愛知の田舎で古民家暮らし

築100年超の田舎古民家で田舎暮らし7年目に入り、2000日を超えました。

夏休み

田舎の夏休み

私の子供が通う学校は、本日で授業終わり。


明日から夏休み。


愛知県でも以前住んでいた名古屋市では3学期制で、
今日で1学期が終わりと言う意味の終業式ですが
豊田市は2学期制を導入しているので
今日を終業式とは言わず、
普通の連休前の授業終わりの位置づけ。


名古屋市の小中学校を卒業した私からすると
この仕組みは良くわかりませんが
同じ愛知県でも、市町村によって
違いが有るのだな~と田舎に移住して
知ったのでした。


市町村の教育委員会の考えなのかどうかは
私にはわかりませんので
前お断りさせていただきますが。。。

子供から聞く情報によると。。。。


普段毎日の授業後の宿題は
名古屋ではほとんど出されなかったのが
豊田市の田舎の学校では、大量に宿題が出されるとの事。


子供の情報によると
都会の子供は学校の授業後、学習塾に通う子がほとんどで
学校で宿題を出されると、塾での学習と重複するので
学校の方が宿題を出さない様にしているらしいのですが
田舎の学校は、塾に通う子がほぼ無い(塾通いは希少)ので
都会の学校との学力差が出ないように宿題(課題)を
学校が出すそうです。


小学生低学年では、そうでもないようですが
小学校高学年(5年生位)から多くなり
中学校では相当量の課題が出される様子。


中2の娘も毎日遅くまで課題をこなしています。

私は名古屋市内の小中学校卒業生ですが
自分の小中学生時代の事を思えば
相当家で勉強していると思うのですが
世の中、もっと勉強漬けの子供が多いのでしょうか。

小5の長男は、夏休みの宿題(課題)を
長い休みでどうこなすかをスケジュールくみしています。


なんか懐かしい。。。。。

スケジュール組んだだけで、
出来た気になっている当時の私。。。。。。


でも、そんな都会と田舎の小学校を両方知っている
私の子供たちに聞くと。。。。


「田舎の方が絶対に楽しい!!」と。

000
(これは昨年の夏の写真)

都会暮らしでは、遊びに行くのに時間がかかりますが
田舎暮らしでは、いつでもどこでも遊べます。。。


写真は、自分の家の前(玄関前)


「水遊びしたい!」


そう思い立った時に、すぐ出来るのが田舎。


陽ざしが暑いので、丸太造りの手作りテラスの日よけ下で。


でも、もう田舎暮らし3年目ともなると
子供たちはもう家では遊びません。
(遊ぶときもあるでしょうが頻度が低い)


同級生の家(大きな敷地の家)で、
いつでもバーベキューも出来、川遊びもすぐ。


もう親と遊ぶ時期は過ぎました。


夏休みでも無いのに
友人宅に週末お泊まりも多々。


子供の居ない週末など多いものです。


都会暮らしだと友達の家と言っても大人数で泊まれない
広さに余裕が無い家がほとんどですが
田舎では、例えば2LDK~3LDKの間取りの家などなく
家の床面積だけでなく、敷地自体も広いので
いつでも庭でテントを広げる事も可能。

なんというか2世帯以上の家ばかりなので
大人数家族に慣れているというか、
一人、二人、三人、四人、、、

この程度は増えた人数には入らない位。




そんな我が家にも既になんども子供の学校の友がお泊まりにも。


さすがに田舎でも大広間の造りの古民家は今ではほとんど無いので
子供たちも畳敷きの広い空間は大きな広間(大人で言う宴会場?)で
好き勝手にさせておくと“枕投げ”などすぐ開始してしまう。。。。。


親としては困る事もありますが
子供たちにとっては本当に楽しそうです。


自分も子供に戻りたいと思いますもの。




ほんと、田舎では。。。

「毎日が林間学校」



五感全てを刺激される遊びばかりで
子供は毎日“超深い眠り”。



あまりの楽しそうな子供たちを見てて
「この先どんな大人になるのだろうか」
また、
「どんな人生をおくるのだろうか」
そんな風に純粋に思います。


私の小中学生時代とまったく違う毎日を送ると
どんな大人になるのだろうかと
素直に興味を持ちます。



ついこの前、
新年を迎えた。。。

そして、
春が来た。。。。

田植えだ。。。。


梅雨入りだ~

暑い~~~

と言っている間にどんどん月日が経過していきます。



子供が居るから、月日の経過を実感しやすいですが
夫婦二人だったしたら、全然違うのだろうな~とも。



子供の学校への送り迎えなど
都会ではなかった親の作業が田舎ではありますが
やはり子供が居てくれてよかったと思います。


日本中の子供に一度は田舎暮らしをさせてあげたいですね。。。



毎日、気分よく鼻歌ばかり歌う子供たちに

「(鼻歌が)うるさい!」と

よく叱る私、父親ですが


子供の日々の楽しい毎日を
間近で接している私自身がまだまだ
子供たちの楽しい日々を理解し切れてないのかも。。。。



空恐ろしい、田舎暮らしの楽しさか。。。。



~~~~~

田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~~~~
いつもクリックありがとうございます。


もしよろしければ
それぞれクリックして頂ければ幸いです。



明日は、中学の娘の部活大会だとの事で
普段より朝早くに娘を学校に送る事になっています。


ただでさえ忙しい日々に
子供たちの予定で余計にスケジュールがハードに。。。。


でも、親と行動を供にしなくても
子供たちそれぞれが毎日充実し、楽しんでいる姿が
何より親としてはありがたいというか感謝ですね。

いろいろな意味で・・・・(感謝)


たまには子供と夏休み気分で川遊び

001
何かと部活動など忙しい中一の長女に対し、
お盆の時期は、特に予定の無い小4の長男。

ひとりでも何かと遊びを見つけ・作って、
楽しそうにお夏休みのお盆時期を過ごしているが
体を動かすのが本来好きなのに、
ひとり出かける事もできず、可愛そうなので
昨日予定を半日空けて、川に連れて行ってあげました。

名古屋に住んでいた事から夏には必ず来ていた
豊田市の旭支所近くの「矢作川 島崎公園」

10年ほど前、バイクでソロ・ツーリング中にこの公園を見つけ
それから過去の写真アルバムを見ても、毎年の様にきていました。
日帰りが主でしたが、テントを張ってキャンプもしたことも。

でも、名古屋より近くなったのに、田舎移住後初の3年ぶり。


002
名古屋に居た時にアウトドア目的で出かけた時
良く使っていた折りたたみのテントを久しぶりに持ち出し、
昔のミニバンとは変わり、今は軽トラ4駆で。

004
名古屋から遊びに来ていた当時、
2009年4月の同場所での記録写真(この時は日帰り遊び)。


今は、4駆軽トラの強みで、砂場であろうとどんどん入れます。
簡単に日陰を作って、私も川へ。

昔の様に魚の稚魚を網で捕まえて遊んでいる子供を横目に
川に腰まで水につけ、涼みながらゆっくりと時間を過ごす。

昔と違い大きくなった長男は、魚遊びも飽きてきて、
川で泳ぎたいと。

流れが速くなく、水深1m弱のプール的な状況の場所を探し
そちらに移動。。。。

テントも簡単にたたみ。。。移動後設置。。。

003


私は適度に川遊びし、適度に日陰で休憩。。。
本当はBEERなど飲みたいのですが車なので。。。。。

結局4時間ほど、川で遊びつくした子供は
体が冷えすぎたと言う事で、帰路に。

ものの20分もかからず帰宅。
川も軽トラックで楽に行動できる範囲です。


田舎移住後、特に思うのが…
行動力が益々増えたなぁ…と。

同じ24時間でも、田舎に住んでいる方が中身が濃いです。



子供達は丸太造りのテラス下で夏休みの宿題中

ここ数日、猛暑感が薄くなり、田舎らしい涼しい夏になっています。
子供達の夏休みも中旬となり、夏休みの宿題の処理も
計画的に、具体的にこなしていかないと行けない時期。

特に小4のマイペースな長男は特に親(母親)に急かされ、
毎日の宿題経過のスケジュールを組まされる始末。

そんな夏休みの課題の一つの「書写(書道)」

築100年超の古民家内は全て畳敷き(極一部板の間)の為
墨汁などを畳の上にこぼす危険を予感する小4長男は
書写をして良い場所を親に尋ねる。

昨年は土間の玄関内にテーブルがあったので玄関。

今年は、玄関内にテーブルは無く、玄関外。

で、ここでの夏休みの課題をこなすことに。。。
001
昨年秋に自分の山から切り出した間伐材を利用して
自作した玄関前の丸太造りのテラス下。


猛暑の晴天続きで、畑の作物が水不足の為
週1~2のペースで水まきしている為、その道具と、

子供達の夏休みでの家庭用プールでの水遊びで使った
使用済み水道水を保管しているドラム缶(作物散水用に使用)など、
テラス下には使用頻度が高い道具が置かれている状態。

ゴチャゴチャはしています。。。


遠目で見るとこんな状態。
002
西から田んぼの水で冷やされた気持ち良い風が吹きぬけ
野鳥のさえずりが聞こえるこの場所は、ある意味気持ち良い、
気分転換にも最適な勉強空間かも。


長男が外で書写すると言い出すと、
それは良い案!と中一の長女も。



子供達は“いつも!”楽しそうです。。。。



夏休みの子供達の日曜

001
母屋玄関前の丸太テラス下でプール遊び。

この手の幼児用?プールを買った事はないのだが
色々お下がりを受けたものがあったので
田舎移住後初めて出してあげました。

当然、小さいプールなので子供達は水に体を沈める事は出来ず
水鉄砲遊びが主。

何か的があった方が良いだろうと
木工端材をテーブルに並べて
即席の射的。

ここまでは親がお膳立てすると
後は子供達の想像力で色々勝手に遊びを作り出します。

兄弟それぞれ的の置き方をアレンジして
倒しづらい的を用意しては倒すのを競い合っていたようです。

田舎では何かしら遊びは想像すれば出来るものですね。



ヘビの飼育…田舎子供の夏休みは毎日が自然観察

たいして好きでもない(気色いいものでない)のに、
子供が学校から持ち帰ってきた状況では良くないだろうと
我が家である少し大きめの容器に昨日夕方子供と移し替えました。

ヘビ(アオダイショウ)の子供2匹。
001
(クリック拡大)

容器内に敷き詰めてあるのは
新聞紙と、牛糞堆肥
(木くず比率が牛糞に対し多く混ざっている手持ちの完熟牛糞で現在無臭)

その上に、塩ビパイプの半端物を切って数本にし束ねた
特性?ヘビの隠れ家。

その上に、我が家周辺の雑草草刈後の天日乾燥の干し草。

そして、豆腐の入っていた容器は水入れとして。

新聞紙、牛糞、干し草は、におい消しの効果を期待して…
(素人発想ではあるが、ある意味実験的に)


002
(クリック拡大)


この容器にヘビを移し替える時、
2匹のヘビが絡み合っていた事もあり
子供が素手でつかむ事を嫌ったため
私が“炭バサミ”で、はさんで引越しさせました。


その後、子供と私で、我が家周辺に居るオタマジャクシから
カエルになったばかりの子カエル(2cm未満)を20匹位捕まえて
ヘビの餌として容器にいれましたが、今朝までに全て見えなくなりました。

今の時期、田んぼに居たオタマジャクシが、カエルになって
陸に上がり始めた時期なので、無数に子カエルは居るのです。
20匹位は数分で捕獲できます。
(あまりに数が多いので、人が歩くと普通に踏んでしまっている事も多々)


その子カエルを入れた瞬間から、大き目の方のヘビが捕食を開始…


カエルを捕食するヘビを自然界でもたびたび見ましたが
人間が捕獲したカエルをヘビに食べられるのは、
正直心が痛みます。。。。が、
これも自然界で普通に起きている縮図でしかありません。


カエルの過剰発生をヘビが自然界で抑えているのも事実。

それぞれ自然の淘汰バランスがぞれぞれにあるのだなぁ~と
容器の中から改めて実感する親でした。


そんな事を考える親とは別に、子供はペットを飼っている気分。

カエルが食べられるところを興味深深に見る事にも飽き
普通にペットの犬などに餌を上げている感覚と同様です。


私も今の自分の子供の時期は、田んぼのザリガニを捕まえては
ザリガニ同士で喧嘩させたり、ザリガニの大きさを友達と争ったり
カエルをオモチャに、相当残酷な遊びをしていた事を思い出します。



今思えば、やはり小さいときに自然に触れ、自然の小さな生き物を
オモチャにしながら、ザリガニに指を挟まれ痛い思いをしたり
残酷な事をして、その死骸を自分で見て、罪悪感を覚えたりしながら
生物に対する接し方を体で学んでいく重要な時期なんだろうと思います。


多少痛い思いも経験しながら、息子が生物との触れ合い方を
良い意味で上手く学習していく為の道具になればと願っています。


良い意味でも悪い意味でも野生生物が沢山いる田舎で生活できたチャンスを
最大限に活用して心豊かに育って欲しいと親として願います。




小学4年生の長男が夏休み中、家で飼うと持ってきたものは…

昨日、タダでさえ日焼けで真っ黒な顔の長男が
さらに日焼けして真っ赤な顔して帰ってきました。

日中30度を超える気温で、熱中症も怖いので
帰宅後、すぐ風呂へ行かせ、ついでに水遊びも許可すれば
本人喜んで水鉄砲を風呂へ持ち込み遊んでいました。

そんな長男。
玄関外のテラスに、なにやら昆虫飼育ケースを
学校から持ち帰ってきました。


001



その中には小さな小さなカエルが5~6匹。
002



風呂から出てきた長男に、
なんの意図でそれを持ち帰ってきたかを聞くと…


夏休みになったら学校が休みになりだれも居なくなるので
自宅で、育てる(飼育する)ものだそうです。。。


中に入っているものを聞いてビックリ!!!!


田舎育ち(栃木県)の妻も
「え~~~!!!(>_<)」と、中身を見ようとしません。。。



外から見えるカエルは、飼う為のものではなく、
カエルは餌として入っていると言うこと。。


ケースの下に敷いてあった紙の裏側に、そいつは隠れていました。。。


これ。。。。













003

子供いわく
「アオダイショウ(青大将)」との事。2匹入ってます。。。



なんちゅうものを持ち帰るのやら。。。

そういえば、子供の学校のクラスには
ヘビ(子供のヘビ)を子供たちが廊下でケース内で飼育してた…

子供の同級生の子は、ケースに手を入れ
ヘビの尻尾を捕まえて持ち上げて見せてくれたっけ。。。。(汗)


田舎の子と言うか、
子供の同級生は凄いと思っていたら自分の子までも。。。。。


このヘビを捕まえた状況を聞くと、
同級生の子達と居る時に、排水溝の穴に入っていくヘビを見つけ
毒蛇ではない事を、お友達に確認後、お友達が欲しいと思って
勇気を絞って尻尾をつかみ、穴から引っ張り出し、
持っていた虫網に入れて捕獲したそうです。

その時の心境を聞くと
「だいぶ怖かったから、捕まえてすぐ網に入れた」…そうです。


ヘビを捕まえる事自体は、特に叱りはしませんが
マムシなど有毒ヘビを間違えて捕まえてしまわないように
ヘビを捕まえる前に大人に確認するようにとだけ注意。。。


しかし…

私の小学生時代より、よっぽど自然に触れて遊んでいます。


しかし。。。実際に子供がヘビを持ち帰ってくると
素直に驚きます。。。。(^_^;)。。。。



妻は、鳥(鑑賞鳥ではなく、ニワトリ、ウコッケイの部類)や
ヤギを飼いたい(自己自給率をもっと上げたい)と言う母親で
子供もそれを期待している位だから、ヘビを持ち帰ってくる位、
田舎に移住した後の生活での普通のステップと言う事になるのでしょう。。。。。



父親の方が慣れるしかないか。。。。




大変な夏休みになりそうです。。。。



しかし、ウィペディアに記載されている通り
アオダイショウ。
臭いです。。。

生ゴミが臭い始めた時のようです。

母屋とは別の
換気のいい?(機密性が悪いとも言えます)作業・工作場に
置かせる様にしました。。。

毎日、ヘビの為に餌となる小さいカエルを捕まえるそうです。
まぁ、その餌は、いくらでも家の周りにいますので
捕獲に苦労はしませんが。。。。


ちなみに昨日ケースの中に居た、5~6匹の小さなカエルは
今朝の段階でケースの中に見えなくなりました。。。。
既にヘビの朝食は終ったようです。。。。(^_^;)




追記…
念の為、親としてネットで調べた。
アオダイショウは無毒ヘビ。
でも、野生のヘビは当然色々なものを食し
人間に害となる細菌を保有している事も多々あるので
無闇にさわり、ヘビを刺激し、噛まれる事の無い様にと
一度自ら捕獲し、遊びにエスカレートしかかっている息子に念の為忠告。
ゴキブリもそうだし、野生ネズミは当然だが、
昨今はカタツムリも人間に害を及ぼす寄生虫があるという報道も。

何はともかく、幼少時にアレルギー喘息で入院歴もあるアレルギー体質の息子。
体力がついてきたとはいえ、あまり調子に乗って勢いで
いろいろなものに手を出す事はある程度は押さえておいた方が良いだろう。

現に、アレルギー検査の結果、犬の毛のアレルギー反応が強くいまだに出ているので
犬も飼えなければ、ヤギなども飼えない状況も現実なので。。。。
(鳥はアレルギー反応問題ない様子)



色々ややこしい体質なのでねぇ。。。。




晴天の海の日祭日は…

名古屋から豊田の中山間地区(足助)へ移住し、もう少しで丸2年。
名古屋に居た時は、夏になるとしょっちゅう行っていた家族でのプールや川遊び。
田舎に移住後は、親が益々忙しくなった事(曜日関係無い仕事シフト)と、
子供達の成長(長女の中学生入学なそ)でそれぞれの予定も忙しくなり、
家族で一緒に行動する時間がほとんどなくなりました。

そんな昨日(海の日)、本当に珍しく家族全員の予定がフリーとなり
本当は田畑などの管理を親はしたいところですが、子供と遊ぶ1日にしました。

本来は川遊びの方がすきなのですが、
昨今の大雨の影響で、河川が増水していて、まだまだ注意が必要と判断し
プールに行く事にしました。

予算的には安い公営プールにしたいところですが
子供的にはアトラクションと言うか遊びのあるプールが良いと
行ったのはココ

豊田市の「フォレスタヒルズ

場所は知っていたのですが、行ったのは初。
曇りの天気予報が、晴天。。。。
001

屋外の温水流れるプールと言う事で、料金は高め(我が家の価値観では…ですが…)。
でも、立地なのか料金のせいなのか、こんな良い天気で祝日のわりには
まだ空いている方だと思いました。
お昼前に入った時には、写真の状況(午後)より全然空いていました。

子供達は全て楽しんでいましたが、一番楽しんでいたのはコレ
002
5分800円(2人乗り)
5分以上のっていると酸欠になりそうですが、
子供達に聞くと息苦しくもなく、楽しかったそうです。

昼飯も食わず4時間ほど満喫して帰りました。
たったそれだけの時間ですが帰宅後の入浴で家族全員悲鳴。。。
日焼けを相当したようで、水着で隠されてない箇所が真っ赤。

普段田舎で遊んでいる子供たちでも、太陽光が水で反射すると
普段以上の日焼けになるのですね。


我が家は普段、遊びに金をかけない(安くて楽しい遊び方を考える)のですが
田舎に移住後、初となるプール遊びを終えて子供に感想を聞くと…
「楽しかったけどもう(行かなくて)良い。お金かかる(親が高い高いと言うので洗脳されてる?)。
 それにお弁当持って川で遊んで、弁当食べる方がもっと楽しい」との事。


今週末には学校の授業も終わり、週末には夏休みが開始する子供達。
部活や、お友達と遊ぶ予定が既に色々入っている様で忙しそう。。。

私の小学生当時(名古屋市内の小学生)より、ずっと楽しそうな夏休みがうらやましい。。。。

毎日9時には寝るのに、朝7時に起きるのが精一杯なほど体力全開で遊ぶ毎日です…




子供の夏休み「チャボ当番」

110812
小学生の子供達は永い永い夏休み中。
仕事もお盆休みで、子供のチャボ当番のお手伝い。

鳥小屋の掃除をし、飲み水の入替えや、餌の補給。
慣れた手つきでセッセとこなしていく小三の下の子。
アレルギー検査でも鶏は大丈夫と検査結果も出て一安心。
(犬や猫などの動物はダメ)

小6の長女はチャボ当番後、学校に来たついでに
学校で育てている花や野菜類に水やりと収穫。
ゴーヤなど大収穫。

なんにしても楽しそうです。子供達が。
田舎の学校の居心地が本当に良いようです。



夏休みの自由研究素材に…

002
10年ほど使われてこなかった休耕田を耕うんし
来年の米つくりに向けて水を溜めて水田にしてある事はご報告しましたとおり。

土曜の夕方、この田んぼ続きの最上部の畑(田んぼを畑に使用)で
作物の手入れをしていると…

道路に車が止まり、小学校低学年生とお父さんらし人が降りてきて
田んぼを覗いてなにやらひそひそ…
何事かと思えばそのお父さんが私に気が付いて寄ってきて…
「あの~田んぼにオタマジャクシはいますか??
 オタマジャクシが欲しいのですが…」と

続きを読む

田舎・古民家での小学生の夏休みの過ごし方

001
縁側近くにテーブルを置き、図書館で借りた本を
取りたて、湯でたての「トウモロコシ」を食べながら読書。

窓の外にはまだまだ収穫待ちのトウモロコシ(スイートコーン)。

部屋の照明もつけなくても縁側は明るく、
暑い日にも扇風機で空気が流れるだけで充分涼しい。
この光景でエネルギーを消費しているのは扇風機のみ。

夕方。
外はヒグラシを主にした聞くだけで涼しくなる虫の声。

最大のエコで最大の贅沢な気分のひと時です


しば農園

我が家で作った愛情作物の自前通販サイトです。
<※PC専用>
プロフィール
ブログランキング


最新コメント
楽天