愛知の田舎で古民家暮らし

築100年超の田舎古民家で田舎暮らし7年目に入り、2000日を超えました。

2013年04月

これからの時期、田んぼの水路は常に流れよく

001
本格的と言いますが、米作り本番を向かえ
全ての田んぼに水を入れ始める前準備。

お米には水が不可欠。

お米にはジョウロでかける程度ではなく
お米の苗を水に浸し続ける水源が必要。

私の地区でも、圃場整備されていて
水路はU字溝が備わっています。

でも、その水路に通る水は
私の地域では、天然の山水なので
山から水と一緒に流れてくる砂や石(小石)が
水路に堆積し、水の流れを妨げる事も多々。


特に冬の間、閉ざされていた水路に
初めて水を通すと、水路上流で溜まった土砂が
一気に水路に入ってきます。

平地で、農業用水路を通る水ではなく
天然水(山水)をダイレクトに使っている山間地の田んぼは
この水路の掃除が常につきまとってきます。

002
先月、水路の掃除をした後
1ケ月ほどで、このように水路に砂利が溜まります。

※この写真の缶内の砂利の量、40倍以上程度運搬。
  沢山入れると重いので、この程度で運んでます。

何もせずこのまま水路の水を田んぼに導きいれると
田んぼにこれら砂利が全て入ってきてしまいます。

田んぼに石。。。。。

一番、米作り農家が嫌がる状況。。。。。


田んぼはトロトロの土が理想。


米作りって、田植えと稲刈りだけでは有りません。


これけら秋の稲刈りまで
常に水路の掃除がつきまといます。。。。。


と、言っても、
私の言うこんなに細かな作業をしないで
米を作っている人がほとんど。。。。。

私が管理する田んぼの水源では
私一人で日常の管理してます。


お米の苗も生物。

多少環境悪くても育ちます。。


私がここまで細かくこだわるのは。。。。


少しでも良いお米、
美味しいお米をつくりたい。。。


その為には良い田んぼにしたい。。。。。


そして同時に。。。。。


田舎が昔ながらの自然を愛し、
愛(いつく)しむ場所にしたい(なってほしい)と。。。。


せっかく都会から田舎に移住し
そのチャンスを得たのですか。。。。


精一杯努力したいです。



そんな気持ちが常に心の奥底にあります。


003
水を入れ始め。
これから数日後「代かき」と言う作業が待っています。

お米作りもある意味面白いですよ。


都会暮らしで、米を自分でつくってみたい。。。


そんな人のバックアップをするような取り組みも
いつかしてみたい。。。




田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

思い立ったら…バーベキュー

000
世の中、ゴールデンウィーク真っ最中なこの日、
我が家は出かける予定どころか田畑の事ばかり。

ただ、今日は中2の娘、小5の息子が
珍しく家に予定無く家に居る。

親の手伝いをさせようかと思ったが
たまの予定無い休みは、それぞれ好きな事をさせようと
手伝いを無理強いさせなかった。


そんな昼、夫婦での畑作業から戻ると
子供たちから・・・

「お父さん。。。
 外で炭をおこして欲しいんですけど。。。ダメ?
 
 炊飯器に残ってた冷や飯で、団子とみたらしのタレを作ったんだけど
 炭火で焼くと美味しいから。。。。お願い!!


と。


出来合いのものではなく、
一生懸命手作りで団子とタレを兄弟で作ったのだったら
外で炭火で焼きたいだろうなぁ~と、了承。



そんな事で普段家族でバーベキューする程度の
炭火を起こし用意してあげたら。。。。


焼くみたらし団子の本数は。。。。



全部で「5本」!!!



5本だけ????


思わず聞いてしまいました。

5本の為に、こんなに炭火をおこしてしまった。。。。




そんな事で、火がもったいないと
冷蔵庫にあった食材(ソーセージ、肉類)を焼き
そして、やきぞば。。。。。



結局、今日のランチは外でバーベキューになりました。




午後も汗をかこうと思っていたのだが
バーベキューに酒なしも寂しいので1缶のみBEER。。。。



なんにしても田舎、古民家暮らしは
思い立てば、即バーベキューが出来ます。


炭火を起こしている間に、全て準備完了。。


と言うより、炭火が起きる時間が掛かりすぎで
準備は即完了してしまう。。。。。



外でバーベキュー後、子供たちは近くの川で川遊び。

小さな小川で、川魚の稚魚を捕まえて遊んでいたようです。




まぁ。。。。。


田舎を十二分に堪能してます。


子供たち。。。。。も。




田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村



田舎暮らしで自家製のお米

0003
昨年秋収穫の自分で作ったお米を自分の好みで精米。

昨年、軽トラで何回も往復しないと
運べない量のお米を作りましたが
もう残っているのは自分たちが食べる分だけ。

自家消費用として4俵保管してあったお米も
あと2俵(60kg)と精米残りの数キロのみ。

昨年10月から食べ始め、
4月に半分食べた…
となると、ちょうど良いペースか。

今年の秋の収穫時には
古米となる昨年米が無くなり
今年の新米を食べられるという事。

しかし。。。
田舎暮らしするまで
一家で年間どの程度のお米を
消費するか知らなかった。。


地元の人に聞くところによると
一人年間1俵(60kg)換算が基準らしい。

我が家は4人家族で年間4俵。

ほんとちょうどだ。


我が家は、朝食はパン食とご飯食がほぼ1日ごと。

今日、パン(自家製)食なら、明日はご飯(自家製)食と
そんな流れ。。。


昼は子供たちは学校で給食があり
親は家で食べるか、お弁当(手作り)を食べる形で
親子が1日3回家でご飯を食べてない中で
一人1俵計算が成り立つという事。


1食に付き、ご飯を食べる量が多いのは
父親である私が一番多く、
2番目は、中2の長女
3番目は、小5の長男
4番目は、その母親(妻)と言う順番か。

あくまでも今の段階で
もう数年もすれば長男が一番食うようになるだろう。


まぁとにかく、お米は売るほど作るので
今後も心配は無いだろう。。。。

今年は、昨年以上に売るほど作る予定が
里芋、サツマイモ、茄子、玉ねぎが大筆頭。

その他、旬の野菜はその時々。。。

今年は、沢山作る野菜をどのように保存し
自家消費用に残すかも検討せねば。


まさに田舎暮らしで
自給自足の始まりって感じの年になりそうです。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

今年もツバメが巣作り

001
今年もツバメが巣作りし始めています。

もう1週間ほど前から、
我が家の古民家の横に隣接する建物で
昔、牛が居たであろうスペース
(今は、我が家の農資材置き場)に
ツガイのツバメが何度も往復していた。

昨年も同様な行動をするツバメがいたが
結局この場所に作らず、その横に隣接する蔵の
ひさし裏側に巣を作っていたのだが
どうも今年はここに巣作りしたようです。

写真でもわかる様に、
過去に巣を作った事がある場所。

木材が白くなっているのは
過去巣を作った跡。


私がその巣を壊しておいたのです。


ツバメは古い巣を使わず
新しく巣を作るので
古い巣は壊しておいて上げた方が
ツバメにとっても良いかと。

この場所。。。。
002
こんな本当に何も足をかける場所も無い場所。

木材に爪を立てて止まり
一生懸命泥を載せて作り始めるのです。

人も頻繁に出入りする場所なのですが
そんな場所がツバメには良いのだそうですね。

カラスなどツバメの天敵に巣を襲われない様にする為に
カラスが来ない民家の人の通りの多い場所に巣作り。

そして、これまた天敵になる蛇も
こんな場所では巣にたどり着けません。

凄いですね。。。
人を味方につけて子育てする。。。。

野生の動物では珍しいですよね。
ある意味、人間は地球上一番強い生物ですから


ちなみに2年前同じ場所で巣作りした
ツバメのブログ記事はこちら

2011年5月8日「ツバメの巣作り。古民家、納屋内に…」

2011年5月29日「ツバメの巣に卵を確認

2011年6月14日「田舎の古民家・納屋でツバメの卵がかえりました

2011年6月22日「今日のツバメ・ヒナ

2011年7月5日「我が家のツバメは巣立った様子

ちなみに昨年はこの場所ではなく
蔵のひさし裏側に巣作り作りました。

蔵の裏側は今年は何もまだ変化無しです。

これから何か動きがあるかも。。。。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村


今年のお米の苗。

002
今、私の町・部落に今年田植えされるお米の苗が
どんどん納品されています。

我が家ご近所のお米苗。

朝露に濡れて、朝日でキラキラしています。


我が家の苗はもう少し後。

運送費分が安くなると言うので、
自分で苗を引き取りに行きます。


今年も田んぼ5反(1500坪)ほど
米作りします。

田舎暮らし3年目。

自分で作る米作りも3年目。

で、自分の住む地域で米作りは2年目。


急に管理田んぼが倍増した昨年と違い、
今年はしっかり自分で準備しての5反ですので
収量も大幅UPが目標と言うか、
倍増して当然な言い訳できない状況なので
プレッシャーと言うか、やる気満々です。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

400ml献血の予定が。。。。

豊田の駅にある献血ルームに行ってきました。

本当は献血に行ったのですが
結局献血できませんでした。


私は、定期的に献血に行く様にしていて
前回の400ml献血から一定期間空ける様になっているのですが
その期間が空けたら行く様にしていますので
年少なくても1回~普通2回献血しています。


移住前の名古屋では、
免許更新で名古屋の平針試験場にある
移動式献血カーで献血していたのですが
今は豊田市の駅ビル内のルーム。

ここは、自販機の飲み物が自由で、
食べ物(お菓子類)が待合室に大量においてあり
ちょっと時間の余裕があり、豊田駅近くを車で通る時に
よる様にしていました。


もう既に豊田市の山間地に移住後
3回以上行っています。


そんな献血マニア?の私が人生初です。


実は献血前の血液成分検査?で
ある項目が基準以下と言うことで
今回は献血見送りと。。。。。


血中のヘモグロビンが「12.6g/d」と言う事で
若干ではあるが、献血出来る基準以下と。


最低で13.0(男性400ml献血)で、
微妙な数字ではあるらしいが一応基準は基準と言う事で。


睡眠時間も6時間以上とっていたし
朝食も昼食も前日の夕食も取っていたし。。。。


と思っていたのだが、良く思い返してみると。。。。


前日の夕食
色々ドタバタしてて、夕食時間が遅くなり
オニギリ3つと味噌汁のみ

そして朝食はパン1枚と紅茶のみ

昼食は、時間が無かったので即席めんのみ。


と良く考えてみれば、簡素な食事をしてた。。。。


そして慌しい1日を前夜から過ごしていた。


普段、朝食、夕食はがっちり取るほうなのだが
私の都合だけでなく、妻子の都合(子供の部活やその送迎)で
家族全体がドタバタしていた最中に献血に行ったのが失敗か。


1日だけで血液成分がアンバランスになったとは言い切れないが
まぁ今後は気をつけよう。。。。


年も重ねているし。。。。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

この程度でも少量と言う堆肥牛ふん

003
堆肥置き場として
一昨年間伐材を使用して作った丸太小屋。

冬までここに満載にあった牛ふんも無くなり
Myユンボ置き場となっていましたが
先日、牛舎からもらってきた牛ふんが置かれました。

これで、軽トラ大盛一杯分です。

一生懸命運んできて、スコップでの手下ろしをしても
下ろしてみるとこんなもんしかないのかと思えてしまいます。

この量で、堆肥料金とすると数百円。
でも、経費とすると燃費の良い軽トラでも
距離があったので、ガソリン代で堆肥同様額を消費し
荷下ろしで人手2人分の経費を勘案すると
安い肥料ではありません。

実際、科学・化成肥料の方が本当に安いのです。
(科学・化成肥料は安かろう悪かろう…とは言いません)


農業は人件費を通常商売と同様額で考えると
とても採算などありませんけど。。。

でも、口に入るものですから
土に良い物、自然に良い物を使って
健康に貢献する食物を作りたいですから
一応、経費計算はしますが、
最終的には自分の汗は趣味の実践範囲と
考えてしまいます。


実際、今回もらった高品質の
完熟乾燥牛ふんの良い香りをかぐと
良い野菜が出来ると言う意味で
気分高揚しますので、好きなんでしょうね。

こういうことが。



こん回の量の堆肥分は
今、植え終わっている少量生産の野菜の苗など
今後の成長に応じて追肥する肥料として使います。


少量生産と言っても、
我が家で食べきれる量では無く
自家消費と地元産直市場に出荷する程度の量で
家庭菜園レベルと比べればはるかに多い生産量ですが。


土作りに使う元肥では
この程度の量では足りませんが
それは、冬の間にこの5倍以上
畑に入れてありますので
追肥分としては
5~6月まではこれで充分かと。


その間に、先日牛ふんを頂いた場所より
近い牛舎で、今回同様良い牛ふんが
もらえる牧場もあるらしいので
一度行って見てきてみたいと思っています。


自分の行動できる範囲にどんな施設があり
どんな(良い)肥料があるのかは常に探求したいです。

自分で堆肥を作る事も(妻が)していますが
自家消費以上の作物を作る場合
どうしても作物が必要とする肥料を作りきれないので
その分はもらう。買う必要がありますので。

でも、色々牛舎、鶏舎など回っていると
ほんとコダワリもって牛、鶏を飼育し
その糞の良い使い方まで考えている牛舎、鶏舎が
多いんだなぁ~と知らされます。


だから、そんなコダワリある堆肥としての糞を
上手く使って行きたいとも強く思います。





田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村


ニゴリ無い、無色透明な田舎の雨水

001
結局、昨日終日降った雨。

玄関前のテラス屋根に降った雨を貯めたバケツ。

無色透明、不純物も見当たりません。
(バケツは特に綺麗ではありませんが…)

田舎では普通の事。

田舎移住3年目にもなると
これも見慣れ、普通になっていますが
でも、都会ではこんな綺麗な雨水はありません。


排気ガスなど空気中の汚いちりで
雨水も真っ黒になります。

ある意味、雨が空気中のちりを含め
落ちてくるという事。

都会では、
(傘もささず直接体が)雨にあたるな。

そんな風に言いますが
田舎ではそんな事は必要ありません。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

雨。。。

000
久しぶりの雨。

最近、天気の予報通りになります。


玄関前の丸太テラスは雨の時ほど
便利さを感じます。


雨よけになる事は当然の事
テラスひさしから落ちる雨粒下に
泥汚れものを置いておけば
自然と泥汚れを落としてくれます。


雨の日は、雨の日にする事も多数。


昨今、TVでゴールデンウィークの話題が出ますが
遊び気分は一切無し。

田舎はGWが重要な時期。

今は、その準備中と言うところ。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

田んぼの畦(あぜ)

001
我が家管理の一番大きな田んぼ。

その畦を直しました。

モグラであちこちに穴が開き
そのまま田んぼに水を入れると水が漏れるので
その穴埋めの為に土を盛りました。

~~~
※ちなみに。。。
写真左下に写る缶は目印においてあります。
この缶の横にモグラのワナがしかけてあり
捕まるかどうかの実験中。
~~~~

この手の畦直し作業を機械で行う場合
トラクターに装着して使う畦塗り機と言う機械が
有るようですが、当然持っている訳も無く手作業。

先日トラクターで土を耕うんしてあるので
土はまだ軽く、その意味ではまだ楽です。

明日、雨が降る予報らしいので
これで雨がふれば、固まるでしょう。


ちなみに、この畦の反対側…
002
こちらは同じ高さの隣地田んぼがあります。

その間にある畦は低く、
田んぼに水を入れると
互いの田んぼを行き来するので、
こちらは今借りているミニショベル(ユンボ)で
土を盛り上げて、クワで押し硬めて成形しました。

こちらは、数日前の作業で
その翌日に雨が降ったので、
固められいい感じです。


昨年、急に管理する事になった田んぼ。

昨年困った事を今のうちに直して置きます



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

冷えました。朝。

001
朝6時の気温。

冷えましたね。。。。
002


それにしても日の出が早くなりました。

同じ0度でも、冬の0度とはだいぶ体感が違います。

我が家は日当りが良いので
気温が0度でも、日が照っていれば
ずっと暖かく感じます。


そんな今日、牛糞をゆずってもらえる牧場を
地元の方に新しく紹介してもらいました。

近くの牛舎が、諸事情で稼動されなくなってしまい
夏以降の大切な堆肥の牛糞を頂く先を探していたのです。


今までが近すぎる位近かった事と比較すれば
だいぶ遠くなりますが、堆肥の質が凄く良いので
興味があり、地元の方が堆肥を取りに行かれる時に
一緒についていき、もらってきました。

名前も場所もわからず、付いて行って、場所を見て、
驚き。。。。。

今までもらっていたのが牛20頭程度の牛舎だったのが
今度は500頭の肉牛を飼育されている牛舎とのこと。。。。

昨年から牛糞の乾燥棟も設備されたとの事。。。
003
凄い量の牛糞でした。


My軽トラでもらってきたのですが
積んでもらう重機がデカく、1回の積み込みで満積載。。。。。

軽トラでは小さすぎ。。。。。

10トン車でこの牛糞を引き取りにくる業者さんの合間に
ミニチュアの様な軽トラでは、積載能力で比べようがありません。


軽トラ満載(過積載?)で
寸志?タバコ代?程度をお払いし、早々に帰路。


凄くいい堆肥なのですが、ちょっと距離がある。。。


だいぶ料金がかかるが、この牧場から頂く場合は
搬送してもらった方が良さそう・・・・

だが。。。

なんにしても田畑に直接4トンクラスのダンプが入れない
我が家の田畑では、搬入の問題も発生。。。。


牛糞は今まで以上もっと大量に使いたいのだが、
牛糞を置けるスペースをもっと確保しないと。。。。


まだまだ自分の構想には、色々な諸条件を
クリアーしないといけないなぁ・・・・

田舎暮らしで土地の確保はだいぶ広大になってはいるが
まだまだ道路に隣接する平地が少ない。。。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

草刈はじめ

001
今年最初の草刈。

田んぼあぜ際を後日綺麗に土寄せしたいので
あぜ際の草を先に草刈しました。

002
そして、水路際の草も。

田んぼに水を入れる準備です。

その水を入れる水路も綺麗に
003
山から流れてくる
天然の山の水を田んぼに導いてます。

まだまだ相当冷たい。。。。。

夏場でも冷たい。


この冷たい天然の山水が
甘い美味しいお米を作ってくれます。


004
私の田んぼは写真を撮影している場所と
写真では手前から2番目の広い田んぼ。

私の田んぼだけでなく、
私の町全ての田んぼは、今日までに
綺麗に耕うんされ、水を入れる準備が整ってきました。

もう田植えも2週間ほどの間で
順次開始され始めます。


田舎の景色も一気に変わります。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

軽トラック荷台用コンパネの高いアオリを補強

昨年作った軽トラックの荷台の積載量を増やす為の
コンパネで作った高いアオリ。。。。

当時ブログ「軽トラック荷台にコンパネで高いあおり」2012年3月14日ブログ


牛糞や鶏糞堆肥の満載積載時や
もみ殻の満載積載に大活躍中。


そのコンパネを補強しました。


作業前
001
運転席荷台パネルに設置したコンパネ板に
細い角材をビス止めし、内倒するのをとめているだけの状況。

後ろ側も内倒すし無いようにしているだけの構造。

それを。。。
004
両側のコンパネ内外両側に角材をつけて
薄いコンパネが積載物で反るのを角材で抑える。

そして後ろ側も
002
外側から板材を追加設置

上から見るとこう言う状況
003


後ろの板のみ写すとこんな状況
007
後ろ側でコンパネをはさむ様にしました。


積載物で外側にコンパネが反る力を
これで抑えようかと。


もみ殻など、小さなものを積むと角から
若干こぼれる減少を抑えられる事も。


ちなみに、この構造でも
左右、後ろのコンパネを単独で外せます。
005

006
荷下ろしのときなど
背面下ろしも左右下ろしもそれぞれ出来るので
状況に合わせて使えるので便利です。


こんなシンプルな構造ですが
補強前の状態でもコンパネ上部まで満載しても
コンパネが壊れる事はありませんでした。


どちらかと言うと、もみ殻を積んだ時
すき間からこぼれるのを防ぐ効果の目的が強いか。


何気に空いた時間でDIY作業をしていますが
これも田舎暮らしの特権でしょうか。

008
DIY作業小屋に、ツーバーフォー材やら各種角材など
在庫がこの様にあるので、普段の何気ない空き時間が有効に使えます。

軽トラックを持っているのも、
これら資材をホームセンターに行ったついでに
買ってこられる大きな要因も間違いない。

移住当初は、こんな一つ一つが感激していたが
移住3年目の今は、普通に今有る環境を活用しています。


いや~充実しますねぇ~田舎暮らし。

~~
ブログランキングに参加しています。

もし、ブログ記事が役にたった、興味深かったなど
思っていただけましたら
それぞれ1回クリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

田んぼで使ってるミニショベル

昨年まで米を作っていた田んぼ。
それを急遽今年畑にするその初年度。


排水性の悪い、
特にまだ十二分に水を含んでいる田んぼを
畑にする事もあり、

過去の経験を踏まえ、より厳重に排水性UP、
梅雨、大雨対策に溝を広く作る為に
ミニユンボ・ミニパワーショベルを活用しました。


管理機の溝切り機も持っているのですが
管理機程度では、即効に泥にはまり機能しないので
ここは重機の出番。。


私のユンボは1.4m幅で
作業的に大きすぎる事もあるので
大まかな作業はMyユンボで。

で、細かな作業をする為に、
排土板付きで、回転旋回の出来るもの中から
一番、小さいものを借りました。

いつものなじみの建設機器リース屋さんで。
001

この機種は
キャタピラー間(機体幅)が65cmと狭いので
通路を作るのにちょうど良い大きさ。

これでも重量500キロほどあります。

大きさ的には軽トラックに載せられますが
重量的には法律では。。。。(汗)

002
ドロドロになった田んぼ土を
一旦どけるのに活躍します。


003
こちらは少し大きめ。

キャタピラー幅が75cm。

こんな小型でも重量800キロほどあるそうです。
1トン積みトラックでないと運べないタイプ。。。。


でも、この機種は高機能で
キャタピラー幅が油圧で1mまで
広げられる機能付き

機体幅を広げ、安定性をあげたいときに重宝。

実は、前車のユンボが調子悪くなり
代替で、少し大きい物を貸してもらう事に。

自分のユンボだと、修理せねばなりませんが
借り物(リース)だと、良いですね。

何かあっても即代替品に換えてくれるのですから。


いや~とにかく
ドロドロになった田んぼ土など、
スコップを使って人力で掘りあげるのは
本当に大変なのですが
重機で作業すると大変さを忘れます。


せっかく小型のユンボ・ミニショベルを借りてるのだから
色々な場所で使いこなそうと思ってます。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

田んぼの耕うん

000
来月に初旬に計画している田植え。

それに向かって複数ある田んぼの準備が進みます。

昨年、稲刈り後、2回耕うんし
稲わらなど、土の肥料になるように
土作りしてきました。

今回は、お米の苗を植える為の
トロトロとした田んぼ土を作る作業の代(しろ)かき前に
土が水になじみ易くするために土を起こします。

001
耕うん後の田んぼ。

まっ平らな田んぼが理想。

異型の田んぼなので、
トラクターの走らせ方が
無駄なく走るのには難しいですが
まぁまぁかと。。。。自己評価。


耕うんまえ
002


耕うん後
003


田植えは、田植え機で植えるのですが
田植え時に、田んぼが綺麗な平らになっているのが理想。

田んぼに多数植えられる苗が
苗一本一本が均等にまっすぐ植えられ
そして、どれも均一にムラ無く水につかり
等間隔で植えられる事が、均一な品質のお米を生み出します。


機械任せで、適当にお米苗を植えても正直お米は出来ます。

機械が優れているので。


自前で「出来れば良い的に・・・」食べるものであれば
私も神経質に考える必要はないと思いますが

より良いものを作ろうと思えば
一つ一つの作業がより慎重になります。


農業、農作物作りは、収穫量や品質は
天候に大きく左右される事は確かですが
その中でも、人間の努力で操作できる部分は
最大限、細心の注意を払って置きたいと考えます。



まぁ、私の場合、
何事も適当に出来ない性格、
物事掘り下げたくなる性格が
結局、そうさせるのですが。。。。。

せっかく何か行動するなら
些細な事でも、常に探求したいですよね。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

モグラ…今年3匹目捕獲

先日ブログ投稿したモグラ捕獲記事
モグラ2匹一挙捕獲」(リンク)

この場所に再度わなを仕掛けていました。

わな仕掛け後、
モグラがそのワナを避ける穴を開けていたのを発見し
新たな穴を埋めて、同所に再度わなを仕掛けていた。

それはワナを仕掛けなおし、4日ほどの後だった。
気がついたのが。。。だが。


モグラを捕まえても別なモグラが
既存の開いたトンネルにすぐ入ってくるのだと
はっきりと知らされたと。

そんな再度わなをしかけ直してから
特に表面的・地表的にわなを避けて通るような形跡はなく
また、そんなにすぐわなに即掛かる事もないだろうと
ほったらかしにしていた。


もぐらが活発に活動していると
新たなトンネルを掘っている形跡が色々出てくるのだが
特にそんな形跡も無く、静かな日々が2週間ほど続いていた。


もうモグラがいなくなったのかな?

そんな事はないだろう。。。。?


とにかくこの辺で仕掛け・ワナを確認しておくかと
掘り出してみました。

今、前回捕獲したトンネル以外に
5箇所ほどモグラ穴にワナをしかけています。

その中で前回捕獲したワナを。。。



で、1箇所目の1つ目のワナ
(1箇所に2つワナがしかけてある)


ワナを持ち上げて。。。。。


あっ!!
重さがある。。。。。

筒状のワナの中をのぞくと。。。


とその瞬間、凄い異臭。。。。。



ワナに体半分かかったままモグラが死んでいました。

それも腐敗しかけて。。。。


久しぶりに嗅いでしまいました。

魚が腐った時と同じ臭い・・・・(>_<)・・・・


ワナにかかったモグラごと
水を貯めたバケツに居れ、臭いを閉じ込め
水の中でワナを分解し、早々に死んだモグラを
母屋から離れたところで埋葬。


臭いの染み付いたワナを洗浄し
あらったバケツも洗浄。。。。。


いや~腐った臭いってなかなかしつこいですね。。。。


雨水をためた水で洗剤を使って洗ったあと
水道水で流水。。。。。

ほとんど臭いが消えましたが。。。(微妙にはある)


とりあえず再度わなを同じ場所に
仕掛けなおしておきました。



ワナを仕掛けるのはいいですが
しかけたワナは定期的に監視しないといけないのが
面倒ですね。。。


モグラもトンネルの中で腐乱した状態であれば
トンネル内は凄い臭いだったことだろう。

他のモグラも危機感を持ち
寄り付かなかったかも。。。。


どちらにしても
モグラが田畑に近寄らない様になれば良いかと。


普段は、モグラ捕獲の記録用に写真を撮るのですが
今回は無しです。。。


写真を撮る気にもなれなかった。。。。


あ~気持ち悪っ!




田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村


お米の苗の置き場準備

000
我が家から見下ろす位置にある隣地の方の田んぼ。
そこにお米の苗を置く準備。

三角形の小さな田んぼ内を
6mの4mほどの広さを軽く耕うんし平らにしました。



我が家が今年植えようとするお米の苗は
田植え機で植えられる様に、苗箱にて育てられ
田植えできる寸前の状態で、納品される事になっています。

昨年は一部、自作でお米の苗をつくりましたが
今年がスペース的な問題で、全て購入苗。

私の地域では、平たい苗箱(60cm×30cmほど)に
苗育用の土を居れ、15cm程度に育った苗を
田植え機にセッティングして田植えするのですが、
その苗箱を今年は90枚ほど使用予定。

私の地域では使用量が多い部類。

そんな苗を自作で作るには
大きなビニルハウスが必要ですし
広い平らなスペースと大量の水が必要。

それを全て準備出来ないので購入するしかないと。

ただ、購入する場合、何も準備が必要ないかと言うとそうでもない。

納品されるそれら苗箱を、一旦保管せねばならず
そのスペースを用意しないといけないのです。

そのスペースは、ビニルハウスであれば完璧なのですが
あれば、苗を自分で作っているので、スペースが無いから買う。

なので、露天でおくしかない。

その場合も、苗に必須の水が必要。


それで保管場所に一番いいのが田んぼに水を貯め
一時的に置く事。。。。

その場所なのです。

田んぼなので、水を導く事も出来るし
貯める事も出来る。

この田んぼは今年は米作りをしない休耕田なので
返却期限なしに一時的に置けるのが助かる。


お米を作るって、田植えして稲刈りするだけでなく
その前後にものすごい多数の作業があるのです。


ただたんに田んぼがあるから使わないといけない・・・・

そんな感覚でいると、
面倒な事(と言う発想になるの意味)がとても多く、
嫌気がさすのが必然。。。。。


こうやって里山が荒れていくのだなぁ~と
一つ一つ触れていくなかで、田舎の実態が見えてきます。


せっかく田舎に住み、使える田んぼがあるのなら
いいお米、いい野菜をつくらないともったいない・・・


そう言う考えから、色々探求・研究する事で
田舎の意味・意義が見えてくると今実感しています。


世の中のもの全て、何か意味有って存在しています。


休耕田畑が出るなら、
どんどん使いかたを考え活用しましょう!!


そんな志して、毎日暇無し。。。。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村


田舎で映画鑑賞

先日の土曜、夜。

妻子それぞれが色々な予定で出かけ
夜は私一人に。

そして私の予定は無く、
と言うか予定を作らずゆったり時間。

田舎移住後、初か??

妻子が居ない、私一人でのゆっくりな時間。。。


夕方から、コンビニなどで買出しし
田舎古民家にて静かに一人酒盛りしようと。


田舎移住前の都会の住宅地住まいでは
レンタルCD/DVD屋が、家のすぐ近くにあっても
滅多に借りなかったCD/DVDを数年ぶり
田舎移住後、初、借りて映画でも見ながらと。

いくつかDVDを借りた。

せっかく我が家にブルーレイHDDレコーダーがあるのに
ブルーレイを再生した事がなかったので、ブルーレイDVDを
レンタルショップで3本ほど借りてみたが。。。

面白かったのはこれだけ
003
トムクルーズ主演の映画のみ。

普段、映画を見ないので、映画の選び方が下手なのだろう。

自分好みの映画の選び方がわからない。。。


まぁ、でも、
静かな古民家生活の週末の夜を楽しめたか。


基本的に、自分はやはり映画を見ないだろうなぁ。。。。


ならブルーレイディスクレコーダーなど買う必要あったのか??
などと客観的に思うが。。。。


まぁ今どき家電ショップでTV番組の録画機能機器を買えば
ブルーレイになってしまうのだが。。。。


あ、根本的に間違ってた。
買ったのは妻で、私が買ったわけではなかったか。。。。。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村


田舎古民家暮らしで使わなった空気清浄機

001
北側の縁側に置かれたままの加湿機能付き空気清浄機。

002
移住前の名古屋の新興住宅地生活では必需品でした。
それも留守時も含め、常時稼動させてました。


花粉の時期とは関係なく、
年中花粉症の状況で苦しんでいました。


私だけでなく、子供達も。

アレルギー検査で、
ハウスダストへのアレルギー反応も多々あったようです。

なので、季節関係なく冬でも、空気清浄と加湿機能付きの
この空気清浄機は年中稼動。



でも、田舎の築100年超の古民家に移住後、
この空気清浄機を使わなくなりました。


使う必要を体が感じなくなったと言う言い方が良いか。


古い古民家に移住時当初は、古民家独特のカビくさい匂いに
アレルギー反応が出るのではないかと心配しましたが
かび臭い匂いは、人が住む事で換気がよくなり
今では匂いは普段使われない囲まれたスペースなど以外
臭わなくなりました。


杉の木は、都会よりずっと間近にあるのですが
面白い事に都会よりスギ花粉症の症状が極端に少ない。


検査でも強いアレルギー体質と出ている子供でさえ
ハウスダストアレルギー体質は、まったく改善されてないのに
スギ花粉に対して、凄く免疫が出来てきている。


良く言われる
「空気の綺麗な田舎に住むとアレルギー体質が改善される」
的な話は、確かに我が家でも立証されているようです。


以前、住む家は、今どきの家で、機密性の高い家。


今の家は、築100年超の古民家で
すき間も多く、機密と言えるものは無い。。。。

外は、山に囲まれ、ある意味
天然の空気生産地に住んでいるような物か。


もう、化学物質が空気中にまん延している都会には
住めないなぁ。。。。。。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村


田んぼの土寄せ中

001
田んぼ内の土の高いところ低いところを矯正中。

代かき用のロータリーを持たないので
通常の耕うん用ロータリーで。

土を寄せると言うか、
高いところから低いところに土を移動させると言うか
ブルドーザーで行う作業を田んぼで行っているようなもの。

ロータリーを回しながら引くとか、回さない方が良いとか
水は少な目が良いとか、大目が良いとか
色々な意見、考えがありますが、最終的には
自分の田んぼの土で実験して、どれがより良いかの問題。

試行錯誤しながらです。

とりあえず、同じところを何度もトラクターで通らない様に
1箇所一発勝負。

そのまま数日田んぼを寝かせて
水と土が落ち着いて結果判断予定。


田植えまで1ケ月弱あるので
田んぼの土を荒らさない様にだけ気をつけて
じっくり勉強です。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村


冷えた田舎の朝

001
久しぶりに外気温が0度になりました。

さすがにストーブを室内で。

002
車のガラスも。

ストーブをしまわなくて良かった。。。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

田んぼの水、入れ始め

001
田んぼに水を入れ始めました。

25年産、お米:ミネアサヒを
より美味しく、より品質を安定化させる為の
ひと手間の開始です。


田んぼに水を入れると言う作業だけでも
「米作りが始まるんだなぁ~」と実感がわきます。

朝、水を入れ始めた田んぼも
夕方にはこの程度。
000
全体に水が少し行き渡り始めた位。

夜間水を入れ続ければ、満水になるでしょうが
深く入れないで、浅く水を入れたいので、
今日のところはこれで止水。

日中、水の量をみながら
水量を調整予定。


この状態でも、写真手前と奥とで
田んぼの地面が水平ではない事がわかります。

先日軽く土をおこしてあるので
土の奥に水を吸い込ませて軽くし
田んぼ内の高低差を修正予定。

色々方法の参考意見を聞きながら
でも、自分の田んぼの特性を
自分が一番トラクターを操作し、知っているので
その経験も含め、最終判断せねばと。

何度もトラクターを田んぼ内で走らせる事は
田んぼの下地を凸凹にさせるし、
土をこねすぎるのもよくないと言われるので、
最小限の作業で終わらせたいものです。






田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村


トラクターの刃を全交換

001
トラクターの刃を全交換しました。

正確に言えば、一番両サイドは、先日交換したので
その2枚以外すべてと言うことになりますが。

交換中写真。半分程度交換した状況。

一つ一つ刃をボルトを外して交換するので
作業は難しくないですが、時間が掛かります。

砂が詰まっているので、エアーコンプレッサーで
掃除をしながらの作業。

硬くボルトがしまっているので、外すのも大変。


002
交換前の状態。

細いところで2cm位の細さになっています。
無理すればまだ土を起こす(耕うん)する事も出来ますが
これからシーズン真っ盛りとなり、トラクターが一番活躍する時期。

本来の目的、土を起こす(こねる)目的に対して
この刃では心もとない。

また、間違いなく数回の使用のうちに刃が欠けて
田畑に破片が埋もれるのも間違いないので、
事前交換。

004
外した刃。

とりあえず、保管しておきます。

003
交換時期の記録。

車と違い走行距離ではなく、使用時間メーター。
エンジン稼動時間をデジタルの様に正確に
記録しているのではく、アバウト(大まかな)記録。

これは、トラクターだけではなく、ユンボ(パワーショベル)なども同じ。

なじみの農機具販売会社の人いわく
100時間程度での刃交換は通常の範囲だそうです。

田んぼより、畑の方が減りが早いらしい。


私の場合、田畑を借りるにあたって、ほとんどが休耕田畑。

硬く絞まった土を何度も起こす事が多かったのも事実。

そして、私の地域は山砂の田畑なので、
それだと減りは早いとの事。

005
今回交換の刃は、純正の刃より高耐久型のものを選択。

分厚い刃。

その分、今までの刃より、トラクターに負担が掛かるとの事。

硬い土や抜かるんだ水のつかってない田んぼ土などでは
トラクターの馬力を食い、エンジン回転数を上げざるを得ないので
燃費も悪くなる事が多いとも。


なんにしても大切に使って行きたいです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村


自家製パンの材料買いだめ

001
業務用小麦粉(強力粉)

こんな量で妻は買っています。
インターネットで。

値上がり前に。。。。と言うことらしいです。

その奥にあるのは、色々もらい物の野菜。


我が家は昔(田舎移住前から)パンは
自宅で焼いています。
食パンを買ってない。

釜でなく、市販のパン焼き機で
焼いているのです。

初代のパン焼き機が壊れ、今は2台目。


妻はパンを買うと高いと言うのと、
自分で作るのがすきなのもあるでしょう。


ちなみにピザも買った事ないです。
自前で作っています。

オーブンレンジで焼いてます。


ピザ釜を作りたいと妻は言っていますが
実際、月1回も使わない状況ではもったいないかと
私も特に協力していません。

作ろうと思えば作れると思ってますけど。


小麦も卵なども、自家製したいのですけどね~


お米同様、自分で作ると買うより高くつく事もありますが
あれもこれもと、一気にできませんからね。。。。


やりたい事がイッパイ有ってもなかなか全て出来ないものですね



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村


ワラビがいっぱい

001
昨年、管理する事になった田んぼ横の斜面。

この冬に草刈し、地元の人も記憶無い位
久しぶりの地面をあらわにしたら…

ワラビほか山菜が。。。。


取ってる暇が無いのと
我が家では妻以外食べないので
地元の人に自由に取ってもらおう。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村


嵐あとの朝の青空

001
全国的に荒れた夜でしたね。。

朝、こんな空が広がりました。

雨水も昨夜一晩で缶イッパイにたまりました。
005



でも、今、雷と雨が、、、、


今日もまだまだ荒れそうです。。。。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村



良い米作りの準備はじめ

001
田んぼの土をおこしました。

昨年の4月、急に田んぼの使用を依頼され
あわただしく米作りした田んぼの一つ。

昨年、この田んぼの特徴を知らないまま
急遽田植えをしなければならない時期に管理する事に
なったので、その後、困った事も多かった。


いくつかの問題の中での一つ

田んぼの全体の中で、高低差が結構大きくあり
写真で言う、手前と奥とで、15cmほどの差があったので
田植え時の小さなお米の苗がぎりぎり水につかる所と
水没寸前の深さのところができていた事。


水深が田んぼ内で均一でない事は
お米の成長が均一でなくなると言う事になり
お米の大きさが揃いにくくなるという事に。


それを解決すべく少し早めに土をおこし
その後、田んぼに少量水を入れ、
土を最小限軽くしてトラクターで土よせをする予定。

要するに地面の高い所から低いところに
トラクターを使って土を引っ張ると。

この手の作業は、土木的にはブルドーザーの作業であるが
私の地域の田んぼは、粘土質が強く、田んぼが柔らかい。

そんな田んぼに何トンもある重機で、何往復もすると
田んぼの中が凸凹になり、お米の苗の植え付けに問題が出るなど
別の問題も出てくるので、むやみに使えない。

パワーショベル・ユンボも同様。。。。

そんなデリケートな田んぼ。

土寄せが出来るトラクターに設置させるロータリーもあるが
借りる手段もなし(買える訳もなし)


なんとか今ある、耕うん用一般的ロータリーで頑張ってみようかと。。。


来週、色々な事の空き時に挑戦です。




田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村


屋根裏のネズミ捕獲!!…が…

昨夜、屋根裏でカサカサ音がじているのを気づく。

実は、
ここ毎日の様に夜な夜なネズミが
屋根裏を走っているので、粘着シートを
置き直した。

置き直したと言うのは
以前から粘着シートを屋根裏に置いていたのだが
置き場所が悪いのか、ネズミが避けているのか
捕まらないから。

効果あったかと早々に屋根裏に見に行く。
001
粘着シートがひっくり返っているではないか。

良く見ると。。。鼻が。。。

近づくと凄い勢いで動いてる。。。


恐る恐る見てみる。。。








002
居た!!!

やった!!!

でも、粘着シートが屋根裏に敷き詰めてある養生シートに
べったり引っ付いてはがれない。。。。

持ち上げると
凄い勢いでネズミも逃げようとしているので
このまま死ぬのを待つことに。。。

念の為、上から押さえて、より粘着させて。



やった!やった!!

2日連続の害獣捕獲のブログネタだ!!

明日のブログネタは決定だ!!



と言うことで、、、、

し。。。。。

た。。。。。



と終わる予定だったのに。。。。。










朝、生きているとは思うが
弱っているか、ショック死しているか確認に行けば。。。



あ!!!



なんか変!!!




やられた。。。。



003
逃げられました。



あんなにしっかり引っ付いていたのに。。。


体中の体毛を残して
いたるところに粘着物を残して。。。


居なくなりました。。。。



く!

や!

しい!!!!!!!!!



よく逃げられるものだなぁ・・・と感心しながらも

悔しくてしかなたい。



捕まえそこなったネズミのシワザかどうかは不明だが
ジャガイモの種芋をかじられたりと、少なからず被害が続いてたから。


イノシシ、モグラに敵対心が強かっただけで
ネズミはそんなに大きな被害がなかったのでそうでもなかった。


しかし、昨今の事、そして今回の事で
絶対!捕まえてやる!!!


そう思う様になりました。



あ~~~~~くやしい!!!



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

モグラ2匹一挙捕獲

001
1週間ほどまえにモグラ捕獲用ワナを仕掛けた場所。

トラクターなど置く車庫とビニルハウスへ登る斜面。

1年前の2月に1匹モグラを捕獲した場所と同じ敷地
※1年前のブログ記事「モグラ捕獲!」リンク

1年前にモグラを捕獲後、
2~3ヶ月は、新たなモグラの動き(新たなトンネル発見)を
する事は無かったが、半年位から徐々にモグラの活動気配を
感じていた。

踏み固められた土のはずが
気がつくと土がフカフカになり
陥没する様な箇所が畑内で目立つ様に。

自然堆肥、家畜堆肥などを多用して
土を肥やしていく過程で増やしたいミミズを狙い
モグラがそのミミズを食べに来てしまうのです。

我が家にとっては天敵。

そろそろそんなモグラを捕まえなければと
様子を伺っていた時、この斜面にモグラのトンネルを
地上付近に作り過ぎた為に土が陥没してトンネルが
あわらになっていたのがこの場所。

発見して、意図的にその穴を埋め戻しておくと
翌日には、再度トンネルを掘り直してある。


それをまた埋め戻す。。。

そんな事を繰り返し、
このトンネルがモグラにとって常に通る
幹線トンネルと判断し、ワナを設置。


そして、ワナをモグラに見破られると
ワナを避けて穴を掘られるのだが
今回、見破られた気配は無く、
小康(しょうこう)状態が1週間ほど。


捕獲した可能性が高く、わなに掛かっていれば、
既に死んだだろうと判断し、掘り起こし。

002
外側に入り口を向けて背中合わせにワナを設置し
斜面上側の一つをづらした状態。

003
2つともわなを取り出すとこんな状態。
こんな風にモグラはトンネルを掘っているのです。


一つ目のわなを取り出した時の重量感。。。

アっ捕まえたな!・・・・の推測。。。


2つ目は、空だろうと推測して持ち上げてみたら。。。

ん???

重量感あるな。。。泥が詰まったか??

モグラがわな内に泥をつめる事が過去にあったので。

恐る恐る2つのわなを底が深い缶の中に。
(万が一、モグラが生きていても逃げられない様に)

004
遠巻きに覗くと。。。


あ!!!!

しっかり覗くと!
005
入ってます!2つとも!

トンネルを前進して進んでいる先にわなを仕掛けられているので
モグラは出口をふさがれてこのように後ろ足を見せているのです。


死んでいるのを確認し取り出し
006
昨年同様、デカイ。。。


一つのトンネルに2匹が居て、
それを同時に捕獲するとは思わなかった。

これは確認の為に、
雨水を貯めたバケツで泥を落としてみると。。。
007
太さが若干違うけど、全長はほぼ一緒。

昨年捕まえたモグラは、薄い色の茶色の毛色でしたが
今年のは、黒の毛色。。。

種族が違うのか??


この後、捕獲したモグラは
少し離れた自己管理地に埋葬。


そして、今回捕獲したモグラのトンネルは
結構しっかりした硬い土のトンネルなので
別のモグラが来る可能性も高いと判断し
再度モグラ捕獲わなを設置。


ちなみに。。。このわなは市販のものです。

妻が塩ビパイプで市販品同様の機能のものを作って
妻が試したのですが、妻は捕獲できず、
私がホームセンターで安売りしている時に買ってきた
今回のわなですぐ捕獲できたので、それから
このわなを使用。

今までの経験からすると、
このわなの方が良いと言うより
わなを設置する場所選びがしっかり出来れば
捕獲する確立が高くなると思っています。


要するに、モグラが確実に通るトンネル(主要トンネル)を
見つけられれば、ほぼ捕獲間違いなし。。。と。

私の田畑に、モグラが沢山居るのですが
なかなかこの主要トンネルを見つけられないのです。。。。
田畑は、広いので。。。。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村




高齢の母から思う事

000
私の妻にもたれながら歩く高齢の母。83歳。


高齢者の一人住まいは、田舎だけではありません。

私の母は、名古屋で旦那亡き後の家で一人で生活しています。

田舎でも同様な事があるでしょうが
私の母も息子の誘い、薦めとは別に
一人での生活を望んでの事。

昔の様に元気に歩き回れなくてもです。


戦中戦後経験者の母は
貧しさを十二分に経験している事もあり
最低限のものさえあれば幸せを充分感じられる人。

また、そんな時代を過ごして来たからこそか
一人での生活も苦にして無いと言うか
母が若い時に親を早く亡くし、ずっと家族の面倒を見続け、
自分の家族を持ってからは、家族を守ってきた歴史から
今は開放され、その自由さを幸せに感じている。

そんな状況では、息子たちも無理は言えない。


ただ、母なりの幸せの日々を送っていながら
老いていく母親を見守るしかない。



今、私の母だけでなく、社会全体で、高齢化が叫ばれる。


生活環境が良くなると当時に、医療技術も進み
平均寿命がどんどん長くなる。


これは必然な事で良いとしても
出生率がどんどん低くなる方が問題か。



私の同年代でも、結婚してない友人も複数人居る。
私の年代より下では、もっと複数居る。


これらの事情が、人口比率の高い都会には影響が少なくても
田舎の過疎化を加速させている事もあると思う。


人、生物は、生まれ、いずれ死んでいく。


生まれてくる人が少なく、
人が長生きになれば高齢化が加速する。


私は、高齢の母を見守りながら
自分の子供たちが社会人としていつか自立し
そして、それぞれが家族を持ち、子供を育てて行く意味を
今から少しづつでも感じ、悟らせて行ける様に導きたいと思う。

その為に、今何をすべきかも(親として)考えて。


それが親としての責任だとも。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村


畑のノラ猫対策

001
休耕田を1年がかりで畑にした外周に
ノラ猫対策の網。

イノシシ対策用のスチールメッシュだが
猫は普通にすり抜けられ

多大な被害こそ無いが
マルチなどその上を歩くので破られたり
種を植えたばかりの土をほじくったり
綺麗に耕うんした柔らかい土の上に
糞をしたりと。。。

なぜノラ猫が多いかと言えば理由がある訳で
ノラ猫に餌を与える人がこの畑の近くに居るから。


そんな餌を与えている方から
迷惑をかけているからと網を頂いたので。


頂いた長さでは足りなかったが
持ち合わせのものもあったので全周。

もともとは猫対策ではあるけど
これで小動物も入りにくくはなったかと。


春休み中の子供達の手を借りて
作業したので結構早く終わりました。


この春、中2、小5になる子供たちも
充分助っ人になる年齢になりました。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村






しば農園

我が家で作った愛情作物の自前通販サイトです。
<※PC専用>
プロフィール
ブログランキング


最新コメント
楽天