昨年の2月、
山の採石の為に水路の整備が行われ
私の管理田んぼの横の水路が整備されました。

当時ブログ
水路作り直し工事完了


その水路も2年目になり
水路内に苔などが生え滑り易くなっています。

その為、水路内に堰をつくって
田んぼの中に水を導こうとしていても
先日の大雨で、置いといた土嚢(どのう)袋が流されてしまいました。


どうしようか思案。。。。。



で、
001
水路両脇に杭を打ち
その杭をささえに棒を渡し
その棒をつっかえ棒にして板を斜めに水路底に。


写真で見る左側面に田んぼへ水を導く穴があるので
左側の土嚢は常設。


右側の土嚢は、水を田んぼに入れる時だけ置く。

終われば右側の土嚢を除けて水路内片側の水を通す。



これで多少の雨でも土嚢が流れにくくなったかと。。。。(推測)




まぁ、大雨予報や台風時などは水路内に何もない方が良いだろうから
その時は、堰自体も上にあげてしまえばいいかと。


あげると言っても持ち上げて置く位で。




蛇口をひねって農業用水が出るような
平地の農地では無く

山から流れて来る天然自然水なので、
砂も落ち葉も流れて来る。


なので、フィルターとなるものを置いておかないと
田んぼに全て入ってしまい、落ち葉や砂で埋まってしまうので
ほんと山の田んぼは管理する事が多いです。



何にしても。。。。


今年の春は雨が多く
いつになく水量が多い。。。。



この田んぼだけでなく、他の田んぼでも。



今年は一体どんな天候になるのだろうか。。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~