今月は、町内を縦断する県道と市道沿いの路肩を
町民総出で草刈りし、町内美化活動をする月。


それは来週(県道沿い)、再来週(市道沿い)に
予定されています。


ただ、当日の2日だけで、
県道や市道沿い全てを道沿いの草刈をすると
終日作業となってしまい
高齢者比率が極端に高い田舎では
体力的に無理がある。

なので、それぞれの作業日に
半日で終わる様
県道や市道沿いに自分の所有地や管理者がある人は
事前に
「その部分だけでも草刈をしておいて下さい」と
言うのが暗黙のルール。


なので。。。。。。

県道沿いにある私の管理地。
001

002
道路に草が伸びてこない様に
道路沿いの部分を刈り取り。

イノシシ避けのフェンスが無ければ
綺麗に刈り取れるのですが
フェンスがある分、綺麗に刈り取れないのは
致し方ない部分。


また、写真の土地は田んぼ。


今は、休耕田。


2年前まで米作りしていたが
毎年半分以上イノシシの被害を受け続けたので
作るのをやめざるを得ない状況。

道路反対側の斜面が広大なゴルフ場所有地の山すそとなり
そちらを徘徊するイノシシが作物の収穫時期になると
確実にやってきて、ある意味防除の対応出来ず
万策尽きたと。。。。

なのでここはイノシシが町内から完全に居なくならないと
耕作できない場所となっています。

ただ。。。。
それでも管理放棄するわけにもいかず。。。。

多年草の雑草が根付かない様に最低限の作業を。。。

003

004
作業前。。。。

005

006
トラクター耕うん作業後。


来週には我が地域も梅雨入りしそうな気配なので
田んぼの排水口を閉じ、雨水がたまる様にこの後して

水が溜まったら、もう一度耕うんしようかと。



そうすれば、今生えている雑草は一旦根絶できるかと。



乾いた土より、ぬれて柔らかい土の方が
トラクターの刃の負担や消耗も少なく出来るかと。



使わない田んぼでも、
こんなことをして維持していかねばならぬのも
困ったものです。


本来なら、何か作って維持していきたいのですが。。。
ここは、畑に出来ない沼地。
畑に転換するメリットもなく休耕が一番手間無いのが現状。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~