愛知の田舎で古民家暮らし

築100年超の田舎古民家で田舎暮らし6年目。2000日を超えました。

農機具・機械

エンジン刈払機のメンテナンス

冬の間も、
イノシシ対策用で、里山の山すそに生える草を刈り取って
イノシシが隠れる場所を無くすスペース(緩衝帯)作りにいそしんで
昨年秋から休みなく、そして、ここ2年ほど
何もメンテナンスしてこなかったし、
今週の町民活動での県道沿い草刈り作業に向けて
エンジン刈払機のメンテナンスを。。。。。

キャブレター周りに油とほこりで積み重なった油汚れと
エンジンの冷却用フィンや、冷却送風用のフィンなども
油とほこりで部分的に詰まっているので。。。。

001
強力な油落しの泡クリーナー(キャブレター内部にも使うもの)を
エンジンカバーを外して、全面スプレー



この後、表面の分厚い油汚れが溶けだした所で
スプレーがもったいないので、灯油を容器に溜めて
その灯油を何度も何度も汚れている所にかけては
ブラシなどでこすって汚れを落とし

エンジン外部だけでなく
キャブレターのフィルターも
ほこりなどでビッシリ汚れていたので
外して灯油で何度も洗浄


プラグも、一度外して、点火部分にこびり付いた
2サイクルオイルなどをエンジンクリーナーと呼ばれるタイプの
強力洗浄剤で溶かしながら、灯油ですすぎ


最後は、全てパーツクリーナーで
灯油を洗い流して。。。。。


その後、エアコンプレッサーの圧縮空気で
表面に残った灯油などの残りを吹き飛ばして乾燥。。。。


002
それを3機分全て。。。。。。
それぞれ、左からナイロンコード用、チップソー用、妻用の超軽量タイプの計3台のエンジン刈払機


充分乾燥させてから
それぞれ試運転。。。。。。


チップソー取付に絡みついている草くずなども
一度チップソーを外して綺麗にしてから
各所グリスなども補充して完了。。。。

003
3年ほど前、刈払機のマフラーを外して
火にかけ、内部に貯まっているであろう
2サイクルオイルの燃焼カスを燃やしきって
マフラー内を綺麗にした事もあったが
今回はそこまではせず、これで完了。

これで、吸気部分(キャブ)、点火(プラグ)が綺麗になり
エンジン熱を放熱する為のフィン他も綺麗になったので
冷却効果も上がって、エンジン焼きつき防止にはなるかなど。。。


年に2回以上草刈り出来る場所はまだ良いが
年に2回未満(1回)の場所では
ナイロンコードを使う場合同様の高回転を常用して
チップソーでの草の刈払をする事になるので
刈払機の負担も大きく、こんなメンテナンスも定期的にしないと
いくつ刈払機があっても足りない。。。。。


ほんと田舎暮らしでは、エンジン刈払機は必需品です。


田舎に住む高齢者は、男女関係無く
自らエンジン刈払機を使って草刈りする元気な方も多い。


当然、エンジン刈払機を使えず
手で草を刈り取る方も居ますが
その方々は、田んぼの草刈り管理が自らは出来ず
草刈りは業者に頼む状況。。。。。


何にしても草刈りは必須です。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

休耕地のトラクター耕うん

地元の方の田畑で、やむを得ない事情で
今は休耕地となっている田畑の土おこしを
お願いされ、トラクターで耕うんする事になりました。

001
この街に移住し、6年になろうとしていますが
どなたの田畑かまだわからなかった所が
今回一つまた知れる事になりました。


諸事情で男手が身近に居ない場合、
女性だけでの田畑の維持管理は大変です。


ご主人が大切にされていた田畑を
草刈りだけは・・・と継続されていたようですが
加齢や、体調を崩すなどすると、
それもほんと大変な事と思います。


実際、耕作している私でさえ
中山間地の田畑管理は、大変だと思っているのですから。。。。


何も生産はされていませんが
どれだけ丁寧に管理されているのかは
状態を見ればよく分かります。


お願いされた以上
自分で何か耕作するつもりになって
綺麗に仕上げたくなるもの。。。。

002
1枚目の畑


003
2枚目の田んぼ。。。。


以前、古いトラクターで耕うんした様で
地面が大きく凸凹になっていて
凸凹の地面では草刈りもさぞ大変だったと。。。。

一応、綺麗に平らに仕上げ。。。。。


しかし。。。。


心苦しいのは。。。。



トラクターで耕うんする事で
地面は凄く見た目にも綺麗になるのですが
フカフカになった土は、新たな草が芽生え育つには
最高の環境にもなってしまいます。。。。


太い草は生えませんが
1ケ月もすると、細かな草がじゅうたんの様に生えて来ます。。。。


雑草との戦いは終わりは有りません。。。。


たとえ除草剤を使ったとしても
利きは一時、これも永遠に除草剤を使う事にもなります。






この場所は。。。。
004
圃場整備された山間の田畑で
その一番奥側。


ここに注ぎ込む水は、生活排水の一切ない、綺麗な山の天然な冷たい清水100%。


自分としては、なんとか使ってあげて
何か作物を作ってあげたいと思う。。。。。



が。。。。。。


山間の田畑。。。。


ここの連なる複数の地主さんが管理する田畑
全て今、休耕地になっている。。。。


と言う事は。。。。。


作物をつくり、収穫時期には。。。。。



確実に、やってきます。


目の色変えて。。。。。



「イノシシ」

田畑に隣接して、イノシシ捕獲用オリがありますが
檻の餌は、他に食べるものが無ければ檻の餌を食べるだけで
好物の物が田畑に大量にあったとしたら
死に物狂いで、田畑に入ろうとします。



今、囲ってある「イノシシ対策用フェンス」




私の経験では、効果発揮できずに破壊されます。



不十分。。。。。。




地主さんに、もしよかったら使って下さいと
田畑の使用を許可されましたが
(もし良かったら使ってほしい・・・の意味)


「前向きに検討します。

・・・が。。。。しかし

その場合、
確実に!今あるフェンスを全て一度撤去し
フェンスの張る場所になる山の斜面を、
重機などで削り、整地するなどしてから再度張り直し、
さらに竹などを相当量使用しての補強が必要となるので
何にしても、それができるのは、冬にならないと。。。。
なので、冬に再度検討させてください。。。。」

と、申し上げるのみ



地域貢献したい気も充分あります。

1人(もしくは夫婦)で出来る限界も現実にはあります。


現実は無視できない。




でも、綺麗な山の清水が取れるこの場所。

出来た作物は、ほんと甘く、美味しくなるだろう。



ほんと前向きに検討したい。。。。。



イノシシなど害獣がいなければ
こんなに身構える事もないのだが。。。。。



何度も何度も、散々、苦しめられてきてるからこそ
その対策の大変さも充分肌身で知っている。。。。


安易に決断できない。




ほんとイノシシ(害獣)が減ってほしい。。。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

運搬車ワイヤー交換完了

001
古い運搬車の不具合のあった箇所の交換部品が届きました。

年式も調べても分からない位古い機種なのですが
メーカーで交換部品をまだ用意してくれていたようです。

取りあえず納品で、値段が分かりませんが。。。(汗)


002
さすがに新しいワイヤーはカバー内で
動きがスムーズです。

当然ですが。。。


ワイヤーの取付自体は容易。


ワリピンで抜けない様に止める所がありますが
ワリピンが無いので、針金で代用、固定

まぁ、より耐久性が良い様にと
ステンレスの針金で。

003
一目瞭然、右側がNew

この後作業性の為に外しておいた
荷台を取りつけ。。。。。
004
下側でのボルトナットでの固定なので
ジャッキで車体を持ち上げての作業。


なんでもあるものを使って作業性をUPです。


さぁ、これで元気に活躍してくれることでしょう!


ゴムクローラーは、もっと亀裂が入るまで使い切ろうかと。。。

まだ、大丈夫そう。。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

運搬車の解体修理中

先日、駆動用のゴムベルトとプラグを
交換したばかりの我が家の運搬車の1台。

明日以降に使う為に
コンパネ等付けて積載能力を上げようと
移動させていたら

右側のクローラーにブレーキをかける為のレバーを引くと
引いたまま引っかかった様にロックされ、
運搬車が常に右旋回しか出来なくなり
その場で急きょ応急処置を。。。。


と思ったが、


レバーに連動するワイヤーを触ろうと思うと
荷台が邪魔となり、急きょ荷台外し。。。。

001
荷台の無い運搬車。。。。


荷台部分は車庫に。。。
002



ワイヤーにつながってエンジンから出ているレバーを
ダイレクトにヒモをかけて引き、応急的にクローラーが回る様にして
運搬車を移動させ、修理場所の変更。。。。


真っすぐ走行は問題無し。

で、、左旋回は出来る。。。。。が、
右旋回は人力で無理やり向きを変える!

荷台が無いので、重量が軽くなってて、
難しい事では無い。


003
屋根のある玄関前のテラス兼車庫の中に。

作業しやすいようにパレットを重ねて
その上に運搬車。


問題になってると思われるワイヤーを外す。
004



このワイヤーを外して、他の部分を確認すると
正常に動作する事をチェック。。。。

やはり、問題はこのワイヤー・・・


どうもチューブのなかで、ワイヤーがどこか切れ
そのワイヤーのささくれが、チューブに刺さって
固着してしまった様子。。。。


実は、以前から動きが悪くなっていて
でも、CRC556やミシン油などを注油すると
動く様になっていたので、ワイヤーが部分的に錆びていると
認識していたのだが。。。。。


今回、完全にワイヤーが動かなくなったので
部品交換するしか無く。。。。。


農機具屋さんに注文。。。。。。


古い製品なのだが。。。。。


部品がある事を願う。


なければ他の方法を探さねば。。。。


しばらくこの状態で放置。


とにかく田畑で壊れ無くて良かった。ホント。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~


運搬車の整備

3月にブログで自分の運搬車が、突然動かなくなり
急きょ地元の方の大型運搬車を借りてきた事がありました。

その後、自分の運搬車を動かせるようにした事を
ブログで報告していませんでしたが
その報告と、今日の整備。。。。

実は、前回運搬車が動かなくなったのは
プラグが原因だったよう。

プラグの端子部分が錆び付いて
通電しなくなった様で
金属部分を紙ヤスリで磨いて掃除したら
一応はエンジンが始動する様に。

で。。。

今日は、そのプラグを新しく交換しました。


001
左が新しいプラグ

右が古いプラグ。

運搬車を外に雨ざらしにしている期間も
一時期あった為、錆びてしまったのかも。。。。。


今回、プラグ交換時期に
一緒にしようと思っていた事をしました。

002
ベルトの交換。

エンジンの駆動力を、ゴムクローラーに伝えるベルト。



003
私の運搬車は、エンジン内蔵ギアは2速あり、
外部滑車が低速用、高速用と2つあり、
それぞれを使い分けると4速のシフトがある事になり

その外部滑車用のベルトを交換。




004
ベルト下側のカバーと、ベルト押さえを外すと
容易にベルトは外せます。

低い位置にあるので、作業がしずらず、

取付時には軽トラに運搬車を乗せ
高い位置で作業。


005
ベルトは大部伸びて、所々亀裂が入っています。


明日以降、運搬車を使う頻度が高くなる予定なので
作業前に換えておいて正解に思います。


006
下部カバーと、ベルト押さえをつけ直して作業終了。


これでまたしばらく元気に活躍してくれるでしょう。


あと、気になるのは。。。。。


すり減っているゴムクローラーか。。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

畑に無数の穴

001
マルチ(黒ビニール)に無数の穴。

これだけの穴を開けるのは骨が折れます。

道具は。。。
002
これ。

穴掘り機(アースオーガ)

30cc弱ほどの
刈払機と同じようなエンジンでの力で
ドリルを回し、穴を掘ってくれます。


昨年までは手作業で穴を
40cmほど一つ一つ掘っていた事を思えば
ものすごい作業スピードUPです。


ただ。。。
だからと言って体力的には
それなりに力が必要。

本体とドリルを合わせれば
重量7キロほどはあるので
これを持ち上げたり下げたりするのは
背筋、腕、腰、結構来ました。。。疲労。。。

ほぼ毎日なんらか体を使っていますが
それでも筋肉痛はなんからあります。

使う道具や日々の作業は
毎日ちょっとづつ違い筋肉を使うのですね。。。。


まぁ、体力的な事は致し方ないにしても
明日、大雨予報によって、今日の予定を変えたのですが
その急な予定変更での短い時間で
作業出来るのも、機械のお陰です。



で。。。。

この穴は。。。。
003
里芋の種イモを植えて
埋め直して完了。

今年も里芋を昨年以上に大量収穫予定!


我が家の里芋。

年々、高評価が浸透し、人気上昇中!



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

古いトラクターの始動準備

町内住人の有志で作った農業会で管理する
町内で使われなく譲り受けたトラクターの一台。

我が家の近くに保管されているので
自主的に(と言うか気になって。。。のレベル)
いつでも動かせる状態を維持しようと
冬の間もバッテリーを外しておいて
定期的に補充電していたものを
再度取りつけて始動、試運転。

001
昨年、譲り受けた時にはタイアの空気圧が抜け
空気補充を空気圧高めにしておいたお陰か
半年で空気が抜けなかった様だ。

バッテリーを装着するにあたって
錆び付いているバッテリー端子を磨き
通電良くする洗浄スプレーを吹き付けた後
装着。。。。。

ディーゼルのグローもしっかり温まるし
エンジン始動も問題無くOK!


ただ、軽油が空の様だ。


本来、長期保管する前に
軽油は満タンにしておくべきだったが
今回は問題無かったようで良かった。

その他、各箇所のオイルもで、にじみなどを目視するが
特に問題個所が見受けられなかったので
エンジン始動のみで完了。

機械は使っても使わなくても悪くなる。

定期的に使って上げるのが一番。

今時の油圧で自動的にロータリー地面高さに合わせ
上下する機能は無く、ハンドルもノン・パワステの
古いタイプではあるが、ロータリーの刃は新品なので
土を起こす事は充分出来る。

手作業で耕うんする事を思えば、ありがたいもの。

永く使ってあげたいものだ。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

油圧ダンプ付き運搬車

001
急きょ借りて来ました。

と言うか、貸してもらいました。


私の堆肥運搬用の古い運搬車が
今朝何故か急にエンジンがかからなく
それを直しているより
なんとか今日計画していた事を先に終わらせないと
この先の段取り・予定の組み立てが難しくなるので
同じ町内の方の大型運搬車を理由言って
貸してもらったと言う事。。。。


しかし。。。。


この運搬車。。。。。


私のものより、新しいだけでなく。。。。

積載能力が私のより大きいだけでなく。。。


すばらしい機能が。。。。


002
油圧で荷台を上げられる
ダンプ機能がある。。。。。


私にとっては憧れの運搬車・・・


新品購入価格を知っているので
夢でも手に入れる事は難しい。。。。


ありがたくこの運搬車を使わせてもらって。。。


003
牛フン堆肥を軽トラから積み替え。。。。
(荷台のコンパネは、自分の運搬車用を代用)


004
畑に運び入れ、手で出来る限り均一に散布。


私の運搬車より荷台が大きい分、一回の積載量が増え
作業効率が良くなります。


今日一日使わせてもらいましたけど
私のより大きく、機体重量がだいぶ重いのに・・・・


動きは軽快。。。。


エンジンパワーもあるし
各操作レバーが柔らかくスムーズで
重い機体を軽々と動かしてくれるので
精神的にもだいぶ楽だったと思う。。。。


いや、ほんと今日はこの機械を貸してもらえた事で
助かりました。



なんとか自分の運搬車を直さないと。。。。


2週間前位に使ったのになぜ今日動かない。。。


ちょっと故障理由が想像つかない。


電気の無い、ビニールハウス内にあるので
整備も中々やりずらい。。。。


何にしても早く直さねば。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

新しいエンジン付き機械・道具

000
今まで手掘り(手動道具)で穴を開け、
里芋の種イモを植えていたが
年々、里芋の生産数が増やして来て
手作業での掘りでは、体力的、時間的に限界がきたので
用意しました。

エンジン穴掘り機


「エンジン・ドリル」と言ったり
「エンジン・オーガー」、「アースドリル」と言ったり
色々呼び名があるようだけど。。。。


我が家では、柔らかく起こした土や
畝立てした土に40cmほど穴を掘って
種イモを植えているので

今回のドリルも40cmほど植えられる長さ。


試し掘りえをしてみたが
思いのほか2サイクルエンジンの重量が軽く
また、穴あけも凄くスムーズ。

砂地の地面でも結構スムーズに掘り下げていく。


なので、畑など、トラクターで柔らかくした土なら
より容易に穴が開けられるだろう。


でも、いかに容易でも
1000個以上穴あけするので
体力の消耗があるだろうけど。。。。


自力で穴あけする事を思えば
比べ物にならない。。。。


今回ネットで、エンジン穴掘り機を色々調べたら
今回購入した国産品でなく、中国製なら
3分の一の価格で買えるものもあったので
すごく迷ったが。。。。


趣味で使う訳ではないので
耐久性も必要と、国産品。


故障や消耗部品も国産なら対応がしてもらえるので。。。。


エンジンは草刈り機(刈払機)と同様の物なので
メンテナンスもある程度自分でできるだろう。。。


また、エンジン付き機械が一つ増えました。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

古い機械の再修理

001
先日、エンジンがかからない状態の機械を借りてきて、
キャブレターをOH・掃除して、かかる様になった転圧機。

その時のブログで、
使用には大きな問題ではないが、気になる個所がある。。。

と書いた。。。。

気になる個所とは。。。。

002
ここ。

エンジンをスタートさせるときにヒモを引っ張るのだが。。。

エンジンがかかった後、
金属がこすれる、当たる音がずっ~~~とする。


そのまま使用する事は出来るが
金属が接触して「カン!カン!」してるままは
やはり気になるし、放置するもの。。。。

となって。。。。


馴染みの農機具整備士に質問・問合せ。。。。

私の質問を要約すると。。。

「エンジンかかった後、金具が当たり続ける。。。。。
 何が問題???」

で。。返答は。。。(これも要約)
「スターターひもを引いた後、元に戻るべき金具が
 砂などが入ったり、噛んで、戻れず、当たっているのでは?
 エアコンプレッサーで掃除した後、CRCなど注油すれば
 ほとんど直ると思います」。。。。と。。。

003
問題の個所を外して、言われた通り掃除。。。

再装着。。。。

残念!!。。。。直らず。。。。


う~~ん。。。。どうすべ~。。。。。


であれば。。。。。

ここまで進むと
性格的に直したくなるタイプ。。。。

ならばと。。。。

004
分解!。。。。

一つ一つ、パーツをみながら
それぞれがどう動いて、どういう機能かを見極める。。。

この程度のパーツ数で、この大きさなら
まだ思考もしやすい。。。。

問題の根源は、この中央のスプリングのはず!

このスプリングが機能してないからの問題だ!

と。。。

数分、思考と組み立てを繰り返し発見!

005
2つのパーツの赤丸印の部分を
スプリングがスプリングとして
機能するように取り付けるだけだ!!と・・・・


これは、破損でおかしくなったのではなく
以前、この部分のパーツを何らかの理由で分解した時に
組み立て方法を間違えた。。。。としか原因は無い!!!


確信あり!!


何故か!?


以前、自分の運搬車のスターターひもを引きちぎってしまった時
自分で直そうと、この部分を良い気になって分解したのは良いが
自分で組み立てられなくなった事があった。

その時は、切れたヒモの付け換えと一緒に
農機具屋さんで直してもらったので問題無かったが。。。。

その時の運搬車のパーツと今回のパーツは
若干構造が違って、こちらの方が分かりやすいので
私でも組み立て出来た。。。。。それだけ。。。。


003
再度組み付け、注油。。。。

001
装着して、問題もクリア!!


やった!!


これでまた一つ勉強になった!!!


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

いろいろ機械の整備とメンテと掃除

001
そうそうに昨夕方の続き。。。

エンジンがかからない「転圧機(プレートコンパクター)」の
キャブレターの修理

002
ボルトを数本外し、スプリングなどを外せば
容易に外せます。

部品が小さい物も多いので
地面に落さない様に。。。


003
細かな部品を外して一つ一つ確認。。。

一番怪しいと思っていた個所をチェック。。。。
004
案の状、本来、ガソリンが通る為の極細の穴が
腐ったガソリンで詰まっています。

005
一つ一つ溶剤をかけて、汚れを溶かしていきます。

しばらく放置して
白い泡の汚れ具合など目視でチェックしながら
パーツクリーナーで洗浄し、コンプレッサーの圧縮空気で
本来穴があいている個所に圧縮空気を送って
空気の抜け具合などを確認した後
組み立て~組み付け。。。。。


組み付け後、エンジン始動。。。。


OK!


使用には問題無いが
いくつか気になる個所もある。
でも、自分の所有物ではないので
あまり余計な事をしない様にと。。。。



しかし。。。

古い機械のメンテもこれで何台めだろう。。。。


最初の頃は、要領と、メンテするポイントも分からず
やみくもに分解し、溶剤をかけまくるだけで
なかなか直らなかったけど

今は、大きな問題無く、修繕が出来る様になったものだと。。。


整備ついでに。。。。
こっちも掃除を。。。。
006
コンバイン。

昨年秋に、内部の掃除をしただけで
足まわりについた泥は、そのままにしておいた

すっかり乾いた空気のお陰で
足回りの稲わらだらけの粘土土もカチカチ。

崩しやすくなった所で
棒で突っついて落す。

高圧洗浄機で洗えば
見た目にも綺麗になるが
そこまでしなくても良いと思ってるので
その程度。。。。


せっかくバッテリーをつなげでエンジンをかけたのだからと
内部の掃除も再度。。。


エンジンブロアー代わりの噴霧器で内部掃除

007
カラカラに乾いたお陰で
取り残っていたカスが出て来ました。

ネズミの住み家には成って無い様でした。


最後は。。。。
こいつたちも。。。。。
008
トレールバイク2台。

どちらもエンジン問題無く始動で、
元気、元気。。。。


敷地内を走行しただけで試運転も完了。



動力付きの機械が沢山あるので
定期的メンテも大変です。


まぁ、楽しい作業ですけどね。。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

芋の芽出し待ち

002
里芋。。。。

ハウス内の土深く保管していたものを掘りだし
一つ一つ痛み具合などをチェックした上で
再度ビニルハウスの中で、今度は浅めの土の中に埋め直し
芽が出るのを待つ。。。。


001
サツマイモ。。。

こちらも、種イモから芽をださせる為に
こちらも温かくした土の中に埋め直し。。。


物を育てる最初のステップ。。。。


楽しい所です。


こうやってる事が、
春の準備です。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

畑の植え付け準備

今年も無農薬で野菜も作る為に
防草用にビニールシート(マルチ)を畑の畝に張り終わりました。

001

002


写真では一見、
1枚目の写真の方が
植え付け数が多く見える広さですが
2枚目の方が広い。


最初はトラクターで作った畝で
2枚目はユンボで盛り上げた畝。
なので、ユンボで作った方は
一つの畝の幅が2.8m~3mあります。


マルチも幅の広いものを2枚合わせて使ってます。


安心で美味しい作物を
いかに効率よく作るか。。。。


毎年試行錯誤です。。。。

なので、今が完成形とは思ってません。


大変ですが、
楽しい部分でもあります。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

オイルにじみ

先日からチェックしていた
トラクターの前輪車軸からのオイル漏れ。

どうも間違いない様子。
001
ボタボタとは漏れてないけど
にじんでいるので。


002
反対側は乾燥してて
全く問題ない状況。


念の為、農機具やさんに相談。


結論から言えば
これからトラクターの一番活躍する春の時期。

それが終わってからでの修理(真夏や真冬)で充分との事。


もっと言えば、
ボタボタ、ダーダーとオイルが漏れて無ければ
この程度であれば、即壊れる事は無い程度。。。だとも。。。


トラクターの消耗、酷使される個所でもあり
修理個所の多い部分で、良くある事とも。。。


年式的に新しくても
運悪く、何か石などをオイルシールで噛んでしまい
傷が入って漏れだす状況だと。。。


また、普段から使用後に綺麗に洗車してても
してなくても、故障に成る時はなる、、、とも。。。


私の馴染みの整備士さんの経験では
畑の耕うんより、田んぼの代かきの時の方が
田んぼの細かな粒子の砂と水により
オイルシールが傷つく事の方が多いとの事。。。


なので、
「昨年の春の代かき後からオイルが漏れ始めたのかも。。。」


あまりにも漏れる量が少ないと
なかなかオイル漏れに気がつかない事の方が多いと。


オイル漏れにショックを受ける私に対し
整備士さんは
「ちょっと(たまたま小石を噛んで)運が悪かった・・・」程度の反応。。。。


ゆくゆくは修理した方が良いけど
そんなに急いで修理しなくても全然OK。。。

と。。。。


まぁ、良く考えれば
私のユンボも、一部操作レバーの根元から
オイルがニジム状況を相談しても
その時も重機屋さんの整備士さんも同じ言い方。。。


「まぁ、この程度の微妙なニジミは漏れに入らないよ。
  まだまだ修理するにはもったいないから、使っててOK!」

でしたもの。。。。


ある意味、重機、農機具は
今時の自動車と同じ発想で考える必要無い様です。


時速100キロで走る訳でもないし
オイルが漏れたからと言って、炎上する様な状況も無いし


私の町の馴染みの建設業・重機所有者の方も
オイルが漏れる対処方法は・・・
「漏れた分だけ、オイルを補充する」

修理代より、オイル代の方が安いから。。。


そんな事言ってた事を思い出す。。。。

オイルを継ぎ足す時に、こぼしてしまい
重機をオイルまみれに良くしてます。。。この方。。。(笑)



私は。。。。

まだまだ大らかな田舎人には成り切れてませんね。。。


細かな事に気にし過ぎと言う事で。。。。(汗・・・苦笑)




~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

雨降る前に・・・

002
数日前に畝立てした畝の中に溝を切り
その溝の中に牛フンをたんまり入れておいたので

今日、昼前に雨が降る予報だったので
急いで畝を埋めもどして綺麗に成形。

ちょうど終わった頃に雨が降り始め
なんとか本格的に雨に打たれる前に作業完了。

成形さえ出来でしまえば
この後雨が降って土が濡れるのは
逆にありがたい状態。

この後、防草用に
ビニール(マルチと言う)で土を押さえるので。

畝の周りにも溝が掘ってあるのは
雨があまり降らなかったり
作物の為に水が安定的に欲しい時に
水を流せるように溝を掘っています。

ここはもともと田んぼなので
水路があり、それを活用できるのです。

私の町の中でもそうですし
私の管理田畑の中でも一番ここは水はけが良い事もあり
我が家の中で一番安心な畑。
(山からのわき水処理が上手くできたので)


でも、作付面積が小さいのが残念。。。。


家庭菜園には充分過ぎる大きさですが
出荷作物を作るには、小さい。。。。


でも、でも。。。

良い畑です。


イノシシの被害も一度も無く
今まで美味しい作物を作ってくれます。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

オイル漏れ箇所の特定調査

先日トラクターを使った後、軽く洗車して保管しておいたが
今日使おうとトラクターを動かそうとしたら・・・


前輪右タイヤにオイルの垂れている跡が・・・


確実にオイルがどこからか漏れている様だが
その場所が特定できない。。。。。


ここは致し方ない。


洗車してみるが、
それでも良く分からない。。。。


いっそのこと、タイヤを外そうと。。。
001
ジャッキで持ち上げて、ウマを噛ませて固定。


ホイルを外して内側を見ると。。。
002
油と泥が混ざって内側にこびり付いている。。。。

003
ホイールと言うか、車で言うドライシャフト側も
油と泥でコテコテ・・・・

パーツクリーナーをかけた後に写真を撮っているので
まだ綺麗に見えるかもしれないが
撮影前は、オイルでギトギトでした。。。。


この状態で、1時間ほど置いて見たけど
オイルがにじんでくる気配ないので
いっそのこと、泥を綺麗に落として
オイルが漏れてきたら分かりやすくしようと。。。。


パーツクリーナーで洗うと
何本も使い切ってしまうので
灯油と毛ブラシで、油と泥の混ざった物を
丁寧に洗い流す。。。。

そして、最後にパーツクリーナーで
灯油を洗い流して終わり。。。

004
綺麗になりました。


005
ホイールの裏側もついでに。。。。


このままホイールを外したまま
一晩おいて、オイルがにじんでくるか監視。。。。

その状況で、緊急修理が必要かを判断しよう。。。


まぁ、この手の修理は、農機具屋さんにお願いするけど。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

野菜(里芋)の出荷完了

001
大事に保管していた里芋を
明日、お店で売り出しがあると言う事もあり
春を前に全て出荷完了。

肩の荷が下りたと言うか
ひと具切り付いたと言う感じです。

昨年の天候を振り返り
まぁ良くできた(収量)方だと思います。

昨年の良い所悪かった所
変えられる所、変えない方が良い所など
色々経験した事をさらに今年反映させ
さらに収穫量が上がる用
今年も励みたいと・・・・


お陰さまで、里芋の味の方は
すこぶる好評なので
この味を維持した上で
収穫量を上げられれば
色々展開が広げられるので。。。。


異常気象が続く毎年ですが
その中でも着実に進んでいる事を
実感できる事が何よりです。。。。


さぁ、今年の仕込み開始です。

~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

エンジンヘッジトリマーのキャブ清掃

101
頼まれ事で、
本体の向きを変えるとエンジンが止まる
「エンジンヘッジトリマー」の修理・整備。

まぁ、
まずキャブレターの不調でしかないだろうと
早々にエアクリーナー部のキャップを外す。

104
エアクリーナーのスポンジはまだ使えそうだし
キャブ内は綺麗に見える。

しかし。。。。
103
周りが汚いので、エアコンプレッサーのエアで
ゴミを吹き飛ばし(キャブ内にゴミが入らない様にした上で)、
その後、パーツクリーナーで洗浄、洗浄、洗浄。。。。
3回位洗わないと汚れが取れない。。。


この後、エンジンをかけて症状を確認。。。

やはりまだエンジン始動~暖機後、
本体を傾けたりするとエンストする。。。。


キャブ内のどこか細い管が
詰まっているのだろうと推測。。。

分解すると、何かパーツを壊す事があるし
分解する事で、他の不具合も出る事もあるので
軽い対処・処置から始める様にしている

で、最初に・・・
105
キャブレタークリーナー
(エンジンコンディショナー・泡タイプ)

泡をキャブ内にたっぷり吹き込み
このまま10分程放置。。。。

泡が無くなって、液状になったら・・・・

106
本体をおこすと、
キャブレター内に溜まった洗浄液がこぼれて来ます。

茶色になって液が出てくるので
キャブレター内の汚れを落としてくれたと判断。


ここで一度エンジン始動。。。。

そして、暖機しながら、空ぶかし。

先程の洗浄液が一緒に混合油と燃えるので
普段より濃い白煙がマフラーからモウモウと。。。。

その白煙が消え
暖機も終わったら。。。。

念の為、エンジンを空ぶかししながら
再度、キャブレター内に直接、キャブレタークリーナーを吹き込む。。。。

エンジンがストール(回転数低下)し、エンストしない程度に
2~3回ほど吹き込み。。。。

白煙が収まって、暖機も終わり
エンジン回転数が落ち着いた所で。。。。

本体の向きを変えて、エンストするかどうか。。。。

しない。。。。。

縦にしても、横にしても、さかさまにしても。。。OK。


試し切りを自分ちの庭木で行っても、問題無し。。。。


完治と判断。。。終了!


107
キャブレターの蓋をして、終わり。。。


108
キャブレター周りだけピカピカです。


今回使った道具は。。。
109
パーツクリーナーとキャブレタークリーナー(泡タイプ)
そして、エアコンプレッサー。。。です。


今回は、まだ問題が軽傷だったので、
この程度のメンテですんだと思ってます。

この整備で、何とも問題が解消されない時
私はキャブの分解をします。。。

最初から分解すると、余計な物を壊す可能性もあるので
分解は最終手段。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

里芋の追い込み出荷

001
昨年霜が降りる前に土から掘り出し、
土の中にあった状態ののまま、
土付きでビニールハウスの中に保存していた里芋。


まだ寒さが続く春前のこの時期に
残りを一気に出荷予定。


青果市場の取引価格を調査して
今の時期が一番価格が安定ているので。


ただ、心配だったのが昨日と今日の天気。


晴れてくれないと
土の中の状態と同じ状況で保存していた里芋なので
そのままでは濡れてて出荷できないので。


お陰で、予報が曇だった昨日も晴れてくれ
今日も昨日以上に良い天気で、
かつ、乾かすのにちょうどいい風も吹いてくれたので
予定通りの出荷数を出荷できました。


私の地域は、排水の良い畑がほとんどなく
基本田んぼ特性の所ばかりなので
水の大好きな里芋に良い環境。


もっともっと効率良く生産から出荷まで
流れを作りたいものだ。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

畑の土おこしトラクター耕うん

さあ、さあ。。。。

まだ今朝の最低気温は0度でしたけど
そろそろ今年の作付に向けて
またひとつ畑の土おこしです。

ここも、もともと田んぼなので
根腐れしないように、ユンボで土を盛り上げて
1反の田んぼを大きな畝(うね)4つと言うか
畑4つに分割して(一部ビニルハウスあり)
畑として使っています。


水持ちが良い(排水が悪い)土壌なので
基本、水分過多は大好きな作物のみですけど。。。


001
牛フンを散布して。。。

002
ここも。。。。


高い畝にトラクターを載せて
ドシドシ耕うん。。。。

003
綺麗で、平らな畑。。。。


ユンボで、土を意図的に盛り上げてあるので
今後、高すぎる畝をユンボで再度広げて低くします。


結構深くトラクターの刃を入れたので
土に中に隠れていたミミズもだいぶ外に掘りだしてしまいましたが
あっという間に、土の中に潜って見えなくもなりました。


気温10度弱の気温ですけど
ミミズ君は元気の様です。


今年もがんばってもらって
ミミズ君にさらに良い土にしてもらいたいものです。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

トラクター耕うんの仕上がり

トラクターで、昨年のナス畑の土を耕うんしました。

005
これはトラクターを入れる前の
ユンボで畝をつぶした後の状態


001
1回目のトラクター耕うん。

深めにロータリーで耕うんしたので
ロータリーの通った跡が残り気味ですが
でも、1回でここまでフラットな地面に出来ます。

可哀想ですが、土の中で寝ていた
ミミズがら、カエルからみな掘りだしてしまいますが・・・


002
トラクターでの耕うん2回目。

若干1回目より早く、少し浅めに耕うん。

土がさらに細かく砕かれ
土の中に空気をたくさん入れ
昨年の作物の根を切り刻んで
全て堆肥化・・・・


これから、1ケ月ほど寝かせます。


ここは本来田んぼ。

粘土質強く、
雨が降ると長靴が抜けなくなる様な
きめ細かな土なのですが
大量(軽トラ30杯位)のもみ殻を入れ
トラクターで細かく混ぜているので
粘土同士で固まりにくくさせ
乾くとサラサラ土の畑の様になってくれます。


畑にして3年目・・・


今年はどんなふうに作物ができてくれるか
ある意味楽しみです。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

運搬車の荷台拡張DIY

001
今年の1月にご近所さんから
使われず朽ちていて動かなくなった運搬車を譲り受け
壊れたパーツや、クローラーを交換したり直したりして
使えるようにし、
今我が家で活躍している2台あるうちの小さい方の運搬車。

荷台の横幅がこの様に引き延ばせ
拡張する機能があります。


ただ。。。。


ご覧の通り
拡張するとすき間がいっぱい。


収穫カゴなどは良いけど
袋詰めのものなどを積む時に
落ちそうで心もとない。。。


で。。。。


家にあるもので
少し加工。。。
002
業務用冷蔵庫などで使われる網型の棚。

それをカットしてワイヤーで固定。。。

003
あえて網目にしているのは
里芋など泥つきの物を積んだ時に
網から土が下に落ちる様にしたかったから。


これで積載量も増えます。


秋の稲刈り時にモミを入れた袋を運ぶ時にも
積載袋数がこれで倍増しそう。。。


カットした網部分の切り口のバリ(とがった部分)を
ヤスリや、サンダーで削るなどしたので
切って貼っただけでないですが
それでも30分ほどで完了。


機能的になりました。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

横着な畑の雑草処理

001
3年連続で、稲刈り前にイノシシに大きな被害を受け
米作りを今年一時中止して、雑草だらけになった畑。

一部草刈りをしておいたが
刈払機で草の処理をする時間と
労力短縮の為
トラクターに頑張ってもらいました。

もともと田んぼなので
土は柔らかく、ロータリーに負担は少ないのですが
これだけ背丈のあり倒れている草があると
負荷もかかるだろうなぁ。。。


で、浅く耕うん後。。。
002
浅く耕うんしたので
草が土の中には入って居ませんが
とりあえず草と土とを切り離せました。


で。。。。
こういう事をトラクターにさせると
こうなります・・・・


作業前
003



作業後
004
大量に草がからみついている様にみえますが
背丈のある草がからんでいるだけで
鎌で切ると、一気にとれます。


厄介なのは、両端。
ロータリーとカバーに挟まっているので。

草を絡ませながら走行するので
泥が跳ね、背中側は泥だらけになります。
005


で。。。
この作業、草がロータリーに絡みつく事で
トラクターのエンジンに負荷がかかり
超時間、広い面積をこの作業するのは避けています。



草刈りして、刈った草の後処理までの時間を考えると
相当早く作業が終わります。


雑草は、このまましばらく放置すると
さらに枯れ、柔らかくなるまで放置。


その後、再度耕うんすると
土の中にすき込め、有機肥料となります。


一年放置したので、
土の力も上がってきていると思います。


お米だけでなくとも
何か作りたいと思う気持ちも大きいのですが
収穫が秋になる作物をつくると
確実にイノシシが荒らしに来ますし

かと言って、
それ以外の時期の収穫物と言っても
他の作業との兼ね合いで、
植え付けとその他の管理している時間が無く
現状良い活用方法が見つからず。。。。

思案中。。。。


イノシシの存在は、ホントに大きな問題です。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

機械も万能ではない

今日は、当初より雨予報でしたし
我が家の電気料金の契約が
週末が安い電気料の契約なので
電気を使う室内機械、機具は
こんな日に作業予定をする事が。。。

我が家のお米「ミネアサヒ」の選別。

ミネアサヒとは・・・「農林水産部HPより抜粋」
愛知県の山間技術実験農場(現:農業総合試験場山間農業研究所)において、中山間地域に向く良食味米として育成され、昭和55年に品種登録されました。食味が良いことから、中山間地域の銘柄米として栽培が進められました。


当初は、一粒一粒ピンセットの手作業で選別していましたが
出荷量が多くなると、とても手では追いつかなくなり
米の色で選別する機械を入れています。

我が家お米は、慣例的な農法と違い
ほぼ農薬を使わないので、
農薬を使わない事で中山間地で大被害になってる
カメムシ害(カメムシに吸われて黒くお米が斑点になる)が
より多く発生しています。

それが年々多くなってます。


農薬に免疫をもつカメムシが増えてきたのが
一番の要因の様です。


そんなカメムシ被害の黒斑点米を選別する機械を
今日行いました。


お米の収穫後にある程度選別したお米を準備したのですが
その分が出荷終わりに成って来たので第二段。


朝から機械を動かして選別していると。。。。
どうも選別されるお米の選別精度が悪い。。。。

ある程度、致し方ないにしても
良品のお米も悪い方に選別されている。。。。


一旦、機械を止めて内部を良く見ると。。。

主要部分に汚れが。。。。
001
機械の中で、お米を下に落すレールの様な部品。

この部品を取り出すだけで一苦労でしたが。。。

002
これの溝に、お米のぬかが付着して滑りが悪くなっている。。。。


この機械のサービスマンに電話したら
お湯で洗うと良いとの事で・・
003
裏側に配線があるので、
慎重にお湯洗いでした。。。。


装着
004
その他、お米が通る所をアルコール消毒液で洗浄。


005
まるでSF映画のシーンの様ですが
お米が上から落ちてきて、
カメラでお米一粒一粒認識し
お米の色が悪いものを瞬時に選別し
この下でそれをエアーで飛ばして
色の悪くない米と、色の悪い米を分けています。

006
色の悪いと選別された入れ物の中。

お米の一部が黒くなっているのが
カメムシにお米のエキスを吸わた跡。
黒く斑点してしまうのです。

007
アップにするとこんな米。


アップにしてわかるでしょうが
色の別に悪くなって無いお米も一部含まれます。

どうしても高速で色選別しているので
良品も不良品の方に極一部入ってしまいます。

また、その逆で、極一部取りきれない黒斑点米も。。。


この黒斑点米が多いと言う事が
そもそも殺虫剤を使ってないと言う証であり

この黒斑点米はそのまま食べても害にならないのですが。。。。


玄米で食べるならまだしも
これを精米して白米にしても
黒い部分が若干残る事もあるので
白いお米に黒い部分があるのも
慣れて無い一般の方には不快感があるかと。。。


そんな事で、わざわざ選別して取り除いていると。。。。言う事。。。


こうやって取り除かれたお米は
精米した時に出る米ぬかと混ぜて
害獣被害の大きいイノシシ捕獲用の餌にしています。


今までの経験では
100%米ぬかだけの餌より
お米が混ざっている方が
イノシシの食いが良い感じです。


カメムシの被害も深刻ですが
イノシシの被害もさらに深刻な中山間地の農業。。。。


良い米を作るだけではなく
そのお米を害獣や害虫から守りながら作る事も
考えなければならない、中山間地の農業は
ほんと大変です。。。。


営業的には

「山の清水で作った美味しい、
 そして、安心なお米を是非召し上がってください」で

良いのでしょうけど。。。。


それを出荷するまでにこんな所にも手間がかかっている。。。


そんな事もブログでは書きたくなるものです。。。。



ほんとお米も作るのは大変です。。。。


あっ、機械が止まった。。。。次の作業しなきゃ。。。。Go!

~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

メンテナンス

今日も里芋掘りでしたが
夕方、気になって居た事を。。。。

軽トラックの左側前輪タイヤの外側が
片減りし過ぎになって来たので
まだ溝がある方の後輪左タイヤと入替え。
001
写真右が前輪に履いていたもの
左が左後輪。

写真で言うと、手前側に転がり進む状況。


前輪の外側が減りが進んでいます。

後輪タイヤも外側の方が減りが早い様です。


次回車検時にはスリップサインも出るでしょう。


交換ですね。

これも一緒にチェック
前輪ブレーキパッドの減り具合。。。
002
全然OKですね。まだ。



タイヤ空気圧を調整するのにコンプレッサーを使ったついでに。。。
003
トラクターのタイヤ空気入れ。。。

私のトラクターではなく、共有でつかっているもの。

古いタイアですので、漏れが早いです。



さて、これから(PM7時半)打合せです。



里山の害獣対策の。。。。



行ってきます。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

感謝の気持ちいっぱい

今年春に苗を植え

6月下旬ころから青果市場などへの出荷が始まり
7月中旬から9月下旬まで毎日大忙しで収穫した作物も
この寒さで成長が一気に遅くなり、

出荷量も市場に出すほどまとまらなくもなり
地元産直市場へ定期的に出荷してきましたが

他の作物の収穫をする季節にもなり
来年に向けての準備他
この冬にしなければならない事
しようと思っている事の予定もどんどん迫り

まだ青々としている時にしのびない気持ちもありますが

ここは心を鬼にして。。。。


茎を切断しました。。。。

切断前。。。。
002



切断後3時間ほどで。。。。
001
水を大量に必要とする「ナス」は
水の供給を途切れさせると一気にしぼみます。。。


超がつくほど忙しい日々を送った畑の作物。


今年のお別れ。です。


ありがとう。。。。



この後、しばらく放置して
カラカラに乾燥させてから処理します。


周りを囲ってある柱なども片付け。。。


土もトラクターで起こして、
牛フンなどの肥料を入れて寝かせます。


来年の春に向けて
一つ一つ。。。。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

トラクターの違い

001
同じメーカーのトラクター

年式も違いますが、馬力も違います。

車と同じで、年式が違うと
ただトラクターとして動くだけでなく、
色々機能も異なります。

手前は20年ほど前の機種
奥は若干旧型ではありますが、
ほぼ現行と同機能のもの。。。。


この2台をシンプルに「機能の差」で比較すると

・パワーステアリングの有無

・同じ4WDでも、多機能か、単機能か
 (2WD、少回転機能の選択の有無)

・ロータリーの動きの油圧自動調整機能の有無
 (水平、耕うん深さなどオート機能の有無)


で。。。。
大きさ(車体、馬力)の差で比較すると。。。

・15馬力と20馬力

・ロータリー幅120と145
003
ロータリー幅の見た目でこの差。


実際使ってみる。。。
002
。。。。
土をおこす(耕うんする)事に関して
作業量・効率で言うと、
馬力の差は、ロータリーの幅の差となり
トラクターが通った時に、どれだけの幅を一気に耕うん出来るか・・・

となり、
馬力が大きい方が(通常幅の広いロータリーをつけられるので)
同じ時間で出来る範囲が広くなり効率が良い。


で、馬力が小さいと、車と同じで車体も小さくなり
困る事が多いのがこう言う時。。。。

004
山の斜面の下など
水が地面下から湧いてきて、
常にぬかるんでいる様な場所。。。。

この様な場所では、小さな車体では耕うん作業ができない事が多くなる。


車体が大きいと、タイヤ外形が大きくなり
小さなタイヤのものよりぬかるみに強い。。。


小さなトラクターのメリットは。。。。。

・ビニールハウスなど限られた小スペースでの作業が出来る

・車体購入額が安い



で。。。。
新旧で比較すると。。。。。

同じ馬力で、同じ幅のロータリーが付いているとすると。。。。

基本、耕うんすると言う事に関しては同じ。。。

なので、古いトラクターでも良い。。。。

と、今の私なら思う。。。。


当然、
あまりに古い機種であれば
故障した時の交換部品などはなく
その意味では車同様困るとは言えるが。。。。


単純なそれぞれの比較をすれば
こう言う結論になるが。。。。



総合として、
新旧、大小差のあるこの2台を実際使ってみて
思う事、感じる事。。。。。。


(馬力の差、大きさの差はのぞいての話)


新しい機種は「楽」です。


質素な昔ながらの機械は
ハンドルは重く、それぞれのレバーも硬く
エンジン音も新しいのと比較すると大音量。。。。

ぬかるむ田んぼなど、
ハンドルが取られ易い場所での耕うんは
ハンドルを強く抑えて無いと、土にタイヤが取られ
勝手に車体は曲がっていくし。。。


曲がろうと思っても、ハンドルが重くて
全身の力でハンドルを回さないと小ターン出来ない。。。。


そんな両腕でハンドルを抑え込みながらの作業中
ロータリーの上げ下げが手動の為
エンジン負荷に応じて、手動でロータリーの上げ下げをするなど
全身汗だくになりながらの作業。。。。


そして、耳鳴りから頭痛にかわるエンジン音。。。。

最後は耳栓をしてました。。。。


古い機種をつかっての
田んぼの土おこしを今回体験しましたが

普段使うトラクターの5倍以上疲れました。。。。



切実に思った事。。。。


古くても良いけど。。。。


唯一欲しい機能・・・・


「パワーステアリング」・・・・・



今時の車でも、「パワステ無し」は無いですから
そんな時代になれた体には、堪えます。。。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

譲り受けトラクター整備

001
古いトラクターを譲り受けました。

私が。。。と言う訳ではなく
私の住む町で、有志で結成した農業団体に。。。

でも、我が家の隣の家の農機具なので
良く知っています。


そして、この機械。メーカー。イセキ。


イセキは私の農機具で一番多い。


それはメーカーと言うより担当の人で選んでいる部分が大。


そんな馴染みの担当者に聞くと、
これはもう20年戦士だそうです。

当時良く売れた(売った)機種だそうで。

その中でも、機能が一番ベーシックなタイプ。

今時のロータリーが自動で水平や高さを調整しないタイプ。

車庫内に保管されていたので
見た目には凄く綺麗で、状態も良さそう。


ただ。。。。
003
トラクターの作業命である
ロータリーの刃がみんな終わってます。。。


これでは土をおこす(耕うんする)ことは出来ません。
002
錆びているのが「旧」。

真っ黒なのが「新」


違いは一目瞭然。

004
全交換完了。

自分のトラクターで
交換作業を経験済みなので
別に作業にも違和感もなく。。。。

自分で整備すると愛着もわくと言う物。。。。




私の記憶する限り
3年以上使われてないこの機械。


それに、田んぼを年1回起こして、代かき1回と
年2回しか使われて来なかった。。。



使用頻度は低いとはいえ
ほぼメンテナンスをされていないので
20年戦士がどこまで無事で使えるかは未知数。。。。


農機具を使いなれている方が使う分にはまだ良いが
普段使わない方が操作すると、寿命も短くなる可能性が高くなる。。。


さぁ、どこまで使えるかは見ものです。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

使ったまま放置しておくと・・・

001
ご近所に置いてある、
私の物より若干年式が古いコンバイン。


稲刈り使用後、内部清掃する暇がなく
そのまま置いてありました・・・
(普段ブルーシートがかかっていますが、外で保管)


あまりに放置日数が長いので
私が内部清掃をかって出ました。

長期間放置は懸念する事があったので。。。。

それは現実となりますが・・・・



で、掃除するのに。。。。
002
外装を外し。。。

ボルト止めされている清掃用小窓を全て開けて・・・

エンジンをかけて・・・

内部機械を動かし(脱穀状態にして)

エンジンブロアー(エンジンで回る強力扇風機の様な機械)で
脱穀機械部分に高圧に風を送って、中に溜まったゴミを
外に吹き出して、清掃していると。。。。


しばらくすると。。。

003
稲刈り時に吐き出しきれなかった
稲やゴミ、お米のクズなどが外に一気に吐き出されます。


それと一緒に。。。


一般的にクズと言われる状態の米で
人は食べないけど、野生動物には至福の餌となるものが
機械の中に大量に残っているので。。。


それを食べていたものが、逃げ場を失って
機械装置に押しつぶされ、機械から吐き出されます。。。

上の写真で青い丸で囲ってあります。。。


良く見れば、何か分かる人にはすぐわかります。。。


なので、すぐ稲刈り機(コンバイン)は清掃しましょう!!!


って言う教えです。。。。(汗)


私は、この機械は遅くとも使った翌日には掃除していますので
問題無い事を断っておきます。
(経験上、1週間過ぎると、中に動物が住みつきます)


で。。。。
下記に続く。。。。

~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~



もし、上記写真のアップ写真が見たい方は
続きをご覧ください。。。。
続きを読む

古いバインダー(稲刈り機)再始動!

000
古いバインダー(稲刈り機)を久しぶりに動かしました。

すごい!。
ガソリンを入れ、
ガソリンコックを開け。。。
チョークを引き。。。

スターターのヒモを思いっきり引く!!!


一発始動でした。

前回の保管整備がバッチリだ!


しかし。。。
何年振りだろう。。。。動かしたのは。。。。



日記であるこのブログで過去をさかのぼると。。。。

有ったあった記事が。。。。

2012年8月に・・・

8月12日「バインダー:ホンダ アクト TM300

8月4日「古いバインダー(稲刈り機)の整備中


その年に使ったっきり
ずっと使わないでいた。。。


ガソリンをきれいに抜ききって保管していたので
まるで昨日使った様な位の始動の良さだった。



さて、なんで古いバインダーを持ち出しか。。。。



明日、私の町の有志でつのる休耕田開墾して
米作りしている団体の稲刈り予定日。


当初、ナスの収穫があまりにも忙しく
時間的に無理と判断していて
欠席にさせてもらていたが。。。。


なんとか時間が作れそうになったので
お手伝いでもと。。。。。


明日、コンバインで稲刈りするのは間違いないが
コンバインでは刈れない、刈りにくい場所を
このバインダーで刈ろうと。。。。


機械はたまには使ってあげないと。。。


普段は、ひとりで私は稲刈りしますが
おおぜいで稲刈りするので、
この手の機械を持って行っても使えるだろうと言うのも。。。


本当は体的には疲れが溜まっているので
ゆっくりしたい気持ちも多々あるが。。。。


みんなとワイワイ稲刈りするのも
精神的にはリフレッシュ出来るだろうと思い。。。。


ポケットカメラも携帯し、
出来るだけ記録写真も撮っておこうと思う。


将来的には、この有志団体でつくるお米も
ホームページ開設して、販売していこうと言う事らしいので
まずは何事も記録写真が無いとね。。。。


明日も、頑張ろう!

~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

バッテリー充電中

001
稲刈り準備の要。

コンバインが動いてくれないと
稲刈りができません。


昨年秋から外してあったバッテリーを
冬の間の充電が不十分だった様で
電力を大量に食うディーゼルエンジンの始動に耐えられなく
やむなくトラクターのバッテリーに取り換えて
置き場から家の前に移動し
テラス下でバッテリーの補充電中。。。。。


今日は雨なので後日にするが
冬の間の砂ぼこりなどで汚れた車体を
一度綺麗に洗車し、その後整備予定。


機械内部は、昨年の稲刈り後に清掃してあるけど
一応、内部も再度清掃し、可動部分には注油も必要。


こうやって、秋の訪れ、実りの秋、収穫の秋を
さらに実感します。。。。


なんにしても。。。。。


これから雨が続くのは困る。。。。。


稲刈りは、雨が降ると穂が濡れてしまい。


乾くまで稲刈りができないので
段取りが大きく狂うから。。。。。


てるてる坊主でも作らないとだめか。。。。?



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

しば農園

我が家で作った愛情作物の自前通販サイトです。
<※PC専用>
プロフィール
ブログランキング


最新コメント
楽天