001
昨夜、もみすりをお願いしていた農家さん(小規模ライスセンター)から我が家のお米を引取って来ました。

我が家は、個人のライスセンターで
かつ、我が家のお米だけでもみすりして下さる所に依頼し
100%我が家のお米となって戻って来ます。


これが農協さんとか、大型ライスセンターですと
大型もみすり乾燥機に他の生産者さんの作ったお米と
一緒に機械に入れられてしまうので
戻ってくるお米はどの程度自分のお米なのか
分からない状態になる事がほとんど。
(お米品種は同じもの同士で機械に入れる)


お米を作っているから、自分のお米とは限らないのが
お米生産の現実。



その意味で、今年の出来や品質がすぐ分かります。



今年の収穫量としては。。。。


昨年より若干減収穫。



昨年よりイノシシ被害が大きかったのが原因で、
気象状況でどの程度収穫量が変動したかが
イノシシのせいで良く分からなくなってしまったのも残念。



我が家に戻って来たお米は、
そのまま販売している訳ではありません。


農薬を極力使用していたいが為、
害虫に食されて被害をどうしても受けます。
004
特にカメムシの害による黒反転米は
依頼するライスセンターである程度選別除去して頂いてますが
それでも、若干量まだ残っていますので
さらに少なくするよう、再選別作業。

機械によって選別された黒反転米。

お米の黒い部分が害虫に栄養分を吸われた痕跡。


これは、ある意味殺虫剤を使用していない証でもあるのですが
精米して白いご飯に黒い点があるのは
どうしても気になる方が多いので
極力選別して減らす努力を。

002
生産の当初は、一粒一粒手作業で選別していましたが
お米の生産量が増えるに従って
手作業では追いつかず、
機械に頼っています。


同時に
003
お米の水分量チェックも。


これら毎年記録して、
お米のさらなる品質向上への一つの情報源として活用


正直、選別作業自体は機械にしてもらっていますが
お米を機械に入れるのは全て人力。。。。


30キロ入りの米袋を何度も何度も運ぶこの時期。。。


本当に背筋と腰がつらい。。。。。


普段、体を使った作業をしていましすが
それでも普段とは違う筋肉を使うので。。。。


一度に全収穫量は作業できませんので


ご注文量に応じての作業となりますから
ご注文頂いて即発送出来ない時もまれにありますので
その時はご容赦頂けます様お願い致します。



とりあえず。。。。



なんとか食べられる様にお米が用意できた事が
安堵です。。。。。。



まだ、稲刈りが終わって無い農家さんも居ますので
その方々の事を思えば、本当にありがたい。




愛知県豊田市足助地区を中心としたお米
ミネアサヒ(我が家は減農薬米)にご興味ある方は
このブログ右上にありますバナーより
通販サイトに訪問頂き、一報頂ければ幸いです。


注文前のご質問もごご遠慮なくどうぞ。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~