愛知の田舎で古民家暮らし

築100年超の田舎古民家で田舎暮らし6年目。2000日を超えました。

2011年07月

休耕田の草刈

101
この程度の荒れ方の休耕田はまだ良い方。
田んぼ草はトラクターで耕うんしてしまうからまだ楽ですが
周りの草は草刈機(刈払機)での人力。

土手部分が広かったり、この様に傾斜が付いていると
その分草刈作業が大変になり、時間がかかります。

たいてい田んぼが広くても、日当り良くても
この様に草刈などの管理作業が多くなる田んぼから
放棄される傾向が良くわかります。

平地の田んぼでは、1面あたりの田んぼ面積も広く
かつ、この手の草刈をする作業が少ないことからすると
山間部の田んぼや畑の生産性の悪さが指摘される部分。

実際、この程度の田んぼでも、放棄して草が多種に生えて来てしまうと
その後の作業が加速度的に面倒になるのも実感します。

続きを読む

休耕田を借りるにあたって

101
休耕田。
一昨年まで米をつくっていたが去年から休耕田に。
比較的休耕田となって新しいほうの田んぼ。
もし、使ってくれるならと紹介を受けて。

今、日に日にお話を頂く機会が増えました。
休耕田の。

一つありますが10年近く放棄された田んぼや畑は
元に戻すのは本当に大変です。
田んぼと言うより荒地を整地して一から畑や田んぼにする作業と
ほとんど変わりなくなってしまうから。
その意味で、この程度であればまだ良い方。

続きを読む

田舎・古民家での小学生の夏休みの過ごし方

001
縁側近くにテーブルを置き、図書館で借りた本を
取りたて、湯でたての「トウモロコシ」を食べながら読書。

窓の外にはまだまだ収穫待ちのトウモロコシ(スイートコーン)。

部屋の照明もつけなくても縁側は明るく、
暑い日にも扇風機で空気が流れるだけで充分涼しい。
この光景でエネルギーを消費しているのは扇風機のみ。

夕方。
外はヒグラシを主にした聞くだけで涼しくなる虫の声。

最大のエコで最大の贅沢な気分のひと時です


大雨の跡…田んぼの水路

001
先日の台風の雨の時。
田んぼの水路上流で山が一部崩れたのか、大量の土砂が。
台風が近づく前に田んぼに入れる水を切っておいて正解だった。
こんな泥水が田んぼに入っては大変。

続きを読む

ハッカ油の効果…ブヨ・アブ・蚊 虫除け

001
庭先にある桶に群がる蚊にハッカ水を
スプレーかけしてみました。

特にこの桶に虫がよる薬が塗ってある訳ではないのですが
黄色によってくるのか、私の見る限り黄色の桶やバケツに
よく虫が寄って止まる様です。

黄色の長袖なぞ着て外で作業していると
蜂も含め異様に虫が寄ってくるので
私は黄色の服は避ける様にしています。

続きを読む

畑の排水路造成/休耕田の畑へ

001
小3の子供が興味本位で撮っているポケットデジカメのメモリーに
写真が残っていました。
今年5月GW時期に行った作業途中写真。

人力でこの深さの溝を掘る事は数時間作業ではなく数日作業。
かつ、筋肉疲労、筋肉痛など後遺症もひどいもの。
相当数の人数で作業を行わなければ無理です。
人の協力を得る事も可能でしょうが、豊田市に近い私の部落では、
若い(と言っても50歳後半)人は全て勤め人。
私も含め普段この手の作業をしない方に協力を願うのは酷な事。
現実的に重機を使って作業するのが一番。

ユンボ(パワーショベル)で溝を掘る事はたやすい事。
仕上がりの綺麗さは、ユンボを操作する側の問題だけ。

休耕田を借り、自分で色々試みてみたい方には
ユンボを所有するもしくは、リースする事は避けられない事と思います

続きを読む

図書を借りる/豊田市足助交流館図書室

007
子供達が豊田市の足助交流館内にある図書室から図書を借りてきました。

我が子たちは運動も大好き、図工や工作なども大好き、
そして読書も大好き。

順位的には
晴れ=運動(体を動かす事)
雨=図工類もしくは読書
そんな感じ。

名古屋でも地元図書館から借りられる限度数イッパイを常に借りて
そして返却を繰り返していました。

続きを読む

田舎古民家暮らしでの夏の花火…愛知県豊田市足助

006
自宅での花火。
玄関前の庭?広場?駐車場?作業場?何とでも言える使えるスペースで
日が暮れてから花火をしました。

子供たちも夏休みに入りこの日を待っていました。

花火などいつでも出きるのですが
親が「夏休みに入ってから」と静止していた。

住宅地では、煙の出る花火など無理でした。
でもここでは全く問題なし。
煙など日中草刈後の草を燃やす煙が
頻繁におきていますから…(笑)

ロケット花火も音的には対して問題ないのですが
ゴミが水田に入るのは問題なので自宅前ではしません。

花火はまだまだ家にイッパイあります。
田舎のイベントなどで今よくもらえるのです。

この夏、自宅での花火大会は頻繁に開催!!


畑に堆肥(牛糞)散布…愛知 豊田 足助

001
先日届いた牛糞堆肥を畑にまき耕うんしました。
狭い畑ですが、昨年秋に開墾するまで5年以上使われていなかった畑。
当初木も生え草が密集していましたが、今は一切ありません。
小石も含め石はないのですが、晴れるとカチカチに固まる硬い土。
ここは土壌改良剤として「牛糞堆肥」の出番です。

運搬車(350kg積み)で計4回牛糞を運搬散布した状態です。

続きを読む

ブヨ(ブユ)対策の虫除け剤にハッカ水を作りました

005
農作業していて困る事。
吸血虫。
蚊はまだ可愛い(程度軽い)もの。
アブに指されると一番やっかいですが、
大きいので避けやすくまだ逃げやすい。
実際の被害が多いのはブヨ(ブユ)。

小さくメッシュ状の虫避け服や防止をかぶっていても
容赦なく入ってきます。

長袖、長ズボン、軍手などの手袋は農作業で必需ですが
隠れていない頭部や顔に集中して攻撃してきます。

せわしなく動き回る事が多い私はまだ被害少ない方ですが
じっと草むしりなどをしている事の多い妻などは顔への被害が。
化粧品や日焼け止めなど臭いを発するものを塗っていると
より多いのかもしれません。

市販虫除け剤を使っていても、薬の効力が薄いのか
汗で流れてしまう為、効果が薄れてしまうのか
妻は高頻度でブユに攻撃されています。

その対策をネットなどで調べていると「ハッカ水」が効果高いと。

早々に作ってみました。

続きを読む

大雨台風の香嵐渓・巴川(こうらんけい・ともえがわ)写真

000
大雨をもたらした台風6号。
大雨の峠を過ぎた頃、香嵐渓を車で通ったらビックリ!
ごう音を上げて大量の濁流が。。。
間近で見るだけでも巻き込まれる様な恐怖感も。

続きを読む

田舎生活だから?視力の変化

000
私は眼がねを状況で使い分ける為いくつも持っています。

自宅や室内でのくつろぎ用メガネ(プラスチックフレーム)
外での作業用メガネ(形状記憶金属フレームで紫外線感知偏光レンズ)。
近眼度数の弱いメガネ(プラスチックフレームでPC作業用…またの名を老眼鏡?)
一般・普段用メガネ(軟性金属金属フレーム)

それ以外に…
サングラス2ケ
(金属フレームとプレスチックフレーム各1)

基本的に外用のメガネは金属フレームで
室内用はプラスチックフレーム。
それぞれ分けるのは鼻に当たる鼻当て箇所が
フレームを変える事で変わるので鼻が痛くならないのと
習慣でメガネを代えると気分が変わるから。
活動モードからくつろぎモードに…と言う感じ。

老眼鏡を除いては基本的近視乱視度数は全てのメガネは共通。
全て同じ店で買っているのも付け替え感が変わるのが嫌なので。

でも、そこまでこだわっているのだが…
最近、近視度合いが凄く弱くなった。
(俗に言う老眼が進んだ?)

遠くを見る事と、緑を見ることは視力回復に良いとよく聞くが
遠くのものが良く見えるようになったが、近くのものが極端に見えにくくなった。

田舎暮らしの効果なのか、ただ単に老眼が進んだのか…
う~ん。。。。


休耕田に生えるヨシの根除去作業他

001
晴れ間が続き、沼地と化していた休耕田に
排水路を作り、できるだけ土を乾燥させていた。
もう少し乾燥させたかったが、台風6号が来て大雨になり
土が濡れて再度乾かす時間を考えるとここは急遽作業しかないと。

田んぼ半分以上の地下にはびこっている
ヨシ(アシとも言うイネ科の背の高い草)の根(地下茎)を
完全除去しないと、とても田んぼに戻せないので
雨が降って土がぬかるむと重機の動作も人間の作業も
数倍以上キツクなる。
とりあえず写真黄色枠内部分だけでもと作業。

田んぼを放置していた地主さんは、農協に相談し
農薬を使うことを進めるが、どうしても農薬を使う事に私は懸念。

地下茎がはる面積と量が大きいので相当数量の農薬量になるし
農業用水取り入れ口と排水口が同じになっているこの田んぼの
上下の田んぼになんらか影響が出かけないので
特に米作り真っ最中の今の農薬散布は無理。
ここまで悪化させた休耕田を使ってあげるのを止めても致し方ない状況。

ここまで状況を把握した以上、また、自分が使わないと
地元の田畑は荒れる一方なのは明確なので何とかしてみようと言う
ボランティア的な気持ち以外無いとも言える。
その意味で、出費がかさむ事はしたくないとも。

続きを読む

子供と川遊び

001
子供と川遊び。
田舎(愛知県豊田市足助)に引越して初めての夏。

名古屋に住んでいる時から
どこか田舎に確実に行って遊んでいた毎週末。

毎週、毎日?田舎で遊ぶ子供達ではあるけれど
例えば飛び込みが出来、かつ比較的安全な川となると
結構すくないものです。

私も真夏日が続き冷たい川遊びがしたくなって
久しぶりに遊びました。

続きを読む

畑に牛糞堆肥散布

001
やっと頼んでおいた牛糞が届きました。
3トン車4台分!

そのごく一部(300kg積み運搬車2杯半分)を母屋横の畑に運搬。

母屋から少し離れた(50m位)所にある道路脇の平地敷地に
全ての牛糞堆肥置き場にしたのでそこから往復運搬。

と言っても、積み込みはユンボ(パワーショベル)。
運搬は運搬車。
だから散布する時のみ手作業。
本当にこの手の作業に重機や農機具の存在はありがたい。
完全乾燥した堆肥はまだしも、少しでも湿ったり濡れた堆肥は
スコップ1杯でも相当重量かさみます。
この重労働を回避したいので私はどうしてもユンボが欲しかった。

続きを読む

渇水…畑の水の話

001
真夏のような陽射しで久しく雨は無い。
先日、唐辛子他幾種かの苗を植えたばかりの畑には
苗の根が落ち着き、ある程度の大きさになるまでは毎日水まきが必要。
昨日夕方、沢水を軽トラックのポリタンクに積載する時の写真。

畑に水道が通っているわけは無い。
畑横に水路など水が取れる場所もあるが無い場所もある。

この辺では水の無い畑に古い浴槽などを置き
雨水を貯めて作物にまく人もあるが、この時期
蓋をしないこの手の水槽にボウフラが大量発生する処も。
水槽には蓋をして欲しいものだ。

我が家は山から出る湧き水・沢水をドラム缶に貯めて
それを畑の作物への散布用にしている。
ポリタンクが100Lと小さめな事もあり毎日タンクに給水。
でも新鮮水は大変冷たく余り暑い日には私が頭からかぶる事も。
外での作業で、頭がのぼせた時など特に。

自然の恵みを有効活用するのは楽しい。


夏!到来?…愛知 豊田 足助

001
暑い…
と言うか、半袖から出た腕の肌を陽射しが刺す…

朝。午前7時半。
築100年超の古民家。
室内温度28度。湿度65%

母屋に隣接する畑の作物を確認しに外に出た。
半袖シャツに麦藁帽子で玄関て、陽射しに当たった瞬間。
「痛い!(陽射しが)」

山間の田舎と言っても標高は千mには到底行かない地区。
日陰に入れば心地よい空気が流れるが…

日中、扇風機があれば充分で、エアコン無しで室内には居られるが
雲の無い快晴の空の下の作業は、常に熱中症との戦い。

水を飲んでも飲んでも汗で出てしまい、その内軽いめまいも。
その前に休憩を入れる様に常に自己管理するが
急ぎの外の作業をしなければならない訳ではないので
今日はたまった内務仕事を終わらせよう。


しかし。。。
外では我が家から巣立ったであろう
ツバメの兄弟7~8羽がよ~鳴く。
鳥たちが元気です。

そう言えばやけに我が家周辺に蚊が増えたなぁ…

晴天続きで畑の土もカラカラ

002
もともと田んぼだった休耕田を昨年から畑に開墾。
田んぼ特有の排水の悪さから、なんども苦慮したが
愛知も梅雨明けしてから晴天続きによりここの土も畑らしく乾いてきました。
梅雨最中に一気に伸びた雑草ごとトラクターで耕うん。

本当は土壌改良目的で牛糞堆肥を大量に入れてから
耕うんしたかったが牛糞間に合わず。
昨年秋に牛糞を小量入れたきり。

秋野菜植え付けまでは鶏糞肥料を主で作物をつくろう。

続きを読む

平日の足助街並み…愛知県豊田市足助

001
子供が週末の学校行事による振り替え休日で平日休み。
親が銀行などで色々手続きなどする間、足助の街並みを散歩。
アイスクリームを食べながら。
陽射しは痛いほどの紫外線だが、建物の日陰を選んで歩けば
ヒヤッとした空気で気分良い散歩。
湿気の少ない乾いた空気ながら、水辺の空気・マイナスイオンを充分感じます。

田舎に移住して、親も子供もそれぞれしたい事が多く
毎日会話する時間が多くてもあわただしい毎日。
子供となんか久しぶりにまったりした時間。

珍しい都会では決して聞けない野鳥の鳴き声も
もう自然に聞いている(聞き流している)。

田舎生活が普通になると、もう二度と
都会(新興住宅地)での生活には戻れない。戻りたくないなぁ。
隣地との境界線が建物から1mほどしか離れていない
環境など想像するだけでも息がつまりそう。


今日の青空…愛知県豊田市足助

000
朝の空。快晴です。
緑と土と青い空に雲。
陽射しがまぶしいを通り越して痛い位。
ファッションではなく必需品としてサングラスが必要。

そんなマブシイ陽射しの午前。
心なしか鳥の鳴き声も普段より静か。

私の住む町では、まだ真夏の風物詩「あぶら蝉(せみ)」の
鳴き声はまだ聞こえません。
ただ、夕方、ヒグラシの鳴き声は毎日。
名古屋に住んでいる時には聞くことが無い聞けない鳴き声で
夕方のヒグラシの鳴き声は、涼しさを感じます。

ヒグラシの鳴き声を聞けるのは、ある意味田舎暮らしの特権ですね。


農業に関する多方面の情報源

先日ブログした様に機械好き。
これは農機具にも充分当てはまる。

今時の農機具は、付加価値と言うか機能が高い。
いかに効率的に農作業をするかを追求していると思う。

古きよき時代の昔の農業の良さも充分理解できるが
昔の農業と今のこれからの農業を融合して新たしい農業の形、
田舎暮らしの形、人生の過ごし方の形が出来る事が私としては理想。

農業経験の浅い私が過去や今の農業の流れを勉強するのに
役立つのが、農機具メーカーさんとの話。
特に若い中堅(30歳代)の整備関係のメーカー社員さんがベスト。

過去の農機具の良い部分、
今の農機具の進んだ部分、
これからの農機具の事
農機具の良い部分、昔ながらの手作業農作業の良い部分。
そして、私の住む町以外の農業の実話、経験談。
幅広く色々聞ける。

営業マンだと目先のノルマに口先のトークが変わるが
整備を主とした担当者だと、常に客観的に物事を見ている。

過去のオートバイの購入に際しても、私は営業マンより
整備担当者と結局は親しくしていた。
機械好きな性格もあるのだろう。

ネットを良く使う私であるが
オークションを含めネットで全てのものを買わない理由がこの辺にもある。

続きを読む

根っからの乗り物・機械物好きが田舎者になる…

001
2003年の10月の写真。伊勢神宮。
Kawasaki ZZR1100 D3

普段、仕事でPCを使うのですが、そのPCが不調になり
色々HD内を探っていたら珍しい写真(データ)を発見。

子供が永年欲しがっていたオモチャをもらったあとの様に
無我夢中でバイクに乗っていた頃ですわ。
2003年ですから、既にこのバイクにのって4、5年経ってますが。

基本的に機械、特に乗り物好きですね。
今でも趣味が変わってきましたがここは変わらない。

続きを読む

休耕田の開墾・耕うん・代かき

002
5箇所目となる借り受けた休耕田。
他の休耕田は5~10年耕作してない田んぼだが
ここは昨年まで米を作っていた田んぼ。
ただ、昨年秋から全く手が入ってないので、土手は草が生え放題で
田んぼの中も畑の草などが生えてしまっている。

大きな田んぼの為、事前に少しづつ周辺の草刈は進めていたが
入梅し、暑くなって一気に田んぼの中にも草が生え始めてきたので
トラクターで除草ついでに耕うんし、水を貯めて夏を乗り切ろうと。
また、来年の米作りに向け、水漏れなどのチェックも。

しかし…山間部の田んぼではデカイ田んぼです。
こんな大きな田んぼの管理が出来るのだろうかと言う不安も…

続きを読む

牛糞堆肥をわけてもらうには…

001
住宅地などでの小さな家庭菜園で牛糞など堆肥をまく程度であれば
ホームセンターで牛糞や鶏糞を袋詰めで買ってくれば充分。
実際私もそうでした。

でも、自宅の庭で菜園を広げる時など、ホームセンターで20kg入り袋を20袋買って、
家族車であるミニバン(アルファード)に積んで帰って来て、それを車庫から庭まで運ぶ時なんぞ
大変な思いをした事があります。

田舎で家庭菜園レベルでない広い畑で牛糞堆肥をまこうと思えば
ホームセンターで袋詰め堆肥を買って畑に入れるなど、どこの農家もしていません。
農家では直接、牛舎に牛糞をわけてもらいます。

田舎では、どの農家も牛糞の頼み先が永年のつながりであります。

私のような新参者は、地元の農家さん、特にご近所の農家さんに
紹介してもらい、養牛・牛舎に牛糞を分けてもらえる様に御願いしにいきます。

続きを読む

ヨシ(またの名:アシ)の除草方法調べ中

006
10年近く耕作されなかった田んぼ(休耕田)の
土の中に大量に根を張る植物が、ヨシ(アシ)である事が
葉が出てきてしっかりわかった。

根っこは水に浸っていればどんどん育つので、
来年米つくりするにあたってこのままでは米作りできぬ…。
また、1年に5mも根っこを伸ばす事もあるそうだから
根本的に駆除しないと作物など何も作れない。


ネットでヨシの除草剤は、葉にかけて根まで枯らすものがあるようだが
面積が広いので、ここはJAなどで除草剤の種類など情報を集めたい。

基本的に農薬は出来るだけ使わないか、最小限ですませたいし
農薬をまいた事で河川下流の田んぼに影響を与えるのも困るし
何はともかく情報収集。

しかし…
ヨシの根っこって本当に強い。
1本1本もてば、根自体は柔らかいのだが
繊維質で引きちぎれない。
何か刃物など鋭利なものか、ユンボなどの機械力で
ブッチギらないと。

でも切っても土についていれば葉を出し成長するし…

やっぱ10年の耕作放棄期間の代償は大きい。。。

我が家のツバメは巣立った様子…足助

先日の雨の日。
やけに我が家につながる電線(電話線)に
ツバメが沢山居るなぁ~と思っていた。
私が数えただけでも5羽。

そう言えば最近ツバメの子が
親に餌をねだる時の鳴き声が聞こえないなぁ~と
巣をのぞいてみれば…
巣は既にもぬけの殻でした。

6月10日過ぎにツバメのヒナが孵ったと思ったら
1ケ月もしないで巣立ちとは…
ツバメの成長って早いのね。

ツバメの巣があった場所の下に
ツバメのヒナたちの糞が山盛りになっていたのに
それも気が付いたら虫たちが食べたのか
既に土の様に細かなものになってもいる。

月日は確実に過ぎていっているのだなぁ…

ツバメのヒナの鳴く声がやけに懐かしい。


ビワが豊作…愛知県豊田市足助

004
私が管理する田んぼの同敷地(山)内に
ビワの木が実を沢山つけている。
地主さんは海外に今永住していて、先祖が植えたビワが
実をつけながらも人に食べられる事も無くひっそりと。
もう少し平地に成っていれば収穫しやすいのだが…

続きを読む

古民家で除湿機を使ってみる

003
先日ネットで購入した除湿機。
昼間だれも居なくなる日中に使ってみた。
外出時間約4時間。

除湿機開始時の湿度表示79%。
帰宅後、湿度表示73%。
室内8畳六間のふすまを全て開放し、同一空間にしている状況では
除湿機の能力にとっては厳しいものではあるだろう。

除湿機は玄関から一番奥で北側の部屋においてあるのだが
帰宅時の体感としては玄関から部屋奥に入ると気持ち乾いた空気、
(冷たい空気に近い)印象。

それより驚いたのが除湿した水分量。
実質3時間半程度で目測700cc位の除湿された水が
水タンクに溜まっていた事。
終日動かしていたら、水タンクが満水になりそうだ。

エアコンより少ない電気量らしいが
最小使用でどの程度一月電気代があがるかも
確認してみたいものだ。


縁側で休息…快適な古民家空間/豊田市足助

002
太陽が真上になる昼頃。
外で一汗(大汗)かいた後、シャワーを浴びてひと休憩。
人一倍汗っかきの私は気をつけないと脱水症状になりやすい。
飲んでも飲んでも汗で出てしまう。
体冷却目的で水シャワーを浴びて体を冷やすが
それでも頭がボーッとする時には、縁側で休憩。

板の間の縁側は、決してごろ寝心地は良くないが
横になっていると、南や北から心地よいそよ風。
扇風機の風量・弱より弱い風であるが適度な湿気で
ヒヤッとした無臭の空気の為凄く心地よい。

ものの5分程度だろうが
ここでのひと寝は心身ともに楽になる。


古民家玄関にリサイクル網戸…足助

001
玄関に網戸引き戸を取り付けました。
今まで網戸が無かったので、玄関は常に閉めていました。
でも、換気を良くする為(カビ防止)に。

納屋の掃除時に出てきた古い木枠の引き戸網戸。
玄関サイズと縦寸法が合っていなかったので
使っていなかった。

地元大工さんの倉庫・作業場で端材をもらってきて
サイズ及び切り欠き加工を施して、上框に結合。

使う時に取りつけ、戸締り時に取り外しが必要ですが
虫や猫(虫よりこいつの方がやっかい)が入らずに
換気ができる機能的玄関になりました。

続きを読む
しば農園

我が家で作った愛情作物の自前通販サイトです。
<※PC専用>
プロフィール
ブログランキング


最新コメント
楽天