October 31, 2004

第2話 無料か?有料か?

出会い系サイトには大きく分けて有料・無料がある。

貴方が男性なら、迷う事なく有料サイトを選ぶべきだ。
これは宣伝でもアピールでもない。管理側でしかわからない根拠がある。

昨日も書いたが、出会い系の需要というのは女性より男性の方が圧倒的に多い。
無料のサイトは男性会員が際限なく入会してくるわけで、この需要の比率がそのまま会員数の男女比となる。

有料サイトと違い男性はメールを送り放題、アピールし放題。
1人の女性に対するメール数が増え、女性の退会に繋がる。
メールの内容も「送り放題」だからかなり適当になる。
どうしても「数撃ちゃ当たる」的考えになる。
男性側から見ても、何度メールを送っても返事が来ない→「会えない」サイトになってしまう。

男女比の調整が必要だ。
無料有料問わず多くのサイトはここでサクラを使ってしまうが、ここではサクラを使わない事を前提として話を進める。

先日述べた男性会員数の調整という部分で、有料のサイトはかなり効率が良い
同じ広告媒体でも、サイト内の利用料金を高く設定すれば、男性のエントリー数は減るし、
安く設定しても無料サイトと比べると半分またはそれ以下の数になる。

有料サイトを運営していて、男性会員を「お客様」として考えた場合、1人でも多くの男性会員が欲しいところだが、
女性会員を確保した上で行わないと「出会い」に繋がらない
絶妙なバランスが必要なのである。

貴方がもし女性で、真剣な出会いを望むなら、有料サイトを選ぶべきだ。
「出会い」自体にお金をかけない男は 貴方にもお金をかけてくれないだろう。

貴方がもし女性で、体の関係だけを望むなら、無料サイトを選ぶべきだ。
女性会員に対して男性会員が溢れているから、確実に会う事ができるだろう。
デート代をケチるような男しかいないと思うが、それでもよければ。

有料サイトは、有料たる所以がある。
有料かつ優良なサイトを見つけるのは大変かもしれないが、
無料サイトに優良サイトはない。  
Posted by natural_crazy_house at 21:05Comments(15)TrackBack(305)出会い系の裏

October 30, 2004

第1話 サクラについて

1つの文化にもなっているサクラについて
これに関してはほとんどの出会い系サイトが使っている
給与体系もさまざまで、時給制の所もあれば歩合制のところもある
なかには完全歩合(男性から何通メールをもらえるか)の所もあるそうだ

先に書いておくと、自分が運営しているサイトはサクラを使っていない
サクラを使わなくても、寧ろ使わない方が無駄な経費がかからず、利益に繋がるからだ

どうしてサクラを使うのか?その理由は出会い系サイトの需要にある。
携帯にしろ、インターネットにしろ、一般的に出会いの需要は男性過多
女性の供給はまず追いつかない。アダルトな内容を含むならなおさらである。

そこで、サクラを使う。
サイトに女性がたくさんいると思わせ、本物の女性が入会してくるまでの”つなぎ”にするわけだ。
「会う」「会わない」の話だけではなく、日常会話等で男性会員をサイトに繋ぎとめる
そして、女性会員が入会してきたら、大人しく引いて、出会いに繋げる

また、マナー違反の男性(いきなり「アドレス教えてくれ」等)に対して
「それは無理」ときっぱり断り、教育していく
サクラの使い方としてはこれが最も一般的だ。
あくまでも出会いの繋ぎとして、アルバイトを雇っているに過ぎない。

某運営会社ではサクラのみで女性が全くいないサイトもあるという。
「出会い系」であるにも関わらず「一切出会えない」サイトが存在するわけだ。
それでも、男性は女性を求めて登録し、利用し、料金を払う
例え相手がサクラであっても気付かずメールを続け、結果出会えないままお金ばかりかかるのである。
これが、サクラを雇うのにかかる経費を上回っていれば、利益は発生する。
ここ最近は少し減ってきたが、まだまだ完全にサクラしかいないサイトは無数に存在する。

最初に自分のサイトを持つに至った時、サクラの雇用も企画に上がったが取り下げた。
同じやり方では勝てないと思ったからだ。
また、自分の運営会社は協力なバックボーンがあり、広告費に関してはかなりの先行投資を許された。
そこでまず、女性会員を集め、次に男性会員の数を調整して集める事で
サクラ不要のサイト運営を始めた。 黒字にするまで半年かかったが、これまでにサクラを使った事はない。
女性会員・男性会員とも、異性を検索すれば確実に実在する相手に繋がる。
ここに、男性会員数の調整が重要になってくるのだが、そこはまた後日説明する。

まとめると、サクラは女性広告の先行投資が許されれば必要ない。
大手の出会い系サイトではほとんどこの形でサクラを使っていない。
サクラを使っているのは一部の、広告費すら出せない運営会社だろう。

もし貴方がこれから出会い系サイトを利用しようと思うなら、
なるべく多くのサイトを利用し、どこが一番効率が良いかしっかり判断するべきだ。

利用するまでわからない。これが出会い系サイトである。  
Posted by natural_crazy_house at 22:24Comments(0)TrackBack(0)出会い系の裏

October 29, 2004

はじめまして

このブログを見てくれてありがとう。
皆さんは『出会い系』やったことありますか?
携帯やパソコンでメール交換したりする あれです
電車の中で一生懸命メールしてるオジサン あれです
社会問題になっている迷惑メール・サクラ・債権回収 あれです

出会い系攻略・出会い系サイトの裏を綴ったブログは結構ありますが、どれも甘いですね
ここでは有料出会い系サイトの管理をリアルタイムでしている自分が、
日々思う事、真の攻略法、出会えないパターン等を赤裸々に語っていこうと思ってます。

  
Posted by natural_crazy_house at 21:35Comments(1)TrackBack(0)ひとりごと