愛知の田舎で古民家暮らし

築100年超の田舎古民家で田舎暮らし7年目に入り、2000日を超えました。

衣替え

結局、今日はほとんど雨でしたね。

夕方の今は夕日が照っています。
000



久しぶりの雨で、
体的にはゆっくりできたかと。


たまりにたまった農作業以外の事も
一気に片付けられた一日に。


そうそう
今日、衣替えしました。


寒い時期を過ぎ
温かい日が多くなり
冬の冬をたんすから一気に出し
夏衣類を。



冬の服をしまっていて気が付いたのですが
今年の冬、どれだけ寒くても
ズボン下を一切履かないで外での作業を
過ごしてきた事になっていました。


もともと足首まであるモモヒキ(タイプ)は
スキーなど極寒でないと履かないので
メインはひざ下までのステテコが
冬の防寒着の主なのですが。。。


厚地の下着シャツと少し厚地の靴下
さすがに履くズボンは裏地がフリース地の
温かい物で、上着も冬用のジャンパーではありましたが
それも例年と同じなので
なぜか今年は防寒ズボン下着だけ履かなかったと。


なんだろう。。。

田舎暮らし4年目の冬は
血行が良くなったか??



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~


日に日に強い寒さが続くが・・・・

001
軽トラックの運転席に残してあった飲みかけのペットボトル(ミネラルウォーター)。
今朝、凍ってました。(シャーベット状)

確かに1月になり、より寒くなりました。

でも・・・

この自分のブログの過去記事を見ても
過去の1月の方が寒さについての記事も多く
この冬はほとんどない積雪も過去には多々。


特に思うのは、例年冬は曇日が多いのに
今年は晴天日が多く、日中陽射しのお陰で
気温の割には寒さを感じてない(暖かく感じる)のです。


田舎暮らし4年目にもなり
そして、築100年超の古民家での冬も4回目ともなり
冬の過ごし方に慣れてきた感も強く
エコの考えから、暖房器具の使い方も
最小で過ごせる様になってきた事も
感覚的にこの冬の寒さを強く感じない事もあるかも。。。。


しかし、田舎に私たちが移住してきてからの冬
「地元の人もこんなに寒い冬は初めて」・・・と
言う話も聞いていた気もするから、
この冬が例年どうりなのか。。。。。


田舎移住後、毎年安定的(平均的)な夏ではなく
猛暑続きの夏ばかりだったので、冬もどれが平均的なのか
田舎に移住してきた人間としては判断が難しい。。。。。


田舎に住み、自然環境に普段から触れているからか
天候の変化など、都会に住む時よりより敏感に考えてしまうものですね。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。

(1日1回、2つのブログランキングのバナーをそれぞれクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~







真冬のトラクター

001
マイナス5度の朝の気温。

田んぼの土も表面5cmほどが凍ってる中
トラクターで土おこし作業中。

陽射しがあるので、陽が当たる部分は暖かいけど
空気は超~~が何個もつくほど冷たい。。。。

スキーウエア同等の防寒対策。

といってもスキーウェアほどファッション性はなく
とりあえず着重ね着重ね。

でも。。。。

良く考えると、今年は冬でも晴が多い。

例年、冬は曇が多く
より寒さを感じるのだけど。。。

太陽の光エネルギーの強さと
ありがたさを痛感。。。。



私の管理する田んぼの中でも
小さいけど日当たりの良い田んぼ。

作業前
002


作業後
003


昨年収穫したお米の大量の稲わらを
2度目になりますがトラクターで土の中にすき込み、
土の中の微生物により肥料に分解してもらい
来年の米作りの肥料にしたり

この寒い時期に土を裏返す事により
土を冷凍殺菌し、また雑草の種などを死滅させる効果も。


土の色が良い色(肥えた色)になってきたぁ~と
一つ一つ土の状況を噛みしめる今日です。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。

(1日1回、2つのブログランキングのバナーをそれぞれクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~







着々と冬支度

日の入りが早くなりました。

夕方、冬の準備をしておきました。

そのひとつ。

薪割り。
001
3年前に、
間伐した杉の木を人からもらっておいたもの。

普段屋根の下に置いてあるので
もうカラカラに乾燥してて
結構簡単に斧で割れます。

着火剤もいらない位簡単に火が付く位なので
あまり細かく割りませんでした。

杉の木は、蒔きとしては火持ちしませんので
細かく割るとあっという間に燃えきってしまうので。


002
夏の間暇が無さ過ぎてこの工作作業場を使う事が
ほとんどありませんでしたが、
毎年、冬に色々造るので、作業場のストーブ燃料としての薪。


そして・・・
003
軽トラも冬タイア(スタッドレス)へ。

もう1ケ月位先の装着でも良さそうですが
早朝の気温が0度近くなってきて
娘の部活朝練習に毎日早朝送っていくので
念の為。


異常気象、異常気象と、
そんな話ばかりなので、備えあれば。。。と言う事で。


私の地域は、中山間地ではありますが
標高は150m位(車のGPSレーダー探知機での標高測定値)。

そんなに標高高くないのです。

雪もそう降らないですし、積らないのですが
より標高の高い隣町などに行く陽の当らない山道で
早朝、唐突に凍結している道路もこれから増えるので
スタッドレスを履いておいた方が安心です。

ほんと、山間地に入ると道路のアップダウンばかりで
標高は100m位すぐ変わりますから、天候も
隣町に行くと全然違ったりする事も頻繁。

でも。。。

私の町でもスタッドレスを履かないで
一年過ごしてしまう人も多いので
無ければ無いで済むのでしょうね。

それでも、
スタッドレスは履かなくても
軽トラは4駆が圧倒的です。

4駆だと、確かに色々リカバーできますのでね。。。


当然、私の軽トラも4駆です。

~~
※2つのブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。

(1日1回、2つのブログランキングのバナーをそれぞれクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~








コタツが出されました

000
朝晩めっきり寒くなり、ストーブを付けるほどではないですが
足元が冷たい(冷気が足元に溜まってる)ので
こたつを出しました。

写真のこたつは子供用。

子供たちが勉強(と言っても宿題ですが)をする用に。

なぜかうちの子供達はコタツが好きなのです。
部屋全体を暖かくすると、「頭が痛くなる」と言って
コタツの方が好きなのです。

ただ、そんなコタツでよく寝ますが。。。。


また、リビング(居間)になっている8条間には
このコタツの倍の大きさのものを設置。


こちらは、家族団欒用。
(こっちのコタツは妻が良く寝てます。。。爆)


しかし、今年の春に洗ってしまったのですが
築100年超の古民家の押し入れに入れておいたら
押し入れ独特のにおい(古いカビ)の様な臭いが付いているので
再度洗い直し中で、機能するのはもう少し先。



昨年冬もそうですが
我が家はコタツの電源は使いません。

どうしても寒い時は、
コタツの下に敷いてある電気マットの電源を
必要に応じて最低限の時間のみ使用。

また、人が入るとコタツは暖かくなるので
その時も電気は不要。。。

すごいもので、これで寒い冬を乗り越えられるのです。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。

(1日1回、2つのブログランキングのバナーをそれぞれクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~







一気に冷え込み

001
なんか今朝から一気に冷え込みました。

今朝6時のの外気温。9度

この時、田舎古民家の室温16度。


布団から出るのがだんだんつらくなります。


でも、収穫した野菜などの保存には良い感じ。

今年は、秋らしい秋がないまま
一気に冬になりそうです。


そんなこの季節なのですが
80歳を超えた私の母親が、大たい骨骨折の手術日。


豊田の田舎から夕方
名古屋の母が入院する病院まで行き
一応手術の立合いに。


命にかかわる問題が別途ある訳ではないのですが
高齢な年齢もあり、念の為。


一応、手術開始時間が遅れる事がありましたが
夜には手術も無事終わり、母の顔を見て
後は近くに住む兄夫婦にお任せして帰路に。


父親が無くなった後、母は一人で生活する事をせつに望み
ひとり生活を父のいなくなった家でそのままおう歌していますが
昨年の今頃もそう、今年も年末に近くなった今の時期
何気なく転倒しただけでの大きな骨折。


今回は、太い骨(大たい骨)骨折と言う事で
手術~リハビリと、数か月を必要とし
高齢からしても、どこまで回復出来るか。。。


あくまでも本人が強く望んでいた生活の中での
事故なので致し方ないの事。


精神的な強さは、昭和ひと桁生まれの戦争経験者がゆえか
並はずれたものを持っているので、精神的な弱りは無いが
肉体的なものは避けようもない。


本人の努力でどこまで回復するかわからないが
余生を少しでも長く本人の望むようになる事を
息子として願うだけです。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。

(1日1回、2つのブログランキングのバナーをそれぞれクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~







田んぼにたまった雨水の排水

001
先日14日に降った雨。
結構降りました。
東京や東北など大雪に見舞われた日です。

その時の雨水が田んぼにたまっています。
その排水路をぬかるんだ冷たい田んぼに入り
クワでの人力作業でつくりました。

田んぼには、昨年作ったお米の稲わらや稲の切り株が
今年のより美味しいお米作りの為の土の肥やしになるように
トラクターで土にすき込んでいるのですが
水がたまった状態のままでは、稲わらなどが土の肥やしに
早くなりにくくなるので、出来るだけ水を早く抜きたい。

適度に湿った土が理想で、
水につかったままでは、発酵せず腐敗してしまう。

腐敗は夏に土中のガスを発生させ
稲の生長を妨げるものになるので。

ただ、そんな細かな事を気にしなくても
化学肥料:・薬を使えば、稲わらの発酵を促進もさせられるし
ガスの発生もおさえられる。手間も無い。

実際、全てといって良いほど米農家さんは薬を使っています。
(もしくは、兼業農家さんの多くの様に全く何もしない。手間も費用もかけない意)

それがダメだとまでは言わないけど(人それぞれなので)
せっかく自分で色々チャレンジできるのだから
勉強と研究のひとつとして、手間ひま私はかけたい。
それが真の美味しいお米になると考えるから。


写真の田んぼも実際、昨年春から始めてつかっている田んぼ。

なので、冬のこの田んぼの状態を(細かく)見るのも初めて。


その意味からすると、秋のトラクターで耕うんした後
まだ気温も下がる前の土が乾いている時に
排水用の溝を作っておけば良かったと今わかる。

ここまで水を含み半分凍った相当重い私の田んぼの土では
クワで溝を掘る人力作業も相当な重労働になるし
重機機械で溝を掘るには、土が軟らかすぎ
ユンボを田んぼに入れると抜け出せなくなる可能性も。

何事も適時・タイミングと言うものがあるので。

なんにしても良い土作りは、1年で早々に出来るものではないので
一つ一つ出来ることを積み重ねて行きたい。




田舎暮らし ブログランキングへ







この冬、初積雪

001
今も降っています。

今、朝7時の気温
002
0度

この程度の積雪では、道路上での積雪はありません。
凍結もなし。

でも、子供は喜んで学校へ登校していきました。

ニコニコしながら。

雪を見るとウキウキしてしまい、
どうしても顔が笑ってしまうそうです。

古民家の中でPCキーボードを打つ指が(冷たすぎて)痛い…



田舎暮らし ブログランキングへ

水路はカエルにとって格好の産卵場所

001
雨上がり、田んぼ(畑)の状態を出かけたついでに確認していると、排水路に見慣れぬものが…(黄色丸印内)

続きを読む
しば農園

我が家で作った愛情作物の自前通販サイトです。
<※PC専用>
プロフィール
ブログランキング


最新コメント
楽天