2008年08月31日

コードギアス 反逆のルルーシュR2 #21 『ラグナレク の 接続』4

 ブリタニア皇帝シャルルが最終目的へ向けて動いたことで、全ての事態が急速に動き始める。

 シュナイゼルはついに隠されていた本質を覗かせ、黒の騎士団と結んでシャルルへと矛先を向けようとしている。
 ルルーシュは絶望を武器とし、シャルルと共に永遠の懺悔を重ねようと願った。
 スザクは結果を得るために、さらなる罪を重ねる覚悟を固めた。

 そんな中、明かされる真実とは――。



コードギアス 反逆のルルーシュR2 公式サイト

コードギアス 反逆のルルーシュ - アニメ : BIGLOBEストリーム 無料動画サイト
 見たいけれど地元では……という人はこちらで視聴できます。
 各話、無料は期間限定なので、観たい人はお見逃しなきようお気を付けください。

最終更新: 2008/09/02
 C.C.台詞修正
 コメントでのご指摘本当にありがとうございます!

 他、修正ミス(汗)を修正



 

「今はマリアンヌ。ルルーシュとナナリーのお母さんよ」

 『どうしよう。助けるべきかな、彼を』 の答えですね。
 C.C.と一緒にスザクを助けるところからスタート。
 これ、私も予想が外れましたが、予想された方、お見事です。

 どうやらマリアンヌは完全にシャルルと目的を等しくしているようです。
 それどころか、完璧なまでに 『目的のためには手段は問わない』 人でした。
 つまりそこから考えると 『彼を助けることがリスクにならないかな』 『彼を助けることでメリットがあるかな』 という意味になってしまいそうです。

 そんな二人がいろいろ種明かし。



 そしてそんな極端な相手に出会ったことは、とにかく結果を得ようと強引・短絡的な行動が増えていたスザクにとっては、あるいは幸運だったかもしれません。

 と言うかマリアンヌ、スザクの顔にマジックで落書きしようとしていたわけで、前回感想でお転婆少女と書きましたが、悪戯っ子でもあったようです。
 スザクが目覚めてしまって未遂に終わったとき、

「ちっ!」

とか言ってるのと、言ってなくてもそれがわかるくらいの顔をしているのに盛大に吹きました。
 ……友達としてはある意味面白そうですが、こういう人を親に持つと大変そうです。

 そんなお話。(ぉぃ



嘘の否定の否定

扇「ああ、俺はこれから神楽耶さまと星刻総司令に事情を説明する。
 理解を得られるかはわからないが、一つだけはっきりしていること、」
玉城「わかってるよ! もう、ゼロは生きてちゃいけないんだろォ?」


 把握はしても理解はされないと思います。
 あるいは、きっと扇の浅はかさを理解するでしょう、と皮肉った方がいいでしょうか?

 涙目の玉城、ゼロが帰ってきたとしてももう黒の騎士団―― の日本人部隊―― は過去の状態には戻らないとはわかっているようです。
 内務掃拭賛助官にまで昇った(?)彼の出世(?)の道もこれで閉ざされてしまったのは、確かかもしれません。



「確かめなくっちゃ……、ルルーシュに。
 じゃないと私は、もう前に進めない……!」


 カレンはルルーシュの全ての顔を知っていますが、その全てが本当だということに未だ気付けずにいるようです。
 まあ、真っ直ぐに生きていたカレンにとって、しかもカレン・シュタットフェルトは仮面でしかなかった彼女にとって、これは至るのがとても難しい真相かもしれません。

 扇も本来はこういった 『知りたい』 という衝動の方が強かったはず。



 アーカーシャの剣では、ルルーシュとシャルルの会話。
 まあ、同意するとか合意するとかは全く別に、やはり会話そのものは重要だとよくわかるシーンでもある気がします。

 まずルルーシュから出るのは当然ながら、なぜ母を守らなかったかという、彼の原点の一つ。

「おかしなものよ、人には真実を求めるか。ここまで嘘ばかりついてきたお前が」
「そうだ。俺はずっと嘘をついてきた。
 名前や経歴だけじゃない、本心すら全て隠して。

 ……しかし当たり前のことだろう?
 他人に話を合わせる。場に溶け込む。それら無くして、国や民族、コミュニティというものは存在しない。
 誰もが嘘を使い分ける。家族の前、友人の前、社会を前にして―― 、皆違う顔をしている。

 しかし、それは罪だろうか。
 素顔とは何だ。お前だって、皇帝という仮面を被っている。
 最早我々は、ペルソナ無しでは歩めないのだ」


 一応。
 ペルソナ=仮面。

 ……なるほど、これはもっともな意見。
 扇の 「奴は隠し事をしていた!」 に何言ってんの?…と思われた人も多いでしょうし、まさにそういう話。
 扇だって隠し事をしていたし、その扇が勝手に信じているチグサも、チグサという仮面を被ったヴィレッタに過ぎません。

 チグサのように、それらが害悪になることも有り得ます。
 けれど、嘘を悪だとし、嘘が全てなくなればその分だけ世界は良くなるかと言えば……、きっと逆に……。

 そう、人の心を読めるマオがおかしくなってしまったように
 机上の空論的な、有り得ないほどに綺麗な世界。
 そんな綺麗な世界に、人は住めるのでしょうか?



 シャルルが開いた本のタイトル……がよく見えません(※↓)。
 電波状況、最悪……。 (´・ω・`)

「違うな。
 未来永劫に渡って嘘が無駄だと悟ったとき、ペルソナは無くなる。
 理解さえしあえれば、争いは無くなる」
「形而上学的な机上の空論だな」
「すぐ現実になる。それが我が、ラグナレクの接続。
 世界は欺瞞という仮面を脱ぎ捨て、真実をさらけ出す」


 まあ、争いは無くなるかもしれません。
 ……マオのようにおかしくなる人や、理想社会から排斥される人を “取り除いた” 後の話ですが。

 私は哲学も好きですが、シャルルのように理想論を現実に変えようとする行為は、人間の住みにくい清水を作るだけ、という気がしてなりません。




※りぐさんにお教えいただきました。
 次のような本が並んでいたそうです。

「Akasha」「Paranormal Phenomena」(超常現象?)シャルルが手に取った本はこれです。
「Kollektives Unbewsst(e)s」(普遍的無意識?eは付け忘れか最後のsが入りきってないかです。
「Ragnarok」




枢木スザク

スザク「Cの世界?」
C.C.「既存の言葉で言うなら集合無意識
 人の心と記憶の集合体、輪廻の海、大いなる意思、 『神』 と呼ぶ者もいる」
「……! ナリタで君に会ったときの、」
「あれは個人の意識との混在だ。……と言っても、お前が何を見たのかは知らないが」


 それはきっとシャルルの神殺しの神と同一なのでしょうね。

「 『人』 とは、集合無意識が付けた仮面。
 心と記憶の海に開いた窓。人の心は、」


 だから神殺しをすると仮面が壊れて、全ての人は同一になる、と。
 個人否定ということでは、究極の全体主義みたいな印象も受けます。



 壊れた黄昏の扉の前で端末をいじっていたマリアンヌはとうとう修理を諦め、C.C.に頼み込みました。
 コード所持者は出入り自由……かどうかはわかりませんが、とりあえず入るのも誰かを入れるのも自由にできるようです。

「当たり前でしょう? シャルルは私たちを待っているのよ? あなたがコードを彼に渡していれば簡単だったのに」

 こういう言葉も、C.C.の自由意思否定に思えるんですよね。
 じっと見ているC.C.も、具体的に何がどうとは自覚してなくとも、それを 『何だか面白くない』 くらいには思っていそうな気がします。

 結局、アーニャから分離したマリアンヌの幻影が黄昏の扉の向こうへと消え、意識のないアーニャをスザクが支えました。
 これで今後、マリアンヌではないアーニャもあるのでしょうか?
 個人的には結構期待したいのですが……。



 C.C.はスザクに、自分たちは似ていると言い出します。
「死を望みながら、死ねないこと」

 でもスザクのは意思に反してで、C.C.のは結局最後には自分の意思で死を選ばなかった、という違いがあるとは思います。



マリアンヌ

 シュナイゼルと黒の騎士団も神根島に到着。

 シャルルの意思に応じて刻々と姿を変えるアーカーシャの剣は、今は博物館(?)のような形を取っています。
 そんな中、とうとうマリアンヌがルルーシュたちのところへ到着。

 シャルルが見せた幻影かと腹を立てそうになるルルーシュですが、それはマリアンヌ本人が否定。
 先程の問いに答えようと言って、シャルルが過去を語り始めます。

「今より半世紀ほど前、わしと兄さんは地獄にいた。
 親族は全て帝位を争うライバル。暗殺が日常となった、嘘による裏切りの日々……。
 皆、死んでいった。私の母もその犠牲となった。
 わしと兄さんは世界を憎み、悲しみ、そして、誓った。嘘のない世界を創ろうと」
「私もC.C.もその誓いに同意したわ。
 でもV.V.は……」


 日常的に同族首謀の暗殺がある状態よりは、今のブリタニア皇族はマシではあるのかもしれません。
 でもこのシャルルの原点も、今の世界の否定
 それは今の世界で幸せを感じている、あるいは今の世界で幸せを追い求めようという人たちへの否定でもあり――。

 どれほど自分が苦しみ、悲しんだとしても、それは世界のほんの一部のこと。世界全てを否定していい理由とはなりません。



 8年前、話があると深夜に呼び出されたマリアンヌは、コーネリアを下がらせるなど人払いもしてからV.V.と会っていました。

「アーカーシャの剣の件なら、」
「いや、シャルルのことなんだ。
 君に出会ってからシャルルは変わってしまったよ。互いに理解し合って生きていくのが楽しくなってきたみたいだ。
 このままだと、僕たちの契約は無かったことになってしまう。僕だけ残されちゃう。
 神話の時代から、男を惑わすのは女だって話――。」
「……!」


 結局、 『テロリストが警備をかいくぐって』 ではなくて、マリアンヌがV.V.が入れるように計らっていたわけですね。

 そのV.V.がシャルルの変化を嫌うのは、自分が子どものまま変わることができないからという理由も大きそうです。
 普通なら 『自分も相手を見つける』 で済む話が、その変化を潰さなくては収まらなくなった様子。

 人払いしていたはずの警備が出てきたのは、何か用事があったからと見るべきでしょう。
 恐らくはアーニャの所在がわからないために指示を仰ぎに来たものと思います。

 それに気を取られたマリアンヌを、背後からV.V.が射殺。
 携帯電話で、偽装工作の指示を始めます。目撃者はナナリーにしておく、犯人はテロリスト――。
 しかし、そのシーンを、V.V.の死角となる柱の陰で見ていた者がいました。

(アーニャ・アールストレイム……、一週間前から行儀見習いで来ていた少女……。)

 説明ありがとうございます、皇妃殿下。(違
 ちょっと尺に余裕が無さすぎて、それがこんな形に跳ね返っている感じ。

 マリアンヌの左目のギアスが飛んで、アーニャに入り込み――。



「―― 私のギアスは人の心を渡るギアスだったの。
 肉体が死を迎えたとき、初めて発動した力……、私はアーニャの中に潜んでV.V.をやり過ごしたの。
 そして知ったわ。私の意識を表層に上げたとき、C.C.と心で話すことができるって。
 事実を知ったC.C.は嚮団をV.V.に預け、私たちの前から姿を消したの」


 ルルーシュも死を迎えるとき、新たな形で力を行使できる可能性があるのかもしれません。

 ……ただ、この説明だと、その後C.C.がなぜ他の形での死を求めたか―― マオにギアスを与えて育てたのか―― がよくわかりません。
 あるいはこの時点ではそれが不幸を招くとは理解できず、善かれと思ってやってしまったのでしょうか?



 シャルルは、すぐに兄の仕業と察したのかもしれません。
 ところが、人から聞いたかのように話すV.V.。
 V.V.に見えないところでシャルルの顔は怒りに歪み、右手は握りしめられています。

 ルルーシュとロロの相似形と言うか、これもあれと同じで、この時点でその拳骨をV.V.に振り下ろし、裏切り行為と嘘をなじっておくべきだったのでしょう。↓

兄さんは嘘をついたッ! 嘘のない世界を創ろうと誓ったのに!」

 でもシャルル、V.V.に怒っていない仮面を見せたのでしょう?
 このときに怒るべきだった、怒らなくてはならなかったのを、嘘で誤魔化してしまったのです。だから、V.V.が間違った方向へとどんどん増長していった大きな責任が、シャルルにはあると思います。

ふざけるな! 死んだV.V.に全ての責任を押し付けるつもりか! 俺とナナリーを人質として日本に送った癖に!」
「必要があった」
「何の必要だ! 親が子を遠ざけるなんて!」


「本当に大切なものは遠ざけておくものだ」

 C.C.の言葉を思い出し、言葉に詰まるルルーシュ。
 ……でもこれも、必ずしも正しいとは思いません。

 『安全な場所』 が一体どこにあるのでしょう? 自分の努力の及ばない場所へ遠ざけることが、 『大切』 の結果とは思えません。
 V.V.から遠ざけることが必要と続くのですが、V.V.を叱り、罰しなかった以上は、それも逃げの論理とも思えます。



ラグナレクの接続

 キャスターがミレイしかいないためか、交代要員が来るまでずっと被災地の状況を伝える役を務めているようです。
 そんな時、ミレイは遺体袋を前に立ち尽くしているニーナを見つけます。

 ……何か声を掛けていそうな予感。フレイヤがニーナの開発とは、この時点では知らなさそうですしね。
 そのときは、今度こそニーナも、キレずにちゃんと話をして欲しいものです。



ビスマルク「 反 乱 軍は黒の騎士団の協力もあって 鎮 圧 されつつありますが……」
「ん……、他に何か?」
「シュナイゼル殿下はどこまでご存知なのですか?」


 反乱と鎮圧をやたら強調するビスマルク。
 黒の騎士団と急に協力を始めたことから、シュナイゼルがギアスを知りながら自分にも黙っていると踏んだのでしょうね。



C.C.「私はルルーシュを利用していた。全てを知っていながら、私自身の死という果実を得るために、あいつが生き残ることだけを優先して」
スザク「後悔は?」
「まさか。
 私は永遠の時を生きる魔女。捨てたんだ、人間らしさなんか」
君と僕は似てなんかいないよ。
 C.C.、僕を向こうの世界に送ってくれ。
 例え愚かだと言われても、立ち止まることはできない」


 C.C.は自分で気付いていないだけで、未練一杯ですからね。
 いつもアクセル全開のスザクとは、確かにその辺で大きな差がありそうです。



マリアンヌ「身体さえ残っていれば、また私はそこに戻れる可能性がある」

 これは例えば現代の現実世界で、未来の医療技術に希望を託して遺体を冷凍する人たちと同じような発想なのでしょうか?
 あるいはもっと古代の、ミイラ(※内臓を抜いて作ります)にしてでも戻ってくるための遺体を残すという、オカルト的なものなのでしょうか。

「わしは全てを守るため、目撃者であるアーニャとナナリーの記憶を書き換えねばならなかった
「ナナリー! 目が見えなかったのは、心の病ではなく……!」
「偽りの目撃者とはいえ、命を狙われる危険はあったわね」
「ナナリーを守るためには真実に近付けない証が必要だった」


 ……でも、 『好意でしたことだから許されるべき』 とは限らないわけで。
 ナナリーがこの二重苦に屈して歪んで育ってしまう可能性もありましたし、何より、V.V.を叩けば済む話を、そこから目を逸らして誤魔化しているだけとも言えます。

 コードは1つあれば、この計画はうまく行く。
 そう思っていたものの、実は2つでなければ100%ではないと判明したとのこと。

「マリアンヌによる説得がうまく行かぬ以上、最早、お前を使うしかない」

 『ナナリーを使う』 と同じ論理の言葉なのでしょうが、微妙に意味不明。
 ルルーシュは何のために戦っていたのか疑問を感じていますが、私は最早そうした 『母の復讐』 『ナナリーのため』 といったものの先へルルーシュは進めていると思っているので、あまり心配せずに見ていました。

「ラグナレクの接続がなされれば、そのような悲劇はなくなる」
「仮面が消える。みんなありのままの自分でいいの」


 つまり全裸ですね。(違
 でもこの二人は、そういうエデン的なイメージを描いている気がします。



 二人に踊らされていたと知って自嘲気味に笑ったルルーシュは、 「どう思う」 と振り返ります。
 するとそこにはC.C.とスザクの姿が。
 スザクはシャルルが不老不死だとも既に聞いていて、作ろうとしている 『これ』 について質問しました。

「そう、ユフィもナナリーも望んでいた、 『優しい世界』 だ」
ルル「……そうか、やっぱり……」


 そこでユフィやナナリーを持ち出されると、ちょっとイラッと来るわけで(笑)。
 これはルルーシュやスザクも同じではないかと思ったわけですよ。

 シャルルがかざした右手、C.C.の額、2つのギアスの紋章が輝いて、またあの核戦争とかを思わせるショックイメージの映像がまた出てきます。
 思考エレベータの底で見た 『歯車と仮面』 の映像も混じっています。



 世界各地で地震が起き、変な色のオーロラが急に出現しています。
 予告で見た文言もここで登場。文と意味は前回の予告にて。

 もっと意味ある使われ方をするのかと思いきや、演出以上の意味は無さそうな……?

 この地震で、気絶状態だったアーニャは目覚めますが、もう周囲には誰もいません。
 しかも、自分がどうしてそこにいるのか、多分理解不能……(汗)。



 アヴァロンでも照明が赤く明滅し、モニタいっぱいにエラーレベルが表示されるなど、墜落していないのが不思議なくらいの異変。
 シュナイゼルは、世界中で異常が起きていると報告を受けて……。

「ビスマルク」
「皇帝陛下の計画が実行されつつあるのでしょう。
 陛下の願いさえ叶えられれば、その後の世界はシュナイゼル殿下が治められるのがよろしいかと。
 ただし! 政治の意味が変わることはご理解いただきたい」


 それも勝手な話だなあ、と。
 据え膳なら飛びつくだろう、と言われているようなものではないでしょうか。

 シュナイゼルは現皇帝を倒して成り代わろうとはしましたが、 『与えてやるから受け取れ』 と言われるのは不愉快だと思うのですよ。実際どういう選択をするのかは、別にして……。
 チェスでゼロと意地の張り合いをしていたときのことを考えても、自分での選択であることを重視しそうです。



 黄昏の虚空は、それがガラス製の書き割りだったかのように砕けて散って、機械的な何かに囲まれた空間に書き変わります。
 唯一開いた上空には、暗い太陽。
 死体をよりあわせたかのようなグロい二重螺旋は、回転しながら、その太陽へと向かって伸びているようです。

 太陽へ届けば、そしてあの太陽を殺せば、それが神殺しなのでしょうか。
 マリアンヌはやたら興奮してますが、C.C.はいつもの醒めた視線のまま。

 そんな中、スザクがルルーシュに、何のために世界を変えようとしたのか質問。
 ……ロイドたちなど、向こうから言ってくることに対しては全スルーだったスザクですが、他人を知ろうとすることについては、変容前より積極的になっている気がします。
 さらには 「ナナリーのために」 と答えかけたのを制します。
 それでようやくルルーシュがスザクの方を振り向いて答えたのが、印象的でした。

「ナナリーを言い訳に使うのか」
「……ふっ、そうだな、俺は、俺が守りたいと思う全てのために戦ってきた」
「結果を求めるなら、何かを為さなくてはならない」
「そのための手段は、何かを否定することにも繋がる」
「だったら、」

「ああ、俺は、お前の考えを認めない!」


 これはC.C.のコードを奪おうと寄ってきたシャルルに向き直っての言葉。
 C.C.を庇うような位置関係なのもミソ。



「人はなぜ嘘をつくのか。
 それは何かと争うためだけじゃない。何かを求めるからだ。
 ありのままでいい世界とは、変化がない、生きるとは言わない、思い出の世界に等しい。
 完結した閉じた世界、……俺は嫌だな」

 C.C.相手には説得力満点の言葉。

「……ルルーシュ、それは私も否定するということ?」
「母さんの願いは、皇帝と同じなのですか?」
「バラバラだったみんながまた一つになるのは良いことだわ。死んだ人とも一つになれるのよ? ユーフェミアだって」
スザク「!!」


 ほら怒った。
 有効だと思ってその名を出すのでしょうけど……、マリアンヌやシャルルは、誰か特定個人にあまり執着を抱いたことがないのかもしれませんね。だからこういった時に名を出すのが逆効果だと気付かないのでしょう。



「やはりそうか。お前たちはそれをいいことだと思っている。
 しかし、それは押し付けた善意だ! 悪意と何ら変わりがない」
シャルル「皆、いずれわかるときが来る」
そんな時は来ないッ!
 一つだけはっきりしていることがある。お前たちは俺とナナリーに善意を施したつもりなのかもしれない。
 しかしッ! お前たちは俺とナナリーを捨てたんだよッ!!

「でもそれは守ろうとして」
「日本とブリタニアの戦争を止めなかったのはなぜだ!」
「…………」

「計画を優先したお前たちは、もう俺たちが生きていようと関係なかったんだ!
 だから捨てた! 自己満足の言い訳だけ残して!」
「それは違うわ」
「今言っただろう! 死んだ人とも一つになれると! 未来なんか見ていないんだ!」

「未来はラグナレクの接続、その先にある。
 ナナリーが言った優しい世界、」
違うッ!! お前たちが言っているのは自分に優しい世界だ!
 ……でも、ナナリーが望んだのは、きっと、他人に優しくなれる世界なんだ!

(……そうかもしれない……。
 少なくとも、ユフィは最期までルルーシュをゼロだとは言わなかった……。シャーリーだって!
 だから僕は!)


 やっぱり話を聞くことは大切。
 ルルーシュの魂の演説を聞いたことで、ユフィの願った世界が何かという、そこに立ち返ることができたようです。



 余談ですが。
 ずっと前、第1期の頃に書いた予想で、未だに信じているものがあります。

 ……スザクの父殺しについてですが、スザクが 『ブリタニアの宣戦布告により、玄武が人質二人の処刑を決定した』 ことの撤回を求めた結果だと思っています。
 処刑そのものは、人質を送られての条約締結、そして相手からの一方的な破棄という流れからは、玄武が 『徹底抗戦』 を唱えていたことを思えば実質必然とも思います。

 必然故にスザクが親友たちを守ろうと説得しても通じるはずがなく、 『そこまでして戦いたいのか!』 とばかりに殺してしまったのではないかと。

(※コメント43で、トールさんより多くの情報からの考察をいただいています。)



奇跡

「だとしても、それが何だ。既にラグナレクの接続は始まっている」
「どうかな……、俺はゼロ! 奇跡を起こす男だ」


 コンタクトを取りますが、コード所有者であるシャルルは、どうせギアスは効かないと余裕。
 でも、ルルーシュの次の言葉で絶句。

「いいや、もう一人いるじゃないか。
 ……そうだ、Cの世界は人類の意思! そして、人は平等ではない! 共にお前の言葉だ。
 平等ではない故に俺の力を知っているな?」
「愚かなりルルーシュ! 王の力では神に勝てぬ」
勝ち負けじゃない! これは願いだ!
 ……そう、俺は今こそ自分を知った!
 神よ! 集合無意識よ! 時の歩みを、止めないでくれッ!!


 危機感を感じてマリアンヌが走ってきますが、それをスザクが遮ります。

「こんなことは誰も……ユフィも望んではいなかった!
「ユフィと話をさせてあげるために助けたのに」
「それを押し付けと言うんだッ!」


 何だか涙が出そうに……。
 そういう頑固さなら大歓迎です。



 できるはずがないと、自分に言い聞かせるようなシャルル。
 しかし、ここでルルーシュの右目にもギアスの輝きが宿ります。

「それでも俺は……、明日が欲しいッ!!
「……ぬっ……くッ!!」


 ついに焦り始めるシャルル。
 太陽にはギアスの紋章が浮かび、今にも届きそうだったアーカーシャの剣は、その尖端から粉々に砕けて散っていきます。

 唖然として空を見上げ、絶望の嘆きを上げるシャルルとマリアンヌ。
 C.C.は座り込み、やめようと、烏滸がましいことだったとシャルルに言いますが、シャルルは、ギアスの刻印がある限りはと継続の構え。
 しかし――。



 気付くとシャルルの身体も足元から消え始めています。

 世界を否定する者は世界に否定される。
 コードギアスの記事以外でも書くことがある、私が真理と信じるものの一つですが、これもその結末の一つなのかもしれません。

ルル「これが嘘ではない、現実の答えだ」

 シャルルに駆け寄ったマリアンヌも消え始めます。

「馬鹿な……、わしは不老不死のはずなのに、呑み込まれる!? Cの世界に!」
「でもC.C.は!? C.C.はどうして消えないの!? この計画に賛成していたんじゃ……」
「済まない……、気付いてしまったんだ。お前たちは、自分が好きなだけだと」
「違う、ルルーシュやナナリーのことだって」

 またナナリーを持ち出して怒りを買うマリアンヌ。

「お前たちは知っているのか、ナナリーの笑顔の意味を!」
「…………笑顔?」
「なぜわからないんだッ!
 ナナリーは目も見えず、歩くこともできなかった! だから、世の中には自分一人ではできないこともあるって知っていたんだ!
 ナナリーは、ナナリーの笑顔は、せめてもの感謝の気持ちなんだ!

「そういうような誤魔化しこそが、」
これは嘘だとは言わせないッ!!
 言わせてなるものかッ! 現実を見ることもなく、高みに立って俺たちを楽しげに観察して……、ふざけるなッ!!
 事実は1つだけだ! お前たち親は、俺とナナリーを捨てたんだよッ!!


 もう足が消えてしまっているシャルルは、飛行してルルーシュに迫り、喉元を捕まえます。
 と言うか、シャルルの手、いくら何でも大きすぎる気が……(笑)。

 一瞬怯むルルーシュですが、スザクに手を出さないように言います。

「わしを拒めば、その先にあるのはあやつの、シュナイゼルの世界だぞ!
 善意と悪意は所詮、1枚のカードの裏表。それでも貴様はッ、」
「だとしても、お前の世界は俺が否定する。
 消え失せろッ!!


 この気迫に圧されたかのように、もう消えかけていた二人は完全に消滅します。



 コード所有者とギアス能力者という関係だからか、シャルルの消滅をビスマルクは悟ることができたようです。
 そのことに、目の前にいるシュナイゼルも気付いた様子。



「C.C.、お前も行くのか」
「……死ぬときくらいは笑って欲しいんだろう?」
「……っ……」
「お前たちこそ、これからどうするんだ。
 シャルルたちの計画を否定し、現実を、時の歩みを進めることを選んだ。だが、」
「ああ、ルルーシュはユフィの仇だ」
「……だから?」


 剣を構えるスザクに、平然と問い返すルルーシュ。

 そういう直球の方がスザクらしいと思います。
 きっと、変に作戦を考えるからおかしくなるのでしょう。

 ルルーシュも、だから殺すというならそれも有りだと割り切ったのかもしれません。



簒奪者 さんだつしゃ

 …… 『1ヶ月後』 ってアンタ……(笑)。

 尺が足りないのでしょうか?
 全部を語らないのは元からですが、必要な部分も端折っているように見えます。



 ずっと大活躍だったせいか、もうミレイは 『シャルル皇帝陛下からの重大発表』 を伝える時にもメインキャスターを務めるようです。
 ……まあ死体も出ないわけですし、ビスマルクが行方不明と報告し、公的には行方不明ということで誤魔化していたようです。
 ところで、

 ギネヴィアのも正装ですか?

 何だかとてもそうは思えない高露出の衣装(笑)。
 でもそんな正装(?)で居並ぶ中、 「皇帝陛下ご入来!」 の声と共に入ってきたのは学生服姿。



 ミレイや、テレビを観ていたリヴァルやカレンからは驚きの声。

 カレンより、平然と星刻の隣にいる扇の方が気になった私(笑)。
 さらにその横にはヴィレッタもいて、この辺がどうなったのかも気になるところ。



「私が、第99代ブリタニア皇帝、ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアです」

ビス「何と……!」
ジノ「ルルーシュ……!」

カリーヌ「え? ホントに?」
ギネヴィア「生きていた?」
「そうです、姉上。地獄の底から舞い戻って来ました」
オデュッセウス「良かったよ、ルルーシュ。ナナリーが見付かった時にもしかしたらと思ったけど、しかし、いささか冗談が過ぎるんじゃないか?
 そこは、父上の、」


 人がいいお兄ちゃんですが、皇位継承権第1位という意識はやっぱりあるのでしょうね。
 ブリタニアは競争原理重視とは言え、いつかは自分が継ぐはずという意識を持っていたようにも思います。

「第98代皇帝、シャルル・ジ・ブリタニアは、私が殺した」
オデュ「ハァッ!?」
「よって、次の皇帝には私がなる!」


 これでは簒奪者。
 本当に皇室に忠実な者の反感を買うのは必至です。
 ……ジェレミアは、それでも付いてきてくれるでしょうか。彼なら大丈夫かもとは思いますが……。

 ギネヴィアの指示で―― これがオデュッセウスじゃない辺りが彼の限界という感じ―― 衛兵がルルーシュを捕らえに来ますが、スザクの得意技の飛び回し蹴りで、槍は砕かれ、衛兵は吹っ飛びます。

「紹介しよう、我が騎士、枢木スザク。
 彼にはラウンズを越えるラウンズとして、ナイトオブゼロの称号を与える」

神楽耶「あの方と……スザクが!?」


 やはりスザクをかなり嫌っているようで、前半と後半に凄い温度差が。
 オデュッセウスが 「悪ふざけ」 として2人を制止しようとしますが……。

「ではわかりやすくお話しましょう。
 我を認めよッ!!


 両目のコンタクトを腕の一振りで外し……、ってなかなか器用な気も。
 片方ならともかく。

 で、この会場、かなり広いようにも見えるのですが、全員にちゃんとギアスが掛かった様子。
 これも両目ギアスにパワーアップした結果でしょうか?

「「「オールハイルルルーシュ!」」」



 連呼を始めた貴族たち、満足そうに見下ろすルルーシュ、舞台袖からそれを見ているC.C.は、なぜかかつての拘束衣姿
 なぜ? 普通に貴婦人風に着飾るのが嫌だとしても、他にもいくらでも衣装はあるでしょうに。

 C.C.的には、ギアスに頼って賛美を浴びる姿というのは、見ていて心地良いものではないはず。

 ルルーシュ的には、そもそもブリタニアの皇位自体に関心が薄いはず。
 だからこれは、シュナイゼルの即位を防ぐとともに、ブリタニアのやり方を破壊する目的なのだと思います。

 だからこそ、スザクも協力しているのでしょう。
 ついに 『ブリタニアを内から変える』 機会が巡ってきて、しかも仕える相手は気心の知れた相手となれば、今までのゴールの見えない迷走からすると非常に好条件なのは間違いありません。



シュナイゼル「ありがとうルルーシュ。
 君が表に出てきてくれたのなら、最早問題はない」
コーネリア「しかし、なぜ枢木まで!」
カノン「元々裏切りの連続で成り上がった男ですから」

「構わないさ、ルルーシュに全て差し上げるとしよう。ブリタニアという国すらね。
 問題はその先にある。
 世界を握るのは、ルルーシュのギアスか、それとも――。」


 シュナイゼルより、ディートハルトが気になって仕方なかった私。
 使えると見て引き抜きましたか。
 さすが、目が聡いというか……、引き抜かれる原因を作った扇+藤堂のダメさ加減を笑うべきか。

 こちらも 『裏切りの連続で成り上がった』 のは同じなので、発言を控えているのかもしれません。



 さて、シュナイゼルの目的が皇位ではなかったことを、とりあえず喜びたいです。
 そんな小者じゃ面白くありません。

 クーデターも、シャルルを取り除く 『手段』 だったということなのでしょうね。
 目的が達せられた以上は、それも立ち消えになったのでしょう。

 そのせいか、コーネリアが未だにここにいるのが心配です。
 どう考えても、反りが合わないと思うのですが……。



次回予告

 ……ふっ、皮肉なものだ。
 ブリタニアを否定し続けてきた俺が、ブリタニア皇帝になるしかないなんて。

 だが、やるしかない!
 俺は、みんなのためにも――。




 仮面軍団の怪しさが気になって仕方ありません。

 次回、戦闘があるようですが、ルルーシュは神楽耶と戦うことにはなって欲しくないところ。
 帝国内の反抗勢力と戦う、という方がありそうかも。

 正装を着たルルーシュとカレン。
 何か話しています。
 ブリタニアを変えるという話をしそうな予感。

 また見てくれよなギアスはスザクとジノとチーズくん。
 なぜチーズくんがここに混じるのかわかりません(笑)。
 ジノ的には、簒奪者ルルーシュは敵、その一の部下のスザクも敵と映るはずで、もしかしたら、もうこういった光景は見られないかもしれません……。

 次回、 TURN 22 、 『皇帝 ルルーシュ』 にも期待しています。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. コードギアスR2 21話「ラグナレクの接続」  [ 大吉! ]   2008年08月31日 23:53
<日曜日> 2回くらい前まで八方塞りで、どうしようもない状態だったのが・・何でこんな事にっ!?とボーゼンとしているのは、私だけではないと思います。 あの暗殺事件がVVの独断だったという事は囁かれていましたが、その偽装に被害者であるマリアンヌ自身が一枚噛んで...
2. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第二十一話  [ ぶろーくん・こんぱす ]   2008年09月01日 00:32
 ウザクの顔に落書きをしようとした寸前に目を覚まされてしまい舌打ちするマリアンヌ
3. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第21話「ラグナレクの接続」  [ ミナモノカガミ ]   2008年09月01日 00:48
優しい世界。
4. コードギアス反逆のルルーシュ R2 第21話「ラグナレク の 接続」  [ サイネリア??わたしのひとりごと?? ]   2008年09月01日 00:52
OP語りがなくいきなり本話に。マリアンヌとC.C.に助けられていたスザク。こうゆう所はあっさりと解決してますね。マリアンヌの性格もまどろっこしい事は嫌ってそうでいて軽そうにもみえました。
 コードギアス    反逆のルルーシュ R2  TURN21 『ラグナレク の 接続』      今日は運よくギアスの時間に帰ってくることに戮..
6. 「コードギアス反逆のルルーシュR2」第21話  [ 日々“是”精進! ]   2008年09月01日 03:21
 TURN21「ラグナレクの接続」
7. コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 21 「ラグナレク の 接続」 Part.1  [ 中濃甘口 Second Dining ]   2008年09月01日 05:37
もうやっべ、めっさ楽しいwww コードギアス 反逆のルルーシュR2、第21話の感想です。 もうやばいやばい、今回笑いが止まらなかったw ル??.
8. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第21話「ラグナレク の 接続」  [ 恋華(れんか) ]   2008年09月01日 06:43
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第21話「ラグナレク の 接続」
9. コードギアスR2 TURN21「ラグナレク の 接続」  [ 見ていて悪いか! ]   2008年09月01日 07:01
どうやら、色々と推測されていたマリアンヌの「助けるべきかな?」と言っていた相手はスザクだったようですね〜。
10. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第21話「ラグナレクの接続」  [ Todasoft Blog ]   2008年09月01日 07:47
「今はマリアンヌ、ルルーシュとナナリーのお母さんよ」 スザクの前に現れたC.C.とアーニャ(の皮を被った?マリアンヌ)。その行き先は…。 ...
11. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第21話  [ ラブアニメ。 ]   2008年09月01日 08:07
「ラグナレクの接続」 カオス展開、ここに極まれり!! マリアンヌが助けるべきか迷っていた相手はスザクでした。 あっさり中身がマリア??.
オレはゼロ。奇跡を起こす男だ(ルルーシュ) 嘘のない世界/嘘のある世界、強制意志/自由意志の対立を示しつつ、ルルーシュ達と皇帝・マリアンヌとの対決を描いた圧巻の第二十一話でした。
13. 「コードギアス反逆のルルーシュR2」レビュー3  [ アニメレビュー トラックバックセンター ]   2008年09月01日 08:32
アニメ「コードギアス 反逆のルルーシュR2」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):ルルーシュ・ランペルージ(福山潤)、ロロ・ランペルージ(水島大宙)、枢木スザク(櫻井孝宏)、C.C./シーツー(ゆかな)、ジノ・ヴァインベ...
14. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第21話 「ラグナレク の 接続」  [ SERA@らくblog 3.0 ]   2008年09月01日 09:31
お前の世界はオレが否定する――! 集合無意識Cの世界との接続。 それこそが皇帝とマリアンヌの計画だった。 ラグナレクの接続に必要なC.??.
15. コードギアス 反逆のルルーシュR2・第21話  [ 新・たこの感想文 ]   2008年09月01日 10:07
「ラグナレク の 接続」 「今はマリアンヌ」 意識を取り戻したスザクの前にいたのは、アーニャとC.C.。「ゼロは生きていてはいけな??.
=== もう夢オチでいいよ… === 呆然の展開w '''ここまできたら夢オチENDが最良なんじゃないか?と本気で思うのだがw''' Cの世界とやらに若本皇帝を道連れに閉じ込めたルル ここで闖入者こと最愛のマリアンヌが登場〜 {{{なんとマリア...
17. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第21話「ラグナレク の 接続」  [ 日記・・・かも ]   2008年09月01日 11:16
シャルルとマリアンヌの最期って話でした。
18. コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN21「ラグナレクの接続」  [ * Happy Music * ]   2008年09月01日 12:03
地割れに落下したスザクは、結局マリアンヌに助けられたみたい。 しかしマリアンヌってば、気絶中のスザクの顔に悪戯書きしようとしてるしな...
19. コードギアス反逆のルルーシュR2第21話「ラグナレクの接続」感想  [ オタク学生!ウイリーの雑記 ]   2008年09月01日 12:05
= 即位!!?皇帝・ルルーシュ参上! = ラグナレクの世界において、ルルーシュと皇帝シャルルが対峙。 しかし、そこでルルーシュが見たものとはV.Vに殺害されたはずの母・マリアンヌが現れた。 そこでかつて、マリアンヌの記憶をアーニャにとりついていたギアスをそのまま...
20. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第21話  [ 刹那的虹色世界 ]   2008年09月01日 13:30
コードギアス 反逆のルルーシュR2 第21話 「ラグナレク接続」 ルルーシュの前に突きつけられる真実。 全てはシャルルの思うがまま。 丮..
  ………(呆然) ギアスって何でこんなに予想の遥か彼方を行くんでしょうか… 朧は、サブタイトルは22話まで知っていたのでまぁ何処かで??.
22. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第21話 「ラグナレク の 接続」  [ 紅蓮の煌き  ]   2008年09月01日 17:41
コードギアスR2 第21話感想です。 何この自由展開www
23. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第21話  [ まぐ風呂 ]   2008年09月01日 19:07
[関連リンク]http://www.geass.jp/TURN 21 ラグナレク の 接続皇帝シャルルを閉じ込めると共に同じくアーカーシャの剣の空間に閉じ込められたルルーシュ殺せない相手に対してルルーシュはど...
24. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第21話 「ラグナレク の 接続」  [ 空色☆きゃんでぃ ]   2008年09月01日 19:42
永遠にシャルルと暮らすことにしたルルーシュ。。。
25. TURN21 「ラグナレク の 接続」 コードギアス反逆のルルーシュR2 [TVA]  [ 王様の耳はロバの耳? (アナログ) ]   2008年09月01日 22:32
今回は珍しく詰め込み型ではなく、皇帝とルルーシュの対決だけに焦点を当てた話。 だからこそ重大な転機となるお話。 その代りに他のキャヮ..
26. コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 21「ラグナレク の 接続」 感想  [ コツコツ一直線 ]   2008年09月01日 22:37
 今回はマリアンヌ暗殺の真相が明らかにされ、皇帝・マリアンヌが自らの真の目的をルルーシュに明かす回。その話にはただ驚くしかありませんでした。今回はその話を聞いてのルルーシュのセリフに注目です。そうしてまた話は意外な方向に進みだします。
27. コードギアスR2 第21話「ラグナレク の 接続」  [ 明善的な見方 ]   2008年09月01日 22:49
コードギアス史上、もっとも難しかった回では?
神展開の嵐 ネタ感想はこちら
29. ちょーしこいて今週もギアスR2の感想を書いてみる  [ 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式 ]   2008年09月02日 00:02
 先週の記事でちょっと訂正。見直したらウザク君穴から這い出してたのな、チッ。なんていうか「地面が崩れて落ちてったらルルーシュとシャヮ..
30. 『コードギアス 反逆のルルーシュR2』の感想/TURN21 『ラグナレ...  [ 空夢ノート ]   2008年09月02日 03:01
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume05バンダイビジュアル発売日:2008-12-19谷口悟朗(監督)/大河内一楼(脚本)福山潤/ゆかな/櫻井孝宏/水島大宙amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy)●TURN21 『ラグナレク の 接続』遂にブリタニア皇帝であり父であるシャルルと...
31. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第21話感想(前編)  [ RUNNER'S HIGH ]   2008年09月02日 03:14
・コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第21話『ラグナレク の 接続』(前編) ルルーシュの魂の叫びと、それに呼応するように目覚めた『王の力』に、この上なく熱くさせられた今回。 正直、細かい突っ込みどころは多かったのですが、ここに来て物語を更なる地平へとシ…
32. コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 21  [ お萌えば遠くに来たもんだ! ]   2008年09月02日 07:40
「ラグナレク の 接続」 脚本:大河内一楼 コンテ:須永司 作画監督:田畑壽之、中澤勇一 作画監督補佐:岡山思菜子、竹知仁美、坂本修司 メカ総作画監督:中田栄治 演出:馬場誠 「本当に大切なモノは遠ざけておくものだ」 アーカーシャの剣に閉じこめられたシャルルと...
33. 「コードギアス反逆のルルーシュR2」TURN21【ラグナレクの接続】  [ ☆ビューティフル・ドリーマー☆ ]   2008年09月02日 08:43
{{{ 前回のコラムで書いた「ルルーシュは孤独そうで孤独ではない」は、真実でした。 今やルルーシュは、 }}} = シャルルに代わってブリタニア皇帝に君臨! = {{{ そんなTURN21「ラグナレクの接続」の感想、はじめます。 2人きりになった、皇帝VSルルー...
34. コードギアスR2 第21話  [ 雲の上からHello! ]   2008年09月02日 10:31
なんかスゴい展開になってない!? コードギアス 反逆のルルーシュR2 第21話 「ラグナレク の 接続」 前回、ルルーシュは自ら皇帝を空間(アーカーシャの剣?)に閉じこめたわけです。で、親子の語らい(?)中にマリアンヌ登場。驚愕するルルーシュ...
35. 反逆R2&西岡スタメン復帰で3連勝  [ 別館ヒガシ日記 ]   2008年09月02日 10:39
反逆R2は皇帝&マリアンヌ対など色々と展開で 今回は皇帝&マリアンヌ両親には踊らされてて ギアスでラグナレクが止まって両親が消滅して ブリタニアで皇帝&ナイトオブゾロで共闘して 親子ゲンカから兄弟ゲンカに正式に変わったけども 両親が消滅して1ヶ月も経過の...
※画像有り。ネタバレ注意 変な妄想した人は後で職員室まで来なさい うーむ、提供が邪魔だとこんなに思ったことは無い!
37. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第21話 『ラグナレクの接続』 感想  [ 腐麗蝶の柩-ティエリア愛〜コードギアスR2&ガンダム00ファンサイト ]   2008年09月02日 16:27
感想 イラスト コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第21話 TURN 21 ラグナレクの接続 †: ↑シュナイゼル『誰かこの親共どうに...
38. コードギアスR2 TURN21 ラグナレク の 接続  [ うたかたの雪 ]   2008年09月02日 19:24
ル「ナナリーの笑顔はなぁ……最ッ高に可愛いんだよぉおっ!それを嘘だなんて言わせない!!」
39. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第21話  [ 沖磨純雲 -おきまもとん- ]   2008年09月02日 20:53
第21話「ラグナレクの接続」暴露早いなwスザクになら害はないと判断していたのでしょうか。マリアンヌと一緒なのにC.C.があんまり
40. コードギアス反逆のルルーシュR2 21話  [ プチクリ ]   2008年09月02日 21:43
第21話「ラグナレクの接続」 ルル、皇帝を追って神根島へ。 皇帝を自分とともに異空間に閉じ込める。
41. コードギアスR2 TURN21・「ラグナレク の 接続」を観て寸評  [ サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改 ]   2008年09月02日 21:47
 おおう…これは久々に大がかりなどんでん返し。
シャルルが倒された。 あの状況でどう形勢逆転になるのかと思ったらギアスをあの空にある意識の集合体に命令して逆転するとは。ただ、あの世...
43. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN.21「ラグナレク の 接続」感想  [ 徒然日記〜TS紀行〜 ]   2008年09月02日 23:23
4 コードギアス 反逆のルルーシュR2 Sound Episode3  一期の今の話数のラストが確か、ユフィの特区宣言だったでしょうか? そう考えると、今回の話もまた、一期の同じ話数に重ね合わせた構成になっているとすると何だか納得してしまいます。何というか、これまでの話から大....
44. コードギアスR2 第21話 『ラグナレクの接続』 感想(9/2キャプ画追加&加筆修正)  [ メガネ男子は別腹☆ ]   2008年09月03日 00:21
[コードギアス 反逆のルルーシュR2] ブログ村キーワード アーニャ(つーかマリアンヌ)、スザクにラクガキでもするつもりだったん?未遂で残念(゚∀゚)アヒャ 余りにも自分的に納得いかない感想文だったので、2度見して3倍位加筆しておきました。これでちったぁマシな文に...
まさかの一ヵ月後。 ぶっ飛んでる!ぶっ飛んでるよ!! だけどそのぶっ飛び具合が楽しすぎるよ(笑)!
46. コードギアスR2第21話「ラグナレクの接続」  [ 自堕落学生日記 ]   2008年09月03日 03:38
5 コードギアス、もうすぐ第3章? 何がなんだかわからない・・・
47. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN21 『ラグナレク の 接続』  [ アニメ-スキ日記 ]   2008年09月03日 06:14
「私はマリアンヌ。ルルのお母さんよ!」 ウザクに自己紹介してどうするの??? ル
48. コードギアス反逆のルルーシュR2 第21話 ラグナレクの接続 感想  [ ゲーム・アニメ・萌え系イラストブログ ]   2008年09月03日 07:12
本日急遽思いついたC.C.主催・ピザパーティーの絵図。 もしC.C.がラグナレクでピザにやさしい世界を作ったら世界がこのように変わりますw ??.
49. コードギアス反逆のルルーシュR2「ラグナレクの接続」  [ 獄ツナBlog5927 ]   2008年09月03日 07:13
アニメコードギアス反逆のルルーシュ。 こわいっ。 マリアンヌがスザクの顔にマジックでラクガキしよーとしてんのかと思った。 スザクもビックリだよな。 「今はマリアンヌ」ってアーニャに言われても。 皇帝に真実を語られるルルーシュ。 マリアン
50. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第21話 ラグナレクの接続  [ 猫が唸る感想日記 ]   2008年09月03日 09:25
超   展   開   ( ゜д゜)
51. コードギアス反逆のルルーシュR2 21話『ラグナレクの接続』  [ Girlish Flower ]   2008年09月03日 10:30
皇帝と共に閉じ込められたルルーシュ。マリアンヌ殺害の真実を 問いただしますが、明かされたのは衝撃の事実でした。
52. 超展開が多かったギアス21話「ラグナレクの接続」  [ 日々、萌え音。 ]   2008年09月03日 16:26
どうもクロヤです。 どうも間違えて前のHNの「カイエ」をブログとかメールで打ちそうになります。 老いがとまらない!(ついでに) この脂肪、くれてやるよ!いらねぇ?そりゃないよ兄ちゃん!(イミフ さて、関係ないけどアニメの話。 夏休み中に特に新アニメを観...
 コードギアス 反逆のルルーシュ R2  TURN21 『ラグナレク の 接続』  のお色気・伏線記事です  予想できるかーw   先週ほど??.
54. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN 21 ラグナレク の 接続  [ 焼きプリン定食(2個目 ]   2008年09月03日 20:08
ガウェインキタ━━(゚∀゚)━━!! ガウェイン" />ROBOT魂 ガウェインバンダイ 2008-12-25売り上げランキング : 17おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 間違った…ルルーシュ×スザク共闘キタ━━(゚∀゚)━━!! 二人は利害の一致があれば....
55. コードギアスR2 TURN21 『ラグナロクの接続』  [ ふろむ かーねぎー ]   2008年09月03日 23:07
「第98代皇帝は私が倒した!  よって本日から私が第99代皇帝だ!!」
56. アニメ コードギアスR2 第21話 感想  [ soraの奇妙な冒険 ]   2008年09月04日 02:10
アニメ コードギアス 反逆のルルーシュR2 第21話『ラグナレク の 接続』 の一言感想。
57. コードギアスR2 TURN21 ラグナレクの 接続 感想 前半  [ 蒼い月と宵待草 ]   2008年09月08日 02:27
やっとこの話がきました! 皇帝は何をもくろんでいるのか?? アーカーシャの剣とは? ラグナレクの接続とは?? コードギアスの世界ってど...
58. コードギアスR2 TURN21 ラグナレクの接続 感想 後半  [ 蒼い月と宵待草 ]   2008年09月08日 02:29
ということで、後半です!! moreからどうぞ!!
59. コードギアスR2第21話感想  [ キラ・ヤマコのファッションチェック ]   2008年09月09日 11:14
TURN21「ラグナレク の 接続」 気絶していたスザクの顔面に中身マリアンヌのアーニャが油性マジックでイタズラ書きしようとしてましたよね?違います? Cの世界、ルルシャルルの親子喧嘩エリアへスザクは自分の意志でいくことを決め、C.C.に送ってもらっていました。意...

この記事へのコメント

1. Posted by owain   2008年09月01日 00:00
> 両目のコンタクトを腕の一振りで外し……、ってなかなか器用な気も。
>片方ならともかく。

空白の一ヶ月の間に、かっこいい(と本人が思う)ポーズで決める練習をした成果です
2. Posted by 小松   2008年09月01日 00:15
今週は心底笑いました。特に玉座でふんぞり返っているルルーシュに。

ラグナレクの接続って「全世界の人間にマオのギアスを授ける」(あるいは全人類へ強制リフレイン)だと思うのですが、それってディストピア以外の何者でも無いですよね、SFではよくある話ですが。

C.C.が「わかってしまった」と言うのも、マオの件があったからでしょうね。


>ジェレミアは、それでも付いてきてくれるでしょうか

"Yes Your Majesty"を簡単に撤回する人間ではないと思うので、流石についていくでしょう。

私はディートハルトが大喜びなのではないかと思っています。今回の行動は彼が信じる「カオスの権化」そのものなので。
3. Posted by ユキ   2008年09月01日 00:15
ギアス進化の場面は思わず手に汗握りましたよ。
あとナナリーが如何に可愛いかを語る姿には感動すら覚えました(少し違う)


本心は秘めて動くルルーシュは本当に理解者が少ないですね、今回の魂の叫びを毎回してたらバカ騎士団にも裏切られなかったのにと思うと損な性格です。
あと、ちらっとでも見る度に糞扇に対する怒りゲージが上昇していくのですが気のせいですか?
これでシンクー達まで「裏切りは許さんっ!」とか言い出したら絶望です。


最終的にC.C.は死ぬつもりなのでしょうかね?今やナイトオブワンとルルーシュぐらいしかギアス持ちは居そうにないんですが、う〜ん。
4. Posted by なっきー   2008年09月01日 00:17
4  owainさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>>両目のコンタクトを腕の一振りで外し……、〜
>空白の一ヶ月の間に、かっこいい(と本人が思う)ポーズで
>決める練習をした成果です
 なるほど!!!!w

 何という説得力でしょう!
 優雅に進む水鳥は、水面下で一所懸命水を掻いているんですね!?
5. Posted by リンク   2008年09月01日 00:22
結局どっちつかずのC.C.が諸悪の根源では…
6. Posted by ゆとり   2008年09月01日 00:26
こんばんわ。

一ヵ月後が出たときは唖然としました。いや、まさかそんなはしょりかたをするとは。

次回のサブタイトルは雑誌でもともと知ってはいたのですが、誰がこのような展開を予想出来たでしょうか私には無理です。


続きます
7. Posted by 地護津 由利   2008年09月01日 00:28
こんばんは

>勢力図
ルルーシュとシュナイゼルの持ち駒の配置がずいぶんと変わったような気が、最後の敵は真の意味で最強(これまで戦ってきた仲間)、ルルーシュ的には情が移って戦いにくい・・・はず?

>ビスマルク
予告で一瞬だけ写っている左目は彼の元だと思われますが、信じられないものでもみたように見開かれているってことは紅蓮(と残月と神虎)に撃墜されるかも

>蜃気楼
もう出番はなさそうですね、いや、ホワイトカラーにすれば可能か

それと、「マリアンヌ」の次の項目が「ラグナレク接続」になっています。「の」が抜けているのではないでしょうか
8. Posted by なっちゃん   2008年09月01日 00:29
こんばんは

>ナナリーが見つかった時にも〜

なっきーさんの記事を見るまでここのオデュッセウスのセリフで「ナナリー生きてたの( ̄口 ̄)」と思いっきり勘違いしてました。OTL

あ〜〜〜〜・・・・…………OTL

ぬか喜びさせられた分スッゴいヘコんでます。(T_T)
9. Posted by オタコン   2008年09月01日 00:31
お久しぶりです、なっきーさん。

今回ついに謎が明かされるのかと期待していたら、まさかこんな超展開が待っていようとは思いもしませんでした。

>神の正体
自分は世界の管理者的な存在を予想していましたが、集合無意識でしたか。明確な意思や意識をもった存在ではないようですね。でも神のことは分かったんですが、遺跡は誰が造ったのかとか、コードとは結局何なのかとか肝心なことは分からずじまい。今後に期待したいです。果たして残り僅かな話数の中で明かされるかどうか…。
(続く)
10. Posted by クロ助   2008年09月01日 00:33
もう今回は色々な意味で度肝を抜かれました。
悪い意味では、いよいよ尺の足らなさから様々な設定の説明の省略や「一ヶ月後」なスキップ展開。
良い意味では、それらの理屈や正論を力尽くで吹き飛ばしてしまう勢いとパワー。

前回に引き続き、「これぞコードギアス!」という理不尽さでした。(笑

>アーカーシャの剣
「神」の正体については、曖昧な絶対者では無く、概念の話だった様で割と納得。
余談ですが、遠景でアーカーシャの剣が映されたシーンで、二重螺旋が刀身、基部(ルルーシュ達が居た足場?)が西洋剣風の柄と握りの形になっていて、本当に「剣」で名は体を表していた事にちょっと感心しました。

>マリアンヌ
スザクに落書きしようとしていたシーンは吹きましたw

人格的には、前回感じた通り理想的な母な訳では無かった様で…。(^^;

続きます
11. Posted by なっきー   2008年09月01日 00:34
4  小松さん、ユキさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>小松さん

>〜特に玉座でふんぞり返っているルルーシュに。
 あれは実にいいシーンでした(笑)。

>ラグナレクの接続って「全世界の人間にマオのギアスを授
>ける」〜
>それってディストピア以外の何者でも無いですよね、〜
 仰るように、SFでは定番の一つですね。
 楽園というものは、少なくとも理想論の先には存在しない気がしてなりません。

>C.C.が「わかってしまった」と言うのも、マオの件があった
>からでしょうね。
 これは大きいと思います。

>>ジェレミア
>"Yes Your Majesty"を簡単に撤回する人間ではないと思うの
>で、流石についていくでしょう。
 私も、是非そうあって欲しいと期待しています。

>私はディートハルトが大喜びなのではないかと思っています。
>今回の行動は彼が信じる「カオスの権化」そのものなので。
 なるほど…、これは仰る通りかもしれません。
 今更のように 「あっちを撮りたいなあ」 とか思ってたりして…。



(続きます)
12. Posted by なっきー   2008年09月01日 00:36
>ユキさん

>ギアス進化の場面は思わず手に汗握りましたよ。
 「願いだ!」 というのも良かったです。

>あとナナリーが如何に可愛いかを語る姿には感動すら覚えま
>した(少し違う)
 いえ、実際その通りかも(笑)。
 二人がナナリーの名前さえ出さなければ、あれほどの反撃を受けなかった気もします(笑)。

>今回の魂の叫びを毎回してたらバカ騎士団にも裏切られなかっ
>たのにと思うと損な性格です。
 これは同感です。
 格好つけな性格が、本心の吐露を許さないのでしょうね。…身内に対して以外…。

>あと、ちらっとでも見る度に糞扇に対する怒りゲージが上昇し
>ていくのですが気のせいですか?
 私もですが、そのうち超必殺技が出せそうです。
 結局、神楽耶や星刻にフルボッコされるシーン(違)も割愛でしたし、ゲージは溜まりっぱなしです。

>これでシンクー達まで「裏切りは許さんっ!」とか〜
 さ、さすがにそれはないと思いたいです(汗)。

>最終的にC.C.は死ぬつもりなのでしょうかね?
 今のところはそうではないかと思います。
 でも、自分の中に違うものが芽生え始めていることにも、気付いているのではとも。

>今やナイトオブワンとルルーシュぐらいしかギアス持ちは居そう
>にない
 さすがに、今からぽっと出のキャラがギアス持ちとかの可能性も低そうですしね。
 …そうなると、尚更ビスマルクのギアスが気になりますが、果たして…。
13. Posted by ゆとり   2008年09月01日 00:38
>ラグナレクの接続
嘘肯定派(ものによりますが)、仮面肯定派の私としては遠慮願いたいところ。ルルーシュの意見に大賛成です。私は発狂して排除される側の人間でしょう。

>スザク
どれだけぶりでしょう。彼が“ウザク”でなかった回は。
協力するに至ったということは、事情を知ったのだと思いますが、皇帝たちが消えた後の流れを詳しく知りたいです。

>ルルーシュ
最高です一生ついていきます魔王様。



続きます
14. Posted by ゆとり   2008年09月01日 00:45
まるで最終回のような流れでしたが、後4話(?)を残しているのがコードギアスといったところでしょうか。

扇達の状況や、ディートハルトのことについての説明が欲しいところです。


そして、願わくば黒の騎士団とルルーシュは対立しないでくれればと思います。
15. Posted by クロ助   2008年09月01日 00:51
後、シャルルの記憶改竄のギアスは同じ人間に何度でも使えた、という解釈で良いのかな?
母殺害のシーンの明確な記憶をルルーシュが持っていたのはシャルルのギアスによる改変でしょうし、スザクに捕えられ、玉座に引きずり出された時にルルーシュに偽りの記憶を植え付けたのが一度では無い様な言い回しだった…様な覚えが。

>スザク
前回で色々一周し、暴走に磨きがかかっていたスザクも、一年前に色々取り零した物を漸く取り戻せた感じ。

『ルルーシュ皇帝』の現時点での数少ない本当の味方ですし、こういう共闘の形なら大歓迎。

>ルルーシュ
魂の叫びを上げる場面は本当に良かったです。
今のルルーシュを作り上げて来た全てが彼の力の源。
「それを嘘だと言わせない!言わせてなる物か!」の台詞にルルーシュの誇りと譲れない物全てが表されていて最高でした。

続きます
16. Posted by hiro   2008年09月01日 00:52
>私のギアスは人の心がわかるギアス

人の心を渡る〜と聞こえましたが…
どうでしょ?
17. Posted by クロ助   2008年09月01日 01:02
>簒奪皇帝
さて、全ての舞台が破壊され、ルルーシュとシュナイゼルの為の舞台が生み出された訳ですが、これからどうなるのか。

ルルーシュの目的は今回彼自身が語り、辿り着いた「他人に優しくなれる世界」を作る為の戦いでしょうが、当然ルルーシュを皇帝と認めない者は現れる筈。

内にも外にも敵を抱え、一筋縄で行く訳が無い。
今後に彼の味方になりそうなカレン。
シャルルへの忠義の為にルルーシュの敵となりそうなジノ。
今後が読めないアーニャ。

一期と同じく全25話と考えられますが、残りの話も一話毎に大きく揺れるでしょうし、色々楽しみです。
18. Posted by H.S   2008年09月01日 01:08
 こんばんは。

 私はむしろシャルルの方に感性が近かったようでw、むしろ彼に感情移入してしまいましたね。

 個人的に彼のいう「欺瞞のない世界」とは、うみねこでいう黄金郷のような世界ではないかと何となく想像してます。
 失った物も死んだ人間も全て甦り、互いを疑う必要なんて全くなくただキャッキャウフフへらへらと笑っていればいい優しい世界……そんな世界はまさに天国そのものと言ってよくありませんか?

 ……まあ天国というものは現世に未練がある人はいきたがらないものでもあるのですが。
19. Posted by ピンク   2008年09月01日 01:10
今回は一気に謎が解消されたわけですが、新たな疑問が多く浮かぶ回でもありましたね。特に星刻やジェレミアの動向についてはまったく読めません。。。

>わしを拒めば、その先にあるのはあやつの、シュナイゼルの世界だぞ!
コレだけ聞くと、シュナイゼルって超が付く危険人物な気がしてなりません。が…私の予想のルルーシュの計画としてはシュナイゼルが世界を扇動する構図になるはずなんですよね。うーん。

>ナナリー
1期の頃から噂に出ていた、眼が閉じているのはギアス…という複線はやはり当たっていましたね。
ところで、思考の読める、スザクの記憶を暴いたマオがナナリーの心を暴いていたような気がするんですが…まさかあの『へぇ、すごいねー君達兄弟は…』というのは物語の核心に迫るようなものだったのでしょうか?
毎回、マオを引き合いに出している私ですが(笑)、彼はあまり頭のいいキャラではないのでクロヴィス同様、知らず知らずのうちに核心に迫っている気がしてならないんです。

>ニーナ
ここで優しくされたら、リヴァルのライバルになりそうで…アレ?
ところで、フレイヤによる被害って死体が残るものなんですね。最後に起きた強風で飛ばされた人たちでしょうか?

>ナイトオブゼロ
カレンが、ジェレミアが怒っております。
ジェレミアには是非とも悲願のワンになって頂きたいのですが。。。

20. Posted by ピンク   2008年09月01日 01:12
>今週のスザク
後半、何かを悟ったようにキャラクターが変わっていましたね。暴走するだけして、ちょっと落ち着いたというところでしょうか?
今更ルルーシュと同じ道を歩むとは思えないのですが、私の中では『共犯者』という言葉が浮かびました。この2人が手を取り合うということは、その道が行き着く場所はおそらく地獄なのでしょう。

>99代皇帝ルルーシュ
なるほど、『白』ですね。
日本人でないルルーシュがそこまで考えたとは思えないのですが、部下のコスチュームも白仮面で統一するようですし…

>両目のコンタクトを腕の一振りで外し……、ってなかなか器用な気も。
>片方ならともかく。
1ヶ月かけて練習しただけあって、かなりスムーズにできたと思います。
21. Posted by クロ助   2008年09月01日 01:19
>両眼のコンタクト
…練習中に危うく目を傷つけそうになるルルーシュ→スザク「違う!腕の振りはもっと速く、そして指先は繊細にだ!」

多分、ルルーシュ発案、コンタクト調達をC.C.、効率的な腕の動きを身体能力に優れるスザクが考案、ルルーシュに↑の様な演技指導を行うという、3人の共犯者の初の共同作業だったのでしょうね。(ぇ〜
22. Posted by りぐ   2008年09月01日 01:20
こんばんは

>マリアンヌのギアス
私もhiroさんと同じように聞こえました。

>本棚
こちらから見て両サイドは切れているので左の赤い本から4冊の題を書きますと、
「Akasha」「Paranormal Phenomena」(超常現象?)シャルルが手に取った本はこれです。
「Kollektives Unbewsst(e)s」(普遍的無意識?eは付け忘れか最後のsが入りきってないかです。
「Ragnarok」そういった感じでしょうか。

>マリアンヌ
先週のコメントで……で伏せたのはひょっとしてアーニャの中にマリアンヌがいたようにルルーシュの母とマリアンヌも混在していたかもといった可能性だったのですが、これは考えすぎでした。
23. Posted by 鳳龍   2008年09月01日 01:30
こんばんは。
字幕情報です・
マリアンヌ「私のギアスは人の心を渡るギアスだったの」

C.C.「あいつが生き残ることを優先して」
スザク「後悔を?」
C.C.「〜捨てたんだ、人間らしさなんか」

シャルル「ラグナレクの接続が成されれば〜」

スザク「だったら」
ルルーシュ「ああ、俺は…。〜」

ルルーシュ「「そんな時は来ないッ! 一つだけはっきりしていることがある。〜計画を優先したお前たちは、もう俺たちが生きていようと関係がなかったんだ」

マリアンヌ「でもC.C.は? C.C.はどうして消えないの?〜」
24. Posted by オレ   2008年09月01日 01:42
今回は最後数分の一ヵ月後の字幕(?)のおかげで盛大に笑いましたwwナナリーの笑顔のくだりで感動してたんだけど・・・

>ルルーシュは神楽耶と戦うことにはなって欲しくないところ。

これにすごく同意です先週のことで自分の中で神楽耶株とシンクー株が高騰中なのでww

>ルルーシュ
某所で聞いた小説版の設定というもののせいでルルーシュの今後が心配です。

>スザク
上空から回転蹴りしながら降ってくるのはまぁお約束として兵士の持ってた槍を砕くって・・・どんな超人よ?ww

余談ですが雑誌とかに書かれた今回のあらすじが本編と違ってましたね。NTとかだと今週はスザクによるランスロット無双だったはずでしたが・・・これもスタッフによる世界が嘘まみれであるということをシャルルの言葉の再現でしょうか?wwスタッフ・・・恐ろしい子
25. Posted by オタコン   2008年09月01日 01:43
>ルルーシュ
>「私が、第99代ブリタニア皇帝、ルルーシュ・ブリタニアです」
開いた口が塞がりませんでした(笑)。一ヵ月後で既に「えっ!?」となっていたところへ↑の台詞。さらにスザクがナイトオブゼロときてあまりの超展開に呆然としてしまいました(笑)。

>シュナイゼル
彼の目的は世界を手にすることでしょうか?そう見せかけてなにか別の目的がありそうです。あとオデュッセウスからシュナイゼル達のことを聞かれたギネヴィアが「さあ?カンボジアでは連絡も…」と言っているのでシュナイゼル達はカンボジアにいるのではないかと。

>次回
ビスマルクが紅蓮と戦っているように見えます。あるいはスザクかもしれませんが、どっちにしろ彼も次回で退場しそうな気がしてなりません。
26. Posted by 鳳龍   2008年09月01日 01:44
ルル「お前たち親は、俺とナナリーを捨てたんだよッ!!」

ルル「C.C.、お前も行くのか?」
C.C.「……死ぬときくらいは笑って欲しいんだろう?」

……いやあ、相変わらずのハイスピード超展開ですなぁ。

そういえば、1期の頃に、皇帝はラスボスではない、シュナイゼルこそが…かもしれない、なんてコメントをした覚えがありますが、本当にラスト手前で退場してしまいました。
今後もCの世界から干渉するのかはわかりませんが。
27. Posted by りぐ   2008年09月01日 02:00
>ナナリー
まったく予想外のところでホロリとさせてくれました。同時にキャラクターとしての役目を終えた事で私自信の中で死亡が確定しさらにホロリとなりました。

>シュナイゼル
彼はずっとルルーシュを観察しつつ力量を測っていた感じもします。今回シャルルを倒した事でやっと同じ位置に来たと感じているのかもしれません。結果は投げられるコインの裏表、性質的には豹変しているとも取れます。

>スザク
ジョーカーですね。ただし今回の所有者はその切り方を一番知ってる人間ですからね。ここで決着がつくかもしれません。

>ミレイ他
シャルルのギアスは存在が消失した後も残っているのでしょうか。そうなるとジェレミアはいよいよ重要性が増しますね。今はシュナイゼルに囚われている?

本日はここまで、シャルルとその本についてはもう少し調べて(整理して)からコメントします。
28. Posted by ボボン   2008年09月01日 03:09
こんばんわ。
今回で動きまくったであろう勢力図がきになるところですね、アーニャとかあの後どうしたんだろう?

>>ルル
「我々は白の騎士団!」…とかは言ってませんが、予告見るとマジで言いそうで困るww 最終回が近いとギアスの使い方も派手だなあ。

>>シャルル
死ぬときまで迫力満点なのはともかくww
彼は遺跡やコードを利用しようとしただけっぽいので、いまだに「これらは本来何のためにあるのか?」という謎があるんですよねえ。
でも谷口監督の作品ってこの手の謎解きはしない傾向にあるのでほったらかしかも(悪い意味じゃなくて主人公の物語に関係ないものは描写しないだけ)。
続きます
29. Posted by ボボン   2008年09月01日 03:10
>>アーニャ
普段マリアンヌは心の奥に居たと言うことは、ラウンズに認められた実力は素ということでしょうか、どんな行儀を習いにきてたんだww

>>皇族の方々
オデュ、あの状況でルルに朗らかに話しかけるとは案外大物かもしれないww
カリーヌ、ナナリーいじめてたらしいから内心ガクブルだなww

ギアスもいよいよ佳境ですね、ルルーシュの反逆がどのように決着するのか楽しみです。
30. Posted by ゆうこ   2008年09月01日 03:16
なっきーさん、こんばんは!
返すがえすも、今回は普通のアニメなら最終回でしたね!
とりあえず最終回中盤まで戦闘シーン、最後にラスボス倒して、彼らの本当の戦いはこれから始まるのだった・・・!で伏線投げっぱなし!!な感じで最終回を迎える作品が多い中、コードギアスという作品がどこまでやってくれるのか楽しみです。

とりあえずギアスとは?コードとは?が未解決ですね?
今回だけ見ると集合無意識が自然に生み出したもの・・・でも良かったはずですが、遺跡が存在したり、1期OPでギアスマークを顔に書いた?大量の少女とか、別の伏線が張られてるので・・・回収してくれると信じてます。(続く)
31. Posted by ゆうこ   2008年09月01日 03:17
>曼荼羅
自分には解からなかったー!!!!
集合無意識的な意味合いがあるのでしょうか?仏教ではなく思い切ってユングとか? 無意識・集合無意識・曼荼羅で脳内検索だと引っかかるのがユングくらい・・・。
誰か詳しい人がどこかで調べてくれる・・・のを待ちます。

>スザク
コードギアスらしい力技でキター!!
皇帝ルルーシュとナイトオブゼロとか・・・もう二人とも悪役として死ぬ気満々に見えますけどね!!
スザクくらい何も考えずにアクセル全開だとユーフェミアだけと組んでもダメで、ルルーシュレベルの参謀がいないと・・・と思っていた私的には一応これは「正道に戻った」に入りますねえ・・・。(続く)
32. Posted by ゆうこ   2008年09月01日 03:19
>若本皇帝とマリアンヌ様
とりあえず理解が追いつかず・・・人類○完計画やってたってことでおK??と思いつつ見てました。
マリアンヌ様関連でブーメラン来たけど、もはやルルーシュもブーメランなんかへっちゃらな強い子に・・・(泣)
V.V.にコードを与えたのは誰でしょうね?
コードを受け継ぐことでCの世界を理解し、神殺しは自分たちで立案したのかな?
シャルルのギアスがV.V.経由っぽい記述だったので、V.V.は子供のうちにギアスとコードを受け継いだみたいですよね。あるいは特殊条件下で、コードを(両目ギアスを経ずに)継承可能だったのかな?とか考えていますが、本編ではこの辺もう触れられないかもしれません。

ひとまずまさかのオールハイルルルーシュゥゥゥゥ!!!でオデュッセウスもカリーヌもギネヴィアも一気にギアスでやられてしまってびっくりです。脳内整理できたらまた来ます。(続く)
33. Posted by ゆうこ   2008年09月01日 03:23
またやってしまった・・・!!!
×(続く)
○また来ます
です。今回こそは間違えないようにと思ったのに、思うと余計にうっかり・・・!!!
本当にスミマセン。
34. Posted by なっきー   2008年09月01日 05:48
4  リンクさん、ゆとりさん、地護津 由利さん、なっちゃんさん、オタコンさん、クロ助さん、hiroさん、H.Sさん、ピンクさん、りぐさん、鳳龍さん、オレさん、ボボンさん、ゆうこさん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。



>リンクさん

>結局どっちつかずのC.C.が諸悪の根源では…
 そこまで言いきれるかはわかりませんが、少なくとも原因の一部になってしまったのは確実でしょうね。

 どちらの主張が正しいかといったことはとりあえず置いておくなら、一度は同志となったシャルルたちを裏切ってどっち付かずの立場を取ったのは間違いないですし。



(続きます)
35. Posted by なっきー   2008年09月01日 05:50
>ゆとりさん

>一ヵ月後が出たときは唖然としました。
 一瞬凍り付きました(笑)。
 ルルーシュとスザクの会話も聞きたかったですしね。

>次回のサブタイトルは雑誌でもともと知ってはいたのですが、
>誰がこのような展開を予想出来たでしょうか
 皇帝になると知っているなり読めるなりしていても、今話の流れを予想するのは正直かなり難しい気がします。

>ラグナレクの接続
>嘘肯定派(ものによりますが)、仮面肯定派の私としては遠慮願
>いたいところ。
 私も、ルルーシュがユフィの死の真相をスザクにさえも教えない、とかは反対なのですが、でも 『一切の嘘を許さない』 といったシャルル的エデンは全力でご勘弁願いたいところです。

>私は発狂して排除される側の人間でしょう。
 私もそっちに属しそうです(汗)。

>スザク
>どれだけぶりでしょう。彼が“ウザク”でなかった回は。
 やっぱり、人の話を聞くことは本当に大事だと感じました。

>協力するに至ったということは、事情を知ったのだと思います
>が、皇帝たちが消えた後の流れを詳しく知りたいです。
 全く同感です。回想でもいいので見せて欲しいですね。
 「1ヶ月後って」 と思わずぼやいてしまいました。

>ルルーシュ
>最高です一生ついていきます魔王様。
 飾らない生魔王(変な字面…)はこんなにも素敵なわけで、扇や藤堂に一度でも見せていればあの裏切りはなかったのでは、と思います。

>まるで最終回のような流れでしたが、後4話(?)を残している
>のがコードギアスといったところでしょうか。
 確かに、最終話ならよくある端折りっぷりな気がしますね。↓

(続きます)
36. Posted by なっきー   2008年09月01日 05:52
>扇達の状況や、ディートハルトのことについての説明が欲しい
>ところです。
 これらと、ルルーシュとスザクの会話は、やはり補完が欲しいです。

>願わくば黒の騎士団とルルーシュは対立しないでくれればと
>思います。
 やはり、怨みを抱いたとしても、恩はまた別に扱わなければならないと、扇たちにも気付いて欲しいです。
 単にシュナイゼルに踊らされたからとかだけではなく、何とも恩知らずにしか見えないわけで…。



(続きます)
37. Posted by なっきー   2008年09月01日 05:54
>地護津 由利さん

>ルルーシュとシュナイゼルの持ち駒の配置がずいぶんと変わっ
>たような気が、〜
 それぞれ、1話前ではいるはずがなかった姿がありますしね。

>最後の敵は真の意味で最強(これまで戦ってきた仲間)、〜
 そこで彼らも認めた得意技、ペテンで解決ですよ。(ぉぃ
 …まあ、星刻や神楽耶もいる以上は、交渉は十分に可能な気はします。

 …でも彼らにギアスは使わないで欲しいですね。
 特に、星刻と神楽耶には。ついでにたまきwにも。

>ビスマルク
>予告で一瞬だけ写っている左目は彼の元だと思われますが、〜
 そうかもしれません。↓

>信じられないものでもみたように見開かれているってことは
>紅蓮(と残月と神虎)に撃墜されるかも
 なるほど…、それは読めませんでした。

 ありそうですね…、ということは、ロロのようにナイトメア戦でも使えるギアスという形ですね。
 しかも、それを使ってさえも負けて驚愕、ということに。

>蜃気楼
>もう出番はなさそうですね、いや、ホワイトカラーにすれば
>可能か
 まだわからないというか、戦うかもしれません。
 それに、ルルーシュが前線にも出ていく指揮官だということは何も変わらないのではとも思います。

>「マリアンヌ」の次の項目が「ラグナレク接続」になってい
>ます。
 ご指摘ありがとうございます。
 直しておきますね。



(続きます)
38. Posted by なっきー   2008年09月01日 05:56
>なっちゃんさん

>〜ここのオデュッセウスのセリフで「ナナリー生きてたの
>( ̄口 ̄)」と思いっきり勘違いしてました。OTL
 実際、相当に紛らわしい台詞だと思います。
 それにある意味、あそこでナナリーを言葉に出してくること自体が、ちょっと空気読めてないということなのかもしれません。

>ぬか喜びさせられた分スッゴいヘコんでます。(T_T)
 全部あのお兄ちゃんのせい、ってことで(笑)。
 人はいいのですけど、天子相手の会話の時といい、やっぱり空気を読むのは苦手みたいですね。



(続きます)
39. Posted by なっきー   2008年09月01日 05:58
>オタコンさん

 お久しぶりです!

>今回ついに謎が明かされるのかと期待していたら、まさかこん
>な超展開が待っていようとは思いもしませんでした。
 神の謎自体は明かされましたが、いろいろ置き去りにもなっていますよね。

>神の正体
>〜明確な意思や意識をもった存在ではないようですね。
 認識するからこそ世界が存在し得るとするなら、認識可能な者全て、その集合が神となります。
 …そういった延長にこの神もあるのでしょう。

>〜遺跡は誰が造ったのかとか、コードとは結局何なのかとか
>肝心なことは分からずじまい。
 そうなんですよね。↓

>果たして残り僅かな話数の中で明かされるかどうか…。
 正直、かなり厳しそうな気がしています。
 そもそも、説明できる人材が残っているかどうか自体が怪しい気も…。

>〜第99代ブリタニア皇帝、ルルーシュ・ブリタニアです」
>開いた口が塞がりませんでした(笑)。
 しかも、私がこればっかりは言わないだろうとまで思った、 『自分が殺した』 もあっさり暴露。
 何て正直なのでしょう!!!w

>さらにスザクがナイトオブゼロときて〜
 しかも、1ヶ月前に(笑)一触即発の 『仇』 発言があった直後ですからね。

>シュナイゼル
>彼の目的は世界を手にすることでしょうか?そう見せかけて
>なにか別の目的がありそうです。
 私も後者を支持で。
 シャルルとは別の意味で、俗事には関心薄そうな気もします。職責は果たすものの願いは別、みたいな…。

>〜「さあ?カンボジアでは連絡も…」と言っているのでシュ
>ナイゼル達はカンボジアにいるのではないかと。
 なるほど、そういう気がしますね。

(続きます)
40. Posted by なっきー   2008年09月01日 06:01
>次回
>ビスマルクが紅蓮と戦っているように見えます。
>〜どっちにしろ彼も次回で退場しそうな気がしてなりません。
 彼も神殺しを知りながら協力していた1人なわけで、ルルーシュ体制の元では、そしてこの作品的にも、どうしても何らかの代償を支払わざるを得ないとも思います。



(続きます)
41. Posted by なっきー   2008年09月01日 06:03
>クロ助さん

>悪い意味では、いよいよ尺の足らなさから様々な設定の説明
>の省略や「一ヶ月後」なスキップ展開。
 いつでもギリギリまで詰めこむ作品とは言え、今回のはさすがに構成ミスでの尺不足に思えます。

>良い意味では、それらの理屈や正論を力尽くで吹き飛ばして
>しまう勢いとパワー。
 魂の妹萌え演説。(違

>アーカーシャの剣
>「神」の正体については、曖昧な絶対者では無く、概念の話
>だった様で割と納得。
 人によりけりでしょうけど、無神論者な私にも、こういった 『神』 の方が納得できました。

>二重螺旋が刀身、基部(ルルーシュ達が居た足場?)が西洋剣
>風の柄と握りの形になっていて、本当に「剣」で名は体を表し
>ていた事にちょっと感心しました。
 あの二重螺旋だけだと、 『どうして槍じゃないの?』 とか思ってしまいそうですしね。
 …なるほど、これなら剣です。

>マリアンヌ
>スザクに落書きしようとしていたシーンは吹きましたw
 「ちっ」 の表情が素晴らしいのです(笑)。
 確認していない人は、録画を見返してでも見る価値ありかも。

>人格的には、前回感じた通り理想的な母な訳では無かった様
>で…。(^^;
 悪戯っ子がそのまま大きくなった感じですね。
 ルルーシュやナナリーに対しても、 『神殺しに成功すれば、どうせ最後は一緒』 と思うあまり、当たり前の愛情を抱いていなかったように感じます。

>後、シャルルの記憶改竄のギアスは同じ人間に何度でも使え
>た、という解釈で良いのかな?
 そうかもしれませんね。
 その代わりに、アーニャのように自力で記憶に疑問を持つことも有り得るなど、さほど絶対的な力とも言えない感じです。

(続きます)
42. Posted by なっきー   2008年09月01日 06:05
>前回で色々一周し、暴走に磨きがかかっていたスザクも、一年
>前に色々取り零した物を漸く取り戻せた感じ。
 暴走に於ける大先輩(笑)を目にしたせいで、ふと立ち止まってみたくなったのかも…。

>『ルルーシュ皇帝』の現時点での数少ない本当の味方ですし、
>こういう共闘の形なら大歓迎。
 同感です!

>ルルーシュ
>魂の叫びを上げる場面は本当に良かったです。
 やっぱり情の人は、情が前面に出るときにこそその言葉に力が宿るように思います。
 …だからこそ、理の人であるシュナイゼルが対立軸なわけでしょうけど。

>「それを嘘だと言わせない!言わせてなる物か!」の台詞にル
>ルーシュの誇りと譲れない物全てが表されていて最高でした。
 これは本当に格好良かったです。
 それはもう、ゼロでさんざん見せていた格好つけポーズの1億倍くらいに(笑)。

>さて、全ての舞台が破壊され、ルルーシュとシュナイゼルの為
>の舞台が生み出された訳ですが、これからどうなるのか。
 シュナイゼルの目的には皇位は何ら関係ないとわかったわけですが…、何か動きそうですよね。

>〜「他人に優しくなれる世界」を作る為の戦いでしょうが、
>当然ルルーシュを皇帝と認めない者は現れる筈。
 簒奪だから反乱という者に加え、民族差別大好きな貴族たちもことごとく敵に回るはずで、ついでに、放っておくと占領地でも次々反乱が起きそうです。

 占領地の反乱に関しては、星刻たちとの話し合いでの解決も、困難ながら可能ではあるでしょうけど…。

>今後に彼の味方になりそうなカレン。
 まずは話してみようというのがカレンの良さ。
 そして今のルルーシュなら、変に誤魔化さずに知りたい答えを教えるような気がします。

(続きます)
43. Posted by トール   2008年09月01日 06:06
いつもながらこちらで目にする観想の考えの深さには驚かされます。

今回は玄武について少々補足を。
なっきーさんのスザクと玄武に関する考察はほとんど的中していますが、
どうも枢木玄武という人物は更にその下を行くゲス野郎だったようです。

情報ソースは公式外典たるサウンドエピソードの他、
小説版および各種コミックスでも語られていたものですが、
当時首相であった玄武はブリタニアが日本侵攻作戦を開始する
という情報を事前に手に入れた上で、先手を取る形で、
あろうことかナナリーを 自 分 と 結婚させようとしていたようです。
(自分も耳を疑いましたが「息子であるスザクと」ではありません)
それを世界中に喧伝する事でブリタニア帝室と自分には結びつきがあると主張し、
ゆくゆくはブリタニアに皇族入りする予定さえあったとされていました。
その裏では(状況的には「表向きは」)、不要となったルルーシュを
『公開処刑』する事により日本の国民感情もある程度抑えておく事で、
心置きなく日本をブリタニアに売却する事ができる、と。
(※桐原翁もこの計画を知って憤慨していましたが、
彼自身もサクラダイト採掘に関する体制をどのような特権と引き換えに
ブリタニアに引き渡すかと考えていたあたり同じ穴の狢とも言えます)

……要するに、スザクが『殺害』という形で否定した父親というのは、
首相という立場から徹底抗戦を唱えた人物でなかったばかりか、
自分の地位以外には何の執着も持っていなかった権力欲の塊でしかなかったと。

1期19話でのカレンとの対話でもありましたが、
スザクは『ゼロ』の中に父の影を見ていたのかもしれません。
44. Posted by なっきー   2008年09月01日 06:08
>シャルルへの忠義の為にルルーシュの敵となりそうなジノ。
 これは避けられそうにないですね(汗)。

>今後が読めないアーニャ。
 とりあえず、ルルーシュへの関心をまだ、持ち続けていて欲しいですね。

>〜残りの話も一話毎に大きく揺れるでしょうし、色々楽しみ
 その辺は、この作品に限っては裏切られない気がします。

>両眼のコンタクト
>〜スザク「違う!腕の振りはもっと速く、そして指先は繊細
>にだ!」
 スザク師範の指導はやたら厳しそうです(笑)。
 この2人にC.C.まで協力すればまさに無敵、この程度は1ヶ月あれば十分…なのかも。



(続きます)
45. Posted by なっきー   2008年09月01日 06:10
>hiroさん

>>私のギアスは人の心がわかるギアス
>人の心を渡る〜と聞こえましたが…
>どうでしょ?
 ご指摘ありがとうございます。
 仰る通りですね。早速記事も直させていただきます。



(続きます)
46. Posted by なっきー   2008年09月01日 06:12
>H.Sさん

>私はむしろシャルルの方に感性が近かったようでw、むしろ彼
>に感情移入してしまいましたね。
 それもある意味必然でしょう。
 私も、理想論だとこそ思いはすれ、少なくとも綺麗な世界像であることは間違いないとも思います。

>「欺瞞のない世界」とは、うみねこでいう黄金郷のような世界
>ではないかと何となく想像してます。
 なるほど、これは仰る通りかもしれません。↓

>……まあ天国というものは現世に未練がある人はいきたがらな
>いものでもあるのですが。
 ある意味、住人が綺麗な世界に住める人間に変容することで、そして変容できない人を排除することで成立する理想なのは確かだと思います。

 それを歓迎するか、少なくとも受け入れられる人には理想郷であり、そうでない私のような人には、綺麗すぎて住めない世界と映るのでしょうね。



(続きます)
47. Posted by なっきー   2008年09月01日 06:14
>ピンクさん

>〜新たな疑問が多く浮かぶ回でもありましたね。特に星刻や
>ジェレミアの動向についてはまったく読めません。。。
 特に、ジェレミアは…。
 もしかしたら、次回に派手に出番があることの裏返しだったりするのかもしれませんけど。

>>わしを拒めば、その先にあるのはあやつの、シュナイゼル
>>の世界だぞ!
>コレだけ聞くと、シュナイゼルって超が付く危険人物な気が
>してなりません。
 彼が極端なまでに 『理の人』 なのは確かだと思います。
 理がそれを求めるのなら、 『君はそこでゼロを足止めして死ね』 とスザクに命令できる人。

 …危険人物なのは確かでしょうね。

>〜シュナイゼルが世界を扇動する構図になるはず
 ルルーシュとは別タイプの、扇動の名手ですからね(汗)。
 でも権力には興味薄そうですし、そもそも何をしたいのかによって危険度が変わりそうな気もします。

>ナナリー
>1期の頃から噂に出ていた、眼が閉じているのはギアス…とい
>う複線はやはり当たっていましたね。
 ギアス能力者ではなく、強制力発動の光が見えないという方でしたか。
 ああいった内容の強制力なら実質常時発動していたはずで、何とも可哀想な話です…。

>〜マオがナナリーの心を暴いていたような気がするんですが
>…まさかあの『へぇ、すごいねー君達兄弟は…』というのは〜
 確かにありました!

 目を開けず足も動かせずとするために相当普通じゃない強制力が働いていたとも思えます。
 植え付けられた記憶と共に、読み取った中に不自然さを見た可能性は否定できない気がします。

>〜彼はあまり頭のいいキャラではないのでクロヴィス同様、知
>らず知らずのうちに核心に迫っている気がしてならないんです。
 なるほど、それはありそうなことですよね。

(続きます)
48. Posted by なっきー   2008年09月01日 06:16
>ニーナ
>ここで優しくされたら、リヴァルのライバルになりそうで…
>アレ?
 机の角吹いたwww
 でもまあ、罪を自覚したら、次には(慰めを求めるとかではなくて)話をすることも必要かもしれません。

>ところで、フレイヤによる被害って死体が残るものなんです
>ね。最後に起きた強風で飛ばされた人たちでしょうか?
 最悪は境界線上にいて身体の一部を持っていかれたパターンでしょうね。
 他にも間接的被害として、機能停止した病院の入院患者とか、さまざまな形が有り得るとは思います。

>ナイトオブゼロ
>カレンが、ジェレミアが怒っております。
 カレンは結局、未だに事情を理解していない(把握しただけ)ですからね。
 ジェレミアは…、早く戻ってきて欲しいものです。

>ジェレミアには是非とも悲願のワンになって頂きたい
 戦闘能力・忠義・知性それに特殊能力まで揃って、総合力は十分だと思います。

>今週のスザク
>〜暴走するだけして、ちょっと落ち着いたというところでしょ
>うか?
 前を暴走している人の背を見たために、少し冷静になれたのかもしれませんね。

>〜私の中では『共犯者』という言葉が浮かびました。
>〜その道が行き着く場所はおそらく地獄なのでしょう。
 確かに、その通りなのかもしれません。
 二人ともが恐らく自己正当化すら全くしていないと思いますし、目的さえ達成できれば地獄行きも本望と思っていそうです。

>99代皇帝ルルーシュ
>なるほど、『白』ですね。
 なるほど、百マイナス一ですか(笑)。

(続きます)
49. Posted by なっきー   2008年09月01日 06:19
>>両目のコンタクトを腕の一振りで外し……、〜
>1ヶ月かけて練習しただけあって、かなりスムーズにできた
>と思います。
 さすがはルルーシュ、格好つけに費やす情熱も半端じゃないようです(笑)。



(続きます)
50. Posted by なっきー   2008年09月01日 06:21
>りぐさん

>マリアンヌのギアス
>私もhiroさんと同じように聞こえました。
 ご指摘ありがとうございます。
 間違いないと思いますし、早速直しておきますね。

>本棚
>〜左の赤い本から4冊の題を書きますと、〜
 ありがとうございます! \(≧▽≦)/
 記事にも追記させていただきます。

 アーカーシャに超常現象、普遍的無意識にラグナレクですか…、さすがに精神のみの世界、まさにこの場に必要な本ばかりが揃っているわけですね。

>〜ルルーシュの母とマリアンヌも混在していたかもといった
>可能性
 結果的に違っていたとしても、その可能性自体は先週時点では生きていましたし、実際これは面白い可能性だと思います。

>ナナリー
>〜同時にキャラクターとしての役目を終えた事で私自信の中で
>死亡が確定しさらにホロリとなりました。
 確かに…。

>シュナイゼル
>彼〜ルルーシュを観察しつつ力量を測っていた感じもします。
>今回シャルルを倒した事でやっと同じ位置に来たと感じている
 仰る通りかもしれません。

 ただ力関係はもう、下手すると逆転している気もします。
 それだけに本質が守る人、保留の構えであるシュナイゼルの、真価の見せ所となるかもしれません。

>スザク
>ジョーカーですね。ただし今回の所有者はその切り方を一番
>知ってる人間ですからね。
 これは大きいですよね。
 そしてスザクからも、ルルーシュの策なら間違いがないと絶対の信頼を受けているのは変わらない気がします。

(続きます)
51. Posted by なっきー   2008年09月01日 06:23
>ミレイ他
>シャルルのギアスは存在が消失した後も残っているのでしょう
>か。
 私はそう思っています。
 なので仰るように、ジェレミアがいろいろ後始末をする必要が出てくるかもしれません。

 これはシャルルに限らず、死ぬつもりでいるかもしれないルルーシュのギアスについても同じです。
 十字子とかコルチャックとか、 『いつまで』 を規定していない人たちも結構いますからね。

>今はシュナイゼルに囚われている?
 …どうでしょう…、ディートハルトとの通信の後、普通に考えればルルーシュの捜索を単独でも続けていそうです。
 そう思えば、神根島に向かったシュナイゼルとは意外と接点がないままだったかもしれません。

>本日はここまで、シャルルとその本についてはもう少し調べ
>て(整理して)からコメントします。
 本当にありがとうございます!



(続きます)
52. Posted by なっきー   2008年09月01日 06:26
>鳳龍さん

>字幕情報です
 いつもありがとうございます! ヽ(⌒ヮ⌒)ノ
 早速記事も修正しておきますね。

>……いやあ、相変わらずのハイスピード超展開ですなぁ。
 流れが速い方が好きな私も、今回はさすがにちょっと速すぎるんじゃないかと感じたりもしました。

>1期の頃に、皇帝はラスボスではない、シュナイゼルこそが
>…かもしれない、なんてコメントをした覚えがありますが、〜
 さすがと言う他ありません。
 今に至っても彼が何をしたいのかがわかりませんが、極端な理の人であるだけに、ルルーシュの目指すものと対立しないとも思えないですね。

>今後もCの世界から干渉するのかはわかりませんが。
 まあCの世界からの助言は可能でも、妨害というのは難しそうには思います。



(続きます)
53. Posted by なっきー   2008年09月01日 06:28
>オレさん

>今回は最後数分の一ヵ月後の字幕(?)のおかげで盛大に笑
>いましたww
 スザクが真っ向からルルーシュに!
 さあどうなるの!?

 …と身を乗り出したところであれですからね(笑)。

>先週のことで自分の中で神楽耶株とシンクー株が高騰中なので
 私もです!
 もし仮に立場が敵対しそうな状況になったとしても、この2人にはルルーシュの理解者で在り続けて欲しいですね。

>某所で聞いた小説版の設定というもののせいでルルーシュの
>今後が心配です。
 それは知らないのですけど、誰に敵対されても、誰に好意を向けられても、どちらにせよ面倒が起きそうな気はします。

>スザク
>〜兵士の持ってた槍を砕くって・・・どんな超人よ?ww
 またしても武勇伝に新たな1ページが…。

>余談ですが雑誌とかに書かれた今回のあらすじが本編と違って
>ましたね。
 あれ? そうだったんですか!
 もしかして、当初の予定を変えたとかだったりするのでしょうか。

>〜今週はスザクによるランスロット無双だったはず〜
 あのまま大暴れされてもスザク株がまたストップ安になった気がするので(笑)、結果オーライかもしれません。

>・・・これもスタッフによる世界が嘘まみれであるということ
>をシャルルの言葉の再現でしょうか?ww
 アーカーシャの剣がスタッフにも伸びていきそうで危険です(笑)。



(続きます)
54. Posted by なっきー   2008年09月01日 06:30
>ボボンさん

>アーニャとかあの後どうしたんだろう?
 アーニャはルルーシュへの関心と自分の記憶への疑問、これらは全く変わっていないと思うんですよね。
 そのルルーシュが即位したことで、必ず話を聞く機会を欲しがる気がします。しかもラウンズなので、それは普通に可能でしょうし。

>>ルル
>「我々は白の騎士団!」…とかは言ってませんが、予告見るとマジ
>で言いそうで困るww
 これ、あまりにセンスがそのまんまなので、ゼロ=ルルーシュと知らない人にもバレるんじゃ…(笑)。

>シャルル
>〜彼は遺跡やコードを利用しようとしただけっぽいので、いま
>だに「これらは本来何のためにあるのか?」という謎がある
 全くですよね。誰が作ったのか、さえ不明のまま。
 南極にまであることからして、単純に古代文明の人たち…とも思いにくいですし…。

>でも谷口監督の作品ってこの手の謎解きはしない傾向にあるの
>でほったらかしかも〜
 そうだったんですか?
 ただ、私は基本的には 『全ての謎が明かされなくてはならない』 とは思っていないので、それ自体は有りです。

 物語的にも、 『神』 が絡んでいて今回に明らかになる形以外だと、あとはC.C.とかが 『実は知っていた』 というパターンしかない気がしますし…。
 不自然に明らかになるよりは、自然に不明のままの方がいいような気もします。

>アーニャ
>〜ラウンズに認められた実力は素ということでしょうか
 私はそう思っています。
 天才少女だったので、だから、↓

>どんな行儀を習いにきてたんだww
 これはもう閃光のマリアンヌさまに習わせるしかない、と親が勘違いした(笑)のでしょう。

(続きます)
55. Posted by なっきー   2008年09月01日 06:32
>皇族の方々
>オデュ、あの状況でルルに朗らかに話しかけるとは案外大物
>かもしれないww
 ここまで空気を読めないのも、なかなかに希有な人なのは間違いありません(笑)。

>カリーヌ、ナナリーいじめてたらしいから内心ガクブルだなww
 でもギアスを掛けられてしまったので、逃げることもできません(笑)。

>〜ルルーシュの反逆がどのように決着するのか楽しみです。
 何かを成し遂げるとは思うんですよね。
 その後に死んでも構わないと思っていそうで、そこが心配です。

 屋上で花火。
 …この約束、復活させて欲しいなあと思います。



(続きます)
56. Posted by なっきー   2008年09月01日 06:35
>ゆうこさん

>〜今回は普通のアニメなら最終回でしたね!
 同感です。
 実際シャルルたちは、中ボスなんて格ではありませんし。

>〜伏線投げっぱなし!!な感じで最終回を迎える作品が多い中、
>コードギアスという作品がどこまでやってくれるのか楽しみ
 私には、量産される原作付きが必ずしもいい出来にならない現状、アニメオリジナル企画作品には成功して欲しいという強い思いがあります。
 始まったばかりの漫画にいきなり 『早くもアニメ化!』 なんて意味不明なことをするより、いい企画を作れる人、いい脚本を書ける人を採用し、育てて欲しいのです。

 そんな意味でも、本当に頑張って欲しいものです。

>とりあえずギアスとは?コードとは?が未解決ですね?
 これらは、遺跡とは誰が作ったのか、何の意味があるのか…とも直結していそうな気がします。↓

>〜1期OPでギアスマークを顔に書いた?大量の少女とか、別の
>伏線が張られてるので・・・回収してくれると信じてます。
 私は、回収されないかもと思い始めています。
 今回の 『神』 関連で回収されないとなると、知っている人は既存の登場人物には見当たりません(C.C.でも厳しい気が)。

 ギアス研究をしていた嚮団もない今、新たに判明するという流れも起きづらく、となると、自然な形では情報を出せないのではないか、とも思えるわけで…。

>曼荼羅
>自分には解からなかったー!!!!
 私にもよくわかりません…(汗)。

>〜皇帝ルルーシュとナイトオブゼロとか・・・もう二人とも悪役
>として死ぬ気満々に見えますけどね!!
 私にもそう見えます。
 死ぬ前にブリタニアを無害に変えられればそれで満足、という感じです。

(続きます)
57. Posted by なっきー   2008年09月01日 06:37
>スザクくらい何も考えずにアクセル全開だとユーフェミアだけ
>と組んでもダメで、ルルーシュレベルの参謀がいないと・・・〜
 ユフィもかなりな暴走タイプですからね(笑)。

>若本皇帝とマリアンヌ様
>とりあえず理解が追いつかず・・・人類○完計画やってたって
>ことでおK??と思いつつ見てました。
 あれは確かに 『自分に優しい世界』 でしたね。
 そういう意味では相似ではある気がします。

>マリアンヌ様関連でブーメラン来たけど、もはやルルーシュ
>もブーメランなんかへっちゃらな強い子に・・・(泣)
 これは予想通りでした。
 しっかり両足で立っている今、最早この程度はアイデンティティ崩壊とすら呼べません。

>V.V.にコードを与えたのは誰でしょうね?
 その誰かは死んでいる可能性が高そうですよね。
 …それくらいしかわかりません(汗)。

>コードを受け継ぐことでCの世界を理解し、神殺しは自分たちで
>立案したのかな?
 私はそうだと思っています。
 マリアンヌやC.C.は、あくまで賛同者ではないかと。

>〜V.V.は子供のうちにギアスとコードを受け継いだみたい
 これも同感です。
 あるいは、ギアスは本当に幼いときに得ていたのかもとも思います。

>オデュッセウスもカリーヌもギネヴィアも一気にギアスでやら
>れてしまってびっくりです。
 効果範囲とか、いろいろ強化されてそうな気がします。

>○また来ます
>〜今回こそは間違えないようにと思ったのに、思うと余計に
>うっかり・・・!!!
 いえ、わざわざ追記してくださってありがとうございます。
 またのお越しもお待ちしてますね。
58. Posted by なっきー   2008年09月01日 06:53
4  トールさん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。


>いつもながらこちらで目にする観想の考えの深さには驚かされ
>ます。
 そう言っていただけると凄く嬉しいです!
 でもそんな私自身も、皆さまからいろいろ見落としをお教えいただいたりと、いつもとても助けていただいています。

>〜どうも枢木玄武という人物は更にその下を行くゲス野郎だ
>ったようです。
 これは衝撃でした。↓

>当時首相であった玄武はブリタニアが日本侵攻作戦を開始する
>という情報を事前に手に入れた上で、先手を取る形で、あろう
>ことかナナリーを 自 分 と 結婚させようとしていた
 何と…(汗)。
 これではスザクが激昂したのはもちろん、 『過程がクズなら結果もゴミ』 と思うのも当たり前です(汗)。

>〜「息子であるスザクと」ではありません)
 拒絶不能の年若い相手の人生を滅茶苦茶にして、 『これが国民のため』 などと言われても怒りが沸騰するだけです。

>〜ゆくゆくはブリタニアに皇族入りする予定さえあったとされ
>ていました。
 しかも大宦官の同類かもしれない、というわけですね。

>〜不要となったルルーシュを『公開処刑』する事により日本
>の国民感情もある程度抑えておく事で、心置きなく日本をブリ
>タニアに売却する事ができる、と。
 計算ずくで他人の命も断てる、と。

>(※桐原翁もこの計画を知って憤慨していましたが、彼自身もサ
>クラダイト採掘に関する体制をどのような特権と引き換えにブリ
>タニアに引き渡すかと考えていたあたり同じ穴の狢とも言えます)
 他人の命や人生を売らない分だけずっと小型ですが、利己的で保身を優先していた点では相似形とは思います。

(続きます)
59. Posted by なっきー   2008年09月01日 06:55
 >首相という立場から徹底抗戦を唱えた人物でなかったばかりか、
>自分の地位以外には何の執着も持っていなかった権力欲の塊で
>しかなかったと。
 なるほど…。

>〜スザクは『ゼロ』の中に父の影を見ていたのかもしれません。
 確かに、それとゼロを同列だと錯覚していたならば、あの怒りようもわかる気がします。
60. Posted by H.S   2008年09月01日 08:04
 おはようございます、レスありがとうございます。

>ある意味、住人が綺麗な世界に住める人間に変容することで〜
 全人類を強制的に理想郷に適応できる姿に変容させること、それがシャルルのしようとした事かもしれませんね。
 この方法なら変容できずに排除される人間もでないでしょうし、万人に幸せを与える事もできるでしょうしね。

>受け入れられる人
 要するに現世に未練があるかどうかだと思いますね。
 失くした物を取り戻したいという気持ちと持ってる物を失くしたくない気持ち、どちらに天秤が傾いているかという違いでしかないと私は思います。

 ただその点でいうと今回ルルーシュがシャルルの理想郷を拒んだのは意外でした。
 最終的には拒んでもおかしくないとは思いますがもうちょっと悩むものかと思いました。
 ナナリーやシャーリーと再会できる事に比べて、2人を失った世界にそこまで未練があるとは思わないのですが。
61. Posted by トール   2008年09月01日 09:28
お返事ありがとうございます。

個人的に、R2での大宦官のエピソードは
本編で語られなかったそれらの過去のパロディ
的なものではないかと考えた事もありました。

ゆえに、中華連邦の結婚披露宴におけるスザクの
「天子様は結婚に納得しておられるのでしょうか」という、
一見なんでもないセリフの中にとてつもない葛藤を感じます。

……なんだか今週の話の本筋とはほとんど関係がない事ばかり書いているようで申し訳ありませんorz
62. Posted by gem   2008年09月01日 11:53
こんにちは。
>>さらにスザクがナイトオブゼロときて〜
>しかも、1ヶ月前に(笑)一触即発の 『仇』 発言があった直後ですからね。
多分、ルル「俺は皇帝になる。だからラウンズでなければ俺を殺すのは困難だ。」とか言って、スザクをナイトオブゼロにしたんでしょう。
もちろん本心は、スザクを信頼してのことだと思いますが、ルルは本当のことは隠したがる子ですから(笑)。
63. Posted by 青髭   2008年09月01日 14:07
biglobeの30秒予告をご覧になりました?


許せない事はない 許したくないだけ
かつて、シャーリーがスザクに残した言葉
俺とスザクはそこを話し合いの出発点とした・・・現実と向き合う始めとした
俺とスザク2人いれば出来ない事なんて無い
ふっ、皮肉なものだ ブリタニアを否定し続けてきた俺が…


ルルとスザク、この一ヶ月の間にようやく話し合いをして向き合ったようです。
おせぇよw
64. Posted by このブログの住人   2008年09月01日 14:15
結局サブタイのR2ってなんなんだろうな〜
65. Posted by まもん   2008年09月01日 14:27
今週はとんでもスピードでしたね(笑)
普通のアニメが徒歩ならいつものギアスは車なんですけど今回はF1カー並だったようなw振り落とされないように必死に見てました(笑)
今週は謎が多く解けましたね・・・F1でwスッキリした面もあったけど、あぁこのアニメも、もう終わるんだなぁと寂しくなりました・・・

>シャルル、マリアンヌ
反面教師バンザイ!!(笑)って感じでしたね^^
思った以上にとんでも親だったなぁ(苦笑)
まぁ実際この二人のおかげでスザクも自分の最終的な状態がわかったでしょうしね^^;
ルルーシュの魂の叫びを聞いてスザクもようやくルルーシュの本質、やさしさが変わってないことに気付きましたしね^^
ユフィとシャーリーが正体を言わなかった疑問にも気付いたみたいですし(遅いけどw)
とりあえずこの二人自分勝手すぎww聞けば聞くほどねぇよww
1期の最後のルルーシュとC.Cの全裸な感じになるってことですよね?
嘘もつけなくなってみんな一つの存在になる的なことでいいんですよね?(よくわかってない?)
・・・・・ねぇよwww自分にはあり得ないww自殺ものですww
あとシャルルが消える前にルルーシュに突撃したシャルルミサイル(仮)で今週一番大爆笑しましたww

>ルルーシュ
今週は本当にカッコよかった!!
先週ルルーシュなら真実を知っても大丈夫とコメントしたかいがありました!!
まぁヘタレた姿を見れないのは寂しいけど(ぉぃ)
さぁこれからどうするんでしょうか・・
いきなり皇帝は驚いたけどてっとり早くはありますね
とりあえずブリタニアの膿を全部出してから自分とスザクと共に排除させる的な?ことを思ったり・・・
とにかく完全な主人公になったんでどんな事をしでかすのか楽しみです!!

続きます
66. Posted by 青髭   2008年09月01日 14:43
ミサイルというより、あれはサイコクラッシャーですな。

ちょうどカプJAMでベガ様の中の人が若本皇帝なので、JAMから音声拾ってきてMAD作りたいですw(JAMのゲームディスクが見つからない・・・)

サイコゥクラァッシャアァァアァァァ!
67. Posted by まもん   2008年09月01日 14:44
>スザク
やっと正常になりましたね・・・・すごく遅いです・・w
まぁ3連槍砕き回転蹴り(仮)で着地してナイトオブゼロとして紹介された時の笑顔を見てほっとしました^^
ユフィが死んでから笑ってなかったスザクも1か月の間にルルーシュとちゃんと話し合って納得してルルーシュと共に歩むと決めたんでしょうね!
こっちは全然さみしくない!!(ぉ)
1期から望んでた共闘がやっと!!!
ルルーシュとスザクが組んでやれなかったことはないことを証明して欲しい!!

>C.C
さぁこっちはどうなるんだ?
コードをまだ持っていてルルーシュしかコード移植できないんですよね・・・
それとももうコード移植してる?(だから浮かない顔?)
個人的希望はルルーシュ登場の時に后妃として登場して欲しかったw
ルルーシュ「〜ナイトオブゼロの称号を与える!そしてこちらが我が妻・・(C.Cの本名)だ」的な?
まぁカレンと神楽耶はショック受けそうだけど・・・・
ギアスの謎はとかれるのか?
何かギアスってもう病気みたいな?イメージになってきてるんですけどコードは病原体的な?古代からずっとある謎の病気的な?・・・・・ないな

>オデゥッセウスw、他
ウルトラCどころか最後まで空気読めないお兄ちゃんだったなぁ(遠い眼)
カリーヌは結局アホ以外わかんなかったしw、ギネヴィア位だなあの中で皇族っぽかったのw
まぁ・・・ドンマイ!(爽笑顔)

>ディートハルト
自分もディートハルトに釘付けでしたww
あまりに気になってシュナイゼルの会話聞き逃しましたww
まぁゼロのいない黒の騎士団なんていても意味ないんで驚きはしなかったんですけど笑いが込み上げてきましたw
まぁシュナイゼルと一番波長が合うでしょうねw

続きます
68. Posted by まもん   2008年09月01日 14:54
>シュナイゼル
うん、自分もよかったです!
まだ底を見せてない感じがいい感じです!
とりあえず黒の騎士団は操られてねぇよな・・・(星刻と神楽耶がいるんで大丈夫だろうけど)
とりあえずブリタニアを握られたシュナイゼルがどうやって戦力をカバーするのか・・・・フレイヤはまた登場するのか?
楽しみです!!

>コーネリア
・・・・・・・・まだそこにいたの?
ふと思ったんですけどギアス世界に公表したいんですよね?
ルルーシュって全国ネットでギアスを使ったってことはギアス公表の意志もあるのかなぁ〜って思ったりしてます
饗団殲滅の時にC.Cがギアスの系譜はここで終わらせる、それが私とルルーシュの・・・って言ってたんでギアスの事もルルーシュは考えてると思いますその思いを聞いたら・・・って思うんですけどその前にシュナイゼルに使い捨てにされそう(汗)

>リヴァル
オデュッセウスお兄ちゃんwがああなった以上後はリヴァルのウルトラCしk(ry
←しつこい

続きます
69. Posted by まもん   2008年09月01日 15:07
>黒の騎士団
・・・・・どうすんだろ?
正直今まで全部ゼロが決めてきたんで、ゼロのいない騎士団の1か月にかなり興味があります
予想は神楽耶と星刻が二人で話し合ってほとんど決めて、扇がおろおろして何も言えなくて、藤堂が我ら日本的なこと連呼して、たまきwがボケてみんなで突っ込むって所でしょうか?w
何んとなく一度はルルーシュ側と敵対しそう・・・・(ルルーシュ、スザク)2対すべて(黒の騎士団、ラウンズ他)的な感じに最初はなりそう、それをシュナイゼルが高みの見物して漁夫の利得る的な?
まぁカレンと神楽耶と星刻とは和解して欲しいな、あと空気にならないようにガンバ!w

クライマックスの準備が整ったって感じですね!!
ルルーシュとスザクが共闘しただけでおなかいっぱいです
最後のシュナイゼルの表情も個人的にはよかったし、対決が楽しみです!!
とりあえず1か月の間になにがあったのか来週説明頼みます!!

70. Posted by ROM   2008年09月01日 15:25
>玄武のこと
ルルーシュは玄武とナナリーの結婚を辞めさせるために、何か取引をしたというのがドラマCDで語られるのですが、どんな取引なのかわからないんですよね。

>マリアンヌ&若本皇帝
ルルーシュの目的が誤解から生まれた物というのは予想した真実の一つではありましたが、ルルーシュの言うとおり「ルルーシュとナナリーを捨てた」んですね。
「ドラゴンボールで生き返るから大丈夫」みたいに。
皇帝はマリアンヌと再び見える為に計画を実行しようとしていたと考えると、V.V.のマリアンヌ殺しは相当効果があったとのかもしれません。
マリアンヌとラブラブしてる間に計画をやる気が無くなる可能性もあったわけですし。
V.V.とマリアンヌという信頼できる人間を全て失った皇帝は独りよがりになってしまったと考えられます。

>ルルーシュ皇帝
色々と誤解もありましたが、自分達を捨てた恨みと最愛のナナリーへの理解が両親を討った引き金でしょうか。
スザクと一緒ですが二人の間に明るい感じが皆無。スザクの憎たらしい笑みと、相変わらずのルルーシュの笑みは共犯者のような邪悪な雰囲気があって、私はニヤニヤしてました。
71. Posted by こけもも   2008年09月01日 15:31
こんにちは、なっきーさん。

今回こそが皇帝失格という感じでした。まれにありますよね、ギアスだと。タイトルに偽りアリって展開が。次回いきなりルルーシュが退位しても驚きませんよ。いや、驚きますけど。

>ルルーシュ&スザク
まさに完璧でしたね。今までだったら揺り戻しが怖いくらい完璧。でも死ぬ覚悟決めちゃってるみたいなので揺り戻しは死ぬっぽいんですよね。ラストまで生き延びてるといいなぁ。

>神楽耶
実は今回ゼロの正体に気付いてたって言ってますよね。ルルーシュとスザクがいるシーンで「あの方と……スザクが!?」って。ルルーシュを“あの方”と呼ぶのはそれ以外に理由ないと思うんですよ。

>一ヵ月後(笑)
皆さん非難轟々ですけど、これは心配しなくてもいつものギアス演出だと思いますよ。
どう考えてもルルーシュとスザクが組むシーンは外していいシーンではありませんが、なんやらかんやらで手を組むぜ〜以下次回。ってやっても、いいシーンだ。で終わっちゃって次回へのヒキが弱くなってしまいますから。多分次回のアバンはコレでしょうね。ほぼ間違いなく。

続きます
72. Posted by こけもも   2008年09月01日 15:33
>コード?ギアス?遺跡?ゆうこさんのコメントより
たぶん作中では解説されない(する必要もない)と思うので、妄想行きます。

作中描写から考えて、ほぼ間違いなく遺跡は先史文明の遺跡ですね。そしてコードはその文明で解析された遺伝子情報でしょう。では何の情報でしょうか?はい、ギアス能力を持てるという情報ですね。で、コードギアス。コレは間違いないでしょう。
つぎ、その文明。なぜ滅んだのか?これはショックイメージと今回出てきた絶望の一振、アーカーシャの剣で説明できます。なぜか?嘘の一切ない世界、死者とも交信できる。いやむしろ死者とも交信できるではなく、あらゆるものと強制接続されたままになるのではないでしょうか。そんな世界にさらされれば大抵の人間は悶死するでしょう。ここであの骸骨の群れが出てきます。そしてそんな状態を生き延びられたとしても、過度の情報にさらされ自我が失われるのではないでしょうか。はい、あの彷徨する人々ですね。そして生き残った人々によって再生されたのがギアス世界。サクラダイトもその時代の遺物。ゆえに一部からしか取れない。今回半分のコードでは完璧ではないと情報が出ましたが、コレも、ここで一度剣が振るわれたからこそわかる情報なのでしょう。

と、いうのはいかがでしょうか。

では失礼します。
73. Posted by 青髭   2008年09月01日 16:15
とりあえず、思いついたら即行動w
↑の奴作っちゃいましたw

http://www.nicovideo.jp/watch/sm4487037
74. Posted by まもん   2008年09月01日 18:14
キャラクター相関図とキャラクターが更新されてましたね
それをみて立ち位置がわかってきましたんでもう一度コメントします!!

>神聖ブリタニア帝国
いくらなんでも弱すぎるwwww
スザクしかいないwww
ルルーシュの策略があるのとスザクのアルビオンが獅子奮迅の活躍をするんだろうけどさすがにきついだろww
キャラクター紹介のところの人がほとんど死んでるか無能だけwww
とりあえずコルチャック、カラレスとかもう消せよww
まぁ第一皇子、皇女握ってるんで兵は結構付いてくるのかな?
さすがに皇帝のなりかたが強引すぎるんできついとおもうんですけどw

>旧皇帝派
いくらなんでも強すぎるwwww
シュナイゼルがトップでラウンズ全員にカノン、ディートハルト
、ロイド、セシルもいるし・・・・
とりあえずラウンズではジノ、アーニャはルルーシュ側に来てほしい!!
あとはロイド、セシルも!!やっぱりランスロットは二人が整備しなきゃ!!
そういえばランスロットはスザク確保してるのか?
まぁスザク専用なんで他が乗っても意味なさそうですけど・・・

>黒の騎士団
とりあえずどうすんの?
今のところ黒の騎士団の立ち位置が不明・・・1か月の間に何があったかってところでしょうか?
ルルーシュは話し合いで黒の騎士団吸収して欲しいんだけど、さすがにあんなことあった後じゃ無理そうだし・・・
ジェレミアはどうなんだろう?
もうとっくに仲間になってる可能性もありますけどw
とりあえず神楽耶さまとルルーシュの話を聞いてみたい!!(予想はルルーシュ押されっぱなしw)
カレン、星刻もついてきてほしい!!
でもアルビオンVS紅蓮も見てみたいし・・・・w


色々動き出すみたいなんで妄想することが多いですね^^
ここ3話は妄想できなかったんで来週をワクワクしながら待ってます!!
75. Posted by まもん   2008年09月01日 19:37
追記

>それとももうコード移植してる?(だから浮かない顔?)

だったらギアス使えませんね^^;
76. Posted by 地護津 由利   2008年09月01日 20:46
それなりに落ち着いたので思いついたことを投稿します

一ヶ月間の間に何があったのかが着になります、とりあえず旧皇帝派と黒の騎士団の休戦条約はまだ続いているとしてルルーシュが何をしていたか、まさかOPにある宇宙船を作っていたりして、そして斑鳩とアヴァロンにはるか上空から王の鉄槌を(さすがにロボットアニメとして無理があるか)

かっこよく決めるのなら停戦条約が解かれてシュナイゼル軍に攻撃されている黒の騎士団にゼロからの通信が入る、とか妄想しています
77. Posted by なっきー   2008年09月01日 21:18
4  H.Sさん、トールさん、gemさん、青髭さん、このブログの住人さん、まもんさん、ROMさん、こけももさん、地護津 由利さん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>H.Sさん

>全人類を強制的に理想郷に適応できる姿に変容させること、
>それがシャルルのしようとした事かもしれませんね。
 でも、それでも私がそれを是としないのは変わらないのです。

>〜この方法なら変容できずに排除される人間もでないでしょ
>うし、万人に幸せを与える事もできるでしょうしね。
 それは絶対服従のギアスを掛けられることを強制されているようなもの、とも解釈できる気がします。
 それでもそれを良いものと見なすことも可能ですが、誰もにとって楽園とは言えないように感じます。

>受け入れられる人
>要するに現世に未練があるかどうかだと思いますね。
 それも少し違うと思うのです。
 私には、ルルーシュにナナリーの名を出し、スザクにユフィの名を出しても逆効果しかない構造がよくわかる気がします。↓

>最終的には拒んでもおかしくないとは思いますがもうちょっと
>悩むものかと思いました。
 つまりそれは、そのことについてH.Sさんが2人と違う捉え方をしている証明だと思います。↓

>ナナリーやシャーリーと再会できる事に比べて、2人を失った
>世界にそこまで未練があるとは思わないのですが。
 そこで出会うのはナナリーであったもの、シャーリーであったもの、ユフィであったもの。全て過去形でしかないと思います。
 そこで出会うのは実は、自分自身の一部でしかありません。↓

(続きます)
78. Posted by なりとな   2008年09月01日 21:18
こんばんわはじめまして
いつも興味深く拝見させていただいております
今回で、神=集合無意識ということで、コードや、ギアス、アーカーシャの剣に関する情報がすべてそろった感じですね
あの場にルルーシュが居たということが、ルルーシュのギアスが絶対遵守の力であったことが、ルルーシュのギアスがあの場で最終段階にまで成長することが、世界の答えだったのでしょう
人類の無意識は、世界が止まることなんて望まなかった
それにしても、皇帝が本当にみんなのために神殺しを成したかったのならあの場でルルーシュにコードを渡すべきでした
コードが二つ残っていれば、いずれ誰かが成し遂げたかもしれない
今、直接渡せる相手が例え敵であっても、コードが人を渡り歩くものならばいずれ後を継ぐものの元にたどり着くかもしれないのですから
そういう意味では、皇帝は自分のためだけに神殺しを成したかったのを、みんなのためなどという欺瞞に摩り替えていたのでしょう
(続きます)
79. Posted by なりとな   2008年09月01日 21:19
神楽耶様は、ゼロが、ルルーシュが変わっていないことに気づいてほしいですね
結果は全てに優先するという姿勢、世界を変え、殖民エリア全てを開放するという目的
そして何より、不屈であること
黒の騎士団から追い出されてなお、たった一人で世界を変えようと足掻き、そしてついにそれを成す力を手に入れた「夫」を誇ってほしいです
あと、オデュ兄さんが空気読めないとみなさんいっていますが、あの場でルルーシュを救うために即座に一番努力したのは兄さんだと思いますよ
玉座に座り、皇帝を騙るのは皇子であっても罪ですから
しかも、全世界に中継されているのですから、ギュ姉さんみたいに「あの痴れ物を捕らえろ!」と本来は即座にやらなければならなかった
しかし、弟が大事な兄さんが、あの場をルルーシュの復活記念パーティとしての余興で収めれば、うやむやに出来たかもしれません
実際にあの兄さんの手腕でそうできたかは疑問ではありますが、みんな仲良くなオデュ兄さんらしい頑張りだったと思います
80. Posted by なっきー   2008年09月01日 21:22
 シャルルが害悪だと否定した感謝の笑顔こそがナナリーの本質の一部であるなら、 『楽園』 にはナナリーは絶対に存在できないことにならないでしょうか?
 よってルルーシュやスザクにとっては、そこに迷う価値も存在しない―― 、それは私にはよくわかる話でした。



(続きます)
81. Posted by 夏祭   2008年09月01日 21:24
こんばんわー
ちなみに今回の話は、前回のコメントで言ったとおり、私的には痛い回ですw
>シャルル
シャルルとV.V.が地獄にいたと言って、そこから世界を否定しようとしますが、その世界を否定するのは世界を否定できる位と力(ギアス)を持ち、そして、自分が世界の中心にいると思っているからだと思います。そのせいで、自分たちが闇にいるのに、世界が闇にいると勘違いしているからだと思います。
>嘘
嘘は、この世に必要です。いいものがあると、必ず悪いことに使う人がいます。シャルルはその悪いことをたくさんみていたからで、「優しい嘘」は嘘つき=悪い人と思われているこの世界で、自分を怪我してまで、他の人を労わるというかなりの善行だと思っています。
>ルル
今回、ギアスがLvupして、(一人につき1回は変わってないのかな)格好いいなーと思っていたのですが。最後にw
最後のC.C.のルルを見てる顔がかわいそうで、私も同じ気持ちでルルを見ていましたw恐らく、皇帝は何をしようとしたのかを説明してからジェレミアに解かせるつもりでしょうが(ギアスが解けるかもしれない)(マリアンヌが死んだからルルに仕えていたけどマリアンヌをルルが殺したとなればどうなるか・・・)ギアスをかけられたールルは悪者だーみたいな某扇みたいな人がいそうです。(みんなプライドが高そうなので)あと、ミレイはちょっと驚いただけですが、リヴァルの驚きようがwシャーリーがいたらもっと驚いているでしょうw
では、さようなら^^

82. Posted by なりとな   2008年09月01日 21:25
あ、二重投稿申し訳ありません
投稿後に画面移動がきちんと行われなかったので、てっきり失敗したかと…
一度結果を確認してから再投稿するべきでした
83. Posted by なっきー   2008年09月01日 21:25
>トールさん

>個人的に、R2での大宦官のエピソードは
本編で語られなかった
>それらの過去のパロディ的なものではないか
 もちろん真相はわかりませんけど、そうであっても不思議ではない気はしますね。

>〜「天子様は結婚に納得しておられるのでしょうか」という、
>一見なんでもないセリフの中にとてつもない葛藤を感じます。
 確かに、それが過去の苦い思い出の焼き直しになりかねない状況なら、相当に複雑な思いを抱えそうです。

>……なんだか今週の話の本筋とはほとんど関係がない事ばかり
>書いているようで申し訳ありませんorz
 いえ、興味深いお話でした。
 ありがとうございます。



(続きます)
84. Posted by なっきー   2008年09月01日 21:32
>gemさん

>ルル「俺は皇帝になる。だからラウンズでなければ俺を殺す
>のは困難だ。」とか言って、スザクをナイトオブゼロにした
 面白い勧誘というか、この2人でしか成立しない方法な気がしますね(笑)。

>〜ルルは本当のことは隠したがる子ですから(笑)。
 これには激しく頷いてしまいます(笑)。

 この期に及んでも話していない可能性も高そうですね。
 その上でスザクが、つまりはルルーシュもわざとではなかったのだろうと想像する可能性も。



(続きます)
85. Posted by なっきー   2008年09月01日 21:37
>青髭さん

>biglobeの30秒予告をご覧になりました?
 見てないです。
 情報が出過ぎるのではと、いつも余計かもしれない心配をしてまして…。

 でも、ネタバレではないだろうと思われることであれば、コメント内容に含められることは、別に構いません。

>許せない事はない 許したくないだけ
>かつて、シャーリーがスザクに残した言葉
>俺とスザクはそこを話し合いの出発点とした・・・〜
 あ、ちゃんと話し合ったみたいですね。

>ルルとスザク、この一ヶ月の間にようやく話し合いをして向
>き合ったようです。
>おせぇよw
 やっとか!!!(笑) …みたいにどうしても笑いが添えられてしまいます。
 でも、とりあえずは良かったです。

>ミサイルというより、あれはサイコクラッシャーですな。
 仰るように中の人ネタにもなっているので、わざとなのかもとか勘繰ってしまいます。

>とりあえず、思いついたら即行動w
 (笑)。
 こうなると、本編できりもみ回転していなかったのが何とも惜しい気がします(笑)。



(続きます)
86. Posted by なっきー   2008年09月01日 21:43
>このブログの住人さん

>結局サブタイのR2ってなんなんだろうな〜
 正直、私には未だにさっぱりです。
 …というか、候補を絞り込めるだけの材料が足りないので、私の思考回路だと保留を選んでしまうというか…。



(続きます)
87. Posted by なっきー   2008年09月01日 21:48
>まもんさん

>普通のアニメが徒歩ならいつものギアスは車なんですけど今回
>はF1カー並だったようなw
 確かにそんな感じでした(笑)。

>今週は謎が多く解けましたね・・・F1でw
 まだ私たちネット住人はいいですけど、一般視聴者には理解しきれない面もいつもより増えそうな気がします。

>〜あぁこのアニメも、もう終わるんだなぁと寂しくなりました
 明らかに、巻きに入ってますしね。

>シャルル、マリアンヌ
>反面教師バンザイ!!(笑)って感じでしたね^^
 ルルーシュもスザクも、それで一気に心が決まった気がします(笑)。

>実際この二人のおかげでスザクも自分の最終的な状態がわかっ
>たでしょうしね^^;
 間違いない気がします。
 スザクにも一発とは、教育効果抜群です(笑)。

>ルルーシュの魂の叫びを聞いてスザクもようやくルルーシュの
>本質、やさしさが変わってないことに気付きましたしね^^
 仮面を書き換えるのは難しくなくとも、その裏にある本質を変えるのはとても難しいこと。
 ルルーシュの本質がまるで変わっていないことにスザクも、はっきり気付いた気がします。

>ユフィとシャーリーが正体を言わなかった疑問にも気付いた
>みたいですし(遅いけどw)
 遅いですよね(笑)。

>1期の最後のルルーシュとC.Cの全裸な感じになるってこと
>ですよね?
 あ、そういえばありましたね、全裸。
 イメージ的には、確かにああいう感じかもしれません。

(続きます)
88. Posted by なっきー   2008年09月01日 21:53
>嘘もつけなくなってみんな一つの存在になる的なことでいい
>んですよね?
 それはある意味では、 『ナナリー』 も 『ユフィ』 もいなくなることを意味するとも思います。
 彼女たちの本質、そこに 『感謝の笑顔』 や 『ゼロ=ルルーシュを言い残さない心』 が含まれているすれば…。

>自分にはあり得ないww自殺ものですww
 同感です(笑)。
 思考も嗜好も普通じゃない私みたいなのには、楽園どころかむしろ拷問?(笑) そんな感じで。

>あとシャルルが消える前にルルーシュに突撃したシャルルミ
>サイル(仮)で今週一番大爆笑しましたww
 ←溜め→+パンチ(右向き時)
 そんな感じでした。と言うか、まさか飛ぶとは…(笑)。

>ルルーシュ
>今週は本当にカッコよかった!!
 格好つけのルルーシュには、こんな風に本心をさらけ出すのは格好悪く感じていそうな気がするんですよね。
 でも、周囲からはそんなルルーシュこそが好ましく、格好良く見えている気がします。

 もちろん、スザクにも。

>〜まぁヘタレた姿を見れないのは寂しいけど(ぉぃ)
 いやあ、何しろルルーシュのことなので(笑)、まだまだヘタレる期待もできると思います。(コラ

>いきなり皇帝は驚いたけどてっとり早くはありますね
 シュナイゼルを皇帝にするわけにはいかない、というのが先にあったのでしょうね。
 お兄ちゃんを据えて裏からギアスで操るようなやり方ではスザクは賛成しないでしょうし、消去法で、これしかないと合意したのかもしれません。

>とりあえずブリタニアの膿を全部出してから自分とスザクと
>共に排除させる
 あるいは役目を終えたあと、自ら次の皇帝を選んで玉座を退く、という形も有り得る気がします。

(続きます)
89. Posted by なっきー   2008年09月01日 21:56
>スザク
>やっと正常になりましたね・・・・すごく遅いです・・w
 まあ、二度とまともに戻らない危険もあったことを思えば、御の字かもしれません(笑)。

>〜ナイトオブゼロとして紹介された時の笑顔
 ずっと怒ったような顔ばっかりだったので本当に心配でしたけど、やっとちゃんと笑ってくれました。↓

>〜1か月の間にルルーシュとちゃんと話し合って納得してルル
>ーシュと共に歩むと決めたんでしょうね!
 やっぱり会話は必要ですよね。

>ルルーシュとスザクが組んでやれなかったことはないことを
>証明して欲しい!!
 同感です!!

>C.C
>さぁこっちはどうなるんだ?
 物凄く迷っている気がします。
 自分が何をするべきか、そもそも何をしたいのかもよくわからずにいる感じ…。

>それとももうコード移植してる?
 それだとギアスが消えてしまうと思われますので、まだなのでしょう。

>個人的希望はルルーシュ登場の時に后妃として登場して欲し
>かったw
 仰るように、それだと神楽耶やカレンがしょんぼりしそうなので(笑)、ちゃんと対決(?)してからにして欲しい気がします。

>ギアスの謎はとかれるのか?
 これが微妙ですよね。

>何かギアスってもう病気みたいな?イメージになってきてる
 実はこれ、同感です。
 と言うか、コードの方が病気だかエラーだか、そんなものにも思えます。

>オデゥッセウスw、他
>ウルトラCどころか最後まで空気読めないお兄ちゃんだった
 いい人っぷりはさすがですが、皇帝候補としては…(笑)。

(続きます)
90. Posted by なっきー   2008年09月01日 22:02
>カリーヌは結局アホ以外わかんなかったしw、ギネヴィア位
>だなあの中で皇族っぽかったのw
 ルルーシュとシュナイゼルとコーネリアが抜けると、残りの質が…実に…(笑)。

>ディートハルト
>自分もディートハルトに釘付けでしたww
 素で参謀ポジションに立っているのに吹きそうでしたw

>あまりに気になってシュナイゼルの会話聞き逃しましたww
 わかります(笑)。

>まぁシュナイゼルと一番波長が合うでしょうねw
 非情の作戦も採りますしね。
 テレビ映え(?)する変なポーズこそありませんが…。

>シュナイゼル
>〜まだ底を見せてない感じがいい感じです!
 ここで皇位に執着されたりしたらがっかりでしたしね。

>とりあえず黒の騎士団は操られてねぇよな・・・(星刻と神楽
>耶がいるんで大丈夫だろうけど)
 私も、それは大丈夫だと思ってます。

>とりあえずブリタニアを握られたシュナイゼルがどうやって
>戦力をカバーするのか・・・・フレイヤはまた登場するのか?
 こちらはギアス無しなので、フレイヤもどこかで脅しや切り札に使いそうな気がします。

>コーネリア
>〜ふと思ったんですけどギアス世界に公表したいんですよね?
 シュナイゼルは公表しない方針だとは思うのですが、それをうまくコーネリアには誤解させるようにしているのかもしれません。

>ルルーシュって全国ネットでギアスを使ったってことはギアス
>公表の意志もあるのかなぁ〜って思ったりしてます
 これは仰る通りかもしれませんね。

(続きます)
91. Posted by なっきー   2008年09月01日 22:05
>饗団殲滅の時にC.Cがギアスの系譜はここで終わらせる、
>それが私とルルーシュの・・・〜
>その前にシュナイゼルに使い捨てにされそう(汗)
 そうかもしれません(汗)。

>〜後はリヴァルのウルトラCしk(ry
 かなり無理がある気g(ry

>〜ゼロのいない騎士団
>予想は神楽耶と星刻が二人で話し合ってほとんど決めて、扇
>がおろおろして何も言えなくて、〜
 神楽耶と星刻が主体になって決めてきた気はしますね。
 一方の扇たちは、極端に発言力が低下してそうですよね。

>何んとなく一度はルルーシュ側と敵対しそう・・・・
 展開としては、少し考えにくい気がします。
 ルルーシュも星刻を敵に回す危険さはわかっているはずですし、星刻もルルーシュ(=ゼロ)の真意を確かめようと思いそうですし…。

 なので、↓

>〜それをシュナイゼルが高みの見物して漁夫の利得る的な?
 そうさせるためには、シュナイゼルが相当干渉しなければ厳しい気がします。

>ルルーシュとスザクが共闘しただけでおなかいっぱいです
 諦めの悪い私はまだ期待していたとはいえ、もう無理かもしれない状況になりつつありましたしね。

>とりあえず1か月の間になにがあったのか来週説明頼みます!!
 これは欲しいですよね。
 私もそれに期待したいです。

>キャラクター相関図とキャラクターが更新されてましたね
 私もさっき見てきました。

>〜もう一度コメントします!!
 はい、いらっしゃいませー。

>神聖ブリタニア帝国
>いくらなんでも弱すぎるwwww
>スザクしかいないwww
 癒し系お兄ちゃんとか、頭が弱そうな妹とか、変な人材ばかりが残ってます(笑)。

(続きます)
92. Posted by なっきー   2008年09月01日 22:12
>ルルーシュの策略があるのとスザクのアルビオンが獅子奮迅
>の活躍をするんだろうけどさすがにきついだろww
 それだけに 『僕たち二人で力を合わせればできないことはない』 を証明できる状況ではありますね。

>とりあえずコルチャック、カラレスとかもう消せよww
 枯れ木も山の賑わい(笑)。
 …まあ生きている(可能性がある)人はともかく、死んでいる上に特別な役割(立場)もない、という人は消してもいい気がします。

>まぁ第一皇子、皇女握ってるんで兵は結構付いてくるのかな?
 見かけ上の数は十分でしょうけど、どこで新たな反乱が起きるかわからない状況では、守るための兵力もたくさん必要になりそうです。

>旧皇帝派
>〜シュナイゼルがトップでラウンズ全員にカノン、ディート
>ハルト
 ラウンズが一部抜ける可能性は残っている、とは思います。
 モニカとか、シャルルに疑念を抱いた人もいますしね。

>とりあえずラウンズではジノ、アーニャはルルーシュ側に
>来てほしい!!
 ジノの場合はスザク側、という感じかもしれませんね。
 性格的に簒奪は許せないでしょうが、スザクの豹変をまだ許すつもりがあるのなら、事情を聞きたいと考えるかもしれません。

 アーニャは、寝返るかどうかはともかくルルーシュへの関心は相当に強いのではと思っています。
 ひょっとしたら、私的に会話する機会を欲しがるかも?

 何にせよこの辺の、ルルーシュやスザクの身内と言える人たちにはギアスを使わないで欲しい気がしますね。

>あとはロイド、セシルも!!やっぱりランスロットは二人が
>整備しなきゃ!!
 ロイドにすっかり嫌われてしまったので、まずはスザクが謝ってからでないと話が始まらない気もします。

(続きます)
93. Posted by なっきー   2008年09月01日 22:15
>そういえばランスロットはスザク確保してるのか?
 確保してなかったなら当然、ランスロット強奪作戦が行われるのではないかと思います。

>黒の騎士団
>〜今のところ黒の騎士団の立ち位置が不明・・・
 ブリタニアに占領された国を開放するための軍事力なのですから、そのブリタニアとは 『一時休戦』 以上にはならなかったと思います。
 しかし今の皇帝はルルーシュなのですから、全エリアの返還に向けて計画立案を命令、といった形で休戦を延長し、あるいは条約を結ぶことも可能かもしれません。

>ルルーシュは話し合いで黒の騎士団吸収して欲しいんだけど、
>さすがにあんなことあった後じゃ無理そうだし・・・
 ルルーシュが死ぬ気でいるなら、今更黒の騎士団を掌握しようとは思わない気がします。

>ジェレミアはどうなんだろう?
>もうとっくに仲間になってる可能性もありますけどw
 黒の騎士団に一応籍を置きながら、1ヶ月間ずっと、ルルーシュを捜していたのではと思っています。
 簒奪に見えることに若干の不満を抱くかもしれませんが、それでもルルーシュの元へとやって来てくれるのではと思います。

>とりあえず神楽耶さまとルルーシュの話を聞いてみたい!!
>(予想はルルーシュ押されっぱなしw)
 ルルーシュは神楽耶の知り合いなので、今まで以上に神楽耶が勢いを増しそうな気がします(笑)。

>カレン、星刻もついてきてほしい!!
>でもアルビオンVS紅蓮も見てみたいし・・・・w
 見てみたいですけど、やっぱりカレンはルルーシュと話をして欲しいと思うんですよね。
 …ああ、でもルルーシュが死ぬつもりなら、カレンを遠ざけようと考えるかも…。

>>それとももうコード移植してる?
>だったらギアス使えませんね^^;
 はい、ギアスをあの場で使った以上は、コードはルルーシュにないと見て間違いない気がします。



(続きます)
94. Posted by なっきー   2008年09月01日 22:21
>ROMさん

>玄武のこと
>〜何か取引をしたというのがドラマCDで語られるのですが、ど
>んな取引なのかわからないんですよね。
 …そうなると、語られるとしてもまた別メディアで、ということになりそうな気もします。

>マリアンヌ&若本皇帝
>〜ルルーシュの言うとおり「ルルーシュとナナリーを捨てた」
>んですね。
 例え善意のつもりでも、守られなかったこと、むしろ死に追いやる行動をしたこと(日本侵略)は動かし難い事実ですからね。

>「ドラゴンボールで生き返るから大丈夫」みたいに。
 なるほど、これはいい喩えかもしれません。

>皇帝はマリアンヌと再び見える為に計画を実行しようとして
>いたと考えると、V.V.のマリアンヌ殺しは相当効果があった〜
 それまでよりさらに盲目的に目的に邁進したかもしれませんね。

>V.V.とマリアンヌという信頼できる人間を全て失った皇帝は
>独りよがりになってしまったと考えられます。
 孤独になっても世界の中でもがき続けたスザクや、二人で頑張っていたルルーシュたち兄妹と違い、本当に孤独だったのだと思います。
 だから、仮面がなくなった先を理想郷だと、それまで以上に思い込んだのでしょう。

>ルルーシュ皇帝
>〜自分達を捨てた恨みと最愛のナナリーへの理解が両親を討っ
>た引き金でしょうか。
 後者は相当大きいと思います。
 何しろ 『感謝の笑顔』 をシャルルは逆に悪いものだと言おうとした―― ルルーシュが怒りを込めて割り込んだ―― のですしね。

>〜スザクの憎たらしい笑みと、相変わらずのルルーシュの笑
>みは共犯者のような邪悪な雰囲気があって、〜
 『悪友』 という感もありますよね(笑)。
 これはこれでいい感じです!



(続きます)
95. Posted by なっきー   2008年09月01日 22:25
>こけももさん

>今回こそが皇帝失格という感じでした。
 あるいは前後編の後編ですか。

>〜次回いきなりルルーシュが退位しても驚きませんよ。いや、
>驚きますけど。
 今回くらいの展開の速さなら、それも有り得る気がします。

>ルルーシュ&スザク
>〜でも死ぬ覚悟決めちゃってるみたいなので揺り戻しは死ぬ
>っぽいんですよね。ラストまで生き延びてるといいなぁ。
 そこで 『屋上で花火大会』 ですよ。
 私は今でもこれ、諦めてません。

>神楽耶
>〜「あの方と……スザクが!?」って。
 やはり、扇ごときでは抗しきれずに、何もかも口を割ってしまったのでしょう(笑)。

>一ヵ月後(笑)
>皆さん非難轟々ですけど、これは心配しなくてもいつものギ
>アス演出だと思いますよ。
 そうかもしれませんね。
 先に1ヶ月後を見せておいてそこで次週、そして改めてその間を描写するという…。

>多分次回のアバンはコレでしょうね。ほぼ間違いなく。
 私も、そういう気がしてきました。

>作中描写から考えて、ほぼ間違いなく遺跡は先史文明の遺跡
>ですね。
 私はそれと、 『過去に地球に流れてきた異星人の遺したもの』 と、その2つで考えています。

>ギアス能力を持てるという情報ですね。で、コードギアス。
 これは仰る通りかもしれません。

>〜いやむしろ死者とも交信できるではなく、あらゆるものと
>強制接続されたままになるのではないでしょうか。
 それでも平気な人もいるのでしょうけど、耐えられない人も当然、大勢出てくると思います。↓

(続きます)
96. Posted by なっきー   2008年09月01日 22:28
>ここであの骸骨の群れが出てきます。〜
>あの彷徨する人々ですね。
 なるほど。
 考えていませんでしたけど、それも有り得ますよね。

>サクラダイトもその時代の遺物。ゆえに一部からしか取れ
>ない。
 なるほど。

>今回半分のコードでは完璧ではないと情報が出ましたが、コレ
>も、ここで一度剣が振るわれたからこそわかる情報
 面白い読みだと思います。



(続きます)
97. Posted by なっきー   2008年09月01日 22:31
>地護津 由利さん

>それなりに落ち着いたので思いついたことを投稿します
 はい、どうぞー。

>一ヶ月間の間に何があったのかが着になります
 これは是非、次回で見せて欲しいですね。

>とりあえず旧皇帝派と黒の騎士団の休戦条約はまだ続いている
 これ自体は可能性が高そうですが、黒の騎士団がエリアの奪還を目的としている以上、新皇帝の出方次第でどうとでも変化しそうではあります。

>〜まさかOPにある宇宙船を作っていたりして、〜
 最低でもラクシャータを押さえないと不可能でしょうね。

>〜シュナイゼル軍に攻撃されている黒の騎士団にゼロからの
>通信が入る、とか妄想しています
 十分有り得ると思います。
 ルルーシュならばエリアの返還計画を条約締結の材料に出すことができますし、そうなると黒の騎士団の目的上、ブリタニアと休戦することこそが筋となる気がします。
98. Posted by 東西南北   2008年09月01日 23:44
いずれ共闘するだろうとは予想していた。
しかし、それは流石にクライマックスに持ってくるだろうと踏んでいたのに、今週かよ!w
俺はまだまだこの作品を侮っていたようだ・・・。

と言うわけでこんばんわ。今週も相変わらず予想の斜め上を超速でかっとんで行ってくれました。
主要メンバー全員が集まって来てたので、もう神根島及びCの世界で最終決戦まで雪崩れ込むかもとまで思ってたのですが・・・1ヶ月後てw

あ、もう上の方で語られてますが、可能性としてはこれは「引き」を重視した結果で、来週すぐに補完されるということも考えられますので、落胆するのはまだ早いかと。
99. Posted by 東西南北   2008年09月01日 23:45
>スザク
皆さんの評価が回復傾向にあるようで何より。ずっと、先週すらスザクを応援し続けてきた自分としては、感慨深いものがありますw
とは言え、それで本当にいいのか?とも思います。何がって、ギアスで側近全員強制服従なんて手に賛同協力している事から、間違った手段云々の信念は砕けた(曲がった)ままと推測されることです。
いや、俺はいいんですよ。ただ皆さん的にはどうなのかなーと、ちょっと思ったわけです。

>ルルーシュ
魂の叫びはカッコよかったし、理解も共感も同意もしました。が、正しいかどうかはまた別の話。
100. Posted by 東西南北   2008年09月01日 23:45
結局、ルルーシュとシャルルの戦いは思想戦なんですよね。何を是とし、何を非とするか。「ワシはこれがいい」「俺はこっちの方がいい」と言い合っただけ。
ただそれだけの事が、しかし人間にとってどれだけ重要であるか。そういう話だったのかも知れません。

来週以降のルルとスザクの行動が、「押し付けの善意」と化してしまわぬ事を祈りつつ。一旦終わります。

蛇足
思想戦の末に「明日が欲しい」とか叫ばれたら、種運命好きとしては反応せざるを得ないのですが(爆
あれも最終的に語りたかったテーマは今話のギアスと似通ってると思うのですが・・・如何せん、そこに到るまでの色々な面でのクオリティがなぁ・・・(汗
101. Posted by なっきー   2008年09月02日 00:47
4  なりとなさん、夏祭さん、東西南北さん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>なりとなさん

 初めまして!

>いつも興味深く拝見させていただいております
 お楽しみいただければ嬉しいです! ヽ(⌒ヮ⌒)ノ

>今回で、神=集合無意識ということで、コードや、ギアス、
>アーカーシャの剣に関する情報がすべてそろった感じですね
 一応コードとかギアスが一体何なのか、というのは残っていますが、これは遺跡の正体とも結び付いていそうですし、語られないままで終わりそうな気もします。

>あの場にルルーシュが居たということが、ルルーシュのギア
>スが絶対遵守の力であったことが、ルルーシュのギアスがあの
>場で最終段階にまで成長することが、世界の答えだった
 私もそう思います。
 『神』 はシャルルの理想郷にノーを突き付けた、と言えそうです。

>〜皇帝が本当にみんなのために神殺しを成したかったのなら
>あの場でルルーシュにコードを渡すべきでした
 なるほど、これは仰る通りかもしれません。
 結局シャルルたちが 『自分に優しい世界が欲しいだけ』 というルルーシュの見立ては、全く以て正しかったということなのでしょうね。

>そういう意味では、皇帝は自分のためだけに神殺しを成したか
>ったのを、みんなのためなどという欺瞞に摩り替えていた
 まあ自分のためでみんなのため、と主張することそのものは、ダメとは言えないかもしれません。
 けれど、 『だから今ルルーシュたちを見捨てるのは構わない』 『だから世界征服で不幸な人が出るのは構わない』 『もうすぐ神殺しができるから政治はどうでもいい』 といった具合に害悪を振りまきながら、それでもなおみんなのためと正当化するのはひどい話だとも思います。

(続きます)
102. Posted by なっきー   2008年09月02日 00:51
>神楽耶様は、ゼロが、ルルーシュが変わっていないことに気づ
>いてほしいですね
 『敵国の』 とは言え、簒奪者ですからね。
 まあ神楽耶なら大丈夫だと思いますけど…。

>黒の騎士団から追い出されてなお、たった一人で世界を変えよ
>うと足掻き、そしてついにそれを成す力を手に入れた「夫」を
>誇ってほしいです
 激しく同感です!
 そして夫の中身が変わっていないと悟れば、黒の騎士団の目的(エリアの開放)も話し合いで何とかできる事柄だと、神楽耶なら気付ける気がします。

>オデュ兄さんが空気読めないとみなさんいっていますが、あの
>場でルルーシュを救うために即座に一番努力したのは兄さん〜
 確かに、厳罰に処することなく済まそうと考えるなら 『面白い冗談だったよ』 とでもするしかないでしょうね。
 それでも無罪にはならないでしょうが、簒奪とされるのとは天地の差です。
 ただ、↓

>全世界に中継されているのですから、ギュ姉さんみたいに「あ
>の痴れ物を捕らえろ!」と本来は即座にやらなければならなか
>った
 内々で終わらせられる状況ではないですからね。

>〜あの場をルルーシュの復活記念パーティとしての余興で収め
>れば、うやむやに出来たかもしれません
 仰るように、正直ちょっと厳しい気がします。
 シャルル皇帝からの発表があるとして皇族貴族や報道陣が集まっている以上、皇帝殺しを冗談で済ませるにはシャルルの存在と、シャルル本人からの事情説明が不可欠だと思えます。

>〜みんな仲良くなオデュ兄さんらしい頑張りだったと思います
 確かに、そう言われてみますと何とも彼らしい行動だったとは思います。

(続きます)
103. Posted by なっきー   2008年09月02日 00:54
>あ、二重投稿申し訳ありません
 後ろの方を削除させていただきました。

 最近ときどき、妙に重い時がありますから…、今日とか(汗)。
 あまりお気になさらないでくださいまし。



(続きます)
104. Posted by なっきー   2008年09月02日 00:57
>夏祭さん

>シャルル
>〜その世界を否定するのは世界を否定できる位と力(ギアス)を
>持ち、そして、自分が世界の中心にいると思っているから
 仰る通りかもしれません。↓

>自分たちが闇にいるのに、世界が闇にいると勘違いしている
 この喩えには、激しく納得してしまいました。

>嘘は、この世に必要です。いいものがあると、必ず悪いことに
>使う人がいます。
 真実が必要な場面は確実にあります。
 でも、だからと言って、嘘も隠し事もあってはならないなんて理屈は成り立たないとも思います。

>〜「優しい嘘」は嘘つき=悪い人と思われているこの世界で、
>自分を怪我してまで、他の人を労わるというかなりの善行
 善と言えるかはわかりません。
 私は多分、全然違う考え方をしている気がします。

 私は、仮にそれが相手のためを思っての嘘なのだとしても、それでも罪を自覚します。
 嘘である限り悪であり、善意が加わったとしても、それは決して相殺されないと思っています。

 それらは同じ軸でプラスとマイナスになっているとは、私は思わないのです。

>ギアスがLvupして、(一人につき1回は変わってないのか
>な)格好いいなーと思っていたのですが。最後にw
 ギアスのパワーアップは、客観的に判断できる範囲でも随時→常時→両目の3段階はある気がします。

>最後のC.C.のルルを見てる顔がかわいそうで、〜
 細部が違うだけで、かつてのC.C.の孤独と同じ形ですからね。
 そういう意味では、 『C.C.のコンタクト』 と 『掛け直し不可』 の2つの要素は大きな救いかもしれません。

(続きます)
105. Posted by なっきー   2008年09月02日 01:03
>恐らく、皇帝は何をしようとしたのかを説明してからジェレ
>ミアに解かせるつもりでしょうが〜
 スザクが協力している以上はエリア11の返還が必要なはずで、ルルーシュは全占領エリアの返還を考えていると思います。
 それは簡単ではないでしょうけど、ギアスを解除するのはそういったことが終わってからではないかと思っています。

>〜ギアスをかけられたールルは悪者だーみたいな某扇みたいな
>人がいそうです。
 いるでしょうね。
 そしてルルーシュはもう、それを正当化しようとも身を守ろうともしないのではないかと思います(汗)。

>〜ミレイはちょっと驚いただけですが、リヴァルの驚きよう
>がwシャーリーがいたらもっと驚いているでしょうw
 シャーリーの映像が脳内再生されました(笑)。

 ミレイは精神的に大物だからでしょうね。
 リヴァルは、ルルーシュに悪友というイメージを抱いていたでしょうし、その違和感がそのまま反応に出ている感じでした。



(続きます)
106. Posted by なっきー   2008年09月02日 01:08
>東西南北さん

>いずれ共闘するだろうとは予想していた。〜
>今週かよ!w
 半端ない流れの速さですよね。

>主要メンバー全員が集まって来てたので、もう神根島及び
>Cの世界で最終決戦まで雪崩れ込むかも
 まあ対立軸がシャルル組 vs それ以外、となってましたからね。
 シャルルがアーカーシャの剣に行ってしまった以上は、大戦力での決戦という形にはなり得なかったのかもしれません。

>可能性としてはこれは「引き」を重視した結果で、来週すぐに
>補完されるということも考えられますので、〜
 確かにそうですね。凄くありそうです。

>スザク
>皆さんの評価が回復傾向にあるようで何より。
 やっぱり、思い込みに囚われたまま行動が迷走していると評価も下がってしまうわけで。
 話を聞いてみようルルーシュに直接ぶつかってみようと考えれば、評価が回復するのも当然かもしれません。

>〜ギアスで側近全員強制服従なんて手に賛同協力している事か
>ら、間違った手段云々の信念は砕けた(曲がった)ままと
>推測されることです。
 ブリタニアの今までの行動をリセットするため、でしょう。
 誰かが罰を受けなければならないのなら、それは侵略戦争を起こした者たちに他なりません。

 そのブリタニアに対して、自らが正義とすら思っていないルルーシュが、覚悟を決めて、しかも 『認めろ』 という平和的なギアスを使っているわけで、実は 『可能な限り平和的』 なやり方を選択していることが透けて見えます。

 それでもギアス=悪と見なすことは可能ですし、実は私自身はそう思っています。
 ですが、ならば例えばアルビオンで敵を殺すのはそれより上等なやり方だと言えるでしょうか?↓

(続きます)
107. Posted by なっきー   2008年09月02日 01:14
 つまりは善悪はそこまで単純ではない、と思います。
 恐らくスザクは、ルルーシュが考えた 『一番マシな方法』 を信じてみることにしたのではないでしょうか。

>ルルーシュ
>〜が、正しいかどうかはまた別の話。
 それ自体はその通りですが、↓

>何を是とし、何を非とするか。「ワシはこれがいい」「俺は
>こっちの方がいい」と言い合っただけ。
 それは等価とは思いません。
 シャルルはどこまでも 『自分にとっての価値』 を主張し、それが全ての人にとっての価値だと当てはめようとしました。
 だからこの罪は赦されるのだと言っているわけで、そうなると鏡写しの論戦ではなく、シャルルの理論武装をルルーシュが論破できるかという戦いになります。

 そして、シャルルは負けた、というわけです。

>来週以降のルルとスザクの行動が、「押し付けの善意」と化し
>てしまわぬ事を祈りつつ。一旦終わります。
 ブリタニアの現体制を破壊することは大前提であり、それはもちろんブリタニア人にとって正義ではありません。
 よってルルーシュやスザクは 『これは全人類にとって善である』 などとは間違っても主張しないことでしょう。

 故に、シャルルとは決して同じではないと思います。
 そもそも善だと考えているかどうかすら怪しいと、私は思っています。

>〜種運命好きとしては反応せざるを得ないのですが(爆
>あれも最終的に語りたかったテーマは今話のギアスと似通って〜
 個人的には脚本に落胆することが多くて…。
 テーマ以前の問題だったような気がします(汗)。
108. Posted by 天鳥   2008年09月02日 01:15
こんばんは。思わず座椅子から滑り落ちるほどの衝撃展開でした。いやはや。「こうくるかー!」と毎回度肝を抜かれますが、やはり今回は別格でした。

さて、まずルルーシュ。
今回ほど、ルルーシュが好きだなと思ったことはなかったですね。
魂の演説、という言葉がしっくりきます。こんな言葉が出るなっきーさんはすごいと思います。的確さが気持ち良いですね。
しかし、仇討ちを望んだ母は実は死んでなくて、しかも結果的に倒すべき敵になってて、認めたくなかった事実を突きつけるのはルルーシュ自身にとってもすごく辛いことだったろうなあ…。涙する姿が痛々しかったです。
それでも立ち向かい、彼らしく戦い抜いたルルーシュに拍手です。

こちらのブログを拝見するようになってから、何となくネタバレを避けるようになっていましたが、実は先日発売されたR2のサントラの曲名に意外なバレが潜んでおりました。もう判明したのでちょっと書きますが、例えば前回にルルーシュがナイトメアのランスアーチを通る時の勇壮な曲ですが、タイトルが「Beautiful Emperor」となっております。気づいた時、まさかルルーシュのことか!?そんな展開が!?と愕然としました。いやブラフかもと思いつつ、更に予想外の展開で少しほっとしました。

これから彼はどうするのか。まだまだ予断を許しませんね。
しかし即位に学生服姿で臨んだのは、歴代皇帝の中でもルルーシュくらいのものでしょうね。いろいろ歴史に残りそうです。
続きます。
109. Posted by 天鳥   2008年09月02日 01:16
それからスザク。
迷走からやっと帰ってきたかな? ルルーシュもやっと真っ正面から向き合ったようだし、これからがすごく楽しみです。
回転しながら降ってきた時には「た、縦回転が入っているー」「ひねりが入った!」と家族と爆笑しましたが、スロー再生でよく見ると視点が変わっただけでいつもの横回転でした。むう、意外と芸がない。
ともあれ、紹介された時に悪ガキのような笑顔とか、予告の新パイロットスーツと精悍な顔とかも嬉しかったですね。すっきりかっとばしていって欲しいです。

ラグナレクの接続について。
ビスマルクとシュナイゼルの会話で、モニターに広がるレベル7の数字は地震の震度ではないかなと思いました。だとするとすごく怖いですね。
思考エレベーターで作り出すのがアーカーシャの剣、と思うのですが、これはどちらも人間で出来ているような感じですね。人であったもの、というか。
どうやって作るのかはあんまし考えたくない気がします。
みんな1つになーれ、ということだったんだなと理解しましたが、これでいいのかな?

皇帝夫婦。
マリアンヌに対する印象がころころと変わっていきました。最後には嫌悪感が出るまでになりましたね。ある意味、ルルーシュの悪党ぶりはこの人の遺伝かと思います。少年時代のびびっている皇帝を見ると、ヘタレぶりはこの人だなとも思います。
皇帝は最後にルルーシュにコードを渡そうとしたように思いました。無念もあるのでしょうが、これからシュナイゼルと戦わねばならないルルーシュのためでもあったかも。
もっかい続きます。
110. Posted by 天鳥   2008年09月02日 01:18
そしてシュナイゼル。
この余裕の源は、謎のトロモ機関とフレイヤでしょうか。
なんか最後までこの人の真意はわからないんじゃないか、という気がしてきました。というか、本人の口から聞かされても本当にそうなんだろうかと思ってしまいます。
「それとも…」とか、途切れる台詞が多い脚本なので、つい妄想に走ります。
さり気なくいるディートハルトに苦笑しましたが、コーネリアの左手が普通になってるのも気になります。なんでかな?

最後にカレン。
思うほど、活躍してくれなかったなあ。少し残念です。

長々と失礼しました。
111. Posted by Avz   2008年09月02日 01:55
お久しぶりです。
2週程書き込む時間がとれずROMに徹してしたのですが、やっと復帰できました。

>善意と犠牲と
両親への善意を押し付けと語っていますが、
これは今までルル本人も大なり小なり
ナナリーに
してきたことなんですよね。
(9/1にR2小説2巻がでたのですが、
 このなかでもとことんシスコンしてます)
両親の話を聞くことで始めてそれを
自覚することができたのではないかと思えます。


>「でも、ナナリーが望んだのは、きっと、他人に優しくなれる世界なんだ!」

断定せず、『きっと』と言ったのは、
ナナリーの望んでいた願いの形を
ナナリーを失って初めて見つめなおすことができたからなんでしょうね。

かつてはルルーシュの考えたやさしい世界=ナナリーにとってのやさしい世界
と考えていた節がありましたし。

>嘘の肯定と犠牲と
かつて15話でシャルルの論理に圧倒されたルルでしたが、
今回は堂々と渡りあっていました。
これは、ウソの関係であっても
最後までそれを守るために
過ちを重ねて、最後には自分の命も捨てた
ロロの存在があったからだと思います。

嫉妬に駆られたVVが遣わしたロロに
よって、嚮団が壊滅するきっかけが
生まれ、ルルにシャルルに対抗する
コトワリを与えた。
と書くと、運命じみたものを感じさせます。


(続きます)
112. Posted by ゆい   2008年09月02日 01:58
なっきーさん、こんにちは。
今回一回目は私も超展開に頭グルグルだったのですが、一時停止しながらセリフを噛み砕いていくと、ルルーシュとスザク二人の意識が劇的に変わっていくのが段階を踏んでちゃんと描かれていて、なんかもう感無量でした。
しかし悲しいかな、普通に見ただけでは到底わからない…。一旦止めて10秒くらいするとわかってくる…。
脳の情報処理スピードを肌で感じつつ。

>君と僕とは似ていない
ここでまず、お!でした。確かに二期のスザクはもう罰を待っているだけじゃなくて、時々やりかた間違っちゃってるけど、とにかく走り出しているんですよね。死ぬほうへ、ではなく、生きて何かを成すほうへ。たとえ(色々やらかして)愚かだと言われようと。

そして自分が仕えてきた国の王が何をしようとしているのか、自分が敵と思い続けてきた男が何をしようとしているのか、確かめにいくスザク。
仇を討つ為や殺す為ではなく、ただ知るために。
今回この相手を知る、理解するというのが、キーモチーフで何回も使われていたように思います。

>ナナリーを言い訳に使うのか
本心が、もっと他にあるだろう、ということですよね。ここで再び「!」です。
ルルーシュすら完全に自覚できていないほどの意識の広がりを、直感で感じ取っているスザク。
自分の罪を償うため、ユフィのためと唱えながら、でももうそれ以上に成し遂げたいことがスザク自身の意思として出てきているからこそ、言えることかなと。
実際、ルルーシュも7話以降、ナナリーのためだけでなくもっとたくさんのもののために、自分の意思で再び仮面を手に取ったわけですし。
「守りたいものすべて」の中には、学園も、神楽耶たち日本人や黒の騎士団も、星刻や天子たち中華も、無意識下ではスザクすらも、全部入っていると思います。

113. Posted by ゆい   2008年09月02日 02:04
(続きです)
>ルルーシュ、君は何のために、世界を手に入れようとしたんだ
アーカーシャの剣が動き始める中、これでいいのかと言外に問うスザク。
いいや、違うと、言外に答えるルルーシュ。
「結果を求めるなら、何かを為さなくてはならない」
「そのための手段は、何かを否定することにも繋がる」
「だったら」
「ああ」
このくだりで、もう、二人の意思疎通はできでるんだああ、と思うと泣けました。
一期の逆で、スザクが結果と言い、ルルーシュが手段と言う。このクロスだけでも相互理解の兆しなのに、結局、二期で二人がぐるんぐるんになりながら出した答えは
「信じる結果のためには、綺麗ごとだけじゃいられない!!でも、それでも、みんなにとっての優しい世界を目指す!!」
スザクも二期では本気で結果を求めてきたからこそ、その過程で起こるもどかしさや葛藤を経験し、ルルーシュの苦しみも、少しはわかるようになってきたのかな、と。
何かを否定の何かは、ルールにのっとったキレイな生き方だともとれるし、本来愛すべき親という存在(特に今回マリアンヌ)ともとれます。
親殺しをトラウマに背負うスザクだからこそ、この局面の重大さはわかるんじゃないかなあと。
このあとスザク、ルルーシュの魂の演説をものすごく真剣に聞いてますし。
(続きます)

114. Posted by ゆい   2008年09月02日 02:15
個人的には17話の、嘘を本当にしてみせろ!君は奇跡を起こす男、ゼロなんだろう!が、諸々を経て、今回につながってきた気がします。
そう思うと、あのとき差し伸ばされた手は今回もやっぱり差し伸ばされていて、そして今度こそルルーシュも、しっかりその手をつかめたのだと思います。

ユフィ、シャーリーの言葉を思い出し、他人に優しい世界を想った上での最後の対立は、
「ルルーシュは、ユフィの仇だ」
(そして自分はナナリーを殺した)
「だから」
「ユフィとナナリーの目指した世界を、僕(俺)たちで作ろう」かなあ、と思うのです。
この奇跡が、あの神根島の、あの遺跡の扉の奥で起こっている、というところに、脚本の深さを感じてなりません。

あと数週間夢見ていたい気分なのですが、来週は魔の22話なので、どうなるんでしょう…。

長くなってすみませんでした!
115. Posted by Avz   2008年09月02日 02:17
>神話の時代から、男を惑わすのは女だって話

この話にリンクしているかどうかは
わからないのですが、

旧約聖書の一番初めの殺人は、
カイン・アベル兄弟の弟殺しなのですが
その原因は
「嫉妬」
なんですよね。
結果として、兄は楽園(エデン)から追放されてしまいます。

あとこれは前回の話にリンクするのですが
『神曲』の地獄において最も重い罪とされる悪行は
「裏切り」
地獄の最下層コキュートスに送られる
刑罰とのことです。

掘り下げると色々仕掛けてます、この脚本。

>「本当に大切なものは遠ざけておくものだ」
でも、預け先のゲンブは
二人を小汚い土蔵(スザクの遊び場所だtった)に押し込めるは、
ナナリーを政略結婚に遣おうとするは、
(小説では)ブリタニア高官から、
エリア11における地位と引き換えに兄妹の抹殺を持ちかけられて、
実行に移そうとするわ、
とロクでもない状況でした。
これ以外にも、
近所の子供にリンチを受ける、
ナナリーのため苦労して近所の店から頭を下げて果物を買うと散々な状態でした。
はっきりいって、ナナリーがいなかったらルル間違いなく首を吊ってます。


(続きます)
116. Posted by Avz   2008年09月02日 02:39

育児放棄を放棄して自分の趣味に
没頭する両親と、
その親を否定する息子
と書くと
ニュースでやってそうなテーマですが
(汗)

>99代皇帝ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアです

1期のサウンドエピソード5巻に

「スザクは、お父さんみたいに首相になるのか?」
「そうなったら、ルルーシュは皇帝になれよ」
「無理だよ。もう皇位継承権はなくなったんだ」
「手伝うよ。俺はルルーシュを皇帝にしてやる」
「ありがとう。じゃあ、僕はスザクを……」

と約束を交わすエピソードがあります。

そしてこの直後、飛行機の轟音が聞こえ
「魔神の生まれた日」のアバン。
ブリタニア日本侵攻へとつながります。

侵攻直後のルルーシュの
「ブリタニアをぶっ壊す!」
発言と合わせて考えると、
最終目標はブリタニア帝国の解体
と予想されます。

その過程でシュナイゼルの打倒も
行うとおもうのですが。

なおこの巻には、あのジェレミアのエピソード『オレンジピール』もあるので
『全力での』購入をお勧めします。(笑)

>そして1ヶ月後
30秒予告を見る限り、
スザクとルルの間で話し合いが
もたれたのは確かなので、来週に期待したいですね。
ただ先週の30秒予告

なるほど、確かに俺は、道を誤ったのかもしれない。
スザクが言うとおりだったのかもしれない。
大切なのは手段…
しかし、今更、後には下がれない。
ユフィやシャーリー、ナナリーやロロの為にも。
そう、俺は、向きあおう。
俺が俺であるための全てをかけて、この男と。
ブリタニア皇帝、シャルルと。
その先に、例え何が待っていようと、俺は…

とか考えると、TV予告の情報量が少ないんですよね。
プレゼントの告知ぐらい削ってもいいんじゃないかと思うんですが。
(また見てギアスを削るかは迷いますが)

ではまた明日。
117. Posted by りぐ   2008年09月02日 12:19
こんにちは

>シュナイゼルの世界
定義づけの問題でしょうかね。例えばサイコロを振る上で奇数を善政、偶数を悪政と定義づけてサイコロを振る。目がどちらになるにせよ善政か悪政かというような評価ができる。しかしシュナイゼルの行う政治にはこの定義づけが存在しない。目によって定義がつかないので振る度に評価がかわり安定がなく世界は振り回される。あるいはシャルルはカードの表裏で表現しましたが表裏という形すらないのかもしれません。

>ビスマルクの報告
ビスマルクがシャルルに起こった変異をどれだけ感じれたかわかりませんが、「死亡」を感じ取ったのに「行方不明」と報告しているならシュナイゼルによる要請を受けているのかもしれません。「死亡」と報告するとシュナイゼルが後継問題により本国に帰らざるをえなくなります。クーデターの事に関してはなんらかの理由をつけてジノ達にはごまかしているとか。
118. Posted by りぐ   2008年09月02日 12:28
いまだルルーシュの所在がはっきりしない以上ブリタニアに戻り表舞台に立つのは危険だとシュナイゼルは判断したのかもしれません。もちろん旧弊を背負うのをルルーシュに押し付けるとこまでは狙い通りだと思いますが。

>1ヵ月後
明らかに尺も足りませんが、やれば本1冊くらいにはできそうです。

>ジェレミア
一人で捜索するとしてもサザーランドジークの補給をどうするのかという問題もありますね。黒の騎士団の援助を受けているのかシュナイゼルの援助を受けているのかどちらにしても騙されている状況になるんですよね。そういう状況よりはどちらかによって拘束されているという状況も有り得るかなという程度です。
119. Posted by ありさと   2008年09月02日 12:36
5 管理人さん、訂正お願いします。C.Cのセリフですが、「心と記憶の海に開いた窓」だと思います。それではよろしくお願いします
120. Posted by 碧   2008年09月02日 15:24
1期のOPにあったフラッシュに映ったキャラ(ルルーシュ、スザク、C.C.、ユーフェミア、シャーリー、シャルル、シュナイゼル、マオ、ニーナ、扇、咲世子)が死亡するキャラな気がしてきました。
121. Posted by まもん   2008年09月02日 15:25
もう一度見直したんで感想書きます!!
というより今後の妄想を書きます!!

「神聖ブリタニア帝国」
>ルルーシュ
皇帝になってまずやることは何だろう?
とりあえず目的が不明なんですよね・・最終的にはやさしい世界を目指してるとは思うんですけどその過程をどうするのか・・・
とりあえず公式相関図でさりげなく日本(旧エリア11)ってなっててちょっと吹きましたw
ということは他のエリアも解放するってことでしょうかね?
こうなると黒の騎士団的には敵対はないと思うんですけど・・・どうなるのか?
エリア解放になってくると旧皇帝派は
黙っちゃいないと思います・・・
派手な戦闘が近々起きそうですね・・・ルルーシュとスザクのタッグを楽しみにします!
あぁ後ふと思ったんですけどルルーシュってコンタクトしてるんですかね?(えらくみんな突っ込んでたんで)
映像見てるとコンタクトとってるって感じじゃないしシャルルが両目の時制御できてたみたいに、両目になったら完全制御できるんじゃ?と自分は思ってるんですけど・・・マオは違うんで自信はないんですけど

>スザク
とりあえず今のスカスカのブリタニアの中で戦えるのがこの人しかいない><
まぁあくまで今のところ何で来週あたりでは一人で戦いそうだなぁ
ナイトメアに乗ってる描写が予告であったんで、味方としてのスザクを見れますね!!・・・敵としてはすごくうっとおしかったんでw

>C.C
今の所心情が読めないんですけど、今までの傍観者のポジションじゃなくなると思うんで

>ジェレミア?
とりあえずここに入れておきます・・・
というか信じてます!
大丈夫だよね・・・?

続きます
122. Posted by まもん   2008年09月02日 15:40
>C.C
途中で抜けてたんで続きを(汗)
もう傍観者じゃないと思うんで、今までとは違ったC.Cが見たいなぁと思いますね・・・積極的に行動や発言をして欲しいです!

「旧皇帝派」
>シュナイゼル
こっちはルルーシュ打倒の大義名分はできましたね・・・(それがルルーシュの思惑な気がするけど)
あと皇帝が死んだ時に「やはり・・」って言ってたくらいですから最初からルルーシュが勝つことを予測してたんですかね?まぁ最も愛し恐れていたらしいんで幼いころからルルーシュをかってたみたいですけど、他の皇族見れば当然か(汗
とりあえずダモクレス?とかトロモ機関とかってそろそろ出てくると思うんですけど?
どんな感じが想像できないですけどシュナイゼルがフレイヤの時に「これでダモクレスも」と興奮してたくらいなんで何かとてつもない物がでてきそうですね

>コーネリア
さりげに左腕治ってました!
ということはナイトメアにまた乗るとか?はないとは思うんですけど、性格的に何かしらしそうではありますね・・・
とりあえずお兄ちゃんには気をつけて(汗

>ジノ
こっちはルルーシュ達と敵対しそうだなぁ・・・・かと言ってシュナイゼルにも不満を抱いてそうなんで黒の騎士団に行くってことは?・・・いくらなんでも厳しいな(汗
とりあえずスザクの最後の態度が問題なんですよ・・・・もしあれがなかったら話を聞いてみる気に絶対なってたと思うんで・・・あのスザク見たあとだと厳しい気が・・・(汗

>アーニャ
ラウンズの所にいないみたいだったんで、実はルルーシュの所にいたり?
チーズ君を枕にしてたんでC.Cがそれをほっとくわけないしw
まぁ1か月飛んでるんで可能性が色々ありすぎ何ですけど(汗

>ロイド、セシル
こっちもスザクの最後の態度がなぁ・・・(汗
とりあえずスザクはこの二人にあやまってほしい!

続きます


123. Posted by まもん   2008年09月02日 16:00
>ディートハルト
(やばい・・・失敗した、あっちの方がよかったかも・・)と内心思ってそうですww
皇帝のルルーシュはまさにカオスの権化だと思うんでw
まぁ今のルルーシュだとディートハルトとはかみ合わないと思うんですけどね。

「黒の騎士団」
>とりあえず日本になってたのはいいんですけど誰が日本にしたか・・・・
考えられるのが皇帝であるルルーシュが行った、もうひとつは扇がシュナイゼルに「日本を返せ!」と言ったのを聞きいれたのどっちかだと思います
でも後者だと黒の騎士団的にはシュナイゼルにつくことはありえるでしょうか?

>星刻
星刻的にはブリタニアの支配を防ぐため?に黒の騎士団に入ったと思うんでルルーシュが皇帝になった時点で達成されたと思うんですけど?どうでしょう

>神楽耶
とりあえず1か月前を見せてくれ><
あれだけかっこよかった二人が1ヶ月後で飛ばされたんで黒の騎士団が1か月でなにがあったのか気になります!!
後皇帝であるルルーシュとの会話が楽しみ!まだ夫と思ってるのか・・・先週の涙を見たら報われてほしいんですけど

>カレン
ルルーシュ、スザクが覚悟を完了したんで後はカレンだけだと思います
恐らくルルーシュを選ぶと思うんで、というか選んでほしいんでルルーシュとちゃんと話をして欲しい!というか予告見たらアッシュフォード学園?でルルーシュ?と歩いてるっぽいんで普通に会話しそうですね、もうルルーシュはウソはつかないと思うんでちゃんと話し合ってほしいです!

続きます
124. Posted by まもん   2008年09月02日 16:12
>たまきw
全員集合の時にたまきwがいなかった!
ルルーシュのいない今たまきwへの仕打ちが心配ですww
というかルルーシュは日本を黒の騎士団に任せそうな気がするんですよね、それを聞いたら「ゼロ、いやルルーシュ!!さすがは俺の親友!!ところで俺の役職がないんだけど何とかしくれ(」みたいな事には・・・・ならないかww

>シャルル
シャルルの子供の頃を見て、ルルーシュのもやしっ子ヘタレ遺伝子(ぉぃ)は父親似かぁ・・・と納得しましたw
まぁ母親が完璧超人らしいんでルルーシュは母親の頭脳と親父のヘタレと土壇場で失敗する遺伝子を受け継いだってことでしょうねw
ナナリーは足と目が不自由じゃなかったらどんな子になってたんだろうw
すごく気になりますw

>マリアンヌ
もっと魅力的な女性だと思ったんですけど・・・いや魅力的ではあったんですけど、登場が突然で言ったことが息子に全否定されて消えちゃったんで印象が最悪の部類に(汗)
ルルーシュやコーネリアが尊敬しシャルルが惚れた?所を見せてほしかったんですけど・・・尺の問題ですかね?

妄想はこんなところなんですけど、とにかく言いたいことは・・・1ヶ月の間に何があったんだ!!!!!!ってことだけですw
来週に明かされると信じてます!!!
125. Posted by 夏祭   2008年09月02日 17:53
こんにちわー
>シャルル
んー、自分達皇族が嫌なことにあっただけなのに世界を変えるって言ってることはやはり、ルルが言っている通り自分に優しい=自己中なのでしょうかね。
ちなみにこれは私個人の意見なのですが。この世に嘘は必要だと思います。嘘つきと言っても、相手を騙して何かを得た嘘と相手を安心させる嘘があり、たまたまシャルルは悪い方の嘘が身の回りにあっただけだと思います。嘘をついて他人を救うことは、嘘つきのレッテルを貼られてまで助けたという善行だと思っています。
>ルル
途中はすごく格好よかったのですが。最後にw横から見てるC.C.と同じような顔になってしまいました・・・どれだけ有能さを見せてギアスをとかれても、プライドの高そうな人ばかりですし。なんか、最後のは納得が。黒の騎士団で裏切られたからギアスさえあればいいと考えているのかな。あと、両目になって一人に1回とかの制限が代わってないか気になるところ。
コンタクト。素直に簡単なメガネにするか、両手で取ればいいのに、さすがはルル(ぉぃ
あと、マリアンヌに仕えてたジェレミアがルルがマリアンヌを殺した?と知ったらどうなるのでしょう。あと、スザクのユフィの仇の台詞の後には、「何があったか教えてくれ」を望んでいます。
>シュナイゼル
黒の騎士団+シュナイゼル軍vsルルという、反逆の立場が変わりますのか・・・多分、カレンはシュナイゼルに使われてポイかもしれません。
ではー
126. Posted by 夏祭   2008年09月02日 18:01
記事がちょっと被りましたね^^;
前投稿した頃は寝ぼけててw↑の一回載せた分はスルーで構いませんw下から追記です。
>ディートハルト
んー、TVを冷静に見つめる行動から、完成した部品に用はないと言っていたからシュナイゼルに移ってしまったのかな。個人的には結構好きなキャラですが。
>今回の話からの予想。
多分、バッドエンド落ちですかね。他の人は幸せになれたけどルルだけはギアスの能力や他の干渉によって不幸になるってパターンかもしれません。あとみんなのためと言っていますが。一度花火を断ってから無断で皇帝になって、ギアスですき放題してる様子を見ると、自分のために見えてしょうがありません^^;
では、同じ内容の投稿で迷惑をおかけしました^^;
127. Posted by なっきー   2008年09月02日 20:05
4  天鳥さん、Avzさん、ゆいさん、りぐさん、ありさとさん、碧さん、まもんさん、夏祭さん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>天鳥さん

>〜「こうくるかー!」と毎回度肝を抜かれますが、やはり今回
>は別格でした。
 同感です!

>今回ほど、ルルーシュが好きだなと思ったことはなかった
 多分、今回のルルーシュにはスザクも強い共感を抱いたのではないかと思っています。

>魂の演説、という言葉がしっくりきます。
 私自身、直接魂を揺さぶられる思いでした。
 逆に、これに平然と反論しようとするシャルルたちはやはり、何か人として大切なものをどこかに置き忘れてきたのだと思います。

>こんな言葉が出るなっきーさんはすごいと思います。
 ありがとうございます! ヽ(⌒ヮ⌒)ノ
 楽しんでいただけたなら、それこそが私の喜びです!

>〜仇討ちを望んだ母は実は死んでなくて、しかも結果的に倒
>すべき敵になってて、認めたくなかった事実を突きつけるのは
>ルルーシュ自身にとってもすごく辛いことだったろうなあ…。
 以前のルルーシュなら、混乱して思考が空転し始めたくらいの状況だと思います。↓

>それでも立ち向かい、彼らしく戦い抜いたルルーシュに拍手
 今は 『守るべき全てのため』 に動いているという思いがあって、きっとそれがルルーシュを、以前と比べられないくらいに強くしているのでしょう。

(続きます)
128. Posted by なっきー   2008年09月02日 20:14
>〜実は先日発売されたR2のサントラの曲名に意外なバレが〜
>〜ランスアーチを通る時の勇壮な曲ですが、タイトルが
>「Beautiful Emperor」となっております。
 なるほど、微妙にネタバレかも(笑)。
 シャルルだとちょっと無理があるタイトルですし(笑)、シュナイゼルだと美醜より策謀家の方がイメージ的に優先されそうです。

>これから彼はどうするのか。まだまだ予断を許しませんね。
>しかし即位に学生服姿で臨んだのは、歴代皇帝の中でもルルー
>シュくらいのものでしょうね。
 これらは同じところに繋がっていて、きっと 『死ぬまで皇帝でいるつもりはない』 という意思の表れだと思います。
 スザクも学生服なのは、そうしたルルーシュの考えを細部まで聞いた上で合意したからでしょう。

 そして(諦めが悪い)私が期待する屋上花火大会についても、これで可能性が繋がったとも思っています。

>それからスザク。
>迷走からやっと帰ってきたかな? ルルーシュもやっと真っ正
>面から向き合ったようだし、これからがすごく楽しみです。
 ちゃんと聞かないとわからない、善悪はそう単純ではない、シュナイゼルみたいな羊の皮を被ったのもいる(笑)、といろいろな経験をしてきたことが、これから一気に活きてきそうです。
 しかも上司(ルール)だから従うのではなくて、話し合った上でルルーシュの騎士になると自分で決めたのでしょうから、今まで以上に力を発揮できそうな気がします。

>〜スロー再生でよく見ると視点が変わっただけでいつもの
>横回転でした。
 まあ槍も砕ける必殺技ですし、これ以上パワーアップしても困るかもしれません(笑)。

(続きます)
129. Posted by なっきー   2008年09月02日 20:17
>ともあれ、紹介された時に悪ガキのような笑顔とか、予告の新
>パイロットスーツと精悍な顔とかも嬉しかったですね。
 今まではずっと、 『自分の本当の思いを殺して』 正義(と考えたもの)に殉じていたわけで、ようやく今、本当のスザクとして戦えているのだと思います。

>ビスマルクとシュナイゼルの会話で、モニターに広がるレベル
>7の数字は地震の震度ではないかなと思いました。
 うわあ…、何億人というレベルの犠牲が出そうです(汗)。
 そして、それをシャルルはわかっているというか、↓

>思考エレベーターで作り出すのがアーカーシャの剣、と思うの
>ですが、これはどちらも人間で出来ているような感じですね。
 私は以前、 『租界が生贄の祭壇で、それによってアカシャの剣(この頃はこう表記)が作動する』 予想をしたことがあったのですが、祭壇は租界だけに限定されなかったようですね(汗)。

>みんな1つになーれ、ということだったんだなと理解しました
>が、これでいいのかな?
 死者とも1つになれるということは、肉体によって存在が規定される世界そのものが崩壊して、人類も絶滅、精神だけの世界でみんな仲良くやっていきましょうということでしょう。
 それを楽園だとシャルルたちは考えたのでしょうね。

>皇帝夫婦。
>マリアンヌに対する印象がころころと変わっていきました。
>最後には嫌悪感が出るまでになりましたね。
 友達としては面白いかもしれませんが、こんな人を親に持つと本当に大変だと思います。

>ある意味、ルルーシュの悪党ぶりはこの人の遺伝かと思います。
 …そうかも…(汗)。

>少年時代のびびっている皇帝を見ると、ヘタレぶりはこの人
 前回シュナイゼルが調子に乗って口を若干滑らせたりしていたのを見ても、この辺は確かにシャルルの方から来ている性質に思えます。

(続きます)
130. Posted by なっきー   2008年09月02日 20:21
>皇帝は最後にルルーシュにコードを渡そうとした〜
 材料が少ないのでわからないのですが、有り得ることと思います。
 不老不死が最強の武器であることはもちろん、ルルーシュの考えが変わって神殺しを始める可能性も残すことができますしね。

 あるいはあそこでシャルルが殺され、そこですかさずルルーシュを殺すことができれば、コード委譲ができたのかもしれません。

 けれどルルーシュはスザクを制止。
 それでシャルルの策は破綻したのかもしれません。

>〜これからシュナイゼルと戦わねばならないルルーシュのため
>でもあったかも。
 相当シュナイゼルの性質を毛嫌いしているようでしたしね。

>この余裕の源は、謎のトロモ機関とフレイヤでしょうか。
 フレイヤは切り札として最強ですが、強すぎて普段は使いづらい面もあるんですよね。
 そう思うと確かに、トロモ機関にも何か大きな力がありそうに思います。

>なんか最後までこの人の真意はわからないんじゃないか、〜
>本人の口から聞かされても本当にそうなんだろうかと思ってし
>まいます。
 あまりに理詰め過ぎて、 『ここが全ての根幹』 という芯の部分が存在しない人なのかもしれません。
 あるいは、目的がそのまま芯になってしまう、とか…。

>コーネリアの左手が普通になってるのも気になります。
 高度な義手なのかも?

(続きます)
131. Posted by なっきー   2008年09月02日 20:25
>最後にカレン。
>思うほど、活躍してくれなかったなあ。少し残念です。
 真っ直ぐな子なので、迷いがあれば戦えないのでしょう。
 次回にルルーシュと会話できそうなので、どういった立場を選ぶにせよ、その後には活躍が期待できそうな気がします。



(続きます)
132. Posted by なっきー   2008年09月02日 20:26
>Avzさん

 お久しぶりです!

>2週程書き込む時間がとれずROMに徹してしたのですが、〜
 お疲れさまでした! そしてお帰りなさい。

>両親への善意を押し付けと語っていますが、これは今までルル
>本人も大なり小なりナナリーにしてきたことなんですよね。
 仰る通りでしょう。
 そして仰るように、今更のようにそれが行きすぎだったと悔やんでいるかもしれません。

>>「でも、ナナリーが望んだのは、きっと、他人に優しくなれ
>>る世界なんだ!」
>〜『きっと』と言ったのは、ナナリーの望んでいた願いの形を
>ナナリーを失って初めて見つめなおすことができたから
 逆に、早々にナナリー奪還に成功していれば、ずっと気付かないままだったかも…。

>かつてはルルーシュの考えたやさしい世界=ナナリーにとっての
>やさしい世界と考えていた節がありましたし。
 仰る通りだと思います。

>〜今回は堂々と渡りあっていました。
>これは、ウソの関係であっても最後までそれを守るために過ち
>を重ねて、最後には自分の命も捨てたロロの存在があったから
 それによってルルーシュ・ランペルージという仮面も決して無価値などではなく、命を懸けるほどの価値があると知ったのだと思います。
 あるいは即位にスザクと2人揃って学生服で臨んだのも、過去と嘘の肯定の意味があるのかもしれません。

>〜VVが遣わしたロロによって、嚮団が壊滅するきっかけが生
>まれ、ルルにシャルルに対抗するコトワリを与えた。
 あらゆるものはあらゆるものに影響を与え、だから行動は全て自分にも跳ね返ってくる―― 、それこそがギアス世界の根本にある気がします。

(続きます)
133. Posted by なっきー   2008年09月02日 20:28
>旧約聖書の一番初めの殺人は、カイン・アベル兄弟の弟殺しな
>のですがその原因は「嫉妬」
 やや微妙というか、リンクしているとしてもかなり遠回しな感じですね。

>『神曲』の地獄において最も重い罪とされる悪行は「裏切り」
 なるほど。
 こちらは上とは逆にすぐ傍というか、すぐにも大きな意味を持ちそうな気がします。

>>「本当に大切なものは遠ざけておくものだ」
>でも、預け先のゲンブは〜
 所詮、人質。しかも征服を繰り返し、日本にも圧力を掛けてきた野蛮な軍事国家の皇子皇女。
 もし仮に玄武がもう少しマシな人であったとしても、つらい生活になるのは避けられなかった気がします。

>〜近所の子供にリンチを受ける、ナナリーのため苦労して近所
>の店から頭を下げて果物を買うと散々な状態でした。
 そうやって野蛮な軍事国家である以上は、そこらの子どもだってブリタニアの悪行はわかっているはずですからね。

>はっきりいって、ナナリーがいなかったらルル間違いなく首を
>吊ってます。
 だからルルーシュにとって、生きること=ナナリーを守ること、となっていったのかもしれません。

>1期のサウンドエピソード5巻に
>「スザクは、お父さんみたいに首相になるのか?」〜
>「手伝うよ。俺はルルーシュを皇帝にしてやる」
>「ありがとう。じゃあ、僕はスザクを……」
 なるほど、これは明らかにそこからの続きですね。

>最終目標はブリタニア帝国の解体と予想されます。
 私は少し違う予想です。

 ブリタニアの一般市民、例えばリヴァルには何の罪もありません。それを、今のルルーシュは決して軽んじないと思うのです。
 ではどこが悪いのでしょうか?↓

(続きます)
134. Posted by なっきー   2008年09月02日 20:30
 拡張政策と差別意識、ここに行き着くことでしょう。
 ルルーシュたちがそこだけを否定しようとするなら、具体的には2つの柱に基づいて行動すると思います。


 占領地から資源や労働力を搾取することは許されません。
 故に、エリアは全て元の民族に返還され、少なくとも返還計画の立案とブリタニア人の退去・移住を開始するものと思います。

 差別意識は取り払われなくてはなりません。
 故に封建制度が残っているかのような貴族制度は改革され、ブリタニア国内でも人は平等に扱われるようになるものと思われます。
 同時にこれは、侵略戦争をしやすい封建制度から、しづらい民主主義への移行をも意味します。


 搾取してきた資源と労働力を失い、増えすぎた人口を本来の国土に押し込むとなると、そのままでは相当貧しい国に成り下がるかもしれません。
 しかし技術的には先進国なので、それを原資に国民を養うことは可能とは思います。

 そうなったとき、確かに 『征服国家ブリタニア』 はぶっ壊れた、と言えるのではないかとも思います。

>なおこの巻には、あのジェレミアのエピソード『オレンジピー
>ル』もあるので『全力での』購入をお勧めします。(笑)
 いろいろありがとうございます。
 amazon に在庫があったので、即注文してきました(笑)。

>30秒予告を見る限り、スザクとルルの間で話し合いがもたれた
>のは確かなので、来週に期待したいですね。
 これはとても楽しみです。

>〜TV予告の情報量が少ないんですよね。
 私は 『予告は何も断定できないくらいでちょうどいい』 と思っている人なので、特には不足を感じていません。↓

(続きます)
135. Posted by なっきー   2008年09月02日 20:32
 実は、そもそも予告自体なくても別に構わないとさえ思っているくらいでして。
(※その分、本編で何シーンか増やせますし)

>(また見てギアスを削るかは迷いますが)
 でもこれは同感です(笑)。
 いい絵が多すぎるので、なくなるとかなり寂しいかも。



(続きます)
136. Posted by なっきー   2008年09月02日 20:33
>ゆいさん

>〜一時停止しながらセリフを噛み砕いていくと、ルルーシュと
>スザク二人の意識が劇的に変わっていくのが段階を踏んでちゃ
>んと描かれていて、なんかもう感無量でした。
 私がこの作品の脚本を一番凄いと思うのは、心理面の変化が、内面描写を最小限にして描かれている点にあります。
 心理を読むのが大好きな私の嗜好に合っているからでもありますけど、そういう主観抜きでもそこはかなり質が高いと思います。

>>君と僕とは似ていない
>〜時々やりかた間違っちゃってるけど、とにかく走り出してい
>るんですよね。死ぬほうへ、ではなく、生きて何かを成すほう
>へ
 私の感覚では、 『生きている間に何かを成す』 方へという感じで、生きようというのとは少し違うとも思います。
 C.C.は、本人が言っているのとも違って、ずっと立ち止まって困惑しているように感じます。

>〜確かめにいくスザク。
>仇を討つ為や殺す為ではなく、ただ知るために。
 これが重要で、スザクの最も大きな変化だと思います。

 今までは賢いとか愚かとか以前に、 『自分は考えるべきじゃない』 と決めていたような気がしています。
 考える必要がないなら、知る必要もありませんからね。

>>ナナリーを言い訳に使うのか
>本心が、もっと他にあるだろう、ということですよね。
 『考えない』 以前のスザクなら、そのまんま受け止めて何か反論した気がします。
 けれど今のスザクは、それは表面に過ぎないと看破しています。

>自分の罪を償うため、ユフィのためと唱えながら、でももう
>それ以上に成し遂げたいことがスザク自身の意思として出て
>きているからこそ、言えることかなと。
 そうかもしれませんね。

(続きます)
137. Posted by なっきー   2008年09月02日 20:36
>「守りたいものすべて」の中には、学園も、神楽耶たち日本人
>や黒の騎士団も、星刻や天子たち中華も、無意識下ではスザ
>クすらも、全部入っていると思います。
 ルルーシュの敵はきっと今のブリタニアの体制そのもので、他への敵意はないようにも思います。

>「結果を求めるなら、何かを為さなくてはならない」
>「そのための手段は、何かを否定することにも繋がる」〜
>「信じる結果のためには、綺麗ごとだけじゃいられない!!
>でも、それでも、みんなにとっての優しい世界を目指す!!」
 今回の、ギアスを使ってでも即位する作戦は、結果を求めながらも犠牲を小さくするよう、よく考えられている気がします。
 世界同時中継の中、ギアス(大勢の不自然な変心)を隠さないのも、シャルル殺害を告白したのもそれで、全てが終わったとき、ルルーシュ以外の誰かが責められることがないようにということなのでしょう。

>何かを否定の何かは、ルールにのっとったキレイな生き方だ
>ともとれるし、本来愛すべき親という存在〜ともとれます。
 より大きなことをしようとするとき、あらゆる面で何のマイナスも出さないことは、より困難になっていきます。
 大義に従った行動は、小さな正義を否定することがあるわけで…。

 今回の親殺しも、最後のギアスも、そういう類でしょう。

>このあとスザク、ルルーシュの魂の演説をものすごく真剣に
>聞いてますし。
 知りたい、知るべきだという思いが、今までなかったくらいに強かったのだと思います。

>〜嘘を本当にしてみせろ!君は奇跡を起こす男、ゼロなんだろ
>う!が、諸々を経て、今回につながってきた気がします。
 なるほど、これは仰る通りな気がします。

(続きます)
138. Posted by なっきー   2008年09月02日 20:38
>そう思うと、あのとき差し伸ばされた手は今回もやっぱり差し
>伸ばされていて、そして今度こそルルーシュも、しっかりその
>手をつかめたのだと思います。
 何となくですが、次回に1ヶ月前の話し合いシーンが出たとき、実際にスザクから手が差し伸べられて握手する流れになりそうな気がします。

>「ルルーシュは、ユフィの仇だ」
>(そして自分はナナリーを殺した)
>「だから」
>「ユフィとナナリーの目指した世界を、僕(俺)たちで作ろう」
 なるほど! 綺麗に筋が通りますね。

>あと数週間夢見ていたい気分なのですが、来週は魔の22話
>なので、どうなるんでしょう…。
 現状ルルーシュサイドは、兵数こそ揃っても精鋭となるとスザクしかしない有様なので、急転直下転落…できるほどには昇っていない気もします。(ぉぃ



(続きます)
139. Posted by なっきー   2008年09月02日 20:38
>りぐさん

>しかしシュナイゼルの行う政治にはこの定義づけが存在しな
>い。目によって定義がつかないので振る度に評価がかわり安定
>がなく世界は振り回される。
 なるほど…、これは確かに仰る通りなのかもしれません。

>あるいはシャルルはカードの表裏で表現しましたが表裏という
>形すらないのかもしれません。
 善意も悪意もない、わけですね。同感です。
 だから誰かを犠牲にすることにも、何の躊躇もないのでしょう。

>ビスマルクの報告
>〜「死亡」を感じ取ったのに「行方不明」と報告しているな
>らシュナイゼルによる要請を受けているのかもしれません。
 仰る通りだと思っています。↓

>「死亡」と報告するとシュナイゼルが後継問題により本国に
>帰らざるをえなくなります。
 恐らくオデュッセウスを据えた上で自分が実権を握る形を考えているのでしょうし、シャルルの死を発表すると 『なぜ遺体がないのか』 を皇族に説明せねばならなくなります。
 ところがギアスなどの情報の公表はブリタニアにも具合が悪いため、 『行方不明』 というのは消去法での無難な選択ではないかと思えます。

>クーデターの事に関してはなんらかの理由をつけてジノ達には
>ごまかしているとか。
 その場にいたジノにだけは、誤魔化しきれない気がしますね。
 あと、皇帝と最後に通信したモニカも、釈然としないものを感じそうです。

>いまだルルーシュの所在がはっきりしない以上ブリタニアに戻
>り表舞台に立つのは危険だとシュナイゼルは判断した
 これも仰る通りでしょう。
 ギアス能力者との戦い方をよく理解している気がします。

>もちろん旧弊を背負うのをルルーシュに押し付けるとこまでは
>狙い通りだと思いますが。
 そうでしょうね。

(続きます)
140. Posted by なっきー   2008年09月02日 20:40
>1ヵ月後
>明らかに尺も足りませんが、やれば本1冊くらいにはできそう
 会話だけではなくて、いろいろ面白そうなんですよね。
 この計画立案の状況やら、準備段階でのギアスを使った暗躍やら…。

>ジェレミア
>一人で捜索するとしてもサザーランドジークの補給をどうする
>のかという問題もありますね。
 やはり、黒の騎士団から援助を引き出す形だと思います。
 神楽耶や星刻の理解は得られそうですし。

>そういう状況よりはどちらかによって拘束されているという
>状況も有り得るかなという程度です。
 もちろんそれも有り得ますよね。
 何にせよ、限定するには考察材料が足りない感じです。



(続きます)
141. Posted by なっきー   2008年09月02日 20:41
>ありさとさん

>C.Cのセリフですが、「心と記憶の海に開いた窓」だと思います。
 そう思って聞くと、確かに仰る通りと感じました。
 修正しておきます。



(続きます)
142. Posted by なっきー   2008年09月02日 20:43
>碧さん

>1期のOPにあったフラッシュに映ったキャラ(ルルーシュ、ス
>ザク、C.C.、ユーフェミア、シャーリー、シャルル、シュナ
>イゼル、マオ、ニーナ、扇、咲世子)が死亡するキャラな気が
>してきました。
 うーん、可能性はありそうですけど、第1期時点で登場している中でストーリーに深く絡むキャラを全部出しているだけ、という気もします。
 ニーナとかは、今更(ある意味無責任に)死なれても反応に困る気がしますしね。



(続きます)
143. Posted by なっきー   2008年09月02日 20:44
>まもんさん

>〜というより今後の妄想を書きます!!
 はい、どうぞー。

>ルルーシュ
>とりあえず公式相関図でさりげなく日本(旧エリア11)って
>なっててちょっと吹きましたw
 これは必然でしょう。
 そうでなければスザクの協力は有り得ませんし。↓

>ということは他のエリアも解放するってことでしょうかね?
 少し上でも書きましたが、全ての占領地を返還し、租界のブリタニア人の本国退去、そして封建制度から民主主義への移行(皇位の象徴化)、そういったことを目論んでいると思います。
 そしてこの全てを完遂できたなら、 『合衆国ブリタニア』 として軍事力を放棄するのでしょう。

 それで皇帝ルルーシュの役割はお終い。
 平和的なお兄ちゃんを後継に指名して皇位を譲る気がします。

>エリア解放になってくると旧皇帝派は
黙っちゃいない
 可能ならギアスで沈黙させ、無理そうならランスロット・アルビオンで沈黙させる(笑)のでしょうね。↓

>派手な戦闘が近々起きそうですね・・・
 私もそう思います。

>あぁ後ふと思ったんですけどルルーシュってコンタクトしてる
>んですかね?(えらくみんな突っ込んでたんで)
 私はそう思います。

>〜シャルルが両目の時制御できてたみたいに、両目になったら
>完全制御できるんじゃ?と自分は思ってるんですけど
 C.C.もどう見ても制御不可な感じでした。
 サンプルが少ないとは言え、私にはシャルルの方が例外に思えます。

>スザク
>とりあえず今のスカスカのブリタニアの中で戦えるのがこの人
>しかいない><
 残りはただ兵数が多いだけですからね。
 … 『カリーヌが実は武闘派』 とかいうオチだと盛大に吹きそうです。(ぉぃ

(続きます)
144. Posted by なっきー   2008年09月02日 20:46
>〜味方としてのスザクを見れますね!!
 ここまで実に長かったです。

>C.C
>今の所心情が読めないんですけど、〜
 多分今は、自分でもよくわかっていないのでしょう。↓

>積極的に行動や発言をして欲しいです!
 まずは、自分が何を望んでいるのかに気付くことが必要なのかもしれません。

>ジェレミア?
>とりあえずここに入れておきます・・・
>というか信じてます!
 私は大丈夫だと思ってます。

>シュナイゼル
>こっちはルルーシュ打倒の大義名分はできましたね・・・
>(それがルルーシュの思惑な気がするけど)
 両方ともその通りだと思います。

>〜最初からルルーシュが勝つことを予測してたんですかね?
 だから積極的に介入したりしなかったのでしょうね。
 今のシャルルと今のルルーシュ、その格を比べて後者が優っていると考えたのだと思います。

>とりあえずダモクレス?とかトロモ機関とかってそろそろ
>出てくると思うんですけど?
 ダモクレスは 『ダモクレスの剣』 。
 恐らくフレイヤによる恫喝を指すだけの単語で、あの世界に現在存在する人物・団体ではない気がしています。

 一方のトロモ機関は何となく、今のシュナイゼルの目的や実行力と直結していそうな気がします。

>コーネリア
>さりげに左腕治ってました!
 高度な義手なのかもしれません。
 今まで再生医療などは一切登場していないので、そうした機械技術である可能性が低くない気がします。

>とりあえずお兄ちゃんには気をつけて(汗
 と言うか、まだシュナイゼルを信じていることの方に驚きでした…。
 うまく丸め込まれたのでしょうか…(汗)。

(続きます)
145. Posted by なっきー   2008年09月02日 20:47
>ジノ
>こっちはルルーシュ達と敵対しそうだなぁ・・・・かと言って
>シュナイゼルにも不満を抱いてそうなんで黒の騎士団に行くっ
>てことは?
 有り得るとは思います。
 でも性格的に言えば、 『ルルーシュを排してオデュッセウスを擁立する』 という御旗を立てて真っ向から反乱を起こしそうな予感がしています。

>とりあえずスザクの最後の態度が問題なんですよ
 ロイドとかも同じでしょうね。
 今はスザクと話をしたくないのではと思います。

>アーニャ
>ラウンズの所にいないみたいだったんで、実はルルーシュの
>所にいたり?
 そうかもしれません。
 価値判断がかなり独自で、しかも行動力旺盛なだけに、質問のために乗り込んで来そうな気がします。

>チーズ君を枕にしてたんでC.Cがそれをほっとくわけないし
 確かに(笑)。

>ロイド、セシル
>こっちもスザクの最後の態度がなぁ・・・(汗
 あ、同意見でしたね。

>とりあえずスザクはこの二人にあやまってほしい!
 スザク(とルルーシュ)が悪役を演じるつもりだとしても、やっぱりあれは謝るべき気がします。

>ディートハルト
>(やばい・・・失敗した、あっちの方がよかったかも・・)〜
 すっごい思ってそう(笑)。
 カオス度に差がありますし、あからさまに悪の香りがすることにも惹かれそうです。

>まぁ今のルルーシュだとディートハルトとはかみ合わないと
>思うんですけどね。
 厳しいでしょうね。
 ここからブリタニアの縮小再編成が始まると思いますし。

(続きます)
146. Posted by なっきー   2008年09月02日 20:48
>「黒の騎士団」
>〜誰が日本にしたか・・・・
 ルルーシュが返還するのだと思いますが、↓

>〜もうひとつは扇がシュナイゼルに「日本を返せ!」と言ったの
>を聞きいれたのどっちかだと思います
 それも大いにありそうです。

>でも後者だと黒の騎士団的にはシュナイゼルにつくことは
>ありえるでしょうか?
 あるかもしれません。
 ただ、↓

>星刻的にはブリタニアの支配を防ぐため?に黒の騎士団に
>入ったと思うんで〜
 黒の騎士団の目的は全エリアの開放ですからね。
 そしてそれは恐らく、ルルーシュ皇帝の施政を妨害させないことで達成されます。

 と言うことは、ブリタニアと同盟を結び、 『反乱軍』 と戦うのが自然な流れという気がします。

>神楽耶
>とりあえず1か月前を見せてくれ><
 結局ゼロ=ルルーシュは行方知れずとなったはずですしね。

>後皇帝であるルルーシュとの会話が楽しみ!まだ夫と思ってる
>のか・・・
 思っていて欲しいです。
 ルルーシュの本質は何も変わっていないので、会話ができればそこに気付きそうな気がします。

>カレン
>ルルーシュ、スザクが覚悟を完了したんで後はカレンだけだと
>思います
 ルルーシュが、自分が悪に徹した挙げ句に消えるつもりなら、カレンを身近に置くことを望まないかもしれません。
 この辺はいろいろな可能性が生きていそうです。

>〜もうルルーシュはウソはつかないと思うんでちゃんと話し合
>ってほしいです!
 嘘をついたとしても、カレンに今度こそそれを見抜いて欲しいですね。

(続きます)
147. Posted by なっきー   2008年09月02日 20:50
>たまきw
>全員集合の時にたまきwがいなかった!
 窓際行きかも…。
 ゼロ時代と違って、本人にもわかるくらいに。(ぉぃ

>というかルルーシュは日本を黒の騎士団に任せそうな気がする
>んですよね
 神楽耶に、だと思います。
 扇や藤堂も、神楽耶の下で働くのなら使える人材でしょうし。↓

>〜「ゼロ、いやルルーシュ!!さすがは俺の親友!!ところで
>俺の役職がないんだけど何とかしくれ(」
 そういう意味では玉城には厳しい感じです。
 今、ルルーシュ皇帝の下へ付いてもやっぱり未来はない気がしますし…。

>〜ルルーシュのもやしっ子ヘタレ遺伝子(ぉぃ)は父親似
 どうもそういう感じですね(笑)。

>ナナリーは足と目が不自由じゃなかったらどんな子になって
>たんだろうw
 何かを失えばこそ得られるものもあるわけで、あそこまでの人格者には育たなかったのではないかと思っています。

>マリアンヌ
>〜登場が突然で言ったことが息子に全否定されて消えちゃった
>んで印象が最悪の部類に(汗)
 まあマリアンヌ自身はルルーシュたちの日本送りには関与していないのですから、 『楽園で会えるんだからいいじゃん(意訳)』 なんて言わなきゃいいのにとも思いました。
 これも仮面否定の人ならではの正直さなのでしょうか。

>ルルーシュやコーネリアが尊敬しシャルルが惚れた?所を見せ
>てほしかったんですけど・・・尺の問題ですかね?
 そうでしょうね。
 今回のは結局、ルルーシュが一番否定したい面がピンポイントで出てしまっただけなのかもしれません。

(続きます)
148. Posted by なっきー   2008年09月02日 20:51
>〜1ヶ月の間に何があったんだ!!!!!!〜
 尺が厳しそうですけど、ルルーシュとスザクの会話はもちろん、神楽耶たち、あとジノやアーニャも見たい気がします。



(続きます)
149. Posted by なっきー   2008年09月02日 20:52
>夏祭さん

>シャルル
>〜自分達皇族が嫌なことにあっただけなのに世界を変える〜
>自分に優しい=自己中なのでしょうかね。
 それを自己中だと理解しているのならまだ良かった気がしますが、 『みんなのため』 みたいに言い出すようでは偽善と言わざるを得ない気がします。

>この世に嘘は必要だと思います。嘘つきと言っても、相手を
>騙して何かを得た嘘と相手を安心させる嘘があり、〜
 この辺、同感です。
 確かに嘘をつくべきでない場面もありますが、一切の嘘はダメ隠し事はダメというのでは、むしろ嫌な世界になりそうな気がします。

>〜嘘をついて他人を救うことは、嘘つきのレッテルを貼られ
>てまで助けたという善行だと思っています。
 私は、善だとは思わないです。
 詳しくはコメント104にて…。

>ルル
>〜黒の騎士団で裏切られたからギアスさえあればいいと考えて
>いるのかな。
 (ルルーシュの脳内的に)黒の騎士団はこの際関係ない気がします。
 シュナイゼルの皇帝即位を阻止し、ブリタニアに占領地を返還させるためには、 『これしかない』 だけではないでしょうか。

 ついでに、差別意識の根本的原因になっていそうな封建制度をも解体すると思います。
 これまた、 『ギアス以外では不可能』 だと思います。

>あと、両目になって一人に1回とかの制限が代わってないか
>気になるところ。
 少なくとも効果範囲…というか射程は伸びてそうですよね。謁見場、かなり広いですし。

>コンタクト。素直に簡単なメガネにするか、両手で取ればいい
>のに、さすがはルル(ぉぃ
 両手で取るのは格好良くないからでしょうね(笑)。

(続きます)
150. Posted by なっきー   2008年09月02日 20:56
>あと、マリアンヌに仕えてたジェレミアがルルがマリアンヌを
>殺した?と知ったらどうなるのでしょう。
 殺した、というのとは違うでしょうね。
 ぶっちゃけ、亡霊と大差ないと思います。

 で、今のルルーシュだと、ジェレミア自身に訊かれたら言ってしまいそうに思います。
 あるいは、その時こそジェレミアの忠誠の在り方が、本当にわかる時かもしれません。

>あと、スザクのユフィの仇の台詞の後には、「何があったか
>教えてくれ」を望んでいます。
 もう悪意でも策略でもなかったとわかっているでしょうしね。
 あるいは、自分はナナリーの仇なのだから同じだと、いっそ何も聞かずに水に流してしまうのもありそうです。

>黒の騎士団+シュナイゼル軍vsルルという、反逆の立場が〜
 扇ジャパンはともかく、黒の騎士団にはもうシュナイゼルと同盟するメリットは今や皆無に思えます。
 ルルーシュ皇帝は占領地の返還を考えているはずで、これに敵対するのは黒の騎士団には不可能ですから(※存在意義の否定になります)。

>ディートハルト
>〜完成した部品に用はないと言っていたからシュナイゼルに移
>ってしまったのかな。
 でも多分、シュナイゼルはカオスの下僕的にはいまいちな素材だと思うんですよね。
 皇帝の座をあっさり譲ったように、シュナイゼルは裏で策動して、何ら目立つことなく目的を達することを最上とするでしょうし。

>他の人は幸せになれたけどルルだけはギアスの能力や他の干渉
>によって不幸になるってパターンかもしれません。
 今回のルルーシュ+スザクは、最初から自分たちは殺されるもしくは消えるという予定ではないかと思っています。

(続きます)
151. Posted by なっきー   2008年09月02日 20:58
>〜ギアスですき放題してる様子を見ると、〜
 私には、悪役を演じているように見えます。

 …逆に、もし本当にギアスで好き放題したいのなら、テレビ中継されている場で掛ける必要なんて全くないのですから。
152. Posted by ユキ   2008年09月02日 21:24
コマ送りで「我を認めよ!」を見直したんですけど、キチンと指を全部伸ばしているのでコンタクトじゃない可能性を0と否定するのは時期早々だと思います。

と言うよりコンタクト説の方が弱いですね、だってアレでもコンタクトだとするならばルルは手のひらの筋肉の収縮だけでコンタクトを、しかも2つも取って0.3秒すらも時間をかけていない事になります。

超人であるスザクとは違って凡人なルルでは、例えカオスポーズには定評(笑)が有っても不可能領域であると思われ。


なまじコンタクトの存在が有るのでコンタクトでは無いとも言い切れませんが、自分はコンタクトの可能性は限り無く低いと思います。
153. Posted by なっきー   2008年09月02日 21:33
4  ユキさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>コマ送りで「我を認めよ!」を見直したんですけど、キチンと
>指を全部伸ばしているのでコンタクトじゃない可能性を0と
>否定するのは時期早々だと思います。
 いえ、可能性はもちろんあると思いますよ?
 ただ、 「指を曲げたら格好悪いじゃないか」 という謎の声が福山さんボイスで降ってきた(笑)ので、やっぱり 『格好良くコンタクトを外せるように猛特訓した』 に1票投じたいです。

>超人であるスザクとは違って凡人なルルでは、例えカオスポー
>ズには定評(笑)が有っても不可能領域であると思われ。
 でも蜃気楼のキーボード操作とかもありますし、体力ゼロなルルーシュも、器用さはそこそこあるようにも思います。

>〜自分はコンタクトの可能性は限り無く低いと思います。
 現状では一方の可能性を否定するのは難しい気がします。
 まだあのシーン1つだけしか、材料がないわけですしね。

 今は単に、どちらの説を支持するか? …というところではないかと。
154. Posted by 碧   2008年09月02日 22:33
深く絡むキャラを出してるだけなら、何でカレンがいないんですかね?カレン、深く絡んでますよね?
155. Posted by なっきー   2008年09月02日 22:49
4  碧さん、再びこんばんは!


>深く絡むキャラを出してるだけなら、何でカレンがいないん
>ですかね?
 それは私が答えることではないと思います。
 制作側が何らかの意図を持って選択していることは確実ですが、それが 『死ぬキャラ』 と確定できるだけの情報はないですし、もちろん否定できるような情報もありません。

>カレン、深く絡んでますよね?
 これも同様です。
 ルルーシュの本当の顔に未だに気付けていないカレンは、 『実は本筋に絡めずにいる』 と主張することも可能です。
 しかし、それは制作側が答えることであって、私はただ 『有り得る』 としか言えません。

 私は有り得る可能性をお答えしているだけで、私にわかるのは、 『こうに違いないと決めるには、考察材料が足りなさすぎる』 ということのみです。
156. Posted by まもん   2008年09月02日 23:09
本当にどうでもいいことなんですけどコメントします(イラッときたらすいませんw)

>スザクとルルーシュの会話予想

まぁ1ヶ月の後の前の会話です。
30秒予告でシャーリーの名言が出発点だったみたいなんで、それをふまえて予想します!
スザク「ルルーシュ、君はユフィの仇だ。」
ルルーシュ「だから?」
ス「だから、話してくれすべてを・・・」
ル「スザク・・・お前・・・」
ス「シャーリーは僕に言ったんだ、許せないことはないって・・・だから!」
ル「スザク・・・わかった。」

みたいな感じかな(笑)
これ書いてて何か恥ずかしかったです(*^_^*)

>オデュッセウス
オデュッセウスウルトラC推奨人(ぉぃ)としてはまだ諦めきれないですね!!(←アホか)
オデュ「ルルーシュ争いは苦手なんだけど、こうなっては仕方がないね、見せてあげよう私の本気を!!」みたいな感じになったら、その話のDVDを5枚買って残り4枚を知り合いに配ります!・・・・って何書いてんだ自分は○| ̄|_
訳わからん事書いて本当にすいませんm(_ _)m(汗)
157. Posted by 地護津 由利   2008年09月03日 00:44
こんばんは
ただの推測なので断定はできませんが今回最後にギアスをかけた貴族皇族一人一人にギルフォードやグラストンナイツのような騎士がいるのならそれなりに戦力になるのかもしれません、あるいはシュナイゼルが植民エリアを開放することで間接的にブリタニアの国力を弱めているのでこれ以上弱体化させたくなかったから本人たちの意思を無視してでも手元に残しておきたかったか

ではまた気がついたら投稿します
158. Posted by Avz   2008年09月03日 01:26

>どーしよーもなく似たもの親子
しかし、CCの説得に失敗して、ルルをおとりに使い、
今回も肝心なときに、ルル、スザクの説得に失敗した上
相手のNGワードに触れるとは、
1期25話の遺跡ないでスザク説得に失敗した
ルルーシュにオーバーラップしますね。

>計画の瓦解
結局、8年前の時点で計画は穴だらけになっていたんでしょうね。
誓いを実現するための計画だったのに、
計画を進めるために
仲間の中でさえ、ウソがまかり通っている事態に眼をつぶった時点で。

>理解しあえば争いはなくなる
しかし10分もたたないうちに、
嫁さんと理解しあっているうちに兄が嫉妬して
争いが発生したことが判明。(汗)


>捨てたんだよ
少なくとも、BR直後などルルーシュと話し合う機会はあったし
この計画の内容を説明する機会も
あったはずなんですよね。
それもなしにこの場で、
説得しようなんてムシのいい話です。

>ラウンズ
シュナイゼルに捕まっていたジノ。
ギネヴィアが行方不明だといっていたビスマルク。
この二人がそろっていることを考えると、
シュナイゼルと行動を共にしているようですね。

そしてモニカ女史、生存おめでとうございます。

しかし、グレートブリタニアはどうしたのでしょうか、
一応帝国総旗艦ですから、シュナイゼルが指揮下
におき続けるのは外聞が悪いと思うのですが。

あと、アーニャがいませんがどうしたのでしょうかね?
そしてチーズ君はCCの元に戻ったのでしょうか?(笑)
(続きます)
159. Posted by Avz   2008年09月03日 01:29
>シュナイゼル
いつの間にか鎮圧サイドに参戦。
スザクは早速使い捨てですか。
ただフレイヤだけが切り札とは思えないんですよね。

マリアンヌの遺体を運び出したのがシュナイゼルだったこと。
その身体についての言及がないこと。
CCを再現した実験適合生体があるレベルまで完成していたこと。

以上のことを考えると
クローンマリアンヌを素体にしたコードR再現量産体と
KGF(ナイトギガフォートレス)部隊が登場するかも・・・
妄想レベルですけど。

そうなると、コードの再現までできるかも。

あと、VVがマリアンヌ殺害の
隠蔽工作を頼んだのは
やはり彼でしょうか?
あの頃
離宮内に戦闘員を進入させだれるだけ
の人間がほかにおもいあたらないのですが。

>コーネリア
腕の固定も取れたようなので新ナイトメアのお披露目があるかも知れませんね。
しかし、Cの世界にいて欲しかったですね姉上。

でも、そうなったらきっとルルの出番はないでしょう。(笑)

>オデュッセウス兄上

凡庸というレベルに収まらないほど
人間ができていらっしゃる。

フツー怒りますよ。

ではまた明日
160. Posted by 東西南北   2008年09月03日 02:57
再度、ちょっとだけ失礼します。

>ルル&スザク
待ち望んでいた共闘展開なのに、何か引っかかりを覚えるのは何故だろう(汗
根拠無しの妄想ですが、この二人にはもう一回くらい「何か」がありそうな気がします。仲違い的な事じゃなく、二人の形をもう一段昇華させるような何かが。
・・・いや、妄想ですけどね。

あと、自分は「ルルは結局スザクに真実を話さなかった」に一票入れておきます(爆
話した可能性も充分にあるとは思いますが、ルルはその辺最後までルルのままな予感がするのでw
さらに言えば、そもそもスザクが真実を尋ねる事をしないという可能性もあるかと。ルルの本質は今回もう垣間見れたわけで、実際に何があったかを聞き出す必要は無いと考えるかも知れません。
161. Posted by なっきー   2008年09月03日 18:22
4  まもんさん、地護津 由利さん、Avzさん、東西南北さん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。



>まもんさん

>ルルーシュ「だから?」
>ス「だから、話してくれすべてを・・・」〜
>ス「シャーリーは僕に言ったんだ、許せないことはないって
>・・・だから!」
 その形も自然な流れですね。
 …うーん、たくさんの可能性が生きていて、どれとも読みづらいです。

>オデュッセウスウルトラC推奨人(ぉぃ)としてはまだ諦め
>きれないですね!!(←アホか)
 半端なくいい人&癒し系なのは確かで、この人が長子で本当に良かったと思います。

>オデュ「ルルーシュ争いは苦手なんだけど、こうなっては仕方
>がないね、見せてあげよう私の本気を!!」
 さすがに無理があr(ry

 …もしあのいい人っぷりが演技なら、それこそ余程の事がなければその仮面を外さない気もするんですよね。
 計算だとしたら、表裏がないことをアピールする利も、それを投げ捨ててしまう愚も、どちらも深く理解しているはずだと思いますし。



(続きます)
162. Posted by なっきー   2008年09月03日 18:25
>地護津 由利さん

>〜今回最後にギアスをかけた貴族皇族一人一人にギルフォード
>やグラストンナイツのような騎士がいるのなら〜
 わかっているのは、ギネヴィアは知謀タイプっぽいことくらいで、後はみんな未知数ですからね。

 未知数だけに、実は使える人も混じっているかもしれません。
 …全員というのは厳しい気がしますけど。

>〜これ以上弱体化させたくなかったから本人たちの意思を無視
>してでも手元に残しておきたかったか
 むしろ、ルルーシュはブリタニアをもっと弱体化させていくと、私は思っています。

 占領地をことごとく解放、租界を元の民族に返還し、侵略戦争をしやすい封建制から民主主義への移行、そういったことを目論んでいるのだと思います。



(続きます)
163. Posted by なっきー   2008年09月03日 18:27
>Avzさん

>CCの説得に失敗して、ルルをおとりに使い、今回も肝心なとき
>に、ルル、スザクの説得に失敗した上相手のNGワードに触れる
>とは、1期25話の遺跡ないでスザク説得に失敗した
 こうして見るとなかなかのヘタレっぷり、そして人質作戦や囮作戦の過ちがことごとく跳ね返ってくる辺りもそっくりです。

>計画の瓦解
>結局、8年前の時点で計画は穴だらけになっていた〜
 この辺、仰る通りだと思います。
 そして兄の嘘に怒りを覚えながら、自分も、怒っていると明らかにしないという嘘を作ってしまう矛盾。

>理解しあえば争いはなくなる
>〜嫁さんと理解しあっているうちに兄が嫉妬して争いが発生
 『理想郷』 でも、こうした争いは普通に起きるような気もします。…しかも隠し事が一切できないだけに、修復しようもありません。

>少なくとも、BR直後などルルーシュと話し合う機会はあった
>この計画の内容を説明する機会も
あったはず
 結局、 『神殺しが終われば自動的に相互理解できるから、説明なんてしなくていい』 という発想なんでしょうね。
 相手が人格のある存在だということを無視しています。

 …これまた、理想郷では 『個人』 なんて意味がなくなるからOK、という発想なんでしょうね…。

>ラウンズ
>〜この二人がそろっていることを考えると、シュナイゼルと行
>動を共にしているようですね。
 なるほど、そう考えるのが自然ですね。

>そしてモニカ女史、生存おめでとうございます。
 このまま頑張って生き延びて欲しいです。
 こういうまともな感覚を持っているっぽい人は、ブリタニア貴族では貴重な気がしますし…。

(続きます)
164. Posted by なっきー   2008年09月03日 18:28
>グレートブリタニア〜
>一応帝国総旗艦ですから、シュナイゼルが指揮下におき続ける
>のは外聞が悪いと思うのですが。
 確かにそうですね。
 …いえ、シャルルが行方不明だからと代理で管理しておく、という形ならありかも?

>あと、アーニャがいませんがどうしたのでしょうかね?
>そしてチーズ君はCCの元に戻ったのでしょうか?(笑)
 ルルーシュたちが黄昏の扉をすぐに出たのなら、外にいるアーニャと遭遇していたかもしれませんね。
 今回ラウンズに混じっていなかったのは、そんな感じでルルーシュ組に合流している伏線なのかも。

>シュナイゼル
>〜スザクは早速使い捨てですか。
 元から 『ゼロを足止めして死ね』 だったわけで、シュナイゼル的に 『手元に置く人材ではない』 という認識だったのは確定的だと思っています。

>ただフレイヤだけが切り札とは思えないんですよね。
 これは同感です。
 ブリタニアの軍事力+フレイヤならともかく、シュナイゼル直下の軍+フレイヤでは、恫喝としても微妙に弱い気がするんですよね。

>マリアンヌの遺体を運び出したのがシュナイゼルだったこと。
>〜クローンマリアンヌを素体にしたコードR再現量産体と
>KGF(ナイトギガフォートレス)部隊が登場するかも・・・
 確かに、身体がどうなっているのか物凄く気になりますね…。
 仰るような展開も有り得る気がします。

>あと、VVがマリアンヌ殺害の隠蔽工作を頼んだのはやはり
>彼でしょうか?
 嚮団の能力者がギアスを使って行ったことかもしれない、とも思います。

 そもそもシュナイゼルはずっとギアスを知らず、そのために 『得心が行かなかった』 のですから、V.V.を知らなかったと見た方が良さそうにも思うんですよね。

(続きます)
165. Posted by なっきー   2008年09月03日 18:30
>コーネリア
>腕の固定も取れたようなので新ナイトメアのお披露目があるか
>も知れませんね。
 ただ、シュナイゼルに利用されている感が強いので、これまたいつか使い捨てられそうで心配です(汗)。

>オデュッセウス兄上
>凡庸というレベルに収まらないほど
人間ができていらっ
>しゃる。
 これはこれで、卓越した才能とは言えそうですよね。



(続きます)
166. Posted by なっきー   2008年09月03日 18:32
>東西南北さん

>再度、ちょっとだけ失礼します。
 はい、いらっしゃいませー。

>ルル&スザク
>〜この二人にはもう一回くらい「何か」がありそうな気がしま
>す。
 元々がかなり違う考え方をする二人なので、全く衝突しないようではかえって不健全とすら言えるかもしれませんね。

>自分は「ルルは結局スザクに真実を話さなかった」に一票入れ
>ておきます(爆
 私はそのうちでは、↓

>そもそもスザクが真実を尋ねる事をしないという可能性
 これがかなりありそうかな、と思っています。
 知らないことがあってもいいのだと、要は信じるか信じないかだと、そういう考え方に至っているかもしれません。↓

>ルルの本質は今回もう垣間見れたわけで、〜
 考えようによっては、 『真実を知らない限り信じられない』 ようでは 『知ったところで信じられない』 かもしれませんからね。
 それよりは今回演説から感じたルルーシュの魂こそが重要であって、真実がどうかは些末なこと、と考えた可能性は十分にありそうです。
167. Posted by なりとな   2008年09月04日 00:10
再びこんばんわ、といいますか、急にふと気になった事が…
C.C.の通信相手がマリアンヌで、マリアンヌはアーニャの中にいて、
通信可能なのはマリアンヌが表層に出てきたとき
というのがC.C.独り言の謎の答えだったわけですが
この能力で、どのように一期18〜19のあいだに、ルル、スザク、ユフィ、カレンを神根島に導いたのでしょう?
遠隔地に物理的に影響を与えれるギアスではどう考えてもありませんし、アーニャが式根島周辺に当時居た、というのも考えにくいと思うのですが…
168. Posted by クロコット   2008年09月04日 01:13
なっきーさん、こんばんは。

今回は概念的な話だった事もあり正直1回見ただけではシャルル達の目指す世界がよく分からない視聴者も多かったんじゃないかと思うのですが、、、あのトンデモ親子(笑)の会話とC.C.の断片的な説明だけで今起きている事象をほぼ完璧に把握したスザクの知的レベルと洞察力、理解力は半端じゃないな〜とまず思いました(苦笑)

20話で非難轟々だったスザクの言動ですが……彼が求めた‘結果’って本当に‘シュナイゼルに認められてナイトオブワンになる事’だったんでしょうか?

ビスマルクと対峙した時、その強さに脅威こそ感じてはいましたが「お前のような裏切り者を誰が信じるものか」という言葉には完全に無反応だったんですよね、、、そして、本来秘密裏に行われなければならない暗殺任務なのに、今回も含めビスマルクという目撃者・証人を出してしまった事に対する焦りを全く持っていない、、、
これは、自身の権力を求めて策謀をめぐらす人間の態度ではないと思います。
169. Posted by クロコット   2008年09月04日 01:15
(続きです)
察するに、、、前回スザクが求めた‘結果’はあくまで‘戦争の元凶(と思われる)シャルル皇帝の排除’であり、それさえなされれば自分自身がどうなろうと別に構わなかったんじゃないでしょうか。

父殺しのトラウマ経験から自分で考える事を半ば放棄し、物事の判断をブリタニアルールに従って生きる事にして、、、それで突き進んできた結果がフレイヤによる大量虐殺。
どんな選択をしても自分には人殺ししか出来ないというのならば、せめて自分自身の判断で一番悪いと思う人間を始末してやる。
−−−19話ラストでばか笑いしていた心理はこんな感じかな。要は、あの時点で既にルルーシュと同じような結論に至っていたのではないかと。
170. Posted by クロコット   2008年09月04日 01:18
(さらに続きです)
では何故シュナイゼルにクーデターを持ちかけたのか、、、
自身を尾行させていたような上司をまだ信頼しているなんてあり得ないでしょう。それよりも…何も言わずに単独行動をとったらカノンがまた尾行してくるのは目に見えているので、柩木神社の件のように邪魔されないようにシュナイゼルの意志をあらかじめ確認したんじゃないでしょうか。シャルル排除に賛成か否かと。
ギルフォードの処置に対して異を唱えた点から考えると、シュナイゼルの危険性に関してジノやコーネリアらに警鐘を鳴らす意味もあったかもしれません。

ロイド&セシルやジノに対して冷たい態度をとったのは、皇帝殺しの大罪の共謀者だと思われないようにわざと、、、だったらいいなぁ、と思っています。

以上、20話のスザクを全力でフォローしてみました。

とりあえず、ジノとは男らしく殴り合って分かり合えばいいさ!(笑)
171. Posted by ゆうこ   2008年09月04日 08:31
>R2
横から失礼します。
出典忘れましたが、2期が始まったころ、雑誌のインタで
Q.R2の意味は?
A.2期という意味です。単にそれだけです。
というコメントがあって、私の行ってるスレでも「その2文字にどれだけ翻弄されたと思ってるんだああああ」な反応、結構ありました。
ただ、この作品では製作と同時にものすごく設定を練りこんであるので、後付けで(笑)何らかの意味が加えられないとも限りません。(続く)
172. Posted by ゆうこ   2008年09月04日 08:36
>曼荼羅
小説R2巻を読んだところ、(今後嚮団の話も尺の都合上ないと思うので・・・ネタバレではないと思うのですが)嚮団についての記述で「世界各地の神話に共通性がある」ことに触れられていて、やはり曼荼羅はユングを示していたのだとほぼ確信しました。
ウィキでカール・グスタフ・ユングを引くとすぐに「集合的無意識」が出てきます。作中のものもこれ↓でよさそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%A6%E3%83%B3%E3%82%B0
さらにちょっと書いちゃうと、小説のほうでは「嚮団は、世界各地の神話や伝承、信仰に共通点があることに興味を抱いた人々が・・・共通する「何か」を調べ、存在を突き止めることから始まった」(←13話位でC.C.が喋ったことになってる)だそうで、ユング派の超心理学研究所?って感じです。この世界のユングは嚮団にいたのかもしれません。(続く)
173. Posted by ゆうこ   2008年09月04日 08:37
またユングといえば共時性(シンクロニシティ)ですが、そういえばこの作品では大切な人に何かが起こったときにはっとする表現→共時性の一種、虫の知らせ的表現が多いですね。映像作品には普通に挿入される表現なので気にも留めませんでしたが。
これもおそらく集合的無意識でつながっているから起こる・・・という説明なのでしょう。C.C.が契約者のことを感じ取れるのも同様ってことで。
で、曼荼羅は何かということは、「う、宇宙観を示してるんだよね?」位しか説明できませんorz。ユングが曼荼羅好きとか。(あとはユング 曼荼羅とかでぐぐれば、もっとましな説明が出てきます。)(続く)
174. Posted by ゆうこ   2008年09月04日 08:38
>スザクへのネタバレ
私がネタバレ要員として期待し続けたマリアンヌ様はやっぱり「ネタバレ御免!!!」な方でした。C.C.もノリに引きずられていたので、アーカーシャの剣に行くまでに、寝ぼけ頭のスザクに容赦なくネタバレしたのでは・・・!!と妄想しています。
マリ「今はマリアンヌ。ルルーシュとナナリーのお母さんよ。」
スザ「は?」
C.C.「ところでこの剣は何だ。シャルルは既に不死者。剣も銃も効かんぞ」
スザ「え?」
マリ「そんなことより!もうすぐ偽りの仮面は壊れてみんなひとつになれるのよ!!」
スザ「へ?」
C.C.「一応言っておくが、ユーフェミアの件はギアスが突然暴走したせいだ。あいつは自分からは言わないだろうがな。」
スザ「はあ!?」
・・・みたいな感じで。真偽不明なもの(そして到底信じられないもの)のうち、いくつかは行ってみたら本当だったーーー!!!(笑)とか。
まあ、このとき言ってなくても、C.C.がいるので1ヶ月のうちにサラッとばらしてるのでは?と考えていますが。
175. Posted by なっきー   2008年09月04日 18:29
4  なりとなさん、クロコットさん、ゆうこさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>なりとなさん

>〜というのがC.C.独り言の謎の答えだったわけですがこの能力
>で、どのように一期18〜19のあいだに、ルル、スザク、ユフィ、
>カレンを神根島に導いたのでしょう?
 仰るように、アーニャがあの近辺にいなければ遺跡の何かを使って、とかも自動的に不可能になってしまうわけで。
 マリアンヌギアスも、そもそもアーニャからさらに誰かへ、というのができるかどうか自体が怪しい気がします。

 そう考えれば、あのときのC.C.の交信相手はV.V.と考えた方がしっくり来るようにも思います。
 ほくそ笑むV.V.の口元、なんて描写も入っているくらいですし。

 …もっとも、設定的に交信可能なのかとかは全くわかりませんし、 『しっくりくる』 だけで根拠のない話でしかないのですけど。



(続きます)
176. Posted by なっきー   2008年09月04日 18:30
>クロコットさん

>〜正直1回見ただけではシャルル達の目指す世界がよく分から
>ない視聴者も多かったんじゃないかと思うのですが、、、
 一般視聴者おいてけぼりなのはたしかでしょうね。
 最低でも録画またはこうして他の視聴者さんと交流している人でないと、よくわからないままになってしまいそうです。

>〜会話とC.C.の断片的な説明だけで今起きている事象をほぼ完
>璧に把握したスザクの知的レベルと洞察力、理解力は半端じゃ
>ないな〜
 恐らく、ということになりますが、彼、決して知能が低いわけではないと思うのですよ。
 ただ単に深く物を考えないというか、 『自分で深い判断をすることを禁じていた』 という気がしています。

>彼が求めた‘結果’って本当に‘シュナイゼルに認められて
>ナイトオブワンになる事’だったんでしょうか?
 これを突っ込むべきかはわかりませんが、一応…。

 目的=求める結果は日本人の救済の方ではないでしょうか?
 『ナイトオブワンになって』 というのは、ブリタニアの現行法に従う限りはそれ以外に手段が存在しないからに過ぎません。

>〜「お前のような裏切り者を誰が信じるものか」という言葉
>には完全に無反応だったんですよね、、、
 本心からの忠誠など持ってはいなかったからでしょう。
 つまり目的↑が変わっていない以上は、スザク的には変節ではなかったということでしょう。

>本来秘密裏に行われなければならない暗殺任務なのに、今回も
>含めビスマルクという目撃者・証人を出してしまった事に対する
>焦りを全く持っていない、、、
 ラウンズは皇帝直属なので、シュナイゼルが皇帝になるのならば、ビスマルクがラウンズから外されることも、シャルルの暴走を止めなかった罪を問われることも、普通に有り得ます。↓

(続きます)
177. Posted by なっきー   2008年09月04日 18:33
 その 『罪人』 が新ナイトオブワンを糾弾しようと何の意味もない、ということではないでしょうか。

 それを考えれば、 『焦りを感じないのが不自然』 とまでは言えないように、私は思います。

>〜‘戦争の元凶(と思われる)シャルル皇帝の排除’であり、そ
>れさえなされれば自分自身がどうなろうと別に構わなかった
 それは、私の見立てとは違います。
 スザクはあくまで 『日本の解放』 が目的であって、そういう意味ではシャルル排除も過程に過ぎないと思うのです。
 ただ、↓

>どんな選択をしても自分には人殺ししか出来ないというのなら
>ば、せめて自分自身の判断で一番悪いと思う人間を始末してや
>る。
 これはほぼ同じ印象です。
 しかし、そこがゴールではないこと自体は少しも変わっていないと思います。

 ゴールはあくまで、 『自身の父殺しで招いてしまった日本人の苦しみを終わらせること』 。
 …これではないでしょうか。

>自身を尾行させていたような上司をまだ信頼しているなんて
>あり得ないでしょう。
 私もあまり信用してなさそうには思いますが、しかし、信頼が有り得ない…とまでは思わないです。

>ギルフォードの処置に対して異を唱えた点から考えると、シュ
>ナイゼルの危険性に関してジノやコーネリアらに警鐘を鳴らす
>意味もあったかもしれません。
 これもちょっと無理がある気がします。
 と言うか、警鐘の意味を為していません。

 ジノが反シュナイゼルになったのは自身の正義感によります。スザクのあの言葉にはただスザクへの不快感を持った以上には、私には見えませんでした。
 コーネリアに至っては尚更のこと。強烈な不快感を持っただけで、反シュナイゼルという方向性を与える要因になり得たとも思えないのです。

(続きます)
178. Posted by なっきー   2008年09月04日 18:35
>ロイド&セシルやジノに対して冷たい態度をとったのは、皇帝
>殺しの大罪の共謀者だと思われないようにわざと、、、だった
>らいいなぁ、と思っています。
 ならば自ら反対するべきであって、シュナイゼルの手駒が増えたからもうどうしようもない、という印象をロイドたちに与えるべきではないと思います。

 …やはり、あの時点のスザクに迷走以外の何かを見つけるのはとても難しいと思うのですよ。
 今のスザクを良い状態だと思えばこそ私は、あの時点のスザクを悪い状態だと規定したい気持ちが強いです。

>とりあえず、ジノとは男らしく殴り合って分かり合えばいい
>さ!(笑)
 あとロイドたちには謝って欲しいですね。

 もっと言えば 『実は善意でした』 なんて、どんな意図があったかなんて、全く関係ないということ。
 それはルルーシュたちがシャルルの 『押し付けた善意』 でどれほど苦しんだかを思えば、この作品的には必然の結論ではないでしょうか。



(続きます)
179. Posted by なっきー   2008年09月04日 18:37
>ゆうこさん

>Q.R2の意味は?
>A.2期という意味です。単にそれだけです。
 お紅茶吹いたw
 紛らわしいというか何というか…。

>〜後付けで(笑)何らかの意味が加えられないとも限りません。
 個人的には、その手の後付けもOKです(笑)。
 と言うか、長編小説とかでも結構 『実は伏線でした』 な真相が後付けで追加されているような気がしますし。

>曼荼羅
>〜やはり曼荼羅はユングを示していたのだとほぼ確信しました。
>ウィキでカール・グスタフ・ユングを引くとすぐに「集合的無意
>識」が出てきます。作中のものもこれ↓でよさそうです。
 なるほど、間違いなさそうですね。

>「嚮団は、世界各地の神話や伝承、信仰に共通点があることに
>興味を抱いた人々が・・・共通する「何か」を調べ、存在を突き止
>めることから始まった」
 それが、見つけた神秘の力の究明と探求にずれていってしまったわけですね。

>この世界のユングは嚮団にいたのかもしれません。
 なるほど、それも大いにありそうです。

>またユングといえば共時性(シンクロニシティ)ですが、そう
>いえばこの作品では大切な人に何かが起こったときにはっとす
>る表現→共時性の一種、虫の知らせ的表現が多いですね。
 典型が第1期ラストとかかも。

>〜C.C.が契約者のことを感じ取れるのも同様ってことで。
 これは、不死者は人より 『神』 に近い存在だからでしょう。
 しかも同時にギアス能力者とも近い存在でもあるので、集合無意識を通して知覚しやすいのだと思います。

 ギアス能力者でしかなかった頃のシャルルが、アーカーシャの剣にいれば死者と会話したりいろいろ知ったりできたのも、同じような理屈かもと思っています。

>ユングが曼荼羅好きとか。
 案外あの描写にも、それ以上の意味はないのかもしれませんね。

(続きます)
180. Posted by なっきー   2008年09月04日 18:38
>私がネタバレ要員として期待し続けたマリアンヌ様はやっぱり
>「ネタバレ御免!!!」な方でした。〜
>寝ぼけ頭のスザクに容赦なくネタバレしたのでは・・・!!
 凄くありそうです(笑)。

>マリ「そんなことより!もうすぐ偽りの仮面は壊れてみんなひとつ
>になれるのよ!!」
 言いそうですよね。
 ユフィと会わせてあげられると、これを喜ぶだろうと思っていたわけですし。

>C.C.「一応言っておくが、ユーフェミアの件はギアスが突然暴
>走したせいだ。あいつは自分からは言わないだろうがな。」
 これも言うかもしれないですね。
 少なくとも、訊かれたら答えそうな…。

>まあ、このとき言ってなくても、C.C.がいるので1ヶ月のうちに
>サラッとばらしてるのでは?と考えていますが。
 スザクが 『ルルーシュの魂を見た以上は実際何が起きたかは知らなくてもいい』 とまで―― 私はこれも有り得ると思ってます―― 思っていない限りは、どこかで聞かされていそうな気はします。
181. Posted by 鴨猫   2008年09月04日 23:53
こんばんは、お邪魔しますなっきーさん。

ルルーシュとC.C.の合流は嬉しいですけどツンデレ魔王魔女夫婦復活とはいかないようで…(´・ω・`)
C.C.はルルーシュにコード押し付けるわけにもいかないしでいずれまた1人残されると思ってるんでしょうか?

シャルルとマリアンヌはなんかもう、どこまでも他人を拒絶してましたね。
けれどシャルル、人を拒絶してたわりには皇妃たくさん子供たくさんってなんなんでしょう(笑)
みんなひとつになるのなら皇位継承者が必要だったわけでもないと思うのですけど。

次回ルルーシュと神楽耶が戦ってほしくないというのに同意です。
神楽耶には自分があの人の妻だくらいのことを言ってほしいですね。
地位もつりあってますし、ちょっとほんとに結婚もアリになってきたんじゃないかなーという気がしてます(笑)
182. Posted by Avz   2008年09月05日 01:20
今夜もお邪魔します。

>ビスマルク
ルルーシュが玉座に着いた姿をみて
驚いていることから、
シャルルを殺害したのが誰かは
知らなかったんでしょうね。

シャルルも嘘が嫌いな以上
スザク相手でも明白なウソは
言わなかったでしょうし。
(「ギアスとゼロの正体〜」)

ということは、まだゼロの正体を
話してなかったんですかね
シュナイゼル兄上(汗)

>ユング
ほんのタイトルにあった
Kollektives Unbewusstesという単語は
ユングが命名した(独語)ものでこれの
和訳が「集合無意識」だそうです。
なお英訳だと
collective unconscious
これも頭文字Cですね。

>神話との類似
あとアーカーシャの剣を見ていて
気になったことを調べるとありました。
旧約聖書のバベルの塔。

この塔は元は人々が皆で暮らすために
全員一丸となって建造したのですが
人々に世界に散らばってほしかった
神様が
人々の「言葉を乱し」て意思疎通を不可能にすることで、人々をバラバラにしていきました。

天に届く塔。
言葉が乱れ意思疎通のできなくなった人々。

これも、話の元ネタのひとつかもしれませんね。

では今日はこれまで
183. Posted by クロコット   2008年09月05日 03:11
なっきーさん、こんばんは。

これ本当は20話のコメントの方に書くべき内容かもしれませんが、言いたかった内容がちょっと伝わっていない感じなので、もう少しお付き合い下さいませ。

20話のスザク…アヴァロンにいる時と神根島に来てからとで印象が違うんです。私の場合は。
「ナイトオブワンになって(自分自身が)日本を救う」事が目的ならば、自身の生存は絶対条件のはず。
それなのに、ビスマルクに対峙した時「生きるためにここはいったん退け(意訳)」というギアスの指示に逆らって向かっていった。。。直接「逃げろ」という命令を受けたわけではないですが、ユフィが抗いながらも結局従うしかなかった事を思えば、少なくとも彼女のそれと同等以上の精神力で抵抗した事になります。

つまり、自分が生き延びる事を第一に考えてなどいないんですよ。あくまで「皇帝を殺す」それだけです。

ナイトオブワンになるための方法として皇帝暗殺を思いついたのか、皇帝暗殺の理由付けとしてナイトオブワンになるためにと言ったのか、、、私は後者のように感じたんですよね。
何よりもまずシャルル排除が大前提。それで自身がどうなろうと、そうする事が日本のためにもなると思っている。…というのが、20話のスザクの状態じゃないかと。
184. Posted by クロコット   2008年09月05日 03:13
(続いてます)
>>〜「お前のような裏切り者を誰が信
>>じるものか」という言葉には完全に
>>無反応だったんですよね、、、
>本心からの忠誠など持ってはいなかっ
>たからでしょう。つまり目的↑が変わ
>っていない以上は、スザク的には変節
>ではなかったということでしょう

あ…私が言いたかったのはそういう事ではなくて、、、
ビスマルクは間接的に「シュナイゼルだってお前を信頼したりしない」と言っているわけですから…スザクが皇帝暗殺でナイトオブワンの座をもらえると本気で思っていたのなら、裏切り常習者と見られている事にもうちょっと動揺するんじゃないかな〜と思ったんです。
実際にカノンにも尾けられてたくらいですし。

>…やはり、あの時点のスザクに迷走以
>外の何かを見つけるのはとても難しい
>と思うのですよ。
>今のスザクを良い状態だと思えばこそ
>私は、あの時点のスザクを悪い状態だ
>と規定したい気持ちが強いです。

私はそこまで悪い状態だったとは思ってないんですよね。迷走というか暴走していたとは思いますが(苦笑)
だって、今まで軍のルールに従う事しかしなかった彼がようやく自身の意志で討つ相手を定めて向かっていったんですから。
しかも、相手はそのルールを作った張本人ですよ!?

21話のスザクには(暴走夫婦を目の当たりにする前から既に)随分と冷静な印象を受けたので、、、20話の時点で、彼なりに覚悟を決める下地は既に出来ていたように思うんです。
185. Posted by クロコット   2008年09月05日 03:16
(もう少し続きます)

>もっと言えば 『実は善意でした』 な
>んて、どんな意図があったかなんて、
>全く関係ないということ。

ジノやロイドにとっては関係ない事ですが、スザクが今後戦場でジノと相対した時にどんな対応をみせるか、という点を予想する上で重要です。
「あれはこういう意図だったんだ」とスザクが釈明する〜とかいう意味ではないですよ。
ルルの騎士という選択をした事に関して多少なりとも説明や説得を試みるかどうか、相手に対してそこまでする意志(好意や関心)があるかないか、という事です。

ぶっちゃけ、今までの描写ではスザクがジノらの事をどう思っているのか全く分かりませんしね。。。(汗)
186. Posted by クロコット   2008年09月05日 09:05
…何だか、私ってスザクファンだったんだろうか……と思えるくらい語りすぎてしまった感じなので、ちょっと別視点の話をもう一つ。

>アーニャ
チーズ君と一緒に居た以上、あの後ルル達と合流したんじゃないかと思いますが(洞窟?から脱出できてもモルドレッドは飛べなくなってるし)、記憶喪失と記憶障害の原因が判明したのでシャルルに封じられた記憶を取り戻す(※要ジェレミア)ためにもルル達に同行しているんじゃないかな〜と予想します。
何よりも記憶が大事。それが記憶喪失キャラのお約束(苦笑)

…実質1週間しかアリエス宮にはいなかったらしい彼女ですが、ルルの写真だけはしっかり撮っていた………実は初恋の人、だったりして(笑)

>ジェレミア
ルルに対する忠誠心は変わらないと思うのですが、マリアンヌの真実(※ルルの他はスザクとC.Cしか知らない)を教えてもらえるかどうかでルルにとっての信頼度が変わってきます。さぁどうなる?
187. Posted by ゆうこ   2008年09月05日 11:34
>曼荼羅
ちょっと思考が整理できたので・・・
曼荼羅は宇宙観を示す。
それは内的宇宙でも、外的宇宙でもありえる。
ユングの思想では、それは密教徒に限らず、思想・宗教にもよらず、すべての人の中に存在する。それは、集合無意識というものが存在し、無意識界で人々がつながっているから。
→というわけで、曼荼羅のカットは「集合無意識の存在する世界観」を示しているのだろう、というのが私の解釈です。

>嚮団
>それが、見つけた神秘の力の究明と探求にずれていってしまったわけですね。
その通りです。いろいろ書いちゃうのもどうかな〜と思っていたのですが、あと一言だけC.C.の台詞(要約)を引用させていただきます。
「(嚮団の)目的は、「何か」を崇めることから、秘密を解き明かし、利用することに変化していった・・・。」
信仰対象を利用ってww。人間の業の塊のような人たちですね、本当に(←ロロのこと根に持ってる)。(続く)
188. Posted by ゆうこ   2008年09月05日 11:37
ところで、スレ経由で聞いた雑誌インタのことで申し訳ありませんが、この作品では、「会話しているようでも互いが自分の主張ばかりに集中してしまい、会話がかみ合っていないというシーンを、意識的に入れてきました。」だそうです。
そういえば、可愛いものからイラッとくるものまで、思い当たる会話が多すぎる・・・。大抵は誰かがツンデレなせいですけどね。
アレ?会話しているのに意思疎通できていない=言葉が通じないって、「東京BABILON」のテーマの一つ・・・。なんか以前コメントしたな・・・?
(探して↓引用してみました。R2 1話のコメント欄62番のあたりでした)
>(CLAMP作品では)東京に生きる人たちが、「まるでバビロンの神話の
>ように」お互いに分かり合うことができないまま彷徨う、というような
>意味合いです。

>もしや2期の舞台は世界、ってことで2つ目の意味として、言葉の
>通じないもの同士の相互理解、ってのが重要なテーマになったり・・・。(続く)
189. Posted by ゆうこ   2008年09月05日 11:38
自分も忘れてた。そして重要なテーマではないとしても、重要なキーワードになってたーーーー!!!(前半のほうが符合しますね)
神を殺して(アーカーシャの剣→バベルの塔で)、世界をバベル以前の、「共通言語」で話し、完全に理解しあえた時代に戻そうとしたシャルル。
アーカーシャの剣(バベルの塔)を砕いてシャルルの野望を否定したルルーシュ。
やはり2話は重要な暗示だった・・・。
・・・とのんびり書いてたら、182番のAvzさんのコメントと被ってたー!
これが共時性ってやつか(違)。
(うそです。Avzさん、気を悪くなさらないで下さいね〜。)(続く)
190. Posted by ゆうこ   2008年09月05日 11:39
>神楽耶
21話冒頭で扇が「俺はこれから神楽耶様や星刻総司令に事情を説明する」
と言っているので、どちらにせよルルゼロバレはしてるわけですよね。
最後のシーンの「あの方と・・・スザクが!」では、完全にルルーシュとゼロと過去に逢っているルルーシュが一致した感じでしたが、これだけでは私の妄想(神楽耶様が最初からルル=ゼロと気づいていた)は否定も肯定もされず。(スタッフ・・・何をまだ仕込んでるんだ・・・)
とりあえず、好きに妄想しろってことですね☆、了解ー!
・・・ってことで、次回「超☆合衆国とブリタニアの休戦条約の保証を得るため、超合衆国議長である自分と、ブリタニア皇帝ルルーシュの婚姻を申し出る神楽耶」などを妄想して楽しんでおります。あ、これはどっちでもいけるか・・・。
まあ、妄想上でも「貴女の身が危険にさらされることになる。」とサックリ断られるんですけどね!(続く)
191. Posted by ゆうこ   2008年09月05日 11:41
>ゼロ
来週、ルルーシュが黒の騎士団側と会話することになっても、「ゼロは死んだ、そう聞いたが?」とあっさりかわすんだろうなあ・・・。
神楽耶様と星刻はすぐにそれで話を合わせそうです。
と思ったら予告でカレンとクラブハウス前にいるー!!!状況が読めない!!(嬉々)

>ショックイメージのうなだれる人々
そういえば、トンデモ本に類するものの中に、「○○の古代文明は核爆弾で滅びた。」説とかあったなあ・・・。
192. Posted by まもん   2008年09月05日 17:22
とりあえず今の勢力をまとめて感想を書きます!!

>神聖ブリタニア帝国
皇帝:ルルーシュ
ナイトオブゼロ:スザク
??:C.C
皇子、皇女:オデュッセウス、ギネヴィア、カリーヌ
他:ジェレミア?、アーニャ?

>戦法
とりあえず兵は結構いるとは思うんですけど所詮雑兵なんで頼りにならないですよね(汗)
戦いになるのならルルーシュのギアスと策略、スザクのアルビオンが基本でしょうね・・・・
まぁこの二人が組めば相乗効果でとんでもないことになりそうだけどw

>目的
今のルルーシュとスザクの目的が何なのか?カレンや神楽耶や星刻を仲間に入れる気があるのか・・・個人的希望はいれてほしいんですけどね・・・・

>C.C
これからどうするのか・・・・コードはただ死にたいとはもう思ってないでしょうし、何か生きる目的?みたいなのを見つけようとするのか・・まぁ今のところはわからないです

とりあえずルルーシュとズザクがどういう目的を持ってるのか次第何でまだわからないですね・・・次の話を期待して待ってます!!
193. Posted by まもん   2008年09月05日 17:36
>旧皇帝派
トップ:シュナイゼル
皇女:コーネリア
参謀:カノン、ディートハルト?
ナイトオブラウンズ:残り全員?
他ニーナ、ロイド、セシル

>戦力
こっちはかなり豊富ですね・・・
でも結構火種というかシュナイゼル自身に忠誠心を持ってる人は少ないと思うんですけど・・・
まぁフレイヤもありますし(使いづらいとは思うけど持ってるだけで脅威だと思いますし)、トロモ機関で何かをつくってそうですから・・・まだまだ手の内を見せないない感じですね

>ジノ
どうなるんでしょうか・・・まぁシュナイゼルの行動とスザクの行動次第ではルルーシュ側につく可能性が高いと思うんで期待してます

>ビスマルク
もう皇帝の復讐のため?とか考えてるんでしょうか?
来週ギアス使いそうですし・・・でもギアス持ってる時点でかなり死にそうです(汗)
20話でスザクをふっ飛ばしたあたりはかなりかっこよかったんですけど、そこからずっと蚊帳の外でうろたえまくってたんで(汗)来週あたりアルビオンの餌食になりそう・・・(汗)

>ニーナ
1ヶ月前にミレイと会ってたんで、その時何を話したのか・・・今どうしようとしてるのか・・・個人的には非業の死はやめてほしいな・・・

>ロイド、セシル
う〜んロイドはランスロットを体の一部みたいに考えてると思うんで、スザクがアルビオンを乗ったらどう思うんでしょうか?
こっちもスザクの態度次第でつくと思うんで?・・・微妙だな〜・・・
個人的にはロイドとルルーシュの会話を聞いてみたい!!!ww

続きます
194. Posted by まもん   2008年09月05日 17:45
>黒の騎士団
トップ:神楽耶、星刻
参謀:チャンリン、ディートハルト?
他:カレン、ジェレミア?、洪古、扇ジャパン、ヴィレッタ

>ディートハルト
ふと思ったんですけど今まだ黒の騎士団にいて何かの用であそこにいるんじゃ?とか思ってますw・・・まぁありえないですかね?

>カレン
どうすんだろ?話し合ってもルルーシュの目的次第で真実?を伏せられて敵になるってことはあるのかな?アルビオンVS紅蓮とか本当にありそうなんで(汗)
まぁそれだけは勘弁してほしいです(汗

>神楽耶
1ヶ月前もゼロのことを気丈に信じてたんで何とか、どんな形であれ報われてほしいです!!
まぁまだ信じてたらの話ですけど・・・大丈夫ですよね?(汗)

>扇ジャパン
さらっとあの場にいたのにイラッとしたんでww1ヶ月前に何があったか頼みますww

う〜ん妄想が当たる気がしないですww
だからおもしろいんですけどw
まぁまた予想外のこと起こしそうなんで楽しみに待ってます!!
195. Posted by なっきー   2008年09月05日 22:32
4  鴨猫さん、Avzさん、クロコットさん、ゆうこさん、まもんさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>鴨猫さん

>ルルーシュとC.C.の合流は嬉しいですけどツンデレ魔王魔女
>夫婦復活とはいかないようで…(´・ω・`)
 C.C.が迷ってる感じですからね。
 言葉数とか自体が、少なそうな…。

>C.C.はルルーシュにコード押し付けるわけにもいかないしで
>いずれまた1人残されると思ってるんでしょうか?
 以前より、新たに誰かと契約する気にもなりづらくなっている気がしますしね。
 八方塞がりです(汗)。

>シャルルとマリアンヌはなんかもう、どこまでも他人を拒絶
>してましたね。
 ルルーシュの言った 『高みから見下ろして』 というのが、本当にぴったりな気がします。

>けれどシャルル、人を拒絶してたわりには皇妃たくさん子供
>たくさんってなんなんでしょう(笑)
 それも 『皇帝の仮面』 なのかも、と思ってます。
 神殺ししか目的がないからこそ、いかにもな皇帝を演じていたのではないかと。

>神楽耶には自分があの人の妻だくらいのことを言ってほしい
 同感です。
 それと、どうもルルーシュたちが死ぬ気に思えてならないので、それだけに↓

>地位もつりあってますし、ちょっとほんとに結婚もアリになっ
>てきたんじゃないかなーという気がしてます(笑)
 これには期待したいです。
 神楽耶が隣に収まることで、違う未来図に向けて軌道修正できるかもしれませんしね。



(続きます)
196. Posted by なっきー   2008年09月05日 22:34
>Avzさん

>ビスマルク
>〜シャルルを殺害したのが誰かは知らなかったんでしょうね。
 仰る通りと思います。
 コード所有者からはギアス能力者の居場所も含めてわかって、逆方向だと生き死にだけがわかるとかなのかも。

>シャルルも嘘が嫌いな以上スザク相手でも明白なウソは言わ
>なかったでしょうし。
 少なくとも、 『騙すつもりで口にする』 ということは無さそうな気がします。

>ということは、まだゼロの正体を話してなかったんですかね
>シュナイゼル兄上(汗)
 情報と知恵こそが力というシュナイゼルにとっては、情報を与えないというのは常に重要な選択肢なのかもしれません。

>ユング
>〜Kollektives Unbewusstesという単語はユングが命名した
>(独語)ものでこれの和訳が「集合無意識」だそうです。
 なるほど。

>〜旧約聖書のバベルの塔。
>〜天に届く塔。
>言葉が乱れ意思疎通のできなくなった人々。
>これも、話の元ネタのひとつかもしれませんね。
 これは興味深いですね。
 実際元ネタだったとしても不思議じゃないくらいに形が似ている気がします。



(続きます)
197. Posted by なっきー   2008年09月05日 22:36
>クロコットさん

>20話のスザク…アヴァロンにいる時と神根島に来てからとで
>印象が違うんです。私の場合は。
 まあここら辺は超高速なこともあって、いろいろな可能性が生きたままになっているんですよね。
 それだけに、(私の読みも含めて)これで決まり、とできるほどの材料がありません。

>「ナイトオブワンになって(自分自身が)日本を救う」事が目的
>ならば、自身の生存は絶対条件のはず。
 『シャルルを放置していれば何か重大なことが起きる』 と感じた場合、踏みとどまる可能性は残っていると思うのです。
 あのとき、スザクはビスマルクを倒そうとしていたのではなく、 『どうにかして突破できないか』 を考えていたと、私は思うのです。

 とは言え、上で書いたようにこの辺は可能性がたくさん生きているので、こうに違いない的なことはとても言えないとも思います。

>つまり、自分が生き延びる事を第一に考えてなどいないんです
>よ。あくまで「皇帝を殺す」それだけです。
 ビスマルクに負ければ皇帝は殺せません。
 つまり、皇帝を殺すことだけが目的だとしても、死は避けなければならないことになります。

 むしろ 『あの場で退却するかしないか』 は実は 『皇帝を殺すか殺さないか』 ではなく、 『今それをしなければならないか否か』 ではないでしょうか?

 『今』 に意味がないなら、一度退けばいいだけです。
 『今』 でなければならないのなら、ビスマルクをいかに突破するか―― 殺し合いで勝つかではなく―― を考えなければなりません。
 私はそういう話だと思ったわけです。

 ただ、↓

>〜皇帝暗殺の理由付けとしてナイトオブワンになるためにと
>言ったのか、、、
 これは凄くありそうに思います。↓

(続きます)
198. Posted by なっきー   2008年09月05日 22:40
 スザクが(ルール絶対遵守で)考えることを放棄していたシャルルの正義に対する不信感が募り、自ら確かめたくなったと思うんですね。
 シャルルに詰問する 『手段』 として暗殺と言い出したのだとしたら、その暗殺を命じてもらう手段としてナイトオブワンという理由を捏造するのも自然な気がします。

>何よりもまずシャルル排除が大前提。それで自身がどうなろう
>と、そうする事が日本のためにもなると思っている。
 元々スザクは自分を大事にしないので、そういう思考が普通に有り得るのも確かですよね。

>ビスマルクは間接的に「シュナイゼルだってお前を信頼した
>りしない」と言っているわけですから…〜
>裏切り常習者と見られている事にもうちょっと動揺するんじゃ
>ないかな〜と思ったんです。
 シュナイゼルに信用されていないのは先刻承知、というやつでしょう。スザク自身もシュナイゼルを信用していないでしょうし。
 この時点では動揺はしないと思います。

 むしろシャルルが日本復興の妨げになるのなら当然シュナイゼルも同列と見なすべきで、スザクは彼も取り除くつもりでいたように思っています。
 …そういった概要はともかく、スザクがこの時点で具体的な道筋を描いているとは思えず、故に 『迷走』 だと思ったわけですね。

>私はそこまで悪い状態だったとは思ってないんですよね。〜
>今まで軍のルールに従う事しかしなかった彼がようやく自身の
>意志で討つ相手を定めて向かっていったんですから。
 確かに、自分の意思で、というのは大事ですよね。

>〜21話のスザクには〜随分と冷静な印象を受けたので、、、
 今までルール絶対の代わりに何も見ない何も考えないだった、それが反転しているように思います。
 よく見て、よく考えている印象です。

(続きます)
199. Posted by なっきー   2008年09月05日 22:47
>〜スザクが今後戦場でジノと相対した時にどんな対応をみせ
>るか、という点を予想する上で重要です。
 確かにその通りですね。

>ぶっちゃけ、今までの描写ではスザクがジノらの事をどう思
>っているのか全く分かりませんしね。。。(汗)
 超高速の弊害ですね…。
 まあ個人的には、嫌いになったとか無関心とかは有り得ないとは思うのですが…。

>…何だか、私ってスザクファンだったんだろうか……〜
 いろいろ考える価値があるというか、考察する人にとって、おいしい人に化けたのは間違いないと思います。

>アーニャ
>チーズ君と一緒に居た以上、あの後ルル達と合流したんじゃ
>ないかと思いますが
 私もそう思います。

>何よりも記憶が大事。それが記憶喪失キャラのお約束(苦笑)
 アーニャ自身も、記憶を戻せるかもしれないという話を聞けば必ず乗り気になる気がします。

>〜ルルの写真だけはしっかり撮っていた………実は初恋の
>人、だったりして(笑)
 それもありそうな気がしますね。
 特にこれは、ヒネる前の(笑)ルルーシュですし。

>ジェレミア
>〜マリアンヌの真実〜を教えてもらえるかどうかでルルにとっ
>ての信頼度が変わってきます。
 これは難しいところですよね。
 私がその立場なら普通に教えてしまうでしょうが、ルルーシュは優しい嘘をついてしまうかもしれません。



(続きます)
200. Posted by なっきー   2008年09月05日 22:49
>ゆうこさん

>曼荼羅は宇宙観を示す。
>それは内的宇宙でも、外的宇宙でもありえる。〜
>曼荼羅のカットは「集合無意識の存在する世界観」を示してい
>るのだろう、というのが私の解釈です。
 なるほど…、何だか凄く納得してしまいました。

>「(嚮団の)目的は、「何か」を崇めることから、秘密を解き明か
>し、利用することに変化していった・・・。」
>信仰対象を利用ってww。人間の業の塊のような人たちです
>ね、本当に(←ロロのこと根に持ってる)。
 ある意味 『神秘』 でなくなってしまったのでしょうね。

>〜「会話しているようでも互いが自分の主張ばかりに集中して
>しまい、会話がかみ合っていないというシーンを、意識的に入
>れてきました。」だそうです。
 思い当たる節多すぎ(笑)。
 わざとだというのは、むしろ納得です。

>>〜「まるでバビロンの神話のように」お互いに分かり合うことが
>>できないまま彷徨う、というような意味合いです。〜
>そして重要なテーマではないとしても、重要なキーワードに
>なってたーーーー!!!(前半のほうが符合しますね)
 これは実に面白い符合です。

>世界をバベル以前の、「共通言語」で話し、完全に理解しあ
>えた時代に戻そうとしたシャルル。
 まあ今更バックしてやっていけるほど、今の人間はピュアじゃない気もします(笑)。

>神楽耶
>〜どちらにせよルルゼロバレはしてるわけですよね。
 それは確実だと思います。

>〜これだけでは私の妄想(神楽耶様が最初からルル=ゼロと気
>づいていた)は否定も肯定もされず。
 ストーリーの本筋には重要な情報ではなさそうですし、もう答えは出ないかもしれませんね。

(続きます)
201. Posted by なっきー   2008年09月05日 22:53
>・・・ってことで、次回「超☆合衆国とブリタニアの休戦条約の保
>証を得るため、超合衆国議長である自分と、ブリタニア皇帝
>ルルーシュの婚姻を申し出る神楽耶」
 それ、私も見たいかも!

 一番の障害は、ルルーシュとスザクが、目的(ブリタニアの現体制の破壊?)を達成したら消えようと思っていそうな点かもしれません。
 本当にそうなら婚姻話なんて、 『皇帝としては』 受けないのは確定的ですし…(汗)。

>「貴女の身が危険にさらされることになる。」
 あ、やっぱり断られますか。

>〜「ゼロは死んだ、そう聞いたが?」とあっさりかわすんだろ
>うなあ・・・。
 『記号』 ゼロは間違いなく死にましたからね。

>神楽耶様と星刻はすぐにそれで話を合わせそうです。
 それはなかなかに素敵な流れです。
 私もそれに1票。

>と思ったら予告でカレンとクラブハウス前にいるー!!!状況
>が読めない!!(嬉々)
 カレンにとって 『アッシュフォードの学生』 はずっと仮面に過ぎませんでしたが、ルルーシュは逆に、あの生徒会こそが理想郷だったというような話をすると思っています。

>そういえば、トンデモ本に類するものの中に、「○○の古代文明
>は核爆弾で滅びた。」説とかあったなあ・・・。
 まあ、辻褄さえ合っていれば面白い話だとは思います。
 少なくとも予言とか陰謀論とかほど有害でもないでしょうし(笑)。



(続きます)
202. Posted by なっきー   2008年09月05日 22:54
>まもんさん

>神聖ブリタニア帝国
>〜皇子、皇女:オデュッセウス、ギネヴィア、カリーヌ
 ここが未知数ですね。
 オデュッセウスがいい人で、カリーヌがお馬鹿っぽいことしかわかりません。(ぉぃ

>とりあえず兵は結構いるとは思うんですけど所詮雑兵なんで
>頼りにならないですよね(汗)
 ラウンズとかを相手しなければならないわけで、数だけいてもあっさり蹴散らされそうです(汗)。

>戦いになるのならルルーシュのギアスと策略、スザクのアルビ
>オンが基本でしょうね・・・・
 この二人が力を合わせれば無敵。
 それを今こそ証明して欲しいです!

>今のルルーシュとスザクの目的が何なのか?カレンや神楽耶や
>星刻を仲間に入れる気があるのか・・・
 この二つは直結している気がします。
 例えばルルーシュたちの目的がブリタニアの(現体制の)破壊であるなら、大切な人たちはことごとく遠ざけようとするかもしれません。

>個人的希望はいれてほしいんですけどね・・・・
 私も、もし上↑みたいな理由がないなら合力して欲しい気がします。

>C.C
>〜死にたいとはもう思ってないでしょうし、何か生きる目的?
>みたいなのを見つけようとするのか・・
 少なくとも 『コードを誰かに渡して死ぬ』 という気は全く無くなっていそうな気がします。
 じゃあ具体的に何をしたいかとなると、自分でもよくわかっていない状態でしょうね。

>旧皇帝派
>〜皇女:コーネリア
 ただ丸め込まれているのか、それとも何か思惑があってここに留まっているのか、…前者な気がするのが嫌な感じですが(汗)。

(続きます)
203. Posted by なっきー   2008年09月05日 22:56
>ナイトオブラウンズ:残り全員?
 皇帝直属ということを思えば、シャルルを弑逆したルルーシュに敵対するのが筋だとは思います。
 …でもシュナイゼルに敵意を抱いているジノが微妙…。

>他ニーナ、ロイド、セシル
 ここも微妙なんですよね。
 シュナイゼル軍の難点は、幹部の忠誠心かもしれません。
 …って書いてたら、同意見だったみたいですね。

>フレイヤもありますし(使いづらいとは思うけど持ってるだけ
>で脅威だと思いますし)、トロモ機関で何かをつくってそう〜
 この辺、同感です。
 しかもそれをシュナイゼルが活用するわけで…。

>ジノ
>〜まぁシュナイゼルの行動とスザクの行動次第ではルルーシュ
>側につく可能性が高いと思うんで期待してます
 あのシュナイゼル不信は生半可なことでは消えない気がしますし、学園で見たルルーシュと今のルルーシュの落差に何か思うところがあれば、真実を確かめに来るかもしれない気がします。

>ビスマルク
>もう皇帝の復讐のため?とか考えてるんでしょうか?
 何かこの人不思議…というか、シュナイゼルがスザクをシャルルの暗殺者として送ったと知っても、普通にシュナイゼルに忠誠を誓いそうな気もしています。
 個人ではなくて、王朝に忠誠心を持っているのかも?

>来週ギアス使いそうですし・・・でもギアス持ってる時点で
>かなり死にそうです(汗)
 何か凄い能力発現
→ずっとビスマルクのターン!

→…と思いきやジェレミアによってキャンセル(ぉぃ
→アルビオンによって撃墜

 …とかも普通にありそうです(汗)。

>〜来週あたりアルビオンの餌食になりそう・・・(汗)
 そうかもしれません。

(続きます)
204. Posted by なっきー   2008年09月05日 22:58
>ニーナ
>〜個人的には非業の死はやめてほしいな・・・
 仰るように、ミレイと話したことが何かヒントになって、進む道を決めていそうな気もします。

 こういう大失敗をしてそれを自覚した人は、何の失敗もしていない人よりも他人の痛みがわかる面がある気がします。
 今更ではありますが、生きて何かを頑張って欲しいですね。

>ロイド、セシル
>〜スザクがアルビオンを乗ったらどう思うんでしょうか?
 今のままだと不快に思いそうですね(汗)。

>個人的にはロイドとルルーシュの会話を聞いてみたい!!!
 なるほど、それは面白そうです!

>黒の騎士団
>他:カレン、ジェレミア?、洪古、扇ジャパン、ヴィレッタ
 ジェレミアは確かに微妙ですね。
 扇がゼロ殺害の意思を持っているわけですし…。

>ディートハルト
>ふと思ったんですけど今まだ黒の騎士団にいて何かの用であそ
>こにいるんじゃ?とか思ってます
 なるほど、その可能性はありますね。
 …まあ、普通に扇に失望+星刻に仕える気無し、で他へ行ったというパターンの方がありそうですけど。

>カレン
>どうすんだろ?話し合ってもルルーシュの目的次第で真実?を
>伏せられて敵になるってことはあるのかな?
 普通にありそうだから困りますよね(汗)。しかもカレンはその嘘を見抜けない可能性が…。

>アルビオンVS紅蓮とか本当にありそうなんで(汗)
 私も本当にありそうに思います(汗)。

>神楽耶
>1ヶ月前もゼロのことを気丈に信じてたんで何とか、どんな形
>であれ報われてほしいです!!
 同感です!
 それに今の、悪を演じているルルーシュの内心も神楽耶になら見抜けるかもしれない、とも思います。

(続きます)
205. Posted by なっきー   2008年09月05日 23:00
>扇ジャパン
>さらっとあの場にいたのにイラッとしたんでww
 凄 く わかります(笑)。
 …更迭くらいされていれば良かったのに。

>う〜ん妄想が当たる気がしないですww
>だからおもしろいんですけどw
 それでいて、後から見るとちゃんと伏線敷いてあるのがいいんですよね。
 意外性を重んじてはいるけれど、それで理屈が通らなくなったりはしない、という…。
206. Posted by Avz   2008年09月06日 22:54
今夜もお邪魔します。

>ビスマルク
22話で死ぬんじゃないかと思います。
第一、彼が生きたままだと、
Knight of Orange が Knight of One
になれないぢゃないですか。(笑)
頭文字は同じだけど・・・

>Cの世界について
ルルのギアスが集合無意識に通用しましたが、
マオのギアスって集合無意識を通して
心の声を聞いていると考えると、
説明がつくんですよね。
ギアスの遵守の力も、瞳の光は
マーキングの役割で、遵守させる力
そのものは、集合無意識を通して
流れている、と考えられますね。

>シュナイゼル
「相手が裏切ったから自分も裏切る」
シャルル、VV共にそんな考えから
互いを裏切りました。

シュナイゼルを見ると、
この理屈で裏切りを発生させているんですよね。
やはり過去に、シュナイゼル字真意も

そのような体験があったのでしょうか?


>ゆうこさん
>・・・とのんびり書いてたら、182番のAvzさん〜
>(うそです。Avzさん、気を悪くなさらないで下さいね〜。)

いえいえ、私の些細なコメントに
お気づきいただきこちらこそ
ありがとうございます。

でも、押井、庵野以降の作品を考えると
聖書はネタ元として注目しちゃいますよね。


では今夜はこれで
207. Posted by 五色銭   2008年09月07日 06:06
ご無沙汰です。
この作品については初めてになります。
尚、私はネタバレ防止のため放送以外、雑誌から公式HPに到るまで全く何も情報を摂取しておりません。
たぶん一般人に近い状況と思われます。

>ディートハルト
シュナイゼルに乗り換えたのかもしれませんが、名目上は同盟軍からの連絡将校と言ったところでしょうか。

>シャルル達の計画について
今回「某補完計画」を連想する方は多いようですが、不思議な事にだれも言及しておられないのですが、やはり同じ谷口監督作品である「ガンソード」にかなり似ています。
こちらの敵の計画を簡単に要約すると

『カギ爪(敵組織の総帥)自身と全人類を原子レベルまで分解。その原子で惑星全体を覆い、全人類の無意識レベルにカギ爪の意志を植え付けた状態で世界を再構成することによって、その世界ではすべての人間が争いを拒絶するようになるという計画』(by Wikiの記事より抜粋)

ちなみに主人公の行動の動機は恋人を殺したカギ爪への復讐、カギ爪の動機は争いを繰り返す現人類=世界への絶望…などところどころオーバーラップする部分が見受けられるのですがいかがでしょうか?
さらに言えば、「この計画が成功すれば死んだ人間にも(生体データが残っていれば復活するから)また会える。(=だから気にする必要は無い)」(!)というような意味の事を主人公に向かって言い放っています(汗)。

「ギアス」と違ってオカルト的要素はありませんが、SFロボットアニメでありながらシナリオ上ロボットにあまり比重を置いていない所もそういえば似ている、と今回の話で感じました。
208. Posted by なっきー   2008年09月07日 12:12
4  Avzさん、五色銭さん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。



>Avzさん

>ビスマルク
>22話で死ぬんじゃないかと思います。
 ギアスをお披露目してスザクを(?)追い詰めながらも、それが最後の活躍になるという気がしますね。
 彼はシャルルの目的を知りながら、それが現世の破滅とわかって協力していた節があるので、今更シュナイゼルの下で何を願うのか、とも言えますし。

>〜Knight of Orange が Knight of Oneになれないぢゃない
>ですか。(笑)
 零と1の間にさらにオレンジ追加ですか(笑)。

>Cの世界について
>〜マオのギアスって集合無意識を通して心の声を聞いている〜
 めちゃくちゃ有りそうですね、それ。↓

>ギアスの遵守の力も、瞳の光はマーキングの役割で、遵守させる
>力そのものは、集合無意識を通して流れている、〜
 これも納得です。
 本編には何だかんだで精神に影響するタイプのギアスしか登場していないのも、集合無意識がタネだからなのかも…。

>「相手が裏切ったから自分も裏切る」
>シャルル、VV共にそんな考えから互いを裏切りました。
 これは誰しも陥りがちな罠ですよね。
 でも、基本的には正義と言い難い理屈だと思います。

>やはり過去に、シュナイゼル字真意もそのような体験があった
>のでしょうか?
 一応。 『自身にも』 ですよね。

 …で、仰る通りではと思います。
 相手の知識を制限して行動をコントロールしようとするのも、相手に想定外の動きをされたくないからかもしれません。

(続きます)
209. Posted by なっきー   2008年09月07日 12:18
>でも、押井、庵野以降の作品を考えると
聖書はネタ元として
>注目しちゃいますよね。
 日本ではメジャーではないにせよ、世界一のベストセラーですしね。



(続きます)
210. Posted by なっきー   2008年09月07日 12:19
>五色銭さん

 お久しぶりです。

>この作品については初めてになります。
 いらっしゃいませー。

>尚、私はネタバレ防止のため放送以外、雑誌から公式HPに到る
>まで全く何も情報を摂取しておりません。
 私は公式(未放送のストーリー以外)だけは見ていますが、確かにそれも危ういと思うときはあります。
 実際コードギアスのスタッフさんたちは相当良い方だと思いますが、それでもキャラクター相関図などにネタバレが混じってしまうことはあるようです。

>ディートハルト
>〜名目上は同盟軍からの連絡将校と言ったところでしょうか。
 なるほど、それが自然かもしれません。
 黒の騎士団とシュナイゼルの休戦協定が続いているのなら、その相手から人材を引き抜く(という形になる)のは、具合が悪そうです。

>シャルル達の計画について
>〜やはり同じ谷口監督作品である「ガンソード」にかなり
>似ています。
 私はその作品の視聴可能圏に入っていなかったのですが、今回巡回させていただいたブログさんで、触れておられたところもありました。

>『〜全人類の無意識レベルにカギ爪の意志を植え付けた状態で
>世界を再構成することによって、〜
 方向性は似ていますね。
 シャルルの場合は現世の終末を意味するのが、最大の違いと言えるでしょうか。

>ちなみに主人公の行動の動機は恋人を殺したカギ爪への復讐、
>カギ爪の動機は争いを繰り返す現人類=世界への絶望…〜
 まあこの辺は定番の設定とも言えるので、類似性は出やすい箇所とは思います。
 『絶対悪に立ち向かう絶対正義の図』 を避けようとすると、両側に私的な事情と感情を盛り込む必要がありますし。

(続きます)
211. Posted by なっきー   2008年09月07日 12:25
>さらに言えば、「この計画が成功すれば死んだ人間にも〜また
>会える。〜」(!)と
>いうような意味の事を主人公に向かって言い放っています(汗)。
 ある意味、スザクがルルーシュに言った 「今すぐ生き返らせろ!」 的言葉に対する究極のプラス回答ですよね。

 …でも、そうした何らかの 『システム』 で再生された死者は 『どこか明らかに元とは違っている』 のがフィクションのお約束。
 多分、碌なことにはならない(設定上の)仕掛けがあるとは思います。

>〜SFロボットアニメでありながらシナリオ上ロボットにあまり
>比重を置いていない所もそういえば似ている、〜
 人間ドラマ重視なのでしょうか。
 私個人はロボットアニメだから見る、ということはない人なので、ドラマ重視の方が好きです。
212. Posted by Hollister   2013年11月26日 06:46
月の静寂、星の歌:コードギアス 反逆のルルーシュR2 #21 『ラグナレク の 接続』 - livedoor Blog(ブログ),Siz burada m?lumat bil?rsiniz ?laq?li m?qal?l?r gorm?k ist?yirsinizs? Bu madd? Lakin, d?qiq yaz?lm??:Hollister,http://www.worknc.fr

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Archives
Blog 内検索
Google
www を検索
このブログ内を検索
Recent TrackBacks
Recent Comments