☆この小説は「愛と官能の美学」のShyrockさんより投稿して頂いたものです。著作権はShyrockさんが持っておられます。

shyrock作 ありさ 土蔵の濡れ人形
ありさ 土蔵の濡れ人形



<登場人物>

ありさ……十六歳。瀬戸内海のとある寒村に生まれ育つ。気立ても器量もよく村では大変評判のよい娘だったが、貧しさから口べらしのため奉公に出されてしまう。彼女を待ち受ける過酷な運命とは……。

霧島九左衛門……五十三歳。大阪の船場で呉服問屋を営む。妻は結核のため高石の別宅で療養中。大の女好きだが並みの女好きではなく倒錯した性的嗜好を持つ。

庄吉……四十五歳。番頭。仕事はよくできるが、頭が固く融通が利かないところがある。だが本当は……

よね……五十八歳。上女中。炊事、掃除、その他家事一切を仕切っている。

ふみ……二十歳。下女中。上の者におべっかを使う。ありさを妬み時々意地悪をする。

音松……十九歳。丁稚。密かにありさに心を寄せている。優しい人柄だが少々そそっかしい。

利松……十八歳。丁稚。ありさに好意的。素直で人当たりがよく番頭や女中たちからも好かれている



第十話 「淫猥な綱渡り」

水平に張り詰めた縄は、毛羽を焼き馬油を塗り込み煮鞣ししてあるので、色艶がよくギュッと引き締まっている。
 九左衛門が何を企んでいるのかは分からないが、ありさとしては悪い予感しか無かった。
 張り詰めた縄をよく見ると、一定の間隔で結ぶ目が作られ、いくつものこぶ縄ができている。

「これが何か分かるか?」
「いいえ、分かりません……」
「今からおまえは煙管を壊した罰として、綱渡りをするんや」
「つなわたり?そんなこと無理です!」
「何を勘違いしてるんや。曲芸師でもあるまいに縄の上を歩けなんて誰も言うてへん。素っ裸で縄を跨いで歩くだけでええんや」

 九左衛門の奇抜で破廉恥な提案に、ありさは愕然とした。

「え?そ、そんなことできません!」
「わがまま言うたらあかん!弁償でけへんのやったら罰を受けるしか無いんや!」
「そんなひどい……」
「ごちゃごちゃ言うてんとはよ着物脱がんか。自分でよう脱がんのやったらわしが脱がしたろうか?」
「いいえ、自分で、自分で脱ぎます……」

 ありさは九左衛門に背を向け、着物と襦袢を自ら脱ぐが、ぐずぐずして最後の一枚である腰巻を取らなかったため、九左衛門に強制的に剥ぎ取られてしまった。
 全裸になったありさの股間に、九左衛門は再び塗り薬の女悦丸を塗り始める。

「あっ、その薬は……!?嫌です!その薬は許してください!」
「縄は鞣してあるけど、これ塗っといたらもっと楽になるんや。わしに任しといたらええんや」

 ありさは昨夜の尋常ではない薬効果から塗布を拒んだが、九左衛門はありさを高手後手に縛るや否や、秘所にたっぷりと女悦丸を塗り込んでしまった。

「ぐふふ、その塗り薬をまだ傷薬やと思てるんか?」
「えっ?傷薬じゃないんですか?」
「傷薬やったら、身体が火照ったり、痒なったりするはずがあらへん」
「私を騙したんですか」
「騙したやなんてえらい人聞きが悪いなあ。その薬は『女悦丸』言うて媚薬なんや」
「びやく?」
「媚薬ちゅうんは、おなごを助平な気分にさせたり、感度を上げたりする薬のことを言うんや」
「そ、そんなっ!私に塗った薬を早く拭ってください!」
「そんな無茶言うたらあかんで。一度塗ると肌や粘膜から浸み込んですぐに効き目が出てくるんや」
「ひどい……」
「もう諦めるんやな。助平な気分になったら自分から縄で擦ったらええんや。がははははは~」

 ありさはしくしくと泣き出した。

「さあ、泣いてんと、はよ(早く)こっちに来ぃ」
「嫌です……恐いです……」
「煙管を壊した罰やから、自分からは断られへんのや。どうしても嫌やちゅうんやったらしゃあないわ、可哀想やけど竹でケツを百回叩きするで。ええんやな?」
「わ、分かりました……綱渡りします……」

 ありさは水平に張られた縄をそっと跨いだ。
 股に食い込む縄から逃れようと、身体をよじっても効果はなかった。
 縄は執拗に微妙な個所を刺激してくる。

「ちょっとの間じっとしとき」

 九左衛門は屈みこむと指でありさの陰唇を左右に押し開き、張り縄が中心部から外れないようにしっかりと食い込ませた。

「んっ……んぐっ……!」

 ありさが初めての股縄に悶えている隙に、九左衛門はありさの両足首に帯紐を括りつけ両足首を繋いだ。
 帯紐の長さが五尺ほどと短いため、足をあげて張り縄から逃れることができなくなった。

「ぐふふ、やっぱりかわらけの娘の股縄はええなあ。おそそへの食い込みが丸見えやないか」
「ああっ……いやっ……恥ずかしい……」
「おい、口を開けよか」

 九左衛門は手拭いをありさの口に巻きつけた。

「んんっぐ!ふんぐっ!」

 猿轡を噛まされたありさは声を出すことができなくなってしまった。

「なんや?縄が食い込んで痛いんか?」

 九左衛門が尋ねるとありさはこくりとうなずいた。

「ほんなら痛みが和らぐようにしたるわ」

 九左衛門は両手を伸ばし、ありさの双乳を揉み出した。

「んんふっ!」
「どうや?気持ちええやろ?」

 十本の指がありさの乳房を撫で回し、食い込んだ。
 乳房に生じた熱が徐々に下腹部の敏感な部分にも伝導していく。
 媚薬との相乗効果もあってじわりと性感が高まっていく。

(なんで?や、やだこれ……身体が熱い……上も下も変……>
「んぐんぐっ、うぐぐぐっ!」

 じっくりと三分間、ありさは乳房を揉みしだかれた。
 九左衛門は乳房から手を離した。

「よっしゃ、この状態で歩くんや。手始めに一往復してもらうで。初めての綱渡りやからちょっとぐらいは大目に見たるけど、止まったら罰を与えるからな、ええな」
「ぐっ……」
「ほんなら始めよか。ちゃんと渡り終えたら、褒美をやるからな。気張るんやで」

 九左衛門は手を叩いた。

「よっしゃ、始め」

 観客がたった一人だけの、淫猥な綱渡りの幕が切って落とされた。


続く→

戻る→ありさ 土蔵の濡れ人形第2章 第九話 「二つに折れた煙管」

ありさ 土蔵の濡れ人形目次

投稿小説一覧