2008年09月14日

コードギアス 反逆のルルーシュR2 #23 『シュナイゼル の 仮面』3

 ルルーシュが見たのは、求めて已まなかった人物が宿敵シュナイゼルの傍にいる光景だった。

 ブリタニア皇帝となり、ゼロレクイエムの成就を目指して進むルルーシュは、トロモ機関を巻き込んで離反し、天空要塞ダモクレスを完成させたシュナイゼルに立ち向かえるだろうか。
 ラウンズを越えたラウンズとなったスザクは、くずおれようとするルルーシュを支えられるだろうか。

 決戦の時は否応なく迫っている――。



コードギアス 反逆のルルーシュR2 公式サイト

コードギアス 反逆のルルーシュ - アニメ : BIGLOBEストリーム 無料動画サイト
 見たいけれど地元では……という人はこちらで視聴できます。
 各話、無料は期間限定なので、観たい人はお見逃しなきようお気を付けください。

最終更新: 2008/09/18
 若干微修正



 
 帝都ペンドラゴン消滅。
 威嚇じゃなくて無警告の大量殺戮の方でしたか(汗)。

 ともあれ、あの人のいいお兄ちゃんがこれで消えてしまったとしたら、とても残念です。
 ……いえ、オデュッセウスは兵士となっていた分、メイドをしていたギネヴィアたちよりは安全圏にいた可能性があると見るべきでしょうか?

 一方、アッシュフォード学園では超合集国の各国首脳たちが屋上に集められていて、拉致されそうな流れになっています。
 兵士たちがペンドラゴン消滅の噂をするのを、サザーランドジークから飛び降りてきて止めようとするジェレミア。相変わらず格好いいです。

 そんな中、咲世子がボロボロになって帰ってきました。



偽悪の仮面

 やっぱり激しく動揺するルルーシュ。

スザク「ナナリー、君は、シュナイゼルが何をしたのか、わかっているのか?」
「はい、帝都ペンドラゴンに、フレイヤ弾頭を撃ち込んだ」
「それがわかっていて、なぜ!?
「では、ギアスの方が正しいというのですか!?」


 ……前話コメントでいろいろ書きましたがやはり、こちらも偽悪の仮面を被っているという強い予感がします。
 私は、ナナリーは自分の内に正義の基準を持っていると思っているので、こんな反論をすること自体が嘘くさく見えます(=どちらがより正しいとかの議論は無意味)。
 ただ、そう考えると今回の行動が説明付かなくなりそうで……(汗)。

 それはそうと、ルルーシュを心配そうにチラチラ見ているC.C.がいい感じ。



「私は知りました。お兄さまがゼロだったのですね?」
「……っ!!」
「どうして……? それが、私のためですか?
 もしそうなら、私は、」
「……ふっ、ふはははは、お前のため? 我が妹ながら図々しいことだ!」
「!?」
「人からお恵みをいただくのが当たり前だと思っているのか?
 自らは手を汚さず、他人の行動だけを責める―― 、お前は俺が否定した古い貴族そのものだな」


 うん、ルルーシュ、よく頑張ったと思う。
 手が震えてるのはナナリーには見えないし―― 、



 でも、本当にルルーシュの内心はナナリーにバレてないのだろうか? …という疑問も。
 目が見えない分、声の僅かな変化とかには鋭そうにも思いますし……。

 言いたいことを言って、(ボロを出す前に)さっさと通信を切るルルーシュ。



ネリ「大丈夫か、ナナリー」
シュナ「つらい思いをさせてしまったね。フレイヤの威力を見せれば、降伏してくれると思ったんだけど」


 だから私は郊外に落としたものと思ったわけですが。
 以前の記事でそう書いたのは、それが理由。

 ……降伏させようとするのなら、初撃で殺しては逆効果。
 都市に当てていた以上は、もうそれは威嚇ではなく、宣戦布告です。

「シュナイゼル兄さま、ペンドラゴンの人たちは、本当に大丈夫なのですか?」
「心配いらないよ。予め、避難誘導を済ませたからね」




 絶対、嘘。

 そもそもカンボジアに逃れ、今はダモクレスの城にいる―― のでしょうか。
 そんな亡命者が、 『どうやって』 ブリタニア本国で首都の全員という規模の避難誘導を行えるのでしょうか?

 もちろん何もやっていないに決まっていますし、殺すつもりがないのなら、郊外に落とせば良いだけのこと。
 ナナリーが気付かないかなあ、このことに。うーん……。



 次はお兄さまに使うのかと訊くと、 「彼らが、世界平和に立ち塞がるのなら」 と返事が返ってきました。

「シュナイゼル兄さま、私に、フレイヤの発射スイッチをいただけませんか?」
「……?」
「私は戦うことも、守ることもできません。
 だからせめて、罪だけは背負いたいんです」

ネリ「……兄上、少しよろしいですか?」


 うーん、発射スイッチを自分が持つのはいろいろな意味がありそうですが……、どうも本気で騙されているような……。



剣と楯

「C.C.! なぜナナリーのことがわからなかった!」
「私は神ではない。ギアスによる繋がりがない人間のことまでは……」


 そうなるとなぜ1年前、V.V.にナナリーが拉致されたことがわかったのかという話になってしまうわけですよ。
 もっともあれ自体、V.V.がゼロの戦略の破綻を目的としての行動と思えるだけに、V.V.本人によって意図的にC.C.に知らされたという可能性もありますけど。
 ……その場合、コード保有者同士も交信可能ということになりそうですね。

 あと、C.C.によってナナリーがギアス能力者になっているという可能性はこれで無くなりました。
 ……でもV.V.が契約していた可能性も否定できないので、もう少しこの可能性は検討を続けたいと思います。



 自室に戻ってから激しく動揺を表して苦しそうに胸を押さえるルルーシュですが、そこに予告のシーン。
 スザクが胸ぐらを掴んで言って聞かせます。

「戦略目的は変わらない!」
「……!」
「ナナリーが生きていたからといって、立ち止まることはできない! 何のためのゼロレクイエムだッ!
 約束を思い出せ!」


 『約束』 は、ゼロレクイエムに直結していそうですね。
 ルルーシュを放り出して部屋の外に出たスザクを追ってC.C.が出ますが、呼びかけた後に言葉が続きません。

「僕は彼の剣だ。彼の敵も弱さも、僕が排除する。
 だからC.C.、君は楯になってくれ。守るのは君の役目だ」
「…………勝手な言い分だな」
「ルルーシュは、君の共犯者なんだろう?」
「共犯者……か」


 スザクらしい直球の言い方です。今の彼はなかなかいい感じ。

 C.C.は、今や 『自分が死ぬためにルルーシュにコードを押し付ける』 ことにも疑問を抱いているようですから、協力する代わりに分け前をもらうという形でなくなってきています。
 『共犯者』 という言葉にも、違和感を感じていそうです。



新世界の神

 ペンドラゴンを消滅させたフレイヤの効果範囲は、トウキョウ租界の10倍。
 セシルたちに聞かされたその意味を、ニーナはわかっていたようです。

「リミッターを外した……?」
ロイド「やっぱり……?」
効果範囲と起爆時間の制限を外すなんて……、シュナイゼル殿下が……」


 ケア一切無しに放り出されたとはいえ、シュナイゼルが悪だとまでは思っていなかったわけですね。
 でも、起爆時間の制限というのは?
 効果範囲と同じモノを指しているのではないのでしょうか? 起動してまずは範囲が拡大していき、次に消滅―― 、そんな過程を辿っているようですし。

 あるいはこれは、ダモクレスから発射されたフレイヤでダモクレス自体が消滅することも有り得るという前振りでしょうか?



 一方、こちらは剣を持った女神像がある部屋。
 シュナイゼルにコーネリアが質問したところ……。

「それが何か?」
「ではペンドラゴンの住民は、」
「消えてもらったよ。その方が幸せじゃないのかな? ルルーシュに忠誠を誓う人生よりは」

 どちらが幸せかを勝手に決めないように。

「しかしナナリーには、」
「嘘も方便だよ。
 ナナリーがルルーシュに立ち向かうと決意してもらうためには、余計な情報は、入れない方がいいだろう?」
「…………兄上はそうやって人を操るのですか?」


 ようやく気付いたけど、でも……あまりに遅すぎました。

「コーネリア、人々の願いは何だい?
 飢餓や貧困、差別、腐敗、戦争とテロリズム、世界に溢れる問題をなくしたいと願いつつ、人は絶望的なまでに分かり合えない。
 なら、」
「理想としてはわかりますが、民間人を、」
「ふむ、戦争を否定する民間人だって、警察は頼りにするよねえ?
 みんなわかっているんだ、犯罪は止められないと。人それぞれの欲望は否定できないと。
 だったら、心や主義主張はいらない。システムと力で、平和を実現すべきでは?」


 パネルを操作すると、現れるのは世界地図と、ダモクレスの予定軌道。

「このダモクレスは、10日後に合衆国中華の領空に入り、第二次加速に移行する。その後、地上300キロメートルまで上昇する予定だ。
 その位置から、戦争を行う全ての国にフレイヤを撃ち込む」
「待ってください! ルルーシュを討つためではなかったのですか!? これでは世界中が!
 恐怖で人を従えようというのですか!?」

平和というのは幻想だよ。戦うことが人の歴史、幻想を現実にするためには、躾が必要では?」
「人類を教育するつもりですか!? そのようなこと、神でなければ許されない!」
「だったら神になろう」
「なっ……!」
「人々が、平和を私に望むならば……」

素晴らしい! やはりあなたに付いてきて正解でした!
 ゼロのカオスをも凌駕する、完璧なる虚無、多様なる変幻!」




 でもディートハルト、きっといずれ君も切り捨てられると思うよ?
 シュナイゼルが手元に残したいのは、カノンただ1人という気がします。



 そのカノンが、黒の騎士団がルルーシュを討つために手を組むと言ってきたことを伝えます。

 あーあ。

 『敵の敵は味方』 というのは愚かな思考だと、私は思っているんですけどね。
 外交上、そういった結託をせざるを得ない場合はありますが、本気でこれを信じている国や団体は、ハッキリ言えば 『騙される側』 でしかないと思うのですよ。

 黒の騎士団に星刻がまだ残っている以上は、シュナイゼルを信用したわけではない……と思いますが、トップがこういう決断を下すと、下が勘違いする危険があるとも思います。



「ルルーシュの暴虐を経験した民衆は、よりマシなアイディアに縋るしかないよね」
「そのために、ルルーシュの行動を見過ごしたと言うのですか!」
「最も被害の少ない行動だよ。例え10億20億の命が無くなったとしても、恒久的な平和が、」
違います! 強制的な平和など、それは、」


 コーネリアは剣を抜いて斬りかかろうとしますが、シュナイゼルが指を鳴らすと、女神像の台座が開いてコーネリアを銃撃。
 ……絵的に、跳弾の1つくらいシュナイゼルに当たりかねない構図に見えたのがちょっと残念。

 シュナイゼルの偽善にギリギリまで気付かなかったコーネリア、私を含むいろんな人の心配通りに、やはり切り捨てられることに……。
 残念です。 

「悲しいねえ、コーネリア」



 自分を神と定義し、故に逆らう者を悪とし、自分が構築する恐怖による平和を良しとするのは、どこかの新世界の神のようです。
 こちらは大勢の手下を従えている分、なお質が悪い気もしますが……。



ただ前へ

咲世子「トウキョウ決戦のとき、シュナイゼルは囮としてもう1機、脱出艇を……、だから、」
ジェレミア「フレイヤで消失したのは囮の方か」
「ナナリーさまを利用して、ルルーシュさまを操ろうなんて」
「君は日本人だろう? なぜ黒の騎士団ではなく、ルルーシュさまに?」
「…………」
「騎士道に殉じるか、君も」
「そうかもしれませんね」




 この2機の脱出艇という絡繰りは前話コメントの77でAvzさんにご指摘いただいていたのですが、本当にその通りでした。
 具体的な流れ、その予測も一緒にご指摘いただいています。

 ……ただ、それとは別に 『公式で嘘』 はあまりに余計なことだった、という思いは少しも変わらないのですが(苦笑)。
 フレイヤの性質上 『行方不明』 で十分だと思うんですよね。本当に死んでいたのだとしても。



 C.C.が帰ってきたとき、ルルーシュの私室にはチーズくんしかおらず、ルルーシュは灯りが点いていない寝室でぼんやりと座っていました。

「よく仮面を被り続けたな、ナナリーの前で」
「いくつルートを探っても、答えは同じだったからな。あのときの結論に間違いはないと」


 だからその1ヶ月前のスザクとの会話を聞かせてくださいよ!



 C.C.がルルーシュと背中合わせにベッドに座って、よくやったと慰めると、 『ダモクレスの神話は人を記号とするもの』 という言葉が返ってきます。
 しかし今、ダモクレスはナナリーの元にあります。

「お前は今までナナリーのために、」
「もう、特別扱いはできない! 消えていった数多の命のためにも、俺たちは止まるわけにはいかないんだ。
 そうだろ? C.C.」
「……ああ、そうだな、ルルーシュ……」


 後ろ手に、ルルーシュの手と重ねます。
 何だかいい雰囲気ですよ!?



 ロイドたちと一緒に、何か研究しているニーナ。

 他の二人はともかく、ニーナのはアンチフレイヤと呼ぶべきもの、でしょうね。
 新世界の邪神から、必殺の雷霆(らいてい)を没収するのです。

 ニーナはホットドッグを食べてます。
 まああの端末にピザの箱を置くと邪魔でしょうがないでしょうが、食べ物と言えばピザハットの流れ、遂に途絶えました。

 3人の後ろには、蜃気楼とピンクの機体(後ろ姿)。
 蜃気楼が黒と黄のタイガーカラーだからか、こちらはピンクと黄。
 直後にランスロットとスザクが映ることからして、C.C.機ですか。

 そしてスザクの左腕にしがみついている振り向きアーサー
 きょとんとした顔が可愛いです。



 ここからは超速。シーンとBGMがひたすら流れます。
 尺が足りないのでしょうか?

 ユーフェミアと書いて流した精霊流し、でしょうね。
 思い出しているルルーシュ。
 帽子を被っていない姿の方がいい感じです。

 トウキョウに集まってくる青い光点。
 蓬莱島へと向かう赤い光点。
 ブリタニア軍と黒の騎士団、ですね。

 黒の騎士団総司令の星刻が、各国からの突き上げを食っているようです。
 評議会に出席した代表を無事に奪還しろ、と言われているのでしょう。
 そんな中、口元に手を当てる星刻。また吐血したようです(汗)。

 何か演説(?)している玉城。
 前にいるのが子どもたちばかりということからして、戦災孤児に何か言っているのでしょうか?
 ……まあ教えられることを彼が持っているか、という問題はありますが(ぉぃ)、子どもには優しそうな気がしなくもありません。

 千葉に背を向けて戦いに赴く藤堂。
 「帰ったら結婚しよう」 とか何とかでしょうか? 見送る千葉が嬉しそうに笑っています。
 台詞にはならなかったので、死亡フラグ的にはセーフでしょうか。

 金色に光る地球儀型のライト?
 現時点では意味不明。

 建設が進む蓬莱島の図、でしょうか?
 プレハブ小屋の前を、なぜか台車にタバタッチ(前にカレンが入った着ぐるみ)を乗せて、南が運んでいきます。意味不明(笑)。

 ここに、なぜか塔を建設中。
 電波塔でしょうか? それとも何か他の?

 ヴィレッタは身篭もっているよう。
 扇から何か言われています。

 満足そうに笑うラクシャータ。
 大不評だったトリスタンの顔が格好良くなってます。
 参加してきたジノに、カレンがそれでいいのか訊いてます。

「今なら、さ」
「?」
「今なら、君の気持ちも、少しはわかる気がするよ」
「……えーっと……、どういたしまして」
「何だそりゃ」


 二人が見る先には、蓬莱島に接近しつつあるダモクレス。

 ……間違いなくシュナイゼルは、 『その時』 にはここにもフレイヤを落とす予定でしょう。
 ゼロは超合集国構想で軍事力の統合を考えたわけですが、シュナイゼルは 『気に入らない奴はみんな消えてなくなれ』 というやり方なのですから、軍事力なんて、自分の直属以外全く必要ないのです。



 まあ、星刻も別にシュナイゼルを信用したとかじゃなくて、各国代表を奪還するためにシュナイゼルと協力しろ、という各合衆国代表代行の声に従うしかなかっただけかもしれません。
 自分の残り時間が減っていく中、それが天子さまに自分ができる最優先事項だという思いもありそうです。



フジ決戦

 ペンドラゴン消失のため、ブリタニア軍の指揮系統が麻痺して、うまく連携できずにいるようです。
 各所でその地の敵対勢力の軍と対峙していて、結局は日本を再占領した軍しか動けない状況ですが、それがいつまでも続くとは限りません。

星刻「シュナイゼルが我々に合流した以上、彼我の戦力は伯仲している。
 フレイヤを使ったダモクレスは認める気はないが、この場は世界がまとまることを優先したい。
 この戦いが、」



ルルーシュ「この戦いこそが、世界を賭けた決戦となる!
 シュナイゼルと黒の騎士団を倒せば、我が覇道を阻む者は一掃される! 世界は、ブリタニア唯一皇帝ルルーシュによって破壊され、然る後に創造されるだろう!
 打ち砕くのだ、敵を! シュナイゼルを! 天空要塞ダモクレスを!
 恐れることはない! 未来は、我が名と共にあり!」
「「「オールハイルルルーシュ!!!」」」


 ……いつ聞いても言いにくそうな掛け声です。
 ニーナとロイドは、マニュピレータで何かを製作中。

シュナ「ルルーシュは、世界の全てに悪意を振りまく存在だ。平和の敵は、この地で討たねばならない。
 過去のしがらみは捨て、私たちも、黒の騎士団も、ここは、共に手を携えたい!
 世界中の人々が待っている! 私たちの凱歌を!
 そして願わくば、これが人類にとって、最後の戦争であることを、祈りたい」


 ……うん、そういうどこか嘘くさい綺麗事が、いつものシュナイゼル(の表の部分)ですよね。
 今は割と裏の本音がだだ漏れですけど。

 『最後の戦争』 。
 ……皮肉ですか? 邪神と、卑屈な顔をした奴隷しかいなくなるのなら、もう戦争は起きませんからね。



カレン「ルルーシュ……」

アーニャ「二人とも、記録にしてあげる……」


 アーニャ、まだシュナイゼルの元にいました。
 この段階でまだ従っていると、コーネリアの後を追いかねないと思うのですが……(汗)。

カノン「アーニャは大丈夫なのですか? 殿下は記憶を戻すと仰られましたが」
今は少しでも戦力が必要だよ。だから、」




 一応。
 丁寧に言えばいいわけではなくて、カノンのは誤った敬語表現です。二重敬語、ってやつですね。

× 仰られました
○ 仰いました/仰せられました

 で、大体が 『記憶を戻す』 なんてその場凌ぎの嘘ですよね? その嘘は、アーニャの死と共に無かったことになる、というわけですか。
 ダモクレスのリモコンとなる杖を預けられたナナリーは、手が震えています。



 そこに、オープンチャンネルでルルーシュから通信が入ります。

「ごきげんよう、シュナイゼル」
「ルルーシュ、降伏するなら、今の内だよ? こちらには、フレイヤの用意がある」
「フレイヤ? 撃てるかな、あなたに。
 我が旗艦アヴァロンには、各合衆国の代表方がおられるが」

星刻「人質を、楯とする気か!」
カレン「そこまでやるなんて……」


 いや、シュナイゼルのように大量破壊兵器を振りかざす手合いには、当然の応手という気がしますよ? その善悪は置いておくとして。
 それに、そもそも人質返還交渉も行わずに攻め込んだのでしょう?

 相手によっては、その侵攻の対価にと人質が殺されます。
 つまり、これはまだマシなやり方だと思いますよ?

「シュナイゼル、あなたには関係ない人たちではあるが」
「そうだね、ルルーシュ。世界の平和と僅かな命、」

星刻「撃つなよシュナイゼル!」
「各合衆国では、代表代行が選出されたと聞きましたが?」
「いざという時の覚悟はある。しかし、だからと言って無駄にしていい命など存在しない!」
「黎星刻、我が方の戦力は、このダモクレス以外は、モルドレッド1機のみ。
 フレイヤを使わないのであれば、この場は全体の指揮権を、私に預けて欲しいが」
「相手はルルーシュだ!」
「心配はいらないよ。私はね、一度だってルルーシュに負けたことはないんだ」
「……分かった」


 このシュナイゼルの言い分が星刻に認められたようなのが、かなり奇妙な話。
 戦力が多い方が指揮権も持つのが当たり前。我々の傘下に入るのが嫌なら黙って見ていたまえ、ってやつですよ。
 星刻的にもダモクレスを使おうとするシュナイゼルは味方では有り得ないのですから、尚更です。

 ともあれ、これで通信を切った星刻も神虎で出撃。



 パターンΣ。
 シュナイゼル側が両翼に部隊を展開していきます。
 セシルの前のモニタに乗ったアーサーが可愛いです。

 対してルルーシュは左翼を伸ばして、半月型の陣を布きます。

 ルルーシュの本陣が手薄になりますが、シュナイゼルはジノの部隊を敵左翼へと向かわせます。
 突出してきた左翼が後退していくのを見ると、これを誘いの隙と見てジノを止めます。

ルル「釣られないか……、陣立てを北斗七星陣に変更!」
「六番隊はアーニャを中心に北東へ、仰角40度!」


 どんな陣形? 柄杓の形そのまんまとか?
 対空迎撃の準備がされたタイミングでアーニャは停止。さらに600メートル上昇。
 こうした睨み合いを、藤堂は達人同士の睨み合いと表現しています。



ニーナ「急がないと……、もう戦闘は始まっているのに」

 ところでこれ、アヴァロンの中ですよね?
 シュナイゼルならば必ずどこかでフレイヤを使ってくると見て、アンチフレイヤを製作中なのだと思います。



 囲まれつつあると見て、ルルーシュはランスロットを前面に立てて反撃開始。

「変わらないね、ルルーシュ。君は防御よりも、攻撃が好きだった。だからこその僅かな隙――。
 星刻?」


 神虎が左翼にいるだろうこともわかっていた様子。
 紅蓮もこちらにいるので、サザーランドジークがいても守るのは苦しそうな予感……。

カレン「ルルーシュを倒せば……、全て終われるッ!

 うーん……、善とか悪とか置いておいて、ですね?
 悪に元凶がいて、それを排除すれば何もかも良くなる―― 、と考えること自体が危険だと思ってます。

 何もかも良くなるでしょうか? ならないですよね。
 そうしたらまた誰かが槍玉に挙がるのです。
 そうして悪役を設定し続ける限り、悪役にならなかった人たちは善人顔をできるというわけです。

 悪役にされそうな方は、しそうな方を悪役にします。非がなければ当然ですし、実際に非があるとしても、相手の主張が悪役の排除となれば、決してそれを受け入れることはできません。
 だから戦争が起きます。

 『悪を取り除けばみんな幸せ』 なんて、世の中はそんなに単純じゃないということ。
 だから私は、ルルーシュたちが自分たちが消えることを予定としているなら、同じ理屈(の逆視点)で賛成しかねます。



 精鋭の数に差があるせいか、ルルーシュ軍は不利となり、突破されていきます。
 セシルはスザクを呼び戻そうとしますが、ルルーシュはそれがシュナイゼルの狙いだと却下、陣を立て直そうと全体を後退させます。

 砲撃を受けてアヴァロンも揺れ、天子を抱きしめて守っている神楽耶、泣きそうになりながら頑張っています。
 ……でもそれを見て、まだ、ルルーシュの偽悪に気付く可能性は残っているかもしれないと、ふと思ったりもしました。



 突出していく紅蓮。
 星刻は前衛から崩していけばアヴァロンは孤立すると、それを制止しています。

「黒の騎士団……、敵に回すとこれほど厄介な相手だったか。
 しかし、我が軍の兵は、」


 ギアスでの絶対の忠誠。
 自機が損傷しても決して、自らの意思で退却しません。

藤堂「哀れだな……、ギアスによって操られている兵士とは。
 故に!」


 藤堂、君たちが一度でもそういう状態で戦ったことがあったか、もう一度よく考えてみるといいと思うよ?
 ……まあ、ルルーシュ皇帝が徹底して偽悪に走っている今、もう手遅れだとは思いますが。

 シュナイゼルはこれを好機と見て、斑鳩の二連ハドロン砲で両翼を攻撃。



扇(ゼロ……、みんなの力を合わせれば、君を倒せる!)

 君が言うと、恩知らずの暴言にしか聞こえないけどね!



フジ決戦 2

 この危機に、ルルーシュは手元のリモコンを操作。
 サクラダイトのエネルギーを使い、富士山を噴火させた模様。

 火山弾が、後退したブリタニア軍を追って前進していた黒の騎士団を襲います。
 それを見た扇が、ヴィレッタに言った言葉を思い出しています。

扇「最初にゼロ……、ルルーシュを認めてしまったのは俺だ。だから俺には責任がある。しかし、新しい命は巻き込みたくない。
 勝手なお願いなのはわかっている。でも、君にはこの蓬莱島に残って欲しい」


 火山弾は斑鳩にも直撃。
 扇や南からの応答が途絶えて、墜ちていきます。



 ブリタニア軍の地上部隊も火砕流に呑み込まれています。
 星刻も 『味方を犠牲にすることが前提とは!』 と怒りの表情。

 シュナイゼルもスザク犠牲前提の作戦を立てたりしてましたよ?
 知らないというのは恐ろしいものです。

 そんな中、C.C.が蜃気楼の隣にあったピンクのランスロットに向かっています。

C「これで敵の戦力は絞られた。後はダモクレスを、」
スザク「叩くだけ!」

シュナ「残念だが、チェックを掛けられたのは君たちの方だよ。
 ナナリー、照準は合わせてある。
 黒の騎士団が潰えた今、フレイヤという力で、」
「……はい。
 お兄さまの罪は、私が討ちます!」




 本当に押しちゃいました。
 これで、ナナリーがシュナイゼルを逆に騙している可能性も無くなったと言えそうです。
 これにはルルーシュは一部隊を差し向けてフレイヤの破壊を試みます。多くの槍がフレイヤを串刺しにしますが、そのまま爆発。

シュナ「無駄だよ、このフレイヤは、ダモクレスから射出された時には、臨界状態にある」

ルル「アヴァロンはこのまま後退!
 各部隊はダモクレスに突撃し、フレイヤを撃たせ続けろ! 弾切れに追い込むんだ!」


 ひどいようですが、正直、アンチフレイヤがない限りはこんな対策しか立てられないと思います。



 葛飾北斎の絵のように荒れる海、墜落して、煙を上げている斑鳩。
 扇は、カレンと玉城の呼びかけで何とか気絶から回復しました。

「まさかお前たち、楯になって……」
玉城「へへっ、ブリッジくらいしか、守れなかったけどよ!
 ま、後は自力で何とかしてくれ!
 行くぞ、カレン!


 内務掃拭賛助官どのが初めて格好良く見えた気がします。
 ……少なくとも、今の扇を守るのが勿体ないくらいに格好いいです。



ルル(ちっ、フジの作戦を使ってしまった以上、フレイヤの残弾から計算すると、こちらが1手不利になる。
 とすると、ニーナを頼りにするしかないが、あてにできるか……。
 俺を憎んでいるはずだ。ユフィの仇、ゼロであった俺を。
 しかし、シュナイゼルを倒すためには、)

シュナ「ルルーシュ、もし私を倒そうと考えているのなら、君はそこまでだよ。
 仮面を使いこなせない人間に、勝利はない」




 凄い独り言です。
 ……通信中…じゃないですよね?

 でもシュナイゼルは悪意ある嘘ばっかりで、だからコーネリアも失いました。
 彼女が死んでもシュナイゼルには何の喪失感もないでしょうけど(汗)、でも、それは間違いなく失点だと思います。
 細かい失点は、その時々には大局に影響ないように見えるかもしれませんが、どこかで繋がり、線となり、面となって戦略を狂わせることでしょう。

 シュナイゼルの仮面は 『偽善』 。
 本人は使いこなしているつもりなのでしょうが、ここのところ、浮かれすぎたのかボロが出るようになっている気がします。

 ナナリーが持っているあのリモコン。
 あれでフレイヤにダモクレス自身を巻き込むような照準操作はできるのでしょうか?
 できるのなら、あるいはリモコンを渡したことこそがシュナイゼルの末路を決めるかもしれません。
 ……ナナリーも巻き込まれそうですし、あまりそういう結末は見たくないですけど。



 1手不利。

 つまり自殺覚悟の特攻部隊が、フレイヤ残弾数よりも1つ足りないわけですね?
 先に残弾数がわかっている以上、それだけの数を用意していなかったとも思えないので、斑鳩の砲撃で、待機中の特攻部隊も巻き込まれていたのかもしれません。



 ユフィの仇、ゼロであった俺を。

 つまり根本的な話、ニーナはルルーシュがゼロだったと知っているわけですよね?
 どこで知ったか、それは明らかにされてましたっけ?

 それはともかく、ルルーシュはニーナの復讐心がアンチフレイヤの完成を遅らせることも有り得ると思うのなら、ゼロレクイエムのことも全部話してしまうのもいいかもしれません。



次回予告

 俺とスザク、二人が手を組めばできないことはない、そのはずだった。
 しかし、フレイヤが支配する戦場に、最早戦術は通用しないのか……。

 最後の賭けは、そのカード――!




 小馬鹿にした顔を浮かべるシュナイゼルが印象的。
 逆転負けで愕然とするフラグですね? わかります。

 二人が手を組めばできないことはない。
 大丈夫、まだ行けると思いますよ?
 もちろん、いかなスザクでもフレイヤは止められませんが、他の形で彼の能力を活かせる場面も必ず……。

 藤堂は負傷しても意気軒昂。
 何か言っています。

 た、玉城!?
 月下で出張ってきているけど……、死なないで欲しいなあ、と思います。

 ルルーシュに向けて右手を振りかぶるカレン。
 アヴァロンに入り込まれてる!?

 ……で、次が蜃気楼の近くでC.C.と話すルルーシュ、と来るのなら、上のシーン↑は入れない方が良かったんじゃ……。
 C.C.が微笑んでいます。
 ルルーシュが何かいいことを言いそうな予感。その時は、C.C.の本当の名前も出てくるかも?



 また見てギアス♥ は、不満そうに指示を出すC.C.と、ランスロットに塗装するセシルの図。
 なるほど、あのピンクはこうして塗られたんですね(笑)。

 次回、 TURN 24 、 『ダモクレス の 空』 にも期待しています。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第二十三話  [ ぶろーくん・こんぱす ]   2008年09月15日 00:01
 シュナイゼルがペンドラゴンにフレイヤを落としたことを知っていたナナリー。そのこ
2. コードギアスR2 23話「シュナイゼルの仮面」  [ 大吉! ]   2008年09月15日 00:05
<日曜日> 敵味方が、まるっ、と入れ替わってるなー{/face_ase1/}。 戦況は混迷を極める・・って感じですが。 アバンでサヨコさんがフレイヤの時の顛末を説明・・こっちに来てくれて嬉しかった。やはりナナリーは、あの艦に乗っていなかったようです。 シュナイゼルの企み...
  「自由」による平和の為に「悪」の仮面を被るルルーシュ  VS  「強制」による平和の為に「善」の仮面を被るシュナイゼル いよいよ殮.
4. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第23話  [ ラブアニメ。 ]   2008年09月15日 00:17
「シュナイゼルの仮面」 シュナイゼル、新世界の神にでもなりたいのか? ナナリー生存に驚愕のルル。 ナナリーからゼロになったのは自分??.
5. (アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュR2 第23話 「シュナイゼルの仮面」  [ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2008年09月15日 00:48
Newtype (ニュータイプ) 2008年 10月号 [雑誌] ナナリーは生きていた。しかも最悪の敵としてルルーシュの前に現れた。やはり恐るべきは策士シュナイゼル。苦悩するルルーシュにその時、スザクは!今こそ世界の覇権をかけ、天才と天才が富士の上空で激突する!!ゼロレクイ...
6. コードギアス〜反逆のルルーシュR2〜第23話「シュナイゼルの仮...  [ ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ ]   2008年09月15日 01:38
ナナリー生存!!フレイア弾頭のせいで帝都ペンドラゴン消滅(><)咲世子はその真相を伝えるため、傷つきながらも生きて帰ってきた---------!!  いよいよ最終決戦開始!!今回はかなりいい緊張感でしたね〜♪直接ドンパチするより、陣形での相手の腹の探り...
 コードギアス    反逆のルルーシュ R2  TURN23 『シュナイゼル の 仮面』      今日は通常更新  の割には・・・。   ...
 コードギアス 反逆のルルーシュ R2  TURN23 『シュナイゼル の 仮面』  のお色気・伏線記事です  シュナイゼル、貴様ーーー!!...
9. コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN23「シュナイゼルの仮面」  [ * Happy Music * ]   2008年09月15日 02:13
ナナリーは、シュナイゼルに救われてたと・・・で、あのときフレイヤに巻き込まれた機体は囮だったと。 んでルルーシュがゼロだったとシュナ...
10. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第23話 「シュナイゼル の 仮面」  [ アニメって本当に面白いですね。 ]   2008年09月15日 02:23
4 コードギアス 反逆のルルーシュ R2   お勧め度:是非見たほうがいい   [SFロボットアニメ]   MBS・TBS系 : 04/06 17:00〜   監督 : 谷口悟朗   シリーズ構成 : 大河内一楼   キャラ原案 : CLAMP   キャラデザ : 木村貴宏   メカデザ原案 : 安田朗 ...
11. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第23話「シュナイゼルの仮面」  [ ミナモノカガミ ]   2008年09月15日 02:49
完璧なるペルソナ。
12. コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 23 「シュナイゼル の 仮面」 Part.1  [ 中濃甘口 Second Dining ]   2008年09月15日 05:00
もう、なんでよっ!? コードギアス 反逆のルルーシュR2、第23話の感想です。 とりあえずシュナイゼルよ、色々やっちまったな・・・ 個人的??.
13. 「コードギアス反逆のルルーシュR2」第23話  [ 日々“是”精進! ]   2008年09月15日 06:12
 TURN23「シュナイゼルの仮面」死んだと思われていたナナリーが、敵としてルルーシュの前に現れた。彼女は生きていたのだ。やはり恐るべきは策士のシュナイゼル。苦悩するルルーシュに、スザクは本来の目的を思い出させるべく、厳しい言葉を投げつけ、ひとり戦場へと向か...
14. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第23話「シュナイゼル の 仮面」  [ 日常と紙一重のせかい ]   2008年09月15日 06:30
鬼畜VS鬼畜で壮大な兄弟喧嘩。 公式よりあらすじ。 ナナリーは生きていた。しかも最悪の敵としてルルーシュの前に現れた。やはり恐ギ..
15. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第23話 「シュナイゼル の 仮面」  [ Shooting Stars☆ ]   2008年09月15日 08:21
  使いこなせなくてもいいんだよ…。仮面なんて使いこなせないほうがいいと思うんだ……相手が悲しむだけよ。
史上最悪のペテン師二人、 ここに雌雄を決する
17. コードギアス反逆のルルーシュR2 第23話「シュナイゼルの仮面」  [ Heart of the Daze ]   2008年09月15日 08:33
さて、敵味方問わず着々と死亡フラグが立っているわけですが、今回の扇を見たらサブキャラは死にはしないかもとも思い始めてきました。で??.
18. ギアスR2で『蒼天航路』第353話「魏王の座」!!  [ 許都賦 Volebam scire quid adepturus esses ex bello. ]   2008年09月15日 08:38
#23「シュナイゼルの仮面」 既に感想を書きました。 先ず笑おう、“最終兵器彼女!!”と。
19. コードギアス反逆のルルーシュR2 第23話「シュナイゼル の 仮面」  [ のらりんクロッキー ]   2008年09月15日 08:42
「仮面を使いこなせない男に勝利は無い」 ラスボス、シュナイゼル、本性を現す!! ルルは皇帝なんかと戦ってる場合じゃなかったですね。 真の敵がついにルルに牙をむく! ナナリーのだまされ人生に涙。 ある意味フレイヤで散った方がよかったかもねナナリーは。 ...
20. コードギアス反逆のルルーシュ R2 第23話「シュナイゼル の 仮面」  [ サイネリア??わたしのひとりごと?? ]   2008年09月15日 09:13
いきなり咲世子さん登場! 公式のキャラクター紹介そろそろ変更しておいて下さい(笑)。 ナナリーの前でも仮面を被りつづけるルルーシュは成長しましたね。
21. 「コードギアス反逆のルルーシュR2」TURN23【シュナイゼルの仮面】  [ ☆ビューティフル・ドリーマー☆ ]   2008年09月15日 09:32
[[attached(1,center)]] = ナナリー「必殺・フレイヤボム! 死ね! お兄様!!」 = [[attached(2,center)]] = ルル「よせ、ナナリー! 俺はお前のお兄ちゃんなんだよ!?」 = [[attached(3,center)]] = スザク「くっそう、ナナリーめ! 自ら被弾することによって、 ...
22. コードギアスR2 TURN23「シュナイゼル の 仮面」  [ 見ていて悪いか! ]   2008年09月15日 09:54
いや、しかし、ルルーシュ、ナナリー目の前にしてよく悪役に徹する事が出来ましたね。
23. コードギアス 反逆のルルーシュR2・第23話  [ 新・たこの感想文 ]   2008年09月15日 09:56
「シュナイゼル の 仮面」 広まるフレイヤによる甚大な被害の噂。動揺を隠せない帝國へ、咲世子が現れる。その頃、ルルーシュ、そして、??.
24. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第23話  [ 刹那的虹色世界 ]   2008年09月15日 10:00
コードギアス 反逆のルルーシュR2 第23話 「シュナイゼルの仮面」 ナナリーを敵に回してでも突き進まなければならない覇道。 それは全て...
25. コードギアス反逆のルルーシュ 『シュナイゼル の 仮面』  [ 日々是「紫」 ]   2008年09月15日 10:41
やっぱりー、誰もが思ってた通りに シュナイゼルはラストボス!! (たぶん) 「お兄様が、ゼロだったのですね」 だから、ルルーシュとスザ??.
TURN 23 『シュナイゼル の 仮面』
27. コードギアス反逆のルルーシュR2第23話「シュナイゼルの仮面」  [ アニメのストーリーと感想 ]   2008年09月15日 11:45
 第99代ブリタニア皇帝に即位したルルーシュ。オデュッセウス・キネヴィア・カリーヌなどの皇族をはじめ全員にギアスを掛け、自分の命令に従わせていた。誰も反対しない中最初に取り掛かったのは、ブリタニアという国の概念の破壊だった。歴代皇帝陵・貴族制度・エリア制...
28. コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 23「シュナイゼル の 仮面」 感想  [ コツコツ一直線 ]   2008年09月15日 11:52
 今回はルルーシュとシュナイゼルの世界をかけた戦いが始まります。どちらが勝利するのか気になるところ。また前回ナナリーに敵宣言されたルルーシュは立ち直ることができるのでしょうか。今回はその辺のスザク・C.C.とのやり取りにも注目です。特にC.C.との会話が良い感じ...
29. コードギアスR2第23話『シュナイゼルの仮面』の感想レビュー  [ gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) ]   2008年09月15日 12:57
『ルルーシュは、世界の全てに悪意を振りまく存在だ。平和の敵はこの地で討たねばならない。過去のしがらみは捨て、私達も、黒の騎士団も、ここは共に手を携えたい。世界中の人々が待っている。私達の凱歌を!そして願わくば、これが人類にとって最後の戦争であることを祈り...
「お兄様の罪は私が撃ちます」(byナナリー・うろ覚え) 第二次トウキョウ決戦のフレイアによって生死不明になっていた ナナリーガ生き...
31. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第23話。  [ どっかの天魔日記 ]   2008年09月15日 14:36
『コードギアス 反逆のルルーシュ R2』 今週のお話は、第23話 『シュナイゼル の 仮面』。 ストーリーは…。 ナナリーは生きていた。しかも最??..
32. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN23「シュナイゼル の 仮面」  [ 根無草の徒然草 ]   2008年09月15日 14:52
ナナリーは生きていた。しかも最悪の敵としてルルーシュの前に現れた。やはり恐るべきは策士シュナイゼル。苦悩するルルーシュにその時、スギ..
33. 反逆R2&ガンバは名古屋に負け&打線が繋がり連勝  [ 別館ヒガシ日記 ]   2008年09月15日 16:03
反逆R2はシュナイゼル対でナナリーが絡む展開で 今回はシュナイゼル&騎士団対の最終バトルだが シュナイゼルはコーネリアまで殺してナナリーを操って ナナリーがフレイヤのボタン押した所で終わったけども シュナイゼルに騎士団は捨て駒の様な扱いにされたし ヴィレ...
34. コードギアス反逆のルルーシュR2 23話  [ ハルジオンデイズ ]   2008年09月15日 16:05
23話「シュナイゼル の 仮面」
35. コードギアスR2 第23話『シュナイゼル の 仮面』感想  [ 全力日記 ]   2008年09月15日 16:33
シュナイゼルの仮面が明らかになるということは すなわち本性が露になるということ。 それは最悪の本性でした。 「時折見え隠れするルルの弱さ・ツメの甘さ」に直接攻撃を仕掛けてくるシュナイゼル。 切り札はナナリー。 ルルはかろうじて感情に流されることなく 「誰の為...
36. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第23話「シュナイゼル の 仮面」  [ 恋華(れんか) ]   2008年09月15日 17:11
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第23話「シュナイゼル の 仮面」
37. コードギアスR2 #23 シュナイゼルの仮面  [ ビヨビヨ日記帳2 ]   2008年09月15日 17:40
テレビ版の 『コードギアス 反逆のルルーシュR2』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下??.
38. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第23話「シュナイゼルの仮面」  [ 全て遠き理想郷?なブログ ]   2008年09月15日 18:02
第23話あらすじ ナナリーは生きていた。しかも最悪の敵としてルルーシュの前に現れた。やはり恐るべきは策士シュナイゼル。苦悩するルルーギ..
=== 面戦争突入〜 === '''あれおかしい事にシュナイゼルが極悪人になっちゃったよw''' ナナリーをダシにして揺さぶりをかけるも動じないルル なんだいここで発狂したりすれば面白かったんだが意外とクールにやりすごすじゃないw んで...
40. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第23話 「シュナイゼル の 仮面」  [ 空色きゃんでぃ ]   2008年09月15日 20:51
「騎士道に殉じるか、キミも」 咲世子さんとオレンジがカッコいい〜ヾ(≧∇≦)ノ
41. コードギアスR2 第23話「シュナイゼル の 仮面」  [ 明善的な見方 ]   2008年09月15日 20:55
これぞ、コードギアスの最終決戦!!!
42. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第23話感想  [ 天の光はすべて星 ]   2008年09月15日 21:13
※画像有り。ネタバレ注意 もうちょっと躊躇しろよ! 玉城格好良すぎだろ・・・ 勘弁してくれ、こういうの弱いんだわ(;´Å`) ...
「俺は 俺自身の為に世界を手に入れる」 ルルvsシュナイゼル!!! ついに最後の戦いが開始っ!! ゼロレクイエムの為にも覚悟を決めるルル!!   ...
ルルーシュが直接ゼロという仮面を被っていたけどもシュナイゼルも直接でなくも仮面を被っていたということか。 しかし、ここにきて一気に本...
45. 飽きもせずにギアスR2の感想を嗜む  [ 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式 ]   2008年09月15日 21:22
・・・・前回の神楽耶の涙にOGV!した人! ノシ ・・・・ちなみにOGVとは、 >【オニンニンがヴォッキッキ】 > >月刊アフタヌヮ..
黒すぎるシュナイゼル
47. 「コードギアス反逆のルルーシュR2」TURN22【反逆のナナリー】  [ ☆ビューティフル・ドリーマー☆ ]   2008年09月15日 22:18
[[attached(1,center)]] = ナナリー「私はお兄様とスザクさんの敵です!」 = [[attached(2,center)]] = スザク「どうして!? 何故なんだ、ナナリー!?」 = [[attached(3,center)]] = ナナリー「シュナイゼルお兄様に聞きました! お兄様とスザクさんは不適切な関...
ルル軍vsシュナイゼル軍、最後の戦いです
49. TURN23 「シュナイゼル の 仮面」 コードギアス反逆のルルーシュR2 [TVA]  [ 王様の耳はロバの耳? (アナログ) ]   2008年09月15日 23:13
ゼロだけでなく全ての仮面をはぎ取られながらも勝ち残り新たに皇帝の仮面をかぶったルルーシュの前に立ちはだかるは、シュナイゼル。 ブヮ..
50. コードギアス 反逆のルルーシュR2 第23話  [ まぐ風呂 ]   2008年09月15日 23:13
[関連リンク]http://www.geass.jp/TURN 23 シュナイゼル の 仮面生きていたナナリー果たしてルルーシュはナナリーを敵として見ることができるのでしょうか?生存していた咲世子。帝都がフレ...
51. コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 23  [ お萌えば遠くに来たもんだ! ]   2008年09月15日 23:20
「シュナイゼル の 仮面」脚本:大河内一楼コンテ:五十嵐遠矢作画監督:佐光幸恵、しんぼたくろう、池田有総作画監督:佐光幸恵、中田栄治演出:五十嵐遠矢「お兄様がゼロだったのですね」
52. 『コードギアス 反逆のルルーシュR2』の感想/TURN23 『シュナイ...  [ 空夢ノート ]   2008年09月16日 01:27
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume05バンダイビジュアル発売日:2008-12-19谷口悟朗(監督)/大河内一楼(脚本)福山潤/ゆかな/櫻井孝宏/水島大宙amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy)●TURN23 『シュナイゼル の 仮面』フレイヤに巻き込まれたと思われていたナナ...
53. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第23話感想  [ RUNNER'S HIGH ]   2008年09月16日 03:54
・コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第23話『シュナイゼル の 仮面』 戦闘回と思いきや、むしろミクロレベルでの心理描写が目立っていた今回。ルルーシュとシュナイゼル という二人の似て非なる兄弟の徹底的な対比描写を主軸に、キャラクターたちの仮面と絆、そして …
正直…今回は何が何だかキチンと把握できてません(まあ、いつもですが…;笑) 戦闘シーンとか誰がルル側で誰がシュナイゼル側なのかグッチャグチャ{/hiyo_oro/} もう頭フル稼働でも追いつけなかった{/body_deject/} では、わかる限りで感想をば…(間違いあったらスミ...
55. コードギアス反逆のルルーシュR2「シュナイゼルの仮面」  [ 獄ツナBlog5927 ]   2008年09月16日 11:12
アニメコードギアス反逆のルルーシュ。 発言者:<img src=\"{_img_}0/zero.gif\">→宵里、<img src=\"{_img_}0/kishi-s.gif\">→春女です。 <img src=\"{_img_}0/zero.gif\">
56. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第23話 『シュナイゼルの仮面』 感想  [ 腐麗蝶の柩-ティエリア愛〜コードギアスR2&ガンダム00ファンサイト ]   2008年09月16日 16:45
感想 イラスト コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第23話 TURN 23 シュナイゼルの仮面 †: ↑南『もう神楽耶様と天子様しか信...
57. コードギアス反逆のルルーシュR2第23話  [ アメダマ ]   2008年09月16日 19:34
最高最悪最低の嘘つき。 それはルルーシュではなくシュナイゼルにこそ相応しい。 なんか、ちょっと詰め込みすぎで、人物描写に物足りなさが無いわけではないのですが、押さえる所は押さえてありますね。 色々ありますが、とりあえず。 これはジノカレファンは喜んでいい所で...
 『コードギアスR2』第23話「シュナイゼルの仮面」の感想&トラックバックセンター記事です。  前回第22話「皇帝ルルーシュ」の感想&トラックバックセンター記事では、8700PV/WEEK超えのご好評を頂いてありがとうございました。前シリーズでの運営経験を生かして、T...
59. コードギアス反逆のルルーシュR2TURN23 『シュナイゼル の 仮面』  [ 〜 紅 の 休 憩 時 間 〜 ]   2008年09月16日 22:58
あらすじは公式サイトから・・・『シュナイゼル の 仮面』ナナリーは生きていた。しかも最悪の敵としてルルーシュの前に現れた。やはり恐るべきは策士シュナイゼル。苦悩するルルーシュにその時、スザクは!今こそ世界の覇権をかけ、天才と天才が富士の上空で激突する!...
今回はルルCに悶えた… そして咲世子さんが素敵すぎる。 やっぱりルルーシュ好きとしてはどうしてもルルーシュを追いかけてきてくれる人に肩入れしてしまいますよ!
61. コードギアスR2 第23話 「シュナイゼルの仮面」  [ King Of ヘタレ日記 ]   2008年09月17日 07:31
■コードギアス 反逆のルルーシュR2■
62. 「コードギアス反逆のルルーシュR2」TURN22【反逆のナナリー】  [ ☆ビューティフル・ドリーマー☆ ]   2008年09月18日 21:51
[[attached(1,center)]] = ナナリー「私はお兄様とスザクさんの敵です!」 = [[attached(2,center)]] = スザク「どうして!? 何故なんだ、ナナリー!?」 = [[attached(3,center)]] = ナナリー「シュナイゼルお兄様に聞きました! お兄様とスザクさんは不適切な関...
シュナイゼルの放ったフレイヤ弾頭の効力で跡形もなく陥落してっしまった帝都ペンドラゴン。 フレイヤ弾頭とナナリーというカードを武器にル...
64. コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN 23 シュナイゼル の 仮面  [ 焼きプリン定食(2個目 ]   2008年09月19日 00:18
こっちはちゃんと予約成功してました(いや、個人的なことですがヾ(´▽`;)ゝ コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume03福山潤, 水島大宙, 櫻井孝宏, ゆかな, 谷口悟朗おすすめ平均 最高です!ルルーシュの憂鬱いや、面白いジャマイカ一期より雑悪質な罠Amazonで詳...
4 コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume03  案の定日曜日は放送時間までに帰ることが叶わず、視聴&感想は予告どおり遅れることになりました。疲れたとはいえ体力的には何とかやれそうでも、精神的には、今の状態で見ても最大限に楽しむことはできないだろう(いつもなら...
66. コードギアスR2 TURN23 シュナイゼル の 仮面  [ 蒼い月と宵待草 ]   2008年09月21日 06:53
さてやってまいりました、シュナイゼルの仮面! 題名からしてきな臭い感じがしますが(笑) 今回も細かい感想ではありません。すみません。 ...
67. 悪辣VS悪党の正義なきラストバトルが開幕!!コードギアス反逆のル...  [ シュージローのマイルーム2号店ミラー版 ]   2008年09月21日 22:10
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!! このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!! できれば、ブログ下にあ...

この記事へのコメント

1. Posted by 通りすがりのもの   2008年09月15日 00:26
「嘘」が見破れるナナリーがシュナイゼルの「嘘」に気付けないのは、彼が『嘘しかない人物』だからなんでしょうね。

ルルがディートハルトに向けた視線と、ディートの笑みが気になりますね。
前回ジュナイゼルの動きについて「例の情報」って言ってたから、実はまだ繫がってる?
2. Posted by 夏祭   2008年09月15日 00:28
こんばんわー。アップお疲れ様ですー
>シュナイゼル
ペンドラゴンに落として、なぜ郊外に落とさなかったのかを聞かれたら、もし抵抗してきたときにブリタニアに混乱をもたらすためと言うと思いますね。しかも混乱させればルルも降伏して殺さずにすむとかいいそうです。
>ニーナ
公式で、先週にフレイヤをなくすためにルルに協力するってあって、結構予想できました^^;
ホットドッグ・・・セシルさんの作ったものだったら面白そうでしたのに。
>戦い
んー結構戦闘ばかりでしたので、思考とか解説とかがしにくかったですね・・・ジェレミアがアーニャの近くにいき、最低限のギアスをかけて、記憶が戻ってる間に倒すとかはできそうですけど(汗)
C.C.のナイトメアの性能が気になります。活躍をするのか・・・。
ニーナにはギアスをかけないでいて欲しいです。どうにかしてルルの記憶を見せたりはできないのかな。
最終決戦?なのでスザクもニーナもまともになりました(扇を除く)
来週は・・・1時間スペシャルかな?1期と同じようになるかもしれません。
それではさようなら^^
3. Posted by owain   2008年09月15日 00:39
>「嘘」が見破れるナナリーがシュナイゼルの「嘘」
>に気付けないのは、彼が『嘘しかない人物』だからなんでしょうね。

 『聖闘士聖矢』の黄金聖闘士のシャカは、時代ごとや相対的価値観も判断基準に含めた人の善悪判断を、神がった力で直感的に見抜けるという能力の持ち主で。

 主人公側キャラの一輝が悪に染まっていた頃も、倒したあとに「本質的には善で更正の余地あり」と判断して、とどめを刺さなかったことも。

 そのシャカが、裏で怪しいことを色々している聖闘士のトップの教皇について主人公側に「裏で悪事をしている教皇になぜしたがっている」と問い詰められると、迷わず「私の能力で見たら善だったから、従っている」という対応を回答。

 ところが教皇の正体は、善悪が極端に分かれた二重人格者で、普段は善の性格で活動していた。善の人格は良心の呵責に苦しんでいたが、本質は善なので、なまじ神秘的パワーで本質だけを見れる分、シャカは逆に騙されていたという真相。

 でも今のコードギアスだと「なぜななりーはシュナイゼルの嘘を見抜けない」という、視聴者の当然の疑問への対応描写が皆無。
 
4. Posted by 藤ゆたか   2008年09月15日 00:45
5 こんばんは。

 絶望した!ナナリーがすっかりシュナイゼルに言いくるめられていたことに絶望した!!
 ルルとのやりとりだけならフリとも解釈できましたが、フレイヤを撃ってしまっては最早、何の言い訳も(T-T)

 ナナリー脱出の絡繰り。
「ナナリーが閃光に包まれる描写があったじゃねぇかよ?あんなのを見せられてどんな受け手があるってんだよ?」
「落ち着きなさい、戦人君。全ては魔女がそうだと主張しているに過ぎません。この六軒島は魔法と推理が同時に(ry」

「さぁ、戦人ァどんな差し手を見せてくれるんだ?」
「脱出艇が2艇あって、それでナナリーは脱出した!」
「あぁん?脱出艇が2艇あるとどうしてナナリーが助かるんだよ?」
「有効です。魔女側は脱出艇が2艇あったことを否定できません」
「くっ、ならばそれでどうやってフレイヤの効果範囲から逃げたんだよォォォ?」
「証明拒否!人間側はその方法について説明する義務を負わない!!」
「ナナリーは閃光に包まれてたじゃねぇかよォォォォ!!」
「それはお前の主張に過ぎない。効果範囲が跡形もなく消滅している以上、それを証明することは不可能!」
「ぷくくく…シュレディンガーの猫箱、有効です」
「おのれ、そのような暴論をォォォ!!」

…こうですか?分かりません
5. Posted by クロ助   2008年09月15日 00:45
>指揮権を委譲する様に要請された星刻の言葉
「(不満そうな声音で)分かった…!」
ですよ〜。

>ナナリー
う〜ん。完全に騙されている形、と見た方が良さそうです。
通りすがりのもの さんのコメントの「シュナイゼルは嘘しかない」というのを見て「なるほど!」となりましたが、ナナリーの「嘘に対する能力」を高く評価していた自分としてはかなり複雑。

>ピンクカラーのナイトメア
スザクがアルビオンに乗り換えたので、修復が終わった旧ランスロットをC.C.用に改修したのでしょうか?
…にしても、ドピンクは「あるあ…ね〜よ!」な感じですが。(笑

また見てギアス!の指導するC.C.と無茶な要求に泣きながらペンキで塗装してるセシルさんには和んだw

>ホットドッグ
アレ、かかってたソースがブルーベリージャムっぽいケバい紫色だったんですが、やはりセシル特製なんでしょうか?(笑

続きます
6. Posted by 鳳龍   2008年09月15日 00:58
こんばんは、字幕情報です。
ナナリー「どうして? それは…私のためですか? もし、そうなら、私は…。」
ルル「人からお恵みを頂くことが当たり前だと考えているのか? 自らは手を汚さず、他人の行動だけを責める。お前は俺が否定した古い貴族そのものだな…。」

ロイド「やっぱり?」(?あり)
シュナイゼル「情報は入れないほうがいいだろう?〜人々の願いはなんだい?〜幻想を現実にするためには、しつけが非必要では?」
あと、私や竜騎士07さんがよくやるミスですが(笑)、「例え〜しても」は違います。
シュナイゼル「たとえ、10億20億の命が〜」
仮定の「たとえ」と、比喩の「喩え」が主です。(この場合は前者)
ジュレミア「君は日本人だろう?なぜ〜ルルーシュ様に?」(?あり)
ルル「いくつルートを探っても、答えは同じだったからな。」
7. Posted by 鳳龍   2008年09月15日 00:58
私も希望と聴き間違いましたが、「ダモクレスによる支配は人を記号とするもの」です。
ルル「もう、特別扱いはできない」「恐れることはない。未来は我が名とともにあり!」「代表方がおられるが」
シュナイゼル「一度だってルルーシュに負けたことはないんだ」
星刻「分かった」
カレン「倒せば、全て終われる!」
シュナイゼル「掛けられたのは君たちの方だよ。」(?なし)
ルル「とするとニーナを頼りにするしかないが、当てにできるか?〜倒すためには…」
8. Posted by クロ助   2008年09月15日 01:01
>アーニャ
はっきり言って、利用された後に殺されそうな気配がプンプンしますが、どうしたものか。(汗

なまじ記憶が曖昧な分、自分の人生のあらゆる物事に執着が無い、というのが彼女自身に取って致命的。

>ジェレミア
見舞っている時の咲世子との会話が個人的にかなりツボ。
忠義に生きる者同士、案外お似合いだったりするのでは。(笑

>スザク
今回の、揺るがない信念を見せた部分は良かったと思います。
今までが今までだった分、漸く彼の頑固な部分が有効に機能している感じ。


いよいよ完結まで後僅かになりましたが、尺が足りない故にショートカットが多いのは残念。
また、個人的にはナナリーの件でかなり幻滅したと言わざるを得ないのですが、他の要素でカバー出来ると思いたいです。
9. Posted by 鳳龍   2008年09月15日 01:16
あ、「非必要」は「必要」の打ち間違いです(汗)

あえて悪者役を引き受ける、偽悪の仮面。個人的には好きなモチーフです。
さすがにもう、この期に及んでナナリー絡みで再起不能に凹む事もなくなりましたね(笑)
結局、ゼロでも皇帝でもない、人間ルルーシュの傍へ最終的に残された頼れる相手は、剣のスザクと盾のC.C.、嘘だらけの中でも素顔を晒せた、このただ二人のみという、多くの出会いと別れの果てに寂しい末路。妹すらも、結局は腹を割って話さなかった結果と。

>何だかいい雰囲気ですよ!?
シスコンから脱したからこそw
いやまぁ本音を、素顔を、晒せた相手だけが、最後まで残ってくれる、と。
となると、
>だからその1ヶ月前のスザクとの会話を聞かせてくださいよ
これはスタッフの、クライマックス盛り上げの切り札なのでしょうねw
ルルーシュは、スザクに腹を割って話したのだと。
10. Posted by owain   2008年09月15日 01:16
予想していたとはいえシュナイゼルの単純な独裁支配暴君化とか、まさかのナナリーのおバカさん化とか。
ルルーシュ追放からおバカさん化しっぱなしの黒の騎士団とか、小物のカルト宗教家化した若本皇帝夫妻とか。

R2後半になってから、世界全土がまぬけ時空発生装置の影響下に置かれたのでは?と思いたくなる惨状(検索で「まぬけ時空発生装置」「究極超人あーる」。効果を一口で言うと、最初から間抜けな人間以外は、知性が1/10のまぬけにしてしまう装置)。

あと「尺が足りない」とよく言われますが、問題の本質は
・本来は各キャラのスタンスを固めるべき後半になったのに、そこで勢力や立場をあまりに頻繁にひっくり返して、過半数のキャラの立ち位置が不明確化して、キャラや話をみるための方向性があやふやに。
・本来の目的の若本皇帝が、陰謀や権力闘争の実質的本筋から乖離した、脇道のオカルト活動に行ってしまう。それを大急ぎで始末して整理はしたけど、そこから視聴者から見た主人公の行動原理などが迷走状態。
11. Posted by りぐ   2008年09月15日 01:21
こんばんは

>コーネリア
一年間身を隠し続けギアス嚮団の本拠地まで辿り着いた情報将校としても有能なキャラクターにしては興ざめするくらい迂闊過ぎる行動でした。嚮団の時には一年間で成長しているとも取れましたが結局変わってない。やはり一か月の空白期間の描写不足は大きいですね。それぞれのキャラクターに主体性が不足していると感じます。
>ホットドック
ロイドの反応を見る限りではセシル作でいいと思います。

>ナナリー
物語としてはやはり先週感じたように未だ蛇足という気がします。主人公側の「迷い」はいいのですが反対側の「迷い」がこの時点で残っているのは何か盛り上がりに欠けるんですよね。「迷い」を明確に示す描写を不足している点が殊更に追い討ちをかけます。
12. Posted by ぷよ   2008年09月15日 01:22
こんばんは。
今週はついにシュナイゼルの本心が語られるなどなかなか見所の多い回でしたね。

ナナリーがシュナイゼルの嘘にだまされているのは予想外でした。
ナナリーの嘘の見破りは別にマオのような特殊能力ではなく、心情を読み取りに長けているということなので、シュナイゼルの方がが一枚も二枚も上手だったのでしょうね。
なっきーさんをはじめ、視聴者にはシュナイゼルは調子にのってボロが出ているように見えますが、劇中的には出てない、あるいはそれを見破る程度のレベルにみんな達していないのでしょう。
コーネリアの反発も、あの備えを見ている限り予想済みだったようですし。
しかし、今回を見ていると皇帝は本当にシュナイゼルのことを理解していたんですね。本当に危ない奴です。
次回どう話が動くか楽しみです。

余談ですがあのホットドッグ、やっぱりセシルさんが作ったのでしょうか?
作戦に支障が出ないか心配ですw
13. Posted by owain   2008年09月15日 01:28
追加

 現段階で言い切っても良いと思いますが、ギアスR2(および一期含めた全体)の致命的失敗点の一つが、陰謀・権力闘争ストーリーとギアスの背景事情などのオカルト要素ストーリーはほとんど連携してなかったこと。
 しかも主要目的だったはずの若本皇帝や仇討ち関連は、脇道化したオカルト要素の方に行ってしまって。
 シリーズ構成の基本骨子が、空中分解状態。

 若本皇帝夫妻を倒した話なんて、「オカルト部分の扱いに行き詰まったから、強引に切り捨て」という意図がかなり露骨でした。
 なまじこだわって残そうとしていたら、もっとダメージは大きくなったでしょうが。
14. Posted by 鳳龍   2008年09月15日 01:32
富竹「まぁ僕たちの出てたTVアニメも、尺が足りないせいで駆け足になったけど、このコードギアスも大変だねえ。脚本家や演出家の人が四苦八苦してるのがうかがえるよ」
鷹野「くすくす、ジロウさんは一番尺不足で割を食った人ですものね。このルルーシュもシュナイゼルって人も、意志の強さが足りないわ」
梨花「神楽耶の泣き顔が、沙都子みたいでかわいそかわいそなのです、にぱ〜☆」

シュナイゼル「だったら、心や主義主張はいらない。システムと力で、平和を実現すべきでは?」
ジョーカー「それは、我々がとっくの昔に挑んだ事なんですがね…」
ねねね「いいわね悪人は。同じネタが何度も使えて」
15. Posted by ピンク   2008年09月15日 01:37
>今日のジェレミア
変なところで嫁さんフラグが立ちました

>スザク、ニーナ
なんか吹っ切れたことで、急にいいキャラになってしまいました
毒が無さ過ぎるのもなぁ…とは思っていましたが

>ナナリー
こっちが暗黒化してしまいました…
他人に優しい世界を作ろうとしていた…とルルーシュは言っていましたが、ナナリーは他人より兄をとってしまったわけです
ペントラゴンは知らなかったとしても、戦場で多くの命を奪う引き金を自分の意思で引いたのは間違いないですからね…

>シュナイゼル
こちらは来週あたりが山場でしょうか
肉親や大量の市民の殺戮を盤上の駒の動きのように扱う様は、まさに完全体ゼロといったところでしょう
おそらくはルルーシュから完全に無駄を取り除いたら、こうなるんだろうなぁ…って感じですね

16. Posted by ピンク   2008年09月15日 01:38
5 >ディートハルト
表面上はシュナイゼルに心酔しています。。。が。
なにやら私は、通信中ルルーシュとアイコンタクトをとっていたように感じます。
確かにルルーシュを見下した笑みにも見えなくは無いのですが、どちらかというと『これから起こるカオスを越えた何か』を心待ちにしているような、わかってますとも…というような顔に見えてしまうのです。

>メカ
ピンクのランスロットはコンクエスターじゃないみたいですね。防御力や火力の高いコンクエスターならともかくとして、高機動のランスロットをC.Cは乗りこなせるんでしょうか…?まぁ、死なないのでリミッター解除状態であるというなら納得ですがw
ルルーシュが珍しく前線に出ないので蜃気楼も事実上余ってしまっていますし、戦力的にはかなり劣勢ですよね。
ところで、戦場ではキングを最初に動かすんじゃ…
17. Posted by ピンク   2008年09月15日 01:41
5 そんなわけで終盤ですが、このままシュナイゼルを倒して王道ENDなのか、はたまた遺跡関連で本物の神が来てしまうのか…
ところでC.Cの名前って出ずに終わりそうではありますね。
そのあたりを楽しみに、来週も感想期待しています。では。
18. Posted by りぐ   2008年09月15日 01:54
>フジ決戦
細かいことですがもう少し部隊配置に気をつけて欲しいですね。ナイトメアと艦船では兵科が違うと言ってよく混在して展開しているのはどうかと思います。艦船に火力が十分にあればナイトメアを前面に展開するのは危険ですし(また艦船を集団化した部隊を作り上げ火力をより集中させる)、 火力がないのなら決戦に参加するのは不用意です。陣形とかもけっこうですがもう少しグスタフ アドルフや織田信長あたりをリスペクトすればより面白い色がつけれたと思ったりもします。
>ピンク
「また見て」のコンテは相変わらずいい選出ですね。C.C.のイメージは髪の毛の色の緑かチーズくんの黄色、後は黒か白なのですが、ピンクはナナリーを意識しての色なのかもしれません。
19. Posted by たんたん   2008年09月15日 04:41
取り敢えず、一言。

ああ、味方が巻き添えで死ぬことが前提の作戦なんて、
なんて、もったいない!!


・・・さて。

”これからもっと多くの人が死ぬ”
何百人、何千人が死のうと、誰が犠牲になろうと、ルルーシュ達の目的は変わらない。
それは嘗ての盟友たちであろうが、例えナナリーであっても同様のようだ。

権威のもうひとつの意味。
確かにシャルル皇帝はその意味では適任だったね。
うまく演じられるんじゃないかな、と答えていたシュナイゼルだが、そういう彼もなかなか孤高な方のようだ。
人同士の不理解、世界の不幸が止められないのなら、天上唯一の恐怖となるという。
さてさて、彼の被る仮面とは、どれを指してのことなんだろうね。

20. Posted by たんたん   2008年09月15日 04:42
「お前たちは私の奴隷だ!」
前回、なんでわざわざそんなことをしてるんだと思っていたのだが、なるほど、兵士を”駒”として有効活用するためだね。
フレイヤ一発が、数人の兵の命でチャラになるのなら、こんなに便利なものはない。
・・・というか、随分と追い詰められているんだな、ルルーシュは。(フレイヤのことではないよ)

日本が再占領されては黒の騎士団も戦うしかない。超合集国にとっては主権の問題だからね。
さすがに腹は括った(代表代行を立てたらしい。まあ、そういう態度を示さなければ戦えもしないけどね)らしいが、戦力不足は否めない。
ダモクレスは、諸刃の剣には変わりないが、フレイヤの存在(威嚇と、実際に戦術の勝敗をキャンセルできるほどの効果を持つ戦略兵器としての威力。ま、使いたくはないし、要は使わずに勝てばいい)、そして何よりもシュナイゼル自身の政戦両略の才能(シャルル時代の実質No.2。実績には定評あり)は得がたいものがある。
当たり前の話だが、”負けては意味がない”のだ。
・・・と、星刻・藤堂あたりならそう考えるだろうね。
21. Posted by たんたん   2008年09月15日 04:44
ルルーシュの非情さの見込みが甘かったかね。結局、使わずには勝てなかった。

にしても、コーネリアをいきなり撃ったのにはびっくりしたね。
まあ、彼女の技量なら一足でシュナイゼルに剣を突きたてられただろうから、躊躇できなかったんだろうよ。
「悲しいねぇ」
生きてりゃいいけどなぁ。

以上
22. Posted by なっきー   2008年09月15日 06:39
4  通りすがりのものさん、夏祭さん、owainさん、藤ゆたかさん、クロ助さん、鳳龍さん、りぐさん、ぷよさん、ピンクさん、たんたんさん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。



>通りすがりのものさん

>「嘘」が見破れるナナリーがシュナイゼルの「嘘」に気付け
>ないのは、彼が『嘘しかない人物』だからなんでしょうね。
 それは盲点でした(汗)。
 何もかもが嘘で、本当の部分が何もないから見抜けないわけですか…。

>ルルがディートハルトに向けた視線と、ディートの笑みが
>気になりますね。
>〜「例の情報」って言ってたから、実はまだ繫がってる?
 『繋がってる』 ですよね? なぜか文字化けしてますけど。

 で、これも確かに可能性は生きている気がします。
 個人的には、シュナイゼルがそこまで 『カオスの下僕』 好みとも思えないですし…。

 もちろん、ルルーシュの奥にある甘さも好きではないでしょうけど…。



(続きます)
23. Posted by なっきー   2008年09月15日 06:41
>夏祭さん

>アップお疲れ様ですー
 ありがとうございます♪

>シュナイゼル
>〜なぜ郊外に落とさなかったのかを聞かれたら、もし抵抗して
>きたときにブリタニアに混乱をもたらすためと言う〜
 なるほど、有りそうですね。

>しかも混乱させればルルも降伏して殺さずにすむとかいいそう
>です。
 その手の綺麗事は、彼が最も得意とする分野ですしね。

>ニーナ
>公式で、先週にフレイヤをなくすためにルルに協力するって
>あって、結構予想できました^^;
 完全に無効化できる技術があれば、あとはそれを全世界にばらまくだけでフレイヤの存在意義をかなり小さくできますしね。

>ホットドッグ・・・セシルさんの作ったものだったら面白そう
>でしたのに。
 ぶーーーっ!!(AA略
 ニーナが寝込んでしまいそうで危険です(笑)。

>んー結構戦闘ばかりでしたので、思考とか解説とかがしにく
>かったですね・・・
 その戦闘も、半分以上が陣形の戦いでしたしね。

>ジェレミアがアーニャの近くにいき、最低限のギアスをかけ
>て、記憶が戻ってる間に倒すとかはできそうですけど(汗)
 アーニャの記憶が改竄されていることがわかっているとは言え、近くに味方がいればそちらのルルーシュギアスも巻き込むことになります。
 それを思えば、位置関係が流動的に変わる戦場では、ちょっと狙いづらいかもしれません。

>C.C.のナイトメアの性能が気になります。
 C.C.ならではという部分はショックイメージと、 『不死だから無茶をできる』 というところしか無かっただけに、この辺で何か見たい気もします。

(続きます)
24. Posted by なっきー   2008年09月15日 06:42
>ニーナにはギアスをかけないでいて欲しいです。
 掛けない、と思ってます。友達ですからね。
 その辺、ルルーシュは徹底しそうに思ってます。

>どうにかしてルルの記憶を見せたりはできないのかな。
 信用を得たければ、真摯に話すしかないかもしれません。

>最終決戦?なのでスザクもニーナもまともになりました
>(扇を除く)
 扇は何か勘違いしたような状態のまま終わりそうですね(汗)。

 スザクもニーナも、いい顔してます。
 ルルーシュは切り札の完成をかなり心配してますが、今のニーナはルルーシュ=ゼロを知ったとしても、怨みと自分の贖罪とは別、とあっさり返しそうな気もします。

>来週は・・・1時間スペシャルかな?
 そうかもしれませんね。

>1期と同じようになるかもしれません。
 ラストは違っていて欲しいです(当たり前)。
 何にせよ、綺麗に終わって欲しいですね。



(続きます)
25. Posted by なっきー   2008年09月15日 06:45
>owainさん

 以前重くて見られなかった動画の 『瞬殺される次鋒』 、ちゃんと見られました。
 いいですね、あれ。盛大に吹き出しました(笑)。

>『聖闘士聖矢』の黄金聖闘士のシャカは、〜
>〜迷わず「私の能力で見たら善だったから、従っている」と
>いう対応を回答。
 ある意味、根拠一切無しにわかるからこそ、騙されやすい…という構造はあるのかもしれませんね。
 ただ、↓

>でも今のコードギアスだと「なぜななりーはシュナイゼルの嘘
>を見抜けない」という、視聴者の当然の疑問への対応描写が
>皆無。
 それは同感です。余程尺が足りないのかと、そう思ったりもします。
 それくらいにこれは、重要な描写だと思うのですが…(汗)。

>予想していたとはいえシュナイゼルの単純な独裁支配暴君化
>とか、まさかのナナリーのおバカさん化とか。
 シュナイゼルは元からこうだったのを隠していた、と思っても、まあOKだと思うのですが、 “お姫さま” をやめて成長を始めていたはずのナナリーが、何も知らなくてもわかるはずの欺瞞を見抜けなかったのはとても残念でした。

>ルルーシュ追放からおバカさん化しっぱなしの黒の騎士団
 扇はまだ(ミスリードする原因があるので)わからなくもないのですが、藤堂が間違いに気付かないのはかなり馬鹿っぽく見えてしまいます(汗)。

>とか、小物のカルト宗教家化した若本皇帝夫妻とか。
 これも、元からそうだったと考えるしかないでしょうね。

>・本来は各キャラのスタンスを固めるべき後半になったのに、
>そこで勢力や立場をあまりに頻繁にひっくり返して、過半数の
>キャラの立ち位置が不明確化して、キャラや話をみるための
>方向性があやふやに。
 これは全く仰る通りかもしれません。

(続きます)
26. Posted by なっきー   2008年09月15日 06:47
>〜そこから視聴者から見た主人公の行動原理などが迷走状態。
 説明しないのは、この場合は意外性の演出に繋がらず、単純に害が大きい気がします。
 やはり特に主人公の場合は、 『何をしたいのか』 の共感が大事で、他を犠牲にしてでも説明しておくべきだったかもしれません。

>〜致命的失敗点の一つが、陰謀・権力闘争ストーリーとギアス
>の背景事情などのオカルト要素ストーリーはほとんど連携して
>なかったこと。
 確かにそうですね。
 連携していれば、段違いの高評価を得られたかもしれません。

>しかも主要目的だったはずの若本皇帝や仇討ち関連は、脇道化
>したオカルト要素の方に行ってしまって。
 ただ、仇討ちは第1期初期から 『ルルーシュの空回りではないか?』 という疑問の声が上がっていたことを思えば、これも落ち着くところに落ち着いた結果なのかもしれません。
 …まあ空回りでこそなかったわけですが、それは所詮物語の本筋ではなかった、という意味で。

>若本皇帝夫妻を倒した話なんて、「オカルト部分の扱いに行き
>詰まったから、強引に切り捨て」という意図がかなり露骨
 受け手がどう感じるかはともかく、意図までは制作側にしかわからないことではあります。
 それに、もしかしたら 『時の歩みを止めないでくれ!』 のお願いがストーリーに絡んでくる可能性も残っているかもしれませんし、その辺は、私は評価を保留したいとは思います。



(続きます)
27. Posted by なっきー   2008年09月15日 06:49
>藤ゆたかさん

>絶望した!ナナリーがすっかりシュナイゼルに言いくるめられ
>ていたことに絶望した!!
 私も一緒に吊ってきます。(ぉぃ

>〜フレイヤを撃ってしまっては最早、何の言い訳も(T-T)
 そうなんですよね(汗)。
 あそこで何か理由を付けて撃てないとするなら、まだ可能性は残ったのですが…。

>ナナリー脱出の絡繰り。
>「ナナリーが閃光に包まれる描写があったじゃねぇかよ?あん
>なのを見せられてどんな受け手があるってんだよ?」
 多分ですが、フレイヤはこういった流れなのだと思います。

起動→閃光が展開→発動→消滅→閃光が収束

 この通りなら、閃光に包まれた時点ではまだ死亡は確定しない…ことにはなります。

 …が、結局救出したとする場合、そんなタイミングで脱出していたなら機体の後ろ半分とか消えてそうな気がします。
 無事救出も有り得ないとまでは言えませんが、ひどく不自然になってしまうのは確かで、ならそんな描写を入れない方が良かった、とも思います。

>〜「証明拒否!人間側はその方法について説明する義務を負わ
>ない!!」〜
>「ぷくくく…シュレディンガーの猫箱、有効です」
 美味しいクッキー吹いたwww

 本当にそんな感じですよね。
 「助かったんだから助かったんだよ!!!」 …な感じ。



(続きます)
28. Posted by なっきー   2008年09月15日 06:51
>クロ助さん

>「(不満そうな声音で)分かった…!」
ですよ〜。
 ありがとうございます!
 早速記事にも修正を入れておきますね。

>ナナリー
>う〜ん。完全に騙されている形、と見た方が良さそうです。
 どうもそのようですね(汗)。

>〜ナナリーの「嘘に対する能力」を高く評価していた自分と
>してはかなり複雑。
 頭もいいですし、さらには最近、真実を見極めようとする積極性も身に付けています。
 …私はそれでなぜ、 『何も知らなくてさえも不自然さに気付ける嘘』 (避難誘導)に気付けないのか、物凄く不思議でならないのです(汗)。

>ピンクカラーのナイトメア
>スザクがアルビオンに乗り換えたので、修復が終わった旧ラ
>ンスロットをC.C.用に改修したのでしょうか?
 また見てギアスからしても、その可能性が高そうですよね。
 いくら最先端からは型落ちしていても、それでもまだ量産機相手なら十分行けそうな気がしますし。

>また見てギアス!の指導するC.C.と無茶な要求に泣きながら
>ペンキで塗装してるセシルさんには和んだw
 C.C.がぶーぶー言って、セシルが泣く泣く塗り替えたっぽいのが笑えますよね(笑)。

>ホットドッグ
>アレ、かかってたソースがブルーベリージャムっぽいケバい
>紫色だったんですが、やはりセシル特製なんでしょうか?(笑
 …実はニーナは研究に集中しすぎていて、味もわからない、とか…(笑)。

>アーニャ
>はっきり言って、利用された後に殺されそうな気配がプンプン
>しますが、どうしたものか。(汗
 この時点でまだ従っていると、凄く危険な気がします(汗)。
 しかも、絶対に果たす気がない約束までされているとなると、下手するとこの戦いが終わるなり…。

(続きます)
29. Posted by なっきー   2008年09月15日 06:53
>なまじ記憶が曖昧な分、自分の人生のあらゆる物事に執着が無
>い、というのが彼女自身に取って致命的。
 これは仰る通りかもしれません。
 だから他人の執着も理解できず、善悪とかの意識も非常に希薄で、ぶっちゃけ 『偉い人に怒られることはダメ』 というレベルで止まっている気がします。

>ジェレミア
>見舞っている時の咲世子との会話が個人的にかなりツボ。
>忠義に生きる者同士、案外お似合いだったりするのでは。(笑
 ジェレミアも 『感服した!』 という感じでしたしね。

>スザク
>今回の、揺るがない信念を見せた部分は良かったと思います。
 ルルーシュ相手の説得も、小細工なしの彼らしい剛直さでとても良かった気がします。

>〜尺が足りない故にショートカットが多いのは残念。
 そうなんですよね…。
 最早、尺が足りていないと考えないことの方に無理がある感じです(汗)。

>個人的にはナナリーの件でかなり幻滅したと言わざるを得ない
>のですが、他の要素でカバー出来ると思いたいです。
 前半に激しく同意です。
 なぜ、(知識が無くても)見破れるはずの欺瞞にナナリーが気付けないのか、物凄く疑問です。

 ただ、今気付けなくてもいずれ気付く、という流れは有り得るとも思います。
 その時に、ナナリーをすっかり手なずけたと思い込んでいたシュナイゼルは、その過ちを悟るのかもしれません。



(続きます)
30. Posted by なっきー   2008年09月15日 06:55
>鳳龍さん

>こんばんは、字幕情報です。
 ありがとうございます!
 修正を入れさせていただきますね。

>あと、私や竜騎士07さんがよくやるミスですが(笑)、「例え
>〜しても」は違います。
 いえ、これはあってると思いますよ?
 『例示』 だからです。だからこの字なのです。

 探したら…、ちゃんとありました。
 エキサイト辞書です。

http://www.excite.co.jp/dictionary/japanese/?search=%E4%BE%8B%E3%81%88&match=beginswith&itemid=12617400
 これの4に当たる用法で、 『例えば』 という項目になっている通り、これが正しい漢字のはずです。

>私も希望と聴き間違いましたが、「ダモクレスによる支配は
>人を記号とするもの」です。
 確かにその方が意味が通りますね。

>あえて悪者役を引き受ける、偽悪の仮面。個人的には好き
>なモチーフです。
 ただ悪役が消えて解決な 『泣いた赤鬼』 は、ババ抜きの世界(ひぐらし用語)なので好きになれません。
 『良い世界のために取り除かれる人』 なんて、更生しようのない凶悪犯とかの、本当に最小限でなければならないと思っています。

>さすがにもう、この期に及んでナナリー絡みで再起不能に凹む
>事もなくなりましたね(笑)
 尺がt(ry
 まあ、さすがに耐性が出来てきたのかも(笑)。

>〜人間ルルーシュの傍へ最終的に残された頼れる相手は、剣の
>スザクと盾のC.C.、嘘だらけの中でも素顔を晒せた、このただ
>二人のみという、多くの出会いと別れの果てに寂しい末路。
 そこでリヴァルですよ!!(笑)
 ミレイも、多分ニーナも大丈夫。

 この3人がみんなわかってくれるようなら、きっとナナリーも大丈夫。
 そしたら屋上へ行って、花火を上げるのです!

(続きます)
31. Posted by なっきー   2008年09月15日 06:57
>〜結局は腹を割って話さなかった結果と。
 コーネリアだって、怨みが消えるかはともかく理解される可能性はあったと思います。

>>何だかいい雰囲気ですよ!?
>シスコンから脱したからこそw
 なるほど(笑)。

>いやまぁ本音を、素顔を、晒せた相手だけが、最後まで残って
>くれる、と。
 全部本音で話している、唯一の相手ですからね。

>>だからその1ヶ月前のスザクとの会話を聞かせてくださいよ
>これはスタッフの、クライマックス盛り上げの切り札
 そうかも…、ギリギリの場面になって、スザクが思い出すとかかなりありそうな気がしますね。

>富竹「まぁ僕たちの出てたTVアニメも、尺が足りないせいで駆
>け足になったけど、このコードギアスも大変だねえ。脚本家や
>演出家の人が四苦八苦してるのがうかがえるよ」
 あれはあれで、最後の2話くらいがかなり事件(笑)。

>鷹野「くすくす、ジロウさんは一番尺不足で割を食った人です
>ものね。〜
 彼の本気が見られる場面が、綺麗さっぱり消えるという暴挙に、全私が泣きました。

>ジョーカー「それは、我々がとっくの昔に挑んだ事なんですが
>ね…」
 あれの最終話も尺が…、紙の隠し方もちょっと有り得ないという感じでした。

>ねねね「いいわね悪人は。同じネタが何度も使えて」
 『ただの我欲』 タイプを避けた上で、その悪人なりに筋が通った 『正義』 を構築しようとすると、そんなにパターンは多くないのかもしれません。



(続きます)
32. Posted by なっきー   2008年09月15日 07:00
>りぐさん

>コーネリア
>一年間身を隠し続けギアス嚮団の本拠地まで辿り着いた情報
>将校としても有能なキャラクターにしては興ざめするくらい
>迂闊過ぎる行動でした。
 彼女の視点でも、いくらでもシュナイゼルを疑える要素はありましたからね。
 もう少し、シュナイゼルの善意に疑念を持っておくべきだった気がします。

>〜やはり一か月の空白期間の描写不足は大きいですね。
 2話もあれば、相当数のキャラをきっちり描けそうですよね。
 1話でも、数を絞れば行けそうです。

>それぞれのキャラクターに主体性が不足していると感じます。
 確かに、操り人形と化している人が多すぎるように思います。
 それも別に、 『これなら仕方ないか』 という騙され方ではないんですよね。

>ホットドック
>ロイドの反応を見る限りではセシル作でいいと思います。
 気付かないとはニーナ…、なんて集中力…(笑)。

>ナナリー
>〜主人公側の「迷い」はいいのですが反対側の「迷い」がこの
>時点で残っているのは何か盛り上がりに欠けるんですよね。
 なるほど、これは仰る通りかもしれません。

>ナイトメアと艦船では兵科が違うと言ってよく混在して展開
>しているのはどうかと思います。
 これは仰る通りと思います。
 実際ああして主砲一射で無数のナイトメアが墜ちるわけですし、艦船には艦船、ナイトメアにはナイトメアが当たるのを基本とするべきかもしれません。
 そう考えれば、↓

>(また艦船を集団化した部隊を作り上げ火力をより集中させる)
 これも仰る通りかもしれません。

>ピンク
>「また見て」のコンテは相変わらずいい選出ですね。
 選択のセンスがいいですし、絵もキャプチャして残したくなる可愛さです。

(続きます)
33. Posted by なっきー   2008年09月15日 07:02
>C.C.のイメージは髪の毛の色の緑かチーズくんの黄色、後は黒
>か白なのですが、ピン
>クはナナリーを意識しての色なのかもしれません。
 なるほど…、それは盲点でした。
 ルルーシュ的にも総督奪取作戦のとき、ピンクの折り鶴をシンボルにしていましたしね。



(続きます)
34. Posted by なっきー   2008年09月15日 07:04
>ぷよさん

>今週はついにシュナイゼルの本心が語られるなどなかなか見
>所の多い回でしたね。
 ただ、一部超速になるなど、尺不足が本格化してきたのかな、とも思えて心配です(汗)。

>ナナリーがシュナイゼルの嘘にだまされているのは予想外
 …しかも、それが見事な嘘ですらないという…(汗)。
 視聴者視点だからわかるとかじゃない、あからさまな欺瞞なのに…。

>〜心情を読み取りに長けているということなので、シュナイゼ
>ルの方がが一枚も二枚も上手だったのでしょうね。
 そうなのかもしれません。
 そして、下手にそれが分かる分だけ、動揺が全くないシュナイゼルの嘘を信じ込みやすくなっているのかも…。

>〜視聴者にはシュナイゼルは調子にのってボロが出ているよう
>に見えますが、劇中的には出てない、あるいはそれを見破る程度
>のレベルにみんな達していないのでしょう。
 見破ったら見破ったで、正面から抗議すればコーネリアの二の舞になりそうですしね(汗)。
 逃げるにしても、咲世子クラスでも負傷するとなると…。

>しかし、今回を見ていると皇帝は本当にシュナイゼルのことを
>理解していたんですね。本当に危ない奴です。
 シャルルのは(押しつけですが)一応善意ですからね。
 シュナイゼルのは善意とか悪意とかじゃなくて、無感情に結果だけを追っている感じです。
 凄く、非人間的。

>余談ですがあのホットドッグ、やっぱりセシルさんが作った
>のでしょうか?
>作戦に支障が出ないか心配ですw
 攻撃力高そうですしね(笑)。
 ロイドもニーナもHP低そうですし。



(続きます)
35. Posted by なっきー   2008年09月15日 07:07
>ピンクさん

>今日のジェレミア
>変なところで嫁さんフラグが立ちました
 全く予想外でしたが(笑)、これはこれでお似合いのペアでした。

>スザク、ニーナ
>なんか吹っ切れたことで、急にいいキャラになってしまいました
>毒が無さ過ぎるのもなぁ…とは思っていましたが
 まあ、自分の罪にちゃんと向き合おうという人は立派だということでしょう。

>ナナリー
>こっちが暗黒化してしまいました…
 しかも、騙された上にちょっとお馬鹿さんになって暗黒化、では、ちょっとどころでなく残念です(汗)。

>〜ナナリーは他人より兄をとってしまったわけです
 少なくとも、アヴァロンにルルーシュ以外が乗っていることをわからないはずがないですからね。
 兄の罪と言うのなら、それを償うのは兄だけでなければならないのに…。

>シュナイゼル
>〜肉親や大量の市民の殺戮を盤上の駒の動きのように扱う様
>は、まさに完全体ゼロといったところでしょう
 確かにそういう感じですね。

>ディートハルト
>〜なにやら私は、通信中ルルーシュとアイコンタクトをとって
>いたように感じます。
 むぅ…、そういう風にも見えますね。

>〜『これから起こるカオスを越えた何か』を心待ちにして
>いるような、わかってますとも…というような顔に見えてし
>まうのです。
 そういう思考や行動も、ディートハルトなら確かにありそうに思います。
 それにシュナイゼルの元にいても彼は決して信頼されず、使い捨てられる運命としか思えないので、彼も結構好きな私としては、仰る可能性を支持したい気持ちが強いですね。

(続きます)
36. Posted by なっきー   2008年09月15日 07:09
>メカ
>〜防御力や火力の高いコンクエスターならともかくとして、
>高機動のランスロットをC.Cは乗りこなせるんでしょうか…?
 あるいは戦闘というより、速度を活かして本丸(ダモクレス)に突っ込むつもりなのかも…?

>ルルーシュが珍しく前線に出ないので蜃気楼も事実上余って
>しまっていますし、戦力的にはかなり劣勢ですよね。
 アーニャが加わるのなら、もう少しマシなバランスだった気がします(汗)。

>ところで、戦場ではキングを最初に動かすんじゃ…
 フレイヤのせいで、美学どころではなくなったようです(笑)。
 特攻隊によってフレイヤを止める予定なら、ルルーシュの居場所からダモクレスまで一定以上の距離が必要になりますからね。

>〜はたまた遺跡関連で本物の神が来てしまうのか…
 それは考えてませんでした!
 …でも 『集団無意識』 という形での神が出ているだけに、あとは人の物語で終わるかな、という気はしています。

>ところでC.Cの名前って出ずに終わりそうではありますね。
 来週出ないようなら、最後まで出ない危険がありそうです(汗)。

>そのあたりを楽しみに、来週も感想期待しています。では。
 はい、ご期待に添えるよう頑張りますね!



(続きます)
37. Posted by なっきー   2008年09月15日 07:11
>たんたんさん

>ああ、味方が巻き添えで死ぬことが前提の作戦なんて、なんて、
>もったいない!!
 駒だと考えていても、これはかなり痛いですよね。

>”これからもっと多くの人が死ぬ”
>何百人、何千人が死のうと、誰が犠牲になろうと、ルルーシュ
>達の目的は変わらない。
 この対フレイヤの作戦だけでも大勢死ぬことが確定的なら、誰も犠牲にしないと言い出せば何も為せないことにはなりそうです。

>権威のもうひとつの意味。
 これは、辞書的な意味かもしれません。

http://www.excite.co.jp/dictionary/japanese/?search=%E6%A8%A9%E5%A8%81&match=beginswith&itemid=06333800

(1)他を支配し服従させる力。(以下略)
(2)ある方面でぬきんでてすぐれていると一般に認められていること。(以下略)

 ここでは2を標準とし、1を 『もうひとつの意味』 と表現したのだと思います。
 その意味で、↓

>確かにシャルル皇帝はその意味では適任だったね。
 仰る通りでしょう。

>人同士の不理解、世界の不幸が止められないのなら、天上唯一の
>恐怖となるという。
 この計画の(ある意味)興味深いのは、不理解も不幸も防ぐ気が全くなく、ただ単に平和という 『形』 を作ることのみに特化している点でしょう。

>さてさて、彼の被る仮面とは、どれを指してのことなんだろう
>ね。
 全部でしょう。
 仮面を使いこなすというのは、そういう意味だと思います。

>「お前たちは私の奴隷だ!」
>〜なるほど、兵士を”駒”として有効活用するためだね。
 人道云々を別にして、フレイヤ対策としては非常に合理的なのは間違いないと思います。

(続きます)
38. Posted by なっきー   2008年09月15日 07:13
>日本が再占領されては黒の騎士団も戦うしかない。超合集国に
>とっては主権の問題だからね。
 侵略軍と戦わないという選択をすれば、超合集国が空中分解しますからね。

>〜当たり前の話だが、”負けては意味がない”のだ。
>・・・と、星刻・藤堂あたりならそう考えるだろうね。
 うーん、私は、藤堂は星刻よりさらに綺麗事を好みそうにも思うんですよね。
 星刻は 『今はやむを得ない』 という感じでしょうけど、藤堂はそこまでシュナイゼルを危険とわかっていない気がしています。

>ルルーシュの非情さの見込みが甘かったかね。結局、使わずに
>は勝てなかった。
 綺麗事一切なしの戦法ですからね。

>〜コーネリアをいきなり撃ったのにはびっくりしたね。
 これは予想通りではありました。
 …というか私は、コーネリアがシュナイゼルを見限らない限りは時間の問題と思っていましたから…(汗)。

>彼女の技量なら一足でシュナイゼルに剣を突きたてられただろ
>うから、躊躇できなかったんだろうよ。
 殺すことだけが目的なら、(銃を持っていなくとも)嚮団で見せた投げナイフでも十分でしょうからね。
 剣を突き付けて黙らせ、傲慢を非難しようとした、といった辺りでしょうか。

>「悲しいねぇ」
>生きてりゃいいけどなぁ。
 うーん、シュナイゼルにとって、 『仮面の下の顔』 を見た相手は捨てるしかない、というのは確かな気がするんですよね。
 スザクやニーナみたいに役目を終えたからポイ、という場合はいいのですが、コーネリアの場合は…(汗)。
39. Posted by 小松   2008年09月15日 07:17
こんにちは
>ナナリー
幾らシュナイゼルに踊らされているとはいえ、扇並に頭が悪くて驚きました。ルル山の方にも言い分はあるというのに、それを無視して警告なしで爆弾を投げつける子だとは。

>シュナイゼル
「ルルーシュは、世界の全てに悪意を振りまく存在だ」っていっていましたが、そもそも「警告なし」で核弾頭をブチ込むシュナイゼルの方がよっぽど危険な存在ではないかと。

>ディートハルト、カノン
ディートハルトはルルーシュと内通しているのかと思いました。ルルーシュに見られたときの「分っていますよ」って表情からして。(例えばシュナイゼルの言動を全て録音して、事後に公開するとか)
と言うか「カオス」を求めるディートからすれば、「安定したシステム」を構築させたがるシュナイゼルはつまらない存在ですよね。

>黒の騎士団
……あまりの踊らされっぷり哀れです。シュナイゼルなら、「自分達もろとも」フレイヤで潰せるので、指揮権を渡すというのもどうかと。
「これが最後の戦争となる」と言うセリフからも、戦争屋である騎士団はあっさり潰されてしまいそうなんですよね。
40. Posted by なりとな   2008年09月15日 09:30
おはようございますなっきーさん
祝日万歳
今回は、ルルとスザクが予想の中の最上級の頑張りを見せてくれたのがうれしいです
とはいえ、予想を上回る頑張りではなかったのは少しだけ残念でしたが
今まで予想を上回ることのほうが多かったですから…
残念といえば、ナナリーが、フレイヤを消極的に良しとして、ギアスと嘘を一方的に悪としたのには、かなり失望しましたね…
フレイヤは殺して壊すことしか出来ず、嘘とギアスは使いようによっては思いやりのためにも使えるのに…
ただ、それ以上にコーネリア皇女殿下が撃たれてしまったのが…
好きだったのに
またKMFで戦場を駆けてくれると思っていたのに…
しかし、黒の騎士団は…本気でただの戦争屋で、アホに政治は勤まらん、というのを地で行ってるのが…
しんくーは中華での事件の際に、シュナイゼルと手を組むことの危険性を十分に把握していたようなのに…
あとは、玉城かっこいいけど余計なことすんな
41. Posted by yuo   2008年09月15日 12:41
なっきーさまこんにちは。

>シュナイゼルの虚無
「人がそれを望むならば」一番引っかかったのはこの台詞です。
シュナイゼル個人の望みが存在していない、完璧な能力を持ちながら凡人が分かりえる部分の欠けた彼を端的に表していると感じています。

>ナナリーの生存
ネットを通じてリアルタイムで先読みが出来る人たちが増えたからこそあえて誤報を流したのかなと。
どういった結末が彼女を待っているのか心配です。絶対フレイヤ発射スイッチは一つじゃないでしょうから。

>尺の関係
それだけぎりぎりまで詰め込んだんでしょう。スピード感については今までの超展開の連続のせいか自分にとってはそれほど違和感が少なかったですね。
今回のBGM部分についても扇さんの部分で手法かもしれないと思いましたし。

駄文、失礼しました。
42. Posted by ゆうこ   2008年09月15日 12:59
こんにちは、なっきーさん!

>ナナリー
>自らは手を汚さず、他人の行動だけを責める
ルルーシュ、動揺してる割にキッチリきつい事言うな・・・。
「世界の怖いことを恐れて」目を閉ざしたというのはパパのギアスだったわけですが、小説見ると割りと暗殺事件以前からそういう性格で・・・第一シャルルのギアスでは性格は変えられないわけで・・・。
しかし、「じゃあわたくしも罪くらいは」と罪を被っても、そこはただ利用されてるだけだし・・・。
00の「(そうやって平和的なつもりで交渉している間にも)人は死んでいく!」の台詞思い出しました・・・。
底辺で本当に苦しんでいる人は、今すぐにでも解決策がほしい。
カレンやカレンの母親もそう。レジスタンスやってたメンバーは、みんなそう思ってたはず。
43. Posted by ゆうこ   2008年09月15日 13:00
1期最後のあたりのインタでは、(ナナリーは気づいてなかっただろうけど)ルルーシュも1期1話の状態がそうだったと語られてました。
アッシュフォードの庇護に頼り続けられるのも、学生のうちが限界。
(第一、アッシュフォードがなぜルルーシュたちを保護したのか、厳密にはルルーシュにも知らされてないらしいし)
もちろん官僚にはなれないし、一般企業でも目立った事をすればすぐに本国に見つかってしまう。
ということでルルーシュの卒業後の進路は、すでにレジスタンス系の地下活動に限られていた・・・という内容のコメントでした。
あくまで平和的な手段で、と言うからには、今限界に来ている人にはあきらめてもらうしかないわけで、犠牲を出しながらの急進的改革より非道でないと言い切れるかというと・・・。
あと2話あるので、ナナリーには更なる進化を期待したいです。(続く)
44. Posted by ゆうこ   2008年09月15日 13:01
>コーネリア
>「…………兄上はそうやって人を操るのですか?」
「ユフィのときも・・・!」と一言、付け加えてほしかった。
このブログでは周知の事項ですけど。
利用されだすとすべてを使い尽くされてしまう白い魔物のお兄様。
ユフィの件はゼロにほぼすべての罪が掛かっていますが、特区が実現した場合、根本解決でない分断政策である以上、皇族の地位だけでないユフィの人間性のようなものも使い尽くされていったはずだと思います。
・・・まあ尺が足りないからこんなもんか。(続く)
45. Posted by ゆうこ   2008年09月15日 13:01
>ここからは超速。シーンとBGMがひたすら流れます。
スゴい速さで星刻、扇、藤堂、千葉が死亡フラグ立てた!
特に扇が絶望的(笑)。手が早すぎ!!!

>フレイヤを使わないのであれば、この場は全体の指揮権を、私に預けて欲しいが
シュナイゼル、スゴい脅迫。
全体の指揮権を渡さなければ、フレイヤで各国首脳もどーん。
戦場だから普通に流してるけど、星刻あたりはそろそろシュナイゼルが一番やばいことに気づいてほしい・・・!
46. Posted by まもん   2008年09月15日 13:20
え〜と尺が足りなかったんですね、わかります(ぉぃ)って感じが・・^^;
前半部分はそれぞれの決意や覚悟なんでしょうけど、それをBGMで高速に流されてるんで(しかも1ヶ月間の葛藤も飛ばしたし)ルルーシュ側以外に感情移入しづらいんですよね・・・・せめて後2話くらい足してほしいなぁ〜・・
まぁ前半は超高速でしたけど後半の戦略戦とかルルーシュが結局すべてを敵に回した構図とかは見てて感心しました!!
最初からこう持っていくつもりだったんだなぁ〜と思いつつやっぱ尺たらねぇと思ったりww
戦略戦はこれぞコードギアスでしたね!
各機体が全く目立ってないところがすごくツボにはまって興奮しました!!


>コーネリア
あぁ〜あ・・・・死んじゃったのかぁ
ノネットまだ出てないんで、家政婦は見た的な感じでwちらっと見ててシュナイゼルが去った後にブリタニアの超科学でwサイボークコーネリアとしてルルーシュ側の味方として復活!!・・・・・100%ねぇなww
近くにいるコーネリアが気づかないで、遠くにいるルルーシュが気づいてたって言うのもつくづくシュナイゼルと噛み合ってなかったんだなぁ・・・・
というかノネットいつでんのww?

>たまき!
か・・・・かっけぇ〜・・・
でも駄目なんだよ!!自分としてはたまき!が死ぬときは活躍したときだと思ってたんで死ぬとしか思えねぇ(汗)

>シュナイゼル
まさに完全体ゼロ・・・ルルーシュが1、2期通して修羅になる!!って言った存在そのものだと思います(個人的に)。
というよりルルーシュとかなり波長が合ってますね・・・・
本当にタグにあるとおり新世界の神ですねww
力とシステムだと言った時10話でゼロが天子に「システムにも寿命がある」的なこと言ってたのを思い出しました
まさか本当に恐怖政治による恒久的な平和を目指してたなんて・・・無理としか思えないんですけど・・・

続きます
47. Posted by まもん   2008年09月15日 13:40
>ルルーシュ
よく頑張った!!さすがにナナリー相手だと厳しいと思ってたんで・・・成長しましたね!!
まぁダメージ大きかったけどスザクとC.C.が外から内からなぐさめる?というか叱咤激励みたいな感じも良かったです!
決戦前の演説もさすがルルーシュ!!って感じで興奮しました、シュナイゼルの演説?とは対極でしたね
でも本当にそっくりですよね〜シュナイゼルと・・・結局この二人の戦いだったんだぁ〜
戦略戦の陣形の仕掛けあいも自分の好みにばっちりはまりました!!
普通はこう着状態になりそうなんですけど、ルルーシュ側が少ないんで、またルルーシュ攻めるしかないのか〜(笑)って感じに見てました、ルルーシュが数的有利に戦ったことって一回も無いですよね(笑)だから最後まで奇策使うしかないのか〜と笑いながら見てましたw

>スザク
今週はあまり目立たなかったですね(先頭面で)まぁあの戦略戦で目立たれても困りますけどw
まぁ来週は兵の数も減ってるんで活躍するでしょうね
予想通りアルビオンVS紅蓮、トリスタンになりそうですかね?
まぁ楽しみに待ってます!!

続きます
48. Posted by まもん   2008年09月15日 13:51
>ニーナ
まさかここまでキーキャラ化するとは・・・・今までは非業の死を遂げるかなぁ?とか思ってたんですけど・・・
しつこいけど、だからこそ1ヶ月の葛藤を見せてほしかった!!
1ヶ月を見せろー!!
あとニーナが食べたサンドイッチはブルーベリージャムでしたよ、それを食べてニーナが顔をしかめて、セシルが笑いながら説明して、それをおいおい勘弁してくれよ的な顔でみるロイドwですw
しかも皿の上のサンドイッチはセシルだけ全部食べてるという細かさww

>星刻
「フレイヤを使ったダモクレスは認める気はないが、この場は世界がまとまることを優先したい。」
この言葉に凄く引っかかりました・・・
認めるつもりは無いのに手を組むの?
意味がわからん・・・愛しさあまってにくさ100倍みたいな感じで信用してた分裏切られたのが付会だったみたいな?感じが黒の騎士団から感じました
星刻はある程度わかっていそうですけど寿命的には(汗)とりあえず世界をまとめなければ!って思ってるでしょうし
傍観すればモルドレッドしかないシュナイゼルはフレイヤ連発するでしょうしね・・・そうしたら天子様が!!って事でしょうかね?
まぁ星刻一人じゃ無理だろ(汗)って事でしょうね・・・・結局黒の騎士団はゼロが抜けたらグダグダだったってことでしょうね。

続きます
49. Posted by まもん   2008年09月15日 14:07
>扇w
たまきからwが移りましたww
(ゼロ……、みんなの力を合わせれば、君を倒せる!)の言葉の後にルルーシュの奇策で愕然とした表情の所で大爆笑wwさすがコードギアスww調子に乗るとしっぺ返しがくるw
まぁそういう事ならシュナイゼルにもくるんでしょうね・・・・

>藤堂
「哀れだな……、ギアスによって操られている兵士とは。
 故に!」
まぁ視聴者から見ればシュナイゼルのギアスに掛かってるみたいなもんの黒の騎士団も哀れだけどね^^
絶対この戦いが終わったら切り捨てられるだろうし

>カレン
「ルルーシュを倒せば……、全て終われるッ!」
カレンの場合は戦争とか善とか悪とかじゃなく自分の中のもやもやが終わるってことだと思います
まぁもしここでルルーシュを殺せたとしても終わらないと思いますけどね
空回りすぎだよ・・・・

>黒の騎士団
まぁシュナイゼルに良いように使われてますけどさすがに百戦錬磨ですね
シュナイゼル+黒の騎士団とルルーシュの兵は拮抗してたんでしょうけど黒の騎士団の経験で押し出したってところでしょうね・・・・
まぁこれもルルーシュのギアスの報いなんでしょうかね・・・・悲しいなぁ(ルルーシュも覚悟の上だと思うけど)
1ヶ月はしょったせいで黒の騎士団面々にはため息しか出ない・・・・もっとやれると思ったんだけどなぁ・・

続きます
50. Posted by まもん   2008年09月15日 14:22
>C.C.
どうみても奥さんです^^
このまま結婚式上げちゃえよww
来週まさかのピンクランスロットで出撃には吹きましたw(ランスロットですよね?)
出撃するかなぁ?とはおもったんですけどピンクランスロットとはww(ランスロットですよね?(コンクエスターの方だけど)

>富士山
改造されたり武器として利用されたりwドンマイ!!ww

ナナリーの事はあえて書きません、もう尺が足りなかったんだなぁ〜と思ってます(何かフォローがあるかもしれないけど)
まぁそれ以上に今週の戦略戦と黒の騎士団が敵になるという展開は最高でした!!
仮面を被り続けた男(シュナイゼル)と仮面を脱ぎ捨てた男(ルルーシュ)の対決に目が離せません!!
来週も楽しみにしてます!!(もちろん感想記事も!!!)
51. Posted by なっきー   2008年09月15日 18:40
4  小松さん、なりとなさん、yuoさん、ゆうこさん、まもんさん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。



>小松さん

>ナナリー
>幾らシュナイゼルに踊らされているとはいえ、扇並に頭が悪く
>て驚きました。
 もし仮にシュナイゼルに意図的な情報の偏向が無くとも、それでも双方の言い分を聞くまでは結論は出せないですよね。
 特に、それを理由に大量殺人(ここ重要)を行おうというのに、なぜ話す前から敵対を決めていたのやら…。

>シュナイゼル
>〜そもそも「警告なし」で核弾頭をブチ込むシュナイゼルの方
>がよっぽど危険な存在ではないかと。
 仮にそれが善意だったとしても、害悪という点では最上級ですよね。

>ディートハルトはルルーシュと内通しているのかと思いまし
>た。ルルーシュに見られたときの「分っていますよ」って表情
>からして。
 そんな風にも見える顔ですよね。
 それに私も、↓

>と言うか「カオス」を求めるディートからすれば、「安定した
>システム」を構築させたがるシュナイゼルはつまらない存在
 そう感じるのではないかと思っています。
 そもそもゼロは困難な道をカオスで切り開こうとしていましたが、シュナイゼルは(彼にとっては)楽な道を安直な方法で進んでいるに過ぎません。

>黒の騎士団
>〜シュナイゼルなら、「自分達もろとも」フレイヤで潰せる
>ので、指揮権を渡すというのもどうかと。
 主力をまとめてドン、ってやつですよね(汗)。

(続きます)
52. Posted by なっきー   2008年09月15日 18:42
>「これが最後の戦争となる」と言うセリフからも、戦争屋で
>ある騎士団はあっさり潰されてしまいそうなんですよね。
 間違いなく、ルルーシュ殺害後の最優先攻撃目標でしょうしね(汗)。
 シュナイゼルが善人でないとわかっている以上は、むしろダモクレスが味方の背後にいることを危険視すべきだと思うのですが…。



(続きます)
53. Posted by なっきー   2008年09月15日 18:44
>なりとなさん

>祝日万歳
 私は急用が入って出掛けてました。

>今回は、ルルとスザクが予想の中の最上級の頑張りを見せてく
>れたのがうれしいです
>とはいえ、予想を上回る頑張りではなかったのは少しだけ残念
 なるほど、確かに予想外というほどではなかったですね。

>残念といえば、ナナリーが、フレイヤを消極的に良しとして、
>ギアスと嘘を一方的に悪としたのには、かなり失望しましたね
 多くの人物が精神的に成長を見せていく中で、退化しているようにしか見えない人たちは、物凄く劣って見えてしまいます。
 チグサが引き金となって反転した扇はまだしも、ナナリーは総督就任後、成長しているように見えただけに…。

>〜嘘とギアスは使いようによっては思いやりのためにも使える
>のに…
 何よりルルーシュと10年以上も一緒に成長していたのに、1年しか一緒にいなかったロロより理解度が低いというのが、残念というより不可思議という感じです。

>それ以上にコーネリア皇女殿下が撃たれてしまったのが…
 シュナイゼルの正義にはコーネリア自身も何回も疑念を持っていただけに、それを今の今まで晴らそうとしなかったのが残念でならないです。

>またKMFで戦場を駆けてくれると思っていたのに…
 左腕も治っていましたしね…。

>黒の騎士団は…本気でただの戦争屋で、アホに政治は勤まら
>ん、というのを地で行ってるのが…
 激しく同意します。
 それならそれで、忠実であれば良かったんですけどね…、リーダーより敵を信じる時点で、軍人としても落第気味です。

(続きます)
54. Posted by なっきー   2008年09月15日 18:47
>しんくーは中華での事件の際に、シュナイゼルと手を組むこと
>の危険性を十分に把握していたようなのに…
 ルルーシュの方が危険と見たのでしょうけど、それでも敵の敵は味方 『に非ず』 というのはわかって欲しかった気がします。
 さらに言えば、絶対にフレイヤを使わせるつもりがないのならシュナイゼルの戦力はナイトメア1機、実は組む価値もないと思うのです。

>あとは、玉城かっこいいけど余計なことすんな
 能力的にも、こんな活躍をしていたらすぐに死にそうで心配です。
 扇はともかく(ぉぃ)、ラクシャータたちを守ったのは立派でしたが…。



(続きます)
55. Posted by なっきー   2008年09月15日 18:49
>yuoさん

>シュナイゼルの虚無
>「人がそれを望むならば」一番引っかかったのはこの台詞です。
>シュナイゼル個人の望みが存在していない、完璧な能力を持ち
>ながら凡人が分かりえる部分の欠けた彼を端的に表している
 なるほど…、仰る通りかもしれません。
 と言うか彼、仮面云々言ってますが、人として当たり前の我欲が見えず、空っぽの人間にも思えるんですよね。

>ナナリーの生存
>ネットを通じてリアルタイムで先読みが出来る人たちが増えた
>からこそあえて誤報を流したのかなと。
 恐らくその通りでしょうね。
 ただどうせなら、 『真実のカケラで相手をミスリードする』 シュナイゼルのやり方でやって欲しかったです。

>どういった結末が彼女を待っているのか心配です。絶対フレイ
>ヤ発射スイッチは一つじゃないでしょうから。
 シュナイゼルの誘導にあっさり引っかかるお馬鹿なお飾りでいる限りは、神棚に据え置かれると思います。
 ですが、疑問を抱けばたちまち殺されるとしか…(汗)。

>尺の関係
>それだけぎりぎりまで詰め込んだんでしょう。
>〜扇さんの部分で手法かもしれないと思いましたし。
 そこみたいに、別にあれでもOKな部分もある一方で、説明がないと意味不明なシーンも見受けられた気がします。
 そうなると、その意味不明シーン分の尺が不足していたのかな、とどうしても思ってしまうわけで…。



(続きます)
56. Posted by なっきー   2008年09月15日 18:52
>ゆうこさん

>ナナリー
>自らは手を汚さず、他人の行動だけを責める
>ルルーシュ、動揺してる割にキッチリきつい事言うな・・・。
 あるいはこのために、発射スイッチを持とうと考えたのかもしれません(汗)。

>〜小説見ると割りと暗殺事件以前からそういう性格で・・・
 そうでしたか(汗)。

>第一シャルルのギアスでは性格は変えられないわけで・・・。
 ですが目と足を失ったことは、人格形成に必ず影響していると思います。
 それを思えば、間接的に性格を変えたとも言える気がします。

>00の「(そうやって平和的なつもりで交渉している間にも)人は
>死んでいく!」の台詞思い出しました・・・。
 一方で、じゃあ悪人を倒せばいいのかと言えば、(記事でも書きましたが)私はそれにかなり否定的です。
 罪人を罰することと世の中を変えることはあくまで別であって、混同すると善人顔の犯罪者と化してしまうのではないかと…。↓

>底辺で本当に苦しんでいる人は、今すぐにでも解決策がほしい。
 その通りなのですが、現実には構造を変えるには時間が掛かります。
 短縮しようと思うとそれこそ 『破壊と創造』 しかなくなってしまうわけで、その過程で多くの新たな不幸を生むことになります。

 …難しいですよね、こういうの。

>レジスタンスやってたメンバーは、みんなそう思ってたはず。
 反乱なんていうのはモロにその破壊と創造路線なわけで、 『新たな不幸が生まれていないはずがない』 のに、扇たちはそれを全くわかっていなかった、とも言えそうです。

(続きます)
57. Posted by なっきー   2008年09月15日 18:56
>(第一、アッシュフォードがなぜルルーシュたちを保護したの
>か、厳密にはルルーシュにも知らされてないらしいし)
 あれ? そうだったんですか。
 確か、マリアンヌがテストパイロットをしたことからここにパイプができていて、だから保護された…んですよね。

>あくまで平和的な手段で、と言うからには、今限界に来ている
>人にはあきらめてもらうしかないわけで、犠牲を出しながら
>の急進的改革より非道でないと言い切れるかというと・・・。
 第1期でよく出た 『過程と結果』 の話でもありますよね。
 今現在の救済という結果を求める以上は過程を犠牲にせざるを得ず、過程を重んじるのならすぐに救済が必要な人を見捨てなければなりません。

>コーネリア
>「…………兄上はそうやって人を操るのですか?」
>「ユフィのときも・・・!」と一言、付け加えてほしかった。
 あの時だって、許可を出した(とユフィが錯覚した)シュナイゼルからコーネリアに一言もなかったことに疑問を感じているんですよね。
 何回も何回もチャンスがあったのに、今回の大量殺人容疑まではただの1回も兄を質そうとしなかった、それがコーネリアの限界だったのかもしれません(汗)。

>〜特区が実現した場合、根本解決でない分断政策である以上、
>皇族の地位だけでないユフィの人間性のようなものも使い尽くさ
>れていったはずだと思います。
 その通りだと思います。

>>ここからは超速。〜
>スゴい速さで星刻、扇、藤堂、千葉が死亡フラグ立てた!
 台詞がなかったからギリセーフかな、と思った私(笑)。
 ただ、↓

>特に扇が絶望的(笑)。手が早すぎ!!!
 この時点で既にそれなりの期間が経っているわけで…(笑)。
 そこまで早いとは…!

(続きます)
58. Posted by なっきー   2008年09月15日 18:58
>フレイヤを使わないのであれば、この場は全体の指揮権を、私
>に預けて欲しいが
>シュナイゼル、スゴい脅迫。
 預けたら預けたで、絞りかすまで絞られるのは目に見えています。↓

>〜星刻あたりはそろそろシュナイゼルが一番やばいことに気
>づいてほしい・・・!
 まだ 『ルルーシュの方が危険』 と思っているのは確定的ですからね。
 そもそも 『どちらが』 とかじゃなくて、危険な相手と手を組むこと自体がダメなのだとわかって欲しい気がします。

 敵の敵は、敵の敵。
 味方じゃないわけで…。



(続きます)
59. Posted by なっきー   2008年09月15日 19:01
>まもんさん

>え〜と尺が足りなかったんですね、わかります(ぉぃ)って感じ
>が・・^^;
 激しく同感でした。

>〜それをBGMで高速に流されてるんで〜ルルーシュ側以外に感
>情移入しづらいんですよね・・・・
 その上で立場を変えるとなると、今回のナナリーみたいに理解に苦しむ 『軽さ』 に見えてしまうことになるのでしょうね。

>せめて後2話くらい足してほしいなぁ〜・・
 私も、それくらいでちょうど収まりそうに感じてます。

>〜戦略戦はこれぞコードギアスでしたね!
>各機体が全く目立ってないところがすごくツボにはまって興奮
>しました!!
 ただ、射撃シーン以外で高低差がわかりづらいのが残念でした。

>〜シュナイゼルが去った後にブリタニアの超科学でwサイボーク
>コーネリアとしてルルーシュ側の味方として復活!!・・・・・
>100%ねぇなww
 それはそれで見てみたい気もします(笑)。

>近くにいるコーネリアが気づかないで、〜
>言うのもつくづくシュナイゼルと噛み合ってなかったんだなぁ
 恐らくは、元々相当にこの兄を尊敬していて、疑うことを自分に禁じている面があったのだと思います。
 だから、何回も何回も疑念を抱きながら、それが無かったかのように信用し続けたのではないかと…。
 
>というかノネットいつでんのww?
 今回出なかったことで、シュナイゼル組にいない可能性も出てきた気がします。

>〜でも駄目なんだよ!!自分としてはたまき!が死ぬときは活
>躍したときだと思ってたんで死ぬとしか思えねぇ(汗)
 蝋燭は燃え尽きる寸前に一際あk(ry

(続きます)
60. Posted by なっきー   2008年09月15日 19:04

 …どう見ても玉城のスペックを越えてそうですからね(汗)。
 活躍しなくてもいいから、生き延びて欲しいなあと思います。

>シュナイゼル
>まさに完全体ゼロ・・・ルルーシュが1、2期通して修羅に
>なる!!って言った存在そのものだと思います
 そうかもしれません。と言うか、ルルーシュのその言葉自体、忘れかけてました。(マテ
 ルルーシュだと 『無理無理!』 としか思えないですからね。だから甘さを残してやるしかなかったわけで…。

>本当にタグにあるとおり新世界の神ですねww
 我欲とかの私心でやろうとしているわけじゃないのが、ある意味で 『神』 (祟り神)的ですよね。

>〜ゼロが天子に「システムにも寿命がある」的なこと言ってた
>〜まさか本当に恐怖政治による恒久的な平和を目指してたなん
>て・・・無理としか思えないんですけど・・・
 一時的には可能でしょうが、恒久的という時点で無理を感じますよね。

 そもそもシュナイゼルは、自分の死後はどうするつもりなのでしょう?
 既にコード所有者になっている、とかのオチでなければ、どこかで誰かがシステムを台無しにしてしまう気がします。

>ルルーシュ
>よく頑張った!!さすがにナナリー相手だと厳しいと思って
>たんで・・・成長しましたね!!
 あの場面で、ちゃんと思考してしゃべれただけでも以前とは段違いですよね。

>〜スザクとC.C.が外から内からなぐさめる?〜
 これ、両方揃っているからこそ効果大な気がします。

>決戦前の演説もさすがルルーシュ!!って感じで興奮しました、
>シュナイゼルの演説?とは対極でしたね
 全くですよね。

>戦略戦の陣形の仕掛けあいも自分の好みにばっちりはまりま
>した!!
 ここは力押しじゃつまらないですしね。

(続きます)
61. Posted by なっきー   2008年09月15日 19:07
>〜ルルーシュが数的有利に戦ったことって一回も無いですよね
 そういう状況に向いた策士ではあるのですが、大国の皇帝になってもやっぱり状況不利、というのが何だか彼らしくて(?)面白いです。

>スザク
>今週はあまり目立たなかったですね
 予告ではああ言ってますけど、だからこそ来週に見せ場が来るかもと思ってます。
 …と書いてたら、これは同意見みたいですね。

>予想通りアルビオンVS紅蓮、トリスタンになりそうですかね?
 その通りでしょうね。
 縁云々を除けても、彼らでなければ対抗できない気がします。

>ニーナ
>まさかここまでキーキャラ化するとは・・・・今までは非
>業の死を遂げるかなぁ?とか思ってたんですけど・・・
 前半も後半も同感です。
 最初の 『世界の狭さ』 を思えば、実は一番成長した人物の1人かもしれません。

>〜だからこそ1ヶ月の葛藤を見せてほしかった!!
 想像してください、で済ませられないくらいにそれぞれ変化が起きてますしね。

>ニーナが食べたサンドイッチはブルーベリージャムでしたよ、
>それを食べてニーナが顔をしかめて、〜
 セシル無敵伝説の再来ですね。
 …ブリッジでオペレーターをやってたりするということは、そのうちルルーシュも餌食になるんじゃ…(笑)。

>しかも皿の上のサンドイッチはセシルだけ全部食べてるという
>細かさww
 よくいるそこらの 『味見しない料理下手』 キャラとは格が違うということで(笑)。
 本人的には最高の出来、自慢の腕前なのでしょう。

(続きます)
62. Posted by なっきー   2008年09月15日 19:12
>星刻
>「フレイヤを使ったダモクレスは認める気はないが、この場は
>世界がまとまることを優先したい。」
>この言葉に凄く引っかかりました・・・
 すっごくわかります。
 そもそも 『まとまってない』 と思うんですよね。黒の騎士団側が思ったとしても、シュナイゼルは心中ほくそ笑んでいるだけです。

>星刻はある程度わかっていそうですけど寿命的には(汗)とり
>あえず世界をまとめなければ!って思ってるでしょうし
 自分が動けるうちに成果を挙げなければならないと、相当な焦りがあるのだと思います。

>傍観すればモルドレッドしかないシュナイゼルはフレイヤ連発
>するでしょうしね・・・
 つまりは所詮シュナイゼルは敵でしかないということで、手を組むとか、あまつさえ指揮権を渡すとか、危険すぎる判断だと思います。

>まぁ星刻一人じゃ無理だろ(汗)って事でしょうね・・・・
>結局黒の騎士団はゼロが抜けたらグダグダだったってこと
 せめて 『自分が倒れたらあなたが指揮を執って欲しい』 と言えるような人材がいれば良かったのでしょうが…、揃いも揃って指揮官の器でないと来ると…。

>扇w
>たまきからwが移りましたww
 お茶吹いたw

>(ゼロ……、みんなの力を合わせれば、君を倒せる!)の言葉
>の後にルルーシュの奇策で愕然とした表情の所で大爆笑ww
 ブーメラン早ッ!! …という感じでした(笑)。

>そういう事ならシュナイゼルにもくるんでしょうね・・・・
 自覚していないだけで、ここのところ細かいミスを重ねている気がします。
 どこかに火が点けば、一斉に炎上するかもしれません。

(続きます)
63. Posted by なっきー   2008年09月15日 19:15
>藤堂
>「哀れだな……、ギアスによって操られている兵士とは。〜」
>〜シュナイゼルのギアスに掛かってるみたいなもんの黒の騎士
>団も哀れだけどね^^
 強制じゃない分、より哀れ…を通り越して滑稽ですらある感じですからね。

>カレン
>「ルルーシュを倒せば……、全て終われるッ!」
>カレンの場合は戦争とか善とか悪とかじゃなく自分の中のもや
>もやが終わるってことだと思います
 そうかもしれませんね。
 真っ直ぐすぎて、迷いがあると停滞してしまうタイプのようですし。

>もしここでルルーシュを殺せたとしても終わらない
 そうなると今度は後悔の時間です。
 シュナイゼルが本性を現し、星刻が倒れ、跡継ぎは(誰がなっても)無能で、ルルーシュがなぜシュナイゼルと敵対していたかをようやく理解するわけで…。

>黒の騎士団
>〜シュナイゼル+黒の騎士団とルルーシュの兵は拮抗してた
>んでしょうけど黒の騎士団の経験で押し出したってところ〜
 精鋭の数にも差がありますし、やはりルルーシュの戦術頼りだったのは確かだと思います。

>C.C.
>どうみても奥さんです^^
>このまま結婚式上げちゃえよww
 私も祝福に駆け付けたいと思います(笑)。

>来週まさかのピンクランスロットで出撃には吹きましたw
>(ランスロットですよね?)
 ランスロットだと思います。
 これに乗るのが、C.C.にできる最善の努力なのでしょうね。

>富士山
>改造されたり武器として利用されたりwドンマイ!!ww
 次は空でも飛んでみますか。(マテ

(続きます)
64. Posted by なっきー   2008年09月15日 19:18
>ナナリーの事はあえて書きません、もう尺が足りなかったんだ
>なぁ〜と思ってます
 それが一番正確かもしれないですね。
 きっと、内面描写が直接にも間接にも足りなさすぎるから唐突で不自然に見える、という構造なのでしょう。

>仮面を被り続けた男(シュナイゼル)と仮面を脱ぎ捨てた男
>(ルルーシュ)の対決に目が離せません!!
 ルルーシュは仮面を捨てさせられた男、でもありますね。
 だから 『使いこなしていない』 と言われるのかも。

>来週も楽しみにしてます!!(もちろん感想記事も!!!)
 はい、私なりに頑張ります!
65. Posted by シャリシャリ   2008年09月15日 21:01
お久しぶりです、なっきーさん。今回はなっきーさんの記事を読んで各キャラを考察してみたので、書き込ませて頂きます。楽しかったです(笑)

>ルルーシュ
まず、よく頑張った!あれだけ大好きだったナナリーに対して冷たい仮面を被っての対応。今までの彼からは想像出来ませんが…やはり、両親との一件が今の彼の根幹になっているのでしょうね。以前までは生きる理由を他人に求めていた彼がそれら全て(ナナリー、母の復讐)を失った時、初めて自分を知った。そして祈った願い。それが今のルルーシュの礎。たとえ最愛の妹を敵に回そうと、揺るぐことはない…といったところでしょうか?はい、凄く好きです(笑)個人的には根本がしっかりしているキャラが好きなので今のルルーシュはかなり好感が持てます。ただし、自己犠牲精神だけは誉められませんが…。欲張りを言いますと、ルルーシュにはナナリーをダモクレスへ救出に行って欲しいです。「敵には回すが、それでも守る」と。なんだか来週はシュナイゼルがダモクレスと共に退場しそうな気配なので(笑)。「ナナリーに幸せな世界を」は押し付けの善意ですが、「ナナリーを守る」は純粋な善意であり、ルルーシュが生きてこられた理由ですから。これも彼の根幹だと思ってます。そして、六話で電話口で伝えた「必ず迎えに行く!だからそれまで…!」を現実に!

>スザク
今回は彼の頑固さが良い形で現れてましたね!ナナリーを敵にしても動じず。味方にして側に置けば、これほど頼りになるんですね。今までは迷いながら暴走してましたから好感を持てませんでしたが、迷いの無い今の状態はかなり良い感じですよね。
66. Posted by シャリシャリ   2008年09月15日 21:04

>ナナリー
…彼女が唯一出来ると言った「信じること」を期待していた私にとっては今回の展開はかなりショッキングでした。ルルーシュがゼロであろうと、覇道を往こうと、シュナイゼルに騙されようと、それでも「優しい兄」を信じると思ってたのに…のに…orz 「お兄様の罪は私がうつ」って…償う方法は死、のみなのか?それはスザクの十八番台詞…(よいこはマネしちゃいけません)。六話でゼロを赦そうとしたナナリーは何処へ?人間が避難しているからといって帝都壊滅を許容するのか?フレイヤで死ぬのはお兄様だけじゃないんだぞ…?突っ込み所多数の今回の彼女ですが、私は彼女の言った「やり直せるはずです、人は…!」を、信じたいと思います。で、来週は自らの過ちに気付いたナナリーが死のうとするも、ルルーシュが助けに(迎えに)来るという展開を希望!

>ディートハルト
内通者説に一票投じさせて頂きます。最初見た時は分からなかったんですが、二回目見るとルルーシュとのアイコンタクトが意味深に見えてきまして。で、考えたのが咲世子の存在。咲世子にとってはナナリーも守るべき存在のはずですよね?その彼女がナナリーをほっぽりだして逃げてきたのには違和感を覚えます。となると考えられる可能性としては…ディートハルトに命じられて何らかの情報をルルーシュに取り次ぎに来た。咲世子はルルーシュに仕えていますがディートハルトの部下でもありますし。…そう考えて今回のディートハルトの台詞を聞いてみたら、何故か笑いが込み上げてきました。実に胡散臭いこと(笑)


死亡フラグ!?こういう時死ぬのは女、というのがギアスクオリティ。なっきーさんの仰るように、蓬莱島にフレイヤが撃たれるかもしれませんね;

67. Posted by シャリシャリ   2008年09月15日 21:07
(続きです)
>ニーナ
ルルーシュの心配は杞憂でしょうね。彼女は自分の罪に苦しんでましたから。私もなっきーさんと同意見で、怨みと贖罪は別、と考えていると思います。もしくは贖罪が怨みを上回った…とも(過去を水に流す)。ニーナにも救いの手を!と考えていた私にとって、願ってもない展開で嬉しいです^^

>シュナイゼル
“新世界の神”盛大に吹かせてもらいましたwつまり、シャルル達がやろうとしていたのは“神を殺す→気付いたら(?)人々は一つに→争いが無くなったヨ!”だが、シュナイゼルは“フレイヤによる人類脅迫「戦争すんじゃねえ」→人々ビクビク→争いが無くなったヨ(黒笑)!”ですよ…ね?こう考えると、シャルル達の方がマシに思えてくるから不思議です(頭がおめでたい事になってそうですが)。でもやっぱりシャルル達には賛同しかねますし、となるとルルーシュとスザクの野望『ゼロレクイエム』の全容が気になりますね。最も無難な形で世界が平和(もしくは安定)へ向かってくれそうな気がします。シャルルとシュナイゼルを全力で否定している所を見るに。でも、自己犠牲型でなければ良いのですが…。
68. Posted by シャリシャリ   2008年09月15日 21:09
(続きです)

藤堂とカレンに関してはなっきーさんと全くの同意見です。ちょっと、考えが足りないですよね。でもカレンはもう一つ見せ場があるような気がするので、そこに期待します!コーネリアは…心配して見てましたが、ついに死んじゃいました(泣)ユフィと同じ23話で死ねたので、それがせめてもの供養かと(ォィ ところで今回は1期23話と重なる部分が割とありましたね。コーネリア、innocent daysがかかるタイミング、C.C.がルルーシュを支えるシーン。脚本は端折り過ぎですが(笑)演出はしっかりしてるので見応えはありますね。そして玉城!!最早哀れな黒の騎士団内に於いて唯一の癒しであり、ついには見せ場も出来た彼!もう彼が何をしようと許そうとする覚悟は出来ました(笑)。玉城、サイコー!


なっきーさんの記事は一週間の楽しみでもあったりします(コメント含め)。とてもよく考察なさっているので作成が大変だと思いますが、頑張って下さいね!
69. Posted by シャリシャリ   2008年09月15日 21:12
すみません、コメントが重複してしまいました。消して頂けると幸いです;
お手数おかけします…;
70. Posted by ゆとり   2008年09月15日 22:24

こんばんわ。


>ナナリー
フレイヤを撃つまではシュナイゼル騙しを信じていたのですが…残念でした。個人的にはカレンと再会して
「お兄様は嘘つきなんです。だから救って下さい」とか言ってくれるのをきたいしていたのですが…難しいですね。しかも、気付くタイミング次第では即死でしょうし。好きなキャラだけにかなしいです。

>コーネリア
正直、二人きりになった時点であ、死んだな(泣)っと思いました。あまりにも、この姉妹は悲し過ぎます。

>シュナイゼル
腹黒好きな私でも、彼は無理です。なんだか、人間味がないんですよねぇ…。
もしかしたら、もともと人間的になにかが欠落していたのかもしれません。


(続きます)
71. Posted by ゆとり   2008年09月15日 22:32
>アーニャ
ひとつ、思ったことが。
彼女にキャンセラーをかけたところで、解けるのはシャルルのギアスだけなのでしょうか。もしや、マリアンヌが表層にでてきていたときの記憶もえるならば、一気に情報通ですね。

>かぐや達。
多分、今一番安全なのはルルーシュ母艦だと思います。いろんな意味で。助かってほしいですし、ルルーシュを知ろうとしてほしいです。

>カレン
来週、これが本当のラストチャンス。でも、ルルーシュと解りあえたあと、特攻とかはやめてくださいね(汗

(続きます)
72. Posted by ゆとり   2008年09月15日 22:40

いよいよ尺もたりなくなってきたわけですが、(雑誌に載っていた最終回のタイトルが若干不吉)おわりよければなんとやら。なるべく納得のいく形で終わってくれれば、とおもいます。


コードギアスがおわれば次は00。楽しみは尽きないわけですが、個人的にCMで情報を出しすぎな気がしています。


なんにせよ、頑張れサンライズ!です。
73. Posted by Avz   2008年09月15日 22:46

今晩もお邪魔します。
しかし、脱出艇のカラクリは
あっさり一言で片付くとは。
オレンジの真実(でまかせ)
と同じくらいのあつかいですね。

>ナナリーの嘘発見機能
ナナリーは
おそらく相手の脈拍、呼吸、発汗の度合いから
ウソを見破っていると思うのですが、この方法だと
ウソをつくことに良心の呵責を感じない人間
相手では見破りにくくなるんですよね。
(ウソ発見器にも同様の傾向があります)

>ナナリー生存、
しかし、ああやって公式と演出でウソをついてくれたおかげで、
「実はアノキャラは生存していたんだよ!」
と強弁できる予知が生まれたのでOKとしておきます。(笑)

>ざーんねーんでしたっ、妹さんだまされちゃったぁ…orz
あっさり、だまされてましたね。
多分このあたりの詳しい解説は、
「岩佐まもる先生の小説版にご期待ください」
という展開になりそうです。(汗)
最小限本編でやりましょうよ。

>CCのナナリー発見機能
マオのケースだとマオ本人を感知したとして、
ブラックリベリオンでは、VVの通信か、
VVの動きを監視していたシャルル→マリアンヌ→CC
で連絡があったと考えればいいのかもしれません。

(続きます)
74. Posted by Avz   2008年09月15日 22:49
>シュナイゼル
システムによる平和をうたってはいますが、
それで地上の人間がすべて滅びても、
「かなしいね」
と一言で済ませそうです。

でも、天才や聖人の立てたシステムなんて、
凡人のまぐれあたりか、
ただのバカの無謀な行動でたやすく
崩壊するんですが・・・。
(谷口監督の前作
ガンソードなんてまさにその典型でしたし)

>シュナイゼル・ルルーシュ
インタビューでの話ですが、ルルーシュが暗殺事件にあわず
ブリタニアで成長した場合の最終形の近いとのことです。


>コーネリア
あっさり撃たれましたが、死亡の可能性は低いかと。
マオにせよ、マリアンヌ様にせよ、乱射で倒れた
名前付きキャラクターは結構しぶといですし。

ルルーシュがギアスでマオをしとめそこなったことを考えると
同じ轍を踏みそうです。
(続きます)
75. Posted by Avz   2008年09月15日 22:50

>アーニャ
まさかなっきーさんのおっしゃった記憶への執着を
衝かれるとは。
どう見ても死亡フラグなのに。(涙)
個人的には25話で、アシュフォード高等科の制服を着た
、ナナリーアーニャが登場すると思ってたんですが・・・



>人間は駒じゃない
実際は、ギャンブルのチップ並に消費されていました。
シュナイゼルに対抗する以上、非道を通り越した、
(相手が情とか道理とか超越してるので)
作戦を行うしかないわけですが。
騎士団が部下だとルルには使えない策ですよね。

>尺がたりない・・・
尺が足りないというより、
ボス2体相手に6話しかないという
展開が間違っていると思うんですが。

14話で中ボスのVVと対決しているのに・・・
(1期だと、中ボスオレンジ、ラスボスコーネリア、隠しボスオレンジ
 強制敗北イベントスザク)

本当だったら、ボスのどちらかは死亡して、主人公は残り一人と
対決するところです。

今夜はこれまで
76. Posted by なっきー   2008年09月16日 00:14
4  シャリシャリさん、ゆとりさん、Avzさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>シャリシャリさん

 お久しぶりです♪

>〜各キャラを考察してみたので、書き込ませて頂きます。
>楽しかったです(笑)
 楽しいですよね。
 当たり外れ以前に、筋が通る答えを見つけるのが面白いです。

>ルルーシュ
>〜今までの彼からは想像出来ませんが…やはり、両親との一件
>が今の彼の根幹になっているのでしょうね。
 それはありそうに思います。
 マリアンヌに抱いていた幻想が木っ端微塵になったことで、そして復讐には実は意味がなかったのを知ったことで、他者に依存して立つことをやめていたのでしょうね。

>〜初めて自分を知った。そして祈った願い。それが今のルル
>ーシュの礎。
 そこから先は自分の内から出てきたもののはずで、↓

>たとえ最愛の妹を敵に回そうと、揺るぐことはない…といった
>ところでしょうか?はい、凄く好きです(笑)
 仰る通りでしょう。
 私もこういうのは大好きです!

 ナナリーも外から与えられた言葉で考えるのではなくて、自分の内にあるもので考えればこんなことにはならなかったのに、とも思います。

>ただし、自己犠牲精神だけは誉められませんが…。
 これも同感です。

>欲張りを言いますと、ルルーシュにはナナリーをダモクレスへ
>救出に行って欲しいです。「敵には回すが、それでも守る」と。
 格好いい! うわあ、それ見たいかもー。
 それにルルーシュの思惑はどうあれ、多分会って話せばナナリーの意識もかなり変わる(反転まで行くかはともかく)とも思いますし…。

(続きます)
77. Posted by なっきー   2008年09月16日 00:16
>なんだか来週はシュナイゼルがダモクレスと共に退場しそうな
>気配なので(笑)。
 流れが速いこの作品では、彼が最終話まで保つかどうかも怪しいですよね。

>「ナナリーに幸せな世界を」は押し付けの善意ですが、「ナナリ
>ーを守る」は純粋な善意であり、ルルーシュが生きてこられた
>理由ですから。
 仰る通りだと思います。

>〜六話で電話口で伝えた「必ず迎えに行く!だからそれま
>で…!」を現実に!
 そういった、自動で反故になったとも思える約束を果たすのは、グレてしまった子(違)の心を凄く癒しそうな気がします。

>スザク
>今回は彼の頑固さが良い形で現れてましたね!
 前はむしろ 『聞かない信じない』 という感じでしたけど、今は 『信念を曲げない』 というとてもいい状態だと思います。

>ナナリー
>…彼女が唯一出来ると言った「信じること」を期待していた私
>にとっては今回の展開はかなりショッキングでした。
 なぜシュナイゼルを信じてルルーシュを信じないのか、その理由が示されていないので、物凄く唐突感がありました(汗)。

>〜それでも「優しい兄」を信じると思ってたのに…のに…orz
 私は、最低でも 『結論を保留』 していると思っていたのですが…(汗)。

> 「お兄様の罪は私がうつ」って…償う方法は死、のみなのか?
 私個人の思想としては、死刑は 『どうあっても更生できないなら社会から消えてもらうしかない』 という形なんですよね。罰ではあっても、償いではないわけです。

 そして記事でも書きましたけど、悪(と見なした相手)をただ殺していくのが正義かと言えば、かなり微妙だとも思います。
 むしろ、それこそが諍いを生みだしているのではないかと…。

(続きます)
78. Posted by なっきー   2008年09月16日 00:19
>〜六話でゼロを赦そうとしたナナリーは何処へ?
 ですよね!
 どうしてこうまで反転しているのか、さっぱりわかりません。

 ミスリードされた扇や、疑念を持つ素地自体はあった藤堂よりももっと唐突に見えてしまいます。

>突っ込み所多数の今回の彼女ですが、私は彼女の言った「やり
>直せるはずです、人は…!」を、信じたいと思います。
 私もそういった基本思想は、そうそう変わることはないと思うのですよ。
 今、どうしてそれらを忘れ去っているのかはわかりませんが(汗)、早く思い出して欲しいものです。

>来週は自らの過ちに気付いたナナリーが死のうとするも、ルル
>ーシュが助けに(迎えに)来るという展開を希望!
 素晴らしいです! 私もそれは見たいかも…。
 あるいは、(ルルーシュ自らよりは素敵度は落ちますが)機動性に優れたランスロットを選択したC.C.が救出に向かうという可能性もあるかもしれません。

>ディートハルト
>内通者説に一票投じさせて頂きます。〜
>二回目見るとルルーシュとのアイコンタクトが意味深に〜
 実は私もです。
 『安定』 を目指すシュナイゼルはカオスの下僕的につまらない素材ではという思いも消えませんし、カノンにべったり(笑)というのも、参謀を自負する彼には面白くないはず…。

>〜咲世子にとってはナナリーも守るべき存在のはずですよね?
>〜ディートハルトに命じられて何らかの情報をルルーシュに
>取り次ぎに来た。
 おぉ…! それは考えていませんでした。
 でもありそうですよね。凄くありそうです!

>…そう考えて今回のディートハルトの台詞を聞いてみたら、
>何故か笑いが込み上げてきました。実に胡散臭いこと(笑)
 これはワクテカしながら裏切りシーンを待つべきなのかも!?

(続きます)
79. Posted by なっきー   2008年09月16日 00:23
>扇
>死亡フラグ!?こういう時死ぬのは女、というのがギアスクオ
>リティ。
 そこまでは考えてませんでした(汗)。
 …なるほど、そういう意味でも蓬莱島は危ういかもしれませんね…。

>ニーナ
>ルルーシュの心配は杞憂でしょうね。
 私もそう思います。
 怨みは残っているでしょうが、今ニーナを突き動かしているのは、そんなものとは違う次元の使命感のはず。

>もしくは贖罪が怨みを上回った…とも(過去を水に流す)。
 そうかもしれません。

>ニーナにも救いの手を!と考えていた私にとって、願ってもな
>い展開で嬉しいです^^
 これも悪を消す正義に疑問を感じるのと近くて、ダメな人たちが死んだりするのがいいことか、というと少しもそう思えないわけで…。
 自分の罪としっかり向き合って生きているニーナを見ていると、何だか泣きそうになります。

>シュナイゼル
>〜シュナイゼルは“フレイヤによる人類脅迫「戦争すんじゃね
>え」→人々ビクビク→争いが無くなったヨ(黒笑)!”
 はい、まさにそういう感じで(笑)。

>こう考えると、シャルル達の方がマシに思えてくるから不思議
 シャルルがルルーシュに 『わしを殺せばシュナイゼルの世界』 と警告したのも、当然といえば当然だったのかもしれません。

>〜ルルーシュとスザクの野望『ゼロレクイエム』の全容が気に
>なりますね。
 少なくとも私欲は絡まないし、ユフィの理想ともそう外れていない、これらは確定的ですよね。
 …でもゼロとナイトオブゼロへの葬送曲ということに思えるだけに、↓

(続きます)
80. Posted by なっきー   2008年09月16日 00:26
>でも、自己犠牲型でなければ良いのですが…。
 これも 『(偽)悪の消滅』 という要素を孕んでいそうで心配です。
 …でも、リヴァルとかは絶対に偽悪に騙されないでしょうし、そういう意味で、最後近くでまた超凡人の活躍が見られるのかもしれません。

>藤堂とカレン〜
>ちょっと、考えが足りないですよね。
 生真面目というか、結論を保留したままでは戦えない人なのがネックになっている感じです(汗)。

>でもカレンはもう一つ見せ場があるような気がするので、そこ
>に期待します!
 次回に、輻射波動をルルーシュに突き付けるみたいですしね。

>コーネリアは…心配して見てましたが、ついに死んじゃいま
>した(泣)
 もうちょっと早めに気付いていれば…。 (´・ω・`)

>〜今回は1期23話と重なる部分が割とありましたね。〜
 なるほど、これは仰る通りですね。

>〜C.C.がルルーシュを支えるシーン。
 これなんか、類似に気付いてませんでした。

>脚本は端折り過ぎですが(笑)演出はしっかりしてるので見応え
>はありますね。
 両方とも同感です。

>そして玉城!!最早哀れな黒の騎士団内に於いて唯一の癒しであ
>り、ついには見せ場も出来た彼!
 あとは死なないことを祈りたいです。

>なっきーさんの記事は一週間の楽しみでもあったりします(コ
>メント含め)。
 ありがとうございます! ヽ(⌒ヮ⌒)ノ
 私も皆さまからいただくコメントが楽しみで仕方ありませんし、私自身楽しんで書いている記事で、読んで楽しんでいただける方がいるのならとても幸せです!

(続きます)
81. Posted by なっきー   2008年09月16日 00:28
>とてもよく考察なさっているので作成が大変だと思いますが、
>頑張って下さいね!
 はい、私なりに頑張りますね!

>すみません、コメントが重複してしまいました。消して頂ける
>と幸いです;
 了解です。それと、お気になさらないでくださいまし。
 サーバーが調子悪いときとか、勝手に多重投稿されたり、投稿できているのかさっぱりわからない場合もありますし。



(続きます)
82. Posted by なっきー   2008年09月16日 00:31
>ゆとりさん

>ナナリー
>フレイヤを撃つまではシュナイゼル騙しを信じていたのですが
>…残念でした。
 全く同感です(汗)。
 ようやく兄と(通信で)再会しての初台詞が 「敵対」 だったので、そこまで決める材料があるものかと、それこそ嘘だと思っていたのですが…。

>個人的にはカレンと再会して
>「お兄様は嘘つきなんです。だから救って下さい」〜
 そういうのもちょっと厳しくなった気がしますね。

>〜しかも、気付くタイミング次第では即死でしょうし。
 最悪、車椅子に何か仕込まれている可能性もあります(汗)。

>好きなキャラだけにかなしいです。
 しかも最近精神的にどんどん成長していて、死んだと諦めかけたけど実は生きていた!…と思ったらこの変容ぶり…。
 (´・ω・`)

>コーネリア
正直、二人きりになった時点であ、死んだな(泣)っと思いまし
>た。あまりにも、この姉妹は悲し過ぎます。
 悪意がない人だから、隠された意図を読めないのでしょう。
 だから、魔物にはあっさりやられてしまうことに…。

>シュナイゼル
>〜なんだか、人間味がないんですよねぇ…。
 それこそが、彼の本質でしょうね。
 何か、仮面の下は空洞というか、それくらいに非人間的です。↓

>もしかしたら、もともと人間的になにかが欠落していたのかもしれません。
 ずっと以前、まだ魔物とわかる前に 『善人の思考をシミュレートしているかのような気持ち悪さがある』 とか書いたことがあるのですが、彼にはそもそも善意も悪意も存在しないのかもしれません。

(続きます)
83. Posted by なっきー   2008年09月16日 00:35
>アーニャ
>〜彼女にキャンセラーをかけたところで、〜
>もしや、マリアンヌが表層にでてきていたときの記憶もえるなら
>ば、一気に情報通ですね。
 無い…とは言えないですね!
 と言うか、ルルーシュは彼女がシャルルギアスの犠牲者だと知っているのですから、どうにか機会を見つけてキャンセラーを掛けてあげて欲しいです。

>かぐや達。
>多分、今一番安全なのはルルーシュ母艦だと思います。
 実は同感です。
 記事に書こうか迷ったのですが、うまく言葉にできなくてやめました。

 今この瞬間にフレイヤ対策が為されているのは、世界中でただアヴァロンのみですからね。
 シュナイゼルが実際にアヴァロンに向けてフレイヤを撃たせたことを思えば、 『各国代表が消え去るのは好都合』 と考えているのは明白です。

>助かってほしいですし、ルルーシュを知ろうとしてほしいです。
 知ろうとすれば、聡明な神楽耶のこと、いろんな疑問点がすぐに浮かんでくるのではと思います。
 そうなれば今までのようには、結論を急がないことも期待できる気がします。

>カレン
>来週、これが本当のラストチャンス。
 期待したいです。
 やっぱり、少なくとも誤解したまま敵意を向けるというのは、こういう真っ直ぐな子にとって最悪の不幸ですから。

>いよいよ尺もたりなくなってきたわけですが、(雑誌に載ってい
>た最終回のタイトルが若干不吉)おわりよければなんとやら。
 私は雑誌は読んでいない―― と言うか避けてます―― のですが、なーんとなく、思うところはあります。
 でも、どうしてもちゃんと放送枠の中できっちり 『終わり』 を向かえて欲しいと思っています。

>コードギアスがおわれば次は00。〜
>個人的にCMで情報を出しすぎな気がしています。
 そうかもしれません。
 サプライズに当たりそうな映像が結構出てしまっていますしね。



(続きます)
84. Posted by なっきー   2008年09月16日 00:37
>Avzさん

>今晩もお邪魔します。
 いらっしゃいませー。

>しかし、脱出艇のカラクリはあっさり一言で片付くとは。
 まずは予想的中お見事でした。
 これは映像で見たかったですね。と言うか、そうでないと理解できない人も相当数おられる気がします。↓

>オレンジの真実(でまかせ)と同じくらいのあつかいですね。
 これも尺不足の弊害と思えます。
 ねじ込む時間があったなら、これを映像(+言葉)で説明しないわけがないとも思いますし。

>ナナリーはおそらく相手の脈拍、呼吸、発汗の度合いからウ
>ソを見破っていると思うのですが、この方法だとウソをつく
>ことに良心の呵責を感じない人間相手では見破りにくくなる
 なるほど…(汗)。
 そういう意味では、どう考えてもシュナイゼルは相性が悪そうです。

>ナナリー生存、
>しかし、ああやって公式と演出でウソをついてくれたおかげで、
>「実はアノキャラは生存していたんだよ!」
>と強弁できる予知が生まれたのでOKとしておきます。(笑)
 逆転の発想ですね(笑)。
 まあ私も、今でも良くないとは思うのですが、面白かったのは確かです(笑)。

>あっさり、だまされてましたね。
>〜「岩佐まもる先生の小説版にご期待ください」
 小説は情報量で押せますからね。
 でもこれは、明らかに本筋の一部ですから、↓

>最小限本編でやりましょうよ。
 私もそう思います。

>CCのナナリー発見機能
>〜ブラックリベリオンでは、VVの通信か、VVの動きを監視
>していたシャルル→マリアンヌ→CCで連絡があった
 後者は考えていませんでした!
 確かにシャルル経由という可能性は物凄くありそうです。

(続きます)
85. Posted by なっきー   2008年09月16日 00:40
>シュナイゼル
>〜それで地上の人間がすべて滅びても、
>「かなしいね」
>と一言で済ませそうです。
 うわあ…(汗)。
 今回のにしても、 「悲しい」 というのも 『悲しみをシミュレート』 しているような気が…。

 人間的感情として悲しんでいるとは思えなかったり…。

>天才や聖人の立てたシステムなんて、凡人のまぐれあたりか、
>ただのバカの無謀な行動でたやすく崩壊するんですが・・・。
 実際問題、完璧なシステムというのは存在し得ないとすら思います。 『恒久』 とか冠してしまうのなら尚更のこと。
 そうなると、じゃああの20億の犠牲は何だったのか、ということに…。

>シュナイゼル・ルルーシュ
>〜ルルーシュが暗殺事件にあわずブリタニアで成長した場合の
>最終形の近いとのことです。
 先天的にはシュナイゼルの類型だったのでしょうね。
 でも不幸と、そこからナナリーを守ろうと頑張ったことこそが、今のルルーシュを形成したのは間違いないと思います。

>コーネリア
>あっさり撃たれましたが、死亡の可能性は低いかと。
>マオにせよ、マリアンヌ様にせよ、乱射で倒れた名前付きキャ
>ラクターは結構しぶといですし。
 私はそう聞いてもまだ悲観的に予想しています。
 …が、シュナイゼルが、役目を終えた者に急速に関心を失う性質があることを思えば、即死や致命傷でなければ生き残る可能性も小さくないかもしれません。

>アーニャ
>〜記憶への執着を衝かれるとは。
 でもこんな、その場凌ぎの嘘はちょっと予想外でした。
 仰る通り、このままでは死ぬとしか思えません(汗)。

(続きます)
86. Posted by なっきー   2008年09月16日 00:43
>個人的には25話で、アシュフォード高等科の制服を着た、ナナリ
>ーアーニャが登場すると思ってたんですが・・・
 私も、未だに 『屋上花火』 を諦めていません。
 アーニャも、あとジノもそこにいれば素敵だと思います!

>人間は駒じゃない
>〜騎士団が部下だとルルには使えない策ですよね。
 仰る通りでしょう。
 そもそも騎士団相手だとギアス自体が(ルルーシュ的に)禁じ手になってしまいますしね。

>尺が足りないというより、ボス2体相手に6話しかないという
>展開が間違っていると思うんですが。
 構成ミス、ということですか。
 前半で何か削ってでも、ここに話数を回すべきだったのかもしれませんね。
87. Posted by ユキ   2008年09月16日 01:27
尺が足りないって感じた瞬間
『扇ウザい→待てよ最初から扇さえいなければ?→ウザくも無いし居なくても初期以外問題ない→つまり扇はいらない子だから消えろ→あ、尺が足りた』
こんな感じに脳内式が構築される辺り、相当に自分は扇が嫌いみたいです(爽笑)



せめてカレンだけはルルの味方になってくれますよーに。
扇は死ね、玉城は生きろ!

黒の騎士団の連中みたいに思考停止して生きてりゃ楽でしょうが、ギアスで操られた人間以下の矜持でどう世界を平和にする腹積もりやら。

ルルーシュが黒の騎士団にギアスを使ってたらそも自分達が裏切れる訳が無いと言うに(呆)

黒の騎士団総力<(越えられない壁)<<ルルーシュの知略。

ゼロの奇跡がギアスだけで作られたハリボテと思ってたんでしょ、いや実に清々しいバカ共だ。
勝てるとか不遜な事を少しでも考えたゼロが居なければシンジュクゲットーで死んでた筈のトサカ頭が調子に乗ってて実に胸くそ悪かったです♪
88. Posted by なっきー   2008年09月16日 06:54
4  ユキさん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。


>『扇ウザい→待てよ最初から扇さえいなければ?→ウザくも無
>いし居なくても初期以外問題ない→つまり扇はいらない子だか
>ら消えろ→あ、尺が足りた』
 つまりサイタマゲットー全滅の代わりに、扇(だけ)があそこで退場するわけですね(笑)。

>〜相当に自分は扇が嫌いみたいです(爽笑)
 敵対すること自体はともかく、 『俺は正義、君は悪』 という思考が猛烈に鬱陶しいですよね。
 今回も 『ゼロを最初に信じた』 こと自体が罪のような言い方でしたし…。

>せめてカレンだけはルルの味方になってくれますよーに。
 カレンはいつでも、気付きさえすればルルーシュの評価を一気に戻せる可能性がありますしね。
 …気付いて欲しいなあ…。

>扇は死ね、玉城は生きろ!
 玉城の頑張りようからして、いっそナイトメアを早々に壊してもらった方が長生きできるかも…とか思ってます。

>〜ギアスで操られた人間以下の矜持でどう世界を平和にする
>腹積もりやら。
 現実問題、無理でしょうね。
 星刻がいなくなればもう、烏合の衆と化しかねません。

>ルルーシュが黒の騎士団にギアスを使ってたらそも自分達が裏
>切れる訳が無いと言うに(呆)
 全員で一斉に裏切ったのに誰も異常行動を取らない時点で、何か誤解してないかと気付かないのが情けないですよね。

>黒の騎士団総力<(越えられない壁)<<ルルーシュの知略。
 それに後から怨みを抱いたとしても、もし仮にそれが正当な怨みだと仮定しても、恩はまた別枠で考えないとダメですよね。

(続きます)
89. Posted by なっきー   2008年09月16日 06:57
>ゼロの奇跡がギアスだけで作られたハリボテと思ってたんで
>しょ、いや実に清々しいバカ共だ。
 ギアスについて何も知らない 『ことの自覚がない』 ですからね。無知であることを知らない人が一番無知という、典型でしょう。
 ファンタジーの魔法とか、ドラえもんの不思議道具とか、そういうレベルで捉えている気がします。

>勝てるとか不遜な事を少しでも考えたゼロが居なければシンジュ
>クゲットーで死んでた筈のトサカ頭が調子に乗ってて実に胸くそ
>悪かったです♪
 こういった矛盾や悪行の自覚がない人こそ、マオの言葉責めをくらって欲しい気がします。
 扇には滅茶苦茶効きそうな気がするのですが…、そういう意味では惜しいギアスを失くしたとは言えるかも。
90. Posted by こけもも   2008年09月16日 10:19
こんにちは、なっきーさん。

今回カットを見せたのがまだ誠意であるシーン飛ばしを見るに、作品を締める段になって、放送時間が昼間になってしまった弊害(また始めからスタートした事)を感じてしまうここ最近の展開がすこぉ〜し残念です。
決戦としての盛り上がりは好きなんですけどね。

>ルルーシュ
ナナリーにも嘘を言えた彼は立派だと思います。ある意味反逆のルルーシュ(完)って感じです(笑)

>シュナイゼル
いや、ここまで異常だともうご立派としかいえないですね。過去に一切の価値はなく、ずっと平和になるから人類を皆殺しにしますって言ってるんですから。彼ならコードも喜んで引き受けるでしょうね。
私は彼を神(なっきーさん風)認定しますよ。理解できないししたくもないですね。

>シャルル
親父もシュナイゼルのヤバさに気付いてたなら止めろよ。という所にルルーシュとの共通点を感じますね。基本的に攻める事(アーカーシャの剣計画)しか考えない。やっぱり親父に一番似た息子がルルーシュなんでしょうね。

>ナナリー
今のままだとルルーシュいじめのためだけに出した蛇足以上ではないでしょうね。
ナナリーの嘘の見破り方は基本的に相手の良心や忠誠心等の善意に依存していると思うので、それらを持たないシュナイゼルに騙されるのは仕方ないかな。と思わないでもありません。私は嘘を見抜けてなかったことより、騙されてるんじゃないかってところの方が残念ですね。ただ兄を討った後、シュナイゼルや自分もろとも自爆。とかは考えていそうだと思っています。

続きます
91. Posted by こけもも   2008年09月16日 10:22
>星刻
勝たなければ意味が無く、自分ではルルーシュには勝つのは難しいと理解しているんでしょうね。またコッチのほうが大きいでしょうが、フレイヤで命よりも大事な天子さまを狙われてますし。次回ルルーシュ側についても不思議ではありませんね。

>その他の人たち
神楽耶さまは前回といい今回といい無駄にエロいですね。あの悲しげな様はまだどこかでルルーシュを信じていることの現われだと思うので、偽悪の仮面に気付いてほしいです。
玉城は無駄に頑張ると死にそうなのでとっとと撃墜されてください。富士の噴火もすんだのでもう地上も無事でしょうし。
扇は墜落で頭を打ったショックで正気に戻ったりしてくれるといいんですけどね。無理ならヴィレッタが死ぬか扇が死ぬかの二択でしょう。
カレンがルルーシュを討つ展開はやめて欲しいです。最期に本心に気付いて返す刀で自分を、とかやりかねないタイプですから。

では失礼します。
92. Posted by まもん   2008年09月16日 16:05
今回は戦略戦でした!
来週は兵数も減って各機体達の戦術戦になると思うんで誰と誰が戦いそうか妄想します!!
まぁ18話みたいに入れ違いの混戦になりそうですけどね。
あくまでルルーシュ側の狙いはダモクレスなんで黒の騎士団をかわしながらダモクレスを狙うって感じになると個人的には思います
先週は何か黒の騎士団が敵なのに違和感というか気持ち悪さがあったんですけど

>スザク(アルビオン)VSカレン(紅蓮)、ジノ(トリスタン改)

やっぱりこの戦闘は見たいですね!
戦闘もそうですけど会話も楽しみです!
特にスザクとジノの会話を楽しみにしてます!!

>ジェレミア(サザーランドジーク)VSアーニャ(モルドレッド)

藤堂さんかなぁ?とか思ったんですけど・・・ギアスキャンセラーもあるし個人戦にはならないと思うんですけど、1対1で計算するとルルーシュ側少ないんでキャンセラーで戦線離脱かルルーシュ側に寝返り?・・・・でもいきなり寝返りされてもなぁ・・・でも後2話だし・・どうなるんだろう。

>ルルーシュ(蜃気楼)VS星刻(神虎)

・・・・・・ルルーシュ勝てるきしねぇww
まぁ絶対防御の結界があるんで頑張って!!アーニャとの戦いもあるのかなぁ?とも思ってます

>C.C.(ランスロット)VSたまき(暁)

・・・・たまき勝てるきしねぇww(ぉぃ)と冗談はおいといてw
C.C.の操縦技術が微妙なんでどれだけ活躍するんだろう?
いくらランスロットといえどもさすがに藤堂さんあたりには敵わないと思うんで千葉さんあたりとならいい勝負になるのかなぁ・・・?

続きます
93. Posted by まもん   2008年09月16日 16:20
う〜ん↑で並べてみたんですけどどう考えてもルルーシュ側が足りないんですよね・・・・
スザクとジェレミアで4人くらい相手にして残りをルルーシュ、C.C.で戦うのか・・・・・
まさか咲世子さん出撃か?ww普通に戦力になりそうだけどww

>ルルーシュ側
アルビオン、ジーク、蜃気楼、ランスロット(ピンク)

やっぱり足りないなぁ・・・
ニーナの新兵器?でダモクレスを無効化しつつ今のところ残念な黒の騎士団を無視してダモクレス突撃か?
ルルーシュが奇策使うかなぁ?とか思ってるんですけど1手足りないとか言ってるくらいだから隠しだまはもうなさそうだし・・・・

>黒の騎士団
紅蓮、神虎、残月、暁(直参)、トリスタン改

う〜ん・・・ジノ、カレンあたりは戻ってくるかなぁ・・・?
星刻あたりは戦闘中に寿命きて退場する可能性もありますね(汗)
たまきはやばいし・・・・・
藤堂、千葉組も死亡フラグ立ってるし・・・全員死ぬのかなぁ(汗)

>シュナイゼル側
モルドレッド

え〜とノネットは?w
シュナイゼル自身うちにはモルドレッド1機しかいないって言ってたんでノネット最後まで現れず?公式ホームページに載ってるのに?(しかも最初から)
アーニャも記憶がらみでどう転ぶかわからないし・・・
尺が足りないなぁ・・・・


とりあえず予想ができないですね(汗
そもそも黒の騎士団が良いように使われてるんで言葉が悪いですけどすっごい邪魔なんですよ・・
全員ルルーシュ殺すことだけしか考えてねぇし・・・
ルルーシュ的には別に黒の騎士団を全滅させたいわけじゃないでしょうからねぇ・・・かといってダモクレス破壊した後に殺されるつもりでも無さそうですし・・・いったいゼロレクイエムって何なんだぁー!!
正直後2話しかないんですよね・・・
来週で戦争終わる気配ないし・・・・大丈夫なの?
94. Posted by とも   2008年09月16日 20:12
こんばんはー。
いつも楽しく読ませてもらってます。

私も思ったことを少し・・・。

ロイドやセシルが紅蓮のように蜃気楼もいじってて欲しいなーっと。
絶対守護領域がものすごく広くなってるとか(笑) 活躍シーンが見えるといいのですが。

あと、ルルーシュとスザクの空白の一ヶ月など説明が足りてないところは、いつものパターン(?)で特別編とかOVAとかで出しそうな感じですよね・・・。そしてリリースされた頃には、原作の内容を忘れかけているという黄金パターン(笑)


R2も残りわずかですが、なっきーさんもがんばってください。
95. Posted by なりとな   2008年09月16日 20:22
こんばんは、またまたお邪魔します
>私は急用が入って出掛けてました。
それは、お疲れ様です…
ま、それはそれとして!
ナナリーについて考えていた際にこの状況にいたるぴったりな理由に思い当たりました
恋です
それも、かなり女性的な
表面では冷静に振舞うヒステリックになった女性、というものをひどく連想しました
ルルーシュとナナリーは非常に特殊な環境におかれたせいで、異常とも取れるほど結びつきが強いです
そのため、ルルがナナリーに対して、愛を示したことは何度もあります
しかし、それは全て保護者、兄としての愛であり、恋愛にはまったく結びついていません
一部の人にとっては意外な事に、とつけてもいいですけど…
ルルからのナナリーへの感情は、その強さを除けばまったく素直でまっすぐなものです
ですが、ナナリーは、風邪を引いたときに「お兄様の気を引くために体がちょっと拗ねているのかも」などという表現を行い
ルルがスザクに対してどう思っているか聞いたとき、「好きです」と答え、少しルルの反応を楽しんだ後に、「もちろんお兄様が一番」と嫉妬をあおっていた、とも取れることを言っています
そこで、ナナリーの本質の奥底に、ルルーシュへのある種歪んだ(ナナリーの生い立ちを考えれば歪んでることを悪くはいえませんが)自覚の無い、しかし非常に強い恋愛感情があったと考えます
そして、恋敵であるはずのC.C.やシャーリーへの態度などから見るに例えルルがほかの女性とくっついたとしても、そして自分がルルの恋人、あるいは妻などの立場になれないとしてもルルは絶対に自分を見捨てないという自信と信頼があったのでしょう
(続きます)
96. Posted by なりとな   2008年09月16日 20:22
今回ナナリーは、ひどく裏切られました
嘘は吐かないといつもいつも言っていたルルが実は嘘を吐いていたということ
それでも、その嘘が本当は私のためだったんでしょう?と、信じようとしました
しかし、そこに返ってきたのは、「お前なんかなんとも思っていない」という突き放しの言葉でした
ルルに恋をしていた、そして、絶対に自分を裏切ったりしないという自信と信頼を持っていたナナリーには世界が崩壊する以上のショックだったでしょう
傍目には冷静に見えても歪んだ奥底には嫉妬と独占欲、そして愛情から裏返った憎悪が宿り「自分のものにならないなら、自分を捨て、離れていくくらいなら…いっそ我が手で…」という思考に…
そしてルルを殺すための手段、フレイヤの発射スイッチを…
こうだとすれば、シュナイゼルはそれさえも計算に入れていたという可能性がかなり高いと思います
ヒステリックになった人間を操るのは容易いものです
私は味方だよ、ナナリーを裏切ったあいつに復讐しよう
そう甘く囁くだけでいいのですから
シュナイゼルの「私を倒そうとしているのなら〜」というせりふは「もはやルルーシュの敵は私ではなく、嫉妬に狂ったナナリーだよ」という意味だったと考えればそれはそれでつじつまが合いますし
あの聡明だったナナリーが、なぜああも…と考えていたあたりに、我々がナナリーを神聖視していた思考停止があったと思います
ナナリーも神聖なものではなく、恋に身を焦がし、欲にまみれた存在だった
ルルやコーネリアが心酔していたが、実はあんな母親だったマリアンヌのように
そう考えると、案外しっくりくると思うのですがいかがでしょうか?
97. Posted by Avz   2008年09月16日 22:55
本日もお邪魔します。
最近、誤字が多くてスイマセン。(汗)

>公式サイト
本日確認に行くと
咲世子:相関図、キャラクター
ともに更新されて復活してました。

一方、「皇族の皆さん」は変更なし。
もしかすると、ルルーシュは
先制攻撃を読んで、
一応、皇族の皆さんを地方に
分散していたのかも知れませんね。

オデュッセウス兄上の場合、
軍の訓練で僻地にとばせそうですし。

>ナナリー
どうにも、兄の良くない部分の
「精神的に追い詰められると
 逆ギレして悪をなそうとする」
ところが、出てきたのではないかと
思われます。
ロクでもないところが、似るところが多いですからねこの一族。(嘆息)

(なお、超善人オデュッセウス兄上は
 SE3で南の同類と認定されました♪)

ただ、そうなると、恒例の
「うっかりで大惨事」
が発生しそうな気がするんですよね。
特に、ルルーシュがナナリーの説得に
成功したあたりで。(汗)


> 『屋上花火』 を諦めていません。
ハイ、私も世界一のピザは必ず
完成し、花火は上がるものと
信じています。(サムズアップ)

>20億の犠牲は何だったのか
大抵の天才は、このケースでは
「自分のシュミレート通りに動かない
 現実が悪い」と開き直るんですよね
(汗)

(続きます)
98. Posted by AVz   2008年09月16日 22:59
>シャルル経由という可能性
これの変形で
式根島のケースも
「兄さんCCがまとわり付いているゼロを
利用したいんで、助けてくれません?」
とお願いして、結果を聞いた
マリアンヌが連絡したかなと想像してます。


今夜はこれまでで
99. Posted by なっきー   2008年09月16日 23:57
4  こけももさん、まもんさん、ともさん、なりとなさん、Avzさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>こけももさん

>〜作品を締める段になって、放送時間が昼間になってしまった
>弊害(また始めからスタートした事)を感じてしまう〜
 この影響は結構ありそうですよね。
 この時間帯にする以上は、新規に観る人のことをより考慮する必要がありそうですし。

>ルルーシュ
>ナナリーにも嘘を言えた彼は立派だと思います。ある意味反逆
>のルルーシュ(完)って感じです(笑)
 しかも 「特別扱いはできない」 ですからね。
 1年前なら絶対に言えなかっただろう言葉です。

>シュナイゼル
>〜ずっと平和になるから人類を皆殺しにしますって言ってるん
>ですから。
 逆らわない人だけが生き残るわけで、覇気を失った人類がゆっくりと滅亡に向かいそうな気もします…。

>彼ならコードも喜んで引き受けるでしょうね。
 コードがあれば、次世代の神を誰にしようか考える必要が無くなりますしね(汗)。

>私は彼を神(なっきーさん風)認定しますよ。
 人としては完全に壊れている気がします。

>シャルル
>親父もシュナイゼルのヤバさに気付いてたなら止めろよ。
 だからシュナイゼルは、誰からも責められないように慎重に振舞っていたのでしょうね。
 表面上罪がなければ罰せないですし、注意されてもすっとぼけていればそれで済む、ということになりそうです。

>基本的に攻める事(アーカーシャの剣計画)しか考えない。
>やっぱり親父に一番似た息子がルルーシュなんでしょうね。
 そうかもしれません。

(続きます)
100. Posted by なっきー   2008年09月17日 00:00
>ナナリー
>今のままだとルルーシュいじめのためだけに出した蛇足以上
>ではないでしょうね。
 あるいは尺に余裕があって、丁寧に説明すれば誰も疑問を感じないような裏があるのかもしれませんが、現実問題としてこのナナリー変心の演出が支持されていない以上、失敗だったのは確かだと思います。

>〜私は嘘を見抜けてなかったことより、騙されてるんじゃない
>かってところの方が残念ですね。
 私としては、 『兄の罪』 というのを、確実に巻き添えを出すフレイヤ使用の理由としているのが一番残念かもしれません。↓

>ただ兄を討った後、シュナイゼルや自分もろとも自爆。
 そうなると各国代表が消えていますし、ブリタニアは混乱しますし、たちまち世界大戦の勃発です。
 ナナリーは 『罪を背負う』 と言うことで逆に、罪から目を逸らしている気がしてなりません。

>星刻
>勝たなければ意味が無く、自分ではルルーシュには勝つのは
>難しいと理解しているんでしょうね。
 それでもシュナイゼルは敵と見なすべきでしょうね。
 実際今回も、各国代表が乗っているアヴァロンにフレイヤを発射しているのですから。

 星刻はルルーシュを倒せばそれでいいわけではないのですから、シュナイゼルに指揮権を与えることは、優先順位を間違えているとしか思えません。

 逆なのです。
 ルルーシュに負けても、逃げられてもいいと思うのです。
 …各国代表さえ取り返せるのなら。

>〜フレイヤで命よりも大事な天子さまを狙われてますし。次回
>ルルーシュ側についても不思議ではありませんね。
 これで星刻も、シュナイゼルの本性を察しそうな気がします。
 恐らく、ここまでの魔物とは思っていなかったのでしょうね。

(続きます)
101. Posted by なっきー   2008年09月17日 00:05
>神楽耶さまは前回といい今回といい無駄にエロいですね。あの
>悲しげな様はまだどこかでルルーシュを信じていることの現わ
>れだと思うので、偽悪の仮面に気付いてほしいです。
 「どうしてこんなことに…。ゼロさまはなぜ…?」 という疑問と苦悩がありそうな表情に見えて、ならばまだ気付く可能性があるかなと思っています。

>玉城は無駄に頑張ると死にそうなのでとっとと撃墜されてくだ
>さい。
 それ、私も希望します(笑)。

>〜扇は墜落で頭を打ったショックで正気に戻ったりしてくれる
>といいんですけどね。
 このままだと、鬱陶しくて仕方ありません(苦笑)。

>無理ならヴィレッタが死ぬか扇が死ぬかの二択でしょう。
 なりそうな気がしますね。
 過ちが必ず跳ね返ってくる作品だけに、ここまで歪んでしまった以上、そのまま何も返ってこないとも思えません。

>カレンがルルーシュを討つ展開はやめて欲しいです。最期に本心
>に気付いて返す刀で自分を、とかやりかねないタイプですから。
 …それ、本気でありそうですね(汗)。
 まだ疑問を持ったままでしょうし、何かヒントがあれば偽悪の構造に気付くかもしれませんし…。



(続きます)
102. Posted by なっきー   2008年09月17日 00:08
>まもんさん

>〜来週は兵数も減って各機体達の戦術戦になると思うんで誰と
>誰が戦いそうか妄想します!!
 戦艦もかなり墜ちたみたいですしね。

>あくまでルルーシュ側の狙いはダモクレスなんで黒の騎士団を
>かわしながらダモクレスを狙うって感じになる〜
 だからC.C.が足の速いランスロットを選んだのかな、とも思ってます。

>スザク(アルビオン)VSカレン(紅蓮)、ジノ(トリスタ
>ン改)
 これはありそうですよね。
 カレンだけだと苦しいかもしれないので、そこでトリスタンが援護する、という感じかも。

>特にスザクとジノの会話を楽しみにしてます!!
 興味深いですよね。
 とりあえずジノが、まだスザクを友達と認識していることを期待したいです。

>ジェレミア(サザーランドジーク)VSアーニャ(モルドレッド)
 なるほど、直接アーニャと交戦するなら、場合によっては範囲を絞ってギアスキャンセラーを掛けられそうです。

>〜キャンセラーで戦線離脱かルルーシュ側に寝返り?
 脱落、というのもありそうですね。
 ルルーシュ本人と会った記憶も戻るでしょうし、そこから疑問や迷いが生まれるかもしれません。

>ルルーシュ(蜃気楼)VS星刻(神虎)
>・・・・・・ルルーシュ勝てるきしねぇww
 フルボッコタイムが始まりそうです(笑)。

>〜アーニャとの戦いもあるのかなぁ?とも思ってます
 性能的にも、こっちの方がまだ噛み合いそうな気がします。

>C.C.(ランスロット)VSたまき(暁)
>・・・・たまき勝てるきしねぇww(ぉぃ)〜
 立ち位置的に勝ち目なさそうですよね。

(続きます)
103. Posted by なっきー   2008年09月17日 00:13
>C.C.の操縦技術が微妙なんでどれだけ活躍するんだろう?
>〜千葉さんあたりとならいい勝負になるのかなぁ・・・?
 私もそんなイメージですね。

>〜どう考えてもルルーシュ側が足りないんですよね・・・・
 精鋭の数でどうしても負けますよね。
 誰かが複数受け持つか、寝返り、あるいは早めの脱落がシュナイゼル側に出るか、そういった要素がないと厳しそうです。

>まさか咲世子さん出撃か?ww普通に戦力になりそうだけど
 (負傷していますけど)生身で強い人なので、ナイトメア戦に投入するのはもったいない気もします。
 ダモクレスに取り付いて白兵戦、なんて流れがあるなら、そのときこそ出番かも?↓

>〜ニーナの新兵器?でダモクレスを無効化しつつ今のところ
>残念な黒の騎士団を無視してダモクレス突撃か?
 それ、やりそうに思っています。

>〜星刻あたりは戦闘中に寿命きて退場する可能性もありますね
 今回、シュナイゼルの指揮下に入って神虎で出るなど、相当焦っているようにも見えますしね(汗)。

>たまきはやばいし・・・・・
>藤堂、千葉組も死亡フラグ立ってるし・・・全員死ぬのかなぁ
 全滅はやっぱり見たくないかも…。
 せめて玉城だけでも!(ぉぃ

>シュナイゼル側
>〜え〜とノネットは?w
 まさか今回出てこないとは思ってませんでした。
 もしシュナイゼル側に付いているなら、何か他の場所で工作員として活動しているのかもしれません。

 増援として奇襲…、なんていっても、1機+配下じゃあまり効果無さそうですし。

>そもそも黒の騎士団が良いように使われてるんで言葉が悪いです
>けどすっごい邪魔なんですよ・・
 それは同感です。
 ルルーシュ的にも別に倒したい相手ではないはずですし、↓

(続きます)
104. Posted by なっきー   2008年09月17日 00:17
>全員ルルーシュ殺すことだけしか考えてねぇし・・・
 殺害自体が目的ですからね。
 その先に何か理念なりがあるわけでもなく、ただ悪だと思わされているだけ…。

>いったいゼロレクイエムって何なんだぁー!!
 もう少し材料がないと考察しようがないですよね(汗)。

>来週で戦争終わる気配ないし・・・・大丈夫なの?
 とりあえず、ちゃんと #25 で終わって欲しいです。
 放送枠内で終われないと、どうしても残念感が出てきてしまいますし…。



(続きます)
105. Posted by なっきー   2008年09月17日 00:20
>ともさん

>いつも楽しく読ませてもらってます。
 ありがとうございます! \(≧▽≦)/

>ロイドやセシルが紅蓮のように蜃気楼もいじってて欲しい
>なーっと。
 いいですね! ラクシャータとの合作は、ことごとく超高性能になってますしね。

>あと、ルルーシュとスザクの空白の一ヶ月など説明が足りてな
>いところは、いつものパターン(?)で特別編とかOVAとか
>で出しそうな感じですよね・・・。
 そうかもしれませんね(汗)。
 でもこれはサイドストーリーじゃなくて本筋だけに、やっぱり本編で観たい気持ちが強いですけど…。

>そしてリリースされた頃には、原作の内容を忘れかけている
>という黄金パターン(笑)
 ありますねえ!(笑)
 芸が細かいというか、あちこちに伏線を撒いてある作品だけに、見返さないと理解度が極端に落ちそうです。

>R2も残りわずかですが、なっきーさんもがんばってください。
 はい、頑張ります!



(続きます)
106. Posted by なっきー   2008年09月17日 00:25
>なりとなさん

>ナナリーについて考えていた際にこの状況にいたるぴったりな
>理由に思い当たりました
>恋です
 確かに、それは有り得る気がします。
 C.C.が初めてクラブハウスに来たときも、残念そうにしていましたしね。

 その後、学園祭でスザクをユフィに取られてショック。
 基本、よく知っている相手に惹かれるタイプなのは確かに思えます。

>ルルーシュとナナリーは非常に特殊な環境におかれたせいで、
>異常とも取れるほど結びつきが強いです
 恋愛感情を別にしても、 『お互い世界で唯一』 という関係なのも確かでしょうね。

>〜例えルルがほかの女性とくっついたとしても、そして自分が
>ルルの恋人、あるいは妻などの立場になれないとしてもルルは
>絶対に自分を見捨てないという自信と信頼があったのでしょう
 それも同感です。

>〜しかし、そこに返ってきたのは、「お前なんかなんとも思
>っていない」という突き放しの言葉でした
 これが直接の引き金、ということですね。
 だとすれば皮肉なものです。

>こうだとすれば、シュナイゼルはそれさえも計算に入れていた
>という可能性がかなり高いと思います
 そうかもしれません。
 扇とかもそうでしたが、怒りは人を愚かにしますから…。

>シュナイゼルの「私を倒そうとしているのなら〜」というせり
>ふは「もはやルルーシュの敵は私ではなく、嫉妬に狂ったナナ
>リーだよ」という意味だったと考えれば〜
 元々シュナイゼルは 『誰かと誰かを戦わせて高見の見物』 というのを好みますしね。

(続きます)
107. Posted by なっきー   2008年09月17日 00:29
>ナナリーも神聖なものではなく、恋に身を焦がし、欲にまみれ
>た存在だった
 まあ私も神聖視はしてませんけど、よく物を考える人、とは思います。
 
>〜実はあんな母親だったマリアンヌのように
 そこまでかはわかりませんが、普段のナナリーが、 『自分はこうあるべき』 と考えた姿に基づいて行動していたのは間違いないと思います。
 これもまた、仮面と言えそうです。

 感謝の気持ちを抱いて生きることで、心の奥底にいろいろ押し殺していた面は、程度の差はあれ、ありそうな気がします。



(続きます)
108. Posted by なっきー   2008年09月17日 00:32
>Avzさん

>最近、誤字が多くてスイマセン。(汗)
 私も初稿ではよく誤変換が混じってます(汗)。

>公式サイト
>〜咲世子:相関図、キャラクターともに更新されて復活〜
 これは当然でしょうね。

>一方、「皇族の皆さん」は変更なし。
 私はこれでいいと思うのです。
 『行方不明と表記しておくべき』 と同じ理屈ですね。

>もしかすると、ルルーシュは先制攻撃を読んで、一応、皇族
>の皆さんを地方に分散していたのかも知れませんね。
 確かに可能性はありそうですね。
 シュナイゼルにとっては皇族全滅の方が都合が良さそうですし、ルルーシュがそれを読んでいれば…。

>オデュッセウス兄上の場合、軍の訓練で僻地にとばせそうです
>し。
 メイドの人たちも、何とでも理由を付けて動かせますしね。

>ナナリー
>どうにも、兄の良くない部分の
>「精神的に追い詰められると
> 逆ギレして悪をなそうとする」
>ところが、出てきたのではないかと思われます。
 物凄くありそうです(苦笑)。
 怒りのあまり、あまり物を考えられない状態なのかも…。

>(なお、超善人オデュッセウス兄上は
> SE3で南の同類と認定されました♪)
 脳内で がしっ と握手している彼らの絵が…(笑)。

>ただ、そうなると、恒例の
>「うっかりで大惨事」
>が発生しそうな気がするんですよね。
 有り得ますね(汗)。
 冷静さで隠れていたシャルル遺伝子が発動するかも…。

> 『屋上花火』 を諦めていません。
>ハイ、私も世界一のピザは必ず完成し、花火は上がるものと
>信じています。(サムズアップ)
 世界一ピザ、2年連続でC.C.の口に入らず仕舞いですからね(笑)。
 魔女どのが首を長くしてお待ちかねです(笑)。

(続きます)
109. Posted by なっきー   2008年09月17日 00:36
>20億の犠牲は何だったのか
>大抵の天才は、このケースでは
>「自分のシュミレート通りに動かない
> 現実が悪い」と開き直るんですよね
(汗)
 た、確かに…(汗)。
 凄くありそうです。

>>シャルル経由という可能性
>〜「兄さんCCがまとわり付いているゼロを利用したいんで、
>助けてくれません?」
>とお願いして、結果を聞いたマリアンヌが連絡した
 なるほど、その形でも筋が通りますね。
110. Posted by りぐ   2008年09月17日 08:44
こんにちは

>シュナイゼル
デスノートでは同じように超越者=神を目指した夜神月は(死ぬことによって)信仰=神となったという私の中での結末について以前コメントしたことがありますが、コードギアスはシュナイゼルにどういうようにオチを付けてくれるのか見ものです。・・・でもそれを描くだけの尺は既に無くグダグダ感だけを残して終わりそうなんですよね。どうせ超越者=神を目指すなら(せめて視聴者に向けては)シュナイゼルの方向性はもう少し早い時点で明確にしておいたほうがよかったのではないかとも感じますね。逆に言えば超越者=神というのを最後まで伏せてやればその不気味さと共に著名なラスボスの仲間入りができた(まあ視聴者は煮えきらず終わるかもしれませんが)ようにも思います。
111. Posted by 翠蔭   2008年09月17日 23:19
4 フレイアのリミッターは東京の政庁上空で、爆縮を起こさせている様に見えました。
また、ルルーシュの大改革が定着しない段階での帝都消滅は、エリアを含むブリタニア各地で、フランス革命のグラン・プールか、日本の敗戦時の満州や半島からの引き揚げ者が八路軍他から攻撃を受けた様な、大変な混乱を引き起こしている筈です。
とすれば、ルルーシュの政策はシュナイゼルの痛い所を見事に突いていたのかも知れません。
112. Posted by なっきー   2008年09月18日 00:15
4  りぐさん、翠蔭さん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>りぐさん

>シュナイゼル
>デスノートでは同じように超越者=神を目指した夜神月は(死
>ぬことによって)信仰=神となったという私の中での結末〜
 はい、そう仰ってましたね。
 あちらは(顔こそ出さないものの)有名人でしたからね。

>〜コードギアスはシュナイゼルにどういうようにオチを付けて
>くれるのか見ものです。
 こちらはそもそもダモクレスの存在がどこまで知られているかもわからず、しかも一応犯罪者&キラの敵限定だった月と違い、シュナイゼルは無差別ということもあって、普通に忘れられていきそうな気もします。
 ある意味こちらの方が神的というか、一般人的には天災と同列になってしまっている感もありますし…。

>〜どうせ超越者=神を目指すなら(せめて視聴者に向けては)
>シュナイゼルの方向性はもう少し早い時点で明確にしておいた
>ほうがよかったのではないかとも感じますね。
 そうかもしれません。

>逆に言えば超越者=神というのを最後まで伏せてやればその
>不気味さと共に著名なラスボスの仲間入りができた〜
 そちらは考えてませんでした。
 ただ、その場合だ駆け足で後日談を(?)することになって、最終話として今一つの評価になってしまいそうです。



(続きます)
113. Posted by なっきー   2008年09月18日 00:17
>翠蔭さん

>フレイアのリミッターは東京の政庁上空で、爆縮を起こさせて
>いる様に見えました。
 なるほど、そうかもしれませんね。

>ルルーシュの大改革が定着しない段階での帝都消滅は、〜
>大変な混乱を引き起こしている筈です。
 ルルーシュはあまり読みが外れた場合の備えをしないため、その可能性は高いと思います。↓

>とすれば、ルルーシュの政策はシュナイゼルの痛い所を見事に
>突いていたのかも知れません。
 えーと、ルルーシュとシュナイゼルの表記が逆…でしょうか?

 劇中でも政府機能が麻痺していると言われていますし、ルルーシュは基本的に読みが外れた場合の備えをしないですし、かなりな混乱がありそうに思います。
 ただ、焦点は 『先手を取れるかどうか』 と考えていたようなので、この手を打ってくること自体は予想済み、従って指揮系統回復のための方策を立てている可能性もありそうです。

 表記が逆でなかった場合にも触れておきますと、シュナイゼルにとっては、ルルーシュがどんな政治をしようとどうでもいいという、そんな感じだと思います。
 独裁だろうと民主主義だろうと、 『神』 には関係ない、というわけですね。
114. Posted by ラミア   2008年09月18日 06:32
5 初めまして、なっきー様の深い観察眼にいつも感服しているラミアと申します。
ナナリーが大好きなため今の展開は超欝なんですが…とあるサイト様を見てはっとしました。
ナナリーは助けが無いと生きていけないから、助けてくれる人にとって望まれるようになろうとするのでは、と。
それがある意味ナナリーの仮面なのかもしれません。
ルルーシュのための妹、スザクのための総督、シュナイゼルのためのルルーシュの敵。
……一人で生きられないから、自分が選べないのかもしれませんね。
実際、力を得たナイトメアではバリバリ良いキャラですし……
シュナイゼル、ひいては自分を騙して今生きてるんじゃないかなと思います。
ルルーシュが、ナナリーを認めてたらナナリーはルルーシュのためのナナリーに戻っただけだったから…ナナリーはEDのように一人立ちをして鳥籠から抜け出し“ナナリー”になってブリタニアを背負うんじゃないかと思います。



それだけです。
乱文すみません。
応援してます!
115. Posted by マッキー   2008年09月18日 19:32
お久しぶりです! 家のリフォームと夏休み明けのテストでコメントする暇がありませんでした。 もう23話です。
とりあえず一言 コーネリアさんん!!
衝撃でしたよ。まさかあんなに簡単に消されるなんて・・。自分が見たアニメの中で2番目の衝撃的な死でした。(ちなみに1番は00のミハエル。死ぬとは思っていましたが、あまりにも唐突過ぎて・・。リアクションなしで死にましたからね・・。)
さて、天空の城ダモレスク?それともシュナイゼルの動く城?どちらでもいいですが、やりたい放題しています。誰か止めてくれ。それからもう名前で呼びたくない似非昭和リーゼント。雑誌で16話のラクシャータのカレンについての話で、あいまいなセリフだったのは実は忘れていたから。扇 お前・・。
たまきww一世一代の見せ場。次死ぬかも・・。
ナナリーに失望。コーネリアに合掌。ルルーシュがんばれ。ニーナがんばれ。
 
乱文すみません。では!
116. Posted by ゆい   2008年09月18日 19:32
なっきーさん、こんにちは。
いつも充実した記事&コメントありがとうございます。

ギアスは本当に行間を読む作品ですよね。点の位置、単語の意味、行と行の間に何があったのか。
受験で現代文と格闘したのを思い出しながら、今週も格闘です。
でも、込められているものが多いから、なんとか一つでも多く受け取りたい。
R2はシェイクスピアのような、底に深いスピリットがある作品にしたい、と言っていた56様。
ハイレベルな純文学かかってこい!の気持ちです。

>BGMと黒の騎士団
音楽が流れ始めたところ、確かにセリフ無しが少し急な感じでしたが、1期の23話ユフィの場面に被せてきてる!と思ったら血圧上がりました。しかも同じAパート。
尺も確かに(笑)でしょうが、18話で生きろギアスをこれまた同じ位置で被せてきているのをみても、ここはどうしても
曲を流すのが第一にあったのかなと思います。
そして何乗せよう、と考えて、人々の「優しい世界」になったと。
というか世界が一回り(R2)してもやっぱり世界は悲しいことに凹みました。(きっとこれも演出)

あのときルルーシュが立ち上げ扇動した黒の騎士団が、同じ構図で今度はルルーシュを追い立てる。
アンチフレイヤ、キャンドル、なつくアーサー、丸い地球、タバタッチ(ん?)、赤ちゃん、恋、陣営がどこであろうと、
望んでいるのはみんな同じ『平和』なのに。

続きます
117. Posted by ゆい   2008年09月18日 19:42
ここ最近の黒の騎士団の豹変っぷりは、どうもイエスキリストのモチーフのように思うのです。
8話の、100万人の民を率いていくゼロはまさしくモーゼかキリストか、というところだったのですが、確かイエスって、最初数々の奇跡を起こして人々に崇め奉られるのだけれど、だんだんその期待が一人歩きし始める。
で、その存在を危険視した王が彼は悪だと噂を流したとたん、人々は手の平を返すようにそれに乗せられて、十字架へと追い詰めていくんですよね。
(あまり詳しくはないので、失礼になっていたらすみません>>)

救世主(メシア)という言葉も以前出てきましたし、人々の憎しみを受けながらもすべての罪を背負って自らが十字架に掛かる、というのがまさに今のルルーシュ(T_T)
いつの世もそうですが、民衆はすぐに流されてしまうんだよ、という表現なのかなと思います。

というか、イエスが救ったのが圧制に苦しむユダヤの民って!
これゲットーとか扇さんの昔のジャンパーの星マークとか、日本人は明らかにナチスの時のユダヤ人と重ねてあると思ってましたが、ここまでかかってくるとは!

>ナナリー
やっぱり残念で、なんとも辛いのですが、この今週のみんなの残念さが、ナナリー絶対観の崩壊が、一つの狙いなのかなあ、と私も思います。
ギアスはとにかくルルーシュ視点で物語を体験できるようになっていて、だから知らない間に私たちもナナリーのため、
マリアンヌのため、ってなっちゃていたんですよね。

続きます
118. Posted by なっきー   2008年09月18日 19:43
4  ラミアさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>初めまして、なっきー様の深い観察眼にいつも感服している
>ラミアと申します。
 初めまして! 
 そう言っていただけるととても嬉しいです! 

 …でも普通に見落としとかしていることもありますので(汗)、あれ?と思われたらご指摘いただければ助かります。

>ナナリーが大好きなため今の展開は超欝なんですが…〜
 私も一番の成長株と思っていただけに、かなり残念です。

>〜ナナリーは助けが無いと生きていけないから、助けてくれる人
>にとって望まれるようになろうとするのでは、と。
 …なるほど。それは凄くありそうです。
 あるいはそういう意味では、ルルーシュの元にずっといたならば、ゼロだと知ったところで受け入れたはず、ということになるのかもしれませんね。

>ルルーシュのための妹、スザクのための総督、シュナイゼルの
>ためのルルーシュの敵。
 この件についてはいろいろなご意見をいただいていますが、私もこれはかなり有力な気がします。

>……一人で生きられないから、自分が選べないのかもしれませ
>んね。
 必ず 『お返し』 をしなければいけない、と自分に規定しているのかもしれません。↓

>〜ナナリーはEDのように一人立ちをして鳥籠から抜け出し“ナ
>ナリー”になってブリタニアを背負うんじゃないかと思います。
 今何か間違えてもまだまだやり直せる年ですし、元のスペックはかなり高い人物ではないかという思いは今も変わっていません。
 仰るような可能性も大いに有り得る気がします。

>応援してます!
 ありがとうございます!
 私なりに頑張りますので、もしよろしければまた遊びにいらしてくださいませ。
119. Posted by ゆい   2008年09月18日 19:58
でも、あんなに大好きだったお母さんは、母である前に一人の女で、シャルルの味方だった。
ナナリーも可愛くて優しくてかしこい完璧な妹ではなくて、一人の15歳の、不安定な心を持った女の子だった。
他の方もおっしゃってましたが、あのマリアンヌの描き方をみると、残酷だけれど、今回のナナリーも、勝手に美化していることへの否定の描き方かなあ、と思いました。

もし自分の兄が、友達と一緒に天皇陛下暗殺しちゃって、国会議事堂を占拠して軍隊作ってマシンガンとか撃ちまくってたら。
「お兄ちゃんなにやってるの!」って言っても「俺は世界を破壊し、王となる!」とか言ってたら…。
妹として撃つ気持ち、わからなくもない気もします…。
いやその前に、私が総督なのに、なんで攻めてくるの(T_T)となりそうです。

罪だけは背負いたいと言うナナリーは、一期のラストのスザク、今のカレンと同じ気がします。信じていたから悲しくて、大切な人だから、せめて自分の手で討ちたい。
結局これって、ルルーシュが本心を話せていないダメなパターンですよね。自らが嘘の剣を構えた以上、それは誤解となって自分の喉元に突き刺さるという。
来週のカレンも正にそれだと思うので、最終回に向けて、なんとかルルーシュに心の意味で逆転してほしいです。
わかりあえないまま、撃ち合って終わりじゃダメだー。

ちなみに、今回のナナリーの気持ちが分かりにくい描き方。
あのナナリー死亡→復活騒動にしても、私たち視聴者の戸惑い→あきらめ→覚悟→えええ!今更!が、まんまルルーシュの心境なんですよね。
今回の騎士団への悲しさも、ナナリーへの苦しさも、きっとまんまルルーシュの気持ち。
あくまでも、この旅路を彼と共に生きろと、56様に転がされている気がします(笑)
120. Posted by なっきー   2008年09月18日 20:45
4  マッキーさん、ゆいさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>マッキーさん

 お久しぶりです!

>家のリフォームと夏休み明けのテストでコメントする暇があり
>ませんでした。
 いろいろとお疲れさまでした。

>とりあえず一言 コーネリアさんん!!
>衝撃でしたよ。まさかあんなに簡単に消されるなんて・・。
 カノンだけは例外ですが、シュナイゼルにとって騙せる愚者だけが味方で、疑問を感じたり独自の考えを持っていたりするのは全て死ぬべき敵、なのでしょう(汗)。

>(ちなみに1番は00のミハエル。死ぬとは思っていましたが、
>あまりにも唐突過ぎて・・。リアクションなしで死にましたか
>らね・・。)
 凄くわかります。
 しかも、最後の思いを伝えてとかとは正反対の最期…。

>さて、天空の城ダモレスク?それともシュナイゼルの動く城?
>どちらでもいいですが、やりたい放題しています。
 一応。ダモクレスですね。

 今まではシャルルが、 『不穏な行動をしたら即しょっ引かせる』 とシュナイゼルを監視していたのでしょうね。
 だからずーっと、おとなしく善人をシミュレートしていたのでしょう。

 …一気にたがが外れてます。

>それからもう名前で呼びたくない似非昭和リーゼント。
 持ち直す気配もないというか、 『今ルルーシュを認めたら俺が間違っていたことになるから認めない』 みたいにさえ見えたり…。

(続きます)
121. Posted by なっきー   2008年09月18日 20:47
>ナナリーに失望。コーネリアに合掌。ルルーシュがんばれ。
>ニーナがんばれ。
 ニーナは人との関わりを断ってきたために、ずーっと子どもだったのでしょうね。
 大失敗と、深い後悔と反省を経て、一気に成長し始めた感じです。

 ルルーシュは、ゴールすると死ぬか、最低でも消えると思われるだけに、その部分だけは計画が破綻しないかと期待してしまう私がいます。

 ナナリーは、やはり元のスペックが高い人物ではないか、という思いは変わりません。
 なので、今回の兄妹喧嘩が致命的な結果を何も生み出さないまま、過ちに気付くことを願っています。



(続きます)
122. Posted by なっきー   2008年09月18日 20:51
>ゆいさん

>いつも充実した記事&コメントありがとうございます。
 そう言っていただけると嬉しいです!

>ギアスは本当に行間を読む作品ですよね。
 裏にたくさんの事実があって、その一部だけが表に出てくるような構造になってますよね。
 だから、筋が通る答えを探したくなります。

>R2はシェイクスピアのような、底に深いスピリットがある
>作品にしたい、と言っていた56様。
 そんなことを仰ってたんですね。知りませんでした。
 クリエイターさんにとって、志を高く持つのは大事なことだと思います。

>BGMと黒の騎士団
>〜1期の23話ユフィの場面に被せてきてる!と思ったら血圧
>上がりました。しかも同じAパート。
 確かにそうですね。
 …まあ、シーンによっては意味不明になってしまっているので、説明不足という感想には変わりないのですが、↓

>尺も確かに(笑)でしょうが、18話で生きろギアスをこれまた
>同じ位置で被せてきているのをみても、ここはどうしても曲を
>流すのが第一にあったのかなと思います。
 両方あるのかもしれませんね。
 尺の無さによって、ここにねじ込むシーン数が増えたとか、そういう形なのかも?

>というか世界が一回り(R2)してもやっぱり世界は悲しい
>ことに凹みました。(きっとこれも演出)
 どこかに必ず不幸があって、どこかに必ず幸せがある、ということだと思います。
 不幸な人はそれを変えようと戦いを起こしたりもしますし、それで新たな不幸が生まれたりもします。

 不幸も含めて今の世界を受け入れるか、受け入れないか、なのかもしれません。

(続きます)
123. Posted by なっきー   2008年09月18日 20:53
>〜陣営がどこであろうと、望んでいるのはみんな同じ『平和』
>なのに。
 戦闘狂(ブラッドリー卿のような)以外なら、戦う理由は基本的に構造的に生み出された不幸だと思います。
 だから構造を破壊し、少なくとも変えたいと願うのでしょう。

>ここ最近の黒の騎士団の豹変っぷりは、どうもイエスキリスト
>のモチーフのように思うのです。〜
>で、その存在を危険視した王が彼は悪だと噂を流したとたん、
>人々は手の平を返すようにそれに乗せられて、十字架へと追い詰
>めていくんですよね。
 なるほど…。

 まあ元々、人が 『英雄』 に期待するのは物凄く身勝手な願望の投影なんですよね。
 だから、英雄のどこかが希望と違っていると簡単に手のひら返しが起こります。

>〜すべての罪を背負って自らが十字架に掛かる、というのがまさ
>に今のルルーシュ(T_T)
 確かに、そういう感じですね。

>いつの世もそうですが、民衆はすぐに流されてしまうんだよ、
>という表現なのかなと思います。
 うーん、でも一般民衆にとってはゼロは 『英雄として死んでいる』 んですよね。
 ゼロを敵視しているのは 『使徒』 だけで民衆ではないので、ここは少しずれているかもしれません。

>〜ナナリー絶対観の崩壊が、一つの狙いなのかなあ、と私も思い
>ます。
 特定の誰かのために、というのは 『自分のために』 と違って純粋ではありますが、少し形の違う利己性には違いありません。
 ルルーシュがそこから脱却したのは、大きな成長とは言える気がします。

(続きます)
124. Posted by なっきー   2008年09月18日 20:59
>でも、あんなに大好きだったお母さんは、母である前に一人
>の女で、シャルルの味方だった。〜
>残酷だけれど、今回のナナリーも、勝手に美化していることへ
>の否定の描き方かなあ、と思いました。
 そうかもしれませんね。
 でもまあ、マリアンヌは今更変われない精神年齢だったでしょうけど、ナナリーは違いますしね。

>もし自分の兄が、友達と一緒に天皇陛下暗殺しちゃって、国会
>議事堂を占拠して軍隊作ってマシンガンとか撃ちまくってたら。
 私の場合は、それでも味方でいることをやめません。…まあ元が、どんな兄なのかにもよりますけど。
 一緒になって戦うとかの意味ではなくて、思考を理解しようと努め、必要なら正道へ戻そうと手を引いてあげるという意味での味方ですね。

 少なくとも 『見限る』 という選択は最後の最後、他に何もなくなってから選ぶものと思います。
 ただ、↓

>いやその前に、私が総督なのに、なんで攻めてくるの(T_T)と
>なりそうです。
 そういうのはありそうです。
 と言うか、なぜ覆面して拉致という方法を選ぶのか、ちょっとイラッと来そうかも(笑)。

>罪だけは背負いたいと言うナナリーは、一期のラストのスザ
>ク、今のカレンと同じ気がします。〜
 それは同感ですが、ただし使うのが巻き添え大量発生必至の局面でのフレイヤというのが、何ともいただけません。

 同じフレイヤを使うなら、言葉巧みにルルーシュ1人を無人島にでも誘き寄せて自爆した方がマシだと思うのですよ。
 これはナナリーになら、というかナナリーにだけは可能な手段だと思いますし。

>〜結局これって、ルルーシュが本心を話せていないダメなパタ
>ーンですよね。
 ロイドに話しているように、本音を話しても問題ない相手は結構いると思ってます。

(続きます)
125. Posted by なっきー   2008年09月18日 21:01
 そして結果論ではなく、元々親ルルーシュの人たちには話してしまっても良かったと思うんですよね。

 『消える以上は誰からも憎まれていた方がいい』 とか思っているのでしょうけど、そこがそもそもの間違いなのだと思います。

>来週のカレンも正にそれだと思うので、最終回に向けて、なん
>とかルルーシュに心の意味で逆転してほしいです。
 カレンも、ルルーシュの目的が何であれ、賛成するかどうかとは別に、必ず理解はされると思います。
 …この期に及んで話さないのは、 『主観でしか』 優しさと言えない気がします。

>あのナナリー死亡→復活騒動にしても、私たち視聴者の戸惑い
>→あきらめ→覚悟→えええ!今更!が、まんまルルーシュの心
>境なんですよね。
 主観だとわからないから困る、とも言えそうです。

>あくまでも、この旅路を彼と共に生きろと、56様に転がされて
>いる気がします(笑)
 まあ、それでもやり過ぎという印象は拭えn(ry
126. Posted by 鴨猫   2008年09月18日 23:23
こんばんは、なっきーさん。

ナナリーにとって一番恐ろしいことって、人に捨てられることではないでしょうか?
ルルーシュ同様親に捨てられたことはトラウマでしょうし。
フレイヤを撃つまでに暴走してしまったのは兄とスザクに捨てられたと思ったから、ではないかと思っています。

黒の騎士団は残念になってしまって…
シュナイゼルに操られ、ゼロであったルルーシュの手で壊滅状態になったことが彼らに返ってきたブーメランでしょうかね……
ただ被害を受けているのは下っ端なので、下位団員が哀れです。

ところで、ディートハルト内通者説良いですね!
みなさんのコメントを読むまで考えてもいませんでした。
彼にはカオスの下僕としてとことん我が道を突き進んでほしいです(笑)

それでは!
127. Posted by 地護津 由利   2008年09月18日 23:49
こんばんは、ここにきて不評もありますが相変わらずどうやって話を終わらすのかまったくわからず考察の材料にこのサイトを拝見させていただいています

>フレイヤ
効果範囲の制限というのはわかりませんが起爆時間というのは発射してから爆発するまでの時間だと思います、至近距離の敵に着弾してすぐに爆発してしまうと撃った側も巻き込まれてしまうので逃げる時間稼ぎではないでしょうか、、、そして今回使われているフレイヤは撃たれた瞬間から爆発が始まっているわけです
128. Posted by なっきー   2008年09月19日 00:22
4  鴨猫さん、地護津 由利さん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>鴨猫さん

>ナナリーにとって一番恐ろしいことって、人に捨てられる
>ことではないでしょうか?
 それはありそうな気がします。↓

>ルルーシュ同様親に捨てられたことはトラウマでしょうし。
 それに、二重の障害を抱えている上に絶対的な庇護を約束してくれる存在がいない、というのも何とも心細い気がします。

>フレイヤを撃つまでに暴走してしまったのは兄とスザクに捨て
>られたと思ったから、ではないかと思っています。
 どうもその可能性が高そうですね。
 常に味方を必要としているから、ルルーシュたちがそうでないと思ったとき、そのベクトルがシュナイゼルに向いてしまったわけですか。

>黒の騎士団は残念になってしまって…
>シュナイゼルに操られ、ゼロであったルルーシュの手で壊滅
>状態になったことが彼らに返ってきたブーメラン
 その通りでしょうね。そして、↓

>ただ被害を受けているのは下っ端なので、下位団員が哀れ
 同感です。
 しかもクーデターを起こしてゼロを放逐したのを隠されてますからね。

>ところで、ディートハルト内通者説良いですね!
 そう思って見ると、なるほど、通信の時の彼の表情が実に意味深に見えるわけで…。
 これは期待していいのかも…!

>彼にはカオスの下僕としてとことん我が道を突き進んでほしい
>です(笑)
 シュナイゼルもあまりディートハルトを信用していないでしょうから、早く動きすぎて始末されないように気を付けて欲しいですね。



(続きます)
129. Posted by なっきー   2008年09月19日 00:26
>地護津 由利さん

>〜相変わらずどうやって話を終わらすのかまったくわからず
>考察の材料にこのサイトを拝見させていただいています
 残り話数も僅かなのに、まだ話が膨らんでますからね。

>フレイヤ
>〜起爆時間というのは発射してから爆発するまでの時間だと思
>います、至近距離の敵に着弾してすぐに爆発してしまうと撃っ
>た側も巻き込まれてしまうので逃げる時間稼ぎ〜
 なるほど、納得です。

 …ということは、ますます 『フレイヤでダモクレス自身が一部(?)消滅』 という流れが有り得そうな気がします。
 と言うか、発射直後にフレイヤ弾が破壊されたら、(効果範囲の方は絞ってあるっぽいですが)ダモクレス自身が消し飛びそうな気も…(汗)。

 そうなる流れとしては、シュナイゼルの本性を知ったナナリーの視力がギアスキャンセラーで回復して照準を操作できるようになるとか、あるいはディートハルトスパイ説がここに絡んでくるとか…。

>そして今回使われているフレイヤは撃たれた瞬間から爆発が
>始まっているわけです
 つまりルルーシュが特攻で止めに来るだろうことを予想して、その特攻部隊が必ず使い捨てになるようにしてあるわけですね。
130. Posted by ゆい   2008年09月19日 02:03
こんばんは。
なんだか色々読んでいたら、落ち着いてきたのであと少しだけ。

>最後の一手
足りない一手は、戦術や武器ではなく、『信じる心』のように思えてきました。
ゼロを憎んでいたニーナを信じられるのか。(これはきっと大丈夫ですよね)
嘘をつき続けてきたナナリーと、心の仮面無しで、お互いにちゃんと信じ合えるのか。

ここまできて最終戦の真ん中にナナリーを置いた以上、このドラマがあるような気がします。
その結果、想いの力でシャルルのギアスが破られたら…。

もしも連鎖的に信じる心がつながって、
OPの「世界の終わりで僕ら一つに」が叶ったら、だいぶ鳥肌です。

>シュナイゼル
で、そうなるカギはこの人だと思うのですが、本当の悪なのか、その悪すら仮面なのかが気になります。
絶望的に分かり合えない事を憂いていて、やり方は酷いけど平和を目指している、ルルーシュ完全体のお兄様。
この人の仮面も、さらにもう一枚剥がれるのでしょうか。

悲しいねえ、コーネリアの辺りを見ていてふとそう思いました。
きっと、コーネリアは生きてると思います!

みんなで考察を深める場があって幸せです。なっきーさん、ありがとうございます!




131. Posted by クロコット   2008年09月19日 02:12
なっきーさん、こんばんは。
物議をかもしているナナリーの敵対(=ルルーシュに対する不理解)ですが……
私は「最後にとっておきのブーメランを返してきたなぁ、監督…」という印象を受けました。

おそらく今、ルルとナナリー兄妹との間では‘仮面’と‘真実の姿’の逆転現象が起きています。

ゼロという仮面をかぶる事にしたルルにとって、ナナリーに見せる「優しく誠実な兄」という顔だけは真実の自分であるはずだった。
しかし、ルルのついていた嘘を知った時、ナナリーには「優しく誠実な兄」という姿が自分を手なずけるための仮面にしか思えなくなった、と。

ルルもスザクも、ゼロやギアスなどの真実からナナリーを徹底的に遠ざけていました。彼女を大事に思うからこその対応ではあったのですが、その結果、近くにいながらも彼女とは非常に上辺だけの付き合いしか出来ていなかったといえます。
視聴者なら当たり前のように知っている「嘘つきの偽悪者」というルルの真実を全く知らないんです。ナナリーは。
132. Posted by クロコット   2008年09月19日 02:42
(続き)
偽りの関係から始まったルルとロロが、ゼロやギアスなどの真実を共有して行動していくうちに実の兄弟のような(黒の騎士団よりもはるかに強い)繋がりを持てたのとは全く対照的です。

ユフィやシャーリーが、ゼロ=ルルと知った後にルルの素顔に触れる機会を得て彼を信頼したように、ルルとナナリーの2人っきりで話す事ができればまだ修復可能な関係だとは思うんですが…あと2話でどうなるか。
というか、この兄妹の関係は仮面・嘘・信じる心・許す事など今までのギアスで扱われたテーマの総決算になりそうなので、そういう意味ではシュナイゼルではなくナナリーこそが‘ラスボス’かもしれないとも思っています。

……何となく、ルルがシュナイゼルの仮面(嘘)を糾弾してもあまり説得力がない気がするんですよね。どっちもどっちな感じで(苦笑)
シュナを断罪する事に説得力があるのは、実はルルよりもコーネリアの方だと思います。「ユフィを政治的に利用し、見捨てた」という私怨ゆえに。

今回マシンガンで撃たれてましたが…まぁ生きてるでしょう。たぶん。
「銃弾が体のどこに何発当たったのか分からない」「致死量の出血をした描写がない」「遺言や走馬灯もない(苦笑)」
・・・は、このアニメ的に‘まだ死んでません’という表現だと思います。
カノン(現在のシュナの状態に思う所あり?)かディートハルト(ルルに情報流してる?)が助けたんじゃないかな〜と(希望的観測)。
133. Posted by なっきー   2008年09月19日 06:09
4  ゆいさん、クロコットさん、こんにちは!
 コメントありがとうございます。



>ゆいさん

>最後の一手
>足りない一手は、戦術や武器ではなく、『信じる心』のように
>思えてきました。
 もっともな話です。
 何より、シュナイゼルが(カノン以外)だーれも信じておらず、10億20億なんて言葉が出るように、人=数でしかないんですよね。駒を通り越して、パラメータという感じです。

 何となく、同じ手法ではルルーシュはシュナイゼルに勝てず、逆を行かなければダメなのではという気もします。

>ゼロを憎んでいたニーナを信じられるのか。
 今までもルルーシュは常に、家族や友達や仲間は他と別格扱いにしていました。

 だからニーナにも決してギアスを掛けないし、その上で信じ、もし裏切られるのならそれもやむなしと今なら考えられるのではないかと思っています。

>嘘をつき続けてきたナナリーと、心の仮面無しで、お互いにちゃ
>んと信じ合えるのか。
 多分、対面さえすればこれはどうとでもなるような予感がしています。
 最初は喧嘩を始めるかもしれませんが、逆に、この兄妹は一度喧嘩した方が良かったのかもしれないとも思います。

>その結果、想いの力でシャルルのギアスが破られたら…。
 それはキャンセラーで、というのより素敵展開です!

>もしも連鎖的に信じる心がつながって、
OPの「世界の終わり
>で僕ら一つに」が叶ったら、だいぶ鳥肌です。
 私もそれに期待したいです。

(続きます)
134. Posted by なっきー   2008年09月19日 06:11
>シュナイゼル
>〜本当の悪なのか、その悪すら仮面なのかが気になります。
 私の認識で言いますと、悪というのとは違う感じです。
 『神』 に喩えたのもそれで、支配欲などの私欲ではなく、優れた者が管理して愚行をやめさせるべきだろうという 『ただの論理』 が彼を動かしているように思います。

 善意も悪意もない、超 『上から目線』 。
 人は駒どころか 『パラメータ』 。
 『ステータス=戦争』 を平和に変えられるのなら、 『人口』 パラメータが20億減ろうが素晴らしいことじゃないか、という認識なのでしょう。
(※あくまで上から目線で善意ではありません)

 そういう意味では、↓

>〜やり方は酷いけど平和を目指している、ルルーシュ完全体
>のお兄様。
 私は逆に、致命的な欠陥があるという認識です。
 上で書いたように、世界をデジタルデータのように認識している(悪い意味での) “ゲームプレイヤー” に思えます。↓

>この人の仮面も、さらにもう一枚剥がれるのでしょうか。
 中は空っぽでしょう。心がない、欠陥人間だと思います。

>〜きっと、コーネリアは生きてると思います!
 言葉に反して悲しく思ってはいないと思いますし、もちろん憎しみもないことでしょう。
 下手すると 『既にコーネリアに関心を失っている』 辺りが正解なのかもしれません。

 …そういう意味ではとどめを刺されたりしない可能性は、確かにあるような気がします。

>みんなで考察を深める場があって幸せです。なっきーさん、あ
>りがとうございます!
 これは、私も皆さまにお礼を申し上げねばなりません。

 私自身もとても楽しませていただいていますし、何より私の記事のみではこういった価値は決して生まれることはなかったのですから。



(続きます)
135. Posted by なっきー   2008年09月19日 06:13
>クロコットさん

>〜私は「最後にとっておきのブーメランを返してきたなぁ、監
>督…」という印象を受けました。
>おそらく今、ルルとナナリー兄妹との間では‘仮面’と‘真実の
>姿’の逆転現象が起きています。
 確かにそうですね。
 隠されていた真相を知ったとナナリーが思ったときには、それは既に仮面になっていたわけですから…。
 代わって、以前の優しい兄を内に閉じこめてしまっています。

>ルルもスザクも、ゼロやギアスなどの真実からナナリーを徹底
>的に遠ざけていました。
 ルルーシュの気持ちもわかりますが、家族としてはそんな形で大事にされても寂しいものです。
 本来支え合うのが 『人』 であるならば、ルルーシュたちはナナリーに人として向かい合ってこなかった、とも言えるかもしれません。

>〜「嘘つきの偽悪者」というルルの真実を全く知らないんで
>す。ナナリーは。
 ずっと会っていなかった影響も大きそうです。
 彼らは、その(ある意味)幼い関係を変えることができないまま、以前の印象をお互いに 『偶像』 として持ち続けることになったわけですしね。

>偽りの関係から始まったルルとロロが、ゼロやギアスなどの
>真実を共有して行動していくうちに実の兄弟のような〜繋がり
>を持てたのとは全く対照的です。
 一方でこちらは、接し続けたお陰でロロの中の偶像は木っ端微塵に粉砕されています。
 ロロが 『ロロの考える兄の偶像』 にだけ向くことをやめたとき、初めて兄弟になれたのが象徴的だと思います。

>ユフィやシャーリーが、ゼロ=ルルと知った後にルルの素顔に
>触れる機会を得て彼を信頼したように、〜
 この2人はさらにわかりやすい形ですよね。
 最初に持っていたイメージ、それが覆されても、それでも真っ直ぐにルルーシュに向き合ったから、あっという間に真実に近付いています。

(続きます)
136. Posted by なっきー   2008年09月19日 06:18
>ルルとナナリーの2人っきりで話す事ができればまだ修復可能
>な関係だとは思うんですが…あと2話でどうなるか。
 この辺、全く同感です。
 ずっと会っていないと、(相手ではなく)自分の脳内イメージと喧嘩してしまう場合が現実にもありますし…。

>〜この兄妹の関係は仮面・嘘・信じる心・許す事など〜
>そういう意味ではシュナイゼルではなくナナリーこそが‘ラス
>ボス’かもしれないとも思っています。
 逆にシュナイゼルは、 『仮面』 とか言ってますが中身が空っぽに思えてならないんですよね。
 空っぽだからある意味無敵(弱点がない)ですが、でも人として壊れている、と言えそうです。

>……何となく、ルルがシュナイゼルの仮面(嘘)を糾弾しても
>あまり説得力がない気がするんですよね。
 シュナイゼルの全てがシミュレートと計算でしかないのなら、それは人というよりシステム。
 仮面を剥がしても無意味かもしれません。

>シュナを断罪する事に説得力があるのは、実はルルよりも
>コーネリアの方だと思います。
 シュナイゼルは大量殺人者で、さらに殺戮を続けるつもりなのですから、その 『正義』 に賛同しない者でさえあれば誰でも一緒という気はします。
 …断罪というより駆除とか言った方が近いかもしれません。

>今回マシンガンで撃たれてましたが…まぁ生きてるでしょう。
>たぶん。〜
 まあまだわからないとは思います。 
 でもシュナイゼルの中身が空っぽで、 「悲しいねえ」 が(感情でなく)シミュレートでしかないのであれば、 『生かす理由もないが殺す理由もない』 という形で治療され、拘束されている可能性はありそうです。↓

(続きます)
137. Posted by なっきー   2008年09月19日 06:21
>カノン(現在のシュナの状態に思う所あり?)かディートハルト
>(ルルに情報流してる?)が助けたんじゃないかな〜と
 つまり私の考えでは、悲しいねえがシミュレートなら、その先の行動もシミュレートによって決まるというわけです。

 スザクやニーナにそうだったように、もうコーネリアへの関心も失っていそうですし、治療した上で監禁するか、あるいはダモクレスから放逐して終わりかもしれません。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Archives
Blog 内検索
Google
www を検索
このブログ内を検索
Recent TrackBacks
Recent Comments