愛知の田舎で古民家暮らし

築100年超の田舎古民家で田舎暮らし6年目。2000日を超えました。

害獣

捕獲!!・・・イノシシ。移住後3度目

000
自分の檻でついにイノシシを捕らえました。


春から散々餌だけを食べられて
まるで餌づけしているだけだったのですが
とうとうその努力が実を結びました。


と言っても、一番願う
親・大人のイノシシではなく
将来大人、親になる子イノシシ。
「4頭」
(写真追加)
110


ウリボウの縦じまの模様が体から消え
子供から大人になろうとしている途中位か。。。


実は昨夜夜の警戒見回りに回った時
既に檻に入って扉が落ち
出られなくなっていたのは確認していたので
今朝、収穫の前に再度見に行って
居るのを確認し


ご近所のイノシシ処理を、普段してもらっている方が
丁度出掛けるときだったので、その事を伝え(午前5時半)、
イノシシの処理・処分をお願いしました。



で・・・・


その後、収穫から帰った時には
檻の中は空っぽで、
既に処理されてました。。。


さて、子イノシシは
その後どう処理されたのかは。。。。???




これでイノシシの檻での捕獲は人生3度目

(自分の檻で2度目、
 他の方(同じ町民)の檻に餌を置いての捕獲で1回)


該当ブログ記事
1度目:自分の檻で
 2014年12月8日「記念すべき日となりました
2度目:他の方の檻で
 2015年8月2日「今年、初捕獲!


う~~~んん。



ビギナーズラックは間違いないだろうが
やはり最初の捕獲時の様に
親、大人のイノシシを捕まえたいなぁ。。。。


一度、檻に入って逃げられたイノシシが
大人のイノシシだったのだろうなぁ。。。。


とすると、警戒してもう同じイノシシは来ないだろうなぁ。。。。



何にしても、この檻の設置場所は、
道路脇ではあるけど、
イノシシの通りやすい場所であることは間違いないと。。。。


また、気長に餌を置いて
おびき寄せるしかない。。。。


食欲の秋は、イノシシも同じ
イノシシは冬眠する訳ではないが
まだまだ行動は活発なので
チャンスがあると。。。。


頑張ろう!


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

逃げられた!捕獲失敗!

朝早々(5時)に確認しに。。。。


遠くから確認しやすい害獣(イノシシ)捕獲用檻の扉が。。。。





落ちてる!!(=捕まってるハズ!!)









しかし。。。。。




001
中には何も居ない。。。。

何で???


???


檻の中を良く見ると。。。。


002
確かにイノシシ(の前足)があり(赤い2つの丸)、


ワイヤーが通してある竹筒も転がされた為に
ワイヤーが張り(黄色い線)、その為に、
扉のストッパーが外れ扉が落ちた・・・・


確実にイノシシがワナに触れた事により
扉が閉まったはず・・・・なのに。。。。。





そのイノシシが。。。。居ない。。。。


003
檻の外にも複数のイノシシの足跡。。。。


昨夜は、小さな足(子供)から大きめの足(大人)と
まずファミリーでこの檻に来ていたのは明確。。。。



なのに。。。。。。




居ない理由はひとつ。。。。。。




扉を持ち上げて逃げた。。。。。。



檻を正面から見ると。。。。。


004
写真上のピンクの丸が「ストッパー」。


扉が一度落ちた跡、再び扉を持ち上げて開けるには
このストッパーを解除しないと扉が上がらない構造。。。。


でも。。。。。


扉が下に落ち切って無い。。。。(ピンクの四角い枠)



扉枠の隅に草がたまって、それが邪魔となり
扉が下まで落ち切る事が出来なく
ロック・ストッパーが効かなかった・・・・





ただ!!




一度ここまで落ちた扉を
手を使えない(鼻のみ)イノシシが器用に
順番に扉を自分が出られるほど持ち上げた後
出ていく事が出来る訳もなく。。。。。




(推論ですが。。。。)




写真の扉両サイドにある
土が掘れた跡からすると。。。。
(上の写真の水色の楕円の丸印)



複数のイノシシが檻の中に入っている時に
一頭のイノシシがワナの竹を引き
その檻の扉が落ちた瞬間、
扉下に下敷きとなったイノシシが1頭は最低居て
そのイノシシが挟まっているすき間から
他のイノシシが檻から逃げ出し。。。。

最後に、挟まっていたイノシシも扉から抜け出して
。。。。。逃げた。。。。。と。。。。



扉付近の土の掘れ方が、
昨日とは全く違うと言うか
えぐれている様に削れているので。。。。。


複数のイノシシが檻に入っている時に
扉が落ち、イノシシが扉に挟まっている光景は
別の人の檻で、目の前で見た事があって


いくら檻の扉に挟まって居るとはいえ
生きているイノシシが、死に物狂いで暴れていると
鉄砲で遠くから射殺でもしないと、近づく事も難しく
死ぬまで待っているうちに、逃げ出してしまって
捕まえられなかった事があったので


今回も、そうなのではないかと。。。。。



何にしても、ここの檻は「危ない!!!」と
強烈にイノシシに記憶に残させてしまったので
最低でも数カ月は寄り付かないだろう。。。。と。



また、振り出しに戻ってしまいました。。。。



とりあえず、
これからお米(稲刈り)や田の作物の収穫時期が近づくと
イノシシの行動が里山~民家に近くなるので
この檻の存在を知らない別のイノシシが来る事も想定し

今日は檻の中を一度綺麗にして
明日以降から、またイノシシの餌づけの為に
せっせと米ぬかを運ぶ毎日です。。。。。



あ~~~こんちくしょう!!!



今回の事を良い経験にするしかない。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

ユンボで大穴掘り

001
母屋の東にあるビニールハウス前。
やむなくユンボで大穴を開けざるを得ない状況に。

実は…
002
そこに妻が腐ってしまった保存用の種イモなど
野菜を埋めていたのですが、それをケモノに掘り起こされてしまって…

関東の広大な農地広がる環境で生まれ育った妻は
野菜くずなどは土に戻して、堆肥にする習慣があるのはわかるが
このような状況に絶対なるから止める様にと言っていたのに…

妻なりに気を使って、
スコップで掘って埋めたつもりなのだろうが
たかが10cm程度の埋め方では。。。。。


今回は埋めた野菜くずの量が多かったので、
やむなくユンボで大穴を掘り
動物でも掘り起こせない深さに。。。。


土手上の畑なので、私的には土砂崩れも含め
あまり大きな穴を開けたくなかったのだが…

今回は緊急措置と言う事で。。。。


003
埋め直して、この後、妻に厳重注意。


人間では臭わない匂いでも野生の獣は嗅ぎつける。

一度そこに餌があるとわかると習慣付いて
頻繁に現れる事が問題。


私の地域でもお爺さん、お婆さんは、田畑に野菜くずをまき
そのまま腐らせ、土にすき込む習慣がある。

ただ、町内回覧でもJAなどの告知でも
害獣を町内に呼び込む原因になるので止める様に
たびたび通達しています。


そういう意味でも、田舎でも野菜くずだけでなく
ゴミも害獣を里山に呼び込む原因になるので
田舎に遊びにお越しの場合はご注意頂けると幸いです。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

田舎の田畑は常にイノシシ対策

000
一昨年の8月に設置したイノシシなどの
害獣対策用フェンスを張りかえました。

昨年、田んぼを畑に変えて、里芋を栽培した時
何度もイノシシに入られ、畑を荒らされたので。

写真左に見える斜面(この山はゴルフ場の敷地)下に
古いメッシュのフェンスが設置されているのですが
昨年先に幾箇所かそれを壊して入ってきたのです。

今年新年早々、この山の斜面の木々を伐採し
イノシシの隠れ場所を減らす意味と
伐採した木々を斜面下のフェンス下に敷き詰め
フェンスにイノシシが近寄りにくくもしたののです。

それだけでも十分な気もするのですが
保険の意味も込めて二重に設置。

001
反対の道路際にもフェンスは既に設置済み。

この道路にもイノシシは出現する事があるのですが
この道路は私の町の一番の幹線道路になるので
田舎にしては車の通りが多く、その意味で
イノシシもゆっくり道路を歩けない事から
今まで道路際のフェンスを壊された事はありません。


なんにしても雑草が生えていない今の時期が
一番フェンスなどの設置も楽にできますし
なにより春以降は農作物の管理で忙しくなるので
冬のこの時期は、春以降を想定し、この手の害獣対策を
いろいろ工夫する時期でもあるのです。。。



しかし。。。。

イノシシがこれほど増加して、被害が増えてなければ
発生しない作業である事は間違いありません。。。。


農作物を作る作業と関係ない作業が多くなる事は
中山間地の田舎農業の困った現状でもあります。

何とかしてほしいものです。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。

(1日1回、2つのブログランキングのバナーをそれぞれクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~







早くこんな事が伝えたい…

001
イノシシ。


結構な大きさです。


私の前のおうちでの光景。
良くある光景。
(写真は2年前に妻が撮った写真、私は撮れない。怖。)


この後、血抜きをし、内臓を取り出し、皮を剥ぎ、
肉に分解していきます。。。。

全ては見たことない(あまり気持ちいいものではない)ですが
地元の人は手際良く作業します。


つくづくすごいなぁ~と。。。。。(関心)



私がまめに餌を持って行っている害獣対策用の檻には
いまだに捕獲が出来ていません。

町の中には、町所有の檻、個人所有の檻など
結構な数が設置されているのですが
餌などの設置や日々の確認の手間の割には
そう簡単にイノシシは捕まりません。

イノシシが増えている割には。。。です。


捕獲したイノシシの数は、
定期的に市に報告しているそうです。


上の写真クラスのイノシシが
本気で市から支給される害獣対策用のフェンスに突進すると
ものの見事に破壊されます。


実際、私は生きているイノシシに出くわした事がありますが
子供のイノシシ(ウリボウ)を引き連れた親イノシシなど特に
人間に対し、威嚇行動をしたり、人間に襲いかかってくる行動をとります。


そんなイノシシ、マジで怖いです。


イノシシが檻に捕獲される様に努力していますが
実際、イノシシが檻にかかった場合。。。。


とても私は殺せません。。。。


その時は。。。
私の前のオウチの方にお願いします。。。。(大汗)



怖いけど。。。


早く捕獲したい(イノシシを減らしたい)


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。

(1日1回、2つのブログランキングのバナーをそれぞれクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~







害獣対策檻は再び門が閉まるが…

001
再び檻の門が閉じているが、中には何も居ない…。

出入り口近くの地面に、爪などで鋭く土をえぐっているようだ。

今回もハクビシンなのだろうか。

前回の空での門閉じ事件から10日目。
002
今朝の状態。

さかのぼってみると、餌がどのように減っていくかがよくわかる。。。


007
前回、餌を大盛りにした9月30日夕方の状態。
米ぬかを山盛りに盛ってあります。

006
翌朝の10月1日朝。
触れると門が落ちる仕組みの仕掛け糸に触れない様に
手前からちょっとちょっと手、前足で、米ぬかをほじってる様子がわかります。


005
10月3日朝。
初日に比べ、段々大胆に米ぬかを手前から食べています。

仕掛け糸はイノシシなどの中・大型獣用にしかけてあり、その為
ある程度の強さで糸を引かないと糸が外れない様にしてあるので
かろうじて糸が外れず食べているのでしょう。

003
10月4日の朝。

さらに大胆に食べているようです。

004
10月8日の朝。

私の町のお祭りがこの間あり
見回りに来てなかったのですが
この間は、あまり変化なかった様子。

実はお祭りの当日や、前夜祭などで
山にとどろく様な、火縄銃の爆音を鳴らしていたので
それに驚いてあまり獣たちの動きが無かったのかも。

002
で、今朝。。。。。

とりあえず、閉まった門を開けただけ。

餌の補充は雨が降ってきたので明日以降にするつもり。。。


何かが檻に入ってきてるのは確かだが
捕獲にはなかなか至りません。。。。


ほんと、根気の勝負です。

~~
※2つのブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。

(1日1回、2つのブログランキングのバナーをそれぞれクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~







9月になって雨続き

昨日は更新できませんでした。

8月にあれだけ水不足、水不足と言っていたのに
9月になった矢先、雨続き。。。。

私の町でも稲刈りのピーク時期なのに
稲が濡れてしまって、稲刈りができる状態にならない。。。

私の地域には兼業農家さんが多いので
週末の稲刈りを予定するところが多いのに
この週末は稲刈り出来ずに居る所ばかり。


私が例年刈った稲穂のモミすり(乾燥込み)をお願いする農家さんも
依頼を受けて稲刈りを請け負っているのだが
この雨続きで稲刈り出来ず、予定がどんどん遅れている。


私の稲は、田植え日から数えての刈り取り理想日数日が
明日から始まる週にあたり、稲刈りの段取り手配をするなか
田んぼには害獣にあたるイノシシが毎晩の様に害獣対策フェンスを壊し
侵入してくる始末。。。。


破壊されたフェンスは、その日のうちに直しておかないと
多数のイノシシが一気に田んぼに入り、一夜にして稲を踏みつぶしつくし
収穫が激減する危険が大なので、壊されたフェンスの補修に追われる始末。


本来は、壊れた個所を写真に残し
ブログに記録として投稿したいのもやまやまですが
日々色々な事に時間を費やしているので
日暮れまでに残された時間では、写真を撮っている時間の余裕もなく
あげくに疲れ果てブログの更新もままならない状況。。。。


米作りでの一番忙しい時期が今なのです。



書きたい事が山とあるのですが
また、落ち着いたら。。。。


とりあえず近況を記録代わりに投稿。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。

(1日1回、2つのブログランキングのバナーをそれぞれクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~








秋です。

000
田舎の朝はめっきり涼しく(寒い位)なりました。

私の町でも早くも稲刈りをした田んぼも出始めました。

そんな今、一番里山に降りてきて欲しくない獣が
大変良く出没します。

私の田んぼの近くにある仕掛け
001
黄色い丸内にあります。

餌をしかけ、捕獲を試みています。

イノシシ。


私の田んぼでも少なからずイノシシの被害が
出始めているところもあります。


たた、私の田んぼなどまだ良い方。。。。


山の抜け道を走っていると
見た瞬間愕然とする田んぼに出くわします。。。


003

002
電気柵で囲った内側にネットもはった
二重対策の田んぼの様なのですが。。。。

どこかスキがあると容赦なく入ってきて
田んぼ出泥浴や、稲穂を食べに来ます。
(泥で体に付いた汚れや寄生虫などを洗い落とすらしい)


写真の状態では、
今年の収穫は全滅と言っていい状態。。。


中山間の田畑ではこの時期、悲しいかな良くある事なのです。


山のイノシシは豚の血もまざり
繁殖力が強く、駆除が追いつかない状況。。。


電気柵、メッシュフェンスの柵では歯が立たない事も多々。。。


柱の本数を増やしたり、竹や木の杭で補強をしたり
トタンや鉄板でさらに補強したりときりがない状態でもあります。

中山間地では、広い田畑が少ないので
一軒当たりの作付面積が小さく、
被害金額を算出するとどうしても額が小さくなりますが
そんな効率の悪い作付田畑でも耕作を続けている農家にとって
イノシシなどの害獣被害は、作付意欲を加速的に失わせることにも。

害獣対策は、抜本的に害獣を減らす手法を
役所が率先して行ってほしいものです。。。。


せっかく作った作物を
泥棒に盗まれるのと同じ状況になっていますから。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。

(1日1回、2つのブログランキングのバナーをそれぞれクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~








夜の巡回警戒

001
稲刈りまで数週間に迫る私の地域の田んぼの
至る所で

「イノシシに入られた(荒らされた)」

そのセリフを聞く昨今。


一匹で無いイノシシ相手に
夜の巡回をしても効果がどこまであるかは
している方も疑問はあるが
イノシシに少しでも警戒心を与えないと
やりたい放題になってしまうので。。。。


田んぼも周りと離れた場所にあるとこもあるし
地続きで並んでいる田んぼもある。

地続きで並んでいる田んぼは
その複数の田んぼの大きな外周に
獣害対策フェンスを張り巡らしている事もあり
自分の田んぼのフェンスが壊されなくても
隣地の柵が壊されれば、隣地の田んぼから
イノシシが行動範囲を広げて徘徊するので
警戒する範囲が自分の田んぼだけではだめ。



常設で設置してあるフェンスも
経年劣化で、フェンスももろくなる個所も発生し
そこをイノシシが探し出して壊して入ってくる。


フェンスも毎年新しいものに変えられればいいのだが
張り替えるフェンス予算も県や市から補助金は出ず
実費では農業の採算など話にならず
まして張り替える手間も相当なもの。


イノシシ自体、年々増加しているのに。。。。。


この時期は、私に限らず
私の地域全体がピリピリした空気になっています。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。

(1日1回、2つのブログランキングのバナーをそれぞれクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~








イノシシが田んぼに入る被害

001
昨夜イノシシに荒らされた田んぼ。

私の田んぼではなく、隣人のものですが
私の家のすぐ隣。


私の家の周りの田んぼ。

ここ数日でみんな入られています。


夜、窓を開け、網戸で寝ているのですが
イノシシの物音はだれも気がつかず。。。。


写真のたんぼより高い所で
若干奥になるのですが
イノシシの声が聞こえてもおかしくはない距離。


倒れている稲がイノシシに踏み荒らされた跡。


稲を踏み倒し、成りかけの柔らかい穂が
好物だそうです。。。


002
狭いですが周りを道路に囲まれている田んぼで
害獣対策のフェンスを張っていたのですが
一通りフェンスを押して、弱い所を強引に押し曲げて
中に入ったようです。


田んぼ持ち主に聞いたところ
ここ数日、イノシシが入った形跡があり
限られた時間の中で、対策をしてきたそうですが
フェンスを壊されては。。。。。


写真のところだけではありません。


私の地区では、既に何か所も入られています。


場所が離れているので
全て別なイノシシなのでしょう。


まだ、私の田畑は入られていません。


昨年、だいぶは入られた経験で
前もって強固(出来る範囲で)にしたのが
今のところ功を奏しているようです。


でも、油断はできません。


中山間地の田畑は、イノシシなどの害獣対策で
農業の苦労が平地と比べ物にならない大変さがあります。

これから稲刈りまでの1ケ月半ほど
緊張が続きます。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。

(1日1回、2つのブログランキングのバナーをそれぞれクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~









徐々に忍び寄る跡が…

001
ナス畑に沿って流れる水路沿いを
昨夜イノシシが掘って行ったようです。

毎年、この水路沿いはイノシシが出没し
土を掘っていきます。

土の中のミミズや、
イノシシにとって美味しい草木の根を食べていきます。

002
この土手は、圃場(ほじょう)整備時に
他の場所から土を持ってきて盛り上げたようで
ここは主に砂地なので、イノシシに簡単に掘られてしまいます。

イノシシがナスを食べると言う話は
私の地域では無いですが、
もし食べなくても畑に入られると
畑を荒らし、ナスの苗を折ったりする可能性も大きく
安心出来る気分ではありません。


イノシシは、ナスより穂の出始めた頃の
柔らかい時期の稲穂の方が好物で
稲の方も心配。。。。


昨年は、私の田んぼを囲む害獣対策フェンスではなく
隣地田んぼの害獣対策フェンスを壊して進入し
隣地と仕切りの無い私の田んぼも一部荒らされました。

イノシシに荒らされた稲は収穫出来ず
何俵かの損害があったのは確か。。。。


昨年秋から今年冬の間に、
地元の人がみんなで害獣対策フェンスの補強をしましたが
どうなることやら。。。。。


日に日に落ち着かなくなります。。。。


~~
※ブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回クリックしていただけると幸いです。

(1日1回、それぞれをクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~








休耕田を畑に移行中の管理作業

001
休耕田を畑として使いたいのですが
害獣対策フェンスの取り付けが終らないと、作物を植えつけられない(イノシシに狙われる)ので
とりあえず、伸びた雑草の処理を再処理。

排水用の溝を最後に切って完了。

今月はじめ頃ですが、
まず最初に…伸びた雑草を刈って、

畑内はトラクターで耕うん
013


そして数日後に最初の写真の様に溝を切って完了。


前回この作業をしたのが6月初旬。

2ケ月間に相当雑草は伸びておりました。

でも…
特に作物を作っているわけではないので
ここの草刈などの作業の優先順位は最後の最後にしておりました。

その間、特に誰かから何かを言われるわけではないのですが
面白いですね~草を刈ってスッキリするとすぐ色々言って頂けます。

ほんと、すぐに…

「“やっと”(草を)切ったねぇ…」
「きれいになったわね…。」
「すっきりしたね!」

などなど・・・


特に、

“やっと”

は、言葉余分でない??とも思うのですが(笑)

雑草が生い茂っていた事、地元の人に気になった様子…(^_^;)


この畑の位置が、豊田市中心地に抜ける道沿いで
みなさん通勤で毎日見ているので、
草刈されずに日にちが経つと気になるのでしょう。。。


なんにしても注目されている事はありがたいことです。



今月、害獣対策フェンスの補助支給がされる連絡がありました。
自己負担分は当然ありますが、公的補助をして頂ける事はありがたい。

支給早々にフェンスを設置し、
秋以降の作物つくりに取り掛かりたいと考えています。


畑、田んぼ、それぞれ作物を作って管理するのが一番!





イノシシ。今年は出没が早くて多い…

例年、稲刈りの時期に山から田んぼによく降りてくるイノシシが
今年は絶え間なく山から下りてきている。

害獣対策スチールメッシュフェンスの設置が進みつつあり
(一部、休耕田をおこした田畑はこれから対策)
田んぼの中には入り難い様にして、被害は無かったのだが
永年使っていたフェンスの管理不備箇所から
入られました。。。。

直接私の管理する田んぼではなく
隣接する田んぼでの被害で、私の田んぼは
歩いた足跡はあるものの、実質被害は今回は無し。

イノシシが入ったと確認された古い小屋
003
この小屋の横に設置してあったフェンスが
外れていたようで、そこから入った足跡が多数発見。

小屋横の田んぼ畦がイノシシに掘られる
001


開いていたフェンス部分を強固に閉じ、入り口としては使われていなかったが
入る可能性があった沢の水が流れる水路部分にも今回フェンスを設置。

水路部分にフェンスを張ると、大雨時に流される危険があるので
今まで設置していなかったのだが、一度中に入られ
中に餌があるとイノシシが記憶すると、何度も来る可能性があるので
今回は周到に。。。
004



設置翌日。。。。
田んぼの中には入られなかったが
害獣対策フェンスの外側の土を掘っていきました。。。

002
周辺草刈後の写真。


この辺のイノシシは土中のミミズを好物とし、
水気の多い土にミミズが集まりやすいので
田んぼの畦を好く掘られます。

畦を掘られると、そこから田んぼの水が外に漏れだし
稲に水が行き届かなくなるので、補修が大変。

また、イノシシは泥浴と言うか、泥の中で体についた虫などを洗い流すので
田んぼの中でそれをされると、稲が折れたり、倒されたりし
これも直接的に被害になります。

私の地域でも、稲に穂がつき始め、米つくりをしている者としては
日に日に気遣いの多い時期。

今年の稲刈りまで、どうなるのかと。。。。。







野生のイノシシが荒らすとこうなります

001
私の管理する田んぼに隣接する地元の方の小さな畑。
葉が大きくなり始めた「里芋」を
マルチシートを破り全て掘り出され、食い散らかされ、全滅。

こまめに手入れされた自給用の無農薬で作られている里芋。
はかないです。


002
その周辺も大きく、深く掘られ
荒らされた畑。

永年使用し古くはなっていた有刺鉄線やネットは無残に破られています。
今は、金属メッシュをフェンスにしたり、電気柵を対策に使うのだが
この畑は、あまり荒らされて来なかった為、昔のままだったのは事実…


003
私の田んぼの畦も50cm以上掘られ
U字溝がむき出しに。。。

004
綺麗に草刈管理された後の水路際も
この様に一面掘り返され、綺麗にされた水路内に砂が…
(まだこの程度は良い方。。。)



なんか、今年は昨年よりイノシシが山から出て来る事が早いし
出没頻度が高い。。。

例年、米や夏野菜の収穫時期と重なる秋まで
めったに人の管理する田畑に出てこないのに…

イノシシ捕獲用檻にイノシシが捕まったという話しは聞かないし…


本来イノシシは昼行性だが、人間を警戒し、夜行性になっているとの事で
昨夜は、深夜11時頃に軽トラで夜間巡回をしてみたが
イノシシは遭遇せず。

小さな野ネズミと、タヌキだけ。



困ったなぁ・・・・




田んぼの中干し開始翌日に獣の足跡が・・・

一番最後に田植えした田んぼの中干しをしました。
水を抜き始めた時の写真
001
排水口から勢い良く水が抜けていきます。
この田んぼは、害獣対策フェンスがしてない田んぼ。
すでにブログで報告回数も多数あるイノシシなど害獣出没が頻繁な場所。
この田んぼは山間にあるのですが、同じエリア内の田んぼでは
唯一害獣対策フェンス設置が無い場所なので、致し方ないのだが…
今年8月中旬以降に、公的補助金を得て、害獣対策フェンスを設置予定だが
それまで稲が害獣被害で無くならない事を祈るばかり・・・

002
朝、水を抜き始めると夕方にはこの状態。
所どころエクボみたいに土がくぼんでいるのは
中干し前に田んぼ内の草取りの為、人が歩いた足跡。

まだ完全に水が抜け切れてないので、翌日朝再確認。
すると。。。。
既に。。。。。
003
害獣が水の抜けた田んぼの中を歩いて横断してます。。。。(泣)

この辺は、イノシシだけでなくニホンカモシカも出没する場所なので
ぬかるんだ土に点いた足跡だけでは、なんの野生動物かわからないのですが・・・

この歩く場所からすると・・・
005
イノシシか。
畦の水際を歩いて掘っていますので、ミミズ目的とすると「イノシシ」


田んぼの中に水路の様に細く水が流れているのは
私が田んぼに残った水を抜く為に、溝を切った後。


腹立つ事に。。。
004
稲の間をまるで遊歩道の様に通りやがって!・・・

と言ってもフェンスの囲いもなければ、どうぞお入りくださいと言う様なものなのだが・・・

同じ町の住民から余ったお米の苗を頂いて、植えた稲とは言え
日々管理して愛着もわけば、他の田んぼ同様、ちゃんと育てたいのが心情・・・。


また、田植え前にしっかり手入れして作った田んぼの畦の土を掘り返されると、
それをもとに戻さないといけないのですが、それだけでなく、こんな所も。。。。

006
農業用水路際をミミズ探しの為に掘るものだから
土がU字溝に落ち、水がせき止められている。。。。

また、土を排除し、掃除しないといけない。。。。
この水路の流れる先には、またこの水を必要とする田んぼがありますから。


もし、このまま放置すると、
もともと農業用水路に山から自然に流れてくる砂がここで堆積し
あっという間にU字溝全体が埋まっていってしまうのです。。。

全て土で埋まったものを掃除するのはもっと大変。。。

この後、即、清掃。。。


中山間の田畑では、この様な作業が繰り返されます。。。。


今はまだ良いですが
稲に穂がつく(お米が出来始める)ともっと神経質になることでしょう。。。







イノシシがここ数日毎日…

001
足跡。

田植え後の5月中旬に最初に来てから
6月1日に2回目。
そこからしばらく来なくなったなと思っていたら
ここ1週間の間に3回。

稲も日に日に大きくなってきているのに
その稲を踏み荒らす状況が出てきました。

いくら余った苗を植えた残り物と言っても
草刈など田んぼ管理作業は通常通りでもあるし
この前の冬に直した田んぼ畦を毎回崩していくイノシシに憤りも

イノシシ対策のフェンス補助申請を出してはいるが
どうなるのかの進捗状況の話は一切まだない…。

今年は、この田んぼでまともな米が出来る事はあきらめるとしても
この様子では来年以降、この状態のまま米つくりをするのは不可能。

他の管理田んぼの増加に伴い
このままでは草刈などの極最低限の管理だけ行い、
ここは休耕田に戻ってしまう。

地主さんが地元に住んでいないこの様な田畑が
本当に困る状態が今の田舎の状況。

害獣の被害の為、作物は作れなく
ただ草刈管理だけでは、ボランティアで管理する側も続かない

何か使い道を考えておきたいものです…。


002






休耕田をおこした畑に害獣フェンス設置

003
地元の方から、古い獣害対策用スチールメッシュを頂く事ができたので
早々に休耕田をおこした畑に設置。

全周するには少し枚数も柱も足りなかったけど、
半分以上を回ることが出来ただけでもありがたい。

不足分は自ら買って張り増し。

目が大きめのスチールメッシュなので
小動物対策にはなりにくいが、無いより良い。

作る作物に応じて、網ネットフェンスでも追加すれば良いかと。

なんにしても山間地では害獣対策をしないと
全て害獣への餌付けの為の作物つくりになってしまう。




モグラ捕獲!!!

001
モグラ包囲網を張り巡らし、とうとう捕獲!!

002
いくつか罠を仕掛けた内でも一番確立が高いと読んでいた場所でやはりGet!でした。
この仕掛けはホームセンターで2個千円のもの。
これ以外の仕掛けは、構造は同様の塩ビ管で妻が作った仕掛け。
仕掛けの質より、仕掛ける場所の問題。捕獲は。

003
写真の仕掛けの左側に入っていました。
左側は崖になってて下が道路。
その崖下からいくつか通るモグラ穴は確認していたが、
その穴の中でどれがモグラの通る主幹線道路?か確信ができないでいた。

先月末位から妻がモグラの仕掛けをしはじめて、捕獲できないでいたので
私が途中でモグラ塚からモグラのトンネルを見つけられるだけ見つけては、
そのトンネルに大量の水を流して、穴に流れる水がどう通るのかを観察し続けた。
水の流れ方で、どのトンネルがどこにつながっているかが一目瞭然。
その一つ一つの穴を大量の泥水で封鎖(1個の穴に10リットル以上流してる)。
(近くに雨水タンクがあるので、その雨水使って遊んでいた)

それでも翌日になると、埋められた場所と違う新たな穴を掘るモグラ。
モグラ塚から穴の末端を見つけては、速攻でまた水攻め作戦。
モグラが新たな穴を空けモグラ塚を発見する日は毎日作業。

それを続けているとだんだん、モグラの行動範囲が限られてきて
今回捕獲した穴がどうも主モグラ道と推測し、どちらからきても良い様に2つ仕掛けを設置。
この周辺にある穴にも念の為設置。

この仕掛け設置後…モグラの新たな動きはなし…
でも、ひたすら待つ…で、今日で5日目。
明日から雨になるということなので、一度ここで仕掛けを確認しておこうと…

今まで生きたモグラに遭遇した事がないので、正直ビビリながら仕掛け確認。
確立低い方の仕掛けから確認し始め、最後の1個。

恐る恐る仕掛けの中をのぞくと…
なんか居る(ある!!)…
じっと見つめてみると…
どうもシッポが見える…
もう少し良く見ると…後ろ足か…

確信!!!
全く動きの無い物体に少し安心し、念の為、生きてても逃げられない
深いバケツ(ペール缶)に物体を出す!!

死んでいるモグラが居ました。
仕掛けから出したばかりの状態が最初の写真です。


その後、子供達に笑われながらも、モグラの入ったバケツに水を入れ洗浄!!
(死んでいるかの確認も含め…水の中で洗濯機の様にかき混ぜ洗う)

その後の写真は…
ご興味あるかたは続きをどうぞ…

続きを読む

休耕田を起こし畑として

DSC_0023
先日記載しました沼地化した休耕田。
山側からの地中への微妙な湧き水に対する排水用溝をユンボで切り終わり
地主さんとの現状報告と使い方相談し、畑として使う方向で決まった。
我が家の畑の中では一面あたりの面積は一番大きくなるので
使い甲斐は大有り。
ただ作物を作る前の対策が必須。
土作りはじっくりするとしても、害獣対策を…。
公的補助金を使わせてもらわないと、あまりにも費用がかかりすぎる。
その申請から実際の許可までは時間がかかるので、
それまでは畑としての使用も凍結となり、普段の草刈管理と。
何をするにしても、一つ一つ。。。。





畑のイノシシ対策 第二段 … 愛知県豊田市足助

【作業前写真】
002
メッシュフェンスの外周にネットフェンスを取り付けた状態。

【作業後写真】
001
メッシュフェンスの内側にヒノキや杉の間伐材利用した杭(クイ)を打ち
ネットフェンスを1.5mの高さまで伸す。
柱の間隔は2m。クイ(杭)の地下に埋まった長さは50cm~80cmほど。

さらに進化対策として、杭の間隔を1mに増やす予定。
間伐材の切断と、杭への加工。そしてその杭の運搬など
作業多いですが、一度設置すれば、永年使用できるので
もう少し対策しようかと思ってます。
イノシシの出没多い場所で、
特に、この畑にはイノシシの好物の芋系の野菜を植えているので…



しば農園

我が家で作った愛情作物の自前通販サイトです。
<※PC専用>
プロフィール
ブログランキング


最新コメント
楽天