愛知の田舎で古民家暮らし

築100年超の田舎古民家で田舎暮らし7年目に入り、2000日を超えました。

2011年11月

田んぼの水路の掃除

002

003
借りた(と言うより使って欲しいと頼まれた)休耕田を通る水路の掃除をしました。
まだ使っていない(状態がよくないの田んぼなので来年もまだ作物を作れる状態になれない)が
水路の出口が秋の大雨の土砂で埋まり水路が流れなくなってしまったので。
大量の土砂なのですが、基本は山砂なのでスコップですくいやすいので助かる。
水路出口が詰まった為、水路の水が全て休耕田に入ってしまい
休耕田の土を乾燥させていたのに、水田になってしったから。

何もつくらなく(つくれない)ても管理作業はしっかりあります。


軽自動車はスタッドレスに履き替え

001
軽のトラック・キャリーとバン・エブリーの2台ともスタッドレスに履き替えました。
いくら田舎と言ってもまだまだ雪も凍結も心配ありません。

そんな足助地区(愛知県豊田市)は山の中ではありませんが
ちょっと空いた時間に。2台で1時間かかったかな…不確か
妻もバイト休みで家に居たので手伝わせました。普段手伝わないので。

2年目のスタッドレス。どちらも溝もしっかりあり、急な雪にもこれで安心。
足助地区はそう雪が降る所ではありませんが、昨年は良く降ったほう。
雪より凍結の危険の方が頻度高い。
山間の道で日中、陽の当たらない濡れた道が朝がたや夜など凍結している事があります。

でもさすがにオールシーズンタイアと履き替えると、
直進安定性やハンドルを切った時の感覚はフニャっとした感じになりますね。
致し方ないけど。

田舎暮らしとアレルギー体質

001
私はアトピー性皮膚炎を持病に持つアレルギー体質。
私が今普段使用しているアトピー用の塗布薬です。
それぞれ皮膚の状況に応じて使い分ける為、ステロイド剤の濃度の違いのあります。
特にありがたいのがカップに入っている保湿クリーム。
今となっては、アトピー性皮膚炎持ちの子供と私との間で私が一番使用しています。
でも、この薬のお陰で本当に何も持病無しの様な毎日を送れています。

でも、同じアレルギー体質の子供達は田舎へ移住後、
アレルギー体質の症状が全くでなくなっています。

私だけ…いまだにこの薬を含め、アレルギー体質用の薬を使っているのは…

続きを読む

畑は休み無く…

003
里芋を収穫した後の畑は、牛糞、もみ殻、油粕などを入れ、耕運機で耕うんした後、即うねたて。
この状態で少し土を寝かします。

うねたてしておかないと、雨が降ったときに水を土が吸い過ぎ
田んぼの土に戻ってしまうので、それを避ける為。

最初は全くいなかったミミズも増えてきました。
ミミズを増やそうと努力していた結果が実ってきました。

でも、そのミミズを捕食しようとモグラが…
この度はモグラ対策をもっと厳重にしようかと。。。


サトイモの収穫

001
チョコチョコと収穫していた里芋でしたが
次の作物を作る為に全て掘り出したいと妻がいうので手伝い。

しかし…
売る予定・計画はないのに、どれだけ作ったんだ里芋。
この辺の作物を作る計画性は全く無い妻。
沢山できることをこの上ない幸せと思うのは良いが
食べきれずに腐ってしまうのではないか???


玉ネギの苗を植え付け

002
もと田んぼの畑も、畑としてだいぶ土が落ち着いてきました。
その畑に玉ネギの苗を植え付け。
小3の長男が手伝ってくれ結構スムーズに作業完了。

今年は妻が種から発芽させ、自宅前の畑で苗にまで育てた。
玉ネギを作るのは3年目なので手順は問題ないが
今年は初めての畑なので気になるのはこのことだけか。

しかし…
苗の数がいくつあるのか…600?800???
まだ、全ては植えきれてない・・・。


夕日…田舎の景色

002
夕方5時頃の写真。
高台に三脚を立て、デジタル一眼で撮影
カメラ:キャノン Kiss-N

続きを読む

山間の田畑を無償で借りるという事は…愛知県豊田市足助

001
来年から米つくりを考えている田んぼの周辺草刈と
田んぼの横を流れる水路を覆う砂利除去をしました。

移住し1年が過ぎ、相当体力が付いたと自負する私でも
自然堆積やイノシシが荒らす為にほぼU字溝を埋めてしまった
土砂を取る作業は大変以外の何者でもないです。
(写真で見えている奥にも水路は続いています。100m弱位長さあります)

山間の田舎に移住し、信頼され、農業をまじめにする気さえあれば
今は、地元の人が耕作放棄した田畑を無償で貸してくれます。
(小作料なども支払う必要も無い)

ある意味、本当にいくらでも田畑を広げる事が出来ます。
これは本当の話。

「田畑を借りてくれてありがとう!」と言う位逆に地主さんに感謝されます。

でも、それにはある意味無言の条件が含まれています。

「作物を作る部分だけでなく、その田畑に付随する土地部分の管理をする事」
=「ただ田畑を使って耕作すれば良いだけではないと言う事」

作物を作る部分だけでなく、畦(あぜ)、土手、水路、などの草刈や
農業水路などの管理・掃除などがそれにあたります。

平地の田畑では、畦の草刈面積も少なく負担は少ないですが
山間部では傾斜地に田畑があるので、土手の面積も結構広いのです。
また、水路も細い水路で、かつ山から砂などが流れてくるので
定期的に砂利などを取り除かないと、水路が機能しなくもなるのです。

これら作業…結構大変なのは事実です。

農作物を作るだけで一家を養っていけないと言う判断と、
豊田市には世界的企業があるがゆえに勤める事での安定的な収入確保、
そして山間の土地を持っているだけでの体力的負担などにより
どんどん放棄されてしまう土地。
この経緯と判断、致し方ない部分もあると実感します。

でも、私、水路の掃除などはさすがに肉体的には大変ですが
田舎暮らしに含まれる作業として、許容できるのです。

まぁ考え方次第かと…

続きを読む

もみ殻を堆肥小屋に

001
堆肥小屋が完成し、早々にもみ殻を取りに行かされました…妻の要求。
祭日の日のまさに日暮れ際。

この量は軽トラックの荷台にコンパネ板を両側に立てて
満載にもみ殻を積み込んで運んだ量です。
軽トラックって結構積めるもんですね。
牛糞などに比べもみ殻は軽いので積載重量的には
軽トラックでも問題ないでしょうが、雨にぬれたもみ殻でしたので
結果積載重量ギリギリと言ったところか。

妻の要望的には、もう1回(本音は2回)分のもみ殻がまだ欲しいそうです…(爆)
またもらいに行かねば…


堆肥小屋の完成(間伐材丸太)

001
完成写真。
001b
以前の状態。

続きを読む

ミニパワーショベル(ユンボ)オイル漏れ発見

001
キャタピラーのモーター部分からオイル漏れ発見。
久しぶりに山から下ろし自宅車庫にて泥汚れでも落とそうかと思ったら
溜まった雨水ではない液体がしたたる箇所が…
触れてもどうも水ではなさそうなので
早々に重機リース屋さんに連絡。
すばやい対応で速攻で見に着てくれました。

どうもホースのジョイント部分が劣化しオイル漏れしてる様子。
ホースを取り寄せ、後日交換と言うことに。

機械は劣化、壊れるのは当然、
その時の対応のよい店があることが安心。

故障箇所に気が付かずに使い続けなくて良かった。
定期的な掃除は、やっぱり必要ですね。


小屋のトタン波板屋根を取付

001
昨日の日曜、娘も手伝ったがやり残していた屋根を
夕方から妻も手伝って一気に終わらせた。

まだまだ必要部材が足りないので今日、空き時間に準備せねば…



堆肥小屋の製作中…愛知県豊田市足助

001
山間にあった古い小屋を解体し新作中。
妻のたっての要望で堆肥をつくる小屋を。

日曜のこの日は、
部活が休みで珍しく家に居る工作好きの長女も手伝って。

秋の雨…豊田市足助

001
晩秋。
雨が降ると落ち葉が一気に道路に落ちます。
この落ち葉、バイク乗りには要注意です。
イチョウの葉っぱなど特にですが落ち葉が大量に落ちているカーブなど
路面が滑りますので…

暖かいせいか、香嵐渓の紅葉も遅れているそうです。

田舎に住む醍醐味…愛知県豊田市足助

001
里山のある山間田舎に引越して1年が過ぎました。
我武者羅な1年間が過ぎ、2年目の今は…
相変わらす我武者羅…ではありますがステップが見えてきて
具体的な行動にはなっています。

ある事をする為にはどんな準備が必要で…
どんな段取りをするとより効率がよくなって…
どんな道具をどう使うとのが安全で効果的なのか…
などなど、したい、しようと思うことに対して
動き始めが早くなったかと

でも、行動すればするほどその先も見えてきますので
好奇心や、行動は果てしなく、まだまだ田舎暮らしの楽しみ方は尽きない。

写真は、山の中で間伐した木を軽トラック(4駆)に積み込んでいる
ただそれだけの写真ですが、ここまで来る道のりも大変でした。

続きを読む

里山で間伐した木の根っこを抜いて運ぶ

001
基本的には間伐した木の根っこは抜きませんが
車の通り道にしたかったり、広いスペースを作りたいので
根っこをいくつか抜きました。
この作業時ほどユンボのありがたみ、必要性を感じる作業はありません。
(他にもユンボのありがたみを感じる事は多数ありますが…)

写真は樹齢30年ほど、13~14mほど(幹の太さ20cm程度)のヒノキの根です。

山の中は、この木の根っこだけでなく、隣接する木の根や
ここでは竹の根っこも縦横無尽にはっています。
そんな場所でも、このサイズのユンボで
15分程もあれば根を掘り出せます。

これを人力でしたとすると…
何枚のノコギリの刃をダメにしながら…
クワ、スコップも何本もへし折りながら…
一人で数日かけても終わらないのは確実。

ましてや、根を持ち出して人力(一人)で運搬は絶対無理!
現実(物理)的に重機の出番です。

(庭先の小さな木の根を掘り出すだけでも
 体力消耗~回復を繰り返しても2日がかりで
 スコップなど数本へし折った経験がありますから…コリゴリ)

そしてこの作業で、里山は…

続きを読む

ユンボを使って間伐した丸太を整理

001
切り倒した樹齢30年ほどの檜。
太い根元の方は丸太車庫の柱用に4mほどでカット。

002
仮設の丸太置き場にそのまま置く。


続きを読む

間伐後、ユンボで持ち上げ枝落とし

001
切った木の片側をユンボで持ち上げて枝を落としてます。
樹齢30年ほどで、太さもあるので
根元付近は丸太車庫の柱に使用したい
ただ、根元付近が曲がっている事を切る前に確認しているので
枝を落とし、ユンボで持ち上げて
どの位置から比較的木が真っ直ぐになっているかを詳細確認。
根元の曲がっている部分を切り落とし
そこから丸太資材用に4mちょいの長さにこれから切ります。

全長12mはゆうにある木なので、
4mの資材3本分は取れるかと。
太さに応じて使い道はあります。

4mほどの長さに切っても
樹齢30年以上の木で水を大量に含んでいる
切ったばかりの木の根元付近は、私の力では持ち上がりません。
(田舎暮らしする様になって相当体力つきましたが…)

無理すればもてる重さでも
腰を痛めない様に出来るだけ重機で
丸太を運搬する様にしています。


なかなか難しい真っ直ぐな木

001
植林はされてもその後人の手が入ってない
手入れされていない山に生える木は素直に育ってない…
写真は、その典型の木。
4mほどの長さに切ってあるのですが
こんなにそったりねじれたりしています。
丸太の柱に使うのは難しい…。

自分が必要とする出来るだけ真っ直ぐな丸太がなければ
再度山から木をきってこなければなりません。

山に入る→切る木を選ぶ→木を切る→枝を落とす
→切った枝を山の中でまとめて整理→木を適度な長さに切る
→車に積み込む→車から降ろす→樹皮を剥く
→乾燥させる→防腐塗料など適度に塗る
→丸太を資材として使用する


上記の流れの中で木を切るのはまだ良いのですが
樹皮を剥くのが結構大変です。ほんと…


丸太の資材置き場

001

002
少しづつですが間伐材を集めては
空いた時間に樹皮を剥く作業をして、木をこんな風に天日干ししています。
1箇所は母屋東の畑を半分つぶして、
もう一箇所は、山間の道路沿い敷地にて。

何気なく土地を使っていますが、
このスペースだけでも坪数的には
都会では充分住宅を建てられる広さ。
4m~6mの丸太をどういう風にも置けるのですから。

こんな自由な土地の使い方の生活をしてしまうと
都会の住宅地には戻れません…


豊田で沖縄料理…「おきなわカフェ」

001
「おきなわそば」
食べてきました。

お店リンク「おきなわカフェ

足助の隣、藤岡で沖縄料理を出している店があることは
以前から知っていたが中々行くタイミングが無かった。

雨の降る金曜日。
人気店だとしても平日の雨であれば空いているだろうと
タイミングも合い…

人気店でも混雑している所は嫌いなので混むであろうお昼の前
11時位についてみると案の定、自分が一番客。

店員さんにメニューの中々おすすめの「おきなわそば」を注文。

見た目とは裏腹にすごくさっぱりとした味。
“「おきなわそば」=さっぱりとしたスープの肉うどん”って感じでした。
お酒を飲んだ後の小腹が減った時に最適。

もっとこってりが好みな場合「ソーキそば」が良いらしい。
スープはおきなわそばと同じらしいが、入る具が
こってり肉がはいるので、全く別のスープの味になるらしい。

続きを読む

綺麗な田舎の雨水…愛知県豊田市足助

001
昨日降り続けた雨水を直接貯めたバケツ。
対して綺麗でない使ってから洗ってないバケツ内に飲めそうな位の透き通った水。

何気ない事ですが…
名古屋の住宅地と豊田市足助の空気の違いを痛感。

名古屋(緑区)の住宅地に住んでいる頃も
庭木や花に散布用に雨水を大型のポリバケツに貯めていました。
その雨水は、車の排気ガスのチリなどでポリバケツの中が
真っ黒になっていました。
その真っ黒になって、中がへ泥臭くなった大型のポリバケツを
定期的に水道水と洗剤であらうと言う水道水を節約する為に雨水を貯めても
エコになってない状況でした。

以前住んでいた場所から車で1時間ほどで来られる距離で
この雨水と言うか空気の違い。

利便性利便性と良いながらの都市計画。
すごく大切なものを失っている矛盾。

もう戻れませんね。
戻りたくない。。。

002


もみ殻を畑に大量にまく

003
もみ殻を馴染みの農家さんから大量にもらい
水はけの悪い元田んぼの畑にまきました。

本当はこの秋冬に玉ネギを植えようと考えていた場所なのですが
この時期の雨上がりの水はけがあまりにも悪く(夏場はまだ良かった)
このままでは作物は出来ないと判断し、であれば来年に向けて
土作りをはじめようとの判断で。


続きを読む

丸太車庫の計画

001
ユンボとトラクターを置く為の車庫を
間伐した丸太で造る計画に先立って寸法図作成。
この寸法図を元に、丸太の本数を具体的に割り出し
足りない分を間伐してこないと…



完成ブログ記事はこちら。
丸太車庫 完成ブログ ユンボ・トラクター用





ネズミ用粘着シートで捕殺

001
母屋内の裏倉庫にしかけていた
ネズミ捕獲用粘着シートにとうとうかかりました。
サツマイモを食らうネズミ一匹。

昨夜、サツマイモがネズミに食われている事に
気が付いた妻が粘着シートの設置枚数を増やしたばかり

ネズミに作物を食われた状況からすると
複数ではなく、単匹で数週間に1回程度だったが
昨夜気が付いたネズミに食われた後のサツマイモからすると
大人のネズミ1匹と断定していたのでその1匹かと。

もともとこの位置にシートを置いていたわけではないので
暴れた時にこの位置までシートごと引っ張ってきて
全身粘着シートに引っ付いた時にショック死かと。

母屋の外で、見たことあるネズミなので
我が家周辺に住み着いているいたのかとも推測。

まぁこれ以外にもネズミはいるだろうから
再度仕掛けを増設設置予定


丸太テラス第二段:作業場東にテラス屋根設置

001
丸太を敷き詰めた場所の上に丸太テラス設置完了。
運搬車も置けるし各種資材の置き場になるだろうと。

以前の状況
002


続きを読む

久しぶりの大型バイク…kawasaki W800

002
久しぶりに大型バイクに乗りました。

良いバイクですね。
Kawasaki W800 メーカーHP

馴染みのバイクSHOPに寄って、これも馴染みのスタッフと
四方山話をするなか、店の試乗車を借りて久しぶりの大型バイクに
乗ってみようと。

Myヘルメットは当然持っていないので、借り物メット。
正直自分とサイズ合ってないがここは我慢。

続きを読む

秋の収穫続々と…

001
祭日。
妻と子供がせっせと各畑から収穫してきました。
幾種かのサツマイモ、サトイモ、収穫末期のピーマン、唐辛子などなど…

既に収穫されたサツマイモなどは、地元産直売り場に徐々に出荷も。
まだまだ小遣い程度にしかならない量ですが
何事も始まりはこんなもの。

それでも自分の作ったものが人が喜んで買って言ってくれる喜びを
妻は実感し、気合が入り始めている。
趣味の家庭菜園から農業と言えるものになっていくのかと…。

私は私で田舎暮らし、古民家暮らしを
より機能的にしていく為の作業が続く…

ヘッドライト内水滴混入修理…ハリアー30系補足しました

このブログの検索来訪者履歴を見ても多いですね
「ハリアーのヘッドライトの水滴混入」修理。

4月に記しましたブログに補足を入れました。

修理報告当日ブログリンク


夜の見回り

001
夜、10時過ぎ。

自分の田畑にイノシシが来ている所を一度確認してみたい気持ちもあり
酒を飲んでない夜に夜な夜なドライブに出る事があります。

車(軽トラック)の明かりに驚いて逃げる
野良猫やイタチ、タヌキなどに遭遇する事は多々、
でもイノシシにはまだ遭遇していない。

今回は普段持ち出さないカメラ(一眼デジタル)を携帯してみたが
そんな時は、何にも遭遇せず…。
ただのナイトドライブになってしまった。

しかし…
揺れてる走行中の車の中からフラッシュなしでの撮影は
ISO1600設定でもさすがにブレますね。


薪ストーブで“おでん”

001
玄関前の薪ストーブでオデン出来上がり写真。

長時間煮込む必要がある料理ものは
ガスの節約(我が家はプロパン)目的で、
薪ストーブで妻は調理しています。

ガス器具の様な微妙な火加減は薪ストーブでは難しいので
調理時には焦げ付きにくいダッチオーブンなど底の厚い鍋を多様。

調理中の写真は…

続きを読む
しば農園

我が家で作った愛情作物の自前通販サイトです。
<※PC専用>
プロフィール
ブログランキング


最新コメント
楽天