打ち合わせのため、3年ぶりにFranchi社を訪問してきました。
Franchi社はミラノの北東、ローカル列車で約1時間のところにあるベルガモという素敵なこじんまりとした街にあります。
P1000607

今年ちょうど創業230周年。取り扱い種子のほぼ100%がイタリア国内で採取された種子という、こだわりを感じるイタリアらしい家族経営の老舗種苗会社です

打ち合わせの後、工場ツアー
出荷待ちの種子が空調の保たれた倉庫内で保管されます。
P1000572
P1000577
P7020290


小袋種子をパッキング作業中。
P1000579


こちらは発芽試験室。作業員の方はピンセットを使って黙々と種子を数える作業。
このチェックによって、発芽率が基準値に満たない種子は販売できません。
P7020295
P7020296
P7020297
P7020294
P1000582


発芽後は、生育観察。
立札に書かれたロット番号毎に生育状況を確認しています。
今年は冬からの長雨が3か月も続き、春がなく、夏が一気に来たイタリア。全体的にいつもの年より生育がだいぶ遅れ気味の様子。

◇バジル
P7020303

◇トマト
P7020305

◇ナス
P7020302

◇オニオン
P7020309

◇パセリ
P7020310

◇キャロット
P7020311

◇ズッキーニ
P7020313

◇キュウリ
P7020314

◇レタス
P7020316

◇インゲンマメ
P7020319
P7020321

◇スイスチャード
P7020325

◇畑の一角
P7020327


無農薬で育てているというこの畑、虫食いなどが一つもないくらいに美しい。毎日プロの方が管理しているということですが、さすがですやっと来た初夏の太陽をいっぱい浴びて、ぐんぐん大きくなぁれ!

最後に、、、気さくで、笑顔、冗談もたびたびの8代目社長フランキ氏との記念撮影。
BlogPaint