュR2第話感想15話  [ アメダマ ]   2008年07月27日 02:17
カレンが無事でYOKATTAAAAAAAA!!! そしてとにかくとりあえず叫ぼう、全国のルルCファンの皆様と浅黄さん(←爆笑)おめでとうおめでとうおめでとう!拍手。 ナナリーやっぱり賢いなあ。 「あいつなんかと同じは嫌だ」 ナナリーは関知していない件ではあれ、そう言った直...
56. コードギアス 反逆のルルーシュR2 12??17話  [ 超特撮艦隊3バるカんX??GOLD LUSH?? ]   2008年08月05日 03:08
えーと、日曜日更新が難しいな??とか思ってる間にもう5話も溜めてたw 書いてない間に、いろいろあったなぁ… 仕方ないから簡易短縮で、5話分まとめて一気に行きます。   TURN-12「ラブ アタック!」 「…思い出した…  私のお父さんを殺したゼロは…ルルーシュ…」

この記事へのコメント

1. Posted by なっきー   2008年07月21日 00:29
 なっきーです。

 済みません、投稿遅れました。
 お待ちいただいていた方々、ごめんなさい。
 そしてありがとうございます。

 遅れた理由ですが……。
 帰りが遅くなった…のは多少、程度だったのですが、それより記事の字数制限に引っかかって修正にもたついてました(汗)。
 私もまだまだです…。
2. Posted by 夏祭   2008年07月21日 00:54
こんばんわ〜
>詩音
やった!!やったよ悟史くn(自粛 この2人は誰かを思って行き過ぎる、思いの本質を忘れるって共通点がありますね・・・
>シャルル
ちょっと記事を読んでたら、無ゥ駄ァッって所で、一応真面目な場面と思いながらも吹いてしまいましたw
あと、人は一人というのは、なんらかの力を得た人間が、人間を作っていると思います。理由は核戦争か何かで。
>スザク
何か、ルルに対してのシャーリー+ユフィの分の怒りでナナリーは守るとか言いながら詰め寄って、真実が分かるかは置いといて、シャルルが幼女拉致(違 シャルル死亡、ルル両目覚醒、悲しい思いさせる前にナナリーを殺すということがありそうです。
(続く)
3. Posted by 夏祭   2008年07月21日 00:58
(続きます)
>C.C.
C.C.の迫害の記憶はC.C.が契約者から不老不死者になったから愛するギアスを使った相手のギアスが解かれて、魔女だのなんだのと迫害されたと思います。(ぬゎんたる。これ以上、変なところで腹筋を痛くするのはやめてくださいww)
ルル、C.C.が不老不死者から戻ったんだからギアスかけて戻せば?wできればだけど。
今日は真面目だったので突っ込みどころが少なかった(コラ
ではここらへんでさようなら〜
4. Posted by 藤ゆたか   2008年07月21日 01:02
5 お久しぶりです。

>四白眼で勝利の雄叫びを上げられると、ひぐらしの園崎詩音を連想して

 私も皇帝を殺してしまったルルを見て、お魎を殺してしまった詩音を連想しました。
 もっとも欲しい情報を持っていたはずの相手をそれを聞き出すことのないまま、情報ごと葬ってしまったことも含めて…それは杞憂でしたけどね。

>左胸の下の傷の方が正解
 本命はそれで、額の方は不死者に現れる共通の特徴に過ぎない?
それもあり得そうですね。
5. Posted by クロ助   2008年07月21日 01:04
前回で底まで落ちた物語のテンションを一気にひっくり返す勢いでしたが、状況の混迷具合も凄まじい事に。(笑

>シャルル
死んだふり(笑)を止めた後の怪物っぷりが凄過ぎて圧巻でした。(笑

仮面の世界で言っていた「お前はわしで、わしはお前」という言葉に、とても大きな意味が込められている気がしてなりません。(汗

>スザク
憎悪が原点とは言え、外道の道をギリギリ踏みとどまり、直接対話をするという選択に至ったのは大事な一歩だと思います。
まぁ、今のスザクはルルーシュの言い分をまず信じないとは思いますが、これまで互いの性格から一切対話の場が無かった事を考えれば、何らかの変化があるのは確実かと思います。

>ニーナ
うわぁ。(汗
遂に禁断の兵器の登場。
なっきーさんの記事を見ていてふと思ったのですが、もし核戦争で滅ぶという事を繰り返している世界だとしたら、今回の発明がその始まりという事に。(汗

続く
6. Posted by クロ助   2008年07月21日 01:21
>C.C.
彼女のギアス能力は、現在の人格とラストで現れた契約以前の人格を考えれば納得の内容。

今回、ルルーシュがどれほど本気なのか分かったと思いますが、普段のルルがツンデレ過ぎてなかなか自らの本心を晒け出せないのがネックですよね。(ぉぃ

…今は亡きシャーリーにしろ、カレンにしろ、C.C.にしろ、ルルーシュが極度の鈍感+ツンデレ、そしてシスコンなのが大きな障害だった訳で。
男の方が難攻不落な恋愛模様ってのはなかなかに泥沼だと改めて思いました。(マテ

>次回予告のカレン
彼女と対峙していたのはラウンズの一人、印象の薄いオレンジ髪の男っぽいですね。
…てか、ナイトオブラウンズはスザク、ジノ、アーニャ、そしてナイトオブワンの為にある設定だと思ってたので、まさか他のラウンズメンバーが序盤の集合場面以来の再登場を果たすとは予想外でした。

続く
7. Posted by 鳳龍   2008年07月21日 01:22
こんばんは。
今回のお話、色々な意味で悶絶しました(笑)

>若本皇帝不老不死に
ルルーシュの狼狽っぷりもアレですが、「それでも」死ぬんだろうなぁという予感はします。引継ぎの設定が開示されたことで、要らなくなったら不老不死もポイ。仰る通りナナリー押し付けフラグでしょうか。

>我が願いは死ぬこと。私の存在が永遠に終わること
やはり魔女、その力は、元が人だった者の器には重く苦し過ぎる、止めたい捨てたいと思うのが行き着く果てなのでしょうか。
この辺りはひぐらしの梨花と羽入の二次創作で模索している部分だったので、ギアスの脚本・演出家に私のやろうとしていたことをプロの仕事で具現化された感じです。(悶絶した理由その1)
8. Posted by 鳳龍   2008年07月21日 01:22
>死なない積み重ねを “人生” とは言わない。それは、ただの “経験” だ
ひぐらしの梨羽コンビのやり取りを思い出して微妙な気持ちに(笑)
>情が移りすぎました
羽入が梨花に…まさにこれで小説書こうとしてたのに(悶絶した理由その2)
>その先を言えるかは重要ですよ、ルルーシュ
最終回までに彼は言えるのか。恋愛云々ではなく、文字通りの伴侶的な意味で、もうルルーシュにはC.C.以外のフラグはないのかもしれません。シャーリーが逝ってしまった時点で。
>そんな顔で死ぬな! 最期くらい笑って死ね! 必ず俺が笑わせてやる! だから!
くそぅ、言ってくれるじゃないかルルーシュ!(悶絶した理由その3)

>シャルルはよくよく嘘が嫌い
嘘付きは嫌いですが、己が真意を隠すのはその限りではない、そんな気もします。察せないのなら知る資格なしと言ったところか。
9. Posted by クロ助   2008年07月21日 01:29
最後に。

ラストの記憶喪失のC.C.ですが、正にガクブル状態と呼ぶに相応しい奴隷時代モードの性格のインパクトが凄まじ過ぎて、新たな属性に目覚めそうに。(;´Д`

普段のツンデレ+サド、言うなればツンサドな性格との落差の衝撃は計り知れません。
こ、これがギャップ萌えというやつか…。(激しく違っ

何気に、次回のやり取りとルルの気苦労を背負い込むであろう姿が楽しみな自分が居ます。(爆
10. Posted by 鳳龍   2008年07月21日 01:37
>核実験に成功……(汗)
かくして、人工の黒い太陽は産み落とされました。
シュナイゼルは……彼なりの大いなる野心があるのは確実なのですが、核ボタンを手にした米ソ大統領のようになるつもりなのでしょうか。
ニーナは…もう核の平和利用法が開ける、ぐらいしか救済の術が無さそうです。どう収拾をつけるつもりなのか、想像も付きません。
>外道一歩手前
これは、まぁ当然の帰結ですな。ゼロのギアスを憎悪して、それと同義の手段を用いたら、憎む資格もない。
>記憶の退行
個人的にはコレ、好きなキャラにあまりやって欲しくない展開なんですよねぇ。ドSからドMに急降下したC.C.の言動にはちょっと萌えましたがw
(悶絶した理由その4&5)
末尾ですが、拙ブログになっきーさんのブログのリンク張りましたのでご報告します。
この話は色々とアレ過ぎなので、また後日改めて。では。
11. Posted by 祥子   2008年07月21日 01:52
5 なっきーさん、こんばんは!
実は、今夜は更新遅いな〜と思いつつ何度も確かめに来ていたのは自分です(笑)
今回も読み応えたっぷりで、じっくりと感想を堪能させて頂きました。
15話は本当に情報量が多い上にCの世界と現実とを行ったり来たりが激しくて把握に苦労しました。なっきーさんの章分けは流れが判りやすくて助かります。

ところで過去CC(大)の台詞
>はいはい、紛い物は全て手放しました。
これ、「もらい物」に聞こえたのですがどうでしょう…?
シスターが、CCがギアスの力で得た物を全て返却させてから呼び寄せたように思えたのですが。
他の方の意見も伺ってみたいです。
12. Posted by このブログの住人   2008年07月21日 02:20
ちょっと思ったんですがマリアンヌにギアスが効かないのは不死者であってVV
にギアスを与えたのがマリアンヌだとしたらどうでしょう?
そしてVVはマリアンヌから不死を受け継いだとしたら・・
それでマリアンヌ好きから嫌いへ〜
ただそうするとシャルルとの契約の話してる時点でマリアンヌ存命してるから時系列がおかしいんですけどね。
なんかルルはロロに不死を引き継がせるつもりだったのかなと思いますけど、番組タイトルのR2はやっぱROROなんですかねw
13. Posted by りぐ   2008年07月21日 02:48
こんばんは

>資格を限定
私は今までそのように思ってましたが、C.C.の契約のシーンがあまりに素過ぎて資格は必要ないのかと揺れています。

>思考に空間が〜
>思考エレベータ
空間自体が思考エレベータを開けた者の意思に倣うということなのでしょうかね。自らは安全な蜃気楼にC.C.には死を望む心の消去(ギアス能力を得て以後の記憶の消去)を次回予告の皇帝があの空間にいることが前提条件というのはそれをルルーシュが望んだから?
>愛されるギアス
人を思い通りに行動させるルルーシュのギアス。人の記憶を改竄し自分に有利な状況を作るシャルルのギアス。他者に受け入れられなくて欲したマオの心の声を聞くギアス、C.C.の愛されるというのもマオに近い。しかしそれらは偶然ではなく自らが望んだ能力が備わるってところですね。続く
14. Posted by オタコン   2008年07月21日 03:19
こんばんは、なっきーさん。

>スザク
ギリギリ一歩手前で踏み止まってくれてホッとしました。ただ、ルルーシュがゼロと気づいて、これからどう動くのか気になるところです。ルル、もう学園には帰れないような(汗)。

>V.V
前回コメントで書いた予想は見事に外れました。こうもあっさり死ぬとは…。

>シャルル
あの体格といい、声の迫力(笑)といいただでさえルルの勝ち目は薄いのに、不老不死、ギアス無効ときては今のルルでは勝利は絶望的。C.Cもあの状態になってしまいましたし、頼みの綱はマリアンヌか?

今日はもう遅いのでこれで失礼させていただきます。続きはまた後日。
15. Posted by りぐ   2008年07月21日 03:19
>ナナリー
「ナナリーは何を望むか?」と考えると悩ましいところです。普通目が見えない足が動かないとなっているとそれらを補うギアスになりそうな感じですね。しかしナナリーが望むのは「優しい世界でありますように」という事。そのあたりから考えると「争わ(せ)ない」という類のギアスもありかな。

>木下副隊長
たまきの次期ポスト確定?(笑

>V.V.のコード
C.C.のコードも当然別物だとすると他のコードの存在も気になりますね。

>シュナイゼル
彼にとってギアスというものがぶら下がった剣だったかもしれません。

とりあえずここまで
16. Posted by きち   2008年07月21日 03:29
こんばんわ!今回も考察読ませていただきました。
C.CとV.Vの会話が理解できていなかったので、傷のことか。とやっと納得できましたw
>嘘の姿で得た〜
これには納得です。ルルーシュはよく「奪われた」と言っていますが、これがルルーシュの本音じゃないでしょうか。確かに誰かに奪われたものもあるでしょうが、自身の嘘の姿(ゼロ)で得たものと行動によって、本当に必要としていたものを自分自身の手で失くしていると思います。しかし、自分でそれに気づいていないがために、「奪われた」と…。ルルーシュが求める本当の『結果』は一体なんでしょうね。
17. Posted by ボボン   2008年07月21日 04:08
バ、バカな!
ここにきて「不思議系毒舌少女」から「尽くす系寂しがりや少女」にクラスチェンジだと!もう人気投票は終わったはずだぞC.C.!!(落ち着け)

えー、なっきーさんこんばんわ。
ちょっと取り乱しましたww

>シャルル
ただでさえ無敵オーラが出ていたのに不死身になってしまったパパ。
でもこの手のキャラは考えが明らかになればなるほど迫力が減っていくので、皇帝は最後まで大物でいてほしいですね。

>C.C.
>ピザを食べさせてみることをお勧めしましょう。
食べた瞬間ショックイメージと共に覚醒するC.C.想像して吹いた(笑
まあルルのためにも早く戻ってほしいものです……いやでも視聴者としてはそんな無理して戻らなくてもせめて3話くらいは(黙れ

今日はこの辺で。
来週の感想も楽しみにしています。
18. Posted by なっきー   2008年07月21日 06:03
4  夏祭さん、藤ゆたかさん、クロ助さん、鳳龍さん、りぐさん、オタコンさん、きちさん、ボボンさん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。



>夏祭さん

>やった!!やったよ悟史くn(自粛
 まさにそれです(笑)。

>この2人は誰かを思って行き過ぎる、思いの本質を忘れる〜
 そうなんですよね…、誰かを大事に思うのは素晴らしいことですが、その形が当の相手も望まないモノだったり、相手だけ見て世界に背を向けるようでは困りものです。

>〜無ゥ駄ァッって所で、一応真面目な場面と思いながらも〜
 聞こえたまんまに聴き取りを書いてます(笑)。

(続きます)
19. Posted by なっきー   2008年07月21日 06:05
>あと、人は一人というのは、なんらかの力を得た人間が、人間を
>作っていると思います。
 有り得ますよね。
 その場合でも綺麗に 『神』 という表現が当てはまりますし。

>〜シャルルが幼女拉致(違 シャルル死亡、ルル両目覚醒、
>悲しい思いさせる前にナナリーを殺すということがありそう
 対ナナリーにシャルルが何か執着を持っていて、それをスザクが知っているという形が良くないですよね(汗)。
 仰る通りであるかないかはわかりませんが、この構造で何か起きそうな気がします。

>C.C.の迫害の記憶はC.C.が契約者から不老不死者に
>なったから愛するギアスを使った相手のギアスが解かれて、〜
 これは鋭いご意見…!
 物凄くありそうですし、特に熱烈にプレゼント攻勢していた人なんかは反動も大きそうです(汗)。

(続きます)
20. Posted by なっきー   2008年07月21日 06:08
>(ぬゎんたる。これ以上、変なところで腹筋を痛くするのは〜
 聞こえたまんま聴き取r(ry

>ルル、C.C.が不老不死者から戻ったんだからギアスかけて
>戻せば?wできればだけど。
 思い出せ!…と命じてみる手はありそうですよね。
 うまく行くかはわかりませんが…。

>今日は真面目だったので突っ込みどころが少なかった(コラ
 多少ありがち方向の題材も多かった反面、お話はしっかりしていた気がします。



(続きます)
21. Posted by なっきー   2008年07月21日 06:10
>藤ゆたかさん

 お久しぶりですー。

>私も皇帝を殺してしまったルルを見て、お魎を殺してしまった
>詩音を連想しました。
 故に、何かの勘違いというのも連想してしまっていました(笑)。

>〜情報ごと葬ってしまったことも含めて…
 これをやってしまうと、今まで何をやっていたのかわからないですからね。

>>左胸の下の傷の方が正解
>本命はそれで、額の方は不死者に現れる共通の特徴
 はい、私はそう思っています。
 オカルト思考的には、身体に直接魔法陣とかを刻むというのも有りですし…。



(続きます)
22. Posted by なっきー   2008年07月21日 06:13
>クロ助さん

>〜状況の混迷具合も凄まじい事に。(笑
 それに、シャルルがどんな目的にせよ、そしてなぜルルーシュを殺さないようにしているにせよ、やっぱり利己的な人、という感も漂ってきました。

>シャルル
>死んだふり(笑)を止めた後の怪物っぷりが凄過ぎて圧巻
 死んだふりも、思えばお茶目ですよね(笑)。
 だからこそ、その後が落差を持って感じられるのかも。

>仮面の世界で言っていた「お前はわしで、わしはお前」と
>いう言葉に、とても大きな意味が込められている気が〜
 激しく同感です!
 …なのですが、かなり難解で…(汗)。

(続きます)
23. Posted by なっきー   2008年07月21日 06:15
>スザク
>憎悪が原点とは言え、外道の道をギリギリ踏みとどまり、直接
>対話をするという選択に至ったのは大事な一歩
 これも同感です。
 思うのと実行するのとの差は果てしなく大きく、それは今後の思考にも影響すると思います。

>今のスザクはルルーシュの言い分をまず信じないとは〜
>何らかの変化があるのは確実かと思います。
 信じる信じないはともかく、まずは全部聞いてみるというのが大事ですよね。
 その上で議論に移行できればベストですが…。

>ニーナ
>遂に禁断の兵器の登場。
 とうとう…(滝汗)。
 しかもシュナイゼルも案外乗り気っぽいのが破滅的です。

(続きます)
24. Posted by なっきー   2008年07月21日 06:18
>〜もし核戦争で滅ぶという事を繰り返している世界だとしたら、
>今回の発明がその始まりという事に。(汗
 その後悔からニーナが神になってるのだったりして…。

>C.C.
>彼女のギアス能力は、現在の人格とラストで現れた契約以前の
>人格を考えれば納得の内容。
 第1期でも誰にどんな能力が現れるかはバラバラ、みたいな情報があったはずですが、本人の属性や希望がある程度反映している気がします。

>〜普段のルルがツンデレ過ぎてなかなか自らの本心を晒け出せ
>ないのがネックですよね。(ぉぃ
 ツンデレ漫才の相方が、気弱メイドに宗旨替えしてしまいました。

>男の方が難攻不落な恋愛模様ってのはなかなかに泥沼
 どこに問題が!?(゚д゚; )
 …ですからね(笑)。中華連邦で女性陣に総反対されてさえ。

(続きます)
25. Posted by なっきー   2008年07月21日 06:20
>彼女と対峙していたのはラウンズの一人、印象の薄いオレ
>ンジ髪の男っぽいですね。
 そういえばそんな人もいましたね。(コラ

>〜まさか他のラウンズメンバーが序盤の集合場面以来の再登場
>を果たすとは予想外でした。
 まあ、エースたちが全員黒の騎士団関連の戦場に集まるわけにも行かないですしね。

>ラストの記憶喪失のC.C.ですが、〜
>新たな属性に目覚めそうに。(;´Д`
 私の場合、SとかMとか以前に、怯えやすい小動物みたいなイメージに…。
 案外猫の懐かせ方とか、使えたりして…。

>こ、これがギャップ萌えというやつか…。(激しく違っ
 ギャップが広すぎて対岸が見えません(笑)。

(続きます)
26. Posted by なっきー   2008年07月21日 06:22
>次回のやり取りとルルの気苦労を背負い込むであろう姿が楽しみ
 凄 く わかります!!(笑)

 …ついでに、黒の騎士団メンバーにはどう説明するんでしょうね?
 「事故で記憶が混濁〜」 とかでしょうか。



(続きます)
27. Posted by なっきー   2008年07月21日 06:24
>鳳龍さん

>今回のお話、色々な意味で悶絶しました(笑)
 そう聞いただけでわかってしまう私(笑)。

>若本皇帝不老不死に
>〜「それでも」死ぬんだろうなぁという予感はします。
 今回できてしまった核。例えばその爆心地にいたらどうなるのでしょう。
 それでも気化した肉体が再生(?)を始めるのでしょうか。

 不死にもいろいろありますし、どんな形の不死なのかが気になってます。

>要らなくなったら不老不死もポイ。〜
>ナナリー押し付けフラグでしょうか。
 可能性はあるように思ってます。
 肉体的には弱いナナリーのこと、ギアスが秘められているとしてその能力の中身と、そして使う意思の両方が揃わないと強い意志を持った敵は阻めない気がします(汗)。

(続きます)
28. Posted by なっきー   2008年07月21日 06:27
>やはり魔女、その力は、元が人だった者の器には重く苦し過ぎ
>る、止めたい捨てたいと思うのが行き着く果てなのでしょうか。
 『誰も自分と思いを共有していない』 というのは、逆の共有したときの充足感を思えば、そのつらさもわかる気がします。
 …それが魔女の力がもたらす業なのだとすれば、魔女の力を失った途端に記憶退行を起こすのも自然な流れなのかもしれません。

>ひぐらしの梨花と羽入の二次創作で模索している部分だった〜
 凄くわかる気がします。
 彼女らの孤独、その反動の家族どころではない一体感は、余人に測れるレベルではないと思いますしね。

>>死なない積み重ねを “人生” とは言わない。〜
>ひぐらしの梨羽コンビのやり取りを思い出して微妙な気持ちに
 きっとC.C.も、希望があるうちは何回生き返ろうとそこまでつらくはなかったのだと思います。

(続きます)
29. Posted by なっきー   2008年07月21日 06:30
>>情が移りすぎました
>羽入が梨花に…まさにこれで小説書こうとしてたのに
 これがもっと薄い、見捨てたり冷笑したりできる程度の関係なら楽ですよね。

>>その先を言えるかは重要ですよ、ルルーシュ
>〜恋愛云々ではなく、文字通りの伴侶的な意味で
 最終回に、でいいので言って欲しいですね。

>もうルルーシュにはC.C.以外のフラグはないのかもしれません
 真人間街道的には(ぉぃ)神楽耶もありだと思うのですよ。
 ルルーシュが間違えそうになるたびに絶対に叱ってくれるでしょうし、ルルーシュは神楽耶の押しの強さに全敗記録絶賛更新中ですし(笑)。

 …でもルルーシュ側からは男女愛は皆無っぽいですけど。

(続きます)
30. Posted by なっきー   2008年07月21日 06:33
>>そんな顔で死ぬな! 最期くらい笑って死ね!〜
>くそぅ、言ってくれるじゃないかルルーシュ!
 これはかなりC.C.の心にも響いたかもしれませんね。

>>シャルルはよくよく嘘が嫌い
>嘘付きは嫌いですが、己が真意を隠すのはその限りではない〜
 それはあると思います。
 と言うか、隠し事は山ほどありそうですし、そもそも私の見立てでも、真意を隠して釣り餌作戦をV.V.に勧めたことになりますしね。

>シュナイゼルは……彼なりの大いなる野心があるのは確実なのですが、〜
 そうなんですよね。
 あるのは確かなのに、それがどんな形かがさっぱりわかりません。

(続きます)
31. Posted by なっきー   2008年07月21日 06:35
>ニーナは…もう核の平和利用法が開ける、ぐらいしか救済
>の術が無さそうです。
 この時点に至っても、(放射能を別にしても)敵にどれほどの損害を与えるかニーナがまるで理解していない、その差別意識と想像力の無さが空恐ろしいです(汗)。

>ゼロのギアスを憎悪して、それと同義の手段を用いたら、憎む資格もない。
 それに気付けただけでも今は良し、としなければならない感じですね。

>記憶の退行
>個人的にはコレ、好きなキャラにあまりやって欲しくない展開
 それまでお話で積み重ねてきたモノが全てリセットされてしまいますからね…。

(続きます)
32. Posted by なっきー   2008年07月21日 06:37
>末尾ですが、拙ブログになっきーさんのブログのリンク張りましたのでご報告します。
 早速読ませていただいているのですが、ご挨拶できずにいてごめんなさい。
 それはまた改めてご挨拶に伺うとしまして、こちらからのリンクは是非ともお友達リンクの方に入れたいと思ってたりします。

 何にせよ、今後ともよろしくお願いしますね。



(続きます)
33. Posted by なっきー   2008年07月21日 06:39
>祥子さん

>実は、今夜は更新遅いな〜と思いつつ何度も確かめに来ていた
 申し訳ないです!(滝汗)
 字数を合わせようとして間違って必要なとこをカットして(←馬鹿)、自前の途中保存から再生したりと、どうでもいいところで手間を取ってしまってました…。↓

>今回も読み応えたっぷりで、じっくりと感想を堪能させて頂きました。
 そう言っていただけると嬉しいです!

>〜なっきーさんの章分けは流れが判りやすくて助かります。
 これは未だにやり方を模索中の箇所でもあったり…。

>>はいはい、紛い物は全て手放しました。
>これ、「もらい物」に聞こえたのですがどうでしょう…?
 そう思って聴き直したところ、仰る通りで間違いない気がします。早速記事も訂正しておきますね。
 ご指摘ありがとうございました。



(続きます)
34. Posted by なっきー   2008年07月21日 06:41
>このブログの住人さん

>〜VVにギアスを与えたのがマリアンヌ
 これは…何だか有り得るパターンの気がしてきました。
 ただ、↓

>そしてVVはマリアンヌから不死を受け継いだとしたら・・〜
>シャルルとの契約の話してる時点でマリアンヌ存命してる
 11年前となると、仰るようにV.V.が不死性を得た時期とするには遅すぎるとも思います。
 ですがそれはそれとして、あの暗殺事件の影で、何者かへの不死性の引き継ぎが行われた可能性は否定できないような…。

>ルルはロロに不死を引き継がせるつもりだったのかな
 ボロ雑巾計画が続いていれば、そして不死者になってしまったら、ロロに押し付けていた可能性は大いにありそうですよね。

(続きます)
35. Posted by なっきー   2008年07月21日 06:43
>番組タイトルのR2はやっぱROROなんですかねw
 その場合はR.R.を名乗るのでしょうね(笑)。
 まあそれも展開的に有りだとは思います。



(続きます)
36. Posted by なっきー   2008年07月21日 06:46
>りぐさん

>〜C.C.の契約のシーンがあまりに素過ぎて資格は必要ないのか
>と揺れています。
 あれだと、出会った子がたまたま有資格者だった、という話になってしまいますからね。
 今ある情報ではあの部分が不自然なのは確かかと思います。

>>思考に空間が〜
>空間自体が思考エレベータを開けた者の意思に倣う
 あの世界が夢というのは言い過ぎだとしても、思考と現実が、ただ階層が違っているだけのような状態になっている…とかありそうな気がしてきました。

>次回予告の皇帝があの空間にいることが前提条件というのは〜
 皇帝が一時的にでも行方不明になっている前提の策略があるのかも、と思っています。

>愛されるギアス〜
>偶然ではなく自らが望んだ能力が備わる
 何だかそんな感じですよね。

(続きます)
37. Posted by なっきー   2008年07月21日 06:49
>「ナナリーは何を望むか?」と考えると悩ましいところです。
>〜ナナリーが望むのは「優しい世界でありますように」という事
 私も、ナナリーがもし能力者ならそういった方面で強制力を発揮する何かかもしれない、と思っています。

>木下副隊長
>たまきの次期ポスト確定?(笑
 彼には胃薬をプレゼントしたいところです。

>V.V.のコード
>C.C.のコードも当然別物だとすると他のコードの存在も〜
 シャルルの場合、両手にギアスの傷が付いてるのかも?
 …あともう一つ思うのが、こうやって引き継がれていくのなら 『じゃあ最初の1人はどうやって不死性を得たの?』 という疑問です。

 『神』 はそこに(も?)絡んでいる可能性もありそうですが…。

>シュナイゼル
>彼にとってギアスというものがぶら下がった剣だったかも〜
 それは…ありそうです。
 事実、仮にロロを動かしていれば暗殺可能なシーンはいくつもあったように思いますし、シュナイゼルはそういった標的に(下手すると皇帝以上に)なりやすい人物とも思います。



(続きます)
38. Posted by なっきー   2008年07月21日 06:51
>オタコンさん

>スザク
>ギリギリ一歩手前で踏み止まってくれてホッとしました。
 どんな理由であれ、止まりさえすれば考えを変えるチャンスも生まれますしね。

>ただ、ルルーシュがゼロと気づいて、これからどう動くのか
>気になるところです。
 ゼロを騎士団から孤立させて、その上でいろいろ問い質したいと考えているかもしれません。
 …まあ問い質すと言っても一方的な思い込みをぶつけるだけで、両者怒り爆発で終わるようなモノでしょうけど(汗)。

>ルル、もう学園には帰れないような(汗)。
 さすがにもう無理っぽいですね(汗)。
 ナナリーへの気遣いから一応、機情が何も異常を報告しない状態は維持しそうですが…。

(続きます)
39. Posted by なっきー   2008年07月21日 06:53
>V.V
>〜こうもあっさり死ぬとは…。
 これも予想しづらい末路でした。
 彼がしてきたことを思えば、いつか報いは受けるとは思っていましたが…。

>シャルル
>〜不老不死、ギアス無効ときては今のルルでは勝利は絶望的。
 ただ、意図してかは微妙ですが(笑)、アカシャの剣を破壊するという、ある意味痛烈な打撃を与えてはいますね。
 嚮団壊滅も合わせ、シャルルとしても今回の一連の出来事はかなりの痛手かもしれません。

>続きはまた後日。
 はい! お待ちしてますね。



(続きます)
40. Posted by なっきー   2008年07月21日 06:55
>きちさん

>今回も考察読ませていただきました。
 ありがとうございます! ヽ(⌒ヮ⌒)ノ

>ルルーシュはよく「奪われた」と言っていますが、これがルル
>ーシュの本音じゃないでしょうか。
 なるほど、確かに、自分が原因で失っているはずの諸々にもちゃんと気付けていない気がします。
 そもそも 『皇帝の立場なら守れた』 とするマリアンヌの件も本当にそうなのか怪しく思いますし、最悪、ルルーシュにも実は関わりがあることだった、という結末も有り得なくはありません。

>ルルーシュが求める本当の『結果』は一体なんでしょうね。
 少しずつ形は変わってはいますが、芯はこれでしょう。

『大事な人たちがみんないつまでも笑っていられますように』
 対象が変わることはあっても、この枠から はみ出たことはない…気がします。



(続きます)
41. Posted by なっきー   2008年07月21日 06:58
>ボボンさん

>ここにきて「不思議系毒舌少女」から「尽くす系寂しがりや
>少女」にクラスチェンジだと!
 新感覚の変身魔女っ子登場です。(違

>ちょっと取り乱しましたww
 わかる気がします(笑)。
 これは放っておけません。安心させたくなっちゃいます。

>シャルル
>ただでさえ無敵オーラが出ていたのに不死身になってしまった
>パパ。
 特定の時以外ヘタレオーラが出がちなルルーシュには(ぉぃ)、ますます勝ちにくくなってしまいました。

>この手のキャラは考えが明らかになればなるほど迫力が減って
>いくので、皇帝は最後まで大物でいてほしい
 あ、確かにそういう傾向はある気が…。
 謎の方がマシという(ある意味)安めの中身の人が、案外多いのかも。↓

(続きます)
42. Posted by なっきー   2008年07月21日 07:00
 シャルルには善とか悪とか以前に、初志貫徹で突き進んで欲しいかもです。

>>ピザを食べさせてみることをお勧めしましょう。
>食べた瞬間ショックイメージと共に覚醒するC.C.〜
 何て素敵演出!!!(笑)
 神回になりそうです。

>……いやでも視聴者としてはそんな無理して戻らなくてもせめて
>3話くらいは(黙れ
 これはこれで!! …ってやつですね。
 …そういえばルルーシュは本当の名前も知っていたのですから、それを教えてみるのも記憶回復のヒントになる…かも?

>来週の感想も楽しみにしています。
 はい、頑張りますー。
43. Posted by ユキ   2008年07月21日 09:41
違うな、間違っているぞなっきー!
ルルーシュがあんな長距離(笑)からシャルルの頭部を狙い撃つ…?ありえんな、シャルルがマッチョだったからこそ腹部に当たったのだ!
誉めこそすれ、冷静でなかった事を咎める必要は無いっ!!


ラストのC.C.の萌えレベルはヤバいですよね、あんな可愛いのに奴隷扱いとか昔の人間の頭がわかりません。
愛されるギアスが無くても俺は愛してやんよ!
44. Posted by まもん   2008年07月21日 09:57
いや〜予想がまったく当たらなかったww まぁ別にショックじゃないんですけどww
今週はC.C、V.V、シャルルが、すごく人間くさく見えました・・・

>C.C

まぁ大方の予想通りでしたね・・
自分の存在自体に嫌悪してたんで・・身代わりが必要だったのか・・・・・
あのシスターも最初は良心が痛んでたんでしょうね・・・だからこそC.Cを咎めたんでしょうし
う〜ん死ぬために生きるっていうのは普通は想像できないんで何ともいえないですね・・
シャルルにコードを奪われて殺される瞬間にルルーシュの愛の告白(ぉぃ)で目を覚ました(この表現はどうかと思うけど)ってことでしょうかね?
ギアスの力を受ける前の奴隷だった少女の時に戻ったってことか・・・・はっ!ルルーシュが主夫から子持ちになった!!
来週からは夫婦漫才じゃなく子育て日記を楽しめって事かww

続きます
45. Posted by まもん   2008年07月21日 10:08
>V.V

うん、やっぱり見限られたか・・・
マリアンヌを殺したのはV.Vなのかな?
V.Vの不死の力は誰から受け継いだもの?マリアンヌ?・・・・ナナリー!!!?(妄想)

>ルルーシ

狼狽えてましたねー^^
まぁルルーシュの一つの特技みたいなもんなで(ぉぃ
まぁあの場合はいきなりあの場所にほおりこまれてラスボスと戦えっていったらそりゃ誰でもあせりますけどね・・・
黒の騎士団もどうなるのか・・・予告を見る限りではまだ大丈夫みたいですけど・・・どうなるんだろう?
もう何かブリタニア打倒がぐだぐだになりそうなですけど・

続きます
46. Posted by まもん   2008年07月21日 10:13
>シャルル

何か暴走状態のルルーシュに似てるなぁと感じました
この後の行動ですね・・・・
その不死の力をもって何をするのか・・・現時点で何をするのかまったくわからないんで
神殺しなんでしょうけど

>スザクww

wをつけさせていただきます・・
何だこいつ・・・あのユフィ殺されて復讐鬼だった頃と全然変わってない・・・・空回りすぎ・・ここまで落としたんだから汚名返上の機会があるのかな?・・・無理?(ぉぃ

>ニーナ

核完成しちゃったーーー><
しかもシュナイゼル何かに使う気マンマンだぁーー><
どうなるんでしょう(汗)

続きます
47. Posted by まもん   2008年07月21日 10:20
C.Cがやっとこの物語の輪に入ってきた感じですね・・・今までの謎の魔女の状態からどういうポジションになるのか楽しみです・・・ゼロの妻?(神楽耶激怒?w)
この世界はギアスの力がやっぱり中心だったんでこれからは打倒不死の流れになるのかなぁ〜と思いました
シャルルの神殺しはまったくわからないけど・・・
とりあえず超展開の連続だったんで混乱してます!!
48. Posted by とも   2008年07月21日 12:18
こんにちはー。
今回のラストシーンで記憶が退行した(?)C.Cのシーンですが、ルルーシュの常時発動ギアスが消えてますよね?

ということは、C.Cの記憶退行とともに契約が切れた?それともルルーシュのギアスの力が弱まった?(または一時的に喪失)

個人的には、ルルーシュの告白(ぉ)でC.Cが”本当の愛”を感じ、C.Cの能力(愛されたいギアスとか)に変化が生まれたのではないかと(自分で言っててわけわかめになりました)

なんにしてもこれからの展開に影響を与えそうな気がします。
49. Posted by Avz   2008年07月21日 16:02
先週と一転して、話も締まってまいりました。
しかし同時に展開も速すぎる気が、

では、単語の解説から。

>フレイヤ
北欧神話の女神で、豊穣、黄金、そして死の女神
ヴァルキリーの集めた戦士(戦死と同義)の魂を
オーディンと分け合うとか。

つまり、逆らうやつはボタンひとつで
女神の元に送ってやるということですか。

ロクでもないネーミングですな。

>ダモクレス
詳しい意味は検索していただくとして(オイ
(大意は、常に戦々恐々な状態、またはそれをもたらすもの)
似たような例に聞き覚えがあったので、調べたらありました。
1961のJFK国連演説の一節
「老若男女あらゆる人が核というダモクレスの剣の下で暮らしている。」
『核による平和』そのものの意味ですね。

また、故事の元が頭上にある危険なので、
おそらく、核兵器による軌道上からの爆撃システムか
それに近いものと思われます。

ホントロクでもない、ネーミン(ry

(続きます)
50. Posted by Avz   2008年07月21日 16:05
>トモロ機関
カンボジアにある組織で1期20話「キュウシュウ戦役」
でダールトンとの会話にも出ています。
シュナイゼルが独自にコネクションを築いた、
本人いわく「扱いに慎重を要する」組織とのこと。

>本人の望みをいびつながらも形に
CC:奴隷階級で誰にも省みら(愛さ)れなかった
ルル:皇子から転落、誰にも命令されないだけの力が欲しかった

こうなると、マオの周りには、
相当なウソツキばかりがいたことになるのですが…

あと先週、コメントしたユフィのギアスは
平和を愛し血を流れないことを願う形、
その名も 昏倒病ギアス!
・・・
・・

いや、確かに血は流れないけど
それはどーよ?

なお、ロロと同様の範囲型で複数回使用可能。KMF戦でも使用可。
ユフィの眼を閉じさせることで発動を封じることができます。

>エリア11衛星エリアに
不穏分子兼失業者100万人が海外に出たためか、残り話数の関係か
あっという間に
矯正エリアから一段階飛ばして昇格

(続きます)
51. Posted by Avz   2008年07月21日 16:09
>ラストシーン
「掃除できたのかよ、オマエ!」と画面にツッコミ。
うーむ生まれゆえ掃除できないのではないんですね。

なお髪の合間から見えていたギアスマークが消えています。
予告の着替え姿でも胸の傷がなくなってますね。

この状態のCCを題材にすればあと1クールはやれると思うのですが。
シャーリー、ミレイが学園にいる状態ならさぞかし面白い展開になったろうに。

こうなったら、夏の同人に期待するしかないですね!

>血筋とギアス
血筋と、ギアス発現率の関係がわかったのは
教団がCCを主に戴いてからのではないかと考えています。
シスターの場合、今まで何度も繰り返してきて、
CCはたまたま「当たり」だったのではないかと。
または、「生きよう」とする願いの
強い人間だと、発現率が上がるのかも。

(続きます)
52. Posted by Avz   2008年07月21日 16:11
>シャルル、とVVの目論見
CCから『コード』を奪うことだったみたいですね。
そして『コード』を奪うには、CCを殺す必要があり、
それには、CCがギアスを与えた人間(ルル)が必要と。

また、CCの望みと、実現の可能性の低さから、
ルルが生きているなら、
必ずその前に現れざるを得ない。

ブラックレベリオンから、なぜルルが生かされてきた
かの理由がやっと明らかになりました。

ただ、必要なのが一定以上のギアスだけなら、
CCがルルを追って日本に向かうことも、マオを育てる必要も
なかったので、
不死者本人がギアスを与えた相手が、片目暴走にならないと
いけないなどの条件がありそうです。

>VVがいるのにCCまで必要か?
VVがいるのにCCを捕まえようとしていたということはアーカーシャ
の本格起動にはコードが二つ必要なのか、それとも
コードを持つ人間が二人以上いると起動がうまくいかないのか?

>VVの嫉妬?
マリアンヌのことが好きだったらしいVV。
双子ゆえ好みがかぶったのか?
そして弟も好きだから、ジェラシーの
処理に困ったと。

「記憶が戻っていたら殺せ」とロロを派遣したり
ジェレミアを差し向けたりした理由はそういうことでしたか。

(続きます)
53. Posted by Avz   2008年07月21日 16:13
>スザク×カレン スタッフ自重
音声だけ聞いていると、明らかに18才以下お断(ぐしゃ

>CCin教会 スタッフ超自重
映像をみても18禁
音声だけ聞いているとテスタロッサ大佐にしか聞こえな(めきょ

>スザク「直接問いただして〜」
まずリフレインとかより、そちらが先ですよね。
結局アーニャの映像も、ニセルル目撃談も
役に立つことなく、学園パートは終了。

>「記憶が戻ることがあれば、ナナリーはワシが使う」
ちなみに小説では、
「ナナリーはオマエが殺せ」という命令になっていました。
殺されるよりヒドイことをされそーですが…

スザクが機情の人員を使わず単独で、ルル=ゼロを証明しようとしていた理由は
それを防ぐためでしたか。でもそれは明らかに皇帝の命令を破ること。
バレなければルールを破ったことにはならないというつもりでしょうか・・・
(ルルもナナリーを悲しませないウソはウソにならないと考えるタイプ)

その尊大さに我もビックリ。

しかし、VV死亡、ゼロの正体判明、CCを一旦捕獲、皇帝行方不明?、と
事態はとっくにスザクを置いてきぼりにしているのでした。(汗
(続きます)
54. Posted by Avz   2008年07月21日 16:16

>予告
ジェレミアを従え、仮面をはずしてルルがコーネリアを尋問中。
考えてみるとコーネリア捕縛に成功した以上、
騎士団幹部の不満は抑えられそうですね。


>予告カレン
カレンの前に立っている男ですがマントと髪の毛から
10のルキアーノですね。
後ろ姿を見た感想
「長生きできそーにねーなコイツ」

>記憶喪失と、マリアンヌとアーニャと
今回の記憶喪失、アーニャと
関係があるのかないのか?
こちらの謎もしっかり
解き明かして欲しいですね。

では、一旦終了
55. Posted by りぐ   2008年07月21日 18:16
こんにちは

>〜ただ階層が〜
そちらのほうが有り得そうかな。もともと蜃気楼から降りていなくてあの世界へ行った瞬間から干渉されていた(シャルルにギアスかけたり銃で撃ったのもノーカウント?)

>それは必要なくなった
同じ不死となってしまったシャルルにC.C.の不死を奪う資格があるのなら、V.V.にも出来たのではないか?V.V.がギアス能力者を経て(誰かの不死を受け継ぎ)不死の存在となったのならシャルルと同様に奪う資格があったように思うのですが、気のせいでしょうか?
>剣や銃では死なない
輻射波動砲やハドロン砲とかだと再生時間かかりそうですね。(ついでに話数が違いますが、ゼロと大宦官の会話シーンの間に神虎とトリスタンの対決がありますが神虎の天子砲に対してトリスタンはハーケンの先っぽからエネルギー砲出してるのですね。今日気付きましたよ。なんて名前でしょうか)
56. Posted by りぐ   2008年07月21日 19:15
>〜たった一人
難解ですね。
まあ胡蝶の夢は使用頻度が多いですからね。
記録されうるものはたった一つ。宇宙そのものを一つの生き物に例えている。その中では…。と、脱線事故しそうなのでやめときましょう。

>不老不死
離宮事件に関わりそうな存在を整理してみる。
A.不老不死
C.C.とV.V
B.ギアス能力保持者
シャルル

C.その他
ルルーシュ?ナナリー?コーネリア?シュナイゼル?マリアンヌ?アーニャ

Cのグループの中で離宮事件の前後から考えるとAでない可能性が高そうなのはアーニャ以外(シュナイゼルとアーニャのみが不老の証拠がないがシュナイゼルは周囲に違和感が生まれてないので除外)。Bでないのはルルーシュ?ナナリー(事件後は別)?コーネリアは確定と見ていいのかな。シュナイゼルはギアスの能力を欲するとはなんとなく思わない。

続く
57. Posted by まもん   2008年07月21日 19:19
もう一回見直しての感想です!!
この後の妄想も!!

>ルルーシュ

この後のC.Cちゃん(年齢不明)の子育てに期待します!!(ぉぃ)
ルルーシュの性格上かなり自分に責任を感じて良いパパになると思います
ここ2週間壊れたルルーシュだったけど今週は優しいルルーシュが見れてよかった^^
この後黒の騎士団でイタリア、ポーランド等のEU側?を取り込むと思います
ルルーシュの一番の特技である演説能力!の見せ所だと思います(演説能力は異常にすごいw)
騎士団の不穏なフラグを消し飛ばしてほしい!!・・・・・無理?

>ナナリー、カレン

ルルーシュの当面の最大の目標でしょう
でもカレンは敵化が進行中(汗)でナナリーは恐らくゼロ=ルルーシュなことを気づいてると思うんですよね
その場合ルルーシュにはついていかないと思うんです
ルルーシュに対してどうナナリーが発言するか期待します

続きます
58. Posted by まもん   2008年07月21日 19:26
>スザク

というか現時点の目的って何?
ナイトオブワンになりたいんですよね?
ただゼロ殺したいの?
そもそもナイトオブワンになるためには皇帝の評価を上げなきゃいけないってことですよね?
でも皇帝は神殺し優先っぽいんで、それを知ったらどうするんでしょう?
そもそも神殺しがわかんねぇ・・・
後ラウンズがそろいそうなんで、どういう感じなのか楽しみだなぁ〜

>アーニャ、ジノ

えぇ〜新OP見てこれしか言ってませんwww
どうなるの!?ラウンズそろうのが楽しみなのも二人の現状が動きそうからなんでw
Cの世界が予想とまったく違ったんで
マリアンヌとアーニャの関係が気になる・・・
ジノが一番気になる><

>扇、ヴィレッタ

どうなるんだ?
今度は扇が記憶喪失でブリタニアにいったりしてww
まぁとにかくうまくいって欲しい!

59. Posted by まもん   2008年07月21日 19:32
>シャルル

何か今週でラスボス確定な感じが・・・
不死になったし・・・・

これからのルルーシュはブリタニアと戦いつつ神殺しを探っていくって感じなんですかね?
シュナイゼル側も何かとんでもないことしそうなんで、これも見逃せないです
そもそも神殺しって何だ?本当に神見たいな者がいるのか不死の力の源?的なものなのか・・・・
60. Posted by りぐ   2008年07月21日 20:12
文字化けしてた…
?は?
マリアンヌは微妙なんですけど少なくとも1997から離宮事件前まではAではない。C.C.によってBである可能性もありますが。

アーニャに関しては今のところ情報が少ないのですが、11話のショックイメージよりC.C.にとっても未知であった部分が離宮事件にあったところから第3のコードが存在する可能性もありますね。

>トロモ機関
OPの最後が三巴を表すとして三者のバックにそれぞれコードが関わっていたとも……。この機関に第3のコードが囚われているとか。

しかし最後にまとめきれるのですかと心配したくなるほど濃い内容ですわ。
61. Posted by なっきー   2008年07月21日 20:37
4  ユキさん、まもんさん、ともさん、Avzさん、りぐさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>ユキさん

>ルルーシュがあんな長距離(笑)からシャルルの頭部を狙い撃
>つ…?ありえんな、シャルルがマッチョだったからこそ腹部に〜
 全部頭を狙ってたのだったりして…(笑)。
 V.V.みたいな小さい相手だったら全部外れてたとか(笑)。

>誉めこそすれ、冷静でなかった事を咎める必要は無いっ!!
 射撃も、上手そうな予感が全くしないですからね。

>ラストのC.C.の萌えレベルはヤバいですよね、あんな
>可愛いのに奴隷扱いとか昔の人間の頭がわかりません。
 江戸時代が終わった直後の日本人は、こちらがふんぞり返ればへりくだり、へりくだればふんぞり返ったそうです。↓

(続きます)
62. Posted by なっきー   2008年07月21日 20:40
 どちらが上か下かという身分制度の中の発想では、相手がどんな人かなんて最初から見ないのかも…。

>愛されるギアスが無くても俺は愛してやんよ!
 下手にギアスを手に入れたせいで、そういう人が見付からなくなったのでしょうね。



(続きます)
63. Posted by なっきー   2008年07月21日 20:43
>まもんさん

>いや〜予想がまったく当たらなかったww
 これだからコードギアスは面白いですよね。↓

>今週はC.C、V.V、シャルルが、すごく人間くさく見えました
 なのにちゃんと行動原理が人間らしいわけです。
 いつも書いてますが、意外性のためにキャラクターが行動原理を曲げるのでは見ている方もがっかりして終わりですからね。

>C.C
>自分の存在自体に嫌悪してたんで・・身代わりが必要だったのか
 自分が感じている地獄は誰かに押し付けないと終わらない、というのは本当にひどい状態だと思います。
 不老不死を望む相手に円満に引き継がせることができればいいのでしょうが…。

(続きます)
64. Posted by なっきー   2008年07月21日 20:45
>あのシスターも最初は良心が痛んでたんでしょうね・・・
 本人も言っているように、どこかで耐えきれなくなって自分の正義の方が折れてしまったのでしょうね…(汗)。

>う〜ん死ぬために生きるっていうのは普通は想像できないんで〜
 大抵は何かしら楽しみを持っていますし、楽しみが無くなってさえも 『死ぬのは怖いから結果的に生きている』 とかなるのが普通ですしね。

>シャルルにコードを奪われて殺される瞬間にルルーシュの愛の
>告白(ぉぃ)で目を覚ました〜
 コードを奪われるだけでは死なず、ちゃんと自殺する必要があるのでしょうね。
 でもC.C.には未練が残って、自殺はできなかった…、と。

>ルルーシュが主夫から子持ちになった!!
 盛大に吹きましたw
 でもルルーシュの場合はそういうのも似合いそうな…(笑)。

(続きます)
65. Posted by なっきー   2008年07月21日 20:48
>マリアンヌを殺したのはV.Vなのかな?
 シャルルは結構我慢強そうで、一度くらいのお痛は許してくれそうにも思うんですよね。
 だから今回のは2回目以降…、そう思えば仰る可能性は高い気がします。

>V.Vの不死の力は誰から受け継いだもの?マリアンヌ?
>・・・・ナナリー!!!?(妄想)
 V.V.が不老不死になった時期を考えるに、それから普通に成長・老化することを思えば、皇帝と(見かけ上)同年代でなければ先代として計算が合わないかもしれません。
 …でもそうなると、劇中に登場している人はほとんど候補から外れてしまうかも…?

>狼狽えてましたねー^^
>まぁルルーシュの一つの特技みたいなもん
 全くですね。(ぉぃ

(続きます)
66. Posted by なっきー   2008年07月21日 20:51
>いきなりあの場所にほおりこまれてラスボスと戦えって〜
 ルルーシュの場合は、 『勝てない』 というコンプレックスが先に芽生えてしまっている感じですしね。
 準備万端整った自分の盤上でない限りはパニクりそうです。

>黒の騎士団もどうなるのか・・・予告を見る限りではまだ大丈夫
 今回のだけならまだ大丈夫とは思います。
 でもこういう不信は複数重なると一気に爆発すると思うので、ゼロも余計な火種を撒かないようしばらく気を付けた方がいいかもしれません。

>もう何かブリタニア打倒がぐだぐだになりそう
 柄がふにゃふにゃのハンマーでは釘も打てません。
 底無し沼の上に梯子を立ててもどこにも登れません。
 …根っこが大事ですよね。何であれ。

(続きます)
67. Posted by なっきー   2008年07月21日 20:54
>シャルル
>何か暴走状態のルルーシュに似てるなぁと感じました
 やっぱりその辺親子なのかも…。
 それにしてももやしっ子遺伝子は一体どこから…。(ぉぃ

>その不死の力をもって何をするのか・・・
 不死はV.V.を見限るために(ある意味)仕方なく引き継いだように思っています。
 C.C.の不死も引き継いだとしたら、これも彼女を哀れんでのことなのかもしれません。
 …と、言っても、↓

>神殺しなんでしょうけど
 これは多分極めて個人的利己的で、つまりはシャルルが一番善人でした的なお話でもないと思っています。

>スザクww
>何だこいつ・・・あのユフィ殺されて復讐鬼だった頃と全然
>変わってない・・・・空回りすぎ・・
 進歩できていない、それは確かでしょう。↓

(続きます)
68. Posted by なっきー   2008年07月21日 20:57
 もっと悪い方向へ行きかけて戻ってきた、そこから何かを学べているといいのですが…。

>〜汚名返上の機会があるのかな?・・・無理?(ぉぃ
 スザクが最優先で避けている答え、 『ルルーシュに対する理解』 を直視しない限りは歪んだままかもしれない気がします(汗)。

>核完成しちゃったーーー><
>しかもシュナイゼル何かに使う気マンマンだぁーー><
 後者は特にショックです。
 冷静+聡明なシュナイゼルなら、強すぎる力がかえって振るいにくい理屈もわかりそうに思っていただけに…。

>C.Cがやっとこの物語の輪に入ってきた感じですね・・・
 今まではある意味傍観者ポジションでしたからね。

>ゼロの妻?(神楽耶激怒?w)
 先程仰っていたように、子どもポジションに置くのが一番安定するかもしれませんね。

(続きます)
69. Posted by なっきー   2008年07月21日 20:59
 神楽耶も、お母さんポジションになら喜んで収まりそうな気がします。

>〜これからは打倒不死の流れになるのかなぁ〜と思いました
>シャルルの神殺しはまったくわからないけど・・・
 これはもしかしたら直結しているかもしれない気がします。
 『人を争わせる神』 が、争いの種として不老不死とギアスを撒いているのだとしたら…。



(続きます)
70. Posted by なっきー   2008年07月21日 21:02
>ともさん

>今回のラストシーンで〜
>ルルーシュの常時発動ギアスが消えてますよね?
 戦い終了と見てコンタクトを戻したのかも?
 そもそもシャルルに効かない以上は、あの場でさえもいらなかったわけですしね。

>C.Cの記憶退行とともに契約が切れた?
>それともルルーシュのギアスの力が弱まった?
 それらもありそうなことです。
 記憶が改竄されていた間はルルーシュのギアスが常時発動でなくなっていた、ということも考えれば…。

>個人的には、ルルーシュの告白(ぉ)でC.Cが”本当の愛”を
>感じ、C.Cの能力(愛されたいギアスとか)に変化が〜
 能力が変わるかは今ある情報ではわからないですが、 『探していた本当の愛』 を感じた可能性は低くない気がします。↓

>なんにしてもこれからの展開に影響を与えそうな気がします。
 その辺は、先でまた関連してきそうですよね。



(続きます)
71. Posted by なっきー   2008年07月21日 21:05
>Avzさん

>しかし同時に展開も速すぎる気が
 今週見逃した人、わけわからなくなりそうです。

>フレイヤ
>北欧神話の女神で、豊穣、黄金、そして死の女神
>つまり、逆らうやつはボタンひとつで女神の元に送ってやる〜
 仰る通りの意味に思っています…。

>ダモクレス
>〜『核による平和』そのものの意味ですね。
 だーれもそれを恐れないなら、それはダモクレスの剣たり得ません。
 故に、 『奴らはそれを都市に落とすかもしれない』 という恐怖を撒く過程があるはずなわけで、つまりは…(汗)。

>また、故事の元が頭上にある危険なので、〜
 まあ爆撃でも上には違いないですし、何しろ普通の航空機すらまだない世界、軌道上とは限らないと思います。

(続きます)
72. Posted by ソマソマ   2008年07月21日 21:05
今回はもう正に何が何やらで整理仕切れません。14話の感想の続き(14話の記事に)も平行して書きます。

突然の対峙>どっちがギアスを先に掛けるかの駆け引きでルルーシュが勝ったはずだったのに、皇帝にとってはもう戯言に過ぎなかったとは。王道、つまり正々堂々と向かってこいと言うシャルルの真意とは…

V.V.の本音>C.C.は本当はマリアンヌの事が好きだったと言ってましたがマリアンヌは弟シャルルと結ばれV.V.は「シャルルの兄」としてしか見て貰えず(しかも見た目がああなので恋愛感情を持ってくれない)弟への思い故に弟を憎むという選択肢もなく、自分の本当の感情がわからなくなってマリアンヌとルルーシュに八つ当たりしてあんな風になっちゃったんですね…やっぱりV.V.とロロって似た者同士ですね。V.V.はいろいろゴチャゴチャになった挙げ句で、ロロは兄への思いを一直線で突っ走ってるの違いはありますが。
73. Posted by なっきー   2008年07月21日 21:09
>トモロ機関
>カンボジアにある組織で1期20話「キュウシュウ戦役」でダール
>トンとの会話にも出ています。
 こうして言われるまで完璧なまでに忘れていました(汗)。

>〜本人いわく「扱いに慎重を要する」組織とのこと。
 と言うことは、重しが必要とかそういう話なのかも。

>本人の望みをいびつながらも形に
>〜マオの周りには、相当なウソツキばかりがいたことになる
 放逐された天子の血族という説もありますが、暗い謀略に振り回されたのなら、本当に仰る通りなのかもしれません。

>〜ユフィのギアスは平和を愛し血を流れないことを願う形、
>その名も 昏倒病ギアス!
 『おやめなさーい!』 ギアスですか(笑)。
(※キューエルたち vs ジェレミア)
 そうなると光学ギアスでは話になりませんから、範囲型は確定ですね。↓

(続きます)
74. Posted by なっきー   2008年07月21日 21:14
 ナナリーもそうですが、この辺の人たちは自分の思いを強制可能という時点で、使うのを忌避しそうに思ったりもします。

>エリア11衛星エリアに
>不穏分子兼失業者100万人が海外に出たためか、〜
 皮肉ではなく、これは大きいでしょう。
 100万人は現統治政府に強い不満を抱いていたのは確実で、残りの人は名誉ブリタニア人での出世もあり、と考える傾向が強い人ですしね。

>ラストシーン
>「掃除できたのかよ、オマエ!」と画面にツッコミ。
 奴隷から女王さま(笑)へと変化した影響だったのでしょうね。

>なお髪の合間から見えていたギアスマークが消えています。
>予告の着替え姿でも胸の傷がなくなってますね。
 シャルルに、とは限りませんが、誰かに引き継がれたのは確実でしょうね。

(続きます)
75. Posted by なっきー   2008年07月21日 21:17
>この状態のCCを題材にすればあと1クールはやれると思う
 コードギアス以外の作品なら、普通にそんなペースでお話が進みそうな気がします。

>シャーリー、ミレイが学園にいる状態ならさぞかし面白い展開〜
>こうなったら、夏の同人に期待するしかないですね!
 二次創作ならではの面白い流れもいろいろ作れそうです。

>血筋と、ギアス発現率の関係がわかったのは教団がCCを主に
>戴いてからのではないかと考えています。〜
 なるほど…、盲点でした。↓

>シスターの場合、今まで何度も繰り返してきて、CCはたまたま
>「当たり」だったのではないかと。
 これは確かに大いに有り得ますし、仰る通りかもしれません。
 ギアスを与えようとする段階では、失敗してもどうということはないですしね。試し得です。

(続きます)
76. Posted by なっきー   2008年07月21日 21:20
>または、「生きよう」とする願いの
強い人間だと、発現率
>が上がるのかも。
 「お前には生きる理由があるようだ」 by C.C.
 本人に強い願いがなければ、ギアスが発現しない可能性は高い気がします。

>シャルル、とVVの目論見
>CCから『コード』を奪うことだったみたいですね。
 管理下にないギアス能力者が生み出されることが、神殺しには何か障害になるのかも…。

>また、CCの望みと、実現の可能性の低さから、ルルが生きている
>なら、必ずその前に現れざるを得ない。
 それをしないとしたら、新しいギアス能力者を作るしかないはずですしね。
 もし予想通りにギアス有資格者が限定されるとしたら、釣り餌としての価値はかなり高いことになります。

(続きます)
77. Posted by なっきー   2008年07月21日 21:26
>〜CCがルルを追って日本に向かうことも、マオを育てる必要も
>なかったので、〜
 つまりは、C.C.は 『死にたい』 以外の執着もまだ持っている証拠でしょう。
 これらについては、 『引き継ぎのために必要なこと』 とは関係ないように思っています。

>VVがいるのにCCまで必要か?〜
>コードを持つ人間が二人以上いると起動がうまくいかないのか?
 仰る中で、こちらの可能性が高いように思っています。
 コードそのものか、あるいはギアス能力者か、どちらにしても 『他にいると具合が悪い』 形なのではないかと思っています。

>マリアンヌのことが好きだったらしいVV。
>双子ゆえ好みがかぶったのか?
 あ…、なるほど。それは滅茶苦茶ありそうです。

(続きます)
78. Posted by なっきー   2008年07月21日 21:29
>「記憶が戻っていたら殺せ」とロロを派遣したりジェレミアを
>差し向けたりした理由はそういうことでしたか。
 『マリアンヌのために』 とか言い出されるだけで、行き場のない怒りが湧いてきたのかも…。

>スザク×カレン スタッフ自重
>音声だけ聞いていると、明らかに18才以下お断(ぐしゃ
 SOUND ONLY 禁止でしたか(笑)。

>CCin教会 スタッフ超自重
>映像をみても18禁
 日曜夕方5j(ry

>スザク「直接問いただして〜」
>まずリフレインとかより、そちらが先ですよね。
 同感です。それで結果が出るかどうかなんて話より、それすらしないで他の強硬手段を考えるという時点でアウトなのかもしれません。

>結局アーニャの映像も、ニセルル目撃談も〜
 これらは必ず後のお話に効いてくると思います。

(続きます)
79. Posted by なっきー   2008年07月21日 21:33
>ちなみに小説では、「ナナリーはオマエが殺せ」という命令に〜
 うわあ…(汗)。

 …もしかしたらそれが逆にスザクを自発的に動かす鍵と読んでの命令…、というのも有り得るかも?
 スザクが完璧に堕ちるまでなら、この命令は実行不能に近いとも思いますしね。↓

>〜それを防ぐためでしたか。でもそれは明らかに皇帝の命令を
>破ること。
 多分、明確に意識はしていないでしょうね。
 指摘されたらたちまち答えに詰まりそうですが…。

>しかし、VV死亡、ゼロの正体判明、CCを一旦捕獲、皇帝
>行方不明?、と事態はとっくにスザクを置いてきぼりに〜
 その頃にようやく外道一歩手前から引き返してくるわけですよ。ほとんど重役出勤なみの遅刻です。

(続きます)
80. Posted by なっきー   2008年07月21日 21:36
>考えてみるとコーネリア捕縛に成功した以上、騎士団幹部の
>不満は抑えられそうですね。
 対内的には、秘密作戦で目的を達成し元皇女を捕縛した…と喧伝できそうですね。
 やっぱり一番の問題は、零番隊に火種が残ってしまったことでしょうけど…。

>カレンの前に立っている男ですがマントと髪の毛から10の
>ルキアーノですね。
 この人、影薄いなあ…。(ぉぃ
 仰る通り、何かすぐ死にそうな気が(汗)。

>今回の記憶喪失、アーニャと関係があるのかないのか?
 う…、今回の一幕に関係なかったとしても、アーニャがかつて不死者だったとかいう可能性もあったりと、いろいろさらに可能性が増えた気がします。

>もう一回見直しての感想です!!
 はい、大歓迎です!

(続きます)
81. Posted by なっきー   2008年07月21日 21:39
>この後のC.Cちゃん(年齢不明)の子育てに期待します!!
>ルルーシュの性格上かなり自分に責任を感じて良いパパになる
 案外世話好きだと思うのですよ(笑)。
 そして、↓

>〜今週は優しいルルーシュが見れてよかった^^
 子育て自体が、彼本来の優しさが再び根付くきっかけになるかもしれません。

>この後黒の騎士団でイタリア、ポーランド等のEU側?を取り込む
>〜ルルーシュの一番の特技である演説能力!の見せ所
 なるほど、これは楽しみです!
 記者会見で早速一席打ちそうですよね。

>〜カレンは敵化が進行中(汗)でナナリーは恐らくゼロ=ルル
>ーシュなことを気づいてると思うんですよね
 ナナリーは、信じたいと考える傾向があるにせよ、洞察力や勘は相当鋭い予感がします。↓

(続きます)
82. Posted by なっきー   2008年07月21日 21:42
>その場合ルルーシュにはついていかないと思うんです
 お姫さまをやめた以上は、ゼロについても兄とわかった上で行動を止めるなり誘導するなり、関わろうとするかもしれません。

>スザク
>ナイトオブワンになりたいんですよね?
>ただゼロ殺したいの?〜
 ナイトオブワンになって日本人を導く…という最終目的自体は変わっていないでしょうが、そのためのステップ、目前の目的を見失っているようにも見えます。

>〜皇帝の評価を上げなきゃいけないってことですよね?
 それはスザク自身も自覚していると思います。
 ただ、皇帝が何を目的としているかについては、全く何も考えていないとも感じます。

>後ラウンズがそろいそうなんで、どういう感じなのか楽しみ
 他の人がどんな性格なのかもわかってないですしね。

(続きます)
83. Posted by なっきー   2008年07月21日 21:45
>〜マリアンヌとアーニャの関係が気になる・・・
 確かに…。
 そもそもマリアンヌは今どこにいるのやら。

>ジノが一番気になる><
 OPの表情からして謎すぎですよね。

>扇、ヴィレッタ
>〜今度は扇が記憶喪失でブリタニアにいったりしてww
 うはwww それは見たいかも(笑)。

>シャルル
>何か今週でラスボス確定な感じが・・・
 あとは 『神』 の正体次第という感じです。

>これからのルルーシュはブリタニアと戦いつつ神殺しを探って
>いくって感じなんですかね?
 まだ 『神殺し』 を知らないんですよね…。
 と言うか、狼狽しすぎてシャルルが何を考えているのか、それを確かめることも忘れていたみたいですし…。

(続きます)
84. Posted by なっきー   2008年07月21日 21:48
>シュナイゼル側も何かとんでもないことしそうなんで、〜
 超合集国構想が出てそれが現実味を帯びたとき、この反ブリタニア連合を “ダモクレスの剣” で威圧しようと考える可能性が高い気がします(汗)。

>そもそも神殺しって何だ?
 『人を争わせる神』 ですから、集団の動きを全体的に操作できる立ち位置にいるだろうことは確かに思えます。
 …でもそれくらいですね。まだ情報が足りない感じです。



(続きます)
85. Posted by なっきー   2008年07月21日 21:51
>りぐさん

>もともと蜃気楼から降りていなくてあの世界へ行った瞬間から
>干渉されていた
 ありそうですね…。
 (あの世界の人間にできるかはともかく)思考エレベータでとことんまで上がれば(?)、彼ら言うところの神にまで辿り着けるとかも有り得るかもしれません。

>同じ不死となってしまったシャルルにC.C.の不死を奪う資格が
>あるのなら、V.V.にも出来たのではないか?
 そういう意味では、資格=ギアス能力ではないですよね。
 不死シャルルはもうギアス能力者ですらないのですから。

 仰るようにV.V.にも奪えた可能性は高いですが、V.V.の目的がそれだけだったのかは断定できないとも思います。
 …と言っても本人死亡嚮団壊滅では、もうその辺は劇中に出てこない気がしますけど…。

(続きます)
86. Posted by なっきー   2008年07月21日 21:54
>剣や銃では死なない
>輻射波動砲やハドロン砲とかだと再生時間かかりそうですね。
 その間に核となる部分が小さなケースに閉じこめられてでもしたら、実質終了とはなりそうです。

>〜トリスタンはハーケンの先っぽからエネルギー砲出してる
 何と!! 見てみます。
 …でもそうなると確かに名前を知りたいですね。

>〜たった一人
>〜まあ胡蝶の夢は使用頻度が多いですからね。
 そのせいで、個人的にありがち感が出てしまうもので…。

>〜宇宙そのものを一つの生き物に例えている。
 これもありそうですよね。

(続きます)
87. Posted by なっきー   2008年07月21日 21:57
>離宮事件に関わりそうな存在を整理してみる。〜
>(シュナイゼルとアーニャのみが不老の証拠がないがシュナイ
>ゼルは周囲に違和感が生まれてないので除外)
 逆にアーニャはどうも身辺がいろいろ怪しいですよね。
 当たり前に生まれて育ってない、という感じ。

>シュナイゼルはギアスの能力を欲するとはなんとなく思わない。
 私もそう思います。
 彼は恐らく、自分の能力に不足を感じたことそのものがない気がします。もし仮に今不可能なことがあったとしても、 「うん、状況を変えようか」 と泰然としていそうです。

>マリアンヌは微妙なんですけど少なくとも1997から離宮
>事件前まではAではない。
 事件のとき何かあったか、それとも何もなかったかが問題ですよね。

(続きます)
88. Posted by なっきー   2008年07月21日 21:59
>アーニャに関しては今のところ情報が少ないのですが、11話
>のショックイメージよりC.C.にとっても未知であった部分が
>離宮事件にあったところから第3のコードが存在する可能性
 なるほど。これは仰る通りかもしれません。

>トロモ機関
>OPの最後が三巴を表すとして三者のバックにそれぞれコードが
>関わっていたとも……。
 そうなるとそのコードを人界に撒いた 『神』 の代理戦争になっている、という形なのかも?

>しかし最後にまとめきれるのですかと心配したくなるほど
>濃い内容ですわ。
 毎回状況がころころ変わる密度だけに、最終話近くなってから 『終われない?』 となっても修正効かない危険がありますよね。
 その辺、構成さんがいい仕事をしていることに期待します。
89. Posted by まもん   2008年07月21日 22:09
前の記事でラウンズがそろいそうなんで、どういう感じなのか楽しみってコメントしたんですけど、HPのナイトメア紹介でナイトオブテンの機体が更新されてましたね

右腕部のドリルとしても使用できるクローやミサイル発射機構のついたシールド等、過剰なまでの攻撃兵装を持つ、まさに「ブリタニアの吸血鬼」に
相応しい機体である。

・・・・・うわぁ〜バカっぽい(ぉぃ)
予告でカレンとしゃべってたんで、たまきwみたいな愛すべきバカか、どうしようもないバカか・・・・楽しみ!!(ぉぃ)

今のところC.Cちゃん子育て日記が当面の最大の楽しみなんですけどカレンを母親に加えてほしいなぁ〜とかどうでもいいこと考えたり(うろたえるルルーシュが見たい!!ww)・・・まぁ一番気になるのはジノなんですけど(しつこい)
90. Posted by なっきー   2008年07月21日 22:13
4  ソマソマさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>突然の対峙>どっちがギアスを先に掛けるかの駆け引きでルルーシュが
>勝ったはずだったのに、皇帝にとってはもう戯言に過ぎなかった
 シャルルとしてはギアス以外で、例えば論戦を挑んでくるとかの方に期待が大きかったかもしれません。
 王道で、というのは 「セコいぞ!」(意訳)ということでしょう。

>V.V.の本音>〜V.V.は「シャルルの兄」としてしか見て貰えず〜
>自分の本当の感情がわからなくなってマリアンヌとルルーシュに八つ当たり
 この辺の分析、全く仰る通りに思っています。
 会うたびにこの妙な関係に苛立ちが募り、とうとう爆発してしまったのでしょうね。

(続きます)
91. Posted by なっきー   2008年07月21日 22:17
>やっぱりV.V.とロロって似た者同士ですね。V.V.はいろいろ
>ゴチャゴチャになった挙げ句で、ロロは兄への思いを一直線で〜
 幼さを残したままで立場だけ上がってしまっている、というのも同じですよね(汗)。
 そのV.V.がこうして破滅しただけに、ロロにはどうにか早く間違いに気付いて欲しい気持ちで一杯です…。
92. Posted by なっきー   2008年07月21日 22:32
4  まもんさん、再びこんばんは!


>HPのナイトメア紹介でナイトオブテンの機体が更新〜
>・・・・・うわぁ〜バカっぽい(ぉぃ)
 正直、 『専用機までかませっぽい』 と思いました。(コラ

>予告でカレンとしゃべってたんで、たまきwみたいな愛すべ
>きバカか、どうしようもないバカか・・・・楽しみ!!
 今回の記事風に言えば、 『悪い馬鹿』 ではあって欲しくないですね。

>今のところC.Cちゃん子育て日記が当面の最大の楽しみなん
>ですけどカレンを母親に加えてほしいなぁ〜
 カレンにはまだ 『お母さん』 っぽさは出しにくいかなと思ってます。
 ただ、↓

>(うろたえるルルーシュが見たい!!ww)
 それは同感です(笑)。

(続きます)
93. Posted by なっきー   2008年07月21日 22:35
>・・・まぁ一番気になるのはジノなんですけど
 今までわかっている情報ではOPの表情がさっぱりなので、何かある、または何か起きるはずなんですよね。
 気になります…。
94. Posted by オタコン   2008年07月22日 01:36
こんばんは、なっきーさん。

>C.C
シャルルにコードを奪われてこのまま退場か!?とそんな事ないと思いつつも本気でヒヤヒヤしました(汗)。そして、願いはやはり死ぬことでしたか。時々、永遠に生きられたらと思うことはありますが、今回のC.Cやシスターを見てるとなったらなったで後悔しそうです…。あと、個人的にギアス持ってた頃のわがままそうなC.Cも、最後のドMそうなC.Cもなかなかツボでした。次回のルルーシュとのやり取りが楽しみで仕方ありません(笑)。

>Cの世界
C.Cの精神世界というかそういう解釈でいいんでしょうかね?私の頭ではあまり理解できませんでした…。マオがいなかったのも驚きでした。あの台詞は何かの比喩表現ということでしょうか?
(続く)
95. Posted by オタコン   2008年07月22日 01:59
>ニーナ&核兵器
なんかえらい事になりそうです(汗)。頼みの綱のシュナイゼルも今回の反応を見るとあまり信頼できないような(汗)。

>アカシャの剣
いろいろぶっ壊れてしまいましたが大丈夫なんでしょうか(笑)。あの空間そのものが思考に干渉するシステムということはあの神殿自体は飾りでいくらでも修復がきくのかもしれません。神についてはさらに謎が深まっただけでした。

>トロモ機関
何なんでしょうね?名前からはどんな組織なのか見当もつきません。

>次回
いよいよ新たなラウンズが登場するようですが、噛ませ犬のにおいがプンプンします(笑)。個人的には変な台詞とか言って第二のオレンジになって欲しいです(髪の色もオレンジ色ですし)。
96. Posted by なっきー   2008年07月22日 06:11
4  オタコンさん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。


>C.C
>シャルルにコードを奪われてこのまま退場か!?とそんな事ない
>と思いつつも本気でヒヤヒヤしました(汗)。
 この作品の場合は、それすらも有り得ないとまでは言えない気がするんですよね(汗)。

>〜時々、永遠に生きられたらと思うことはありますが、今回の
>C.Cやシスターを見てるとなったらなったで後悔しそう
 死なない老いないは人類そのものの夢ではありますが、1人だけ、孤独なまま長生きするのはかなり嫌かもしれません(汗)。

>〜ギアス持ってた頃のわがままそうなC.Cも、最後のドM
>そうなC.Cもなかなかツボでした。
 どれもハマってるのが凄いです(笑)。

(続きます)
97. Posted by なっきー   2008年07月22日 06:13
>次回のルルーシュとのやり取りが楽しみで仕方ありません(笑)。
 ですよねー(笑)。

>Cの世界
>C.Cの精神世界というかそういう解釈でいいんでしょうかね?
 不死になるとこういう領域ができるのでしょうか。だとしたら今はシャルルにもあったり…?
 あと、↓

>マオがいなかったのも驚きでした。
 もしかしたらルルーシュが見たのはC.C.用の領域で、マオやマリアンヌは他にいたのかなーとかも考え始めてます。

>ニーナ&核兵器
>〜頼みの綱のシュナイゼルも今回の反応を見るとあまり信頼
>できないような(汗)。
 それですよね(汗)。
 シュナイゼルなら 「強すぎて使えない」 とか思ってくれるかもと、期待していたのですが…。

(続きます)
98. Posted by なっきー   2008年07月22日 06:15
>アカシャの剣
>いろいろぶっ壊れてしまいましたが大丈夫なんでしょうか
 何か、あの空間に留まって一所懸命修理してるシャルルを想像してたりします(笑)。↓

>あの空間そのものが思考に干渉するシステムということはあの
>神殿自体は飾りでいくらでも修復がきくのかもしれません。
 そちらの方がありそうですよね。
 ただ、あれだけ怒るということは、一瞬で修理完了、みたいには行かない気はします。

>トロモ機関
>〜名前からはどんな組織なのか見当もつきません。
 全くですよね…。つまりはそう遠くない回に出てくるのかも?

>新たなラウンズ〜
>噛ませ犬のにおいがプンプンします(笑)。
 私もそれに1票(笑)。
 強いぞー、と大暴れ。  ……して即退場。(コラ
 そんな感じ。

(続きます)
99. Posted by なっきー   2008年07月22日 06:19
>個人的には変な台詞とか言って第二のオレンジになって欲しい
>です(髪の色もオレンジ色ですし)。
 何にせよ、遅れて登場する分?個性的な人が来そうな気がしますし、そうあって欲しいですね。
100. Posted by まもん   2008年07月22日 11:31
ふと思ったんでコメントします
C.Cって結局奴隷の少女だったんですよね・・・じゃあ本当の名前を引っ張る意味は? 最初は本当の名前が正体を知る鍵だと思ってたんですけど・・・
HPで不死の力とともにC.Cだった頃の記憶が失われたってなってたんで戻ることはない?(汗)
子育て日記は楽しみなんですけど戻らない前提はきついなぁ〜・・来週以降はパパーシュには頑張ってうろたえてもらわないと!w
まぁもう名前がC.Cじゃないんだったら次回パパーシュがさらっと本当の名前を使って育児しそうではありますけどw
それか本当の名前で愛の告白(ぉ)でC.C記憶復活か!?・・・・なんか別のアニメみたいだなww
101. Posted by まもん   2008年07月22日 11:42
追記
子育て日記で気づくの遅れたけどルルーシュってC.Cも失ったって事ですよね(汗)
正体に気づいて受け入れた人がことごとくいなくなってる(涙)
ユフィ、シャーリー、カレン(死んでないけど)、C.C(まぁこれは受け入れるって表現じゃないと思いますけど)
これでもう黒の騎士団で心を許せるのは咲世子さんだけか?(汗)
ロロは改心しない限りロロ雑巾確定っぽいし(改心しても遅いか?)
なんかこのままだと咲世子さんまでいなくなりそう・・・そして最終的にナナリーも?(汗)
そもそも脚本がルルーシュにドSすぎる><
102. Posted by りぐ   2008年07月22日 16:07
こんにちは

>トリスタンのハーケン
はてなの用語集のほうにも記載はありましたがエネルギー源や名前に関しての記述はありませんでした。
103. Posted by なっきー   2008年07月22日 21:07
4  まもんさん、りぐさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>まもんさん

>C.Cって結局奴隷の少女だったんですよね・・・じゃあ本当
>の名前を引っ張る意味は?
 これ、確かによくわかりませんよね。
 不死性も 『神降ろし』 などではなく、単に引き継がれたモノで名前に無関係となると…。

>最初は本当の名前が正体を知る鍵だと思ってたんですけど・・・
 文字や数のことからして、実は元の地位は高いという可能性も低そうですしね。

>HPで不死の力とともにC.Cだった頃の記憶が失われたって
>なってたんで戻ることはない?(汗)
 別に 『永遠に失われた』 ではないので、戻る可能性を消す表現ではないと思います。

(続きます)
104. Posted by なっきー   2008年07月22日 21:10
>来週以降はパパーシュには頑張ってうろたえてもらわないと!
 その、いつものように狼狽える様を見て何か思い出すかもしれません。(ぉぃ

>〜次回パパーシュがさらっと本当の名前を使って育児しそう
 それもありそうですよね。あるいは本人がそう名乗るかも。
 逆にルルーシュが、C.C.に戻って欲しいと敢えて本来の名前で呼ばないというパターンもあるかもしれません。

>それか本当の名前で愛の告白(ぉ)でC.C記憶復活か!?
 本当の名前は今の彼女も知っている可能性が低くないために、記憶復活の鍵とはならない気がするんですよね。
 だからルルーシュが 『C.C.に戻って欲しい』 と考える度合いで、それを積極的に使うかどうかが違ってきそうです。

>子育て日記で気づくの遅れたけどルルーシュってC.Cも失っ
>たって事ですよね(汗)
 これでは記憶はともかく、人格が変わってますからね。

(続きます)
105. Posted by なっきー   2008年07月22日 21:14
>正体に気づいて受け入れた人がことごとくいなくなってる(涙)
 C.C.は愛を望み、愛を見失いました。
 マオはC.C.だけを望み、C.C.を失い、C.C.に殺されました。
 ルルーシュはナナリーが見たくなるような優しい世界を望み、…ルルーシュ自身が孤独になりつつあります。

 シャルルは何を望んだのでしょうか。
 神殺しは目的ではあっても、願いそのものとは違う気もします。
 彼もマリアンヌを失い、ルルーシュに憎まれ、兄を殺す羽目になったことを思えば、やはり望みは決して叶えられていないような気もします。

>これでもう黒の騎士団で心を許せるのは咲世子さんだけか?
 その咲世子は天然のトラブルメーカーですしね(汗)。
 今回にしても、もう少し黙って見ているだけで、悪くない結果が出たかもしれないのに…。

(続きます)
106. Posted by なっきー   2008年07月22日 21:18
>なんかこのままだと咲世子さんまでいなくなりそう・・・そし
>て最終的にナナリーも?
 有り得ると思います。
 マオやシャルルもそうした喪失を味わっていることからして、 『王の力はお前を孤独にする』 という一種の 『呪い』 こそが、本当のギアスの代償なのかもしれません。



(続きます)
107. Posted by なっきー   2008年07月22日 21:22
>りぐさん

>トリスタンのハーケン
>はてなの用語集のほうにも記載はありましたがエネルギー源や
>名前に関しての記述はありませんでした。
 むぅ…。
 でもジノに今後立場の変化のような重要な出番があるなら、その辺もちゃんと本編で出てきそうな気はします。
108. Posted by E.   2008年07月23日 02:41
こんばんは。またお邪魔にあがりました。

Cの世界についてですが、24~25話に「残っているのは魔女としての記憶だけ」とあるんですよね。ということは、少女時代は覚えていないのかもと。
過去世界のC.C.がルルを知らないことからも、C.C.は少女時代の頃からは切り離されている印象です。
過去世界がCの世界なら、マオをそこに送るということは過去として処理して忘れることなのかなとふと思ったのですが…あらすじを見ていて自分で違う気がしてきました。

とりあえずご参考までに。
109. Posted by なっきー   2008年07月23日 06:15
4  E.さん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。


>Cの世界についてですが、24~25話に「残っているのは魔女と
>しての記憶だけ」とある
 一方で、V.V.に 『不死になる以前』 の記憶がないとは感じられず、さらに言えばシャルルが直前までの記憶を失っているようにも見えません。
 …そうなると、そういった現象があるとしても、C.C.独自のものかもしれないですね。↓

>〜C.C.は少女時代の頃からは切り離されている印象です。
 まさにその忘却のためにこそCの世界がある、という構造なのかもしれません。

>〜マオをそこに送るということは過去として処理して忘れる〜
 送ったもの全部を必ず忘却するのではなく、選択できる可能性もあると思います。

>とりあえずご参考までに。
 これ、なかなか興味深いですね。
 …問題は、C.C.が今のままだと、ヒントとなる情報が本編で出なさそうなことですが…。
110. Posted by Avz   2008年07月23日 21:34
本日も書き込ませて頂きます。


>かんぼじあ
いや私も気になってググッてみて思い出したほうですから。
本当にギアスを見てると1期のDVDが欠かせませんから困ります。

>木下副隊長
しかし、こうなると騎士団離反より
トウキョウ戦で0番隊がロロの口車にのって
政庁虐殺が発生する可能性を疑って見るべきかも。(でナナリー行方不明)

>血は水よりも
わざとギアスにかかったフリをして
生き返りを誇示する若本皇帝
22話でユフィに自分を撃たせて
復活劇をかまそうとしたルル。
やっぱ親子ですよねー。
ロクでもないところが似てます。

幼少時には(義)兄に結婚を迫り
成長するとその親友に好意を寄せたナナリーとユフィ。

妹の汚名を晴らすため、地位も捨てて戦う姉に
妹の生きる世界を作るため、顔も名も隠す兄に
弟のために人としての生を捨てた兄

本当に悲しい程、似てるんですよね、
それぞれなんにせよ・・・


>吸血鬼
3話ぐらい後でギネヴィアとカリーヌが
「所詮ルキアーノなどラウンズでは一番の小者」
「イレヴンにやられちゃうなんてブリタニアの恥さらしだよね」
という会話を交わしそうな気がします。(汗


>ナナリーを使う
これって、ルルがギアスを使えないままだったら
ルルを使うつもりだったということでしょうか・・・

そうなると、結局ルルは反逆しない場合でも
シャルルの野望により自分かナナリーを失う
可能性があったのかも知れませんね。
今となっては確認できませんが。
(続きます)
111. Posted by Avz   2008年07月23日 21:44
>脳とギアス
今回記憶喪失と、不死の力を失ったCC
1話で、記憶を失っている間、暴走状態のギアスが発動しなかったルル。
あとなぜか、VVも記憶が幼少時代に
戻ってましたね。
1回目の視聴では、意識が朦朧としていたためと思っていたのですが。

以上のことから仮説を思いつきました、それはギアスの力は脳の記憶領域として
宿るのかもしれないということです。
仮説1
ギアスを授かると、その記憶が刻まれたシナプスによってギアスを使えるようになる。
仮説2
ギアスを使うほど、脳の侵食が進み一定を超えると、暴走状態になる。
仮説3
脳の侵食が一定以上の状態で
コードを引き継ぐと脳がCの世界につながり、一定期間以後の記憶は
すべてCの世界に蓄えられるようになり、それと引き換えに不死の力を得る。
仮説4
ギアスが刻まれた記憶領域に
アクセスできなくなると、その期間の
記憶を失い、ギアスを使うことも
不死の力も使えなくなる。

今現在ではただの妄想でしかないんですが。

では本日はこれで失礼します。
112. Posted by なっきー   2008年07月23日 22:51
4  Avzさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>かんぼじあ
>いや私も気になってググッてみて思い出したほうですから。
 なるほど、そうでしたか。

>本当にギアスを見てると1期のDVDが欠かせません〜
 ちゃんとそうやって、2期に向けての伏線を張っているのが凄いですよね。
 (私みたいに)見ていても気付かない人もいるというのに…。

>〜こうなると騎士団離反よりトウキョウ戦で0番隊がロロの口車
>にのって政庁虐殺が発生する可能性を疑って見るべきかも。
 さすがにそうなるとロロが見限られそうな気がします。
 ゼロの副官のような扱いになっているようですが、所詮ロロは団員にとっては誰ともわからないぽっと出ですし…。

(続きます)
113. Posted by なっきー   2008年07月23日 22:55
>わざとギアスにかかったフリをして生き返りを誇示する若本皇帝
 私もその通りだと思いますが、可能性として 『傷を受け継いだあと、一定時間内に死ぬことで引き継ぎが完了する』 という形も有り得る気がします。
 つまりはルルーシュが逃げてしまったとしても、シャルルはやっぱり自殺した、というパターンですね。

>22話でユフィに自分を撃たせて復活劇をかまそうとしたルル。
 演出としては 『復活』 の印象は最強クラス、鮮烈ですからね。

>幼少時には(義)兄に結婚を迫り成長するとその親友に好意を
>寄せたナナリーとユフィ。
>妹の汚名を晴らすため、地位も捨てて戦う姉に妹の生きる世界を
>作るため、顔も名も隠す兄に弟のために人としての生を捨てた兄
 実に血が濃い一族です。
 根っこの部分がそっくりですね。

(続きます)
114. Posted by なっきー   2008年07月23日 23:00
>吸血鬼
>〜「所詮ルキアーノなどラウンズでは一番の小者」
>「イレヴンにやられちゃうなんてブリタニアの恥さらしだよね」
 うあ…、本気でありそうな…(汗)。
 でもまあ、 『弱い相手なら無敵』 なんてのも強さの形の一つ――


とは思うのですが、そんな強さはブリタニアでは、ましてナイトオブラウンズではほとんど評価されない予感…。

>ナナリーを使う
>これって、ルルがギアスを使えないままだったらルルを使う
>つもりだったということでしょうか・・・
 どうでしょうね…。
 考えようとすると、そもそも 『使うって何?』 という疑問に返ってしまって、なかなか予想が難しいです(汗)。

(続きます)
115. Posted by なっきー   2008年07月23日 23:03
>結局ルルは反逆しない場合でもシャルルの野望により自分か
>ナナリーを失う可能性があった
 結果的にもしそうでなかったとしても、最悪全てがルルーシュの独り相撲だったとしても、 『変えるために必死に戦った』 ことそのものの価値が下がるわけではないと思っています。
 …もっとも、結果を重んじるルルーシュ自身にとっては違うとも思いますけど。

>脳とギアス
>今回記憶喪失と、不死の力を失ったCC
>〜記憶を失っている間、暴走状態のギアスが発動しなかったルル
 記憶とギアスの発動に何らかの関係があるのは確かに思えるんですよね。
 オンオフ不能になっていてすら、記憶改竄でオフにできるのですから。

>VVも記憶が幼少時代に戻ってましたね。
 不死性を得て以降は、人としての経験に上積みするのではなく、超越者としての別人格が記憶と経験を重ねるだけなのかもしれません。↓

(続きます)
116. Posted by なっきー   2008年07月23日 23:07
 殻の下のただ人に戻ってしまえば、超越者の記憶も経験も殻と一緒にどこかへ行ってしまう、とか…。

>それはギアスの力は脳の記憶領域として宿るのかもしれない
 脳の働きに何か深く関わっている可能性は高そうですよね。↓

>ギアスを使うほど、脳の侵食が進み一定を超えると、暴走状態〜
 これなんか特にありそうな感じです。

>脳の侵食が一定以上の状態でコードを引き継ぐと脳がCの世界
>につながり、〜
 ギアス脳になっていないと、そもそもアクセスできないから引き継ぎ不能、ってわけですね。

>ギアスが刻まれた記憶領域にアクセスできなくなると、〜
 あるいは脳内ではなく、ああいった 『外部記憶装置』 を接続することこそがギアス付与の正体で、頻繁に使っているとどんどん増設されていく、なんてパターンも有り得そうです。
 容量が一定以上になれば、コードをインストール可能、とか…。

(続きます)
117. Posted by なっきー   2008年07月23日 23:13
>その期間の記憶を失い、ギアスを使うことも不死の力も使えなく
 C.C.の魔女としての記憶がどんどんCの世界に送られているとしても、あの幻影がルルーシュを知らなかったことから、接続しっぱなしで全部ウェブ上(違)に保存という形でないことは明白ですよね。

 …なら、今のC.C.的 『奴隷の私』 と結び付いていないから思い出せないだけで、実はルルーシュとの記憶はちゃんと残っているんじゃ…。
118. Posted by ゆうこ   2008年07月24日 18:17
なっきーさん、こんにちは!
今週は謎が解けて話が進んだ・・・ように見せかけてさらに謎が深まった回でした! 伏線もタダでは回収しない!!それがコードギアス。

>C.C.
せっかく不死を手放したのに前の状態に戻るとしたら酷すぎるので、前の人格はここで退場・・・でも不自然ではありませんが、話数あるしまだ何かあってほしいですね。前の人格と一時的にでも逢えるといいな・・・。
119. Posted by ゆうこ   2008年07月24日 18:18
>「そう……、ここに送り込んできたということは、ひとときでもあな>たを何かから守ろうとしたのだと思うけど」
ルルーシュとシャルルに間に割り込んだこと、ルルーシュに何か隠したままのような会話、どれも仰るとおり「ルルーシュを守るため」かもしれません。
C.C.が何も語らないまま退場したため大量の情報が失われた!!! と思ったのですが、そういえばもうひとりルルーシュの味方っぽい人ですべて(かなり?)を知る人物がいました。
マリアンヌ様です。ちなみに彼女はルル×C.C.推奨でしたよね。
C.C.が絶対に語りそうにない真意とかばらしてくれないかな?
120. Posted by ゆうこ   2008年07月24日 18:19
>扇×ヴィレッタ
あっちでは壮大な親子喧嘩、こっちでは壮大な痴話喧嘩(オイ)。
扇はいいバカっぷりでしたね。最近「正解」を間違えて会話するキャラが多いので、扇の会話には「正解!正解! 正解!」とマルつけしてあげたい気分です。ヴィレッタにもかなり効いていますよ!
最後はかなり危なそうな海に落ちたので、誰か記憶喪失・・・とかやってる暇はないよ?!
(しかしそんな暇はなくともやってしまうのがコードギアス)

>「そう、人はこの世界に1人しかいない。
>過去も未来も人類の歴史上たった1人……」
梵我一如?とか思いましたが、そうだ、ヴェーダとかいう関連ワードが出てきたのは00だった・・・。
ネタとしては1期でショックイメージの時に出てきた曼荼羅とか怪しいかなと思います。自分には詳しいことはわかりませんが・・・あれはタイ方面のものという話でしたでしょうか?C.C.もタイ方面にいたことあるみたいでしたね(→絵画ならバトゥワンスタイルで)。
そういえば近日中に「カンボジアのトロモ機関」が出るらしい?近いな。(続く)
121. Posted by ゆうこ   2008年07月24日 18:22
まったくまとまらない妄想は置いといて、所詮「歴史上たった一人」だから個人の生き死にには頓着しないっぽいですね。多分C.C.が割り込まなければルルーシュも危なかったのでは。
何にせよ若本皇帝が少なくとも最終回までは大悪役でいてくれそうなので、うれしい限りです。
122. Posted by なっきー   2008年07月24日 23:16
4  ゆうこさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>今週は謎が解けて話が進んだ・・・ように見せかけてさらに
>謎が深まった回でした!
 その辺、コードギアスは徹底してますよね。
 どこかが明るく照らされても、新しく影に覆われた部分が必ず見付かるという…。

>C.C.
>せっかく不死を手放したのに前の状態に戻るとしたら酷すぎる
>ので、前の人格はここで退場・・・〜
 恐らく、 『だからこそ元不死者は自殺する』 という構造なのだと思います。
 しかし他の不死者がどうあれ少なくともC.C.の場合、魔女としての記憶も残っている可能性があるように思います。
(※コメント115辺りで少し書いてます)

(続きます)
123. Posted by なっきー   2008年07月24日 23:20
>前の人格と一時的にでも逢えるといいな・・・。
 魔女としての部分が残っている―― ただし思い出せない―― という状態ならば、何か必要な条件が揃えば魔女の人格を取り戻せるかもしれません。

>ルルーシュとシャルルに間に割り込んだこと、ルルーシュに何か
>隠したままのような会話、どれも仰るとおり「ルルーシュを守る
>ため」かもしれません。
 何か、そういう気がするんですよね…。

>〜もうひとりルルーシュの味方っぽい人ですべて(かなり?)を
>知る人物がいました。
>マリアンヌ様です。ちなみに彼女はルル×C.C.推奨でしたよね。
 なるほど…、そうなるとC.C.(の魔女人格)退場に伴って、マリアンヌ自らいよいよ介入、という可能性もありそうです。

(続きます)
124. Posted by なっきー   2008年07月24日 23:26
>扇はいいバカっぷりでしたね。最近「正解」を間違えて会話する
>キャラが多いので、扇の会話には「正解!正解! 正解!」とマルつけ
>してあげたい気分です。
 同感です!
 そしてチグサは間違いなくヴィレッタの本来の人格の一部で、そんな 『いいバカ』 な扇にこそ強く惹かれるものがあるのだと思います。

>誰か記憶喪失・・・とかやってる暇はないよ?!
>(しかしそんな暇はなくともやってしまうのがコードギアス)
 やりかねないですよね(笑)。
 『入りきらない』 とその展開を諦めるのが普通でしょうけど…。

>〜過去も未来も人類の歴史上たった1人……」
>ネタとしては1期でショックイメージの時に出てきた曼荼羅
>とか怪しいかなと思います。
 すっかり忘れてました。↓

(続きます)

125. Posted by なっきー   2008年07月24日 23:30
 でも確かに、あれに何の意味もないとはちょっと考えにくいですし、ここの伏線になっているかもしれませんね。

>C.C.もタイ方面にいたことあるみたいでしたね(→絵画ならバトゥ
>ワンスタイルで)。
 なるほど。有り得ますね。

>近日中に「カンボジアのトロモ機関」が出るらしい?近いな。
 C.C.と面識あるメンバーがいたりすると、その辺かなり怪しいかも?

>〜所詮「歴史上たった一人」だから個人の生き死にには頓着しない
>っぽいですね。
 そういう場合、お約束として 『その構造に気付いている個』 だけが特別な価値を持つように思います。↓

>多分C.C.が割り込まなければルルーシュも危なかったのでは。
 シャルルはルルーシュを殺そうとは考えていない気がします。
 殺すチャンスは無数にありましたし、今回もそれは同じ。↓

(続きます)
126. Posted by なっきー   2008年07月24日 23:36
 利害はともかく、感情的には殺したくないのだと思います。

 とはいえ、正反対に 『目的上ルルーシュを殺せない』 なんて形とも到底思えないので、成り行き次第ではやっぱり殺されてしまうかもしれません。

>何にせよ若本皇帝が少なくとも最終回までは大悪役でいてくれ
>そうなので、うれしい限りです。
 神殺しが何であったとしても、 『全人類のため』 なんて正義っぽい目的ではなく、やっぱり利己的あるいは自己満足的なものではないかと思っています。
127. Posted by 地護津 由利   2008年07月25日 23:22
こんばんは、少し遅くなりましたが投稿させていただきます

>コードとギアス
1、コードを失うと所有時の記憶をなくす、2、コードを所有している間はギアスを所持できない、以上のことからC,Cのコードがルルーシュに移動したのではないかと推測します、ただそれだと引継ぎ条件に矛盾が発生してしまいます

>記憶
C,Cの記憶がどの時期まで残っているかが気になります、初見ではギアスを手に入れる直前までのようなのですが、そうするとルルーシュがコードを失った場合厄介なことになってしまうので

>謝罪
すみません、前回の投稿で完璧に西暦と皇暦を混同してました
128. Posted by なっきー   2008年07月26日 00:02
4  地護津 由利さん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>少し遅くなりましたが投稿させていただきます
 はい、大歓迎です!

>1、コードを失うと所有時の記憶をなくす
 これ、ギアスを掛けられていた前後の記憶が混濁するのとかとも、原理が近い性質だったりするのかもとか思っています。
 もしそうなら、(記憶の)消失ではない可能性がさらに高まりそうですが…。

>2、コードを所有している間はギアスを所持できない
 これも、コード所有者は対ギアス無敵という現象を連想します。
 これらは相似でありながら真逆、プラスとマイナスの関係なのかもしれません。

(続きます)
129. Posted by なっきー   2008年07月26日 00:07
>C,Cのコードがルルーシュに移動したのではないかと推測
 その場合はルルーシュのどこかに紋章(型の傷)が発生していることになりそうですね。
 コード委譲に合意が必要ないのは明白ですが、ただ、どちらにもその意思がない状態でこれが起きるのかには多少疑問を感じます。

 シスターのコード押し付け、シャルルの(多分)強奪のいずれも、一方にその強い意志があり、他方は拒絶不能の状態でしたしね。

>記憶
>C,Cの記憶がどの時期まで残っているかが気になります
 記憶 “喪失” なんていいますが、物理的に脳に損傷が生じているような特殊なケース以外は 『あるけど検索できない』 状態。
 それを当てはめられるかはわかりませんが、ギアスによる記憶改変などから記憶が戻るケースも作中で出ているだけに、コードが絡んでも消失ではなく、あくまで 『記憶はどこかにある』 ように思うのです。↓

(続きます)
130. Posted by なっきー   2008年07月26日 00:14
 そこで思うのですが、Cの世界に送られていなかった、比較的新しい記憶はC.C.の中に残っているのではないでしょうか?
 残っていてもC.C.本人がそれを思い出せないか妄想としか認識できなければ、あの状態とは矛盾しないと思います。

>〜前回の投稿で完璧に西暦と皇暦を混同してました
 多分、時代設定的には同一と見なして構わない気がします。
 その上で、劇中の現在を10年くらい未来と考えるとちょうどいいのではないでしょうか。



 …ふと思ったのですが。

 どちらも死ぬことなくコード委譲可能なら、シャルルに奪われることを避けるために一時的にルルーシュにコードを 『避難』 させ、後で戻すことも理論上可能なのでは…。
 その策略を使う上で一番障害になりそうなのが、今回出た記憶の問題なのかもしれませんが…。
131. Posted by Avz   2008年07月26日 22:35
調べてみた結果を書き込みます。

>記憶の転送
シスターに会って以降の記憶が
トコロテン方式で押し出されてるんじゃないかなと想像。
おっしゃるとおりルルとの記憶はまだCCの脳内にあると思います。

今はアクセスできない状態なだけじゃないかと。

あと奴隷状態の記憶が思い出せなかったのは、
Cの世界に送った記憶が多すぎてどこにしまったのか
わからなくなったからじゃないかと思います。


>>蘇生による能力発動
確かに、死亡状態になるのは、能力発動の
きっかけとしてよくあるケースですね。
言われるまで見落としてました。(汗


>理解はシアワセ
ジェレミアも改造の結果、ニューロフィラメント(脳髄脊髄に含まれる神経細糸)と活動電位が異常数値になっていたそうです。(24話)
少なくともコード保持者の場合通常と異なる脳構造になっていたのは
まちがいない模様です。
改めて調べると1期で伏線を結構張ってます。

ナイトメアオブナナリーだとギアス保持者の脳内(人造含む)に
新たに脳内回路が形成されていたとのことですし。

なお、言語機能がおかしくなったのは
『ウィリス動脈輪(平たく言うと脳に血をいきわたらせる機関)』
に異常が発生して言語領域に酸素がじゅうぶん回らなかったからとか。


>本国送りにした恨みこんな形でイタダキマシタ

バトレーとシュナイゼルの会話の抜粋

「実験適合生態(オレンジ) はまだこちらに?」
「知能は?」
「エリア11では限界がありまして」
「そうかローゼン バーグ研究所に話をしてみよう」

以上から、やはり、CCの構造を再現すると
脳に影響があるみたいですね。
(続きます)
132. Posted by Avz   2008年07月26日 22:38

>『変えるために必死で戦った』ことそのものの価値
おっしゃるとおり、それが下がることはないですよね。
どちらにせよアリエス襲撃の真相が
を明らかにしない限り、同じことが起きないとは言い切れなかったのが決起理由ですし。
それに、ゼロとしての1歩目は『親友を救うため』、
黒の騎士団としての1歩目は『学園の仲間を助けるため』、
時期尚早と知りながら踏み出して、
実際に助けだしましたし。



>気づいたこと
自分て書いていて思ったのですが、
そもそもクロヴィス暗殺なしで、河口湖事件が発生したら
生徒会メンバーの安否はかなり危ないんですよね。
ブリタニアの場合基本的に人質もろとも殲滅なので
ユフィがいなければゼロが到着する前にすべてが終了している可能性も・・・
スザク突入が許可されたのは、人質奪還ができないまま自体が膠着したからですし。


>0番隊について
今回の『撃っていいのは〜』スローガンを
団員面前で破った件でルルにしっぺ返しとして
ナナリーに危険がせまる展開を予想してみました。
たしかにロロなら、そのような行動はせずに自分
で殺りにいきますね(汗

>騎士団崩壊
ただ今回の話で虐殺いがいに、フラグがたった気が。
副指令行方不明により

「ゼロの親友で扇のダチのこのオレしかいねーだろ」

などといってあの男が立候補する可能性を思うと…
(ガクガクブルブル

ではまた次の話の後で
133. Posted by 尚志   2008年07月26日 22:57
 なっきーさん、こんばんは。

>ジェレミア卿
憎むべき男であっても同じ信念を持って散った者は尊敬する。ジェレミア卿の格好良さがハンパじゃないです。スザクにも見習ってもらいたいですね。

>スザク
外道に堕ちる前に立ち止まったのは良し。ただ自分のやろうとしていた手段がゼロと同じ手段だと今頃気付くとは…。

>王道で来るがよい!
覇道を突き進んでいる人に言われても…(笑)。皇帝的には自分の進む道は王道なんでしょうかね。

>馬鹿か貴様は!
同じ馬鹿でもスザクの馬鹿と、扇の馬鹿とでは扇の方が気持ちいいです。

>我が願いは死ぬこと
意外と直球でしたね。もっと捻ってくるかと思いましたが…。
(続きます)
134. Posted by 尚志   2008年07月26日 22:59

>扇&ヴィレッダ
扇は死んではいないでしょうけど、生きていたとしてももはや黒の騎士団における地位・立場を失っているかも。咲世子はこの件をディートハルトに報告するでしょうし、ディートは扇を反逆者として追討しそうです(汗)。
扇が行方不明の間は、神楽耶もしくはディートハルトが副司令職を代行することになると思います。

>核実験
成功してしまいましたね。シュナイゼルはこの力をどうするつもりなのでしょう。やはり一度実戦に投入して破壊力と殺傷力の大きさを世界に見せ付けるのでしょうか…。
シュナイゼルは一般の民間人や非戦闘員を無闇に殺傷するとは思えませんが、ニーナだったら平気で日本に原爆を落としかねない(汗)

>超合集国
合衆国連合といい超合集国といい、ルルーシュのネーミングセンスには脱帽します(笑)
135. Posted by なっきー   2008年07月27日 06:45
4  Avzさん、尚志さん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。



>Avzさん

>記憶の転送
>シスターに会って以降の記憶がトコロテン方式で押し出されてる
 人間の器の中には収まりきれない分が…、という形ですね。
 理に適ってますし、凄くありそうな気がします。

>〜ルルとの記憶はまだCCの脳内にある〜
>今はアクセスできない状態なだけじゃないかと。
 はい、私はそう思っています。
 もちろん、(現実の記憶喪失と同じく)まさにそのアクセスできるようにするのが難しいわけですけど…。

>奴隷状態の記憶が思い出せなかったのは、Cの世界に送った
>記憶が多すぎてどこにしまったのかわからなくなったから
 なるほど…。↓

(続きます)
136. Posted by なっきー   2008年07月27日 06:52
 逆に、いつもアクセスしているような記憶なら、大きな本のページに付箋を貼っているかのように簡単に思い出せるのかもしれませんね。

>蘇生による能力発動
>確かに、死亡状態になるのは、能力発動のきっかけとして
>よくあるケースですね。
 一度死なないと儀式(?)が完成しないとしたら、マリアンヌ不死者説も少し中身が変わりそうです。

>ジェレミアも改造の結果、ニューロフィラメント〜と活動電位
>が異常数値になっていたそうです。(24話)
>少なくともコード保持者の場合通常と異なる脳構造になっていた
>のはまちがいない模様です。
 なるほど、確かにこれは大きな伏線ですよね。
 その時点では真相を読みにくい、上手な伏線かも。

(続きます)
137. Posted by なっきー   2008年07月27日 06:56
>ナイトメアオブナナリーだとギアス保持者の脳内(人造含む)に
>新たに脳内回路が形成されていた〜
 本編でも似たことになっている可能性はありそうですね。
 その特殊回路によって、あの世界そのものの何かに干渉しているのかも…。

>なお、言語機能がおかしくなったのは『ウィリス動脈輪〜』
>に異常が発生して言語領域に酸素がじゅうぶん回らなかった〜
 脳の特定の部位が機能不全に陥っていたのでしょうね。

>〜「知能は?」
>「エリア11では限界がありまして」
>〜以上から、やはり、CCの構造を再現すると脳に影響がある
 全く仰る通りな気がします。

>アリエス襲撃の真相がを明らかにしない限り、同じことが起き
>ないとは言い切れなかったのが決起理由ですし。
 仰る通りですね。↓

(続きます)
138. Posted by なっきー   2008年07月27日 07:01
 V.V.がシャルルに無断でルルーシュに刺客を送ったことからしても、ルルーシュが何も行動しなければ何も悪くならなかった、…とは到底言えないとも思います。

>ゼロとしての1歩目は『親友を救うため』、黒の騎士団として
>の1歩目は『学園の仲間を助けるため』、〜
 いつも重要なところで、(自分以外の)誰かのために 『やるしかない!』 となるんですよね。

>そもそもクロヴィス暗殺なしで、河口湖事件が発生したら生徒
>会メンバーの安否はかなり危ない
 ユフィがいない場合、強攻に出ないとは思えません。
 確かにそうなると抵抗側も、(交渉に使えないので)人質を 『肉の楯』 にしかねない気がします…(汗)。

>〜ルルにしっぺ返しとしてナナリーに危険がせまる展開を予想
>〜たしかにロロなら、そのような行動はせずに自分で殺りに〜
 しかもそれを可能にする能力ですからね(汗)。↓

(続きます)
139. Posted by なっきー   2008年07月27日 07:04
 『ナナリーがいるから兄さんが危うくなっている』 とか考え出したら、本気で実行しかねないかも…。

>副指令行方不明により
>「ゼロの親友で扇のダチのこのオレしかいねーだろ」〜
 うわあ…(笑)。
 あ、でも、対立候補を立てて、 『民主的に』 幹部以上の投票で決めることにすればいいかも?(笑)
 目に浮かぶようです。

 たまきw 1票(自分)

 人望からいってやはり神楽耶が本命。
 対抗が藤堂でしょうね。



(続きます)
140. Posted by なっきー   2008年07月27日 07:08
>尚志さん

>ジェレミア卿
>憎むべき男であっても同じ信念を持って散った者は尊敬する。
>〜スザクにも見習ってもらいたいですね。
 悪いように悪いように考えていては、まだまだあの域には到達できないでしょうね。…もっと本質を見ようと思わないと…。

>スザク
>〜ただ自分のやろうとしていた手段がゼロと同じ手段だと今頃
>気付くとは…。
 自分を客観視するのが、格別苦手な感じですよね(汗)。

>王道で来るがよい!
>覇道を突き進んでいる人に言われても…(笑)。
 わしのようにはなるなよ、という意味だったりして…(笑)。

>同じ馬鹿でもスザクの馬鹿と、扇の馬鹿とでは扇の方が気持ち
>いいです。
 全く同感です。

(続きます)
141. Posted by なっきー   2008年07月27日 07:12
>我が願いは死ぬこと
>意外と直球でしたね。もっと捻ってくるかと思いましたが…。
 まあ捻った結果不自然になられても困るので、これはこれで収まるべきところに収まっているとも言えそうです。

>扇は死んではいないでしょうけど、生きていたとしてももはや
>黒の騎士団における地位・立場を失っているかも。
 咲世子は何か勘違いしていそうなんですよね。
 そしてディートハルトは 『善意の解釈』 をしないようにも思います(汗)。

>扇が行方不明の間は、神楽耶もしくはディートハルトが副司令
>職を代行することになると思います。
 やはり神楽耶が適任に思えます。
 ディートハルトが前面に出ると、 『黒衣の宰相』 で評判が落ちた徳川家康のようになるかもしれません。

(続きます)
142. Posted by なっきー   2008年07月27日 07:15
>核実験
>〜シュナイゼルはこの力をどうするつもりなのでしょう。
>やはり一度実戦に投入して破壊力と殺傷力の大きさを〜
 『戦わずして勝つ』 ために使うのだとしても、相手がその脅威を現実のものと認識しなければならないですからね。
 ですがシュナイゼルも無用の虐殺は好まないでしょうから、無人の施設あるいは島などを吹き飛ばすかもしれません。

>〜ニーナだったら平気で日本に原爆を落としかねない(汗)
 ニーナなら、ゼロがいてブリタニア人がいない場所になら落としたいと考えるかもしれませんよね(汗)。

>合衆国連合といい超合集国といい、ルルーシュのネーミング
>センスには脱帽します(笑)
 いいセンスですよね(笑)。
 多分ゼロはマスコミ受けもいい―― いいネタを提供してくれるという意味で―― ような気がします。
143. Posted by ソマソマ   2008年07月30日 20:44
こんばんは。相変わらず遅れまくりの感想です。

ジェレミア、バトレーの亡骸の前で>自分をこんな体にした相手でも皇族への忠義には敬意を払うこのシーンは格好良いんだけど、「君を尊敬すると」のセリフの後に「全力で!!」を付けなくちゃダメーーーと叫んでしまいました(笑)

スザクとカレン>カレンにビンタを喰らってもリフレインを使おうとしたスザクですが何とか一線を踏みとどまりました。でもその理由は己の良心によるものではなくアイツと一緒になりたくないという、ルルーシュへの憎悪と同族嫌悪によるものなのが皮肉です。本当は麻薬なんか持ち出す前に気付かなきゃいけないんですよ、スザクさ〜ん……


(続きます)
144. Posted by ソマソマ   2008年07月30日 21:19
それにカレンに「シャーリーの亡骸に誓って」と言ってますが、そういうスザクは『ユフィの亡骸とその思い』に誓って今の自分を誇れるのでしょうか?

扇とヴィレッタと千草>扇は自分の気持ちに正直ですね。ヴィレッタもそんな真っ直ぐな扇に対して「出会わなければ良かったんだ!」とまで言って始末する決意が揺らぎまくってます。最後は扇を助けようとしてましたし。
実はネタバレで二人の先の事も知ってるのですがコードギアスでは嘘、秘匿がタブーな様に周りが見えなくなるほどの自分のたった一つの大切な物への気持ちの真っ直ぐさ、正直さは危険だったりします。自分が一番大切にしてる物の為だったら、優先すべき事を見誤って他の大切な物をあっさりポイッと捨てる事が出来るという…


(一度切ります)
145. Posted by なっきー   2008年07月30日 22:25
4  ソマソマさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>相変わらず遅れまくりの感想です。
 大歓迎です!

>ジェレミア〜
>「君を尊敬すると」のセリフの後に「全力で!!」を付けなくちゃ
>ダメーーーと叫んでしまいました(笑)
 さすがにそれをされると、視聴者的には笑わずにはいられなくなる気が…(笑)。

>〜スザクですが何とか一線を踏みとどまりました。
>でもその理由は己の良心によるものではなくアイツと一緒になり
>たくないという、ルルーシュへの憎悪と同族嫌悪
 そうなんですよね…(汗)。
 もちろん実行するしないの差は大きいのですが、正道に立ち返ったとは到底言えない思考だったのが残念です。↓

>本当は麻薬なんか持ち出す前に気付かなきゃいけない
 全く仰る通りだと思います。

>〜そういうスザクは『ユフィの亡骸とその思い』に誓って今の
>自分を誇れるのでしょうか?
 今回のこれを思い止まってすら誇れないですし、そのことにようやく気付く 『チャンスができた』 (つまり前段階)辺りだと思います。

(続きます)
146. Posted by なっきー   2008年07月30日 22:27
>〜ヴィレッタもそんな真っ直ぐな扇に対して「出会わなければ良
>かったんだ!」とまで言って始末する決意が揺らぎまくって〜
 やっぱり、チグサも間違いなくヴィレッタだったのでしょう。
 別人格ではなく、普段はああいった心を押し隠してブリタニアの男爵たろうとしているのだと思います。

>自分が一番大切にしてる物の為だったら、優先すべき事を
>見誤って他の大切な物をあっさりポイッと捨てる事が出来る〜
 優先というか…。
 例えば人質を取られたら他の誰かを殺すのも仕方ないか?…と言えばそれは違うと思います。

 どちらの命が大事かではなく、それは 『選択してはいけない』 『選択しないことが正解』 なのだと思うのです。
 つまり、優先順位を付けてはいけない時、というものもあるのではないかと。
147. Posted by ソマソマ   2008年08月04日 02:50
諦めて自分のペースで書く事にしました。なっきーさんにはご迷惑をお掛けします…

>選択しない、優先順位をつけてはいけない
そうなんですよね。物事を短時間で決めなきゃいけない時もあるので予め優先順位を付けておくのも確かに大事なんですが、特に心や命が掛かってる時は安易にそれを持ち出してはいけないです。それに一度も迷わず盲信した選択より、迷い悩みぬいた選択は失敗したとしても間違える事はないと思います。かといって迷い過ぎたりすると時間切れになって取り返しのつかなくなる事もあるので非常に難しい所です……。
148. Posted by ソマソマ   2008年08月04日 04:18
嘘と世界の本当の姿>難し過ぎて私にはわかりません。誰かにシャルルの言葉を解読して欲しいです…。独自解釈ですが辛うじてわかるのは
「お前はワシでワシはお前なのだ」=これは人間の本性は結局皆同じである…コードギアスではキャラ同士の対比、合わせ鏡な表現や「結局アンタら皆、言ってる事もやってる事同じな似た者同士じゃん」的なシーンが嫌というほど出てきてるので、そういう意味では当てはまると思います。非常にネガティブではありますが(汗)
「人は一人しかいない〜歴史上たった一人」=人、『自分という個人』は過去から未来へと紡がれ続ける歴史上の間の『現在』に一人しか存在しない。例えばルルーシュという個人は現在、この瞬間にしか存在せず遥かな過去や未来には存在しえない。自分という人間、『個』は一人だけと解釈してみました。だからシャルルはわずかな瞬間にしか存在出来ない『自分自身』を蔑ろにしてまで嘘をついてどうするんだと言っている気がします。


(続きます)
149. Posted by ソマソマ   2008年08月04日 04:38
人は皆似た者同士、自分という個人の人間は一人だけ。この二つは矛盾してるし、どこか当てはまる部分もあるかもしれないです。シャルルの言っていた神とは変えられる事の出来ない人間の業という事なのでしょうか…?ただ今までの事からシャルルの話はただの比喩表現だけでなく何か現実的な意味も含んでると思います。神も具体的に実在してるし、世界の正体(最近の展開からコードギアス世界は仮想現実、データの世界説が強くなってきました…)も実際の事だと考えてます。
正直言って、精神論や概念的な物だけであって欲しくないです。それだけだと結局エヴァの二番煎じですしコードギアスの場合、スケールや世界観が一気に小さくなってしまうと思いますので…。
150. Posted by なっきー   2008年08月04日 07:34
4  ソマソマさん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。


>諦めて自分のペースで書く事にしました。
 正直な話、迷惑だなんてことは全くありません。
 深く切り込もうと思うと1週間でも足りないことは普通にあるでしょうし、私は元々古い記事へのコメント(やトラックバック)に違和感の類を感じないタイプですしね。

>物事を短時間で決めなきゃいけない時もある
 これも大事ですよね。↓

>〜特に心や命が掛かってる時は安易にそれを持ち出してはいけ
>ない
 これと両立したときにこそ、優先順位をきちんとしていることの価値が高まるのかもしれません。

>一度も迷わず盲信した選択より、迷い悩みぬいた選択は失敗した
>としても間違える事はない
 これは真理だと思います。
 結果的に選択ミスだとしてさえも、真剣に考えた価値は決して失われることはないことでしょう。

>迷い過ぎたりすると時間切れになって取り返しのつかなくなる
>事もあるので非常に難しい所
 将棋では指運なんて言葉もあるそうですが、時間に追われて咄嗟に選ぶとなると、それは最早運試しに近いものが出てきますからね。

(続きます)
151. Posted by なっきー   2008年08月04日 07:36
>〜誰かにシャルルの言葉を解読して欲しいです…。
 そういうとき、後に意味を理解できると考えて、解釈や結論を保留するのも手だと思います。

>「お前はワシでワシはお前なのだ」=これは人間の本性は結局皆
>同じである
 対立構造にあるルルーシュとスザクなども、時折ひどく似た側面を覗かせたりもします。
 個人差はあっても、 『人間』 である以上は枠に収まってしまうのは間違いないですよね。

>「人は一人しかいない〜歴史上たった一人」=人、〜
>例えばルルーシュという個人は現在、この瞬間にしか存在せず遥かな
>過去や未来には存在しえない。
 この言葉は本当に難解(汗)。もしかしたら、解読するためのキーがまだ出てきていないのかもしれません。

 仰る解釈は、 『認識されることで世界が存在する』 の裏返しみたいな感じですね。
 認識し得ないところには世界はなく、故に自分が認識する世界の人間=認識者は自分だけ…とか何とか。

>わずかな瞬間にしか存在出来ない『自分自身』を蔑ろにして
>まで嘘をついてどうするんだと言っている気がします。
 なるほど、そうかもしれません。

>シャルルの言っていた神とは変えられる事の出来ない人間の業〜
 これも難解…(汗)。↓

(続きます)
152. Posted by なっきー   2008年08月04日 07:38
>ただ今までの事からシャルルの話はただの比喩表現だけでなく何か
>現実的な意味も含んでると思います。
 私もそう思います。
 概念的な話ではなく、実はシャルルの認識する世界の現実そのものの話ではないかとさえ思います。
 …だからこそ尚更、難解なのだとも言えますけど。

>(最近の展開からコードギアス世界は仮想現実、データの世界説が強く
>なってきました…)
 有り得ます。…ですが、例えばこの現実世界が仮想世界でないとは誰にも断言できません。
 それを思えば、仮想であっても、それ自体は大した問題ではないとも思います。

 マトリックスのごとく 『現実の我々が搾取されている』 とかなら、その搾取者に反逆する意味は出てくるでしょうけど。

>正直言って、精神論や概念的な物だけであって欲しくないです。
 エヴァの、というか、この手の世界観は凄く古くから存在しています。
 それ故に今更パクリ云々は少しも思わない―― それを言えばエヴァ自体もパクリということに―― です。

 ですが、今やっている 『人間論』 みたいなのとは全く方向性が違いますし、どちらが面白いかと言えば人間論の方だとも思います。
 この辺は個人的な嗜好も絡むとは思いますが…。
153. Posted by ソマソマ   2008年08月07日 01:25
こんばんは。遅れがちなコメントです。いっそのこと後の話の感想を先に書こうかと考えてます…。

C.C.の契約>自分自身の死…不死者のお約束ですね。人によっては不老不死で同じような事の繰り返しな人生でもそれなりに楽しんでる人もいるんでしょうが、C.C.も自分と同じコードを持つ不死者が仲間にいれば死を望まなかったかもしれないです。V.V.はむしろ狙う側ですし。でも本当に死を望むだけなら初めからシャルルにコードを渡せばよかったはずです。コードは契約した同士じゃなくても譲渡出来て、複数所有する事も可能みたいですし。心根は優しいルルーシュに不死の宿命を押し付けたくなければ尚更です。C.C.の心境の変化かそれともコードを一人が複数所有するのは何かマズイのか…。
154. Posted by ソマソマ   2008年08月07日 04:27
最近感想がものすごく長くなってます。自分でも何を書いてるのかよくわからなかったり(笑)

ナナリーの成長と変わらないスザク>男共が歪んでる中でナナリーは日本の総督としての責を果たそうと周囲の傀儡にはなるまいとよく頑張ってます。総督としての威厳も出てきました。天然嘘発見機であるナナリー(笑)、盲目故の非常に優れた皮膚感覚とはいえ相手の動揺の内容が嘘によるものと正確に見抜くのはちょっとすごすぎです。権力を使うべき時で正しい形で奮ってます。対してスザク、ルルーシュに直接真偽を問い質そうとしたまではいいですが、いざルルーシュの記憶が戻ってたら皇帝にナナリーを自分が使うと言われた事を思い出し日本の待遇が良くなりそうと聞いてもあまり興味ないみたいです。果てにはついにナナリーにルルーシュ(己にとっての絶対悪)と同じと指摘されてしまう始末。そこまで言われても先の話では反省する所かルルーシュに責任転嫁してます…。
155. Posted by ソマソマ   2008年08月07日 05:04
Cの世界>Cの世界ってメモリーカードだったんですね(違)自身の『過去になった』記憶を立体映像化する物ですか。おそらくコードの力だと思います。どうやらある程度、自分の記憶や意識も操作出来るみたいです。でもそうだとすると死んだ人を出しても録画装置から再生したただの記録映像、その人自身の心や魂(コードギアスには魂という概念はないかもしれませんが)は無いという事ですね…。

C.C.とギアスの本質>C.C.が元はただの人間でギアス能力者だとは意外でした。てっきり古代人か異星人の生き残りとかその末裔とか、ある意味人間を超越した存在だと思ってたので。ギアスはその人の素質や希望が形にした力。C.C.は奴隷だったので人々から酷い仕打ちを受けていた、だからギアスの力が『他人から愛される』形になったんですね。名付けて『絶対魅了の視線』。(←命名のセンスありません)


(続きます)
156. Posted by ソマソマ   2008年08月07日 05:32
それぞれのギアスの形>ルルーシュのギアス『絶対遵守の力』は皇帝を始めとした、実際にも心情的にも上の立場の者達から理不尽な命令や扱いをされてきた為に相手の立場に関係なく相手を支配出来るのを望んだ形になったもの。

マオの相手の心の奥底まで読めるギアスは天涯孤独で人と会話らしい会話も出来なかった為に相手とコミュケーションしなくても相手の事がわかる力、また自己防衛の為に現れた物。(相手を知る事は自分を守る事にも繋がる)契約したC.C.もマオの発現するギアスの影響を受けたかもしれません。マオにとってC.C.は始めて自分に普通に接してくれた相手なので、C.C.の事をとことん知りたくなったのかもしれません。


(続きます)
157. Posted by ソマソマ   2008年08月07日 06:10
シャルルの相手に記憶の操作や嘘を植え付けるギアスは私にはちょっとわかりません。何故あれほど嘘を嫌うシャルルに全く正反対のギアスが発現したのか…。シャルルの希望が反転したのか、それともシャルルの本質はあらゆる人間を嘘も含んで自分の思い通りにしたい事なのか…。シャルルのギアスは『神殺し』の目的も関係があると思います。

ロロのギアス『絶対静止の結界』、ロロ以外の周囲の人の体時間を止めるひいては人の動きも思考も封じてしまう力、もしV.V.と正式に契約して現れた力ならロロは他人を拒絶、または恐怖に感じてたのではと思えます。相手を知りたいとすら思えず無条件で相手を封じ自分の身を守る、自己防衛がダイレクトに現れたのかもしれません。本人すら覚えてない小さい頃誰かに極度の恐怖(虐待等で)を味わわされたのかもしれません。人工的な物だとしたら、人体実験で小さい子供なら一生物のトラウマになる程の恐怖を味わったのでしょうね…。ただ単に小さい子供は自己防衛本能は強いのでギアスが目覚めた時、子供だったロロはたまたま本能レベルの物がダイレクトな形で現れただけなのかもしれませんが。



(まだ続きます…)
158. Posted by ソマソマ   2008年08月07日 06:54
嚮団では年齢によって現れるギアスの違いとかは研究してたのでしょうか?小さい子供の方がギアスの力がダイレクな形になるとは思います。嚮団の子供のギアスは、相手に自分のお願いや言う事を聞いて欲しいという子供の単純な希望が形になったのではと思いました。アニメのギアスの力は基本的に相手、または自分の意識や心に作用する物で肉体や物理的には作用しないですね。ゲームでもライ、ユフィ、キャスタール、パラックスのギアスが出てきますが基本アニメのギアスと同じみたいです。ナイトメアオブナナリーみたいなもっと超常現象や正に超能力なギアスとかがあった方が面白くなった気がします。もしスザクにギアスが発現したらどんな力になるのか個人的に気になります。スザクは自己の存在を否定し自分の意にそぐわない他人の行為や意志を異常なまでに拒絶し、その割にはアイデンティティを崩される事もまた異常までに怖れてるというちょっとというかかなり複雑な人なので…。まだこの話題が続きます。というか、いい加減にしろですね(笑)
159. Posted by なっきー   2008年08月07日 19:03
4  ソマソマさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>いっそのこと後の話の感想を先に書こうかと考えてます…。
 どちらでも私は構いませんので、良いと思う方をお選びくださいませ。

>C.C.の契約>自分自身の死…不死者のお約束ですね。
>〜C.C.も自分と同じコードを持つ不死者が仲間にいれば死を望ま
>なかったかもしれないです。
 独りかどうか、という差は大きいと思います。
 また、一時でも同じ時間を楽しんだ相手が先に死んでしまうと、途端に生が空虚なものに思える可能性もありそうです。

>でも本当に死を望むだけなら初めからシャルルにコードを渡せばよか
>ったはずです。
 あくまで勘ですが 『当たり前の生を楽しんで、好きな人と一緒に年齢を重ね、その末に当たり前に死にたい』 のだと思います。

>心根は優しいルルーシュに不死の宿命を押し付けたくなければ尚更
 根本的なこととして、C.C.がギアスを与えることが可能な相手に制限があるかどうかが気になります。
 私はあると思うのですが、ないのならそれこそ、調子に乗ってギアスを使いまくってあっという間に暴走させるような頭の弱いのを選べば済む話だと思うんですよね。

>C.C.の心境の変化かそれともコードを一人が複数所有するのは〜
 私の予想は上で書いたように 『単に死にたいわけではない』 というもの。
 あと、シャルルが何をしようとしているかを知った上で、その道程を縮める意味を持つ(?)コードを与えたくない、といったパターンもありそうです。

(続きます)
160. Posted by なっきー   2008年08月07日 19:05
>ナナリーの成長と変わらないスザク>男共が歪んでる中でナナリーは日本
>の総督としての責を果たそうと周囲の傀儡にはなるまいとよく
>頑張ってます。
 なめられきった状態からのスタートでしたからね。
 正面切っての押し合いで負けたミスローマイヤは、次は搦め手で来そうな気がします。
(今回の、責任だけ持たせようとする姿勢もその一環かも)

>天然嘘発見機であるナナリー(笑)
 わずかな体温、発汗などの変化を読み取ってしまうのでしょうね。

>対してスザク、〜
>ルルーシュの記憶が戻ってたら皇帝にナナリーを自分が使うと言われた
>事を思い出し〜
 ブリタニアでの昇進を目指していながら、皇帝の命でも従えない事柄があり、そしてここが重要なのですが、 『従えない命令には抗弁はしない』 『抗弁はしないが結局従わない』 という辺りでやや昇進目的が破綻気味です。

 曲げられない正義があるのなら、主君を諫めるのも正義。
 諫めるつもりがないのなら、自分の正義を曲げて従うか、さもなければその主君の下を去るか、それが筋ですからね。

>果てにはついにナナリーにルルーシュ(己にとっての絶対悪)と同じと〜
>そこまで言われても先の話では反省する所かルルーシュに責任転嫁
 すぐ上で書いたことにも通じる気がしますが、正義の基準が一定せず、ぶれ続けています。
 そもそも最初 『ブリタニアの内から変える』 という目的自体はともあれ、 『殺したくないのに軍に入った』 ことが既に矛盾していたわけで…。

>Cの世界>Cの世界ってメモリーカードだったんですね(違)
 あの絵一つ一つがメモリーカードで、それをしまうケースがCの世界なのかもしれません。

(続きます)
161. Posted by なっきー   2008年08月07日 19:07
>でもそうだとすると死んだ人を出しても録画装置から再生した
>ただの記録映像、その人自身の心や魂〜は無いという事ですね…。
 恐らくその通りでしょうね。
 マオがいたとしてもそれはただの再現映像、ということに…。

>C.C.とギアスの本質〜
>てっきり古代人か異星人の生き残りとかその末裔とか、〜
 私も似たような感じです。
 具体的には、身体は元人間だとしても、精神はその人間を依代に降ろされた神なのではないかと、そんな風に思っていました。

>C.C.は奴隷だったので人々から酷い仕打ちを受けていた〜
 奴隷としてもとりわけ扱いが悪い主に当たっていた予感がします。

>ルルーシュのギアス『絶対遵守の力』は皇帝を始めとした、実際にも
>心情的にも上の立場の者達から理不尽な命令や扱いをされてきた
>為に〜
 これは全く同感です。

>マオの相手の心の奥底まで読めるギアスは〜
>また自己防衛の為に現れた物。
 この自己防衛が当たりだと思っています。

 マオには天子の血統説なんかもありましたが、私が一概にそれを否定できないのも、このギアスがしっくりくる面があるからです。
 そういった権謀術数の世界で、誰もが笑顔を貼り付けていて、でも誰が何を企んでいるかわからないとなれば…。

>何故あれほど嘘を嫌うシャルルに全く正反対のギアスが発現したのか
 多分、逆の発想なのでしょう。

 嘘ばかりついている人がいたとします。
 それが嘘なのは、その人が知る 『真実が他にあるから』 です。↓

(続きます)
162. Posted by なっきー   2008年08月07日 19:10
 では、その嘘をその人の真実に変えてしまったらどうでしょう?
 それが客観的な事実かどうかはともかく、その人にとってはそれは嘘ではなくなります。

 こうした一見ひねくれた 『真実』 の形は、シャルルの世界観と直結している気がします。
 シャルルはそもそも、あの世界を私たちの概念で言う 『現実』 と認識しているかどうかも怪しいのではないかと…。↓

>シャルルのギアスは『神殺し』の目的も関係があると思います。
 私もそう思います。
 『現実』 の価値を認めないことが、神(と呼ぶもの)への否定にも繋がっているのではないかと思います。

>ロロのギアス『絶対静止の結界』
 ルルーシュだけは例外になりましたが、ロロが他人を恐ろしく軽んじているのは明らかで、それはギアスの結果ではなく原因なのかもしれません。
 もちろん、そうした思考にもさらに原因があるのでしょうけど、それはまた別の話。…と言うか、全く判断材料がない幼少時のことになるので、考察するだけ無駄な気がします。

>嚮団では年齢によって現れるギアスの違いとかは研究してたの
>でしょうか?
 全く根拠のない勘だと前置きして書きますが、 『子どもでなければギアスが発動しない』 のではないかと思っています。
 と言うか、この辺も材料がなくて、直感以外の考察が困難な感じです。

>もしスザクにギアスが発現したらどんな力になるのか個人的に気に
>なります。
 俺ルール強制キタコレ!(笑)

 …これはこれで、傍迷惑度はかなり高そうです。
163. Posted by ソマソマ   2008年08月08日 05:15
一日空きました。今回で15話の感想は何とか終わらせます。

>ロロが他人を軽んじてるのは明らか
これは嚮団とV.V.に10年間も暗殺をさせられた結果だと思います。ましてや幼少の頃からですし心を押し殺さなければ暗殺なんてやっていけないでしょうから…。それ故ああなってしまったのではと。やっぱり簡単には直らないとしてもルルーシュがボロ雑巾扱いをさっさと撤回して自分だけに心を開いてればいいという風に仕向ける表面的な兄を演じるのではなく、ロロ自身の世界を広げる正面から内面をケアしてあげれば少しは違ったのではないかと思います。

>強制俺ルールキタコレー!(笑)
スザクがもしギアスを持ったら…ある意味拒絶と自己否定の極みの『自分を見えなく(認識出来なくする)ギアス』とか俺ルール強制の場合だと絶対遵守は違う気がします。スザクは自分の意にそぐわない者は完全に拒絶か自分と同じような思想に染めないとダメだと無自覚ですがそういう傾向があるので、私が思いつくのは『相手の人格を強制的に自分の都合のいい人格に書き換えるギアス(しかも永続性)』シャルルの強化版とかでしょうか。



(続きます)
164. Posted by ソマソマ   2008年08月08日 05:48
>〜考察するだけ無駄な気がします
ちょっと気になったのですがその人の「意見を自分と違う」と否定するのは構わないですが「意見するだけコメントするだけ無駄です」というのは違うと思います。以前私が書いてしまった「示された答えを遊び半分とはいえ無理にねじ曲げる様な感想」が困るというのはわかります。(その節は御迷惑を掛けました…)
でも情報や材料が足りないから「あなたの感想は意見するだけ無駄です」とその人自身を否定するのは何か違うと思うのです。足りないからこそ、そこから自分なりに考えるのが楽しいのだし考察、予想、妄想どの感想にしてもその人自身の自己満足も大抵はあります。私もなっきーさんの感想の内容が自分と違っていてもなっきーさんが感想や考察する行為自体を否定するつもりは全く無いです。複雑になってしまいましたが『その人の意見の内容のみを否定する』のと『その人自身や意見、感想する行為自体を否定する』のは違う事だとはわかって欲しいです。1コメント者という立場で生意気な事を言ってすみません。でもこれすら否定されてしまったら一体何をコメントすればいいの?な状態にもなるので…。
165. Posted by ソマソマ   2008年08月08日 06:21
C.C.のその後>ギアスのおかげで酷い仕打ちも受けなくなり皆から愛される様になったC.C.ですが、今度は自分に向けられる好意が本心からなのかギアスの力に過ぎないのかわからなくなってしまったと。だからギアスの効かないシスターの自分に対する言動は全部本心なんだと錯覚してしまったんですね…。
ギアスの力がどの程度強くなってるかはコード所有者にはわかる様です。余談ですがギアス使用時に瞳に浮かぶ鳥みたいな模様や赤い光、ギアスに掛けられてる時に瞳の周りに浮かぶオレンジの光等はコード所有者とギアス使いにしかわからないんだそうです。
ギアスによる貰い物は全部返したC.C.。だからって何も裸にならなくても(笑)ギアスの存在を隠す為のシスターの証拠隠滅という所でしょうか。
そして嚮団の始まりは元はアイドルのファンクラブだったからなんですね。(←違います)



(続きます)
166. Posted by ソマソマ   2008年08月08日 06:59
コードと不死の継承>コードの継承は互いの意志に関係なく所有者が力の溜まったギアス使いに押し付けるのはもちろん、シャルルの行動から逆にギアス使いが所有者から奪うのも可能みたいです。だからC.C.は逃げていたんですね。ただ再会した時にギアスの力が既に達してたであろうマオには渡しませんでした。コード所有&不死者になったマオが災いを起こすのを案じたのと、継承は是非ルルーシュにしたいのと、C.C.自身あの時点ではただ自分の不死を終わりにしたいだけではなくなっていたのだと思ってます。不死者になるにはコードを継承した後、致命傷じゃないといけないのかはわかりませんが、一度傷つく必要があるみたいです。そして最初に受けた傷だけは不死者の証として消えないのだと考えてます。


(続きます)
167. Posted by ソマソマ   2008年08月08日 07:29
戻ってきたルルーシュ…>思考が干渉するらしいですが、思考エレベーターのシステムはいまいちよくわからないです。肉体ごと移動する空間転送なのか、意識や魂のみが肉体から離れて転送される物なのか…。神根島の時は肉体ごとだったみたいでしたが。世界そのものの成り立ちに鍵があるみたいです。アーカーシャの剣の空に浮かんでる木星も謎です。

C.C.の本当の願い>C.C.の記憶世界で彼女の本当の願いを知ったルルーシュの心からの叫びがC.C.にコードの譲渡を拒否させました。「そいつはオレの…」の後に恋人宣言しちゃたりしたらシャーリー死んですぐなのにちょっと軽すぎる〜とも思ってしまいました。今のC.C.の願いは誰かに心から愛されて自分の心が満たされて人として死んでいくことなんですね。


(続きます)
168. Posted by ソマソマ   2008年08月08日 08:00
脱出、そして…>アーカーシャの剣が壊された時、珍しくシャルルが激怒と動揺を表に出してました。神殿が崩れる時に何度も出てきた不吉過ぎるイメージの後に今回核爆弾実験のシーンが出てきたのは、かつて遥かな過去に同じように核戦争で世界が崩壊したという意味なのか、これから核爆弾が落とされ世界が人が破滅に向かっていく…過去繰り返し変えられない未来を示してるのか…。どっちにしろニーナあなた何て物を作ってしまったんだ(汗)
戻って来れた二人ですがC.C.は記憶を失くしてました。コードが無くなってましたがあの時シャルルに取られてしまってたのか、C.C.のメモリーカードの中身が入れ替わっただけなのか…。ルルーシュはロロを使って何かするつもりみたいでしたが単にシャルルの元からなるべく離れる為でなくコードの継承なら無理だと思います。ロロはギアスの力が幼少の頃から使ってるにもかかわらず継承可能レベルまで達してないみたいですので。

今週のアーサー2>荒んでるスザクを心配そうに見て鳴いてます…。こらスザク!アーサーを心配させない為にも早く心の整理をして改心しなさい!(笑)
169. Posted by なっきー   2008年08月08日 19:05
4  ソマソマさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>>〜考察するだけ無駄な気がします
 まず何より先に、これの謝罪をさせていただきます。
 全然別の意味で書いた…つもりで、大失敗してしまいました。
 大変に申し訳ありません(汗)。

 言い訳ではなくて、と前置きさせていただきますがこれ、私自身の話なのです。
 私は考察材料が足りないとき、保留する癖があります。今考えても絞り込めない、とそこで考えることをやめてしまうのです。

 だから私には踏み込めない領域ができてしまう=(私が)踏み込んでも無駄、そういう話でした。
 でもあの文では意味不明…(汗)。

>>ロロが他人を軽んじてるのは明らか
>これは嚮団とV.V.に10年間も暗殺をさせられた結果
 その可能性が高いでしょうね。
 一方で、何らかの原因―― もちろんそれも結局ギアス嚮団のせいかもしれません―― でこの性質が先にできあがり、その結果としてあのギアスを得た可能性もないではないと思うのです。

 その場合、暗殺者になったのは体感時間停止ギアスを得たから、となって、(この部分だけ)原因と結果が逆転するわけですね。

>〜表面的な兄を演じるのではなく、ロロ自身の世界を広げる正面
>から内面をケアしてあげれば少しは違ったのではないか
 ちょっと言葉は悪いですが、ルルーシュは 『調教』 しかしていない気がするのです。 『教育』 ではなくて。
 シャーリーを殺したと言った時にも、せめて普通にロロに怒りをぶつけていれば、かなり違ったと思うのですが…。

>>強制俺ルールキタコレー!(笑)
>〜ある意味拒絶と自己否定の極みの『自分を見えなく(認識出来
>なくする)ギアス』
 なるほど、そういうパターンもありそうです。

(続きます)
170. Posted by なっきー   2008年08月08日 19:09
>俺ルール強制の場合だと絶対遵守は違う気がします。
 私もそう思います。
 ルルーシュのは命令に従わせる以上でも以下でもありませんが、スザクだと相手を屈服させるような要素が大きそうな気がします。
 何だかわからないけど逆らえない、みたいな…。

>『相手の人格を強制的に自分の都合のいい人格に書き換える
>ギアス(しかも永続性)』
 そういう形もありそうですよね。
 何にせよ、ルルーシュのみたいに細かい命令の強制はできなくとも、下僕化という面では上、みたいな感じで…。

>〜「意見するだけコメントするだけ無駄です」というのは違う
 仰る通りです。
 上で書いたように、私は別のことを考えていたのですが、書いた文があれではお粗末という他ありません(汗)。↓

>〜「あなたの感想は意見するだけ無駄です」
 これも、 『私はそれを考察しようとしても無駄に終わります』 ですね。
 推理物に例えると、私はある程度材料が揃わないと犯人の絞り込みすらしないタイプなのです。

 『こういった犯行は有り得る』 と思い付くことはあっても、すぐに 『でも可能性が多すぎるから保留』 となるわけですね。

>〜『その人の意見の内容のみを否定する』のと『その人自身
>や意見、感想する行為自体を否定する』のは違う事
 仰る通りです。
 誤解して当然のレスを書いてしまったこと、不愉快な思いをさせてしまったことを、改めて深くお詫びします。

(続きます)
171. Posted by なっきー   2008年08月08日 19:11
>C.C.のその後>〜今度は自分に向けられる好意が本心からなの
>かギアスの力に過ぎないのかわからなくなってしまったと。
 多分、という話になりますが、ギアスの強制力が働いている状態で、普通の恋愛感情は芽生えないのではないかという気がします。
 …うまく表現できませんが、 『結果だけがあって過程が存在しない』 とか、そんな形になってしまうのではないかと…。

>だからギアスの効かないシスターの自分に対する言動は全部本心な
>んだと錯覚してしまったんですね…。
 それに、シスターもいくらかはC.C.が可愛く見えたりすることもあったと思うのです。
 C.C.が 『愛されたい』 と思っていることも手伝って、全部嘘の愛なら気付けても、時々本物が混じるとなると途端に気付きにくくなるのでは、と。

>余談ですがギアス使用時に瞳に浮かぶ鳥みたいな模様や赤い光、
>ギアスに掛けられてる時に瞳の周りに浮かぶオレンジの光等はコード
>所有者とギアス使いにしかわからない
 それはそれで、何か納得できる気がします。

>ギアスによる貰い物は全部返したC.C.。だからって何も裸になら
>なくても(笑)
 全部返したよ、何も隠してないよ、というアピールなのかも。

>ギアスの存在を隠す為のシスターの証拠隠滅という所でしょうか。
 コード所持者になればギアス能力の方は消えてしまうため、プレゼントをもらったままだと面倒が起きると思ったのでしょう。
 これは、これから自殺しようというシスターにはどうでもいいことで、だから、いくらかはC.C.を気に入っていたのは確かだとも思います。

(続きます)
172. Posted by なっきー   2008年08月08日 19:14
>嚮団の始まりは元はアイドルのファンクラブだったからなんですね。
 C.C.がギアスを失っても、それでもC.C.を慕った 『嚮主』 に、ギアスの解明を依頼したのかもしれませんね。

>〜シャルルの行動から逆にギアス使いが所有者から奪うのも可能
 恐らく、条件が全部揃えば儀式成立、となるのでしょうね。

・ギアス能力者の身体に紋章が刻まれる
・コード所持者の紋章を剥がす

 この2つが必須に思えます。
 加えて、↓

・ギアス能力者だった人物が一度死ぬ

…これもあるのではないか、とも思います。
 シャルルがルルーシュの前で死んでみせたのも、単にルルーシュをからかうだけではなく、 『一度死ななくては儀式が完了しないから』 という形ですね。

 シスターにしても、死にたいだけならコードを押し付けて自殺して完了…のはずが、C.C.を 『殺して』 ますし。

>ただ再会した時にギアスの力が既に達してたであろうマオには渡し
>ませんでした。
 シスターに捨てられた自分が不幸になったという思いがあり、だから自分を慕うマオを不死者にして自分がさっさと死ぬことには、相当強い抵抗があったのだと思っています。↓

>〜C.C.自身あの時点ではただ自分の不死を終わりにしたいだけ
>ではなくなっていたのだと思ってます。
 『生きたい』 気持ちがなくとも、強い未練があれば 『そのまま死にたくない』 という気持ちは芽生える気がします。

(続きます)
173. Posted by なっきー   2008年08月08日 19:21
>〜一度傷つく必要があるみたいです。そして最初に受けた傷
>だけは不死者の証として消えないのだと考えてます。
 私も近い感じですね。
 紋章を刻むのも、一度死ぬのもコード所有者になる儀式完了に必要なことだと思っています。

>〜思考エレベーターのシステムはいまいちよくわからないです。
 これは正直、さっぱりです(汗)。
 物理世界から精神世界へ降りることができるモノ、とかそんな気はしますけど…。

>アーカーシャの剣の空に浮かんでる木星も謎です。
 この辺も、私には現時点ではさっぱりわからないです(汗)。

>C.C.の記憶世界で彼女の本当の願いを知ったルルーシュの心からの
>叫びがC.C.にコードの譲渡を拒否させました。
 ここまで予想してきたようにC.C.に強い未練があるなら、それを刺激されればますます死ねなくなるというものですよね。

>「そいつはオレの…」の後に恋人宣言しちゃたりしたらシャーリー死んで
>すぐなのにちょっと軽すぎる〜
 シャーリーは、何だか恋人というより疑似家族みたいな、 『還るべき日常』 のイメージだった気がしています。
 そういった意味では、C.C.に恋人宣言しても(ルルーシュの脳内的に)二股にはならないかもしれません。

>今のC.C.の願いは誰かに心から愛されて自分の心が満たされて
>人として死んでいくことなんですね。
 『誰かと添い遂げたい』 みたいな、 『当たり前の、けれど幸せな死』 を願っている気がします。

>アーカーシャの剣が壊された時、珍しくシャルルが激怒と動揺を表に〜
 修理できないということはない気がしますが、痛手には違いないのでしょうね。

(続きます)
174. Posted by なっきー   2008年08月08日 19:22
>神殿が崩れる時に何度も出てきた不吉過ぎるイメージの後に今回
>核爆弾実験のシーンが出てきたのは、〜
 何だか関連がありそうに見えますよね(汗)。
 しかも開発者がニーナと来ると、実際にこれを使った未来があっても少しもおかしくありません。

>〜これから核爆弾が落とされ世界が人が破滅に向かっていく
>…過去繰り返し変えられない未来を示してるのか…。
 私は、こちらの方だと思っています。
 それを巻き戻したのがシャルル言うところの 『神』 なのではないかとも思いますが、この辺は何の根拠もありません。

>コードが無くなってましたがあの時シャルルに取られてしまってた
>のか、C.C.のメモリーカードの中身が入れ替わっただけなのか…。
 これが難しいです。
 取られていても少しもおかしくないですが、シャルルでも自分でもないところに一時コードを退避させる、なんて策が可能なのかもしれないと思ったりも…。

>ロロはギアスの力が幼少の頃から使ってるにもかかわらず継承可能
>レベルまで達してないみたいですので。
 これ、何か原因があるのかが気になります。
 単に使いまくるだけでは暴走や両目ギアスの条件は満たされない、ということになりそうですが…。

>こらスザク!アーサーを心配させない為にも早く心の整理をして
>改心しなさい!(笑)
 スザクには親友がもう一匹(笑)。
 今は、凹んでいるスザクを励ましているかもしれませんね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Archives
Blog 内検索
Google
www を検索
このブログ内を検索
Recent TrackBacks
Recent Comments