はなしのタネ

イタリア、フランスから野菜や花の種を輸入・販売している小さな会社で働く社員たちが日々の出来事、入荷商品のご案内、商品情報などをつづります。

フランス野菜

4月のニース・サレヤ広場市場

冬のなごり野菜もありました。

色とりどりのカリフラワー
ロマネスコ
P1000017

ヴァイオレットチェダー
P1000032


冬スープに欠かせないリーキ
P4130111
P4130099


チコリー
P4130092

フェンネル
P4130091


株元のほんのりピンクがとってもかれんなスイスチャード
P1000030
P4130129


エシャロット
P4130079


ボルドー色のオニオンもニースの太陽で光輝いていました
P4130080


この時期の南仏や南伊の市場廻りはおすすめです
冬野菜と春夏野菜が一度に楽しめます。

4月のニース・サレヤ広場市場

4月中旬、採れ出してきたばかりの野菜達。

まだまだ小さなセルリアックビーツターニップ。根菜類をこうしたBabyで収穫するのもありです
P1000023
P1000022
P4130131


フレッシュなガーリック
P4130078
P4130087


海外の市場ではどの季節も必ずといっていいほど見かける、定番ラディッシュのブーケ。これを見ると、お〜市場に来たぞという気分が盛り上がります。
P4130088


果物もいろいろ出始めました
P1000014
P1000019
P1000021

やっぱり高いですね〜、森のいちご
長さ10cmくらいの小さな楕円トレイに入れられて、これで€7=約910円
P4130097



4月のニース・サレヤ広場市場

この時期の旬はアーティチョーク
グリーングローブ
P1000013
P4130085

ロマネスコ
P1000031

プロヴァンス
P1000027
P4130086


そしてこちらも今が旬アスパラガス歯ごたえ、独特の香り、たまりません!!!
P4130098
P4130116


出始めたばかりの夏野菜。
ズッキー二。中でもこの丸ズッキーニはニースという名のついたまさしくご当地ズッキ
P4130084

P4130083
P4130082


夏野菜の中でも断トツ目を惹くのはやっぱりトマト。ニースのトマト、ほとんどがこのムクムクCuor di bue、どこに行ってもこのムクムクばかり。P1000028P4130128
P4130090
P1000024
P4130095

ようやく見つけた他の品種。収穫のタイミングにもきっとこだわりがあるのでしょう。。。
P4130125

オレンジのトマト。
P4130126


ピカピカ☆★まばゆいばかりにツヤツヤのペッパーナスP1000012
P4130094


まだまだ続きますよ










4月のニースの市場

P4130133
P1000208P1000015
南仏は初夏の雰囲気も漂う4月、ニース・サレヤ広場に立つ市を覘きました。
どんな野菜がどんな姿大きさ、どんな色で売られているか、皆様にもご紹介いたします。




まだまだ続くプレジダン・ウィルソンのマルシェ

一流シェフや舌の肥えたフランス人がこぞって買い出しにくるプレジダン・ウィルソンのマルシェ。
野菜だけでなく、魚介類や肉、お惣菜やパン、スイーツ、チーズなど、それら全てのクオリティが高い
PB030146
PB030231
PB030147
PB030148
PB030149

大〜きなナベでぐつぐつ炊かれているのは、パエリア
PB030150
PB030229


お肉屋さんの前で、ものすごい異臭を放っていたのは、、、、
PB030228

カエルも売られているし、ウサギも頭を大きな釘でまな板にくくり付けられて、まるごと一羽毛がついたまま裁かれている
こんなのを普通に、おじさんやおばさん達が買って帰っているんです。。。
フランス人って、いろ〜んなものを日常食べてるんだなぁ〜とつくづく感じます。

週末は家族みんなでマルシェに買い出しに来て、こういうものを普通に目で見て、食べて育つフランス人の子供達。
きれいにカットされて、パックに美しく並べられた物を買って、食べて育つ日本人の子供達。日本人の子供は、わざわざ勉強しないと現実を知れないのですね。。。

プレジダン・ウィルソンのかわいこちゃんと美人さん

PB030165
細い一直線の通りにお店が並ぶ、プレジダン・ウィルソンのマルシェ。
同じ野菜であっても、私を撮ってと言わんばかりの、ひときわ目立つとりわけチャーミングなこの子たちがいました。

まずはトマトちゃん
房採りトマトってかわいいこの姿を見るだけで買って帰りたくなっちゃいます。
PB030138
PB030141
PB030144
PB030171
PB030230

フリフリドレスをまとったレタスさん
こんなに大きなレタスは日本のスーパーじゃ見られません。だいたい直径30cmくらいはあるかな〜。。
PB030215
PB030177
PB030164

繊細なサヤのインゲン
PB030145

うっすらピンクに色づいたターニップ
PB030151

ちぢれ具合も美しいサボイキャベツ
PB030152

紫キャベツ、この紫色だ〜い好き!
PB030158

太軸、ツヤツヤのスイスチャード
PB030153

ポティマロンのスープもフランスの冬には定番!
PB030157

この時期の根菜、黒と白といえば、黒ダイコンパースニップ
PB030159

大きなセルリアック、冬のクリームスープにいいですね〜。。
PB030161

これはキクイモ=トピナンブール、フランス人は良く食べます。
PB030160

ジャガイモもいろんな種類を料理によって使い分けます。
PB030216
PB030217

紫のランプのようなオニオンも秋の付け合せ料理におしゃれだなぁ・・・
PB030176

グリーンリーフは真冬のマルシェでも鮮やかな緑色、寒さの中でこの色を目にすると思わずほっとします。
クレソン
PB030170

マーシュ
PB030219

ワイルドルッコラ
PB030174

メスクラン
PB030168

フレッシュハーブは近寄っただけで香りが漂ってくるのです!
ミント
PB030169

コリアンダータイム
PB030162

ディル
PB030175

ラブリーなラディッシュ
PB030166

キャロット
PB030165

野菜だけでも、まだまだ載せきれないマルシェの様子。
フランスの食の豊かさには驚きます。

そして、この後肉屋では、すごいものを目にしました













フランス・秋のきのこ

パリで見た秋のきのこ、いろいろ。
PB030139
PB030220
PB030221
PB030222
PB030224
PB030225
PB030226

ジョエルさんのスタンド

パリの高級住宅街16区、プレジダン・ウィルソンのマルシェ。この細い通りの両脇に八百屋さんをはじめ、魚屋さん、肉屋さん、花屋さん、スパイス・ハーブ屋さん、チーズ屋さん、調理器具屋さんなどなどが軒を連ねています。
PB030137


早朝ここに来ると、あ〜パリに来たんだなぁ・・・と改めて実感します。
通りの真ん中辺りに立つのがここ、ジョエル・ティエボーさんのスタンド。この日は残念、ご本人はいらっしゃらない様子。
PB030205

PB030180
シェフらしき方々が次々と訪れていました。日本人の方で、パリで料理の修行中かな?!と思われる男性もいましたよ。ノートに売っている野菜を一生懸命に書き留めていました。

11月に入ったばかりの時期、根菜類を中心に、こんな野菜達が売られてました。

ジャガイモ-このサイズ、包丁を使わず調理できるので使いやすいのです。
PB030184

PB030185

ニンジン-葉付きで売るか、葉を切って売るか、根部のサイズや形に応じて考えてますね〜。。。
PB030186
PB030190


ビーツ-ゴールデンクラポディーヌなど色、形、多品種あります
PB030198
PB030199


今が旬のパースニップ
PB030234

ルートパセリー
PB030235


カブのはツヤツヤのピカピカ大げさじゃなく、輝いてる!
PB030195


フレンチには欠かせないエシャロット
PB030183


サラダ野菜のレタスPB030182

レッドマスタード
PB030202

秋の定番、,チコリー
PB030200
PB030201


秋色尖がりキャベツ
PB030179

ケール
PB030203

ジョエルさんのハーブはこれまた素晴らしいものすごいたくさんの種類を栽培しているのだと思います。香りも色も葉のピンシャンしているのも他とは違う
パセリー
PB030204

ローリエ、セージ、その隣の葉は何でしょうね?
PB030207


そして最後は、季節外れのトマト達
PB030191
PB030193

この色合い、じつにパリチックだなぁ〜
こういう古ぼけた、鄙びた色をさりげなく素敵に見せるのも、パリの街とフランス人のセンス。
さて、シェフはこのトマトをどう使うのでしょうね。。。









カリフォルニアのキラキラ☆トマト

夏野菜の王様と言えばトマト
様々な色合いと形の愛らしさ、まるで宝石箱のようなきらびやかさ☆

フランスで目にしたトマトイタリアで出会ったトマトにも感激しましたが、サンフランシスコのトマトも負けてませんでした。
黄色いミニトマトは甘みの強いサンゴールド
画像 1439

画像 1475

グリーンゼブラ画像 1440

ブラッククリムブランディワインもありました。
画像 1445

画像 1441

画像 1444

画像 1487


そして、ここのスペースは宝石箱をひっくり返したようなトマトの山!写真では伝えきれないのが残念。。
画像 1488


時を忘れて、思い思いの形や色合いのトマトを探すのに夢中になってしまいます。
画像 1489

画像 1490

画像 1491

旅先で見た素敵な秋色

今週末はもう7月!!7月からは徐々に秋、冬野菜の種まきが始まりますね。
常に先、先の季節を追いかける種まきって何だかファッションの世界と同じよう。。。

秋から冬にかけての野菜、その魅力の一つは色♪
なんとも大人っぽいシックな色あいが楽しめます。

チコリーレタスなどは色合いが一様でないところもまた楽しい!
グリーンの色もこの時期は深い、落ち着いたいい感じの色が出ます。

旅先で見た素敵な秋色をご紹介します。
イタリアを代表する秋野菜と言えば、チコリー
BlogPaintBlogPaint

BlogPaintBlogPaint

BlogPaintBlogPaint

BlogPaintBlogPaint

BlogPaintBlogPaint

BlogPaintBlogPaint


寒い時期のキャベツには甘みがあって大好きです!
BlogPaintBlogPaint

BlogPaintBlogPaint

BlogPaintBlogPaint


ホクホクなカリフラワーもいいですね〜♪
BlogPaintBlogPaint

BlogPaintBlogPaint

ビーツビエトラ、まだまだ日本人にはなじみの少ない野菜ですが、なかなかのおいしさですよ。
BlogPaintBlogPaint

BlogPaintBlogPaint

根菜類も今から種まき、秋冬収穫!
BlogPaintBlogPaint

BlogPaintBlogPaint

ターニップ・ゴールドターニップ・ミラノ

カラフルキャロット根菜類


忘れちゃいけない名脇役のレタスエンダイブ
葉色や葉先の繊細さを見ているだけで、思わずうっとり、、時間を忘れてしまいます。。
BlogPaintBlogPaint

BlogPaintリーフレタス

BlogPaintBlogPaint


猛暑の中でもお百姓さんは種まき、草取り、収穫、水やり・・・に大忙し!!
どうか、夏バテや熱中症にお気をつけ下さい。
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ