愛知の田舎で古民家暮らし

築100年超の田舎古民家で田舎暮らし7年目に入り、2000日を超えました。

対策

畑の扉も重装備

001
ナス畑の出入り口を改造しました。

今までスチールメッシュをひもで縛っただけで
出入りするたびに紐をほどいていたのですが
車の出入りをしやすくする為に間口4m位にするのに
開き戸仕様に。。。。

イノシシ対策の為に細めですが鉄パイプをしばりつけ
そこに鉄芯棒を貫通させて、抜き差しして鍵代わりに。

中央には、杭としても鉄芯棒。



本当は雨戸2枚で開き戸仕様にしようと思ったのですが
強風時に受ける風圧が強すぎると想定し、メッシュで。。。


002
イノシシ対策は万全をきそうと思うと
まだまだする事いっぱいですが、
イノシシが血相かえて田畑を襲おうとするのは
秋の稲穂が実り始めた時期。。。

まだ、それまでは精神的にも余裕あります。



平地の農地では無い、害獣対策が中山間地の農業を
さらに難しくしている現実は、もっともつらい問題です。。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

田舎の田畑は常にイノシシ対策

000
一昨年の8月に設置したイノシシなどの
害獣対策用フェンスを張りかえました。

昨年、田んぼを畑に変えて、里芋を栽培した時
何度もイノシシに入られ、畑を荒らされたので。

写真左に見える斜面(この山はゴルフ場の敷地)下に
古いメッシュのフェンスが設置されているのですが
昨年先に幾箇所かそれを壊して入ってきたのです。

今年新年早々、この山の斜面の木々を伐採し
イノシシの隠れ場所を減らす意味と
伐採した木々を斜面下のフェンス下に敷き詰め
フェンスにイノシシが近寄りにくくもしたののです。

それだけでも十分な気もするのですが
保険の意味も込めて二重に設置。

001
反対の道路際にもフェンスは既に設置済み。

この道路にもイノシシは出現する事があるのですが
この道路は私の町の一番の幹線道路になるので
田舎にしては車の通りが多く、その意味で
イノシシもゆっくり道路を歩けない事から
今まで道路際のフェンスを壊された事はありません。


なんにしても雑草が生えていない今の時期が
一番フェンスなどの設置も楽にできますし
なにより春以降は農作物の管理で忙しくなるので
冬のこの時期は、春以降を想定し、この手の害獣対策を
いろいろ工夫する時期でもあるのです。。。



しかし。。。。

イノシシがこれほど増加して、被害が増えてなければ
発生しない作業である事は間違いありません。。。。


農作物を作る作業と関係ない作業が多くなる事は
中山間地の田舎農業の困った現状でもあります。

何とかしてほしいものです。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。

(1日1回、2つのブログランキングのバナーをそれぞれクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~







夏に向け、田んぼのイノシシ対策は続く

001
夫婦二人での作業で、1日間で終われました。
思ったより早く終われた。


前耕作者の方がつけた害獣対策用のスチールメッシュ
(車庫などの床コンクリートに敷き詰めるスチール製の網目)

ここ数年のイノシシの急増と
スチールメッシュの劣化もあり
昨年散々壊されそのたびに何度も補修していました。

田んぼに稲が育っている時には大掛かりに出来ないので
今の冬の時期が唯一作業出来る時期なのです。


で、今回、設置されていたメッシュフェンスを一度全部外し
下草刈りをした後で、補強しながらの再設置。

002
出来るだけ既存にあるもの、
過去使われた使用物を再活用しました。

正直、イノシシ対策はきりがありません。

資金をかければいろいろ出来るのでしょうが
数メールの長さの補強ならまだしも
数百メートルの補強を完璧にするには
巨大工場の外周柵のように土木工事の様にすることになり
現実的ではありません。


結論はイノシシが増え続けなければ
毎年補強する必要もないのです。

増え続けるから困るのです。


イノシシの増加歯止めは
個人の次元では何ともなりませんので、
何とか全体としてより強固に対策してほしいものです。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。

(1日1回、2つのブログランキングのバナーをそれぞれクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~







田舎の冬の重要な作業

001
先日記事にした草刈斜面と田んぼ(畑)との境目。

道路から見えにくいこういう場所を
イノシシが通るのです。

メッシュタイプのフェンスを設置してあるのですが
よりイノシシに対して効果でるように
目隠しをしました。

使い古しのトタンをかぶせただけですが
これでも効果は大きいのです。

イノシシにとって向こう側が見えない事で
フェンスを越えて反対側に行こうと言う行動意欲が減り
効果が大きくなるのです。

今までの経験では、強度あるフェンスも重要ですが
目隠しも同様の効果が。



002
で、これら作業がなぜ冬の作業なのかというと。。
夏場はこのあたりが雑草で生い茂り
入るのも大変なのですが今の時期は雑草が枯れて
草刈しなくても作業しやすいので。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。

(1日1回、2つのブログランキングのバナーをそれぞれクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~








害獣対策檻は再び門が閉まるが…

001
再び檻の門が閉じているが、中には何も居ない…。

出入り口近くの地面に、爪などで鋭く土をえぐっているようだ。

今回もハクビシンなのだろうか。

前回の空での門閉じ事件から10日目。
002
今朝の状態。

さかのぼってみると、餌がどのように減っていくかがよくわかる。。。


007
前回、餌を大盛りにした9月30日夕方の状態。
米ぬかを山盛りに盛ってあります。

006
翌朝の10月1日朝。
触れると門が落ちる仕組みの仕掛け糸に触れない様に
手前からちょっとちょっと手、前足で、米ぬかをほじってる様子がわかります。


005
10月3日朝。
初日に比べ、段々大胆に米ぬかを手前から食べています。

仕掛け糸はイノシシなどの中・大型獣用にしかけてあり、その為
ある程度の強さで糸を引かないと糸が外れない様にしてあるので
かろうじて糸が外れず食べているのでしょう。

003
10月4日の朝。

さらに大胆に食べているようです。

004
10月8日の朝。

私の町のお祭りがこの間あり
見回りに来てなかったのですが
この間は、あまり変化なかった様子。

実はお祭りの当日や、前夜祭などで
山にとどろく様な、火縄銃の爆音を鳴らしていたので
それに驚いてあまり獣たちの動きが無かったのかも。

002
で、今朝。。。。。

とりあえず、閉まった門を開けただけ。

餌の補充は雨が降ってきたので明日以降にするつもり。。。


何かが檻に入ってきてるのは確かだが
捕獲にはなかなか至りません。。。。


ほんと、根気の勝負です。

~~
※2つのブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。

(1日1回、2つのブログランキングのバナーをそれぞれクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~







畑の台風対策

001
こちらの方は、31日~9月1日の予報ですが
温帯低気圧に変わっている可能性が大らしいですが
念の為、夏休み中の子供にも夕方手伝ってもらって
防風の為のネットをナス畑の周囲に追加して張りました。

風を通すネットですが
これでも有るとの無いのとでは大違い。


強風で茎が折れてしまわないようにという事もありますが
強風によりナスが傷ついてしまう事を極力避けたい。。。

その意味でも。


002
北側になる山側の方には防風ネットはなし。

真後ろに控える山から風が吹き下ろす事が無く
東西南方面にと。


愛知県では渇水が深刻ですが、
全国的には集中豪雨での被害の話の方が多いですね。。。


ほんとこれを異常気象と言わずしてなんという。。。


まさにそんな状態ですね。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。

(1日1回、2つのブログランキングのバナーをそれぞれクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~







徐々に忍び寄る跡が…

001
ナス畑に沿って流れる水路沿いを
昨夜イノシシが掘って行ったようです。

毎年、この水路沿いはイノシシが出没し
土を掘っていきます。

土の中のミミズや、
イノシシにとって美味しい草木の根を食べていきます。

002
この土手は、圃場(ほじょう)整備時に
他の場所から土を持ってきて盛り上げたようで
ここは主に砂地なので、イノシシに簡単に掘られてしまいます。

イノシシがナスを食べると言う話は
私の地域では無いですが、
もし食べなくても畑に入られると
畑を荒らし、ナスの苗を折ったりする可能性も大きく
安心出来る気分ではありません。


イノシシは、ナスより穂の出始めた頃の
柔らかい時期の稲穂の方が好物で
稲の方も心配。。。。


昨年は、私の田んぼを囲む害獣対策フェンスではなく
隣地田んぼの害獣対策フェンスを壊して進入し
隣地と仕切りの無い私の田んぼも一部荒らされました。

イノシシに荒らされた稲は収穫出来ず
何俵かの損害があったのは確か。。。。


昨年秋から今年冬の間に、
地元の人がみんなで害獣対策フェンスの補強をしましたが
どうなることやら。。。。。


日に日に落ち着かなくなります。。。。


~~
※ブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回クリックしていただけると幸いです。

(1日1回、それぞれをクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~








竹切りとイノシシ対策

002
この年始にチョコチョコと竹きりをしていました。

妻がまっすぐな竹が大量に欲しいと言うので
事前に地主さんに許可を得ながら竹きり。

竹だけではないですが
里山は人の手が入らず荒れ放題なので
イノシシが身を隠す場所が多くあり
その為、田畑に気軽に出てくる始末。

その為、竹を切りながら里山を少しでも綺麗にと。

001
1ケ月ぶりにここも竹きり。

そして、竹の生えていたところを綺麗に。
004

003
前の写真を反対から見る。
まだ奥の方に竹が沢山。。。。

この場所。昨年夏にはこんな状況でした。
005
前の写真と同じ場所です。

こんな状況では、イノシシが出放題。
実際、夏に何度もここで見ました。

来年は、身を隠す場所を減らして
少しでもイノシシが現れにくくしたいものです。


田舎暮らし ブログランキングへ


来年の米作りの為の田んぼの準備

0051
水はけの悪い箇所を溝を切り排水性を良くして
土の乾燥をうながす。

0052
写真右側の山から染み出してくる水。

この水により、土が常に沼地化してしまい
稲の根などが土に分解される最中に発生するガスが
土の中から外に排出されずらくなり
ガスの溜まった土では、稲の生長が妨げられる…

その現象を出来るだけ避けたいので
この様な作業が必要となる。

色々な米つくりの方法があり
土の扱い方も千差万別なのだが
トラクターで土をおこして(耕うん)して
米つくりを行う場合、
この様な冬の間の土の乾燥は重要。


冬の間の作業、土の乾燥だけでなはい。

002
携帯電話のカメラで撮ったので画質が悪いが。。。

001
イノシシ対策。
イノシシに田んぼの外周を囲うフェンスの下を掘られた。

出来る限り、田んぼは今だに見回ることにしている。
そうすると、この様にイノシシの被害が発見できる。

地元の人とも話し合い中だが
この冬の間に、これら柵を壊すイノシシを捕獲しないと
来年、もっと被害が増えてしまう。

イノシシがいるだけで、中山間地での作物作りは大変です。。。


田舎暮らし ブログランキングへ





稲刈り後も田畑を荒らすイノシシ…そしてその対策

001
田んぼに面する山斜面に多数のイノシシが踏んで
草か倒れた跡。

山斜面と田んぼとの境界には、
スチールメッシュのフェンスが設置されていますが
設置が甘いままの写真左の田んぼは
2反ほどある田んぼの半分の稲をイノシシに踏まれ
収穫できずに放置されています。

昨日日没ぎわもに、この田んぼに3匹のイノシシが居る事を確認。
毎日イノシシが来ています。


写真右したの斜面上が私の田んぼになります。

002
その斜面で黒く見えるところはイノシシが荒らした跡。
003
モグラが掘ったトンネルから今回の台風で降った雨が染み出しています。
そのぬかるんだ土の中にミミズが多くいると判断し
イノシシがミミズ目当てに掘った後です。
そんなにミミズがいなかった様で、深くは掘られませんでしたが
こんな事をなんどもされると、この斜面が傷み
来年、田んぼに水を貯めて、斜面に負荷がかかると
斜面が崩れる危険があるので対策。

斜面上にあった電気柵を中段下に移動。

この電気柵は、この上につながる田んぼへ
イノシシが出来るだけ来ない様にする意味も…

しかし、若い身の軽いイノシシは、電気柵を飛び越えるのか
数日に1頭程度は、この上の田んぼに上がってしまいます。

004
その一番上に位置する田んぼも私の管理田。
そして、その一番外側のフェンスが何度も内側から壊され
そこから外にイノシシが逃げていきます。

その一度破られたフェンスをそのままにしておくと
今度はそこを入り口に別のイノシシが入ってくるので
竹を使ってフェンス補強

毎回、フェンス下のごく一部をへし曲げられるので
その部分に竹を渡し、ヒモで各所縛る。


005
これで内側からも外側からも強い状態に。

このスチールフェンス。
設置後3年以上経過していると思われるが
錆が進み、だいぶ柔らかくなっている。

その為、イノシシも弱い所を探して破壊してきます。

豊田市から支給されたフェンスなのですが
どうもその強度と耐久性には、大いに疑問が生まれざるをえないかと…。

豚の血も入ったイノシシの出産数で、急増する野生イノシシ。
フェンスで囲うだけでは既に限界かと。

根本的に駆除しないと。。。。

自主防衛も当然しますが、それだけでは対応出来ない状態かと。



田舎暮らし ブログランキングへ





イノシシ対策で細かな作業は日々続く

000
こんな狭いところも、害獣が進入出来ない様に。

写真の向きで説明しますと…
写真右に見えますのが、休耕田を2年前おこした私の畑。

手入れが遅れ、雑草が生い茂っていますが、
幾種かのサツマイモを育てています。

写真、左側のフェンスは、ゴルフ場敷地の広い外周を囲うフェンス。

写真で言う後ろ側は、別の方が管理する
稲作を止め、若い果樹を育てている最中の畑。


ゴルフ場の敷地の方から出てくるイノシシが
この狭い水路上のすき間に入り、昨今水路を荒らすので
急遽、ある材料・資材で塀をつくる。


こんな所を荒らすことは今まで無かったのだが
増えたイノシシが行き場所がなくなったのか
食料を探して必死なのか
ほんと困ったものです。。。。


毎年、秋、イノシシは田畑に出てきますので
毎年、この時期は色々補修をし続けている状態です。。。




田舎暮らし ブログランキングへ

休耕田を畑に移行中の管理作業

001
休耕田を畑として使いたいのですが
害獣対策フェンスの取り付けが終らないと、作物を植えつけられない(イノシシに狙われる)ので
とりあえず、伸びた雑草の処理を再処理。

排水用の溝を最後に切って完了。

今月はじめ頃ですが、
まず最初に…伸びた雑草を刈って、

畑内はトラクターで耕うん
013


そして数日後に最初の写真の様に溝を切って完了。


前回この作業をしたのが6月初旬。

2ケ月間に相当雑草は伸びておりました。

でも…
特に作物を作っているわけではないので
ここの草刈などの作業の優先順位は最後の最後にしておりました。

その間、特に誰かから何かを言われるわけではないのですが
面白いですね~草を刈ってスッキリするとすぐ色々言って頂けます。

ほんと、すぐに…

「“やっと”(草を)切ったねぇ…」
「きれいになったわね…。」
「すっきりしたね!」

などなど・・・


特に、

“やっと”

は、言葉余分でない??とも思うのですが(笑)

雑草が生い茂っていた事、地元の人に気になった様子…(^_^;)


この畑の位置が、豊田市中心地に抜ける道沿いで
みなさん通勤で毎日見ているので、
草刈されずに日にちが経つと気になるのでしょう。。。


なんにしても注目されている事はありがたいことです。



今月、害獣対策フェンスの補助支給がされる連絡がありました。
自己負担分は当然ありますが、公的補助をして頂ける事はありがたい。

支給早々にフェンスを設置し、
秋以降の作物つくりに取り掛かりたいと考えています。


畑、田んぼ、それぞれ作物を作って管理するのが一番!





休耕田をおこした畑に害獣フェンス設置

003
地元の方から、古い獣害対策用スチールメッシュを頂く事ができたので
早々に休耕田をおこした畑に設置。

全周するには少し枚数も柱も足りなかったけど、
半分以上を回ることが出来ただけでもありがたい。

不足分は自ら買って張り増し。

目が大きめのスチールメッシュなので
小動物対策にはなりにくいが、無いより良い。

作る作物に応じて、網ネットフェンスでも追加すれば良いかと。

なんにしても山間地では害獣対策をしないと
全て害獣への餌付けの為の作物つくりになってしまう。




イノシシの出入り口…愛知県豊田市足助

001
自分の管理する田畑に隣接するネットフェンスに空いた
イノシシの通り道は一通りふさいだのですが
どうも近くにまだ出入り口がある様子…
少し周辺を探したらありましたありました。
新鮮なまさにイノシシが出入りしている痕跡の穴が。

早々にスチールネット(通称:スチールメッシュ)でふさぎました。
002
最終的には田畑周りをメッシュで囲う事が一番の対策なのですが
今できることを一つづつ…

イノシシの通り道に柵

001
イノシシが通り道に使うフェンス下の穴。

ゴルフ場などの周辺にこの様な広大な長さの柵があるのですが
所どころすき間が大きい所をイノシシは見つけては出入りしています。
イノシシの行動範囲を出来るだけ制限する為に見つけては柵を強化。

続きを読む

休耕田の整備。第?段…愛知県豊田市足助

001
休耕田のぬかるむ部分の土を掘った翌日の状況。

005
前日夕方の状況。
夜に雨も降ってないのに、水がこの程度溜まる。
積みあげた土の部分が下に溜まった形跡と言うより、
地下か横からの湧き水。

う~ん、やっぱり山から水が降りてきてるか。。。
雨が降ったら、池になるなぁ…

続きを読む

畑のイノシシ対策 第二段 … 愛知県豊田市足助

【作業前写真】
002
メッシュフェンスの外周にネットフェンスを取り付けた状態。

【作業後写真】
001
メッシュフェンスの内側にヒノキや杉の間伐材利用した杭(クイ)を打ち
ネットフェンスを1.5mの高さまで伸す。
柱の間隔は2m。クイ(杭)の地下に埋まった長さは50cm~80cmほど。

さらに進化対策として、杭の間隔を1mに増やす予定。
間伐材の切断と、杭への加工。そしてその杭の運搬など
作業多いですが、一度設置すれば、永年使用できるので
もう少し対策しようかと思ってます。
イノシシの出没多い場所で、
特に、この畑にはイノシシの好物の芋系の野菜を植えているので…



イノシシ対策のスチールメッシュフェンス

001
いくつかある土地のうち、畑に開墾した場所に
イノシシ避けのスチールメッシュで囲いました。

イノシシが全体重で突進してくれば
倒れてしまう柱の強度ですが
囲わないより圧倒的によいので。

これから作物をつくりながら
囲いの強度など補強していく予定。

何にしても作業は自前でしたとしても
資材にはお金がかかりますので
補助金などの兼ね合いも含め
一気に進められませんので。。。

続きを読む

軽トラック・堆肥(牛糞・鶏糞)積載対策

昨年、軽トラックに牛糞や鶏糞を満載し、
その後、それら堆肥の臭いで大変苦労しました。

当日ブログ
4駆軽トラック!牛糞・鶏糞堆肥運搬

過去の経験を生かし?て
対策をしました。

こんな風に。

001


この意味は…

続きを読む
しば農園

我が家で作った愛情作物の自前通販サイトです。
<※PC専用>
プロフィール
ブログランキング


最新コメント
楽天