001
私の管理檻の一つ。

ちゃんと、捕獲許可を得てあります。
市と、猟友会の名前も記載。


そして、私は狩猟免許は持っていませんが
「捕獲檻の日々の管理(餌やりなど)をして良い」、と言う
「従事者」資格、と言うか、許可を保有。


今年度は、この檻で2頭捕獲。

捕獲後の処置は、狩猟免許所有者に一任。

なんせ、その方(狩猟免許所持者)は、
我が家の目の前の家の方なので
イノシシが檻に捕獲されたのを私が確認し
電話もしくはメールで連絡するだけ。


処理作業時に私の予定が合えば、
処置手伝いも過去何度も経験。


生きている物の止めを刺すと言うのは
何度見ても気持ち良い物ではありませんが
その獣にこちらも多大な被害を受けているので
可愛そう。。。。と言う気持ちはさすがにありません。


「数多くいる獣のうちやっと一頭捕まえられた。。。」と言う
安堵感がすべて。


逆にもっともっと捕まえねば。。。とも。




一昨年は20頭近くイノシシを捕獲した為か
昨年はほとんどイノシシが現れなかった。


今年度も、夏位までは
イノシシは大人しかったが秋から急増。


近隣の山林内で増えたイノシシが
えさ場を求めて、我が町へ現れたと思われる。


私の数か所点在している田畑の中でも
この写真のエリアが一番多く、
また耕作面積も広く管理しているので
この檻の世話を今月は集中して行う予定。


002
檻から東が山奥になり
この奥に私の畑が1反。

他の方の管理田畑も数面ある。


003
檻から西を見る。

西日がまぶしいが
こちらの方が1面当り広い田畑が広がっていて
我が家で一番広い畑もこの下にある。


そう、
東西に広がった田畑の丁度中央にこの檻を設置。


どうも東西に広がった田畑に狙いを定め
南北の山から別群れのイノシシがここに集まっている様子。


今までになく、荒らし方が激しい。



餌(くず米、米ぬか)を檻の周りに少し離れた所から置き
段々、外から食べると、檻に近付いてくる様に餌を置く。


念の為、檻の中にも餌を置くが
最初から檻の中の餌は食べないだろう。


3日位で、どうイノシシが餌を食べるかを観察。


明日から朝晩と見回りが始まります。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~