愛知の田舎で古民家暮らし

築100年超の田舎古民家で田舎暮らし7年目に入り、2000日を超えました。

作物・収穫・農業

里芋の土の中での保管

000
ぱっと見、イモムシの様に見えなくもないですが
ビニールマルチの中には里芋を
2列で埋まっています。

土から掘り起こし、詰めて並べて
再度土を上にかけて、
使って居たマルチを4重にして
上に覆い被せて保管。

毎年、色々植え方をアレンジして
里芋を栽培していますが、

今年は昨年より、天候がさらに悪く
種イモが腐ってしまった物も多かったけど

でも、生き残った種イモは
昨年より多く子イモを育て
そして丸々と育ったようです。


まぁ、4ブロックに分けて植え付けている内の
1ブロックを掘っただけなので全体を見るまで
最終的な状況判断は出来ませんけど。。。


今の所、悪い中ながらも、良い芋が出来てる感じ。。。。


これを年越しまで土の中で保管し
年明け、順次再度掘り起こして出荷予定。

全体で、どれほどの収量になるかは
その時でないと分からず。。。。


また、我が家の里芋(完全無農薬、有機栽培)、
食べて頂いた方から、ご好評を頂いていて
個人的に予約お申込み頂いている方も居るので
その販売分も含まれますけど、それも
年明けの順次発送とさせて下さい。


年内、里芋を掘るだけでもまだまだありますし
シカ避けのネット取付の為に、草刈りなども
広範囲にせねばならなく、

また、ナス畑の片付けなどもまだまだ残っておりますので。。。。




備考。。。。

子供は今、高校の修学旅行で、沖縄へ。。。。今朝。
沖縄は、温かいのだろうなぁ。。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

里芋の保管

000
例年なら、今月初旬に掘り起こす里芋。
(我が家の里芋、及びサツマイモは、
 完全無農薬&有機肥料栽培なので、
 安心&柔らかく甘いと、野菜生産者間でも好評なんです。自慢)


今年は、11月が温かかった事も助かり
作業遅れでも問題無く、やっと里芋の事が出来ました。

昨年は、掘りおこして、
別場所のビニールハウス内に保管しましたが
昨年、数の多さに保管しきれなくなったので
今年は、畑にそのままより深く埋め戻しました。

以前の冬は、
冷え込みでこの畑で表面10cm位が凍るのですが
年々この畑でも凍る度合いが弱くなったのと
昨年よりはさらい冷えにくい冬になりなので
畑での保管に挑戦。

土の中での保管の方が、
里芋にとっても傷みにくく、美味しさを維持できるので。

ただ。。。。

里芋畑はここだけでなく、
もう一面ある。


もう一つの畑の方も急がねば。。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

サツマイモの掘り始め

001
朝はめっきり寒くなりました。

写真は咋日朝ですが、
朝は特に冷え
車内のエアコンは
オート設定で自動で暖房になりますし
外ではジャンパーを着重ねないと風邪ひきます。


寒さがさらに強くなる前に収穫しておかないと。。。


002
サツマイモ。



昨年まで稲作していた田んぼを
今年から畑に換えて、初年度は試しにサツマイモ。


何も作って無かった田畑ならまだしも、
余り肥えた土地で無い私の住み町の土壌で
かつ
稲作をして、土の中の栄養分を使い切った後を考えると
通常より収穫量が落ちやすいと心に言い聞かせているので
まぁ、こんなものかと言うレベル。

ただ、今年の気温と天候が余りにも極端な事で
良い畑でもどの程度収穫できたかも比較できないので
何とも言えないか。。。。


美味しい作物をたくさん作りたい。。。
その思いだけで、作れないのが中山間地の田舎の厳しさ。

003
写真奥の赤丸印は、イノシシ捕獲用檻。

私の管理檻で、ここ毎夜、イノシシのファミリーと思われる
大小異なる大きさの足跡が複数頭くっきりと檻周辺に残ってて
檻の周りは荒れ放題状態。

サツマイモ畑のすぐ隣です。


イノシシを捕獲する様に檻に仕掛けはしてあるのですが
親イノシシ(大人イノシシ)が檻に入ると、扉が閉まる様にしてあり
今の所、ウリボウ(子イノシシ)が、檻の中に入って
餌の米ぬかを食べている状態。


今、仕掛けを子イノシシ向けに換えれば
きっと子イノシシは捕まえられると。


もう少し(数日)様子を見て
子イノシシに誘われて、大人のイノシシが
檻の中に入るのを待とうと。。。。


大人のイノシシは、人間との駆け引きを経験しているので
中々捕まらないものです。。。。。


知恵比べ、根気比べです。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

今年はほんと変な気候・・・

昨年の今頃は、冷え込みでナスの収穫も終わり
田んぼの翌年の準備をしたり、里芋、サツマイモの収穫の時期。

今年は、
ナスが9月の長雨で凄くダメージを受けたものの
その後、この時期としてはありえないほどの気温の為、
かろうじて復活成長していて、

昨今の全国的な野菜不足で特に、
なんとか復活した我が家をナスの出荷を要望されるので
催促されて、いまだにナスの収穫~出荷中。。。。


さすがに真夏の様な収穫量ではありませんが
夜露に濡れていては、そのまま箱詰め、袋詰め出来ないので
拭いたり、洗ったりと、この時期の出荷は手間も多くかかり
出荷する方も大変なのですが。。。。



何にしても。。。。


夏の驚異的な高温続きで、そして雨不足かと思えば
9月が日照不足での長雨。。。。全ての作物に大きなダメージを受け、


そして、10月としては驚異的な温暖な天気。。。。


何が何やら。。。。。今、何月??と。。。


もともとが自然相手、
季節が一番分かりやすい仕事なのですが、

自然(天候)が例年通りで無いと
月日と間隔が完全にずれて来ます。



昨年の記録を見直しても
色々な作業が1ケ月遅れています。


冬の間に例年する作業他を考えると
日数が足りなくなる(のでは?)。。。と。。。


ほんと、来年に向けての計画が立てられない。。。。



色々な意味でも、頭が痛い所です。。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

今年の出来が気になる頃

001
昨年まで稲作していた田んぼに
水はけ良い地質を好むサツマイモ用に
もみ殻を大量にいれて種植えした畑。

手前の白い地面は、
畑にしきれなかった田んぼの上に
残ったもみ殻が山積みになっています。



稲作した田んぼには、
肥料分はほぼ無いと言うのがこの地域の定説。

肥料分が少ない方が良いと言うサツマイモではあるが
少な過ぎてもねぇ・・・

我が町は、田んぼ割合が大変高く
田んぼを借りようと思えば、まだまだ借りられるが
もともとの畑でひろい面積の所が
まったくと言って良いほど無いので
まず、自分の田んぼの中で
畑にしやすいと思われる物を畑にかえ
田んぼは、イノシシ対策されているかの有無を確認しながら
新しく借りて行くのも良いかと考えている。


いかんせん、もっと作物作る気があっても
イノシシに荒らされる状況では、作れないので。。。。


イノシシが居なければ
もっともっと色々方法があるのに。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

休耕田管理の秋

イノシシの被害が余りにも続き
対策対処に時間が割けず、休耕田に成っている田んぼ。

秋に成ってこんな状態。
001
田んぼ上。

002
田んぼ下。


この時期でも、ため池になってる休耕田には
水中に、オタマジャクシや昆虫が沢山いました。

申し訳ないですが
土を一度乾かしたいので。。。。
周りの畦の草を刈って、溜めていた水を一旦抜いています。


8月の段階では、こんな状態。
000


7月初旬は、こんな状態だったのを・・・・
001



トラクターで耕うんして、一旦水草を土の中に閉じ込めました
002



結局、7月初旬にトラクターで耕うん(実質、代かきの様なもの)をして
水だけを溜めただけの自然状態で、10月中旬で最初の写真の状態位で
雑草が収まっているのなら、水を溜めた方が、休耕田の管理が楽かも。。。。


土を出してそのままにしておくと、畑の雑草が生え
それらは根が強いし、背丈もあるので、後の草刈りが大変。


ただ。。。。
半年間、水を溜めっぱなしにしたので
畦やボタ(斜面)部分がだいぶぬかるんだ感じ。。。。


ネズミも所々穴を掘っているので
それら補修をしないと、畦が崩れるかもしれないなぁ。。。。


しばらく水を抜いて、土を乾かして
様子を見よう。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

土壌診断用の土を提出

台風が接近しているとの事で
天候がどうなるかわからないので
今秋提出期限で乾燥させていた田んぼの土を
指定された封筒に入れ提出しました。

001
湿気をまだ含んでいますが
入れる封筒が濡れてしまう状況ではないので
大丈夫でしょう。

1つの田んぼから複数個所掘って
集めた土なので、良く混ぜて指定量入れて閉じる。

これの繰り返しで
002
今回申し込んだ田んぼ面数。

私の田んぼだけでなく
我が町で有志で稲作している田んぼの分も。


どの様な診断結果が出るか楽しみです。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

田んぼの土壌診断の為に・・・

昨日、ブログ更新していませんでした。

自分の中では更新しているつもりでした。



良く確認すると、更新したつもりの内容は
一昨日更新したものでした。

それほど昨日は。。。(いや・・・も、ですね)
あっという間の一日だったと。。。


仕事は終わって、シャワーを浴びて・・・

慌ただしく晩御飯を流し込み・・・

その後、すぐお祭りの準備に参加して・・・


帰宅後、翌朝の早起きの為に
出来るだけ早く寝たいと、寝床にタブレットから
確認する為の資料などを枕元に置いて
見ようと思っている暇も無いほど
即、寝。。。。。。


で、あっという間の朝。。。。


自分たち(親である夫婦)の事と
田舎暮らしゆえ、子供の最寄りバス停までの
車での送迎
(ついでに朝部活練習の長男も同じ時刻に送迎)


子供達が高校、中学生になると
朝が早いので、親が月1回位、朝ゆっくりできる日でも
平日だと、ゆっくり寝ていられないので。。。。。


さらに一日の経過が早い。。。。。



そんな中、春に申し込んでいた各種手続きが
お祭りで忙しい、今の時期に重なります。



その一つが。。。。



農協が実施してくれる
「水稲作(田んぼ)の土壌(養分)診断」


稲刈りが終わったばかりの
来年も水稲を作りの田んぼが
今どの様な養分が残っているのか。

それを検査してくれると。。。。


全国では分かりませんが
私の地域は水稲作田んぼに関しては
土壌診断を今年も無料で行ってくれると。。。


この事は、
過去にも農協が行ってくれていたそうなのですが
その実態を私は知らなく
今年、農事関係の町内役員になって
初めて知ったので、
私だけでなく町内の希望者にも連絡して
せっかくなら診断してもらおうと。。。。


田舎に移住し、稲作を今の町内の土地を借りて始めて
5年目になり、幾つかの田んぼを続けて借りているのですが
どの田んぼも、土壌養分がもともと少ない。。。。と実感。
それが確信に変わってきました。



私の土の地質のベースにあったのが
妻の実家である「栃木県」の田畑の土。。。。


関東ローム層の真っ黒の水はけの良いサラサラとした土で
妻の母が広い庭(田舎の家は庭が広い)で家庭菜園をしているのだが
大した肥料も与えていないのに、毎年本当に良い野菜が出来ていました。


当然、それぞれのプロが作る生産農家さんの生産量のレベルでは無く
高齢な婆が、自分の有り余る余暇の中で、本当に少し作る作物なので
手間のかけ方からすれば、良い物が出来て当然だと思う部分もありますが
何にしても、その栃木の土、土壌が全国でも普通にあるのだと思っていた。
(地質の差は全国的にそれほど大きいものではないのだろうなぁ。。。的意識)


中山間地は山あいの田畑なので、害獣だけでなく、害虫も多く
平地の田畑より、生産効率が悪いともつくづく実感するが。。。。


その中でも、何か良い方法は無いかと考えねば、
向上がないので。。。。


ここは原点に返って
土の中にどの様な養分が残っているのかを
科学的に検査してもらっての結果を知り
次につなげるしか。。。と・・・

当然、無料とそこまで農協が頑張っているのなら
使わない手は無いと。。。
(農協から県の検査機関に送られ検査されるとの事)

言う事で。。。。。

001
稲刈りが終わったばかりの田んぼで。。。

土の上の稲わらをどかし。。。

土の表面の色々な浮遊物が混じった土を薄く削って・・・

穴あけ用の手動ドリルで。。。

筒状に地面に穴を開けて。。。

002
同じ位置の表層と中層の土を均一に取り。。。

003
1回この程度の量で

それを一つの田んぼの中で位置を変え
5か所ほどを土を削りだす。


これを数日かけて、完全に乾かし
全体を均一に混ぜて、

後日、一定量を検査機関に提出。。。。。と


ただ、明日から雨予報。。。。


提出日も来月早々。。。。。


今月中旬に発送用封筒をもらっていたけど
雨続きで、田んぼに水が溜まり土取りが出来なかったので
月末になってやっと取ったのに。。。。


1日でも多くカラッと晴れるのを願うばかり。。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

写真と言う記録媒体・・・

ブログを更新している事もあり
私は普段から携帯電話だけでなく
ポケットデジカメを常に持ち歩いている。


昨今の携帯やスマホには
高画質なカメラ機能が付いているが
色々な光の状況、変化がある外の風景、光景を
撮影する場合は、やはり専用カメラの方が良いと思っている。

あくまでも私個人の主観ではあるが。


田舎暮らし情報ブログとして更新しているので
田舎暮らし情報から外れたり、専門性が強かったりする情報は
基本的に書いてない。。。。

そんな情報の中に、農業、特に作物の成長に関する事など。。。


結構、これは私的にも重要で
ある意味、事業(会社では無いので企業と言わず)秘密的なもの。。。


例えば、ナス
000
写真は小さいけど、昨年と今年の写真比較

この様に毎年定期的に写真を記録しておくと
昨年の今頃はこんな状況だったか。。。

花の色、葉の色、つぼみの数、ナスの成り方。。。など
写真をみるとその時の状況を思い出す。。。

毎年、同じ気候であればいいのだが
昨年と今年は全然違う様に
それに影響されて、作物の育ちも差が出る。。。


でも、天候に影響されずに安定的に成長させる方法は無いか。。。


そんな事を常に考えているので
その時、各種データ比較だけでなく、目視比較も重要。。。。


「百聞は一見にしかず」


これと同じようなもので、写真を見るとひらめく事も多々。



お米や、芋などは基本的に年1回しか収穫できないので
(私の地域は特に)
生産者として習熟するには、それなりの年数、経験が必要だと思うが
何度も実をならす作物だと、生産者の対応の早さで、相当変わるのも実感。。


結構、こうやって自ら行ってきた事を記録しておくと
諸先輩方から教わって実践してきた事が、もしかして間違いではないかと
思われる事も多々出てくる。。。。


いや、間違いと言うと誤解されてしまうが
そのまま言われた事の(ある意味表面だけ)真似てもダメだと。


自分の田んぼや畑のそれぞれの日照時間、地質、
そして、地力(もともとある肥料分)など、細かく理解した上で
あらためてそれら諸先輩方の教えを理解して行動が重要だと。

そうすると、結果的には教えられたことの反対の事をしないといけない事もあるのでは。。。


と思える事が沢山出てきた。。。


そうやって今年幾つかの疑問から発生した新たな挑戦を実践している。。。


お米も筆頭に、全ての作物に対し。。。。



結構、面白い(私的には興味深い)結果が出始めている。。。。。



まだ、全ての作物の収穫が終わり
それぞれの集計が出来てないので断定は出来ないが。。。。



それら集計できる今年の年末が楽しみです。





今日は田舎暮らしブログと言うより
田舎に暮らし、田舎暮らしの中で
目標もって日々生活している事の紹介でした。。。。


まぁ、子供を育てながらの田舎暮らし。

「田舎で子育てしながら、暮らししている」と言う事の中に
こんな努力もあると言う紹介でしょうか。。。。


田舎でも都会でも、
生きて行く(生計を立てる)と言う事は大変な事です。


こんな努力をしながら、も?
のん気な田舎暮らしブログを書いています。


田舎が好きなので。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

水を溜めた畑

001
今年から植えたサツマイモ畑。

昨日のしっかり降った雨水を
流れない様に堰止めてあるので
うねの間にしっかり溜まっています。


もともと田んぼで、昨年まで稲作していたから
水を溜めるのは得意と言えば得意の畑。。。。


ここ数年降雨量が多く、
今年も降水量が多くても対応できる様に
水をそれほど必要としないサツマイモ用に
畑の畝を高くして、根ぐされしない様にしての事。

そして、
田んぼ土の排水を良くする為に
大量のもみ殻を土に混ぜてあるので
土がフカフカになっている。。。。代わりに
ものすごい保水性の悪いうね、土になってるので


明日からの温度上昇にそなえ
サツマイモに沢山水を与えようかと。

まだ根もそれほど伸びてないだろうし・・・




私の地域のサツマイモの植え時期に対し
他の作物の兼ね合いで、サツマイモの植え付けが
だいぶ遅くなって、私の地域で今のこの発育状況は遅い位。


先日まで雨が降らずに乾燥しすぎていた事もあり
土の中の有機肥料を上手くサツマイモに吸ってもらうにも。。。と。


まぁ、水を溜める事が凄く良い事と、までとは思っても無いが
水が無いより良いだろう。。。と。


それと、今年、里芋畑で、モグラに凄い被害を受けているので
うね間に水を溜めておけば、その間はモグラも外から畑内に
入りにくくなるだろう。。。。と言う公算も。。。。。


天気予報を見ながら。。。。
色々な事を思案しながら。。。。
色々試して。。。。


それも農業かと。。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

畑にかん水

ここ数年、降雨量の多い年が続きましたので
水不足を感じた事は真夏以外少なかったのですが
今年は、例年並みの(らしい)降雨量の様で
もともと水もちの良い田んぼ改造・畑でさえ
からからに土が乾いて来ました。

里芋の葉が、水不足で部分的に赤茶けてきたので
これは急ぎと、畑に水を入れました。


もともと田んぼなので、水路が通ってて
給水口を掃除して開ければ、水が入れられます。

昨日その準備をして、
水を入れつづけたら、水が溜まってくれました。
001
給水口の方は水が入りやすい様に
ユンボで土を少し削ったので深くなっています。

002
草刈りと、里芋の葉を剪定した葉で
通路が埋まってて、水が良く見えませんが
これでも水深5cm位にはなっています。


この水を溜める事によって、
外から畝の中に入ってくるモグラは
行動しずらくなるでしょう。


もう一つの里芋畑ももともと田んぼ。
003
水の取り入れ口を掃除して
畑の中に水を導く様に水路を鍬で掘って。。。。


004
少しづつ水を入れづづけます。

ここは水はけが良い畑なので、暑い日が続いて居れば
常時水を入れ続けて丁度良い状態になるかと。。。。


後、水を入れておくと、
モグラの行動を少しでも阻害出来ればと。。。。


今日の夜から、明日にかけ、
雨予報になっていますが、
そろそろ雨が「しっかり」降ってくれないと
水路の水がさらに少なくなってしまう・・・・


普段、雨は望まないのですが
ここらで降ってほしいものです。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

里芋は減産か・・・

000
我が家の里芋畑の一つ。

種イモから地上に芽が出ない物があるなぁ~と思っていたが
まぁ、その内出てくるだろうと楽観視していた。

他の事が忙しく、気にしていられなかったとも言えるが。。。。

追肥のこの時期になっても出て来ない
里芋の土を掘ってみると。。。


共通する事が。。。。


「里芋が芽を出す位置に全て
 モグラの穴が貫通している。。。。」

特に写真一番手前のうねはほぼ全滅。。。。


思い当たる事件が以前。。。。

早々に芽を出した里芋の葉が
急に枯れた物が幾つかあった。

その葉を引っ張ると
茎が地中で切られている。。。

噛み切られた様に。。。。。

まだ、その時は種イモを植えて
そう日数が経過して居なく
まぁ、1本や2本位モグラの被害は致し方無い位に思っていた。


まさか、こんなに広い範囲の里芋の茎を切っていたとは。。。


毎年収穫の時期に、土を掘ると
畝の外側にモグラの穴を毎年見ていたが
今年は畝の中央にトンネルを作られてしまった様子。。。。


ちょっと甘く見ていたモグラ対策。。。。


ここはもともと沼地だった休耕地。


それをユンボを使って排水路をつくり
河川に排水できる様に排水口をつくって
山からのわき水を河川に排水できる様にして
もう丸4年。。。。。

畑として使い続けているから
その間にモグラを増殖させていたか。。。。


今となっては、モグラ対策を大体的に出来ないので
里芋の収穫後の冬に対策をしないと
来年、作付しても収穫が見込めなくなってしまう。。。。


イノシシや、カモシカを主に対策していて
モグラはそう気にしていなかった。



特に、今年、作業の都合上
畑の土づくりをして、その後早めに畝をつくって
2週間ほど経過してからサトイモの植え付けをしたので
その間に既にモグラが畝の中にトンネルを作っていたとも考えられる。。。。


とすると。。。。
植え付けの直前に畝作りをしないといけないと言う事にもなる・・・


スケジュールの決定は
天候の兼ね合いもあるし、他の作業の兼ね合いもある。。。。



もみ殻や有機肥料を毎年入れ続け
ミミズの大量発生を目視していて喜んでいたら
それを狙ってモグラを増殖させていたとは。。。。。


「土の中に敵あり」。。。。。



中山間地の作物作りは、作る~育てるだけ
考えていてはダメだと言う事だ。・・・・



一難去ってまた一難。。。。。


チクショウ!やっつけてやる!!!


しかし見えない相手は、ほんと面倒だ。・・・


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

コンテナ出荷

作物(ナス)の出荷をするのに
今まで規格のダンボール(1箱5キロ入り)へ入れて出荷していましたが
より多く入り、出荷効率が良くなる
「リース・コンテナ(カゴ)」(1カゴ10キロ入り)を
使っての出荷を開始してみました。
000
このメリットは
簡潔に言えば。。。

生産者にとって。。。。
出荷作業する時に
1度にダンボール箱の2倍の量を入れられるので
作業効率が良くなる事。

エコ的には。。。
「生産者~市場~店舗」の流れで
流通回収して、カゴを使うので
ダンボールの様に廃棄物が日々出ない。

作物にとっては。。。
ギュウギュウ詰めになるダンボールと違い
ゆったりとカゴに詰められるので傷みにくい。
そして、作物にとって
ダンボール梱包より、通気性が良いカゴにより
より保冷効果が高くなり、作物の鮮度を保ちやすい。


特に、最後の鮮度に関して
生産者側から見てもダンボールでは通気性悪いなぁ~と
常々思っていたので、だいぶ安堵します。


デメリットとしては。。。。
一番は、生産量を上げないと
10キロ単位の出荷量になるので
小さな畑での少ない生産量では、
このカゴを使えるほどの出荷量とならず
一定規模以上の農作物生産者限定と。。。。


我が家も年々出荷量を増やしてきたので
今年はコンテナ出荷が出来ますが、
過去の状況では難しいとも言えます。


今の時代、物流が発達しているので
その物流のルールに則れば、ほんと効率良く出荷出来ますが
そこまでの規模になるまでが何でも大変ですね。。。。


そうそう。。


これもコンテナを貨物車である軽のエブリーバンに
実際に積んでみてわかったのですが

5キロ単位のダンボール梱包の時は
体積的にMAXで60箱(300キロ)積めたのに

10キロ単位のコンテナ(カゴ)に代わると
同容量(300キロ分の30カゴ)が積載できない。。。と


ん??。。。。。。なぜ???

あっそうか。。。。


単純に言えば、それだけ余裕持って
カゴの中に生産物(我が家はナス)が詰め込まれているから
そのすき間分、車の積載能力総量が減ると。。。。。


う~ん。。。なるほど。。。。

それだけ、作物が傷みにくいと言う事。


やっぱり、収穫した状態に近い形で
食卓に届いて欲しいからなぁ・・・・


致し方無い。



結局、物流と言う意味では
「出荷効率が上がった」・・・・と最初に書いたが
それは一概に言えないと言う事か。



難しい問題だ。

効率って言う事を単純に追及するのは。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

毎朝の光景…出荷作業場

001
今朝も、昨日も、ほぼ毎日。

雨が降って、収穫物が濡れていると
一つ一つ水気を取って、
サイズ&重量別、そして傷の有無などに分けて
それぞれ規定重量に達すると
箱詰めしていきます。


もう4年目ですか。
(米作りは5年目)

さすがにプロらしくなってきたかも。


昨年まではダンボールでの梱包でしたが
出荷量が増えてきたので
ダンボール梱包より容量2倍のコンテナ出荷を
今年から始めます。


なんでも仕事はそうですが
日々の体調管理は、ほんと必須ですね。


ここでの作業中は、
普段、FM放送をラジオで聞いています。


ラジオでも聞いてないと
ウグイスなど野鳥のさえずりだけで
作業中、ぼ~っとしてしまいそうなので。。。。


でも、そのFM電波も田舎の方なので弱く
丸太で作ったテラスに、余り物の針金を長くのばし
その針金をラジオのアンテナにつなげて
受信感度を上げています。


忙しい時間ではありますが
平和な田舎時間でもあります。


ちなみに、写真の屋根は。。。。

自分で、山から杉やヒノキを間伐(地主さんの許可を得て)して
山から間伐材をユンボなどで運びだし、
運搬できる最大長さにカット、
軽トラに積載して、運搬、

樹皮を剥ぎ、乾燥させて・・・・

田舎古民家前に穴を開け
柱など立てて、骨格を作り
波板を張って、テラス車庫につくりました。


暑い夏は、遮光ネットなどを使って
光の調整。。。。。

このスペースがなければ、この収穫物の選別作業、
箱詰め作業は出来ません。。。。


やっぱ、このスペースをDIYしたのが
一番貢献しているか。。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

本格稼働…収穫~出荷

000
先月中旬頃から
徐々にからナスの収穫は始まっていますが、
先月は1日おきの青果市場への出荷。
その間に、地元産直市場などへも出荷していましたが


今月に入れば
週5の青果市場への出荷。。。。。

その間に並行して、産直市場などにも出荷・・・

1日が短い日々が始まります。



まだ朝4時は暗くて収穫しにくいですが
朝4時代前半に日の出時間が来れば
4時前の起床で収穫作業が始まります。


朝早くて大変かと言えばそうでもなく
逆に朝早いと涼しいので、
日中に作業する事を思えば凄く楽。。。。

早く陽が上がって欲しい位。


朝、高校、中学の子供を
それぞれバス停、朝連(朝の部活練習)に送る時間もあり

作業効率を考えると、出来るだけ早く陽が上がってほしい。





稲(ミネアサヒ米)も、ここまで順調で
草刈りも例年以上にまめにしているので
今年は例年よりカメムシの被害が
少なくなってくれるのを祈るばかり。


農薬を使わないので
こればかりは、後は自然に任せるしかない。。。。


今月、来月。。。。さ来月の9月まで
怒涛の日々を送り、


いや・・・・
10、11月も今度はイモ(サツマイモ、里芋)があった。。。。



やはり年末まで休み無しだなぁ・・・・・


体調管理はしっかりしないと。。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

里芋も草刈り&草取り

000
私の管理田畑で一番草が生えていた場所。

ヒエが伸びすぎ、穂が出てしまっていたので
それにたかってカメムシが大量に集まって居ました。


先週色々あったので
田畑の管理ができず致し方無かったとは言え、
お米の害虫になるカメムシを大量発生させてしまったのは残念。。。。

せめてもの救いは
この畑の周りには田んぼが無い事。

後、2週間もしますと、稲穂が出始める「出穂」の時期です。



で。。。。

こんな草が高く生え
雨続きで下に水が溜まっていると
居心地が良くなる生物が。。。。


毎回私のブログネタになりますが。。。。

「ヘビ」


刈払機での草刈りで、居場所を追われて
草むらから出てきたのは。。。。

今回は有毒の「マムシ」ばかり4匹も。


遭遇した時、全て
ナイロンコードで草刈りしていた時だった


ナイロンコードでは、ヘビは殺せないと思い込んでいたので
最初の1匹目の時、止むなく、あえて逃がしていたのですが
結局、草刈りを進めると、再度遭遇するので。。。。


ナイロンコードで草を切る時同様
ヘビを叩いてみました。


ちょっとこの時の状況説明が嫌いな方は
読まれない方が良いですが・・・



高速回転で回るナイロンコードで叩かれると
相当な衝撃がある様で、ヘビはショック死しますね。

初めて知りました。


後で息を吹き返しても困るので
念の為、念入りに叩いていると。。。。。


皮が切れ、内臓が出て来ました。。。


2時間ほどした後、再度確認しても
ヘビはそのままの状態だったので
完全に死んだのでしょう。


で。。。。。


このまま死骸を放置しておくと。。。。。


半日もすると、その死骸は無くなるのです。



トンビやカラスが空から狙っていて
死骸でももっていくのを何度も見ていますし


もし、残っていても
一夜明けると、タヌキなど夜行性の動物が
もっていくようです。


自然、野生の世界って凄いですね。。。。。



そうそう、田舎に住む猫は、鳥を捕まえるのも凄く上手く
スズメなどを加えて歩いている猫をほんとよく見ます。

そんなたくましい猫達でも、都会の猫と比べると
大変スリム(体が細い)です。


生きて行くって、餌を取るって、大変なんだと実感します。。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

サツマイモの苗植え完了

001
サツマイモの苗を畑に植えきれました。

苗は妻が全て育てた物。

よく過去のブログ記事を見なおせば、
サツマイモの苗を植えている事を
ブログで一切報告していませんでした。

日々、一つの事だけでなく
合間、合間や、天候具合などで
その都度複数の事をこなしていて
その一部をブログで報告している状態。。。。

そんな事で。。。。ご容赦を


002
今日は午後半日で、全体の約半分弱ほど植えて
全完了。。。

良かった・・・時間内に全部植えられて。。。。


ちなみに。。。。


昨年までここは田んぼでした。

003
昨年の7月写真。


004
昨年、稲刈り後。。。、
排水性を良くするのに、もみがらを大量に農協からもらい、入れ
本来、それほど肥料分が要らないサツマイモなのですが
私の地域は、地力が強くないので、有機肥料として牛フンを
だいぶ多めに入れました。

特にお米を作った後の田んぼには
ほんと肥料分、栄養分が少ないのです。。。。(経験談)



さらに乾いた土壌を好むサツマイモ用に
根腐れしにくい様に高い畝つくり。
005
これはトラクターでの畝作り。。。

この後、手作業で畝の成形と、マルチ張り。


もみ殻を大量に入れた事により
畝の上側の排水が良すぎるので
苗植えする時は、雨上がりか、雨天時限定。

そんな努力で、以前に植えた苗は
しっかり既に根付いてくれています。
0006



そんな事で、今日も小雨降る中の作業。

明日も雨予報なので、
苗には良い環境になってくれるでしょう。


今年、田植えから畑に変換初年度で
試験的にサツマイモをつくり

畝の中に、ミミズも大量に増えてくれるでしょう。

そして。。。
来年は、このもみ殻が土に順次返って行くので
畑としてはさらに良い土になってくれるでしょう。



こうやって我が町で少ない畑の面積を
少しづつ増やしていって、
耕作できる作物を増やしていきたいものです。


何にしても。。。。。


全てはイノシシなど害獣対策を厳重にした上での事。。。。

昨今は、イノシシだけでなく、
さらに大型動物のカモシカの被害が急に増えて来ました。。。。。
油断が出来ません。。。


はぁ・・・・一筋縄では物事進みません。。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

水稲青空教室

今日、写真を撮る事を忘れてました。

と言うか、今日、農協さんが行い
県の農産に関する指導員のもと「水稲青空教室」が
行われる事は理解していたのですが

私の町で行われるので
私の町の農政代表の私が
町の会議室の鍵を開けると言う任務があるとは
理解してなく、朝、地元の先輩に聞いて
慌てて、開始前直前に会合場所の鍵を開けてる始末。。。

そんな事で、勝手がわからず
会合後、自分がしようと思ってた今日の予定に
すぐ戻ろうと思っていので、さらに撮影を忘れた・・・・と。


当初、参加予定では無かったですが
まぁ、聞いておいてよかったな。。。と。


今年の気温、降水量、日照時間の推移と
過去の平均との比較など、
そして今後の水稲生育期間の天候の予測など
今までと、これからの予想などは
聞いておけば、色々、推測はしやすくなる。。。。


また、私は使って居ませんが
今後の散布するに適する農薬の種類や
散布時期、散布量、病害虫への対策など
今時の慣行農法や、新しい薬など
聞く事も出来る。。。。


農薬を使う使わない。。。
どの様な農法をするか。。。


ほんと色々あります。


私も、農薬を全否定するつもりは無く
今時の医療同様、新しい技術などは知っておくべきで
それら知識を踏まえたうえで、最終的判断は
農業においては生産者の考えであろう。。。と。


市場で必要とされる作物を
慣行農法で作る農家さんも居なければ
大量の穀物を届ける事は出来ないのも事実ですから。



偏った考え、偏見では無く
全てを知った上での最終的判断で、
自分が一番したい事、出来る事をしていかないと
面白みも無いし。。。。。


そんな思いを再度実感した教室になりました。


良い勉強が出来ました。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

手での草取り作業

001
雑草防止の為に張った里芋畑でも
里芋を植えた穴からは、ボーボーに雑草が生えて来ます。

我が家は芋を深めに植えている事もあり
里芋が葉を出す前に雑草が生い茂ってしまうと
里芋の葉が出にくくなってしまいます。

他の作業の兼ね合いで
後回しになって居ましたが
もう、雑草を取らないと。。。と。


ただ、これは草刈り機とか使えず
地道に手で一つ一つ根っこごと取らないと。。。

半日でここまで
002
雑草の中にかろうじて葉を出していた里芋も
間違って幾つか引きちぎってしまいましたが
まぁ、今夜雨予報なので、
ここ数日で一気に再度葉を出してくれるでしょう。

1週間ほど前に妻が雑草を取った方は。。。
003
一気に葉が出て来ました。

里芋の葉を食べにくる芋虫も見つけ次第。。。

ピンセットでつまんで殺!


有機肥料たんまりで、農薬使用は一切無しの我が家の里芋。


年々評判になり、昨年よりさらに増産です。


今年も沢山芋が成ってくれますように!!!!


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

草刈りは続く。。。

001
色々と複数の事をこなしながら
少しでも時間が空くと、「草刈り」


今は、ひたすら草刈り。


昨年の反省も含め
この時期に一度草刈りをしておくと
畑の作物に害虫が付く時期を遅らせる事が出来そう。

毎日草刈りしていると
雑草にアブラムシやら毛虫やら
複数付いている個所もあれば
今日のこの畑の周囲は
虫がまだ少ない。。。


そう言えば
昨年の春は「マイマイガ」の幼虫が大発生し
ほんと困っていたが
今年はそのマイマイガはほぼ皆無と言って良いほど見なかった


写真の畑には、
里芋の葉が土の中から出てきているが
昨年は、出た矢先に虫に食べられて
数日見ない間に丸坊主になっていた。

今年はまだ無事。。。。


油断はしていないが
日々注意を。。。。


何にしても
昨年までより日々の作業効率が良くなっている。

段取りも。


そう言えば、ゆっくりできる休日は無いけど。。。。


でも、全体、先を見通せる様な感じは
良い感じだ。。。。


後は、体調管理に要注意だ!


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

形になってきました

001
夏野菜「ナス」の畑。

冬場の土づくりから、畑としての畝立て
そして、作物を守る為の(防風)ネットの設置など
準備し続け、

大きく育てる為の誘引ヒモをつける為の
ワイヤーの設置など。。。。。

一つ一つ。。。。


ナスが成る為の花も咲き始め
これからです。


でも、そんな中でも
他の畑の管理も。。。。

002
里芋畑の周囲の草刈り。


里芋の葉も地上に出始めてきている今、


周囲の雑草にアブラムシが大量につき始め。。。。

その雑草に多種な昆虫の卵が
うみつけられる時期でもあります。

産みつけられた卵がかえる前に。。。。


そう思いながらも
自然、、雑草の成長の速さに後れを取ってる。。。。


雨上がりの後の晴れは、雑草の成長がほんと早い。。。。



色々な意味で、これから冬まで競争です。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

田植え完了

000
私の住む町では広い部類の田んぼ。

町の有志で作る稲作チームで
今年から耕作する田んぼの一枚。


その田植えの田んぼ2枚を私が植えました。


普段1人で全ての作業を行っているのですが
苗運びなど協力してくれる人が居る事は
体力的に相当負担が減りますね。


有志軍団も数年経験を積み重ねてきたため
昼過ぎまで予定していた作業を午前中で完了。


春の田植え、秋の稲刈り時は
作業後の慰労会を行っているので
この後、昼間からバーベキューです。


地域の事、米作りの事、多種な情報交換の場にもなります。


さて。。。。



この田植えが終わると、お米作りの春の大作業は一段落


これから中断していた畑作業の再開です!



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

一気に田植え

朝から田植え機が休むのは
軽トラに載せられて移動している時だけ。
001
終わったら、自分の休憩も無く田植え機を積み込み
次へ。。。。

002
次に移動後も田植え機を下ろして
新しい苗を補充して、即効スタート。。。


003
作業は全て1人で。


ストイックに1人で全ての作業を行って。。。


2人で行えば当然楽ですが
1人で作業をする事で、作業効率と体力とのバランスを
常に意識するようになりますし
その経験が、次の新たな発想を生み出すと。。。。


そして。。。


かつどれだけ早く(スムーズさも含め)作業出来るかを
自分自身に問いかけながら。。。。


当然、それだけでなく

お米の苗をどれだけ綺麗に植えるかを
常に考えて田植え機を動かし続ける。。。。。


田植え機も無理をさせ過ぎない範囲で
でも、機械である以上、迅速に、スピーディーに。。。。


常にそんな事を考えながら。。。。。


で。。。。

田植え機もエンジンが動いていますので
田植え中は、エンジンが高回転に回っています。


エンジンだけでなく、苗を植える機械の音も
長時間聞き続けると、頭が痛くなります。。。


でも、頭が痛いと感じるのは
全ての作業が終わった時。。。。


作業最中は、集中しているので気になっていません。



ただ、そんな風にしていると
体を酷使し過ぎる事も多々あるので
出来るだけ休憩を取ろうと。。。。。



そう思って実践しているのですが。。。。。



結局この日も休憩は。。。。


004
軽トラの中で、おにぎり3つを食べた時だけ。


奥さんに早朝作っておいてもらったもの。


普通の時に食べたら、塩けが強いと思う位に
濃い味付けのおにぎり。


2Lのペットボトルに入れといた常温の水道水と。



この日の作業終えて、田植え機を洗って
次の準備をして。。。。。



それで初めの作業終了。。。。


楽しみの晩酌(第三のビールが主)の前に
汗を風呂で流して。。。。



晩酌の時に、頭痛と、極度の疲労を実感。。。。



物事、一気に付き進めた時の集中力は
我ながら研ぎ澄まされてきたと実感しますが
その反動での疲労度は年々凄いなぁ。。。と


これも加齢の問題か。。。。



でも、すこぶる満足感と、充実感があります。



田植えは今の時期だけですが
それ以外にも多々色々な作業がこの後あります。


この日だけでも、2キロあっという間に減ります。


体脂など測定できる多機能体重計に毎晩乗りますが

こういう生活は。。。
体重が減り、脂肪が減って、筋肉量は変わらない。。。

なので、基礎代謝量がさらに高くなります。


毎食、自家精米でのどんぶり飯1杯以上食べていますが
それでも体重が減るのですから、消化してしまうのですね・・・・


私の使っているタニタの体重計。


多機能の測定から判定される体力的年齢は
30歳代になっています。。。。。


名古屋に住んでいた時とは大違い。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

今年、初、田植え

001
今年初の田植えでした。

これは私個人の田んぼでは無く
地元有志で組織している農業団体の田んぼ。


その中でもこれは「もち米」の苗


我が町は、私の住む広い地域でも今では珍しくなった
町内で収穫祭がとり行われる町。


10月に盛大に町内祭り(町民主催、町民参加)が行われているので
そのお祭りにも使える様にと、田んぼに余裕ができた今年
チャレンジで作る事に。。。。


この田んぼのすぐ近くに住む私が
立地的にも田植え機を用意しやすいので
私が植えました。


大々的に販売するほどの生産量では無いですが
個人が消費するには量が多すぎる。。。。


お祭りだけでなく、色々イベントなどでも使えると
収穫する前から盛り上がっています。


自分たちで、食べ物を作るって良いですよね。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

綺麗な田んぼは見ても気持ち良い

001
綺麗に田植え出来るように、
田んぼの土面を出来るだけ平らにしながら
土おこし(耕うん)しました。

お米の苗を等間隔に植える事で
土の栄養分をそれぞれ均一に吸う事が出来
それにより成長も均一にそろえる事が
お米の品質を整える重要な作業。

それは田植えの時の事。

田植えをする前の土面を出来るだけ平らに。

平らだけでなく水平にする事が
田植え前の耕うん時の重要な事。

写真の田んぼは
約9畝(0.9反=約270坪=約900平方メートル)

正方形なら1辺30mの田んぼなのですが
ほぼ変形の三角形田んぼなので
一辺が異様に長い。。。。


こんな田んぼでこまるのが
長い辺(距離)の方の土面を水平にする事。


例えば。。。。

50mの田んぼの両端で
高さ10cmの違いがあるとします。

50m歩いて10cm程度の傾斜では
人間は傾斜を感じる事は無いでしょう。


でも、これが田んぼに水を貯めて
お米(苗)を育てると言う事になると
大変な標高差になるのです。


例えば。。。
13cmの長さの苗を田んぼに植えた時
水面下の地面に3cm地面に植えると、
地面上に10cm出る計算になります。


で、左右高さ10cmある田んぼにこの状態で植えると
浅い方では、地面に水がギリギリ着く位の水深で
深い方では、苗が水没し、水面上に葉がでなくなります。



水没する苗は、水が濁るなど条件が悪くなる事で
あっという間に腐って枯れてしまいます。


浅い方の苗は水にはつかりませんが
土には水があるので枯れはしません。

でも、水面上に地面が出ている事で、雑草の種が根付き、
成長の早い雑草にあっという間に覆われ、
雑草に土の中の栄養を吸われる事で
苗の成長が滞り、
結果、お米の出来(収穫量や味など)が悪くなります。



田んぼ面が水平で無いと
もっともっと色々細かな問題が出て来ます。


なので、たかがこの程度の田んぼの広さでさえ
水平を凄く気にするのです。


トラクターは、土に刃をさし土をこねながら
そして、平らに引きながら進んでいきます。

なので、少しづつ、土を引っ張って
移動させてしまう習性があります。


その特性を理解して、
どの様にトラクターを走らせるのが良いのかを
常に考えています。

前年の水の深い所、浅い所の個所を記憶しているので
その高低差を調整しながらのトラクターでの耕うん。


002
私がこの田んぼを借りた時(4年前)
写真で言う手前と奥で、20cmほど地面の高低差がありました。

それを初年度に大掛かりに土移動をさせてから
毎年毎年、微調整して今では3cm位の差になってきたかと。。


それでも3cmはまだまだ私的には差がある。。。。


水を5cmの水深にしたいと思った時
浅い方を基準にすると、深い方は8cmになると言う事で

深い方は太陽光で水を温める事のに時間がかかるので
浅い水深と、深い水深での水温差ができ、
苗の成長も均一になりにくくなります。


そんな事で、理想は正方形、せめて4角形な方が良いのですが
中山間地の田畑は、もともと山や谷を切り開いての所なので
この様な変形ばかり。。。。


その分、色々苦労する事が多いです。


でも。。。。


そんな中でも。。。。。


まぁ、今年はさらに良い感じに田んぼ土面を
綺麗に整地できたかな。。。。。


そんな満足感を得られました。


これから水を田んぼに入れ

田植え時の苗の根つきが良くなるように
代かきと言う土と水をこねる作業です。


一つ一つ意味を考え、
今できる事を、最大現駆使して
良いお米を、昨年より良い米を。。。。。


そんな気分です。



とにかく。。。。


今年の夏、平穏な気候である事を願います。。。。


ここ数年、平穏な気候では無いので。。。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

植え付け完了

今年は2か所での里芋の栽培を計画し
昨年収穫の里芋を一部、種イモとして残し
それを発芽させ、予定の畑に受け付け完了。

001
2つ目の畑。


ビニールハウスで越冬し、発芽まで
002
一部、腐りきってしまったものもありますが
芋の一部が腐っても、春を感じ発芽してきたものは
自分で治癒し、しっかり成長し親イモになってくれるので
大きなイモを優先し、植え付けました。


残った種イモは、地元の方で前もって分けてほしいと
言われていた方に分け
残りは、今度催し物(売りだし市)で、販売してもらうそうです。
(妻・・・担当なので、私は詳細は知らず。。。。)


今年、4種類の作物の栽培を計画していますが
その一つの受け込み完了と言う事で、
まずはひと段落。。。。


でも、まだまだ仕込み(植え付け)は他で進みます・・・・


私の責任のお米も、まだ、これから本番です。

003
苗は温室で青々とすくすく育ってくれています。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

重労働の一つが完了

今日の天気は雨への下降線。

なんとか今日中に
区切りをつけておきたかった作業が
日中雨に降られなかった事もあり
体力限界ギリギリで完了。

001
畑の畝にマルチ(黒ビニール)張り。

50m弱ほどある長さの畝が
全部で12本。。。。

今年の春から秋にかけて、
主たる激戦場所となる畑。

一つ一つ丁寧に成形。


入院する母の事もあり
出来るだけ作業を前倒ししておきたい

そんな葛藤もあり、
ちょっと体を無理している部分も否めない。。。。


そして、植えごろだと押してくれる
もう一つの種も、沢山待っている。。。。
002
ビニルハウスで芽出し中の里芋(の種イモ)


一つの里芋畑には植え終わっているが
まだ別の里芋畑がまるっと残っている。


そして、こっちにも苗もあるし。。。
003
元気よく水を吸い、青々と
すくすくと育っています。

元気イッパイの作物に囲まれています。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

雨上がりの畑

昨日は終日雨。

そして、陽がくれたばかりの夜
さらに大雨になり
我が家の田んぼ改造畑は
いったいどうなっているのやらと
朝見に行くと。。。。。


しっかり水が溜まって居ました。

畝立て下ばかりで
畝間の通路も池になってるので
排水作業。。。。
001
粘土の比率高い土壌の為
大量のもみ殻を土に混ぜているので
畝の排水はまだ良いのですが
地盤が田んぼなのでちょっとやそっとでは
地面に水がしみこみません。

なので、
排水の為の道を作らないと。。。。。

今日一日曇で土が乾ききれませんでしたが
明日以降、水の溜まる個所を減らす為の作業をせねば。。。

作物に水は必要ですが
梅雨の時期にあまり水が溜まり過ぎると
根ぐされや、病気発生を助長するので。

002
通路の排水さえ直せば
後は太い排水路はユンボで作ってあるので。

綺麗な畑は機能的にもなるので
日々の管理もしやすく、
結局それで作物の生育も良くなると。。。。

何事も手間暇かけないと良いもの(作物)は出来ません。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

保管してた残り全部の里芋を天日干し

001
今週、金曜日の売り出しに合わせ
昨年秋収穫の里芋を、掘りだしたままビニールハウス内で
凍結しない様に他しておいた残り全部を親イモからほぐし
全て天日干し。。。。


002
先日、組み立てた多目的干場が活躍。

陽が照ったり雲ったりの天気ですが
風が結構吹き抜けてくれるので
徐々に芋に付いた土が乾燥してくれます。

今日、完全に乾く事はありませんでしたが
明日、再度天日干しし、その後サイズ別に選別し
金曜日の出荷に合わせ作業。。。。


これでお米以外の作物の在庫は
全て出荷予定。。。。


さて、
もう春は間近


今年の作付の本格開始時期です。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

干し柿つくり

001
干し柿つくり。

と言っても、
こんな小さくて「5つ」ですが。。。

私の畑の周りには
いまだに木にぶら下がったままの渋柿があり
どうも、それを取って来て
妻が皮をむき、干したようです。

外に干したジャンパーを取る時に
気が付きました。

小さいけど、色が良く
美味しそう。。。。

試し作りでしょうけど
ちょっと楽しみです。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

掘り出したままの里芋盛り沢山

002
今年の里芋をやっと全部掘りだせました。

奥の遮光シートがかかって山も
以前掘りだした里芋。

ビニールハウスの中で保管しながら
妻が空いた時間で一つ一つ泥を落として
さらにしっかり乾かして
形の整ったものは週1ペースで市場に出荷し
それ以外のものは順次、地元産直市場に集荷予定。

今年も種イモの大きさ、肥料の与え方、回数など
畑やさらに畝によって区別付けて
どの様な成長差になるかも見極めて来ました。


全体的にはまぁまぁ出来と収穫だったかと。


私の住む町の気候、さらに自分の畑の土壌、
これらが作物にどの様な影響を与え
それらをどう判断するかなども
わかってきた感じ。。。。。


感じ。。。


と言うのも、
単純比較がしにくいほど、
毎年「初」が付く様な荒れ天候ばかりで
例年通りの年が無いのが一番の悩み。


その中でも、天候が悪くとも
なんとか最低以上の収穫が出来ているのは
経験か。。。。


ともかく結果的に一番収穫が悪いのは「お米」


今年はイノシシの被害は昨年より低減できたが
あまりにもお米にとって天候が悪かった。。。。


その為、例年以上に来年の為の田んぼの仕込み
土づくりが今年が早め。


この冬の天候がどうなるのか。。。


これ次第と言う事もあるが。。。。


ほんと気象が読めない。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

しば農園

我が家で作った愛情作物の自前通販サイトです。
<※PC専用>
プロフィール
ブログランキング


最新コメント
楽天