愛知の田舎で古民家暮らし

築100年超の田舎古民家で田舎暮らし7年目に入り、2000日を超えました。

2013年05月

過去のバイク写真に見る田舎移住への布石

私が大型バイクに乗り出したのが1998年。
出身地の愛知に戻ってからの事。


2000年頃から4年ほど
インターネット上で巡り合った
ツーリング倶楽部に複数所属していました。

バイクの免許を以前から持っていながらも
東京での生活が永く、地元の愛知県だけでなく
岐阜、長野などツーリング先を、まったく知らない私に
色々なバイクでの走行ルートの基礎を教えてくれた。


そんなバイクでのツーリング・ルートの中に
今住んでいる地域も複数あった。


名古屋の南部から足助は、
山間ルートを気持ちよく走っても
往復で半日程度で名古屋に戻れ
私にとってはショートツーリング先でした。

その為、移住した後でも、困らないほど
裏道ルートは地元民なみに知っていました。


なんせオフロードバイクで走れば
道無き道を走りたいので、林道の入り口を見つければ
ちゅうちょなく突き進んで、自分オリジナルの走行ルートを
複数持っていました。


PCの写真を見ると、足助を中心として稲武、売木など
同じ場所での写真も多数。。。。。
愛知以外でも、長野、岐阜などで山が綺麗だったり
川が綺麗だったりする場所がほとんど(全てと言って良い位)


001

002
どちらも足助・香嵐渓周辺。


バイクを乗り換えると、改めて前バイクと同じ場所で
写真を撮っている事も。。。。
003

004
どちらも三河湖・ダム下にて。



バイク同様、写真を撮る事にも興味を持っていたので
たまには違う場所でと、こんな風景も…
005



結局、この手の写真は飽きましたね。。。。。。

後で写真を見ても
着飾っていると言うか。。。
格好つけているだけと言うか。。。
結局、面白くないのでしょうね。。。

それに、思い出が無い…


やはり、いつも気にしていたのは…
「新緑、山、大地、森林」など、自然の中でのバイク。


「好きなバイクで自分は、こんな好きな場所に来た」

そんな記録を撮っていたのだと今特に思います。



妻に、たまに話しますが。。。。


以前、バイクで何度も来ていた場所、
通っていた場所のすぐ近くに今住んでいる。


当時、こんな田舎に住む事は無い(移住する方法・場所が無い)
心底、そう思っていたから。

なんか不思議なものです。



バイクは今でも好きですが
「昔の様にバイクで走りに行きたい」と思わないので
バイクを所有していないのですが

その理由は、もう一つの好きなこと、
「自然多き場所で生活している」からでしょう。




バイクの写真だけみれば、
バイク良いなぁ~と今でも思います。


格好イイと思いますもの。

でも、走りに行きたい場所も無い今では、
乗らない大型バイクを持つのは、大型バイクが可哀想。。。。


「機械・マシンは、乗って動かして価値がある」と
言う体質の私にとっては。


今は、自転車代わりのバッテリーの必要無い
原付2種バイクで充分。


昔のつもり
(毎週末、1日で200~400kmツーリングをしていた時)で
超ハイパワーのバイクに乗るのは、
自分の性格からすると危険だなとも思うから。


一度も、バイクで事故歴ない自分に対し、
変な過信が生まれない様に。



冷静に今、欲しいものは?

これを自分に問いかけると


答えは・・・・

「2tトラック」

かな。


まだまだ田舎暮らしで物足りないものあり!

~~~~~

田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~~~~


追伸。。。。

以前にも同内容ブログ記事を書いた気もする。

まだ、バイク熱は冷めたままと言うことなのでしょう。
何気なく、PC内のバイク写真を見て
ふと書きました。

突然の大雨

001
晴れるかな?と思うほど
雲が薄くなったと思っていたら、急に真っ暗!

そして、いきなりの大雨。


出かけようと思って外に出たらびっくり。


写真は、
母屋横に隣接する作業小屋の屋根。

雨どいが壊れているけど
対して問題にならないのでそのまま。




梅雨入りしてもパラパラ程度の雨で
もう少し降らないと「恵みの雨」にならないなぁ~と
思っていたところで、こんな雨では。。。。

大雨では、地面に水がしみ込む暇もなく
流れていってしまうから。


しかし。。。思う。


昔に比べ、南国のスコールの様な雨が
日本でも増えた気が。。。。


これも地球温暖化の為か。。。。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

田舎暮らしでの災害への備え

昨今、ニュースでよく聞く「東海・南海トラフ地震」への備えにおいて
住民個々で備えが必要と言う情報。。。。


田舎暮らしで、かつ、
築100年超の古民家暮らしの我が家。


築100年超の古民家など
現在の耐震基準など、何一つクリアー出来る物はない。


そして、中山間地域での災害で
次に問題になるのが
「土砂崩れ」


東北地方太平洋沖地震後、
特に厳しくなった傾斜地への建物を立てる基準によると
我が家の母屋の一部は、建て直しの場合
再度同じ場所に建物を建てられない事になった。


地震災害対策を100%対策する事を目指すのは
現実的に都会でも住めない場所・地域が出てくるのと同様
田舎では限りある平地において、厳しい条件はある。


その意味で、今ある・居る環境での対策で
出来る限りの対策はしては行くが

地震発生直後に生き残っていた場合において
どう生き延びるかに重点を置いて考えるしかないと
割り切っている。

(あくまでも私・我が家の場合として)


東京から名古屋へ戻ってきたばかりの時
「阪神淡路大震災」が発生しました。

その時は、名古屋市内の賃貸マンションの1階で
震度4(だったか)の地震を体験。


そして、田舎移住の半年後
東北地方太平洋沖地震を足助の中山間地で体験。
この地で感じた震度は2~3程度だったか・・・



昔から東海地震が
いつ発生してもおかしくないといわれ続けて
名古屋生まれ名古屋育ち(高校生まで)の私は
その地震は昔から覚悟していたが、いまだに。。。



そんな今現在、田舎暮らしで。。。
大震災に見舞われ
誰にでも起こり得る建物・構造物崩壊による被災や
土砂崩れなどの災害に見舞われず
生き残っていたとした場合。。。


田舎暮らしの最大の優位性は。。。。


やはり食料と水、そして火力燃料だろう。


田舎の家のほとんどは
自家年間消費分以上のお米を持っている。
特に収穫の秋は、相当量のお米を。


お米に限らず、
野菜も畑に行けば旬のものがある。


そして重要な水は、
ほぼ全ての家に飲料が出来る井戸がある。

生で飲料は避けた方が良いが
沢の水、川の水などもあり、水に不自由はしない。


炊事用の燃料も、木々もあるし
農機具を持つ田舎は、ガソリン、軽油、灯油なども
最低でも数日間使用出来る分は持っているところが多い。


我が家においても、今このブログを書いている現時点で、約
ガソリン30L(管理機。草刈機など用)、軽油40L(トラクター、ユンボ用)、
灯油30L(先日まで使っていた石油ストーブ用の残り)ある。


また、ガスも家ごとのプロパンなので、
都市ガスに比べ災害の影響は受けにくい。


都会同様に影響を受けやすいのは「電気」か。


実際、我が家で電気が切れて特に困るのは…
都会同様、冷蔵庫。これは致し方ないし
冷蔵庫内の食料は、食べきれば良い。


そして、我が家は夜間電力の温水器があるので
温水が出なくなる。


でもこれも、たいした問題ではない。
水を沸かす燃料が、薪を含めてあるので
ドラム缶でのドラム缶風呂も可能。

最小限の電力は、発電機があるので
スマートフォンなどの充電や、照明は充分出来る。


多数の人が生活するほどの資材は無くても
田舎の人ぞれぞれの家庭が自立生活する資材は
田舎の人は持っている。


そんな生活力を田舎に住む人に感じる。


私の母(80才代)もよく言うが

「災害時は、自分以外にも多数の人が亡くなるだろう。
 だからその時死んだら仕方ない。

 でも、もし生き残ったら人に迷惑かけない様に
 自分の事は自分で出来る様に備えをしよう。」

そんな意識が、田舎に住む人に感じる。


私も、私の子供たち(家族)の備えは常に意識します。


私自身より、
「親として子供たちに
 万が一の災害を無事に乗り越えさせたい、乗り越えて欲しい」
そう思います。

自分(親たち)の事は自分で出来ると思っているので
やはり最期は子供ですね。


これは親として守らないと。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

田んぼに穴あけに電動工具と発電機

001
田んぼに竹の支柱を立てるのに
穴を開けています。

田んぼ土は簡単に穴が開くのですが
圃場整備時に田んぼ土の下に敷き詰めた土が
(地元の人曰く)重機で踏み固めてある為に
手作業の穴あけ器では、なかなか開きません。


それで・・・

地元の大工さんの工具をお借りしました。


「振動ドリル(電動)」


コンクリート掘削用の電動ドリルで
車庫の土間コンクリートや、コンクリートブロックを
砕く用のものです。


過去色々バイト経験がありまして。。。

この手の道具を使った事があるので
使うのは特に問題無く。


発電機は自前。


田舎では電気の無いところでの作業も多いので
発電機は必需品です。


田舎の人はみな持っています。


安いのは2万円位(中国製)からありますが
安いものは不安が大きいので、国産メーカー品。


そして、PCでも使える様にインバーター。

電気使用量にあわせて
発電機の発電量(エンジン回転数)が変わるので
一般的な発電機の様に、
常時高回転のエンジン音を聞いてなくても済むので
凄く環境にも、耳にも体にも優しいです。


国産メーカーだから?
出来の悪いエンジンの様な排気ガスの臭さも無い。

お気に入りです。

ネットで買ったのですが
ホームセンターで買うより2万円ほど安かったし。。


田舎移住前から、欲しかったものの一つ。


「発電機」


既に購入後2年経過していますが
本当に困った時の「発電機」


重宝します。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

ツバメの赤ちゃん

001
2013年、平成25年もツバメの赤ちゃんが元気に生まれたようです。

まだ、目は見えてないようです。
フラッシュのせん光の刺激で
親鳥が来たと間違え
大きな口を開けています。

鳴き声は良く聞くと鳴いている様ですが
生まれたばかりで、まだまだかすれる様な声。


最近、やけに親鳥二匹が、
入れ替わり巣に出入りしているので
卵が孵ったのかな?
とは思っていました。

今日、ヒナには刺激を与え申し訳ないですが
ちょっと下から撮影させてもらいました。


実は。。
先日、母屋離れの作業小屋の土間床に
黒い小型の鳥の毛が散らばっていて
まだ肉肉しい鳥の内臓のみが落ちていました。

ちょっとびっくり・・・(泣)

毎日の様に出入りしている作業小屋なので
食べている最中に出くわすのも恐怖。。。


これは、きっとノラ猫の仕業でしょう。


もしかして、我が家のツバメの
親鳥の一匹かと心配しましたが、
どうも親鳥は無事のようです。


特にツバメが我が家に益をもたらす事は無いのでしょうが
人に害を加えるわけでも無いので、ある意味上手く共存出来ればと。



ツバメの子が独り立ちした頃
我が家の周辺から最初は離れないのですが
その時、飛びながらでも糞をしますので
それらが車などに落ちる事は
多少我慢しましょうかね。。。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

雑草草刈り

001
我が家へ来る為に必ず通る
私道と言っていい様な道。

この道沿いの斜面草を刈りました。

斜面下側を刈った跡。

どれだけ草が伸びているが
よくわかる。。。

まだ、夜は涼しいので虫も少ないですが
6月にもなると、
こんな雑草にも毛虫やらアブラムシやら、
作物の害虫になる虫が大量にわきます。

それを抑える為にも
出来るだけ草は刈った方が良い。


002
刈った後。

毛虫がイッパイ付いている様な草は
刈って燃やしてしまいますが
そうでなければこれはこれで役に立ちます。

畑にまいて、土に混ぜてしまえば
ゆくゆく堆肥となり、作物の栄養にもなりますし
土に大量に敷き詰めておけば、
土に日光があたるのをさえぎり
それにより雑草防止効果にも。

私の住む町でも、
ほとんど全ての方が
その様な使い方をしています。

今の様な化成肥料が無い時代では
家畜堆肥と同様、雑草も重要な肥料だったそうで
その活用方法がいまだに受け継がれています。


田舎移住後、草刈は大変な作業で体力的に苦痛でしたが
今では、草の活用方法などが身にしみてわかってきたので
体力的にはやはり大変ですが、草を刈るタイミングを少なくし
上手く雑草を生やせて、上手く活用する方向で考えています。

そんな事で、ここまで背丈を伸ばすまで待っていたようなもの。

短い草よりある程度高さある草の方が
刈払機(草刈機)で刈りやすいのもありますから。


草刈作業は、腕は疲れるし、腰も痛くなります。

が。。。

草を刈った後、すっきり綺麗になった状態を見ると
やはり気持ち良いのは、この手の作業が嫌いではない事かと。


この写真を見て、「あ~スッキリして気持ちよさそう」と
思われた方は、田舎暮らしに向いている。。。。

と言うことなのでしょう。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

田舎移住1000日目

002
田舎の築100年超の古民家に移住し
本日で1000日目になりました。

2年と8ケ月と26日。

実際数えた訳でなく
起算日付を入れると計算してくれるサイトで
数を数えてもらっての数字。

あっという間ですね。
月日の経過は。。。。


写真は、
移住前の古民家リフォーム&清掃中のもの。

屋根裏は…
003


そこにあった朽ちた建具やゴミ。。
004
これは全てではなく一部。


こういった記録写真は必要で
日々の生活で忘れかける初心(最初の時期)を
明確に思い出させてくれます。


今では、居心地の良さに
自分達が古民家に住んでいる事自体を忘れ
たまにTV番組で古民家など放送されると

「こんな古民家良いねぇ~」

と、人事の様に家族で話しています。


そして、家族で互いに突っ込み


「ここ!古民家やん!!(もう住んでる!)」



以前も、一戸建てに住んでいましたが
つくづく痛感するのは…


住まいは建物よりも住む環境の方が重要!


そして、建物は

複数階より平屋の方が使い勝手良い!


そして、太陽に向かった南向き!


昔は漠然と。。。。

「マンションより一戸建てでしょ~」と
深く理解することなく思っていましたが、

一戸建てというより広い土地が重要だと。


なんか、今となっては
今住んでいるところで、不満は何も無いので

「理想の住まいとは?」

と考える事もなくなりました。


そう言う意味でも、
合っているのでしょうね、今の生活が。。。。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村



田舎の小学校運動会

001
晴天の今日。

子供の小学校の運動会がありました。

小学校の裏は、山です。

このうら山は、
この小学校の遊び場(探検広場)でもあり
畑もあります。

子供の好奇心をくすぐるのに
充分な自然の遊び道具や、生物、植物があり
小さな時に学んでおくべき事が
満ち溢れています。

地球、自然、日本、生物。。。。

考えるよりも、
また、考えるだけで過ぎるのではなく、
いや、聞いて、読んで覚えるのではなく
純粋な心でまず触れて、体感して。。。。


小学生の時にそんな経験をしておくべきだと思う。


私の小学生時代、
名古屋でも、小さな山があり、田畑があり
カエル、蛇、野鳥のキジなどなど
当時はまだ自然が残っていました。
名古屋でも。

でも、私の子供の方が
小学校時代を楽しんでいます。


今では、名古屋は家、店、建築物だけで
自然はありません。寂しいものです。


002
昔ながらに
生徒が紅白に分かれて競いあいながらも
でも、楽しそうに精一杯、普段の体力を発揮しているのは
見る側にもすがすがしさをもたらせてくれます。


生徒だけでは人数が少なく
競技数が増やせないので、
親、兄弟、親族、爺ちゃん婆ちゃん総動員の運動会。。。。

田舎の爺ちゃん婆ちゃんを馬鹿にしてはいけません。

普段から田畑で体を動かしている事もあり
動きは俊敏。。。

この小学校の卒業し、中学に進んでいる生徒も
部活の終わりに母校により、競技に参加なども。。。


のどかな風景です。


ここまでフランクに卒業した小学校に
遊びに戻る経験は私にも妻にもありません。

本当に、友達同士、仲が良いのが伝わります。


こんな良い環境の学校がある事を
もっと知ってほしいものです。


つくづくそう痛感する今日でした。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

パワーショベルで軽トラに牛ふん積み込み

001
久しぶりな感があります。

自分のパワーショベル(ユンボ)


移動させたりとエンジンはかけていましたが
ユンボで作業するのは、自分のブログの記事をみると
2ケ月ぶりの様です。


前回記事。2013年3月29日
ユンボ(ミニパワーショベル)の掃除・泥落とし


その間、小さいユンボを借りていたので
自分のユンボを使って操作感の違いにびっくり。

小さいユンボの記事。2013年4月19日
田んぼで使ってるミニショベル


大きさの違いより
ユンボのアームを操作する油圧が
大きいほどしっかりするので
小さいユンボに慣れていた為
自分のユンボの動作が俊敏で、
ちょっと驚いた。


ユンボで軽トラに積み込んだのは牛ふん

1ケ月ほど前に牛舎から頂いて来て
保管してあったもの。

完全に水分が無くなっていて
サラサラなので、逆にユンボですくいにくい。

しかたなく、スコップで積み込み。


でも軽いので重労働ではない。

002
軽トラと牛フンと田舎の景色。。。。

合うなぁ。。。。。
田舎の景色に軽トラ。


で、この牛ふんを。。。
003
一輪車でハウス内に。

004
広げて、管理機(小型耕運機)で耕うん。

この後、ハウス内にトマトを植えるそうです。
妻が。

今年いったい何種類、作物をつくるのだろう。。。

~~
ブログランキングに参加しています。

もし、ブログ記事が役にたった、興味深かったなど
思っていただけましたら
それぞれ1回クリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

田植え終了後の片付け

001
田植えが終了し10日以上過ぎました。

田植え機は、
田植え最終日に洗車し終わっていますが
これを洗っていませんでした。

100枚弱、洗い終わりました。



田植え機にセットする用の
お米の苗を育てる箱(台)

5月7日のブログで記しました
今年のお米の苗
002


この苗が乗っている箱・台がこれなのです。

使い終わったら、
この箱・台は返却するので
田んぼなどに置き、
泥だらけになっているので
泥は落として(軽く洗って)
返却するのです。

また来年、使われるのです。


お米を作るには、
こんな裏の作業も出てくるのです。

ちなみにこの箱・台は
返却ると言っても、町ごとにまとめて
取りに来てくれます。


お米をつくるって大変ですね。


田舎暮らしをし、米作りを自分でする事で
色々勉強できます。


色々学ぶ事で
いろいろな事に感謝の気持ちがわいてきます。



知識、経験って良いものですね。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

トラクター修理

001
これ、単体で見るとなんだろう~と思いますよね。。。。

トラクターの後ろに付ける
「ロータリー(作業機)」。

多数の刃が付いていて
トラクターから送られる動力で
刃が回転し、それで土を掘り起こし
土を反転させ、耕うんする機械装置です。


田舎移住前、
と言うか、トラクターを買ってからですが
知ったのですが。。。。

トラクターって、この部分を含めて
「トラクター」と言うのかと思っていましたが
違うのですね。

この部分は多種の装置があって
必要に応じて取り替えられる様になっているのです。

なので、トラクター購入時
このロータリーも注文しないと
土も耕うんできないのです。


そんな初歩的な話はここまでにして。。。


春、畑や田んぼで大活躍してくれたトラクター。


その間、ちょっと不具合があったのです。


車同様、メーター部分に色々表示されるのですが
その表示が表示されなくなってしまって。。。。

エンジン他装置自体は機能しているのだが
メーターに何も電光表示されないので、
壊れているのかどうかわからなく
購入先に相談したら。。。。

メーターパネル単体の問題のようで
その分の交換の為に、修理搬送され
その時、邪魔(不必要)となるロータリーが
置かれていったと。。。。。


これ(ロータリー)だけでも
200kgあるのです。


ちょっと気楽に移動が出来ません。



数日預かりと聞いていたのですが
翌日には帰ってきました。



ぴかぴかになって!
002
いや、新車になった訳ではなく
泥だらけの田畑で作業使用済み状態だったのを
綺麗に洗車してくれて戻ってきました。


タイアまでピカピカ。。。。。


綺麗なのはやはり嬉しいですね。



でも。。。。


あまり綺麗過ぎると
次使うとき、躊躇(ちゅうちょ)します。。。。


いや、でも綺麗なのは気持ち良い。。。。。


備考。。。
今回の修理、無償です。
有償だったら、修理しないでそのまま使ってると思います。
機能に問題なければまあいいかと。。。。

~~
ブログランキングに参加しています。

もし、ブログ記事が役にたった、興味深かったなど
思っていただけましたら
それぞれ1回クリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

田舎暮らしで事業

001
一面、苗が植えられてます。

何の苗かと言うと…

「ナス(茄子)」


田舎暮らしで、
妻も事業を開始します。

その生産物の中の一つの品種です。


農作物を仕入れて売るのも事業になりますが

せっかく田舎暮らしして、田畑も借りられて

農機具もある程度あれば。。

自分で作って販売したい。。。。


妻は。。。。

体を動かすのも好き

作物を育てるのも好き

料理も好き

人と接するのも好き(苦にならない)

能力が人並み以上かどうかは不明?未知数?ですが・・・



本当は多品種少量作りたいのでしょうが

田畑の大きさや、それぞれを育てる効率からすると
なかなか難しい。。。。


そんな事で、
色々、資材の調達や、協力をいただける作物から
始めようということで。。。。


ちなみにお米は私(名義)の生産物。

ちなみに妻は、ナス以外にも
サツマイモ、里芋、玉ねぎ、ネギ、
キャベツ、キュウリ、トマト、トウモロコシ
唐辛子、など、それぞれの作物の中でも
数種類興味本位で作っています。

基本的に無農薬、
もしくは極力農薬を使わない減農薬作物が主。


個人販売(通販)もしてますし
地元産直市場への個人での出荷や
地元お祭りなどの出店出展、
また、企業でのイベント景品での出荷などなど。。。


作物の種類が多いのは興味が広いとも言えますが

同じ地域でも個性ある畑に、どの作物が合うのか。。。

たとえば、水分が多い畑、少ない畑、
日照時間が長い、短い、
風が良く吹く、風が少ない。。。などなど。。。

畑と、作物の組み合わせの良し悪しも知りたいなど。


農作物を知りたいという事もありますが
田舎の良さを沢山知りたい、活用したいと言うのが骨格。


田舎移住3年目で、ここまでやっと来たか。。。
って感じです。




田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

はかない命。蝉

100
夏を前にした5月の中旬で、既に命燃え尽きたか。。。

先日、
今年初めて蝉の鳴き声を聞いたと
ブログに書きましたが

今日、畑に敷き詰められた
マルチ(農業用ビニールシート)の上に
息絶えていた蝉が・・・


今日も、ミンミンゼミが
まだか細く鳴いていましたが
一匹鳴くと、反応するように
数匹の蝉が鳴いています。

永くは蝉の鳴き声が続きませんが
今日の蒸し暑い天気に夏と思ったか
早く土から出てきたものが複数居るようです。


中山間地の田畑に日中居ますと
聞こえるのはウグイスの華麗な鳴き声と
時折鳴くカエル、そしてキジなど。。。。


でも、夏はもう近くなのですね。


その前に梅雨があるでしょうが。


入梅する前にしておきたい
しなければならない事もイッパイ。


追伸>
1週間を経過したばね指の術後。
本日、切開した箇所の経過も良いという事で
抜糸しました(医師により抜糸されました)。

私の場合、指の動きも通常の術後経過より
(とても!…と言うほど)良い方だそうです。

ただ、私の主観としては…

まだ完璧回復ではない。。。

切開した箇所が、内部の肉は接合してる様ですが
切開箇所の表面の皮膚はささくれた様な状態で、
思いっきり手のひらを広げると
手のひら皮膚が引っ張られる事により
針をさした様な痛みがあります。

でも、手を力いっぱい握ったり開いたりする事が
術後1週間時点でできる事が、経過が良いらしいので
これは致し方ない事なのかと。。。。


まぁ、通常の生活ではほぼ不自由ないですが
力仕事はまだまだ恐いって感じ…
(切開して縫った所が再度裂けそうな感あり)



でも、ネットで色々みると
私より「ばね指の術後」で苦労してる方が
多いみたいですから、やはり私は楽な方かなと。


切開した箇所の皮膚が100%復元されれば
指のリハビリなども必要なさそうです。


手術するタイミングは、悪かったけど
手術をする事自体は良かったかと。


指を曲げてのばね指当時の痛みはまったく無いので。


また、完璧に治りましたら改めてご報告を。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

サツマイモの苗植え

001
夜からの雨予報をあてに
サツマイモの苗を植え始めてみたら
午後には雨が降り始めました。

苗にとっては、
ピーカンの晴れ天気より
曇りの方が良いし、

植えてからの水を必要とするので
かえって小ぶりの雨は植え時と言うこと。

今は、雨がっぱを着ても
暑くも寒くもない時期なので
これもちょうど良い。

一気に苗を植えました。

昨年も結構サツマイモを多数植え、収穫しましたが
友人などとの芋ほり企画や、
銀行のある支店さんでのイベント企画での景品に使われるなど
無農薬サツマイモが大好評で、結果足りなくなってしまったので
今年は昨年の倍の数。。。。

昨年より、畑の状況も良いので
昨年よりまだ安心して作れます。



しかし。。。
良くここまで来たものだと。。。。。。



ここは2年前に永く耕作されない
沼地と化した休耕田をユンボなどを使って
湧き水の排水溝と川への排水口などを作り
1年がかりで土を乾燥させ、
土壌改良としてもみ殻を大量に投入し
昨年、試験的に作った作物も順調に収穫できた
休耕田を改良した畑。

休耕田から畑のおこすまでの記録ブログ記事」

002

今は、冬キャベツなど収穫が終わり
玉ねぎが収穫間近、
ジャガイモなどを先月植え、
今日、サツマイモ。

この後、ショウガを植える予定。


つくづく実感しますが
田畑は使い続ける事で本当に土が良くなります。

最初に借りた当初を知り、
ここまで改良した実感・体感を経験する私からしますと
本当に信じられないくらい。。。

ここまで土を良くすると
もう休耕田畑には戻せません。


あの苦労が無駄になってしまうから。。。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村



イノシシが戻ってきた形跡

001
今年、田んぼを畑に換えてナス畑の外周の草刈をしました。

ナスの苗を植える前に、
害虫の住み家になる雑草を減らそうと。

こんな山間地なので
雑草を少しばかり切った所で
害虫の住み家が無くなる事は無いのですが。。。

里山を管理しておかないと
害虫だけ無く、害獣も好き放題な事をするので。。。

そう思っていた矢先。。。

000
既に来ていました。


「イノシシ」

が、鼻で掘った跡。


タヌキ、ハクビシン、ニホンカモシカなど、
この周辺にいるのですが、
この大きさで穴を開けていくのは
まずイノシシ。



イノシシにとって隠れ場所となるうっそうとした木々を
この冬に刈って、見晴らしを良くしたのですが
やはり来ましたか・・・


冬の間、まったくこの地に来てなく(来た形跡が無い)
少し安心していたのですが、戻ってきたようです。

昨年、写真の場所の周辺は
多数のイノシシに荒らされた箇所で
昨年秋に、害獣対策フェンスを設置してから
フェンス内の田畑に被害は無かったのですが
周辺は大変被害を受けた地区でもあり
今年も。。。。。


しっかり防御しなければ、、




田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

ミョウガの芽が出始めました

000
古民家の蔵の東側にミョウガの芽が出てきました。

我が家管理の山や田畑の斜面に行けば
野生のミョウガが沢山生えているものを
都会から田舎へ移住当初(3年前)に
その根をここへ埋めたのです。

昨年も芽が出ていたのですが
間違って草刈機で切ってしまいましたが
今年はもみ殻を秋に敷き詰めておいたので
雑草が生える前に、ミョウガの芽が出てきて
間違ってきる事は無かったです。


都会に居る事には
ミョウガなど食べる事も機会もなかったですが
こちらの田舎に来てからは
旬の食べ物として食べる様になりました。

まぁ、蔵横のこの程度のミョウガの量では
たいした量食べられませんが
山には沢山ありますので。


山の中に生えているミョウガの根を取り
どこかにミョウガ畑として作りたいとも思っています。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

蝉(せみ)が鳴き始めました

001
姿は見えませんが、
私の田んぼ横の林から
蝉の鳴き声が今年初めて聞こえました。

鳴いている声からしますと
「ミンミンゼミ」


でも、
鳴いているのは1匹だけでした。


たまに聞こえる程度。

写真の風景の中、
野鳥のさえずりの中に
急にセミの声が混じります。



名古屋では、
耳鳴りの様に聞こえうるさい
アブラゼミの鳴き声ばかりでしたが
田舎、それも中山間地では
多種のセミの声が聞こえます。



特に好きなのが
「ヒグラシ」


夕方、
空がオレンジに染まっている時間に
本当に良く聞こえます。
(今年はまだですが)


林の中で鳴くヒグラシの声は
心の中を洗われる様な気持ちになります。

(そのまま、そこでテントを張って寝たくもなります)


ここ数日、暑い陽ざしが続き
田んぼの水の蒸発も進むのか
晴れで気温があがると
田んぼへの水入れ頻度が高くなり
朝晩の田んぼ確認が忙しい。。。。


でも、田んぼに水が入る事は
気温の上昇を抑える効果が大きいのだなぁ~と
つくづく思います。


真夏で陽ざしは厳しくても
田舎はいつも涼しいですから。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

田んぼ(水田)内に生息するヒル

002
田んぼ内に居るヒル。

そう多くは居ないけどが、
田んぼ内の水中を良く凝視していると
ヒラヒラと動くものを見つけられるでしょう。


田んぼの水中の中だけでなく
畦など濡れている部分に居る時も。


ヒルは全て吸血すると思っていたが
どうもネットで調べるとこの種は吸血しないヒルらしい。


間違ってこのヒルを吸血ヒルと記しているページも多いが
それを間違いと指摘しているページも数多くあるので
きっと吸血しないヒルなのでしょう。


ネットで調べる限りこのヒルは「ウマビル」と言う名らしい。


私が小さい(幼少)時
愛知県名古屋市中川区に住んでいて
当時水田が多くあり、
その水田や水路に多数居た魚と思った生物を
バケツに持ち帰るが、ヒルだと親に聞かされ
驚いた事があるが、
その当時のヒルは、バケツに入れると
バケツの縁に食いついて
バケツ内の水を渦巻きさせても
離れなかったが、

このヒルは
手ぶくろした手の上に載せても噛み付かない。


水田内で何を捕食して生きているのか…


田んぼ内に多い、カエルたオタマジャクシやタニシや
水生昆虫などか。。。。


苗に寄生している様子もないし。。。。


昔の様な人に害になるような農薬も今では無いですし
今どきの農薬でさえ、
適時に必要最小限のみの使用を心がけているので

田舎の田んぼには色々な生物が居ますし
増えてきているとも思います。


何にしても・・・

田んぼに限らず、田舎で遊ぶときには
長袖、長ズボン、
田んぼや田舎の水路に入る時があったときにも
裸足で入る事はやめておいた方が良いと思います。


水流のある川であればばまだ良いですが
水が溜まった状態のところは、
この種やそれ以外にも害を及ぼす生物も多いので。



ちなみに私は
田んぼ農作業時には常に長靴を履き
普通は軍手などの手袋
水を触る時にはゴム手袋(普通の厚手でなく漁業用の重厚手)です。


まぁ、私はアトピー性皮膚炎患者ですので
普通に水や土に触れ続けるだけでも一気に肌荒れ、
アカギレになってしまうのもありますが。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

続きを読む

田植えが終わりました

000
田植えをしました。

米作りの作業の中で
一番効率よく作業できるのが田植え。

その全ての功労者が
この田植え機。

現代版の乗用田植え機の中で
一番のシンプル機能(普及品)ですが
クラッチ無しのある種オートマチックで
前後進走行してくれます。

凄く古い(30年以上もの)中古で
2条植え歩行型田植え機
(機械の後ろについて歩くタイプ)も
譲り受けたものがありますが
使うたびにどこか壊れるので
田植え最中の田んぼ内で壊れる様では
とても安心して使えないので
買い足した状況。

より新しい中古なども探したのですが
・・・安くない!


もともと田植え機など市場に沢山あるものでなく
もともと中古で苦労したので、新型品です。


手植えの田植えもなんども経験ありますが
手植えの苦労から考えれば天地の差。


そして一度に4条も植えられるので速い!


5反ほど我が家は田んぼがありますが
早朝より夕方まで効率よく回れば、
1日で田植えできます。
(今回は2日に分けましたが)


001
シンプルな機能なので
妻と交代交代で田植え。

二人で田植え作業する場合
一人が田植え機に乗り、
田植え機に乗らない方は
植えるたびに減る苗を田植え機まで運ぶ作業と
田植え機の走行で荒れ過ぎた田んぼの凸凹を
トンボなどでならすなど、力仕事。

そんなので交代交代での作業が楽。


002
植え終わったら、ところどころ機械でも
綺麗に植え切れない場所を手植えで追加植え。

綺麗に等間隔でお米の苗が植わっている方が、
土の中の養分をお米が奪い合う事もないですし
均等に日光にあたり、また雑草を抑える効果も。

綺麗に苗が植えられるかは
田植え機がスムーズに動く
綺麗な田んぼ内の床になっているかと言う事もあり
これはトラクターで綺麗に代かき(土まぜ)しているかにも
かかわります。


お米を作るまでの全ての作業が
より効率的に作業できるかにかかっていますし
結果、土の養分を均等にお米が吸う事が出来
均等に日光を浴び、それが美味しいお米になる・・・


面白い、興味深いです。

お米作りの私のコダワリはこれだけではないですが
書き出すとあまりにも長くなるので、この程度で。


なぜか綺麗に苗を植え、人影が無くなると。。。
003
野鳥が飛来してきます。


植えたばかりの苗を踏まれるのも気になりますが
なぜかほのぼのと見てしまいます。



山間地の農地の景色です。。。。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

8畳6間の田舎古民家室内からの景色

000
右手の抜糸が済むまで、力仕事が出来ないのに
家に居てもじっとできない人間。

澄み切った空と空気と風を屋内に最大に取り入れるべく
縁側と和室8畳間を区切る障子を取り払いました。

今となっては邪魔な
都会住まいのときの産物「ソファー」に腰掛け
野鳥やカエルがさえずる外の音を聞きながら
梅酒の水割り(治療中なので気持ち薄め)を飲む。


築100年超の昔ながらの古民家は
母屋南北側両側に縁側があり
南北側の窓を開けると家の中に空気が流れます。


風が無くても、北側の山からの森林の空気と
南からの温められた空気が、気流の変化で流れるのです。


久しぶりに家でゆっくりした時間を過ごしています。

(と言っても、1時間も無いですが・・・)


ポケットデジカメの機能で
パノラマ撮影が出来るので撮影するとこんな感じ
001
生活感ただよう景色ですので
縮小させてもらいますが(汗)
少しは伝わるでしょうか。。。。


ソファーに乗る足は。。私の足。


完全にくつろいでます。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

カエルの背中にカエル

000
結局、終日降った昨日の雨。

今朝はガスって真っ白な外でしたが
太陽が出始めれば、綺麗な晴天。


雨で田んぼがどうなっているのか
妻の運転で田んぼの見回り。


そんな雨水で一杯になっているたんぼに
人が来た事を察知して、逃げ惑うカエルが多数。

そんななか、なかなか逃げないカエル。。。。


よく見ると。。。
001
背中に重し?が載ってて泳ぐのも大変。


親カエルの背中に子カエル??


それともメスに取り付くオスカエル???


指で突っついてみましたが
背中に乗ったカエルはまったく離れる気配なし。。。


引っ付かれた方もえらい迷惑な感じ。。。



平和な、雨上がりの田舎の風景のワンカットです。




私の手は。。。。
003
こんな感じ。


今朝、一度包帯を外して手の血流をよくしたら
かえって切開した後の縫った場所が痛み出したので
この後再度包帯巻いてます。


縫った箇所も痛いけど
ばね指だった右中指が異様に痛い。


多少曲げられるけど
伸ばせない。。。。

腱が硬直して、つっている感じ


無理に伸ばすと、
縫った箇所の皮膚が伸ばされるので痛いし。。。


今、化膿止めの薬と、痛み止めと胃腸薬を飲んでいる。

痛みがひどい場合用として
覚せい剤に近い?(医者にそういわれた)
強い痛み止め薬をもらっているが
昨夜は飲んだが今朝は飲んでない

実は、昨日手術中に言われたのだが
私の手の腱は、通常より太い(丈夫な?)腱で
それもあり、だいぶ癒着(ばね指状態が悪化)してて
腱がスムーズに動くようになるまでに
何度も切り増し?してて、その分痛みが強くなる可能性があると。

治療してくれた医師いわく、珍しいほど太い腱なので
物珍しさに患者である私にも、腱を見せてくれて(見せたかった)
私もあまりに医師が力説するので、処置中の私の手のひらを
見てしまいました。。。。

手のひらを切開して
そこから見える腱。

指を曲げ伸ばしすると、その腱が動くのです。

まるでシルク?ガラス繊維?の様な
手術ライトで照らされ、白くキラキラした腱。

ちょっと、映画で見るサーボーグの内部構造を見る気分でした。


そんなちょっと重度の処置のせいか
痛みもひどいのか。。。


箸も上手くもてないし、歯ブラシも上手くできない。

右手で物を持つのも多少痛みが。。。


昨日よりキーボードでの入力はまだ楽か。


手術は冬の時期に
すべきだったと少し反省中。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村


手術しました

000
術後の利き手。
手術後の病院駐車場車内で撮影。。



肩を痛めリハビリ、
ひじを痛めリハビリ


そして、同時に症状は出ていた「手」


診断は「ばね指」


昨今、普通に握ると右手の中指が
曲がったまま伸びなくなる症状が悪化し
左手で曲がった右手の中指を伸ばさないと戻らない状況。


今まで、寝るときギブスをして
曲げない様にしていたり
シップを貼ったり、シップ塗り薬を塗布したり
していたけど。。。。

もう2年近くなりますが
最近、症状がひどくなってきたので
久しぶりに雨のこの日、病院へ。


医師から最終治療は手術があると聞いていたので
自分でも状況にイライラしていたこともあり
医師に相談し、そのまま手術してもらいました。

土曜で病院が混んでいたので
診察が終わった昼過ぎに。

手術自体は、15分ほど。


手のひらに麻酔を打ち(凄く痛かった)
麻酔の利きが悪いとの事で、さらに強力麻酔を打ち

すぐ手のひらを2cm弱切開し
悪さしている患部を治療し、切開部分を縫い合わせて終わり。



しかし・・・
手術時間が短いので手術を甘く見ていた。



今、術後2時間ほど経過したが
凄く痛い。。。。。


そりゃ~そうだわなぁ。。。。

肉を切って、縫い合わせたのだから。。。


帰りの車は、オートマチックの車だから
極端には片手で運転できるから良かったが
マニュアルの軽トラなどとても運転できない。。。


ブログに投稿し、早く報告したい
(誰かに伝えたい)のだが
利き手のそして、キー打ちの主力である
中指がキーを打つだけで激痛が。。。


もっともっと伝えたい事(ネタ)があるのだが
ここまでの入力で限界。。。。



人の体にメスを入れる。。。


やっぱりしっかり覚悟しておくべきでした。


特に今日、明日は静かにしておきます。


イタタ。。。。。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

田舎古民家のひさし下は…

001
築100年超の古民家は、今時の住宅よりひさしが大きめ。

そして、
この田舎古民家は
南向き(正確には南南東向き)なので
日当りが良く、
今は野菜の苗や
種植えした土が並んでいます。


ひさし下にあるのは
まだ田舎の朝は霜が降りる可能性があるので
その霜避けの為にひさし下に。



写真奥にあるのは鶏小屋。

ニワトリやチャボなど
飼育したいと思っているので
使われなくなった鶏小屋をもらって
設置まではしてあるのです。


が。。。。

まだ、飼ってないので
ここも今は。。。。

002
野菜の苗が置かれています。

この苗はナス


昨日は暑かったですが
まだまだ中山間地のこの田舎は
冷える可能性があるので
充分苗で育てて植えるのを待っています。

風の無い日中は外に出されていますが
風が強いと、苗の茎が折れてしまうので
風が強い時や、寒い日には、この小屋の中へ。


ちなみに。。。
003
ビニルハウスの中には
もっと沢山、苗があります。


全て、妻の持ち物(所有物)。


セッセせっせと手入れして育てています。


もう少しで畑に植える予定。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

もう夏??

001
涼しい所か寒いと言って良い位の気温があったのに
今日は・・・・

30度に迫りそうな温度。


びっくり!


車も走っていれば
まだ山の空気で涼しく感じますが
止めた車の中はまさに夏!


なかなか暑くならないなぁ~と思っていたが

いざ暑くなると
「え~~!??もう夏?」と思ってしまう勝手さ。


きっと都会はアスファルトに照らされて
凄い蒸し暑い日になった事でしょう。



田舎は、大半の田んぼに満々の水を貯めているので
ヒートアイランド現象はありえなく
日陰に行けば、ヒヤッとした空気に包まれます。


ただ。。。。


この暑さで、虫が一気に増えた。



今年初!害虫である「カメムシ」が車に止まっていました。


さあ、今年も害虫との争いが始まります。





田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

ツバメの巣に卵が…2013年

000
我が家の母屋隣の納屋の1階屋根の梁に巣作りした
ツバメの巣に常にツバメが居る様になりました。

正確に言えば、居るのが気がついた。。。


と言うべきですが。。。。


巣のある場所が、
肥料などや農資材を置く部屋(と言うかスペース)で
そこへ物を取りに言ったら、
ツバメが逃げて行くのに気がついたから。

驚かせて、追い出してしまったついでに
写真を撮りました。

天井際に巣があるので
手鏡を使って。


5卵


確か2年前はもう少し多かったような。。。

2年前のブログ記事
ツバメの巣に卵を確認




この2年前の時とまったく同じ位置に巣作りしたツバメ。


古い巣は残しておいても使わず、
壊してあげると、同じ場所に作るのです。


同じツバメなのでしょうかね。。。。



なんにしても元気に育って
巣立って欲しいものです。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村


今年のお米の苗

002
お米の種から発芽した苗を植え時まで育てられた
苗の箱を田植えの準備の整った自分の田んぼに運びました。

この苗の箱のサイズは統一され、
そのまま田植え機に据え付けられるサイズになっています。

苗の植え方も色々有りますので、一概には言えませんが
一般的に1反(300坪)で15~18枚使うといわれています。

我が家では、今年1反15枚で換算。

昨年は、田植え前に急に田んぼの使用を依頼された事もあり
ある意味、今年がしっかり考えて準備できる初年。


昨年は、時間とスペースの余裕があり
苗を半分程度、自宅で種から発芽させ
苗をつくりましたが、今年は、時間もスペースも足りなく
苗は全て購入。


001
結果GW中になりましたが
指定された日時に苗を引き取りに行っていました。


003
なかなか色見も成長度合いも揃って良い苗です。


さぁ、
お米の赤ちゃんを引き取って、田んぼに植え
今年半年で、しっかり発芽~実らせたいです。


今年がどんな気候になるかは
神のみぞ知るところですが、
半年、しっかり育てきりたいですね。






田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

田舎暮らしで一番しあわせなとき

これはやはり家族で屈託無く
親と子の次元を超越し、強いて言うなら、
仲の良い先輩と後輩くらいの間柄で話をしながら
ゆったりと夕食を取れるときでしょう。


それも毎日過ごす家の居間(ダイニング)だけなく
時には、母屋前の庭でバーベキューをし
星空をながめながらの夕食を過ごしているとき。


実際には、空に満点の星空が出ているにも関わらず
テーブルや炭火コンロを囲んで話に盛り上がっているのですが
家族それぞれの雑談の中で
欠点・長所を屈託無く、笑い話の仲で言い合い
それをまるで漫才の掛け合いの様な
瞬時の受け答えでかわし合うマシンガンな会話。。。

これは、写真ではなかなか伝わらない…

と言うか、決して伝わらない。



田舎では、バーベキューをしようと思えば
炭火を起こす時間さえあればいつでも出来ます。


そして、大声で外で話をしても
クレームを言われる事も無い。。。
(近所が隣接しないから誰にも聞こえてない。。。。)


毎日、こんな時間があると
新鮮味が無いですが
家族の都合や、テンションがあった時に
即、実行できる家族団らんの時間がいつでも作れる田舎。


車の騒音も、電車の騒音も、人の声も一切聞こえない。


逆に言えば、聞こえるのは
(今の時期は)カエルの鳴き声だけ。







日々、それぞれの立場で忙しい毎日。


親(当然、家事や仕事)。


子供(は、学校や部活など)。



でも、そんな

「時間を共有している感」は

都会ではまったく無かったけど


田舎では色々なシーンで感じられます。




客観的に言えば
「体を使うのが大好き」
「インドア、より アウトドア」
「男子2名、女子2名の家族構成ではあるが、性格は男子4名」

そんな家族構成の家族にとっては。。。。

と言えるとは思いますが。





そんな、今日。


慌しい一日を過ごした後


PM6時から思い立ったように
外で炭火焼バーベキュー夕食をとり
短い濃密な時間を過ごした後
あっという間に家族で手分けして片付けし
風呂に入って明日の準備。


一応、今日は子供たちの母(私の妻ですが)の誕生日。

ちょっとだけ、誕生日歌を子供が歌いましたが
親の誕生日など適当にあしらって終わり。
(父の私が、いい年こいて誕生日祝いなど必要ないという考えで。妻も同感)


ここには書ききれませんが
今の子供達の状況、考えを色々聞けるのも
田舎と言う環境が、そうさせているのだろうと思います。


今日、
いや、さきほどのバーベキューの時間に父親が感じた事全てを
文字にする事は難しい。。。。いや無理。



それほど、子供と色々会話ができる事が
田舎に来てよかった事だと心底思います。


普段、缶ビール2本ほどのお父さんが
今日は4缶も飲んでしまって、
支離滅裂な文章の気もしますが。。。。


これも今日の気分良い記録として。。。。。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村



朝6時の田んぼ

003
昨日、終わりきれなかった田んぼ。

田んぼ内の土の高低差を
大胆に修正した田んぼ。

その修正後の補正をしないと
細かな凸凹が消えない。。。。


そんなに大きくない田んぼなのだけど
ゆっくり丁寧に作業すると2時間はかかる。。。


他のこともあるので
今朝は6時からトラクター。


でもそれはそれで朝起きは気持ち良い。


全然苦痛になってないというか

朝の散歩気分でもある。。。



時間はかかるが、
トラクターと言う機械をちゃんと操作すれば
後は機械が綺麗にしてくれるから
気楽ではある。


なんにしても、
田植え前から田植え、そして
稲刈りまでの流れを理解し
慎重に行うところ、大胆に行うところを
上手くわけて作業しておきたいと思ってる。


今年のGWは、忙しいけど
既に秋の収穫時を見据えています。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

代かきは続く。。。。

002
今日は朝から日暮れまでトラクター。。。。。。


当然、昼飯も食べるので
その間の休憩もあるが
大半をトラクターに乗ってる。


田んぼは全部で大小合わせ6面。

隣接するわけではなし
小さな田んぼもあるので
効率が決して良い訳でもない。

中山間地区の農地は、どこも同じ。

まだ、私の住む地域は
圃場整備されているので
それでも良い方。



しかし。。。。

これほどトラクターに乗っている時間が長いと
その後、軽トラックに乗り換えた後、驚く。。。。



軽トラックが凄く乗り心地良い!!


動きが俊敏で、加速も良い。


サスペンション機能の無いトラクターから
乗り換えれば、
軽トラックの乗り心地でも、
スポーツセダン?の様なしっくりと来る落ち着き。


いや~良いですね~


こんな些細な事で感激できるのは。。。。


なんか得したみたい


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

GWは田んぼ

001
5月のGWに入り、田舎の道路も行楽車で普段と大違い。

我が家から見下ろす道も
香嵐渓を避ける迂回コースにもなり
信号が少ない(無い)ので、
気持ち良い林間道路となり
知る人ぞ知る良い林間道。

静かな田舎がすきなのですが
この時ばかりは、車やバイクの通行が多く
いい加減うるさく感じてしまう。。。。

そんな道沿いの田んぼの代かき。


田植えをする為に
田んぼの土を柔らかくする作業。


ただそれだけでなく
田んぼの土をいかに凸凹なく
綺麗にまっ平らにするかも重要。

少しでも水面から地面(土)が出ると
そこから雑草が生えやすく
せっかくお米の為に土に栄養を蓄えても
雑草に吸われてしまうから。


昨年以上、今年は慎重に作業。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村


田舎の景色。代かき終了は日没まぎわ

001
夕方4時位から
田んぼの土を柔らかく、平らにする作業…代かき。

終わったらこんな景色。


ポケットデジカメでの撮影(空に焦点を合わせて撮影)。

暗く写ってますが、
目視だともう少し明るいか。


オート設定で撮影すると
フラッシュが自動点灯し
002
目視より明るい。

最初の写真の方がリアル。


003
フラッシュ停止で撮影すると
シャッタースピードが自動で遅くなり
こんなに明るい写真に。

これでは昼間の写真のよう。

凄いですね、手持ち撮影でここまで撮れるとは。。


カメラの性能は別にしても
日没まぎわまで、外で作業してても
田舎暮らしは気分が良い。。。。。


カラスが巣に帰る「カー、カー」と言う泣き声も風流。


カエルも一生懸命仲間と泣き合ってる。


キジやこの明るさだとフクロウも。。。。。


この場所にテント張って、寝たくもなります。


自然の声、音は子守唄にピッタリ。



スマホで動画など撮影し、
音声だけでもブログに掲載しようかとも思ったが
田舎の良さはそんな音声だけでは伝えきれないので
やはり止めておきました。



やっぱ、良いなぁ~山間の田舎って。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村


しば農園

我が家で作った愛情作物の自前通販サイトです。
<※PC専用>
プロフィール
ブログランキング


最新コメント
楽天