001
2014年2月に間伐した杉やヒノキで
再使用しきれず残っていた間伐材を
チェーンソーの試運転ついでに整理しました。


002
積み重ねてあったので
木同士が重なり合って湿ったままの個所は
腐ってきたり、虫に食われたりしています。


文字通り生い茂った山林の木々を間引きする為に
木を切り倒したのですが

カーポートの柱などに大半は使用しましたが
太すぎて使いにくいものなどはどうしても残りました。


間伐当時のブログ記事
杉の木を切り、ユンボで引き上げ」(2014年2月23日ブログ)


003
このチェーンソーであれば
この程度の太さの木はあっという間に切れます。


ただ、自分の指や手など間違えれば
瞬時に切り落としてしまうので
常に緊張感があります。

ほんと恐い道具です。


結局、積み重ねてあった分
そして、樹皮をめくって無い事もあり
木がしっかり乾燥しきって無く
思いのほかまだ重量があったので
材木の積み重ね方を変えて
乾燥が進むようにして
もうしばらく置く事にしました。


何にしてもこれだけ部分的に腐っていたり
虫食い状態であると
薪として使う以外使い道は少ないかなぁ。。。


色々加工する暇も無いし。。。。



この冬の合間に考えよう、使い道を。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~