ユキが我が家に来て、5日目です。
IMG_1384

ユキを見ていると、どんな環境にいたのか、色々想像がつきます。
まずは、ゆきの来た日のユキの爪。
IMG_1362
猫の爪のように尖っています。
これは平らな所にいた犬はこうはのびません。
網の上で飼われていたのでしょう。
よくブリーダーで、ゲージに入れっぱなしにし、糞尿は、下へ網を通って落ちるようになっています。
そして、汚れたら、犬が入ったまま、水をゲージごとかけるのです。ユキは、平らな所を歩いたことがありませんでした。

ユキは、マセラチアと言う皮膚病にかかっていました。栄養状態が悪く、不潔な場所で、飼われていたのでしょう。顎の下から、お腹が全体に赤くただれて粉が落ちます。毛は抜け、痒くて痒くて、ずっとかいていました。IMG_1428
ユキは、こういう格好で寝ます。つまり、地面に付いている所が全てただれていたのです。
糞尿がこびりついたもしくは積もった小さなおりのなかで、どうしても眠くて、しゃがみたくないけど、そこで寝るしかない。いや、それしか知らない、それが普通だと思っていた子です。

ユキは多分2歳にならない位の年です。。
病院でも、そう言われましたし、見ていて、やることがパピーそのものなので、そうだと思います。
でも、ユキは何度か出産しています。
ユキのカラーは、フォーンと言うなかなかでないカラーだそうです。珍しくて、人気、高く売れる色。。
ユキはブリーダー崩壊を2回経験しているそうです。
珍しいカラーだから、ブリーダーは出産できる若いメス犬は、手放しません。お金のなる木です。でも、崩壊し、保護され、やっと幸せになれるかと思った時に、普通の飼い主のふりをして、また、ブリーダーが繁殖の為をだまって、連れられて行きます。  

のみとダニだらけで、皮膚病で痒く、人間で言うと、小学生位の時から必死で子供を産んで、育て、そして、その子供をとられ、その子達はペットショップのショーケースに入れられ、いい値段がつくのでしょう。または、ブリーダーに残されてユキと同じような運命をたどるか。

命をお金に変える。人間は愚かです。

IMG_1345

ユキは、座りません。もちろん、話しかけられた事があまりないからという理由もあります。
ユキは1日中、ゲージの中をグルグル回ります。
最低限寝る時以外は、ずっとゲージの中で回っているんです。
汚い地べた、座る事も寝る事も出来ればしたくない、痒くなるし。

IMG_1406

ユキにご飯をお皿に入れてあげましたが、最初なんだか分からないようで、ご飯を食べませんでした。
もちろんおやつも。。一体何を食べてきたのでしょう?どうやって生きてきたのでしょう?


そんな環境でした。

想像するだけで腹が立って涙が止まりません。
そのブリーダーが運良く崩壊してくれたので、愛知県の保護団体さんの手に渡り、そこから、人づてで、
「コーギーの保護犬がいたら、欲しいなぁ」
と言っていた私の所に、話が回ってきました。。
そんな環境から救い出された、保護犬はいっぱいいます。保健所で、殺処分になる子もたくさんいます。
でも、シェルターを作っても、作っても、すぐいっぱいになってしまう、一時預かりボランティアさん宅もいっぱいで困ってるんですという声を聞き、いても立ってもいられず、聞いた、その日の夜には、主人に名古屋まで走ってもらいました。。

そして我が家にやってきた。。
救ってくれてありがとう。ユキ、生きててくれてありがとう。我が家に来てくれてありがとう。

只今、言葉を学習中。我が家のこれだけは絶対という、家族と仲良くする事を学習中。 甘え方を学習中。

とりあえず、人や、犬に攻撃する事はない子です。
茶助とは、すぐ仲良くなりました。(まぁ、茶助自体、優しいので)
でも、猫にはダメ。  もしかしたら、猫を知っているのかもしれないし、ご飯を取られたりした事があるかもしれないですね。でも、そんなこと言ってられません。一緒に生活して行かなきゃならない。
もう、ユキも家族ですから。
 少しずつ、仲良く一緒に生活できるよう、毎日ヘロヘロになりながら、教育中です。 
IMG_1419
にゃーこも仲良くしようよと、頑張って打ち解けようと必死です。 吠えかかってくるのを、シャーと言うのを我慢して、行動範囲が狭くなっているのを我慢してくれています。
にゃーこは、私に1番べったりなので、いじけないよう、私がしっかりフォロー。  
茶助も、しっかりお兄ちゃんをしてくれて、ユキとにゃーこの間を陣取り、にゃーこを守っています。
ユキは茶助が大好き。

茶助のしてる事をよく見てます。
初めてのドックラン。走っている姿をみて、ママは、泣いちゃいました。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

茶助の真似ばかりしている、ユキ。
茶助がいてよかったよ。お兄ちゃんありがとう!!


IMG_1513

ユキとの信頼関係を作るために。ユキのハウスの前で寝るパパ。
ユキは全てが初めて。最初は一人で食べれなかったご飯が、2日目にはちゃんとご飯が食べれるようになり、人の手からおやつをもらった事がないので、なんなのか分からなかった子が、いまや、おやつを、おねだりし、、、自分の名前も、なんとなく分かってきたかな。


トイレは、まだまだ出来ませんが、皮膚も、痒がるのもなくなってきて、体調も日1日と、目に見えて、良くなってきています。
多分、何も入っていなかった真っ白な頭の中なので、吸収は早そうです。

ユキ、我が家に来てくれてありがとう。ここはあなたの一生のおうちだから、これからずっとよろしくね。

IMG_1425

ユキみたいな子が日本にはたくさんいます。ペットビジネスの現状をより多くの人に知って欲しい!
そして、少しでも多く、幸せになれるワンコが増えて欲しい!!
そう願って止みません。
看板犬なんて、言葉が苦手な私。ユキが他のワンコと遊びたいなら、会わせるし、嫌なら、うちの愛犬として、誰もいない時間に散歩へ行き、充分幸せに暮らしてくれればいい。  
ユキのペースでゆっくり成長してくれればいいなと思っています^_^

ユキを保護してくれた小さな命を救う会SORA さん https://sora-chiisana.org/
そして、私にユキを巡り合わせてくださった方々に、心からの感謝を込めて.。

新しく、ワンちゃんを飼おうと思われる方、こんなサイトを見てみるのも、いいかもしれませんよ。

ずっと私も見ていた保護犬サイト、素敵な出会いがあるかも?!↓↓↓

どうか、これ以上不幸な命が増えませんように。