愛知の田舎で古民家暮らし

築100年超の田舎古民家で田舎暮らし6年目。2000日を超えました。

杉の木を切り、ユンボで引き上げ

002
一昨年、購入したチェーンソー

マキタ:MEA4300L
~~~
排気量:42.4cc
ガイドバー長さ:40cm
~~~
やっとその能力を使う木材のカットです。


もう一台の「マキタ/ME-230T」
++++++++++
排気量:22.2ml、重量:2.5kg
ガイドバー長さ:25cm
++++++++++
では、この太さの木を切り倒すのは大変でしたが
排気量が大きいといとも簡単に切ってしまいます。

改めて、その威力と危険性を体感。

作業には緊張感を常に持って行わないと
取り返しのつかない事になります。


001
とりあえず、その日のうちに
整理・片付け出来る本数だけ伐採。

003
ユンボ(バックホー、パワーショベル)のアームに
ワイヤーを付けてそれを木にも固定。

004
それを引き揚げ。


005
枝を落として木材を必要な長さでカット。

006
ユンボ側からみる。
枝を切らずに、また長いまま引き揚げるのは
結構、ユンボにも負担が大きいですが
引き揚げてからカットすると後かたずけが楽なので…

007
今日の本数。
木材の長さを5m位でカットしてみたが
良く考えてみたらこの太さなら
4mの長さで充分だった。

008
しかし…
切って分かったのだが
木の芯が真黒に見えるものがあるが
これはなんだろう。。。。

その見的には分からないけど
木の中は色々あるのだなぁ・・・・

~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

杉の木を林から自分で切り出し、もらう

003
先日の積雪で何本か倒木した林。

この写真の手前が私の畑で
倒木に最初に私が気がついたので
地主さんに倒木している事を伝えていた。


ぱっと見は杉の葉っぱと同じ木だが
どうも正確には杉の木ではないらしい。
(杉の一種らしいが)

もっと細い状態で切りださないと
価値が無い(低くなる)らしく、
この種の木には太すぎるらしい。

そんな事で、杭など必要な時に使うつもりで
ほったらかしになっているとの事。。。。

そんな事で、私にも必要であれば
切って使って良いと許可をもらっていた。


002
雪も溶けた今。


途中から折れた木を主にいく本数切らせてもらった。


001
8m以上に伸びていて
4mスパンで切っても充分普通の丸太として使える太さ。

杭にしては太すぎるか。。。。

000
また、丸太でのテラス屋根を作る時用に
持ち帰りました。


丸太木としてはそう太い方ではないのですが
4mに切っても生木(切ったばかりの乾燥してない木)の重量相当重い。

一人で積み込めない事もないが、昨今、腰に不安があるので
妻にも手伝ってもらって軽トラに積み込み。。


帰宅後は、ユンボで吊り上げて降ろして終わり。


そろそろ他の段取りがしたら、自分の管理山の木も間伐しなげれば。。。


でも、今日切った木より太いの方が多いから
使い道が難しい。。。。。


~~
※2つのブログランキングに参加しています。※
いつもクリックありがとうございます。
今日も、よろしければ それぞれ1回づつクリックしていただけると幸いです。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村
~~

朝もや

001
今朝の風景。

暖かい(異様にと言って良いほど)ので、ガス、もやっています。

で、今は気温も10度以上になり、春かと思うほど。
002
真っ青な空。
雑草が春と思って、伸びてこないか心配になるほど。


と写真を撮って気になったこと。。。
003
杉。
杉花粉。。。。。

すごい量。

私の地区は、樹齢30年前後の若い杉が多いのですが
この杉の木は大木。

004
春になって風が吹くと、すごい花粉が飛びます。

なぜか田舎に移住してから、花粉症の症状が弱くなっているのですが
それでも、これだけ花粉が準備されていると心配になりますよね。。。。

しっかり木々は春の準備が出来ています。


田舎暮らし ブログランキングへ

杉(スギ)の間伐材の皮(樹皮)剥き

003
冬の間に間伐して、山に寝かしてあった杉の木。
山に寝かせておくとほとんどが虫に食われ汚くなるのですが
まれに全く虫に食われていない木もあるものですね。

6mほどの長さに切断して、山の斜面に立てかけておいた間伐材で
上下曲がった部分の切断した4mの木の皮を剥いてビックリ。

綺麗な木肌で、まるで切ったばかりのような水水しさ。
日の当たらない場所に置いてあったのも良かったか。

充分、車庫の柱に使えそうです。

木(ヒノキ)の皮むき

001
樹齢30年ほどのヒノキを伐採しその日のうちに皮(樹皮)剥き作業中。

やはりまだ木が水を吸い上げているこの時期までに切った木は
皮(樹皮)がこの様に綺麗に剥けます。

杉やヒノキの樹齢が異なる木で、間伐後半年の木と
切ったばかりの木では大きく異なることが実際に理解できました。
田舎の諸先輩からのアドバイスを実感。

続きを読む

丸太橋

001
道路下の畑に資材を下ろす為に
便利な様に丸太を並べただけですが
橋をかけました。

樹齢25年前後の杉の木で
成長が極端に遅い細い木や
曲がった木の中でも細いものを
優先的に間伐して使用。

同じ太さの木でも
やわらかい物、硬い物があります。

年輪の詰まったものは細くても硬く
そうでないものはやわらかい。

色々実感しながら学べる事が沢山あります。

30年近く前に、人の手で植えられた木々を
感謝を込めて、できるだけ価値ある使い方を
したいと日々思います。


続きを読む

杉(すぎ)と檜(ひのき)の違い

121502
私が借りている古家の地主さんからは、
地主さんの土地を全て使っていいという許しを得ています。

良くも悪くも田舎の家屋敷や土地、山林を管理する人が居ないので、
私が管理者と言う事にもなります。

ただ、土地家屋のある土地以外にも田畑や山林が点在しているのが
今の田舎の事情。

実際、地主さんは、若かりし時に地元を離れ生活され、
相当長い年月を過ぎているので、実際の土地がどこからどこまでなのかを
正確にわかってないのも事実。

都会の様に、区画整理(土地の境界線ひき)をしっかりせず、
先祖代々受け継いでいるのが原因なのも確か。

恥ずかしい話し、私の実家も父の代に岐阜県の山林を所有している旨
父親から聞いた事があるが、私はその場所の存在もしらない。

それが今の日本の山林の状態なのです。


だから、古民家で生活し始め、実際自分たちがどの範囲を
管理せねばならないのかをご近所の大お婆ちゃん(80歳超)と
地元の主(なんと言うか大地主さんとでも言うのか…)から
聞くしかないのです。

この写真の中の山林も、私が借りている地主さんのもの。らしい。

勝手に木々を伐採してはイケないだろうが、枝木が道路に出たとしたら
私が伐採する事にはなるだろう。

続きを読む

炎…薪ストーブ  古民家改造(足助)

14d8ad15
薪ストーブ内の杉が燃える炎。

続きを読む
しば農園

我が家で作った愛情作物の自前通販サイトです。
<※PC専用>
プロフィール
ブログランキング


最新コメント
楽天