新・SM小説書庫2(New SM Novels Archives2)

 主に女子高生(JK)を羞恥や快楽で調教するソフトSM小説を掲載していますが、実写コンテンツも豊富です。

カテゴリ:my favorite song > 柴田淳

それでも来た道 月光浴 ため息 未成年 花吹雪 蝶 ...

【柴田淳】蝶 ☆アルバムの中の一曲だけど、冒頭から男への恨みが全開で、根暗なしばじゅん節。実にらしい歌で、まあ万人受けしないのは間違いない。ファンにはたまらないんだけど。 柴田淳の歌一覧 ...

【柴田淳】それでも来た道 ☆柴田淳のセカンドシングルだが、既に貫禄すら感じさせる堂々とした歌いぶりに、まるでスタンダードナンバーみたいな人生を歌い上げる歌詞。良くも悪くも老成してたんだなと再確認。 柴田淳の歌一覧 ...

【柴田淳】未成年 ☆柴田淳最大の問題作。発売当初は各所で歌い、今後とも歌い続けると言ってたはずだが・・・少年犯罪擁護と批判されたらしく、封印されてしまった。その賛否はともかく、楽曲的に葬り去るには惜しい好曲。 柴田淳の歌一覧 ...

【柴田淳】月光浴 ☆柴田淳の出世曲となった3枚目のシングル。メロディーラインも歌詞も美しく、ほとんど女神様みたいな容姿も、と言ったらファンの言い過ぎか。 柴田淳の歌一覧 ...

【柴田淳】ため息 柴田淳初期の代表曲。鳥肌が立つような高音ビブラートの破壊力は抜群だ。 柴田淳の歌一覧 ...

【柴田淳】花吹雪 ☆ビクター移籍後の初シングル。全く以前と変わらぬ柴淳節で安堵したのを覚えている。卒業式を意識した歌? 柴田淳の歌一覧 ...

【柴田淳】白い世界 ☆ドリーミュージック時代の名曲。PVを含めてシュールな世界観を構築。よくこんなのをシングルカットしたものと感心。 ...

【柴田淳】君へ ☆彼女らしい「死」を見つめた歌詞。私事になるが、ちょうど家族を病気で失った頃だったので、この歌は心に染みた。自分が逝く時、ヨメにこんな言葉を掛けられるだろうかと柄にもなく考えたのを覚えている。 ...

【柴田淳】後ろ姿 ☆シングルカット曲以外に名曲が多く、生歌でしっかり聞かせる抜群の歌唱力と言う柴田淳の特徴がよく現れた好曲。割と一般受けしそうな歌詞とメロディーラインだけど、実際歌うとなれば高難度だろう。 ...

【柴田淳】桜日和 ☆知る人ぞ知る名曲。この曲が素晴らし過ぎるので、買ったアルバムをエンドレスでこの曲だけ聴いたものである。ちなみに、亡くなってしまった犬を歌った歌詞らしいのだけど、感性が突き抜けてる。 ...

【柴田淳】カラフル ☆初めてのカタカナ英語タイトル、いつになくポップな曲調で新路線?を思わせた曲。歌詞も良い具合に吹っ切れてるし、特筆すべきはこの難曲を唄いこなす歌唱力。ぜひ聴いてみて下さい。 ...

【柴田淳】パズル ☆柴田淳インディーズ時代の、大袈裟に言えば幻の名曲。全く遊びのない緊張感溢れる楽曲と詞の迫力は圧倒的で、サビの超高音ビブラートには鳥肌が立った。 ...

【柴田淳】幻 ☆ドリーミュージック時代のラストシングル。何だか俗っぽい印象であまり好みではなかったが、改めて聴いてみるとやはり彼女らしい暗い情念が表現された唄である。 ...

【柴田淳】love Letter ☆柴田淳近年の代表作で7分オーバーと言う渾身の大作。救いのない暗い歌詞で悲恋を唄う、実に彼女らしい強烈なバラードだ。 ...

【柴田淳】ちいさなぼくへ ☆ドリーミュージック所属時代の名曲。恋愛模様でない人生を歌い上げたこういう曲は、いつ聴いても素晴らしいクオリティ。地味だけど、ずっと後に残る曲かも知れない。 ...

【柴田淳】あなたとの日々 ☆ドリーミュージッック時代一番売れた曲のはず。アンニュイな曲調を見事に表現したPVが出色の出来。 ...

【柴田淳】ぼくの味方 ☆柴田淳のメジャーデビュー曲。インディーズ時代の同曲をバージョンアップしたもので、聞いて心地よい歌だと思う。いきなり「ボクっ娘」な歌詞だけど、ファンへ呼びかけている内容と思えば初々しさを感じる。 ...

【柴田淳】隣の部屋 ☆色白で薄幸な美女の恨み節と言うほとんど演歌の世界。PVの美女っぷりも素晴らしい。 ...

【柴田淳】夢 ☆柴田淳にしては珍しくアップテンポの曲で、畳み掛けるようにパワフルなボーカルで圧倒する。歌詞はいつも通り切ない鬱路線だけど。 ...

↑このページのトップヘ