☆この小説は「愛と官能の美学」のShyrockさんより投稿して頂いたものです。著作権はShyrockさんが持っておられます。

shyrock作 ありさ 土蔵の濡れ人形
ありさ 土蔵の濡れ人形



<登場人物>

ありさ……十六歳。瀬戸内海のとある寒村に生まれ育つ。気立ても器量もよく村では大変評判のよい娘だったが、貧しさから口べらしのため奉公に出されてしまう。彼女を待ち受ける過酷な運命とは……。

霧島九左衛門……五十三歳。大阪の船場で呉服問屋を営む。妻は結核のため高石の別宅で療養中。大の女好きだが並みの女好きではなく倒錯した性的嗜好を持つ。

庄吉……四十五歳。番頭。仕事はよくできるが、頭が固く融通が利かないところがある。だが本当は……

よね……五十八歳。上女中。炊事、掃除、その他家事一切を仕切っている。

ふみ……二十歳。下女中。上の者におべっかを使う。ありさを妬み時々意地悪をする。

音松……十九歳。丁稚。密かにありさに心を寄せている。優しい人柄だが少々そそっかしい。

利松……十八歳。丁稚。ありさに好意的。素直で人当たりがよく番頭や女中たちからも好かれている



第十一話「肉裂に食い込むこぶ縄」

「ぐふふ、薬塗ったら滑りがええやろ?」
「うぐ……」

 張り縄に一定の間隔で結び目が作られている。
 一つ目のこぶ縄に差し掛かった。
 ありさの股間がこぶ縄に乗り上げると、こぶが割れ目に食い込んできた。

「んぐぐっ!」

 その様子は、貝が口を開けて丸い餌を飲み込もうとしているようだ。
 剃毛され遮る物がないため、「下の口」の動きがつぶさに九左衛門に見られてしまう。
 肉裂に容赦なくこぶ縄がぐいぐいと食い込み、ようやく難関を通過しても、次は菊門がその餌食となってしまう。
 動いているのはありさなのに、こぶ縄自体が動いてありさを苛めているように見える。
 ありさはよちよちと歩を進めた。
 両足首を結ぶ紐のせいで、歩幅が制限されるからだ。
 進むたびに、秘所に容赦なく張り縄が食い込んでくる。
 チクチク、ザラザラとした縄の感触が敏感な秘肉を刺激してくる。

 体勢を少しでも前に傾けようものなら、こぶ縄が陰核包皮に触れ、激しく刺激する。
 陰核包皮を避けようとして後ろに重心を置くと、菊門に食い込んで来る。
 つまりどちらかへの刺激を覚悟しなければ、前には進めないわけだ。
 こんな曲芸じみた行為で感じたくはなかった。
 しかしまだ十六歳とはいえ九左衛門により急速に開発された女体は、ちょっとした刺激でも敏感に反応してしまう。
 媚薬がありさを敏感な身体に変化させていることも大きな要因であった。

(うううっ……あそこが熱い……)

 二個目のこぶ縄を前にしたありさは躊躇してしまい、足を止めてしまった。
 九左衛門が非情な行動に出る。

「止まったらあかん言うてるやろ。止まったら、こうなるで」

 九左衛門はありさの前後の張り縄をつかむと、ぐいっと上に引き上げた。

「んぐっ!ぐぐぐっ!」

 肉裂の縄がさらに深く食い込んだ。
 ありさは爪先立ちになって耐えようとするが、努力は徒労に終わった。

(い、いたいっ……!)

 痛い、苦しい、ありさの心はそう叫んでいるのに、肉体は全く異なる反応をしていた。
 股縄が食い込めば食い込むほど、秘所からとろとろと愛液が滲み出てしまう。
 媚薬の相乗効果も絶大であったろうが。
 九左衛門が張り縄から手を離すと、張り縄は初めの高さにもどった。
 ありさは猿轡の中で「はぁはぁ」と息を吐いている。

「はよ、進まんか」

 脇に立つ九左衛門がありさの背中を小突いた。
 催促されたありさは仕方なく前に進み始める。
 こぶ縄が訪れるたびにありさの速度が鈍り、口を覆う手拭いの奥から呻き声が漏れた。

 ありさはようやく向かいの柱に辿り着いた。
 柱に額をあてて、呼吸した。
 息が荒くなっている。
 苦しそうだが、ありさの股間を見ればそれだけでないことが分かる。
 剃毛された秘所からは粘液が滲みでていた。

「やっと折り返し地点やな」
「……」
「うしろ向きで戻ろか」

 今の姿勢だとありさは振り向くことができないので、後ろ向きのまま綱渡りをするしかない。
 ありさはそろりと後ずさりを始めた。
 前から見る綱渡りも淫靡だが、後ろから見る綱渡りも実になまめかしく妖美的だ。
 瑞々しい白桃のような双臀のはざまに縄が挟まっている。
 後ずさりするたびに柔らかな尻たぶが、ぷるぷると震えている。

 ありさが綱渡りの復路を歩き始めたとき、九左衛門はありさのある異変に気づいた。
 ありさが歩き終えた張り縄の後が明らかに濡れているのだ。

「ちょっと止まり」

 九左衛門は止まるよう命じた。

「これ見てみ」

 九左衛門はありさが通過した後の張り縄を指でこねくりまわした。
 その指をありさの顔に近づける。
 九左衛門の指にほんの少量だが、透明な粘液が付着していた。

「これなんや?なんでこんな愛液垂らしとんねん?」
「……」

 ありさは九左衛門の指先に付着した粘液を見せつけられて、顔を真っ赤に染めた。
 声を出せないありさを辱しめ、羞恥を煽る九左衛門の仕打ち。

「なんで縄を濡らしとるんや、このすけべ娘が」

 ありさは恥ずかしいやら情けないやらで、頭の中が真っ白になっていた。

「もしかして、やらしいことして欲しい気分になってきたんちゃうか?」
「うぐぐっ!」

 ありさは首を横に振って否定している。

「この嘘つきが。本当はこぶ縄が擦れて気持ちええんやろ。初めのうちは縄から逃げるようにしてたけど、そのうち腰を振って縄に擦りつけるようにして歩いてたやないか。わしの目はごまかされへんで。正直にいい」

 それでも首を横に振りしらを切るありさに、九左衛門は再びありさの前後の張り縄をつかみ、手荒く引き上げた。

「んぐっ!うんぐっ!」

 縄が深く肉裂に食い込み、ありさは思わず爪先立ちになった。
 しかし容赦のない張り縄の引き上げ連続攻撃がありさを襲う。

「縄を濡らしおって!このすけべ娘が!この!この!」
「うううっ!ううぐっ!」

 ありさはすでに泣き顔になっている。

「すけべな気分になってきたことを正直に認めたら、縄を引き上げるのは堪忍したるわ。どや?」

 ありさは涙目で縦に首を振った。

 その後、ありさは張り縄の復路も悶えながら渡り終え、はじめの地点へと戻ってきた。


続く→ありさ 土蔵の濡れ人形第2章 第十二話「二往復目の綱渡り」

戻る→ありさ 土蔵の濡れ人形第2章 第十話 「淫猥な綱渡り」

ありさ 土蔵の濡れ人形目次

投稿小説一覧