2008年07月27日

コードギアス 反逆のルルーシュR2 #16 『超合集国決議第壱號』4

 ブリタニアの棄てられた皇子が流された島国で始めた反乱はやがて合衆国日本という具体的な形を持ち、占領されたままの日本―― 、エリア11とは別の道を歩み始めた。
 そのうねりはブリタニアに吸収されようとしていた中華連邦をも呑み込んで合衆国中華を誕生させるばかりではなく、対ブリタニア戦に苦しむ国々からの参加打診が来るまでになっている。

 超合集国構想。
 その正体が今、明らかになる――。



コードギアス 反逆のルルーシュR2 公式サイト

コードギアス 反逆のルルーシュ - アニメ : BIGLOBEストリーム 無料動画サイト
 見たいけれど地元では……という人はこちらで視聴できます。
 各話、無料は期間限定なので、観たい人はお見逃しなきようお気を付けください。

最終更新: 2008/08/02
 スザク台詞修正
 コメントでのご指摘ありがとうございます!



 
 世界は動きゆく。ゼロが起こした奇跡によって。
 世界は生まれゆく。ゼロが示した行動によって。

 そう、今世界は、次の在り方に進もうとしている。
 数多の欲と感情のうねりと共に、ゼロは進まねばならない。
 時を刻む針を、止めないためにも――。




 珍しく、ルルーシュによるナレーションでした。
 C.C.がああなったからでしょうか?

 『進まねばならない』 というのはルルーシュをよく現している言葉かもしれません。
 今のルルーシュの原点、10年前の日本で、焼け野原と化した中で、ナナリーを背負って歩いていた時の強い意志を持った表情を思い出します。



不在

 シャルル行方不明。

 空になった玉座を見る人のうち、呆然としているオデュッセウスお兄ちゃんに和みました。
 ……ナナリーに連絡してきたのもシュナイゼルだそうですし、お兄ちゃん、何もしてない気がしてなりません。

 エリア11では中華連邦への攻撃準備を進めていたようで、公的な宣戦布告ができなくなったことにも戸惑いが広がっているようです。



ミスローマイヤ「治安の問題もあります。
 こんなことがナンバーズに知られたら事ですから、方針を決めていただかねば」
ナナリー「それは……」
ジノ「ミスローマイヤ、それは責任の押し付けですが?」


 ジノに好感。
 言っていることだけ見ればもっともなミスローマイヤの言葉は、実質的に決定権を掌握しているのが彼女自身ということと合わせると問題発言となります。

 ジノはその辺わかっているのでしょうね。
 ミスローマイヤがナナリーを 『責任を取るだけの人』 にしようとしているのを、やめさせようとしているわけです。



 一方のスザクも戸惑っています。
 陛下がいなければナナリーの命は助かる、けれどそれを喜んでいいものか―― 、と。

 ……でも個人的な感覚で言えば、それはナナリーの助命嘆願をしてから思って欲しかったかも。
 皇帝が言うのなら反対しません、とした時点で既に、皇帝の都合をナナリーの命よりさえ優先しているのは明らかなのですから。

 もちろん、スザクも感情的には逆なのでしょう。
 だから矛盾。そこから複雑な心境が生まれています。



 その辺、ルルーシュの方がシンプル。
ルルーシュ(あいつの言葉は気になるが、今はナナリーの安全を喜ぶべきか……。)

C.C.「あの、私は何をすれば……」
「そうだな。服を裏返しに着て、歌いながら片足で踊ってもらおうか」


 調子乗りすぎ(笑)。
 真に受けて本当に命令に従おうとするC.C.を慌てて止めますが、C.C.は頭を庇って恐怖に震えています。
 ……やっぱり奴隷時代に、かなりひどい扱いを受けていたように見えますね。

「安心しろ、俺は君にひどいことはしないよ。
 ……約束する。本当だ」


 不安そうに見上げる目は、信じ切れないという感じ。
 これまた恐らく、ご機嫌な状態から豹変して体罰をされた、といった経験もしてきたのでしょうね。

 ジェレミアからの連絡にルルーシュが気を取られた隙に、這って逃げています。



コーネリア

「お許しください、ルルーシュさま。
 ご命令は殲滅とのことでしたが、ブリタニア皇族を手に掛けることは……
「良い。……いや、むしろよくやってくれた」


 スザクと比較すると、スザクの歪みがよくわかります。
 このジェレミアでもわかるように命令されても従えない領域というのは有るのが当然で、悪法でも法と考える以上は、それを正義と考えること自体に無理が生じます。



 コーネリアは右手だけを高く固定された状態。
 やはりブラックリベリオンで傷付いた左手は全く動かない、ということで確定のようですね。

「ルルーシュ、お前はその呪われた力で何を求める」
「姉上、俺はただ、妹を助けたいだけなんです」
「何を今更」


 でも本当だし(笑)。
 信じてくれるかどうかは別。
 本心を打ち明けることこそが大事。

 そういう意味では、 『なぜユフィにギアスを掛け(てしまっ)たか』 をちゃんと言った方がいいと思うんですよね。
 信じてくれたとしてもますます 『呪われた力』 という認識が強まるだけでしょうが、少なくともコーネリアとスザクには、経緯を知る権利があるように思います。

 起きてしまったら何も言わず、 『憎んでくれて構わない』 と悪役を決め込む姿は、マリアンヌ関連で何も言わないシャルルを連想するんですよね。
 そういう意味でも確かにV.V.の言う通り、ルルーシュはシャルルによく似ているのかもしれません。



火種

 盛大に血痕を残したままで、秘密作戦から零番隊のナイトメアが戻ってきたことで、朝比奈が疑問を抱いたようです。
 作戦内容を訊かれて動揺する木下副隊長。

ロロ「それは言えません。ゼロの命令です。
 あなただけではありません。藤堂将軍にも極秘の任務です」
朝比奈「新参者が随分と偉そうじゃない」
「黒の騎士団に於ける個人の価値は、どれだけゼロの信頼を得ているかで決まります」
「…………僕の価値観とは違うね」


 火種を撒くロロ。
 まずいところに立ち入られないように強く出るべきと考えたのでしょうが、これでは喧嘩を売ってるのと変わりません。
 わざわざ藤堂を持ち出さなくても良かったし、まして 『自分は信頼を得ているが藤堂はそこまで信頼されていない』 などとは間違っても口にするべきではありませんでした。

 ……しかもこういった発言を、ゼロがいないところでしてしまうためにフォローのしようがないのが最悪です(汗)。



 実にいいパンチ(笑)。
 ドレスでなければ蹴りも使っていたかも。

「済まなかった」
「何言ってんだ!
 やっていいことと、悪いことがあるだろう!
 いい人気取って、簡単にお終い!? 収まらないんだよ! 紅月カレンを安く見るな!」


 カレン、やっぱりいいなあ、と。
 今のスザクには鉄拳制裁は必要だった気がします。
 カレンは別にそんなことを考えて殴ったのではないでしょうが、 『わかればよろしい』 で片付けていいレベルの間違いではないですからね。

「まさか。
 いけなかったのは僕だから」
「……あんたなんか、大ッ嫌い!


 手を出したのだからさっさと殺せと言うカレンへの答え。
 初心を見失ったことによるこの痛みは、スザクはずっと覚えているべきだと思います。

 また、(悪逆非道と思っている)ルルーシュに嫌われるのはともかく、誰が見ても真っ直ぐなカレンに嫌われるのは堪えるはず。



超合集国

『そうだ! この合集国憲章を批准することで、神聖ブリタニア帝国に匹敵する、巨大な連合国家が誕生する!
 その名も、超!合集国!


 変なポーズにどよめく報道陣。(違
 夫の勇姿に喜ぶ神楽耶。



 占領下にある国の亡命政権からも参加表明が届いたとのこと。

ディート「これで我々は、解放戦争という大義名分を得ました」
藤堂「正義の戦争、か……」


 嬉しそうな藤堂。
 日本国内で戦っているときには、 『自分たちは名誉ブリタニア人でも構わない、余計なことするな』 みたいな反応もあったわけですしね。

 大義名分は大事です。
 そういった意味で、あんな 『隠さなくてはいけない戦い』 に部下を使ってしまったのは痛恨のミスだと、ずっと思っています。

 コメントでもいただきましたが、どうしても実行したければゼロ、C.C.、ロロ、ジェレミア―― 、これくらいまでが限界でしょう。
 さらに言えばこのメンバーは、V.V.に心服していない科学者たちの 『C.C.さま』 、実験体たちの 『お兄ちゃん』 、ギアスキャンセラー、そして策略家のゼロと、最低限ながら必要な要素は全て揃っているのです。

 ……怒りと悲しみのあまり思考を放棄し、殲滅するために零番隊を参加させた時点で、いつか事が露見するのは確定したと思っています。



星刻「来るべき日本奪還作戦に於いて我らが勝利を収めれば、未だ様子見をしている勢力も連鎖的に寝返ってくる!」
天子「うん!」

 頷く笑顔の天子、可愛らしいです。

『しかしそのためには、ブリタニアが動く前に超合集国を作り上げねばならない! 時間が勝敗を決する!
 各国を代表する諸君にも言い分はあるだろうが、ここは大局的見地に立った協力をお願いしたい。
 全ては、世界の趨勢に決着を付けるために!』




 様子見をしている勢力が減れば減るほど、参加が早ければ早いほど勝率が上がりますからね。
 例え日本奪還戦に直接参加せずとも、反ブリタニアを表明するだけでも、ブリタニア側は戦力の分散を迫られることになります。

 そして、それらの貢献が正しく判定されるのであれば、超合集国の安定・存続が確定的になってから参加表明した国よりも、初期から参加した国の方が発言力が高くなるのが当然の話。



ピザハット 本当に呼んだルルーシュ

 性格が豹変してしまったために、部屋に隠されたままのC.C.。
 間違ってリモコンをいじってしまって、突然しゃべりだしたテレビに怯えて椅子の陰に隠れ、謝っています。

「みなさーん、こんにちはー!
 新進気鋭の1人お祭り娘、ミレイ・アッシュフォードでーす♪」


 最初はお天気お姉さんからでしたが、ニュースキャスターに昇格しているようです。
 評判が良かったのでしょうね。



 前回記事でピザを食べさせれば、みたいなことを書いて、タグにも 『ピザハットだ!ピザハットを呼べ!』 とか書いた私ですが、ルルーシュはやってくれました!(笑)
 さすがです、ルルーシュ!!!

 しかも 「……覚えていないのか……」 という言葉からして、魔女の好物だったからピザを持ってきた、というのも確定。

 ついでにチージーロールなのでピザハットで確定(笑)。
 HPのメニューと見比べるに、ハーフ&ハーフのもちポテ明太子と……、右半分はちょっとわかりませんが。

 凄く美味しいです、と大喜びで食べるC.C.。



 で、記事で書いたもう一つ、チーズくんはと思ったら、ちゃんと椅子に座ってました(笑)。
 さすがです!

 記憶が消えたのではなく、検索できない状態―― 考察の詳細は前回記事にて―― だとするなら、こういうことが重なると思い出せる可能性が高まる気がします。



「キャラの作り方を間違えてるんじゃ……」

 ミレイはペンギンの着ぐるみを着てはしゃいでいて、ピコピコハンマーで叩かれて倒れてます。
 そのテレビを消すルルーシュ。突然消えたテレビに驚くC.C.。

「そうか、こういうのも知らないんだな」
 魔女とツンデレ漫才をできない魔王は寂しそうです。



アーニャ・アールストレイム

 アーサーの相手をするスザクを撮影するアーニャ。
 殴られた顔に湿布を貼ったりもして、浮かない顔。

「悩み事?」
「……悩んでばかりだ。8年前に、自分の生き方を決めたはずなのに」
「信じてるの? 8年前の自分なんて」
「…………過去の決意なんて、愚かだって言いたいのかい?」

「人の記憶なんて曖昧なもの。信じるほどの価値はない」
「そんなことはない」
価値はない。
 ……9年前、私が書いた日記がある。でも私にはこの記憶がない
「え!?」
「他にもいっぱい。私の記憶と、データとしての記憶が違っているの」
(……まさか、皇帝陛下のギアス!? なぜアーニャに……!)
「それだけじゃない。今でも記憶がずれることがある。
 中華連邦で戦ったときも、いきなり」




 概ね予想通り。
 アーニャは自分の記憶に強い不信を抱いていて、それ故の 『記録』 なのでしょう。
 その悩みを打ち明けるのはスザクを友達と思っているからこそで、シャルルギアスである可能性にすぐ気付いたスザクがこの信頼にどう答えるかに注目ですね。

 そのスザクですが、悩むのは正解。
 逆に 『自分は絶対正しい』 なんて形で迷わない人は、碌なものじゃありません。



「必要なものとは何だ? 裏切りの枢木卿。
 それは命だ」
「白ロシア戦線以来ですね、ブラッドリー卿」
アーニャ「ナイトオブテン……」


 先に黒赤の特大投げナイフを投げてからの登場。

 噛ませ犬にしか見えない私。
 ……キャラクターデザイン的にもそう思っていましたが、 『強いですよー凶暴ですよー』 とアピールされる―― 割にはラウンズ内の序列が低い、という辺りに噛ませ犬の哀愁を感じます。(ぉぃ

 白ロシアとはベラルーシのこと。
 ベラ=白、ルーシ=ロシア。



 ブラッドリーが虐殺皇女とか言い出したことで、スザクは手袋に手を掛けています。
 手袋をぶつける=決闘の申し込み。

「それ以上言えば名誉を賭けて決闘を申し込むことになります!」
「……ほう? 忘れたのか、私が人殺しの天才だってことを……。
 血筋ってことを理解できないナンバーズ上がりが、」


 でも君は10番。スザクは7番。
 ナイトオブラウンズには常に欠員がある―― 量より質重視―― と予想しているのですが、ブラッドリーの序列繰り上げとかが行われなかった時点で、彼はその程度と見なされている気がします。

 ……それに、ナンバーズ上がりだからこそ出自による不利益をさんざん体験している、と考えるのが当然なわけで。
 お坊っちゃまにはその辺がよくわからないようです。(ぉぃ

※ 設定資料集では1以外序列とは無関係だそうです。



 決闘大歓迎、と大量の投げナイフを持ったブラッドリーでしたが、ナイトオブワンの乗機、ギャラハッドが割り込んで制止します。
 なぜここに、とアーニャ。

「愚問だな、アーニャ。
 黒の騎士団が攻め込むとしたらこのエリアしかない。
 ルキアーノヴァルキュリエ隊もそのために連れてきたのだ。
 ガレスもそのために用意した。お前のスタンドプレイは戦場で示せ。
 今はシュナイゼル殿下の指揮の下、我らが力を合わせる時――。」


※ ガレスはガウェインの弟なので、ガウェインを元にした量産機ではないかとのご指摘をコメントでいただきました。



 スザクが退いたあと、カレンの元へはまたナナリーが行って、楽しく談笑しています。
 お題は 『兄』 。

 そこに入ってきた噛ませ犬卿。
「ここに入る許可は出していないはずですが? ブラッドリー卿」

 人殺しの天才どのは出自ってことを理解していないご様子。

「 こ れ は 失 礼 」
カレン「……! そう、あなたがブリタニアの吸血鬼さん」


 一応有名人ではあるようです。
 出自とかわざわざ口にしていたことからして、さらにこんな二つ名を頂いていることからして、ヴラド・ツェペシュの血筋なのかも。

ヴラド・ツェペシュ - Wikipedia

 強大なオスマントルコから弱小だったルーマニアを守りきった英雄、と言えるでしょう。
 捕らえた敵兵を串刺しにして街道に並べたことから外国人的には 『串刺し公』 で、ドラキュラ伯爵のモデルとなった人物
 父がドラクル(竜)を名乗っていたため、本人もドラクリヤ(竜の子)と好んで名乗っていました。



「ここが戦場ならあんたの血を吸えたのに」
「私は本国送りってことかしら」
「いや、人質としてしばらくここにいてもらう。
 人質に必要なものは何だ? 命だ。
 命さえあればその身体に何が起ころうとも、
ジノ「プライドは無いんですか? ブラッドリー卿。
 武器を持たない女性を相手に」
「甘いな、家柄だけのお坊ちゃんが」
「……ふぅん、家柄だけで認められるなんて、そんなに軽いんですか? ナイトオブラウンズは」


 このブラッドリー卿がもし本当に英雄の子孫だとするなら、これは何とも不出来な子。(ぉぃ
 それにさっきまで出自とか言っていた癖に、家柄がいいジノも軽んじるわけで。

 相手を軽んじられるようにその場その場でルールを変えてます。
 ……でもナイトオブスリーのジノの方が、より実力でも認められているわけで、ブラッドリーは何かジノに勝っている部分があるのでしょうか?
 殺傷数とかなら勝っているかもしれませんが。

 まあ威勢だけは必要ですからね。
 ……噛ませ犬には。(ぉぃ



狂犬

セシル「え!? ランスロットにフレイヤを!?」
ロイド「スザクくんには紅蓮を使ってもらうつもりだったんだけど……」
「僕が……?」
セ「ごめんなさいね? 私もついつい乗っちゃって、ロイドさんと一緒に、気付いたら趣味の世界に……」
「ラクシャータのマシンだから弄りやすくって……、そしたら誰も乗れないモノに。
 おめでとう! デバイサーの出番だね」

ニーナ「あの、ロイド先生。ランスロットの件ですが、」

 少しは空気を読んだ方がいいと思うよ?

「戦術兵器に戦略兵器を載せる気かい?」
「それだけの理由はあります。
 一時制圧圏内に含まれる物質は、フレイヤのコラプス効果(?)によって、完全に消滅しますから」
セ「待って! そんなモノをスザクくんに撃たせるつもり!?」
アーニャ「同じ民族を、虐殺……」
「スザクくん、まだイレヴンと同族意識があるの?
 私は、あなたにフレイヤを委ねたい」
「僕に、背負えと……?」
「ユーフェミアさまの騎士でしょ? あなたは」




 同族意識が有るのが悪いと思っているのはニーナだけ。
 少なくともこの場では、間違いなくそうでしょう。

 そして 『あなたに委ねたい』 というのは、ユーフェミアさまの仇討ちをしてくれという意味。
 だから私は、仇討ちは 『自分自身のため』 だと理解しなくてはならないと記事に書くわけですよ。
 その歪んだ憂さ晴らしを 『ユーフェミアさまのため』 などと考えるのは、故人に対する侮辱以外の何者でもありません。

 これは仇討ちするなという意味ではありません。
 仇討ちの是非はまた別の話で、自分の憂さ晴らしに、故人の名前を持ち出すなと言っているのです。それで人殺しを正当化するなど、故人のためにこそ許されないことだと知るべきです。



 ……基本的に、あまりキャラを嫌いにならない私ですが、ニーナはもうどうしようもありません。
 嫌いです。

「……あはっ♪
 この矛盾はさ、スザクくんだけじゃない、君を殺すよ〜♪


 あの陽気なロイドがここまで言う意味をニーナは理解しなければなりません。
 恐らくブリタニア人でもニーナウザッと思う人が99%以上のはずで、それを今スザクにやろうとしたように、理屈で押し込めて自分の歪んだ思いを押し付けようとするなら、それは必ず自分に跳ね返ることになるでしょう。

 世界を否定する者は、世界に否定される。
 それは、変わろうとしない限り、そう遠くない内にニーナに起きるように思えてなりません。



超合集国

 全世界へ向けて、批准式典の放映準備が整いました。

「外には出るなよ」
C「はい。……あと、その……」
「何だ?」
「行ってらっしゃいませ」
「は? ……はは、行ってきます」


 家族がいない今のルルーシュには、何気にいい言葉だったかも。



 天子は台本読みの練習中。
 大宦官に政治に関わらせてもらえなかった天子には大変ですが、本人はやる気満々。
 星刻や香凛も暖かく見守っています。

 たまきwは酔っ払いオヤジと化してます。
 捕まった朝比奈、ご愁傷さま。

 C.C.は体調不良……ということにしてある模様。
 あの有様では、黙っていてすら異変がわかってしまいますからね。

た「おめでたってことじゃねえの? ぎゃははは……」
 さすがの品の無さです。

 千葉は藤堂に化粧。
 もう奥さん一歩手前です。

「あの、この戦いが終わったら私、と、藤堂鏡志朗に聞いてもらいたいことがあります」
 ……死亡フラグでないことを祈りたいです。



 遅れてやってくる扇。
 中身は咲世子?

藤堂「大した寝坊だな」
千葉「逃げた……」
「遅れてすいません。実は、」
ディート「急ぎましょう! 今日は、歴史に残る日ですからね」


 既に口調に違和感。
 そのせいか、ディートハルトが肩を叩いて止めています。
 ……咲世子だとは思うのですが、(後述)



 この重大緊急ニュースをテレビで報じているのもミレイ。
 どんどん出世しているようですね。

 生徒会室には今やリヴァルしか残っていません。
 ジノやアーニャ、ヴィレッタ先生まで加わって撮った記念写真―― 左下にアーサーの肉球付き―― を寂しく眺めています。

「スザクたちはわかるけど、なんでルルーシュやロロにまで連絡付かないんだ」
 親友を惜しむ気持ちは、それはそれとして、そろそろ人員を増やさないと生徒会の業務が滞ってしまうのでは……。



 各国の指導者を説き伏せたという使節団にはロロや咲世子の姿も。
 あとギアスを掛けられた人も。

 咲世子、メイドのヘッドドレスがそのままなのはどうかと思うよ?

 初期参加国は47ヶ国。
 これだけの数が、未だ戦力的には劣勢な黒の騎士団側に付いたわけですから、外交的にはこれも1つの大勝利と言えそうです。



 その頃、エリア11では閲兵式の準備中。

 ……この超合集国の式典にぶつける意味もあるのでしょうか?
 大ニュースが増えれば、その分だけ超合集国関連のマスコミの扱いも小さくなりますしね。
 その最中、ギルフォードに電話が。

「ギルフォード卿」
「オ、オレンジ君……」


 まあギルフォード的には、ナリタでゼロの部隊と交戦、そして作戦行動中行方不明(=公的には死亡)になってそれっきりなので、驚いて当然でしょうけど。



 シュナイゼルの周囲では、連合しただけの軍は烏合の衆でしかないという意見も出る一方で、シュナイゼル本人は厳しい顔。
「……いや、1つだけ手はある」



 超合集国 最高評議会 議長
 合衆国日本代表

 亡国のお姫さまでしかなかった神楽耶は、ゼロを信じ、ゼロと共に歩んだことでとうとうこんな地位に。

「最後に、合集国憲章第17条。
 合集国憲章を批准した国家は、固有の軍事力を、永久に放棄する


 ナナリーやスザクも驚いています。

天子「その上で、各合衆国の安全保障については、どの国家にも属さない戦闘集団、黒の騎士団と契約します!」
『契約、受諾した!
 我ら黒の騎士団は、超合集国に資金や人員を提供してもらう!
 その代わり、我らは全ての合衆国を守る楯となり、外敵を征する剣となろう!』

シュナ「……やはり、か……」


 言いながらカノンを見ています。
 カノンの予測なのでしょうね。



 ここでスタッフリストが出るのになぜか吹きました。



黒の騎士団

CEO       ゼ ロ

総司令       黎星刻

事務総長      扇 要
統合幕僚長     藤堂鏡志朗
参謀長官      周香凛
媒体情報管理長   ディートハルト・リート
科学長官      ラクシャータ・チャウラー

壱番隊隊長     朝比奈昇吾
弐番隊隊長     洪 古
参番隊隊長     インディラ・タルール
四番隊隊長     千葉凪沙
伍番隊隊長     アフマド・ハイラッラー
六番隊隊長     グエン・バン・ニュー
七番隊隊長     フレデリック・シマデノフスキー
可翔艦・斑鳩艦長  南佳高
特務隊長      杉山賢人
内務掃拭賛助官  玉城真一郎

科学副長官     ユスク
科学副長官     ソンティ・クン・モォー
可翔艦・斑鳩通信士 日向いちじく
可翔艦・斑鳩通信士 双葉綾芽




 たまきwの役職が……。

 何だか長々とした名前を付けて煙に巻こうとしたのがよくわかります(笑)。
 要はこれ、掃いたり拭いたりする人―― 、清掃員のことですよね?
 その役職名が、全世界に公表されたわけです(笑)。

 本人には予め役職は通達されていると思いますし、事前の大喜びっぷりからして、玉城本人にはよく意味がわかっていないと思われます。



天子「それぞれの国が武力を持つのは争乱の元。
 超合集国では、最高評議会の議決によってのみ、軍事力を行使します
神楽耶「それでは、私から最初の動議を。
 我が合衆国日本の国土は、他国により蹂躙され、不当な占領を受け続けています。
 黒の騎士団の派遣を要請したいと考えますが、賛成の方は、ご起立を!

 ……賛成多数、よって、超合集国決議、第壱號として、黒の騎士団の、日本解放を要請します!」



『いいでしょう!
 超合集国決議第壱號、進軍目標は―― 、日本ッ!


 その変な手つきがゼロ流。
 ……もし重要な宣言で変なポーズをしなかったら、中身が別人ではないかと疑われかねない気がします。

藤堂「取り戻す! 我々の日本を!」
ラクシャータ「これでカレンちゃんも」
扇「あ、ああ、そうだな」


 咲世子だと思いつつも、天然な彼女ならこうした動揺はせずに、不自然な受け答えを堂々と行う、という気もします。



友達

 しかし、この放送がさらに電波ジャックされます。
 映し出されたのはシャルル!

「ゼェロよ!」
『……!? 何……ッ!』

シュナ「偽りの劇場を気取られますか、父上」

 茶番と笑い飛ばすのではなく、真っ向から喧嘩する気ですね。

「ゼェロよ、それでわしを出し抜いたつもりか」
((馬鹿な! 生きていた……!))


 不死者ですが、何か?
 戻ってこれるかどうかだけが問題でしょうに……。



「既にEUは死に体、貴様の作った愚かしい憲章は、世界をブリタニアとそうでないものに色分けする。
 単純それ故に明快。
 畢竟(ひっきょう)、この戦いを制した側が、世界を手に入れるということ。
 いいだろうゼロ、挑んでくるが良い!
 全てを得るか全てを失うか、戦いとは元来そういうものだ!

 オォールハイルブリタァニアッッッ!!!




 思いっきり動揺して後ずさるゼロ。
 その様子に藤堂が気付きました。

 …… 『個人的理由で皇帝を恐れている』 ことまでは確実に察したと思います。
 以前にゼロ自身が口にしてブリタニア人だとはもう知っていますから、最低でも貴族以上だという結論に至るのも簡単な気がします。

 これは不信とかそういうことより、その様を見て今はゼロは何もできないと理解したのでしょう。

「日本、ばんざーいッ!」
 刀を突き上げると千葉が拳を突き上げ、黒の騎士団全員が唱和。
 玉城は嬉しそうに、杉山は真剣な顔で。



「皇帝が生きていた!」
(いけない! 今すぐナナリーを助けなければ! 今すぐに!)


 立ち上がって主を迎えたC.C.の前には、一切れ残されたピザ。


 斑鳩の居室に戻ったゼロですが、動揺が全く収まっていません。
 記憶が戻ったことが皇帝に明らかになった上、ゼロとしてさらに本格的な敵対行動に出たわけですから、シャルルが 『人質』 に何らかの制裁を加えると考えたのでしょう。

 ……まあ前回の 『シャルルは不死者になっていた』 での動揺はともかく、この動揺は仕方ないかなとは思います。
 何せ事がナナリーの危機。
 ナナリー原理主義なルルーシュにとっては、それは世界の終わり

(コーネリアのカードはこちらに……、いや、人質が通じる相手じゃない!
 ジェレミアとロロを使って……、いや、奴にギアスは通じない!
 ゼロがルルーシュだと世界中に明かしてしまうか……、しかし、リーダーが敵国の皇子だとなれば、黒の騎士団は崩壊する!
 ナナリーを助けても、受け入れる国がなければ何の意味もない!
 ……くっ、どうすればいい!?)

 いつものように空転しまくる思考。

「こ、これ、ご主人さまの分、取っておきました。
 朝ご飯、摂られていなかったようでしたから。
 ……あの、これ、」
「うるさいッ!!」




 振り向きざまに振るった手が皿を砕き、ルルーシュのために残されていたピザは床に……。
 混乱したまま思考に集中していたルルーシュは、ようやく我に返って、C.C.の左手から血が出ていることに気付きます。

 靴音を聞いて反射的に謝り、頭を庇って怯えるC.C.。

「血が出ているじゃないか……!」
「ぇ!? 平気です! これくらい、いつもより全然平気です!」
「…… 『いつも』 って一体……」


 思い出すのは、Cの世界で見たよろよろと歩いて倒れた少女。
 愛されたいと願い、ギアスによってそれを見失った彼女の過去。

「それに寒いときは助かるんです。
 寒いと手足が動きにくくて仕事が……、だから平気です、外から痛い方が、中から痛いより、」


 チェス盤も血をかぶり、まだ立っているままのキングの駒も、頭から血を流しているよう。
 右手で取った、自分が負わせた傷に重ねたルルーシュの左手が震えます。

 そこにいたのは守るべき無力な者。
 もちろんナナリーと同格……とは行かないでしょうが、かなり近いものがある気がします。
 その相手を傷付けてしまった自分の罪深さや愚かさを知ったのでしょう。

「ご主人さま……、寒いんですか……?」
「……ん……、ああ、そうなのかもしれないな……」


 震えるルルーシュの左手に、C.C.の右手が重なって、4つの手が全部重なった状態に。

「お前は中から寒いとき、どうしていたんだ?」
「私は、…………友達……、」
「……ぇ……?」
「友達がいたら良かったんですけど、親とか兄弟とかと違って、友達なら後からでも作れるし……。
 でも、私にはそんな味方もいなくって……」
「……味方……」
「あ、あの、そう聞いたんですけど、違うんですか?」
「……いや、違わない。それが友達だ!」


 これはルルーシュのための答え。
 自分がどうしていたか、ではありません。
 そしてこれはまさに、今のルルーシュに必要な答えでした。

 あと、この言いようだと、親も奴隷だったとかではなく、C.C.は親兄弟を早くに亡くしたように聞こえますね。
 その前は、誰かと身を寄せ合って寒さを凌いだことがあったのでしょう。



 ルルーシュは、今頼るべき相手を思い出しました。



 スザクは人気のない場所まで行って電話を受けます。
 本音でやり取りしようということですね。

 ……あと、この辺はかなり気合いの入った良作画でした。

ルルーシュ「……ニュースで知ってるよ」
スザク「うん、これでエリア11はまた戦場になる」
「トウキョウ租界も、危ないな」
「……それは、君が決めることだろう?
 ルルーシュ、君はゼロか」

「……ッ!

 …………そうだ。俺がゼロだ」
「くっ……! ブリタニアの敵が、僕に何の用だ」
「頼む、ナナリーを助けてくれ!
 皇帝は俺を抑えるために、ナナリーを人質にしている。
 だから、俺は隠れて動くしかなかった!
 頼むスザク、お前以外に頼める人間がいないんだ!」
「君の頼みなんか、僕が引き受けると思うのか!」
「……思わない。それでもお前しかいないんだ!」
「身勝手だな」
わかっている! しかし、お前しか……、お前しか!
「…………」
「頼む! ナナリーを、ナナリーを……、守ってください!」

「……わかった。ただし条件がある。
 ナナリーを守れと言うのなら、ナナリーがいるこのエリア11に君1人で来るべきだ。
 場所は枢木神社。2人っきりで、会おう」




 殴られるくらいはありそう。
 むしろ、それくらいの方がルルーシュの本気が伝わるかもしれません。

 これは千載一遇の機会。多分もう二度とないでしょう。
 ルルーシュは真実を話すべきです。

 スザクはルルーシュの変化に腹を立てながらも、 『生きろ』 ギアスなどに違和感を感じています。
 その答えを求めているスザクは、最初は 『下手な言い訳』 と腹を立てるかもしれませんが、そのうちに気付くはずです。

 ……スザクが知っていたルルーシュと、今のルルーシュ、その本質が何も変わっていないことに。
 そしてそうなれば、すぐに赦すような気分にはなれなくとも、いずれ共闘可能な素地は再びできるような気がします。



次回予告

 こんなことになるなら、強引にでもナナリー救出を前倒しにするべきだったのか?
 しかし、それはあまりに危険すぎる!

 ……いや、そうだ、信じろ!
 スザクを信じるしかない!
 俺はスザクを――。




 スザクをよく知っているのだから。
 『親友だった』 とかいちいち過去形のスザクに対して、ルルーシュは未だにスザクの印象を変えていないんですよね。
 枢木神社では、本音のぶつけ合いになりそうです。

 次回タイトルからしても、やっぱり殴られて地に伏しそうな感じ?

 あと、オレンジ色の噛ませ犬さんが大暴れする様子。
 ……その後、退場ですか?(ぉぃ

 彼よりも、ナイトオブワンの戦闘能力が示されるのかどうかに注目したいです。



 本編でオールハイルブリタニアで全部持っていこうとしたシャルルですが、最後にまたやっちゃってました。

 まぁたぁみぃてぇぇギアスゥ

 次回、 TURN 17 、 『土 の 味』 まぁたぁみぃますぅぅ!!


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第十六話  [ ぶろーくん・こんぱす ]   2008年07月28日 00:05
 冒頭のナレーションがルルーシュになってるし。  皇帝の突如の失踪により混乱する
2. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第16話  [ ラブアニメ。 ]   2008年07月28日 00:15
「超合集国決議第壱號」 スザクフルボッコのカレンにすっきりした!! 高慢な態度のC.C.も大好きですが、奴隷少女だった頃まで記憶を失っの..
3. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第16話 「超合衆国決議第壱號」  [ SERAらくblog_Goo ]   2008年07月28日 01:29
全てを得るか失うか――。 ルルは、対ブリタニア勢力を糾合し、超合集国構想を具現化する。 EU脱退国も加えた勢力はブリタニアに匹敵する勢力となる。 解放戦争という大義明文…。まずは日本の解放を目指す。 しかし、最高評議会の場に思いもせぬ横槍が入る…。 C.C.が...
4. コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 16 「超合衆国決議第壱號」 Part.1  [ 中濃甘口 Second Dining ]   2008年07月28日 03:23
もう、いまさらっ!! コードギアス 反逆のルルーシュR2 第16話の感想です。 今回はあまりに時間が無いので、まず気になる所から触れていきの..
【感想概略】 今回は、政略面では超合集国の結成が描かれ、皇帝不在のブリタニア側が描かれ、記憶を失ったC.C.とルルーシュとのやり取りが描の..
6. コードギアス 反逆のルルーシュR2 【テレビアニメレビュー感想】  [ アニトラ! アニメレビューサイト・トラックバックセンター ]   2008年07月28日 07:18
アニメ コードギアス 反逆のルルーシュR2  についてのレビュー・感想・評価を含む記事やブログからのトラックバックで募集しています。 お殮.
7. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第16話 「超合集国決議第壱號」  [ アバトーンの理想郷 ]   2008年07月28日 07:29
いやー今週のギアスはこれにつきますなwwwwww カレンコンボでスザクフルボッコ(笑)     .∧_∧       ∧_∧  ;;...
8. コードギアス反逆のルルーシュR2「超合集国決議第壱號」  [ kasumidokiの日記 ]   2008年07月28日 10:07
アニメコードギアス反逆のルルーシュ。 タイトル、漢字長ッ!!!!!!!! シャルル行方不明かー。あやしい。 ミス・ローマイヤーは今日もツケツケとしてる。 ナナリーを、いびるorないがしろにするのが、生きがいなのかねえ。 C.C.は、すっか
9. 「コードギアス反逆のルルーシュR2」第16話  [ 日々“是”精進! ]   2008年07月28日 11:33
TURN16「超合集国決議第壱號」
10. 「コードギアス反逆のルルーシュR2」レビュー3  [ アニメレビュー トラックバックセンター ]   2008年07月28日 12:05
アニメ「コードギアス 反逆のルルーシュR2」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):ルルーシュ・ランペルージ(福山潤)、ロロ・ランペルージ(水島大宙)、枢木スザク(櫻井孝宏)、C.C./シーツー(ゆかな)、ジノ・ヴァインベ...
              世界は新たな局面へ!! コードギアスR2の16話目「超合衆国決議第壱號」より。 ギアスの秘密、Cの世界の謎と??.
12. コードギアスR2 第16話『超合集国決議第壱號』感想  [ 全力日記 ]   2008年07月28日 12:37
●アバンタイトルのナレーションがルルの声になった!!  何かいよいよクライマックスに近づいているぞ、と感じさせられます。 ●皇帝が行方不明の件、エリア11ではナナリーが  それを皆に伝え、対策を考えなきゃいけない。  ロッテンマイヤーさんローマイヤさん他がい...
13. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第16話  [ 刹那的虹色世界 ]   2008年07月28日 12:42
コードギアス 反逆のルルーシュR2 第16話 「超合集国決議第壱號」 思考エレベーターの空間から帰還しないシャルル。皇帝不在で動けないブ??.
「皇帝陛下が」「行方不明??」 ナナリーの口からは調査中としかいえないようですが、ブリタニア軍は色々とナナリーに文句をぶつけます{/namida/} ルルはいち早く皇帝がいないことに気付きます。 すると後方からC.C.が「私は何をすれば??」と聞いてきたので、 「そうだな。...
   鬱展開へ一直線をお楽しみの視聴者の皆様、こんばんわ。  イブ○ング5の司会者オレンジです。    同じくルルーシュです。  まず??.
16. コードギアスR2 16話「超合集国決議第壱號」  [ 大吉! ]   2008年07月28日 15:35
<日曜日> 皇帝・シャルルを向こう(Cの世界)に閉じ込めたその間に47カ国による「超合集国」を立ち上げるゼロと中華連邦。しかしその式典の最中に、行方不明だったはずのシャルルが、電波ジャック!(何処から?!)動揺して後ずさるゼロ・・相変らずメンタル面では弱い...
17. コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 16 「超合集国決議第壱號」 感想  [ コツコツ一直線 ]   2008年07月28日 16:18
 今回は遂に超合集国構想が実現し、世界が超合集国とブリタニアに2分化される話。これにより話は黒の騎士団とブリタニアの全面戦争に入っていきます。 そんな中色々今後への複線が出てきて、ここがどう消化されるのか気になるところ。  ルルーシュとC.C.のやり取り、ル...
18. 「コードギアス反逆のルルーシュR2」TURN16【超合集国決議第壱號】  [ ☆ビューティフル・ドリーマー☆ ]   2008年07月28日 18:43
{{{: 終に実現した超合集国構想。合衆国日本と合衆国中華を中心に批准した国は47ヵ国。 これによりEUは完全に弱体化し世界は超合集国とブリタニアに2分化され、世界は新たな局面を迎える。 その最高評議会の場で決議された第壱號とは! }}} {{{ 皇帝がもう「こちら...
19. コードギアス反逆のルルーシュR2 第16話「超合衆国決議第一號」  [ Heart of the Daze ]   2008年07月28日 19:31
ぬわぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!!!ギアスの女子(おなご)達はなんて可愛いんだぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!! 千葉さん頬染めC.C.素直そして我らが女神央..
20. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第16話「超合集国決議第壱號」 感想  [ そんなことは不可能だ ]   2008年07月28日 19:43
この回は絆という物に焦点が当たっていたと思われます。 「世界は動きゆく、ゼロが起こした奇跡によって。 世界は生まれゆく、ゼロが示し...
21. コードギアス反逆のルルーシュ R2 第16話「超合集国決議第壱號」  [ サイネリア??わたしのひとりごと?? ]   2008年07月28日 20:42
いよいよ神聖ブリタニア帝国との全面戦争。 ナイトメアフレーム同士の壮絶な戦いに期待です。 ナイトオブラウンズの面々が登場したが、OPに登場してない者はどうなるのか!? ナイトオブテン…嫌われ役ですが、いきなり死亡フラグ? 藤堂と千葉…恋愛沙汰は苦手の藤堂へ...
「頼む、ナナリーを… ナナリーを護って下さい!」 超合衆国構想の始動! 議決第壱號は日本に!! そして、皇帝復活でナナリーに危機が、ルルが...
23. TURN16「超合集国決議第壱號」 -- アニメ - コードギアス反逆のルルーシュR2  [ 王様の耳はロバの耳? ]   2008年07月28日 23:43
コードギアス 1/35 メカニックコレクション 紅蓮弐式 記憶を失ったC.C.がまたルルーシュにいろいろと考える余地を与えているようです。 # ??.
24. コードギアスR2 TURN16 超合集国決議第壱號 感想1  [ 蒼い月と宵待草 ]   2008年07月29日 06:23
やってきました、コードギアスTURN16! 今回は時間がないので(汗)、初めに簡易感想として 全体の感想をあげさせていただきます。 ちょっ??.
25. コードギアスR2 #16「超合衆国決議第壱號」  [ 見ていて悪いか! ]   2008年07月29日 07:30
C.C.が可愛いなぁ。可愛くてちょっと泣ける。20までしか数える事も出来ないような境遇で生きてきたんだな、と思うと。 しかし、冒頭から大変うれしい場面がっ!!
26. コードギアス 反逆のルルーシュR2・第16話  [ 新・たこの感想文 ]   2008年07月29日 07:50
「超合集国決議第壱號」 ブリタニア帝國に走る衝撃。皇帝の失踪。その責務は、日本総督であるナナリーの手に。そんな中、鈍るブリタニアの宮.
27. コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN16「超合集国決議第壱號」  [ * Happy Music * ]   2008年07月29日 08:20
ブリタニア皇帝が行方不明になった事で、ブリタニア内部は少し混乱していた。 しかしローマイヤは、こんな時だけ、総督のナナリーに責任を押...
28. コードギアスR2 TURN16 超合衆国決議第壱号  [ うたかたの雪 ]   2008年07月29日 11:04
とりあえず天子様さえ出してたら問題ないよね
29. コードギアスR2第16話『超合集国決議第壱號』の感想レビュー  [ gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) ]   2008年07月29日 14:49
・カレン乱舞は7連打! (-.-;)o(゜∇゜*o) でも破壊力的にはC.C.の過去奴隷時代モードのかわいらしさの方が上ってことですね?わかります(//▽//)。もうずっと記憶喪失のままでも…いやはや。 今回はじっくりと伏線を張っていくような感じのお話でしたね。黒の騎士団内...
'''なんとか若本皇帝を退けたルル''' その代償としてCCが幼児化w {{{まあ萌えの観点からすれば喜ばしい展開なんですけどねwww}}} しかもこの異常なまでの従順さ… 今までどんな命令を受け入れていたのかと妄想が膨らみますの〜 ん...
C.C.は完全別キャラであれはあれでちょっと面白い。コードをシャルルに渡したのは間違いないんだろうし、傷はすぐに治らなかったしいろいろ...
32. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN16『超合集国決議第壱號』  [ アニメ-スキ日記 ]   2008年07月29日 20:42
C.C.カワイ過ぎる!!! こんなかわいいC.C.を見られてそれだけで満足! カ
33. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN 16「超合集国決議第壱號」  [ 無限回廊幻想記譚 ]   2008年07月30日 00:29
今回は時間の都合上、簡単に感想のみ。 今回...
34. コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 16 超合集国決議第壱號  [ Ηаpу☆Μаtё ]   2008年07月30日 00:57
二人っきりで逢おう・・・
冒頭の語りがC.C.からルルーシュに。 これからはルルーシュが語り部ってことなのかな。
36. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第16話 「超合集国決議第壱號」  [ 紅蓮の煌き  ]   2008年07月30日 10:01
コードギアスR2 第16話感想です。 カレングッジョブ♪
37. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第16話感想(前編)  [ RUNNER'S HIGH ]   2008年07月30日 21:53
・コードギアス 反逆のルルーシュR2 第16話『超合集国決議第壱號』 超合衆国という理論上は理想的な国家が誕生した反面、世界が急速に単純化され、且つ皇帝好みなものに仕上がってきた感じがした今回。色々と火種が撒き散らされた回でした――が、純然たる武力として…
 『コードギアスR2』第16話「超合衆国決議第壱號」の感想&トラックバックセンター記事です。  前回第15話「Cの世界」の感想&トラックバックセンター記事では、7800PV/WEEK超えのご好評を頂いてありがとうございました。前シリーズでの運営経験を生かして、TBセンタ...
39. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN.16「超合集国決議第壱號」感想  [ 徒然日記〜TS紀行〜 ]   2008年07月30日 22:55
4 コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01  不穏な種をあちこちに残しつつも、ようやく鬱展開も多少は脱したようで、そういう意味では少し安心して見られるようになりました。とはいえ、あっちこっちに話が飛びつつ進んでいく展開には、相変わらず混乱せずに状況を把握し...
40. コードギアスR2第16話感想  [ キラ・ヤマコのファッションチェック ]   2008年07月30日 23:52
TURN16「超合集国決議第壱號」 「皇帝があの空間に置き去りになって」いたんですね、なるほど!OPナレーションはC.C.ではなくルルでした。 ルルもスザクも皇帝不在でナナリーの安全がつかの間確保されていると内心思っているけれど…なんだろう、あの電話でのスザクの意地...
41. コードギアスR2 16話「超合集国決議第壱號」  [ 二千万パワーズ ]   2008年07月31日 23:07
いよいよ超合集国とブリタニア帝国の全面戦争が始まるというのに両国とも死亡フラグ立てる人が多いこと、多いこと。 ブリタニアの吸血鬼さんは間違いなく死ぬとして、残念ながら千葉さんに告白された藤堂さんもピンチ! 普通は告白した方に死亡フラグが立つのが道理ですが...
42. ■コードギアス 反逆のルルーシュR2【TURN 16】超合集国決議第壱號  [ 此方彼方其方-コナタカナタソナタ- ]   2008年08月01日 00:35
コードギアス 反逆のルルーシュR2 #16の視聴感想です。 行方不明? たこ殴り! 記憶改竄? 魔改造! 友達…? 超合集国決議第壱號受託!! ↑さぁポチッとな
43. コードギアスR2 16話「超合衆国決議第壱號」  [ *LIEBE* ]   2008年08月01日 00:41
ずいぶん遅くなってしまいましたが感想書きます。なんだかご心配までかけたようですいませんでした。本当はね、ふっきっちゃえば楽になるの刮..
44. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN 16 超合集国決議第壱號  [ 焼きプリン定食(2個目 ]   2008年08月01日 05:33
すっかりタイミングを逃し今更更新ですが、リアルワールドが忙しくてしょーがないのさコンチクショー(;つД`) コードギアス 反逆のルルーシュR2 Sound Episode2水島大宙 黒石ひとみ 中野定博 おすすめ平均 ドラマCD2 収録内容Amazonで詳しく見る by G-Tools ...
45. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第16話「超合集国決議第壱號」  [ LIV-徒然なるままに ]   2008年08月01日 16:43
「神聖ブリタニア帝国に匹敵する巨大な連合国家が誕生する…その名も、超合衆国!」
46. コードギアスR2 TURN16 超合集国決議第壱號 感想2  [ 蒼い月と宵待草 ]   2008年08月03日 16:44
ということで、TURN16 『超合集国決議第壱號』 の感想2に参ります!! めっさ遅くなりました・・・。もう数分後に、TURN17始まりますが、 記??.

この記事へのコメント

1. Posted by まもん   2008年07月27日 23:59
今週はおもしろかった!!
内部は火種がありますけど純粋に組織が大きくなって有能な人材が集まってくるとわくわくします!!
これからは世界が2分されて大きな戦争になりそうなんで楽しみ^^!!

>ルルーシュ

パパも最初は調子こいてましたねw
今まで散々言われたんでわからんでもないんですけど、というより戻らないかなぁ?と思いながら言ってると思います
とにかくC。Cがいなかったらまた思考がダメな方になったんでよかった・・・
友達でリヴァルのウルトラCか!?と思った自分は今更リヴァルが好きなんだなぁ〜と思いました・・・・・リヴァルにも何か出番やってくれw
まだスザクを友達だと思ってる当たりルルーシュだなぁと思いました・・

>スザク

う〜ん どうなんだろ?
上から目線にいらっときましたww
核うつなよ!!
カレンのフルボッコには笑ったww

>C.C

思ったより子供っぽくなかったなぁ・・・↑ではパパって言ってるけど何かそんな感じがなかったし・・・
まぁかわいかったんでおk(ぉぃ)
ピザをためしたルルーシュには笑ったけど、それで戻らなかったのはショック!w
2. Posted by まもん   2008年07月28日 00:06
>アーニャ

何か黒の騎士団入りが近づいてるっぽいな・・
ベタな展開だとギアスキャンセルで黒の気団入りですね・・・・マリアンヌとの関係はあるのか・・・・楽しみです

>ニーナ

だめだこりゃ
スザクにユフィの騎士ならって・・・お前それ間接的に大量虐殺ユフィのせいにしましょうって事だろ・・・
ロイドの説教?が本当になりそうで・・・考えられる最悪の展開が巻き添えでミレイが死んで壊れる・・・・やめてーーー><

>吸血鬼w

あぁww残念なバカだったwww
ラウンズの一番下っ端なくせに(10番)スザク(7番)とジノ(3番)にちょっかいだしてるしww
小物すぎww 自分の中でブリタニア側の人殺し(弱いものいじめw?)がうまいたまきwって位置づけになりましたw
次回の盛大な散り様に期待!(ぉ)

>スザク

もう一回
ジノが言った台詞はスザクがいわないと・・・・
あとルルーシュ呼び出してどうするか・・・また訳わかんない方向に行かないでほしい・・・・
3. Posted by 航   2008年07月28日 00:14
なっきーさんこんばんは。

黒の騎士団>内部が着々と歪んできているのが怖いですね。藤堂もブラックリベリオン時のことを許したとはいえ、さすがに2度目ともなるとどうなるやら。玉城はもう完全にほっといていいみたいですが(笑

ニーナ>もう殆ど自己満足のためにユフィの名を利用しちゃってますね、この子。ま、せっかく日本に来たんだからミレイとゆっくり語り合って、何なら一発はたいてもらって、目を覚ましてほしいものです。

(続きます)
4. Posted by 航   2008年07月28日 00:14
ルルとスザク>ルル自身がゼロだという秘匿を開示したのはとりあえず良い傾向。そもそも今回は根底で「ナナリーを守る」というのが一致してるのであとはきちんと話せれば・・・スザクに殴られようが組み伏せられようが、ルルには真実を話してもらいたいもんです。
これと同時進行で嚮団殲滅の秘匿が騎士団内で大きくなりそうな気がしないでもないのですが。

ナナリーとカレン>いいですね、この二人(笑 カレンがブリタニア側で戦闘に出てくるとすればナナリーのためという名目なら割と納得するかもしれません。
5. Posted by まもん   2008年07月28日 00:15
>ジノ

かっこよかった!!
自分としては黒の騎士団にはいってほしいんで、日本との戦いで何か起きるのかな?
それともカレンの事を気に入ってるんで惚れて騎士団入り・・・・・はねぇな・・
とにかく楽しみ!!!

>千葉、藤堂

千葉さん・・かわいかったんだけど・・戦争前に終わったら・・しかも恋愛話・・・死なないで><
藤堂さんも逃げるなwwでもルルみたいに、にぶくはなさそうw

>ロイド、ミレイ

調子に乗ってスペック上げすぎたみたいですねww
気持ちはわからんでもないw
名前も聖天八極式ってくらいだからとんでもないんでしょうけど・・・・
あと珍しくかなり(ロイドなりに)ニーナに説教してましたね・・・・・ブチ切れて欲しいんだけど・・・・無理ですね・・

>たまきw

いいお酒が飲めてるみたいで何よりw
おめでたって自分はあながち間違ってねぇと思っちゃいましたw
役職は本人は納得してるみたいなんでいいんじゃないでしょうかw
6. Posted by とも   2008年07月28日 00:22
こんばんはー。

今回気になったのが、オレンジ君がギルフォード卿に連絡した意図は、単純にコーネリアの生存を伝えるためだけなのか、はたまた、なにかの目的のために暗躍しているのか。多分、前者だと思いますが・・・。

改造しまくりで乗れなくなってしまった紅蓮。カレンのお帰りを心待ちにしておりますw なにげにラクシャータとロイドの合作のこの機体は、めちゃ強そうですね。

それと、六番隊隊長グエン・バン・ニュー。銀英伝のグエン・バン・ヒューを思い出して笑ってしまいました。六番隊を任せて大丈夫なのだろうかw(ネタ元知らないヒトはごめんなさい)
7. Posted by まもん   2008年07月28日 00:23
>扇

どうなるんだろう・・・汗
カオスの下僕に汚される><
ヴィレッタはどうなったの?
扇に何かあったらマジで黒の騎士団崩壊防げないと思うんですけど!

>超連合

いいですねぇ〜・・・
星刻側も加わってかなり層が厚くなった感じですね^^
日本での戦いが見ものだと思います!
予告では神虎でギャラハットと戦ってましたけど・・・死なないでね^^;
まぁ内部に火種が大きい中膨れ上がってるんでそこから崩れない事を祈ります・・
とにかく敵のトップが不死だしシュナイゼルもいるし、核もあるし・・・正直勝てんの?って思いますけど・・・汗

来週はスザク、ルルーシュのやりとりと日本での戦争になりそうですね
希望はジェレミアにあの吸血鬼w撃破!!あとリヴァルに出番を!!
C.Cとのからみは無さそうなんで・・・あと2週くらいで夫婦漫才に飢えそうww
8. Posted by まもん   2008年07月28日 00:28
追記

>ギルフォード、ジェレミア

ギルフォード卿の台詞はオレンジではなく、「オ、オレンジ君です・・w」
礼儀正しいんだかけなしてんだかわかんないんですけどw

これはコーネリアを引き渡すのかこれを餌に何かを釣ろうとしてるのか・・・
今週もジェレミアの忠臣っぷりがよかった^^高感度上昇が止まらないw

>コーネリア

まぁルルーシュの本心を伝えただけ関係は一歩前進だと思います
ルルーシュのことも嫌いではないと思うんで(ユフィ事件を除いたら)シスコン同盟に期待!!
スザクとの対話もそうですけど、ようやくルルーシュはユフィの事件と向き合ってきましたね・・・ルルーシュの性格上ギアス暴走は最後まで言わないかも(汗)
9. Posted by Mr.T   2008年07月28日 00:31
4 こんばんは。

>実にいいパンチ(笑)。ドレスでなければ蹴りも〜。
 ぎあすデイブレイクが開発中だったりして(笑)、カレンの必殺技は百裂脚かも。最弱キャラは勝利のポーズだけはカッコいい?必殺技が“影武者”のあの人で。

>「こ、これ、ご主人さまの分、取っておきました。
 ご主人様なのにたった一切れかよっ!とリアルタイムに突っ込みを入れてました。どうやら食の嗜好はギアスを超越するようです(笑)。

10. Posted by クロ助   2008年07月28日 00:35
遂に、ブリタニアとそれ以外の国の完全対決の下地が出来た訳ですが、まだまだ予断は許せそうに無いですね。
何はともあれ、次回が楽しみです。

>C.C.
小動物チックな反応にいちいち和みましたw
てか、ピザ食べてる姿が実に素晴らしい。(笑

>たまきw
えーと、清掃係とゼロ最高!とシャウトするのが主な仕事でしょうかね。(笑

>扇
ヴィレッタと共に落下した以上は大なり小なり怪我の一つも負ってる筈ですし、何より余りに平然とし過ぎてるので、やはり咲世子の変装かなと思います。

>不協和音
最近絶好調なロロが着々と火種を撒き散らしております。(苦笑
あの虐殺による不信感の芽生えはルルーシュの自業自得とは言え、一気に延焼して取り返しのつかない事になりかねませんね。(^^;

続きます
11. Posted by 鳳龍   2008年07月28日 00:40
こんばんは。
随所で好評の奴隷モードC.C.さんですけど…
>魔女とツンデレ漫才をできない魔王は寂しそうです
私もやっぱりC.C.がこのままだと寂しいです…やっぱり彼女は魔女じゃないとだめだめやd(ry
>魔女の好物だったからピザを持ってきた
>チーズくん
普段は掃除もできない魔女妻に小馬鹿にされてる童貞坊や魔王なのに…良い旦那だなぁ(笑)
>た「おめでたってことじゃねえの?
ゼロ「従順なC.C.など手篭めにしても意味は無い! 魔女のあいつを押し倒してこそ(殴
>でも本当だし(笑)
まぁ正確に言えば「マリアンヌのこと」もありますけど、全く嘘がないことを我々視聴者は知っている。
12. Posted by 夏祭   2008年07月28日 00:47
こんばんわー
>C.C.
記憶無くしたときの第一発見者がルルでよかった。たまきだったら大変なことになってそうw
>コーネリア
「何を今更」は妹を助けると言ったのにも関わらず、コーネリアの妹を殺したから、他人の妹を殺しておいて今更何を言っているという意味だと思います。
>ロロ
ルルの半径10m以内にはいなさいw危ないからwあそこでギアスがくるかとひやひやしちゃった。
>藤堂
「正義の戦争か」朱禁城?を盾にしてたのに今さら正義ですか(違
>C.C.Part2
ピザハットとかチーズ君とか置いているのに、ギアスは試してないのですね、マオとの戦いで聞かないということが強く根付いてしまったのでしょう。
(続く)
13. Posted by 夏祭   2008年07月28日 00:54
(続きまふ)
>スザク
まさか、皇帝陛下のギアス〜
この時点でアーニャの話を聞いていないスザク(違
>ブラッドリー卿
これは、たまきやオレンジ君以上の成果を見せてくれそうですね(違
>ニーナ
あのさ、半ば強制でやらせるのやめよう?wこれでスザクから信用が無くなって、また誰も信じてくれないとかユフィだけが信じてくれるとか勝手なことを言い始めて、核を片手にゼロの前に(自粛
>咲世子
変装の場合は変装道具があるからディートに言ったのでしょう^^;扇はどうなるか、利用されてポイか死亡か、生還か。
(続く)
14. Posted by 鳳龍   2008年07月28日 00:54
>あの、この戦いが終わったら、と、藤堂鏡士朗に
全国の視聴者の9割9分方に思われたでしょうね。千葉さん死亡フラグと…でもこのスタッフはむしろ相手の藤堂さんを、ついでに旗色の怪しい朝比奈を死なせて千葉さんひとりぼっち生還で終戦させそう。
>ニーナ
そして、彼女も救いようのない様で生き残らせそうだから困ります。
>この矛盾はさ、スザクくんだけじゃない、君を殺すよ
出番少な目だったロイド伯爵、久々に見せてくれました。
>夫の勇姿に喜ぶ神楽耶
リアル日本で大不評のゼロのネームセンスですけど、よき理解者なあたり、流石は自称正妻。たとえ夫がC.C.にかかりきりでも桧舞台で何処吹く風。
まさに21世紀の御台所。かの篤姫や和宮もびっくりだ。
15. Posted by クロ助   2008年07月28日 00:56
>ニーナ
あの「ユーフェミア様の騎士〜」と言ってスザクにフレイアを使わせようとした場面。
彼女は、ユフィが日本人は皆殺しと言ったあの出来事を嘘偽り無いユーフェミアの本心と捉えてるんだと思います。

なればこそ、ユーフェミアの遺志を継ぎ、自らの作り出した戦略兵器を「ユーフェミアの騎士」である(=ユーフェミア様の考えの理解者である)スザクがイレブンの虐殺に使うのは当然の事と考えているのではないでしょうか。
彼女からすれば、そんなスザクがイレブンに対して同族意識を抱いているなどあってはならない事なのでしょうね。

>カレン
ナイスパンチ!(ぉ
今回の彼女の断固とした態度は、スザクに取って絶対に必要な措置だったので、本当にGJだと思います。

>超合衆国連合
良い盛り上がり方です。
皇帝の割込みによって初っ端からケチがつきましたが、皆の意気軒昂ぶりからすれば些細な事でしょう。

続きます
16. Posted by 夏祭   2008年07月28日 01:05
(続きまふ)
>ジェレミア
オ、オレンジ ゼロ(ルル)からちゃんとジェレミアって呼ばれたから多分、平気でしょうwそれか、ここで裏切りとか(可能性は低いと思いますが)
>たまきw
多分、清掃員でもふきふきはしないと思います。何故ならたまきwが逆ギレするからだとw
たまきw「ゼロめ、騙しやがったな」とか言いそうです
>スザクとルル
また間違った方向に一直線。。。一回思ったことは正しいか調べる前に自分で判断、だめだと思うよ?人は時間と共に変化する、それを知らずにいつまでも人間は同じと思っていては変わるものへの侮辱です。
>次回予告
タイトル 最終決戦、再び指揮官の逃亡(違
土の味。余談ですが中国に土を主食としてるおばちゃんがいたらしいです。
スザクよ、私が嫌いになる前に過ちに気づいてください。
皇帝の声、遊びすぎw皇帝の言葉がつぼな私にはw
17. Posted by クロ助   2008年07月28日 01:22
そして、CEOにゼロ、総司令官が星刻というのを見て震えました。
類い稀な力でゼロを苦しめた星刻とのタッグ、ある意味ルルーシュとスザクの共闘よりも敵対する相手に取っては質が悪いw

国との契約で武力を行使する集団、という形に組織が変わった訳ですが、今後は超合衆国連合と専属契約を結ぶ傭兵組織としてかなり大規模な物になりそうですね。

…ここからは完全に無関係な余談。
自分の好きなとある作品に於いて、超〇〇と言う名称が出て来る度、定番ネタとして超と〇〇の間に☆が付くのですが、今回ゼロが「その名も、超合衆国!」と高らかに宣言した際、自分の頭の中では「その名も、超☆合衆国!」に自動的に脳内変換されてしまい、色々台無しに。(ぉぃ
18. Posted by りぐ   2008年07月28日 01:56
こんばんは

>守って下さい
私だけかもしれませんが、一期ジェレミアの言語機能崩壊のおかげで損をしていると感じました。真面目なセリフなのになんか笑える。

>ともさん
>グエン〜
同じものを連想しました。確か東南アジア系(ベトナムだったかな?)でしたかね。

>戦術兵器に〜
EU戦線でのランスロット(フロートシステムとハドロン砲などの重火器による敵防衛ラインの無力化)は既に戦略兵器と言っても差し支えないかと思えます。

>皇帝の不在
ここで皇帝が存在している場合を考えないのは戦略家としてどうかと。相手に対して臆病な様子が描かれるのはいいですが、そこにこそ策略を練る必要が生じるわけでそれを抜いてしまうと個人的には不満です。あそこまで怯えた描写でなければよかった気もします。
19. Posted by りぐ   2008年07月28日 02:37
たまきの役職で遊んでみる。

>内務掃拭賛助官郎
後ろからやります。

「官郎」…実際役職名の後についてるものもあるみたいですがどちらかというと珍しい。ただ「郎」だとむしろ隊長クラスよりは上の感じでもある。

「賛助」
成立を助けるとかそんな感じみたいです。

「掃拭」
まあ使い方はともかくイメージはそのまま。
「内務」
組織の内部的な事務。ただし中国語だとベットの整理とか室内の整理という意味合いも含む。もっとも近代以前の内務(府)は宮廷と行政の間での垣根がはっきりしていないようで宮中の官が行政の職権を侵すことも多々あったそうです。

まあそのあたりで判断すると13話の強引に会議に割り込み扇に要件を伝えるというような役割……。と考えてみても「(ある程度)好きにして」と放置に辿りつく(笑)
20. Posted by りぐ   2008年07月28日 02:56
>スタッフリスト
上の四人の棲み分けがかなり曖昧。そのあたりを考慮するとルルーシュがブラックリベリオンのように不在となってもなんとかなりそうな感じですね。ただしナナリーの事は誰かに話していないといけませんが。星刻の存在が大きいですが神虎で出撃するので危険です。

>カレン
相変わらず拍手喝采です。

>皇帝対ルルーシュ
構図がはっきりすればするほどシュナイゼルの重要性が増しますね。

>コーネリア
今さら皇帝とシュナイゼルの陣営に戻る(時間的余裕もない)気もしませんし、なんとか(駒としてではなく)取り込んで欲しいですね。

本日はこのあたりで
21. Posted by りぐ   2008年07月28日 03:44
すいませんが追記を

>参議長官
参謀長官のような感じもします。

>咲世子
ロロと数人で歩いているシーンですが背景にミレイが映っています。つまりエリア11内部(東京祖界への)での工作段階ではないでしょうか。エリア11の通常の放送が蓬莱島に流れてるとは思いにくいですし、その後の蓬莱島のシーンでは皇と天子(そういえば正式名称ありましたっけ?ないのなら欲しいですね)を背景で捉えてます。そうすると扇は本人?チグサはどこへ?
22. Posted by なっきー   2008年07月28日 05:56
4  まもんさん、航さん、ともさん、Mr.Tさん、クロ助さん、鳳龍さん、夏祭さん、りぐさん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。



>まもんさん

>内部は火種がありますけど純粋に組織が大きくなって有能な
>人材が集まってくるとわくわくします!!
 同感です!

>これからは世界が2分されて大きな戦争になりそうなんで
>楽しみ^^!!
 シャルルはああ言っていますが、拡大し続ける帝国を止めるには、こうして帝国以外を取り込むのがほぼ唯一の正解だと思うんですよね。
 あとは皇帝に取り入って、絶対の信頼を得た上で下克上するとかしかありません。

>パパも最初は調子こいてましたねw
>〜というより戻らないかなぁ?と思いながら言ってると思います
 そうかもしれませんね。

(続きます)
23. Posted by なっきー   2008年07月28日 05:58
>とにかくC。Cがいなかったらまた思考がダメな方になった
>んでよかった・・・
 元が 『守るべき人のために』 から始まっているだけに、C.C.と関わることで本来の形を思い出しやすいかもしれない気がします。

>友達でリヴァルのウルトラCか!?〜
 すみません、考えもしませんでした。
 でもリヴァルは第1期のスザク転入時も中立(シャーリーみたいに積極的には関わりませんでしたが)でしたし、彼は彼で、なかなかに好人物に思えます。

>まだスザクを友達だと思ってる当たりルルーシュだなぁと〜
 自分があまり芯が変わらない人間だけに、他人にもそういうのを期待し、見てしまうのかもしれません。

>スザク
>上から目線にいらっときましたww
 当然だと思います(笑)。

>核うつなよ!!
 ニーナがまた最悪…。
 スザクを仲間だなんてカケラも思っていない癖に、ユフィを持ち出して汚れ仕事だけ押し付けようって腹ですよ。

(続きます)
24. Posted by なっきー   2008年07月28日 06:01
>カレンのフルボッコには笑ったww
 1ゲージ使用の超必殺技、という感じです。

>C.C
>思ったより子供っぽくなかったなぁ・・・
 早めに親を亡くした影響もありそうです。
 誰も頼れない以上は自立するしかありませんし…。

>ピザをためしたルルーシュには笑ったけど、それで戻らなかっ
>たのはショック!w
 まあでも 『試したけど無駄だった』 ではなくて、こういうのは積み重ねだと思います。
 魔女に繋がるものといろいろ関わって、そこからふと思い出すとかではないかと…。

>アーニャ
>〜ベタな展開だとギアスキャンセルで黒の気団入りですね
 これはありそうですね。凄くありそう。
 キャンセラーが範囲攻撃なのも、巻き込まれて思い出すという流れを予感させます。

(続きます)
25. Posted by なっきー   2008年07月28日 06:05
>・・・・マリアンヌとの関係はあるのか・・・・
 ありそう…なのですが、現状では何とも言えませんし、いろいろわかってくる時が楽しみです。

>ニーナ
>〜お前それ間接的に大量虐殺ユフィのせいにしましょうって事
 そういう意味になってしまいますよね(汗)。
 女神さまはそんなに安いものなのかと、ニーナに説教したい気分です。

>ロイドの説教?が本当になりそうで・・・
 スザクは多分、断固ノーに決まると思うんですよね。
 問題は、ニーナだとそれで諦めないだろうこと…。↓

>考えられる最悪の展開が巻き添えでミレイが死んで壊れる
 本当にありそうで嫌すぎです(汗)。

>吸血鬼w
>あぁww残念なバカだったwww
 何て的確な表現!!(笑)

(続きます)
26. Posted by なっきー   2008年07月28日 06:07
>ブリタニア側の人殺し(弱いものいじめw?)がうまいたまき
 つまり次回はブリタニアの清掃卿、失敗するの巻ですか。

>スザク
>ジノが言った台詞はスザクがいわないと・・・・
 まだ本来あるべき所に戻ってきていない感じです。

>あとルルーシュ呼び出してどうするか・・・
 ルルーシュがどこまで話せるかにも、大きく影響される気がします。
 記事にも書きましたがこれは千載一遇、もう永遠に来ないかもしれない機会なので、ルルーシュには最善の努力をして欲しいですね。

>ジノ
>〜自分としては黒の騎士団にはいってほしいんで、日本との戦い
>で何か起きるのかな?
 彼はちゃんと誇りを持った騎士をしていると思うので、それだけにブリタニアにひどく残念な行いがあれば国への忠誠が揺らぐ可能性はある気がします。

(続きます)
27. Posted by なっきー   2008年07月28日 06:10
>千葉さん・・かわいかったんだけど・・戦争前に終わったら
>・・しかも恋愛話・・・死なないで><
 この戦いが今まで以上にヤバいと感じてのことなのでしょうが…、そういう方向の覚悟は危険ですよね(汗)。

>藤堂さんも逃げるなwwでもルルみたいに、にぶくはなさそう
 単に恋愛関連の話が苦手なだけでしょうね。
 でも千葉との相性は悪くない感じです。

>ロイド、ミレイ
>調子に乗ってスペック上げすぎたみたいですねww
 楽しくて仕方ない、って感じだったのでしょう(笑)。

>名前も聖天八極式ってくらいだからとんでもない〜
 ただの勘ですが、オーバースペック仲間の、星刻の神虎と戦うことがありそうな気がしています。

(続きます)
28. Posted by なっきー   2008年07月28日 06:13
>珍しくかなり(ロイドなりに)ニーナに説教してましたね
>・・・・・ブチ切れて欲しいんだけど・・・・無理ですね・・
 あるいは今回の態度こそが、切れかけの状態なのかも…?

>たまきw
>〜おめでたって自分はあながち間違ってねぇと〜
 ゼロに世話が焼ける娘ができてます(笑)。

>役職は本人は納得してるみたいなんでいいんじゃないでしょうか
 真ん中は記事で書いたように清掃人で間違いないと思うのですが、 『賛助官』 って…、

 もしかしてそれを応援する係ってことだったり…!?
 ゼロの手腕に感動です(笑)。

>扇
>〜カオスの下僕に汚される><
 思えば、咲世子にも扇を誤射した罪の意識はあるでしょうし、それを思えば(天然でも)扇のふりをうまくできないというのはありそうです。

(続きます)
29. Posted by なっきー   2008年07月28日 06:16
>ヴィレッタはどうなったの?
 生きてはいる気がしますが、どちらかが重い怪我を負うなどしてまだ動けない状態なのでしょう。
 どちらが重い怪我なのだとしても、黒の騎士団に帰ることを危険と考え、他で療養しているということは有り得る気がします。

>扇に何かあったらマジで黒の騎士団崩壊防げないと思う〜
 誰もが認める人情派ですからね。

>超連合
>〜星刻側も加わってかなり層が厚くなった感じですね^^
 物量では依然ブリタニア優勢でしょうが、今や人材面ではそう引けを取らないレベルになっている気がします。
 …それぞれ一枚看板で代わりが乏しい面はありますけど。

>予告では神虎でギャラハットと戦ってましたけど・・・死な
>ないでね^^;
 能力的には大丈夫…だと思うのですが、神虎による負荷が心配です(汗)。

(続きます)
30. Posted by なっきー   2008年07月28日 06:19
>とにかく敵のトップが不死だしシュナイゼルもいるし、核も
>あるし・・・正直勝てんの?って思いますけど・・・汗
 一つ一つの要素はどうにもならないものとも言えないですし、逆にブリタニア側から見ても、最早容易には消せないほどに大きな敵となっていると思います。

>希望はジェレミアにあの吸血鬼w撃破!!
 腐った蜜柑は廃棄しないとですね。(ぉぃ

>あとリヴァルに出番を!!
 もう一般人代表が彼くらいになってしまいました(汗)。
 …こうなったら、 『ミレイの出る番組をチェックして全部観る役目』 を彼に期待したいです。

>あと2週くらいで夫婦漫才に飢えそうww
 相方の芸風が変わりすぎて、ルルーシュもうまく突っ込めないようです。(違

(続きます)
31. Posted by なっきー   2008年07月28日 06:22
>ギルフォード卿の台詞はオレンジではなく、「オ、オレンジ君〜
>礼儀正しいんだかけなしてんだかわかんないんですけどw
 何ていい台詞…! 聴き直して吹きましたw
 早速記事も修正しておきますね。

>これはコーネリアを引き渡すのかこれを餌に何かを釣ろうと
>してるのか・・・
 前者だとは思いますが、何らかの対価を要求する可能性はあるかもしれません。

 中世以前の貴族社会を色濃く残しているブリタニアですが、貴族同士の戦闘で捕虜になった貴族は、身代金と引き換えに返されるという暗黙のルールがありました。
 無償で返すとなると利敵行為と見なされるかもしれませんが、そうした 『皇族として正統な扱い』 ならゼロへの忠誠とも矛盾しない気がします。

>今週もジェレミアの忠臣っぷりがよかった^^
 忠誠を向けるべき相手が見付かって、精神的にも安定・高揚しているのかもしれません。

(続きます)
32. Posted by なっきー   2008年07月28日 06:25
>コーネリア
>ルルーシュの本心を伝えただけ関係は一歩前進
 全く同感です。
 コーネリアが信じるかどうかより、まずは真実を話したことが何より大事ですよね。

>ルルーシュのことも嫌いではないと思うんで(ユフィ事件を
>除いたら)シスコン同盟に期待!!
 括弧内も含めて、私も同じように思っています。
 もしかしたらこちらの共闘は、スザク相手よりもずっと難易度が低いかもしれません。

>〜ようやくルルーシュはユフィの事件と向き合ってきましたね
 今までは 『俺が罪を背負えばそれでいい』 と、そう思い込んでいた気がします。

>ルルーシュの性格上ギアス暴走は最後まで言わないかも(汗)
 それだと本当に理解を得るのは難しい気がします。
 なので、どうしてもここはルルーシュに下手なプライドを捨て去って、馬鹿みたいな、けれどあまりに致命的な失敗を語って欲しいです。



(続きます)
33. Posted by なっきー   2008年07月28日 06:28
>航さん

>藤堂もブラックリベリオン時のことを許したとはいえ、さすが
>に2度目ともなるとどうなるやら。
 自分を意図的に作戦から外した上、その中身があれでは、黒の騎士団は以後ゼロを外して運営する方が良いと考えてもおかしくありません(汗)。

>玉城はもう完全にほっといていいみたいですが(笑
 さすがゼロ。
 『親友』 を満足させる腕も見事です(笑)。

>ニーナ>もう殆ど自己満足のためにユフィの名を利用しちゃって
>ますね、この子。
 ゼロが死んだ(と思った)とき、初めて自分が重ねてきた過ちに気付くかもしれないとも思います。
 …もちろん、それでは遅すぎるのですが。

(続きます)
34. Posted by なっきー   2008年07月28日 06:31
>せっかく日本に来たんだからミレイとゆっくり語り合って、
>何なら一発はたいてもらって、目を覚ましてほしい
 ミレイは何も後ろ盾がない世界で、己の実力のみで這い上がりました。
 ニーナも(理屈の上では)これでミレイを認めざるを得ないはずなんですよね。中華連邦で言っていたことからして。

>ルルとスザク>ルル自身がゼロだという秘匿を開示したのは
>とりあえず良い傾向。
 スザクもそこから何か感じるものはあったのだと思いたいです。…だから2人で会おうと言い出したのだ、と。

>そもそも今回は根底で「ナナリーを守る」というのが一致
>してるのであとはきちんと話せれば・・・
 同感です。
 もう何も無しには収まらないでしょうが、殴られても土を舐めても、それでもこの機会をモノにするべき気がします。

>同時進行で嚮団殲滅の秘匿が騎士団内で大きくなりそうな気が〜
 木下がもう、罪悪感に耐えきれそうにないですからね(汗)。

(続きます)
35. Posted by なっきー   2008年07月28日 06:33
>ナナリーとカレン>いいですね、この二人(笑
 カレンも今回話してみて、ナナリーは何も変わっていない=友達、という揺るがない印象を抱いたと思います。↓

>カレンがブリタニア側で戦闘に出てくるとすればナナリーの
>ためという名目なら割と納得するかもしれません。
 私もです。
 敵を倒すためではなく、ナナリーを守る最後の楯としてなら…。



(続きます)
36. Posted by なっきー   2008年07月28日 06:36
>ともさん

>〜オレンジ君がギルフォード卿に連絡した意図は、単純にコー
>ネリアの生存を伝えるためだけなのか、はたまた、なにかの
>目的のために暗躍しているのか。
 私も前者だと思います。
 無事を伝え、場合によっては返還するための条件整備など秘密の話し合いをしよう、という話かもしれません。

>なにげにラクシャータとロイドの合作のこの機体は、めちゃ
>強そうですね。
 この2人もルルーシュ&スザクと一緒で、どこかで道を違えてしまったものの、共闘すれば最強無敵という関係なのだと思います。

>銀英伝のグエン・バン・ヒューを思い出して笑ってしまいました
 戦死予定ですか!?(笑)
 そう言われてみると危うい気もしてきました(笑)。



(続きます)
37. Posted by なっきー   2008年07月28日 06:40
>Mr.Tさん

>ぎあすデイブレイクが開発中だったりして(笑)
 ルルーシュのスペックが心配です(笑)。↓

>最弱キャラは勝利のポーズだけはカッコいい?必殺技が
>“影武者”のあの人で。
 ギアスがどの程度使えるかにもよるかも?

>「こ、これ、ご主人さまの分、取っておきました。
>ご主人様なのにたった一切れかよっ!〜
 ふと気付いたら一切れしか残っていなかったのでしょう(笑)。
 そこでこらえたC.C.、よく頑張ったと言えるのでは(笑)。



(続きます)
38. Posted by なっきー   2008年07月28日 06:43
>クロ助さん

>遂に、ブリタニアとそれ以外の国の完全対決の下地が出来た
 オーストラリアとか、青にも赤にも塗られていない国がどうなっているのかにも、ちょっと興味が湧きます。

>C.C.
>小動物チックな反応にいちいち和みましたw
 慌てて隠れてからそっと様子を見たり、確かにそんな感じでしたね。

>てか、ピザ食べてる姿が実に素晴らしい。(笑
 凄い速さであっという間に一切れ頬袋の中でしたしね。(違

>たまきw
>えーと、清掃係とゼロ最高!とシャウトするのが主な仕事
 実際そうかも(笑)。
 賛助官という変な単語が付いてますし。

(続きます)
39. Posted by なっきー   2008年07月28日 06:45
>ヴィレッタと共に落下した以上は大なり小なり怪我の一つも負
>ってる筈ですし、何より余りに平然とし過ぎてるので、やはり
>咲世子の変装かなと思います。
 ディートハルトが変にご機嫌なのも、騎士団内の政敵たる扇が負傷し、そのまま帰らないからこそとも思えます。

>不協和音
>最近絶好調なロロが着々と火種を撒き散らしております。
 本人的には 『言うべきこと』 なのでしょうけど、それがことごとく地雷を踏んでいる感じです(汗)。

>あの虐殺による不信感の芽生えは〜一気に延焼して取り返し
>のつかない事になりかねませんね。(^^;
 恐らくルルーシュ自身、後から冷静に考える機会があれば、殲滅戦のリスクと、実は殲滅しなければならない状況でもなかったことに気付く気がしています。
 …でも、後悔したところで、やってしまったことは無かったことになりませんからね(汗)。

(続きます)
40. Posted by なっきー   2008年07月28日 06:49
>ニーナ
>〜彼女は、ユフィが日本人は皆殺しと言ったあの出来事を嘘
>偽り無いユーフェミアの本心と捉えてる
 うわあ…(汗)。
 豹変の前後、自分に都合のいい方だけを本当と解釈…、それは実際ありそうです。

>〜彼女からすれば、そんなスザクがイレブンに対して同族意識
>を抱いているなどあってはならない事
 なるほど、凄く納得です。

>カレン
>今回の彼女の断固とした態度は、スザクに取って絶対に必要
>な措置だったので、本当にGJだと思います。
 『カレンをここまで怒らせた』 ことで、自分が理屈で考えたよりずっと深く、その間違いの大きさに気付けたと思います。

>超合衆国連合
>〜皇帝の割込みによって初っ端からケチがつきましたが、皆の
>意気軒昂ぶりからすれば些細な事でしょう。
 私もそう思います。
 ゼロが動揺した分、藤堂がうまくフォローしてくれましたしね。

(続きます)
41. Posted by なっきー   2008年07月28日 06:51
>CEOにゼロ、総司令官が星刻というのを見て震えました。
 自分が総司令という黒の騎士団成長期の状態ではなく、星刻に任せるのもさすがという感じです。

>〜ある意味ルルーシュとスザクの共闘よりも敵対する相手に
>取っては質が悪いw
 それに策略家が2人になると、途端に穴が生じにくくなりますしね。

>〜今後は超合衆国連合と専属契約を結ぶ傭兵組織としてかなり
>大規模な物になりそうですね。
 一方で、ゼロ個人の感情剥き出しの作戦には私兵しか動かせなくなっていくでしょうし、勝手が過ぎればCEOに対する問責決議とか、今までになかった面倒が起きる可能性もある気がします。

>〜自分の頭の中では「その名も、超☆合衆国!」に自動的に
>脳内変換されてしまい、色々台無しに。(ぉぃ
 案外ルルーシュの脳内でも同じかもしれませんよ?(笑)



(続きます)
42. Posted by なっきー   2008年07月28日 06:54
>鳳龍さん

>随所で好評の奴隷モードC.C.さんですけど…
 確かに小動物みたいで可愛いのですが、↓

>やっぱり彼女は魔女じゃないとだめだめやd(ry
 魔王とのペアが実にいい感じでしたしね。

 ピザとチーズくん、本当の名前、あとは本当の願い。
 これらが記憶を呼び覚ます鍵になるかもしれません。

>〜魔女妻に小馬鹿にされてる童貞坊や魔王なのに…良い旦那
>だなぁ(笑)
 まああれだけ色恋沙汰に疎いと、小馬鹿にされるのも仕方ないと思います(笑)。

>>あの、この戦いが終わったら、と、藤堂鏡士朗に
>全国の視聴者の9割9分方に思われたでしょうね。〜
 何か急に暗雲が立ちこめた感じでした(汗)。

(続きます)
43. Posted by なっきー   2008年07月28日 06:57
>千葉さん死亡フラグと…でもこのスタッフはむしろ相手の
>藤堂さんを、ついでに旗色の怪しい朝比奈を死なせて〜
 そちらもダメージ大きそうです(汗)。
 …ただ今回、ロロとの険悪化フラグも立てた朝比奈は、少なくともしばらくは安泰ではあるでしょうが…。

>ニーナ
>彼女も救いようのない様で生き残らせそうだから困ります。
 どちらにしても、強烈な報いを受けそうです。

>>この矛盾はさ、〜
>出番少な目だったロイド伯爵、久々に見せてくれました。
 いつも飄々としているロイドだからこそ、こういう台詞はよく響く気がします。

>>夫の勇姿に喜ぶ神楽耶
>リアル日本で大不評のゼロのネームセンスですけど、よき理解
>者なあたり、流石は自称正妻。
 漫才の相性(違)はともかく、 『ゼロの妻』 としてだけ見れば叱り、導き、背中を押せる神楽耶が最適かもしれないと私は思っています。↓

(続きます)
44. Posted by なっきー   2008年07月28日 07:00
>まさに21世紀の御台所。かの篤姫や和宮もびっくりだ。
 滅多に出現しないレベルの大人物だと思います。
 それを思えば、今超合集国で議長職にあるのも必然なのかもしれません。



(続きます)
45. Posted by なっきー   2008年07月28日 07:02
>夏祭さん

>C.C.
>記憶無くしたときの第一発見者がルルでよかった。たまきだった
>ら大変なことになってそうw
 ごく短期間でいろいろ間違った知識を覚えたりしそうです。

>コーネリア
>〜コーネリアの妹を殺したから、他人の妹を殺しておいて今更
>何を言っているという意味だと思います。
 そうかもしれません。
 ルルーシュがユフィに抱いていた好意も知らないでしょうしね。

>ロロ
>ルルの半径10m以内にはいなさいw危ないからw
 ロロ的に善かれと思って口にする言葉が、いちいち災いの元になっている感じです(汗)。

>あそこでギアスがくるかとひやひやしちゃった。
 でもいつか木下を始末しそうです(汗)。
 …それが直接の引き金になって、他の零番隊隊員から事が漏れるかもしれません。

(続きます)
46. Posted by なっきー   2008年07月28日 07:05
>藤堂
>「正義の戦争か」朱禁城?を盾にしてたのに今さら正義ですか
 正々堂々と正義はまた別です。(ぉぃ

>C.C.Part2
>〜ギアスは試してないのですね
 効かないという先入観はありそうですし、また、 『可能な限りギアスを知り合いに使いたくない』 という思いは以前より強まっているとも思います。

>まさか、皇帝陛下のギアス〜
>この時点でアーニャの話を聞いていないスザク(違
 彼らしい気もします(笑)。

>ブラッドリー卿
>これは、たまきやオレンジ君以上の成果を見せてくれそう
 一応活躍はすると思いますし、誰か墜とされるかもしれません。
 でも帰還はできないかも、と…。

>ニーナ
>あのさ、半ば強制でやらせるのやめよう?w
 スザクだからまともに受け取って考え込んでしまいましたが、相手によっては痛烈な仕返しがあってもおかしくないやり方だったと思います。

(続きます)
47. Posted by なっきー   2008年07月28日 07:07
>〜ユフィだけが信じてくれるとか勝手なことを言い始めて、
>核を片手にゼロの前に(自粛
 恐らくランスロットにはフレイヤが積まれることはなく、だから、かつてそうしたように余っている機体に自分でフレイヤを搭載する気がします。
 そして誰も自分の口車に乗ってくれないとなると、当然のように自分が操縦してゼロを道連れに自爆を図るのではないかと…。

>〜扇はどうなるか、利用されてポイか死亡か、生還か。
 ディートハルトにとって、扇の中の人(違)が変わっているのはとても喜ばしいことなはずで、本人が帰ったら帰ったで一悶着起きそうです(汗)。

>ジェレミア
>〜ゼロ(ルル)からちゃんとジェレミアって呼ばれたから多分、
>平気でしょうw
 しかも自分が一番重んじている忠節を褒められたわけですよ。
 今後もし仮にルルーシュの思惑と違う行動を取ることがあったとしても、裏切りとは違う意味を持っていると思います。

(続きます)
48. Posted by なっきー   2008年07月28日 07:11
>たまきw
>多分、清掃員でもふきふきはしないと思います。〜
 そこで思ったのですが、賛助官という意味不明の単語、 『清掃員…の応援団副団長』 とかなのでは…(笑)。

>スザクとルル
>〜それを知らずにいつまでも人間は同じと思っていては〜
 それに、 『他人を理解する』 こと自体がそう簡単なことではありませんよね。
 完全に理解したと思えたとしても、大抵はどこか誤解しているものと思います。

>土の味。余談ですが中国に土を主食としてるおばちゃんがいた
>らしいです。
 日本でも飢饉で食べるものがない村で、家の土壁とかを口に入れた、なんて話も…。
 さすがに生き延びる役にはあまり立たないでしょうけど。

>皇帝の声、遊びすぎw皇帝の言葉がつぼな私にはw
 それにいちいち狼狽するルルーシュがまた、ある意味面白いわけで(笑)。



(続きます)
49. Posted by なっきー   2008年07月28日 07:13
>りぐさん

>守って下さい
>〜一期ジェレミアの言語機能崩壊のおかげで損をしている
>〜真面目なセリフなのになんか笑える。
 それは…あるかも(笑)。

>グエン〜
>同じものを連想しました。
 ちなみに、そう変わった名前でもないようです。
 前半2つくらいで検索すると、いろいろ(実在も含めて)他の名前もヒットしたりしますし。

>戦術兵器に〜
>EU戦線でのランスロット〜は既に戦略兵器と言っても差し
>支えないかと思えます。
 用法はそんな感じですしね。
 …でも、それでも個対個の積み重ねしかないのも確かで、 『範囲内を消滅させる』 のは全く意味が違うとも思います。

>皇帝の不在
>ここで皇帝が存在している場合を考えないのは戦略家として
>どうかと。
 策略家にはリスクを減らそうというタイプとリターンのためにリスクを冒そうとというタイプがあり、ルルーシュは間違いなく後者です。↓

(続きます)
50. Posted by なっきー   2008年07月28日 07:17
 仰っているのは前者タイプであって、劇中ではシュナイゼルが明らかにこれに相当するでしょう。
 これらは一見するとシュナイゼルタイプが優れているように思いがちですが、リターンも目減りするので、劣勢からの逆転には不向きなのも確実です。

 つまりルルーシュは、シャルルが当面還ってこないことに 『賭けた』 と言えるでしょう。
 賭けて、そして負けたからその分のチップを失ったわけですね。↓

>相手に対して臆病な様子が描かれるのはいいですが、そこに
>こそ策略を練る必要が生じるわけでそれを抜いてしまうと〜
 さらに言えば、無意識下でなるべく 『シャルルにどう対抗するか』 を考えたくない(勝てないという思い込み)というベクトルが働いているようにも思います。
 これと、上で書いた策略家としてのタイプとが合わさり、シャルル相手には特に失敗しやすくなっている気がします。

>内務掃拭賛助官郎
 えーと、 『郎』 は余分ですね。

(続きます)
51. Posted by なっきー   2008年07月28日 07:19
>「賛助」
>成立を助けるとかそんな感じみたいです。
 これが怪しい…、実は清掃員を応援する係なのではと思い始めてます(笑)。

>「内務」
>〜ただし中国語だとベットの整理とか室内の整理という意味
>合いも含む。
 あ、そっちの意味かもしれないですね。
 後ろに掃拭と続く分には、自然かも。

>〜13話の強引に会議に割り込み扇に要件を伝えるという
>ような役割……。
 あの勇姿?は、ゼロは見ていないんですよね(笑)。
 扇はいちいち玉城が役に立った、なんて報告はしないでしょうし…。

>スタッフリスト
>〜そのあたりを考慮するとルルーシュがブラックリベリオンの
>ように不在となってもなんとかなりそうな感じですね。
 これ、私も同じことを思いました。
 さらに言えば、ゼロが支持を失えばトップから外されることも有り得る、とも思います。

(続きます)
52. Posted by なっきー   2008年07月28日 07:23
>星刻の存在が大きいですが神虎で出撃するので危険です。
 星刻は、それが可能である限り指揮に専念した方が良さそうですが、早速出番が来そうで…(汗)。

>カレン
>相変わらず拍手喝采です。
 まさしく 『性根を叩き直した』 感じです(笑)。

>皇帝対ルルーシュ
>構図がはっきりすればするほどシュナイゼルの重要性が増しますね。
 彼は彼の目的を持って、それに着実に向かっているように思います。
 事と次第によっては、シャルルに最後まで忠実ではいないかもしれません。

>コーネリア
>〜なんとか(駒としてではなく)取り込んで欲しいですね。
 ルルーシュへの怨みは真相への理解度で薄らぐでしょうけど、ただ、ユフィのために…という形のままなら、反ブリタニアの一員になる可能性は薄い気がします。

>参議長官
>参謀長官のような感じもします。
 仰る通りでした。修正しておきます。

(続きます)
53. Posted by なっきー   2008年07月28日 07:26
>咲世子
>ロロと数人で歩いているシーンですが背景にミレイが映って
>います。
 確かに…。そうなるとエリア11で工作中、つまりはあの扇は咲世子ではないということになりそうです。

>そうすると扇は本人?チグサはどこへ?
 『銃が濡れては戦えないと判断したヴィレッタは逃亡し、咲世子も扇の救助を優先して追撃を諦めた』 とかはありそうです。
 そしてディートハルトに先手を打たれて空港からの脱出が困難で、仕方なく中華連邦国内に潜伏―― という形でしょうか。

 あと天子ですが、本名はまだ出てきてないですね。
 裏設定的に名前が決まっていたとしても、劇中で呼ばれないまま終わるかもしれない、と私は思ってます。
54. Posted by りぐ   2008年07月28日 08:25
こんにちは

>「郎」
あ、真一郎ね…。携帯からだと赤字の部分が入りきらないので「郎」のみが改行されてて役職名の後についてると勘違いしたようです。おかしい付き方だと思ってはいたのですが(笑)

>策略家には〜
納得できます。そして私自身は前者を(例、秀吉よりは家康を)好むのでそういう感想になるわけです。

>さらに言えば〜
私もそのように感じました。

>天子
まあ劇中の人物が名前を呼ぶこともできないですしね。その辺の混乱を避ける為にはあきらかにしないのは正しいかもしれません。

>ヴィレッタ
あるいは負傷して咲世子に捕まり、ディートハルトに抑えられているのかも。扇はそれによってディートハルトの命を受けざるを得ない状況であるという感じでしょうか。ただこの火種はむしろディートハルトを害しそうな…。
55. Posted by バニーのくびれ   2008年07月28日 09:10
こんにちは。
今回の話は「これなんて沈黙の艦隊?」というような話でした。ガンダム00といいサンライズで流行っているのでしょうか?
核兵器はもう実装レベルにまで持ってきているのか…ニーナ恐るべし。
ところでX線を発見した人は放射線で死んでしまったんですよね。この世界では放射線のもたらす影響とかあんまり詳しくなさそうだし、谷口監督が放射能というファクターを作中に入れてくるのかどうか。
ところでルルーシュのコンタクト、もう既に効かなくなってませんか?
56. Posted by まもん   2008年07月28日 14:23
来週の日本での戦いを妄想!

物量はどっちの方が上なんだろう・・・・もう完全にブリタニア側と言えないくらい黒の騎士団が大きくなってるし・・・・正攻法でいくのか、それともゼロ得意の奇策をつかうのか・・・・正攻法で行くにしてもこっちには、藤堂、星刻がいるんでいけそうですけど・・・

ブリタニア側での一番の戦力はナイトオブラウンズでしょうね・・・・噛ませはスタンドプレイが大好きなんで調子に乗って突っ込んでゼロの奇策に華麗にはまりそうww
ナイトメアでもゼロは防御主体で噛ませは攻撃主体なんで相性良さそうですしww

>誰と誰が戦うか(一対一にならないのかもしれないけど)

ギャラハットVS神虎は確定っぽいんでどれだけギャラハットが強いのか・・・というかでかすぎw
とりあえず星刻の寿命が気になる(汗)
でも中華連邦ではトリスタンと互角だったんですよねぇ(でも天子気にしてたからそうともいえないのか?)・・・・・大丈夫かなぁ?それとも一体多数とか?
ギャラハットの強さがどれくらいかわからないんで、誰と当てていいのかわからない!
57. Posted by まもん   2008年07月28日 14:36
あとはロロが戦うかどうか!!
ロロは人格は別にして、ギアスを使った瞬間移動ヴィンセントでの戦闘は大好きなんで!肘の装備もフタマタの?槍もかっこいいしなぁ〜
でもジェレミアがこっちにいる以上ロロ無敵じゃね?w
心臓が止まるらしいんでギアス自体のリスクがとんでもないんでしょうけどルルーシュのためなら喜んで使いそうだなぁ(汗)
正直ラウンズだろうが何だろうがロロには敵わないんでどうすんだ(汗)
はっ!!ギアスギャラハットVSギアスヴィンセントのギアスナイトメア対決か!?(カタカナ多いなw)
まぁ何にせよギアスを使うなら獅子奮迅の活躍しそう!!

次は千葉さん暁VSアーニャモルドレッドか?(女性なんで)・・・・さすがにスペックに差がありすぎるんで朝比奈とタッグでと予想

あとは・・・藤堂VSトリスタンかなぁ?
藤堂さんはランスロットかなぁ?
こうみると向こうの方がナイトメアの数揃ってるな・・・
ギルフォード卿とのライバル対決も期待したいんだけど、コーネリア問題でそれどころじゃなさそうだし・・・
58. Posted by まもん   2008年07月28日 14:49
ジェレミア卿VS吸血鬼wは譲らない!!w

それよりジェレミア卿サザーランドじゃないよね(汗)さすがにそれじゃ勝てないし・・・(汗
新機体とは言わないまでも暁くらいは乗せたげて><(C.Cのあまってるし)
それかジークフリート修理・・・でも予告だと普通のコックピットだったから(ラクシャータ型のバイクっぽくもないし)サザーランドかな?
あとロロがギアスを使って止まった味方をジェレミアがギアスキャンセルしたら、それに巻き込まれてアーニャ寝返りとか妄想しちゃったw

う〜ん・・ラウンズ側の戦いみてないんでどうともいえないんですけど因縁の対決みたいなのも少ないし妄想ができねぇww
それに一対一の戦いは無いのかもしれないんで意味ないかも・・・まぁ妄想楽しいんで^^コメントを返してもらってなっきーさんの意見を見るのも^^
とりあえず予告で吸血鬼wが盛大に調子こいてたんで早急に一泡ふかしてほしい!!
59. Posted by まもん   2008年07月28日 15:04
どうでもいいんですけど
ジノの「責任のおしつけですか?」の発言を聞いてさりげにロイドがうんってうなずいてましたw
自分の中の高感度がまたあがった^^
あとスザクはなんか反応しろ!
60. Posted by まもん   2008年07月28日 15:24
キャラクター相関図が大幅に更新されてた!
それでキャ・・キャラクター相関図でヴィレッタが軟禁ってなってた・・・・
生きてたのを喜んでいいのか、扇のあいまいな態度もヴィレッタ握られてるからか・・・・カオスめ・・・
61. Posted by このブログの住人   2008年07月28日 15:29
何回か見て思ったんですけどOPのジノのマントと劇中のマント違いますよね?
OPのって黒の騎士団ぽくないですか?
62. Posted by なっきー   2008年07月28日 22:42
4  りぐさん、バニーのくびれさん、まもんさん、このブログの住人さん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>りぐさん

>携帯からだと赤字の部分が入りきらないので「郎」のみが改行〜
 なるほど、そういうことでしたか。

>>策略家には〜
>そして私自身は前者を(例、秀吉よりは家康を)好むので〜
 前者だと目的達成前に寿命が尽きる、といった場合もある反面、とにかく大失敗をしにくいですからね。
 後者は歴史に残るような逆転劇も生み出しますが、単に無様な大敗で終わる危険があります。

>天子
>まあ劇中の人物が名前を呼ぶこともできないですしね。
 敵方が(士気に影響させようと)罵倒する場合くらいでしょうが、これまた天子がああいった人物であることから、薄い可能性という気がします。
 
(続きます)
63. Posted by なっきー   2008年07月28日 22:46
>ヴィレッタ
>あるいは負傷して咲世子に捕まり、ディートハルトに抑えられて
>いるのかも。
 ディートハルトが考えそうなことです(汗)。
 今のままだと(彼的に)正しい主張をしても誰1人支持してくれないので、発言権を増したいが故の策謀…は巡らせそうですしね。

>ただこの火種はむしろディートハルトを害しそうな…。
 祟るでしょうね(汗)。
 いつか必ず跳ね返ってくる行動に思えます。



(続きます)
64. Posted by なっきー   2008年07月28日 22:49
>バニーのくびれさん

>今回の話は「これなんて沈黙の艦隊?」というような話〜
 ある意味、1つの定型的なネタだからでしょう。

>核兵器はもう実装レベルにまで持ってきているのか…
 搭載可能にする小型化が難しいところですからね。
 その段階をあっという間にクリア…(汗)。

>〜この世界では放射線のもたらす影響とかあんまり詳しくなさ
>そうだし、谷口監督が放射能というファクターを作中に入れて〜
 個人的には、タブー扱いせずにそれも入れて欲しい気はします。

(続きます)
65. Posted by Avz   2008年07月28日 22:51
本日も書き込ませて頂きます。

まずはゼロの親友サマから

>内務掃拭賛助官 
きっと
た「なぁなぁ、ゼロ。内務掃拭賛助官ってどんな役職なんだ?」
0「簡単にいうと長官の次にエライということだ」

と丸め込まれたのに違いないですよ(笑涙


>軍事力の放棄。

実際のところ、対ブリタニア戦のシフトで
各国政府にしてみれば
勝利したなら、ブリタニアがを叩き潰す。
敗北したなら、ブリタニアと降伏交渉を行う
という算段なのでしょう。

これだと降伏する場合に国民に言い訳が立ちますから
そして、あくまでブリタニア支配に反対する
不穏分子には騎士団に参加してもらう。

一方ゼロにしてみれば、戦力がもらえて余分な口出しが
減る分動きやすいと言うわけですね。



1期の黒の騎士団だと
スポンサー キョウト六家(実質は桐原)
ゼロ CEO兼総司令

という形でした。


>ガルス → ガレス
ガレス:ガウェインの弟の名前ですからガウェインの量産型ということですね。
直後の映像に出ていたKMFのことでしょう
カラーリングと頭部(耳)を見る限り

あの両手を広げて飛ぶスタイルなら一発でわかったんですが。


(続きます)
66. Posted by なっきー   2008年07月28日 22:52
>ところでルルーシュのコンタクト、もう既に効かなくなって
>ませんか?
 ゼロとして行動中は、左目のシャッターを開くだけでギアスを使用可能でなければなりません。
 そしてヘルメットをC.C.しかいない自室でしか外さない以上は、コンタクトを付ける必然性は全くありません。

 これらから、 『コンタクトは付けていない』 と考える方が合理的だと思います。



(続きます)
67. Posted by Avz   2008年07月28日 22:53
今回さらに株が暴落した人

>にーな
1期最後は自分でボタンを押すぐらいの気概はあったのに
今回はスザクに押し付けですか。
「委ねたい」ってことですが
結局、ボタンを押す=コロスのはスザクの意思ということになります。
本当に発狂状態のほうがマシだったという
救いようがないメガネですね。(汗

>ボクに背負えと
スザクの性格だと、
敗北の可能性が高くなってから、
やむなく使用になる可能性が高いので
(具体的には租界になだれ込まれるまで)
ブリタニア人もハンパなく死ぬとおもうのですが。

>ユーフェミアさまのため
あんなものを撃ったら、ゼロが何を言おうが、
コーネリアがどんな真相を明かそうが、
『ユーフェミア=狂気の殺戮皇女』
と全世界の歴史に(それこそブリタニアの歴史すらも)
刻まれると思うのですが。

>人を呪わば
フレイアが完成しましたから、
ニーナが、自分の感情のままに、フレイヤを使用するのであれば
シュナイゼルはその暴走を自分の計画に織り込んだ上で
「ユーフェミアシンパの狂科学者が暴走しました。」
とニーナを始末するのではないかと心配しています。


>その矛盾はさ、スザク君だけじゃない、キミをコロスよ?
スザクの場合は、人を殺す戦場に人を救うために出るという矛盾
ならニーナの場合は
ナンバーズを殺すためにブリタニア人をもろともに殺すという矛盾でしょうか?
それともユフィの仇討ちを口にしながら故人の尊厳をぶち壊す行為についてか?
それとも、シュナイゼルの元にいながら
ユーフェミアの名の下に行動することなのか?
ちょっと不明ですね
(続きます)
68. Posted by Avz   2008年07月28日 22:55

>扇
もしかすると、あれは、扇本人でもサヨコでもなく
ヴィレッタの変装かもしれませんね。
ディートなら扇を人質に取る方法も、
ヴィレッタ。扇の会話内容を暴露する方法
のどちらでも脅迫できますし。


>ナイトおぶテン
全身から、かませ臭が噴出してます。(滝汗
キューエルでもここまではなかったのに!。


>「私が人殺しの天才だってことを」
ちょ、それ自分で自分の力量を把握していないやつが吐く台詞…。

>オマエのスタンドプレイは戦場で示せ(ビスマルク)
命令無視は常習ですか。(汗)
きっと、降伏した敵をなぶり殺しにしてるんでしょうね。

>人質に必要なものは何だ。命だ。
そして、自分に逆らえない相手に、アホな脅しをかけて喜ぶのも
噛ませに欠かせない資質。

>スザク
ル「ナナリーを守ってください」
ス「そうか…」
ル「・・・・・・」
ス「だが断るっ!!」
る「!?」
ス「頼まれなくともナナリーはオレが守る!皇帝からも、オマエからもな!!」
る「すざ・・(プツッ)」

という展開だったら私のスザク株も
ストップ高になったんですが…

それはおいとくとしても、
何故ユフィにギアスを使ったのかとか、
シャーリーが死んだ理由とか
ここで聞けばいいじゃないですかスザク君?


本日はこれで
69. Posted by なっきー   2008年07月28日 22:55
>ところでルルーシュのコンタクト、もう既に効かなくなって
>ませんか?
 ゼロとして行動中は、左目のシャッターを開くだけでギアスを使用可能でなければなりません。
 そしてヘルメットをC.C.しかいない自室でしか外さない以上は、コンタクトを付ける必然性は全くありません。

 これらから、 『コンタクトは付けていない』 と考える方が合理的だと思います。



(続きます)
70. Posted by なっきー   2008年07月28日 22:58
>まもんさん

>物量はどっちの方が上なんだろ
 やはりブリタニアの方が上でしょう。
 人員にしても、黒の騎士団も十分に揃ってきた感もありますが、一軍二軍といった予備の質を考えたとき、やはりまだまだブリタニアが勝っていると思います。

>正攻法でいくのか、それともゼロ得意の奇策をつかうのか
 奇策でしょうね。
 これはコメント49辺りでも書いていますが、策略家としてのゼロのタイプがこちら側だからで、正攻法を選ぶのはそれが 『必勝』 だと思うときのみでしょう。

>ブリタニア側での一番の戦力はナイトオブラウンズ
 仰る通りでしょう。

>噛ませはスタンドプレイが大好きなんで調子に乗って突っ込
>んでゼロの奇策に華麗にはまりそうww
 活躍はそれまでの時間帯に限られそうです(笑)。

(続きます)
71. Posted by なっきー   2008年07月28日 23:01
>ギャラハットVS神虎は確定っぽいんでどれだけギャラハット
>が強いのか・・・というかでかすぎw
 神虎でなければ対抗できないとしたら、相当な強敵ですよね。そして、↓

>とりあえず星刻の寿命が気になる(汗)
 相手が弱ければ神虎の性能を最大限引き出す必要すらないわけですが、そうでないとなると…(汗)。↓

>でも中華連邦ではトリスタンと互角だったんですよねぇ
 神虎は、あれでもまだ100%ではない気がしています。

>ギャラハットの強さがどれくらいかわからないんで、〜
 多分、数で押してもどうにもならない手合いだと思います。
 だからエースの星刻が出る羽目になるのかもしれません。

>ロロは人格は別にして、ギアスを使った瞬間移動ヴィンセント
>での戦闘は大好きなんで!
 あれは面白いし、独自の格好良さですよね。↓

(続きます)
72. Posted by なっきー   2008年07月28日 23:04
 ただ、ブリタニア側でロロの能力を知る者は相当限られると思えるだけに、こういった大きな戦いでは敢えて見せずにおき、 『誰もロロを知らない』 ときに投入したい気もします。

>でもジェレミアがこっちにいる以上ロロ無敵じゃね?w
 ロロのスタイルが近接戦闘主体、そして防御は能力頼りなので、それを知っている相手には範囲攻撃で制圧されてしまう可能性もあると思います。
 知らない相手になら無敵なだけに、そういう場面でだけ使うのがいいのでは、と思ってます。

>〜ギアス自体のリスクがとんでもないんでしょうけどルルー
>シュのためなら喜んで使いそうだなぁ(汗)
 絆が切れることを恐れているロロは、 『死の危険を顧みず』 ということを絆と考えそうです(汗)。

>次は千葉さん暁VSアーニャモルドレッドか?
 モルドレッドは弱い相手なら束で薙ぎ倒せる機体なので、それが可能ならエース格との対戦は避けるかもしれない気がします。

(続きます)
73. Posted by なっきー   2008年07月28日 23:07
>あとは・・・藤堂VSトリスタンかなぁ?
>藤堂さんはランスロットかなぁ?
 スザク相手だとやや不利な予感がします。
 ジノ相手は釣り合いそうかも。

>ギルフォード卿〜
>コーネリア問題でそれどころじゃなさそうだし・・・
 逆に、やはり生きておられた!…と意気軒昂かも?

>ジェレミア卿VS吸血鬼wは譲らない!!w
 吸血鬼wのダメさ加減を痛烈に批判してくれそうです。

>それよりジェレミア卿サザーランドじゃないよね(汗)
 サザーランド可翔式、って何のギャグかと思うわけで(汗)。能力が高いだけに、もっといい機体を与えてあげて欲しいです。

>(C.Cのあまってるし)
 そう言えばそうでした!
 これでたまきwのを没収しなくてすみそうです。(ぉぃ

(続きます)
74. Posted by なっきー   2008年07月28日 23:11
>〜でも予告だと普通のコックピットだったから〜
 コクピットだけ(ジェレミアが使い慣れたブリタニア型に換装とか、できるのならやって欲しい気もします。

>あとロロがギアスを使って止まった味方をジェレミアがギアス
>キャンセルしたら、それに巻き込まれてアーニャ寝返り
 有り得ますよね。
 巻き添えが起きるとしたら、混戦の戦場という可能性が高いとも思いますし。

>まぁ妄想楽しいんで^^コメントを返してもらってなっきーさん
>の意見を見るのも^^
 この辺、私も似たような感じです(笑)。
 いろいろな見方や予想が出てくるのが、楽しくて仕方ありません。

>とりあえず予告で吸血鬼wが盛大に調子こいてたんで早急に
>一泡ふかしてほしい!!
 吸血鬼w、アバンで終わってたりして…。(ぉぃ
 早急すぎ。

(続きます)
75. Posted by なっきー   2008年07月28日 23:15
>ジノの「責任のおしつけですか?」の発言を聞いてさりげに
>ロイドがうんってうなずいてましたw
 うわあ…(笑)、芸コマです。
 実に面白いです。

>あとスザクはなんか反応しろ!
 多分、ここ最近ずっといっぱいいっぱいなのでしょう。
 他の人のことを考える余裕がないのかもしれません。

>キャラクター相関図でヴィレッタが軟禁ってなってた・・・・
 …と言うことは、あの扇は本人ということで半確定ですね。

>・・・・カオスめ・・・
 りぐさんも仰ってますが、この行動はいつかディートハルト自身に祟る気がします。

 参謀は自分の見地からの建言をした時点で仕事を終えているのであって、採用されるために工作しようなんて考えるのは分を越えています。
 分を弁えない行動は、即ち破滅への道…(汗)。



(続きます)
76. Posted by なっきー   2008年07月28日 23:19
>このブログの住人さん

>OPのジノのマントと劇中のマント違いますよね?
>OPのって黒の騎士団ぽくないですか?
 むぅ…、確かにそういう気も…。
 これはますます怪しいですね。

 今のところ寝返りみたいな気配そのものはないと思うのですが、味方の騎士(の倫理観のなさ)ではなく、皇帝に不満を抱く展開があるのかもしれません。
77. Posted by 尚志   2008年07月29日 00:04
 なっきーさん、こんばんは。

>ジェレミア卿
いつもながら良い仕事をしてくれています。コーネリアを保護したり、ギルフォードに連絡をとったりと、ルルーシュの命令にただ従うのではなく、自分の志や冷静沈着な判断力を備えているあたり、スザクやロロとは天地の差ですね。

>中華連邦
どうやらブリタニアでは中華のことを中華連邦、超合集国では合衆国中華と呼ばれているみたいですね。どちらの国号を使っているのかわからなかったから、これですっきりしました。

>ロロ
黒の騎士団における個人の価値はどれだけゼロの信頼を得ているかで決まる。それを言うなら君が一番信頼されてないし価値もないんだが(汗)。

>カレン
スザクをボコボコにするのは見ていてすごく爽快でした(笑)。スザク、ざまあみろ(笑)。カレンはやっぱり正統派主人公です。
(続きます)
78. Posted by 尚志   2008年07月29日 00:07

>超!合集国!
いいのか、各国の代表者たち、超合集国なんてネーミングで(笑)。

>ルキアーノ
なっきーさん、ナイトオブラウンズでは数字と序列は一致しないようですよ。ナイトオブワン以外のナンバーには上下関係はありません。
第一ルキアーノの小物ぶりをナンバーのせいにしてしまったら、ナイトオブナインのノネットやナイトオブトゥエルブのモニカの立場がなくなっちゃうじゃないですか(笑)。
ただ噛ませ犬っぽいのは同感です。ブラッドリー卿には是非ともジェレミア卿と対戦して、オレンジ(笑)の雷名を引き継いでもらいたいです(笑)。

>相手を軽んじられるようにその場その場でルールを変える
でもこれって非常にブリタニア人的な行動だと思います。皇帝の唱える弱肉強食論は貴族の権力正当化に都合よく使われている感じですし、一般のブリタニア人にも歪んだプライドや差別感情が浸透しているんでしょうね。
(続きます)
79. Posted by 尚志   2008年07月29日 00:09

>スザク
フレイヤをニーナから託されましたが、もしこれを日本人に向かって放ったら、彼は正真正銘の鬼畜・売国奴になりますね。

>一時制圧圏内に含まれる物質はフレイヤのコラプス効果によって完全に消滅
ニーナが研究してたのはウラン235の核分裂だったはず。兵器級ウランによって作られた原子爆弾がフレイヤだと思われるが、放射能を消滅する謎の機能がついているようですね。

>仇討ちは生者のため
なっきーさんは仇討ちは生者自身のためだ、死者のためと偽ることこそその死者の名を汚す侮辱だと繰り返し仰られていますね。
確かにユフィやシャーリーのように最期までパートナーを案じつつ逝った人たちは復讐など望んでいないでしょうし、なっきーさんの解釈は当てはまると思います。
ユフィやシャーリーの場合だけはね。
(続きます)
80. Posted by 尚志   2008年07月29日 00:10

>扇
この扇は本人なのか、咲世子なのか、どちらにしてもディートハルトの息のかかった人物が事務総長職に就いていることになり、非常に不安です。
ディートはやはり扇の件をゼロに報告しなかったのでしょうか。だとしたらディートの真意は一体…。やはり発言力の拡大でしょうか。

>最高評議会議長合衆国日本代表
今まで神楽耶が黒の騎士団のどんな役職に就いているのか明示されていないので気になっていたんですが、合衆国日本の代表者にするために黒の騎士団の役職に就けていなかったんでしょうね。

>固有の軍事力の永久放棄
これはまた思い切った事を。各国がよく承知したものです。ブリタニアという超大国と戦うにはこれしかなかったのでしょうか。
てっきりゼロは各国の『自由意志』や『自立意志』を重んじるがゆえに、各国家の軍隊を残すかと思ってましたが。
(続きます)
81. Posted by 尚志   2008年07月29日 00:12

しかしこれで黒の騎士団は合衆国日本から分離され、傭兵軍団のようになりました。国際武装組織となりより巨大化しましたね。
ただ星刻たちはよく黒の騎士団に参加する気になったものです。騎士団に参加するということは中華との結びつきが弱くなるということなのに。
ブリタニアを倒した暁には、黒の騎士団は解散されるのでしょうか。

>黒の騎士団組織図
星刻を総司令、藤堂を統合幕僚長、たまきwを内務掃拭賛助官というわけのわからない役職に任命したのはさすがです。扇が務めていた斑鳩の艦長職は南に引き継がれていますね。
意外だったのは香凛が参謀長官に任じられている点。彼女、結構有能だったんですね。ディートハルトは何げに参謀職を外されている(笑)。媒体情報管理長というメディア戦略や諜報活動を任されていますね。参謀職を任せるよりこの方がいいと思います。
(続きます)
82. Posted by 尚志   2008年07月29日 00:14

>超合集国&黒の騎士団
超合集国では各国の代表者たちで構成される最高評議会が多数決で政策を決め、黒の騎士団は超合集国と契約を結び超合集国の安全保障を担うという体制になっている様子。
しかしこの体制って黒の騎士団やゼロに対する絶対的な信頼がないと成立しませんよね。
黒の騎士団が敗戦や不祥事を重ねて信用を損ねた場合、黒の騎士団は最高評議会から否認される危険性があります。
それだけではなく、黒の騎士団に対する信用が失墜すれば超合集国そのものへの信用も低下することになり、超合集国から離反して再武装を企む国家も出てくるでしょう。
ゼロはもう失敗が許されない立場になりましたね。
83. Posted by 地護津 由利   2008年07月29日 00:25
こんばんは

>日本奪還戦(日本海)
おそらくルルーシュの策は黒の騎士団の勢力を少しでも多くして日本へ向かい一人でも多くナイトオブランズを前線に立たせまとめて始末。もちろんシュナイゼルならこのことを予期してラウンズを分散させたり半分は防御に回すでしょう。でも皇帝なら読んだ上で全員投入してくるかもしれません

>日本奪還戦(トウキョウ)
黒の騎士団と帝国軍の戦闘開始と同時に環状線のゲフィオンディターバーを起動、ロロ、咲世子、ヴィレッタの元部下?で構成された部隊で政庁に潜入、ナナリーとカレンの救出。脱出途中に列車が破壊されKMFに追われるも偶然倉庫にあった紅蓮聖天八極式を発見、、というのは都合がよすぎますか

>ナイトオブラウンズ
意外と指揮能力でランク付けしてるのでは?はさておき、ギャラハットはガウェインと同型ですか、あの巨体で接近戦になるとかなり怖いですね、それとガレスの両腕ハドロン砲になってませんか?しかも全機
84. Posted by なっきー   2008年07月29日 01:16
4  Avzさん、尚志さん、地護津 由利さん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>Avzさん

>本日も書き込ませて頂きます。
 はい、大歓迎です♪

>た「なぁなぁ、ゼロ。内務掃拭賛助官ってどんな役職なんだ?」
>0「簡単にいうと長官の次にエライということだ」
 盛大に吹きましたw
 意味がよくわからない役職名――「何だかよくわからねえけど俺すげえ!」―― といい、ゼロもたまきwの扱いに慣れてきている感じです(笑)。

>軍事力の放棄。
>〜敗北したなら、ブリタニアと降伏交渉を行うという算段
 それはどうでしょう。↓

(続きます)
85. Posted by なっきー   2008年07月29日 01:21
 最初から恭順の意を示した場合、戦わずして降伏した場合、戦って大打撃を与えながらも降伏した場合、惨敗して降伏した場合、全て待遇が全く違ってくるのが普通です。

 日本がアメリカに降伏して以降は相当特殊なケースであり、普通は限界まで戦えばその後は過酷。
 相手を叩きのめしてから降伏(長期的に見れば勝てないので)、というケース以外は、あまり戦って得はしない気がします。

>これだと降伏する場合に国民に言い訳が立ちますから〜
 逆ではないでしょうか。戦えば兵士が死ぬのです。
 国民の命を考えるのなら犠牲が大きくなる前に降伏するべきだった、と糾弾され、戦争責任を問われるかと思います。

>あくまでブリタニア支配に反対する不穏分子には騎士団に参加〜
 それくらいなら、戦わずして恭順の意を示した方がいいかと思います。
 打算で、という場合には戦うというのは下策になるのではないでしょうか。

(続きます)
86. Posted by なっきー   2008年07月29日 01:25
>ガレス:ガウェインの弟の名前ですからガウェインの量産型
 なるほど、これは仰る通りかもしれません。

>あの両手を広げて飛ぶスタイルなら一発でわかったんですが。
 ガウェインといえばあの映像ばかりが連想されますからね。

>にーな
>1期最後は自分でボタンを押すぐらいの気概はあったのに
>今回はスザクに押し付けですか。
 もっと言えば、 「ナンバーズ同士殺し合えばいいのよ」 と思っているのだと、私はほとんど確信しています。
 だから、押し付ける相手は 『スザクでなければならない』 という、本当にどうしようもないダメ人間になっているのでは、と…。

>本当に発狂状態のほうがマシだった〜
 私もそう思います(汗)。

>スザクの性格だと、敗北の可能性が高くなってから、やむなく
>使用になる可能性が高いので〜
 出会い頭、真っ先に使うというのは考えにくいですよね。↓

(続きます)
87. Posted by なっきー   2008年07月29日 01:30
 必敗の情勢になってからというのは、確かにありそうです。↓

>ブリタニア人もハンパなく死ぬ
 実際、味方に何の影響もない使い方自体が少ない気がします。
 攻め込んで、都市ごと敵を殲滅して、しかも占領せずに撤退というのなら有効かもしれませんが…。

>『ユーフェミア=狂気の殺戮皇女』と全世界の歴史に〜
 責任を問われたニーナは 『ユーフェミアさまのため』 と口走るでしょうしね(汗)。

>シュナイゼルはその暴走を自分の計画に織り込んだ上で
>「ユーフェミアシンパの狂科学者が暴走しました。」〜
 有り得る末路かもしれません(汗)。
 以前にユーフェミアの特区構想を聞いたとき、本人には(賛同ではなく) 「面白い」 と答え、コーネリアには伝えていなかった(!)というやり方を思えば…。

(続きます)
88. Posted by なっきー   2008年07月29日 01:33
>〜それともユフィの仇討ちを口にしながら故人の尊厳をぶち
>壊す行為についてか?
 仰る中ではこれがありそうに思っています。
 だーれも、それこそ 『ユーフェミアさまの騎士』 ですらも賛成してくれない意味を、ニーナはもっと考えるべきでしょう。

>扇
>〜ヴィレッタの変装かもしれませんね。
 考えていませんでした! …でも確かに有り得ますね。
 例えば扇が重傷の場合などは、結果的にそういう選択肢しかなくなることもありそうです。

>ナイトおぶテン
>全身から、かませ臭が噴出してます。(滝汗
 誰彼なく喧嘩を売るのも、 『ああやっぱり』 という結果に繋がる前振りに思えてならないです。

>「私が人殺しの天才だってことを」
>〜自分で自分の力量を把握していないやつが吐く台詞…。
 そして、相手の強さに愕然としながら死ぬわけですね。

(続きます)
89. Posted by なっきー   2008年07月29日 01:35
>オマエのスタンドプレイは戦場で示せ(ビスマルク)
>命令無視は常習ですか。(汗)
 一応戦果だけは派手に挙げているのでしょう。
 きっと撃墜数ではエース級なのだと思います。

>きっと、降伏した敵をなぶり殺しにしてるんでしょうね。
 民間人の巻き添えとかも気にしなさそうですしね(汗)。

>ス「頼まれなくともナナリーはオレが守る!皇帝からも、オマ
>エからもな!!」
 スザクは、ずっと(無意識に)ナナリーを軽んじていたことを、当のナナリーに突き付けられた直後ですし。
 はっきり自分で自分の方針を決められる状況自体にないのでしょう。

>何故ユフィにギアスを使ったのかとか、
シャーリーが死んだ
>理由とかここで聞けばいいじゃないですかスザク君?
 いや、それはまずいのでは?↓

(続きます)
90. Posted by なっきー   2008年07月29日 01:38
 もし不穏な言葉を誰かに聞かれたら、1発でスリーアウトです。

 スザク自身にとっても、ゼロと繋がりがあるという情報は致命傷になり得るわけで…。
 2人きりで、というのは何もルルーシュのためだけではないと思いますよ。



(続きます)
91. Posted by なっきー   2008年07月29日 01:41
>尚志さん

>ジェレミア卿
>〜ルルーシュの命令にただ従うのではなく、自分の志や冷静沈着
>な判断力を備えているあたり、スザクやロロとは天地の差
 特に、ゼロ直属と立場も近いロロには、見習って欲しいところがいっぱいある気がします。

>どうやらブリタニアでは中華のことを中華連邦、超合集国では
>合衆国中華と呼ばれているみたいですね。
 ブリタニア的には、合衆国中華の成立自体を認めていないのでしょうね。

>ロロ
>〜それを言うなら君が一番信頼されてないし価値もないんだが
 ボロ雑巾計画再始動しちゃいましたしね(汗)。
 …信頼を得ていると、自分で思う時点でダメなのかも…。

(続きます)
92. Posted by なっきー   2008年07月29日 01:45
>スザクをボコボコにするのは見ていてすごく爽快でした(笑)。
>スザク、ざまあみろ(笑)。カレンはやっぱり正統派主人公です。
 激しく同感です(笑)。
 スザクは、もっと失敗から学ぶ必要があると痛感して欲しいですね。

>超!合集国!
>いいのか、各国の代表者たち、超合集国なんてネーミングで(笑)
 反対したら参加できないので、仕方なく…。(ぉぃ

>ナイトオブラウンズでは数字と序列は一致しないようですよ。
 そうでしたか。

>〜ナイトオブナインのノネットやナイトオブトゥエルブの
>モニカの立場がなくなっちゃうじゃないですか(笑)。
 確かにそうですね(笑)。

>ブラッドリー卿には是非ともジェレミア卿と対戦して、オレ
>ンジ(笑)の雷名を引き継いでもらいたいです(笑)。
 つまりこうですね?↓

(続きます)
93. Posted by なっきー   2008年07月29日 01:49
「ねえねえ奥さま聞きました? ブラッドリー卿、サザーランド可翔式に墜とされたんですって!!」

>>相手を軽んじられるようにその場その場でルールを変える
>でもこれって非常にブリタニア人的な行動だと思います。
 言われてみますと、確かにそういう気もします。

>〜一般のブリタニア人にも歪んだプライドや差別感情が浸透〜
 この裏には、ヨーロッパを叩き出されて新大陸で出直すしかなかったという彼らの屈辱の歴史、その劣等感に上書きするモノが必要だったという構造がある気がします。

>スザク
>フレイヤをニーナから託されましたが、もしこれを日本人に
>向かって放ったら、彼は正真正銘の鬼畜・売国奴になりますね
 そして、ブリタニアでもスザクの居場所が無くなることでしょう。
 国のためを思って手を汚す、なんてそんなもの。↓

(続きます)
94. Posted by なっきー   2008年07月29日 01:52
 それで英雄扱いされるのは、ごく特殊なケースのみでしょう。

>〜放射能を消滅する謎の機能がついているようですね。
 それはどうでしょう…、まだ何とも言えない気がしますけど…。

>>仇討ちは生者のため
>〜ユフィやシャーリーの場合だけはね。
 本人が仇討ちを遺志として残しているのなら、別でしょう。

 そうでないのなら 『仇討ちを選択したのが誰か』 、それを決して忘れてはいけません。
 選択したのが生者なら、死者を持ち出して正当化しようとするべきではないと思います。

>この扇は本人なのか、咲世子なのか、どちらにしてもディート
>ハルトの息のかかった人物が事務総長職に就いている〜
 やはり、自分の発言力を増すための工作でしょう。
 それも、普通なら通りそうにない意見を通すための…。

(続きます)
95. Posted by なっきー   2008年07月29日 01:55
>ディートはやはり扇の件をゼロに報告しなかった〜
 恐らくその通りだと思います。

>〜合衆国日本の代表者にするために黒の騎士団の役職に就けて
>いなかったんでしょうね。
 確かにここに行き着くためには、それは必要なことだった気がしますね。

>固有の軍事力の永久放棄
>〜ブリタニアという超大国と戦うにはこれしかなかったの
>でしょうか。
 それだけに、形勢逆転すると各国の思惑が動き出す可能性がある気がします。

>てっきりゼロは各国の『自由意志』や『自立意志』を重ん
>じるがゆえに、各国家の軍隊を残すかと思ってましたが。
 ただこの形式だと防衛戦争はとてもやりやすく、侵略戦争はかなり難しくはなります。
 資源が欲しいから侵略、といったことを無くしたいのでしょうね。

(続きます)
96. Posted by なっきー   2008年07月29日 01:57
>ただ星刻たちはよく黒の騎士団に参加する気になったものです
 一線を引退後は 『母国に帰る』 こともできるとは思いますが…、まあ、今は戦うべき時という判断なのでしょうね。

>ブリタニアを倒した暁には、黒の騎士団は解散される〜
 継続だと思います。
 侵略戦争の根絶が目的だとすれば…。

>黒の騎士団組織図
>〜意外だったのは香凛が参謀長官に任じられている点。
 能力がよくわかるような場面が無かったですからね。

>ディートハルトは何げに参謀職を外されている(笑)。媒体情報
>管理長というメディア戦略や諜報活動を任されていますね。
 本来の本職ですからね。
 頭も切れますが、殺伐とした献策が多すぎて扱いに困るのも確かです。

(続きます)
97. Posted by なっきー   2008年07月29日 02:04
>超合集国&黒の騎士団
>〜しかしこの体制って黒の騎士団やゼロに対する絶対的な信頼
>がないと成立しませんよね。
 彼らが侵略を目論めば、自衛軍を持たない参加国は一溜まりもありませんよね。
 ゼロがリーダーのうちはいいとしても、現体制から人員が変わったとき、そういった問題が発生しないとも限りません。

>黒の騎士団に対する信用が失墜すれば超合集国そのものへの
>信用も低下することになり、超合集国から離反して再武装を
>企む国家も出てくる
 十分有り得ることだと思います。

>ゼロはもう失敗が許されない立場になりましたね。
 支持率が以前よりずっと重要になった気がします。
 前は 『ゼロがいなくては立ち行かない』 という理屈で許されたことでも、今後はそうは行かないかもしれません。



(続きます)
98. Posted by なっきー   2008年07月29日 02:08
>地護津 由利さん

>日本奪還戦(日本海)
>〜一人でも多くナイトオブランズを前線に立たせまとめて始末
 超合集国の軍隊は黒の騎士団のみなのですから、敵に戦力を分散されると具合悪いですしね(汗)。
 例えば全ての参加国首都への侵攻(のふり)でもあれば、たちまち十分な防衛部隊を派遣しきれなくなりそうです。

>もちろんシュナイゼルならこのことを予期してラウンズを分散
>させたり半分は防御に回すでしょう。
 シュナイゼルは性急に結果を追求しませんしね。
 大敗しなければそのうち勝てる、と考えそうです。

>日本奪還戦(トウキョウ)
>黒の騎士団と帝国軍の戦闘開始と同時に環状線のゲフィオン
>ディターバーを起動〜
 これが案外使いにくい…、味方のナイトメアも動かなくなりますし、こちらが多数戦力を市街地に投入しなければ、敵もまた市街地以外に布陣することになってしまいます。

(続きます)
99. Posted by なっきー   2008年07月29日 02:12
>〜偶然倉庫にあった紅蓮聖天八極式を発見、、というのは
>都合がよすぎますか
 いっそ逆に、ランスロットを頂戴して帰ってくるのはどうでしょう(笑)。
 それをラクシャータが(カレン向けに)チューンすれば、なかなか面白いことになりそうな気がします。

>ナイトオブラウンズ
>意外と指揮能力でランク付けしてるのでは?
 それは盲点でした。でも有りそうです。
 ナイトオブワンが戦闘力のみで選ばれることは考えにくいですし、指揮能力なら評価基準に入っている可能性はありそうですし。

>ギャラハット
>〜あの巨体で接近戦になるとかなり怖いですね
 まさにそういう機体という気がします(汗)。
 強そう…。

>それとガレスの両腕ハドロン砲になってませんか?しかも全機
 こちらも強そうですね(汗)。
 だから 『ガレスを持ってきた』 ことが特別になるわけですか。
100. Posted by トール   2008年07月29日 10:11
>でも君は10番。スザクは7番。
>ブラッドリーの序列繰り上げとかが行われなかった時点で、彼はその程度と見なされている気がします。

これらの記述ですが、ナイトオブラウンズではナイトオブワン以外の
メンバーについては数字と序列は全く関係ありませんよ。(FROM設定資料)
本当に実力や実績順に繰り上げ繰り下げが行われるなら、
新参者のスザクはトゥエルヴになるわけですし。
101. Posted by りぐ   2008年07月29日 14:13
こんにちは

>フレイヤ
ニーナはスザクに委ねるといいましたが戦略兵器である以上彼はあくまでボタンを押す役目であり実際にはその責任はシュナイゼルに帰せられる。スザクが勝手にフレイヤを使用できるなら指揮系統もなにもあったものではないような気がします。ラウンズだから許されるとなれば少なくとも6本より指揮が発せられる可能性があり混乱を招く要因でしょう。まあ今回の戦いでは使われないと思います。両軍の位置関係からすれば最初の接触は洋上となり(次回予告でも下に海面らしきものが見えます。)ここで趨勢に決着がつかないかぎりトウキョウや蓬莱島には移りにくい。両軍が揃って展開している場合にはフレイヤは使用しづらく、ブリタニアが敗戦してトウキョウへ撤退した場合黒の騎士団が進撃ルートを間違わなければ、(今までの)シュナイゼルにはフレイヤのような兵器の使用を許可しそうには思えない。
102. Posted by りぐ   2008年07月29日 14:37
個人的に使われるような事態は、(現実空間では)スザクが暴走した場合、皇帝から命令が出た場合(シュナイゼルの配下から情報が洩れている)、遠隔操作ができる場合(ニーナ暴走!)、蓬莱島などの目標が最初からはっきりしている場合くらいに限られると思います。

>スザク
どの段階でルルーシュと会うのでしょう。戦闘中だとトップのルルーシュはともかく敵前逃亡と言われそう。

>ナナリーとカレン
段階的な伏線の張り方は、ナナリーのカレン見逃しかカレンによるナナリーの救出かな〜と。紅蓮にて脱出。

>ラウンズ
数字による序列がないとしても、円卓に於いての始点が(ナイトオブワン)はっきりしているのと能力差が少なければ数字によって本人達はともかく周囲が勝手に序列を作ってしまうということにもなりますね。12番がトップだった場合は逆になる。6とかだと序列があるとは思いにくいですしね。
103. Posted by こけもも   2008年07月29日 15:42
こんにちわ、なっきーさん。
今回のお話で、藤堂はほぼゼロの正体を特定したと見てもいいでしょうね。
ナナリー総督の存在もありますし。
残り時間がないからカマかけとかはしないと思いますけど。

今回の宣戦布告はシャルル的には王道だから喧嘩を買ったというところでしょうか。つくづく息子に甘いですね、このオヤジは。ある意味、ですが。
そして、ルルーシュはこんなんで皇帝の敵たりえるんでしょうか?
“男になった”とたん平気になったりしたら、それはそれで笑えるんですけどね。

では失礼します。
104. Posted by 夏祭   2008年07月29日 20:43
こんばんわー
>C.C.
記憶が消えているので、前回のアーニャとの戦いで、C.C.が気付いた事が保留になってしましました。後々記憶が戻ってルルに言うと思いますが。
それと、今度は逆にルルーシュがC.C.にキスをしてみれば思い出すのでは?w
>アーニャ
いきま じゃなくて「いきなり」でした。他の方からすでに指摘を受けていたらすいません。多分C.C.のことでしょう
>ブラッドリー
この人は最終回まで生き残っていたら拍手を送りたいですwまぁ、死ぬと思いますけどw
>たまきw
ふきふき応援団長。中華連邦でカレンの応援すらできなかった人はそんな大役できませんwあと下の扇の台詞「そうだな」です
ではさようなら^^
105. Posted by なっきー   2008年07月29日 21:51
4  トールさん、りぐさん、こけももさん、夏祭さん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>トールさん

>これらの記述ですが、ナイトオブラウンズではナイトオブワン
>以外のメンバーについては数字と序列は全く関係ありません
 他の方からも同様のご指摘をいただいていたのですが、設定資料が出典だったんですね。

>本当に実力や実績順に繰り上げ繰り下げが行われるなら、
>新参者のスザクはトゥエルヴになるわけですし。
 それは、その(現状では実質)裏設定を推量で確定するには、根拠として弱いと思います。
 新兵ではないのですから、能力評価によってスザクが他の面々を上回る可能性もあるわけですし。

 …でもまあそうなると、番号は単に 『円卓に就く』 ときの椅子の番号なのかもしれませんね。
 筆頭のワン以外全部。



(続きます)
106. Posted by なっきー   2008年07月29日 21:58
>りぐさん

>フレイヤ
>〜戦略兵器である以上彼はあくまでボタンを押す役目であり
>実際にはその責任はシュナイゼルに帰せられる。
 仰る通りですよね。
 ニーナはそんな認識もないのでしょうが、勝手にスザクが発射できるわけではないはずです。

>両軍の位置関係からすれば最初の接触は洋上となり(次回予告
>でも下に海面らしきものが見えます。)〜
 可能性は高いでしょうね。

>ブリタニアが敗戦してトウキョウへ撤退した場合〜、
>(今までの)シュナイゼルにはフレイヤのような兵器の使用を
>許可しそうには思えない。
 これは全く同感です。
 ニーナはまた(何も考えずに)使用を進言するでしょうが、あっさり却下されそうです。

(続きます)
107. Posted by なっきー   2008年07月29日 22:01
>〜遠隔操作ができる場合(ニーナ暴走!)、〜
 これ、ホントにやりかねないですね(汗)。
 いっそスザクごとゼロを吹っ飛ばそうと考える危険も…。

>蓬莱島などの目標が最初からはっきりしている場合
 蓬莱島には非戦闘員(子ども含む)もいるので、シュナイゼルとしては攻撃対象というより(戦闘力を殺いでから)降伏勧告で済ませるべき対象と考えていそうな気がします。

>スザク
>〜戦闘中だとトップのルルーシュはともかく敵前逃亡と〜
 それに、スザクも聞かれる見られるのがまずい場面ですから、行方を捜索されたりしないはずの作戦開始前に会う気がします。

>ナナリーとカレン
>段階的な伏線の張り方は、ナナリーのカレン見逃しかカレン
>によるナナリーの救出かな〜と。紅蓮にて脱出。
 紅蓮はスザクしか乗れないようなイカレたチューンをされてしまったようなので(笑)、脱出するにしても他の機体になりそうな気もします。

(続きます)
108. Posted by なっきー   2008年07月29日 22:05
>ラウンズ
>〜能力差が少なければ数字によって本人達はともかく周囲が
>勝手に序列を作ってしまうということにもなりますね。
 任命者にとって序列がなくとも、周囲や本人のイメージは別というのは有り得る気がしますね。
 あと、誰か凄い働きをしたラウンズがいて、後に欠番になったらその番号を継ぐことに特別な意味が生まれたりとか…。



(続きます)
109. Posted by なっきー   2008年07月29日 22:10
>こけももさん

>藤堂はほぼゼロの正体を特定したと見てもいいでしょうね。
 最低でも 『皇帝の関係者か』 くらいは思ったでしょうね。
 もちろん、皇族の可能性を察しないとも思えません。↓

>残り時間がないからカマかけとかはしないと思いますけど。
 藤堂はゼロを買っているので、 『正体を隠すのもやむを得ない事情あってだろう』 という結論に至るのも確定的だと思います。
 …ただ、2人きりの時になら自分の推論を話すことは有り得る気がします。

>今回の宣戦布告はシャルル的には王道だから喧嘩を買った〜
>つくづく息子に甘いですね、このオヤジは。
 両方とも同感です。

>ルルーシュはこんなんで皇帝の敵たりえるんでしょうか?
 でもシャルルは(何だかんだ言いながら) 『こいつは見込みがある』 とか、内で思っていそうな気もします(親馬鹿っぽく)。

(続きます)
110. Posted by なっきー   2008年07月29日 22:14
>“男になった”とたん平気になったりしたら、〜
 盛大に吹きましたw

 まあ(同人的に←違)相手には事欠きませんしね(笑)。
 でも、何かと経験が足りない(偏っている)からすぐに動揺する、というのはありそうです。



(続きます)
111. Posted by なっきー   2008年07月29日 22:17
>夏祭さん

>C.C.
>〜前回のアーニャとの戦いで、C.C.が気付いた事が保留〜
 何に気付いたかは、アーニャ自身の記憶が戻ることで(結果的に)明かされる流れになる気がしています。

>〜今度は逆にルルーシュがC.C.にキスをしてみれば思い
>出すのでは?w
 ルルーシュ的にはない発想なのでしょうけど、試す価値はありそうですよね。
 実際これが 『不死性をシャルルに奪われないよう(ルルーシュに)避難させる』 とかのC.C.の策である場合、何か記憶が戻る鍵を仕掛けている可能性は高い気がします。

>アーニャ
>〜「いきなり」でした。
 ご指摘ありがとうございます!
 確かにそう言ってる感じですね。記事も修正しておきます。

>ブラッドリー
>この人は最終回まで生き残っていたら拍手を送りたいですw
 まあ、とりあえず次回はひどい目に遭って(笑)、いろいろ経験して性格も変わった結果、噛ませ犬でなくなるという流れならありそうな気はします。

(続きます)
112. Posted by なっきー   2008年07月29日 22:20
>たまきw
>ふきふき応援団長。
 どうもこれが正解のように思えてきました(笑)。

>中華連邦でカレンの応援すらできなかった人はそんな大役でき
>ませんw
 『これでもダメか…』 とゼロがまた悩むことになりそうです(笑)。

>あと下の扇の台詞「そうだな」です
 ご指摘ありがとうございます!
 こちらも早速修正させていただきます。
113. Posted by まもん   2008年07月30日 17:31
見直したんでもう一度感想を!

>ルルーシュ、スザク

このやりとりでスザクのポジションがきまりそう・・・・
和解とはいかないまでも、ルルーシュの本心を聴けたら共闘の可能性が残されると思います・・でも、もし捕らえようとしたり罠にかけようとするなら・・・完全に道はわかれそうですね・・・

>チェス

C.Cをルルーシュが殴ってその血が黒のキングにかかってるんですよね・・・・
その駒をルルーシュに見立ててそう
すごい意味深・・もしかしたらスザクにやられるのか、日本戦が終わった後マジで黒の騎士団追い出されるのか・・・・
日本戦で勝てばもはやゼロがいなくても何とかなる?のかなぁ〜・・・・藤堂の反応が気になる・・・・

>オレンジ

最初の服裏返し事件(ぉ)の後のジェレミアの通信でモニターにORANGEってなってたwwwww(オレンジ色でw)
こら!ルルーシュ!!忠臣に何てことをwww

>シュナイゼル

台詞は「偽りの舞台を気取られますか、父上」ですよ
これがわからない・・・皇帝の嘘の世界を壊すって事を知ってんのか?
シュナイゼルがギアスの事と皇帝の事をどれだけ知ってるんだろう?

>アーニャ

スザクとのやりとりの時に見てた日記が9年前の日記・・それとズレるって9年前ってマリアンヌ暗殺が起きた年ですよね・・・ますますマリアンヌとの関係が怪しい・・・・

何かゼロが黒の騎士団からいなくなりそうなフラグが結構たってるんで・・汗
でもゼロがいなくなったら超合衆国終わりじゃね?
星刻も寿命的な問題があるし(汗
周りも何だかんだゼロの超合衆国って思ってそうですし・・・・
とりあえずスザク!!外道な事すんなよ!!
まぁカレンのフルボッコ前だったら本当に駄目だっただろうけど、フルボッコ後何で大丈夫かな?^^:
114. Posted by まもん   2008年07月30日 18:17
追記 >ギルフォード卿 まずコーネリアを返そうとしてるとは思うんですけど、さすがにタダでは返さないと思います コーネリアは第2皇女なんでナナリーと交換か!?・・・さすがに、それはきついと思うんでカレンかな? コーネリアが自分の正義らしいんで、よほどの事以外は従いそうですけど・・どうなるんだろう? >ロロ、咲世子 あぁ〜↑のコメでヴィンセントの戦闘好きで見たいって書きましたけど日本にいるじゃん・・・orz こうなるとゲフィオンディスターバー列車を使ってのナナリー、カレン奪還作戦を2人が行うってことか?・・・・ロロがナナリーに何かやりそう・・・(汗 頼むから余計なことすんなよ! 今の所ロロ雑巾計画が保留中なんだから(撤回してねぇけど)今の状態で改心すればなんとか・・・・無理っぽいなぁ
115. Posted by まもん   2008年07月30日 18:22
追記から携帯でコメントしてます。 パソコンが突然点かなくなったんで(泣) 変な感じになってたらすいません
116. Posted by なっきー   2008年07月30日 21:38
4  まもんさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>和解とはいかないまでも、ルルーシュの本心を聴けたら共闘の
>可能性が残されると思います
 私もそう思います。
 もし仮にルルーシュが真実を述べ、それをスザクが全部信じたとしてもわだかまりが残らないとは思えないですが、その過程なくして共闘は無理な気がします。

>・・でも、もし捕らえようとしたり罠にかけようとするなら
>・・・完全に道はわかれそうですね・・・
 カレンのパンチでスザクはきっと、手段を選ばなかった自分を恥じているので大丈夫だとは思います。
 まあどんな結末になるにせよ、この手の 『自分にすら誇れない手段』 は選ばないで欲しいです。

(続きます)
117. Posted by なっきー   2008年07月30日 21:43
>チェス
>C.Cをルルーシュが殴ってその血が黒のキングにかかってる
>んですよね・・・・
 今後は以前よりさらに、誰かに血を流させることがそのままゼロ自身のダメージになっていくことは間違いない気がします。

>〜日本戦が終わった後マジで黒の騎士団追い出されるのか
 危険は大きくなっていますよね。
 余計なことを言う前に木下がロロに殺されるかもしれませんが、それでも何にもなしにこの問題が片付くとは思えません。

>日本戦で勝てばもはやゼロがいなくても何とかなる?のかなぁ〜
 星刻がいるとは言え、やはり策略家が2人か1人かという差は大きいと思います。
 ですが、以前ほどの 『ゼロがいなければ俺たちは全滅する』 といった危機感はなくなっているのも確かでしょう。

(続きます)
118. Posted by なっきー   2008年07月30日 21:46
>・・・・藤堂の反応が気になる・・・・
 今回の反応に限れば私は、心配していません。
 仮に皇子でも、藤堂は全く問題と考えない気がします。

 一方で、零番隊の証言とか出てくると…。

>〜ジェレミアの通信でモニターにORANGEってなってたwww
>ww(オレンジ色でw)
 ヒドスw ちゃんと呼んであげようよ、ルルーシュ!

>シュナイゼル
>台詞は「偽りの舞台を気取られますか、父上」ですよ
 確かにそうですね。あとで修正しておきます。

>〜皇帝の嘘の世界を壊すって事を知ってんのか?
 シャルルが本気でゼロを倒そうとしていないことに勘付いているのかもしれません。
 対決色を出すこと自体が偽りの舞台だと、そう言っているのではないかと…。

(続きます)
119. Posted by なっきー   2008年07月30日 21:51
>シュナイゼルがギアスの事と皇帝の事をどれだけ知って〜
 これ考察しようにも、ほとんど情報がないんですよね。
 でも一時期バトレーを配下に置いていたり、何かシャルルに含むところがありそうだったりと、怪しいのは確かです。

>アーニャ
>〜9年前ってマリアンヌ暗殺が起きた年ですよね・・・
 仰る通り、ますます関連してそうに思いますし、記憶と記録の齟齬について主に 『記憶の方を疑う』 ことにも原因があるのではとも思います。

>何かゼロが黒の騎士団からいなくなりそうなフラグが結構
>たってるんで・・汗
 まだ大丈夫とは思います。
 …でもあの殲滅戦については祟る前に何か手を打っておかないと絶対にヤバい、とは思いますが…(汗)。

>周りも何だかんだゼロの超合衆国って思ってそうですし
 少なくとも、ゼロがいなくなればブリタニアが勢いづくのは間違いないと思います。

(続きます)
120. Posted by なっきー   2008年07月30日 21:54
>とりあえずスザク!!外道な事すんなよ!!〜
>フルボッコ後何で大丈夫かな?^^:
 自己嫌悪を感じるくらいには凹んだと思うので、最低でもしばらくは卑怯な手段を避けようとする…と思っています。

>〜まずコーネリアを返そうとしてるとは思うんですけど、〜
>コーネリアは第2皇女なんでナナリーと交換か!?
 それは無理でしょう。
 ルルーシュ視点ではどうあれ、ナナリーは捕虜でも人質でもなく、自らの意思で総督の地位にいるのですから。

>さすがに、それはきついと思うんでカレンかな?
 カレンなら捕虜と捕虜の交換なので、成立する可能性は十分です。
 ただそれだけに、その交渉であれば劇中のようにジェレミアが秘密裏に行う必要はなくなります。

 故に、この可能性も低そうです。

>ロロ、咲世子
>こうなるとゲフィオンディスターバー列車を使ってのナナリー、
>カレン奪還作戦を2人が行うってことか?
 2人で実行ではなくて、騎士団主力が動いているときにタイミング良く裏工作発動、というところではないかと思います。↓

(続きます)
121. Posted by なっきー   2008年07月30日 22:03
 もちろん、それはG列車である可能性も低くないと思います。

>・・・・ロロがナナリーに何かやりそう・・・(汗
 これ、本当に心配です(汗)。↓

>〜今の状態で改心すればなんとか・・・・無理っぽいなぁ
 何だか、逆にどんどん悪化している感がありますからね(汗)。

>〜パソコンが突然点かなくなったんで(泣)
 うわあ…(汗)。大丈夫ですか…?
 何とか治っているといいのですけど…。
122. Posted by Avz   2008年07月30日 22:41
昨日は落雷の影響で書き込めず。
本日は気合を入れます。

>>軍事力の放棄

見直してみると、
こんな、こんな、敗北者思考になるとは・・・
シャルルのプレッシャーに負けていたようです。
これじゃあ、まるで「ピザとパスタの国」の人だよ!
(国の実名は避けさせて頂きます)
ありがとうございます。なっきーさん。
おかげで負け犬思考から抜けることができました。(汗

ただ真剣に考えても
あの国の場合、EUとして、
戦ってみるもボロ負け。

ドイツが頑張っているので、単独降伏は無理。(WW2ではそれやって国土を占領されましたし)
もはや、全戦力を黒の騎士団にかけるしかない状況ですね。

中華・インド以外の国だと交戦はしていないものの、単独で戦えば敗北確実の国ばかりですし。


>不参加国
眼で見た限りだとスカンジナビア半島の
デンマーク、スウェーデン、フィンランド。
ドイツ、イギリス(フランス・スペインはブリタニア)
オーストラリア、黒海沿岸なのでウクライナあたりか?
あと、パキスタン、アフガニスタン、
あと中東の不穏な国は軒並み。(汗
アフリカは中央部はコンゴあたり。

(続きます)
123. Posted by Avz   2008年07月30日 22:55
)扇の中身はヴイレッタ?
疑いのきっかけは
落ちたショックで
扇と身体が入れ替わったわったりして。

と思ったのがきっかけなんですよね。
漫画によくある
階段から男女が転げ落ちて体が入れ替わった展開を連想して。


>フレイヤとゲフィオン
調べてみたら、両方とも北欧神話の女神からの名前でした。
もしかすると、租界にフレイヤが投下された場合、
G列車のゲフィオンディスターバーで起動が失敗するかも。
ランスロットに搭載できるサイズなら
電気回路部分にサクラダイトを使っているでしょうし。

>カレン救出
本国送りにするのか聞いているところを
みると、カレンは護送中の奪還を
期待していたのかも知れませんね。


>コーネリア
驚かないということは
やはりルルーシュのことは思い出していたのでしょうね。
ジークフリート戦で攻撃しなかったこと
を考えると、敵意は満々、
ただし、殺意は幾分薄めと言うところでしょうか。

でもルルがコーネリアに問答無用でギアスをかけないのを みて安心しました。
(しかし、ナナリーが絡むとあっさり人質候補に挙げてますが 汗)

>アーニャ
CCの記憶がない今、真相を語れそうな
ただ一人になってしまいました。
(皇帝は多分話さないだろうし)
あと8話しかないのに、イベントを
消化しきれるのでしょうか(汗

>CC
「ピザハットの新しいイメージキャラのCCちゃんです。」
といわれてもまったく違和感がない。
なんて可愛らしくピザを食べるんですかね、この娘は!

そして目の光が完璧に違ってます。
視線が、せわしなく逸らしたり、戻したり
おびえ、喜び、恥ずかしがって・・・
すっごく萌えます(コラ

(続きます)
124. Posted by Avz   2008年07月30日 22:59

>カッコ悪い八つ当たり
テンパってる最中にCCに声をかけられ
逆上するルル。

いま考えてみるとCCはこの状況のルルには近づかないで
ひたすら言葉攻めをしていました、

ベッドやソファに腰掛けて、布団やクッション、チーズ君を抱きしめていたことを考えると
やはり暴力を少し怖がっていたのかも知れませんね。


>ピザ
おそらく明太子の残り半分はデミグラビーフではないかと。
ボークやチキンにしては色が濃すぎますから。

>ギルフォード卿
ジェレミアが伝えた内容とは、

1.コックピット内の姫様とのツーショット
2.姫様の拘束映像
3.姫様をカッコよく救出するジェレミア卿の雄姿

さあ、どれでしょう。(笑)
冗談はおいておくとして、
心配でしょうねギルフォード卿。
(続きます)
125. Posted by Avz   2008年07月30日 23:02
>カレン乱舞
多分、多くの人が喝采を送ったこの場面。
私が、覚えたのは恐ろしさなんですよね。
『ここまでされても、仕方ない。』
そう自覚できることでも激情にまかせて
実行してしまえる点が。

普段、自分の内側に溜め込む性格ですが
爆発するとき、激発するというか、危険な方向に飛ぶというか…

リベリオンではロイドさん殴り倒すし。
恐らく、父親を殺したのも同じようなケースだったのかも?

>8年前に生き方を決めた
マオ、の指摘や、1期5話の「世界に未練はありません」発言
からすると死に方だと思うんですけどね。
126. Posted by なっきー   2008年07月31日 00:27
4  Avzさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>昨日は落雷の影響で書き込めず。
 関西から関東に縦断するように凄い雷、風雨が襲ってましたね(汗)。

>軍事力の放棄
>〜シャルルのプレッシャーに負けていたようです。
 実際、あれはかなりな迫力ですよね。
 本編でも藤堂がうまく対抗しなかったなら、恐れに支配された者も出てきたかもしれません。

>ただ真剣に考えてもあの国の場合、EUとして、戦ってみるも
>ボロ負け。
 日本も含めてどこもまだ、まともにブリタニアに勝っていない気がします。
 それを思えば、事後の国民についての約束を勝ち取っての降伏なら、それもまた弱小国の選ぶべき道の一つなのは間違いありません。

>〜もはや、全戦力を黒の騎士団にかけるしかない状況ですね。
 どちらに加わるにせよ、状況が悪くなってからだと事後の立場が悪化しますからね(汗)。

>不参加国
 リストアップありがとうございます!

 で、絶対降伏しない、というのはプライドだけが理由じゃない(何か事情がある)のかもしれませんね。

(続きます)
127. Posted by なっきー   2008年07月31日 00:35
>>扇の中身はヴイレッタ?
>〜落ちたショックで扇と身体が入れ替わったわったりして。
 その手のネタ、実は大好きです(笑)。
 …でもこのケース、負傷した扇を確保したディートハルトがヴィレッタを脅迫している、という形は、確かに大いに有り得る気がします。

>フレイヤとゲフィオン
>調べてみたら、両方とも北欧神話の女神からの名前でした。
 そうなると、仰るように両方が絡むような流れがあるかもしれませんね。↓

>〜電気回路部分にサクラダイトを使っているでしょうし。
 盲点でしたが、確かに有り得ることと思います。

>本国送りにするのか聞いているところをみると、カレンは護送
>中の奪還を期待していたのかも知れませんね。
 政庁地下とかに閉じこめられている現状のままでは、つまりは本陣陥落以外では奪還されにくいということですからね。

>コーネリア
>驚かないということはやはりルルーシュのことは思い出していた
 何だかギアスによる記憶の混濁とかは、時間と共に弱くなる感もありますね。

(続きます)
128. Posted by なっきー   2008年07月31日 00:38
>ジークフリート戦で攻撃しなかったこと
を考えると、敵意は満々、
>ただし、殺意は幾分薄めと言うところでしょうか。
 ユフィを殺してしまったこと、ブリタニアの敵に回っていることに腹を立ててはいても、ルルーシュが弟という意識は残っている気もします。

>でもルルがコーネリアに問答無用でギアスをかけないのをみて
>安心しました。
 ルルーシュはギアスを、(特に身内には)今まで以上に使うのを避ける意識が働いている気がします。

>しかし、ナナリーが絡むとあっさり人質候補に挙げてますが
 ただで返すというのは、最悪その相手に部下の1人でも殺されたなら大問題になる気がします。
 その点、身代金または人質交換というのは古くからヨーロッパの貴族たちが採ってきた方法なので、ブリタニアの皇子としては自然な発想だとは思います。

 …でもナナリーは立場上総督であって 『人質』 ではないので、交換するならカレンではなかろうか、とも思うわけですが…。

>アーニャ
>CCの記憶がない今、真相を語れそうなただ一人に〜
 しかもこれがシャルルギアスによるものなら、つまりはギアスキャンセラーで思い出せることになりますからね。

(続きます)
129. Posted by なっきー   2008年07月31日 00:44
>あと8話しかないのに、イベントを消化しきれるのでしょうか
 いつも詰め込みまくっているだけに、その辺はとても心配です(汗)。

>「ピザハットの新しいイメージキャラのCCちゃんです。」
 CM効果抜群な気がします(笑)。

>視線が、せわしなく逸らしたり、戻したり
>おびえ、喜び、恥ずかしがって・・・
 ルルーシュがどこまでそれを変えられるかにも注目かも。

>カッコ悪い八つ当たり
>テンパってる最中にCCに声をかけられ
逆上するルル。
 あれは、むしろC.C.のお陰で正気に返った場面ですよね。
 ルルーシュは思考を邪魔されたという感覚なのでしょうけど、放っておいても永遠に空転するだけですし(笑)。

>〜ひたすら言葉攻めをしていました、
>〜やはり暴力を少し怖がっていたのかも知れませんね。
 覚えていなかったとしても、心の奥底で相手を怒らせることを恐れていたりしたかもしれませんね。

>ピザ
>おそらく明太子の残り半分はデミグラビーフではないかと。
 そうでしたか!
 何となく、同じのを食べてみようかなあとか思ってたりします。

>〜3.姫様をカッコよく救出するジェレミア卿の雄姿
 これだったらかなり素敵(笑)。

(続きます)
130. Posted by なっきー   2008年07月31日 00:47
>冗談はおいておくとして、心配でしょうねギルフォード卿。
 それだけにジェレミアは、とりあえず無事を知らせた、という気がします。

>『ここまでされても、仕方ない。』
>そう自覚できることでも激情にまかせて実行してしまえる点が。
 ある意味、正気でなくなっていたのでしょうね。
 なのに 『やむを得ない』 とか言って強硬手段に出るのですから、かなり怖い状態です。

>〜恐らく、父親を殺したのも同じようなケースだったのかも?
 これは…、仰る通りかもしれません(汗)。
 やはり激情で、一時的に正気を失った状態だったのかも…。

>>8年前に生き方を決めた
>マオ、の指摘や、1期5話の「世界に未練はありません」発言
>からすると死に方だと思うんですけどね。
 これも仰る通りでしょう。
 『生きろ』 ギアスによって生き方に無理矢理切り替わっただけで、8年前には 『真っ直ぐ突進して死ぬ』 ことを決めたに過ぎないと思います。
131. Posted by kinoko   2008年08月01日 21:05
C.C.の言葉責めにぞくりとしたくせに今回のC.C.にきゅんとなった自分に絶望した16話でした(えー?

>10の人
口調やら台詞やら行動やらから漲り迸るかませ犬オーラに泣いた。
なんだか紅蓮弐式とってのジェレミア、紅蓮可翔式にとってのラウンズ3・6・7のごとく、紅蓮聖天八極式の前にあっさり散る運命にあるのかと思うと同情せずにはいられない人でした。

>守ってください
自分の記憶が確かならルルが自分から他人に助けを求めたのはこれが初めてなんですよね。一期でナナリーがマオにさらわれた時はスザクから協力を申し出たわけですし。ルルは他人に対しては利用するか助けるかばっかりで誰かになんとかしてもらうって思考自体抜け落ちてるんでしょうかね。暗殺事件以後、妹を一人で守ると誓ったためにこうなってしまったんでしょうね。
こう考えるとルルもスザクとは別の意味で歪んでいるように見えました。

>土の味
言葉通りなら、ルルかスザクが倒れて土を舐めるのだろうが、戦闘力的にはスザクが這いつくばる姿が想像できないなあ。
ちょっと深読みするなら土とは土地。二人が会う場所は二人にとって始まりの場所でもある枢木神社。で、味は味覚じゃなくて二人が感じてきたこと、感じていくことそのもの。
ということで次回は戦争よりも、ルルとスザクが対峙して何を感じ、思うかがメインってところでしょうか。

>血に濡れた黒のキング
殲滅戦で膨らんできたゼロへの不信、影で工作するディートのおかげで不吉な予感バリバリ。FlowのOP見てからハッピーエンドかと思ってたんですけどルルは救われなさそう……。
いや待て。一期ならともかく、R2の1話でルルはチェスで白のキングをとってたからブラフという可能性もあるかも。
132. Posted by なっきー   2008年08月02日 00:50
4  kinokoさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>C.C.の言葉責めにぞくりとしたくせに今回のC.C.にきゅんと
>なった
 どちらも魅力的ですよね。

>10の人
>口調やら台詞やら行動やらから漲り迸るかませ犬オーラ〜
 強いことは強いのでしょうけど、こうした精神面は本当の強敵と戦うには弱点になるとしか思えないですよね。

>〜紅蓮聖天八極式の前にあっさり散る運命にあるのかと思うと
>同情せずにはいられない人
 その辺の流れはまだわかりませんが、生きて還れる確率自体が低そうな気がしています。

>守ってください
>〜ルルが自分から他人に助けを求めたのはこれが初めて
 私もそう思います。
 良くも悪くも他人任せができない面がありますしね。

>ルルは他人に対しては利用するか助けるかばっかりで誰かに
>なんとかしてもらうって思考自体抜け落ちてる
 だから世界を変えたいという時にも、ブリタニアを壊すために自分から動くという発想になるのでしょう。↓

(続きます)
133. Posted by なっきー   2008年08月02日 00:53
>暗殺事件以後、妹を一人で守ると誓ったために〜
 不特定の 『誰か』 に期待しているようでは状況はただ悪くなるだけ、という認識なのは確かだと思います。

>こう考えるとルルもスザクとは別の意味で歪んでいる
 良し悪しはともかく、こうした考え方は平均とは懸け離れているでしょうね。

>土の味
>言葉通りなら、ルルかスザクが倒れて土を舐めるのだろうが、
>戦闘力的にはスザクが這いつくばる姿が想像できない
 それにルルーシュ的には唯一の希望の綱なので、腹が立ったとしてもなかなか手を出せないでしょうしね。

>ちょっと深読みするなら土とは土地。〜
>味は味覚じゃなくて二人が感じてきたこと、感じていくこと〜
 裏の意味にする可能性はありそうですが、少し婉曲すぎるとも思います。

>血に濡れた黒のキング
>殲滅戦で膨らんできたゼロへの不信、影で工作するディートの
>おかげで不吉な予感バリバリ。
 だいたいが、血のにおいをさせ始めるとルルーシュはうまく行かない、そう思えてならないですし…。
 ディートの策謀も、ルルーシュが気付くには相当時間が掛かりそうなのが何とも危ういです。

>一期ならともかく、R2の1話でルルはチェスで白のキングを
>とってたからブラフという可能性もあるかも。
 シュナイゼル相手だとあっちが白のキングになってしまうので、その見立ては、今回は苦しいかもしれません。
134. Posted by dice   2008年08月02日 02:05
こんばんわ。

>スザク
前回書き込ませてもらいました予想は外れた訳ですが、カレンが鉄拳制裁してくれました。
すっきりしたというよりはホッとしたという感じです。
1期でゼロに対して言った「人の痛みが分からないのか」という言葉も忘れていたようなので、これで思い出しただろうと思います。

>かませ臭
「認めんぞ、この私がイレブン如きに負けるなど」
とか言って散る様が容易に想像できます(笑)

>ジェレミア
彼専用の機体…
ブリタニア仕様のコクピットを取り付けたオレンジ色の暁ですね。わかります(おい)

>コーネリア
ジェレミアのギルフォードへの連絡は次の戦闘でギルを抑える為の交渉材料としてコーネリアを使うのではないかと思っています。ついでに彼女自身は戦闘のどさくさに紛れて脱走を図るんじゃないかとも思ってます。

では、今回はこの辺で失礼します。
135. Posted by なっきー   2008年08月02日 05:54
4  diceさん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。


>〜カレンが鉄拳制裁してくれました。
>すっきりしたというよりはホッとしたという感じです。
 あ、これは同感かも。
 今のスザクには必要なことだったようにも思いますし。

>1期でゼロに対して言った「人の痛みが分からないのか」〜
 仰る通りですね。
 言った本人があっさり忘れてどうする、という…(汗)。

>「認めんぞ、この私がイレブン如きに負けるなど」〜
 うわあ…、声が脳内再生されたのですが!!(笑)
 …疑問と怒りと屈辱を抱いて退場するんだろうなあ、としか思えないですね。

>ジェレミア
>〜ブリタニア仕様のコクピットを取り付けたオレンジ色の暁
 いくら主相手に割り切ってはいても、それでも 『オレンジ』 には嫌〜な記憶が蘇りそうですよね。
 …でも他の色を思い付かないわけで。(コラ

(続きます)
136. Posted by なっきー   2008年08月02日 05:55
>ジェレミアのギルフォードへの連絡は次の戦闘でギルを抑える
>為の交渉材料としてコーネリアを使うのではないか〜
 有り得ますよね。
 脅迫ではなくとも、返還あるいは捕虜交換交渉の前提条件として決戦日時に他の場所で、と指定する手もありそうです。

>ついでに彼女自身は戦闘のどさくさに紛れて脱走を図るんじゃ
>ないかとも思ってます。
 おとなしく交渉材料にされるがまま、なんて人ではないですしね。

 …もちろんルルーシュとの対話次第で、コーネリアがブリタニアへ還る以外の方針を見つける可能性も残っていますが、現状ではそれはまだ見えていない感じですし。
137. Posted by トール   2008年08月02日 23:50
序列についての加筆ありがとうございます。
それと、誠に今更ですが感想文内の修正報告です。

>振り向きざまに振るった手が皿を砕き、
>ルルーシュのために残されていたピザは床に……。
これ見た時は自分も「すごいパンチ力だなー」と思いましたが、
よく見てみると手に持った仮面を叩きつけて払いのけようとしたようです。

>「……それは、君が決めることだろう?
>ルルーシュ、君はゼロだ」
字幕で確認したところ「君はゼロか」でした。
答えがわかっていても、本人の口から聞く事で確信を得たかったのだと思われます。
138. Posted by なっきー   2008年08月03日 06:29
4  トールさん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。


>>振り向きざまに振るった手が皿を砕き、〜
>よく見てみると手に持った仮面を叩きつけて払いのけようとした
>ようです。
 これについては無意識の行動故に、そもそも 「払いのけようと」 ですらなく、煩わしいから手を振った、たまたま当たった、そのときに偶然仮面を持っていた、という状態だと思っています。

>>〜ルルーシュ、君はゼロだ」
>字幕で確認したところ「君はゼロか」でした。
 ご指摘ありがとうございます。
 早速修正しておきますね。

 口調から言っても、質問というより確認ですね。
 はぐらかすならお願いは聞かないよ、という面もあるでしょうが、 『〜だ』 の断定よりは上という気もします。
139. Posted by 尚志   2008年08月03日 15:21
 なっきーさん、こんにちは。再び書き込ませていただきます。

>あなたにフレイヤを委ねたい
疑問に思ったんですが、戦略兵器とはその名の通り一発で戦局そのものを左右する兵器だけに、その使用は最高司令官の決定をもって使用されなければならないはずです。
それを一開発者にすぎないニーナが戦略兵器をスザクに委託し、使用手段を決める。彼女にどれほどの政治的権限があるのでしょうか…?
ニーナはシュナイゼルにちゃんと了解をとっているのでしょうか。
仮にシュナイゼルが指示をだして、スザクにフレイヤを託すとしたらカノンあたりが来るはずだし…。
(続きます)
140. Posted by 尚志   2008年08月03日 15:22

>スザク
もし彼がフレイヤを使って日本人を虐殺したら、ますますユーフェミアの名を汚すだけでしょうね。
「あの皇女にしてこの騎士あり」と。
スザクもニーナも「ユフィの仇討ち」に固執すればするほど、ユフィの名をますます汚していく展開になりそうな気がしてなりません。
…もっともニーナには「(イレブンの)虐殺=悪」という価値観がなさそうなので、ユフィの名を汚しているという意識はなさそうですが。

>合衆国中華
星刻、香凜、洪古らが黒の騎士団に新たに参加しましたが、彼らが騎士団に参加するとなると誰が天子の補佐をして合衆国中華の行政を担当するのでしょうか?
天子はまだ幼く内政や外交において補佐を必要としております。
星刻に匹敵する知略や名声、忠誠心を持つ人材が中華にはいるのでしょうか。
(続きます)
141. Posted by 尚志   2008年08月03日 15:24

>E.U.
ブリタニアに領土の半分を奪われ、イタリアやポーランドもE.U.を脱退して超合集国に参加したりと、今話で国家としてのE.U.は事実上崩壊しましたね。
作中でほとんど描写もされず、ゼロ=ルルーシュとあまり絡むこともなく崩壊、世界三大国の一角の割りには不遇な国家でした(笑)。

>シュナイゼルの武力外交
結局失敗したみたいですね。
モンゴル省との国境に二個師団を派遣すれば、今の中華連邦はバラバラだから示威行為と交渉で領土の半分は手に入ると彼は言っていましたが、超合集国の成立を許している始末。
シュナイゼルはフレイヤの完成が一番の関心事項だったからこそ、中華連邦の切り崩しに積極的に関わらず、外交勝負ではゼロに軍配が上がったのですかね。
142. Posted by なっきー   2008年08月03日 16:31
4  尚志さん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。


>〜その使用は最高司令官の決定をもって使用されなければ
>ならないはずです。
>〜彼女にどれほどの政治的権限があるのでしょうか…?
 この辺り、全く同感です。
 以前、(没落貴族に過ぎない)アッシュフォードの力で自分をユーフェミアさまに会わせてもらえないかと言い出したり、ニーナが常識外のレベルで政治音痴なのは間違いないでしょうね。

 決定権は作った自分にある、と本気で思っているのでしょう。
 それを思えばロイドの言う 『ニーナを殺す矛盾』 は、精神的な悩みとか以前に、軍法違反で拘束・処罰というストレートな結末を見ることになったかもしれません。

>〜仮にシュナイゼルが指示をだして、スザクにフレイヤを託す
>としたらカノンあたりが来るはずだし…。
 これは確信に近いですが、シュナイゼルは 『同族に殺させる策』 を 『表立って自分で』 選択することはないと思います。
 それは直接非難されるかとは無関係に 『致命的な汚点』 としてブリタニアとシュナイゼルの歴史に残るはずで、私は、シュナイゼルはその手の短慮を慎重に回避する人だと思うわけです。↓

(続きます)
143. Posted by なっきー   2008年08月03日 16:32
>スザク
>もし彼がフレイヤを使って日本人を虐殺したら、ますますユー
>フェミアの名を汚すだけでしょうね。
 そしてもちろん、それがシュナイゼル麾下で戦っていたときにやったことなら、彼の名声も一緒に穢れるわけです。…致命的なまでに。

>スザクもニーナも「ユフィの仇討ち」に固執すればするほど、
>ユフィの名をますます汚していく展開になりそうな〜
 本人が良くも悪くも未来志向の人だっただけに、復讐のような過去志向の行動そのものが別の波長と言えるかもしれません。

>…もっともニーナには「(イレブンの)虐殺=悪」という価値観が
>なさそうなので、ユフィの名を汚しているという意識はなさそう
 仰る通りな気がします(汗)。

>合衆国中華
>〜彼らが騎士団に参加するとなると誰が天子の補佐をして合衆
>国中華の行政を担当するのでしょうか?
 普段の補佐は、彼ら以外にならざるを得ない気がします。

 幸い(?)ああして汚職官僚の専横があったりすると、 『清流派』 は腐った政府を見限って下野してしまったりもします。革命を目指す人ばかりじゃないですしね。
 そうした中に、有能で信頼できる人もきっといるのではないかとは思います。↓

(続きます)
144. Posted by なっきー   2008年08月03日 16:37
 …もっとも、誰が有能で、誰が信頼できるのかを把握するのがとても難しいわけですけど。

>〜今話で国家としてのE.U.は事実上崩壊しましたね。
 もう、少なくともブリタニアが解体されるまでは元通りにならないでしょうね。

>作中でほとんど描写もされず、〜
 これは実のところ、正直意外でした。
 有能な人物も少しはいるはずですし、そういった人たちの戦いがクローズアップされる場面もきっとある、と思っていたもので…。

>シュナイゼルの武力外交
>結局失敗したみたいですね。
 少額だけ張ったチップがあっさり取られた、という感じです。
 時々書いてますが、シュナイゼルはこういったやり方が好きなタイプの策士のようで、天性の勝負師のルルーシュとは対極にある感じです。↓

>〜シュナイゼルはフレイヤの完成が一番の関心事項だったから
>こそ、中華連邦の切り崩しに積極的に関わらず、〜
 シュナイゼルは大局の流れさえ掴んでいれば、そして大負けさえしなければ 『勝手に』 勝てると考えている気がします。
 ルルーシュは明らかに 『自らの力で』 勝ちをもぎ取ろうとしていますから、この点でもタイプが真逆ですよね。
145. Posted by バニーのくびれ   2008年08月04日 07:16
こんにちは。
ルルーシュとスザクの再会。示し合わせたのかお互いに学生服でしたね。「よく僕の前に顔を出せたな」ってスザクも皇帝にルルーシュを売ったりナナリーを餌に情報を引き出そうとしたりしていたので面の皮はお互い様のような。

対話は決裂。果たして残りの話数で再び手を結ぶ事が出来るんだろうか…。物語の決着点はそこではないのかもしれないがううむ。

「君ならギルフォード卿の裏切った理由もわかるんじゃないのかい?かつて君が神根島で取った行動も」
…?生きろギアスでスザクが暴走したのは式根島のはず。あの島でギアスの紋章に釘付けになっていた後に何かあったのでしょうか。

「王の力はお前を孤独にする」の言葉どおり、二期はルルーシュの理解者(になり得る人物)がナナリー、カレン、CC、シャーリー、会長、扇さんと居なくなり、スザクも今回でペケ。次はきっとカグヤあたりが…。誰からもも突っ込みの入らないルルーシュはダークサイド一直線ですよ。

蜃気楼の中でルルーシュが学生服をしまいこむシーンはどこか象徴的に感じました。ひょっとしたら学生服ルルーシュは見納めになるのかも。
146. Posted by なっきー   2008年08月04日 18:29
4  バニーのくびれさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


 えーと、投稿記事を誤爆されたようですね。
 遅れて視聴されている方が読まれた場合にネタバレとなってしまう危険もありますので、なるべくお気を付けくださいまし。

>ルルーシュとスザクの再会。示し合わせたのかお互いに学生服
 2人とも、学園での思い出自体は悪くないと思っているのでしょうね。
 あと共通の思い出と言えば子ども時代ですが、そちらの服はあっても着られないでしょうし。

>スザクも皇帝にルルーシュを売ったりナナリーを餌に情報を引き
>出そうとしたりしていたので面の皮はお互い様のような。
 それを棚上げして相手だけをなじるのは、ある意味スザクらしいとは思います。

>果たして残りの話数で再び手を結ぶ事が出来るんだろうか…。
 今回にも真実を話せなかったのはかなり痛い気がします。
 協力関係への道は、一気に遠くなったような…(汗)。

>「君ならギルフォード卿の裏切った理由もわかるんじゃないの
>かい?かつて君が神根島で取った行動も」
 行動というか、ガウェイン盗難時に凍り付いたまま何もできなかったことの方なのかもしれません。

>〜二期はルルーシュの理解者〜がナナリー、カレン、CC、
>シャーリー、会長、扇さんと居なくなり、スザクも今回で
>ペケ。次はきっとカグヤあたりが…。
 それは考えすぎな気もします。↓

(続きます)
147. Posted by なっきー   2008年08月04日 18:33
 ミレイは単に、ニーナが危うい(急を要する)と思っただけでしょう。ルルーシュのことは気に掛けてはいるでしょうが、あまり踏み込んではきません。
 扇はヴィレッタを助けた辺りではゼロの正体に強い関心を抱いていましたが、今は性質を理解しようという方に重点が行っているようです。
 ナナリーはルルーシュの下を離れ、自分の戦いをしてはいますが、兄を慕う気持ちは少しも薄れていません。

 ここから見えるのは、ゼロに 『近付こう』 と考える人は巻き込まれがちということでしょう。

 一定の距離を保っている人は、いつまでも安全圏のまま。
 ナナリーもミレイも神楽耶もこちらに属していると思います(より深く知ろうといった思惑がありません)。

>ひょっとしたら学生服ルルーシュは見納めになるのかも。
 それでも、バッドエンド以外に到達するならですが、最後には 『日常への回帰』 が必ず入るように思っています。
 …もちろん、それがアッシュフォード学園であるかはわからない、とも思いますけど。
148. Posted by ソマソマ   2008年08月10日 20:19
なっきーさん、こんばんは。今日のギアスは来るべき時が来てしまいました…。前回の意見についての事を改めて読み返してみたら、相当自分がテンパッてたのがわかりました…(汗)不愉快等という事はありませんので気になさらないで下さい。どちらかというと「うわーこういう感想のやり方も禁止だったら、これから何を書けばいいんだろう?(泣)」という自分の中でパニック状態でした。ああいう感想しか書けない者なので…。感想があんなですがどうかご容赦下さい。お願いします。アニメ本編で、もっとキャラ達のサイドストーリーをやって欲しいと思ってます。本等の設定資料を集めるのは大変なので…

消えた皇帝とそれぞれの反応>皇帝が消えた事で皆に動揺が走ってます。ローマイヤ言ってる事は最もらしいですが「生意気になってきた小娘にお灸を据えてやる」というただの嫌がらせです。それを責任転嫁行為と正論のジノ格好良いです。でも本当なら総督補佐であるスザクが言うべき事で…。皇帝の不在でナナリーの身が安全になった事をまともに喜ぶ事も出来ないなんて。逆にルルーシュは喜ぶのはいいのですが今の自分の立場上安心しすぎです。あの皇帝の事ですから異空間にいつまでも置き去りってのは無いでしょうに(汗)その油断が後でパニックになってああいう事態に…
149. Posted by ソマソマ   2008年08月10日 21:06
個人的にですがルルーシュとスザク、二人共何だか自分の思考と性格が噛み合ってない気がします。それともやはり性格故のあの思考なのでしょうか…

記憶を失くしたC.C.>すっかり奴隷の少女になってしまいました。ルルーシュ、だからそういう悪ふざけはやめなさい。その悪癖が取り返しの付かない事態を起こした事もあったのに…。アニメ雑誌でコードはそれまでの所有者の人生と記憶を溜め込んだ物でもある事、シャルルはコードを奪う時C.C.にキスをしたんだそうです。だからルルーシュはあんなに「やめろ!!」と必死だったんですね(笑)なのでC.C.はシャルルにコードをうばわれた可能性が高いです。ただ雑誌によって解釈は微妙に違いますので確定とは言えないです。

義姉弟の対面>コーネリアはジェレミアに確保されてました。ジェレミア、いくら殲滅が命令でも皇族には手に掛けられなかったと謝罪してます。上司の命令に服従するのと自己で判断すべき境界線がきちんとしてます。どっかの誰かさんにも見習って欲しいと…(笑)一期とは器量も度量の深さもすっかり逆転しちゃったなぁ。ネリ姉様、ルルーシュが妹を助けたいと聞いても今更どうするんだと睨んでます。ユフィの事は故意ではないと薄々気付いていても簡単には許せませんよね。
150. Posted by ソマソマ   2008年08月10日 22:03
崩壊の前兆2>朝比奈がKMFの血を見てただ事じゃないと木下に殲滅作戦の事を問い質してました。ロロが作戦内容は極秘だとゼロ(ルルーシュ)を庇ってましたが藤堂の名前は朝比奈とっては地雷でしたね(汗)最もロロはそれを知る由もありませんが。それに黒の騎士団在り方についてですが階級や年功序列は関係ないという意味ではロロの言う事は間違ってないんですよね。
黒の騎士団の場合、立場や役職は本来組織の運営維持と戦闘の指揮や行為をスムーズに行う為のあくまで便宜上の物に過ぎないので。でも組織が大きくなってきて外にも示しを着けないといけないのと組織という物には序列がどうしても付いてまわるものですから。
でもそれを差し引いてもこの場面では朝比奈の方がちょっと大人げないと思いました。そもそも作戦内容とその是非を問い質してたのに気に障ったとはいえ、いつの間にか「新参者のガキんちょの分際で生意気だ」とただのインネンを付けるのに変わってましたから。一応大人なんだし「たかが新参者の子供」と思うなら尚更、上手く立ち回ってかまを掛けて作戦の事を聞き出せばいいのに…と思います。



(続きます)
151. Posted by ソマソマ   2008年08月10日 22:33
個人的には正直、朝比奈もロロもそう変わらないと思います。「僕の価値観とは違うね(自分は藤堂を絶対に置いてる)」というセリフがそれを示してます。信奉する相手が違うだけで、二人共忠誠をかなり超えてる所がありますし。序列へのこだわりに関しては元は軍にいた人なのでまあしょうがないかもしれません。
もし藤堂や義理堅く年功序列にあまりこだわらない卜部や、組織という物の表と裏をよく知ってそうな仙波なら極秘作戦の事をちゃんと聞き出してくれたかもしれません。(藤堂に恋する千葉さんは問題外です。朝比奈よりヤバイでしょう)序盤の年長者達の死がここで響いてきてますね…。どっちにしろ殲滅作戦は絶対駄目でした。ストッパー役のカレンがいればルルーシュぶん殴ってでも止めてくれたでしょうが。今から思うとカレンの不在はこの為の伏線でもあり、そして黒の騎士団が崩壊する為の最悪の条件と状況は揃いつつあったんですね…。



(一度切ります)
152. Posted by なっきー   2008年08月11日 01:00
4  ソマソマさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>今日のギアスは来るべき時が来てしまいました…。
 予想していたよりも、ずっと悪い展開でした(汗)。

>〜相当自分がテンパッてたのがわかりました…(汗)
 私のせいですね(汗)。
 私は自分が普通じゃないことをわかっている癖に、時折 『私は』 と書くのを忘れます(汗)。
 気を付けないと…。

>感想があんなですがどうかご容赦下さい。
 容赦とかなんて、逆に私がお願いしなければなりません。

 材料が足りなくとも、ああいった仮説自体は好きなのです。
 ただ、自分で考察しようとすると保留癖が出てきてストップしてしまうという…。

>アニメ本編で、もっとキャラ達のサイドストーリーをやって欲しいと思ってま
>す。本等の設定資料を集めるのは大変なので…
 すっごくわかります。
 設定資料的なものは基本的に高いか、あるいは別の商品の中に含まれるか、どちらかですからね(汗)。

>ローマイヤ言ってる事は最もらしいですが「生意気になってきた小娘
>にお灸を据えてやる」というただの嫌がらせ
 仰る通りですねえ(笑)。
 まあでも、相手が無害と思えばこそのしたい放題という面もあるかもしれないので、お互いに意見するのはいいことかもしれません。

(続きます)
153. Posted by なっきー   2008年08月11日 01:01
>それを責任転嫁行為と正論のジノ格好良いです。
 ジノは変わり者ではありますが、自分ルールを正しく貫いている気がします。
 スザクはもっとジノをよく見て、見習うべきところを学び取るべきかもしれません。

>皇帝の不在でナナリーの身が安全になった事をまともに喜ぶ事も
>出来ないなんて。
 これがスザクの半端さを象徴していますよね。
 皇帝の犬になってナナリーの安全を忘れるのも一つ、ナナリーを使うなどとんでもないと皇帝を諫めるのも一つ。
 …スザクはどちらにも行かず、半端な位置からナナリーの心配をしています。

>ルルーシュは喜ぶのはいいのですが今の自分の立場上安心しすぎ
 彼は他の可能性のための保険を切り捨てることで、予想的中時の倍率を上げるタイプの策士ですからね。
 …にしても、皇帝には勝てない(から戦いたくない)という心理が働きすぎな気もしますけど…。

>ルルーシュとスザク、二人共何だか自分の思考と性格が噛み合ってない
 何かと、その思考の癖故に、自分自身がダメージを受けやすい感じですよね。

>記憶を失くしたC.C.
>〜ルルーシュ、だからそういう悪ふざけはやめなさい。
 これは激しく同感…、笑えないジョークでユフィもああなったのですから、こればっかりは学習した方がいい気がします。

>アニメ雑誌でコードはそれまでの所有者の人生と記憶を溜め込んだ
>物でもある事
 ショックイメージの出所かもしれませんね。

(続きます)
154. Posted by なっきー   2008年08月11日 01:03
>シャルルはコードを奪う時C.C.にキスをした
 デートだのダンスだのはともかく、キスとなると好きじゃない相手とは避けたい気が…。
 まして他に想う相手がいるのなら尚更です。

>義姉弟の対面>〜ジェレミア、いくら殲滅が命令でも皇族には手に掛け
>られなかったと謝罪してます。
 仰る通り、命令だろうと従えない領域があるのが、本物の正義。
 皇帝がそうしたいと言うならそれがナナリーの死でも逆らわないというスザクは、既にちょっと普通じゃない領域へ行ってしまっているんですよね。

>ユフィの事は故意ではないと薄々気付いていても簡単には許せ
>ませんよね。
 全ての事情を知ったとしても、それでも実行犯たるルルーシュに怒りを覚えないのは難しいことと思います。
 逆に、露骨に憎悪を現さないだけでも、コーネリアの凄さがわかると言えるかもしれません。

>崩壊の前兆2>〜ロロが作戦内容は極秘だとゼロ(ルルーシュ)を庇って
>ましたが藤堂の名前は朝比奈とっては地雷でしたね(汗)
 ロロはそうした忠誠自体、理解できていない気がします。
 ロロ的には命令に従うのはただの行動基準であって、忠誠とは違いますしね。

>〜組織が大きくなってきて外にも示しを着けないといけないのと
>組織という物には序列がどうしても付いてまわる
 この手の組織には、 『古株だから』 という年功序列制は必ずしも必要ありません。
 ですが 『それまでの功績』 は評価しなければならず、ロロはそれがゼロ評価に近いのは間違いありません。↓

(続きます)
155. Posted by なっきー   2008年08月11日 01:05
 何にせよ、功績を積み重ねてきた者に対する暴言(と聞こえることでしょう)を、新参が言っていい理由にはならないと思います。

>〜上手く立ち回ってかまを掛けて作戦の事を聞き出せばいい
>のに…と思います。
 こっちの方が偉いんだから話さないよ、という相手にへりくだるのは、プライド云々の問題ではなくて有害だと思います。
 それに本人が話したとしてもどうせ自分に都合がいい解釈付きでしょうから、参考にもならないかもしれません。


 ただ気になったのですが、朝比奈のは 『年功』 序列ではないと思いますよ?
 今までの功績の評価、及び人格の評価でしょう。

 藤堂は今まで日本に貢献していて、人格的にも信頼できるが、ロロは今まで貢献がないし、人格的にもまだ信頼に足りないと言っているように感じます。
 その前提の上でロロの論旨を見返すと、ひどく幼い主張に見えてなりません。

 ロロの主張そのものが、人格的欠損を証明してしまっているのです。他人を立てることが一切ない者が、どうして他人から立てられることがあるでしょうか?
 他人に立てられない者が、どうして人の上に立てるでしょうか。

 ロロは信用に値しない、ロロを重用するゼロも信頼できないと、朝比奈の前で自ら主張してしまったに等しいのがこの場面だと思います。


 また、仙波や卜部はゼロを買っていましたが、だからといってロロを認めたかはわかりません。
 ロロの言動から言って彼らや藤堂を不当に低評価し、怒りを買った可能性は決して低くないと思います。

 ロロが信用を落とすのは、信用しない者のせいではないと思います。
 きっと、ロロ自身に主原因があることでしょう。
 ロロはそれに気付かなくてはなりません。兄さんのためにも。
156. Posted by ソマソマ   2008年08月11日 02:05
コメントを再開します。
年功序列というのは適当な言葉が見つからなかったのと年功は功労、功績、そこに勤めてた時間という意味です。立ち回ってというのは自分(この場合朝比奈)を相手(ロロ)より自分のペースに有利に持っていくという意味です。へりくだるのは基本的に自分を下位に持ってく行為なので全然違います。藤堂の人柄にも惹かれてるのはわかってますがその根源はロロとそう変わらないのではと。人が人に惹かれるのには形は違っても源というのはそう差はないのではと思います。要するに大人なんだからペーペーのお子ちゃまの挑発にいちいちムキになって乗らないで上手く聞き出せばいいし、話そのものが信用出来ないならその場は聞き流して後で木下や他の零番隊にこっそり聞き出せばいいという事です。信用云々ならそれを直接ゼロに言えばいいだけです。はぐらかされそうですが…。信用云々の事ならむしろゼロ(ルルーシュ)が作戦の事も含め、5話みたいにはぐらかさずごまかすにしろ、本当の事を話すにしろ幹部達に表立って話せる部分をなるたけ話すべきだと思います。


(続きます)
157. Posted by ソマソマ   2008年08月11日 03:26
カレンの怒りとスザクの許されない謝罪>リフレインを打たれる寸前だったカレン、戻って来たスザクを当然鉄拳制裁フルボッコです(怖っ)「やっていい事と悪い事があるだろ!!」と大激怒のカレンにスザクは安い謝罪をするだけ…。謝罪は相手への礼儀と誠意を見せる行為に過ぎず、やってしまった事が全て許され無かった事に出来る免罪符ではありません。今回スザクがやった事は嫌がる者に無理矢理麻薬を打とうとするというとんでもない暴挙です。それをただの謝罪だけで終わらせようとするのだから「収まらないんだよ!!安く見るな!!」と言われるのは至極当然。スザクがこの時無抵抗だったのはカレンへの謝罪と愚かな行為をした自分自身への罰とそんな愚かな自分を少しでも綺麗に見せたい為ですね。処刑覚悟で鉄拳を奮ったカレンを殺さないというスザク、カレンは自分が綺麗でいたいだけというスザクの本性を見抜き「大っ嫌いッ!!!」と吐き捨てます。この時点ではさすがに堪えたスザクですが、すぐに忘れますね。カレンに嫌われたのは一時的にはショックでしょうが所詮カレンは憎き絶対悪であるルルーシュに味方する部下で敵。それにスザクは立場が自分にとって同等か下の者に対して自分と同じ思想じゃない者、俺ルール強制が出来ない者は『理解されない相手』と自分の中から排除しますので(笑)
158. Posted by ソマソマ   2008年08月11日 21:04
なっきーさん、こんばんは。

合衆国から超合衆国へ>皇帝不在の隙に合衆国日本、中華を中心にEU残存勢力や各国を協力というか吸収して纏めた巨大連合国家超合衆国の建国。ルルーシュの後ろにある勢力図は現時点で赤が合衆国、青がブリタニアとその占領地?この勢力図が後の伏線に…。

C.C.小動物化(笑)とピザ>記憶の無いC.C.はTVとかあらゆる物が新鮮であり恐怖でもあるみたいです。ビクビクその様は初めて知らない家にやってきた子猫みたいな?ミレイはキャスターになっても学園にいたころと全然変わらない乗りですね(笑)C.C.に食事のピザを持ってきたルルーシュ、C.C.の記憶が戻るかもとひそかな期待を込めてたかもしれません。思い出しはしなかったけど、『初めて』のピザはやっぱりお気に入りになった様子。それに奴隷であるはずの自分に優しくしてくれるルルーシュに戸惑いつつも信頼し始めたようです。杉山手作りのピザおいしそうですねー、左側が焼きタラコで右側がベーコン?とブロッコリー、淵は明太子で耳は明太子の中にチーズと相当な凝り様。私も食べたくなってきました(笑)


(続きます)
159. Posted by ソマソマ   2008年08月11日 22:03
悩むスザクとアーニャの記憶>自業自得とはいえカレンにあそこまで罵倒されたスザク、いつもみたいに喉元過ぎれば熱さ忘れるというにはさすがに少しだけ時間が掛かってる様です。8年前に生き方を決めたといっても、実際は父殺しの自分を少しでも綺麗に見せて死ぬ方法を探してただけ。アーニャはスザクに過去の記憶を今の己の存在意義にする意味はあまりないと言います。でも父殺し以降、心の時間が止まってしまい様々な要因でブリタニアなのか日本なのか、今や自分が何をしたいのか何者なのかすらわからないスザクはその過去とその過去故に、自分が綺麗に死ぬ事こそが自分が自分であるという唯一の証で世界と自分を繋ぎ止める物なのだからそれは無理な話です。でもそれに完全に囚われてしまってるせいで、もはや自覚が全く無い迷惑や不幸を周囲に巻き散らしてるという最悪な状態。そこから脱却出来る助けになる唯一の可能性のあったユーフェミアももういません…。

過去の記憶がなく今も自分の記憶に矛盾を感じるというアーニャ。空白の多い曖昧な記憶と何者かが作ったデータとしての自分の記録しかないアーニャが信じられる過去の記憶は『自分自身の手で記録した記録』のみ。それが今のアーニャの存在理由で世界と自分を繋ぐ唯一の物なのかもしれません…。
160. Posted by なっきー   2008年08月12日 01:14
4  ソマソマさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>年功序列というのは適当な言葉が見つからなかったのと年功は
>功労、功績、そこに勤めてた時間という意味です。
 勤続年数ならいざ知らず、積み上げてきた功績は絶対的な価値を持ちます。
 これを軽んじるようなら、誰もその組織に忠誠を感じないことでしょう。

 ロロが、自分の価値を主張するのはともかく、藤堂の価値を軽んじたことは大問題だとしか思えないのですよ。
 それに朝比奈が苛つくのも、全く自然な反応だと思います。

>〜藤堂の人柄にも惹かれてるのはわかってますがその根源はロロ
>とそう変わらないのではと。
 それは違うのではないでしょうか。
 人が人を好きになる形は、完全に人それぞれです。

>要するに大人なんだからペーペーのお子ちゃまの挑発にいちいち
>ムキになって乗らないで〜
 軍組織なのですしロロが上官というわけでもないのですから、要職にある藤堂をあからさまに低く見たことを聞き流せるはずがない、と思います。
 むしろ、ロロを殴ろうとか思わなかっただけ朝比奈は大人だったと思いますよ? 本気で。

>〜信用云々ならそれを直接ゼロに言えばいいだけです。
 それをしないのは、つまりもうゼロを全く信じていないという証に他なりません。
 そして実際、望む答えが得られないのは確定的なので、訊かなかったことを責めることはできないと思います。↓

(続きます)
161. Posted by なっきー   2008年08月12日 01:17
(♯ 結局は毎回繰り返してきたように、ゼロ流の答えに納得するかしないかという選択になるだけです。
 朝比奈はこれにうんざりしているのでしょう。)

>〜戻って来たスザクを当然鉄拳制裁フルボッコです(怖っ)
 1ゲージ必殺技で済ませたカレンは、とても優しいと思います。(ぉぃ

>謝罪は相手への礼儀と誠意を見せる行為に過ぎず、やってしまっ
>た事が全て許され無かった事に出来る免罪符ではありません。
 同感です。
 そうした失敗の反省を活かせればまだいいのですが、スザクは割とすぐ方向を見失うので…(汗)。

>〜スザクがこの時無抵抗だったのはカレンへの謝罪と愚かな行為を
>した自分自身への罰と〜
 下手に地位が上がってしまったため、仮にこれがブリタニア的にも違法行為だったとしても、この程度(汗)の暴挙では何の罰も受けないのでしょう。
 悪法であっても法だけが正義というスザクにとっては実は、地位が上がるというのはかなりまずいことなのかもしれません。

 要は、 『自分の正義を押し殺してでも上に従う』 ということですしね。↓

>それにスザクは立場が自分にとって同等か下の者に対して自分と
>同じ思想じゃない者、俺ルール強制が出来ない者は『理解されない
>相手』と自分の中から排除しますので(笑)
 スザク的な秩序たるブリタニアの外にいる者は、降伏してブリタニアの中に入ることだけが正義という理屈になりますからね。

(続きます)
162. Posted by なっきー   2008年08月12日 01:19
>ルルーシュの後ろにある勢力図は現時点で赤が合衆国、青がブリタニア
>とその占領地?
 その通りでしょうね。
 そして他の色は、独立してブリタニアと戦っているか、もしくは外交努力で戦闘を回避している国でしょう。

>記憶の無いC.C.はTVとかあらゆる物が新鮮であり恐怖でもある
>みたいです。
 まあ多分、暴力的な主にばかり当たっていたのでしょうね。
 すぐ物陰に逃げるのは、物を投げられた経験が多かったからかもしれません。

>C.C.に食事のピザを持ってきたルルーシュ、C.C.の記憶が戻るかもと
>ひそかな期待を込めてたかもしれません。
 かなり期待していた気がします。
 …でも、即効性はなくともこれは続けるべきでしょうね。

>それに奴隷であるはずの自分に優しくしてくれるルルーシュに戸惑い
>つつも信頼し始めたようです。
 『今までと全く違う!』 と思っていそうです。

>杉山手作りのピザおいしそうですねー
 多分これ、ピザハットのメニューの写真に杉山が一所懸命似せたのではないかと(笑)。
 美味しそうです。

>8年前に生き方を決めたといっても、実際は父殺しの自分を少し
>でも綺麗に見せて死ぬ方法を探してただけ。
 見せてというか 『生きる価値がない』 、しかし 『最期まで真っ直ぐ生きたと自分に納得できなければ死ねない』 と感じていたのでしょうね。

(続きます)
163. Posted by なっきー   2008年08月12日 01:21
>〜でもそれに完全に囚われてしまってるせいで、もはや自覚が
>全く無い迷惑や不幸を周囲に巻き散らしてるという最悪な状態。
 多分、カレンの一件でようやく 『傍迷惑な生き様ではないだろうか』 と疑問を感じたのではと思っています。
 問題は自分本来の正義を押し殺してしまっている(=その上にブリタニアの正義を上書きしている)ことで、↓

>そこから脱却出来る助けになる唯一の可能性のあったユーフェミアも
>もういません…。
 ユフィがいなくなってみると、ナナリーを “お姫さま” 扱い・シュナイゼルを信奉と、本当にスザクには見る目がない感じです。

>〜アーニャが信じられる過去の記憶は『自分自身の手で記録した
>記録』のみ。
 記憶と記録が食い違って、 『記憶の方を』 疑っているのはよくよくのことだと思います。
 恐らく記録と照覧せずとも、記憶単体でも消し去れない違和感とかがあるのでしょうね。

 そして、記録にあって(恐らく)記憶にない幼ルルーシュ。
 ルルーシュは学園では誤魔化しましたが、今後機会があれば、皇子だと話してみるのもいいかもしれません。

 何かきっかけがあれば、改竄された記憶に大きなひびが入りそうな予感…。
(展開的には、キャンセラーであっさりより面白そうですし。)
164. Posted by ソマソマ   2008年08月12日 02:57
あのー、『人が人を好きになる形は完全に人それぞれ』=『人が人に惹かれるのに形は違っても』←ちゃんと似たような事書いておいたのですが…。
意見を否定されるのは全然構わないのですが(自分と全く逆の意見でも、むしろこんな考え方や解釈もあったのか!と発見も出来るので)書いてある事を無かった事にされて、ねじ曲げられるのは困ってしまいます(泣)私の文は長ったらしくて読みづらいので見落としてしまっただけかもしれませんが…。

個人的にあくまで『好きになる』という『根源』の気持ちそのものは二人に限らず、皆同じような物ではと思います。好きになるという気持ちの始まりに明確な理由は無いと思います。
165. Posted by ソマソマ   2008年08月12日 04:03
それに別に責めてなんかいませんよ。私のコメントは「こうした方が良いのでは」という感想に過ぎません。はぐらかされるかも、ともちゃんと書いてます。

現れたブリタニアの吸血鬼>アーニャの記憶に皇帝のギアスが関わってるのでは、と思うスザクですが皇帝がギアスでアーニャを始めとした人達の記憶や意思をねじ曲げるのは気にならないみたいです…。
二人で話をしてる最中突然飛んできたナイフの主はナイトオブテンのルキアーノでした。スザクは白ロシア戦以来と言ってましたが、R2前の一年の間にあった戦のはずですので第2話でルキアーノを含めたナイトオブラウンズが勢揃いしてたので矛盾してるような…。
あの不意打ちのナイフを受け止めるスザクの反射神経はさすが人間離れしてるというか(汗)ゼロを抹殺したいならわざわざKMF戦じゃなくてルキアーノを直接ゼロの元に送り込んだ方が早いのでは(笑)ルキアーノは肉弾戦の方が得意そうなので。
まあルルーシュは自分に暗殺者が送られる可能性の為にもロロを置いてるのでしょうが。人殺しの天才VS脅威の暗殺者(ロストカラーズでのロロのあだ名)ちょっと見てみたいです。
166. Posted by なっきー   2008年08月13日 00:29
4  ソマソマさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


 だんだんどう誤解があるのかわかってきました。

>『人が人を好きになる形は完全に人それぞれ』=『人が人に惹か
>れるのに形は違っても』
 私的には決してイコールじゃありません。
 ソマソマさんは、違っても本質は近いと仰るわけですよね。
 私は正反対なのです。結果だけ似ていても実は全然違うと、そんな感じです。

 そして私は意見が食い違っても全然構わないと言うか、決して、どちらかがもう一方に同意するべきとも思っていないのです。↓

>意見を否定されるのは全然構わないのですが〜
 なので、それも誤解です。
 否定なんて意味がありません。ただ 『こうではないだろうか』 という意見が書かれたとき、同意であれ逆であれ、必ず 『私はこう思う』 と返しています。

 私の意見をレスしないのであれば、私の記事のコメント欄である意味がないとも思っています。
 そして、ここのところたまたま私が逆の見解を持っているケースが続いたからと言って、それで私からソマソマさんへの印象とかが変わることは有り得ない話です。

 逆に私も、私が私の意見を書いたからと落胆されてしまいますと、困ってしまいます。



 少なくとも私の場合、碌にコメントを読まずにレスしているということは有り得ません。
 それは、最初から不可能なのです。
 私なりに内容を把握しなければ、レスなど1行たりとも書けません。

 誤解することは常に有り得ますが、 『誤解を一切しない』 ことは、個人的には不可能だとも思っています。

(♯故に、こうして私が誤解されることも、常に有り得る可能性と考えています。)

(続きます)
167. Posted by なっきー   2008年08月13日 00:34
>個人的にあくまで『好きになる』という『根源』の気持ちその
>ものは二人に限らず、皆同じような物ではと思います。
 今回の場合、そこですね。
 その解釈が、私と全く違っているようです。

 私は、ロロが持った愛情は構造的に歪んでしまっていると考え、そうでない愛情とは別に考えなくてはいけないと思っています。

>私のコメントは「こうした方が良いのでは」という感想に過ぎません。
 それも別に否定とか肯定とかの話じゃありません。
 私は私の観点から、あまり良い選択とは思えないと思ったわけです。↓

>はぐらかされるかも、ともちゃんと書いてます。
 それでも、ノーリスクだから試す価値がある、と判断されたと解釈しました。
 私はそうは思わなかったのです。

 同じ意見なはずなのに否定された、と思われたように感じますが、そうではなく、私が持っている違う意見を書いたに過ぎません。
 これは絶対に皮肉ではないと前置きして書きますが、その違う意見をねじ曲げて同じ意見と解釈すれば無理が生じるのは必然ではないかとも思います。

 私は基本的に一般人とは言えない思考をしていることも多いので、例え他の人がわかりきった予想だと思うような事でさえも、意見が食い違う可能性は低くありません。
 そして私は、誰かが 『どっちでも同じだろ』 と言うようなことも、完全に区別している可能性があります。

 その辺りご理解いただければ、誤解の可能性は減るのではと思います。

(続きます)
168. Posted by なっきー   2008年08月13日 00:37
>アーニャの記憶に皇帝のギアスが関わってるのでは、と思うスザクです
>が皇帝がギアスでアーニャを始めとした人達の記憶や意思をねじ曲
>げるのは気にならないみたいです…。
 どう考えてもそっちにも怒るのが筋ですよね。
 『ブリタニアのルールには無条件で従う』 という変な俺ルールが、ここでも歪みを生んでいる気がします。

>スザクは白ロシア戦以来と言ってましたが、〜第2話でルキアーノを含めた
>ナイトオブラウンズが勢揃いしてたので矛盾してるような…。
 ひょっとしたら、あの時スザクがまともに話をしていたのがジノたちだけだったからかも?
 会話もしないのでは会ったうちにも入らないとか何とか…。

>あの不意打ちのナイフを受け止めるスザクの反射神経はさすが人間
>離れしてるというか(汗)
 避けるんじゃなくてキャッチですしね(汗)。
 まさに超人。

>わざわざKMF戦じゃなくてルキアーノを直接ゼロの元に送り込んだ方
>が早いのでは(笑)
 ロロ抜きで対面できれば、瞬殺確定です(笑)。
 いつも傍近く…なんて護衛も他にはいませんしね。

>ルルーシュは自分に暗殺者が送られる可能性の為にもロロを置いてる
 有り得ると思います。
 単に技量が高いだけの相手なら必勝ですし。

>人殺しの天才VS脅威の暗殺者
 いかな天才でも王の力には勝てない気がしています。
 「なぜ…? 何が起きた?」 とか疑問符を抱いたまま死にそうです。
169. Posted by ソマソマ   2008年08月13日 00:47
なっきーさん、こんばんは。お返事のコメントの部分で「これは誤解ですよ〜」と感じたら説明しますね。もっと早く書かなきゃいけない事でした…。簡潔でわかりやすい短い感想が全然書けないんです。私のコメント長いわ、余計な事書きすぎだわ、何が言いたいのかわかりづらいわで説明を書いてみても結局何だかわからないですね(汗)

吸血鬼の印象>ルキアーノ、これまたいかにも小物な悪役です。でも本当は違うのでしょうが、先にスザクがそういう役割を担当してるのでインパクトは薄かったです。血筋が一番だと考えてるかと思えばジノの事は血筋だけのお坊ちゃんと小馬鹿にしたり…。よくわからないです、血筋と実力の両方揃ってるのが価値があると言いたいのでしょうか?ナイトオブワンのビスマルクの言う事には一応素直に従ってましたので。ジノも充分実力もあるのですが。ビスマルクはさすが威厳があるというか、器がでかいというか…スザクもルキアーノの挑発に乗っちゃダメだよ〜。殺し合いの決闘なんかしたらユフィの名誉をかえって汚してしまいます。そんなんじゃ、ナイトオブワンなんて夢のまた夢ですよ〜。
170. Posted by ソマソマ   2008年08月13日 01:17
コメントしてる間になっきーさんのレスがあったのでこちらもお返事します。意見の食い違いについてですが、否定はもちろん同意する(どちらか一方も含めて)というのも別に必要はないと考えてます。元々私は食い違う意見でも「なるほど、この方はこういう考えなのか」な程度なのです。落胆とかいうのは全然ないです。困ってしまいますというのも、「あらら〜何だか誤解されてるから、説明しておいた方がいいかなー。」というのなのです。先にも書きましたがそういう場合は「こういう事が言いたかったんですよ〜」と説明しますね(^ー^)
というか、そもそもの元凶は「私の感想は相手に何が言いたいのか伝えたいのか、どういう意味なのかが全くわからない物なんだ!!」というのが最大の原因ですので…(←アホです)私は感想やコメントに向いてない人間なのかもしれません(泣)
171. Posted by ソマソマ   2008年08月13日 02:24
お邪魔虫と助け船>ナナリーとカレンがルルーシュと兄の話に花を咲かせてたら、ルキアーノがちょっかいを出してきました。命さえあれば傷物にしてもいいとカレンに手を出そうとします。スザクのリフレインと同じで傷をつけるのも大問題だと思いますが。実際にも捕虜や人質に暴行して、やった側は罰せられる事は無いというのはよくある話ですが…。そこにジノの助けがきます。ルキアーノは彼を甘いと言いますが、いやいやジノは物事の何たるかはよくわかってると思いますよ。名門貴族だが四男坊という微妙な立場だしナイトオブラウンズは実力でなったのですし。小説にはそこら辺の所は詳細に載ってるみたいです。ジノがフェミニストなのは確かですが。特にカレンは女性でありながら戦いに身を置く者なので何か惹かれる物があるかもしれません。

悲劇の予感1>スザクとアーニャ政庁の中でしょうか?ロイドがスザクに紅蓮に乗るのを薦めてます。ラクシャータの機体に興味があってロイドとセシルの二人で改造してたら、楽しくなってきて、どんどん面白おかしく改造していったら誰にも乗れないシロモノになってしまったと…って、オイィィちょっと待てえぇ!!趣味の世界ってプラモじゃないんだから!!でもあの紅蓮実用でもものすごいパワーですね。


(続きます)
172. Posted by ソマソマ   2008年08月13日 04:29
フレイヤをランスロットに積んでスザクがそれを撃つ。うわあニーナ…もうコンプレックスやユーフェミアの仇とかそんな問題ではないですよ。アーニャも言ってますがこれは『虐殺』です。「KMFだって人殺しの兵器なんだから同じ物じゃない」とニーナは考えてるかもしれませんが全然違います。フレイヤはそこにある戦争に関係ない一般人も含んだ全てを人の意志なんて関係なく、無差別に破壊し人を殺す物なんですから…。『戦略』兵器の意味をまるで理解してません。同族意識とかそういう問題じゃありません。スザクも「僕に背負えというのか」って安易に流されるなー!そんな生易しい事ではないでしょーが!!ニーナはシミュレーションでフレイヤの威力はわかっているでしょうが、実際にたくさんの人がいる所で使うとどういう事になるかはわかってない…正にゲーム感覚ですね。ロイドもニーナにはもっとはっきりと明確に断言するべきかもしれませんでした。あの遠回しな比喩だけを聞いてもニーナは「先生、一体何を言ってるの?」程度の認識しかないみたいですし。


(続きます)
173. Posted by ソマソマ   2008年08月13日 05:24
ロイドとセシル以外でフレイヤ使う意味の恐ろしさを完全ではないとはいえ、唯一理解してたのが意外にもアーニャでした。虐殺という言葉は人がいる所で使うとどうなるかがわかってるからこその言葉ですね。でも12話では武装無しとはいえモルドレットで突っ込んで一歩間違えればシャーリーが死んでたかもしれないし天然というには何だかな〜、です。とらえ所がないですアーニャは。天然だからこそ物事の本質は直感的にわかるのかもしれませんが…。

ちょっと戻って>人殺しの天才VS脅威の暗殺者
正攻法ではロロには絶対勝てませんね。かといってロロ不在の隙をついてルルーシュを暗殺するというのもロロのギアスを知ってるのが前提になりそうです。ギアスの知識無しで自称人殺しの天才(笑)がルルーシュの暗殺成功させたうえで生き残る方法は出来るだけターゲットから遠距離でなおかつルルーシュとロロ二人の見えない位置から不意を突く事だと思います。同時二人の暗殺じゃなくてもルルーシュに事が起こればロロは確実にパニックを起こすでしょうから、その時に投げナイフ一閃すれば勝てると思います。スザクが話で気が散ってる時にナイフを投げた時みたいにルキアーノは不意打ちは得意そうですし、ルルーシュはもちろんロロにも突然飛んできたナイフを避けるだけの反射神経と一瞬の判断力はなさそうなので…。
174. Posted by なっきー   2008年08月13日 07:26
4  ソマソマさん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。


>お返事のコメントの部分で「これは誤解ですよ〜」と感じたら説明
>しますね。
 私の、このブログ以前からの経験から見ても、何か違和感があってもほとんどは単純な誤解がどこかにあるだけだと思います。
 口調とか表情なしの文章のみ、という条件では、こういうつもりで書いたのに…というのはきっと、いつでも誰でも起きることなのでしょう。

 しかも先日私がやってしまったように、誤解して当然の表現をしていても指摘されないと気付かない場合もありますしね(汗)。

>ルキアーノ、これまたいかにも小物な悪役です。〜
>先にスザクがそういう役割を担当してる
 これは…仰る通りかもしれません。
 スザクは思い込みをそのまま外に投影する度合いが強まるに従って、途端に枠が小さくなったように感じました。

>血筋が一番だと考えてるかと思えばジノの事は血筋だけのお坊
>ちゃんと小馬鹿にしたり…。
 むしろ基準は、 『相手を見下す』 というゴール地点の方にあるように見えてしまいます。

>ナイトオブワンのビスマルクの言う事には一応素直に従ってましたので。
 確かに彼なら血筋もしっかりしてそうな感じですよね。
 …というか、ルキアーノ的に勝てるところがないのかも。(ぉぃ

(続きます)
175. Posted by なっきー   2008年08月13日 07:28
>スザクもルキアーノの挑発に乗っちゃダメだよ〜。殺し合いの決闘なん
>かしたらユフィの名誉をかえって汚してしまいます。
 同感です。
 真実を知らない人から見れば、下手すると 『本当のことを言われてキレた』 みたいに見えてしまいそうですし…。

>元々私は食い違う意見でも「なるほど、この方はこういう考え
>なのか」な程度なのです。
 私も他の人の意見を見るのが好きです。
 同じでも違っていても、どちらも楽しいです。

>困ってしまいますというのも、「あらら〜何だか誤解されてる
>から、説明しておいた方がいいかなー。」というのなのです。
 そうでしたか…、良かったです。
 元々文章のみというのは誤解しやすいものと思いますので、仰るように、単純に 『こういうことでした』 と追加するのが一番いいのかもしれません。

>〜「私の感想は相手に何が言いたいのか伝えたいのか、〜
 それは違う気がします。
 誤解はいつでも誰でも有り得ますし、どこかの大臣のごとく(ぉぃ)あからさまに不適切な表現を使ったりでない限り、誤解が誰のせいかなんてあまり問題ではないと思います。

 自戒されるお心は本当に立派だと思います。
 けれどあまりご自分を責められると私もつられる面がありますし(汗)、あまりお気に病まれない方がいいかもしれません。
 誤解は日常時々起きること、そんな意識でもいいのではないでしょうか。

(続きます)
176. Posted by なっきー   2008年08月13日 07:30
>命さえあれば傷物にしてもいいとカレンに手を出そうとします。
 誰もルキアーノを罰せない(罰しない)と考えての行動なわけで、本当に最悪です。誇りというものが歪みきっています。

>ルキアーノは彼を甘いと言いますが、いやいやジノは物事の何たるか
>はよくわかってると思いますよ。〜
>小説にはそこら辺の所は詳細に載ってるみたいです。
 今は小説は読まずに我慢しているのですが、また楽しみが増えました。
 …現実の厳しさを見てきたからこそ 『甘い』 気がしますし、ルキアーノの批判はちょっと的外れなのではとは思いますね。

>特にカレンは女性でありながら戦いに身を置く者
 しかも 『シュタットフェルトを選んだ方が楽』 なんて理屈では覆せない思いを抱いていることが、(ジノ視点でも)確定的ですからね。

>ラクシャータの機体に興味があってロイドとセシルの二人で改造してたら〜
>趣味の世界ってプラモじゃないんだから!!
 余所様で、勝手に改造されたことに腹を立てるラクシャータが、細かい違いでいがみ合うタイプのオタクのようだという指摘があって思わず吹き出しました。
 慧眼かもしれません。

>うわあニーナ…もうコンプレックスやユーフェミアの仇とかそんな問題では
>ないですよ。
 「撃てばあなたも助かるのに!」 というのは特にひどいです。 「撃てばあなたも助からない」 のが、特にニーナにわからないなんて有り得ないのですから。
 カレンに避けられたお陰で、結果的にスザクは生き残りましたが…。

 それを黙って言わせてるシュナイゼルはもっとひどいです。

(続きます)
177. Posted by なっきー   2008年08月13日 07:31
>「KMFだって人殺しの兵器なんだから同じ物じゃない」とニーナは
>考えてるかもしれませんが全然違います。
 フレイヤは対象を選ばないですからね(汗)。
 それが同じに見えるようでは、人として外道に脱線しかけている(している)ように見えます。

>スザクも「僕に背負えというのか」って安易に流されるなー!
 『自分が罪を背負うのは構わない』 というのは逆に、形を変えた免罪符として機能するのかもしれません。

>〜実際にたくさんの人がいる所で使うとどういう事になるかは
>わかってない…
 槍が銃になり、さらにミサイルや空爆になって、そして命令する人たちが軍権から離れた結果、 『死者数』 や 『政権支持率』 でしか判断できなくなったのと似ている気がします。
 これ、確かにある意味ゲーム感覚でしょうね。

>〜ニーナは「先生、一体何を言ってるの?」程度の認識しか
>ないみたいですし。
 自分に同意しない者(つまりシュナイゼル以外全員・汗)の言葉が理解できない状態になっているのでしょうね。

>とらえ所がないですアーニャは。天然だからこそ物事の本質は直感
>的にわかるのかもしれませんが…。
 なるほど…、これは仰る通りかもしれません。

>ギアスの知識無しで自称人殺しの天才(笑)がルルーシュの暗殺成功さ
>せたうえで生き残る方法は出来るだけターゲットから遠距離でなお
>かつルルーシュとロロ二人の見えない位置から不意を突く事
 確かにそれがほぼ唯一の(?)方法に思えますね。
 そして、黒のキングは割と前に出てくるので、そこに絞って探せば意外とチャンスは多いかもしれません。

>ルルーシュはもちろんロロにも突然飛んできたナイフを避けるだけの反
>射神経と一瞬の判断力はなさそうなので…。
 特に、仰るようにルルーシュに何かあった後では、ロロは思考が鈍って何もできないことさえありそうです。
178. Posted by ソマソマ   2008年08月13日 11:07
なっきーさん、こんにちは。少しでも本編に追い付く為、ちょこちょこコメントしていきます。

暗殺者の話で思い出したので15話のコメントに遡るのですがロロが幼少から暗殺者に仕立て上げられたのは、覚醒したギアスが暗殺向きだからと4話でロロ本人が言ってました。つまり体時間を止めるギアスの覚醒が先(原因)で、そのギアスが暗殺に向いてたからこそ嚮団に暗殺者に仕立て上げられたのは後(結果)という事です。てっきり私、なっきーさんがその事を知ってるんだと思い込んでそれを大前提にしてコメントしてました。だから暗殺者になる前に覚醒したロロのギアスのあの性質の要因には、ロロの心身に他人を拒絶し自己防衛を働かせるような『恐怖等が刻み込まれる何か』があったんじゃないか的な事を書いたんです。でもあの内容じゃどういう意味なのかさっぱりわからないのは当然だと思います。つくづく私の感想はわかりづら過ぎるという…(汗)後、先の話でわざわざ以前の話のコメントの事を書いてどうするんだともいえますね(苦笑)
179. Posted by ソマソマ   2008年08月13日 13:48
超合衆国批准式にて>ついに記念すべき日が来ました。この日にそれぞれが自分に出来る事をしてます。記憶のないC.C.は「いってらっしゃい」とルルーシュを見送るだけですが、それだけでもルルーシュの心はすごく軽くなったと思います。天子は台本通りとはいえ、人前で話す努力をしてます。11話以来天子も積極的になりましたね。たまきは酒癖悪すぎで朝比奈に絡むわC.C.にセクハラ発言だわで、卑猥で最低(byソウルイーター)ですね(笑)千葉は藤堂に自分の気持ちを告白しようとしますが、照れ臭いのか藤堂は遅刻した扇を口実にかわしてしまいます。この二人もいつの間にか関係が進んでましたね〜。そして扇とディートハルト、全体的にお祝いムードの中でこの二人だけがどこか妙な空気…。その理由はヴィレッタにあるのですがディートハルトが釘を刺してます。15話のあの後、咲世子が助けたのでしょうがよく無事でしたね。咲世子のスーパー運動神経のおかげでしょうか。クナイが思いっ切り刺さってましたが扇が比較的元気そうなのは銃ではなくクナイだったからでしょうか?急所も外れてる感じでしたので。
180. Posted by なっきー   2008年08月13日 19:53
4  ソマソマさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>ロロが幼少から暗殺者に仕立て上げられたのは、覚醒したギアスが
>暗殺向きだから〜
>嚮団に暗殺者に仕立て上げられたのは後(結果)という事
 確かにそうなりますね。

>〜ロロの心身に他人を拒絶し自己防衛を働かせるような『恐怖等が
>刻み込まれる何か』があったんじゃないか的な事を書いた
 そうかもしれません。
 この辺、本編でももっと情報が出てくれるといいのにと思います。そうでないと私の場合、確定しづらい形のまま保留しっぱなしに…。

>先の話でわざわざ以前の話のコメントの事を書いてどうするんだ〜
 それについては、どの辺のお話かわかるように書いていただければ、特に問題ないと思います。

>〜記憶のないC.C.は「いってらっしゃい」とルルーシュを見送るだけ
>ですが、それだけでもルルーシュの心はすごく軽くなったと〜
 何気にあれはヒットですよね。ホームランまでは行かなさそうですけど。
 ルルーシュにはやっぱり家族と呼べる近さの人が必要で、だから(選択を間違えなければ)ロロにも十分チャンスがあると思うんですけれど…。

>天子は台本通りとはいえ、人前で話す努力をしてます。
 脱・お飾りですよね。まずこれがその第一歩です。
 近くにいい見本(神楽耶)もいるので、どんどん成長できそうな気がしますね。

>たまきは酒癖悪すぎで朝比奈に絡むわC.C.にセクハラ発言だわで、
>卑猥で最低(byソウルイーター)ですね(笑)
 たまきwだからしょうがありません(笑)。

(続きます)
181. Posted by なっきー   2008年08月13日 19:56
>千葉は藤堂に自分の気持ちを告白しようとしますが、照れ臭い
>のか藤堂は遅刻した扇を口実にかわしてしまいます。
 でも性格的には相性良さそうですからね。
 千葉はこのまま押しのスタイルで、藤堂に決意だか覚悟だかの時が来るのを待ちさえすればゴールインできそうです。

>〜クナイが思いっ切り刺さってましたが扇が比較的元気そうなの
>は銃ではなくクナイだったからでしょうか?
 あと、もしかしたらあの黒の騎士団制服は刃物に強い構造だったりするのかも?
 苦無も、ほんの浅く突き立っただけに見えますしね。
182. Posted by ソマソマ   2008年08月13日 21:28
なっきーさん、こんばんは。話が脱線しまくりでありますがよろしくお願いします。これももっと早く書くべきでしたね。ただでさえ、私の感想は遅れまくってるというのに…おバカです(笑)特にルルーシュとロロ関係は。つくづく私はこの二人の関係が好きだったんだなあ〜と思ってます。

>〜ルルーシュにも家族と呼べる近さの人が必要〜
〜ロロにもチャンスは充分ある。
でもそのロロを家族にするのを拒み続けて飽くまでも『自分の思い通りになる使い捨てのただの道具』として彼を仕立て上げたのも他でもないルルーシュであって…R2以降でロロがあそこまで歪んでしまったのは、まぎれもなくルルーシュのせいだと私は断言出来ます(笑)少なくともR2以前にルルーシュと暮らしてる一年の間でロロに芽生えた気持ちはピュアなものだったと思ってます。私が人が人に好きなる気持ちの源は皆同じ様な物(ロロも含めて)と書いたのもそこにあります。そしてそれはルルーシュの記憶が改変された故に、ロロを本当の弟だと思いロロの事を『本心から自分の家族として』接してたからこそ彼に芽生えたもの。だからこそ4話でさすがのロロもいつもみたいにルルーシュだけはすぐに暗殺出来なかったんだと思います。



(続きます)
183. Posted by ソマソマ   2008年08月13日 22:33
でもルルーシュの記憶が戻ってしまい口では植え付けられた記憶でもロロと過ごした一年間は嘘じゃなくて、今でも本当の弟の様に思ってると言ってましたが、実際はその一年間は憎き皇帝によって作り上げられた忌ま忌ましい屈辱の記憶であり、ロロの事もナナリーの居場所を奪った憎い偽物としか思ってませんでした。そしてボロ雑巾計画(笑)がスタートしました。ロロを完全に懐柔する為に『兄としての演技』を続け『たった二人の兄弟』を強調してロロの自分への依存心を高めさせていきます。でもそれは間違いです。表向きは以前と変わらない様に見えても『心のこもった本当』と『嘘の演技』では全然違います。互いに気付かなくてもルルーシュの嘘による不自然さは奥底で確実に歪みを生み出してました…。せめて初期の段階でルルーシュが自分が弟して受け入れるのは無理でも「ナナリーが戻って来た時、新しい家族が出来たと喜ぶかもしれないからそれなりにコイツを受け入れるか」ぐらいにシフトチェンジしてればよかったのですが…。ルルーシュは『自分の言う事を聞く道具として自分だけを見てればいい』(それはロロの兄さんは僕だけ見てればいいというのに通じます)ロロに対してそう仕向け接し続けた結果、13話のシャーリーの悲劇に繋がってしまったのだと思います。
184. Posted by なっきー   2008年08月14日 06:29
4  ソマソマさん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。


>話が脱線しまくりでありますがよろしくお願いします。
 脱線しても、すぐ元に戻るのなら問題ありませんです。

>ロロを家族にするのを拒み続けて飽くまでも『自分の思い通りに
>なる使い捨てのただの道具』として彼を仕立て上げたのも〜
 ルルーシュの責任重大なのは間違いないですよね。
 絶対に受け入れないなら、いっそさっさと殺す方がマシだったとさえ思います。

 宙ぶらりんになっているが故に、ますますロロの 『必死さ』 が増してしまった感が否めません。

>〜ロロを本当の弟だと思いロロの事を『本心から自分の家族として』
>接してたからこそ彼に芽生えたもの。
 一方で、記憶が戻ってからも 『二人きりの兄弟』 を演じるルルーシュからは、同じものは得られなかったはず。
 恐らくロロは深層意識でこうした距離感の違いを感じていたのでは、とは思います。

>〜ロロの事もナナリーの居場所を奪った憎い偽物としか〜
 これがそもそもの間違いの根源ですよね。
 そういったお役目がロロに回っただけで、憎むなら命令した側を対象にしなければなりません。

>表向きは以前と変わらない様に見えても『心のこもった本当』
>と『嘘の演技』では全然違います。
 その通りでしょう。

>〜受け入れるのは無理でも「ナナリーが戻って来た時、新しい家族が
>出来たと喜ぶかもしれないからそれなりにコイツを受け入れるか」
 そういう形も有りですよね。
 この件に限らず、それをしなくていい場面でさえも、ルルーシュは嘘で何とかしようとすることが多すぎる感があります。

(続きます)
185. Posted by なっきー   2008年08月14日 06:31
 実のところ、 『実はゼロはブリタニアの皇子でした』 ということさえも、さっさと明かしてしまう手はあったように思います。
 一時騎士団員の忠誠が危うくなっても、いっそ分裂があっても、その後のゼロの行動で再び信頼を得たなら、それは以前よりずっと強固なものとなったはずです。

 …もっとも、今となっては完全に手遅れでしょうけど。

>〜『自分の言う事を聞く道具として自分だけを見てればいい』
>(それはロロの兄さんは僕だけ見てればいいというのに通じます)
 この作品はその辺、身勝手は絶対に自分に跳ね返りますからね。

>〜13話のシャーリーの悲劇に繋がってしまった
 ここで、今までの失敗を悟るべきだったのでしょう。
 ここでもまた、もうダメだとロロを殺してしまう選択は有り得て、ボロ雑巾のために生かしておくよりも、まだそちらの方がマシだったとも思います。

 ルルーシュは明らかに本来は情の人なのに、 『仲間』 の枠に入れる入れないで対応を区別しようとします。
 それがそもそも非情になれない彼には無理なことなのだと、そう思えてなりません。
186. Posted by ソマソマ   2008年08月14日 20:37
なっきーさん、こんばんば。そろそろ本編感想に軌道修正したいと思います(笑)

>もうダメだとロロを殺す
14話では思いっ切り殺そうとしてましてたけどね。シャーリーを口実にした憂さ晴らしという最悪な形で…(汗)たまたま殺し損ねたから「こうなったら使える所まで使い倒すか」な感じになったみたいです。

>黒の騎士団の制服〜
私も最初そう思ったのですが15話を見直したら、扇は普段着でした。なのにクナイは浅く刺さってただけなんですよね。謎です。

リヴァルはミレイのニュースを聞きながらミレイ卒業後の生徒会の写真を見てます。シャーリーがギアスキャンセラーを受ける少し前みたいです。(アーサーの肉球がvでもルルーシュとロロの体の半分が隠れてしまってるのは何か不吉の予兆な感じもします)今は二度と戻らないあの優しくて幸せな時間…。
ロロと咲世子を中心とした集団が何かの作戦の為に変装して日本に戻ってきてました。スーツとメガネのロロ、馬子にも衣装?でも若すぎてごまかせるのかなー。後の話見ても最近のロロはカレンに次ぐコスプレ祭ですね。そして咲世子さん、何が何でもそのヘッドドレスは取らないんですね(笑)
187. Posted by なっきー   2008年08月15日 01:22
4  ソマソマさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>14話では思いっ切り殺そうとしてましてたけどね。
 利用してから殺すというよりは、即殺すという方がまだマトモな気がします。
 マトモじゃない選択をすると、いずれ跳ね返ってくるわけで…。

>〜たまたま殺し損ねたから「こうなったら使える所まで使い
>倒すか」な感じになったみたいです。
 それが大きな間違いの始まりに思えますね。

>〜扇は普段着でした。なのにクナイは浅く刺さってただけ〜
 防刃ベストが普段着。(違

 …でもまあ、冗談抜きにどんな生地かで刃物に対する強さは結構変わるそうなので、そういうことなのかもしれません。
 浅く突き立っている、というのもそれっぽいですしね。

>(アーサーの肉球がvでもルルーシュとロロの体の半分が隠れてしまってる
>のは何か不吉の予兆な感じもします)
 確かに、そう言われてみますとそういう気も…(汗)。

>スーツとメガネのロロ、馬子にも衣装?でも若すぎてごまかせる〜
 あと、1人だと不審に思われても数がいれば誤魔化しが利く、というのもありそうです。
 でも、↓

>咲世子さん、何が何でもそのヘッドドレスは取らないんですね(笑)
 これは誤魔化し利かない気がします(笑)。
188. Posted by ソマソマ   2008年08月15日 11:09
寝ちゃったので途中で途切れてしまいました。

憲章・決議>ギルフォードが閲兵式に出席しようとしてる時、突然電話がかかってきました。相手はあのジェレミアでしたが実は…。ギルフォードったら「オレンジ君」って(笑)親衛隊、ラウンズは連合による軍は烏合の集でまとまりがなく敵ではないと踏んでます。シュナイゼルだけはそれを回避する事が出来ると言ってます。合衆国日本代表となった神楽耶はとてつもない立場になったにも関わらず堂々としており、天子も頑張ってます。合衆国はそこに属する国は軍事力を放棄する代わりに事が起きた時の対処の為に黒の騎士団と契約し、軍の統一を計りました。これは当初は日本・中華を中心にした既存の騎士団のみでも、段階を踏んで各国の軍事力を取り込んでいき軍の規模を少しずつ大きくしていくのも折り込みずみだと思います。多分シュナイゼルはそこまで読んでるのでは。いきなり流れるスタッフロール、たまきの役職『内務掃除賛助官』って名前は立派そうだけど…(笑)真面目に考えたら事務とか人事のちょっとした手助けって所でしょうが、閑職である事は間違いないでしょう。わずかながら空気読めない故の利点というのもありますし。神様ってどんな虫ケラ(言い過ぎ?)にも取り柄を与えてくれるものですね(by銀魂)
189. Posted by ソマソマ   2008年08月15日 12:08
不測の事態?そして…>決議第壱号として神楽耶は日本解放の為に黒の騎士団派遣を提案、評議員は皆賛成しました。予め決まってた事だったと思います。ゼロはそれを受諾、藤堂を始めとした騎士団日本組は日本解放の大義が出来た戦いに沸き立っています。ラクシャータもカレンが戻ると言ってますがカレンと親しいはずの扇だけはうわの空で…。そしてついに戻って来ちゃった最凶で最恐な最強のオヤジ(汗)ディートハルトですら解除出来ないハッキング、思考エレベーター系の干渉でしょうか?シュナイゼルは珍しく嫌悪を表に出してます。偽りの舞台を気取るという意味はゼロの正体(皇族関係、あるいはルルーシュとまで)に気付いてるからか、それとも皇帝は自分は本当は世界情勢なんかに興味ないくせに世界や人々を煽ってる事に怒りを感じてるのか、またはその両方か…。「バカな…生きていた!?」っていやいやルルーシュ、あのオッサン今コードの力で不死身ですから(汗)あなたもそれ知ってますよね。「戻って来た!?こんなに早く!!」というのが正しいです。皇帝はさらに勢力を簡単に記号化し、ブリタニアと超合衆国が互角になったのを全世界に示し両勢力が全面衝突するのを煽ります。「オールハイル・ブリタニア!!」「日本万歳!!」と双方とも全面戦争大歓迎モード。結局全て皇帝の思惑通りに持っていかれました。
190. Posted by なっきー   2008年08月15日 19:56
4  ソマソマさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>〜ギルフォードったら「オレンジ君」って(笑)
 そのイメージしか残っていないのでしょうね(笑)。

>親衛隊、ラウンズは連合による軍は烏合の集でまとまりがなく〜
>シュナイゼルだけはそれを回避する事が出来ると言ってます。
 戦力的に上回っていても、相手を侮っていると思わぬ不覚を取ったりしますからね。そういう意味でも、シュナイゼルのスタンスの方が正解に思えます。

>当初は日本・中華を中心にした既存の騎士団のみでも、段階を
>踏んで各国の軍事力を取り込んでいき軍の規模を少しずつ〜
 黒の騎士団がブリタニア軍に抗し得ることを証明すれば、反ブリタニアに転じる国も増え、戦力も急速に拡大していくことを期待できる気がします。

>『内務掃除賛助官』〜
 内務掃拭賛助官、ですね。ないむそうしょくさんじょかん、と読みそうです。
 掃いて拭いての人=清掃員…を、応援する係(笑)と思われます。

 そして、たまきwはその辺全くわからずに 「ゼロすげえぜ!」 と喜んでいる気が…(笑)。

>神様ってどんな虫ケラ(言い過ぎ?)にも取り柄を与えてくれる〜
 これはこれで、リヴァルと別の意味での一般人代表でしょう。
 特別な志も能力もなく、それでも本来叶わぬ夢を抱いて、それを見せてくれるからとゼロに従っているというたまきw。そんな 『過大な夢を抱いた凡人』 を従わせることができないようなら、ルルーシュの道も閉ざされてしまう気がします。

(続きます)
191. Posted by なっきー   2008年08月15日 19:59
>〜日本解放の為に黒の騎士団派遣を提案、評議員は皆賛成〜
>予め決まってた事だったと思います。
 根回しはしたでしょうけど、しなくとも同じだったでしょうね。
 参加国は自衛軍も持てないのですから、なのに他の参加国の領土奪還に他人事とばかりに反対でもしようものなら、その国が総スカンを食うのは必定ですし。

>ディートハルトですら解除出来ないハッキング、思考エレベーター系の干渉
>でしょうか?
 これはちょっと材料がないので何とも言えませんが、パパはパパなりにこうした時のために準備をさせていたのかもしれない、とは思います。

>偽りの舞台を気取るという意味は〜
>それとも皇帝は自分は本当は世界情勢なんかに興味ないくせ
>に世界や人々を煽ってる事に怒りを感じてるのか、〜
 私はこれ↑だと思っています。
 シュナイゼルは 『神殺し』 そのものは知らない可能性もありますが、父がオカルトに傾倒し、国の盛衰に実は関心がないことを看破しているのでしょうね。

>「バカな…生きていた!?」っていやいやルルーシュ、あのオッサン今コードの
>力で不死身ですから(汗)
 そうなんですよね(笑)。知っているくせにこんな台詞が出るルルーシュ、テンパりすぎです。

>「オールハイル・ブリタニア!!」「日本万歳!!」と双方とも全面戦争大歓迎
>モード。結局全て皇帝の思惑通りに〜
 まあ黒の騎士団側としても全面対決は望むところでしょう。
 長期戦で、じわじわ反ブリタニア同盟の切り崩しに来られる方が気分悪い(笑)ですしね。
192. Posted by ソマソマ   2008年08月16日 13:47
なっきーさん、こんにちは。やっと16話終了です。でも明日は19話…(汗)

両陣営興奮状態のシーン中で皇帝を見て後退るゼロを見て何かを感じた様子の藤堂といきなり現れたカメラを光らせたサザーランド?のシーンが気になります。
ナナリーを救う為に…>皇帝が戻って来た為、ナナリーの命が危険だと思いルルーシュは必死で策を巡らしますがパニックのあまり完全に空回りしてます。「おかえりなさい」と言ってくれてるC.C.も目に入ってません。ここから先、ルルーシュの戦略は東京決戦まで完全に精彩を欠く事に…。C.C.は食事らしい食事をしてないルルーシュの為に一枚だけ取って置いたピザを渡そうとします。でもC.C.、冷めたピザはチーズが固まってしまっておいしくないですよ(笑)混乱のあまりルルーシュはC.C.の気遣いも邪魔にしか見えず「うるさい!!」と八つ当たり。勢いで割れた皿でC.C.は左手の薬指を切ってしまいます。ルルーシュ、いくらナナリーの危機でパニックだからってこれはダメでしょう。怯えるC.C.に血が出ているって、それアナタがやったんでしょーが!!まず八つ当たりしてケガさせた事を謝らないと…。でも、いつもよりは大した事ないと言うC.C.。これでやっとルルーシュにも奴隷だったC.C.が普段どんなひどい目に合ってきたか理解出来た様です。
193. Posted by ソマソマ   2008年08月16日 14:24
飛び散ったC.C.の血がかかったルルーシュを表す黒のキング。今までの、そしてこれからのルルーシュの血塗られた道と運命を示してるかの様です。外(体)が痛いよりも中(心)が痛い方がずっと辛いとC.C.は言います。体の傷はいつか治っても心の傷は時として一生治らない事もあるので確かにそうかもしれません。例えば心に消える事の無い深い傷を負ってしまった故に歪んでしまったスザクやロロの様に…。C.C.は自分には親兄弟はいなく、後から作れる『友達という味方』もいなかったので心が痛くて辛い時もどうしようもなかったと言います。ルルーシュはその言葉にナナリーを救う為の一筋の光を見出しまた。自分が知っている最も身近で今は最も遠い所にいる、自分にとって今でも友達で味方である彼の事を…。友達=自分の都合の良い味方とは限りません。そして自分が今でも友達と思っていても、相手も同じ様に思っているとは限りません。でも藁にも縋る思いだったルルーシュはロロと咲世子達にナナリー救出作戦を遂行させてるにも関わらず、ここで最大かつ致命的な選択ミスをしてしまう事に…。
194. Posted by なっきー   2008年08月16日 18:57
4  ソマソマさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>やっと16話終了です。でも明日は19話…(汗)
 うちは遅れてのコメントも問題ありませんし、お好きなタイミング、マイペースで投稿いただければ…。

>〜皇帝を見て後退るゼロを見て何かを感じた様子の藤堂
 少なくとも、何か私的な因縁がある、とは気付いたでしょうね。

>いきなり現れたカメラを光らせたサザーランド?のシーン
 こちらは私言うところの、 『材料がなくて、まだわからない』 という感じです。

>〜ナナリーの命が危険だと思いルルーシュは必死で策を巡らしますが
>パニックのあまり完全に空回りしてます。
 これは大きな弱点ですよね。
 本人は一所懸命考えているつもりなのでしょうが、これでは 『下手の考え休むに似たり』 状態です。

>でもC.C.、冷めたピザはチーズが固まってしまっておいしくな
>いですよ(笑)
 この小動物C.C.は、まだそれを知らないのでしょう(笑)。
 魔女C.C.は当然知っているわけですが。
(第1期の世界一ピザのときに 『熱々がいい』 発言があります。)

>混乱のあまりルルーシュはC.C.の気遣いも邪魔にしか見えず〜
 空回りするくらいなら冷えたピザを食べた方がマシですよね(笑)。

>これでやっとルルーシュにも奴隷だったC.C.が普段どんなひどい目
>に合ってきたか理解出来た様です。
 C.C.もルルーシュにとって、今は家族的存在だと思うんですよね。
 そのC.C.が今は 『守るべき存在』 になっていることは、きっと今の落ち込みから立ち直るための鍵になると期待しているのですが…。

(続きます)
195. Posted by なっきー   2008年08月16日 19:00
>〜外(体)が痛いよりも中(心)が痛い方がずっと辛いとC.C.は
>言います。
 多分これはルルーシュ自身も全く同感だと思うんですよね。
 だから相当心に響くものがあったはず…。

>例えば心に消える事の無い深い傷を負ってしまった故に歪ん
>でしまったスザクやロロの様に…。
 彼らももちろんそうなのですが、それ以前にルルーシュ自身が該当すると思います。
 ナナリーのためにと無理して頑張ってきた分、表面的には見えづらいですが…。

>〜友達=自分の都合の良い味方とは限りません。
 ただ、これに関してはスザクが大人げないなあと思います。
 ルルーシュが言っているのは 『寝返れ』 とか 『情報を寄越せ』 といった類のことではなく、本来誰に言われずともスザクが自らしようとしていてもおかしくないことなのですから。

 “お姫さま” 扱いもそうですが、何気にスザク、ナナリーを 『友達』 と思っていない感があるんですよね。
 妙に距離感があります。

>そして自分が今でも友達と思っていても、相手も同じ様に
>思っているとは限りません。
 それでもなお情に訴えようと言うのなら、やっぱり本当のことを言うべきだった気がします。
 それが誠意というもの。

 『俺が怨まれるのは仕方ない』 というのはルルーシュの中で完結してしまう論理で、それではスザクを軽んじていることにもなりますしね。
196. Posted by ソマソマ   2008年08月17日 04:04
日曜になってしまいました。今週のアーサーまで進めます(笑)

心の傷を負ったルルーシュ>実は私も一番最初にルルーシュが浮かんだんです。わかりきってたので書くまでもないと思ったのとルルーシュには彼を支えて、心の痛みを和らげてくれる人達(女性ばかりですが…)もいたので省きました。最もどんどんルルーシュの前からいなくなっていって結局ブラックリベリオン時まで歪んでしまい、今や最後の砦はC.C.(しかも記憶喪失)のみの状態です…。

スザクの件ですが私の場合は大人げないとかは思わないんです。もはや完全な敵同士なのに、いきなり敵のボスが自分に個人的なお願いされても…という感じで。ましてやスザクはユフィの件を中心に今やゼロ=ルルーシュに憎悪と絶対悪の感情しか持ってないのはルルーシュも薄々はわかってるはずなのに、と思うんです。ただスザクはナナリーの騎士で本来なら頼まれるまでもなく守らなきゃいけないんですよね。『今度は守る』と心の中で誓いを起ててる位ですし。でも皇帝がいざナナリーを自分が使うと言ったらナナリーを最後まで守り抜くのを迷ってます。



(続きます)
197. Posted by ソマソマ   2008年08月17日 04:40
結局スザクにとってナナリーは憎いルルーシュの妹で彼のスザクが悪と思ってる行動の動機と根源なので、もう友達とは考えられなくなっていて『ブリタニアの姫』とか『総督』としてでしかナナリーと接する事しか出来ないのだと思います。しかもスザクは自分より権力が上の者の命令には、明らかに間違っていても絶対逆らわない無自覚な権力・序列絶対主義なので行動がグダグダなんですよね…。小説でもアーニャに「アンタにナナリーは任せられない」と言われたぐらいだそうですし。

邂逅への電話>ルルーシュはスザクに電話をして東京租界は戦場になるので(ナナリーが)危険になると話します。スザクはそうなるかどうかはルルーシュが決める事だと言い、もうわかってはいますがルルーシュが今のゼロなのか質問します。ルルーシュがそうだと答えるとスザクの心に改めて憎しみの焔が発ちました。同時に心の奥底で信じたくなかった、ルルーシュの口から自分がゼロなんだと聞きたくなかったんだとも思えます。『ブリタニアの敵』が何の用だと突き放しますが本音は『俺の敵』なんでしょう。ルルーシュはナナリーを皇帝に人質に取られていて正体を明かせなかった、そして今皇帝の魔の手がナナリーに伸びようとしてると言います。


(続きます)
198. Posted by ソマソマ   2008年08月17日 05:12
少し戻りますが、皇帝は式典のハッキングでゼロ=ルルーシュを知ってるにも係わらずゼロの正体はその場で明かさず宣戦布告のみに留めています。暗にナナリーを人質にしてるとルルーシュに匂わせただけなのかもしれないですが正体を明かせば黒の騎士団に大混乱が起こり、その場で合衆国諸共、内部分裂させる事が出来るはずなのに。そうすれば本当にナナリーを匿う所はほぼ皆無となり、より人質としての意味も遥かに大きくなると思うんですが…。
ルルーシュはスザクが自分を憎んでおり頼みを引き受けてくれるわけがないのを承知の上でスザクに頼みます。スザクはそれを身勝手と切り捨てますがまあこれはしょうがないと思います。頑として頼みを聞き入れてくれないスザクにルルーシュは「ナナリーを守って下さい」とお願いします。スザクはようやく冷たい声ながらわかったと言い、頼みを聞く代わりに本当にナナリーを守りたいならナナリーがいる日本に一人で来いと言います。場所を指定して『二人きりで会おう』と約束をしました…。でも約束をしておきながら次回のスザクの態度と言動がああなのは頂けません。正直私は二人の今回の選択は間違ってたと思います。かつてはどうあれ今は互いに憎しみ合う敵に過ぎないですから。

(続きます)
199. Posted by ソマソマ   2008年08月17日 06:10
特にスザクは私怨と勝手な思い込みが大半とはいえその憎しみはハンパな物ではないですから(怖)だからルルーシュはスザクが徹底的に頼みを聞き入れなかった時点で引くべきでしたし、あるいは対価としてユフィの真実等を先に話すというのもありました。スザクはスザクでルルーシュの頼みを聞きたくないならさっさっと断ち切るべきでしたし、その時に「敵である君の頼みを聞くつもりはない。俺は俺の意志でナナリーを守る!!」と実行出来る出来ないは別にしてこういう時にこそ見栄の一つでも切ればよかったと思います。二人共相手の要求を中途半端に飲むもんだから次の話であんな事に…(汗)

今週のアーサー3>相変わらずスザクの手を噛んでましたが、いち早く危機を察知してスザクを守ろうとルキアーノに威嚇してます。飼い主思いの何て良い猫なんだvvかと思いきや今度はスザクの足で嬉しそうに爪とぎをしてます(笑)コードギアスには善人はいないらしいですが、善猫はいるようです。本編があまりに鬱展開な中でアーサーだけが癒しになりつつあります…。


(やっと終わります。感想長すぎですね。汗)
200. Posted by なっきー   2008年08月17日 07:04
4  ソマソマさん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。


>〜ルルーシュには彼を支えて、心の痛みを和らげてくれる人達(女
>性ばかりですが…)もいたので省きました。
 ルルーシュが彼女たちにうまく頼れずにいるように、スザクにもジノやアーニャがいるのに、頼れずにいます。
 そう思えばこれもまた相似形で、私はそこでルルーシュがスザクと別だとは思わないのです。↓

>〜今や最後の砦はC.C.(しかも記憶喪失)のみの状態です…。
 しかもこれですしね。

>〜もはや完全な敵同士なのに、いきなり敵のボスが自分に個人
>的なお願いされても…という感じで。〜
 最初から却下、というのはありだと思うのですよ。
 でもルルーシュのお願い云々以前にスザクはナナリーを軽んじている感があり、それに逆らうベクトルの 『守ってくれ』 という依頼に 『強い不快感』 を感じたように思えてならないのです。

 スザクは占領者のルールでも従うのが正義だと定義し、しかし内では俺ルールを優先しています。
 ここでもナナリーの下に配置されながら忠誠を抱こうとはせず、結局はブリタニアのルールの枠からもはみ出しているのに、それに本人だけは気付いていません。

>〜憎悪と絶対悪の感情しか持ってないのはルルーシュも薄々はわかっ
>てるはずなのに、と思うんです。
 だから、それでも頼み事をするその代償として誠意(真実)が必要だったと思うんですよね。
 今回ああして踏んづけたスザクですが、パンチでもしようものならもやしっ子はたちまち壊れてしまうわけで(笑)、実のところかなりこれでも我慢しているとも思います。

>『今度は守る』〜
>でも皇帝がいざナナリーを自分が使うと言ったらナナリーを最後まで
>守り抜くのを迷ってます。
 これです。
 私がスザクに関して最も不満なのが、そのやり方なのですよ。

(続きます)
201. Posted by なっきー   2008年08月17日 07:07
 本当にブリタニアのルールに従うことを正義とするなら、皇帝の命に従ってルルーシュの記憶回復を報告しなければなりません。
 ブリタニアのルールを守りつつも自分の正義に嘘を吐かないというのなら、皇帝に対して、自分には侵せない領域があることを告白せねばなりません。正義をより重んじるなら、今の地位や命を賭して皇帝を諫めるのもありでしょう。

 …しかしスザクが選んだのは 『表向き皇帝の命に従いつつ』 『その実自分の判断で報告を怠る』 という、かなり残念な道だったわけで…。

>〜もう友達とは考えられなくなっていて『ブリタニアの姫』とか
>『総督』としてでしかナナリーと接する事しか出来ない
 そうでしょうね。
 そして、その構造にスザク本人が気付いていない―― ちゃんと然るべき敬意を払っているつもり―― のが問題なのだとも思います。

>〜自分より権力が上の者の命令には、明らかに間違っていても
>絶対逆らわない無自覚な権力・序列絶対主義なので行動がグダ
>グダなんですよね…。
 あ、2つ上で私が書いたようなことが…。
 どうもこれについてはほぼ同意見な感じですね。

>小説でもアーニャに「アンタにナナリーは任せられない」と言われた
 アーニャに喝采!

 過去や裏事情がどうあれ、本当にいい子だと思います。
 スザクももっと彼女にいろいろ相談すればいいのに…。

>〜もうわかってはいますがルルーシュが今のゼロなのか質問します。
 こういう直球勝負を選択すること自体は、スザク的にいい感じだと思います。

>〜ルルーシュの口から自分がゼロなんだと聞きたくなかった
 いろいろな意味があるでしょうね。↓

(続きます)
202. Posted by なっきー   2008年08月17日 07:09
 そこには 『とことんまで嘘を貫く悪党の方がまだ良かった』 といった面もあったかもしれません。

 (皮肉ではなく)正義にとっては、 『矯正不能の悪』 が存在するのが一番好都合ですから。

>〜皇帝は式典のハッキングでゼロ=ルルーシュを知ってるにも係わらず
>ゼロの正体はその場で明かさず宣戦布告のみに留めています。
 私が最も強く思うのは、↓

>そうすれば本当にナナリーを匿う所はほぼ皆無となり、〜
 これですね。それこそが回避した理由ではないかとも思います。
 『ナナリーを使う』 のにどんな意味があるにせよ、だからといってシャルルからナナリーに何の愛情もないとは、私には思えないのです。

 『使った』 結果ナナリーが存在しなくなるとしても、その直前まではナナリーは幸福であるべきだと思っているとしたら筋が通ります。
 彼女の居場所がなくなる 『ゼロ=ルルーシュ』 の情報は、シャルルから世間に公表されることは(ナナリーの死以前には)ないのではないか、とも思います。

>〜『二人きりで会おう』と約束をしました…。でも約束をして
>おきながら次回のスザクの態度と言動がああなのは頂けません。
 これは同感です。
 何だかどっちつかずの選択で、つまりはスザクが激しく迷っているからこその結果なのかもしれないとも思います。

>〜だからルルーシュはスザクが徹底的に頼みを聞き入れなかった時点
>で引くべきでした
 その通りでしょうね。
 これ以上は、↓

>対価としてユフィの真実等を先に話す
 それが自分の主義に反するとしても、その 『出血』 によって誠意を見せる他ないと思います。

>〜「敵である君の頼みを聞くつもりはない。俺は俺の意志で
>ナナリーを守る!!」〜
 私的には、これが一番スザク的正義に近い場所にあったように思います。↓

(続きます)
203. Posted by なっきー   2008年08月17日 07:12
 しかし一方で、根底で 『ナナリーに対する忠誠』 が根本的に欠落しているからこそ、それが選択肢に存在しなかったのではとも思います。

>二人共相手の要求を中途半端に飲むもんだから〜
 同感です。
 両方ともただ妥協した形だけに…。

>〜ルキアーノに威嚇してます。飼い主思いの何て良い猫なんだvv〜
 飼い主と飼い猫というか、仲間意識なのかもしれないですね。

>〜今度はスザクの足で嬉しそうに爪とぎをしてます(笑)
 噛み噛みもそうですが、きっとよっぽど感触が好みにぴったりなのでしょう(笑)。
 猫って、気に入ったところでばかり爪とぎしますしね(笑)。

>本編があまりに鬱展開な中でアーサーだけが癒しに〜
 鬱レベルが半端無いですからね(汗)。
 普通の、日常の幸せのカケラでさえも、果てしなく貴重になってます…。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Archives
Blog 内検索
Google
www を検索
このブログ内を検索
Recent TrackBacks
Recent Comments