愛知の田舎で古民家暮らし

築100年超の田舎古民家で田舎暮らし6年目。2000日を超えました。

鳥小屋

田舎暮らしの先輩の経験に基づく行動力に感服

先日、我が家に鶏小屋が来た事をブログしましたが
その時の鶏小屋の運び方に改めて感服させられました。

もともとは妻が働きに行ってる先の関係者の方で
使っていない鶏小屋を持っている方がいて、
それを無償で随分以前に頂く約束を妻がしていた。

ただ、その鶏小屋、大工さんが作ったものだから
物がしっかりしているけど、その分、相当重量があり
吊り上げる機械付きのトラックを持ってくるか
大人6~8人用意して、持ち上げないと運べない…と
言われていたので、運ぶ機会を作れずに居ました。


そんな事で半年以上過ぎ、
隣町の現鶏小屋の持ち主から、早いところ持って行って欲しいと言われ
我が家がこの町に引越してくる縁を作ってくださった方と同地区なので
運ぶ手伝いを妻がその方に御願いしていました。

そして運ぶ当日。。。。


鶏小屋のある現地に早めに行って、鶏小屋の中と、外回りを掃除し
運び出す為の準備をして、依頼した数人を待っていました。

その間に、ためしにと私が鶏小屋を持ち上げてみると。。。。
結構体力も腕力も田舎移住後に付いたのですが“ピクリとも動かない”


妻が依頼して手伝いに来てくださる方の人数
我が夫婦を含めて、大人の男3名、女2名。。。。

とても運べる重さではない。。。。

と妻に下調べ不足と、段取りの悪さをしかっていました。。。


そんな中、いざ人が集まってどうやるのかと思いきや…

いきなり枕木を鶏小屋横に置き、鉄のバールを鶏小屋の下に差し込み、
枕木を土台にバールをテコの原理で鶏小屋の片方を一人の人の力で用意に持ち上げたかと思いきや…
持ってきた切ったばかりの生竹を差し込んでいくではないですが…

あっという間に鶏小屋は、数本の竹の上に乗せられ
竹に載せられた重量のある鶏小屋を、軽トラックで道路際まで用意に運び出す。。。。

私のした事といえば、転がる鶏小屋の下で抜けた竹を、
鶏小屋の前側に運ぶ作業だけ・・・

なんと手際のいいこと。。。。こんな状態に
001

これからどうやってトラックの荷台に載せるのだろう。。。。

さすがに重機がなければ無理だろう。。。。と
浅はかな我が夫婦は思いこんでいました。。。。すると。。。。

こんな事を。。。
003
トラックの荷台にハシゴ(レール)を掛け
手動のワイヤーウィンチで引きずり上げるではないですが…

おんなで2人で鶏小屋の後ろから介添えする位で
意図も簡単に鶏小屋は荷台に。。。

朝つゆに濡れた地面とトラックの荷台のお陰で、
鶏小屋はよく滑ってくれるそうです。。。。

一瞬一瞬に感服するばかり。。。。

あっという間に車に乗せられた鶏小屋は我が家に。。。

004

我が家に始めてくるやいなや、鶏小屋の置く場所を確認すると
下ろし方を検討。。。。

結局、直接置き場所に下ろす事に。。。

005
積むときより下ろすときは容易。

前もって、鶏小屋の置き場所の、水平を作って後は
ハシゴで鶏小屋をすべり下ろすだけ。

006
下ろしてから水平の微調整をして終わり。

積み込み開始から、15分ほどの移動時間を含め
全作業時間は2時間ほど。。。。

浅はかな経験と知識の持ち主は、能書きばかりで何も進まず
経験と知識豊かな方数人だけで、いとも簡単に事が進む。。。。

田舎暮らしを重機があれば何でも出来る、
重機が使えなければ、無理と
いつの間にか重機任せになっていた自分が恥ずかしい。。。。

確かに今日手伝ってくださった方々は、皆さんユンボを個人所有されてます。

でも、ユンボが使えなくても、工夫次第でいろいろな事が出来るのです。

この手の手法は、林間で、大きな木を運搬する時など
多用される方法である事は、見て気が付きましたが
すっかりそんな方法を忘れていました。


色々なシチュエーションでオールマイティーに知識・経験を使いこなす
まだまだ全然出来てませんでした。

改めて、まだまだ未熟者と思い知らされました。。。。


いや~田舎暮らしって、興味深いです!




田舎暮らし ブログランキングへ

子どもの勉強机からながめる鶏小屋

001
今朝、子供が起きて窓の外を眺めて一言…

「良い感じ~…部屋の前に鶏小屋なんて」

「まさに、田舎暮らしって感じ!」

だそうです。


昨日夕方、鶏小屋の外周り下側に
あった波板や、アクリル板を張りめぐらせました。

野良猫の通り道でもありますし
タヌキ、イタチ、ハクビシンなども居ますので
それらから中が見えない(見えにくく)する為に。

妻は、自分たちが食べる用の卵をここで産ませたいらしく

候補は「にわとり」「チャボ」だそうです。

どうも「チャボ」が最有力。


いくら田舎とは言え、大声で鳴く「雄鶏(オスの鶏)」は飼わず
雌鳥(メスの鶏)のみ飼育する事は決定。

繁殖はさせないと。

まぁ必要に応じて、新たな雌鳥をもらってくれば良いので。


とりあえず、鶏小屋の設置とリフォームはこれで完了。

今、鶏を飼うと、他の事が出来なくなるので
もうしばらくして、色々な事が落ち着いてからと。



田舎暮らし ブログランキングへ


鶏小屋設置完了

001
据え置かれました。

築100年超の田舎古民家の母屋前に。。。


人が使っていた使わなくなっていた鳥小屋。

頂く事になっていましたが
取りに行く方法がなく、苦慮していましたが…

この忙しい中、とうとう来てしまいました。

妻や子供たちが田舎暮らしでしたい事の一つが
また一つ実行!


詳細は明日以降にあらためてご報告します。


忙しい。。。。。。




田舎暮らし ブログランキングへ
しば農園

我が家で作った愛情作物の自前通販サイトです。
<※PC専用>
プロフィール
ブログランキング


最新コメント
楽天