愛知の田舎で古民家暮らし

築100年超の田舎古民家で田舎暮らし7年目に入り、2000日を超えました。

2011年09月

稲刈り…愛知県豊田市足助

001
稲刈り完了しました。

本来なら自分で作業したかった所ですが、
他の予定の兼ね合いや天候の為
予定を組んでいた日の前に、田んぼを借りてる地元の農家さんに
稲刈り作業を御願いせざるを得ない状況で、作業してもらいました。

除草剤を使わない無農薬栽培で
除草を充分出来切れなかった箇所が
米の粒が小さめになってしまったようですが
おおむね想定した量の米は取れたようです。

あとは、味。

これは後日のお楽しみです。

休耕田を畑に…愛知県豊田市足助

001
休耕田を耕し、畑にしはじめ、そろそろ1年。
最初は雨が降ると水がはけず、水田化してしまい
全ての作物がくさってしまう状況でした。

排水溝を2回ほど作り直しやっと落ち着いて来たようです。
でも、土を見れば、粘土土が多い証の青白い土なのは相変わらず。

初春に大量の牛糞を仕入れ、土壌改良と追肥目的で
多めに追肥しています。

続きを読む

秋の気配…豊田市足助・愛知

004

005
朝晩の冷え込みは充分冬の到来を感じます。
日中の陽射しは強くても、日陰は半袖では肌寒い感じ。
慌てて冬物を出している状態。

紅葉時期には香嵐渓付近がまた大渋滞するなぁ…
観光地としてにぎわう事はうれしい事ですが
あまりにも混雑しすぎる中、紅葉を見るのは可愛そうな事。
混まない曜日や時間を計って、ゆっくり紅葉を楽しんでもらいたいです。

まぁ地元の住人は、常時季節の移り変わりを感じていられる贅沢。
やっぱ、自然は素晴らしい。
冬前にイノシシの目撃と被害も一気に増えてきてますが…



1年ぶりの洗車と車内をしっかり清掃

001
田舎へ転居後、初めてまともな洗車をしました。
こんな過ごしやすい天気と気温だと用事で出かける為に乗るとしても
綺麗にしてから車に乗りたくなります。
名古屋では屋根付き駐車場でしたが、こちらでは露天。
ちょっと車には可愛そう。
ゆくゆくは屋根かガレージを用意したいですね。
車だけでなく農機具やユンボを入れる為にも。

露天駐車でも、都会の露天駐車の様に水あかはつきません。
空気が綺麗な田舎の証でしょう。
せいぜい雨水が流れるボディー部分にスス(草を燃やした煙や砂ぼこり)が
薄く付く程度で、中性洗剤で洗うと簡単に消えます。
まぁ注意深く見ているのは、鳥や虫類の糞。
これはボディーを痛めるので、気が付いたらすぐ水で流します。

田舎生活で車が汚れるのは、外回りではタイア周り
内装ではシートの足元。
全て砂や泥汚れ。
特に室内は、1年間で溜まった砂汚れを掃除機で吸い取りました。
シート下のマットも洗って水拭きもして、簡易スプレーワックスで磨き上げ。
何でも綺麗にすると愛着も一段と強くなります。
自分の車ながら「格好良い…」と改めてホレボレ。
好きで買ったのだから当然ですが…

続きを読む

台風一過の翌朝。ポスターの様な空…足助

003
朝日まぶしい空。
すがすがしい。。。


道路に土砂…愛知県豊田市足助

001
台風が過ぎた後、自分の田んぼの見回りに行くと
道路に土砂が流れている箇所が…。
002
奥がどうなているのかわからない。
まだ土砂が流れている最中なので万が一の危険を考え
好奇心を押さえ退避。

大雨と強風で、はざかけが…

002
自分の田んぼではないが…
稲刈りし、はざかけしたばかりなのに…

雨で重くなった稲を一旦下ろし
もう一度柱を建て直さないとかけられない…
こうなってしまうと台風が過ぎるまで待つしかないか…

長引くと水に付いた米が芽が出てしまう…

人の事も気になるが
自分の田んぼはまだ稲刈り前。
穂が倒れ始め、水につかってしまうと
こちらも芽が出てしまう…

こう考えると稲刈りするタイミングは難しい。


大雨で…愛知県豊田市足助

001
我が家土手下の沢も増水。
母屋は全く大丈夫だが、
この沢をさかのぼった上流に畑があるので
そちらの方が気になる。

足助は、
凄い大降りになったり
霧雨になったり


地元の休耕田を借りると言う事…愛知県豊田市足助

001
今日も草刈をしました。
来年から米作をする田んぼに面した道路面及び河川土手。
客観的にこの田んぼ手前の土地の管理は私の責任ではない場所。

続きを読む

この時期、時間が空けば雑草の草刈作業が毎日…

003
草刈が完了寸前に草刈機のガス欠で作業中断翌日以降。

また別日には別の田んぼで…
001
休耕田(10年ほど放棄)を田んぼに戻すべく2年計画を立てているが…
前回この田んぼに手を入れたのが7月中旬。
夏の2ケ月間放置で草ボーボー。。。
道路や周りの田んぼに迷惑がかからない様に草刈
雑草の生命力たるは凄まじい…

続きを読む

軽トラック4駆と運搬車で牛糞を田んぼにまく

001
来年から米を作る予定の休耕田に牛糞を入れました。

来年米を作る予定の田んぼは全て休耕田を耕したもの。
2年間放置された休耕田から7年ほど放置されたもの
また、10年ほど放置されたものなど状況はそれぞれ異なる。

写真の田んぼは一昨年まで使われていて
状況的には問題無いと地元の方の誰もが言う状況。

基本的には無肥料で休耕田あけの米作りは良いと
誰もが言いますが、仕入れておいた牛糞があることもあり
ためしにこの田んぼは堆肥を入れてみる事に。
色々試して見たいという気持ちもあり。

で、牛糞の軽トラックへの積み込みはユンボ(ミニパワーショベル)で。
低い地面から荷台にスコップで牛糞をコレだけ積み込むのは
相当!大変な重労働。ユンボが無ければ安易にこの作業が出来ません。
軽トラックから低い位置の運搬車に積み替えるのは比較的容易。
重労働ではありますが、積み込み作業と比較すれば楽なものです。

続きを読む

山からの湧き水活用…愛知県豊田市足助

001
台風一過の後、朝夕には秋を感じますが
日中は真夏の様な太陽の陽射し。
(でも日陰に入れば心地よい秋を感じます)

暑い日中が続き作物に水をあげる必要が出ていますので
再度山からの湧き水を溜めているドラム缶から水を汲んで
貯水しています。

ちなみにこの湧き水は、雨天時には相当水が流れてきますし
晴天続きでも、一般水道の蛇口をひねって出る普通の水圧程度の
水が枯れることなく流れています。

雨天時には水はさすがににごり、砂や小石も含まれますが
晴天時にはほとんど不純物無い透明な水が流れています。
(それでも飲料に使うのは避けておいた方がよいでしょう)


ドラム缶は200L缶
軽トラックに積んであるタンクは300L容器。

ホースからの自然給水も可能なのですが
時間が無いので今日は給水ポンプで強制給水。
早い。あっという間にドラム缶の水が空になります。

軽トラに積んだ沢水を各畑においてある
簡易貯水タンクにわけ、農業用水として使っています。

山間地の農業のメリットは
水がふんだんに使えるということでしょう。



田舎の道路脇の草刈…愛知県豊田市足助

001
作業前…

続きを読む

2011年自家製新米…愛知県豊田市足助

001
収穫寸前の我が家の米。
銘柄はミネアサヒ。
愛知県の特産品ですが生産量が少なく、
他県ではほとんど流通していない米です。

足助の地元農家さんから分けてもらい食して味に惚れ込み
今年農家さんから田んぼと農機を借りて作っています。
地元農家さんでも農薬を影響無い最小限の範囲で使われていますが
自分で作り自分で食べる米であればやってみたいですよね。
「無農薬米」


続きを読む

古民家縁側にDIY棚製作…愛知県豊田市足助

002
子供部屋前、縁側の片隅に棚を造った。
室内の3段BOXなどにカビが生え、今後の事も踏まえ処分した為
収納場所がなくなり、デットスペースになっていたこの場所に。

風通しも良くする為にスノコ状の棚。

地区100年を超えた古民家は隅々の柱が垂直ではなく
微妙にそれぞれゆがんでいる。
その為しっかり寸法を測って造っても
壁間にすっぽり入らない…。
採寸して切った材料を壁の中で実測微調整しすえつけ。

下の棚と上の棚は別物で分離。
材料は1×4材と2×4材。
もともと備蓄している木材で工作。

製作時間:加工から組み立て据付まで全40分。

古民家の押入れと襖(ふすま)

001
築100年超(築年数不明)の昔ながらの古民家で
どうしても気になる事と言えば…
「におい」
私がタバコを吸わない(妻も)ので、
タバコの臭いは当然の事、臭いには敏感な我が家族。

引越す前にまる一ヶ月かけ掃除をしてホコリなどを極力除去し
引越し後も、気温や湿度の変化でにおってくる部分を確認し
柱や床材など木部に永年積み重なったホコリなども
一気には出来ませんが気になる部分からふき掃除しています。

日本には四季がありますので、季節が変わると
状況も変わりますので、本当にこの1年間は常に注意深く監視。

で…完璧な無臭と言う所まで行きませんでした。
が、やっと気になっていた問題の根源を突き止め、
それをクリアーする出来ました。

続きを読む

急に冷え込み。一段と秋模様。

001
ビックリするほど冷え込みました。
外気温計
002
14度。
裸足のサンダル履きで外に出たらより寒さを痛感。

続きを読む

秋。早朝の空。雲。…愛知県豊田市足助

001

今朝5時半。
外気温20度。
快晴の空と雲。

真っ青な空に綺麗なけい雲。
「あ~秋だ。。。」と自然と体感で感じる瞬間です。

こんな時間に一眼レフカメラ(デジタル)を肩に下げ散歩していても
私と同じく朝の時間を過ごすご近所のお爺さんお婆さんに出会います。

「おはようごさいます。」
「涼しくなりましたね…。」
この程度の会話ですれ違うだけ。

贅沢な、本当に贅沢な時間です。


いいなぁ~田舎。



台風一過の稲…愛知県豊田市足助

001
雨露に濡れた稲。
稲穂の重さと台風の風で我が家の前の田んぼはこの状況。

農家は米の状態に日々注意を払う毎日だが
はた目で見ている分には台風一過で本当に綺麗な緑一色の景色。
秋の虫も久しぶりにみんな一気に鳴いています。
深呼吸したくなる景色と空気です。


明日以降、コンバインでの収穫作業が一気に進むのだろう。

我が家の今年の田んぼ隣町で、田植え時期が若干遅かったので
収穫は今月末頃。特に病気も無く今の所安堵中。

パワー森林香「赤函」」虫除け(蚊取り線香)

001

虫除け線香「パワー森林香(赤色)」を買ってみました。
線香30巻入り一箱と線香2巻き付き防虫機(線香の携帯器)
販売元:児玉兄弟商会(購入先は別でネットSHOP)

色々この製品の話やうわさを聞いてはいたのですが、
一般ホームセンターで見た事が無く最安値で売っているネットショップで。
しかし…ネットで買わなくてももっと安く
地元豊田市の森林組合で買える事を後で知りました。
ネットでの購入先もとある県の森林組合でしたので
どうも全国森林組合で販売している製品なのでしょう。

「煙の量が一般蚊取り線香と桁違い!」と言うフレーズに
どれくらいのものなのか即比べてみたくなり早々に比較。

続きを読む

休耕田から起こした畑の草刈…豊田市足助

001

002
通路に生えた雑草を草刈機(刈払機)で刈りました。
写真で見ると良くわかりません…。
まるで自然農法、不耕起のよう…。

続きを読む

古民家とカビの問題

古民家に移住し、今日でまる一年が経過しました。
古民家での四季を過ごした事になります。

夏。
田舎と言う涼しい環境で
南北に長い縁側を持つ古民家は快適。
微量にでも風が吹けば家の中は常に空気が流れます。
風が無くても北側の山から下りてくる冷たい空気を感じます。

秋と春。
虫の声や気温の変化でいち早く季節の変化を感じられます。

冬。
夏にも快適であった南北にある縁側が
冬には外の冷たい空気を遮断する空間になり
思いほのか断熱効果の良い室内空間になる古民家。

しかし唯一困った事が…カビ。

梅雨の時期、室内にカビが大発生したのです。

続きを読む
しば農園

我が家で作った愛情作物の自前通販サイトです。
<※PC専用>
プロフィール
ブログランキング


最新コメント
楽天