愛知の田舎で古民家暮らし

築100年超の田舎古民家で田舎暮らし7年目に入り、2000日を超えました。

2011年04月

田舎暮らし古民家でのエントランス…愛知・足助

001
我が家に入るエントランスに咲く花たち。
犬やアヒルの置物は、名古屋に住んでいる時からの
我が家の玄関前エントランスに置かれる置物。

名古屋に住んでいる時も、
玄関先にはプランターなど、常に季節、季節での花を飾っていました。

田舎に住むと、大きなプランターでさえ、花を植えるのは面倒です。

だって、土や土地がイッパイあるので
わざわざプランターに入れる必要が無い…笑


農作物を作る中で花が咲くものが多いので
ただ花を咲かせるだけの鑑賞用草花を植える農家は少ないです。

我が家も名古屋での生活の名残で
鑑賞花は今はありますが…

今後どうなることやら。

でもエントランスはなんらか綺麗にしておきたいものです。

間伐材の活用 愛知・足助

001
自分の山の今。

ちょっと空いた時間に少しづつ間伐し
切った木の枝をはらい、斜面に立てかけてある。

これら木は
細すぎたり、曲がっていたりして
売り物・建築など資材にならないもの。

でも、薪にはなりますし
囲い用の柱には充分なります。

全て価値ある使い方を考えます。

でも、こんな斜面したにある木を
持ち上げてくるのは大変。。。


タダで出来るウィットネス倶楽部にて
体力強化のつもりで頑張ろうかと(笑)

でも、やっぱ自然の中での作業
気持ちいいです。


イノシシ対策のスチールメッシュフェンス

001
いくつかある土地のうち、畑に開墾した場所に
イノシシ避けのスチールメッシュで囲いました。

イノシシが全体重で突進してくれば
倒れてしまう柱の強度ですが
囲わないより圧倒的によいので。

これから作物をつくりながら
囲いの強度など補強していく予定。

何にしても作業は自前でしたとしても
資材にはお金がかかりますので
補助金などの兼ね合いも含め
一気に進められませんので。。。

続きを読む

イノシシの足跡

001
先日、パワーショベル(ユンボ)で開墾・整地したばかりの通路に足跡が…

豚の足跡と同じ。


二本爪の。。。。


特に何かを物色した後は無いですが
しっかり来ている事がこれで明確に。


シイタケ(椎茸)

001
頂き物です。

お世話になっている隣町の方に
「山にキノコ(シイタケ)が生っているから
 取りにおいて~!」
と。

作るのが大好きな“老・お婆ちゃん”がいるのですが
作った割には消費が追いつかない…

こんなありがたい方々に恵まれて
我が家では山の幸を頂く事が多い。。。


頂くばかりではなく
お婆ちゃんが元気なうちに
キノコを作る方法を教えて頂いておかないと…

作物つくりは本当に
その地での経験が一番重要

同じ作物でも地域・気候・土壌によって
作り方は千差万別。

早くそのノウハウを取得したいと
ある意味あせる部分もあります。

あせってもしょうがないのですがね。


わらび…愛知・足助

001
日曜早朝の収穫。

朝、6時半頃から親と子で30分ほどの収穫量です。
自敷地や、管理地での収穫。

もう、今シーズン、相当数のわらびを収穫しているので
人に分けているくらいだから、収穫しなくてもよい気もあるのだが
勝手に人敷地内に入り、泥棒する人たちを見かねて
日曜、朝一番に収穫しておきました。

でも、この日曜朝、6時前にワラビを勝手に収穫に来る
名古屋ナンバーの車の老夫婦(高齢の婆と、
その中年の息子の様子)をいさめたばかり。

私が、気分の良い早朝の朝の散歩を
気分台無しにしてくれました。

続きを読む

ユンボで土木工事myself…田舎の土地活性DIY

0041
全く手を付けられなくなって永い土地を
活性化する代わりに使用許可をもらっている場所。

パワーショベルで、重機ほか通れる通路を作りました。

そして、無断で捨てられていた
瓦を、別途有効活用する為に搬出。

この瓦の山の内に
体の模様からシマヘビと思われる
大(1mほど)・小(30cmほど)蛇が各一匹居たが
どちらもユンボで瓦を引き上げる時に
圧死させてしまいました。

何度か蛇をこの場で確認していたが
ユンボで作業中に逃げ出してくれていると
思っていたが、逃げてなかったのね…

殺す気がなかっただけに…申し訳ない。

続きを読む

田舎暮らしの醍醐味!ユンボで土木工事DIY

0011
第一次工事完了。

終わってみると、
こんなもんか~と自分でも思いますが
作業中は冷や冷やもんですわ。

どう作業するのが良いのか
色々作業前に決めなければならないこと多々。

自分の土地ではありますが
下には住人皆で使う沢が流れており
万が一土砂が崩れ、それをせき止めたら…

また、
万が一、自分が重機ごと谷に落ちらたら…


などなど不安もイッパイ。

とりあえず、試行錯誤の上ここまでできました。

作業前の写真は…

続きを読む

朝もや…田舎の空気

002
寒い朝なのですが
朝もや、霧に包まれています。


「あぁ~田舎に住んでいる」

そう、改めて思わせてくれる
景色です。


田舎とパワーショベル

000
パワーショベル。

油圧ショベルと読んだり、
バックホーとも言われています。

レンタルのニッケンでは、
この手の機種を「ユンボ」と呼び
私的には、ユンボの認識が強い。

地元の建設重機レンタル屋さんで
借りました。

広大な田畑と山林を持つ田舎住人には
日常的に使う道具だと認識しています。

私が田舎暮らしを始めるきっかけをくれた
地元の人たちは、みな一家に一台所有しています。

私は住宅関連メーカーに居た前歴もあり
建築関係、重機関係も昔から近くでみていました。

でも自分で使うのは初めて!!

よくそんな私に貸してくれたものです。
地元重機レンタルやさんに感謝感謝。

続きを読む

川魚「(アブラ)ハヤ」

002
玄関内の即席水槽。
どうも地元では、ハヤとみな呼ぶが、
正式名称は「アブラハヤ」の稚魚の様だ。

もともとメダカを取りに行って
取って持って帰ってみたら違ってた…
と言うのが真相

数匹居ればよいものを
田舎の小川と言うか水路に沢山居たのを
時間に任せて取っていたら100匹位になってしまった。

続きを読む

モズ…愛知県豊田市足助

001
家の前の電線に止まる鳥。

撮影後、ネットで調べる限り
「モズ」のよう。。。

遠目の写真で、腹部や背中の模様がはっきり見えないが
目の周りや尾の形などで、勝手に私が推測。

モズの特徴として…

スズメ科。。。ふう~ん、スズメと同類か~

平地から山地の明るい林、農耕地に住み
鳴き声は、キィーキィーキィー チキチキチキチキなど多彩
他の鳥の鳴き真似もするらしい。
 
「キィキィ」この鳴き声は、よく耳にする。

鳴き声が色々聞こえるだけに
その声を発している鳥を一つ一つ理解したいものだ。

この鳥も農耕地や林の減少で、年々減少している減少傾向らしい。
う~ん、ますます里山の重要性が問われる。

小春日和の森林浴

000
日に日に太陽の角度が高くなってきましたね。

自分で少しづつですが、間伐している事もあり
山に陽が入りやすくなってきているのを実感。

音声が写真にはつきませんが
透き通った空気の中に山鳥たちの美声が
響き渡っています。

自然の恵みの豊かさを実感

キジ…愛知・足助

000
我が家の隣の田んぼに飛び降りてきたキジの雄。

オスは、本当に派手でもあり、綺麗な色合い。
メスはヤマバト(山鳩)にそっくりな、地味な色合い。

続きを読む

山から流れる小川の整備

000
先日の雨の中、
畑横の田んぼ地主のお爺さんのアドバイスで、
新しく開墾した畑横の小川の整備をしました。

写真左が作業前、右が後。

もっとさかのぼれば
開墾する前の、川の状態。
003

草も土も川の境界線も全て無くなっている状態でした。

続きを読む

山の幸!山菜採り放題

2011041017440000
夕刻、少しの時間で、
家族四人で、ワイワイガヤガヤ言いながら、
家の周りで、これだけ収穫してきました。

私は、主に見つけ役。
子供達は、大きさや、収穫数の競争をしながら。

妻は、山野草の有無調査と
収穫後の調理方法など、うれしく思案しながら…

主に「つくし」「わらび」「よもぎ」

大き目のものだけ収穫し、
小さいものはそのままにしてありますので
まだまだ時間差で収穫出来る状態。


昨年秋から休耕田や不耕作地、
不整地空き地などの雑草の整理をしてきた結果。

良いですね。
人の手を入れるとしっかり自然の幸が手に入る。

それも排気ガスなどの汚染も無い場所で
自然に触れていられる。

それも自分の土地内!

まさに田舎の贅沢です。


イノシシの糞・ウンチ

2011041016320000
私の竹林内。
竹の子が出ているかと日曜夕刻に見に来れば…

傾斜地内でも一部平らな踊場の様な場所にありました。

古くないイノシシのウンチ・糞。


竹林内を2箇所ほど竹の子目当てに掘った様子。

竹の子を食べた様子はないが
マーキング?の意味もあるのか脱糞。

続きを読む

春/足助の街

2011040918160000
子供を足助中学校で行われているスポーツクラブ練習参加の為に送迎。

冬の間は、日没が早く、真っ暗になっている時間でも、
春以降、陽が長くなり夕暮れの良い時間。

携帯電話のカメラでの撮影の為
光の量が少ない夕刻時刻では
綺麗な形式を撮影できないが
記録にと。

続きを読む

ヘッドライト内水滴混入修理…ハリアー30系

名古屋のトヨタディーラーに
豊田市内の同系列ディーラー店を紹介してもらい、
即日修理してもらいました。

本来防水仕様になっている
ヘッドライト内の一部パッキン部分に
もれが点検で運良く発見出来、
高額費用になるライトユニット全交換は避け
内部乾燥を施した後、再シーリング作業を
してもらいました。

ただ、その作業の為、バンパーなど
全面部分の取り外しが必要となり
作業費用は2万円ちょいほどかかりました…

≫追記(11年11月)===

このハリアーのヘッドライトの件で困っている方多いようですので
補足をいれておきます。
~~~

1回目の修理時の事前説明にてディーラーから言われていました。

要約しますと…

「シーリング処理で完璧に直らない事例があり
修理した同一箇所以外からの再水漏れの場合は
別作業扱いとなってしまい再度修理費用がかかります。
万が一(何度も修理する可能性)を考えると、
高額修理になりますがヘッドライトユニットの
全交換(部品代7万円ほど)をおすすめします。」…

と言う内容。
了承の上依頼していました。


修理店が懸念していた様に上記修理後、4ケ月ほどで
再度ヘッドライト内に水滴が付く様になりました。

約束どおり、費用支払いを予定して再修理依頼しました。


ただ、ハリアー購入店(ハリアー以外車両購入歴あり)でもあり、
購入営業マンの計らいもあり結局2回目は無償で対応してもらえました。
この辺は、馴染みとなっている購入店舗での修理依頼の強みかと。

でも、しっかり念をおされました。
万が一の3回目の水漏れ時には、再修理ではなく
高額有償でのヘッドリライトユニット全交換しか方法が無い…
と言われています。

昨今の車は密閉タイプのヘッドライトらしく
この手の修理がハリアーに限らず、他車種でも古くなってくるとある様で
ディーラーも困っている修理内容ではあるようです。





ヘッドライト内水滴混入…ハリアー30系

000
愛車ハリアーに故障箇所発覚。

ヘッドライト内に水滴が入り、それが徐々に量多くなってきていた。

MYハリアーはGSU30・H19年初年度登録

この症状、昨年寒くなった頃に気が付いていた。
運転席側ヘッドライト内のウィンカーランプ部分に
湿気で曇った様な症状になっているのが最初だった。

ライト点灯すれば、ライト本体が高温になるので
温度上下すれば、この様なこともあるのだと思っていた。

これもその内消えるだろうと思っていたのだが…

転居前の車両購入店ディーラーに別件で
電話したついでに聞いてみるとどうも修理必要な事項との事。

転居しているので、担当営業マンと明日以降、
再度調整し、どのディーラー店舗で修理するかを決定予定


続きを読む

不耕作地から畑への推移

a5
とうとう耕作できる畑までに仕上がりました。

何十年も人の手が入らなくなって、
雑草が生い茂っていた地を
隣地の地主さんの許可を得て伐採・整地し、
一つ一つ手入れしていってなんとかここまで。

自分の畑用に用意したイノシシ避け様の
金網フェンスも設置完了。

本来なら、
牛糞などの堆肥を入れたい所ですが
道路から車や運搬車が入れるルートが無く
手作業での堆肥運搬が大変なので
この畑は、鶏糞を主な堆肥にして
耕作してみようと。

色々実験するには、適度な広さで良いかと。

この畑は、すぐ横を綺麗な山の水が流れ
子供の遊び場にもなると思って、整地したのですが
思いのほか、水はけもよく、土の状態もよかったので
畑にしてみようと、考えました。


続きを読む

イノシシ避けの金網フェンス…足助

003
耕作放棄地となっていた田んぼの中で、
水はけのよい一面を今年から畑にしようと準備していました。

春になり本格的に耕作する前に、まずはイノシシ対策。

一面周辺に金網のフェンスを張り巡らせました。

まだ実際に耕作開始していませんので
柱の数なども最低数程度で、強度的にはまだまだですが、
春休みの子供の手も借り、とりあえず、一気に設置しました。

この畑は、自宅から離れて目の届かない時間も多いので
作る作物は、イノシシなど獣類が好まないものを基本に耕作予定。

全くの雑草地から、ここまで仕上げてきますと
自分達の畑と言う実感も強く沸きます。

都会に住み、田舎に間借りする畑の広さと違い
十二分な広さに、(妻が特にですが)やりがいが出ます。

まだ、下に3面、田んぼがありますが
これは来年の本格米作りに向けて、土壌つくりを
今年一年しようと思っています。

今年の米作りは、隣町にて小さな田んぼをかり
自然農法での米つくりの勉強。

日々勉強と実践の忙しい毎日です。

丸太橋

001
道路下の畑に資材を下ろす為に
便利な様に丸太を並べただけですが
橋をかけました。

樹齢25年前後の杉の木で
成長が極端に遅い細い木や
曲がった木の中でも細いものを
優先的に間伐して使用。

同じ太さの木でも
やわらかい物、硬い物があります。

年輪の詰まったものは細くても硬く
そうでないものはやわらかい。

色々実感しながら学べる事が沢山あります。

30年近く前に、人の手で植えられた木々を
感謝を込めて、できるだけ価値ある使い方を
したいと日々思います。


続きを読む

野生獣類被害防止柵

000
主にイノシシ対策用に金網を購入しました。

これはよく住宅車庫などの土間コンクリート内に
敷き詰めるタイプの金属メッシュと同じものです。

金網の線の間隔や太さなどで種類がいくつかあります。

都心で借りられる市民農園は、鳩やカラスなどの
鳥類を除けば獣害などの心配は必要ないですが、
敷地も狭く、土壌がよくない環境がほとんど。


足助では、当然都心部より敷地が広く、
土壌もよい環境なのですが、
野生獣類の対策をしっかりしなければなりません。

これに関しては、購入資金の補助が豊田市から
若干ありますのでその補助金を利用する事も踏まえ、
新年度の4月になって、資材の購入を計画していました。



もう、春は来ています。

早々に畑など、作物を作るところに
これら基本対策をした上で、作物をつくりたいです。

しば農園

我が家で作った愛情作物の自前通販サイトです。
<※PC専用>
プロフィール
ブログランキング


最新コメント
楽天