今日は、毛虫の写真を掲載しません。


毛虫嫌いな方、ご安心を。



毛虫を退治(殺虫)するのに
最初は、キンチョールなど
スプレー殺虫剤を多用していました。


ただ、市販の殺虫剤は
吹きかけて瞬時に毛虫を殺す訳ではありません。


いくつかの市販スプレー殺虫剤を使用しましたが
キンチョールが一番聞き目が早く。。。というか
吹きかけられた毛虫の反応が一番早く
死んでいくようです。


他のスプレー殺虫剤では
キンチョールほどの素早い反応ではなく
反応が無いので何度もスプレーしたくなり
結局、スプレー缶が早くなくなる。。。。


その他のスプレー殺虫剤とキンチョールでは
倍近くキンチョールの方が市販価格が高いのですが
キンチョールの方が持ちが良いので
キンチョールの方が得の様な印象がしてきまして

いまではキンチョールのみ。。。。


ただ、そのキンチョールよりもっとお得に
殺虫出来る方法は無いかと思案してた所

良いものがありました。


これ。。。

001
カセットガスのバーナー。


BBGなどの炭火起こしなどに使われるもの。
私は刈った草に着火する時にいつも使用しています。



このカセットガスのバーナーで
毛虫を焼き殺すのです。


殺虫剤より効果は早く、瞬殺。。。



スプレー殺虫剤と比べると、ガスの持ちが断然良い。



今年の様に大発生している毛虫が
大量に集まっている所など
ガスバーナーの炎を軽く吹きかけるだけで
毛虫の毛はあっという間に燃え上がり
毛虫はのたうち回り、時間とともに死んでいきます。


その場でとどめを刺したければ
もう一回炎をかければそれで終わり。



我が家の周りには焼け焦げた毛虫が一杯転がっています。


写真に取って見せたい所ですが
私が見ても気持ち悪いので、掲載は差し控えます。



瞬殺のカセットガスの炎ですが
要注意は。。。。

燃え広がりやすい所(木部など)や、
溶けやすい箇所(塩ビ波板、網戸など)に止まる毛虫に
炎を近づけるのは危険。。。。


なので、基本は燃えにくいもの、炎を瞬間的にかけても問題無い
コンクリートやトタン波板などの上に、毛虫が集まっている所など
毛虫を一網打尽に殺せる個所で多用します。


炎を吹きかけられない箇所は、市販の殺虫剤で。



我が家は北側に山を控え
その北側には土砂崩れ防止用に
コンクリートのヨウ壁があり
北側の山の斜面からコンクリートを降りてくる
毛虫が異常に多いので
そのコンクリートから下りてくる毛虫を
一気に焼き殺しています。


時間は、昼、と夕方。


両方で100匹では聞かない量を殺しています。



お陰で、我が家の南側にある
柿の木やその他果実の木にくる
毛虫が一気に減りました。
(全くいない訳では無いですが)



この毛虫との格闘は、今月は続くと思いますが
毛虫から成虫になる数を少しでも抑えないと
成虫にさせてしまって、産卵させては大変なので
ここは我慢の一言。。。。



毛虫を殺す、火やぶりにするのは
到底気持ち良いものではなく、気持ち悪い事ですが
ほかって置いて、毛虫に家が占領される事を思えば
そんな事を言ってられず、毎日格闘です。。。。


気持ち良い話で無く、申し訳ないですが。。。。



これも田舎暮らしの実情です。。。。


こんな話でもよろしければ
下記バナーをポチ、ポチッと押してくださいませ。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~