愛知の田舎で古民家暮らし

築100年超の田舎古民家で田舎暮らし7年目に入り、2000日を超えました。

水田

田んぼ(水田)内に生息するヒル

002
田んぼ内に居るヒル。

そう多くは居ないけどが、
田んぼ内の水中を良く凝視していると
ヒラヒラと動くものを見つけられるでしょう。


田んぼの水中の中だけでなく
畦など濡れている部分に居る時も。


ヒルは全て吸血すると思っていたが
どうもネットで調べるとこの種は吸血しないヒルらしい。


間違ってこのヒルを吸血ヒルと記しているページも多いが
それを間違いと指摘しているページも数多くあるので
きっと吸血しないヒルなのでしょう。


ネットで調べる限りこのヒルは「ウマビル」と言う名らしい。


私が小さい(幼少)時
愛知県名古屋市中川区に住んでいて
当時水田が多くあり、
その水田や水路に多数居た魚と思った生物を
バケツに持ち帰るが、ヒルだと親に聞かされ
驚いた事があるが、
その当時のヒルは、バケツに入れると
バケツの縁に食いついて
バケツ内の水を渦巻きさせても
離れなかったが、

このヒルは
手ぶくろした手の上に載せても噛み付かない。


水田内で何を捕食して生きているのか…


田んぼ内に多い、カエルたオタマジャクシやタニシや
水生昆虫などか。。。。


苗に寄生している様子もないし。。。。


昔の様な人に害になるような農薬も今では無いですし
今どきの農薬でさえ、
適時に必要最小限のみの使用を心がけているので

田舎の田んぼには色々な生物が居ますし
増えてきているとも思います。


何にしても・・・

田んぼに限らず、田舎で遊ぶときには
長袖、長ズボン、
田んぼや田舎の水路に入る時があったときにも
裸足で入る事はやめておいた方が良いと思います。


水流のある川であればばまだ良いですが
水が溜まった状態のところは、
この種やそれ以外にも害を及ぼす生物も多いので。



ちなみに私は
田んぼ農作業時には常に長靴を履き
普通は軍手などの手袋
水を触る時にはゴム手袋(普通の厚手でなく漁業用の重厚手)です。


まぁ、私はアトピー性皮膚炎患者ですので
普通に水や土に触れ続けるだけでも一気に肌荒れ、
アカギレになってしまうのもありますが。


田舎暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村

続きを読む

朝5時の水田風景。。。

001

002
田植え後、17日目のミネアサヒ。
(概寸)1反6畝(=480坪)の田んぼ。
大きな田んぼに植わっている稲は、特に綺麗に見えます。
山間の田んぼとしては珍しいほど広々としているのですがすがしさもあります。

この時期は、朝5時には明るくなっていますので
日や都合によっては、この時間帯に田んぼの見回りをしています。
眠気も吹き飛ぶ気持ちよさです。


水田の底に潜む大型のそいつにビックリ!

そいつはこの田んぼの排水口近くに居ました。写真では奥の右側。
0033

昨日の夕方、水田の稲の確認をしにいった時に偶然見つけました。
001
見えます????
体長15cm以上はあります。
今、定規を見ても目盛りの20cm位までの長さはあった様に思えます。
相当!!!不気味です。

アップ写真は次…

続きを読む

田んぼ内に生える雑草を取る

田んぼ内に生える雑草を取りました。
001
遠目で見ると対して気にならないですが…
よく見ると…
002
こんな感じ。
稲の間に生えるのは…チョウジタデ(アカバナ科)
想定していなかったこの草のこんなに早い発生を。
でも良く考えると、代かきした後に、かすかにこの草の茎が地面から出ていた。
(その時は、この草の種別を認識していなく気にしていなかった)
この草が生えた部分は、1cmほど他より地面が高くなっていて
水深が低くなると最初に地面が現れてしまう場所。

また、この雑草は、回りが山に囲まれていたり、周りに休耕田が多いと、
そこで発生したこの種子が飛来してくる事との事で、
この理由にこの田んぼの環境も当てはまる。

孤立した田んぼは、それはそれで色々な問題が発生しやすいものだと
改めて知らされました。

003
手作業で一つ一つ取った雑草の半分。
この倍の量を取りました。
一つ一つは小さくても、数が多いと相当な量になるものです。
これ以上、雑草を取る時期が遅くなると、雑草の根張りが
稲よりも強くなってしまい、取りづらくなりますので、小さいうちに。

この辺は、昨年、小さな田んぼで草取りを嫌と言うほど経験したので
早めは早めの処置でまだ楽に終りました。

しかし…凄い量です、これも…
004
オタマジャクシ。
これが全て大人になったら相当なカエルの数。
カエルの大発生は何か害はないのだろうか…
とりあえず想像つくのはそれを食そうと「ヘビが増える」事。。。

田植えの時期が近くなった証し

201
水田の水路に水が流されていました。

202

203
冬の間に水路を掃除しておきましたので
気持ちよく流れています。
(水量をこの上流で調整してるのでこの写真では少ないですけど)

春だなぁ~と実感します。


トラクターで田んぼの耕うん

004
もみがらを軽トラック4杯分。
そして牛糞を2トンダンプで大盛1杯分を散布した田んぼ。
牛糞の納品が遅れたので、トラクターでの耕うん予定が遅くなりましたが
とりあえず田んぼ土へすきこみました。

005
こうやってみても水が抜けにくい場所と
よく乾く部分との差が出ますね。
水が多い部分は土がテカッています。

006
今回のトラクター耕うん時の設定。
Myトラクターは
========
■メーカー/イセキ(ISEKI)
■型式/TH205  
 ・エンジン:20馬力 ディーゼル
 ・タイアサイズ:前 6.00-12 後輪 9.5-20
 ・機能:4WD、逆転PTO、自動水平、前輪倍速、バックアップ、耕深自動調整
■作業機(ロータリー)機種/ARH145 :
 ・標準耕幅141cm
========
それで下記の設定でやってみました。

ギア:低速で1速及び2速をトラクターにかかる負荷で使い分け
エンジン回転数:1500~2000回転。これもエンジンにかかる負荷で調整
オート耕深設定:2~3(目測耕深10~15cmほど)

それで同一箇所1回のみ浅・耕うん。
なんども往復すると、トラクターの自重でどんどんタイアが深く土に入っていってしまい
ゆるい田んぼになってしまうのが嫌なので…
(ゆるい=深い田んぼになると、色々水田作業が大変なので)


今回はトラクターの走らせる順序も色々考えながら。
田植え機をどう走らせるのが効率的なのかも考えながら。
初めての田んぼでの米つくり。
この田んぼは、無農薬(最悪でも超減農薬)が基本での
米つくりを考えていますので、特に色々考える事が多いです。



水田・排水マスの仕切り板をDIY

004
つい先日、新たに借りることになった田んぼ。
コンクリートも痛んでいますが、まだ使える排水マス。
でも、水位調整する板がないので春を迎える前にDIYしました。
この程度のDIYはブログ記事にするほどのものでもないですが
自分の日記・記録として。

続きを読む

夏休みの自由研究素材に…

002
10年ほど使われてこなかった休耕田を耕うんし
来年の米つくりに向けて水を溜めて水田にしてある事はご報告しましたとおり。

土曜の夕方、この田んぼ続きの最上部の畑(田んぼを畑に使用)で
作物の手入れをしていると…

道路に車が止まり、小学校低学年生とお父さんらし人が降りてきて
田んぼを覗いてなにやらひそひそ…
何事かと思えばそのお父さんが私に気が付いて寄ってきて…
「あの~田んぼにオタマジャクシはいますか??
 オタマジャクシが欲しいのですが…」と

続きを読む

休耕田・水田にいる生物…足助/愛知県豊田市

005
10年近く使われない休耕田を元気な田んぼに戻す作戦の一つとして水を溜めての水田化。

休耕田期間中に生えた畑の雑草を一掃したいのも一つの理由ですが
一番の期待はイトミミズを多く発生し、土の力を強くしたいのも大きな理由。

山間部の田んぼは水はけが悪く、沼地化している場所が多い。
出来れば一度土を乾燥させたいと思い、水切りなどして半年置いたが
乾燥は難しいと判断し、いっその事常時水を張って水田化したほうが
米つくりに良い土に成るのではないかと言う試み。

まずは水田に通常居る生物が集まってくれるのを待っていた。

続きを読む
しば農園

我が家で作った愛情作物の自前通販サイトです。
<※PC専用>
プロフィール
ブログランキング


最新コメント
楽天