2017年

6月11日(日)
【川崎】長期離脱中エウシーニョが横浜Mとの練習試合で復帰 先制弾で17日広島戦出場に意欲 


6月10日(土)
ハリル日本、不安の「戦地」入り! 
 ※ロシアW杯アジア最終予選・イラク戦(13日)に臨む日本代表は9日、開催地のイラン・テヘランに到着した。イラクの政情不安により中立地として選ばれた現地では、7日に国会議事堂などで多数の死傷者が出た同時多発テロが発生したばかり。空港などにはマシンガンを手にした軍隊が配備された。バヒド・ハリルホジッチ監督(65)ら選手、スタッフらは治安面への不安を抱えた中で、勝てばW杯出場に王手のかかる大一番に挑む。
 

5月30日(火)
ミラン退団の本田が帰国 空港にファン400人、騒然 
 ※サッカー日本代表のMF本田圭佑が30日、今季限りの退団を表明したACミランイタリア)での全日程を終え、成田空港着の航空機で帰国した。事前に自身の公式ホームページで帰国便を告知していたため、約400人のファンが詰め掛け、空港は一時騒然とした。

 グレーのスーツ姿で現れた本田は、色紙にペンを走らせてサインするなど10分ほどファンサービスをし、言葉は残さずに空港を後にした。数日間休養し、ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク戦(6月13日、テヘラン)に向け、千葉県内で行われている日本代表合宿に合流する。



5月28日(日)
J1大宮、渋谷監督を解任 伊藤コーチを昇格 


5月23日(火)
内田篤人が帰国 「出場1試合」苦難のシーズンを語る 
 ※サッカードイツ1部シャルケのDF内田篤人(29)にとって、2016~17年シーズンは苦しい日々の連続だった。公式戦の出場はわずか1試合だけ。23日に帰国した内田は来季を見据え、「リスタート。もう1回チャレンジしたい」と強い決意を口にした。

日本、南米王者の攻略なるか 24日にU20W杯第2戦 
 ※サッカーのユース世代の世界一を決めるU20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)は24日、韓国の水原でD組の日本は第2戦の南米王者ウルグアイに臨む。劣勢が予想されるが、内山監督は「前評判は覆さないと。結果にこだわりたい」と話した。
 

5月15日(月)
サッカー、チェルシー2季ぶりV 


5月9日(火)
川崎が3年ぶりに決勝T進出、ガ大阪は敗退 ACL  
 ※サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は9日、1次リーグ最終戦が各地であり、G組の川崎はホームでイースタンSC(香港)に4―0で圧勝し、1位で3年ぶりの決勝トーナメント(T)進出を決めた。勝ち点で並んだ広州恒大(中国)を直接対決のアウェー得点数で上回った。日本勢は、すでに鹿島と浦和が決勝T進出を決めている。H組のガ大阪は敵地で済州(韓国)に0―2で零封負けを喫して最下位に終わり、2年連続で1次リーグ敗退が決まった。


5月8日(月)
J1川崎、旭日旗の掲出自粛をサポーターに要請へ 


5月7日(日)
冬またぐJリーグシーズン検討 豪雪地札幌はどうする? 
 ※「日本中で一年中サッカーができる環境を」。Jリーグのシーズン移行問題にからめ、日本サッカー協会田嶋幸三会長は、雪国のクラブで冬季も使える練習場の整備に補助金を導入する考えを示している。緑の芝生、サッカー専用スタジアム、サポーター文化などを日本に定着させたJリーグの発足から25年。再びサッカーで社会を変えようという声が聞こえてきた。


5月6日(土)
Jリーグで侮辱発言か、試合中「くさい」 規律委調査へ 


5月4日(木)
ACLでの旭日旗「差別規定に違反」 J1川崎に罰金
 ※
 サッカーのJ1川崎フロンターレのサポーターがアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の試合で旭日旗(きょくじつき)を掲げたのは、差別的行為を禁じる規定などに違反するとして、アジアサッカー連盟(AFC)は4日、AFCの大会で川崎がホームの1試合を無観客試合とすることと、罰金1万5千ドル(約170万円)の処分を下したと発表した。無観客試合の処分には、1年間の執行猶予がある。 

〈旭日旗〉 旭日旗 朝日をデザインした旗。日の丸から放射状の光線が赤い線で描かれている。同様のデザインの旗は旧日本軍が採用し、現在では陸上・海上自衛隊が使用。韓国や中国では「日本の軍国主義帝国主義の象徴」との認識が根強い。

浦和、今季初の連敗 鹿島の堅守に2試合連続の無得点 



5月3日(水)
J2徳島の社長謝罪 ボールボーイへの問題で応援も自粛 
 ※ サッカーJ2徳島の岸田一宏社長は3日、4月29日の千葉―徳島(フクアリ)の試合中に、徳島DF馬渡がボールボーイを小突いて退場処分になり、試合終了後には男性サポーターが別のボールボーイにアルコールとみられる液体をかけた問題について徳島県鳴門市内で会見し、「多大なるご迷惑をおかけし、深くおわびする。今回の事象を深く反省し、信頼回復に全力であたりたい」と謝罪した。


5月1日(月)
Jリーガー目指す18歳、聴覚障害の壁一蹴 JFL大分 
 ※サッカーJFL(日本フットボールリーグ)のヴェルスパ大分に今季、聴覚障害のある選手が入団した。試合中は周りの声が聞こえにくい分、仲間の動きやクセを覚えて補う。Jリーグでのプレーもめざし、練習に汗を流している。


4月30日(日)
J2徳島がボールボーイへの乱暴陳謝 サポ水かけも確認 


4月18日(火)
サッカー、ドイツ誌が武藤を評価 ドイツ1部リーグ 
 ※【ケルン(ドイツ)共同】14~16日に行われたサッカーのドイツ1部リーグで、ヘルタ戦にフル出場したマインツの武藤嘉紀に、18日付の専門誌キッカーが3とまずまずの評価を与えた。採点は最高が1で最低が6。大衆紙ビルトは4だった。武藤は2トップの一角でプレーし、チームの7戦ぶりの勝利に貢献した。


4月15日(土)
久保がJ最年少ゴール、15歳10カ月で カズも祝福 
 ※サッカーJ3は15日、各地であり、FC東京U23(23歳以下)の15歳のMF久保建英(たけふさ)が、大阪・ヤンマースタジアム長居であったセレッソ大阪U23戦で初ゴールを決め、15歳10カ月11日でJ3最年少得点の新記録を作った。J1~J3のリーグ全体でも、最年少ゴールとなった。J1最年少得点は、東京ヴで決めた元日本代表FW森本貴幸(現J1川崎)の15歳11カ月28日。J2は、湘南で決めた菊池大介(現J1浦和)の17歳3カ月15日。
 

4月1日(土)
広島、ずるずる4連敗 前半1分失点、流れ取り戻せず 


3月31日(金)
名古屋サポーターが侮辱的行為か…J2山雅戦 
 ※26日に長野県松本市のアルウィンで行われたサッカーJ2・松本山雅FC―名古屋グランパス戦で、名古屋側の観客席で危険物の持ち込みや侮辱的行為があったとして、名古屋の運営会社が調査していることがわかった。

 同社などによると、試合前に配布された冊子を破って殺虫剤を吹き付けたり、中指を立てたりした画像が、名古屋サポーターを名乗る人物によりフェイスブックなどに投稿された。観客席で撮影したものとみられ、冊子の表紙には名古屋から山雅に移籍した田中隼磨選手の写真が使われていた。








3月30日(木)
サッカーW杯、アジアは8枠へ FIFAが案を発表  
 ※
【ロンドン共同】国際サッカー連盟(FIFA)は30日、出場チーム数が現行の32から48に拡大される2026年ワールドカップ(W杯)の大陸別出場枠の案を発表し、現在4・5のアジア連盟(AFC)の枠は大幅増の8になった。インファンティノ会長と各大陸連盟の会長がまとめた。


3月29日(水)
ブラジル快勝、W杯一番乗り アルゼンチンは5位に後退 
 ※サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会南米予選は28日、各地で行われ、首位のブラジルパラグアイに3―0で快勝し、開催国のロシアを除く一番乗りで21大会連続出場を決めた。


3月28日(火)
日本代表、久保・岡崎ら先発 GKは川島 タイ戦 

サッカー A代表 


3月25日(土)
ハリルJ、けがで今野と大迫が離脱 W杯最終予選タイ戦 
 日本サッカー協会は25日、ワールドカップアジア最終予選のタイ戦(28日、埼玉スタジアム)に臨む日本代表メンバーから、MF今野泰幸(ガ大阪)とFW大迫勇也(ケルン)がけがのために離脱すると発表した。代わって、MF遠藤航(浦和)とFW小林悠(川崎)を追加招集する。

欧州予選H組はベルギー首位守る サッカーW杯
 ※
【ブリュッセル共同】サッカーのワールドカップ(W杯)欧州予選は25日、各地で行われ、H組では首位ベルギーが2位ギリシャと1―1で引き分けた。0―1の後半44分にR・ルカクのゴールで追いついた。ベルギーは4勝1分けの勝ち点13で、ギリシャは同11。 

サッカー、スペインなど勝つ W杯欧州予選 
 ※【ロンドン共同】サッカーのワールドカップ(W杯)欧州予選は24日、各地で行われ、G組ではスペインイタリアがともに4勝目(1分け)を挙げて勝ち点を13に伸ばした。スペインイスラエルを4―1で退け、イタリアアルバニアを2―0で下した。

 D組はセルビアが3―1でジョージアに快勝し、アイルランドと勝ち点11で並んだ。アイルランドはウェールズと0―0で引き分けた。 
 I組の首位争いはクロアチアがウクライナを1―0で破って同組トップを守り、ウクライナは3位に後退した。(共同)

 

3月24日(金)
日本、UAEに勝利 W杯アジア最終予選 
 ※サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選で、B組の日本(世界ランク51位)は23日、アラブ首長国連邦(UAE、同68位)と敵地アルアインで対戦し、2―0(前半1―0)で破った。日本は勝ち点を13に伸ばし、2位につけた。

今野「本当に不安だった」 2年ぶり代表戦でゴール
 ※
2年ぶりの日本代表としての試合で、今野は負傷離脱の長谷部の代わりに中盤に入った。「必死でした。本当に不安だった。全然一緒にプレーしていない人といきなりやるわけだから」。持ち味の走って相手のチャンスの芽を摘むプレーで、ことごとくUAEの攻撃の起点をつぶした。 

UAE戦、視聴率10.3% サッカーW杯最終予選 
 ※テレビ朝日が24日午前0時26分から放送した2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選、日本―アラブ首長国連邦(UAE)戦の平均視聴率(関東地区)は10・3%だった。ビデオリサーチの調べで分かった。試合は日本が2―0で勝った。

日本代表 

元日本代表MF細貝、J1柏に加入 海外で6季プレー 
 ※
J1柏は24日、元日本代表MF細貝萌(30)をドイツ2部シュツットガルトから完全移籍で獲得することで合意したと発表した。細貝は2011年1月にJ1浦和からドイツ1部レーバークーゼンに移籍し、ドイツ1部、2部、トルコで6季にわたってプレーした。細貝は記者会見し、「若い選手が多いので海外での経験を伝えたい」と語った。 
 


3月23日(木)
W杯予選、中国が韓国を破る アジア最終A組 
 ※
サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選A組の第6戦は23日、各地で行われ、中国が韓国を1―0で破って初勝利を挙げ、勝ち点5とした。韓国は同10でイランに次ぐ2位。シリアウズベキスタンに1―0で勝って同8とし、ウズベキスタンは同9の3位となった。(共同)


3月20日(月)
サッカー長谷部がアルアイン到着  
 ※【アルアイン(アラブ首長国連邦)共同】サッカー日本代表の主将で、所属クラブが近日中の膝の手術を発表したMF長谷部誠アイントラハト・フランクフルト)が19日、ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のアラブ首長国連邦(UAE)戦が行われるアルアインに到着した。チームの全体練習後に宿舎入りした長谷部は何も語らず、険しい表情だった。

UAE戦控え、MF長谷部が代表離脱 ひざ手術予定 
 ※ひざを手術する予定と所属するドイツ1部フランクフルトから発表されたサッカーの日本代表MF長谷部が20日、アラブ首長国連邦(UAE)で合宿中の日本代表から離脱することになった。日本協会が発表した。



3月19日(日)
長谷部、左膝を手術へ「けがは予想以上に重い」  
 ※今月11日のバイエルン・ミュンヘン戦でゴールポストに衝突して負傷交代し、精密検査を受けた結果、「けがは予想以上に重く、手術は避けられないと判断した。手術は来週、行う」とした。

3月18日(土)
サッカー長友、本田は出番なし イタリア1部リーグ 
 ※【トリノ共同】サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)は18日、各地で行われ、長友佑都インテル・ミラノはアウェーでトリノと2―2で引き分けた。長友はベンチ入りしたが、出番はなかった。本田圭佑ACミランはホームでジェノアを1―0で退けた。ベンチ入りした本田に出場機会はなかった。(共同)

サッカー、岡崎は後半途中に退く プレミアリーグ  
 ※【ロンドン共同】サッカーのイングランドプレミアリーグ岡崎慎司が所属するレスターは18日、アウェーでウェストハムに3―2で勝ち、今季初のリーグ戦3連勝とした。岡崎はFWで先発し、無得点で後半31分に退いた。(共同)

3月15日
ハリルJ苦悩、本田選出する?しない? 出場重視か、過去の実績か サッカー 


3月12日(日)
カズ、Jリーグ史上初の50歳ゴール 対群馬戦 
 ※J2横浜FCの50歳、FW三浦知良は12日、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で行われた群馬戦の前半40分に今季初得点を挙げ、Jリーグ史上初の50歳ゴールをマークした。自身が昨年8月7日のセ大阪戦で樹立した49歳5カ月12日のリーグ最年長得点記録を、50歳14日に更新した。
    3月10日(金)
    FA杯、5部クラブが103年ぶり8強 次戦アーセナル 


    3月4日(土)
    磐田、2試合連続で無得点 中村俊輔の工夫も生かせず 

    Fリーグ、大阪が初優勝 フットサル 
     ※フットサルFリーグは4日、プレーオフ決勝ラウンド第2戦が大阪・岸和田市総合体育館であり、大阪(リーグ1位)が町田(同3位)を3―2(前半2―1)で下し、初優勝を決めた。前日に敗れていたが、1勝のアドバンテージを加えて通算2勝1敗とした。最優秀選手には攻守に貢献度が高かった小曽戸允哉(おそどのぶや)(大阪)が選ばれた。


    3月1日(水)
    ・G大阪 1ー4 済州
    ・EST 1ー1 川崎

     
    2月28日(火)
    ・浦和 5ー2 SEO
    ・MUA 2ー1 鹿島


    2月25日(土)
    カズ、50歳で臨むJ2開幕戦 体調は「大丈夫です」 
     ※Jリーグの最年長選手、J2横浜FCのFW三浦知良が25日、J2開幕前最後となる練習を終えた。開幕戦がある26日に50歳を迎えるストライカーは「(開幕戦は)みんなにとって特別なもの。いつも以上の緊張感はある。ただ、42試合ある中の1試合。どれも全力を尽くすことには変わらない。いい準備をして、1試合1試合やる。それだけ」と語った。

    本田圭佑、米MLS移籍か ESPN報道「確率5割超」
     ※サッカー日本代表イタリア1部リーグのACミランに所属する本田圭佑(30)が米メジャーリーグ・サッカーのシアトル・サウンダーズに移籍する可能性が高まったと24日、米スポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。MLS関係者の話として「5割以上の確率で、サウンダーズが本田を獲得する」と伝えた。

    本田圭佑、米MLSへ移籍か イタリア紙が報道 
     

    2月24日(金)
    J1通算2万ゴールの得点者は? 残り156G 
     ※元日本代表のFW川又堅碁(磐田)と導き出したのが、藤木健記者だ。昨季のJ1の1試合平均得点は、約2・63。今季もそのペースなら、第7節(4月16日)で2万の大台に届く。全9試合の開始時刻も考え、磐田―鳥栖戦が「怪しい」とにらんだ。両チームで「2」に縁が深そうな背番号2と20の4人を比較し、「DFの2人はセットプレーで競って得点の可能性は低い。もう一人はMF」。ゆえに20番で、得点力のある川又とした。

    清武弘嗣、開幕戦欠場へ スペインからJ復帰 
     ※セビリアスペイン)からJ1セ大阪に復帰したMF清武弘嗣が25日のリーグ開幕の磐田戦はベンチ入りしない方針となった。右もも裏の張りで調整が遅れ、尹晶煥監督は24日、「まだ100%でない。明日のメンバーには入っていない」と語った。清武はランニングやショートパスなどの別メニューで練習した。