2008年11月30日

機動戦士ガンダム00 2ND SEASON #09 『拭えぬ過去』4

 ソレスタルビーイングのティエリア・アーデはイノベイターを率いるリボンズ・アルマークと会い、そこでソレスタルビーイング創設者、イオリア・シュヘンベルグの計画にソレスタルビーイングの滅びが含まれていたことを伝えられた。
 しかしティエリアは計画に従う道ではなく、自らの信じる道を進むと宣言した。

 運転手を装ってティエリアに随行していた刹那・F・セイエイは、ソレスタルビーイングに身を寄せている沙慈・クロスロードの想い人がパーティに出席していたルイス・ハレヴィその人であることを知る。

 刹那がティエリアと共にプトレマイオス2へ帰投の最中、行く手にガンダムスローネの発展型、アルケーガンダムが出現した。
 パイロットはアリー・アル・サーシェス、平和と統一に向かう世界に背を向け、ガンダム同士の戦争を望む者だった――。



最終更新: 2008/12/02
 クジョウの名前、クエスチョン表示を削除
 コメントでお教えいただき、ありがとうございます



 

戦闘狂

 とうとう刹那の機密情報漏洩祭のツケが来て、慌てて逃げる羽目になったのが前回でした。

「だが、見つけたぞ、刹那」
「!!」
「世界の歪みを。
 そうさ、僕たちはガンダムで、世界の歪みを破壊する!


 そこにぎっちょんが襲来。
 最初にファングを飛ばしてきますが、これが速くて、刹那たちの攻撃がまともに当たらない始末。

 小回りが利かない分こういった小うるさい攻撃には弱いというか、セラヴィーが被弾。



刹那「生きていたのか……、アリー・アル・サーシェスッ!!」
「おうよ! だがお前らのせいで、身体の半分が消し炭だ!
 野郎の命だけじゃ物足りねェんだよッ!」
「くっ…! 貴ッ様ァァッ!!
「再生治療のツケを払え! てめえの命でなァッ!


 ずっとテレパシーで会話していましたが(違)、今回はちゃんと通信を繋げてます。
 なので、刹那も相手がアリーだとはっきり確認。

 4年前の戦闘のとき、アリーのスローネツヴァイの被弾 → 爆発に数秒の間があったので、その間に脱出したのだと思うのですが、さしもの彼も無事脱出とは行かなかったようです。
 それが新たな怨みに……と言っても、アリーは再生治療もできない死人を、それも戦争の種を蒔き続けるために増やし続けていたわけで、まるで共感できません。



「やはりアロウズに捕まった……。ガンダムで行かせて正解ね。
 待機中のアレルヤたちに連絡を」


 それなりに決心が付いたのか、スメラギ、以前よりかなり強さを感じる表情をしています。
 是非このまま頑張って欲しいところ。



 00+セラヴィーとアルケーの2対1、ハンディキャップマッチですが、アリーには射撃も斬撃も通じず、苦戦。
 爆煙を煙幕代わりに分離したGNバズーカを両手に持ち、アルケーに迫るセラヴィーに一瞬驚くアリーですが、一瞬だけ。

「敵討ちをさせてもらう!」
「自業自得だ! 右目が見えねェくせに戦場に出てくるたァ!」
「貴ッ様ァッ!」


 感情的な話は置いておいて、これはアリーの言うことももっともだと思います。
 戦力的にいつもギリギリのソレスタルビーイングだから治療する暇はないとニールが判断したのも決して間違いとは言えませんが、自殺行為だったのも確かなわけで……。



 バズーカ2本をアルケーが両腕で止めている隙に、セラヴィーの右膝のGNキャノンの砲塔からビームサーベルが出現
 面白いギミックですが、この奇襲も避けられてしまいます。

「隠し腕……!」
「避けた!?」
「こっちにもあるんだよォ!」


 アルケーも両足からビームサーベルを出して、さらに……関節の可動域も広いのでしょうか?
 ちょっと人間には不可能な振り方をして、セラヴィーの右膝の砲塔を斬ってしまいました。
 キャノンの砲塔は爆発、一度距離を取ったアリーはほくそ笑みますが、00が助けに来て斬りかかり、セラヴィーも同時に斬りかかりますが、両方受けられてしまいます。

 両方鍔迫り合いなら互角……というわけではなく。



「ファングッ!」



 ……うーん、2対1程度では勝てそうな気がしません(汗)。

「まとめてお陀仏!
 ……!?」


 そこに後方から不意打ちのビーム連射が来ますが、これも器用に回避するアルケー。

「援軍……、4対1か。
 ……さすがに分が悪い」


 そう言いつつも、1対4でもついに被弾しないまま撤退
 今のところ、勝てそうなヴィジョンが見えない感じです。



 アレルヤはスメラギからの帰還命令を伝えますが――。

「なぜ止めるッ! 奴はロックオンの仇だ!」
ライル「!! 兄さんの…仇……?」
刹那「やはり、生きていた……、アリー・アル・サーシェス……」


 ライルがこれをどう考えるのか、注目ですね。



「クルジスの小僧め……、しぶてえものだ……。
 くくく…、けどな、そう来なくちゃいけねェよなッ! こうでなくっちゃ!!」


 こういう時間だけが、彼にとって 『生きている』 状態なのでしょう。
 だから、ソレスタルビーイングが壊滅してアロウズによる統一が進んだりしたら、たちまちアリーは 『死んでいる』 状態になってしまうわけで、そうなれば、あるいはそうなる前に碌でもない行動に出るのは明白にも思えるんですよね。
 そして、例え裏切りを警戒していたところで、ここまでの能力を持つアリーをそうそう止められるとも思えません。

 リボンズはその辺、この戦闘狂をちょっと甘く見ている気がします。



リジェネ・レジェッタ

「リジェネ、君のお陰でパーティが台無しだ」
「ティエリア・アーデを怒らせたのは君だよ? うまく振舞えば彼を仲間にすることもできたはずだよ。
 せっかく僕がお膳立てしたと言うのに」
「ふっ……、彼らには、僕たちに対抗して欲しいのさ」
ヒリング「ソレスタルビーイングが活動すればするほど、アロウズは世論から支持を受け、その行動が正当化される。
 いいんじゃない? 相手がカタロンだけじゃ物足りないわ。
 戦闘用であるあたしの出番が無くなっちゃうもの」




 戦闘用にヒリング・ケアと名付けるのはどうかと。(ぉぃ
 ハティング・キルとかに変えるとか……。

 リヴァイヴも戦闘用なのでしょうね。

 ……髪の色からしても、ヒリングはリボンズとほぼ同じDNAを元として、作られている気がします。

 ティエリアが戦闘用、リジェネが非戦闘用。
 ヒリングが戦闘用でリボンズが非戦闘用。
 なら、リヴァイヴと対になる非戦闘用のイノベイターがいる可能性は高そうですね。

 リジェネは、ティエリアに 『兄弟』 という意識を持っているのかもしれません。
 それもあって、仲間に引き込みたいと思っているのかも。



 リジェネは、自信満々のリボンズの痛いところを衝く作戦に切り替えます。

「……ツインドライヴシステム」
「……」
「2つのGNドライヴを搭載したガンダムは、ソレスタルビーイングが独自開発したものか、それとも、トランザムシステムと同じように、イオリア・シュヘンベルグの遺産か、」
「どちらにしても構わないよ。
 あの程度の性能、ガデッサに遠く及ばない。
 次の戦闘でリヴァイヴ・リバイバルが証明してくれるさ」




 次の対決でガデッサは00に敗北、と。
 ……いえ、こんなことを言っていると、相手を驚嘆させつつも敗退という未来しか予想できなくなるわけで。(ぉぃ

 このリジェネの言葉もかなり効いていて、リボンズは 『自分が知らないイオリアの遺産』 を明らかに否定したがっていますよね。
 でも、ガデッサが00に負けるなどして、だんだん認めざるを得なくなっていく―― それでも認められずに戦況を悪化させる―― 気がします。



ヒリング「あたしの出番も用意してね、リボンズ」
「もちろんだよ」


 このままだとリボンズの思惑を裏切って、リヴァイヴが負けてヒリングの出番が来る気がするのですが……。



ルイス・ハレヴィ

 王留美はパーティからの帰りの車中。

「刹那たちは無事、脱出できたようね。
 ……イノベイターとの対立は、変革を加速させる……。
 ふっ、楽しみだわ」


 その先に何を期待しているのか、留美の場合、そこがよくわかりません。
 『紛争根絶』 ではないのは確実でしょうが、秘密裏に両方を焚き付けて衝突させることからして、リボンズたちが認識するイオリアの計画そのままということも無さそうです。



 アンドレイは駐車場で苦しみ、薬を飲んでいたルイスを気遣っています。
 もう問題ないと答えるルイス。

「……私の身体について、お訊きにならないのですか?」
「…………訊いて欲しいか?」
「いえ! ……お気遣い、感謝します」


 でも、そもそも彼、既に知っていました。
 データベースを検索して知ったようです。

(ルイス・ハレヴィ―― 、ガンダムによる攻撃で、両親や親族全てを失い、自らも毒性を持つGN粒子を浴び、細胞障害を煩い……。
 復讐か……。
 あの若さで戦場に出る理由、可憐なドレスこそ似合う少女が……。)


 きっとこれ、ルイスの駐車場での普通ではない様子から、心配になって調べてみたのでしょうね。



 そのルイスは、刹那がビリーにソレスタルビーイングのメンバーだと糾弾されたことを思い出しています。
 当然そちらにも憎悪を向けると思いきや、そうでもなさそうです。

 刹那とは僅かな接点でしたが、刹那の木訥な人柄を見抜いて、むしろ 『なぜソレスタルビーイングに?』 と疑問を感じているのかもしれない、と思います。
 一般人視点では恐らく、ソレスタルビーイングは 『狂信者集団』 といったイメージだと思うんですよね。

 ルイスは復讐鬼として正常な判断力を失っているというわけでもなく、結局、あの事件がトラウマになって、普通の幸せを夢見ることができなくなっているのでしょう。
 『先にソレスタルビーイングのような者が出ない世界に変えないと、私は前に進めない』 とか、そんな感じではないかと。



 考え込むルイスですが、ミスター・ブシドー機が窓の外、自分が乗る飛行機の後方に飛んでいくのに気が付きます。



ソレスタルビーイング

 プトレマイオス2にガンダムが全機帰還すると、スメラギは宇宙に戻るという指示を出します。
 現実に海の中でも安全ではなかった以上、私もこれは妥当な判断だと思います。

「私の予測だと、12時間以内に敵が包囲網を布いてくる。逃げられないわ。
 それに、ラグランジュ3に行けば、ガンダムの補修と、サポートメカの受け取りもできる」
ラッセ「……わかった」
「フェルト、ミレイナ、大気圏離脱シークエンスに入ってくれる?」


 大気圏突入時に、なら離脱もできるのだろうと予想したのは当たりました。

 まあこれは、当たった人は多そうですよね。
 ガンダムならともかく、トレミーくらいの大型のものを軌道エレベータで、というのはちょっと無理がある気がしますし。



沙慈「ルイスに会った!?」
刹那「ああ、偶然にな」
「……元気だった?」
「ああ、お前のことについて訊かれた。宇宙(そら)で働いていると答えた」
「……そう、そうなんだ」
「連絡取ってないのか」
「……ぅ……、それは……」


 もうすっかり友達。
 そんなことじゃダメだと言いたげな刹那、いい感じです。

 ……でも今回、カメラを引いたときの絵が荒れ気味のような……。
 アップのときは綺麗なんですけどね。



 そこにやってくる他のマイスターたち。
 アリーとニールの因縁について知らなかったライルも、ここでティエリアからそれを聞き出すことができたようです。



リヴァイヴ・リバイバル

 アンドレイとルイスが、カティのいる大型機に帰還しました。
 カティはアーバ・リントと作戦会議中。

「ガンダムをロストしたポイントと、移動速度、経過時間から、敵艦はこの辺りの海底を航行していると推測されます。
 我が隊は6機のトリロバイトでエリアを包囲し、発見次第、攻撃を開始します」
「……制空権の確保は?」
「モビルスーツ2個小隊もあれば、十分でしょう。……彼らは、海中から出ることはないでしょうか」

リヴァイヴ「その戦術には、異を唱えさせていただきたいですね」

カティ「……」
「お忘れになっていませんか?
 敵艦は大気圏を突破し、地上に降下してきたのです。
 ならばその逆も有り得るかと
リント「そんなことは、」
「私も同意見だ。
 ガンダムのGNドライヴには、トランザムと呼ばれている、高濃度粒子全面開放システムがある。
 それを利用すれば恐らく……」




 トランザムという名前を知っていることに微妙に違和感。
 イノベイターからの情報提供でしょうか?

 リヴァイヴは静止衛星軌道上の部隊との連携を取るのがお勧めだと言い、さらに。

「敵の指揮官も、今のオーソドックスな戦術は、先刻お見通しでしょうし」
リ「無礼な! 上官である私を愚弄する気か!」
「ライセンスがあります」
リ「何だと!?」
カティ「……貴官もワンマンアーミーだと言うのか?」




 これ以上問題児は増えないで欲しい、という心の叫びが聞こえるようです(笑)。
 ……幸いリヴァイヴは、空気が読める人でした。



「ミスター・ブシドーと違い、大佐の戦術に従うことをお約束しますよ」
「それは有り難いな」
リ「……くっ……、うっ……」


 リヴァイヴはリントを無視。
 私的に、ちょっとリヴァイヴの好感度アップ(笑)。

 リント、相当苛立ってます。
 カティ・マネキン大佐にも大きな顔をしているように、グッドマン准将の子飼いということで、リント少佐は階級以上に発言権を得ているようですしね。



ライル・ディランディ

「なるほどね。
 兄さんは家族の仇を討つために、その、アリー・アル・サーシェスって奴を……。
 ふっ、はははは……」
「何を笑う」


 ティエリア、むっとしてますが、これはティエリアがさらに成長するための過程な気がします。

「世界の変革より私怨か。兄さんらしいと思ってな」
「…………不服なのか」
いや、尊敬してんだよ。
 家族が死んだのは10年以上前のことだ。俺にはそこまで思い詰めることはできねえ」

「仇が、ここにいるとしてもか」




 ……刹那。
 彼らしいやり方です。

 ニールが刹那に一時怒りを向けたことを思えば、むしろ秘密にしておくのは良くないと考えたのでしょうね。
 機密漏洩しまくりのスカウトっぷりを見ても、秘密主義はとことん性に合わないらしい刹那、これはらしい対応だと思いました。

 KPSAに所属していたことをあっさりぶちまける刹那。
 さすがに驚くライル。

ティ「刹那」
アレルヤ「何もそこまで」
「言うべきことはある」




「当たり前だ! 俺は神の代わりに務めを果たしに行くんだ」
ソラン・イブラヒム「ダメだよ、死んじゃうよ!」
「何だよお前、死ぬのが怖いのか! それは神を冒涜する行為だぞ!」


 次のシーンで映ったのが、ライルたちの両親と妹だったのでしょうね。
 手前を歩くのが、爆弾を抱えたあの少年。

アリー「これは神のための聖戦である!
 伝統を軽んじ、神の土地を荒らす不信仰者どもに、神の代行者である我々が、鉄槌を下すのだ!」


 ニールかライルかはわかりませんが、ピエロから風船をもらおうと離れていて無事。
 もう一方も何かで離れていたのでしょうね。



「……あのとき、俺が仲間を止めていれば……。
 ロックオン、いや、ニール・ディランディは、マイスターになることもなく、」
アレルヤ「刹那……」
ライル「そのとき、お前が止めてたとしても、テロは起こってたさ。
 そういう流れは変えられねえんだ」
「だが、」
「全て過ぎたことだ。昔を悔やんでも仕方ねえ。
 そうさ、俺たちは過去じゃなく、未来のために戦うんだ」


 この言葉にティエリアは何か感じるところがあったようで、無言で部屋を出て行きます。
 今までライルをどこか受け入れがたく思っていたかのようなティエリア、これで彼をニールとは違う、けれど別の価値を持った人格として受け入れることができそうな気がします。



(己の正義に殉じて生きる。
 ……だが、それが本当の未来に繋がるのか?
 イノベイターに敵対することが、本当の未来に……。)


 リボンズに会って、正義に反して計画に従うよりも、自分の正義に従うと判断したばかりですが、迷いが生じています。
 でも、私は思うのですよ。

 迷うのは、ちゃんと考えている証。
 少しも迷わないリボンズたちの方が、私には道を間違えそうに、危うく見えます。



ミスター・ブシドー

「やはり新型を開発しているか」
ビリー「グラハ…、
 いや、今はミスター・ブシドーだったね」
勝手にそう呼ぶ。迷惑千万だ」




 公式でも 『その正体とは一体』 だったので本人の希望かと思っていたのですが、違ったようです。
 しかし、逆に本人が本名を名乗っていればそんな表記になるはずがないので、あくまで名乗ろうとしなかった彼を、周囲が便宜上そう呼ぶようになったと見るのが正解っぽい気がします。
 ……そりゃ、 『名無しさん』 では周囲が困りますからね。

 ところでブシドーは、ここには開発主任就任の祝福に来たとこのこと。



「それと、試作段階のあの機体を、私色に染め上げて欲しい」
「……っ! どうやらそっちが、ここに来た本命だね。
 要望はあるかい?」
「最高のスピードと、最強の剣を所望する」
「合点承知。
 その代わり、確実に仕留めて欲しい。……ソレスタルビーイングを」
「……! 無論だ。
 私はそのためだけに生きている」


 今の腕の差から言えば、確かに速さと強い剣があれば刹那にあっさり勝てそうです。

「……ふ。
 あ、そう言えば君のいる部隊、作戦行動中のはずじゃ……」
「艦隊戦に興味はないな」
「……そこまで作戦を読んで」
「心眼は鍛えている」




 恐らくアロウズに参加する条件が、この勝手放題ライセンスだったのでしょう。
 そして許可を出した側も、現場の迷惑とかは予想した上で(笑)、一騎打ちで成果を期待できるのならそういった形も有りだと考えたのだと思います。



プトレマイオス2包囲作戦

 アロウズの各機が配置に就いて、あとはトレミーを発見次第作戦開始という状態になります。
 リントは凄く不満そうな顔をしています(笑)。

「私は本作戦には関わっていないことを承知しておいてください」
「……好きにすれば良い」


 うん、つまり戦果があってもリントの功績はゼロってことで。
 カティの返事にも何だか、 『こいつ子どもだなあ』 とか思ってそうな間が……(笑)。

 リントも、今こそカティが言っていた 『勉強させてもらおう』 的な言葉を返すいい機会だと思うんですけどね。
 『失敗しても知らないですよ』 では、何とも格好悪い話。



「大佐、やりますよぅ!」
 炭酸、張り切ってます。

ルイス「あれが、ガデッサ……」
アンドレイ「またも新型か。……アロウズにはどれほどの規模と予算が……」


 溜息をついているアンドレイ。
 『軍にもっとカネを回せ』 的なタイプの軍人ではないようですね。
 『他にもっと使うべきところもあるだろうに』 と思っていそうです。



刹那「スメラギ・李・ノリエガにまだ報告していないのか」
ティ「…………今、考えをまとめている」
「あのときの続きを聞かせてくれ。お前が見つけた歪みとは何だ」
「…………それは……、っ……。
 ……僕は……」


 リボンズやリジェネの言ったこと、敬愛するニールの言葉、それらが次々に思い出されるばかりで、考えがまとまらずにいます。
 まあ、急いで答えを出して迷いがそのまま、では意味がないので、ここは時間を掛けて悩むべきでしょうね。

 幸い(?)、トリロバイトの接近がこの時点で探知されて、刹那たちも戦闘配備につきます。



「赤道上にいることを敵が予測していた……。
 やるわね」


 結果的にカティ相手の言葉だったならシナリオ的にもいい感じなのですが、この予測はリントの方。
 沙慈とマリーもブリッジに呼ばれ、荒っぽいことになるからとシートに座るよう言われます。

 彼らが着席するなり、艦首を上げて急浮上体勢に入るトレミー。
 そんな艦内で、固定されてないのが1個だけ残ってます。

『ア〜〜〜〜〜』

 ……欠陥住宅を特集したテレビ番組の、転がっていくビー玉を連想しましたよ。
 転がっていくハロに和みます。



刹那「中東をあのままに宇宙(そら)へ上がる……、アロウズから逃げるために……」

 でもこれは見捨てるのではなくて、全滅しないための後退ですから。
 ……気持ちはわかりますけど。



 トリロバイトからの大型魚雷発射を探知すると、スメラギは00以外のガンダム3機にトランザム発動を指示します。

「GNフィールド最大展開! トレミー緊急浮上、爆発の上へ!

 ……なるほど。
 トランザムで急加速し、集中的に発射された魚雷群の上へ出たトレミーはこの爆発に押され、さらに急加速します。

「トレミーを飛行モードへ!」



「敵艦、海面へ急速浮上! さらに上昇!」
リント「や、奴ら、本気で大気圏を!」
カティ「私の予測より早い! トリロバイトの攻撃を初期加速に利用したか……?
 敵艦の上昇ルートを算出しろ!
 …………」


 相手がクジョウだと完璧に確信したっぽい?
 まあ、時間の問題でしたけど。

ルイス「あ、あのスピードは……」
アンドレイ「艦船のスピードじゃ……」


 空中を塞いでいたはずのモビルスーツ部隊もあっという間に抜かれ、後ろからの射撃で追撃することになります。
 しかし、

炭酸「効かねえじゃねえか!」

厚いGNフィールドに阻まれて、ダメージを与えられません。
 逆に全砲門を開いたトレミーからの一斉発射で、アロウズ側に次々被害が出てます。

炭酸「またかよ!」

 彼らしいとも言えますが、今までの戦闘を見るに反応速度自体は優秀そうな彼のこと、ばらまいただけの攻撃は避けて欲しかったかも?
 本当に機体を壊すことが多い彼。
 ……でもまあ、この程度のことなら今回も怪我一つなく帰還するでしょうし、さすが 『不死身のコーラサワー』 、そういう意味では安心して見ていられます(笑)。

ルイス「逃げるな! ソレスタルビーイング!!」

 そこに沙慈もいるわけで。
 ……でも、刹那がソレスタルビーイングと知ったときの反応からして、そこにいるのも同じ人間なのだとルイスが理解するのは、意外と早いかもしれない、とも思います。



カティ「何という剛胆な戦術だ……、やはり……」
「進行軌道、割り出せました!」
「リバイバル大尉!」

「上昇角度の変更はたったの3度。
 このガデッサには容易いこと!」


 今回のガデッサは、遠距離狙撃能力を見せましたね。
 トレミーは、艦内に衝撃こそ走ったものの、GNフィールドで耐えきって損傷は無かった様子。

沙慈「直撃!?」
マリー「……大丈夫です」


 たちまち狼狽える沙慈と、そんな沙慈を落ち着かせるマリー。
 ……自分から戦おうとはしていないマリーですが、 『もっと一般人』 の沙慈みたいなのがいると、 『自分がもっと前に出るべきかもしれない』 と考えそうな気がします。



「角度を変えられた!? 敵の指揮官、本当にやる!」

 損傷は無かったものの、上昇角度を変えること自体が目的だったわけですか。
 そして……。

カティ(……第1シークエンス終了。敵のトランザムシステムには限界時間がある。
 後は、ジェジャン中佐次第……。)


 つまり、待ち伏せしている宙域へ送り込むためだったわけですね。
 高度1万キロに達して低軌道リングを越えたとき、トレミーは再び攻撃を受けます。

沙慈「まさか……、待ち伏せ!?」
フェルト「トランザム、限界時間を超えます! 再チャージまで、GNフィールドが消失します!」


 ついに被弾するトレミー。
 敵は巡洋艦1機、モビルスーツ6機。

スメラギ「……そう。予測範囲内ね」

 強気だなあ……。
 きっとこれがクジョウ、本来のスメラギなのでしょうね。



 敵が一時的に無力になったと思って畳みかけようとするジェジャンですが、トレミーは00を先に射出していました。

 ……なるほど、確かに00だけはこのトランザムでサヨウナラ作戦に必須ではないわけで、別行動が取れますね。
 しかも、そのことをアロウズ側が知らない(ここが重要)わけです。

 待ち伏せ部隊からの射撃が00に集中しますが、一般兵―― と言ってもアロウズ所属ならエリートだと思いますが―― では当てられず、全て回避。

「00、目標を駆逐する!」

 逆に00からの射撃はジェジャンのいるブリッジに真っ直ぐに……。
 刹那、駆逐艦を撃破。

 敵モビルスーツも残り4機となって、撤退を開始します。



ラッセ「読み勝ちだな!」
スメラギ「どうにかね」
沙慈「…………」


 発言はしないけど何か考え込んでいる沙慈と、それを振り向いて見ているマリー。
 ……やっぱり、 『この艦には一般人まで乗っているというのに、私が戦わないわけにはいかない』 と考える日が近い気がします。



 これでアロウズ側の今作戦の最後の砦、待ち伏せ部隊も追い散らして安心感が漂ったトレミーに、通信が入ります。

フェルト「スメラギさん、敵モビルスーツから、有視界通信によるメッセージが届きました」

 読み上げるようスメラギが頼むと……。

「ソレスタルビーイングの、リーサ・クジョウの戦術に敬意を表する。
 独立治安維持部隊大佐、カティ・マネキン。

 ―― 以上です」

ラッセ「何だ、そのメッセージ……」
スメラギ(……マネキン……、カティ・マネキン……。
 そんな……、彼女が、アロウズに……。)

フェルト「スメラギさん?」
ミレイナ「どうしたんですか?」

「逃げられないのね……、私は……」
(あの忌まわしい過去から……、拭えない過去から……。)




 どんな過ちも、無かったことにはできません。
 もちろん、恋人あるいはその候補を死なせてしまったスメラギだってわかっているはず。

 追い詰められると必ず逃避してしまっていたスメラギですが、もう背を向けることはやめて、正面から乗り越えなくてはいけない時期が来ているのだと思います。

 過去映像が出ましたが、カティとは(大方の予想通り?)親友だったようです。
 単にエミリオが死んだだけではなく、その親友の部隊と同士討ちをしたという事実も、スメラギの心の傷を広げる効果を持っていたのでしょうね。



 カティも親友、そして同じ傷を持つ者として、そうしたクジョウの心理を理解しているのでしょう。
 だから、このメッセージがあったのでしょう。

 相手を名前で呼んでのメッセージ。
 100%の、絶対の確信が無ければ送れません。

 これはきっと指揮官の正体がわかったというだけではなく、 『なぜあなたがソレスタルビーイングにいるのか、私は理解している』 という意味を持っている気がします。



 そして以前、私が記事に書いたことに、 『カティ側だけが相手の指揮官を理解すれば、一方的に大きなアドヴァンテージを得られる』 といったことがありました。
 カティはその利を放棄した、これも重要な要素。

 これは恐らく、 『私はアロウズに忠実なわけではない』 というメッセージなのでしょう。
 気心が知れた親友であり、しかも相手が有能であると知っているが故の、秘密のメッセージというわけです。

 今この時点でスメラギがそれらに気付いていないとしても、察するのは時間の問題とも思えます。
 そのとき、彼女たちの頭脳戦も、また違った様相を呈し始めるかもしれません。



オーライザー

 ホーマー・カタギリ司令は今回の結果を知って、何か決断した様子。

「ジェジャン中佐の戦死……、これ以上の犠牲を出すわけにはいかん。
 彼らに要請するしかあるまい……。イノベイターを、人類を越えた存在を……」


 ……どうもホーマーは、彼らの力を借りたくなかったっぽいですね。
 借りた分、どこかにツケが回ると察していたのでしょうか。



 一方こちらは、ラグランジュ3でしょうね。
 イアンともう1人、女性が、岩塊をくりぬいたドックでそれを目にしています。

イアン「おお、こいつか!」
「型式番号、GN−R010、機体名、オーライザーよ」
「よくやってくれた、リンダ!
 こいつがあれば、00は無敵だ!




 イアンがそこまで太鼓判を押すオーライザー、どんな能力を持っているのでしょうか?
 00の、より具体的にはツインドライヴの粒子量に関係しているのだとは思いますが……、正直、まだよくわかりません。

 ……個人的には、次回でいきなり能力の全容がわかるより、うまく伏線を張っていって、後の戦闘で明らかに、という形を期待したいです。



次回予告

 死を考えることで生を実感する。
 ならば、過ちがないと人は正しき道を選べないのか。

 次回、 「天の光」
 それは、罪を背負った天空の輝き。




 言っているのは、ソレスタルビーイングを悪として切り捨てることでしか、未来へ進むことはできないのかという意味に思えます。
 ティエリアの悩みがクローズアップされそうな感じ。

 以下、シーンをピックアップ。

 ネーナ、もしかしてソレスタルビーイングのメンバーとばったりの図?
 ライル、アレルヤ、イアン、リンダ、ミレイナという面々ですから、オーライザーを回収に行ったらなぜかネーナが来ていた、ということかもしれません。

 長い紫髪の後ろ姿。
 某外伝の人とかだったり?
 わざわざ後ろ向きの絵を選択する辺り、顔を見ればわかってしまう人なのでしょうし。

 黒いモビルスーツ。
 ミスター・ブシドー機でしょうね。
 強い剣を持って、早速00に挑んでいるのでしょう。

 頭を押さえて何か離しているマリーと、心配そうに見ているアレルヤ。
 今回を見るに、マリーが、私が戦わないままではいけないと言い出して、アレルヤが止めようとしている図に思えます。

 マリナに何か言っているシーリン。
 場所はどこかの坑道のようです。
 マリナができる行動を見つけて、それをシーリンが危険だと止めようとしている気がします。

 シャワー中のティエリア(多分)
 悩んでる様子。

 投光器で照らされているセルゲイ!?
 ソーマ・ピーリスを逃がしたことがばれたのかも……(汗)。
 心配です。

 マリーに何か言っている沙慈。
 この2人、戦いが嫌いな同士で気が合いそうですよね。
 この絵の時点ではそういう雰囲気ではないですが、流れ次第で、マリーからルイスの話も聞けるかもしれません



 次回にも期待しています。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第9話「拭えぬ過去」  [ ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ ]   2008年11月30日 23:17
僕たちはガンダムで世界の歪みを破壊する-----!!いよいよ再会したサーシェス。なんとか生きていたようですが、身体の半分はメカってことらしい。だから半端なく強い。「再生治療のツケを払え!!てめえの命でなぁ!!」だが今度の機体。ファングを使うのでまた厄介(>...
2. 機動戦士ガンダム00 2nd Season #09 拭えぬ過去  [ Ηаpу☆Μаtё ]   2008年11月30日 23:19
逃れられない、忌まわしい過去
3. ガンダム00 09話「拭えぬ過去」  [ 大吉! ]   2008年11月30日 23:25
<日曜日> 途中で宅配が来たり、洗濯物を忘れていたりしたので、あちこち見損なってしまいました。 ロックオン弟は、兄の仇がアリーだと知り、間接的な仇が刹那だと知った訳ですが、割と前向きでしたね。反応が兄より穏やか。 「過去ではなく、未来のために戦っているんだ...
【感想概略】 今回は、ほとんど全身凶器のサーシェス専用MS・アルケーガンダムと、ダブルオー及びセラヴィとの戦闘が描かれ、ライルの実は理殮.
5. ガンダム00 セカンドシーズン ♯09 拭えぬ過去  [ つれづれ ]   2008年11月30日 23:33
 サーシェスのいかにも悪役然とした登場がなんともいえないですね。ニールの仇ということで見るたびに嫌になります。彼が乗っているだけでアルケーガンダムもなんだかおどろおどろしく感じてしまいます。
6. 機動戦士ガンダム002nd#09合点承知!!  [ 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ ]   2008年11月30日 23:47
生きていた「ぎっちょん!!」中近東に「ぎっちょん!」に該当する言語があるかどうかそれについては、この際(/_・)/コッチニオイトイテ圧倒的な速さと強さ!!サーシェスは楽しんでいる・・戦争を第9話「拭えぬ過去」ライルは知る・・兄の仇、彼の家族を奪った刹那の過...
7. 機動戦士ガンダム00 2nd season 第9話「拭えぬ過去」  [ ミナモノカガミ ]   2008年11月30日 23:50
迷い。
8. 機動戦士ガンダムOO 2ndseason #9「拭えぬ過去」感想  [ おぼろ二次元日記 ]   2008年12月01日 00:02
アロウズの追撃を避けて宇宙へ上がるトレミーとガンダム。しかし、どこまで離れようとも過去と未来への不安は消えない。見えない未来。「拭えぬ過去」スローネの発展型MSに搭乗したアリー・アル・サーシェスと遭遇した刹那とティエリアだが、ファングを使った攻撃に苦戦...
9. 【ガンダム00】Counteroffensive.09「拭えぬ過去」  [ 彩賀の徒然なるままに… ]   2008年12月01日 00:18
今週の『機動戦士ガンダム00』第9話(通算で第34話)「拭えぬ過去」の感想記事です。
10. 機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第9話  [ ラブアニメ。 ]   2008年12月01日 00:23
「拭えぬ過去」 私色に染め上げて欲しい→合点承知! 対サーシェス戦は、ロックオンの仇ということもあってティエリアが感情的になってま...
11. 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第9話「拭えぬ過去」  [ 機動戦士ガンダムOO トラックバックセンター ]   2008年12月01日 00:54
刹那とティエリアは、強敵サーシェスの乗る“アルケーガンダム”と対峙する。4年前、ガンダムマイスターであるロックオンことニールを亡きギ..
12. ガンダム00 2nd #09 拭えぬ過去  [ ビヨビヨ日記帳2 ]   2008年12月01日 01:03
テレビ版の 『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』 を見ました。 (以下セカンドシーズンのネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない斮..
13. 機動戦士ガンダム00 2nd 第9話「拭えぬ過去」  [ 待ってられないアニメがある。 ]   2008年12月01日 01:26
ちょ、相変わらず顔がアップすぎる(笑)
14. 機動戦士ガンダム00 2nd season 第09話 感想  [ 荒野の出来事 ]   2008年12月01日 01:38
 機動戦士ガンダム00 2nd season   第09話 『拭えぬ過去』 感想  明日はパソコンが勝手にシャットダウンしませんように・・・。  ??..
15. 機動戦士 ガンダム00 2nd SEASON 第9話 『拭えぬ過去』 ティエリア感想?  [ 腐麗蝶の柩-ティエリア愛〜ガンダム00+コードギアスファンサイト(祭一歩手前) ]   2008年12月01日 01:46
感想 イラスト ガンダム00 セカンドシーズン ガンダムOO 拭えぬ過去 9話 9話 感想記事? ティエリア †: ↓ストーリー概??.
16. 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第9話「拭えぬ過去」  [ ぷらすまいなす研究所 〜in the azure〜 ]   2008年12月01日 02:07
「再生治療のツケを払え!てめぇの命でなぁ!!」 ということで、Cパート限定キャラを脱したサーシェスが派手に暴れてくれました。 HCM-Pro62-00 G-BOX オーライザー+ダブルオーガンダムコンプリートセット ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~バンダイ 2008-12-25売り上げ....
17. 「機動戦士ガンダム002ndseason」第9話  [ 日々“是”精進! ]   2008年12月01日 04:47
#09「拭えぬ過去」刹那とティエリアは、サーシェスの駆るアルケーガンダムと対峙する。ティエリアはロックオンの敵と怒りを向けるが、相手の攻撃力に圧倒されてしまう。一方、ライルはティエリアの言動からサーシェスが兄、ニールの敵であることを知る・・・。「俺たち...
18. 「機動戦士ガンダム00」レビュー5  [ アニメレビュー トラックバックセンター ]   2008年12月01日 04:56
アニメ「機動戦士ガンダム00」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *ファーストシーズン(2007/10~2008/3) *セカンドシーズン(2008/10~) *キャラクター(声優):刹那・F・セイエイ(宮野真守)、ロックオン・ストラトス(三木眞一郎)、アレルヤ・ハ...
19. ガンダム00 2nd 第9話「拭えぬ過去」  [ 見ていて悪いか! ]   2008年12月01日 07:23
えー、スローネツヴァイに乗ったら「行けよファング!!」って言わないといけないお約束なんでしょうか(苦笑
 潜入調査は一定の収穫を得られた潜入調査だったが、今度はアリーの新スローネの襲撃を受けてしまった刹那とティエリア機。  たった1機だの..
21. 機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第9話「拭えぬ過去」  [ アニメのストーリーと感想 ]   2008年12月01日 09:53
  アレルヤが発見された報告を受けたティエリア。その前に同じ容姿を持つリジェネ・レジェッタが姿を見せた。イオリアの計画に必要な存在として、生み出されたイノベーターであるリジェネ。何も知らなかったティエリアに対し、計画の詳細について話始めた。計画は3段階に分
22. 機動戦士ガンダム00 2nd Season 第09話 「拭えぬ過去」  [ 紅蓮の煌き ]   2008年12月01日 11:13
機動戦士ガンダム00 2nd Season 第9話感想です。 アルケーガンダム襲来
23. 機動戦士ガンダムOO 2ndシーズン 第9話  [ SOLILOQUY ]   2008年12月01日 11:46
機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第9話「拭えぬ過去」「世界の歪みを破壊する!」「そうはぎっちょん!さあ、始めようじゃねえか。カンダム同士によるとんでもない戦争ってやつをよっ!」速さが明らかに以前とは違うアルケーガンダムガンダム2機いても翻弄されてし...
24. 機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第9話「拭えぬ過去」  [ MAGI☆の日記 ]   2008年12月01日 13:48
機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第9話を見ました。第9話 拭えぬ過去「すまない、俺のミスだ」「だが見つけたぞ、刹那。世界の歪みを…そうさ、僕達はガンダムで世界を歪みを破壊する!!」「ところがぎっちょん!!」「あのガンダムは…!?」「スローネの発展型…?まさか!?...
25. 「機動戦士ガンダムセカンドシ−ズン」♯09【拭えぬ過去】  [ NEW FRONTIER ]   2008年12月01日 14:11
{{{ 序盤は、サーシェスとの戦闘シーン、 刹那とティエリアが、かなり不利な状況。 ライルとアレルヤ(このコンビ、珍しい)が救援に来たので、サーシェス退却。 さすがアレルヤ。敵を省く特殊能力がある(そんなわきゃないw) サーシェスがアレルヤを省いた...
26. ガンダム00 セカンドシーズン 9話  [ ハルジオンデイズ ]   2008年12月01日 15:37
9話「拭えない過去」
27. 機動戦士ガンダム00 2nd Season 第09話「拭えぬ過去」  [ 日常と紙一重のせかい ]   2008年12月01日 18:10
なんというチート合戦  この場合は高度な心理戦といった方がよろしいか…そんな9話。
28. 機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第9話「拭えぬ過去」 感想  [ コツコツ一直線 ]   2008年12月01日 18:41
 今回は主にソレスタルビーイングが地球から宇宙へ脱出していく話。スメラギとマネキンの戦術の戦いに注目です。また今回はブシドーとカタギリの再会シーンもあって面白かったです。やっぱりバレバレ…。今後新機体が完成する日がますます楽しみです!
29. 機動戦士ガンダム00 2nd season 第9話「拭えぬ過去」  [ 深・翠蛇の沼 ]   2008年12月01日 18:49
ブシドーって言うな!!! ネタ感想はこちら
30. ガンダム00セカンドシーズン9話『拭えぬ過去』  [ とりあえずがんばってみるよ ]   2008年12月01日 18:58
ガンダム00セカンドシーズン第8話 『ブシドーさんはグラ…らしい』 ビリーwwwwグラ…って、誰も言ってない暗黙の了解事項の禁句!!! ってか、そうかミスターブシドーはグラハムだったのかぁー(ここ棒読み) し、知らなかったぞぉー(この辺も棒読み) ところで....
31. 機動戦士ガンダム00 2nd season 9話「拭えぬ過去」  [ Spare Time 別館 ]   2008年12月01日 19:52
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-1625.html ※TBが反映されないため、別館から送らせてもらっています。 この記事へのTBは、本館へのTBが弾かれる場合のみご利用下さい。
32. ガンダムOO「ブシドー色に染まりたいね」  [ 別館ヒガシ日記 ]   2008年12月01日 20:05
はから脱出の戦術バトルの展開も 今回は&対サーシェスは凄い満足だし &&の過去トーク3人の思い伝わり  スメラギ対マネキンの戦術バトル見応えタップリで ブシドー&ビリーのコンビ復活で色に染まる様だし 両軍がレベルUPは確実で今後も楽しみだね 午前はブ...
33. 今日のガンダム00 #9  [ 地下室で手記 ]   2008年12月01日 20:09
「拭えぬ過去」今回は、ぎっちょんと因縁の深い刹那、ロックオンの敵討ちと意気込む2人との戦いから。2対1の状況でもぎっちょんの方が有利ですね、ファングがあるというのもありますし。ただし、増援がきて4対1だと撤収。アロウズに囲まれる事を予測したスメラギさん...
34. 機動戦士ガンダムOO 2nd season 第09話  [ 刹那的虹色世界 ]   2008年12月01日 20:31
機動戦士ガンダムOO 2nd season 第09話 『拭えぬ過去』 イノベーターと接触し、自らの正義とイオリアの理想の間で揺れ動くティエリア。両親と...
35. 第9話 「拭えぬ過去」 機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン [TVA]  [ 王様の耳はロバの耳? (アナログ) ]   2008年12月01日 20:44
冒頭から強烈な皮肉だな。 ルイスの怪我は再生できないのにアリー・アル・サーシェスの怪我は再生できるんだから…。 ソレスタルビーイング??.
36. 機動戦士ガンダムOO 2nd season 第9話「拭えぬ過去」  [ WONDER TIME ]   2008年12月01日 22:27
「貴様がロックオンの仇かっ!!」 ついにサーシェスとの戦いっ!! ロックオンの仇と言う事でティエリアが感情的になってました 過去から逃げら??.
37. 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第09話 「拭えぬ過去」 感想 (完成版)  [ 新・天の光はすべて星 ]   2008年12月01日 22:46
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 (Blu-ray Disc)アバンから暴れまわるサーシェス。アルケーガンダムの性能とサーシェスの腕も相まって2体のガンダム相手に脅威のチート力を誇ります。セラヴィーの隠し腕に吹いた。ジ・O以来かもしれないなこういうの。そのサーシェス....
38. 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第9話「拭えぬ過去」  [ 明善的な見方 ]   2008年12月01日 22:56
拭うどころか、更新してしまった炭酸w
4 Prototype石川智晶 JVCエンタテインメント 2008-12-03売り上げランキング : 13おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools  ビリーとグラ……ミスター・ブシドーが顔を合わせたことにより、どうやら「ミスター・ブシドー」が自称ではなくあだ名であるらしいことに...
40. 機動戦士ガンダム00 2nd season 第9話 「拭えぬ過去」  [ 空色きゃんでぃ ]   2008年12月01日 23:05
ガンダム同士の戦い! あ、サーシェスの乗ってるのスローネもガンダムなんですね。 ついに、ロックオンの仇との対決!
41. 機動戦士ガンダム00 2nd season 第9話「拭えぬ過去」  [ Heart of the Daze ]   2008年12月01日 23:31
「久しいなカタギリ。私の機体はどうなっている?」 「・・・え?その仮面何?何の冗談だい?それ大分面白いよ」
報告するのをすっかり忘れてましたが、OPテーマ『儚くも永久のカナシ』、CD買いました。 だが、あれ…?ソレステで聞いたイントロ部分の...
43. 機動戦士ガンダム00セカンドシーズン #9「拭えぬ過去」  [ 超特撮艦隊3バるカんX??GOLD LUSH?? ]   2008年12月02日 01:28
良かった、今回は省略されずに野原ひろし…じゃなくてサーシェスとの戦いがあったよ! 関係ないけど、野原ひろしって今ブラジルの空港で話題らしいねw で、サーシェスの戦いに私情を挟みまくるティエリアと、意外とクールな当事者せっちゃん、そして弟ライル。 そして...
44. 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #09 拭えぬ過去  [ 焼きプリン定食(2個目 ]   2008年12月02日 19:15
この年末の忙しい中「HGセラヴィーガンダム」買ってきたヽ(´ー`)ノ HG 1/144 セラヴィーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~おすすめ平均 ボリューム満点さすが合体なんかはないと某誌で発表済み楽しい。背中…Amazonで詳しく見る by G-Tools 「HGセラヴ....
45. 乙女はティエリアに恋してる 00第9話  [ 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式 ]   2008年12月02日 21:06
 アロウズってちょっと悪く言われすぎだよね。連邦にしてもそうですけど、そんなに反体制が正義って事にしたいんでしょうか?そんなんだかギ..
46. 機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第9話「拭えぬ過去」  [ またのに。 ]   2008年12月03日 01:07
CBはどんな未来の描くのか。 それは過去と向き合わなければ見えてこないんでしょうね。 それぞれの過去を突きつけられて、その上でどんな未来を求めるんでしょう?
47. 機動戦士ガンダム00 2nd season #09「拭えぬ過去」  [ 気まぐれ電波 ]   2008年12月03日 22:31
記録更新されたなコーラwww 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 (Blu-ray Disc)(2009/02/20)宮野真守三木眞一郎商品詳細を見る パーティー潜宮.
48. ガンダム00 2nd season第9話感想  [ キラ・ヤマコのファッションチェック ]   2008年12月05日 08:57
#09「拭えぬ過去」 Mr.ブシドーは本人希望でそう呼んでいるわけじゃなかったんですねw 新MSを私色カスタマイズするなら兜飾りを'''愛'''にして!私も希望しま〜す。グラハム名セリフ「この気持ちはまさしく愛だ!!」にちなんでw 以前、[http...
49. 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #09 「拭えぬ過去」  [ らしんばん@うぇーぶ ]   2008年12月05日 21:19
ブシドー神話がついに解禁! その原点は上官の先を読みすぎた能力だったのか!?

この記事へのコメント

1. Posted by 西博士   2008年11月30日 23:41
なっきーさんこんばんは

:体の半分が消し炭
さすがに無傷ではなかったようで。
再生治療という事は脳量子波などの改造は受けていないようですね、受けていたなら今までのテレパシー会話もある程度納得できたのですが。

:セラヴィー
あんな所に可愛いお手々が(笑)
プラモスルーして大正解。
やっぱり肩のGNキャノンにも仕込んであるんでしょうか。
背中の顔がバックパックごと外れてビームサーベル振るう映像が
2. Posted by ゆきぽん   2008年11月30日 23:46
5 こんばんは。今回は見れなかったので、丁寧なあらすじ紹介ありがたく読ませていただきました。ありがとうございました。
3. Posted by 西博士   2008年11月30日 23:50
脳内再生されてしまいました(笑)

:新型機
仮に武者フラッグと命名します。
たたでさえフリーダムなブシドーがコレに乗ったら色々と天元突破したあげく、今まで以上に己の道を暴走してまいそうですね。
ジニンさんの胃袋にオゾンホール並みの大穴が空いてしまわないか心配です(笑)
4. Posted by りぐ   2008年12月01日 00:16
こんばんは

>ガデッサに遠く〜
これを聞いていると00を直接見た事がないビリーは戦力を過少評価してしまいそう(新型の開発に悪影響)に感じます。まあエイフマンの系譜を受け継ぐ彼ですからそういうことにはならないでしょうけど。
そういえば今話は建物の遠景シーンで説明が入りませんでした。

>大気圏離脱
それで可能ならオーライザーにより安定した00なら軽くやってしまいそうです。

>隠し腕
孫の手みたい(笑)

>今週の炭酸氏
自分の機体の被害が大きくないと相手にダメージすら与えないというのはほとんど随伴現象です。でもおっしゃるように確かにこの程度では生死を気にするほどでもなくなっているところが凄いです。
>マリー
アレルヤと一緒にいるといっきに空気と化したみたいです。
5. Posted by クロ助   2008年12月01日 00:47
こんばんは。
アリーの本格介入の話だけあって、今回の戦闘はかなり良かったです。

>アリー
相も変わらず化物じみた強さというか、完全な新型であるCB側のガンダム2機を相手に、魔改造レベルで改造されてるとは言え、旧型のスローネツヴァイの改修機であるアルケーガンダムで当たり前の様に圧倒してしまえる実力は洒落にならない(汗

>隠し腕
かつて、宇宙でセルゲイ大佐率いる部隊に追い詰められてナドレを解放せざるを得なかった時の教訓か、懐に入られ張り付かれた際の迎撃手段っぽいですね。

…しかし、巻き添えで自機が損害を被る危険性が高いとは言え、隠し腕を出さずにあのまま膝のGNキャノンで射撃するやり方もあったのではと身も蓋も無い事を考えてしまいました(ぉ

>ミスターブシドー
その名前は「自称」じゃ無かったんかい!その方がむしろ驚きだ!(爆笑

続きます
6. Posted by りぐ   2008年12月01日 00:53
>リント
まあ情報収集と分析の能力はそこそこあるという設定なのかもしれません。彼自身気付いていませんが「CBが赤道付近にいる」というのは「大気圏離脱(打ち上げ)も有り得る」というカティとリバイバルの意見を補強しかねないですしね。また、カティはそういったところはきちんと成果表に載せそうです。リントのカティ心酔ルート(ォィ

>カティのメッセージ
同感です。ただ某作品の似たような演出を念頭に入れて深読みするとこの行為には(部隊)指揮権の掌握が必要になる。そういった意味で上のリントの部分と合わせるとそろそろ落ち着いても良さそうです。ワンマンアーミーはどっかに行きましたしね(笑)。クジョウを断定出来た事と部隊が纏まってきたというのは皮肉的でいい感じもします。
とはいえ、次週からも普通にツンツンしてるリント君を見たいかも。
7. Posted by クロ助   2008年12月01日 01:04
後、ビリーが彼の本名を呼んでくれるかと思いきや寸止め。

…いつでも「な、なんだってーー!?(AA略」とやれる準備をしていた身としてはもどかしい気分に(笑

>ガデッサ
通常時の00に対して優勢→オーライザー登場後に形勢逆転フラグですね、分かります。

>スメラギ
本気になって「負けない為の戦術」から「勝ちに行く戦術」への切替えが見れて良い感じ。

今後のカティとの戦いは、互いの戦術を知る分、裏の読み合いが重要になりそうですね。
8. Posted by 小松   2008年12月01日 07:44
相変わらずギャグなのか真面目なのか分らないシーンが多くて対応に困ります(笑)。
・アルケーvsCB
 隠し腕同士の戦いなど非常に見ごたえのあるシーンでした。

・リント少佐とマネキン大佐
 この二人の会話には和みます。

・リボンズ
 そういう物言いだから器量が小さいのさ(笑)。何だか
ガデッサで追い詰める→00完全起動→ガデッサ敗北→「くそっ!イオリアシュヘンベルグゥ」
な未来が浮かびます。

・ロックオン
 先代と違い、こっちは割と普通の人間ですね。いや、あっちも他のマイスターと比べれば遥かにまともなんですが。
・ブシドー
 グラhからはじまるじんぶつ……いったいだれなんでしょうね、さっぱりわかりません。
 まあ自称ではないと言うことはこんな感じでしょうか。
ブシドー「本日アロウズに入隊することになった、グラh」
司令「彼はミスター・ブシドーだ、みんな仲良くしてやれ」
隊員「え?……ああ、よろしく頼むよ」

・スメラギ
 回想でのカタギリ表情とスメラギさんのファッションに思わず笑ってしまいました。

・黒いモビルスーツ
 私はガデッサのヴァージョン違いだと思いました。
9. Posted by 朱火   2008年12月01日 10:26
どうもです♪
今回は個人的に今までで一番面白かったです!
スメラギとカティの部分は管理人様の感想見てなるほど、と思いました。カティは自分からアドバンテージを放棄したことになるんですね。こういう部分がカティの格好いいところだと思います。初めて登場した時は彼女がここまで重要なポジションにくるとは思いませんでした。
 次回はここ最近まったく出番がなく、すっかり空気になっていたネーナが久々に登場しますね(笑)個人的には次回のネーナはアリーと対面しているんじゃないかと。予告でアリーとネーナの背景が似ていますし、留美がイノベイターとつながっている以上同じくイノベイターと繋がっているアリーと接点があり、彼を自分たちのもとへ招く、なんて展開があってもおかしくないかと。留美の性格を考えてもね。ただその場合、アリーを厚遇する留美にネーナが不信と反感を抱くようになる危険性もありますね。どちらにしろネーナはいつも余裕な様子で何を考えているか分からない感じだったので、そのネーナがあんなに動揺してるのは何があったのか気になりますね。
 マリナは今回出番ありませんでしたが、まあ1期に比べれば出番は増えてますから空気化は免れてますね。スメラギやフェルト、ソーマには負けてますけど・・・。次回はやはりまた何か無茶言ってシーリンにたしなめられてるのかな・・・。
 今回のマリー(ソーマ)は沙慈でなくアロウズの巡洋艦が撃沈される様子に悲しげな顔をしていたんじゃないかと思います。マリーはソーマで、ソーマはマリー。同一人物な訳で、アロウズは彼女にとってかつての仲間なわけですから。
10. Posted by 奏   2008年12月01日 16:36
こんにちは

地味にOPEDの映像が変わってましたね。よく見ないと気づかないものもありましたし

>足から手が

ファングの機動性が上がり一筋縄ではいきませんね。セラウ゛ィーのアレは予想外(笑)これはやはり後ろの……

>破壊された窓

ティエ子すげー

体当たりのみであんな壊れ方はしなさそうですし何か道具を使ってそうですが

>ミスター・ブシドー

(続きます)
11. Posted by 奏   2008年12月01日 16:38
凄く気に入っているというか自称だと思ってたのですが(笑)さて本名がグラ何とかさんまで出ましたが……。うーむ、グラードさんとか?本当n(ry

>リウ゛ァイブ

イノベーター(戦闘用のみ?)は皆ライセンスを持ってそうですね。カティの味方になったのは彼女が優秀であると感じたのもありそうです。軍では特に自分より優秀な人がいれば従った方が得策でしょうし。
というかスルーされた人がいるせいで
(続きます)
12. Posted by 奏   2008年12月01日 16:41
2人の世界に入っているようにも見えました(笑)そこにコーラがいればもっと面白いかったかも(コラ

>リント

グッドマンの子飼いなだけにグッドマンが死亡となれば途端に発言権を失いそうです。というかこの2人はどうしてもジャイアンとスネ夫を連想してしまいます(笑)

>大気圏離脱

脚本さんすげーなぁと。大気圏離脱の戦闘ではアニメ史上トップに入りそうです。まぁ私はそういう事に
(続きます)
13. Posted by 奏   2008年12月01日 16:43
詳しくないのですがかなりレベルが高いなぁと思いました

>撃墜(され)王

転がるハロさんと共に今週も癒してくれてありがとうございました

>リー・ジェジャン

地味にイケメンで優秀そうだったという印象しか(コラ)カタギリ司令の反応から彼が優秀だったらしい事は想像できましたが活躍の場が(笑)

>予告

まさか二度目のシャワーシーンがこの人とはww
体は湯気で隠れたりとかして絶対に

(続きます)
14. Posted by 奏   2008年12月01日 16:46
性別が分かるようにはならなさそうですね
女装にシャワーシーンにツンデレ……いかんティエリア、萌え路線に行ってるやん。面白いから良いですけど(えー

マリーと沙慈の組み合わせだからルイスの話が出るのでしょうか。名前を出さずにルイスの話をしたら面白いのですが

薄紫髪赤ボレロの女の子は誰でしょうか。リウ゛ァイブと同じ色なのが気になります。トレミーに乗るっぽいのですが何する人なのでしょうか
15. Posted by マッキー   2008年12月01日 16:57
こんにちは。なっきーさん。時間がないので1つだけコメントを。
>OP
・デュナメスの顔が綺麗に
・タイトルのバックにGN粒子の光跡
・ルイスの制服からノーマルスーツに変 わるのが早送り
・カタロンの上空に飛行機雲
・マリナと00ガンダムの尺が長い(よっ て、00が見える。)
・イノベイターの尺が短くなった
・ブシドーとの鍔迫り合いが変更
他にもいろいろ変化しているかもしれません。ありがとうございました。
16. Posted by マッキー   2008年12月01日 18:57
こんばんは。時間ができましたのでつづきを。
>サーシェスinアルケー
おそらく4年前の報酬は治療費で消えたのでしょう。後、ローンもつけられたかも。だめだよ、春日部のローンもまだ(ry 恨みもあるがなっきーさんの仰るように同情はできません。(でも、嫌いではありません。声が藤原さんですしww) アルケーはなかなか好み。プラモででたら買おうと思っています。撤退しましたが、どう考えても奴なら4機ともまとめて始末できるのではないかとと思ってしまいます(恐 リボンズ、彼から縁を切ったほうが・・。
>イノベイター
全員嫌味らしいです。なので会話も嫌味の応酬。それにしても戦闘用にヒリング(回復)なんておかしいでしょう(笑
>ルイス&小熊
小熊が最近気になる。絶対無理だと思ってましたが少し食い込んでいます。でも作画がww 
>リヴァイヴ
ライセンスとはそんなに濫発していいのでしょうか。しかし彼はなかなかの戦術眼をもっているようです。なりより空気が読めるww でもヘルメットが死ぬほど似合わないんだ・・・。
続きます
17. Posted by owain   2008年12月01日 18:58
グラハ......ブシドーに最適化したMSって、これしか思いつかんのですが。

武者ガンダム
http://www.mpsnet.co.jp/hobbynet/productone.aspx?pno=44304
18. Posted by uni   2008年12月01日 19:10
>ぎっちょん
とりあえず逃げ際に一発もらってますよね。剣や盾でいなしたのはともかくとして。

にしても強いですねwwwトランザムも知られてる以上一騎打ちは危険そう
>アルケー
先週足が第二の両腕とか書きましたがセラヴィーがやるとはwww

調べてみましたが、天使としては第7位と低いもののキーワードに「人間性」「国家の興亡」、名の語源がヨハネ福音書冒頭の「はじめの」から来ている等以外に合っているかもしれません。

>ティエ子
色々揺れてますが少なくとも一度はイノベイター側に付くか彼らを何らかの形で利用すると踏んでます。リボンズとリジェネの確執もありますし。

>次回予告の紫発のCB新参者
リヴァイブの片割れと予想。イノベイター側からの接触若しくは内部からの崩壊を狙ってるんじゃないかな、と。

>黒いモビルスーツ
アレ、ガデッサのバージョン違いじゃありません?真フラッグ(仮)はまだフレームだけっぽいですし。直後00と交戦してますが、よく見ると4、5本ビームが出ているので爪かなにかだろうと。『最強の剣』を使っていませんしねwww
19. Posted by マッキー   2008年12月01日 19:43
続きです
>ブシドー
自称だと思っていたがまさか他称だったことに驚きだ!! しかし陣羽織と古風な言葉を使うからそんなふうに言われるんだ。黒ビリーとタッグを組みそうです。しかしライセンスを濫用していいのか、グラh・・いやブシドー。
>大気圏突破
ハロとコーラに和んだ^^。しかしこのような方法で大気圏離脱したのはこの作品だけですね。リントの子供ぶりも笑えました^^
>ジェジャン『中佐』ご退場
00初めての佐官クラスの戦死です。ホーマーも凹みます(佐官クラスが戦場で戦死するなんて滅多にないことですから。種はよく戦死しましたがあれは例外。)。とりあえず公式サイトで『大佐』と誤植されたので多くの人が『大佐』と思っていたそうです。ご冥福をお祈りします。
>スメラギ
リーサ・クジョウでいいです。00Pに載っていましたからそんなに驚きはしませんでしたが。しかし昔のカティ大佐が委員長に見えてしょうがないww 今度がどうなるか注目です。あと最後のマイスターの表情にアレルヤがでていない・・。
>Cパート
リンダを見てルイスママを思い出したのは私だけじゃないはずだ・・。思いだせば2話のアバンにちょろっとでていました。(もう1人いましたがわかりませんでした。)
>次回予告
・おそらくサーシェスと遭遇したネーナ
・某外伝の人とかだったり?
これは超 期 待です!! ・・しかしあの人の髪色は銀白色ですから・・。
・新MS
ブシドー機かと思いましたがよく見るとシールドが左腕に。やはりイノベイターの機体でしょうか。
・何が起こったティエリア
あの髪はウィッグじゃなかったのか
・セルゲイ
小説風に書くと「それは彼が見た最期の光だった。」なことにはなってほしくないです。不安で仕方ありません・・。
姫様今回でなかった・・。大丈夫なんでいしょうか。長くなりましたがありがとうございます。

20. Posted by 西博士   2008年12月01日 21:41
なっきーさんこんばんは

:グラさん(仮)
あんたのミスターブシドーって他称だったんかい!
誰か最初に言ったんですかね。
それにしてもグラから始まる名前の人って居ましたっけか?(笑)

:ガデッサ
ダブルオーライザーのかませ犬ですねわかります(笑)

:ハロと炭酸
彼らは、癒やしだ…(セルゲイ風)

:癒し系さん
炭酸と肩を並べる癒しキャラになってほしいです(ネタ的な意味で)
21. Posted by 西博士   2008年12月01日 22:19
:リボンズ
君が余計なこと言うからガデッサがもうかませ犬にしか見えないじゃないか!
謝罪と賠償を要求する!(笑)
22. Posted by なっきー   2008年12月01日 23:54
4  西博士さん、ゆきぽんさん、りぐさん、クロ助さん、小松さん、朱火さん、奏さん、マッキーさん、owainさん、uniさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>西博士さん

>体の半分が消し炭
>〜再生治療という事は脳量子波などの改造は受けていないよう
>ですね、受けていたなら今までのテレパシー会話もある程度納
>得できたのですが。
 私も、脳量子波関連は無さそうに思いますね。
 ルイスみたいな頭痛もないようですし…。

>セラヴィー
>あんな所に可愛いお手々が(笑)
>プラモスルーして大正解。
 背中の人面疽(違)といい、なかなかに面白い方向に進化しているようです。

>やっぱり肩のGNキャノンにも仕込んであるんでしょうか。
 有り得ますよね。

>背中の顔がバックパックごと外れてビームサーベル振るう映
>像が脳内再生されてしまいました(笑)
 いいですねえ!(笑)
 人面疽には仕掛けがないはずがないと思いますし、どうせなら派手なものを期待したいです。

>新型機
>仮に武者フラッグと命名します。
 その命名だと、アレしか連想できない気が…(笑)。

>〜今まで以上に己の道を暴走してまいそうですね。
>ジニンさんの胃袋にオゾンホール並みの大穴が空いてしまわな
>いか心配です(笑)
 …だからミスター辞任なのかも。(ぉぃ

>グラさん(仮)
>あんたのミスターブシドーって他称だったんかい!
 これは意外でした。↓

(続きます)
23. Posted by なっきー   2008年12月01日 23:56
>誰か最初に言ったんですかね。
 本人が名乗らなかった、というのは確かだと思っています。
 そして本名を指摘されても、 『その人物はあの戦いで死んだと記憶している』 とか言い張ったのではないかと(笑)。

 そうなると、みんなが勝手に命名して、その中で一番通りが良かった、または 『ウケた』 (笑)ものが定着するのが必然なのかもしれません。

>それにしてもグラから始まる名前の人って居ましたっけか?
 普段明かされないミドルネーム、ということで(笑)。

>ガデッサ
>ダブルオーライザーのかませ犬ですねわかります(笑)
 どうもそういう感じですよね。

>ハロと炭酸
>彼らは、癒やしだ…(セルゲイ風)
 今回のシーンで、本気でハロ欲しくなりました(笑)。

>癒し系さん
>炭酸と肩を並べる癒しキャラになってほしいです(ネタ的な意味
>で)
 なるほど、ネタキャラなら戦闘用でもなれますしね(笑)。
 期待したいところです。

>リボンズ
>君が余計なこと言うからガデッサがもうかませ犬にしか見え
>ないじゃないか!
>謝罪と賠償を要求する!(笑)
 全くですね、彼の責任は重大です(笑)。



(続きます)
24. Posted by なっきー   2008年12月01日 23:58
>ゆきぽんさん

>〜今回は見れなかったので、丁寧なあらすじ紹介ありがたく読
>ませていただきました。ありがとうございました。
 お役に立てれば幸いです! ヽ(⌒ヮ⌒)ノ



(続きます)
25. Posted by なっきー   2008年12月01日 23:59
>りぐさん

>ガデッサに遠く〜
>これを聞いていると00を直接見た事がないビリーは戦力を過
>少評価してしまいそう(新型の開発に悪影響)に感じます。
 う…、確かにそうかもしれませんね。
 もちろん観測データ的なものは入ってくるでしょうが、余計な先入観があれば、正しく数値を評価できないかもしれません。

>そういえば今話は建物の遠景シーンで説明が入りませんでした。
 そういえばそうですね。
 カメラが引いたときの作画が微妙でしたし、制作状況が厳しくなっているのでしょうか?

>大気圏離脱
>それで可能ならオーライザーにより安定した00なら軽くやっ
>てしまいそうです。
 なるほど、言われてみますとそういう気がします。
 太陽炉3個で可能なわけですしね。自乗分の粒子を生み出せる00なら余裕かも。

>隠し腕
>孫の手みたい(笑)
 これは可愛い系なのかゲテモノ系なのか(笑)。
 個人的には、嫌いじゃないですけど。

>今週の炭酸氏
>自分の機体の被害が大きくないと相手にダメージすら与えない
>というのはほとんど随伴現象です。
 確かに、ダメージを与えたときは機体の損害も酷いですね。
 …そういう意味では、 『必ず生き残るからこそ、今以上の戦果を上げられない』 のかも。

>確かにこの程度では生死を気にするほどでもなくなっている
 これはこれで、一種超人(笑)。
 この状態が標準と思われる時点で凄いですよね。

>マリー
>アレルヤと一緒にいるといっきに空気と化したみたいです。
 アレルヤの意向に従おうという意識が強すぎるのでしょうね。
 もっと我を出していいような気がします。

(続きます)
26. Posted by なっきー   2008年12月02日 00:01
>リント
>まあ情報収集と分析の能力はそこそこあるという設定なのかも
>しれません。
 個人的には、彼は彼なりに、確かに有能だと思ってます。
 …一方で、彼が自分で思っているほどには有能ではないかもしれない、とも思いますが(笑)。

>〜「CBが赤道付近にいる」というのは「大気圏離脱(打ち上
>げ)も有り得る」というカティとリバイバルの意見を補強しか
>ねないですしね。
 なるほど、これは仰る通りです。

>カティはそういったところはきちんと成果表に載せそうです。
 同感です。
 多分、その辺とても公平な人ではないかと感じます。

>リントのカティ心酔ルート(ォィ
 上で書いたように私はリントはそこそこ有能だと思っているので、カティから何か学ぼうと思うようになればかなり伸びるような気がしています。
 …個人的には、そういう方向に期待したいかも?

>カティのメッセージ
>同感です。ただ某作品の似たような演出を念頭に入れて深読みす
>るとこの行為には(部隊)指揮権の掌握が必要になる。
 なるほど、確かにそうですね。

>ワンマンアーミーはどっかに行きましたしね(笑)。
 角吹いたwww

>クジョウを断定出来た事と部隊が纏まってきたというのは皮肉
>的でいい感じもします。
 次からの、この2人の対決がますます楽しみになってきました。

>次週からも普通にツンツンしてるリント君を見たいかも。
 まだデレるには早いですよね(笑)。



(続きます)
27. Posted by なっきー   2008年12月02日 00:03
>クロ助さん

>アリーの本格介入の話だけあって、今回の戦闘はかなり良かっ
>たです。
 最悪、さらっと流される危険も覚悟していただけに、嬉しい誤算(?)でした。

>アリー
>相も変わらず化物じみた強さというか、完全な新型であるCB側
>のガンダム2機を相手に、〜旧型のスローネツヴァイの改修機
>であるアルケーガンダムで当たり前の様に圧倒してしまえる〜
 現状では、勝てそうなヴィジョンが見えてこないです(汗)。

>隠し腕
>〜ナドレを解放せざるを得なかった時の教訓か、懐に入られ張り
>付かれた際の迎撃手段っぽいですね。
 なるほど…、これは仰る通りかもしれません。
 ガンダム4機はどれも、明らかに前回の反省を活かした進化をしていますしね。

>〜隠し腕を出さずにあのまま膝のGNキャノンで射撃するやり方
>もあったのではと身も蓋も無い事を考えてしまいました(ぉ
 もちろん有りでしょうね。
 まあ、攻撃力そのものは斬撃の方が大きいということなのかもしれませんけど。

>ミスターブシドー
>その名前は「自称」じゃ無かったんかい!その方がむしろ
>驚きだ!(爆笑
 ずっと、自称だと信じて疑わなかった私(笑)。
 …まあ、名乗らなかったから勝手に付けられた名前、ということなのでしょうけど。

>後、ビリーが彼の本名を呼んでくれるかと思いきや寸止め。
 一応、噂は聞いてたんですね。
 それも知らずにうっかり(?)呼んでしまうかとも思ってました。…と言うより期待してました(笑)

(続きます)
28. Posted by なっきー   2008年12月02日 00:06
>ガデッサ
>通常時の00に対して優勢→オーライザー登場後に形勢逆転フラ
>グですね、分かります。
 それを思わせる流れですよね。
 そしてリボンズが 「ぐぬぬ…」 となる、と…。

>スメラギ
>本気になって「負けない為の戦術」から「勝ちに行く戦術」へ
>の切替えが見れて良い感じ。
 強気な表情がいい感じです。

>今後のカティとの戦いは、互いの戦術を知る分、裏の読み合いが
>重要になりそうですね。
 相手がカティとなれば、スメラギも 『読まれる可能性』 を織り込んだ策を構築しそうな気がします。
 とりあえず、次回の戦闘に注目、ですね。



(続きます)
29. Posted by なっきー   2008年12月02日 00:08
>小松さん

>相変わらずギャグなのか真面目なのか分らないシーンが多くて
>対応に困ります(笑)。
 まあブシドー関連みたいに、本人(だけ)は至って真面目、端からはギャグなんてのもありますしね。

>アルケーvsCB
>隠し腕同士の戦いなど非常に見ごたえのあるシーンでした。
 アクションとしても、戦術の凌ぎあいとしても、面白かったです。

>リント少佐とマネキン大佐
>この二人の会話には和みます。
 リントがもう少し素直になれば、彼の能力はもっと伸びるような気がしています。

>リボンズ
>そういう物言いだから器量が小さいのさ(笑)。
 仰る通りで(笑)。↓

>〜→ガデッサ敗北→「くそっ!イオリアシュヘンベルグゥ」
>な未来が浮かびます。
 リジェネに上の台詞を言われて通信パネルを殴って自爆、という流れですね(笑)。

>ロックオン
>先代と違い、こっちは割と普通の人間ですね。
 ニールは熱い人でしたからね。
 ライルはやはり、いくらかクールです。

>グラhからはじまるじんぶつ……いったいだれなんでしょう
>ね、さっぱりわかりません。
 まるでおもいあたらないですよね。

>ブシドー「本日アロウズに入隊することになった、グラh」
>司令「彼はミスター・ブシドーだ、みんな仲良くしてやれ」
 問答無用吹いたw
 まあグラhさんはきっと作戦行動中行方不明扱いでしょうし、自称せず、なおかつその名で呼ばれることを拒否したなら、勝手に(面白い名前を)名付けられるだろなあとは思います。

(続きます)
30. Posted by なっきー   2008年12月02日 00:10
>スメラギ
>回想でのカタギリ表情とスメラギさんのファッションに思わず
>笑ってしまいました。
 スメラギのSシャツは、ちょっとそれはないだろうと思ったものです(笑)。

>黒いモビルスーツ
>私はガデッサのヴァージョン違いだと思いました。
 そうかもしれませんね。



(続きます)
31. Posted by なっきー   2008年12月02日 00:11
>朱火さん

>今回は個人的に今までで一番面白かったです!
 だんだん、面白さのレベルが底上げされている気がします。

>スメラギとカティの部分は管理人様の感想見てなるほど、と思
>いました。
 考えすぎという可能性もありますが、私自身ならこんなことを考えるだろうなあという話でもあります。↓

>〜こういう部分がカティの格好いいところだと思います。
 同感です!

>初めて登場した時は彼女がここまで重要なポジションにくると
>は思いませんでした。
 ですよねえ…。
 ぶっちゃけ、三大国側の指揮官ということで、ある意味やられ役かとさえ…。

>〜すっかり空気になっていたネーナが久々に登場しますね
 どういう状況か、予告でわかりづらいのが難点ですが、ネーナにとって予定通りでないシチュなことだけは確かですよね。

>個人的には次回のネーナはアリーと対面しているんじゃないか
>と。
 それは考えてませんでした。
 もしそうなら、ネーナにとってはにーにーズの仇なわけで、冷静ではいられそうもないですね(汗)。

>〜留美がイノベイターとつながっている以上同じくイノベイタ
>ーと繋がっているアリーと接点があり、〜
 ただ私は、アリーの危険性をリボンズが軽んじているように見えると思う一方で、本性をリボンズに悟らせていない留美は、その辺がもっと慎重なのではないかとも思います。
 アリーとは距離を置くのではないかと…。

 ネーナはコントロール可能、アリーは不可能。
 そんな感じで。

(続きます)
32. Posted by なっきー   2008年12月02日 00:13
>〜そのネーナがあんなに動揺してるのは何があったのか気にな
>りますね。
 これは同感です。
 少なくとも、ネーナ的に相当意外なことが起こっているのは間違いないでしょうね。

>マリナは今回出番ありませんでしたが、まあ1期に比べれば出
>番は増えてますから空気化は免れてますね。
 中東の激変が物語の一つの軸になりそうですし、きっと第2期はストーリーに普通に絡めるのではと思っています。

>次回はやはりまた何か無茶言ってシーリンにたしなめられてる
>のかな・・・。
 そこでシーリンを押し切れるようになれば、それくらいの説得力がある選択をできるのなら、何かを成し遂げられるかもしれません。

>今回のマリー(ソーマ)は沙慈でなくアロウズの巡洋艦が撃沈
>される様子に悲しげな顔をしていたんじゃないかと思います。
 そうかもしれませんけど、いちいち真後ろのシートの沙慈の方を振り向いていたので、沙慈の反応に思うところがあったのも確かだと思うのです。



(続きます)
33. Posted by なっきー   2008年12月02日 00:14
>奏さん

>地味にOPEDの映像が変わってましたね。
 わかりづらいところにも労力をかけるのは素晴らしいです。

>足から手が
>セラウ゛ィーのアレは予想外(笑)これはやはり後ろの……
 人面疽にも必ず何か仕掛けがあるはずです。
 確かにそれは場合によっては、この隠し腕と連動した仕掛けかもしれませんね。

>破壊された窓
>ティエ子すげー
 まあ多分、身体能力は高いと思うのです。
 『戦闘用』 の方なわけですしね。

>ミスター・ブシドー
>凄く気に入っているというか自称だと思ってたのですが(笑)
 迷惑してるけど気に入っているとか(笑)。

>〜うーむ、グラードさんとか?本当n(ry
 グラッチェということで…(笑)。

>リウ゛ァイブ
>イノベーター(戦闘用のみ?)は皆ライセンスを持ってそう
><ですね。
 私もそう思います。
 そうでなければ、イノベイターだけが知っている情報に基づいた戦術を選択したり、逆に戦闘を回避したりといったことができなくなりますからね。

>カティの味方になったのは彼女が優秀であると感じたのもあり
>そうです。
 そして、リヴァイヴ的に 『優秀でない方』 の方が発言力が大きいと感じたから、という気がします。
 リヴァイヴがカティに味方しないと、リントの意見の方が通ってしまうかもしれませんしね。

>〜2人の世界に入っているようにも見えました(笑)そこにコー
>ラがいればもっと面白いかったかも(コラ
 嫉妬しそうですよね。
 まあリヴァイヴが 「君の恋路の邪魔をするつもりはない」 みたいなことを口にして、あっさり解決するかもしれませんけど。

(続きます)
34. Posted by なっきー   2008年12月02日 00:16
>リント
>グッドマンの子飼いなだけにグッドマンが死亡となれば途端に
>発言権を失いそうです。
 考えてませんでしたけど、これは仰る通りという気がします。

>というかこの2人はどうしてもジャイアンとスネ夫を連想して
>しまいます(笑)
 言われてみますと体型までが…(笑)。

>大気圏離脱
>脚本さんすげーなぁと。大気圏離脱の戦闘ではアニメ史上トッ
>プに入りそうです。
 流れに無理がないですし、トランザムのような、この作品独自の小道具も活きてます。

>撃墜(され)王
>転がるハロさんと共に今週も癒してくれてありがとうございま
>した
 でもカティは律儀に心配しているだろうなあと思うと、ますます和みます(笑)。

>リー・ジェジャン
>地味にイケメンで優秀そうだったという印象しか(コラ)
 仰るように、実際に優秀だったように思います。
 それがあっさり犠牲者になったことで、ホーマーも仕方なく援軍要請にと至ったのでしょうね。

>予告
>まさか二度目のシャワーシーンがこの人とはww
 私、大喜び(笑)。

>体は湯気で隠れたりとかして絶対に性別が分かるようにはなら
>なさそうですね
 時々忘れそうになりますが(笑)、日曜夕方5時ですからね。

>女装にシャワーシーンにツンデレ……
 元がクールな眼鏡なので、かなり萌え要素が揃ってます。

(続きます)
35. Posted by なっきー   2008年12月02日 00:18
>マリーと沙慈の組み合わせだからルイスの話が出るのでしょう
>か。
 刹那からルイスの名前が出た以上は、もう次回にでも事実が明らかになる気がします。
 遅くとも数回以内かも。

>薄紫髪赤ボレロの女の子は誰でしょうか。
 まあこの辺は、実際に見ての楽しみとするしかないかもしれませんね。
 作品外の情報でならいろいろ出ているでしょうけど、それで知ってしまうのも面白くないかもですし。



(続きます)
36. Posted by なっきー   2008年12月02日 00:19
>マッキーさん

>OP
 リストアップありがとうございます!
 正直、もっと少ないかと思ってました。

 こうして見ると大胆というか、凄い変更の数ですね。

>・マリナと00ガンダムの尺が長い(よって、00が見える。)
 どうも微妙に蚊帳の外だったマリナが、物語に入っていけることを期待したいです。

>サーシェスinアルケー
>おそらく4年前の報酬は治療費で消えたのでしょう。
 そうかもしれません。
 この時代でも最先端医療でしょうし、大富豪のハレヴィ家ならともかく、戦争屋の社長という程度なら相当痛い出費となった可能性もあると思います。

>〜でも、嫌いではありません。声が藤原さんですしww)
 それはわかる気がします(笑)。

>アルケーはなかなか好み。
 私は基本的に 『オーソドックスな設計でない』 方が好きなので、キワモノ度が明らかになるにつれ、好き度がアップしています(笑)。

>撤退しましたが、どう考えても奴なら4機ともまとめて始末で
>きるのではないかとと思ってしまいます(恐
 多分、自分でも 『負ける』 とは思ってないでしょうね。
 絶対勝てる…とは思わない、程度かも。

>リボンズ、彼から縁を切ったほうが・・。
 この時代の、最悪の危険人物という気がします。

>イノベイター
>全員嫌味らしいです。なので会話も嫌味の応酬。
 ヴェーダには、こういう風に育つ教育プラグラムでもあるのでしょうか(笑)。

(続きます)
37. Posted by なっきー   2008年12月02日 00:21
>それにしても戦闘用にヒリング(回復)なんておかしいでしょ
>う(笑
 性格的にもそんな感じじゃなかったですしね。

>ルイス&小熊
>小熊が最近気になる。絶対無理だと思ってましたが少し食い込
>んでいます。
 アンドレイは、最初に私が(先入観で)思っていたよりも、いい人格を持っていそうな感じです。
 なので、ルイスも次第に評価していくかも?

>リヴァイヴ
>ライセンスとはそんなに濫発していいのでしょうか。
 リヴァイヴのは、もちろんイノベイターだからでしょう。
 イノベイター以外にはほとんど出さないのではと思います。

>しかし彼はなかなかの戦術眼をもっているようです。なりより
>空気が読めるww
 全くですよね(笑)。

>でもヘルメットが死ぬほど似合わないんだ・・・。
 (笑)。

>ブシドー
>自称だと思っていたがまさか他称だったことに驚きだ!!
 完全に定着していることからして、よほどこの呼び名がウケたのでしょうね。

>しかしライセンスを濫用していいのか、グラh・・いやブシ
>ドー。
 これこそ、まさに特例でしょう。
 アリーがアロウズに参加するなら、アリーにも発行されるとは思いますが…。

>大気圏突破
>〜しかしこのような方法で大気圏離脱したのはこの作品だけ
 オンリーかはわかりませんが、かなり珍しいと思います。
 そもそも、こういった大きな母艦を地表に降ろさない作品も多いですしね。

>ジェジャン『中佐』ご退場
>〜ホーマーも凹みます(佐官クラスが戦場で戦死するなんて滅
>多にないことですから。
 確かにそうですね。

(続きます)
38. Posted by なっきー   2008年12月02日 00:23
>とりあえず公式サイトで『大佐』と誤植されたので多くの人が
>『大佐』と思っていたそうです。
 初期設定では大佐だったのかもしれませんね。その資料が、訂正されないまま回っていたのかも。

>スメラギ
>リーサ・クジョウでいいです。
 ありがとうございます! ハテナ消しておきますね。

>しかし昔のカティ大佐が委員長に見えてしょうがないww
 性格的にも委員長タイプでは(笑)。

>Cパート
>リンダを見てルイスママを思い出したのは私だけじゃないはず
>だ・・。
 やっぱりミレイナのお母さん?
 雰囲気的にそういう気がします。

>思いだせば2話のアバンにちょろっとでていました。
 う…、それは全然覚えてないかも。
 後で見直さなければ…。

>次回予告
>・おそらくサーシェスと遭遇したネーナ
 もしそうなら、相当険悪になりそうです。

>・某外伝の人とかだったり?
>これは超 期 待です!! ・・しかしあの人の髪色は銀白色で
>すから・・。
 まあ誰にせよ、後ろ向きの絵を選んだ意味はきっとある、とは思います。

>・新MS
>ブシドー機かと思いましたがよく見るとシールドが左腕に。や
>はりイノベイターの機体でしょうか。
 あ、確かに。
 ブシドーは左利きですしね…。

>・何が起こったティエリア
>あの髪はウィッグじゃなかったのか
 もしかして伸ばしたり縮めたりできるんでしょうか?

(続きます)
39. Posted by なっきー   2008年12月02日 00:25
>・セルゲイ
>小説風に書くと「それは彼が見た最期の光だった。」なことに
>はなってほしくないです。不安で仕方ありません・・。
 例え罪に問われるとしても、どうにかして横槍が入って死なずに済んで欲しいです…。

>姫様今回でなかった・・。大丈夫なんでいしょうか。
 次回に何か、動こうとし始める気がします。
 と言うか、それを期待したいですね。



(続きます)
40. Posted by なっきー   2008年12月02日 00:27
>owainさん

>グラハ......ブシドーに最適化したMSって、これしか思いつか
>んのですが。
>武者ガンダム
 私もそれに1票!(笑)



(続きます)
41. Posted by なっきー   2008年12月02日 00:28
>uniさん

>ぎっちょん
>とりあえず逃げ際に一発もらってますよね。
 まあ、ダメージという意味ではノーカンかとも思ってます。

>にしても強いですねwwwトランザムも知られてる以上一騎
>打ちは危険そう
 トランザムを発動しても勝てない → もっとピンチに
 …そんな流れしか見えないですしね(汗)。

>アルケー
>先週足が第二の両腕とか書きましたがセラヴィーがやるとは
 セラヴィーも、相当キワモノ度が上がっている気がします。
 私個人は、そういう機体の方が好きだったり…(笑)。

>調べてみましたが、天使としては第7位と低いもののキーワー
>ドに「人間性」「国家の興亡」、名の語源がヨハネ福音書冒頭
>の「はじめの」から来ている等
 確かに、合っている感じですね。

>ティエ子
>色々揺れてますが少なくとも一度はイノベイター側に付くか彼
>らを何らかの形で利用すると踏んでます。
 これは予想しづらいですよね。
 『結局刹那たちと共に』 というのが最もシンプルですが、そこに至るとしても相当揺れそうです。

>>次回予告の紫発のCB新参者
>リヴァイブの片割れと予想。
 それも大いにありそうです。
 髪の色が同じ・髪質が少し違う、というのがイノベイターのペアの特徴みたいですしね。

>イノベイター側からの接触若しくは内部からの崩壊を狙ってる
 なるほど、有り得る気がします。

>黒いモビルスーツ
>アレ、ガデッサのバージョン違いじゃありません?
 そうかもしれませんね。

(続きます)
42. Posted by なっきー   2008年12月02日 00:30
>真フラッグ(仮)はまだフレームだけっぽいですし。
 完成までには数話程度、かかる可能性もありますね。
 …じゃああれはヒリング機とか…?

>直後00と交戦してますが、よく見ると4、5本ビームが出て
>いるので爪かなにかだろうと。
 確かに、ブシドーならその手の武器を使おうと考えそうもない気がします。



43. Posted by りぐ   2008年12月02日 11:03
こんにちは

>00なら余裕かも。
そうなると00による単独降下でアザディスタン(というよりマリナに)絡めるかもしれません。基本的に母艦を何度も地球に降ろすことはガンダムシリーズではないですからね。

>そういう方向に期待したいかも
オープニングのカットだとカティとセットなのでそうなっても別に不思議ではないのですけどね。ただツンツンだとスメラギに送ったメッセージのことを問い詰めたりしていくようになるかもしれませんしね。どっちに転がっても楽しめそうなのでいいですけど。
44. Posted by 西博士   2008年12月02日 11:34
こんにちは

:アリーにライセンス
いやいやいや!
奴にライセンス持たせたらドえらいことになりますよ!(汗)
ブシドーなら彼の性格と暴走を作戦に組み込むこともできるでしょうが、アリーは無理、絶対にコントロール不可能です。
誤射と称して民間人に発砲してカタロンの反政府活動を煽るくらい平気でやりますよ!(汗)
カティさんの胃袋に穴があくどころか胃袋が穴に飲み込まれてしまいますよ!
45. Posted by こけもも   2008年12月02日 17:48
こんにちわ、なっきーさん。

今回はガンダムでは珍しい、読み合いのみの詰将棋のような艦隊戦がとてもよかったと思います。

>刹那
ティエリアがいたせいかアリーに対し彼があんまり激昂してない感じだったのが印象的でした。刹那的にアリー中ボスは消えた感じです。それでも00が双剣使いであることを忘れてるようなので驚きはかなりあったようですね。

>ティエリア
前回といい今回といい、なんで普通はヒロインがやることを彼がやってるんでしょうね、この作品。アリーに対する激昂の仕方も非常に女性的で、戦友の仇という感じではありませんでした。ティエリア的にはおかしくないんですけどね。
今回もイノベイターに対し悩んでましたが、あの啖呵が結論でなくて良かったと思いますね。ウジウジするなともいえますが、アレが結論では「俺がガンダムだ」と大差ないですし。

>イノベイター
自分たちが道具であるという自覚はあるようですが、全員が人間以上という驕りも持っているようで、そのあたりも実に“天使”的だと思います。
他のメンバーはともかくリーダーのリボンズは自分>イオリア(神)というのが透けて見えて、あらためてチート陛下ポジションだなと感じました。

続きます
46. Posted by こけもも   2008年12月02日 17:48
>ブシドー&ビリー
ブシドーが自称で無いことを知ってるのは本人と名付け親(たぶん長官)だけだと思います。長官が彼はミスターブシドーって紹介しちゃって定着したんでしょうね。
なぜかCB以上にアウトサイダー臭のするコンビによっていずれ完成するGN-フラッグ供焚松痢砲搬膩(絶対ツッコミ甲斐のある名前をつけると思います)によって00&オーライザーの真価が発揮されると思います。ガデッサはちょっとやっかいな隊長機くらいにしかならないんじゃないかと。絶対アルケーより弱いでしょうから。

>回想シーンのカティ大佐
こんなところでティエリア(三人目)が出てくるとは思いませんでしたw
冗談はともかく、1〜2話で、アロウズを探ると言っていたわけですし、その後のことも考えていろいろ行動してそうな感じですね、今回もわざわざ名乗る辺り。スメラギとカティが会って会話をしたら終盤に突入という感じになりそうです。

では失礼します。
47. Posted by dice   2008年12月02日 18:24
こんばんは。

今回はアリーとアルケーの強さが見られたので満足です。ビームサーベルが足から出たなら肩とか至る所から出てきそうな感じです。回転しながら突っ込んできたら恐ろしい事になりそうです(笑)そういうトリッキーな戦い方も期待できる良い機体ですね。

まあ、アザディスタン上空での云々は無かった事になったのは残念ではあります(まだ結論付けるのは早計かも知れませんが)

大気圏突入時は海に突っ込み、離脱時には敵に突っ込む無茶な艦船なんてトレミー2くらいでしょうね(笑)

コーラは一度出撃したら意地でも撃墜されないと気が済まないのでしょう(笑)

ガデッサのキャノン砲はアルヴァトーレを彷彿させる程の出力でしたね、GNドライブ1基で出せる威力ではないでしょう。ドライブ複数搭載か、コンデンサー搭載かくらいしか思いつきません。
それと普通に衛星軌道上に居たような気がするのですが気のせいでしょうか。

そんな怪物機体もリボンズの一言でフラグが立ったのは同情してあげたい所です。

カティが自分から名乗るとは予想外でした。これからのお互いの戦術の読み合い駆け引きに注目ですね。

48. Posted by dice   2008年12月02日 19:13
オーライザーは背負う形みたいですね。思っていたより小型だったので背負ったまま運用出来そうです。
無理にパイロットを乗せる必要はなさそうに見えます。

もう1機の支援機が気になりますね。
オーライザーの予備機というオチかもしれませんが。

黒い新型はカラーを見てブシドー機だと思ったのですがどうも違うみたいですね。

49. Posted by なっきー   2008年12月02日 20:04
4  りぐさん、西博士さん、こけももさん、diceさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>りぐさん

>そうなると00による単独降下でアザディスタン(というより
>マリナに)絡めるかもしれません。
 おぉ! 確かにそうですね。
 そういう展開も期待してみたいと思います。

>>そういう方向に期待したいかも
>オープニングのカットだとカティとセットなのでそうなっても
>別に不思議ではないのですけどね。
 確かにそうですね。

>ただツンツンだとスメラギに送ったメッセージのことを問い詰
>めたりしていくようになるかもしれませんしね。
 わかる人にはわかることだと思いますしね。

>どっちに転がっても楽しめそうなのでいいですけど。
 確かにどっちでも面白そうかも…(笑)。



(続きます)
50. Posted by なっきー   2008年12月02日 20:06
>西博士さん

>アリーにライセンス
>〜奴にライセンス持たせたらドえらいことになりますよ!(汗)
 その通りでしょうけど、リボンズがアリーの危険性を十分に理解しているか怪しく思うんですよね。

>ブシドーなら彼の性格と暴走を作戦に組み込むこともできる
 同感です。
 ブシドーの場合は、現場は迷惑するでしょうが(笑)、計算できる戦力として使えますし、アロウズ側が余計なことをしなければ裏切りの可能性はゼロだとも思います。

>誤射と称して民間人に発砲してカタロンの反政府活動を煽るく
>らい平気でやりますよ!(汗)
 『正義感ゼロ』 『結果が全て』 という典型ですしね。

>カティさんの胃袋に穴があくどころか胃袋が穴に飲み込まれて
>しまいますよ!
 投薬ではなくて、再生医療の出番となりそうです。



(続きます)
51. Posted by なっきー   2008年12月02日 20:08
>こけももさん

>今回はガンダムでは珍しい、読み合いのみの詰将棋のような艦
>隊戦がとてもよかったと思います。
 そして最後に、負けた側が勝った側を讃える形だったのもいい感じでした。

>刹那
>ティエリアがいたせいかアリーに対し彼があんまり激昂してない
>感じだったのが印象的でした。
 刹那も以前より視野が広くなっているのでしょうね。
 …アリーだけが敵ではない、と。

>ティエリア
>前回といい今回といい、なんで普通はヒロインがやることを彼
>がやってるんでしょうね、この作品。
 イメージ的に天使(無性)なのでしょうか。

>アリーに対する激昂の仕方も非常に女性的で、戦友の仇という
>感じではありませんでした。
 言われてみますと、確かにそういう気もしますね。

>今回もイノベイターに対し悩んでましたが、あの啖呵が結論で
>なくて良かったと思いますね。
 もっと悩んでいい時期なのでしょうね。
 結論を急ぐこともないと思います。

>イノベイター
>自分たちが道具であるという自覚はあるようですが、全員が人
>間以上という驕りも持っているようで、〜
 私もそう思います。
 ホーマーも、その辺を察していればこそなるべく力を借りない方向で考えていたのかもしれません。

>他のメンバーはともかくリーダーのリボンズは自分>イオリア
>(神)というのが透けて見えて、あらためてチート陛下ポジ
>ションだなと感じました。
 だからこそツインドライヴとかの、 『イオリアに出し抜かれた』 部分をどうしても認められないのでしょうね。

(続きます)
52. Posted by なっきー   2008年12月02日 20:09
>ブシドーが自称で無いことを知ってるのは本人と名付け親
>(たぶん長官)だけだと思います。
 そうかもしれませんね。
 ブシドーもビリー相手だから言っただけで、他の相手なら呼ばせるままにしているでしょうし。

>〜GN-フラッグ供焚松痢砲搬膩(絶対ツッコミ甲斐のあ
>る名前をつけると思います)によって00&オーライザーの
>真価が発揮されると思います。
 なるほど、それもありそうですよね。
 ライバル関係で言えば、刹那の相手はアリーとブシドーであって、リヴァイヴはそこに割り込めないとも思いますし。↓

>ガデッサはちょっとやっかいな隊長機くらいにしかならない
 堅いザコ吹いたwww

>絶対アルケーより弱いでしょうから。
 これは全く同感です。

>回想シーンのカティ大佐
>こんなところでティエリア(三人目)が出てくるとは思いま
>せんでしたw
 ただ今、眼鏡クール増殖中…。

>1〜2話で、アロウズを探ると言っていたわけですし、その後
>のことも考えていろいろ行動してそうな感じですね
 すぐにアロウズを変えるとかの結果を出すのは難しそうですから、先を見据えた布石をいろいろ打っていくことになる気がします。↓

>今回もわざわざ名乗る辺り。
 これもその一つでしょうね。

>スメラギとカティが会って会話をしたら終盤に突入という感じ
>になりそうです。
 なるほど、これは仰る通りかもしれません。



(続きます)
53. Posted by なっきー   2008年12月02日 20:13
>diceさん

>今回はアリーとアルケーの強さが見られたので満足です。
 人・機体、両方の強さが出ていて実にいい感じでした。

>ビームサーベルが足から出たなら肩とか至る所から出てきそう
>な感じです。
 他にもギミックはあるかもしれませんね。

>そういうトリッキーな戦い方も期待できる良い機体ですね。
 扱う側の能力やセンスも要求されそうですが、その辺はアリーならクリアしているでしょうし。

>まあ、アザディスタン上空での云々は無かった事になったのは
>残念ではあります
 アリーの台詞1本の回想くらいは入れて欲しかったです。

>大気圏突入時は海に突っ込み、離脱時には敵に突っ込む無茶
>な艦船なんてトレミー2くらいでしょうね(笑)
 『装甲で耐える』 のでは無理で、太陽炉の出力+GNフィールドという概念あってのことでしょうしね。

>コーラは一度出撃したら意地でも撃墜されないと気が済まない
>のでしょう(笑)
 安定してノルマをこなしていますね。(マテ

>ガデッサのキャノン砲はアルヴァトーレを彷彿させる程の出力
>でしたね、GNドライブ1基で出せる威力ではないでしょう。
>ドライブ複数搭載か、コンデンサー搭載かくらいしか〜
 コンデンサーはそろそろ出てきても良さそうな気がしますね。
 何にせよ、ガデッサにはリボンズの自信の理由が備わっているはずで、それ故のあの威力だったのも間違いないと思います。

>それと普通に衛星軌道上に居たような気がするのですが気の
>せいでしょうか。
 別に問題ないのでは?
 軌道エレベータで低軌道ステーションに上がり、そこから外に出て位置取りをしたと考えれば…。

(続きます)
54. Posted by なっきー   2008年12月02日 20:18
>カティが自分から名乗るとは予想外でした。これからのお互い
>の戦術の読み合い駆け引きに注目ですね。
 もしかしたら次回かその次辺りで、スメラギからも何かメッセージが送られるかもしれない気がします。
 そうやって、敵の指揮官同士という関係のままで、密かな連携(の種)が生まれるかもしれません。

>オーライザーは背負う形みたいですね。
 まあ基本的に、増加装甲の効果がある場合以外なら後ろに付けるのではと思ってます。

>思っていたより小型だったので背負ったまま運用出来そうです
 イアンが 『00は無敵』 と言うためにはやはり、付けたまま戦えることは必要でしょうしね。

>無理にパイロットを乗せる必要はなさそうに見えます。
 ただ、乗せなかった場合は付けたら付けっぱなし、外して出撃したら後付けできない、ということになりかねないとも思います。

>もう1機の支援機が気になりますね。
>オーライザーの予備機というオチかもしれませんが。
 確かにそれも有り得ますよね。
 まあ、戦力の補強という意味でなら、パイロットが 『真の超兵』 でなくなったアリオスに一番必要かもしれません。

>黒い新型はカラーを見てブシドー機だと思ったのですがどうも
>違うみたいですね。
 私も最初そう思ってました。
 でも今は、ヒリング機かな、と思ってます。



55. Posted by ジャイロ   2008年12月03日 10:22
4 こんにちは。00の感想サイトを巡っているうちにこちらにたどり着いたジャイロと申します。なっきーさんと皆さんの素晴らしい考察に感服致しました。これから時々コメントを書かせていただくかもしれませんので、よろしくお願いします。 ・サーシェス&アルケーガンダム やたら強いですね。足からのサーベルなど、ああしたトリッキーな戦い方は
56. Posted by ジャイロ   2008年12月03日 10:35
4 個人的に大好きです。セラヴィーには隠し腕があったんですね。ジ・Oやクシャトリヤを思い出しますが、ガンダムタイプの隠し腕は初めて見ました。
・ロックオン(ライル)
 兄とは違い、過去は過去と割り切っている印象を受けました。考えてみれば、十年という歳月は人の記憶が風化してしまうには十分な企画なのかもしれません。
・ティエリア
57. Posted by ジャイロ   2008年12月03日 10:43
4 彼の今後の動向は、CBとイノベイター間の関係のキーになると思います。イノベイター側に寝返ってしまう可能性もあるのではないでしょうか。
・リヴァイヴ 「ライセンス」というのは、アロウズの背後にいるリボンズと関わりがあるが故のものなのでしょうか。もしそうだとすると、同じように「免許がある」ミスターブシドーも、イノベイターと繋がりがあるのかもしれないと思いました。
58. Posted by ジャイロ   2008年12月03日 10:53
4 ・ビリーとブシドー
どこかで見たような二人組ですが、気のせいでしょう、多分w。「最高のスピード」で、某氏のような吐血とかあるかも、と期待しています。
・カティとクジョウ
互いに見事な戦術のぶつかり合いでしたね。コーラサワーはお約束の撃墜。ドンマイ。ジェジャン中佐が誰なのか、最初本気で分からなかった…。これからの二人にも注目ですね。
・予告
59. Posted by ジャイロ   2008年12月03日 10:58
4 セルゲイのシーンにあった光は、「アロウズが核兵器的なものを使った」のではないかと考えています。なんとなくですが。ネーナがやっと表に出てきそうなので、楽しみです。
ガデッサの頭がラインバレルに見えるのは、多分自分だけ。
60. Posted by 西博士   2008年12月03日 19:17
なっきーさんこんばんは

:ブシドー
間違いなくOOの影の主役ですね。
…あれ? こっちが表か? 主役より存在感がある(苦笑)
それにしても彼はどこまで逝ってしまうんですかね、たたでさえ「あまりにもフリーダムな乙女座」略して「マダオ」なのに(笑)

:ビリー
彼も哀れですね…ずっとクジョウの事を思い続けていたのに、当のクジョウは過去に囚われ続けてビリーの事は眼中に無くて…(泣)
(続きます)
61. Posted by 西博士   2008年12月03日 19:21
「僕の思いを利用した」とか言ってましたが、そもそもビリーの思いに気づいてすらいなかったかも…
62. Posted by なっきー   2008年12月04日 00:31
4  ジャイロさん、西博士さん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。



>ジャイロさん

>〜なっきーさんと皆さんの素晴らしい考察に感服致しました。
 ある意味、コメント欄こそが記事の本体となっているかもしれません。

>これから時々コメントを書かせていただくかもしれませんの
>で、よろしくお願いします。
 ありがとうございます!
 こちらこそ、よろしくお願いしますね。

>・サーシェス&アルケーガンダム
>〜足からのサーベルなど、ああしたトリッキーな戦い方は個人
>的に大好きです。
 私もです!
 元々、バランス重視とか普通にとかじゃない、偏った思想で設計された機体の方が好きだったりもしますしね。

>〜ガンダムタイプの隠し腕は初めて見ました。
 4機でも一番偏った設計思想のセラヴィーだからこそ、なのかもしれませんね。

>・ロックオン(ライル)
>兄とは違い、過去は過去と割り切っている印象を受けました。
 ライルはライルで、かなりな人物という気がします。↓

>考えてみれば、十年という歳月は人の記憶が風化してしまうに
>は十分な企画なのかもしれません。
 ただ、家族3人の死、ですからね。
 しかも事故ならともかく、殺人なわけですから…。

 それを、過去は変えられないのだから未来を変えるしかない、と捉えられる彼は凄いと思います。

(続きます)
63. Posted by なっきー   2008年12月04日 00:33
>・ティエリア
>彼の今後の動向は、CBとイノベイター間の関係のキーになる
>〜イノベイター側に寝返ってしまう可能性もある
 なるほど…。
 それは考えていませんでしたが、確かに有り得ないとは言えない気がします。

>・リヴァイヴ 「ライセンス」というのは、アロウズの背後に
>いるリボンズと関わりがあるが故のものなのでしょうか。
 要は、 『リボンズのエージェント』 なのでしょう。
 『特殊任務を遂行しているのだから、通常の指揮系統には組み込まれない』 という理屈です。

>〜同じように「免許がある」ミスターブシドーも、イノベイター
>と繋がりがあるのかもしれないと思いました。
 私は、まさにそう思っています。
 リボンズ本人が参加要請をした可能性さえも、あるかもしれません。

>・ビリーとブシドー
>どこかで見たような二人組ですが、気のせいでしょう、多分w
 ええ、気のせいですとも!(笑)

>「最高のスピード」で、某氏のような吐血とかあるかも、と期
>待しています。
 ブシドー本人も、それくらいに極端な高機動を期待しているでしょうしね。

>・カティとクジョウ
>互いに見事な戦術のぶつかり合いでしたね。
 次回からの対決もますます楽しみになってきましたね。

>コーラサワーはお約束の撃墜。ドンマイ。
 『不死身のコーラサワー』 らしく、撃墜ならぬ帰還マークでも刻むのもいいかもしれません。
 対ガンダム戦で、墜ちても墜ちても還ってくるのは確かに凄いことには違いないですしね。

>ジェジャン中佐が誰なのか、最初本気で分からなかった…。
 地味に(ぉぃ)前から出てるんですよね。
 全然目立ってませんでしたけど。

(続きます)
64. Posted by なっきー   2008年12月04日 00:35
>・予告
>セルゲイのシーンにあった光は、「アロウズが核兵器的なもの
>を使った」のではないかと考えています。
 そういう方向は考えてなかったです。
 アロウズは、というかリボンズは正しい道を進んでいる 『つもり』 だと思うので、大量破壊兵器は宇宙でしか使わないのではないかと思ってたり…。

>ネーナがやっと表に出てきそうなので、楽しみです。
 とりあえず、生き延びて欲しいです。

>ガデッサの頭がラインバレルに見えるのは、多分自分だけ。
 「あなた、最低です!」 とか、リヴァイヴが言われるわけですね(笑)。



(続きます)
65. Posted by なっきー   2008年12月04日 00:37
>西博士さん

>ブシドー
>間違いなくOOの影の主役ですね。
>…あれ? こっちが表か? 主役より存在感がある(苦笑)
 でもまあ、ブシドーは正義感やら未来やらのために戦っているわけではないので、そういう意味で主役にはなりづらそうです。

>〜たたでさえ「あまりにもフリーダムな乙女座」略して「マダ
>オ」なのに(笑)
 もうとことん、行き止まりまで進むしか(笑)。

>ビリー
>彼も哀れですね…ずっとクジョウの事を思い続けていたのに、
>当のクジョウは過去に囚われ続けてビリーの事は眼中に無くて
 世話していたのも見返り期待には見えないだけに、だからこそ腹が立ったんだろうなあとは思います。
 普段おとなしい善人をキレさせると怖い、ということなのかも…。

>「僕の思いを利用した」とか言ってましたが、そもそもビリー
>の思いに気づいてすらいなかったかも…
 気付いていたとしても、それに応えるとか応えないとかは全く考えていなかったと思います。
 単に、優しい彼に甘えていただけではないかと。

 …そういう意味では、スメラギが怨まれてしまうのは当然とは言えそうですね。



66. Posted by dice   2008年12月04日 18:00
こんばんは。

>軌道エレベータで低軌道ステーションに上がり、そこから外に出て位置取りをしたと考えれば…。

確かにスメラギが予測した12時間も猶予があればそれだけの移動は出来そうですね。

接敵がスメラギの予測より早かった様に見えたのでその可能性を排除していました。だからこそ「やるわね」という言葉が出たのだと感じた次第です。

そのまま母艦からガデッサ単機で大気圏離脱して待っていた方が確実に作戦に間に合うという考えでした。

こちらの言葉足らずでした。

オーライザーは一度付けたらメンテ以外では外さないという前提で考えていました。
勿論、外している時に敵襲などの緊急時には別々に出撃する事もあると思います。

アリオスはキュリオスの時もそうでしたが火力不足は否めないですよね。テールブースター的な物は必ず出てくるとは思います。

黒い機体がヒリング機とするとまた名前に似合わないですね(笑)
67. Posted by なっきー   2008年12月04日 23:30
4  diceさん、こんばんは!
 コメントありがとうございます。


>>軌道エレベータで低軌道ステーションに上がり、〜
>確かにスメラギが予測した12時間も猶予があればそれだけの
>移動は出来そうですね。
 私はそう思ってます。

>接敵がスメラギの予測より早かった様に見えたので〜
>だからこそ「やるわね」という言葉が出たのだと感じた次第
 素早く予測して対応しないと、間に合わないですしね。
 もっとも、↓

>そのまま母艦からガデッサ単機で大気圏離脱して待っていた方
>が確実に作戦に間に合うという考えでした。
 それもありそうなことですよね。
 とにかく出力さえ何とかなれば、可能になるはずですし。

>オーライザーは一度付けたらメンテ以外では外さないという
>前提で考えていました。
 これも有り得ること、と思います。
 そもそも、オーライザーを付けるところに付ける別パーツでもできない限りは、軽量化目的以外で外す理由がないとも言えそうですしね。

>アリオスはキュリオスの時もそうでしたが火力不足は否めない
>ですよね。
 高機動タイプなので仕方ないとも言えますけど、アレルヤの能力低下も手伝って、戦力的に一段劣る感が強くなっている気がします。
 それを思えば↓

>テールブースター的な物は必ず出てくるとは思います。
 何かしら強化される気はしますね。

>黒い機体がヒリング機とするとまた名前に似合わないです
>ね(笑)
 全くです(笑)。



68. Posted by 西博士   2008年12月05日 09:46
なっきーこんにちは

:ガデッサ?
予告を見直したのですが、手から五本くらいビームサーベルが出てました。
仮に指から出ていたとすると、恐らくは暗器の類である可能性が高いですよね。
つまり暗器で真っ向勝負をせざるおえない状況という事に…やっぱり噛ませ犬か?(笑)

:硬い雑魚
あまりにも的確な表現にコーラ噴いた(笑)

:全身ビームサーベル
ウニ噴いた(笑)
…でもアリーなら普通に乗りこなしそう。
69. Posted by 西博士   2008年12月05日 10:05
:カティさん
トレミーの指揮官の正体にはいずれ気づくだろうと思っていましたが、自分の正体もばらすとは、なんと漢らしい…カティさん! 貴女は立派な漢女(おとめ)です!
炭酸もこの辺に惚れたんでしょうな。
相変わらずの撃墜され王ですが、女を見る目は確かですね(笑)

:ルイス
恨み言の一つも吐くと思ったのですが、意外です。
案外刹那の事、好きだったんですね。
乙女心は複雑ですな(違)
70. Posted by 重箱の隅   2008年12月06日 01:25
明後日出番がありそうなネーナの扱いってCB内でどうなってるんでしょうね?

現場のCBの面々はリューミンが脳量子波処置なり洗脳処置なりを施したと知ったら憤るような気がしますし。

それにネーナが例の怪しげな箱(違)でカタロンの人たちを援助してる様子がトレミーに映し出されてましたけど、どうみてもスローネの胴体を連想させる形状で思いっきり赤い擬似GNドライブの粒子を見ても無反応でしたよね?プラモ狂四郎の魔改造レベルで改造されたアルケーを見て、スローネの発展型って一発で見抜いたくせに(笑)。

もしかしてネーナを諜報部(というかリューミン)が駒として使ってることをトレミーの面々は承知してるのかな?そうは見えないけど…。

まあ、明後日に(たぶん)わかることですけどね。ただ、結論がどうであれネーナの怪しげな箱(だから違)に反応しなかったのはやっぱりおかしい気がする。
71. Posted by 奏   2008年12月06日 01:50
こんばんは

>リボンズ

結局自分が戦う羽目になる展開マダー?(AA略
まずはガデッサが撃墜されるのを驚愕しリジェネに嫌味を言われる展開を首を長くして待ちたいと思いますです

>リジェネ

リボンズの計画に疑問を持っているので裏切りフラグは立てている感じですね
裏切る=CB行きか留美行きか単独行動か多分その内のどれかだと思うのですがティエリアに会いに行った時にリボンズが(続きます)
72. Posted by 奏   2008年12月06日 01:58
ウ゛ェーダ(?)を通じて見ているようですしそれを考えると裏切るとしても簡単には出来ない感じです

>支援機パイロット

00→ラッセ?沙慈?

アリオス→マリー?

ケルディム→不明

セラウ゛ィー→不明

沙慈が戦場に行く図がいまいち想像できませんし、ラッセは操舵士なんですよね‥‥。噂の薄紫髪のあの子が支援機パイロットだったりして

アリオスは今の所マリー以外は思い付きません

(続きます)
73. Posted by 奏   2008年12月06日 02:01
ケルディムはハロかなと思ったのですが機体制御と回避以外の操縦が可能か疑問が残ります。ただ複数乗せて役割分担すれば可能性はあるかもしれません(コクピットが騒がしくなる予感w)
‥‥ハロに撃墜されるコーラがちょっと見たいかも(マテ
セラウ゛ィーはティエリアの脳内が人間を越えているとの事なので脳内操作(勿論金目で)が出来そうです。ティエリア1人で4年前から開発していたなら別に問題はないかなと思いますし

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Archives
Blog 内検索
Google
www を検索
このブログ内を検索
Recent TrackBacks
Recent Comments