愛知の田舎で古民家暮らし

築100年超の田舎古民家で田舎暮らし6年目。2000日を超えました。

農作業用の補助イス

私が長時間(1時間以上)前かがみになったり
しゃがんで作業しなければならない時
足の血行がわるくなり
立ちあがったり、頭を上げたりする時に
めまいが頻繁にするので
そんな事を防止するのに活躍している椅子です。

001
奥の白いのが古い方で
手前が、今回買い足したもの。


古い方は、ヒモを固定する部分がちぎれ
補修して使っているのですが
素材が発泡スチロールなので
だんだん押しつぶれて来ました。

そんな事で、新しいものを物色してたら
立ち寄ったホームセンターに
今まで使っているものより大きめのがあり、GET!

これは、
ヒモで腰にしばると
常時お尻に引っ付いてて
いちいち椅子を移動させなくても良いのです。

柔らかい素材なので
ビニールマルチなどを破きにくいですし。


これのお陰で、
私が苦手なしゃがむ様な作業を
長時間出来る様になりました。


重宝しています。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

手での草取り作業

001
雑草防止の為に張った里芋畑でも
里芋を植えた穴からは、ボーボーに雑草が生えて来ます。

我が家は芋を深めに植えている事もあり
里芋が葉を出す前に雑草が生い茂ってしまうと
里芋の葉が出にくくなってしまいます。

他の作業の兼ね合いで
後回しになって居ましたが
もう、雑草を取らないと。。。と。


ただ、これは草刈り機とか使えず
地道に手で一つ一つ根っこごと取らないと。。。

半日でここまで
002
雑草の中にかろうじて葉を出していた里芋も
間違って幾つか引きちぎってしまいましたが
まぁ、今夜雨予報なので、
ここ数日で一気に再度葉を出してくれるでしょう。

1週間ほど前に妻が雑草を取った方は。。。
003
一気に葉が出て来ました。

里芋の葉を食べにくる芋虫も見つけ次第。。。

ピンセットでつまんで殺!


有機肥料たんまりで、農薬使用は一切無しの我が家の里芋。


年々評判になり、昨年よりさらに増産です。


今年も沢山芋が成ってくれますように!!!!


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

27年産、減農薬米ミネアサヒ。完売致しました

我が家の減農薬米:ミネアサヒ

昨年秋に収穫しました27年産は
販売量を完売致しました。


本当に、ありがとうございました。
こんな日々の田舎暮らしブログ経由で、
我が家のお米にご興味を頂き
購入頂きましたお客様もほんと増えて来ました。

本当に、ありがとうございます。


中山間地の田舎と言う、
平地の農業と比べ、極端に生産効率がわるく
沢山のお米を一気に生産出来ませんが
その分、山の恵みを沢山受けたお米を
丹精込めて作る事を心がけたいとお思います。


また、今年のお米が出来ましたら
ご報告させて頂きますので
よろしくお願い致します。


で。。。

今、田んぼで生育中の稲は
9月初旬に稲刈り予定で
発送が開始できるのは中旬以降を予定しております。


私が、日々管理し、丹精込めて育てております。


例年より暑くなる夏になりそうで
かつ、雨も多めとの予想。。。。


天候ばかりは、私にはなんともなりませんが
その中でも、より美味しくなるように
ブログに記載しておりませんが毎朝、毎夕
水の調整など行っております。


当然、害虫が少しでも遠ざかる様に
草刈り作業も。。。。。


000
今年のお米ができる事を
私自身も楽しみにしております。


また、随時ご報告させて頂きます。

~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

川の中も草刈り

001
私の田んぼ横を流れる河川。

この3月に河川内の砂を取り除いてくれたのですが
予算の都合で、全て取り除けず、中途半端に残ってる。

この川には、葦(ヨシ、アシとも言う)が大量に生えていて
今回の河川工事時に、だいぶヨシの根っこを取り除いてくれた。

でも、少し残った根っこは
温かくなるとすぐ伸び始めるので
せっかくここまで綺麗にしてくれたのなら。。。。と

河川内に入って、
堆積している土の上のヨシを
刈払機(草刈り機)でカット。


水のある河川内とはいえ
これだけ水面と地表とが離れていれば
ヨシも水分を吸いにくいだろうから
河川内に生えている時よりは
まだ成長も遅いだろう

そんな時に、頻繁に伸びた葉や茎を切られれば
絶滅してくれないかな。。。。なんて。。。


このヨシを大量に発生させていると
ここにお米の天敵「カメムシ」の温床となってしまうので
なんとか食い止めたい。。。。


どこまで草刈り管理出来るか今年は時間と?自分と?勝負です。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

ユンボの定期掃除

昨年の秋から畑に置かれ
堆肥などの搬入搬出に活躍したMYユンボ。

001
牛フンを軽トラに積み込む時は
まだここはアスファルト上なので、
バケットが汚れる位だけど

003
もみ殻の上での作業などが続き
置き場所もそのままもみ殻の上のままが続いた。。。

002
まぁ、土の上より、大量のもみ殻上では
水に鉄キャタピラーが触れる事が無いし
もみ殻上で走行、旋回するともみ殻に摺られ
鉄キャタピラーが返ってピカピカになるのですが

問題は、風に吹かれて
もみ殻がエンジンルームなど
すき間に大量に入る事。。。。


以前、ユンボが故障して整備してもらう時
もみ殻がすき間に入り込んでいて
整備がしにくかったり、排熱性が下がる危険があると
整備士さんから指摘されたので。。。。

晴れて、空気が乾燥している時に。。。
001
ユンボの下側をあらわにした状態にして!

開けられる扉は全部開けて!

エンジンブロアーで、もみ殻を吹き飛ばす!



キャタピラーに入り込む田んぼ土とは違い
もみ殻は軽いので、風量があれば、
いとも簡単に綺麗になるのがありがたい。。。。


一緒に砂ぼこりも飛ばせます。


こう言う時に、下周りを危険が無い範囲で覗いて
新しくオイル漏れ箇所が無いか。。。

それなりに使用時間が経っているので
多少オイル漏れが以前より有っても
以前より量が増えてないか。。。。

そんな事もチェック。。。。


Myユンボも使用5年目になっているので
私的にも経験も知識も増え

どんな所をチェックすれば良いか。。。
どんな所をメンテすればよいか。。。。

そんな事も分かって来たので

ある意味、楽しい。。。


昔、バイクに対して愛着を注いでいたのが
田舎移住後、沢山の重機、農機に代わっています。


4輪(車)は、3台(内2台は貨物)。

その他に、
エンジン付き機械は、今、いったい何台あるのやら。。。。

大きなもので。。。。
ユンボ、トラクター、田植え機(実働1台・現在不動3台)、
コンバイン、バインダー、運搬車2機、

小さなもので
耕うん機、溝切り機、発電機、各種ブロアー(噴霧器含む)、
水ポンプ2機、刈払機3機、チェンソー2機、穴掘り機


そうそう、忘れてた。。。。
バイク。。。2台(うち1台現在ナンバー無し)


メンテも大変です。


田舎暮らしは、機械好きには良い環境ですね。


田舎で活躍する機械は、娯楽性は皆無。


しかし、
それぞれ活躍する分野は違えど実用性は凄い!

みんな上手く活躍させたいものです。



そろそろバイクのエンジン掛けて、動かしておかなきゃ。。。(忘れてた・・・汗)



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

土壌改良と堆肥とを大量散布

001
昨夕方、
余計な事(軽トラがぬかるみにはまる)でユンボを使いましたが
本来、今日ここで牛フンを軽トラに積み込む為のもの。

冬に牧場からもらった(買った)牛フン堆肥も
のこりこれだけ。2トンは無いなぁ。。。(1トンちょっとか)

もともとは。。。
003
8トン(搬入当時写真)あったのですが
全部これで使い切り。

昨年まで稲作していた小さな田んぼを
畑に改造するのに土壌改良材として用意したのは・・・
005
大量のもみ殻。



004
他の畑用に用意したもみ殻も当初これだけあったけど
少し残ったので、これも散布。


もともと田んぼなので
軽トラでそのまま入るとハマるので
全て運搬車に積みかえて手下ろし。。。。



私の町の田んぼは、粘土質が強く
粒子が細かいので、雨が降るとドロドロになり
乾くとカチカチ。

そして、山あいに田畑があるので
もともと乾きにくい土壌。。。。

その為、普通に田んぼを畑にかえても
長雨が続くと、里芋でさえ、土の中で腐ってしまう位なので
色々その対策として、タダでもらえるもみ殻を。

もみ殻は土に返るのに、2年はかかるので
それまで、粘土土同士が固まるのを防いでくれたり
排水性UP、そして、土がもともと畑の土の様に
柔らかくしてくれています。

農協でもみ殻の処理に困っている事もあり
うまくもみ殻を使えれば良いかなと。。


002
全て散布完了。


さぁ。。。。
予定よりだいぶ多めのもみ殻。。。。

これでけの量をトラクターで土と混ぜ込まなければ。。。。

少し不安。。。。


今日の夜雨予報なので、
余り多くの雨が降る様なら
トラクターでの耕うん時期は先延ばしか。。。。


さて、もと田んぼがどの様に変身してくれるやら。。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

軽トラ、ぬかるみにハマりユンボで・・・

001
やってしまいました。

一日の作業完了後、イノシシの檻の見回りと
エサ置き帰りに。

写真左奥に檻があり、
そこから軽トラで出てくる時に
普段だと1回では出れないかと
切り返して出て行くのですが。。。。

今日はなぜかスッとそのまま出てしまい。。。。

道隅はぬかるんでいるとは知っていたけど
まぁ、4駆だからなんとかなると。。。。

002
しかし。。。

前輪片側がこれだけ沈み込むと
対角線上の後輪の片輪が浮いてしまい
互いに駆動力を地面に伝えられず。。。OUT。


道をふさいでしまっているので
妻を呼び出して妻の軽バン4駆バンで引く事も出来ず。。。


致し方ない。。。。

こいつを持ってくるしか。。。

003
先程までこの近くにあったのに。。。。
500mほど離れた場所にワザワザ明日の為に運んだ後なのに。。。。

再度、ヨチヨチ歩きの子供の足同様の遅い速度で
またここまでユンボの農道自走。。。。


軽トラが邪魔で道を抜けられないので。。。

004
畦を無理やり登る。

キャタピラーの跡がくっきり。

こんな急斜面では普通に登れないので
尺取り虫の様にアームを伸ばしたり縮めたりして
登るから、周りが凸凹になる。


005
車の後ろに来てしまえば
即完了。

牽引用のロープは、
普段から軽トラの荷台の工具BOXに
積載してるので、こう言う時は処理が早い。

私のユンボは2トンクラスなのですが
軽トラの重量など楽勝です。


006
左前輪が完全に埋まったので
バンパーも泥だらけ。


007
タイヤも泥だらけ。

前輪のブレーキ周りに
完全に泥が詰まりました。


008
車を移動させてから
ゆるい泥をユンボで適当にすくい
アスファルト際に土手の様に乗せておけば
次回ハマる事は無いでしょう。


軽トラをユンボで引きづり出す様な作業、
年1回は起こしている様な。。。。。


もともと農道は、車がすれ違えない狭さで
なおかつ、中山間地の農道は
道路際がこの様にぬかるんでいる所も多く
こう言った状況は起こりやすい。。。。


まぁ、自分のユンボがあったから良かったものの
無ければ、地元の誰かに助けを求める事になり
迷惑かける所でした。。。。


帰宅後、軽トラは洗車。


改めて気をつけなければ。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

しば農園

我が家で作った愛情作物の自前通販サイトです。
<※PC専用>
プロフィール
ブログランキング


最新コメント
楽天