新・SM小説書庫2(New SM Novels Archives2)

 主に女子高生(JK)を羞恥や快楽で調教するソフトSM小説を掲載していますが、実写コンテンツも豊富です。

カテゴリ:読書感想 > その他ミステリ

グリーン家殺人事件 ヴァン・ダイン ニューヨークのどまんなかにとり残された前世紀の古邸グリーン家で、二人の娘が射たれるという惨劇がもちあがった。この事件をかわきりに、一家のみな殺しを企てる姿なき殺人者が跳梁する。神のごときファイロ・ヴァンス探偵にも、さす ...

☆評価5 ☆評価4 臨時特急「京都号」殺人事件 西村京太郎 蝋人形館の殺人 ジョン・ディクソン・カー 僧正殺人事件 S.S.ヴァン・ダイン グリーン家殺人事件 ヴァン・ダイン ☆評価3 盤上に死を描く 井上ねこ 樽 F・W・クロフツ 将棋殺人事件 竹本健治 女流棋士 ...

女流棋士は三度殺される はまだ語録 かつて天才少年と呼ばれた松森香丞。とある事件をきっかけにプロ棋士の道を諦めた彼は、高校の将棋部でひっそりと活動している。ひと癖もふた癖もある幽霊部員たちに悩まされながら、文化祭の準備をしていたある日、幼馴染みの少女が血 ...

僧正殺人事件 S.S.ヴァン・ダイン だあれが殺したコック・ロビン? 「それは私」とスズメが言った――。四月のニューヨーク、マザー・グースの有名な一節を模したかのごとき不気味な殺人事件が勃発した。胸に矢を突き立てられた被害者の名はロビン。現場から立ち去った男 ...

将棋殺人事件 竹本健治  謎々を拾った者が、次第に心を病み、墓地で死体を掘り返す――六本木界隈である怪談が広まっていた。そんなとき静岡で大地震が発生、土砂崩れの中から二つの屍体が発見される。屍体と怪談との類似点に注目、調査を始めた天才少年棋士・牧場智久が ...

蝋人形館の殺人 ジョン・ディクソン・カー 行方不明の元閣僚令嬢が、他殺死体となってセーヌ河で発見された。予審判事バンコランは、彼女が最後に目撃された蝋人形館の館主を尋問したのち、その館へ赴き展示を見て回るが、そこで半人半獣の怪物像に抱かれた女の死体を発見 ...

臨時特急「京都号」殺人事件 西村京太郎 新製品キャンペーンのため、豪華な展望車とコンパートメント車両の臨時列車で京都に向かった時計会社の社長令嬢・楠木かおりが忽然と姿を消す。だが、彼女には失踪や自殺の動機は見当たらない。そんな折、列車内で女性客の縊死体が ...

樽 F・W・クロフツ 樽に入っていた絞殺死体をめぐる謎。圧倒的なリーダビリティ、謎が増幅していく巧みな構成。渾身の処女作、新訳決定版。 埠頭で荷揚げ中に落下事故が起こり、珍しい形状の異様に重い樽が破損した。樽はパリ発ロンドン行き、中身は「彫像」とある。こ ...

盤上に死を描く 井上ねこ 第17回『このミステリーがすごい! 』大賞・優秀賞受賞作です。大賞史上最年長者が描くシニア連続殺人事件! 71歳、無職の植田ツネが殺された。手には将棋の「歩」を握らされ、ポケットには「銀」を入れられて。 それから2週間後、75歳の高倉純江 ...

孤狼の血 柚月裕子   常識外れのマル暴刑事と極道の、プライドを賭けた戦い。作家、マスコミほか多くの賞賛を集めた、圧巻の警察小説。 昭和63年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、暴力団系列の金融会社社 ...

熊と踊れ 上 アンデシュ・ルースルンド ステファン・トゥンベリ   【ハヤカワ・ミステリ文庫創刊40周年記念作品】凶暴な父によって崩壊した家庭で育ったレオ、フェリックス、ヴィンセントの三人兄弟。独立した彼らは、軍の倉庫からひそかに大量の銃器を入手する。その目 ...

熊と踊れ 下 アンデシュ・ルースルンド ステファン・トゥンベリ 緻密かつ大胆な犯行で警察を翻弄し、次々と銀行を襲撃していくレオたち。その暴力の扱い方は少年時代に父から学んだものだった。かつて彼らに何がおこったのか。そして今、父は何を思うのか――過去と現在 ...

↑このページのトップヘ