001
先月…
と言うかもう昨年末ですね、
刈っておいた草を田んぼの中で燃やしました。


刈った草を
そのまま土の中に入れても肥やしになりますし
刈った草を燃やした灰も肥やしになります。

この程度の量では大した肥やしになりませんが
すくなくとも害にはなりません。

そんな理屈は良いとして。。。


草刈作業は大変ですが
刈って管理された芝面の様な里山風景は好きです。


また、刈った草を燃やして
もうもうと煙を出して、
その煙が体感的には無風に感じる時でも
その時間時間にある空気の流れに乗って
流れていく煙を見ているのも好きです。


写真を撮った時間(風)がまさにそんな時間。


ゆっくり空気が流れている光景。。。。


風が無いので、山火事に対する緊張感も無く
(それでも延焼防止対策は色々していますが)
ぼ~~っと火種とそこから出た煙の流れる様を
ず~~~っと見ていられます。


今、田舎の方でも
山火事の危険からこの様な野焼きを禁止する場所も多いです
私の住む地域はまだ山火事の発生歴が無いからでしょうけど
私だけでなく、至る所で煙が出ています。


逆にこの煙は、田畑の管理をしているからこそ
刈った草を燃やすので、
田畑が管理されている証。

煙が出ていないエリアは
耕作放棄地である事も事実。


人が住んで、
人がしっかり里山を監視している証なのです。

私的にはもっともっと自分の田畑の周りの草を刈って
草燃やしをして、綺麗な里山を広げたいのですが
中々難しいですね。

時間的制限で。


久しぶりな至福な時間の一つでした。

~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~