役所から今年度も正式に害獣駆除の許可。
001
役所の印付き書類が、責任者の私に届きました。

我が町の狩猟担当は、狩猟免許所持者でベテランさん。

この方の存在が、大きい。

私など、ただの連絡係です。



これで狩猟開始!。

地元住人の狩猟免許保持者を中心とした管理檻で、

そして、
猟友会での銃狩猟可能エリアでの狙撃で、

イノシシを筆頭とした害獣の頭数調整の為の捕獲が
公的な作業として、始まります。


捕獲頭数に応じて、補助金支給も公的にある・・・・が、


まぁ、
今まで、被害を受けた被害金には程遠く
せいぜい、害獣捕獲に関わった人達で
ささやかな慰労会が年1回出来るかどうか程度だが。


何も無いよりは良い。。。。と。



昨年度は、一昨年度の血のニジム様な対策を講じた為か
町内で、甚大・・・ほどの被害が出ませんでした。

(町民の多くの協力の中、ほんと努力しましたから…)

※対策とは・・・
  イノシシの捕獲数の拡大及び、里山の整備


ほんと!
この数年の中で、驚くほど静かな夏から秋を迎えられました。


さて。。。。

今年度はどうか。。。。。



2年前、私だけでもイノシシの子含め20頭近く捕獲した事が
やはり大きく貢献しているのだろうか。。。。

今の所、昨年の今頃同様
何か不気味なほど静かな里山。。。。。


全く、気配が無い訳ではない

定期的に、おびき寄せ用の餌は食べにくる。


でも、以前なら一度食べると
その後毎日来る状況にはならない。。。



気を緩めず、イノシシの行動を注視していかねば・・・・



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~