001
報告遅れました。

先日、ワナの仕掛けを報告した翌朝の写真。


要するに、ワナをしかけたその夜に
イノシシが捕まったと言う事。



002
イノシシの子のウリボウではなく、
充分育った若いイノシシでした。

それも二頭。

兄弟なのでしょうか、それとも夫婦??。


この辺は、イノシシの師匠(ご近所の狩猟免許所持者)に
聞かないと。。。。
(互いに忙しく、ご近所だけと会えてない)



この大きさで、二頭当時に檻で捕まるのは初めてです。


それまで毎晩のように付いていた
本当に小さなイノシシの足跡たち。


しかし、
ワナをしかけた当日の朝、
前夜の痕跡として
今まで来ていたウリボウの足跡より
大きめの足跡は檻近くで見つけていました。


親にしては小さめか??。



う。。。。ん。。。。。



こいつは何だ?流れ者の?別物か?


この辺の疑問符も、そろそろワナの仕掛け時か・・・と思った一因。


このサイズのイノシシが
一番田畑を荒らす悪さをし、被害甚大になるサイズ(若さ)です。



きっと、ウリボウが毎晩食べに来てて
何も起きない(ワナが無い)檻に警戒心解き始めた
元々警戒心ある若いイノシシが入り始めた矢先
タイミング良く私がワナをしかけたのかもしれません。



今回、今、最大な悪さをするいいサイズのイノシシを
捕まえる事ができましたが


でも
数カ月ですぐこのサイズになる
イノシシの子のウリボウが複数居るのも確認できている以上

まだまだ安堵する暇はありません。



今回、この二頭捕獲により
仕掛けた針金類は全て引きちぎられ
(扉が閉まった後、檻内でイノシシが暴れる事で針金が切られる)
扉を支えていたワイヤーも何らかの理由で
切られてしまいました。


それら補修を後日しないと。。。。


とりあえず。。。。
003
朝、連絡しておいた
地元の馴染みの方(狩猟免許所持者)により
捕獲したイノシシの処置がされたようで
(私は仕事により立ち会えず)


その日の夕方には、
イノシシの姿は無くなっていました。


血のりが2か所檻の中に残って。



ほぼ一日、檻の中で過ごしたイノシシ。

それら
イノシシの檻に摺りつけられた体臭、

糞尿。。。。

そして血のり。。。


それらにより、今、この状態の檻は
相~当~臭い檻の中です。


田舎って都会ほどハエが居ないのですが
(ハエの天敵も多いので)
それでも何も無い、でも、

臭いキツイ土の周りに
ハエが飛び回っています。


何回か雨が降って臭いが薄くなるのを待ちます。




そして。。。。



また、次のイノシシとの戦いを徐々に始めます。



とりあえず、今年初捕獲。

2頭。


捕獲イノシシの
年齢推測及び性別は、処理した方に後日お聞きしようかと。




~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~