愛知の田舎で古民家暮らし

築100年超の田舎古民家で田舎暮らし7年目に入り、2000日を超えました。

2012年11月

来年の米作に向けて草刈とイノシシ対策完了

001
Before(9月末、稲刈り直後の写真)

After
002

奥の道路下に石垣があるのですが
一部土斜面のままの箇所からイノシシが降りてきて
斜面下に設置してあった高さ1mのフェンスを越えて
2度イノシシに入られました。
(その他に隣接する田んぼからの進入2回)

先日から報告していますが
斜面の草刈、草燃やしをしたあと
フェンスを道路際まで上げて設置しなおし
全面の草刈を完了。

この田んぼのイノシシ対策と
周辺整理を完了。。。

もう1面、田んぼ。
まだイノシシ対策があります。。。。


続く。。。。



田舎暮らし ブログランキングへ

明日30日は大混雑必須

001

002
すでに前日の今日でも、搬入関係車両なのか
道路渋滞していました。

ヤマダ電機とスポーツゼビオ。。。

どちらも興味のあるお店です。

ここまで車で20分もかからないでしょうか、


豊田市の中山間地である足助地区の我が家の町にも
明日OPENの特大チラシが。。。。

ヤマダ電機OPENに対抗し、
エイデンのチラシも特大。。。。。。


明日、名古屋に行く場合、
153号線は通らず、迂回したほうがよさそうです。


しかし。。。
名古屋に行く行き返りに
家電とスポーツ用品を一緒に見られる店が出きるのがうれしい。


田舎田舎といいながら、どんどん便利になってる気がする。。。



田舎暮らし ブログランキングへ

お米の販売。正式告知

003
9月25日にブログで報告しました時の写真。

一昨年は、お米作りの手伝いから始まり
昨年から農家さんの協力を得ながら自分でお米を作り始め、
今年は、完全に自分たちで田植えから稲刈りまですべて行っての米つくり。

自分の責任において、極力農薬を使わないで米つくりをし
有機肥料のみで化学肥料を使わない田んぼを用意したり
化成肥料を使いながらも、使う量を自分達の判断で少なく決めて
米本来の味をどう引き出せるかを試してみた今年のお米。


作った本人だけでなく、親戚兄弟などにも味見をしてもらい
親しくする友人知人、昔ながらの親友ににも、全国へ発送。


親しい仲にも厳しい意見を言ってもらえる友人には
特にいろいろ言ってもらおうと送りましたが
生産者以上に味に驚いて喜んで食べてもらう事ができ
うぬぼれない様にしながらも、ひそかにガッツポーズ!


お米の生産には、農機具は当然のこと
苗代、各種有機・化成肥料代、少ないながらも農薬の費用など
消費者当時にはわからなかった、想像もつかなかった
大きな費用がかかっています。


その為、無料で配布とはいかず、
友人知人にお米を買ってもらっているのですが
口コミとはありがたいもので、
今では友人知人を介し、複数の方に
我が家のお米を食べて貰える様になってきました。


それをあまりブログに記載してこなかったのですが
大人の事情?諸事情?各種細かな農業系ルールがクリアーになってきて
公に告知して我が家が作物の販売をしていい事になってきましたので
第一弾としてこのブログに。
(簡単に言えば、来年度には農作物生産者として、登録される事になり
 モグリの農作物生産者でなく、正式な生産者として。)


そして。
インターネットの良さと怖さを仕事上でも良く知る私。

このブログの管理者のプライベート情報は極力出さず
3年あまりブログ更新してまいりましたが、

すでに相当の人に、このブログ管理者が誰なのかがバレてて
私の忙しさから、音信不通になっていた昔の友人・知人から
唐突に「毎日楽しそうだね~」と、このブログの管理者が私と見極め
ブログ内容を読破し、メールを送ってくる人多数。。。。


そのネット越しに毎日私の生活を見て私の今を熟知している方!!!

もしかして、俺のこと?私のこと?と思っている…

そう!あなたなのです!
(実名をここに羅列したい位…笑)


お米を販売している事をここに正式に告知出切る様になりました。


美味しいお米を作って売る!という事が最終目的ではなく

「荒廃する里山を維持する為に、一生懸命田畑を活用する」という目的において

日本人としての主食。「美味しいお米を作る」

その「日本の伝統・自然を守る」と言う事に特に賛同してほしいのです。


この心で私は田舎暮らしをしています。




お米は無料ではないですが、
「手間のかかる減農薬栽培の足助のお米:ブログ管理者生産のミネアサヒ」を
今年は我が家ながらに買いやすい金額で提供していますので
ご興味あれば、昔ながらのメールアドレス、もしくはブログ記載のアドレスに
ご連絡ください。(^.^)



我が家の親戚、友人、知人だけに食べてもらっているだけでなく
今月から地元のある施設内レストランでも我が家のお米を
ご飯(ライス)としてお客様にご提供しています。


今年のお米、全28俵(1680kg)ほど作りましたが
内々の販売の2ケ月ほどで、残り半分ほどになりました。


お米は生きています(生物)ですので
長期保存するより、早く食べてほしいと思っていますので
千客万来(早いもの勝ち)になってしまいますので
よろしくです!(^o^)




田舎移住後、3年目。

田舎でしかできない事を実践しながら
一つ一つ、またひとつ、実を結びはじめました。

まだまだこれからもやりたい事(やろうと思っていることイッパイ!)

田舎暮らし ブログランキングへ



都会より田舎移住後の方が便利な事

000
車の維持管理に対し、これほど便利なお店は無い。

名古屋に住んでいる時より、
車の維持管理費は思いっきり下がっています。

乗用車1台、商用車(軽バン)1台、軽トラ1台の我が家の車両
すべてこの店で車検もオイル交換も行っています。

移住後、丸2年過ぎで、この間に車の車検のあった回数4回。
ディーラーなどで普通に行う車検より10万円以上、得してます。

(私の住む町では、この店の使用比率高いです。
車検を受けると、次回割引が効くお店のステッカーが貼られるので
そのステッカーを良く見る。)

オイル交換、100円/1L

この価格は期間限定ですが、でも普段から安いこのお店。

普段のオイル単価でもオイル単体をホームセンターで買ってくるより
このお店でオイル交換してもらった方が安いのです。

自分でオイル交換する事も苦にしない私。
自前で行うと廃油処理を考えねばならないのですが
お店で交換するとそれが必要ないのも大きい。


よく「安かろう悪かろう」と言う事が多いですが
今まで何も問題無く、お店の対応に疑問を持つこともなく
安いのに良いお店だという印象になってます。



昨日も、出かけたついでに交換時期の来た車の
オイル交換をしてきました。

特価価格のキャンペーン時期なのですが
タイミング良かったのか、混雑無く作業してもらえました。

店まで家から20分弱ほどかかりますが
何かのついでに行けばいいので本当に不便さを感じないです。

住んでいるのは中山間地ですが
便利な店、場所が車で30分以内にずべてあるので
自分でも“今、田舎暮らししてるのか??”と
田舎暮らしで一般的に言われる不便さを感じてない自分に
ある種の違和感的なものも。。。。。


インターネットも含め、今は便利な時代です。



田舎暮らし ブログランキングへ



山側斜面に伸びるイノシシ進入防止対策柵

001
急斜面に設置したイノシシ進入防止用の柵。

002
反対側から。

すべて建築現場で出た端材など廃材のフェンス。

知り合いの建築工事屋さんから、
ちょこちょこと廃材をもらって貯めていたものを使用。

建築廃材の有効活用。
これもエコです。

見た目は悪いけど
針金を溶接したメッシュタイプの柵より強固です。

谷になるので風が常に吹き、風を通さないトタンなどでは、
風で吹き飛ばされてしまうので、格子状の柵を選択使用。


この柵を設置する為に、
斜面の草刈をし、草を燃やして
地面が見える様にまでしていたのです。
いろいろ段取り、段階があるのです。。。

急傾斜地に設置するので
平坦地に設置する様なイノシシが柵に対し垂直に突進して
柵を破壊する行動がしずらい
また、ジャンプして柵を飛び越えるのも難しい箇所なので
あくまでも隙間を無くすことを優先。

この場所、遠目でみるとこんな箇所
003

004
赤の四角く囲ってある場所。

写真の向きで説明しますと
右側の畑の方からほとんど来るイノシシに対し
左側に向かわせない様にする為の柵。
(写真右がより山奥側、左が民家集落がある側になります)

この後、上部の道路ガードレール際に柵を設置し、
道路から下に降りてこれないようにする予定。

今は、急斜面を降りた所に柵が設置してあるので
斜面にはイノシシが入りたい放題で、斜面が削られるし
斜面を駆け下りて、柵を飛び越えたりと今年は散散な事に。

昔に他の方が設置した柵が機能しなくなっているので
費用をかけずに(これ以上イノシシ対策に出費したくない)効果的になるよう
現状を把握し、ひとつづつ対策です。


一人で作業しているので一気に事は進められません。

一つ一つコツコツと。


来年の米つくりに向けて、イノシシ対策はまだ続きます。




綺麗な冷たい山の湧き水100%の水を田んぼに導いて
美味しい米を作れる田んぼなのですが
米を安全に作る環境つくりが中山間地の農地の最大の問題。


イノシシなど害獣対策が必要なければ
休耕田がこれほどまでに増えることは無いのだが。。。


私自身ももっともっと米を作ってもいいと思っているけど
このような作業に裂かれる時間が、限界を作っています。

個人では作業に限界がある増え過ぎたイノシシの駆除を
もっとスムーズにできる流れを国・県・市で作らないと
日本の里山の崩壊は止まらない。


増えたイノシシを放置して、田畑の柵設置に補助金を費やしても
根本解決にはまったくなっていませんから。



田舎暮らし ブログランキングへ

イノシシ対策フェンス外側の草刈~草燃やし

001
ここまで処理できました。

イノシシに数回破壊された害獣対策フェンスを
この冬の間に張り直ししたいのですが、
フェンスの外側の草の処理をしないと
フェンスがはずせないのです。。。


ここまでの状況をさかのぼると。。。

草を燃し中の写真
002


草を燃やす前の草刈後の写真
003


草刈はじめの写真
004



地味な作業ですよね。。。。

でも、やはり綺麗になると気持ちがいいものです。

でも、草刈でおわりではなく、
この後、フェンスを張りなおさないと。。。

まだまだ続く。。。

この田んぼだけでなく、他もしなければならないですし。。



田舎暮らし ブログランキングへ


紅葉観光ピーク…香嵐渓

000
今日の昼の香嵐渓。。。

子供たちが写真を撮ってきました。


すごい。。。。

人が入らないでの紅葉撮影は無理です。


地元民でも見る国道153号線の交通状態の映像。
香嵐渓に来る方は、見たほうがいいですよ。

ひまわりねっとわーく R153 中切町 (香嵐渓まで4キロ地点映像)

私の友が、夕方我が家にお米を取りに来ると言うが
ちゃんと迂回コースつかっても、たどり着けるのだろうか…

香嵐渓の夜のライトアップで、
今日は夜まで周辺道路は渋滞するだろう・・・



田舎暮らし ブログランキングへ


山の中の自家製キノコ

001
2年前に菌打ちしたキノコの原木。
今年からたくさん成っています。

002
雨が降ると一気に大きくなりますが、
先日妻が大きいものを収穫したばかりなので、今日は小ぶりだけ。

子供がキノコ取りをしたいと唐突に言うので
私も付き合って来て見ました。

対してキノコを好きではないのに
キノコ(しいたけ、エノキ)を収穫するのが楽しいそうです。


今夜もお吸い物、まぜご飯にキノコ大盛りですね。



田舎暮らし ブログランキングへ

屋根裏でネズミ捕殺…田舎古民家移住後2匹目

朝方には気温0度近くなる昨今。
眠りが浅くなる早朝の屋根裏でネズミが
1匹と思われるが走り回っている音が数日続いた。

走り回る音と、止まって何かカサカサと
音立ててしているのが聞こえる。

屋根裏には、
日常使われない日常品(余分な食器、なべ類)、
余分な椅子など小さな家具類、
バイク用品、季節物品(ヒナ飾り、クリスマス用品など)
私の仕事用保管しなければならない書類など
食料品以外の雑貨が、
それぞれ引越し同時の“ダンボールに入ったまま”
保管しているだけ。

屋根裏自体、隙間もたくさんあるし
木製雨戸のみでサッシで密閉されている空間ではないので
台風など強い風が吹くと、屋根裏の柱に積もっている誇りが
ダンボールの上に徐々に落ち、ホコリが多くなっている程度で
逆に言えば、換気されているので、1回の居住空間より
乾燥した空間となっていて、カビなどは一切生えない空間。


移住して丸2年経過しているが
数ヶ月に1回程度、定期的に荷物を取りに行く時に
屋根裏を確認してはいるが、それらダンボールをネズミなどに
かじられた跡はいまだになかった。動物、ゴキブリの糞も一切無し。

そんな屋根裏で、何かをほじっているかかじっている様な音。

そんな事が2日ほど続いた日中、屋根裏にあがってみると
今までになかったネズミの糞がチラホラと落ちている。
糞の数からすると1匹。

これは住み込まれる前に初期退治が必要と
早々に以前使った残りの未使用ネズミ捕り用の粘着シートを
ネズミの糞の落ちている箇所から推定し、通り道に置いた。

計3枚

8畳間6室の屋根裏なので、40畳分の広い屋根裏に3枚のみ。


ちょっと少ないとは思うが、別途買ってくるのも面倒なので
これで捕まればラッキーと。


その日の夜、爆睡して眠りが浅くなった早朝。
ネズミが屋根裏に来ている音がしている事はうつらうつらと聞こえた。

その後、ネズミ捕りを仕掛けた事を忘れ数日経過。

ふと、ネズミの足音が夜中聞こえなくなったなぁ~と思ってはいたが
特に屋根裏に行く都合もなかったので、そのまま結局1週間以上経過。

ある日、屋根裏に私が物を探しに行く用事が出来、ついでにネズミチェック。

ネズミ捕り粘着シート。
1枚目…特に変化なし。
2枚目…同じく変化なし。

最後3枚目、糞が若干多く落ちていた箇所。
2回にあがる階段から一番奥の暗い箇所。。。。

雨戸が閉められた真っ暗な中で、懐中電灯を照らすと。。。

何かシートの上に影がある様な無いような。。。。

暗闇に目が慣れてくると…

どうもネズミがかかっている様子…

近くに行くのが怖い(気持ち悪い)ので、一旦1階に降りて
より明るい懐中電灯とカメラを持ち再度二階へ。

一眼レフデジタルカメラの強力フラッシュで撮影!
その撮影写真がコレ。。。。


001

写ってます。写ってます。
※====
敷き詰めてあるシートは、リフォームなどで傷防止に使われるビニルの養生シート
1階にホコリが落ちて来ないようにと、隙間を埋める為に大工さんに進められて
移住当初、大掃除をして綺麗にした後、2階床全体に敷き詰めてあります。
養生シートは1m幅の50mまきで、安いものは1本800円位で売っているので
大変安上がりで便利な床シートになります。
頻繁に歩かない場所であえば耐久性もOK。
便利ですよ!!
隙間が多い古民家とは思えないほど、住居のゴキブリなどの発生率が減ります。
以前住んでいた都心の一般戸建て住宅と変わらない位。
※====

興味あります??
拡大しますと。。。。。

002
こんな感じ。

粘着シートにからまったまま、いろいろ周りをかじったようです。


この撮影後、私は自分の用事を済ませ、そのまま1階へ。


妻に、粘着シートに何かかかっている事を伝え
「見に行って片付けておけよ~」と指示のみ。

それを聞いていた中1長女は、興味津々!!

「え!?ネズミ捕まったの???」

父「そんな感じ。お母さんと2人で片付けてきて!」と追加指示。


きゃぁきゃぁ言いながら(好奇心と恐怖心で)、母&娘で屋根裏に行き、
火箸を使って、粘着シートをつかみ、そのままビニル袋に入れて
片付けたようです。


これでこの古民家で捕獲したネズミは2匹目。


前回のブログ記事はこちら
ネズミ用粘着シートで捕殺」平成11年11月6日記事


そうか~11月って、ネズミが家の中に
入ってくる時期なのかもしれませんね。


今年は、1階に大量のお米(玄米)や芋などの自家製作物が置いてあるので
ちょっと要注意ですね。ネズミ。。。。。



田舎暮らし ブログランキングへ

自家製玉ねぎの苗、成長が…

000
玉ねぎの苗。

今年は自前の小さなハウスで種から妻が育てている。

もう地元では時期的には植える時期だけど
けどまだ苗が十分な太さまで育ってない。。。

子供が代休で休みの日に
玉ねぎの苗を畑に植えるのを手伝ってもらう予定が
十分な太さがある苗のみ植えて、
大半はもう少し植える時期を遅らせることに。


玉ねぎの苗は、過去いろいろな場所を探し
選んで買おうしてきたのだが
玉ねぎの苗の購入者が多く、苗がある時に買わないと
買いそびれてしまうので、
苗がある時に買わざるを得ない状況だった為
結構品質にムラができていた。


ならと今年は種から育てているのだが
思うように苗が太くなってくれないものですね。


田舎暮らし ブログランキングへ

自分の作ったお米、精米中

000
自分で作ったお米(銘柄:ミネアサヒ)の120kg分 精米中。

明日早朝、とあるお店にお届けする用にですが
1週間位の猶予を持って前もって精米しておけば、
いろいろドタバタしなくてすむのですが、
出来るだけ精米したてをお届け出来るようにしたいので、
他の仕事の合間に、精米機と他の場所と
行ったり来たりを繰り返してます。

こんなドタバタした毎日を送っているので
「テニス肘(ひじ)」と診断されている、右ひじの痛みは
一向に良くならず、お米30kgを持ち上げる時も
激痛に耐えながらの作業。。。。。

ブログに文字入力している時も、実際痛い。。。。

痛み止め注射も3回整形外科でしてもらったが、
こんな毎日では良くならない。。。


(そんな事書いててもしかたないので。。。話し変えて)


我が家の精米機は、農家さんが持つ一般的な精米機。
(これも家庭用精米機のジャンルらしい)


昔は俵(1俵:60kg)で、お米を扱っていましたが
今では、2~3枚重ねの大変丈夫な紙袋(1袋:30kg)にお米が入ってます。

その一袋を精米するのに、私の機種では精米に1時間かかります。


玄米120kg(俵では2俵、袋換算では4袋)を精米するのには
単純に4時間かかると言う事。

お米屋さんなど大型精米機はもっと早いのでしょうけど
機械の金額の桁が大きく変わりますし、大型機械など
田舎古民家内に置けるわけもなく。


今、食事の度に精米出来る用の
「(一合から炊けるサイズの)家庭用精米機」もありますね。

さすがに120kgのお米の精米を定期的に行うのは、
現実的に無理があるので、この機種を買ったのですが、
これでも定価で10万ほどします。安くないです。。。


作ったお米を少人数の家族内で自家消費するのみなら
1合から炊けるサイズの家庭用精米機の方が良いのかと思ってます。


今、自分でお米を作っていますので
お米の銘柄、作り方、農薬の使用有無、有機肥料の使用量など
広告告知ではなく、正真正銘自分が一番よく知っているお米を
どう食べると美味しさを一番引き出せるかを常に探求していますが
やはりお米は精米したて(つきたて)での、炊きたてが一番のようです。


「玄米を食べる分だけ精米して、すぐ炊く」


私がお米を送った友人の中に、これを実践している友が多数居ます。

その友の小学生のお子さんも、我が家のお米に変えたら
ご飯を食べる量が倍増したとの事。

実際我が家でもそう。

ネットで今調べても1万前後から小型の精米機を今は買えますので
そうしないとお米がもったいないと、みんなに勧めてます。


今、誇大広告、掲載内容の偽りなど、
何を信用してよいのかわからない時代ですが
信頼できる先から良いお米を是非食べてほしいなぁ~と
お米の生産者となった今、つくづく思いますね。

お米ってこんなに美味しいんだと。


。。。
移住する前、安くもないのに
どんなにまずいお米を食べていたのかと今つくづく思いますもの。。。


お米は、土作りもとても重要ですが、人の力では操作できない

「寒暖の差のある気候地域で、かつ、水の美味しい所(山の水)」

これが何より美味しいお米を作れるのだと
「生産者兼消費者」の今実感しています。

まだまだお米つくりの新人生産者ですが
そんな私でも美味しいお米が出来ているのは
まさに自然の力かと思っています。

なので、自分の努力で
まだまだ、もっと、良い、美味しいお米が出来ると
来年が楽しみです。



田舎暮らし ブログランキングへ



紅葉で混雑する香嵐渓の夕方

004
夕方。
153号線。

紅葉見学の観光客が香嵐渓に右折待ちで大渋滞する交差点。
この手前からず~~~~~~~っと。

紅葉見学というより、香嵐渓の混雑状態確認。

一番混雑する足助八幡宮前も通ってみましたが
道が細いので、大型バイクでは車の横をすり抜けられません。

でも、今の私の小型バイクは渋滞知らず。

渋滞で止まる車の横をチョロチョロと抜けていきます。

一番混む場所をながめる場所で
バイクを止めて見学。

0032
人が多いですねぇ・・・

このままライトアップの時間まで皆さん居るのでしょう。

私は、適当に眺めて写真を撮って帰路へ。。。
003

001



ちょうどいま
NHKの名古屋放送で、
「香嵐渓」が生放送されてましたねぇ。。




田舎暮らし ブログランキングへ



夜の足助の中心は渋滞無し

001
渋滞情報で153号線が、大渋滞していると言うのに
足助八幡宮を抜けた街の中心はこの通り。
夜の7時です。

地元民は当然渋滞する表通りを通らず、
抜け道を使うのですが、
それでもこんなにガラガラだとは思わなかった

ちょっと驚き。

部活動での帰りのお迎えに行くのに
ある程度は渋滞を覚悟していたのだが
思いのほか静か。。。
(でも香嵐渓は大渋滞しています)


大会に参加した後の帰路で、
渋滞にはまっている子供を乗せたバスを待つ。


002


この写真後、暖房の掛かった車内でいつの間にか爆睡。。。


予定より1時間遅れで
子供が学校に帰ってきました。

乗用車なら渋滞を避けて
山間の裏道を私なら走って帰るだろうが
大きなバスでは、それも無理。。。

秋の紅葉時期の部活動も大変ですね。



田舎暮らし ブログランキングへ



田舎の小学校で学芸会

000
子供の学校の学芸会がありました。

子供にどうしても見に来てほしいと言われ
半日間、体育館でじっと座っていることは
私には相当苦痛なことではあるが、
今回は致し方ないと妻に引きずられ
出かけていきました。


今年は長女が中学へ進学しているので
小4の長男のみ。(長女は今日は部活動)

今日まで、劇の練習をしている事を聞いても居るし
劇で必要になる小道具を用意したり買ったりも
たいした事はしてないが、準備していた。

今朝から鼻歌ばかり歌いながら喜んで登校し
劇でも元気いっぱい楽しいさを体中で表現していました。

ある意味、うらやましい。
(私の小学校時代より、段違いで楽しんでいる…)


全学年で30人ちょっとの子供の小学校。

ここ数年の多かった生徒が進学し減ってはいるものの
これでも足助の中では子供が少なくない方。

将来、小学校へ入学予定の子供数は減る一方。


生徒の減少は、田舎に限らず、東京都心でもあること。
地元だけでなく、日本全体の少子化が問題の源とも思う。


以前、名古屋の中でも一番人口の多い区から
豊田市の山間に移住した。

生徒が多く、一人の教師が受け持つ生徒の数が物凄く多い所から
少ない生徒を教師が受け持つまるで塾の様なマンツーマンに近い状況へ。

確かに全校生徒は少ないが、でも、うちの子は
本当に良い環境で小学校に通わせてもらっていると実感する。


今後の豊田市山間の小学校の生徒減少は議員さんを含め
役所、地元民でたくさん議論しなければならないことではあるが
まずは、自分の子供の今の環境には感謝の気持ちでいっぱい。

子供には、二度とない小学校の今を十分満喫してほしい。



田舎暮らし ブログランキングへ


気温0℃

001
今朝の気温。

車のフロントガラス、ボンネットは…
003

004


竹も…
005


地面の草も…
002



そして朝日に照らされると…
006

007


まぶしい、寒い朝です。


スタッドレス、返る準備をしとかないと。。。。




田舎暮らし ブログランキングへ



紅葉。香嵐渓。

001
香嵐渓。
紅葉見ごろのピークではないので
観光客の来場ピークではありませんが、
それでも結構観光客が来ているものですね。

これから153号線の渋滞シーズンになり
地元民も用もなく香嵐渓に立ち寄らなくなります。

今の紅葉は、こんな感じ。
002

003


これはこれで綺麗だなぁ~と思います。


田舎暮らし ブログランキングへ


田んぼの手入れ。草刈り。

002
冬の間にしようと思っていること。
田んぼ周りの草刈と、刈った草を整理して、イノシシ防御用のフェンスの張り直し。

フェンス周りにこんなに草が茂っていては
フェンスの張り直しができません。

003
しかし、草を刈ってもこの状況ですから
刈った草を整理しないと、フェンスも外せません。
フェンスに草が絡みついているので。

001
フェンス外側だけではなく、上の道路際の草刈りも。

このまま放置して、草が乾燥するのを待ちます。

後日、刈った草を集めて燃やしたいと思いますが
山火事の危険もあるので、いろいろ準備も。


田舎暮らし ブログランキングへ



軽トラック4駆とダンロップ グラントレック TG4

軽トラックに装着しているタイヤを前後ローテーションしました。

ダンロップ グラントレック TG4


異様に偏磨耗している前輪の左タイヤ
001
外側が片減りしてしまいました。
ちょっと気がつくのが遅かった。

他のタイヤは…
002
後輪右タイヤ

003
前輪右タイヤと後輪左タイヤ。

左前輪タイヤ以外、綺麗に磨耗しています。

000
ローテーション時の軽トラ総走行距離。

TG4に変えた時の距離が11.735kmなので、交換後6.807km走行した事になります。


軽トラは、作業車、積載運搬車としての使用の他、
近場(足助地区内)の足として使っていますので
山間道走行専用と言ってもよく、
どうしても左前輪に負担が掛かるようです。

小回りが利く軽トラなので、
狭い所でのフルターンなどしょっちゅう。

この時、左前輪にもろに負担がかかります。


まぁ、それと、峠道走行大好きの
私の運転の問題もありますが。。。。

もう少し早めにローテーションすればよかったです。

とりあえず。。。

左前輪タイアは、右後輪に装着し、
右後輪タイアは、未使用のスペアタイア(3年前製造刻印)と交換。
スペアタイヤを左前輪へ装着。

右前輪タイアは、左後輪タイヤと交換。


年内にはスタッドレスタイヤに交換する必要があるけど
年内中に、堆肥やもみ殻などを大量に積載運搬する予定があるので
それまではこのタイヤで働いてもらおうと思ってます。



田舎暮らし ブログランキングへ


消臭効果バツグン。もみ殻くん炭

001
母屋の中で唯一使われていなかったスペース。

母屋の中で位置的にはキッチンの裏側。
土むき出しで、常に土が湿っているのでかび臭い。

普通の食べ物などのカビの臭いと言うのではなく
土臭いのとカビ臭いのが混ざった感じ。

なじみの工事屋さんに工事現場で余った
資材のレンガやブロックをもらったので
それを敷き詰めて、足りない部分にはもらい物の鉄板を敷き詰めた。

それでも臭いがあるので、何か方法はないかと…

最初は大量にあるもみ殻を敷き詰めようかと思ったが
春に作っておいたもみ殻のくん炭の方が良いかと思い直し
敷き詰めてみれば。。。。

敷いた瞬間から臭いが消えました。


002


もみ殻くん炭。使えます。


洗濯場の床にも敷き詰めてみようかと思います。




田舎暮らし ブログランキングへ




子供のお手伝い

001
昨日は、午後から雨。
天気予報と雨雲レーダーの動きでそれを推測していたので
午前中、急いで玉ねぎの定植用のうねたてをしました。
(私は、農機具の運搬と、畑に籾殻散布)

家に居て留守番をすると言う小4の長男に
「少しは体を動かしたり、外に出なければダメだ」と
半ば強制的に畑に連れ出しましたが
畑で手伝えとは言わなくても、畑に居た昆虫などの生物と
十分に畑周辺で遊んだ後、この様に手伝ってくれます。

でも、半ば遊びながらお手伝いをしていると
「中途半端な手伝いならするな!」と叱りますが
お手伝いの中から自分の興味や好奇心、やる気と合うと
結構、まじめに、戦力となる働きをしてくれます。


写真の時の場合は、大きな砂山を作っている気分でしょうか。


好奇心旺盛で、体を動かすことが大好きだと
何かと外での作業(堆肥つくり、収穫作業などなど)
ありがたいものです。

頻繁には子供を親からお願いして使う事はありませんが
年数回はあった猫の手を借りたい時には、
結構良い働きをしてくれるのが頼もしい。

002
中学生になり部活で毎日忙しいなか
長女はこんな作業を自ら楽しそうだと手伝ってくれます。
(広い田舎古民家では、室内でこんな事はすぐできます)


秋。
足助ではいろいろイベントが各地で行われており
その出店や、イベントの中で産直野菜販売も。

直接我が家はそれらに参加していませんが
頼まれたり、薦められたりして、我が家の収穫物を出品もしており
この手の作業は、母親(この手の単純作業大好き)の血なのか
楽しいと言って自主的に手伝ってくれます。


なんにしても体を使うことが大好きな子供であるのは
ありがたいことです。



田舎暮らし ブログランキングへ



届きました。Newチェーンソー

001
まだ箱の中。

今日は箱を開けて組み立てている時間が無いのでそのまま。


大き目の排気量のチェーンソーを長らく物色していましたが
結局、今あるものと同じマキタチェーンソーに。

農機具はイセキ。

DIY道具はマキタ。

軽自動車はスズキ。

草刈機はシングウ。

私の場合、同等機種、価格差が少ない中での製品決定に迷うと
最終的には既に持つメーカーが優先されています。。。


間伐材はもっぱら薪がメインで使っていますが
もっともっと色々な目的に使って、例えばテーブルなども作りたいと
以前から思っているので、大き目の排気量のものをと
物色していました。

色々ネットで調べていましたが、最終的にはコレに。


とりあえず箱の状態でご報告まで。


田舎暮らし ブログランキングへ

産直市場…長久手

001
長久手市にある「あぐりん村」(リンク付き)

隣接には温泉もあります「長久手温泉 ござらっせ」(リンク付き)


002
この産直市場内。

田舎に移住する前、この場所へ限らず
よくこんな産直市場に気分転換も含め家族で来ていたものです。

例えば、大府市の「げんきの郷」(りんく付き)

私と言うより、妻が本当にこの様な場所が大好きで
何処か出かけた帰りにこの様な場所があれば、確実に寄って
野菜などを買っていたものです。

今は。。。。

妻にとって市場調査と言う所でしょうか。

どの様なものがいくら位で販売しているのか。。。。。

自分が生産者になると立場は当然の事、
見方が180度替わります。

イベントで使われるサツマイモを納品する途中にある
この市場を妻自身が調べ、ついでに寄って欲しいと言う事で。

どうも、ここの市場への出品を妻は親しい人に進められているらしい。。


で、私も同行させ、妻が一通り店内を見回った後私に質問。

「この店への出品、どうおもう??」と。


配達距離からくる配送時間、燃料費他配送を私がその場で想定し
それに関わる出品点数、売り上げ、利益を案分。。。。。


結論は、ちょっと距離的に難しいということに。。。。


昔、遊びに来ていた場所が、今、こんな会話をする場所へと替わりました。


時の流れをまた実感。。。

なんにしても、妻はやる気マンマンです。
好きな事を一生懸命し、
趣味を超えて収入を得られる様になる事は
良い事だと思っています。

学生時のテストの点数と同じ様に
売り上げや利益などはテストと同様、
物事の結果を数字に置き換える事と思っています。

人との競争ではなく、自分自身のチャレンジとして。



田舎暮らし2年を過ぎ、3年目です。。。

まだまだこれから。

003




田舎暮らし ブログランキングへ



香嵐渓は明日からライトアップです

先ほどNHKのニュース番組内の気象情報で
足助小学校からの中継がありましたね。

私の子供は足助小ではないですが見慣れた景色。

明日から香嵐渓は夜間ライトアップされます。

足助地区内の住人とすると153号線の渋滞と
香嵐渓の混雑を、この1ケ月覚悟する時期です。


地元民であると、かえって地元の観光地には行かないものですが
小さなバイクで夜の香嵐渓を見に行こうかと言う気分はあります。

でも、先ほどのNHKの放送でも、
すでによる7時の段階で10度を下回る気温。。。。
今となっては昔ほどの気合の無いライダーの私。。。

中々難しいか。。。夜のツーリング。。。


でも、今年は見に行こうかと思ってます。


自分のブログに写真も記録として載せたいですし。。


今は、既にBEERを飲みムリです。。。




田舎暮らし ブログランキングへ





霜が降るので、サツマイモの全収穫。

001
寒い朝が増え、サツマイモの葉が一気に悪くなりました。
寒さに弱いサツマイモなので、全て収穫する事にしました。

これでこの畑は来年まで冬眠。

来年の作物作りに向けて、冬の間に土作りを始めます。

その第一歩ではないですが
サツマイモのツルが結構あるので
これを早く土に帰す方法で一つの試み。


003
米ぬか。

結構米ぬかが溜まり、虫がわいた古いものもあるので
一層の事、畑にまいてしまおうと。


002
ビニル袋や、米袋にいれていたのですが
少なからず虫がわいています。虫がわいていた米袋自体は、この場で焼却中。

湿気を吸ったせいもあり、米ぬか自体も発酵しているようで
若干、すっぱい匂いも。。。


結構な量をまいて、どの様に変化するかある意味実験。


天然のものなので畑に害になることは無いですが
土中の害虫が増える可能性も気にしながら
また、イノシシがどの程度この匂いに興味を持つかも気になりながら
様子見です。



田舎暮らし ブログランキングへ


薪用の輪切りの間伐材を整理移動

001
2年物。
薪用に隣町の親しい方の山林から頂いた間伐材。
昨年の今頃、輪切りにしておいた間伐材を
屋根のある作業小屋横に移動しました。

以前は丸太の上にシートを掛けておいていたのですが
湿気で多種の菌が生え始めたので。

自分で撮影した写真で見ると、
まるで山奥にある住まいの様ですが…

これは昔は農作業具を置いていたと思われますが
今は、作業小屋として使っている小屋です。

冬、この中で作業(DIY)する時用に
まきストーブがあるので、薪を保管しています。

002
手前に、トラクターやユンボを置く為の車庫。

その横にビニールハウスがあります。

普段は、小型の農業機械がこの様に置く場所にもなっています。



田舎暮らし ブログランキングへ



サツマイモの袋詰め

001
来週、愛知県内にある店舗でイベント集客用に我が家の芋が使われる事になっており、
明後日の納品に向け、一つ一つ妻が袋詰めしてます。

今回の一件は
我が家の作ったサツマイモの味を気に入ってくれての突然の依頼。

まだまだ、土作り中の畑で作ったサツマイモでもあるし
専業農家さんの出荷量にはとうてい届かない生産量であるので全て手作業。

でも、自分で作った作物なので、愛着イッパイで妻は楽しそう。

妻の田舎へ移住後の野望?が、こんなに早く具体的になるとは…
ちょっと出来すぎ?

私は、まだまだ未完成な田畑の土作りの認識なので
今の時点での満足は無し。。。。
(もっと良い・美味しいサツマイモが出来ると確信してるので)


田舎暮らしで、せっかく農業をかじってきたのであれば
もっともっと掘り下げて、突き詰めて行きたいものです。

ココがゴールと言うものが無い農業。

そういう意味で面白いですし、探求心が益々膨らみます。



田舎暮らし ブログランキングへ






イノシシ肉用冷凍専用庫!?

000
妻が既存冷蔵庫の冷凍室がイッパイで
冷凍専用庫が欲しいなぁ~と以前から言っていたと思ったら
人からもらってきました。

母屋の裏側になる漬物置き場(昔は炉があったと思われる)の一角に設置。


もとの持ち主は、新しい大型冷凍庫を買ったので必要なくなったものだそうで
我が家にてありがたく使わせて頂くことになりました。
本当にありがたいですね。こう言う実用的なもらい物。


昨今の冷凍食品の品質の良さにより
冷凍食品の在庫が増えたのは田舎移住前からですが
移住後、より冷凍庫に入ることが増えたのは…

「イノシシ肉」

害獣でもあるイノシシ。
至る所で捕獲していて、肉が余っている状態。

あまりの多さに美味しいメス肉のみ食用とし
オスはそのまま土葬されているともよく聞きます。

我が家がイノシシ肉を特に要求している訳ではないですが
イノシシの肉を良くもらうのです。

地元の人曰く
「肉をさばいてからすぐより、冷凍で1週間ほど寝かした方が美味い」
とのこと。

そう言われても、冷凍室がイッパイで入れ場所がなかったのですが
これでイノシシ肉も保管できそうです。

解体の上手な人がイノシシをさばくと、血抜きが良くされていて、生臭みもなく
なおかつ、若いメスだと「これがイノシシ?」と思うほど、食べやすいのです。

(野生のイノシシを解体した生肉及び生血は、危険。よく焼く必要大)


我が家で一番最初に食べさせてもらったイノシシ肉が
本当に柔らかく美味しかったので、我が家では好印象の肉ですが
一般的には、固く筋肉ばかりの様な肉で、
噛んでも噛んでも飲みきれない物が多いのも事実。

我が家では、固ければワインにつけた後、カレーの具にしたりしています。

柔らかいとバーベキューでも美味しく頂けます。

冷凍庫により我が家の食料備蓄がまた増えそうです。



田舎暮らし ブログランキングへ


11月に入り一気に寒くなりました。今の外気温2度

002
写真を撮ったのが朝5時過ぎ。

2度。

そろそろスタッドレスタイアに履き替えるタイミングをはかっておかないと。。。。。

日中はまだまだ陽射しは暖かいですが
早朝、路面の凍結に注意しないと。

毎日こんな時間に新聞配達員さんは
ポストに新聞を入れています。

夏であれば朝は気持ち良い時間でしょうが
この気温、そしてこれからもっと寒い冬では
朝の配達も大変と言うか凍結道で危険も。

ホントご苦労様です。

と言う、私もだいたい早朝に農仕事以外のことをごそごそしていますが…
(夜は、食後一気に眠くなり効率悪くなるので早寝早起きが移住後の基本)



私は半纏(はんてん)を羽織り、ひざには毛布をかけてPCに向かっていますが
そんな室内温度は。。。。

隣の部屋・居間の温度計付き時計の温度表示は。。。
003
11度。


玄関の今は袋詰め前のサツマイモが置かれている採集カゴの周辺温度は。。。
001
同じく11度


子供部屋の温度計も見ましたが、10度。

子供部屋の隣が私の寝る部屋なのですが、
北側の縁側窓を10cmほど開けたままで寝てしまったので
少し温度が低いです。

暖房も何も入れないで、外気温からプラス10度が我が家の室内温度ですね
冬の温度は。築100年超の南北に縁側を持つ古民家で。

(夏は外気温に対し、10度も低くなりませんが、5度位は低い感じ)


サツマイモは10度以下になると一気に悪くなるというので
屋内においてあるのですが、この温度ではギリギリです。

来週中旬には納品ですので、これ以上温度が下がらないのを期待したいです。



田舎暮らし ブログランキングへ



軽トラ荷台で久しぶりのDIY

001
藤岡のホームセンターで、資材の購入。
3,000円弱。

木は山にまさに腐るほどあるけど、間伐し、角材までする手間は相当なもの。
こんな資材がこの金額で買えてしまうと、山の木は売れないのも当然。。。。
そう思いながらも、時間の兼ね合いで、安い資材を買ってしまいます。。。

002
帰宅後、早々にDIY開始。

と言っても、作るのは簡単な、スノコ。

朝の外気温が10度にも下がると、外にサツマイモなど置いては置けません。
玄関内に置くのに、地べたにおくのもなんなので。。。。

003
特に図面などもなく、置くスペースを図って
採集カゴの大きさを測って、資材となる木材の寸法を測って
切って組み立てるだけ。

置く採集カゴの量にあわせて、スノコの数を変えられる様分割。

004
適当に作ったスノコのうえに
採集カゴは7個置けました。

この程度の数なら玄関の出入りにも邪魔になりません。

作業時間。。片付けまで含めて2時間ほど。。。


田舎暮らし ブログランキングへ

田舎暮らしの先輩の経験に基づく行動力に感服

先日、我が家に鶏小屋が来た事をブログしましたが
その時の鶏小屋の運び方に改めて感服させられました。

もともとは妻が働きに行ってる先の関係者の方で
使っていない鶏小屋を持っている方がいて、
それを無償で随分以前に頂く約束を妻がしていた。

ただ、その鶏小屋、大工さんが作ったものだから
物がしっかりしているけど、その分、相当重量があり
吊り上げる機械付きのトラックを持ってくるか
大人6~8人用意して、持ち上げないと運べない…と
言われていたので、運ぶ機会を作れずに居ました。


そんな事で半年以上過ぎ、
隣町の現鶏小屋の持ち主から、早いところ持って行って欲しいと言われ
我が家がこの町に引越してくる縁を作ってくださった方と同地区なので
運ぶ手伝いを妻がその方に御願いしていました。

そして運ぶ当日。。。。


鶏小屋のある現地に早めに行って、鶏小屋の中と、外回りを掃除し
運び出す為の準備をして、依頼した数人を待っていました。

その間に、ためしにと私が鶏小屋を持ち上げてみると。。。。
結構体力も腕力も田舎移住後に付いたのですが“ピクリとも動かない”


妻が依頼して手伝いに来てくださる方の人数
我が夫婦を含めて、大人の男3名、女2名。。。。

とても運べる重さではない。。。。

と妻に下調べ不足と、段取りの悪さをしかっていました。。。


そんな中、いざ人が集まってどうやるのかと思いきや…

いきなり枕木を鶏小屋横に置き、鉄のバールを鶏小屋の下に差し込み、
枕木を土台にバールをテコの原理で鶏小屋の片方を一人の人の力で用意に持ち上げたかと思いきや…
持ってきた切ったばかりの生竹を差し込んでいくではないですが…

あっという間に鶏小屋は、数本の竹の上に乗せられ
竹に載せられた重量のある鶏小屋を、軽トラックで道路際まで用意に運び出す。。。。

私のした事といえば、転がる鶏小屋の下で抜けた竹を、
鶏小屋の前側に運ぶ作業だけ・・・

なんと手際のいいこと。。。。こんな状態に
001

これからどうやってトラックの荷台に載せるのだろう。。。。

さすがに重機がなければ無理だろう。。。。と
浅はかな我が夫婦は思いこんでいました。。。。すると。。。。

こんな事を。。。
003
トラックの荷台にハシゴ(レール)を掛け
手動のワイヤーウィンチで引きずり上げるではないですが…

おんなで2人で鶏小屋の後ろから介添えする位で
意図も簡単に鶏小屋は荷台に。。。

朝つゆに濡れた地面とトラックの荷台のお陰で、
鶏小屋はよく滑ってくれるそうです。。。。

一瞬一瞬に感服するばかり。。。。

あっという間に車に乗せられた鶏小屋は我が家に。。。

004

我が家に始めてくるやいなや、鶏小屋の置く場所を確認すると
下ろし方を検討。。。。

結局、直接置き場所に下ろす事に。。。

005
積むときより下ろすときは容易。

前もって、鶏小屋の置き場所の、水平を作って後は
ハシゴで鶏小屋をすべり下ろすだけ。

006
下ろしてから水平の微調整をして終わり。

積み込み開始から、15分ほどの移動時間を含め
全作業時間は2時間ほど。。。。

浅はかな経験と知識の持ち主は、能書きばかりで何も進まず
経験と知識豊かな方数人だけで、いとも簡単に事が進む。。。。

田舎暮らしを重機があれば何でも出来る、
重機が使えなければ、無理と
いつの間にか重機任せになっていた自分が恥ずかしい。。。。

確かに今日手伝ってくださった方々は、皆さんユンボを個人所有されてます。

でも、ユンボが使えなくても、工夫次第でいろいろな事が出来るのです。

この手の手法は、林間で、大きな木を運搬する時など
多用される方法である事は、見て気が付きましたが
すっかりそんな方法を忘れていました。


色々なシチュエーションでオールマイティーに知識・経験を使いこなす
まだまだ全然出来てませんでした。

改めて、まだまだ未熟者と思い知らされました。。。。


いや~田舎暮らしって、興味深いです!




田舎暮らし ブログランキングへ

田舎暮らしとマッサージチェア

001
我が家のマッサージチェアです。

愛用のマッサージ機は…パナソニック:EP-MA70

名古屋から田舎へ移住後、数ヶ月後には我が家に来ました。

家電ショップで試し、値段を調査し、
結局、ネットの最安値SHOPで購入。



購入時、この機種がパナソニックでの最新機種で
高い部類の機種でしたが、それに決める大きな要因は…

「温感」

マッサージのもみ球が暖かくなり
マッサージしながら暖かく揉み解してくれる事でした。

肩や背中(背筋、腰)が凝ると、血行が悪くなり
その箇所が凄く寒くなるのですが、
人の手で揉み解してくれる様に凄く気持ち良いのです。
(うつ伏せ寝で、人にマッサージしてもらった方がより気持ち良いですが)


マッサージチェア。

私の感じる限り、田舎の方が所有率が高いです。

田舎では高齢者が多いと言うことの理由の方が強いと思いますが
それより、この大型のマッサージチェアを置ける
室内スペースが十分あると言う理由も絶対的にあるかと。


田舎移住前、既に私はこのマッサージチェアが欲しかったのですが
通常のソファー的な椅子状態でも大型なのに
リクライニングさせると相当なスペースを食います。

椅子としておくならまだしも、
リクライニングさせようと思うと置くスペースが限られ
また、置いても使わない時に相当邪魔になります。

そして、置くときだけでなく、搬入時も問題が。

以前の住まいでは、玄関からの搬入では、廊下が狭く搬入が難しく
庭からの搬入の場合も、庭に置いてある物置などが邪魔になり
搬入の為にリフォームが必要になりそうなくらい。


田舎では、母屋前から車で横づけにし、何も問題なく搬入。

配送業者さんも、あまりの搬入の楽さに喜んで帰られました。


そんなマッサージチェア。

田舎移住前から欲しかったのですが、
以前の理由が・・・
「普段の運動不足とPC仕事が理由での肩こりや背筋痛の為」

今は
「筋肉疲労の早期解消・回復目的」

以前は、運動不足から仕事終わりに、プールに行ったり
市営のスポーツクラブに行ったりした時もあったのですが
どうもそういうのが性に合わない。。。全く長続きしない。
その時間がもったいないというか、つまらないのです。

今は、体を使いながら、それらけでなく、
体を使うことで、物を生み出せる作物作りは
人が心身ともに健康的に生きていく源なのだと実感。

なので、昨今、サツマイモ堀りでも
芋を掘っているというより、

掘っている作業で「体を鍛えている」

体を鍛えながら「芋が掘れる・取れる」。。。。

そんな気分で作業しているので
「どうしたら体の筋肉を効率的に使って、効率的に芋が掘り出せるか…」
などども考えている始末。。。。

それと同様に
「どうしたらもっとクワが柔らかく土に入る様に土を作るか・・・」
なども考えながら、体と頭を使いながら、黙々と芋を掘ってます。


そんな事をしていると、あっという間に時間が経ち、

そして、帰宅後は、疲れた背筋などをマッサージチェアでほぐしながら
「筋肉の疲労蓄積箇所を確認しながら、体の使い方をイメージ」


常に何か考えながら田舎暮らしを楽しんでいます。


田舎暮らし ブログランキングへ

しば農園

我が家で作った愛情作物の自前通販サイトです。
<※PC専用>
プロフィール
ブログランキング


最新コメント
楽天