愛知の田舎で古民家暮らし

築100年超の田舎古民家で田舎暮らし6年目。2000日を超えました。

捕獲

親ネズミをやっと捕獲!

夏の時期は、朝が日の出前から忙しいので
前日夜の内に洗濯をして、
それを縁側に干しておくのですが、
その縁側の天井が急に騒がしくなりました。



我が家は、築100年超の古民家。

もっと昔、
町内のある家が改築をすると言うので
大黒柱のしっかりした古い建物を
そのまま移築したのが、解体して再度組み立てたのかは
わかりませんが
相当昔の骨格なのです。

構造上、2階があるのですが
昔、蚕(カイコ)を飼育する為のスペースだったそうで
住居スペースにはなっていません。

梁の上に板一枚が複数並べてあるだけの2階。


この家を借りる時に
自分たち夫婦で大掃除をして
そんな板一枚ですき間があるので
建築や引っ越しでよく使われる「養生シート」を
2階の床に敷き詰めてあるので
1階にほこりやゴミが落ちてくる事は無いのですが
人は当然の事ですが、
小さな小動物が2階を通るだけで
凄い大きな動物が歩いている様に
1階に響くのです。


以前、夜、
2階を複数の4足歩行の小動物が長時間歩いているので
懐中電灯を持って、小動物を追いだす為に2階に上がって
逃げ惑う動物の正体を見たら・・・・

「ハムスター?」と同じ位の小さなネズミの子供でした。



そんな事があった、昨夜

縁側に洗濯物を干そうとしていると
凄い勢いで2階の隅を走り抜ける動物の音が。。。。。


丁度二回の角にあたる部分で走り抜ける足音が急に変わり
何かにあたったか、何かに驚いて暴れている様な音に。。。。


そんな床が慌ただしい音がしていたと思えば。。。


急に静かに。。。。。。


しかし。。。。。


1階で耳を澄まし、2階の音を聞けば。。。。。



何か、鳴き声の様な・・・・




その時、直感!!!



2階の4隅の所に粘着シートのネズミ捕りが長期間置きっぱなし。

定期的(月1回位)に何か捕獲されてないか確認には行くが
小さな虫などがシートにだんだん増えて行くだけだったが、、、


とうとう、それにかかったか!!???



2時間ほど経ってから、好奇心で2階に確認へ。。。。


我が家で最高照度のイノシシ夜間監視用懐中電灯を持って。。。。



2階へ。。。。恐る恐る、、、、、


2階へ上がる階段があるのが玄関。


何か捕獲されたと思われる場所は、2階の一番奥。。。。



暗闇の中近づくと。。。。。

「キキー」と言うか「チュウーチュー」と言うか
そんな小動物の小さな鳴き声が聞こえ。。。。。


本来しかけたはずの場所の済みに粘着シートは無く
どうも暴れてシートごと移動してしまった状況。。。。。



どうも田舎に移住時に、使わないものを
そのまま2階にダンボールごと置いてある
そのダンボールの裏側か。。。。



過去、何度か、粘着シートにネズミらしきものがかかったが
体の一部だけが粘着物についただけで逃げられた事もあったので
粘着シートに全身が付いているかどうかの確認がしたかった。


さらに恐る恐る段ボールの向こう側を覗けば。。。。。



居ました居ました。。。。


粘着シートに完全に横たわって、身動きできなくなってるネズミ!!!



それも今までの子ネズミではありません。


大人のネズミ!!!


今回は実写掲載!!!









000
2つ折りのネズミ捕り用粘着シートに二つ折り出来ない位の大きさのネズミ。。。。


ヤッタ!!


まだ、この状態でも、逃げようとジタバタしているので
昨夜はこのままで放置。。。。。



今朝、死んでいるのを確認して処分!!!


案の定、粘着シートが二つ折りに出来ませんでした。



さっきの写真の2階状態。

綺麗に養生シートが敷いてありますが
もう丸5年も経過しているのですが
すき間の多い古民家の割に、
台風時にでも吹き込んだ砂ぼこりや
屋根裏から落ちたであろうほこりが溜まる程度で
ほんと綺麗なものです。


凄い頻度でネズミが来る割りには
ネズミの糞は、今年になってから少し増えたかな…くらい。


履き掃除すればすぐ綺麗になる位です。。
(まぁ、面倒なのでしないですけど)


一番ネズミ対策でしたのが。。。。。


写真の上にちょっと写ってますが
古い柱や桁、梁などのすき間に出来た穴は
全て「発砲ウレタンスプレー」でふさぎました。

これらをふさいだ事により
屋根裏はすき間だらけの古民家であっても
1階の居住空間に降りてくる穴が無いので
1階は一回も被害がありません。


(まぁ、ムカデは何処からか入ってきますが。。。。)







まぁ、今回の捕獲で
高い頻度で我が家古民家の2階を走り回ったであろう犯人を
捕まえられたと思うので、少しは静かになるかな。。。。。



そうなってくれるのを期待して。。。。。













さて、下までスクロールして下さった方で
ネズミの正体をもっと見たいと思いの方は。。。。。










続きをどうぞ。。。。。

興味無い方は「スルー」下さいませ。


下記バナーの下にある
「続きを読む」をクリックすると次ページに。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~



続きを読む

捕獲!!・・・イノシシ。移住後3度目

000
自分の檻でついにイノシシを捕らえました。


春から散々餌だけを食べられて
まるで餌づけしているだけだったのですが
とうとうその努力が実を結びました。


と言っても、一番願う
親・大人のイノシシではなく
将来大人、親になる子イノシシ。
「4頭」
(写真追加)
110


ウリボウの縦じまの模様が体から消え
子供から大人になろうとしている途中位か。。。


実は昨夜夜の警戒見回りに回った時
既に檻に入って扉が落ち
出られなくなっていたのは確認していたので
今朝、収穫の前に再度見に行って
居るのを確認し


ご近所のイノシシ処理を、普段してもらっている方が
丁度出掛けるときだったので、その事を伝え(午前5時半)、
イノシシの処理・処分をお願いしました。



で・・・・


その後、収穫から帰った時には
檻の中は空っぽで、
既に処理されてました。。。


さて、子イノシシは
その後どう処理されたのかは。。。。???




これでイノシシの檻での捕獲は人生3度目

(自分の檻で2度目、
 他の方(同じ町民)の檻に餌を置いての捕獲で1回)


該当ブログ記事
1度目:自分の檻で
 2014年12月8日「記念すべき日となりました
2度目:他の方の檻で
 2015年8月2日「今年、初捕獲!


う~~~んん。



ビギナーズラックは間違いないだろうが
やはり最初の捕獲時の様に
親、大人のイノシシを捕まえたいなぁ。。。。


一度、檻に入って逃げられたイノシシが
大人のイノシシだったのだろうなぁ。。。。


とすると、警戒してもう同じイノシシは来ないだろうなぁ。。。。



何にしても、この檻の設置場所は、
道路脇ではあるけど、
イノシシの通りやすい場所であることは間違いないと。。。。


また、気長に餌を置いて
おびき寄せるしかない。。。。


食欲の秋は、イノシシも同じ
イノシシは冬眠する訳ではないが
まだまだ行動は活発なので
チャンスがあると。。。。


頑張ろう!


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

記念すべき日となりました

000
自分の檻にイノシシがかかりました。

自分で購入(害獣捕獲用の公的補助金含む)し、
自分で設置場所を考え、据え置き
しばらく檻の門が落ちない様にして
イノシシに1ケ月間餌付けして檻にならせ
地元の狩猟許可を得ている方の指導・監督のもと
仕掛けを設置して2日目でした。


朝、少し遅れて畑に行く前に檻の確認をすると。。。。

「ん?何かが檻の中で座ってる。犬(私のよく知る地元の飼い犬)か?」

飼い犬がかかってしまった。と心底思いました。
静かにほんと座ってましたので。。。。

で、近づいてびっくり。

相手(イノシシ)も同時にビックリ(檻の中で大暴れ)。


自分ではどうにもできない(処理できない)ので
処理できる人(狩猟許可を持つご近所の方)に緊急電話。。。

「そのまま夕方まで檻に入れといて!」との指示で、
日中イノシシは檻の中に飼って、私は別事。。。。


で、先ほど夕方、作業を手伝って、処理してもらいました。。。


いや~イノシシの処理作業は
初めて最初から最後まで拝見しましたが
イノシシの息の根を止める時はほんと危険です。

私には出来ない。。。。。(怖くて)


目測推測で重量60キロほどと言う大きさのイノシシ。。。(オス)



こんなのが夜中に田畑を荒らしに来て
もし、これに出くわしたらほんと危険です。。。。


檻を設置している個所は、私の住む家から近くではありますが
私の田畑には近くないので、私の田畑には来てないでしょう。

でも、このイノシシに私の住む家周辺の田畑は荒らされているのは確か。

実際、田畑ではないですが、私が管理する土地の地面を
広範囲に掘り起こして凸凹にしている。。。。


1匹を捕まえるのにこれだけ手間がかかるなら
気の遠くなるほどの手間をかけて数を捕獲しないと、行けない位
今、田舎中山間地はイノシシの被害に困っている。。。。

今回の件を良い経験にして、より効率的、効果的に捕獲できる様
色々工夫していきたい。・・・



とりあえず、自前檻での初めての捕獲記念日となりました。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~



ここに来て害獣捕獲続き

001
畑に限らず、
田んぼでも畦やボタ(田んぼ沿いの斜面など)の地中に
永いトンネルを掘り、水田の水漏れや
畑では大切なミミズを食べきってしまう
ひそかに被害を被るモグラ…

もともと田んぼのナス畑にも
田んぼ畦から地中トンネルを伸ばし
畑に育ったミミズを狙いに
モグラが来ていた。

写真で説明すると
写真右の畑外から地中トンネルを伸ばし
畑の畝(うね)まで伸ばしていた。

浅く造られたトンネルだと
地上が盛り上がるので、
気が付くたびに踏み込んでトンネルをつぶし
対応していたが・・・

今週に入り、そのトンネルの復活作業のピッチが
異様に速くなっていた。

朝、トンネルを踏み固めても
昼には再度復活されていた。。。。


これではらちあかないと
モグラ捕獲わなを仕掛けた。

市販品。


ナスに水を上げるものの15分以内で
浅くしかけた地中のワナに何か入った音。
(罠の中でもがく様な音)


しかけて即。


掘り越してみると。。。。


002
この通り。。。。

見えるのはモグラのお尻側。



今回の事から。。。
モグラって結構しつこいのですね。。。。


仕掛けてこんなに速く捕獲できたのは初めて。


人が近くに居ても(地上を歩いていても)
気にせず地中を通っているのかと。



仕掛けた場所は
モグラにとって相当な主幹線道路、
トンネルだったと言う事か。



そして、そんな翌朝。。。。

今度はもっと大物。。。。


稲刈りや、もみすりで出るお米としては未熟ななものや
もみすり中に割れてしまったお米(くず米と言う)を
2日前に大量に捕獲用檻の周りに散布しておいたら
今朝。。。。。。

003
赤ん坊(ウリボウ)から、若いイノシシに成長した
この地を荒らす暴れん坊イノシシ達が一気に4匹。。。。
今朝、5時55分AMの写真


地元の害獣対策委員(そう言う役職がある訳ではないけど)の
人に(と言っても我が家隣人ですけど)に報告し、
檻から出すのを手伝う事までして、後の処理はお任せ。

市の方に害獣捕獲の報告をするなど
色々手続きはあるそうです。。。。


早朝6時前の大捕り物でしたが
その後私はナスの収穫へ戻り。。。。。


昨日、今日と色々作業の多い毎日です。。。。


ただでさえドタバタしているのに。。。。。



~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

やった!捕獲…と思いきや

昨日の門が閉まりやすい(落ちやすい)様にしたおかげで
やった!!!捕獲だ!!!

今朝、娘を学校送った後、イノシシの檻の門が落ちているので
喜んで、檻を確認に行った時。。。。。

001
見てびっくり。

空。

イノシシが捕まって居れば
檻の中で大暴れしているから
相当な音がしているはずなのに
早朝の山の中は静かでした。。。。


002
餌近くに張ってある糸を触れて
門を止めていたワイヤーが外れ
門が落ちたのでしょうが。。。。

中型以上の野生動物捕獲用檻なので
どうも格子の間から出て行った様子。

餌の米ぬかに触れた足跡を見ても
イノシシではなさそう。。。。


地元の人に、この件を話したら
「ハクビシンだろう」と事。

また、檻にハクビシンが入ると雨が次降るまで
イノシシはハクビシンの臭いを嫌うのか
寄り付かなくなるとの事。

雨の意味は、雨が臭いを流すから。


とりあえず、昼に妻にも手伝ってもらって
重い門を開けて、再度ワイヤーで門を吊って
再仕掛け完了。



相変わらず、檻の周辺に
イノシシが来ている跡が多数あるので
今がチャンス。

なんとか近々に捕獲したいものです。

~~
※2つのブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。

(1日1回、2つのブログランキングのバナーをそれぞれクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~








敵もさる者

毎日、イノシシ捕獲用の檻を確認するのですが
昨夜、イノシシが周辺を荒らしているのを今朝発見。
003


足の大きさも結構大きめ
004


そして檻は。。。。
001
捕獲無し。

002
檻の入り口の門が落ちる糸を触らず
手前の方だけ餌の米ぬかを食べていったようです。


もう少し奥まで入ってくれれば。。。。

なのですが。。

でも、これでも、今までの中で一番奥まで入った方。

イノシシも相当用心して餌を食べているのがよくわかります。


もうしばらく様子見です。


毎早朝、娘を部活動の朝練に車で送った後で、
確認に来るのですが、なかなか難しい結果。

地元の人が言う通り、容易ではないです。

ホント根気の勝負です。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※

いつもクリックありがとうございます。

今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。

(1日1回、2つのブログランキングのバナーをそれぞれクリック頂ければ充分です)


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~










モグラ…今年3匹目捕獲

先日ブログ投稿したモグラ捕獲記事
モグラ2匹一挙捕獲」(リンク)

この場所に再度わなを仕掛けていました。

わな仕掛け後、
モグラがそのワナを避ける穴を開けていたのを発見し
新たな穴を埋めて、同所に再度わなを仕掛けていた。

それはワナを仕掛けなおし、4日ほどの後だった。
気がついたのが。。。だが。


モグラを捕まえても別なモグラが
既存の開いたトンネルにすぐ入ってくるのだと
はっきりと知らされたと。

そんな再度わなをしかけ直してから
特に表面的・地表的にわなを避けて通るような形跡はなく
また、そんなにすぐわなに即掛かる事もないだろうと
ほったらかしにしていた。


もぐらが活発に活動していると
新たなトンネルを掘っている形跡が色々出てくるのだが
特にそんな形跡も無く、静かな日々が2週間ほど続いていた。


もうモグラがいなくなったのかな?

そんな事はないだろう。。。。?


とにかくこの辺で仕掛け・ワナを確認しておくかと
掘り出してみました。

今、前回捕獲したトンネル以外に
5箇所ほどモグラ穴にワナをしかけています。

その中で前回捕獲したワナを。。。



で、1箇所目の1つ目のワナ
(1箇所に2つワナがしかけてある)


ワナを持ち上げて。。。。。


あっ!!
重さがある。。。。。

筒状のワナの中をのぞくと。。。


とその瞬間、凄い異臭。。。。。



ワナに体半分かかったままモグラが死んでいました。

それも腐敗しかけて。。。。


久しぶりに嗅いでしまいました。

魚が腐った時と同じ臭い・・・・(>_<)・・・・


ワナにかかったモグラごと
水を貯めたバケツに居れ、臭いを閉じ込め
水の中でワナを分解し、早々に死んだモグラを
母屋から離れたところで埋葬。


臭いの染み付いたワナを洗浄し
あらったバケツも洗浄。。。。。


いや~腐った臭いってなかなかしつこいですね。。。。


雨水をためた水で洗剤を使って洗ったあと
水道水で流水。。。。。

ほとんど臭いが消えましたが。。。(微妙にはある)


とりあえず再度わなを同じ場所に
仕掛けなおしておきました。



ワナを仕掛けるのはいいですが
しかけたワナは定期的に監視しないといけないのが
面倒ですね。。。


モグラもトンネルの中で腐乱した状態であれば
トンネル内は凄い臭いだったことだろう。

他のモグラも危機感を持ち
寄り付かなかったかも。。。。


どちらにしても
モグラが田畑に近寄らない様になれば良いかと。


普段は、モグラ捕獲の記録用に写真を撮るのですが
今回は無しです。。。


写真を撮る気にもなれなかった。。。。


あ~気持ち悪っ!




田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村


屋根裏のネズミ捕獲!!…が…

昨夜、屋根裏でカサカサ音がじているのを気づく。

実は、
ここ毎日の様に夜な夜なネズミが
屋根裏を走っているので、粘着シートを
置き直した。

置き直したと言うのは
以前から粘着シートを屋根裏に置いていたのだが
置き場所が悪いのか、ネズミが避けているのか
捕まらないから。

効果あったかと早々に屋根裏に見に行く。
001
粘着シートがひっくり返っているではないか。

良く見ると。。。鼻が。。。

近づくと凄い勢いで動いてる。。。


恐る恐る見てみる。。。








002
居た!!!

やった!!!

でも、粘着シートが屋根裏に敷き詰めてある養生シートに
べったり引っ付いてはがれない。。。。

持ち上げると
凄い勢いでネズミも逃げようとしているので
このまま死ぬのを待つことに。。。

念の為、上から押さえて、より粘着させて。



やった!やった!!

2日連続の害獣捕獲のブログネタだ!!

明日のブログネタは決定だ!!



と言うことで、、、、

し。。。。。

た。。。。。



と終わる予定だったのに。。。。。










朝、生きているとは思うが
弱っているか、ショック死しているか確認に行けば。。。



あ!!!



なんか変!!!




やられた。。。。



003
逃げられました。



あんなにしっかり引っ付いていたのに。。。


体中の体毛を残して
いたるところに粘着物を残して。。。


居なくなりました。。。。



く!

や!

しい!!!!!!!!!



よく逃げられるものだなぁ・・・と感心しながらも

悔しくてしかなたい。



捕まえそこなったネズミのシワザかどうかは不明だが
ジャガイモの種芋をかじられたりと、少なからず被害が続いてたから。


イノシシ、モグラに敵対心が強かっただけで
ネズミはそんなに大きな被害がなかったのでそうでもなかった。


しかし、昨今の事、そして今回の事で
絶対!捕まえてやる!!!


そう思う様になりました。



あ~~~~~くやしい!!!



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

モグラ2匹一挙捕獲

001
1週間ほどまえにモグラ捕獲用ワナを仕掛けた場所。

トラクターなど置く車庫とビニルハウスへ登る斜面。

1年前の2月に1匹モグラを捕獲した場所と同じ敷地
※1年前のブログ記事「モグラ捕獲!」リンク

1年前にモグラを捕獲後、
2~3ヶ月は、新たなモグラの動き(新たなトンネル発見)を
する事は無かったが、半年位から徐々にモグラの活動気配を
感じていた。

踏み固められた土のはずが
気がつくと土がフカフカになり
陥没する様な箇所が畑内で目立つ様に。

自然堆肥、家畜堆肥などを多用して
土を肥やしていく過程で増やしたいミミズを狙い
モグラがそのミミズを食べに来てしまうのです。

我が家にとっては天敵。

そろそろそんなモグラを捕まえなければと
様子を伺っていた時、この斜面にモグラのトンネルを
地上付近に作り過ぎた為に土が陥没してトンネルが
あわらになっていたのがこの場所。

発見して、意図的にその穴を埋め戻しておくと
翌日には、再度トンネルを掘り直してある。


それをまた埋め戻す。。。

そんな事を繰り返し、
このトンネルがモグラにとって常に通る
幹線トンネルと判断し、ワナを設置。


そして、ワナをモグラに見破られると
ワナを避けて穴を掘られるのだが
今回、見破られた気配は無く、
小康(しょうこう)状態が1週間ほど。


捕獲した可能性が高く、わなに掛かっていれば、
既に死んだだろうと判断し、掘り起こし。

002
外側に入り口を向けて背中合わせにワナを設置し
斜面上側の一つをづらした状態。

003
2つともわなを取り出すとこんな状態。
こんな風にモグラはトンネルを掘っているのです。


一つ目のわなを取り出した時の重量感。。。

アっ捕まえたな!・・・・の推測。。。


2つ目は、空だろうと推測して持ち上げてみたら。。。

ん???

重量感あるな。。。泥が詰まったか??

モグラがわな内に泥をつめる事が過去にあったので。

恐る恐る2つのわなを底が深い缶の中に。
(万が一、モグラが生きていても逃げられない様に)

004
遠巻きに覗くと。。。


あ!!!!

しっかり覗くと!
005
入ってます!2つとも!

トンネルを前進して進んでいる先にわなを仕掛けられているので
モグラは出口をふさがれてこのように後ろ足を見せているのです。


死んでいるのを確認し取り出し
006
昨年同様、デカイ。。。


一つのトンネルに2匹が居て、
それを同時に捕獲するとは思わなかった。

これは確認の為に、
雨水を貯めたバケツで泥を落としてみると。。。
007
太さが若干違うけど、全長はほぼ一緒。

昨年捕まえたモグラは、薄い色の茶色の毛色でしたが
今年のは、黒の毛色。。。

種族が違うのか??


この後、捕獲したモグラは
少し離れた自己管理地に埋葬。


そして、今回捕獲したモグラのトンネルは
結構しっかりした硬い土のトンネルなので
別のモグラが来る可能性も高いと判断し
再度モグラ捕獲わなを設置。


ちなみに。。。このわなは市販のものです。

妻が塩ビパイプで市販品同様の機能のものを作って
妻が試したのですが、妻は捕獲できず、
私がホームセンターで安売りしている時に買ってきた
今回のわなですぐ捕獲できたので、それから
このわなを使用。

今までの経験からすると、
このわなの方が良いと言うより
わなを設置する場所選びがしっかり出来れば
捕獲する確立が高くなると思っています。


要するに、モグラが確実に通るトンネル(主要トンネル)を
見つけられれば、ほぼ捕獲間違いなし。。。と。

私の田畑に、モグラが沢山居るのですが
なかなかこの主要トンネルを見つけられないのです。。。。
田畑は、広いので。。。。



田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村




屋根裏でネズミ捕殺…田舎古民家移住後2匹目

朝方には気温0度近くなる昨今。
眠りが浅くなる早朝の屋根裏でネズミが
1匹と思われるが走り回っている音が数日続いた。

走り回る音と、止まって何かカサカサと
音立ててしているのが聞こえる。

屋根裏には、
日常使われない日常品(余分な食器、なべ類)、
余分な椅子など小さな家具類、
バイク用品、季節物品(ヒナ飾り、クリスマス用品など)
私の仕事用保管しなければならない書類など
食料品以外の雑貨が、
それぞれ引越し同時の“ダンボールに入ったまま”
保管しているだけ。

屋根裏自体、隙間もたくさんあるし
木製雨戸のみでサッシで密閉されている空間ではないので
台風など強い風が吹くと、屋根裏の柱に積もっている誇りが
ダンボールの上に徐々に落ち、ホコリが多くなっている程度で
逆に言えば、換気されているので、1回の居住空間より
乾燥した空間となっていて、カビなどは一切生えない空間。


移住して丸2年経過しているが
数ヶ月に1回程度、定期的に荷物を取りに行く時に
屋根裏を確認してはいるが、それらダンボールをネズミなどに
かじられた跡はいまだになかった。動物、ゴキブリの糞も一切無し。

そんな屋根裏で、何かをほじっているかかじっている様な音。

そんな事が2日ほど続いた日中、屋根裏にあがってみると
今までになかったネズミの糞がチラホラと落ちている。
糞の数からすると1匹。

これは住み込まれる前に初期退治が必要と
早々に以前使った残りの未使用ネズミ捕り用の粘着シートを
ネズミの糞の落ちている箇所から推定し、通り道に置いた。

計3枚

8畳間6室の屋根裏なので、40畳分の広い屋根裏に3枚のみ。


ちょっと少ないとは思うが、別途買ってくるのも面倒なので
これで捕まればラッキーと。


その日の夜、爆睡して眠りが浅くなった早朝。
ネズミが屋根裏に来ている音がしている事はうつらうつらと聞こえた。

その後、ネズミ捕りを仕掛けた事を忘れ数日経過。

ふと、ネズミの足音が夜中聞こえなくなったなぁ~と思ってはいたが
特に屋根裏に行く都合もなかったので、そのまま結局1週間以上経過。

ある日、屋根裏に私が物を探しに行く用事が出来、ついでにネズミチェック。

ネズミ捕り粘着シート。
1枚目…特に変化なし。
2枚目…同じく変化なし。

最後3枚目、糞が若干多く落ちていた箇所。
2回にあがる階段から一番奥の暗い箇所。。。。

雨戸が閉められた真っ暗な中で、懐中電灯を照らすと。。。

何かシートの上に影がある様な無いような。。。。

暗闇に目が慣れてくると…

どうもネズミがかかっている様子…

近くに行くのが怖い(気持ち悪い)ので、一旦1階に降りて
より明るい懐中電灯とカメラを持ち再度二階へ。

一眼レフデジタルカメラの強力フラッシュで撮影!
その撮影写真がコレ。。。。


001

写ってます。写ってます。
※====
敷き詰めてあるシートは、リフォームなどで傷防止に使われるビニルの養生シート
1階にホコリが落ちて来ないようにと、隙間を埋める為に大工さんに進められて
移住当初、大掃除をして綺麗にした後、2階床全体に敷き詰めてあります。
養生シートは1m幅の50mまきで、安いものは1本800円位で売っているので
大変安上がりで便利な床シートになります。
頻繁に歩かない場所であえば耐久性もOK。
便利ですよ!!
隙間が多い古民家とは思えないほど、住居のゴキブリなどの発生率が減ります。
以前住んでいた都心の一般戸建て住宅と変わらない位。
※====

興味あります??
拡大しますと。。。。。

002
こんな感じ。

粘着シートにからまったまま、いろいろ周りをかじったようです。


この撮影後、私は自分の用事を済ませ、そのまま1階へ。


妻に、粘着シートに何かかかっている事を伝え
「見に行って片付けておけよ~」と指示のみ。

それを聞いていた中1長女は、興味津々!!

「え!?ネズミ捕まったの???」

父「そんな感じ。お母さんと2人で片付けてきて!」と追加指示。


きゃぁきゃぁ言いながら(好奇心と恐怖心で)、母&娘で屋根裏に行き、
火箸を使って、粘着シートをつかみ、そのままビニル袋に入れて
片付けたようです。


これでこの古民家で捕獲したネズミは2匹目。


前回のブログ記事はこちら
ネズミ用粘着シートで捕殺」平成11年11月6日記事


そうか~11月って、ネズミが家の中に
入ってくる時期なのかもしれませんね。


今年は、1階に大量のお米(玄米)や芋などの自家製作物が置いてあるので
ちょっと要注意ですね。ネズミ。。。。。



田舎暮らし ブログランキングへ

まだ生きています…ヘビ

001
先月末に我が家の母屋となりの作業場外で捕獲した
マムシとヤマカガシ。
まだ、ペットボトルの中で生きています。
ペットボトルの中の水だけで生きているのです。

自らの排泄物でペットボトルの中の水が汚れ
異臭を放ち始めた気がしたので(実際はそう臭いませんが)
好奇心と、恐怖心とのハザマで水の入替え。

と言っても、ペットボトルの蓋に
ヘビが逃げ出せない程度の大きさの穴を
3箇所空けてあるので、ペットボトルをさかさまにすれば
良いだけのことですけど。。。。

中を一度洗浄する為に、水道水を入れて、
ヘビの入ったままのペットボトルをここぞとばかりに?シェイクシェイク(上下に降る)

この時は、まるで子供の弱いものイジメ?いたずら?遊びの心境…(笑)

ペットボトルの中に入っているヘビであっても
そのペットボトルに触る事自体も素手では出来ず
厚手の油作業用のゴム手袋を装着しての重装備な弱腰での作業。

我ながら器(うつわ)が小さい…


1ケ月弱ペットボトルの中の水を変化を見ると
ヤマカガシの方が水の汚れが激しい(排泄物が多い)事からすると
ヤマカガシの方は私に捕獲される前に充分獲物を捕らえ
食っていた様子。

マムシの方は、水の汚れが少なく、実際、動きも少ない。

この後、このヘビをどうこうする気はないけど
かといってこのまま毒蛇を野に放す訳にも行かないので
餓死するまで飼っておくしかないかと。。。。


まぁ、この程度の大きさのヘビで良かった。
田んぼでは、1m位のシマヘビなど見るが
いくら毒が無くても、メートル級のヘビは怖くて近寄れない・・・



人生初経験…ヘビの生け捕り(マムシ&ヤマカガシ)

001
この時期から秋にかけて草むらを歩けば確実に会う。
特に草刈をしていると毎回の様に。
GWの連休前に家の周り近くから伸び始めた草を草刈し始めていると
既に何度も出会っていました。
この二匹のヘビは我が家の周辺に巣があるのは間違いなく
我が子達だけでなく、来客者に万が一の被害が起こる前になんとかしなければと…
しかし…私は爬虫類系は得意としない…
特にヘビは毒の有無に関係なく(毒があれば特に嫌ではあるが)
足の無い動物自体、気色悪い。
でも自分が捕獲するか殺処分するしかないと覚悟は決めていた。

過去、草刈機を使っている最中にヘビに出くわすと全て切り殺していたが
一度、捕まえてみたいという好奇心とチャレンジ精神はあった。

その時が来て、恐怖心を上回るアドレナリンが分泌され、
相当興奮(緊張)したなかでペットボトルへの捕獲も完了。

取り立てて捕まえたものを何か活用する計画も予定も無いが
しばらく(数ヶ月)このままにして死んでくれればありがたい。
(誰か欲しい人が訪れれば喜んで進呈してしまうが)

私の住む田舎の住人の男(70歳代)たちは、
この手の作業は素手で行い
その場でヘビの皮をはいで即干し(漢方薬にする)ながら、
目玉を抜きその場で食べてしまう(目に良薬と言う話らしい)人ばかり

その中で私は相当腰が引けた中で、長めの炭バサミと
2m近い棒を駆使し、やっとこさで捕獲する状態。
ペットボトルに入れるときなど、素直に入ってくれず四苦八苦。

炭バサミでヘビの首を捕まえていたのですが
ヘビの首をこのままへし折って死んでも構わない位の力で握っても
ヘビは傷一つ無く生きています…

今となっては、一度の経験で自信をもってしまったのか
次のヘビが現れないかを期待する気持ちもありますが
やはりヘビはあまり気持ち良いものではありませんね。

大きさからするとまだ若い蛇のようですが…
あ~気持ち悪ッ…!

こっちがマムシ(有毒)。
002


こちらがヤマカガシ(有毒)
003


捕まえるときの話。
マムシは私が捕まえよう棒で触れるまで、ジッとして動きませんでしたが
ヤマカガシは近づくだけで逃げていきました。
毎回そうなのですが、草むらを歩いていると
ヤマカガシは人が近づくと逃げていくので、その動きで存在に気が付くのですが
マムシは動かないため、目の前に居る事に気が付いて避けないと
踏みつけそうになります。
わが町でも、町の美化作業での草刈で、間違えて踏みつけて噛まれる方が多いです。
春は、山野草などの収穫で、町の人が草むらを歩く事も多くなると思いますが
くれぐれも充分ご注意くださいませ。






モグラ捕獲!!!

001
モグラ包囲網を張り巡らし、とうとう捕獲!!

002
いくつか罠を仕掛けた内でも一番確立が高いと読んでいた場所でやはりGet!でした。
この仕掛けはホームセンターで2個千円のもの。
これ以外の仕掛けは、構造は同様の塩ビ管で妻が作った仕掛け。
仕掛けの質より、仕掛ける場所の問題。捕獲は。

003
写真の仕掛けの左側に入っていました。
左側は崖になってて下が道路。
その崖下からいくつか通るモグラ穴は確認していたが、
その穴の中でどれがモグラの通る主幹線道路?か確信ができないでいた。

先月末位から妻がモグラの仕掛けをしはじめて、捕獲できないでいたので
私が途中でモグラ塚からモグラのトンネルを見つけられるだけ見つけては、
そのトンネルに大量の水を流して、穴に流れる水がどう通るのかを観察し続けた。
水の流れ方で、どのトンネルがどこにつながっているかが一目瞭然。
その一つ一つの穴を大量の泥水で封鎖(1個の穴に10リットル以上流してる)。
(近くに雨水タンクがあるので、その雨水使って遊んでいた)

それでも翌日になると、埋められた場所と違う新たな穴を掘るモグラ。
モグラ塚から穴の末端を見つけては、速攻でまた水攻め作戦。
モグラが新たな穴を空けモグラ塚を発見する日は毎日作業。

それを続けているとだんだん、モグラの行動範囲が限られてきて
今回捕獲した穴がどうも主モグラ道と推測し、どちらからきても良い様に2つ仕掛けを設置。
この周辺にある穴にも念の為設置。

この仕掛け設置後…モグラの新たな動きはなし…
でも、ひたすら待つ…で、今日で5日目。
明日から雨になるということなので、一度ここで仕掛けを確認しておこうと…

今まで生きたモグラに遭遇した事がないので、正直ビビリながら仕掛け確認。
確立低い方の仕掛けから確認し始め、最後の1個。

恐る恐る仕掛けの中をのぞくと…
なんか居る(ある!!)…
じっと見つめてみると…
どうもシッポが見える…
もう少し良く見ると…後ろ足か…

確信!!!
全く動きの無い物体に少し安心し、念の為、生きてても逃げられない
深いバケツ(ペール缶)に物体を出す!!

死んでいるモグラが居ました。
仕掛けから出したばかりの状態が最初の写真です。


その後、子供達に笑われながらも、モグラの入ったバケツに水を入れ洗浄!!
(死んでいるかの確認も含め…水の中で洗濯機の様にかき混ぜ洗う)

その後の写真は…
ご興味あるかたは続きをどうぞ…

続きを読む

ビニルハウス内のモグラ捕獲作戦実行中

IMG_8978[1]
アゼシートを埋めたビニルハウス内。
でもその後ハウス内にモグラの進入痕が…。
先日日曜、珍しく部活動が休みで家に居る小6の長女も含め
小3の長男と「モグラの穴捜査作戦」を子供に任せ実行させました。
そしたら、アゼシートよりはるか下にモグラの通路がある事が発覚。
「意味ないじゃん…アゼシート!!」
ミミズを食べるモグラを大の敵対視する妻が即席のモグラ捕獲器を
我が家に転がっている資材で製作。
さて…どうなる事やら。
結果後日報告予定。




しば農園

我が家で作った愛情作物の自前通販サイトです。
<※PC専用>
プロフィール
ブログランキング


最新コメント
楽天