愛知の田舎で古民家暮らし

築100年超の田舎古民家で田舎暮らし7年目に入り、2000日を超えました。

足助の田舎暮らし

車庫前の整地と車庫柱の交換

002
お母屋玄関前のスペースは
今、車庫と車の転回スペースとなっていますが
車の出し入れの頻度の高い場所ほど
土が偏ったり、タイヤ跡で溝になっていたりしましたので
ユンボで整地しました

そして、写真では分かりずらいですが・・・
001
車庫の中に雨水が流れてこない様に
車庫屋根下部分に整地して出た土を盛り土しました。

これで大雨が降っても、
車庫内に雨水が流れて来ることは
しばらくないでしょう。


この整地をした一番の理由は。。。。
003
雨水の通り道となってしまった個所に立つ
間伐材を使ってDIYした車庫の柱が
昨年の夏に発生していたシロアリにより
柱が朽ちてしまったから
車庫内に雨水が入りにくくしてから
柱交換を。。。。

軽トラの荷台に三脚を乗せ
その三脚の上に軽トラ積載のジャッキを使って
車庫の柱にかかる荷重を無くして作業開始。。。。


004
柱の下部の芯を残して
ほぼ朽ちている柱。


006
シロアリが残っているか調べる為に
チェーンソーで、細かく切りかいたり、割ってみましたが

黒アリが所々居る位で
シロアリの姿は無し。。。。

シロアリはきっと大半が巣だった後の様で
巣に残ったシロアリはどうも黒アリがシロアリを食べつくした様子。

地面に黒アリがたくさん歩いていたので。


シロアリの天敵は、黒アリなので。。


007
1m近く埋めてあった柱も
地中近くの部分は地上部と同様、朽ちていました。

まだ木の半分と芯は残っているので
柱としては機能しているでしょうが
交換できる時にしておこうかと。。。。


005
梁や控えと柱を離し
旧柱の取り外し。。。。


008
そして、これも間伐材の残りを再利用して
柱の長さに切って、差し込み。


今回は、土にうみこまず、
以前に買っておいたコンクリートの土台に据え置き。


車でこの柱にぶつける可能性があるのは
位置的には私の軽トラ。


でも、今まで柱にぶつけたと無いし
ぶつけたとしても自分で設置した車庫であるし
自分で直せるので問題なし。


それより今回は土・水に触れない様に設置優先。


埋め込み式の4本柱で支えていたが
その内の1本の柱くらいを据え置き式にしても
たいして問題無いとも推測しての事。


この車庫を設置したのが
2011年10月
当時ブログ「間伐材を使った丸太造りのテラス屋根完成

6年半ほどで柱の1本は朽ちたが
他の3本はまだまったく問題なし。


そう言う意味で、土に埋まっていても
雨に当たる状況でなく、土が常に濡れてなければ
シロアリの被害はそう無いものだと・・・・


思ってたより容易に柱の交換は終わったなぁ。。。。
構造がシンプルだと楽だ。


それより。。。。

柱より、波板の屋根材、
特にガラスネット入りではあるが塩ビ波板の劣化がひどいなぁ。。。


所々割れてきているので、
車庫内が部分的に雨漏りしている。


そう問題、気にする程ではないけど
数年で交換が必要だろうなぁ・・・・


波板の交換の方がめんどくさそうだ。




~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

2頭、捕獲・・・イノシシ

001
報告遅れました。

先日、ワナの仕掛けを報告した翌朝の写真。


要するに、ワナをしかけたその夜に
イノシシが捕まったと言う事。



002
イノシシの子のウリボウではなく、
充分育った若いイノシシでした。

それも二頭。

兄弟なのでしょうか、それとも夫婦??。


この辺は、イノシシの師匠(ご近所の狩猟免許所持者)に
聞かないと。。。。
(互いに忙しく、ご近所だけと会えてない)



この大きさで、二頭当時に檻で捕まるのは初めてです。


それまで毎晩のように付いていた
本当に小さなイノシシの足跡たち。


しかし、
ワナをしかけた当日の朝、
前夜の痕跡として
今まで来ていたウリボウの足跡より
大きめの足跡は檻近くで見つけていました。


親にしては小さめか??。



う。。。。ん。。。。。



こいつは何だ?流れ者の?別物か?


この辺の疑問符も、そろそろワナの仕掛け時か・・・と思った一因。


このサイズのイノシシが
一番田畑を荒らす悪さをし、被害甚大になるサイズ(若さ)です。



きっと、ウリボウが毎晩食べに来てて
何も起きない(ワナが無い)檻に警戒心解き始めた
元々警戒心ある若いイノシシが入り始めた矢先
タイミング良く私がワナをしかけたのかもしれません。



今回、今、最大な悪さをするいいサイズのイノシシを
捕まえる事ができましたが


でも
数カ月ですぐこのサイズになる
イノシシの子のウリボウが複数居るのも確認できている以上

まだまだ安堵する暇はありません。



今回、この二頭捕獲により
仕掛けた針金類は全て引きちぎられ
(扉が閉まった後、檻内でイノシシが暴れる事で針金が切られる)
扉を支えていたワイヤーも何らかの理由で
切られてしまいました。


それら補修を後日しないと。。。。


とりあえず。。。。
003
朝、連絡しておいた
地元の馴染みの方(狩猟免許所持者)により
捕獲したイノシシの処置がされたようで
(私は仕事により立ち会えず)


その日の夕方には、
イノシシの姿は無くなっていました。


血のりが2か所檻の中に残って。



ほぼ一日、檻の中で過ごしたイノシシ。

それら
イノシシの檻に摺りつけられた体臭、

糞尿。。。。

そして血のり。。。


それらにより、今、この状態の檻は
相~当~臭い檻の中です。


田舎って都会ほどハエが居ないのですが
(ハエの天敵も多いので)
それでも何も無い、でも、

臭いキツイ土の周りに
ハエが飛び回っています。


何回か雨が降って臭いが薄くなるのを待ちます。




そして。。。。



また、次のイノシシとの戦いを徐々に始めます。



とりあえず、今年初捕獲。

2頭。


捕獲イノシシの
年齢推測及び性別は、処理した方に後日お聞きしようかと。




~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

いよいよ…仕掛けます

001
今日は先週に続いての町内美化活動。

002
私の組(町内を6分割して組み分けしている)は
この田舎道の路肩の草刈と側溝の掃除。

手慣れた作業とは言え、
高齢化もあるし、若い方が住んでいても
突然の出勤で参加できないなど
今日は参加者が少なめ。。。

一人の負担が増えますが
なんとか通行に支障が出ない様
綺麗にすることが出来ました。



そして、、、

害獣であるイノシシに
毎日餌付けをし続けていた檻。

大きなイノシシの足跡が中々見つけられないが
小さなイノシシの足跡により、綺麗に毎日餌を食べて行っている日々。

今、捕獲してもイノシシの子の可能性が大だが
町の有力な狩猟免許所持者(ご近所)と相談し



「まぁ、しかたない。。。。とりあえず捕まえるか・・・」


と言う結論になり。。。。

003
米ぬかの上に置き続けた
米ぬかがこびりついた竹の筒に、
ワイヤーを通しました。


004
この角度であれば見えるでしょうか。

ワイヤーが竹の筒の中を通って
そのワイヤーが上の方につながっているのが。


005
そのワイヤーが、上側に付いている仕掛けにつなげられ
竹をイノシシが鼻で強く押すと
ワイヤーが引っ張られ
仕掛けのフックが外れ
落とし扉が落ちる、、、、という仕掛け。


今回は、ワイヤーを若干緩めに仕掛け。


緩めだと、多少竹をつついた位では
フックは外れない。


これが吉と出るか凶と出るか・・・・



何にしても、
かれこれ今までより超長く、
1ケ月ほどタダ飯を食わしてきたイノシシが

ワナをしかけたのに気づくかどうか。。。。


実際、今までもワイヤーを掛けただけで
警戒して数日寄らなくなったこともある。



どうなるでしょうかね、、、、



まぁ、もし想像通りのウリボウ(イノシシの子)しか捕まらなくても
兄弟だれも捕り損ねることなく、一網打尽したいなと。。。。


捕え損なったイノシシが、大人になり
イノシシのワナに近寄らなくなってしまうので。



ちなみに。。。。

イノシシ捕獲には公的許可が必要です。

私の檻には、許認可番号をもらっていますし
私自身も、捕獲(補助)の許可もあります。


最終的なイノシシの処理は、
私では無く、ご近所の狩猟免許保有者に依頼。

最終処理(トドメを刺す)作業を、勉強がてら、
見たことは多々ありますが

相当危険多い作業なので
中途半端に手伝わない様にしています。

(電気ショックでしびれさせ、その時にトドメを刺す
 書くのは簡単だが、電気ショックが上手く効かすのが中々難しい。
 その後、処理場に運ばれ食肉に加工されてます。)


イノシシも殺されない様に、真の意味で
「死に物狂い」抵抗します。

そりゃ~恐ろしいです。

殺される前に、檻の中で暴れて
イノシシ自体血だらけになってます。
特に顔&鼻は。。。


最初の頃は、生きてるものを殺すと言う作業に
罪悪感的なものや、可愛そう的な感傷はありましたが


これだけ多々生産物被害や、田畑を荒らされると
「個体数調整」の為の作業としか思ってないですね。


だって、個体数を調整しないと
ほんと無尽蔵に増えてしまうので。


果てしない戦いのうちの一つでしかないかと。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

田舎道の草刈管理

今日は前もって休みにしようと予定を開けていたが
梅雨入りした為、雨により草刈作業など外作業が諦めていた。

でも。。。晴。


ならばと。。。。


今週末に町の行事で予定されている
我が町を通る田舎道沿いの事前草刈を。


そして、これまたついでに。。。。


前々から気になっていた事を。。。。


001
道沿いの三角地帯に出来た沼地の整備。


002
ここは道路の反対側の山間の谷から流れて来る
山水が道路下の配管を通って出てくる場所。

ここで一旦地上に出て、道路横にある田んぼの下に
埋設されている管の中を抜けて、田んぼ奥に流れる沢に流れている場所。

山からの砂が堆積し、ほぼ埋まっていたので
堆積した土をユンボで掘り出した。

これでスムーズに水が流れる。


しかし。。。
なんでそんな中途半端な配管をしたのだろう。。。


ずっと管の中を通してしまえば
ここが沼地の様にならないのに。。。。


言えるのは。。。
001
ここの道路は後から作られた道。

昔の道(けもの道的な細い道)は、実はユンボの置いてある右側の
田んぼの畔際の細いスロープ側。

イノシシ避けのネットが貼ってある場所。


後から道路を通す時に
とりあえず道路下のみに配管を通して
工事を処理したと。。。。


こんな三角地帯、使い道ないから
埋めてしまえばよかったと今となっては思うだろうが

当時の地主さんはもう亡くなり、残された親族では当時の事は不明。。。

困るのはこんなところでも地主が居て
少なからず固定資産をとられていると言う事。。。。


都会もそうらしいが
田舎でも、土地の相続手続きの不備により
土地所有者が、不明な箇所がどんどん増えている現実。


それを今住む町民が、ボランティアで管理しているうちは良いが
私がここに移住してきた時は、ここも山林化しつつある場所だった。


これが田舎の現状。。。


そんな荒れた土地が増えて来るので
イノシシも人里にどんどん降りて来る。


003
そんなイノシシ捕獲用の檻を設置した場所も
整地したりして管理も必要。。。。
(写真奥に檻がある)



004
私にはユンボがあるので
空いた1~2時間ほどで、この程度の作業はできるが
ユンボが無ければ、きっとこんなボランティア作業はできないでしょう。


その意味で、誰もが出来る事ではないし
誰にでもさせられることでも無い。。。。


ただ、自分の住む場所の周辺が綺麗になれば。。。。


その気持ち一心でのボランティア作業ですね。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

田舎の町民自身での県道沿い草刈

今月は我が町に限らず、田舎の近隣中で道路沿いの草刈の時期です。

001
我が町では、まず、我が町を縦断している長い区間の県道沿い草刈です。

これら写真は作業の終わりごろで、刈残った草の処理をしている最中。

002
老若男女全員集合です。


田舎の家には1家に一台ある軽トラが
ここでも大活躍。

荷物を運んだり、刈った草を載せて集積場に運搬したりと。


例年通り私も含め、
県道沿いの土地の管理者による
事前草刈作業もあり、
作業はスムーズに進むのですが

今年は今までより1時間ほど早く終わる事が出来ました。


ここ2年ほどで
実家にUターンしてこられた若い方々の積極的参加もあり
ほんと例年よりさらにスムーズに進んだようです。


若い方々が夫婦となって、
また、家族となって田舎に戻ってくる。。。。


田舎に子供たちの声が響く。。。。



ほんと我が町に活気が戻って来たと言って良いでしょう。



このタイミングで、さらに住人同士の交流の場を増やそうと
各種イベントも企画していると。。。。



私の様に都会から縁も無く移住してくる人が増えるのも良いですが
やっぱり、もともとの住人が、田舎の良さを再認識して戻ってくる雰囲気が
田舎の土台にある事が一番だと思う。


その台があって、さらに都会からの移住者を呼べれば。。。。


何にしても良い状況。・・・


大切にこの雰囲気を育てていってほしい、
また育てたい。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

害獣イノシシとの捕獲への攻防

私の管理田の一つの近くに設置したイノシシ捕獲用檻に
4月初旬からイノシシが出没し始めていました。

ただ、まだ通りすがり的に毎日来ている感じではなかった。

それが5月初旬からイノシシの足跡や荒らす跡が安定的に出始め
その頃からイノシシの檻の周辺にイノシシの好物の一つ「米ぬか」を
置き始めていました。

その米ぬかを匂いが発生するように
多めに置いてみたら、置いたその夜に全て食べていきました。

ここまで来れば捕獲へのカウントダウンの開始です。

001
第一弾の米ぬかを置き、
それを食べた跡が緑色の丸印です。

イノシシの檻から離れた場所で
米ぬかを食べさせること3日ほど。

毎日食べに来ている事を確認し
今度は、檻の入り口に餌を置く。

これが第二弾。
002
入口手前と入口の縁に入口両側。


で。。。。
003
その日の夜に、檻を気にすることなく
すべて綺麗になめる様に食べていきました。

次の段階は。。。
004
檻の外と檻の少し中に入った場所に米ぬか。

そして、檻の真ん中に竹の端材。
この竹は捕獲に重要な部材と将来なります。


005
これもその日の夜には綺麗に食べたようです。

ただ・・・!
真ん中に置かれた竹には
まったく触れていません。

要するに檻の両側から頭だけ檻に突っ込み
米ぬかだけをきれいに食べていったと。

これの方法で2日ほど同じ餌の置き方を続け
食べているのを確認し。。。。

次のステップ。

006
今度は、檻の真ん中に餌を置く。

その餌の中に竹を埋めて置いての状態。

で、翌朝。。。。
007
この状態。

008
上から見ると。。。。

真ん中の竹の存在をイノシシは十二分に意識して
竹に触れない様にその周りの米ぬかだけ食べていきました。


次のステップは。。。
009
少し多めに米ぬかを置き
真ん中だけでなく、入口から奥へ誘導用に米ぬかを薄く散布。


そうすると。。。。
010
入口は綺麗に米ぬかだけでなく、
土も食べいるが、奥に行くにしたがって警戒し
米ぬかの食べる量が減り
ただ置かれただけの竹には絶対に触れない様に
警戒しているのははっきりと。

これと同じ餌の置き方を2日程した夜明け。。。

011
フラストレーションが溜まったのか
イノシシは檻の周りの土を全て掘り返して行きました。

実は、前夜少し雨が降り
土が柔らかくなったであろうから
檻の周りの土の中に集まっていた
ミミズを土を掘り返して食べていったようです。

ここまで食欲旺盛なイノシシでも!

檻の真ん中の竹は、見事なほど動かさず食べていきました。

012
竹の下の米ぬかも減っているので
多少は動いたであろう竹であるが
イノシシが普通に米ぬかを食べれば
鼻先でこんな軽い竹はあっという間に
檻の外にすっ飛ばす勢いがあるのに
それが無い、それをしない。。。。。


相当この竹を警戒していると言う事です。


実は、この竹、この檻の仕掛けに重要なものなのです。

檻は現在、檻の中にイノシシが入っても
落とし扉は落ちる様に仕掛けはまだしていません。


イノシシに
「檻の中の餌を食べても何も起きない」


そう学習させる為にしかけず、ただ食べさせているだけなのです。


そのイノシシを捕獲する時の仕掛けは。。。。。


この真ん中に置かれた竹(中はくり抜いてある)の中をワイヤーを通し、
イノシシが檻の中の米ぬかを食べる時、邪魔な竹を鼻で大きくつついた時
ワイヤーが引っ張られ、仕掛けが外れて両側の落とし扉が落ちる。。。。

そう言う仕組みなのです。
(基本的な仕組み。他に竹を使わない方法もあるがこれが一番捕獲率が現状高い)



ここまでこの竹を警戒していると言う事は。。。。


今、ここに来ているイノシシは。。。。。


過去、ここで捕獲したイノシシの生き残り兄弟か
ここで子供を捕獲されたイノシシの親。。。。。


この檻の仕組みを家族が犠牲になり記憶に刻まれていると。

こう言う生き残りイノシシが大変厄介なのです。


この私の掛ける檻の仕組みを知らない
通りすがりの流れ者イノシシ(大人のオスイノシシ)なら
もっと警戒心薄く竹を飛ばして食べていくのです。


生き残った子供が親となり、それがメスだと本当に厄介です。

実際、私はメスの大人イノシシを捕獲した経験がまだ無いです。

もう数年で30頭近く檻で捕獲しているのに。

イノシシと根比べです。

013
あえて竹を餌の上において
竹を鼻でつっつきやすい様に設置。

014
ここまでふわっと置かれて状態だと
少しでも餌を食べれば竹は落ちます。


015
案の定、翌朝竹は転がり落ちていました。


016
竹が無くなった米ぬかをきれいに食べていきました。


これで、竹が動いても何も起こらない。。。かも??。。。。

とイノシシは感じ始めてくれるでしょう。



これをしばらく続けます。



そうして、この檻は何も起きない。。。。。



そう学習し、この竹を檻の外にすっ飛ばす位になるまで。。。


ひたすら餌を与えます。、




1週間ほど続けながら様子見。




その中で、檻の中に大人のイノシシの足跡が
はっきり見え始めたら、またしばらくタダ飯を与え。。。。


警戒心が完全に消えるまで。。。。



さて、いつイノシシの警戒心が消えてくれるでしょうか。。。。




~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

町内の草刈シーズン

今月は、町内を縦断する県道と市道沿いの路肩を
町民総出で草刈りし、町内美化活動をする月。


それは来週(県道沿い)、再来週(市道沿い)に
予定されています。


ただ、当日の2日だけで、
県道や市道沿い全てを道沿いの草刈をすると
終日作業となってしまい
高齢者比率が極端に高い田舎では
体力的に無理がある。

なので、それぞれの作業日に
半日で終わる様
県道や市道沿いに自分の所有地や管理者がある人は
事前に
「その部分だけでも草刈をしておいて下さい」と
言うのが暗黙のルール。


なので。。。。。。

県道沿いにある私の管理地。
001

002
道路に草が伸びてこない様に
道路沿いの部分を刈り取り。

イノシシ避けのフェンスが無ければ
綺麗に刈り取れるのですが
フェンスがある分、綺麗に刈り取れないのは
致し方ない部分。


また、写真の土地は田んぼ。


今は、休耕田。


2年前まで米作りしていたが
毎年半分以上イノシシの被害を受け続けたので
作るのをやめざるを得ない状況。

道路反対側の斜面が広大なゴルフ場所有地の山すそとなり
そちらを徘徊するイノシシが作物の収穫時期になると
確実にやってきて、ある意味防除の対応出来ず
万策尽きたと。。。。

なのでここはイノシシが町内から完全に居なくならないと
耕作できない場所となっています。

ただ。。。。
それでも管理放棄するわけにもいかず。。。。

多年草の雑草が根付かない様に最低限の作業を。。。

003

004
作業前。。。。

005

006
トラクター耕うん作業後。


来週には我が地域も梅雨入りしそうな気配なので
田んぼの排水口を閉じ、雨水がたまる様にこの後して

水が溜まったら、もう一度耕うんしようかと。



そうすれば、今生えている雑草は一旦根絶できるかと。



乾いた土より、ぬれて柔らかい土の方が
トラクターの刃の負担や消耗も少なく出来るかと。



使わない田んぼでも、
こんなことをして維持していかねばならぬのも
困ったものです。


本来なら、何か作って維持していきたいのですが。。。
ここは、畑に出来ない沼地。
畑に転換するメリットもなく休耕が一番手間無いのが現状。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

ツバメの親も忙しい

001
我が家母屋の横に建つ
納屋1階の天井梁に巣作ったツバメの卵が孵ったようです。

夫婦で超高頻度に出入りするたびに
黄色いヒナの鳴き声が玄関前に響いています。

ちょっと覗いてみると・・・

人の音だけでも、親鳥が来たと思い
雛たちは必死に口を開け鳴き続けます。

002
まだ目が見えて無く
音、フラッシュの光に反射して鳴いている様子。


何匹巣の中で孵ったのかは確認していませんが
例年孵らなかった卵は、大きくなったヒナにより
巣の外に落とされているので
この世に生まれることない卵もあると言う事でしょう。


毎年、この場所で確実に1個の巣が作られ
毎年3~4匹巣立っていきます。


ツバメの存在は車庫にも屋根がある我が家にとって
糞害にもならず、害虫となる虫も取ってくれるでしょうから
害鳥ではなく、益鳥といえるでしょうから
このまま見守りです。


巣の位置もこの天井裏であれば、ヘビも来れないでしょうし
カラスもこんな狭い部屋にはこれないでしょうから
ツバメたちにとっても安全なのでしょう。


スクスク育ってほしいものです。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

作業靴(安全靴)もこんなに進化

000
新しく買った作業靴(安全靴)。

アシックス社製

値段、1万5千円程(ネットの最安値)。


ありえません、
今までの自分でこんなに高額な作業靴を買うのは。


3月に足の裏の腱を痛めた事を報告しました

(当日ブログ「これも田舎暮らしの勲章か・・・」)


実は、まだ完全完治とまで行っていません。


普段の生活においての歩行では、
ほぼ痛みを感じることはありません。


ただ、田んぼの畔や法面(のりめん/斜面の事)を草刈する時など
つま先に負担や過重がかかる時や

トラクターなど、
痛みを忘れてて何気に右足つま先で
重めのペダルを踏んだ時など
軽い痛みから一瞬顔が引きつる程度の痛みまであり
まだまだ治癒していない事を知らされている日々。。。。


スポーツシューズ的な安全靴なら
中敷きをクッション性の良いものに替える程度で
だましだまし日々の作業をしていたけど

足首までホールドするタイプの地下足袋タイプは
もともと足裏のクッション性が低いダイレクトな感じなので
バスケットシューズ的なかかとの高い靴で足裏が厚いタイプを探していた。


ただ、これから夏に向かい
ハイカットな靴は大変足が蒸れるので
メッシュタイプの靴が良いが
それは夏の朝露に濡れた草の上を歩くと
靴の中がすぐ濡れてしまうのでためらっても居た。



それら問題を解消してくれるもの。。。。。




で、今回買った靴。



メッシュタイプで、ゴアテックス素材の防水タイプ。。。。


まして、靴の中敷きは最初からクッションの良く
中敷きだけ買い替え出来る高性能中敷き。


なのでこんなに高い。


こんな値段の靴なんて
過去の人生において、1回か2回ほど買ったことがあるだけ。


そんな高額な靴を作業靴として使うなど。。。。



いつでも使えるように軽トラに積んではあるが
いまだに使っていない。。。。


自分への良い訳で

「もう少し気温が高くなって相当暑くなったら使おう。。。」



そんなこと言っていたら、使えなくなるのに。。。。



分かっているけど、使い出すタイミングが中々難しい。。。。(泣)




~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

古いコンバインの維持管理

2016年(平成28年)9月以降、不動だった我が家のコンバイン。
昨年、このコンバインを使わなかったから。

不動期間1年8ケ月。

2年前の秋の稲刈り後、しっかり清掃はしてあるし
軽油も満タンに保管し、バッテリーも外して長期保管に備えていたが
そろそろ古くなった軽油の交換と、動作確認をしないと。。。。

そう思っても日々の忙しさの中で優先順位の低い事は
後回しになっていた。

ユンボが我が家に運びこんでいる今
ユンボの置き場所も含め、
コンバインの置き方を変える為
ここで一度動かそうと。


001
まずは、バッテリー装着。

バッテリー自体、定期的に補充電して保管していたが
そもそも古いバッテリー。

古くなった燃料の軽油の問題と、
動かされなかったエンジンを動かす為には
やっぱり弱かった。


002
やむなくエンジンをかけたトラクターのバッテリーと
ケーブルでつなぎ
コンバインのエンジン始動。


凄いものです。

約2年ぶりでも、バッテリーさえ元気であれば
ディーゼルエンジンは元気に息を吹き返してくれます。

エンジン始動の瞬間だけ、エンジン回転が安定しなかったが
ものの数秒で安定。

エンジンを若干暖気して、今度は走行テスト。


これも、結構軽く動いてくれました。


こんなに動き軽かったかな?と思うほど。


コンバインとしての稲刈り~脱穀までの機械動作も確認。

ネズミの死骸など出て来るかと思いきや
コンバインの中身もほとんど汚れて無い。

いやーすぐにでも使えそうです。


かと言っても、稲刈りは秋。


まだ眠ってもらわないといけません。

ならと。。。
003
一旦、エンジンを止め、
古い軽油を全て抜き、新しい軽油を補給。

古い軽油は、臭いも色もまだ問題無く、使えそうなので
使用頻度の高い機械に給油予定。

妻の畑を土おこしする予定があるので
トラクターに給油して使い切りましょうか。


置いてあった場所を移動して再度確認ですが
オイル漏れなども一切なし。


原付きバイク位の金額で買った相当古いコンバインですが
まだまだ現役でいられそうです。


新しい電子機器付きの機械も良いですが
古いシンプルな機械も好きです。


なんでも自前で出来る。。。。これは楽しい事です。


この後、大きなブルーシートに包まれて
しばらく夏越えの睡眠をしてもらいましょう。 

~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

大むかしの生活道路を再整地

001
我が家の納屋と蔵の間に通る道。

ただの私道ではありません。

大昔(昭和初期)まで、この道は田舎の道でした。

この上にある民家はこの道を通って
我が家の下にあったメイン道路(と言っても相当細い道だったらしい)に
下りるルートだったそうだ。

登記簿を見ても、これは宅地では無く、道の表記になっています。

002
田舎に我が家が移住して、8年になろうとしていますが
当初は、これよりもう少し広かったと思います。

私が、この上の畑を半分農機具やユンボの車庫にする時や
その以降、ユンボで整地したことにより、砂が斜面に落ち、
徐々に狭くなってきたと。

昨年までユンボは畑に置きっぱなしだったのが
今は、自宅に戻って自宅にあるので
時間の余裕がある時に色々ユンボ作業を行っている。

この程度のユンボ整地は、たやすいもの。

私のユンボのサイズだと、丁度下までアームがとどく。


003
ユンボで斜面の土を削り持ち上げ
道の面を広げた。

これが手作業だと大変です。

写真は、全作業完了後の写真で
斜面に生えていた雑草を
新しく広げた道部分の砂防用に
傾斜した道の面に等間隔で敷き詰めました。


004
本当は全面に敷いた方が良いのですが
斜面の面積に対し
道の面積の方が広いので、足りなかったと。

005
撮った写真を見て、後で自分で思ったのは
この上の面の土手のキワの土をもう少し盛り上げ
また、造成した斜面と逆側に傾斜を作っておかないと
大雨が降った時にこの草が生えて無い斜面を雨水が垂れ
斜面が崩れるなぁ。。。と。


ユンボに丁寧にシートを掛けてしまったので
次回ユンボを使う時に上面の整地をし直そう。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

ユンボで排水マス詰まり掃除

001
先日の大雨で道路U字溝が詰まり雨水が溢れた跡。

普段ならここまで詰まる事は無い場所。


なぜかと言うと。。。。

この上流に大型の排水マスがあり
そのマスには大型の配管が通っているので
下流にここまで落ち葉が大量に流れて来ることは無いから。


実は大雨当日、道路にあふれる雨水に気づいて
雨の中雨合羽を着て、詰まった落ち葉を取り除こうとしたのだが
あまりの多さに諦めていた。


何にしても、ここは町内のご近所に年2回水路掃除をする個所。

私と妻もその掃除に参加している。


その年2回の掃除の1回目が来月に来るが
ここまで重症のU字溝では、掃除当日が大変なのと
数日後に予報されている雨の前に掃除と思い
空いた時間で確認。。。。

003
完全に詰まっている。


002
雨の中、私が格闘した掃除跡。


004
このマスの掃除は、とても人力でが危険なので
ユンボを持ち出してのマス内掃除。


005
これでもマスの底までバケットがついていません。

そこはもっと深い。

もし間違えて、頭からこのマスに落ちたら
中に詰まった落ち葉に身動きとれず
溺死の危険が大。

006
これでユンボで掃除できる最大値。
(マスが詰まっていた為、写真右下に見えるU字溝も砂で詰まっている)


これで中に人が入れる状態ではあるが
まだ山側から水が大量に出ていて
(普段はもっとチョロチョロの水量)
作業しづらいのと、ここまで掃除してあれば
町内清掃日に掃除できる範囲なのでOKと。

003
掃除前の状況と比較


007
マスの中にこれだけ太い水管があるのに詰まるのは
倒木などの枝が、大雨によって流され
この水管をさえぎり、それに落ち葉が詰まると。。。。


田舎の住人は、
この様な作業を基本住人で行っています。


都会同様
道の管理(県や市)事務所に連絡しても対応してくれますが
田舎の人たちは、町内の道を自分たちで日々草刈や掃除しているので
自分たちで対応している事がほとんどです。


この詰まった排水口を放置していると
雨水が道路を走り、それが土手などを下ると
土手が崩れる原因になり、より大きな被害になる事をしっているので
自分たちの土地を守る意味で、対応していると言う事もあるでしょう。


何にしても、この手の作業を苦痛と思っていては
田舎暮らしは出来ないのでしょうね。


ちなみに。。。。


ここですくい出した落ち葉は。。。。

山に返しました。


道路脇の自分の管理地にでも置いておけば
その内、腐葉土ともなり、畑の肥料にもなりますし
使わなければ土に帰るだけですから。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

軽トラにバイク積載

001
なんか久しぶりです。

軽トラにバイクを積むのは。


写真撮影して、写真を見てる分には
そう思えませんが

実際にこのバイクを荷台に積んだ時には
バイクが普段より大きく見えたものです。


XRモタード/50改



反応無いスピードメーターを
自分で交換しようと、部品を注文したものの

新部品を取り付ける周辺パーツの交換も必要の可能性が出て
やむなくバイクごとSHOPへ持ち込むことに。


う。。。。。ん・・・・・




ちょっと下調べが甘かったか。



最初から複数ある馴染みのSHOPへ持っていけば
自分で調べる必要もないのだが

自分でコツコツとバイクを分解して
ついでに整備しようと思ったのが間違いと言う事になってしまった。



あ~~あ、自分で直したかったが
やっぱ電機系に関わる修理交換はややこしい。。。。


専用工具、検査キットも必要だからなぁ。。。。



電気系に触れない部分だけ触るつもりだったが
電気系の動作チェックもしないとあるパーツだけ付ければOKにならず
こう言う事に。。。。



車もそうだが、電気系は自分で中途半端な事せず
信頼できるSHOPに相談するのが一番。


残念。


しかし。。。


軽トラにバイクを積んで思ったが
良く考えれば、バイクを積むまでは出来ても
バイクを軽トラにどう固定するか一般的にはわからないだろうなぁ。。。と。



私の場合、バイクを3点の方向からロープを軽トラに
引っ張りながら縛り付ける方向で固定しています。


1本のロープで。


スタンドのある方で2点。
その反対側で1点の計3点でのけん引。


3方向から下向きに引っ張られたバイクは
この状態でピクリとも動きません。


急発進、急ブレーキをしても
ロープが切れたり、外れたりしない限りOK。



これは、なじみのバイク店で
店員がトラックに積載する時の結び方・固定方法のコツを
昔聞いていたことが大きいか。


トラックを持っていても
積載した物の固定の仕方、ロープの使い方が分からないと
ほんと、たいしたものを積んで走れませんよね。


何事も興味と勉強か。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

水路に堰を作る

昨年の2月、
山の採石の為に水路の整備が行われ
私の管理田んぼの横の水路が整備されました。

当時ブログ
水路作り直し工事完了


その水路も2年目になり
水路内に苔などが生え滑り易くなっています。

その為、水路内に堰をつくって
田んぼの中に水を導こうとしていても
先日の大雨で、置いといた土嚢(どのう)袋が流されてしまいました。


どうしようか思案。。。。。



で、
001
水路両脇に杭を打ち
その杭をささえに棒を渡し
その棒をつっかえ棒にして板を斜めに水路底に。


写真で見る左側面に田んぼへ水を導く穴があるので
左側の土嚢は常設。


右側の土嚢は、水を田んぼに入れる時だけ置く。

終われば右側の土嚢を除けて水路内片側の水を通す。



これで多少の雨でも土嚢が流れにくくなったかと。。。。(推測)




まぁ、大雨予報や台風時などは水路内に何もない方が良いだろうから
その時は、堰自体も上にあげてしまえばいいかと。


あげると言っても持ち上げて置く位で。




蛇口をひねって農業用水が出るような
平地の農地では無く

山から流れて来る天然自然水なので、
砂も落ち葉も流れて来る。


なので、フィルターとなるものを置いておかないと
田んぼに全て入ってしまい、落ち葉や砂で埋まってしまうので
ほんと山の田んぼは管理する事が多いです。



何にしても。。。。


今年の春は雨が多く
いつになく水量が多い。。。。



この田んぼだけでなく、他の田んぼでも。



今年は一体どんな天候になるのだろうか。。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

ミネアサヒ米の苗の田植え完了

007
雨の合間に一気に田植えを終えることが出来ました。

これだけのひきの写真では、
植えたばかりの苗はわかりませんね。

田植え機が走行した後が線になって見えるだけで。


005
私の田植え機は、4条植えの乗用田植え機。



006
田んぼの移動は、この様に軽トラに積載し
移動します。


001
お米の苗は、委託してここまで成長させてもらっています。


003
背丈は充分と言うか、ちょっと長い位。


004
根の張りがイマイチですが、
まぁ何とかなるでしょう。


000
中山間地で、標高が平地より高いので
この様なビニールハウスで、温度管理しないと
苗のここまで成長は難しい。


002
苗の引き取り時は、混雑します。


私は引取り開始時間の1時間半前に到着し、1番。



機械のお陰は当然ですが
さすがに田植えの経験も積み重ねることが出来
スムーズに無駄なく出来るようになりました。


最初の頃は妻にも手伝ってもらっての田植えでしたが
今では、一人で、段取りから田植えまでしています。


今日の所は、機械で植えきる所までで完了。



この後、明日以降に機械で植えそこなった個所を
手作業で植えていきます。


苗が植わったばかりは、特に慎重に水加減を調整し
しっかり根付くのを確認するまで要注意。


明日からは終日良い天候が続く様なので
楽しみです。



さ、冬から準備してきた今年のお米作りが、
これで本格的に始まります。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

ユンボで斜面の再整地

001
ユンボが自宅にあるうちにしておかねばならぬ事と。。。

竹などが生い茂ってしまって、
堆肥置き場の周りが荒れ果ててしまっていたので
ユンボで荒療治。

002
作業前の写真を撮り忘れていましたので
状況が分かりずらいでしょうが
竹の根がはびこって、地面がまったく見えない状況でした。

根を引きちぎったので、これでしばらく竹の進出を押さえられるでしょう。

もともとはここはこんな状況でした。

2011年の早春。
0012
田舎に移住してきた時、
雑草に覆われ地面が見えない状況を
冬の間に綺麗に刈り取り、燃やしてここまで綺麗に。

0011
その年の早春。

なだらかな傾斜地で使い道が無かった場所を
下に段差を付けて、道路面に少し広いスペースを作成

001
そこに堆肥置き場として小屋を間伐材で製作。

001
ユンボも入れる様に屋根の高さを設定。

軽トラの荷台に乗ったまま作業も出来ます。

001
横からの雨がしのげるように囲いも。


最近は田畑近くに堆肥を配達してもらっているので
この小屋は使わなくなっていますが、

使うとこんな感じに。。。
461d7dfc
4トンダンプで堆肥をおとしてもらい。

3def1bbe
ユンボで屋根の中に押し込む。。。。



こんな事が出来るのも道路際の平地を広くしたから。


0012
こんな傾斜地ではつかえない。。。。


移住して、8年目になろうとしていますが
過去の自分のDIYが、色々な場所に出来ています。


今は、その管理にも追われる状況か。。。


でも、あれば何かに使えます。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

田んぼ代かき完了

全田んぼの代かきが完了しました。

我が管理田の一つ。

001
この景色を見ると、

「あ、ここまで来たなぁ。。。次は田植えだ!」

作業開始が遅くなったこともあり
日没前に撮影できたのはこの一枚。


002
汚れたトラクターの泥が乾く前に洗車した方が
土が乾いた後より効率が良いので、急いで洗車。


この後も、畑の土おこしなど
春先はトラクターの活躍時期、

洗車しても数日後には再度使うので
洗わなくても良いかと思う気持ちもあるが

洗車すると、オイル漏れなど発生していた場合
発見しやすいので。



このトラクターも6年目。



使用時間からボチボチ故障、オイル漏れなど
出始めてきた。


重症になる前に早めにチェックした方が
修理代も当然少なく済む。



田舎暮らしの最大アイテムの一つなので
大切に使い長持ちさせたい。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

田んぼ、水の入れ始め

001
今年(平成30年)のお米(ミネアサヒ減農薬)の植付け準備が直前になってきました。

田んぼに水の入れ始め。

田んぼに水を溜め、田植えをする為の床の準備、
溜まれば代かきです。

002

003
ここまで来るのに、
田んぼの周りの草刈から始まり、
田んぼに水が来るように、水路の掃除も。

掃除と言っても、掃除機で吸うのとは違い
水路に入りこんだ雑草やその根を切り
水路に覆いかぶさるようになっている土も避け

山からの自然水を導いているがゆえ
一緒に山砂も流れてきてしまうので
水路に溜まった山砂も綺麗に取り除くのです。


これら作業に日々の仕事の合間に行うので
1週間はゆうにかかります。。。

平地の農地の蛇口をひねると農業用水が出る状況は良いなぁ。。。と
この時ばかりは思います。

まぁ、致し方ないですね。

その分、綺麗な山の清水をお米に与えられると思えば。


カメラは人の目ほど高性能では無いので
地面にオートでピントを合わせると、
地面の明るさで撮影するので
空が明るすぎ、真っ白になってしまいます。


で、空にピントを合わせて撮影すると。。。。
004
空がこんなに青く写ります。


私は日々、こんな景色を見上げています。



田舎暮らしもうすぐ8年目になろうかとしている今ですが
それでもこの景色はいまだに心落ち着きます。



GW中で、行楽客など我が町の県道を抜け道に多く通り
朝夕は普段よりずいぶん車の音が多いですが
それでも都会よりずっと静か。。。。



今の時期は、私だけでなく我が町住人みんなが
田植えの準備に大わらわで、トラクターのエンジン音が至る所で聞こえます。


それも目の前で音を聞いている訳では無く
山に反射した音を遠巻きで聞いている状況なので
小鳥のさえずり同様、まったく気になる音ではありません。



今日、ちょっと草刈機の道具を買いに行く必要があったので
出掛けたのですが

せっかくなので。。。と。



バイクで。




良く考えると、バイクで一般道を走行し
町外の片道20分とはいえ、それだけ走ったのは久しぶり。



なんか新鮮でした。



帰り道にワンショット。

005
こんな景色は見慣れていますが
昔を思い出しての撮影。。。。


都会暮らし時には、こんな写真を撮る為に
はるばる1時間以上ツーリングしてきていましたが・・・・

今は、日常です。


飽きませんね~田舎。


追伸・・・・


お陰さまで、平成29年産の我が家のお米「減農薬ミネアサヒ」は
完売致しました。

ありがとうございました。

今年の新米の販売は10月末を予定しております。




~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

ツバメの巣

001
今年もツバメが巣を作りました。

しっかり巣が完成し
親ツバメが巣の中に身を潜めている所からすると
もう卵がありそうです。


ここは毎年ツバメが巣を作る所。


昨年は、この梁の裏側に巣を作り
子供が巣立って行きました。


毎年巣作りするので、
巣立った後の巣は、取り壊しておきます。

毎年新しい巣を作るので
壊してあげた方が、巣作りする場所がなくなってしまうので。


この場所は・・・・

003
母屋の東隣にある二階建て作りの納屋の一階。


002
移住してきた時、ここ”も”入ることも出来ないほど
色々な物(古い農具や家具)が朽ちた状態で山積みになっていて
燃やせるものは燃やして片付けたら
昔、牛を飼っていた場所(牛小屋)だった事が判明。

土壁と思っていたのは、乾燥しきった壁いっぱいの牛ふんで
地面にもカラカラになった牛ふんが敷き詰められていました。

牛であろう大量の毛も。

昭和中期までは牛が居たのでしょう。


今は、燃やせない動かない農機具など
捨てることも出来ず、奥に山積みにし
手前は、農業用小物類の置き場にしていますので
人の出入りはほとんどなし。

でも、お母屋玄関のすぐ脇なので
外は人の出入りが多く、野生の獣類は
寄りつけない場所でもあります。


それがツバメの子作りには最適な場所なのでしょう。



今は、卵なので親も温めるだけですが
子供が孵ると親は餌を集めて飛び回る様になるので
結構恐いと言うか、危ないです。

人の顔の高さをビュンビュン飛び回るので・・・・


人には害の無い我が町のツバメですので
無事に子供が育って巣だって行ってほしいものです。



そうそう。。。。


ツバメが巣作りする事になると。。。。

蛇も活動し始めます。


まだ、今年は一度も見ていませんが
腹をすかせて、冬眠から覚めて来る蛇は要注意。。。


特に有毒ヘビも居ますので。。。。


今年は最初に何のヘビを見る事になるでしょうか。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

田舎の道を運転初心者

000
我が家の敷地に入ってくるのに
この田んぼ脇の土手上を通る道を抜けてこなければなりません。

この道は、昔の村道。

今は市町村合併し、市道の様ですが。

この道は、
2トントラックでも入ってこれる道幅なのですが
イノシシ避けのスチールメッシュが
フェンス代わりに張り巡らされているので
実際より狭く感じるのは確か。

ここを最近やっと通れるようになった車。。。

001
娘の運転する我が家で唯一の5ナンバー車。


5ナンバーでも全然余裕で出入り出来るはずだが。。。。


002
家から出る時にここを抜けるだけでも
運転初心者には相当プレッシャーらしい。

写真右の家は、我が家より一段低い位置になり
要するにこの道の右側は崖。

そして、道路出口寸前に蔵があり
その左側の建物の存在と、右側の崖の存在を意識しすぎ
ハンドル操作が相当ぎこちない。。。。。

で・・・・
003
蔵を抜けたら田んぼ脇の土手上沿いの狭い道。。。

目の前に迫るイノシシ避けのフェンスの存在も
初心者には相当プレッシャーの様で・・・・


004
まだ蔵を抜けきらぬうちに
早めにハンドルを切るから、蔵下の土手を
後輪タイヤが毎回土手土を削るはめに。。。。


ここは蔵の重さを支える土台となる土でもあるし
また、この土が水の通り道となっていて
水がしみ出す為に、常にぬかるんでいる状態。


いとも簡単に土が削れてしまう。。。。。



娘に毎回この土手を削っている事を注意しながら
多少ユンボで、ここの土を固め、凹ませる事に。。。。


娘は就職し、いまだ就職先での新人研修中ではあるが
通勤1ケ月が経過して、なんとか無事故である事に安堵。


私も長い運転歴の中で、もらい事故も含め事故歴はあるが
それでも免許取得後5年以上経過後で初心者マーク時代は事故無し

長い人生、いつかは事故に遭遇する事はあるだろうが
早い時期だと精神的に立ち直りが難しいので
神頼みであろうが何であろうが、無事故を願うばかりです。


せめて我が家位は出入りしやすいように。。。少しでも。。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~


たまには息子と…

この春から入学した高校での寮生活を送っている息子。

同じ豊田市内とは言え
こっちは豊田の田舎で、息子は中心地。

まだまだ新しい生活で不足する物もある。


この冬までは、
親の送迎(スクールバスもあり)での登校だったり
衣類も一緒に生活しているので、言えばすぐ買ってくれただろう。

また、髪の毛も伸びれば家ですぐ散髪もできた。


幼い時から短い髪(坊主頭)がお気に入りで
汗をかいてもタオルひと拭きで汗が拭けるし
髪の毛が伸びると頭が熱くなり
ぼ~~っとするのが嫌だと。


そんな息子も高校生になれば
それなりに見た目も気にするようになるだろう。


家に帰ってバリカンで刈るのかと思いきや
床屋に行ってみると言いだしたので
床屋に送ってどういう髪型にするのか
ある意味興味深かった。。。。。


000
とりあえず安い理容店で散髪させたら。。。。


スポーツ刈りと本人は言うが
ほぼ坊主。

頭頂部が1cmあるか無いかの長めではあるが
コメカミや後頭部は、5mmの坊主と一緒。


やっぱり短髪が大好きでした。


まだ、4月も2週間ほどしか経過してないが
学校で正式な入部開始時より先に入学式翌日に
部活動に参加する積極派だし

誰とでもすぐ親しくなれる性格は相変わらず

学校敷地内にある寮生活の為
以前の様な登校までの時間のロスが皆無で
毎日友だちと寝泊まりできる日々は
本人の想像した通り、毎日充実しているらしい。。。


いやはや、こんなに高校生活を堪能できるとは。。。。


ある意味うらやましいと言うか、凄いとしか言えない。。。。



何より親としては
健康に日々学生生活を堪能してほしいと願うばかりです。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

休耕田の維持管理

001
昨年夏以降、時間的に余裕が無く
手入れしてなかった休耕田。

冬に枯れたとはいえ、
長い下草が密集してトラクターで耕うんすると
トラクターの刃に絡み付いて
トラクターに負担が高すぎるので
とりあえず、トラクターを碁盤の目の様に
タイヤ跡がつくように走らせ

トラクターの重量で、
長い下草をブチブチと出来るだけちぎって
みようと。。。。。

002
このまま雨が降り、溝に水が溜まれば
枯れ草も柔らかくなり、
もっと言えば少しでも腐り始めてくれれば
トラクターで耕うんしやすくなるかと。。。。。


イノシシ被害の対策が充分できにくいこの田んぼは
まだしばらく休耕田にせざるを得ないとは言え
ほったらかしにも出来ない中で、効率良い管理方法を
色々試行錯誤中。。。。。


この田んぼは、日当たりが悪く
また、両側に山がある谷間なので
冷気が溜まり易く、暖かくなった今の時期でも
まだ雑草は生え始めて無い。


このまま田植えが終わった時期まで放置して
田植え完了後の時間の余裕が出来た時には
雑草も生え始めているだろうから
その時にトラクターで耕うん予定。


ほんとイノシシの被害が推測される事で
この様な余計な作業がある事を理解してほしいものです。


市町村には。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

田んぼの田植え準備は着々と

001
毎年ゴールデンウィーク中が私が住む田舎町の田植えシーズンなのですが、
それに向けて、春にしか活躍しない、出来ない
田植え機の動作チェックです。

使い終わった後、洗車して
ガソリンもタンクだけでなくキャブレター内まで
完全に抜いて保管しておいたので
エンジンは毎年ビックリするくらい普通に
始動してくれます。

始動と、動作のチェックを確認後、
駆動部の各所に注油。

洗車もしたい所だが、
実際に使うまでに1ケ月はあるから
それは後で。。。。



そして、こちらも報告が遅れていますが。。。
002
田んぼの田起こしの開始です。

例年冬におこしているのですが
子供の事(進学・就職)、自分の事(怪我など)で
桜の花が咲く時期になってしまいましたが
それはそれで手遅れでは無く、
方法はあるので、一つ一つ。。。。

003
まずは1回目のトラクターでの荒起こし。

雑草が生え始めてしまっているので
荒くそれらを土の中にすき込んで、
大半を絶やします。

3月26日の事。


そして、堆肥肥料を散布した後、
再度の土おこし、耕うん。。。。

004
稲わらや1回目にすき込みきれなかった雑草を
ここでさらにすき込みます。


これで、芽が出始めた雑草は、
一旦根絶出来るでしょう。


005

006



トラクターでの作業が出来る予定が
中々確保できないので
まだ、時間的余裕があるうちにと
早め早めの作業を行っているけど
実際に田植えは、1ケ月ほど先になるので
代かき前にもう一回トラクターでの耕転が必要になるかと。


何にしても、トラクターの刃が新品なので
土の耕転が凄く効率よく出来ます。


刃がすり減っている時の倍の速度で作業しても
仕上がりは今の方が良い位。


今年はどの様な天候になるのかまったく分かりませんが
今出来る事を精いっぱい行って、稲・お米作りにより良い環境になる様
していきたいものです。



あとは、、、、、


イノシシ対策か・・・・・・



今年はどうなる事やら。。。。



今の所、凄く静か。。。。



イノシシの気配がまったくありません。




~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

ユンボの下部ローラー交換

001
もう2年ほど前から不良個所を気が付いていても
掘削作業に支障ないと言う事で交換してこなかった物を
交換しました。


ユンボを自らの力で持ち上げていると言う事は
下周りの部品の問題と。。。。


今では、この手の作業も何ら苦も無く行っていますが
ユンボを手に入れた当初は、こんな姿勢にする事自体
恐くてできなかった物です。


003
交換個所はこれ。

鉄キャタピラー(鉄クローラー)の下側を支えている
ローラー(下部ローラー)。

私のユンボ(コベルコSK20SR)は、片側3つ付いているのですが
こっちの側はその内2つが死んでます。

写真で言う手前と真ん中。

一番奥のローラーだけ正常。


反対側は、3つ中1個死んでいるので
こっち側も1個(手前側)交換して
せめて半分以上機能するようにしたいと。

なんで、全部交換しないかと言うと。。。。

死んでる3つ部品を一気に購入すると
10万円近い部品代になってしまうので
そこまでのお金は一気にかけられないと、、、、


002
部品を外すのも一苦労。

固着したボルトを外すのに、自動車のタイヤ交換用工具に
梃子の原理を働かせる為に、鉄パイプをつないでの作業。

ボルトがちぎれない様に細心の注意での作業。。。。

この時が一番緊張する。。。。。


なんとか外れて。。。。。


このユンボを購入した先でもある重機リース屋さんに注文し
届いた部品を持ってビックリ。。。。

こんな大きさでも重い事重い事。。。
004
7キロ近くある。


ちなみに外した不良部品の重量は。。。
005
正常物から0.5キロ減。。。


外して見て分かったのだが。。。
006
ローラーが固着して回転してない状態で使い続けたので、
1点が擦り切れている。。。。

1年くらい前は、動きは悪かったが
固着はしてなかった。。。。

007
完全に軸が折れたか、中心がずれていた。

ハンマーでずれた軸をたたき、中心に軸を持ってくると
中から大量のさびが出てきた。

もう中身がさびて朽ちている。。。。


まぁ、今回交換してない、残り2つの不良個所は
完全にローラー内部のベアリング部分が朽ちて
内部が空洞化した状態で、無理無理回転させられている状態。


ローラーが無いよりマシ。。。程度・・・


こっちも、予算の都合がつけば、早めに交換したいものだが
まぁ。。。。。先送りかな。。。。。



008
交換終了。


この後、一旦緩めたキャタピラーを締め直し
ついでに各駆動部にグリスを注油し
こびりついた泥を落として作業完了。。。


経年劣化で致し方無い程度の油にじみや
へ垂れ個所はあるが
大きな問題個所は無い様だ。


頼もしくも楽しいユンボは
私にとって田舎暮らしの最高のオモチャであり
相棒でもあります。


ほんと、これを運ぶ2トントラックがあれば
もっと機動力が増えるのだけどなぁ。。。。


贅沢か。。。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~


河川に堆積した土砂取り除き工事…続き

17a3bd09
2016年の1月の写真。

この時、あまりの堆積砂の量で
市の処分予算を超えてしまって
全て除去しきれませんでした。

9c16f953
同じ年の4月の写真。


で・・・・


2年後の今、予算がついたのか、
再工事が始まっていました。


001
3月中旬。


そして、今。。。。。
002
綺麗に。


これだけ河川底と田んぼ面との落差があれば
河川からイノシシが上がってくる心配はしなくて済みそうです。


また、河川に勢力をましていた、「葦(ヨシ)」の雑草も
だいぶ根っこも除去されているので
今年の夏は、勢力が落ちそうです。


この葦の草が伸びると
稲の害虫となるカメムシの大量発生地となってしまうので
その心配が遠のいたかと。。。。。


まぁ、来年には葦の勢力が戻ってしまうでしょうけど。。。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

ユンボで休耕地の除草作業

先日、地元の方からダンプを借りて
自分のユンボを搬送したのは、これをしたかったから。

001
一昨年まで芋を中心として作物を作っていた畑も
一年放置するだけでこの様な状況になってしまいます。


雑草も地面一面を覆い尽くし
これほど密集し、低く覆い尽くしていると
刈払機で刈り取るのは至難の事。


まして、この畑はうね立ての土の形のままなので
凸凹の状態では、なおさら草刈機は使いにくい。


なので、一層の事ユンボで雑草を引きちぎりながら
集草しようと。。。。


002
この畑の外周と真ん中を
縦断してユンボを走らせながら
草を真ん中に比分割して集草。


そして、あまりにも多い集めた草を燃やします。


真ん中に草を集め
その周りはユンボで整地して、地面むき出しにしておけば
延焼のおそれは極限まで減らせます。


草を集め、量が多く盛り上がっている場所は
ユンボのキャタピラーで踏むと、雑草の密度が高くなり
火を付けても高い炎にならないので、さらに安全に。


003
ユンボでの集草作業なので、
綺麗に草を集められる訳ではないですが
トラクターで耕うん出来るこの程度の残草の量であれば問題無い。


ここまでの作業で、約2時間半。

一人での作業で、刈払機を使った雑草処分では
一日作業しても、火を付ける所までもいけません。


機械は本当に便利です。



予想よりも早く終わったので、
この後、3年ほど手を入れて無かった。。。。
004
畑内のわき水の処分。

この畑は山すそにあり
山側の地面から水が常に湧き出て来るのです。


3年ほど手入れをしてなかったので
排水路も浅くなり、流れが悪かったので
少し深めに溝を掘りなおし。



写真奥側の河川護岸に排水口を作ったのですが
川の水面が低くないので、排水口も低く出来ず
排水口に傾斜が付けにくいのが問題ですが
でも排水出来るだけでも、ここが畑として機能できるのです。


暗渠排水を設置は、ここが借り地なので、
お金を掛けての設置はせず。


田舎移住後、休耕地を開墾しての畑にして
有機肥料などを多用して土作りしてきたので
いまだに土は良い状況です。


お陰で。。。。。


一年休耕すると、、、、

土の中はモグラのトンネルだらけになってました。



ユンボで全て掘り返してるので、
モグラも再トンネル建設は大変でしょうが

もし、ここで再度作物作りする場合
モグラを捕獲して絶対数を減らさないと
被害がでてしまうでしょう。。。。。。


イノシシもそうですが、
ほんと絶対数を調整しておかないと
中山間地の作物作りは、収穫が見込めません。


う~~~ん、困ったものだ。。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

ダンプにユンボ積み回送

私の管理田畑の一つに置きっぱなしのMyユンボを
町内の一番端まで回送する方法を思案していたら
田舎移住当初からお世話になる地元建築業の方のダンプを
今日空いているとの事で、貸して頂け早々に搬送しました。


私がレンタカーで借りている低床平トラックとは違い
ダンプは基本的に荷台が高くなるので
車への積み込みの不慣れな私には
大変緊張する作業です。


でも、自分で積み込みしないと
いつまでも慣れないので。。。。と良い聞かせ。。。


何が恐ろしいかと言えば。。。
003
私のユンボは2トンクラス。

ダンプも2トンダンプなので
積載重量的には何ら問題無いのですが
2トン重量のものを細いハシゴの様なものを
ダンプの荷台にかけて、細い坂道の橋を渡る様なこの作業。


写真は荷台から降りる時の写真ですが
ユンボのアームを旋回(回転)させるだけでも
ユンボのアーム自体が相当の重要があるので
ダンプの荷台が凄い傾き揺れるのです。


こんな鉄の塊のものを
まるでスポンジの上で操作する様な不安定さが
現実的には横転する程ではないにしても
恐怖。。。。


特に地面からダンプの荷台の高さプラス
ユンボの操作席の高さとなり、
ちょっとした傾きは地面の傾きの比の恐怖に比べられない。。。。


002
また、傾斜したハシゴから平らな荷台に乗り上げ
クッションの無いユンボが一気に水平に戻る時も
上手くアームを操作して綺麗に荷台に載せないと
ほんと危険。。。。。

ユンボのキャタピラー幅と
ダンプの荷台幅とは左右10cmほどしか余裕が無いので
ちょっとでもユンボの操作を間違えると
左右のあおりを壊しかねない恐怖差も。。。。


私を信用してダンプを貸して下さっているのに
信用を裏切る事は絶対したくないのがより緊張をアオル。。。


ちなみにダンプの荷台に乗せ終わった状態で
ユンボのアームを旋回させてもダンプは左右に大きく揺れます。

ダンプの前後に対し左右幅が狭いので
ほんと左右の揺れは大きく感じます。

素人の恐怖感は尋常ではない。


001
無事積載が完了しても
搬送にも緊張。。。。


同じ2トンでも、
重心が荷台の高さから高くなければ
揺れも少ないのでしょうが

ユンボはアーム部分の重量があるので
左右のカーブで、車体が大きく傾きやすい。。。。

これも慣れないものには最大緊張。。。。。


これらも慣れの問題なのでしょうけど
人から借りた車に傷を付けない事
また、搬送時に事故の無い様にさらに気を使うことも
重要だと思っているので
あえて自分にプレッシャーを掛ける部分もあるけど
田舎の道、同じ町内での搬送だから出来る事

外の町まで持ち運ぼうとは思いません。


その場合は、お金払って業者さんにお願いするしかないかと。



。。。。



でも、やっぱ良いなぁ。。。。。。2トンクラスのトラック&ダンプは。。。。


高級車、スポーツカー、、、
そんなものはいらないからトラックかダンプが良いなぁ。。。。。


田舎ではこっちの方が活躍する機会が多い。。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

これも小さな野生動物の害獣

000
あえて小さめの写真にしてあります。


我が家玄関内の天井と梁の間に常設してある
ネズミ捕りシートにかかっていました。



昼に自宅に戻り
勝手口から玄関に入ると
ガス(プロパン)漏れ!???
と思い込んだが

次の瞬間。。。


プロパンガスは元々無臭。

それに玉ねぎの腐った様な臭いを
添加してあるものだと思いだし

と言う事は。。。。


何かが腐っているのかも。。。。



まだまだ室温が10度以上にならない玄関で
腐って臭いとなると。。。。。


あれしかない!・・・・




と天井と梁の隙間に設置してある
ネズミ捕りシートを脚立を持ってきて見ての発見。。


釘で止めてあるシートを釘抜きで取り
新しいシートを釘で再度打ち付けて
このネズミを処理。。。。


我が家玄関内には、イノシシ捕獲用の餌となる
米ぬかが大量に詰めされているので
その臭いに誘われて、ネズミたちが寄るのでしょう。



でも、ネズミの入り口にはネズミ捕りシートが待ち構えているので
こうやって年何回か捕獲できます。



まぁ、田舎暮らし7年目にもなると
これらも日常の光景と、子供達もたいして驚きません。


ネズミの死骸を見ても

「大人のネズミだったね。」


と、親ネズミを捕まえた事を喜んでいるだけ。



たくましいものです。




~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

これも田舎暮らしの勲章か・・・

001
種子骨障害・・・

そう診断されました。


田舎に移住して7年経過するが
これで幾つ目だろう・・・


スポーツ損傷と言われる部類の症状・障害になるのは。。。




移住して、休耕田の開墾などで慣れない刈払機の
不整地や、斜面での長時間使用などで。。。


ばね指。。。。
テニス肘。。。。
野球肩(投球肩)。。。。


それぞれ直すのに数ケ月を必要とし、
ばね指は結果手術も。。。。



それら治癒後も、同じ事を繰り返さない様に
長時間、もしくは連日同じ作業を行わない様に心がけ
局部に肥料が溜まらない様にしていたが。。。。


それら注意も薄くなったころ
思わぬ所から痛みが。。。。



実は、記憶だけでも2月から右足の親指の付け根から
痛みが出ていた。


まぁ、軽い捻挫だろうと気にせず日々の作業をこなしていた。



そんな中、田畑の間の斜面など平たん地では無い場所の草刈が続き
その痛みが強くなり、
それでも気にせず、作業を続けながら、ある時
重いものを持ったまま、斜面を上り下りした後
トラックの荷台から飛び降りたら、普通につま先から地面に足を着くと。。。。


右足指付け根に激痛。。。。。



これはヤバイ!!と。。。。


その翌日に、地元総合病院の整形外科で検査。



レントゲンで骨折は無い。


ただ、親指付け根の関節に軟骨が出来ているとの事で
年齢的に良くある事で、安静にして湿布薬を処方されていた。



それから2週間。。。。。



一向に症状が良くならないどころか、悪化。。。。



痛い右足のつま先をかばうばかりに
常に右足はつま先を上げ気味に歩くようになり
その為、夜から右足ふくらはぎがパンパンに張り
翌朝は、まともに歩けない位。。。。。。


2日程全ての作業を休止し、安静にしていたら
ふくらはぎの張りも無くなり、足の指も痛みが和らいだので
また、徐々に作業を復活していたら。。。。


さらに以前より、痛みが強くなり今朝耐えられず別の病院へ。



今回は総合病院では無く、過去通院歴のある少し離れた整形外科専門医へ。。。



問診後、即病状を判断したようで、即レントゲン撮影。

撮影後写真を見ての医師の即断でした。




で、結果。。。。

002
右足根骨靱帯損傷としてリハビリも。。。


リハビリと言っても、電気と指圧のマッサージですが・・・


それでも、張りに張った右足ふくらはぎの痛みは若干和らぎました。



原因が分かっての対処は、少しであろうとも、緩和が早い。



原因は、足に負荷のかかる状況
(斜面での重量物を持ってなどの足裏への高付加作業など)は
明白なので、
それはしばらく厳禁。。。。。。


車のアクセル操作程度でも若干の痛みが走るのに
ブレーキ操作は、さらに痛みがある位なので
ほんと日常生活程度の歩行数程度におさえての生活にしないと。。。




と言いながら、どうせ作業休みにしたのならと
足のサポーターなども含めの買い物に、
妻も一緒に食料品なども買い物。



そんな帰り道、微笑ましい光景を。。。。

003
新年度が始まろうとする今、
どこの自動車教習所も受講生でイッパイ。


娘もつい最近まで別の教習所で乗っていたが、
ある自動車教習所教習車の後部に印刷された文字に。。。。

004
「ご迷惑をおかけします」



初心者マークの自動車を見つけるたびに
その運転の不安定さが怖くて
私は、距離を置くか、抜かせられるのなら
追い越しして、先に行ってしまう。


が、そんなベテランドライバーも許してあげたくなる文言です。



「ガンバレ!教習生!」



そう思わせてくれるものでしたね。




良い教習所だなぁ。。。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

春です!

001
先日、子供の志望校合格報告に、岡崎市の岩津天満宮へ。

梅の花も気持ち良く咲き、ほんと春です。


田畑の準備は、予定より遅れていますが
独り立ちし始める子供達と過ごす時間も、
少なくなるでしょうから
今、子供と居られる時間を満喫したいと思っています。


春となれば、
私の相棒たちもほこりを落として綺麗にして
エンジンにも新しい燃料を吸い込ませ
春の目覚めをさせてあげたいと
002
トレイル系バイク2台と軽トラ。


田舎暮らしにピッタリの機動力強いオモチャです。


機能としては、ほとんど使われていないですが
存在自体が、私の中での安らぎなのでしょう。


そんな先日、昔ながらの馴染みのとある店に
息子を連れて寄り道した時に、
しっかり見てきてしまいました。


昔の自分ならローンを組んでも欲しがったでしょう。
003
カワサキのバイク。


初めて実車を見ました。



いヤ~~~~~~~~!!イイ!



あぶく銭があれば、間違い無く手に入れたいモノです。



ただ、実際、舗装されていない我が家に納車するのは
現実的に難しい。


砂利道にタイヤを取られて転倒するのは一目瞭然。



手に入れても、バイク店に保管してもらう状況では
手に入れた意味がない。。。。。



でも、眺めていても乗ったとしても楽しそうなバイクでした。




私が、こんなものを見てワクワクする事自体が

「春」です!!!





~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

刈払機のNEWアイテム

休耕地の草刈真っ最中。

草刈の中で一番厄介な草は
つる性の雑草と、茎が細くて密集して生えている雑草の草刈。

それら雑草を刈る時に、回転する刈払機の刃に
からみつき、刃の回転を何度も止めてしまう事。。。。

回転刃の中心にからみにくくなる様な刃を付けていましたが
どうもその機能が十分効いて無く、新しいアイテムを探していました。


で、今回探してきたのが。。。

001
刈払機の刃の部分に付けるカバータイプのもの。


002
装着するとこんな感じ。

刈払機の向かって左側は、刈った草を集めやすいように
板状になっています。

003
で、反対側は空洞。


でも、刃の中心に、草が絡みにくくなるように
刃の中心の隙間に細い雑草が入らない様な覆いをつけてあります。


草を集める用の覆い(カバー)は確かに機能的ですが
このカバーの見た目の強度では、耐久性に難有りの感じなので
そう期待していませんが

中心に付けた絡み防止の金属覆いの方が機能も耐久性も高そう。。。。


ちょっと草刈が楽しみになりました。



耐久性も含め、使い勝手は後日報告したいかと。。。。



追伸。。。

ブログ投稿間隔が空いてしまってm(__)m


日々の作業と、休みは、ほぼ子供たち(娘は自動車運転の補助、長男は高校入学の準備)の事で
その隙間に自分の事をしていて、一日があっという間。。。。。

風呂入って、食事して、軽く晩酌したら。。。。。もうzzzzzzz・・・・


ほんと一日が早いです。。。。


はやく子供たちが新しい生活リズムになってくれないと
親が自分のリズムが出来ません。。。。


もう、来月は4月なので、農作業もあせってきました。。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

しば農園

我が家で作った愛情作物の自前通販サイトです。
<※PC専用>
プロフィール

田舎住人@ニンジャ

オートバイでの山間ツーリングだけでは物足りなくなり愛知県豊田市の田園山間部(足助地区)の田舎の築100年超の古民家に移住。バイクはチョイ乗りバイクに換え、農耕機と重機をオモチャに自然を感じ、自然を生かし、自然の中での毎日。

田舎住人@ニンジャ
…こと…
「しば」

cb1300sb_ninja(at)
yahoo.co.jp
※(at)は@に変換

ブログランキング


最新コメント
楽天