愛知の田舎で古民家暮らし

築100年超の田舎古民家で田舎暮らし6年目。2000日を超えました。

子供

田舎暮らしの恩恵か…

001
夕方、自分でパソコン(インターネット)で調べた
菓子パン(ドーナッツ)の作り方を長男(小5)実践中。。。

長女も学校から帰宅後、良く自分で菓子パンなどを良く作る。。。。

いつのまにかわが子は調理好きとなっているようです。。。。

そんな一こまの写真。。。

~~~~

雨のこの日。
私も妻も雨で作業を制限され、午後早めから家。

子供の帰宅を家で迎え、早めの入浴後
前もって長男(小5)から約束されていた散髪。

散髪と言っても、電動バリカンでの坊主頭。

長男は昔から坊主頭が大好き。


幼時時は
アニメの「ドラゴンボール」に出てくる「クリリン」が大好きで
クリリンにあこがれてスキンヘッドを要望してきたが
親の方がスキンヘッドは怪我など頭の出血の危険があるので
せめて坊主頭ならと坊主頭にしてきた。。。



そんな散髪の後、一生懸命調理しています。。。



田舎暮らしして、自宅に親が居る時間がながくなったメリット。



子供の趣味や変化がより良く見えると言うことでしょう。



そんなこんのキッチン。。。


1枚目の写真を見ると、新築アパートや新築戸建て住宅の様に見えるでしょう。

でも、もともとは。。。。

005
写真の状態でも、綺麗に整理された方。

私たちが初めて今住む古民家を拝見した時は、
台所は一番痛みが激しく、照明も暗く、一番家の中で暗かった。


そんな家の中で一番重要な台所を完全リフォーム
004
骨格を残してすべて壊しての下地からの作りなおし。



003
そして、今の台所があります。



薪を使う様な台所にする事も可能でしたが
小さな子供がいる環境での毎日の食生活



スピーディーに料理が出来る様に現代的なキッチンにして
良かったと思っています。



そんなキッチン(台所)で、予想もしなかった
子供の料理好きな一面。。。。。


手先を使い、頭を使う(創意工夫)様な事で
色々な事に興味を持ち、チャレンジ・実践をする事は
良い事だと思う。。。



食べる事は特に、自分のした事、試みた事が
その場で自ら自分で評価できる。。。


そういう意味で、調理と言うのは面白いのだろう。。。



どんな事でも良い。
興味を持って、即実践。。。

そんな事を繰り返して、経験の幅が広い大人になってほしい。。。


色々な経験は、きっと君(子供)の将来に役に立つだろう。


雨の今日、ほのぼのと出来る一日です。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

クリスマスも野焼き

000
日中の陽射しは本当に温かい。

けど、曇ったり陽が陰ると一気に寒さが刺します。

乾燥した空気での野焼き。
ほんと最大の注意を払います。

風が急に吹くと驚くほど火が大きくなるので。

念には念を押して草を燃やしますので
大きな問題は実際発生した事無いのですが
少しでも火がそれ、大きく成る気配があると
すぐ消せる準備も。。。。

今年もあと1週間を切りました。

一つ一つ田畑の掃除です。

000
そして、お米の精米。

田舎の子供達が集まってのクリスマス会のランチ用に
我が家の付きたてのお米を提供。

ついでに自分たちの分のお米も精米。

親は大したイベントは無いですが
子供達はクリスマス、年末のイベントイッパイです。


いいなぁ~楽しそうだなぁ~。。。。うらやましいわ。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。

(1日1回、2つのブログランキングのバナーをそれぞれクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~







田舎の古民家での子供の勉強姿

000
まさに今の時間(夜8時頃)の我が家内の風景。

まだ寒さは本番に程遠いですが
長女(中2)は、電気を入れてないコタツで勉強。

小5の長男は、寒くないと言う事で勉強机で。


真冬になると二人ともコタツで勉強(おもに宿題)。

ちなみに、奥の8畳間が子供部屋。

写真に写る旧型テレビは移住前に使っていたアナログTVで
今は放送を受信できず、Wii専用画面となっています。

写真手前左に写るのは石油ストーブ。

先日、冬に備え、物置になっている古民家2階から
下ろしてきました。


名古屋から豊田市の中山間地にある
築100年超の古民家に移住し
丸3年が過ぎましたが

部屋だけでも8畳部屋が平屋で6間あり
南北に縁側を持つこの造りの家の使い勝手に
本当に便利さと機能性を痛感します。


2階だて住宅より、どれだけ平屋が使い勝手良いか。

移住前に住んでいたのが2階建てだったので
特に実感します。


造りだけでなく、畳の床も。

フローリングの床は、床暖房なしでは
とても冬の時期耐えられませんが
畳は夏は冷たくて快適で、冬も木の床とは
比べ物にならない位冷たくない。

そして、柔らかいし、畳の香りも落ち着きます。


もし、建て替えるとしたら、同じ作りにしたいと思うほど。


今の時代、耐震問題だけがネックになりますが
昔ながらの建築物は、本当に日本の風土にあっていると
毎日実感する日々です。



そんな住宅に住んでいるので・・・・


全然、旅行に行きたいと思わなくもなりました。


移住前は、あれだけ車中泊での温泉地やスキー、
そして、キャンプ場、貸別荘などの宿泊など
家族で毎週末出かけていたのに。。。。。


旅行番組を見ても、行こうと言う気になれない。。。


そもそも人ごみの中に行く気が無いというか
人が多い所に行きたくない。。。。


静かな家に、私のデスクトップPCのキーボードを打つ音が
鳴り響いています。。。。。。


静かだ。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。

(1日1回、2つのブログランキングのバナーをそれぞれクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~







思いのままにが一番

001
お昼、外から戻って
「あれ・・・?!」

我が家の田舎古民家は、玄関入って8畳6間が
奥に並びますが、その玄関間際に敷かれたダンボールに。。。

このダンボールは、ナスなど泥がついてない野菜の選別をする時に
収穫ガゴごと畳の上に置くのに、畳が擦り切れない様に敷くのですが
なにやらいつのまにかイラストが…。


よく見ると。。。
002
野菜が書いてある。


忙しい妻が、絵を描いている時間などなかろうに
誰だろう。。書いたのは。。。。


そう思っていたら。


小5の長男が、妻が忙しそうに作業している間
宿題なども終わり、特に予定も無く、家に居る時に
急に暇にもてあまして書いたそうです。


妻が作業している中での空きスペースのあった
下敷きのダンボールに。


ダンボールが広いキャンパスに見えたのでしょう。
子供には。


野菜の絵と言うのはすぐわかりましたが
野菜が何か四角い枠と何か柱の様なものの中に
書かれているけど、その枠が何かと本人に聞けば。。。。


一輪車に詰まれた野菜の絵を描いたらしい。


妻が仕分けしていたのはナスだけなので
それ以外の野菜は、見ずに頭の中のイメージで描いたと。


私の美術画作能力から比較すれば
率直に・・・「上手い!な~」と思わず息子に言いました。


本人曰く、なんとなく暇に任せて描いたものなので
特に褒められようと思ってもないし、見てほしい訳でもない様子。




ともかく、私、いち個人としても、父親としても
暇に任せて、絵を描く事をした事をすばらしいと思う。


絵を描くでなくても、何か工作をするでも良い。


何かしたことの後で、誰かからの批評などを気にする事無く
自分が思いついた行動をし、それを形にする、出来ることが良いと。


些細なことでも、良い。



一つ一つ、思いついたことを形にしていく行動の先に
いろいろ発見があると。




いろいろな事に興味があり、好奇心旺盛な息子であるが
それは下手をすると、触れるだけ、なめるだけでは
それぞれの真の面白さを感じることが出来ないで
終わる可能性が高い。



興味持ったことを少しでも掘り下げて
何か形に残る行動まで出来ている事に安心しました。



人生、この様な些細な積み重ねが
人生を豊かにする事になると思っているので
そのステップを無意識に行動してくれている事自体
私以上に人生を謳歌してくれるのではないかと
頼もしく思えるのでした。



「心技体」。


バランスよく育って言ってほしい。


パソコンやゲームも我が家にはありますが
それらを使う時間の制限を親がつけていますので
子供は子供なりに、制限の中でも楽しく時間を使っているようです。



~~
※ブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回クリックしていただけると幸いです。

(1日1回、それぞれをクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~







田舎暮らしと子供の手伝い

001
今日は日曜日。

何かとクラブ活動などで、日曜でも忙しい子供たち。

でも、今日は久しぶりに小学生の長男が居るので
収穫物(ナス)の出荷に準備を手伝ってもらいました。


明日の出荷が都合により出来ない(出荷しない)ので
普段、収穫しない小さめのナスも収穫したので
子供にサイズ毎に仕分けの手伝いを依頼。

子供もためらいも無く手伝ってくれました。
(長女も、時間の余裕さえあれば
  この手の作業手伝ってくれる方です)


この手の作業は、わかりやすい事もあり
パズルでもしているかのように楽しそう。。。。


収穫物の中でもサイズの違いだけでなく
傷の有無、曲がりの有無・度合い、色合いなど
それぞれに品質ランクもあり、
良いランク、最上ランクのものがあると
宝物を見つけた様な喜びよう。



親は、色々考えながら作業するのですが
子供の、単純明快な感情動作と言うか、
純粋な喜怒哀楽は、仕事を忘れさせてくれます。


普段、作業に没頭すると、何も聞こえていないのですが
子供の声を聞きながら作業していると
母屋の裏にある木の中で鳴くウグイスの声も聞こえる。


やっぱり田舎暮らしは、子供が小さな時からするのが
一番ではないかと改めて思う。。。。


自然に沢山触れて育つ子供は、
我が家の子だけでなく、みんな純粋、
天真爛漫な子が多いなぁと。。。。

私自身も、私の妻も
自分の子供の様な幼少時を過ごしたかった。。。。

そう言う嫉妬感に近い感情がわくくらい
子供たちの毎日が楽しそうです。


~~~~~

田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~~~~

夜の子供の迎え

001
夜の子供の向かえで
子供のクラブ活動待ちの車内。

子供が中2、小5になりますが
学校以外にスポーツクラブの様な活動に参加しています。
中学になると学校の部活動があるので
頻度が少ないですが、小5の子供は
バスケットや卓球、サッカー(フットサル)に参加してるので
週のうち結構な頻度で、夕方から出かけています。

田舎の小学校は、生徒が少ないので
学校での部活動が、成り立たなく
大きな地域内の数校の生徒対象に
一旦帰宅後、親に送ってもらって
参加している状況。


毎日毎日親が自分の子供だけを
送り迎えしていると大変なので
私の町内でクラブ参加する子供を
迎えに行き、帰りは別の親に
自分の子供を一緒に乗せて帰って来て貰う。。。


そんな事をしています。


この辺は妻がお友達のお母さんと連絡を取り
色々段取りを決めているようです。


そんな自分の子供と、町内の子供の送り迎え時の
車の中での待ちの写真と言う事です。


夜な夜な子供を迎えに来て
車で待っているなんて、田舎の風景だなぁ~と
思っていましたが、よく考えれば
都会は学習塾通いの子供を夜迎えに行く光景を
都会暮らしの時よく見ていたなぁ~と考えると
親の行動としては、都会も田舎も一緒かと。。。。


学習塾に行く事も無く
毎日体をフルにつかって体力増強。。。。


親としてそれで良いと思っています。

長い人生、
その時その時(時期、時期)でしておいた方が
いい事があると思ってます。

「毎日楽しくて仕方ない」と言う我が子において
人生の先輩として、今の時期にしておいた方が
良いと思える事を今、惜しみなく?全力でしてくれていると。

特に体を使う事が何より楽しい、好き!と
言う我が子ですので、どんなにいく種のクラブ活動をはしごしても
「体力的に疲れた」と言った事がない位。。。



悔いない子供の時を過ごしていれば
大人になっても子供時代への悔い、未練は無く

大人の時、その時々にしたいと思った事を
自ら行動(自主的に)し行動しようと思うだろう。


過去を礎にしながら
その一瞬一瞬を謳歌して
人生過ごして欲しい。


親として願う事はそれだけです。


自分で切り開いた人生ほど
楽しい(充実する)ものはない。


~~~~~

田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~~~~

日曜はたまに子供が作業助っ人

003

004
親が事前に切って、
4mほどの長さに切りそろえた竹を
枝落としをし、その枝やその他木々と一緒に
その場で焼却処分して、里山を綺麗にした後の片付け時の写真です。

支柱として使う予定の大量の竹。

切りそろえた竹の数を大声で数えながら
太い竹と細い竹に分けながらの整理。


中学生の長女は部活で忙しい中
小4の長男は、長女よりはまだ自由な身。

進んで…と言う訳ではないですが
この手の作業は、手伝ってくれます。

大人より休憩時間の
オヤツの時間が長いのはご愛嬌。

子供の手、猫の手とあなどってはいけません。

人手が増えるのは、相当時間短縮になり
親の疲労感も結構軽減されるのです。

中学~高校へと進学する中で
子供が手伝ってくれるシーンは少なくなるでしょうが
小さいときに手伝ってくれるだけでもありがたいです。


田舎暮らし ブログランキングへ



子供のお手伝い

001
昨日は、午後から雨。
天気予報と雨雲レーダーの動きでそれを推測していたので
午前中、急いで玉ねぎの定植用のうねたてをしました。
(私は、農機具の運搬と、畑に籾殻散布)

家に居て留守番をすると言う小4の長男に
「少しは体を動かしたり、外に出なければダメだ」と
半ば強制的に畑に連れ出しましたが
畑で手伝えとは言わなくても、畑に居た昆虫などの生物と
十分に畑周辺で遊んだ後、この様に手伝ってくれます。

でも、半ば遊びながらお手伝いをしていると
「中途半端な手伝いならするな!」と叱りますが
お手伝いの中から自分の興味や好奇心、やる気と合うと
結構、まじめに、戦力となる働きをしてくれます。


写真の時の場合は、大きな砂山を作っている気分でしょうか。


好奇心旺盛で、体を動かすことが大好きだと
何かと外での作業(堆肥つくり、収穫作業などなど)
ありがたいものです。

頻繁には子供を親からお願いして使う事はありませんが
年数回はあった猫の手を借りたい時には、
結構良い働きをしてくれるのが頼もしい。

002
中学生になり部活で毎日忙しいなか
長女はこんな作業を自ら楽しそうだと手伝ってくれます。
(広い田舎古民家では、室内でこんな事はすぐできます)


秋。
足助ではいろいろイベントが各地で行われており
その出店や、イベントの中で産直野菜販売も。

直接我が家はそれらに参加していませんが
頼まれたり、薦められたりして、我が家の収穫物を出品もしており
この手の作業は、母親(この手の単純作業大好き)の血なのか
楽しいと言って自主的に手伝ってくれます。


なんにしても体を使うことが大好きな子供であるのは
ありがたいことです。



田舎暮らし ブログランキングへ



田舎暮らしならでは…一夜の出会いと別れ

001
巣立ち目前のスズメ(ヒナ)
残念ながら朝まで、その弱った命は続きませんでした。

002
子供達だけで、ヒナの為に一生懸命作った巣箱も、
一晩限りのものとなってしまいました。

003
昨夕方、急に引き取る事になった弱りきったスズメのヒナを
元気に育ててたいと、インターネットでスズメのヒナの育て方を調べたメモです。

動物(の毛・油)アレルギーの長男(何故か鳥はアレルギー反応無し)が
その理由で飼えない大好きな犬の代わりに、このスズメを飼って育てたいと
真剣に願い、考えていたのですが…

今朝、最初に起きた長男が、昨日はあんなに熱い位の体温を発していたスズメが
冷たく動かなくなっているのを最初に見て、その後しばらく落ち込んでいました。

相当、恋いこがれたのでしょう。
暖かい体温を持つ生き物のペットを。



このスズメは突然、我が家に連れられました。
昨夜、夫婦で出席する必要があり、その為、出かけようとする矢先に
地元の私の田んぼの隣の地主さんが、突然我が家にこられました。

何か田んぼであったのかと思いきや・・・

「草刈していたら、草の中からスズメのヒナが出てきて、
 何度近くの草の中に戻しても、道路にヨチヨチ出てきて、
 車にひかれそうになるので、危なくて連れて帰ったのだけど…
 このヒナもし良かったら飼って育てない?」と…

何か動物を飼うことに対し、適齢期の子供が居るのは、この町では我が家のみ。


面倒な事、野生動物のペット化の難しさを充分知っている上でと
普段、物腰も優しいその方の相談を受け入れ、
そのまま自分の子供にヒナを見せました。

人の手の上に乗せたタオルに乗せられたスズメのヒナは、ジッと動かず
飛び立とうともせず、静かにうずくまっていました。

聞くと、わが町でも一番車の通りの多い道路沿いの草刈をしていた所
草の中から出てきて、車の通りの多いその道に何度も出ては
車が避けたり、車に引かれそうになるので、見るに見かねたらしい。

私がそのヒナを手のひらに載せても、逃げようともせず
手のひらの中で、目を閉じて、寝る様なそぶり…
弱っているのは明らか。

そのヒナを手に乗せた長男。
燃える様な体温を手のひらで感じた長男は、
「飼って育てたい!!」と。。。。


その時の長男の顔・表情が印象的でした。
嬉しい表情と言うか、優しい表情と言うか、興奮する表情と言うか、
目が輝いていたのは間違いありません。

そんな表情をする子供に任せてみようと思いました。


そのヒナをとりあえず引き取る事を地元に人に伝え
子供達に弱ったヒナの育て方をインターネットで即調べ
ヒナの巣を作るなりしておきなさいと、指示をし
親夫婦は子供にヒナを託し、時間無く出かけました。

(夫婦で出かけざるを得ない理由:
 田舎への移住のチャンスを下さった方の奥さんのお通夜出席)

8時過ぎ、夫婦で帰宅した時には
写真のような巣を子供たちだけで作ってヒナを入れていました。

子供達なりに、インターネットで調べた内容で
ヒナに餌を上げようとしたり、水をあげようとしたそうです。

残念にも、ヒナは何も口にしなかったらしい。。。。


帰宅して、私が子供の作った巣の中のヒナを見たときには
ヒナは首を曲げ、自分の背中にくちばしを入れ寝ているようでした。


長女の話では、一度だけ巣から飛び立って逃げようとしたらしいが
その時、玄関の扉が閉まっていて、外に飛び出せず、扉に当たり
そのまま床に落ちて、静かになったらしい。

それが最後の力だったのかも。。。。


その日どれだけの餌を食べる事が出来ているかわからない
弱った野生の鳥を引き取った時点で、
子供達には明日までなんとか生きててくれれば
明日の朝、どうするか(自宅で飼うか、学校などに相談するかなど)話し合おうと
話していたのだが。。。。、やっぱり。。。。。


今朝、子供たちがどれだけこのスズメのヒナの為にネットで調べ
兄弟で話し合って、色々用意したのかを具体的に聞き
その行動自体に、胸が熱くなりました。

そんな、スズメのヒナ。
今朝、子供たちだけで、我が家の敷地内で、場所を決め、穴を掘り、
お墓を作り、お線香を炊いて(お盆、私の亡き父の墓参りの残り)、
スズメのヒナを供養していました。

これも、全て子供達だけで、考え、行って。

親が手を出さず、子供たちだけで考え、行動する事が出来た事。

結果は当然といえば当然の残念な事になりましたが
子供たちには、素晴らしい経験になったと感謝しています。




長男は、やはりどうしても生き物を飼いたい様で
母親が実行を推し進めている、
卵を食べられる鳥(ニワトリ、チャボ、ウコッケイ)を
飼う事を1日も早く実践する事を今朝強く御願いされました。


ニワトリなどを飼っていたけど使っていない鳥小屋を
既に頂く事にはなっているのですが、
軽トラックに積める大きさ、重量ではなく
ユニック付きのトラックか、6~7人の人でを用意しないと
持ってくることが出来ないので、その段取り待ち状態。


もらってきても置き場所もまだ決めていないし。。。


稲刈が終わり、何かと忙しい10月が終った後
11月以降に、なってしまうだろう。。。。



まだまだ田舎暮らしで実践する事は山積です。。。(大汗)






田舎暮らし ブログランキングへ



夏休みの子供達の日曜

001
母屋玄関前の丸太テラス下でプール遊び。

この手の幼児用?プールを買った事はないのだが
色々お下がりを受けたものがあったので
田舎移住後初めて出してあげました。

当然、小さいプールなので子供達は水に体を沈める事は出来ず
水鉄砲遊びが主。

何か的があった方が良いだろうと
木工端材をテーブルに並べて
即席の射的。

ここまでは親がお膳立てすると
後は子供達の想像力で色々勝手に遊びを作り出します。

兄弟それぞれ的の置き方をアレンジして
倒しづらい的を用意しては倒すのを競い合っていたようです。

田舎では何かしら遊びは想像すれば出来るものですね。



小学4年生の長男が夏休み中、家で飼うと持ってきたものは…

昨日、タダでさえ日焼けで真っ黒な顔の長男が
さらに日焼けして真っ赤な顔して帰ってきました。

日中30度を超える気温で、熱中症も怖いので
帰宅後、すぐ風呂へ行かせ、ついでに水遊びも許可すれば
本人喜んで水鉄砲を風呂へ持ち込み遊んでいました。

そんな長男。
玄関外のテラスに、なにやら昆虫飼育ケースを
学校から持ち帰ってきました。


001



その中には小さな小さなカエルが5~6匹。
002



風呂から出てきた長男に、
なんの意図でそれを持ち帰ってきたかを聞くと…


夏休みになったら学校が休みになりだれも居なくなるので
自宅で、育てる(飼育する)ものだそうです。。。


中に入っているものを聞いてビックリ!!!!


田舎育ち(栃木県)の妻も
「え~~~!!!(>_<)」と、中身を見ようとしません。。。



外から見えるカエルは、飼う為のものではなく、
カエルは餌として入っていると言うこと。。


ケースの下に敷いてあった紙の裏側に、そいつは隠れていました。。。


これ。。。。













003

子供いわく
「アオダイショウ(青大将)」との事。2匹入ってます。。。



なんちゅうものを持ち帰るのやら。。。

そういえば、子供の学校のクラスには
ヘビ(子供のヘビ)を子供たちが廊下でケース内で飼育してた…

子供の同級生の子は、ケースに手を入れ
ヘビの尻尾を捕まえて持ち上げて見せてくれたっけ。。。。(汗)


田舎の子と言うか、
子供の同級生は凄いと思っていたら自分の子までも。。。。。


このヘビを捕まえた状況を聞くと、
同級生の子達と居る時に、排水溝の穴に入っていくヘビを見つけ
毒蛇ではない事を、お友達に確認後、お友達が欲しいと思って
勇気を絞って尻尾をつかみ、穴から引っ張り出し、
持っていた虫網に入れて捕獲したそうです。

その時の心境を聞くと
「だいぶ怖かったから、捕まえてすぐ網に入れた」…そうです。


ヘビを捕まえる事自体は、特に叱りはしませんが
マムシなど有毒ヘビを間違えて捕まえてしまわないように
ヘビを捕まえる前に大人に確認するようにとだけ注意。。。


しかし…

私の小学生時代より、よっぽど自然に触れて遊んでいます。


しかし。。。実際に子供がヘビを持ち帰ってくると
素直に驚きます。。。。(^_^;)。。。。



妻は、鳥(鑑賞鳥ではなく、ニワトリ、ウコッケイの部類)や
ヤギを飼いたい(自己自給率をもっと上げたい)と言う母親で
子供もそれを期待している位だから、ヘビを持ち帰ってくる位、
田舎に移住した後の生活での普通のステップと言う事になるのでしょう。。。。。



父親の方が慣れるしかないか。。。。




大変な夏休みになりそうです。。。。



しかし、ウィペディアに記載されている通り
アオダイショウ。
臭いです。。。

生ゴミが臭い始めた時のようです。

母屋とは別の
換気のいい?(機密性が悪いとも言えます)作業・工作場に
置かせる様にしました。。。

毎日、ヘビの為に餌となる小さいカエルを捕まえるそうです。
まぁ、その餌は、いくらでも家の周りにいますので
捕獲に苦労はしませんが。。。。


ちなみに昨日ケースの中に居た、5~6匹の小さなカエルは
今朝の段階でケースの中に見えなくなりました。。。。
既にヘビの朝食は終ったようです。。。。(^_^;)




追記…
念の為、親としてネットで調べた。
アオダイショウは無毒ヘビ。
でも、野生のヘビは当然色々なものを食し
人間に害となる細菌を保有している事も多々あるので
無闇にさわり、ヘビを刺激し、噛まれる事の無い様にと
一度自ら捕獲し、遊びにエスカレートしかかっている息子に念の為忠告。
ゴキブリもそうだし、野生ネズミは当然だが、
昨今はカタツムリも人間に害を及ぼす寄生虫があるという報道も。

何はともかく、幼少時にアレルギー喘息で入院歴もあるアレルギー体質の息子。
体力がついてきたとはいえ、あまり調子に乗って勢いで
いろいろなものに手を出す事はある程度は押さえておいた方が良いだろう。

現に、アレルギー検査の結果、犬の毛のアレルギー反応が強くいまだに出ているので
犬も飼えなければ、ヤギなども飼えない状況も現実なので。。。。
(鳥はアレルギー反応問題ない様子)



色々ややこしい体質なのでねぇ。。。。




田舎暮らしは子供が益々元気

002
昨日月曜、学校行事での振り替え休日で休みの長男(小4)。
午前中、母親の野菜収穫を手伝っていました。

野菜つくりで、草刈、草取りなど
日々の管理作業は子供にはつまらないでしょうが
収穫は、ある意味、宝探し・宝掘りと同じでしっかり手伝ってくれます。

田舎の小学校では、授業の一貫として野菜つくりなどもしているらしく
時には地元の農家さんに直接教えをこう事もあるそうな・・・
親の方がそんな楽しい授業に参加したい位です。

毎日、靴下を真っ黒にして元気に帰って来る子供達。
毎日、鼻歌を歌いながら上機嫌での帰宅。

そんな子供たちを見ていると本当に田舎に移住し
良かったと実感します。

~~

昨日の夕方、今年初めて「ヒグラシ(蝉)」のなき声を聞きました。

我が家の向かい側の山の中で鳴いている様でした。

ヒグラシのなき声。
心の中が洗われる様な“す~っ”とした心地よさに包まれます。

ウグイスの声は木陰でゴロっと横になりたくなる心地良さですが
ヒグラシはず~~~っと聞いて居たい心地よさ。

都会では聞けないなぁ~ヒグラシは・・・



田舎古民家暮らしとインターネット

006
小3の長男がPCを使って調べ物をしています。
使用頻度の低くなった仕事用デスクトップPCを子供達も使える様に
家族が一番長く居る居間に移動したところ、以前より与えていたノートPCより
パソコンの使用頻度が高くなりました。
デスクトップPCの方がモニターが大きく、見やすいと好評のようです。

その小3の長男。
学校の何かイベント用に「折り紙の色々な折り方」と言うキーワードでネット検索し
出てきたサイトを見ながら折り紙を試し折りしているようです。

色々時間の使い方を工夫している姿が昨今頼もしく思えます。

続きを読む

田舎・古民家での小学生の夏休みの過ごし方

001
縁側近くにテーブルを置き、図書館で借りた本を
取りたて、湯でたての「トウモロコシ」を食べながら読書。

窓の外にはまだまだ収穫待ちのトウモロコシ(スイートコーン)。

部屋の照明もつけなくても縁側は明るく、
暑い日にも扇風機で空気が流れるだけで充分涼しい。
この光景でエネルギーを消費しているのは扇風機のみ。

夕方。
外はヒグラシを主にした聞くだけで涼しくなる虫の声。

最大のエコで最大の贅沢な気分のひと時です


子供と川遊び

001
子供と川遊び。
田舎(愛知県豊田市足助)に引越して初めての夏。

名古屋に住んでいる時から
どこか田舎に確実に行って遊んでいた毎週末。

毎週、毎日?田舎で遊ぶ子供達ではあるけれど
例えば飛び込みが出来、かつ比較的安全な川となると
結構すくないものです。

私も真夏日が続き冷たい川遊びがしたくなって
久しぶりに遊びました。

続きを読む
しば農園

我が家で作った愛情作物の自前通販サイトです。
<※PC専用>
プロフィール
ブログランキング


最新コメント
楽天