あの、日本の色々なことが変わった3.11から9年です。
大震災の20日後に、我が家に茶助がやってきました。   フィラリアも、陽性。
そんな茶助くん、2月の19日で、虹の橋を渡りました
9E2B9183-99EC-495C-9672-853A319DAC85
今は亡きたづな、ひづめ、後ろににや、
この中でいまは、にゃーこしか健在でありません。

IMG_2393
IMG_2128

IMG_1247
IMG_0025
IMG_0033
3418E91B-11EA-4BC1-B05F-2DC7A08A7A75
60097C5B-B9FD-402F-A414-76832B2D2438

人もワンコも、家族以外苦手だったけど、家族を大好きで、守ろうといつもしてきた茶助。
IMG_3251

にゃーことも仲良く、優しいお兄ちゃんで。
IMG_3073
IMG_2734
IMG_2722
ユキには、めちゃくちゃ甘い、優しいお兄ちゃんでいてくれました。
茶助がいてくれたから、ユキはお散歩も、おやつの食べ方もわかるようになった。

そんな優しい優しいお兄ちゃんでした。
最後の二週間は、私達も夜中何度も起きて、茶助も苦しそうで本当にかわいそうだった。
あんなに病院嫌いで、噛み付いたり逃げまわったりする茶助が、病院で無抵抗だった時、もうあとわずかの時間しかないかも知れないと思いました。
白血病。。
茶助の診断は、すでに、重症で、貧血で倒れてもおかしくない数値でした。
何となーくご飯が残すようになって、ユキがご飯を奪っても、しっぽふりふりして、自分のご飯をあげていた茶助。
具合悪かったのかな。。

でも、被災地から、重度のフィラリアに感染して、連れてこられた時から、早い別れが来るのかも知れないと、いつも覚悟はしてきたので、9年近く一緒にいれたのは、長かったのか、短かかったのか。。
残ったのは、感謝しかない。
茶助と会えて良かった。うちの子になってくれてありがとう。いいお兄ちゃんでありがとう。子供達に、優しい気持ちを教えてくれてありがとう。 ユキちゃんにいろいろ教えてくれてありがとう。
本当はもうちょっと一緒にお散歩いってあげたかったな。ユキと並んでオヤツたくさんあげたかったな。伏せも待ても茶助だけはちゃんと教えたから、ユキにも茶助のお手本見せたり、ゆっくり遊びたかったな。

IMG_3440
最後は、ご飯が食べれなくなって、赤ちゃん用の離乳食を少しづつ子供達がスプーンであげました。
IMG_3442
もともとは逆だったのに。茶助よりちっちゃかった息子くん?  茶助と、1番のお友達。


IMG_3541
おじいちゃんになったね。

IMG_3546
いつも、居間と厨房の両方が見える場所へ。家族全員見える所にいました。


そして、最期の時も、茶助は家族が全員揃っている時間を選んで亡くなりました。家族が大好きだった茶助。。

これからも家族仲良く頑張らなくちゃね。
茶助どうもありがとう。