新・SM小説書庫2(New SM Novels Archives2)

 主に女子高生(JK)を羞恥や快楽で調教するソフトSM小説を掲載していますが、実写コンテンツも豊富です。

カテゴリ:読書感想 > 芥川龍之介

侏儒の言葉・西方の人 芥川龍之介 眠りは死よりも愉快である。少くとも容易には違いあるまい―。鋭敏な頭脳と表現力を無尽に駆使し、世に溢れる偽善や欺瞞を嘲る。死に取り憑かれた鬼才の懐疑的な顔つきと厭世的な精神を鮮烈に伝えるアフォリズム(『侏儒の言葉』)。自らの ...

河童・或阿呆の一生 芥川龍之介 自ら死を選んだ文豪が最晩年、苦悩の中で紡いだ奇跡の傑作6編。 芥川最晩年の諸作は死を覚悟し、予感しつつ書かれた病的な精神の風景画であり、芸術的完成への欲求と人を戦慄させる鬼気が漲っている。 出産、恋愛、芸術、宗教など、自ら ...

☆評価5 地獄変・偸盗  ☆評価4 蜘蛛の糸・杜子春 戯作三昧・一塊の土 河童・或阿呆の一生 ☆評価3 奉教人の死 羅生門・鼻 侏儒の言葉・西方の人 ...

戯作三昧・一塊の土 芥川 龍之介 特に芥川は、この短篇小説という形式を、博大な教養と、並外れた好奇心と、都会人らしい新し物好きの性癖とから、想像しうるかぎりの広い領域にまで探険して、世界にも類を見ない見事な成果をあげた。特に東京下町の環境に育った彼は、江 ...

羅生門・鼻 芥川龍之介 京の都が、天災や飢饉でさびれすさんでいた頃。荒れはてた羅生門に運びこまれた死人の髪の毛を、一本一本とひき抜いている老婆を目撃した男が、生きのびる道をみつける『羅生門』。あごの下までぶらさがる、見苦しいほど立派な鼻をもつ僧侶が、何と ...

奉教人の死 芥川龍之介 芥川は殉教者の心情や、東西の異質な文化の接触と融和という課題に興味を覚え、近代日本文学に“切支丹物"という新分野を開拓した。文禄・慶長ごろの口語文体にならったスタイルで、若く美しく信仰篤い切支丹奉教人の、哀しいが感動的な終焉を格調 ...

蜘蛛の糸・杜子春 芥川龍之介 地獄に落ちた男が、やっとのことでつかんだ一条の救いの糸。ところが自分だけが助かりたいというエゴイズムのために、またもや地獄に落っこちる『蜘蛛の糸』。大金持ちになることに愛想がつき、平凡な人間として自然のなかで生きる幸福をみつ ...

地獄変・偸盗 芥川龍之介 “王朝もの”の第二集。芸術と道徳の相剋・矛盾という芥川のもっとも切実な問題を、「宇治拾遺物語」中の絵師良秀をモデルに追及し、古金襴にも似た典雅な色彩と線、迫力ある筆で描いた『地獄変』は、芥川の一代表作である。ほかに、羅生門に群が ...

↑このページのトップヘ